FC2ブログ

ドラマ日記 Pt.2

毎日の海外ドラマ視聴記録。独自の視点から感想を述べていきます。

Code Black S3-#10 「嘘と真実」

時と場合によっては嘘に救われることもあるけれど。

人気アクションスターのドレイクと妻が事故に遭って搬送。
ドレイクがエンジェルスに運ばれたと言うだけで大騒ぎになってしまいます。
妻は軽傷で済んだけど、ドレイクは刺さっている鉄を抜くのが一仕事で
その際の検査で血液の病気が判明します。
娘が呼ばれてエンジェルスに来ると
娘はドレイクが付き人のアンドリューと親密にしている姿を見て
ショックを起こします。
父はゲイだった。しかも母はそれを知っていて結婚生活を続けていた。
娘はとても受け入れられず、ドレイクの容体も悪くなり
辛い時間が過ぎますが、家族はまた落ち着きを取り戻します。
今はここで落ち着いても、ドレイクの俳優生活はどうなるんだろう。
カミングアウトすべきなのか、できるのか・・・

ウィリスが担当した女性は頭を打ってけいれんを起こしていましたが
女性の息子は母のがんが再発したのではと恐れます。
検査の結果確かにがんが進行し始めたのですが
母がそれを隠し、息子は信じてしまいます。
ウィリスは息子のために真実を告げようとしますが
キャンベルは母の思いを尊重するようにと阻止。
どのように伝えるのかも人それぞれ、考えがあるよね。

子どもが大騒ぎしてからあっという間に寝るのはどこかおかしいと言って
息子を連れてきた母親は
診察をアンガスに頼みます。
そしてアンガスがその子の父親だと言い出し
実はそのストリッパーの女性と、アンガスは一夜限りの関係を持っていたのでした。
マリオは彼女がたかりに来たのではと警戒しますが
アンガスはその子が息子かどうかはともかくしっかり診察し
心臓の動きの異常を見つけて措置を行います。
そして本当の息子だったのかな?

エリオットはガスリーと一緒に出廷し
亡くなった警官の妻が、医師がきちんと診察してくれたのだろうかと疑問視する姿に
すぐに謝りたいと思いますが、裁判なので出来ません。
ところがその後、妻が訴えを取り消すと言いに来ます。
そのきっかけはアヴィラが録画していたビデオにありました。
相変わらず仕事をせずに録画ばかりしているので
ガスリーはアヴィラにもう来るな!と怒鳴りつけていましたが
アヴィラはエリオットがきちんと診察や処置をして
警官のことを親身になって考え行動している姿を
録画を観ることで知ったのでした。
やっとアヴィラのビデオが役だったけど
本職をしっかりやった方がいいと思うな。

ウィリスとロックスはうまくいきそうで距離があるし
ウィリスが閉じこもってしまう部分があるのかな。
アリエルはマックスの死ですっかり消沈し
ロリッシュとも話さない状態です。
アリエルが立ち直るにはまだ時間がかかるのかな。
スポンサーサイト



