INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order SVU S18-#6 「空虚な成功」

トランスジェンダーの美大生エバは絵画クラスで男性モデルのスケッチをしていたが、友人にランチデートがあると告げて出て行く。ショッピングモールのカフェで相手を待っているが来ない。エバがトイレに入ると鉄パイプを持った男が入ってきてエバを襲う。
エバは顔を鉄パイプで殴られて大量出血し、性的暴行を受けいていた。目撃者の母と娘の話では犯人は30代の黒人男性。娘は男の特徴を伝えようとするが、トランスジェンダーに否定的な母は娘の会話を遮ろうとする。
エバの体からは犯人のものと思われるDNAが検出される。「性別を特定しない法案」の可決後の事件で、ヘイトクライムと考えられる。
エバの本名はエリック・カーソン。両親の話ではエバはBFで法律事務所に勤務するローガンと別れ、恋愛問題を抱えていたようだ。ベンソンとロリンズがローガンに会うと、エバとヨリを戻したがまた喧嘩になった。エバを愛しているが、トランスジェンダーとの恋愛は難しいと話す。エバはモデルの仕事をしていて、パーティーでゲストと口論になってクビにされていた。
パンダクラブのオーナーは、大手音楽業界のパーティーで、トランスジェンダーのモデルがゲストに平手打ちをしたことを覚えていた。パーティーの主催者はラッパーのビンセント・ラブ。平手打ちをされたのは新人のハイプだった。エバはハイプのジョークに腹を立てたようだ。カリシとフィンはハイプにエバが昏睡状態であることを伝える。
ハイプは事件があった時間はスタジオで録音していたと話す。ハイプのラップには同性愛者への嫌悪や中傷を表すものが多く、SNSに事件の20分前ハイプがショッピングモールでファンと写っている画像が投稿されていた。ハイプは取り調べに対し、昼はランチを食べに出たがエバを見ていないし、触ってもいないと説明する。
一方ローガンも昼オフィスを出ていたが、医師との打ち合わせがあったからだと話す。エバは性転換手術を受ける予定で、頭金5000ドルをその医師に払っていたが、考えを変えたのでローガンが返金を頼みに行ったのだった。エバは浮気をしていたから手術をやめた。相手はありのままのエバが好きなようだ。その相手とはハイプのプロデューサーのキャッシュで。犯罪歴がある。
キャッシュはエバとビジネスの話をしたと説明する。エバはハイプの曲を作っていたが、キャッシュは名前を伏せるように5万ドル支払った。だがその187ミュージックからの小切手はエバの部屋のゴミ箱に捨てられていた。
エバの爪からハイプのDNAが検出された。ロリンズはハイプを尾行し、エバが入院する病院へ向かうハイプを逮捕する。

