INDEX    RSS    ADMIN

Chicago P.D. S2-#6 「潜入」

10歳の少女が銃で撃たれて死亡。
彼女は将来有望な高校バスケット選手が犯罪に手を染めたのを見ていました。
選手のおじのタッカーはギャングのリーダーで服役中。
タッカーは直接手を出せないものの
部下を使って少女を消したと考えられます。
特捜班は操作を開始しますが
少女が妹と同い年のアトウォーターは
タッカーの地元にも詳しいので
情報を得るために自ら刑務所への潜入を志願します。
ボイトは了解し、アトウォーターだけでなく
ルゼックを囚人、ドーソンを看守として送り込むことにします。
知っているのは刑務所の所長だけ。

こうして刑務所潜入が始まりますが
刑務所ドラマファンとしては(笑)
今回の刑務所潜入、ユル過ぎです!
こんなに楽に1時間で問題が解決するわけがない!!
と楽しくツッコミながら観させてもらいました。

悪党をさんざん観察している刑事たちですから
それなりに悪党ぶりは板についてますが
早速アトウォーターがタッカーに近づき質問を始めると
そりゃ当然怪しいでしょ。
そのうち運悪く、タッカーは証人保護とかで
他の房に移動することになってしまいます。
これでは潜入の意味がないので
アトウォーターが追いかけられるように
ルゼックがアトウォーターに仕掛けて暴動開始。
他の囚人も憂さ晴らしをしたかったのか
バトルに付き合ってくれました(笑)
こうしてアトウォーターはタッカーを追えますが
所内でのタッカーの部下は
アトウォーターを怪しんで当然です。
皆とても敏感になってるし。

アトウォーターがタッカーの口を割らせようとしているころ
ルゼックは暴動をそそのかしたとして
懲罰房に入れられてしまいます。
これは当然の罰だけど
ルゼックには予定外のこと
マジで大騒ぎしてドーソンを呼ぼうとします。
そりゃ潜入がバレるでしょ。

アトウォーターは警官だと
タッカーの部下が怪しみだしたころ
ボイトとオリンスキーは出所したタッカーの元同房の男が
少女殺害にかかわったという情報を得て
ドーソン経由でアトウォーターに伝えます。
アトウォーターはその同房の男が警察に捕まり
情報を売るかどうかでリベートを要求しているという話を作って
タッカーが事件に触れるように仕向けますが
部下がシャンクを持ってアトウォーターを襲いに来ます。
ここで部下とアトウォーターとタッカーのバトル開始。
幸い?ほかの囚人たちは下のホールに集まっていたので
喜んでバトルを見ていました。
平和だな!
一方潜入に気づかれたドーソンは自らカミングアウト
ゴールは近いからいいんですけど。
そういえばドーソンは20年前、記念すべきOZの第1話に
悪名高きオルトラーニとして登場。
さっさと真っ黒焦げになってしまったのが衝撃的でした…

というわけであっという間に潜入終了でしたが
署内ではプラットがローマンとバージェスに
3人の少年が署内を探検するガイドを務めさせます。
事情を知らないローマンは張り切ってガイドを始めますが
犯罪歴のある少年たちの更生プログラムの一環としては空回り状態。
少年たちは隙を見て、署の車を盗んで脱走してしまいました。
ローマンたちが追いかけると3人はスポーツ用品店で万引きしようとしているところを
店主に捕まえられていました。
3人は署に戻されますが、事情を理解したローマンは
3人に更生の機会を与えます。

途中ローマンがオリンスキーに怒りをぶつける場面が。
今までもオリンスキーを敵視していましたが
かつてオリンスキーとローマンは同じ事件にかかわり
ローマンのパートナーが撃たれたけどオリンスキーは無視し
犯人を追っていったことに恨みを抱いていたことがわかります。
パートナーは結局車いす生活となってしまいました。

次回こちらはクロスオーバーの3話目。
SVUとP.D.の方がつながりが濃いかなという気もします。
予告編にロリンズ映ってたし。
3話セットで楽しみましょう。
スポンサーサイト

