INDEX    RSS    ADMIN

オスマン帝国外伝 #48 「死の宣告」

もったいなくてなかなか観られなかったのですが
意を決してシーズンラストエピを視聴しました。
ここまで強烈なクリフハンガーだったとは!
心配事山盛りで、気になって仕方ありません。

イブラヒムは鬼だった!!
ここにきて本領発揮?
この姿をハティジェが見ていたらどんな反応をするのか気になりました。
レオは幽閉されたまま。
イブラヒムはレオに近づき
自分がすべて悪い、ヒュッレムは関係ないと懇願するレオに
ヒュッレムを助けるためだからと二人の関係をすべて聞き出してしまいます。
ここでヒュッレムの弱みを握ったイブラヒムは
後はヒュッレムを追い出すだけです。

イブラヒムはレオを隠していることは内緒で
屋敷にグリッティと妹を招き
スレイマンとヒュッレムも呼んで食事会を開きます。
我が獅子を招いている食事会なのに
結構簡素なんだなと
ダウントンに影響されすぎですね(苦笑)
西洋式も違和感なんですけど
テーブルが小さく感じられました。
そこでお披露目されたスレイマンの肖像画の隣にはヒュッレムはおらず。
レオが切って持ち出してしまったからですが
きちんと1人用額に収められ、何事もなかったように飾られていました。
スレイマンがレオについてイブラヒムに問いただすと
レオはルテニアへ帰るとイブラヒムは答えますが
その時の返答で二人の関係が知られたと悟ったヒュッレムは焦ります。
宮殿に帰ってきてからは悪夢にうなされ、ぶっ倒れますが
体調不良の原因は妊娠でした。
本当に次々によく生まれるよね。
妊娠報告を母后は歓迎しますが、マヒデブランは生気を失っていました。
マヒデブラン、辛すぎます。

ヒュッレムはイブラヒムと話をしようと思いましたが
屋敷に来るように命ぜられ、ニギャールと一緒に屋敷を訪ねます。
そこでイブラヒムはヒュッレムとレオを対面させ
ヒュッレムがスレイマンを愛していると主張し
レオがヒュッレムは関係ないと訴えても
イブラヒムは規則だからとヒュッレムを消す気でした。
ヒュッレムはせめて子供たちはと懇願します。
するとイブラヒムは砂糖菓子(これってターキッシュ デライトですよね)を盛った皿の上に
強力な毒薬をたっぷりかけます。
そんな危険な毒薬を簡単に扱いすぎ!と突っ込みたくもなりますが
その毒薬入り菓子の皿をヒュッレムに預け
イブラヒムは出ていきます。
毒入り菓子を目の前にして
震え嘆くヒュッレムと、おろおろしているレオ。
いったいどうするんだ?

そのころスレイマンがイブラヒムの屋敷に戻ってきて
外のテントで一休みしています。
一応護衛は二人付いていたけど
国からの手紙で、今こそスレイマンを倒すべきだと促されたサドゥカは
飲み物を載せた盆の下にナイフを隠し
飲み物をスレイマンに渡した後、のどにナイフを当てます。
護衛たちは固まったまま。

こんなとんでもない事態でクリフハンガーでした。
早く先を見せてくれないと困ります!
サドゥカはあっさり捕らえられ
ヒュッレムとレオはうまく解決策を探るのではと願いたいですけど・・・
ちょっとうれしかったのはギュルニハルが順調に回復していること。
彼女には元気になってもらわなくては!
スポンサーサイト

This Is Us S1-#3 「秘密」

大きな事件が起きるわけでもなく
先の読めない展開が待ち受けてるわけでもなく
日常の生活が流れていく中で
毎回プチ驚きが用意されているのが
このドラマの特徴なのかな。