ハイプは取り調べに対し、決して口外しないで欲しいと頼んでからエバと付き合っていたことを明かす。病院に来たのもエバの無事を確かめたかったからだ。自分はゲイではないがエバが好きで、3か月前にカメラマンのパーティーで出会って付き合い始めた。パンダクラブのパーティーでは関係がバレないように他人のふりをして馬鹿なジョークを言った。
ラッパーは評判が大事で、トランスジェンダーと付き合っていたらイメージが壊れてしまう。ハイプの説明は理にかなっているが、キャッシュが話したエバがハイプの曲を書いた件については、エバはラップが嫌いだし、曲は全部自分で書いたと否定する。そしてもうこそこそ付き合いたくないとランチにモールで会うことにしたが、怖くて会えずに戻ってきたと告白する。
ベンソンは再度目撃した母子にキャッシュの面通しを依頼する。またしても母は娘が何か言おうとすると遮るので、ベンソンは母を別室に連れて行き、捜査妨害で逮捕すると指摘する。すると娘はキャッシュの顔が確認できる。だがエバが死亡し、本件は殺人事件として扱われることになる。
SVUがキャッシュのアパートに踏み込むと、キャッシュが撃たれて倒れていた。その場で銃を持っていたハイプが逮捕される。ハイプは契約を読み返したら、利益配分は20%の予定だったのに15%に減らされていた。それでキャッシュに会いに来たらもめて殴り合いになり、キャッシュが銃を持っていたので奪ったが、キャッシュが近づいてきたので怖くなって撃ったと証言する。ハイプはあくまでも契約を巡る争いにしたいようだが、エバを殺害したのはキャッシュで、ハイプの供述は見え透いた嘘だ。さらにキャッシュを撃った銃はビンセントのものであり、ハイプはアルバムの件でビンセントの家に来ていた。ビンセントはエバが目障りなので、金で追い払おうとしたが断られたので、キャッシュに襲わせたとも考えられる。
バーバは本件を殺人事件として扱おうとしていたが、ベンソンは人道的に違うとして、ハイプに同情。キャッシュは差別主義者だと反論する。バーバはハイプに第一級殺人罪を求刑するが、判事に真実を述べれば刑を軽減する取引の余地があると付け加える。バーバは逆上してキャッシュを撃ったのは、エバへの愛のためだったと話すことを望むが、ハイプと弁護士は正当防衛を主張し対立する。ハイプは弁護士に操られているが、この弁護士はビンセントのもとで働いている、彼の手下だ。
ベンソンは黒幕はビンセントだと確信して、オフィスや自宅を捜索する。そしてライカーズのハイプに、ビンセントがハイプとエバの関係を知っていた証拠となる会話の録音を聴かせる。キャッシュとビンセントは明らかにエバを金で追い出そうとしていたのだ。
ハイプが証言を拒むと20年を求刑され、ビンセントは無罪となってしまう。
だが法廷で、ハイプは正当防衛を主張し続ける。するとバーバは契約は2か月前になされていたと証言の不審な点を追求し、結果ハイプは第二級殺人罪で有罪となる。

S18第2弾が始まりました。
ここからは順調に進んでくれると思います。
今回はラッパーとトランスジェンダーの恋愛の悲劇。
ラッパーにはイメージが大切で、
ゲイへの中傷などを唱えているラッパーが
トランスジェンダーと付き合っていては
売上に響いてしまいます。
そこでオーナーとプロデューサーは
期待の新人ハイプの成功の妨害となるエバを排除。
最初は金で片付けようとしていたけれど
うまくいかなかったので暴力にエスカレート。
結果エバは亡くなってしまいます。
でも必死で真実を伏せようとしたハイプの思いはどこにあったのか。
罪をかぶってまで、イメージを損ないたくなかったのかな?

このような展開がEmpireの世界ならいかにもありがち。
金で片付かなければ消してしまえと
間違いなくルシアスは指示するでしょう。
ジャマルならハイプの思いを理解できたのかな。
この事件をEmpireに投げ込んでみたくなったけど
ハイプはゲイではないので
むしろ対象はハキームですか?

ラップのうんちくをフィンが語るあたり
元祖ラッパーのIce-Tならではの真実味に溢れていました。
すっかり俳優になってしまった感じだけど
今でもラップしてるのかな。
ちなみにビンセント・ラブ役は元The FugeesのWyclef Jean(ワイクリフ・ジョン)
ハイチ出身の有名ラッパーの一人です。
スポンサーサイト

Chicago Fire S2-#16 「愛する者のために」

釈放されたキーラーが行方不明になっている件で
セブライドはシカゴ警察に呼ばれ
ボイトの事情聴取を受けます。
セブライドには関与を否定するけれどこれというアリバイもなく
容疑者の疑いは晴れていません。
その後オーチスも警察に呼ばれることになり
オーチスはクルースに口裏合わせを頼みます。