Chicago Fire S3-#6 「危険な駆け引き」

子供がアパートのベランダの手すりに挟まり
その手すりも倒れかけて危険な状態だと通報があり
消防と救急が駆け付けます。
セブライドがはしごからベランダに近づき
子供に声を掛けつつ、手すりの一部を切り取って救い出す準備をしているとき
ハーマンとドーソンは中から手すりを固定することになりますが
ドーソンは自分ができると思っているのに
ハーマンがやらせてくれずイラっとします。
今回も見事な連携で子供を救い出せましたが
ブレットとミルズが子供を救急車に乗せようとすると
母親が大丈夫だからと追いかけてきます。
しかし検査が必要なので救急車は発車
母親もついていきます。

母親が拒んだ理由は病院で判明
過去にも虐待の連絡を受けて
母親と子供は引き離されていました。
その例があったのでまたもや児童保護局が来て
子供を連れて行ってしまいます。
母親は51分署に来て
セブライドとブレットに何とかしてほしいと頼み込んできますが
セブライドはシェイのことを思い出し
深入りを避けたがります。
だがブレットは納得いきません。

ブレットは児童保護局の担当者を訪ねますが
担当者は書類の山に追われていて
その子供の件をいつ対応してくれるかもわかりません。
ブレットはセブライドに協力してもらって母親の家に行き
彼女が子供の父親と共に酒に溺れていたが
今は断酒の日々が続いているし
スポンサーとも連絡を取っている。
虐待の様子も見られない。
子供の父親とは接近禁止令が出ている等をチェック。
その結果をブレットは強硬に担当者に訴え
子供は母親のもとに戻ることになりました。

Medに続いての母親の子供虐待未遂事件でしたが
本来なら消防士や救命士がかかわることではないと思います。
セブライドのいう通り、一線を引くのも大切です。
それを良かれと思い自分の信念を突き進めようとすると
ハルステッド兄のように面倒に巻き込まれるんですよね。
今回が本当に虐待ではないとの保証はないし
そもそもベランダに挟まっていた原因がわかってないんだから
やはり素人判断はよくないのかなと。
しかし児童保護局も大変ですよね。
こんなに苦しんでいる子供たちがいるという現実を
何とかしていかなくては。

クリスティの一件は
前の家や学校に戻りたがっているバイオレットを何とかしてあげたいと
ケイシーは動きます。
弁護士の答えも頼りないので
ケイシーはニューハウスに頼んでジムの弱みを探すことに
すると愛人がとんでもない詐欺師だったことが判明し
愛人の過去の逮捕状のコピーをジムに突き付けたら
ジムはようやく目覚めて一家は元に戻ることになりました。
めでたしめでたし。

ニューハウスの裏家業にミルズも付き合いますが
車で待っていたらいきなり銃弾が飛んできます。
お金にはなるけれどかなり危険。
そしてニューハウスも後で殴られることに。

ドーソンはハーマンの訓練を受けることになりますが
ハンマーの使い方は学校で習ったし
でもハーマンは自分の経験をしっかり伝授したいようで
ドーソンは我慢して訓練を続けます。
その後警察が麻薬の売人のアジトに踏み込むときに
消防も同行し、頑丈な鉄の扉を開けることになります。
ドーソンはハンマーで叩いてハーマンに協力
訓練の成果が生かせました。
だが銃撃戦が起きて女性が犠牲になり
ドーソンはすぐに救急処置をとります。
結局女性は助からなかったけど
ドーソンの動きを見ていると
やっぱり救命の方が彼女に合っている
彼女の経験や能力が発揮できている気がします。
それでも消防士になりたいのかな?

セブライドはベガスに行く気満々で
救助隊のメンバーと手作りカジノで賭けの練習をしていました。
だが結局誰も行けなくなって一人でベガスに
すると幸運の女神が訪れます。

次回がクロスオーバー第1話
この先何がどうつながっていくのか全く見えないのですが
楽しみにしています!