今回のプチ驚きは
ウィリアムとレベッカの関係。
レベッカとミゲル(なぜミゲルなのかもいずれ分かる?)が
ランダルの家を訪ねてきたとき
2階に隠れていたウィリアムにレベッカが会いに行くんですが
ランダルの心配をよそに
二人は初対面ではなかったんですね。
レベッカはそれを隠していました。

双子と養子の3人を育てることを決め
ジャックとレベッカは彼らを取り上げてくれたドクターKにちなんで
頭文字Kを取った、ケヴィン、ケイト、カイルと名付けます。
退院する日レベッカは、院の外でこちらを見ている黒人男性に気づきます。

帰宅したレベッカの子育てが始まるけど
三つ子の世話というだけでもとても大変なのに
カイルがいうことを聴いてくれない。
お乳も飲んでくれないし・・・とレベッカはぐったりしてしまいます。
ジャックは3人を検診に連れて行きながら
ドクターKに愚痴ります。
相当へこんでいたレベッカは
カイルの実父を探すことに。
覚えていた実父の特徴をバスの運転手さんに話すと
あっさり教えてくれました。
こうしてレベッカとウィリアムは出会い
ウィリアムがカイルの実母とバスで知り合ったことなど
話を聞くことになります。
ウィリアムはカイルの成長の様子を見たいと頼みますが
レベッカはカイルを自分の子として育てるために拒否。
でもこの決断が大事だったんですね。
そしてレベッカはカイルに別の名前を付けるべきだと自覚し
ウィリアムがカイルの母に読んだ詩の作者にちなんで
ランダルと呼ぶことにします。

こんな過去があっての再会。
ランダルはウィリアムをきちんと医者に診せようと苦心していますが
ベスがいうところのランダルの悪習の「高潔さ」は
レベッカとジャックの子育ての賜物なのでしょう。
ウィリアムはついに医者の診断を受けますが
やはり胃がんのステージ4で、余命いくばくもないことが立証されます。
そしてランダルは自分の生い立ちを知ることになります。

ケヴィンはNYで舞台に挑戦する決意をしたものの
引っ越し準備から手間取り、すぐにケイトに助けを求めます。
トビーはケイトがバスルームで歌っているのを聞き
ケイトに自信を持たせるため
老人ホームで歌声を披露する企画を立てます。
そのおぜん立てが立派!
ケイトにドレスを着せて、家の前にレッドカーペットを引いて
トビーはカメラのシャッターを切り
形から入るのも大事だよね。
トビーが用意したのは、ケイトが好きだったと言っていた
Cyndi LauperのTime Afte Time
人前で歌うことを恐れていたケイトだけど
彼女流にのびやかに歌います。
二人の気分も高揚したところで
ケヴィンからケイトに電話があり
すぐにケヴィンに振り回されるケイトにトビーは腹を立てます。
双子の絆の深さは計り知れないものがあるかもしれないけど
でも独り立ちも必要。
結局ケヴィンは一人でNYへ飛びます。

次回は選挙のためにお休み。
プチ驚きもしばしおあずけです。

ドラマなつぶやき

週末のドラマタイムをつぶやきます。

◎オスマン帝国外伝
ラスト1話を観てしまうと一気にオスマン帝国ロスになりそうで
まだ観られずにいます。
レオがどうなってしまうのか、サドゥカが動き出すのか
気になって仕方ないんですけど。
マヒデブランの暗すぎる顔も気になる。
そろそろ覚悟を決めて観ようかな。
S2いつかオンエアしてくれるのかな。
Huluだと持ってきてくれそうな気がするので
もし銀河が無理でもHuluでよろしくお願いしたいです。

◎ネトフリ復活しました♪
といってもさっき再契約したので
まだ何も観ていませんが。
ずっと休止状態にしていると
ときどきもう一度1か月無料視聴できますとメールが来るので
今回久々に復活してみました。
オスマン帝国が終わってちょっと余裕が出てきたし
huluやAmazonPrimeで必死に観ているものもないし
だったらネトフリで気分を変えるのもいいかなと。
しかも前に契約していた時はスマホか
絶不調(苦笑)のPCしか視聴手段がなかったのが
TVにはFireStickついてるし
スマホではドラマをダウンロードできるようになったし
PCも買い替えたからスムーズに動画が観られるし
断然見やすくなっています。
ということで早速おバカMeloni登場の
Wet Hot American Summerを観ることにします。
まだ映画版しか観たことないんだけど
きっとケラーやステーブラーの存在を忘れることになるのでしょう。
それでいいのかな??

