INDEX    RSS    ADMIN

Chicago Med S1-#8 「再会」

中東の王子がバイパス手術を行うということで
名医と言われるダウニーが登場。
ローズが組むことになりますが
ダウニーってかなり変わってるかも。

マニングが仕事に復帰。
早速呼吸困難で運ばれてきた少女を担当します。
父親は少女をしっかりと管理していて
病歴や検査結果などからミトコンドリア病と判断し
対処療法をしてきました。
でもマニングやハルステッドは、少女がミトコンドリア病だとは思えません。

チョイの軍隊時代の仲間のメイソンが訪れ
診察すると大腸がんであることが判明します。
もっと早く診断を下されるべきだったのに
軍の病院は検査を怠っていました。

ハルステッドらは少女がミトコンドリア病だと特定するための検査を受けるように促しますが
父親はそれをかたくなに拒否します。
少女が体調不良を起こしたのは母親が亡くなってからで
そのあと父親が付きっ切り状態になっていました。
少女は父親がいないところでは元気になるのに
父親の姿が見えると。また調子が悪そうにしています。
その様子をチャールズも交えて分析し
父親の虐待が疑われることになります。
少女の変化をこっそり録画したのは違法でしたが
もし虐待が見つかれば、病院には通報の義務があります。
チャールズがそれとなく少女に聞き取りをし
結局少女は父親と離れることに。
こういう展開ではまたしてもグッドウィンがヴァン・ビューレンに見えてくるし
SVUを観ているようにも感じられます。

チョイが軍の病院に直談判に行ったのもすごかった。
皆それなりに事情があるんだね。
メイソンが軍のリユニオンに出席するために
そこまでは生きていたいと強く願い
チョイは実現させました。

リースと検査技師のトーマスがいい感じ♪
この先が気になります。
スポンサーサイト

Wentworth S4-#12 「激怒」

ビーは目覚めると隣にアリーがいないことに気づき
シャワーを浴びに行ったとリズが教えてくれたので
シャワールームに行きます。
するとそこには注射器と倒れているアリーの姿が
ビーはすぐに緊急ボタンを押します。
アリーは病院に運ばれますが、意識不明のままです。
ビーはカズを疑い、二人は激しいバトルに。
しかしカズの仕業ではありません。
額が切れ、頭を打ったビーは
しばらく医務室にいます。

ビーはアリーはクリーンになったので
何者かに注射を打たれたはずだとヴェラに訴えます。
看守も含めれ全員の薬物検査が行われ
前日ドラッグでぶっ飛んでいたウィルが困っていると
ジェイクが担当看護師をうまく言い含めると請け負います。

ファーガソンの裁判の日になり出廷する前に
ファーガソンは勝ち誇った表情でビーに声をかけます。
そのときファーガソンがアリーを襲ったとビーは断言します。
ビーはフランキーと連絡を取り
シェーンを見張るように頼みます。
だがシェーンは自宅におらず
彼が友達から借りて乗って言った車は
裁判所の前に止まっていました。 
裁判を妨害しようとするシェーンを
フランキーが止めようとすると
シェーンはフランキーに銃を向けます。
フランキーは体を張ってシェーンを説得。
刑務所に行ってはいけない!
フランキーの言葉には説得力がありました。
シェーンは諦めて戻ります。

これで安心かと思ったら
証言予定のジェスパーの護送車が襲われ
運転手だけでなく、ジェスパーも撃たれて死亡します。
車は火をつけられて証拠隠滅。
仕掛けたのは覆面を被ったジェイクでした。
どこまでファーガソンの言いなりなのか。
借金している以上従わざるを得ないのでしょうが
バレずに済むのかが謎。
麻薬に殺人に…ジェイクこそ捕まったら間違いなく終身刑ですよね。

証人がいなくなってしまったため
ファーガソンを有罪にする証拠がなく
ファーガソンは釈放されることになります。
ファーガソンは得意げにウェントワースに戻ってきました。
マキシンは化学療法のため病院に行くので
アリーの様子を見てくることを約束します。
するとアリーは症状が重く助からないだろうという医者の判断が出て
ビーは電話越しにアリーに声をかけます。

