FC2ブログ

ドラマ日記 Pt.2

毎日の海外ドラマ視聴記録。独自の視点から感想を述べていきます。

New Amsterdam S1-#14 「孤独な闘い」

ブルームが長期休暇に入ったため
ERはカンデラリオが仕切ることになりますが
彼女はやたらと時間に厳しく、10分間ルールを徹底します。
10分間の診察で病名を見つけると言う早業。
でもカプールは無視してインド系の女性の悩みを聞き続け
他のドクターたちもカプールに自分の時間を分け与え
ようやくカプールは女性がライム病にかかっていることを探り当てます。
話を聞きながらバックグラウンドを探り
診断を下すのがカプール流だそうで
カプールは自分のやり方を徹底しました。

ビルの6階から飛び降り自殺を図った男性は
海兵隊のタグを持っていたので問い合わせたところ
そのタグは女性のものでした。
該当の元兵士はその男性がイラクで米軍の通訳をしていて
アメリカに来て生活を始めたと話します。
意識が戻ったそのイラク人はフロムに
アメリカに来てテロリストと間違えられて
非難されたり暴行を受けたりして
辛い思いをしていたことを打ち明けます。
すると元兵士が仲間を連れてきて
みんなでそのイラク人を支えていくことを約束します。

モヒンダーじゃなくてパンサキ(でいいのかな)と幸せなひとときを過ごしたシャープは
病院の近くで倒れている女性を発見。
その女性は薬物中毒で、意識が戻るとバッグの心配をします。
シャープが探しに行くと、ベンチの下のバッグに赤ちゃんが入っていました。
赤ちゃんは薬物の離脱症状が出ていて危険な状態。
だがシャープが様子を見ている間に、女性は勝手に病院から出て行ってしまいました。
シャープは捨てられた赤ちゃんを、自分で育てたいと思い始めます。
しかしそこに不明だった父親が現れ
子どもができていたかったと知っていたなら女性と別れなかったと説明。
子どもを引き取り育てると言ってきたので
シャープは父親に子供を返します。
その後シャープはパンサキに子供が欲しいと訴えましたが
彼にはすでに二人の子供がいたのでした。

理事会がフルトンを解雇させようとしているので
マックスとフルトンは芝居を打つことに。
理事会が始まる前にフルトンは心臓発作を起こして倒れ
マックスはフルトンを運んでから、理事たちにフルトンの偉大さを語ります。
しかしフルトンは解雇されてしまいました。

レイノルズはブルームが休暇を取らされたことを知らず
事情を聴いてブルームの様子を見に行きます。
Medのロビンと違って、ブルームはゆったりと治療を受けられるようで
これなら早く復帰できるかな?
スポンサーサイト



Chicago Med S2-#22 「恐怖」

ロビンは統合失調症と診断され精神病棟に入院となりますが
病室は自殺をしないようにと殺風景で
ローズはまるで監禁状態のロビンの姿にショックを起こします。
そして病院の上層部を訴え、ロビンを退院させる処置を取ります。
もともとはローズの提案だったけどチャールズがロビンを入院させたことで
チャールズとローズは大バトル。
ローズがロビンの面倒をみると家に連れて帰りますが
薬で症状を抑えていただけなんだね。
夜中になるとロビンが暴れだしてベランダに閉じこもり
ローズも手を付けられなくなってしまいます。
やっぱり父の診断通り、入院していた方がよかったのかな。

交通事故で運ばれてきた男性は頭がい骨骨折をしていて
すぐに手術が必要でしたが手術を拒否。
彼はALSを発症していて、他の骨折が治るころは死亡している。
だったら早く死にたいと訴え、死後は臓器提供をすると書類も前から用意していました。
セクストンは助かる命は助けたいと訴えますが、チョイは患者の意向を受け入れ
血流が弱くなってきた体の臓器を痛めないように
早く臓器提供を行う処置をすることにします。
セクストンは幸運の白い蝶を見たから、それを信じたかったけれど
患者にとってはこれでよかったのかな。
白い蝶はポル語ではBorboleta Brancaです。
そしてチョイとセクストンが急接近?
職場恋愛は大変だぞ!

腹痛を訴える13歳の少女が運ばれてきて意識が混濁。
検査の結果ヘルペスによる脳炎だとわかります。
母親は否定するもののレイプされた可能性があり
ハルステッドは弟を呼んで捜査が始まります。
これはSVUの管轄だけど、シカゴにはない?からね。
まず疑われるのが在宅勤務で娘と一緒にいた義父。
いかにもありがちなシチュエーションではないですか。
でも義父はすぐに検査に同意。
さらに少女は睡眠剤を使用され、レイプされていたことがわかります。
母親の供述を振り返って、少女は歯のブリッジを作っていたことを思い出し
犯人は歯医者だったようです。
その後ハル弟が逮捕しに行ったかどうかは
クロスオーバーではないのでわかりませんが
その後ハル兄弟とニーナとマニングが
モリーズで飲んでいたのは確かです。
マニングは髪を切ってイメチェン!