ハーマンはシンディとの結婚20周年のお祝いに
自らパイプカットしてもう子供ができないように安心させたいと
サプライズ企画を考えています。
みんなは冷ややかでしたが
早く51分署に溶け込みたいジョーンズは
ミルズのアドバイスを得てハーマンに賛同。
プレゼントのケーキを用意しましたが
これがおおっぴらに見せられないような一品で
(結局見せてもらえなかったし!)
ジョーンズの悪乗りぶりに場が白けてしまいます。
その後ボーデンのところに苦情の連絡が。
ボーデンとケイシーはジョーンズの父と話し合うことになりますが
意外にも父は早く娘を辞めさせたくて
本部に広報の仕事の空きがあるので
そちらに異動させると言い出します。

ドーソンはもう一度消防の実技試験を受けたいと頼みに行きますが
なかなか受け入れてもらえず
それでもなんとかチャンスをつかむことができました。
救急車の要請があって現場に駆けつけると
倒れている男性の呼吸が薄くなっています。
すぐに治療が必要ですが男たちが銃を持って彼を追いかけ
救急車の扉を叩いて降ろすよう要求してきます。
シェイとドーソンは無線の指示に従って発砲してくる男たちを巻き
治療を行うスペースを見つけますが追いつかれてしまいます。
倒れていた男性はドラッグを巻きつけていて
救命士の手に渡らせたくなかったことに納得です。
その頃警察も到着してシェイとドーソンは難を逃れました。

車同士衝突して、一台は炎上。
もう一台は家に突っ込み、住民を轢きかけます。
車の下から住民を引き出すのに一苦労しますが
見事なチームワークでクリアします。
続いて建物の足場が崩れて宙吊りになった男性の救助では
ジョーンズが自分も危険な状態の中で必死で頑張ります。
ジョーンズはこの仕事に生きがいを見いだせそうになってきました。
せっかくジョーンズが真剣に仕事と向き合い始めているのに
本部に異動になってしまったら気の毒だな。

ベニーが警察に行き、プラットにボイトへの面会を頼みます。
そして二人はなにやら話し合意に達していましたが
詳細は不明。
キーラーはいないことになってしまったようです。
一体何が起きていたのか、いずれ明らかになるのでしょうか。

モリーズではハーマン夫妻の結婚20周年パーティーと
ドーソンの家族たちが集まってのパーティーがバッティング。
みんなで賑やかに祝うことになりました。
問題のケーキが再び登場しますが、シンディは大喜び。
夫婦円満でなによりです。

Banshee S3-#9 「お前は神にも理解しかねる」

シュガーの店でジョブは不満げ。
今回の基地での窃盗で危険な目に遭ったことについて
ルーカスと組むのも潮時かと感じています。
ルーカスの脳裏に、ジョブと出会ったときのことが思い浮かびます。

カイとエミリーはフィラデルフィアのギャングに拉致され縛られます。
特にギャングのボスはカイに長年の恨みがあったようで
手下を使って激しく傷めつけられます。
ルーカスは放置しておくつもりでしたが
ブロックにとってはエミリーは元妻ですからなんとか助け出したくて
ルーカスに頼み、エミリーの救出に向かいます。
その頃レベッカとバートンも助けに向かっていて
まずルーカスとブロックがエミリーを解放させます。
その後は隙を見てカイが復活。
バートンらの助けを得てギャングを倒します。

デヴァが友達とマリファナを吸っているところをビリーに見つかり
留置所に入れられてしまいます。
ゴードンが迎えに来たと思いきや
留置所で頭を冷やせと置いていってしまいます。
その後署に戻ってきたルーカスがデヴァを出し
家まで送ることにします。

ストウは窃盗事件を徹底的に捜査し
事件にシュガーとジョブ、キャリーが絡んでいることを突き止めます。
まずシュガーの店に行き、酒を頼んだと思ったらカウンターを襲撃。
シュガーは拉致されてしまいます。
ジョブには彼を天才ハッカーと尊敬しいている兵士が近づいて拉致。
キャリーも追われ捕らえられてしまいます。
ストウはキャリーに4人目の犯人の名前を言うように拷問しますが
キャリーは口を割りません。

