FC2ブログ

ドラマ日記 Pt.2

毎日の海外ドラマ視聴記録。独自の視点から感想を述べていきます。

Skins

今更ながら10年近く前のイギリスのティーン向けドラマ
Skinsをネトフリで観始めました。

いきなり主役の一人のトニーが今話題の「トールキン」のニコラス・ホルトだと
でも相当若いななんて思いながら観始めたら
他のキャストたちも今あちこちで活躍中で
かなりお笑いキャラのイスラム教徒アンワーを演じているのは
Newsroomにも出ていたデヴ・パテルだし
俳優たちの登竜門的ドラマだったのかなと感じます。
主人公はブリストルの高校生たち。
金持ちのお坊ちゃまもいるようですが
中産階級&労働者階級の若者がメインです。

青春ドラマだからセックス&ドラッグはあたりまえ
そこに家庭崩壊、拒食症、人格障害、人種、宗教、LGBTその他もろもろ
いろいろ悩みを抱えているわけですが
基本はエログロ満載のお笑いモード。
でも時にはシビアに考えさせられたり、ホロっとさせられたり
いつのまにか主人公に共感してしまい
次が気になってどんどん観たくなり
あっという間にS1を観終えてしまいました。

青春ドラマだけどネトフリ的には大人向け
でもイギリスではこのくらい普通なのかなと
ダークなネタにドキッとしつつ
そのイギリスらしさを楽しんでいます。

いろいろとみんな空回り
S1ラストで突然みんなが交代で歌いだすCat StevensのWild Worldに
しみじみ感動していたらトニーが交通事故に遭い
S2であの救いのない奴がまるで別人になってしまいショック。
S2は観始めたところだけどS1の能天気さがやや薄れ
あれこれシビアになっているのが気になります。
マキシーのダンスシーンがカッコいいのと
9・11ネタのミュージカルがぶっ飛んでて面白かったので満足ですが。

因みにS2までが今のメンバーの1st ジェネレーション。
S3、S4が2ndジェネレーション、さらに3rd ジェネレーションに続いて
S7まであるようで先が長い。
でも案外気軽に楽しめるかも。
しかしイギリスドラマって奥が深いです!
スポンサーサイト

オスマン帝国外伝 S3-#8 「魔法の手」

ついにスレイマンの夜伽を務めることになったフィルーゼですが
みなさんヒュッレムから彼女を守るために必死。
フィルーゼをミフリマーフの世話係にしてしまったのは大成功でした。
ミフリマーフはすっかりフィルーゼを気に入ってしまったし。
皿にスレイマンもフィルーゼがミフリマーフの世話係と知っても
そのままにしておくように命じます。
これではますますヒュッレムはわからないでしょ。

でも当然ヒュッレムはスレイマンのお相手潰しのために
スンビュルとギュルシャーを動かしますが
これも中途半端にミフリマーフの世話係情報だけ与えられてしまったため
ナディアが犠牲となってしまいます。
何も関係ないナディアは本当に気の毒なんですけど。

さらにジハンギルの体調が悪くなり
泣き叫んでいるジハンギルの姿を見たフィルーゼは
ヒュッレムの許可を得てジハンギルを抱っこ。
すると彼女の魔法の手が、ジハンギルの体の痛みを癒します。

それにしてもフィルーゼは何者?
スレイマンと対等に詩を語り教養があるし
病気を治す魔法の手を持ち
その魔法の手はミフリマーフのおしゃれも手伝ってくれます。
こうしてヒュッレムもお世話になってしまっているのに
ヒュッレムは正体を知らない・・・
この状態がいつまで続くのか。
ヒュッレムも偉そうに威張り散らしてないで
フィルーゼに負けない技を取得した方がいいのかも。

マニサで正体を隠したまま村の娘ヘレナに迫り
彼女に恋心を抱かせると遠征だと言って姿を消すムスタファも
失礼な奴だよね。
さすがスレイマンとマヒデブランの息子です。
失礼と言えば戦場で調子に乗りすぎてるイブラヒムにも
そろそろスレイマンがお怒りになるのでは。
さんざん罵られながら邪魔をするイスケンデルもご立派です。

Code Black S3-#1 「3年目の試練」

とびきり忙しい医療ドラマが復活しました。

アンガスやマリオはインターン3年目。
また後輩が入ってきました。
でもアヴィラは有名病院の御曹司らしくて
新人の癖をしてドキュメンタリーを撮ると
カメラを回しっぱなしです。
これってどの病院でもあり得ないと思うんですけど
背後が偉すぎるので注意できないのか
注意する暇がないのか。

ドラッグを隠し持っているアジトと
外で張っている刑事の間で銃撃戦が勃発。
刑事の片方が被弾し、もう一人も棚が頭をかすめました。
ウィリスと救命士のロックスが救護活動を始めますが
さすが銃撃に慣れているウィリスは飛んでくる弾をものともせず
救急車を盾にしてけが人に近づきます。
ロックスもかなり強気な救命士。
こうして刑事たちを助けるんですが
家の中にはSWATが突入します。
でもこのSWATがホンドーのチームではないので?あまり役立たず。
室内で蒔かれた毒ガスを吸って倒れてしまいます。
さらに中には幼い少女を抱えた男性もいて
少女も被弾していました。

男性は少女のおじで
実はその男性がドラッグの常用者だったんですけど
少女は緊急手術が必要で
人手が足りずキャンベルはアンガスをアシストに呼びます。
当然アンガスは緊張しているし、キャンベルにガンガン注意されますが
なんとか弾を取り除き手術を成功させます。
アンガスは後でマリオたちにキャンベルは鬼扱いしてましたが
他の医療ドラマの外科のドクターがみんな曲者ばかりなので
キャンベルは一番良識あるドクターに見えたんですけど、違うかな?
ともあれ最終的にアンガスは外科を志望することにします。
めでたし。