研修医の就職先が決定、
ノアがEDに配属されることが決まりました。
クラークもEDなんですけど、さらなるステップアップのためになんとホノルルへ!!
ケオニの足の釘を抜き、彼が糖尿病であることを伝えると
マニングに別れも告げずに去って行ってしまいました。
これでFire、Medと続けて活躍を観ることができたクラークとお別れですが
たまにはシカゴに里帰りしてくれないかな。
まあそんなわけで、マニングも髪を切って
新たなスタートとなったのでした。

次回がシーズンファイナル。
これが終わるとWolf作品がなくなっちゃうから
すでにWolfロスが・・・寂しいです。

202001182219155a3.jpeg 20200118221847dfa.jpeg
さよなら、クラーク!!

MACGYVER S3-#18 「マードック+ヘルマン+標的」

超久々のマクガイバー。
あの死んだはずのヘルマンが復活。
マードックの前に現れてしまったから
これは観るっきゃないでしょう。

久々に観たらいろいろ変わってました。
何しろ前回観たのがヘルマン登場エピですから
その後何があったのか全く知りません。
CSIのニックじゃなくてダルトンがいなくなっちゃったし
マクガイバーの父親がいるし
いつからファミリードラマになっちゃったんでしょう。
さらにShamelessでリップと一緒にバイク修理をしていたお姉ちゃんが
捜査官に出世してる??
ビックリすることだらけです。

元祖マクガイバーファンとしては新生マクガイバーはツッコミどころ満載で
今回も言いたいことは山ほど。
相変わらずマクガイバリズムが全然発揮されてないし
マクガイバーはスタントマンじゃなくていいと思います。
(まあ元祖もたまには無茶してたけど)
そして仲間が大勢いすぎてつまらない!!
マクガイバーの孤独な戦いが好きだったんだけど
今は仲間に頼りきりでダメじゃないですか。
銃を持たないポリシーは継続されてるようですが
あれだけの銃撃戦の中、丸腰で入っていくのも間違いでしょう。
元祖とは時代が違うんです。

でもマードックはいい感じに引き継がれ
相変わらずマクガイバーの天敵でいてくれるのはありがたいことです。
さらにマードックの師匠で元祖マードックの師匠ヘルマンが
一度ならず二度も登場とは素晴らしい!
前回マードックに殺されたはずのヘルマンが
生きていて殺し屋稼業復活。
マードックは簡単に死ぬわけないので、これも正しいのです。

さらに感動したのは、いきなり歌うヘルマンですよ♪
これは超正しいっていうか、Des Barres君の本業ですから
とても見慣れた光景で嬉しかった。
だけどボンジョビを歌うんですか??それはなんとも。
その合間にしっかり殺人を遂行し
謎の爺さん扱いされながらも
その後はマードックが収監されている施設に潜り込み
マードックと闘うと思いきや、マードックの逃走に加担してた?

その後マードックもヘルマンも捕らえられ
施設に一緒に収監されてにらめっこ状態が続くようです。
ってことは再度復活もありってことかな?
期待してますよ。

macgyver3-18.jpg

歌うヘルマンはもうすぐ来日!!
2月1日 2日に新宿MARZで
Michael Des Barres and The Mistakesのライブが行われます。
もっとヘルマンの歌を聞きたい人は是非♪
私も行きますよ♡


と告知したとたん来日中止になり
残念でした・・・またの機会を♪

BH90210 #4 「ホンの行方」

いよいよリブート版の撮影が始まることになり
アナが書いた脚本を持ってきますが、全然ビバヒルを理解してない。
キャストたちは違い過ぎると文句を言いだします。
ならば自分たちで脚本を直せと言われるけれど、これがまた大変で
一向にまとまりません。
アイアンは大騒ぎしている彼らの様子を
彼の車の中で脚本を直しているアナにライブ配信し
彼らの実態をとらえてもらいます。
その結果、みんなが納得いく脚本が仕上がりました。
アナはアイアンに感謝します。

でも他にも問題はあれこれ。
遅れて到着したシャノンは実情を知ると
無理!とリタイアしかけます。
でも実際にはみんなのギャラの2倍の額で契約したんだそうで
当然みんな不機嫌になりますが
シャノンはギャラは全て自分のチャリティー活動に寄付すると断言。
相変わらずマイペースだけど、結局は仲間に入ってきます。