Chicago Med S1-#12 「逮捕」

もうこのED嫌だ!!(爆)
毎回スタッフが問題起こしすぎです。

交通事故で緊急搬送された若者を
追いかけてきたのがパトロール警官。
飲酒運転だと思われるので血中アルコール濃度を調べさせてくれと頼んできますが
ローズはすでに緊急手術の準備を始めているし
病院に入ったら命を救うのが先決だとロックウッドが拒否したところ
警官は公務執行妨害だとロックウッドを逮捕してしまいます。
ロックウッドはそのまま留置所送りに。
グッドウィンは事情を説明し釈放してもらえるように
ボイトに会いに行きます。
というわけでMedにボイト登場。
グッドウィンとは親しいようで、打ち解けて話していました。
一方若者の父親が病院に駆け付けますが
ローズがアルコール検査をさせなかったことをに反応し
これで飲酒運転をもみ消せたと喜びます。
結局ロックウッドは釈放されますが
ローズは父親の姿に自分の父親がかぶって
腹が立っていました。

車にぶつかり足を骨折した弁護士の男性は
早く仕事に行きたいと担当したリースに退院を願い出ます。
その様子を見ていたチャールズは男性は自殺願望があると判断し
男性に話を聞き出そうとしますがなかなかうまくいかず。
何度も話していくうちにようやく本音が出てきました。
それよりチャールズの様子が変。
ワイシャツは汚れたままだし。
リースがチャールズの部屋を覗くと
部屋の中もぐちゃぐちゃです。
後でチャールズがカウンセリングのドクターと話している様子では
チャールズ自身も精神疾患を抱えてる?
違和感を覚え薬をやめているので、様子がおかしいようです。
薬の量を変えて治療していくらしいけど
それでも精神科医ができるんだな…と驚きました。

マニングが担当した泣き止まない乳幼児は
揺さぶられっ子症候群の可能性が見られました。
症状からも母親の話や様子からも虐待はほぼ間違いないと
マニングは児童保護局へ連絡することにします。
でも連絡してしまったら母子は離され
万が一違っていたら取り返しのつかないことになります。
グッドウィンは警告したのですが
マニングは乳幼児のかかりつけ医からのデータを調べていくうちに
出血は子供が生まれる前、母親の胎内にいた時に
母親が事故に遭って傷ついたからだと発見します。
これで虐待の可能性はなくなり
母親のもとに子供は帰されますが
病気が治ったわけではないので苦労は続きそうです。

ハルステッドはまだ治験患者のことを気にしていますが
娘に会った時に注射を打ってからお母さんの具合がよくないと聞き
近づいてはいけないのにゾーイに情報を得ようとしたり
ローズに頼み込んでカルテを覗かせてもらったり
そして投薬が治験薬と合わないことがわかると
何とか阻止しようとしますがローズに止められます。
ハルステッドの責任感、思いの強さはわかるけど
その前に自分の立場、病院の立場を考えなければ…
つくづく困ったお兄ちゃんです。
ローズと共にモリーズで飲んでる時も
せっかく出てきた!ハーマンは
かける言葉がありませんでした。

Downton Abbey S6-#7 「悲しみの決断」

ヘンリーとチャールズが出場するカーレースの日が近づき、
伯爵家の人たちは観戦に行くことになります。
病み上がりのロバートも無理をせずに同行します。

バイオレットはこっそりフランスに旅立つことにします。
気持ちを静めるには旅が一番だと判断したのですが
ロバートたちに知らせるのはまた後で。
でもバイオレットはマートン卿の息子の結婚式に
何故イザベルが招待されたのかが気になって
嫁となるアメリアに直接聞きに行きます。
するとアメリアはイザベルに
マートン卿の相手をさせたいと思っていることが判明。
いずれは介護のための相手探しかと理解したバイオレットは
腹を立ててアメリアを非難します。

伯爵家の人々が留守になるため
使用人たちも休暇が取れるようになります。
パットモアは手がけていたホテルが完成し
いよいよオープンすることに。
デイジーとモールズリーは学校で試験を受けます。
トーマスは就職先を探さなくてはならず
ヒューズはカーソンが自宅で夕食を食べるのが憂鬱です。