ビーはヴェラに
ファーガソンが釈放される前に二人だけで会わせてほしい
そのとき有罪となる言葉を引き出させて録音し証拠にすると頼み
願いを聞き入れてもらいます。
ビーは壁に隠してあったシャンクを取り出すと隠し持ち
房を出ていきます。
釈放されたファーガソンが一人建物の外に出ると
ビーが近寄ってきました。
ビーはファーガソンに怒りをぶつけ刺そうとしますが
逆にファーガソンにシャンクを取られてしまいます。
するとビーは自らファーガソンに近づき
ファーガソンがビーを刺すように仕向けます。
気が付くとファーガソンはビーをめった刺しにしていました。
その頃病院では心停止状態のアリーに除細動器が当てられ
アリーは目を覚まします。

ビーはこのままアリーと一緒に旅立つつもりで
自らの命を投げ出してファーガソンを有罪にしようとし
彼女のまさに命がけの行為は成功しましたが
アリーはもしかしたら助かるのかも。
それも悲しい結末です。
しかしクイーン・ビーは最期まで
ウェントワースに君臨していましたね。
彼女が主人公のドラマでビーが去ってしまったら
この先話がどうなっていくのか。
今のところカズがボスになったけど
ファーガソンも戻ってくるだろうし
ジェイクはとんでもない悪党だし

S5も順調に始まっているようで
早く日本上陸してほしいです!!

Downton Abbey S6-#3 「晴れの日に」

カーソンとヒューズの結婚式の日が迫っていますが、ヒューズは浮かない顔。
コーラがヒューズに問いただすと、ついにヒューズは自分なりの披露宴を行いたいと話します。
お屋敷とは別の場所で、大勢の人を招いて、テーブルには食べ物がたくさん並んで
できれば学校のようなところがいいと。
メアリーはまるで理解できない様子でしたが、コーラは納得。
ヒューズの願いが叶うことになります。
ヒューズは茶色のドレスを直して着るつもりでしたが
パットモアがカタログ通販を紹介します。
この時代から通販があったんだ!

トーマスは新たな就職先を物色。
由緒あるお屋敷の仕事を見つけ面接に行くと
屋敷はボロボロ状態。
領主はいるものの、通いのメイドが来てるだけです。
領主はお屋敷がいかに立派だったか
著名人が来ていたと自慢しますが
いまさらどうにもならず、トーマスはさっさと辞退します。

病院の統合問題ではイザベルとコーラが
バイオレットと対立。
全く妥協点が見つからず
バイオレットの立場がどんどん危うくなっていく感じです。
バイオレットの屋敷では、スプラットに何か秘密がある様子。
デンカーが探ろうとしますが、スプラットは隠し通します。
ところが警官が来て、
スプラットの甥が罪を犯して収監されていたけど脱走しているようで
甥の情報を求めに来ます。
そういえばガサガサ音がしていたけれどとデンカーは気にします。

イーディスはロンドンで、雑誌を仕上げて印刷所に送らなければなりませんが
役に立たない編集者をクビにしてしまいました。
その前に偶然会ったバーティーとお茶を飲む約束をしていたのに
それを返上して徹夜仕事をしなければならなくなってしまいました。
イーディスはルールズで待っていたバーティーに断りに行くと
バーティーが編集室に来て手助けをしてくれたので
何とか編集が間に合いました。
ルールズはロンドンのガイドブックにも載ってる名店です。
立派すぎて近寄れなかったけど(苦笑)

ヒューズのドレスが届いたけど
写真よりずっと地味でパットモアはがっかりします。
メアリーがブローチを貸してくれると言ってくれましたが
コーラのコートを借りてきたら見栄えがするかも。
メアリーがコーラに伝えると言ってくれたので
ヒューズとアンナ、パットモアがコーラの部屋でコートを物色していたら
何も知らないコーラが来てびっくりし、怒り始めました。
3人が誤解を解くために説明。
メアリーもコーラに会えず伝えられなかったと話してコーラは納得。
今度は勘違いして怒ったことを詫び、
コートを直して着るようプレゼントしてくれました。

