INDEX    RSS    ADMIN

Chicago Fire S2-#1 「問題の分署」

S2スタート。
ストーリー的にもS1からそのまま続いていたので
間が空かなくてよかったです。

シェイはセブライドとの同居をやめることにしたようですが
レネーが産むのはセブライドの子ではないのではと疑っています。

火災の連絡。
炎が燃え広がる住宅の中に誰か取り残されているのではとセブライドが入っていくと
床が焼け落ちてセブライドが脱出できなくなります。
ここで活躍するのが消火ホース。
水を溜めたホースにセブライドが捕まって引っ張り上げられ
ホースは火を消すだけのものではないことがよくわかりましたが
実際には中に人はおらず
建物に書かれていたナンバーはセブライドのもの
誰かがセブライドの命を狙っているようです。

大隊長達が呼び出され
役所側から経費節減を命ぜられます。
すでに33分署は閉鎖され
51分署も閉鎖の対象になっているようです。
51分署には33分署から2名の消防士が転属になります。
二人が署に来たときは、セブライドの車が放火されていました。
クラークはどのように放火されたのかを突き止めます。

実はクラークは役所のマクレオドから
51分署のチェックを命じられていました。
51分署に問題がありすぎるので
(確かに1シーズンいろんなこと多すぎました!)
週一回状況報告をするように言われます。
警察に内務調査が送り込まれているような話はよくありますが
消防署にもスパイが送られているとは知らなかった。

再びビルで火災発生。
さすがシーズンプレミア、よく燃えます!!
今度は負傷し逃げ遅れた住民がいて
ドーソンとシェイが措置を行いますが逃げ道がなくなり
窓から隣のビルにはしごをかけて脱出します。
消防士たちは訓練しているけど
救命士にはキビシイよね。
でも二人はなんとか脱出。
救命士って本当にタフな仕事です。
だからこそ救命ドラマが好きなんですけど♪
そして最後まで消火活動を行っていたケイシーが脱出
隣のビルに移ろうとしたとき壁が崩れ始めてはしごが落ち
ケイシーは宙吊りになってしまいます。
ここは消防士たちですから救助されますが
ハラハラさせられました。

ケイシーとドーソンは友情を大切にしていこうと約束。
ミルズは吹っ切れたようだけど、まだ未練があるのかな。
マリさんが署に来て豚汁をふるまうことに。
みんな気に入っていたようです。
マリさんは大阪に帰りますが
(関西人だったのね・・・
ニコニコしているだけどあまり言葉を喋らなかったけど
それがまた日本人らしいかと・・・笑)
目の小さい人は大物になる?と
不思議な格言をマウチに残します。
そうなんですか??
マウチは自分の目の大きさを気にしていましたが
確かにボーデンよりは小さいと思います!
モリーズの前に人気スポーツバーがオープン。
潜入調査を任されたクルーズは
はしゃぎすぎたのがバレてしまいました。
しかしモリーズ、大丈夫かな?

交通事故の通報を受けてはしごと救急が向かうと
車をぶつけたのはヘザーでした。
また受難が続きます。

第8回海ドラカフェ報告

第8回海ドラカフェに参加してきました。
The Last Shipを紹介してもらった第1回は1年と少し前でしたが
すでに8回目を迎えていたとは驚きです。
海外ドラマファンの人たちが集う場として定着してきたことを
本当に嬉しく思います。

今回のテーマは「海ドラアカデミー賞 特別企画」
ネットでの投票はこちらから
来年1月15日まで行うことができます。
1日1回投票できるので、どしどし投票して
プレゼントが当たるように祈るのもいいかなと思います。
今回の海ドラカフェの前半は海ドラアカデミー賞にエントリーされた30作品の紹介を
TVグルーブの清水さんとスタッフの方々が行い
参加者はこの30作品についてのアンケートに答えました。

kaidora8-2.jpg

エントリー作品、実は正直なところ全然観ていなかったり
少し観ていたけどリタイアしちゃったものが多いんだよね。
アメコミ&Sci-fiを遠ざける生活をしていると
本当に観るものが限られてしまいます。
でも今年本当に面白かった!!と断言できる
Wentworthがエントリーされていたので大満足。
これとEmpireの二本でOKかな。
三本目を選ぶのが難しかったんですけど
予想外の面白さだったX Companyを選びました。
刑務所ドラマ、音楽業界ドラマ、戦争ドラマと
やっぱりごく一般的な海外ドラマファンの人たちとは
興味の対象が違いましたね(汗)