Law&Order SVU S20-#23 「憎悪と偏見」

夜シナゴーグから若者二人が逃げ出したと目撃証言があった。若者の一人はMAGAと書かれた赤い野球帽をかぶっていた。先週はシナゴーグに鍵十字の落書きがされていた。警察が中を調べに行くと、女性が倒れていて意識がない。女性のヒジャブが取られ、レイプされた形跡がある。女性は反ユダヤ主義のイスラム教徒の市会議員、ナーラ・ナサールだった。意識を取り戻したナサールは、ここの人たちにハメられたとつぶやく。
ベンソンはドッズと共に病院へ向かう。ナサールの秘書のアイーダは、ナサールは強い信念をもってイスラエルを批判しているだけだと説明する。そのために怒りを買い、毎日のように脅迫を受けていた。しかしシナゴーグへ行った理由はわからなかった。
ナサールは平和を望むふりをした男に誘い出され、シナゴーグへ一人で行って騙された。後頭部を強く殴られて倒され、ヒジャブを取られレイプされた。相手の顔は見ておらず、気づくと消えていたと話す。
その頃ホロコースト展示室がナサールを招待していたが、彼女は来なかった。ナサールの反ユダヤ主義的発言には容認できないと担当者は話す。
フィンとカリシは、シナゴーグから逃げ出した若者を突き止め、そのうちの一人アリ・カプランの家に行く。アリは友人のマイクとイスラエルに行く旅の会合に出ていた。被っている帽子はMAGAではなく高校のものだと話す。アリはナサールが倒れているのを見たが、通報すると疑われると思ってしなかったと主張、マイクも同じように答える。
ナサールは事件の日の昼間、アリとマイクが事務所の前で抗議活動をしていたことが明らかになる。メトロバズがその様子の動画を投稿していた。二人はナサールのヒジャブをつかんだり、唾を掛けたりしていた。メトロバスはアリとマイクが逮捕されたと報道したが、実際には逮捕されていない。メトロバズの担当者は、動画は偶然撮影できたと話す。しかし調べていくうちに、ナサールの事務所が騒動の前にメトロバスに連絡をしていたことが判明する。騒動はナサールの計画で、ねつ造されたものかもしれない。ベンソンは真実を追求するためにナサールに通話記録の提出を求めるが、ナサールはレイプ被害者が加害者扱いされると言って拒む。
SVUはメトロバズから抗議活動の動画を入手し手確認すると、ナサールが出てきて若者たちを挑発する場面があった。公開されたのは動画の後半部分で、ナサールを被害者に見せていたのだ。

ナサールは事件前夜に、ミャオ・ミックスのオーナーのトレイシー・ラーソンに電話をしていた。カリシとフィンがミャオ・ミックスへ行くとそこはレズビアン・バーだった。しかも店にナサールが入ってくる。ナサールは二人に、両親に伝えないでと念を押して、トレイシーと付き合いだしたことを伝える。敬虔なイスラム教徒には別の顔があった。
SVUはナサールの両親について調べる。両親はシリア人で40年前に渡米してきた。ナーラは自慢の娘だ。そして元夫のマスードに会い、ヒジャブを付けるようになった。だが二人は2年前に離婚した。マスードは子どもを欲しがったが、ナーラは仕事を優先したと両親は話す。
マスードは花屋で働いていた。マスードは今回の事件で彼女を心配している。離婚したのは彼女の恋愛対象が変わったからだと話す。しかしカリシはマスードがメトロバズの動画に映っているのに気が付いていた。
ナサールは2年間マスードに会っていないと言うが、アイーダはマスードが3回も事務所を訪ねてきたが断った。先週も事務所前にいたと明かす。マスードはシナゴーグ前でも目撃されていた。SVUはマスードをナサールへのレイプの容疑で逮捕する。
ベンソンはナサールにレイプをされたなら正義を手に入れるべきだ。人々の信頼を得るために真実を語るようにと促す。
ナサールは法廷でシナゴーグでレイプされたことについて、犯人を見ていないが、髪をつかまれたときマスードだと感じた。私がレズビアンだと知って名誉を汚されたと思ったのだろうと証言する。するとマスードの弁護士は最初は二人のユダヤ人の若者が犯人扱いされたことに触れ、騒動のすべてがねつ造なのではと指摘してくる。それに対しナサールは、家族の愛情やキャリアを失うことを恐れ、真実を打ち明けることが怖かったが、もう何も恐れていないと答える。
続いてマスードは、ナサールが心配で近寄ったのでありストーカーではない。シナゴーグに行っていない。ナーラがレズビアンだと知って最初は辛かったが、愛しているし傷つけたくないと証言する。だがストーンはナサールを無断でつけたなら愛ではなくストーカーだ。シャリア法では離婚は認められず、マスードはイスラム教徒として自由を謳歌するナサールを許せなかったのではと追及する。シャリア法では同性愛は禁止で、妻が不貞を働けば死ぬまで罰することができる。なのになぜレイプをという問いかけに、マスードは俺の妻だからと答える。
マスードは第2級レイプ罪で有罪となる。ナサールの両親はあなたを誇りに思うと言って娘を抱きしめる。

最初は反ユダヤ主義のイスラム教市会議員のナサールの過激発言が、
ユダヤ系アメリカ人の怒りを増長させた憎悪犯罪と考えられていたレイプ事件が
実はナサールがレズビアンだと判明し
敬虔なイスラム教信者の元夫の怒りを買ったという展開でした。
それでも現在の法に照らしてレイプと認められたけれど
イスラム教的にはどうなんでしょう。