◎視聴中のドラマの見直しを!!
本当に観たいドラマと出会えるようにするために
取捨選択は大事なのかも。
苦手なものを無理して観なくてもいいのかなと痛感します。
今死亡フラッグ立ちかけているのは
☆Mr.Robot
嫌いじゃないと思うんだけど
話が全然理解できず。
楽しめないでいます。
☆Frequency
なぜか観てると眠くなる(笑)
催眠術かけてる??
カルロス君が嫌なオヤジなことはわかったけど
ワクワクしながら観てないんだよね。
次のエピも寝落ちしたら
リタイアすることにします!!
ついでにTwin Peaksの意味不明感も半端ないですけど
それは当然だと思って観ているのでOKです!

Chicago P.D. S2-#21 「追悼」

クロスオーバーを引き継いでのエピソード。
前回のSVU部分をチラ見せして、本編が始まります。

ナディアの死に署は悲しみに包まれ
プラットは建物にはめ込むナディアの慰霊プレートを依頼しますが
許可が下りません。
プラットはセントラル署のチーフに怒鳴り込みにいきますが
ナディアは警官ではないと殉職扱いをしてもらえませんでした。
特捜班のメンバーはリンジーの気遣いますが
リンジーは心中を話さず、仕事に専念しようとします。

カフェで爆発事故が発生。
救助活動中にクルースの姿が見えたけど
他のFireメンバーはいませんでした。
オーナーの妻が重体で病院に搬送され
オーナーも負傷しています。
原因は手作り爆弾の爆発と判明。
様子を見ていた少女が何か話したそうだったのでハルステッドが近づくと
母親が来て少女を連れ帰ってしまいます。

店のオーナーは2日前
ギャングの男に脅され車を壊されていました。
ギャングの男を捕らえて事情聴取すると
彼はオーナーに用心棒として雇われていたけれど
支払い代を巡ってトラブルが起きていました。
しかし男は爆発にはかかわっていないと主張します。

カフェのあったビルの所有者は
以前やはり所有している建物で火事が起きたことがあり
意図的に爆破したのではとも考えられました。
誰が爆弾を仕掛けたのかの特定が必要になり
ハルステッドは少女の情報を求めますが
母親はほかの子供が事件を目撃して証言したために襲われたと
身の危険を理由に証言を拒否します。
ハルステッドは少女に奨学金を渡し
法廷での証言はないと約束して
現場にいた男の特徴を聞き出します。

証言をもとに見つけた男を特捜班は捕らえますが
男はカフェで電気工事をするために雇われていたようです。
男の自宅から爆弾づくりに必要な材料が多数見つかり
彼が爆弾を製造したのは明らかです。
アトウォーターが尋問をした後いったん席を外し
男を一人にしておいたところ
男はアトウォーターが与えた飲み物の缶で動脈を切り
自殺してしまいました。

爆弾男は死んでしまったけれど
彼を雇ったのはカフェのオーナーだったことが判明。
重体だった妻は亡くなりますが
オーナーは過去にも同じような事件を起こしていました。
被害者を装っていたオーナーを自白に持ち込んだのは
今回もボイトの脅し。
彼に頭突きをされたら、もう自白するしかないでしょう。