カーソンとヒューズの結婚式。
いつもの教会で厳かに式を挙げた後は
伯爵家も使用人も、みんな一緒に楽しんでいます。
デイジーはメイソンの仕事が決まったと思い込んで
コーラに感謝していますが、それはまだでした。
さらに素敵なサプライズが!
ボストンからブランソンとシビーが戻ってきたのです。
ボストンでうまくいっていないという手紙が届き
メアリーは気にしていましたが
ブランソンはまたダウントンに戻って
みんなと一緒に生活したいと頼みます。
子供たちも大喜び。
めでたしめでたしでしたが
またさらにブランソンが巨大化した気がして…

downton6-3.jpg

Law&Order SVU S18-#14 「ウォール街のキング」

投資銀行クロムウェル社で働くゾーイが、SVUにレイプの被害を訴えに来る。相手はウォール街のキングと呼ばれるイーライ・コルトンでクロムウェル社の重要な顧客だ。ゾーイは上司のロジャーと共にイーライの自宅で開かれた契約成立祝いのパーティーに招かれていた。ゾーイはイーライにワインを勧められた後、高級時計を見せると言われて寝室に連れていかれキスされた。ゾーイはセックスを拒否し、抵抗したけれど口をふさがれた。後でロジャーに報告したと打ち明ける。
ベンソンとフィンがロジャーに確認をとると、ロジャーはレイプとは聞いていない、ロジャーが乱暴だったと話していたと答える。カリシとロリンズはイーライに会いに行くが相手にされず、パーティーに来ていた女性に尋ねると、イーライは遊び人で、パーティーでもロジャーに金を渡されてイーライに寝るように言われていたが、金をもらっただけで済んだと答える。またロジャーはさらに、ゾーイは賢こく、リスクを冒してまでイーライを陥れはしないと説明する。
SVUにイーライが現れ、ゾーイとのセックスは合意の上で楽しんだ。翌日ゾーイから、昨日は楽しかったとメールが来たと言ってくる。ゾーイはメールは書いていないと否定するが、確かにゾーイのPCからメールが送られていた。ゾーイはとても孤独な気分だと嘆く。
イーライはパーティーのときコカインでハイな状態だったと情報も入り、SVUはイーライの敵に聞き取りを行う。そこで3年前、イーライがレイプしたという噂が広まったが、級に収まったらしい。同銀行に勤めていた被害者の女性ケイトは途中で訴えを取り消しており、守秘義務があって詳細を話せないと答える。だがベンソンが説得すると、キャリアを潰す、人生を潰すと脅されて取引に応じた。傷は癒えていないけれどお金はあると語る。
ケイトの上司もロジャーだった。ロジャーはイーライに割安の会社を紹介して高値で売却させ、利益を得ていた。ケイトもゾーイも、イーライにレイプされているが上司はロジャーで、ロジャーがもみ消している。
新聞にイーライの豪邸の写真が掲載され、ゾーイが日光浴する姿が写っていた。写真を撮ったのはロジャーだった。ゾーイはロジャーは友人だと思っていたと嘆く。ベンソンはレイプを確証させる証拠を見つけるために、ゾーイに再度レイプされたときのことを思い出すよう頼む。するとゾーイは、レイプされたとき窓に何か反射して光っていたことを思い出す。その光はドアが開いたときに、光が反射したものだとわかる。

ドアを開けたのは麻薬密売人のハリーだった。カリシはハリーからドラッグを買うふりをして、ハリーを逮捕する。ハリーは事件当日、業務用エレベーターで降りてイーライのベッドルームへ直行すると、イーライは女性に馬乗りになっていた。女性がやめてと言っても無視していた。自分はドアを閉めて去ったと説明する。ハリーは取引に応じてワイヤーを付け、イーライにレイプの件で警察に追われていて、口をふさぐから50万ドル払ってほしいと要求する。するとイーライは100万ドル払うとハリーを買収してくる。
ベンソンはクロムウェル社に行き、信頼を第一とするため社内での会話はすべて録画されていることを知らされる。ゾーイとロジャーの会話や、ロジャーがゾーイのPCでイーライにメールする姿も録画されていた。ロジャーはクロムウェル社を解雇され、イーライは第1級レイプ罪で逮捕される。
裁判でゾーイの証言が必要になるが、ゾーイはCEOに呼び出され、ブリュッセルへの転勤を勧められる。またライバルのサリバン社への引き抜きの話も出てくる。サリバン社は今後4年間、年収500万ドルを出すと約束してきた。明らかにゾーイの口を閉じさせる計画だ。ゾーイは自分の証言でイーライが刑務所に入っても苦しみは消えない。それなら裕福な被害者になると言い始める。
イーライがサリバン社のCEOと食事する画像が出回っていた。10年間イーライの銀行はクロムウェル社だけだったので、明らかにゾーイの口止めが目的だ。ゾーイは500万ドルを辞退し、法廷で証言する。ゾーイは尊厳を傷つけられたくなかった。