ロブ・ミラーが釈放され
早速ベンソンのもとに召喚状が届きます。
ニーナも証言を裂けるだろうし。
さらにベンソンとノアがレストランで食事をしていると
ロブが現れ声を掛けてきます。
何も知らないノアはにこやかに返事をしますが
ベンソンは気が気ではないし。
次回がシーズンファイナル。
ベンソンとロブの対決の行方が気がかりです。

SVUは本エピが通算457話目となり
本家が456話で終了しているので
本家を抜いたことになります。
S21も順調にスタートしているし
一体どこまで続くのか。
ベンソン健在ならまだまだ頑張ってくれるでしょう。
そんなに性犯罪ばかりでは、実際困るんですけど!

Chicago Med S2-#10 「別離」 

21分署の巡査が自損事故で運ばれてきますが意識不明の重体。
チョイは夫のウィンダム巡査や付き添ったプラットに
巡査が脳死状態であることを知らせます。
巡査は臓器提供の登録をしていたのでチョイの説明により
提供の準備を始めることになりますが
担当予定のロックウッドは巡査に逮捕された過去がありました。
ロックウッドは看護師としての仕事を全うしただけでしたが。
ロックウッドは過去を切り離して仕事に徹するつもりでしたが
プラットから遺族への配慮という話が出てきてグッドウィンに確認し
セクストンが代わりに臓器提供の手続きを行うことになります。

チャールズの判断の結果、心臓移植にゴーサインが出ていたメーガンですが
娘が交通事故を起こして一緒に運ばれてきます。
メーガンの頭の怪我は大したことはなかったけれど
メーガンの血液からアルコールが検出されたことが問題でした。
ローズはチャールズに無理矢理OKを出させてしまった気がして悔やみます。
娘も首を痛めていましたがそれは大丈夫で
検査の結果背中の痛みの原因がわかり手術になります。
メーガンは娘を待つことに。

セクストンの説明で巡査の臓器摘出手術が始まることになり
仲間の巡査たちが病院にやってきます。
ロックウッドはウィンダム巡査から妻が大切にしていた十字架のペンダントを預かります。
そして自分のためにも、彼女のためにもこの仕事を行ってけじめをつけるべきだと考え
ウィンダムに申し出て担当を変わらせてもらうことにします。
摘出手術が始まると警察関係者がずらっと並んでいましたが
特捜班の姿は見えなかった!!
きっと事件の捜査で忙しかった・・・と思うことにします。
そして巡査の心臓はメーガンとマッチしたので
メーガンは心臓移植を受けることができました。

競馬の騎手が意識を失って運ばれ
ハルステッドが検査をしたら脱水症状と過食症の症状が見られました。
騎手は体重のコントロールのために食べたものを吐いたり利尿剤を用いたり
放置していれば死に至る危険性があります。
だが騎手はレースに戻りたくて、勝手に点滴を抜くと退院しようとします。
ハルステッドはストップをかけられず
でもチャールズが匿名の電話で実態を知らせました。

糖尿病の疑いだったが急変して死亡した学生について
症状と治療についての検討会が開かれ
マニングの説明について部長のストールがあれこれ指導していきます。
前回突然?帰ってきたストールってやたらと偉そうで
実際に偉いのかもしれませんが
マニングがガンガンやられてたら見かねたクラークが傍聴席から意見したら
医学生は出て行けと怒られてしまいました。
しかもマニングと付き合ってることもばらされてしまいます。
オヤジ医学生のクラークはそんなことであたふたしませんが
その後マニングとモリーズに行くと
マニングは夫の死ですっかり消沈していた時
クラークが立ち直らせてくれたと話します。
だが二人の関係はここまで。
なかなかいい感じだったのでちょっと残念です。

Chicago Fire S6-#21 「消防士の本能」

いろいろなことがありすぎて・・・

ハーマンは懲りずに?息子のバスケットチームのコーチをしていますが
同じく消防士のコラニーノが我が子やチームに対してあーだこーだ言ってくるのがうるさくて
かなりイラっとしています。
でもコラニーノには普段息子と一緒にいられないしと
息子への熱い思いがありました。
ハーマンも納得したところで自動車修理工場の火災が起き
51分署も救出、消火活動に当たりますが
すでに現場に入っていたコラニーノをハーマンが救い出そうとしたときは手遅れで
そのままコラニーノは殉職します。
葬儀の場でハーマンはコラニーノの息子と悲しみを分かち合うことに。
息子にはきっと父の願いが伝わっていると思うけれど
辛い一幕でした。