次回がシーズンファイナル。
ルーカスはどのように3人を救うのか。
また体を張って戦っていきそうな気がします。
ちなみにWOWOWで前半が放映されたAmerican Gothic。
ルーカスがギャレット役で出ていて
怪しげなところはダブって感じられるけど
ギャレットの髪が長めなのがどうも馴染めなくて(苦笑)
ルーカスで見慣れてしまったからでしょうか。
吹替声は違和感ないんですけどね。

ネオナチから警官になったバンカー。
個人的恨みを晴らしに行ってたようですが
彼もまたなにか抱えていそうです。

Tyrant s3-#6 「真実と尊厳」

アブディンでは反対勢力派と軍隊との衝突があちこちで起きています。
ファウジは突然ダリアにプロポーズ。
こんな時だからシングルマザーは危険だし
時間も場所も選べないというファウジの素直な思いでした。
ダリヤは当然バリーのことは話せず、答えも出せずにいます。

真実尊厳委員会の会場にテロリストが潜入。
突如銃を発射し多くの犠牲者が出ます。
ダリヤはかろうじて難を逃れましたが衝撃は大きく
バリーはテロリストの排除を約束します。
だがバリーの力で制圧しようとする様子に
ダリヤは不安を覚えます。

エルアミンが反対勢力派のブロガーで危険人物だとして連行され
宮殿に連れてこられます。
その様子を盗み見ていたサミーはてっきりハリマがチクったと思い
後でバリーに説明しようとしますがバリーはふたりの関係を知らず
サミーは墓穴を掘ってしまいました。
バリーはエルアミンと付き合うことの危険を指摘すると
サミーも負けずにダリヤとの浮気を非難。
どちらも事実なので否定もできず
サミーは腹を立てて出て行ってしまいます。
サミーはバリーにバレたことをエルミアンに話すと
今度はエルミアンが激怒。
ふたりの関係は暗礁に乗り上げそうです。

レイラは真実尊厳委員会を復活させ
その際は最初に自分が出ると宣言します。
さらに大統領に立候補するために外務大臣の辞任を決意。
バリーに無断で行ったことにバリーは立腹します。
レイラは宮殿を去りますが、バリーとの協力を誓ったアハメドは残り
軍で働くことにします。

ファウジはバリーにダリヤにプロポーズしたことを話します。
バリーはさりげなく会話を進めながら
ダリヤの反応を尋ねます。
何も知らないファウジが本当に気の毒ですが
その後バリーはダリヤにプロポーズの件について質問。
真実の愛を求めて激昂するダリヤに
バリーは「愛している。」とすがりますが・・・

平和な世界を追求していきたいアルカディは
危険を承知でイハブに会い、手を組もうと考えます。
そして単独でカリフェイトの中に乗り込んでいきます。
イハブはアルカディと対面しますが
イハブはアルカディを処刑するつもりでした。
だが首にナイフを当てられただけで、アルカディは帰されます。
その様子を政府軍は監視していて
アルカディは無事に帰宅できたものの、宮殿に連れてこられ
バリーからイハブに接触していたとして
大統領選への出馬を止められてしまいます。

レイラはバリーの行動を非難しますが
今度は彼女がコグスウェルの家に入っていく様子を
見張っていた者がいました。

カリフェイトの勢力は弱まらず
バリーの立場は難しくなっていき
力での制圧が強くなってきています。
追放されたバリーが生還した時の
人々の彼への信頼は消え去ってしまっているみたいで
これではジャマルが統治していた時と変わらなくなってしまいますよね。
この混乱をどう収めていくのか。
残り4話なのに、とても心配です。
本当にダリヤと浮気している場合じゃないと思うんだけど・・・
モリーが戻ってきたらどうするんだ?
レイラとコグスウェルの関係も暴露されそうだし。
そしてイハブの動きも気がかりです。