後半はTSUTAYAの海外ドラママーチャンダイザーの中山さんをお迎えし
TSUTAYAの海外ドラマの品揃えやコーナーの組み方の工夫などについて
お話を伺いました。
アメリカでは社会派ドラマが人気だが
日本では元気が出る作品が人気という現状。
今回の海ドラアカデミーのエントリーを見ても納得しました。
自分が重たい社会派ドラマファンだってことは
アメリカで観ればいいんですけど(苦笑)
それから清水さんによる海外ドラマ10大ニュースの発表。
TwitterにアップされてたTVグルーブの記事を思い出しながら
こんなこともあったねなんて振り返っていましたが
今回事前に10大ニュースのネタ作りに参加のお話を頂いていて
番外編でChicago Fireを取り上げさせてもらいました。
タイミングよく7日にDVDリリースもあり
S2が始まったところでよかったなと思っています。
もう少しDVDが早く出ていたらアカデミーの方にエントリーされていたのかもしれないのに
ちょっと残念でしたが。

会場でのアンケートはプレゼントの抽選に活用され
たくさん観ていた方や人気作品を観ていた、関心が高かった方が
各メーカーさんからの素敵なグッズの数々を受け取っていました。
少数派は無理でしたね(苦笑)
でもいろいろなドラマの立派なプレスシートをいただき
お土産になりました。
特に感動したのがHBOのチラシ。
どうってことのないチラシなんですが
HBOヒストリー、作品シートのトップにOZが載っていて
OZは1997年HBOの記念すべき初のTVシリーズとして誕生していたんですね。
それであのインパクトですから、HBOは本当にすごい!!
自信を持って語りたいと思います。

そこで発売元のワーナーさんにお願い。
この記念すべき作品をDVD化しなくてどうするの??
今でこそ多くの人に観てもらいたいドラマです。
是非OZのDVD化を!!よろしくお願いします!!

海ドラカフェの次回は3月だそうで
詳細の発表を楽しみに待っています。

kaidora8-1.jpg

海ドラカフェ内に作られたTSUTAYAの棚
最近全くレンタルしてないですね。
TV&配信で手一杯ですが
棚を見ているのは楽しいです。

FireStickを購入しました!

huluを観るのに自宅ではパナソニックのブルーレイレコーダーを用いていたのですが
今使ってる機種は2月にそのサービスが終了するということが判明し
いよいよ何らかの手を講じなければと思い
ついにFireStickを購入することにしました。
これなら今までスマホ専用だったAmazonもテレビで観られます。
本当はPCも買い換えなけれなならないし
買い換えれば動画も問題なく観られるはずなんだけど
買ったあとの引越し作業が面倒で
やたらと遅くてすぐ固まるPCをだましだまし使っているので・・・

入手したFireStickをテレビにセットしてWifi環境を確認。
簡単にできたのでほっとしました。
huluをネット回線で観ていたときと比べると
ちょっと画面の色合いが違うかななんて感じたけど
すぐに慣れてしまいました。
これでもちろんネトフリも観られるようになるんだけど
そこまで観ている時間がないので
あえて手をつけないでいようと思っています。
huluは観続けているドラマが多いので
継続必至だし。

これで安心してドラマを楽しんでいきたいと思います♪

Law&Order UK S4-#1 「自分だけを憐れむ者」

本家オリジナルはS15-#24 「通勤列車」

L&O UKが復活しました。
今回のS4は本来はS7扱いになります。
とりあえずS8で終わりのようで、
それがスパドラでのS4、S5というカウントの仕方はちょっと無茶な感じもしますが
混乱しないように覚えていきたいです。

まずキャストが変更になり
警部補チャンドラーの後釜に、ブルックスの旧友のレイトンが赴任します。
ブルックスとは飲み仲間だったみたいですが
今のブルックスの変容ぶりにこれから気づくのでしょう。
フィリップスも昇進して異動していました。
ケイシーは離婚後の子育てに関して
ストレスが溜まっているようです。