容疑者を自殺させてしまったことはアトウォーターのミスだけど
ボイトは一時的にアトウォーターをパトロールに回し
代わりにバージェスを特捜班に入れる措置を取ります。

ナディアの慰霊プレートは
ローマンのいとこが作ってくれることになりました。
だが設置許可は取れないまま。
プラットが嘆くとボイトはローマンたちに
倉庫からある書類を持ってくるように命じます。
その中身はセントラル署のチーフを脅すのに十分でした。
こうして無事にプレートが飾られ
ナディアは21分署の警官として弔われます。
壁にはジンのプレートも貼ってありました。

リンジーはモリーズでナディアを偲ぼうとハルステッドに誘われますが
モリーズには行かず、母の店に顔を出します。
リンジーは自分がナディアを殺したと憂い、涙します。
リンジーの苦悩が続きそうで、どうやって立ち直っていくのか気がかりです。

Chicago Fire S3-#22 「対立」

オーチスは消火活動中のライスの行動がどうしても納得できず
その態度が救助隊を遠ざけ
不穏な空気が流れます。
崖に落ちた少年を救いに行ったときは
先についたはしご隊が任されたけど
救助隊も加わることに。
この連携もなんだかぎくしゃくしています。

チリが自宅で熱いシャワーが浴びられないくらい節約をしているのは
彼女が自己ブランドの商品開発をもくろんでいるから。
その強い意思に自分との共通点を感じたハーマンは
何かとアイディアを出し応援します。
賛同者を得るためにモリーズでプレゼンしようとしたら
ここでまたはしご隊と救助隊がいがみ合い
バトルが始まってしまいます。
結局チリの件はハーマンがモリーズの資金でバックアップしていくことになり
チリはハーマンに感謝しますが
ボーデンはセブライドとケイシーに
この状況を収めるよう命じます。
セブライドはライスに事実確認をすると
ライスはオーチスの疑いを否定しますが
セブライドとは上司と部下の関係だけにすると
距離を置こうとします。

ケイシーも危惧していたけれど
本当にドラマが始まったときのような嫌な空気が流れていて
チームワークが大切なのに
早く修復してもらいたいです。
車火災の現場では
燃えている車が動き出して救命士たちが危うく轢かれそうになったとき
セブライドが体を張って止めに行く場面があり
こういうときはナイスチームワークだと感じたけど。

ケイシーはネスビットと手を切るつもりでしたが
ネスビットからは年代物のウィスキーが送られてきました。
今度はボイトがケイシーに電話してきます。
ケイシーは出動要請が出ていて電話に出なかったら
ボイトが直々に51分署にやってきました。
そしてネスビットとの関係を尋ねます。
あの犬猿の仲のケイシーとボイトなのに
わざわざボイトがケイシーにお願いに来るのは
相当切羽詰まっていたからですが
ドーソン兄からも詳しい説明がありました。
ネスビットはストリップクラブを経営する裏で
人身売買に関わっているようです。
その実態をつかむためにボイトはケイシーに
クラブに潜入するように頼みます。
ケイシーは了解して再びネスビットと接触
やっぱり仕事を引き受けると約束すると
次の新人お披露目パーティーに招待してもらいます。

ケイシーはマウスから盗聴器付きスマホを受け取ると
ストリップクラブに出かけていきます。
ボイトたちのフォローはあるはずですが
単独での潜入状態。
ケイシーは以前は入れてもらえなかった奥の部屋に招かれますが
そこでいきなり身体検査をされ
スマホを取られてしまいます。
本当に大丈夫??

どこからP.D.にネスビット情報が入ったのかはわかりませんが
ケイシーがクラブの改築工事をしていることは
ドーソン兄妹間で伝わったのかな。
それにしても何故消防士ケイシーが潜入しなきゃいけないんでしょ。
その訓練は受けていないのに。
潜入捜査は命懸けですよ!
とそれはGracelandで痛感しましたが
小隊長にもしものことがあったらどうするの?
ボイトはボーデンにケイシーを使う許可を取っているのでしょうか。
すごく気になりました。
ヒヤヒヤしながら、次回がシーズンファイナルです。