レースは大賑わい。
レーサーも応援にも気合が入ります。
それにしてもレーサーがスタートラインに並んで
走って車に乗り込んでスタートするのにはびっくり!
当時はそれが正式ルールだったのでしょうか。
何台もの車が参加しているため
途中でクラッシュする車もあります。
そんな中でヘンリーとチャーリーは順調に飛ばし
お互いに煽りながらもいい位置につけていましたが…

突然チャーリーの車がクラッシュ。
炎が上がっています。
車から降りたヘンリーが助け出そうとしますが
どうにもなりませんでした。
突然襲った悲劇にみな沈み
ヘンリーはすっかり落胆しています。

ヘンリーを夕食に誘うこともできず
みな重苦しい雰囲気で夜を迎えますが
ヘンリーからメアリーに電話がかかってきました。
憔悴したヘンリーはメアリーの愛がほしかったのでしょうが
メアリーはあっさりヘンリーに別れを告げてしまいます。
この状態で言わなくても…
相変わらずメアリーは鬼!ですよね。
ブランソンがそれでいいのかと諭すのに
聞く耳を持たず。
人生は苦労するもの、それはメアリーもよくわかっているはずだから
ブランソンはこの恋を大事にすべきだと思っているのに。
こんないい義理の弟がいるのに、もったいないな。

一方イーディスの恋は順調で
ついにバーティーがプロポーズします。
それはとても嬉しいことだけど
問題はマリゴールドのことをどう伝えるべきか。
とりあえず一緒に住みたいと提案すると
バーティーはOKしてくれます。
でも実の娘だと知った時の反応が怖いし
だからすぐにイエスと承諾できずにいます。

試験日のお昼に使用人たちが集まってピクニックしますが
すでに終わった試験の問題が難しかったとデイジーが言うと
その問題をアンディが読まされる羽目にあいます。
アンディが読めないとトーマスが代わりに読みますが
アンディは自分は字が読めず
トーマスに教わっていることを白状します。
すると校長がこの先文字を教えてくれると提案してくれます。
その後モールズリーはテストに合格。
学校で教師としての道を歩むことになります。
出てきたときは癒し系?お笑いキャラなモールズリーでしたが
実はとても優秀な人だったんですね。

ヒューズはパットモアの知恵を借りて作戦を開始。
手を怪我して台所仕事ができないと言って
食事の支度や洗い物を
すべてカーソンにやらせたのでした。
やったね!!
食事作りがいかに大変かカーソンも身をもってわかったはず。
もうわがままは言わないでしょう。
そしてパットモアのホテルは
順調な滑り出しです。

伯爵家の人たちがダウントンに帰ってくると
イザベルがバイオレットが旅に出たことを伝える手紙を持って待っていました。
さらにスプラットがバイオレットからロバート宛のプレゼントを持ってきてましたが
それは使用人の部屋で待ってしました。
子犬の登場にロバートは大喜び。
ロバートがワンコ好きなのがよくわかりました。
最後にほっこりいい気分になれてよかったです。