ゲートを突破した車がそのまま通勤電車に飛び込んできて脱線。
大勢の死傷者が出た事故。
車は盗難車で誰が運転していたかわかりませんでしたが
けが人から事情を聞きながら乗車券を持っていない者を探していくうちに
タイラーという男を見つけます。
タイラーの自宅に行くと彼は手首を切ったようで、
包帯から血が垂れていました。
ブルックスが包帯を取り替えると手首の傷はガラスで切ったものではなく
ナイフで切ったものだと判明。
タイラーは死のうとして盗難車で電車に突っ込み
だが死ねずに乗客に混ざってけがの手当をしてもらっていたのでした。

ここまで本家とほぼ一緒。
死者が本家では12人でしたが、UKでは15人に増えていました。
ちなみに本家は珍しくフォンタナとファルコのコンビでした。
後半、裁判の行方や結末が違ってきます。
本家の容疑者バックレーにはやり手の弁護士がついていたんですが
途中から自己弁護をすると言い出し、素直に罪を認めます。
そして結局有罪となり、12人分の罪がカウントされていきました。

UKの容疑者タイラーの方がかなり複雑。
彼に自傷癖があり、子供の頃の環境にも問題があり
アルコール依存症を抱え
あっさり有罪とはなりませんでした。
担当弁護士ケイト・バーカーがガンガン押してきて
ソーンはかなりイラっとしていましたが
タイラーはとりあえず収監されます。
ところがタイラーは房内で首を吊って死亡。
その前にケイシーが面会に来ていて
何かやらかしていたのかも・・・
この件については次回に続きます。

そしてやり手だけどブーツの趣味が悪い?バーカーは
なんとフィリップスの後釜に座ることになりました。
激しくバトルしていたのに、ソーンもやりにくいよね。
どんなコンビを組むのでしょう。

辛い人生を送り、自ら終わらせてしまったタイラーは
「セルフリッジ」のロクスレイ卿でした。
向こうでは嫌なキャラなので多少は苦しんでもらってもいいんですが
少し気の毒すぎたかな?

Banshee S2-#6 「一匹狼」

ジェイソンが金を払わないと殺し屋に追われていることが発覚。
殺し屋はきっちりジェイソンの命を狙いに来ます。
ルーカスはジェイソンのために強奪してあった金を用意し
ジェイソンを自由にするという条件で殺し屋に取引をもちかけます。
ルーカスはジェイソンの父親に多少負い目があったんですね。
殺し屋は納得しますが、ジェイソンを誘拐。
ジェイソンがトランクに閉じ込められている状態で
ルーカスは道路の真ん中で殺し屋と一体一でバトル状態になります。
そこへ大型トラックが走ってきて、間一髪でルーカスは助かったけど
殺し屋の頭は吹っ飛びました。
ジェイソンもなかなか強運です。

カイとアレックスは協定を結びますが
アレックスは相当参ってる感じ。
自分がチーフの器でないことを意識してるけど
チーフの座を渡すわけにはいかないからですよね。

キャリーが去ってからホープウェル家は落ち着かず
デヴァがトラブルを起こし、ゴードンもかなり参っています。
キャリーはこっそりマックスと接触。
デヴァはキャリーに近づいてきます。

今度こそカナダに行くようにと
ルーカスはジェイソンに念を押します。
ジェイソンは去る前にシュガーの店に飲みに来て
レベッカに声をかけます。
シュガーがレベッカと関わることは危険だと伝えたのに。
二人がモーテルへ行って楽しんでいたら
カイと手下(クレイっていうんですね)がやってきて
さっさとジェイソンの首を絞めてしまいました。
強運もここで尽きたっていうことで。
忠告を聞いていれば無事に生き延びられたのに
やっぱりどうしようもないジェイソンでした。
レベッカはカイに忠誠を誓うよう命じられ
カイの言いなりにさせられてしまいます。
これはレベッカのストレスになりそう。

ルーカスとショバーンの関係は続いていますが
ブロックはルーカスがワケありだと疑っています。
ルーカスが恐れている正体が明かされる危険性も
覚悟していなければならないのかも。

ジョブがダイヤモンドを持ち帰ってきて
いきなり叩きつぶします。
ダイヤモンドだと信じていたのはただのガラス玉でした。
ルーカスたちはラビットにすっかり騙されていたのでした。
これも相当のピンチです。