高校の同級生と再会し、誘われるままにずるずると・・・
行ってしまったのか謎だったクルースですが
そういうことだったんですね。
しかもしっかり代償が来て、まあこれでよかったのかも。
ブレットはクルースのことを気遣ってくれましたが。

恋多きセブライドの時代!にお付き合いしていたレネーがシカゴに戻ってきて
子どももすっかり大きくなってました。
今回のレネーの目的は消防士の弁護をするために
セブライドの力を貸してほしいとのこと。
あくまでも仕事のために近づいてきたようですが
キッドにとってはものすごく悩ましい存在になりそうです。

局長が引退を表明。
ケイシーは次期局長にはボーデンがいいと意見を述べますが
ボーデンにはその気がないようです。
ケイシーは周囲の手を借りてボーデン持ち上げに入り
ボーデンもその気になってきました。
ところがグリッソムも局長立候補にやる気満々で
この先どうなることでしょう。

オスマン帝国外伝 S3-#48 「報復の誓い」

10話分アップしていなかったら、その間にいろいろなことが起きてしまいました。

衝撃的だったのはスレイマンが手を下したイブラヒムの処刑。
イブラヒムが調子に乗りすぎたので、これは当然の報いだと思うけれど
実の妹ハティジェの立場ももう少し考えてあげればいいのに。
そしてスレイマンも実は小心者?
まずはエブッスードにお伺いを立て
自分が寝ている間のことなら許される的アドバイスをもらったので
それをよりどころに執行したけど、やはり罪の意識はあるんだよね。
なんだかごちゃごちゃ悩んでるし、ヒュッレムを慰めに利用している感あるし
ヒュッレムの方が目的一直線で潔いなと感じます。

しかしイブラヒムが消されてヒュッレム勝利となったところでヒュッレムが調子に乗るから
周りはますます敵だらけになってしまいました。
ハティジェとマヒデブラン、ギュルフェムに加え
シャーと夫のルトフィーは団結してヒュッレム潰しを狙っています。
ムスタファは微妙な立場だけどマヒデブランに頭が上がらないし
マトラークチュはイブラヒムに忠実だったからこちら寄り。
シャーは表向きヒュッレムを嫌っていないので
陰でいかに動いていくのかが気になるところです。

ヒュッレムは自分に仕えるリュステムを御前会議のメンバーに加えようと画策しますが
イブラヒムの後を継ぐ大宰相に任命されたアヤスは
ヒュッレムに従うけれど正直者だから押しが弱いし
ヒュッレムのイライラのもとになりそう。
リュステムはじわじわ力を見せてるけれど
妻のにギャールはイブラヒムを殺され娘を奪われで
大人しくしているわけないよね。
きっとハティジェ側に回りそうな予感です。

さらに実はお元気だったマルコチョール復活!!
イブラヒム亡き後ドラマの魅力を軽減させないように呼び寄せられたのか。
または単に中の人の都合かもしれませんが
マルコチョールはマトラークチュの飲み友達だし
ムスタファにも忠実だし
絶対ヒュッレムの犬にはならないでしょう。
マルコチョールのかかわりが気になる所です。

そしてミフリマーフとタシュルジャルの恋が終わってしまい
これはマヒデブランの陰謀でした。
恋を取るか、ムスタファへの忠誠心を取るかの選択を迫られ
タシュルジャルは遠征を理由に、ミフリマーフの前から姿を消すしかなかったんですよね。
ヒュッレムだってみふりまーるとタシュルジャルの関係を許すわけないから
どっちにしろうまくはいかなかったんだけど。
それにしても親の都合に振り回される子どもたちが気の毒すぎ!
メフメトの野心も見事につぶされてるし。

でもマルコチョールってミフリマーフの初恋の人だから
マルコチョールはバツイチだけど
関係が深まるってあるのかな。
そうなるとますますややこしくなって面白いんですけど(笑)