新人のペッパーは男性の外したウェストポーチを取りに行って落とし
中から出てきた毒ガスを吸って倒れてしまいます。
しばらく意識不明状態。
働かないアヴィラも困るけど働けないペッパーも困りました。
生死をさまよっていたけれど何とか生還。
この先大丈夫なのかな。

刑事の片方は息を吹き返さず
相棒はものすごく責任を感じ
しかも女の子を自分の弾で撃ってしまったことに気が咎め
エリオットがCTのオーダーを受けていたのに
それを無視して女の子の様子を見に行ってしまいます。
エリオットもそのまま忘れてしまっていたら
もう一人の刑事も突如けいれんを起こして倒れ
そのまま助かりませんでした。
頭を銃弾がかすめていたら、それは頭に相当の衝撃を受けていたんですね。
エリオットは落ち込みますが、ウィリスが励まします。
しかし刑事二人が死んでしまった分署はどうするんだろう。
SWATの要請もあったんだから当然仲間が来るはずなのに
その様子がないのが不思議です。
病院だけでなく警察もとびきり忙しくて
構っている暇がなかったのかな・・・それでは困るんですけど。

Chicago P.D, S5-#15 「仲間入り」

ギャングに新人を迎え入れる儀式が行われる情報を得た特捜班は
その現場に向かうと、レイプされた少女の遺体が見つかります。
儀式とはレイプ殺人で、殺された少女が持っていたブレスレットから
もう一人の被害者ティナが見つかりますが
ティナは報復を恐れて何も語ろうとしません。

調べるうちに2名の若者が浮上。
捜しに行くと二人は性器を切り取られて殺害されていました。
明らかにレイプされたことへの報復だけど
ティナはやっていないと主張します。
そのうちに明らかになってくるのが女ギャングQの存在。
Qは取り調べにしらばっくれていましたが
特捜班はティナがQの手下になってドラッグを運んでいることを突き止め
脅されてやらざるを得なかったティナを囮にして
Qに二人を殺害したことを認めさせます。

この際ギャングのボス、ペーニャを捕らえられればさらに理想的なので
バージェスはQと取引し
ペーニャ逮捕に力を貸せば減刑すると約束しました。
Qは同意して銃の取引をするためにペーニャに連絡。
特捜班が包囲している中でQは集合場所に向かいますが
バージェスはQが何者かに銃を受け取っていたのを目撃します。
ボイトにはっきりとは明かさず作戦を実施。
するとQはペーニャに渡す銃を見せながら
隠し持っていた銃でペーニャを撃ち、その場で捕らえられます。
Q自身もレイプの被害者だとティナに語っていましたが
その相手がペーニャだったのでした。

とてもSVU的な事件。
バージェスは姉がレイプの被害者で苦しみ続けているのを知っているので
殺された少女やティナの辛さがわかるし
Qがペーニャに報復することも許されるとさえ感じていました。
ボイトもそれを理解していたけど
ロリンズやベンソンがこの場にいたら
どんな動きをするのか気になりました。

他の署の殺人課から来ていたハート刑事
バージェスと組んでいましたが
目立ったり邪魔になったりせず、いい人でしたね。

次回クロスオーバーは
P.Dの後にFireなんですね。
いつもFireを先に観ているから、ちょっと違和感あるかな。

Chicago Fire S6-#12 「人生のアドバイス」

屋上から川に飛び込んだケイシーとセブライドですが
ケイシーは自力で泳いで助かり
浮いているセブライドをキッドが助けに行きます。
吊り上げられたセブライドも無事に息を吹き返しますが
一部始終を報道カメラマンのアイザックスが写していて
新聞に掲載されたことから消防に注目が集まります。
チーフのハフハインズはアイザックスに
51分署の1日取材をさせてくれと頼んできて
ボーデンも許可を出します。

アイザックスはせっせと写真を撮っていましたが
救急要請に出たドーソンが倒れていた男の嘔吐を浴びて
シャワーを浴びに行ったあとアイザックスが姿を消したのをケイシーは見逃さず
シャワールームを盗撮しようとしていたアイザックスを捕らえます。
ボーデンはハフハインズにも連絡し、密着取材は中止になります。

だがアイザックスは懲りず
交通事故ではしご隊が救助活動を行っていると
その様子を撮りまくっています。
ケイシーが注意するとその時車が来て
アイザックスを撥ね飛ばします。
また車が来る直前に、ケイシーは飛び出すと
アイザックスを抱えて出ます。
どんなに許せない奴でも、人命救助が優先なのは
救急でも医療の現場でも共通ですね。
ボーデンはケイシーの態度をほめたたえます。

キッドはザックとデートを楽しみ
アパートも見つけたので一人暮らしを始めようとしますが
セブライドは不満げ。
口に出さないけれど顔に出ています。
セブライドもS1の頃のやりたい放題に比べると
ずいぶん大人になったね。

ブレットはホープからメールが来たり
Facebookで嫌がらせをされても無視。
ホームレスのジェラルドがいじめられていることに気づくと
彼らのねぐらに近づき、ジェラルドの場所を占拠した女性に怒鳴りつけ
彼女を追い出します。
ブレットはますますパワーアップ。

ハーマンはモリーズで沈んでいた男性に声を掛け人生相談に乗っていたら
近くで飲んでいた男性から
ライフコーチをしないかと声を掛けられます。
金儲けできるならやってみようとハーマンはレッスンを受けますが
男性からさらに追加料金を請求され
その男性を追い出します。
もう少しで詐欺の被害に遭うところでした。

次回はP.D.とのクロスオーバーです。