INDEX    RSS    ADMIN

Foyle's War S6-#2 「壊れた心(前編)」

ネタバレしまくりの前回の感想はこちら

このエピも重たい・・・
1944年10月、終戦が近づいているということで
ヘイスティングス署ではブルックがサッカーの賭けを復活させようとしています。
そんな中で起きる3つの不幸な話。

1つ目はサムの友人のローズの夫フレッドが
5年ぶりに戦地から戻ってきたこと。
ようやく夫が帰ってきたわけでローズは嬉しいはずですが
ダンケルクで捕虜となっていたフレッドは心身ともに疲れきっていて
足の甲は腐りかけてるし、美味しい食事も喉を通らないし
しかも息子は父親の顔を知らず怯えています。
さらに家では男手がないために
ドイツ兵捕虜のヨハンが働き手として雇われていて
(なかなか賢い捕虜の使い方ですが)
すでに家族同然状態。
息子もよっぽどヨハンになついています。
それがフレッドには面白いわけがなく
ついに怒りが爆発してヨハンとバトルに。
ヨハンは捕虜同士理解しあえる部分があるかと思っていましたが
徒労に終わりました。
ヨハンはローズの家を出ていくことになりますが
収容所に行かずにトラックから逃げ出してしまいます。

かつては優雅な暮らしをしていたサー・ジョンも今は没落貴族。
(グランサム家の将来が危ぶまれます)
お屋敷は精神を病んだ帰還兵のための診療所として提供され
サー・ジョンと妻は丘の上でひっそりと暮らしています。
診療所を運営しているのはフォイルのチェス仲間のノバクですが
戦争で精神を病んでいる患者は山ほどいて大変な状態です。
ここで診療に携わっていて論文の評判がよく栄転が決まったワースが
自分のオフィスで殺害されてしまいます。
フォイルらが捜査に当たりますが
患者のピーターが無理やりもっと重度の患者がいる
精神病院に送られてしまいます。
ピーターの妻のジョイは嘆きますが
なにやら訳ありの様子をミルナーは察知します。

さらにノバクはピーターを救えなかった現状を嘆いて
自宅のバスタブで自殺を図ります。
フォイルたちが訪ねていなければ救えませんでした。
鉄人ミルナーのドアへの体当たりは効き目ありましたね。

診療所での悲劇の他に
サー・ジョンの家にはかつて疎開していたトミーが
突然やってきます。
その後今度は父親がトミーを探しに来ます。
トミーもこの先事件に関わることになりますが
まだ前半では見えてきませんね。

どのエピも戦争の悲惨さが伝わってきますが
このエピもメンタル面での厳しさを強く感じます。
そしてさらに辛い後半へ・・・
スポンサーサイト

Downton Abbey S5-#10 「涙のクリスマス」

ブランカスター城で雷鳥狩りは続きますが・・・

メアリーは突然参加してきたタルボットと嫌味の言い合い。
遠慮せず言いまくるタルボットに負けてないメアリーも大したものですが
Matthew Goode演じるタルボットは
この先重要な役割を果たしそうです。

ストーウェルからシンダビー卿の秘密を教わったトーマスは
ついに実践開始。
謎の女性とその息子を城に招いてしまいました。
シンダビー卿はショックを隠しきれませんが
ローズがうまくとりなし、シンダビー夫人には気づかれないまま
シンダビー卿は過去の過ちをさらすことになってしまいました。
その後はシンダビー卿の態度は軟化し
ストーウェルもブランソンを敬うようになります。

アンナの裁判が決まり
心配するベイツは自分が犯人だと自白する手紙を書き残して
姿を消してしまいます。
アイルランドに行ってしまったのかもしれません。
ほどなくしてアンナはダウントンに戻れますが
罪のないベイツが疑われたままでは困ります。

バイオレットの屋敷ではスプラットとデンカーのスープ対決中。
デイジーがこっそりスープの差し入れに来たのが見つかり
スプラットはそのスープを捨ててしまいました。
仕方なくデンカーは自分でスープを作りますが
とんでもない代物ができてしまいました。
バイオレットが様子を見に来て、デンカーのスープを飲もうとすると
スプラットはデンカーを嘲笑います。
するとバイオレットは嫌な顔をせずにスープを味見して
スプラットの態度を非難します。
今は体調が良くないのでスープは飲めないと断りつつ
デンカーを褒めたバイオレット。
デンカーに勝利ありでした。

胸の痛みを感じていたロバートは
ダウントンに戻ってから検査を受けると
心臓は悪くなく、潰瘍ができていることがわかります。
コーラはロバートにクリスマスまで禁酒を命じます。