ガブリエラはデートアプリで選んだ相手がクリスティンで
最初は気まずい様子だったけど、ゆっくりといい関係を築けそうです。
ジェニーは護衛のワイアットのことが気になり
恋愛に発展しそうだけど、そこはワイアットが依頼人とは付き合わないと却下されてしまいます。
さらにジェニーの車のタイヤにナイフが刺さる事件が起きましたが
それは娘がワイアットを引き留めておく作戦でした。

ジェニー娘はドラマの中でも娘を演じたくてオーディションを受けますが
もっと上手な子に役を取られてしまいます。
娘が落ち込んでいたら、ジェニーは自分のデビューは
「愉快なシーバー家」と金髪娘だったと伝えます。
シェイが自宅で発表前の音源が盗まれ出回ってしまったと慌て
最初はザックが疑われます。
でも調べてもらったら、犯人は長くシェイのところで働いていた
アシスタントでした。
ついでにザックについても調べてもらうと
ベガスでのイベントに参加して質問していたし
自宅にはブライアンの財布があり、ブライアンのことを事細かに調べてる
これはストーカーに違いないとブライアンが恐れたら
なんとザックは自分はブライアンの息子だと言い出し
話がややこしくなりそうです。

トリは困るとブライアンに相談。
やっぱりブライアンのことが気になるけど
気が付いたらネイトとシェイが親しげな様子で
どうなっちゃったんでしょう。

無事に本読みを終え
いよいよ撮影だと意気込んだら、スタジオが火事!!
災難起きすぎです!!

とにかく楽しい再会白書ですが
ジェニーの金髪娘に限らず
キャストがドラマの役にしても実際にあったことにしても
過去を暴露する姿が実に爽やかで
当時は大問題だったかもしれないけれど
時が経ってしまえば懐かしい思い出ですよね。
ガブリエラはみんなより10歳年上で
子育てしながらドラマに出演。
それがバレないかひやひやしながら出ていたそうだし。
お互いが過去のことをつっこんでも
笑って返せるのが大人なんだよなと
大人の立場で同じようにしみじみしながら
ドラマを楽しませてもらっています。
でも残り2話でしょ。寂しすぎる!!

ドラマなつぶやき Netflix編

☆Giri/Haji
日本ドラマのようなイギリスドラマ。
すでにBBC2で放映済みなんですね。
「チェルノブイリ」制作陣による作品ということで
そりゃ見応えあるだろうと思って1話目を観たら
重すぎて1話で止まりました(汗)
チェルノブイリは一気視聴したのに(機内だからだったけど・・・)

日本の場面は正しい日本のドラマ。
とか言って日本のドラマを全然観てないので偉そうなことは言えませんが
平岳大、窪塚洋介、本木雅弘といった豪華キャストが演じているので
変な日本は全くなくて安心して観ていられます。
でも料亭?でのド派手な銃撃事件は
日本にしてはやりすぎでしょう。

日本が正しければロンドンも当然正しいはず。
だってBBC+ネトフリドラマなんだし。
Kelly Macdonaldが出てきますが
最近彼女を観たのはどこでだっけと振り返ったら
「ツバメ号とアマゾン号」のウォーカー夫人でした。

主人公の健三は失踪したヤクザの弟を探しにロンドンへ
義理と恥の間で苦悩するお話ってことなのかな。
ネトフリドラマを持ち歩くのは
周りがわさわさしていても字幕を読んでるから大丈夫なんですけど
この作品は半分日本語だから聞き取らなくてはならないし
自宅でじっくり視聴になるのかな。
しかもBBC作品なので?1話がたっぷり1時間あって大変です。
そして内容重いでしょ。
ぼちぼち頑張りましょう。

☆Elite S2
3話目まで観終えました。
各国の青春ドラマ?の中ではかなり好きかも。
今シーズンはサミュエルが失踪し
サミュエルを探しながら過去に遡って
ポーロがいつマリナの殺害の秘密を明かすのかとか
その他キャストたちの人間関係が綴られていくのですが
展開が「13の理由」に似てはいるものの
Eliteを観てしまうとアメリカの高校生がお子様に思えてきます。
こちらはスペインのお金持ちのお坊ちゃま、お嬢ちゃまですが
ぶっ飛び度が半端ないと言うか、それで勉強もしているらしいし?
基本自立してるでしょう。
日本の高校生ではあり得ないでしょうね。
これがスペインの実態なのか、気になります。