Law&Order SVU S18-#18 「催眠術」

夜恋人のスティーブンと別れた後アビーは、ヒーリングの集会に出るためにデクラン・トラスクのアパートへ向かう。翌日アビーはスティーブンとともにSVUに現れ、デクランにレイプされたと訴える。
ヒーラーのデクランはヒーリングで人生を変えると説明し、アヤワスカ療法を用いていた。アビーは昨晩の出来事について、怖くてアヤワスカを飲むことができず、一人抜け出して瞑想室へ入っていったら、デクランが入ってきた。デクランが持ってきた水を飲むと目が回る感じがして手足が重くなり、別世界にいるようだった。そのうちデクランにレイプされたが、叫びたくても声が出なかったと話す。
SVUの事情聴取に対しデクランは、宗教儀式ではアヤワスカの使用の免許を持っていると答える。さらにアビーとのセックスについて認め、アビーがアヤワスカを拒否したため瞑想室で話をした。水の中には何もいれておらず、合意の上でのセックスだった説明する。
SVUは他のヒーリング参加者の名簿を入手、クリスタはデクランがアビーに夢中になっていたと語るが、カフェのウェイターはアビーがアヤワスカを飲まなかったのを残念がり、水を持って瞑想室に入っていった。デクランは詐欺師だと文句を言う。またバレリーは、デクランが瞑想室から出てくるのを見たが、アビーは泣きながら一人中にいた。帰るときは動揺して怒っているような感じだったと話す。
アビーの検査結果が出て、精液はデクランのものと確認されるが、体内からアルコールや薬物は検出されなかった。ベンソンはアビーは擬死反射を起こし、体が凍り付いてしまったのではと考える。
アビーは瞑想室でのデクランの言葉を思い出す。水を飲んでリラックスするように指示され、悟りの次元へ導くと言われてから、「僕を見つめればぬくもりに包まれる。」という言葉で別の場所にいるような変な感覚になり、「君は美しい人形だ。」と言われたときは体が動かなくなっていた。
デクランにレイプされたと被害届を出していたが、その後訴えを取り下げたレイチェルという女性がいたことが判明する。だがレイチェルは行方不明だ。担当した弁護士が見つかり、レイチェルは薬物投与を訴えたけれど結果は陰性で、精神的ダメージからうつ状態になり、仕事をやめ引っ越したがすい臓がんを患い死亡したと話す。レイチェルが証言する映像が残されていたが、内容がアビーとほぼ一致していた。バーバはデクランが神経言語を使ったとして、アビーやレイチェルに催眠術をかけたと推測する。

デクランについて詳しく調べるために、SVUは彼が通っていたリージェンツ大学を訪ねる。コミュニケーション学部の担当教授はデクランの父が多額の寄付をしたことを覚えていたが、デクランは3年で退学、薬物に依存していたと答える。デクランはその後ハンプトンズの更生施設に入り60日間の催眠術治療を受けていた。
施設でデクランにかかわったジャックが状況を説明し、SVUの要請でデクランに会い、催眠術をかけてセックスに至るのは悪いことではないとデクランに言わせたところで、SVUがデクランを逮捕する。
デクランは相手との親密性がセックスにつながるとして、アビーに催眠術をかけたかという問いに否定する。
デクランの弁護をカルホーンが行うことになり、法廷でもアビーが催眠術をかけられたかで争われる。カルホーンは二人は惹かれ合ってセックスをしたと主張する。そしてデクランが録音していた瞑想室でのアビーとの会話のテープを持ち込む。そこでは確かにアビーはイエスと言って合意していた。
カルホーンはバーバに第2級性的虐待で取引を持ち掛けるが、バーバは納得できない。録音テープを陪審員に聞かせても、アビーが催眠術をかけられていることは明らかにならず、セックスに同意したと思われてしまう。
なんとかデクランを有罪に持ち込む情報がないか探していると、デクランの過去の逮捕歴が見つかる。デクランは交通事故を起こしたときヘロイン所持で逮捕されたが、同乗していた友人はオーバードーズで死亡。デクランは友人を見捨てたと事故を担当した警官が証言する。デクランはヒーリングの収入を、貧民国に安全な飲料水を送って命を救うために寄付していると話すが、彼はかつて友人を見捨てたと信頼性が揺らいできた。
バーバは催眠術はデートレイプの薬と同じだと断言し、録音されたイエスも催眠術をかけられた状態だったと有罪を主張する。陪審員は第1級レイプ罪でデクランを有罪とする。

ヒーラーが治療者をレイプし
それがレイプと実証できるかを問う事件。
催眠術はかけられたという証拠も残っていないので判断が難しいです。
録音でなく録画ビデオだったら
アビーの催眠状態が確認できたのかもしれないけれど。

ペルーの怪しげな?祈祷の話などは
The Pathを思い出してしまいました。
早くS2が観たいですけど
あちらはコミューン全体が宗教がかってるし
教祖様はもっとやりたい放題だし
レイプを訴えだしたら、とんでもないことになってきます。
ついでにアヤワスカは南米では有名な幻覚剤です。

デクランを演じていたのはXIIIのSimon Townsend
ヒーラーの役も似合っていました。