Wentworth S4-#3 「戦いの始まり」

ついにファーガソンが一般棟に移動することに。
カズやアリーが収容されているH3ブロックに入り
彼女の房の前には24時間体制で看守が見張ることになります。
食事も房の中で、囚人ではなくシェフの作ったものが提供されます。

囚人たちはファーガソン登場にざわめき
打倒ファーガソンコールが大きくなりますが
ビーは何もしないようにと指示を出します。
ヴェラとの約束で実現させる個別面会の権利を
奪われたくありません。

一般棟にやってきたファーガソンは
自分の房の壁に向かってなにか瞑想している様子。
彼女の脳裏では精神病院でのドクターとのやりとりが蘇っていました。
静かにしていたファーガソンですが世話係を要求。
世話係のドリーンはファーガソンと会うことを嫌がりますが
ファーガソンの思惑を探るチャンスなのでビーは行かせます。
ドリーンが来るとファーガソンは子供のことを聞き出し
火事のときの様子を伝えます。
ジェスが火をつけ、ファーガソンが赤ちゃんを救ったこと。
ジェスはそのまま炎の中に消えたこと。
ファーガソンの話にドリーンは感謝します。

ファーガソンはシャワーと散歩を要求。
ヴェラは夜なら散歩を許可しますが
ファーガソンが日光に当たりたいと譲らないので
5分間運動場に出ることを認めます。
ファーガソンが運動場に出てくると囚人たちは大騒ぎ。
早速ルーシーたちのグループが近づいてきて
付き添っていた看守を襲撃。
辺りが騒然としたところにドリーンが入ってきて
その場を沈めます。
ビーやリズはドリーンの行動を評価します。

ファーガソンはリンダのギャンブル癖を利用して
取引を要求。
朝食の時間にシャワーに行かせて欲しいと頼みます。
そして夜中にビーを呼び出し、ファーガソンの房の前に来させます。
明日の朝食時にひとりでシャワーを浴びているから
そのとき襲ってくるように。
あえてファーガソンからトラブルの要求でしたが
ビーは無視します。
だが自分の房に戻ってからビーは凶器を用意。
マキシンに計画を伝えます。
朝食時リンダはファーガソンをシャワーに連れて行くと
ビーが来る前にルーシーたち3人組がシャワールームに入ってきて
ファーガソンを脅しレイプします。
ビーが着いた時はファーガソンは出血して震えていました。
だがファーガソンは助けを求めようとせず
レイプした相手の名前も話しません。
ビーはリンダを呼びます。

房に戻ったファーガソンをカズが心配して近づくと
ファーガソンは血だらけのタオルを処分して欲しいと頼みます。
カズはファーガソンがレイプされた実態を知って同情し
彼女を守ることを決意します。

ファーガソンは精神病院でドクターの指示のもとに治療を行ってきましたが
ドクターが自分の体を求めていたことがわかって態度を一変。
ドクターを訴えると脅して精神病院を退院できるように仕向けてきました。
今回も体を張ってレイプを利用。
カズを味方につけることに成功します。
カズやアリーはファーガソンの被害に遭っていないので都合がいいけれど
アリーはビーになびいてきているので
この先の動きが気になります。
それにしてもしたたかなファーガソン。
裁判が行われるまでの数ヶ月の拘留ということだけど
誰よりもウェントワースを知り尽くしているファーガソンに
ヴェラやビーが立ち向かえるのでしょうか。

マキシンは自分で胸のしこりに気づき
マンモグラフィを受けることにしました。
結果待ち状態ですが
そういえばOZではライアンが乳がんになってましたね。
男性でも乳がんになることを学びましたが
マキシンの場合は性転換手術をして
ホルモン治療なども行っているから
乳がんになるリスクも大きいのかな。
良い結果がでるといいのですが。