金の力で何でもやりたい放題のウォール街のキングを
レイプ被害者が封じ込める展開。
信念を持って戦っていけば有罪に持ち込めることは確認されましたが
その過程が大変でした。
金を取るか尊厳を取るか
切羽詰まった状態での判断は難しいですよね。

イーライ役のTate Donovanをなぜか最近よく観るので
また来た!って感じでしたが
ゾーイはRookie Blueのアンディだったので
だから簡単にあきらめないで!と応援したくなりました。
Rookie Blue面白かったのに
結局日本には途中までしか来てないですよね…残念。
そしてロジャーはRizzoli&Islesのフランキーで
これは観てないのでよくわからないんですが
イメージ違ったのかな。
なかなか豪華キャストでした。

Chicago P.D. S2-#1 「取引」

ジンが殺害された件でボイトは内務調査に呼ばれ証言させられますが
ボイトは無関係であることを断言。
部下たちに身内の事件を捜査できないことを伝えると
ドーソンが情報屋のアリッサから得た現金輸送車襲撃の摘発に向けて
準備を進めることにします。
ルゼックが現金輸送車に潜入しますが
そこに車がぶつかってきて銃撃戦に。
犠牲者が出て、現金も持ち去られました。
調べていくうちに黒幕は
かつてオリンスキーが親しくしていた女性を殺害した兄弟と判明。
オリンスキーは捜査に力が入ります。

ハルステッドのところに郵便物が届き
生前ジンが用意し郵送していたUSBであることが判明します。
ハルステッドがは中身を見てリンジーに相談。
中にはジンがスティルウェルに脅されてボイトを探っていた一部始終が
記録されていました。
ハルステッドは捜査に役立つかもとボイトに渡します。
一方スティルウェルは、ボイト復職に際し
内務調査に協力するという条件だったと
ボイトが裏切れば職を失うと脅してきます。
その後ジンの母親が署に来て
ジンが警察で働くのは夢だったと
息子を失ったにもかかわらず、ボイトに感謝の言葉を伝えました。
特捜班に入るまでうまくいかずに苦労していたこともあったようだけど
ジンはやっぱりアーチーにしか見えず
職種が一緒だから大ベテランのイメージで
母の言葉は違和感だったんですが(苦笑)
それはともかくボイトは決意を固め
部下たちに自分が大物を捕らえるために
悪徳警官を演じて内務調査に情報を渡していたことを告白。
そしてスティルウェルを売ることにして
結果スティルウェルは逮捕されます。
これで一応ボイトはクリーンになったのかな?
その後で金庫に隠してあった怪しい金?を
借金の返済に使うようジンの父親に渡していました。

一方追っていた悪党を捕らえるため
輸送車襲撃にかかわった男を捕らえて口を割らせると
悪党が犯した殺害の証拠品を渡すために金銭が動くようで
そこに特捜班が踏み込むことになります。
大物は無事につかまりましたが
またしても銃撃により大物の弟をハルステッドが撃ち
その後大物はハルステッドの首に賞金を懸けま

ナディアが特捜班の電話番を担当。
張り切って働き始めました。
なるほど、だからナディアは重要人物だったんだと
これもSVUを観ただけではわからないことでした。
バージェスの新たな相棒ローマンは
相手が女性なのが不満なようで
バージェスは気を使います。
でもそのうちローマンは
元パートナーも女性で好きになりそうになったと言い出し
だから避けてるのかな。
そしてバージェスとルゼックは絶好調のようですが。

P.D.の仲間がモリーズに行ったらブレットが飲みに来ていて
こちらでも新人紹介ができちゃうなんてすごいです。