クリスマスが近づく中
何とかしてベイツの無罪を証明したいと
モールズリーは考えます。
そしてベイツの部屋にあった彼の写真を借りると
モールズリーはバクスターと一緒に
事件の起きた日ベイツが食事を取ったパブがどこか
ヨークのパブを一軒一軒回って
ベイツの写真を見せながら聞き込みをしました。
その結果ベイツが食事をとっていたことを覚えている男が現れます。

イザベルはマートン卿の息子の態度が変わらない限り
マートン卿とは結婚できないと断言。
いくらマートン卿が愛していると言っても
親子のことを考えて身を引きます。

いよいよクリスマスイブ。
屋敷では使用人たちも一緒に祝います。
トーマスの推薦で入ったアンディも共に働き祝います。
メアリー、イーディス、ブランソンは子供たちの部屋に靴下をセットしながら
ブランソンの願いでシビルのために祈ります。
やっぱりブランソンはマリゴールドのことを気づいてましたね。
禁酒が解けたロバートはご機嫌。
とんでもないスピーチをしそうなので
代わりにもうすぐ旅立つブランソンが感謝を述べると
ロバートもお礼にブランソンを称えるスピーチを。
ブランソンが去るとダウントンも寂しくなってしまいます。
それは使用人たちにとっても同じこと。
ブランソンは上と下の人々をつなぐ架け橋になっていました。

カーソンはヒューズに家を買ったことを伝え
改めて一緒に住んで欲しいと
ようやくプロポーズします。
ヒューズは驚きながらも快諾。
ようやくカーソンの思いが通じました。

そしてベイツがダウントンに帰ってきます。

辛いこともあったけど、最後はめでたしめでたしということで。
最終シーズンのスタートはいつからかな?
もったいない気もするけど、早く先が観たいです。

Chicago P.D. S1-#3 「守るべきもの」

ルゼックが特捜班に正式参加。
でも前回の銃撃戦で死者を出しているために
カウンセリングが必要になります。

売人の動きを見張っていた特捜班は
家に入ろうとした男がいきなり撃たれるのを発見。
部屋を捜索するとインスリンの箱に隠された
大量の銃弾が発見されます。
銃弾を運んだと思われる夫婦は
夫の親族に利用されていました。
特捜班は組織に近づくため
オリンスキーとドーソンが密売人に扮して接触。
オリンスキーが単独で乗り込み
周囲がサポートします。

車内でのオリンスキーの言動がお見事。
独り言だと言いながらやたらとお喋りで
売人はオリンスキーの携帯を捨てさせますが
それも計画のうち。
オリンスキーは必要な情報はきっちり仲間に伝えています。
しかもワイヤーはベルトに隠していたそうでなるほどね!

倉庫に特捜班が踏み込んでからの銃撃戦が
Wolf作品でもこれだけ銃弾が飛び交うんだとビックリでした。
L&Oシリーズでは刑事たちは銃を持っていても
滅多に使いませんからね。
なかなかの迫力に圧倒されます。

メインの事件は解決しますが
みなさん相変わらずいろいろ抱えています。
ボイトは独自にギャングと接触中。
男の子がギャングの使いっぱしりにならないようにするために
ギャングの欲しがる情報を与えて
男の子を救い出します。
限りなく灰色に見えるところが恐ろしいのですが
彼の怪しげな行動の裏付けが
徐々に明らかになっていくのでしょう。

ハルステッドとドーソンはFireに出てきましたが
ハルステッドも家庭では問題を抱えているようですね。
家族に不幸があった?
ドーソンはローラと情報屋ジャスミンとのディナーをアレンジ。
ローラはジャスミンに礼を言いたかったようです。

リンジーのところに突如泣き顔セブライド登場。
ここで見事にFireのネタバレが出ちゃいましたが
本エピはFireS2の#13と#14の間に放映されていたんですね。
AXNのエピガイもきっちりネタバレしてくれているので確認すると
ケイティが行方不明になり、リンジーが搜索に関わっているようです。
FireにしてもP.D.にしても
お互いのキャストがちらっと顔を出すだけで
ドラマのつながりが意識できる演出。
L&O時代にも本家と分家の掛け持ちの人がいたりして
より親しみが感じられましたが
だからこそこのちょっとのズレがもったいないな。

そしてケイシーが刑務所送りしたジャスティンが出所。
ボイトは忙しいからとリンジーに迎えを頼んでましたが
出てきたジャスティンは入ったジャスティンと別人だった(笑)
俳優さんの事情だと思いますが
刑務所で苦労したということにしておきましょう。
ジャスティン復活でケイシーの悩みも増えますね。
こうしてほかのドラマの心配までできる
Chicagoシリーズの醍醐味です。
(だからMedが突っ走るのが心配なんだけど!)

The Night Shift S3-#7 「母と娘の夜」

ドリューは帰国したシドとライリーと一緒に公園のライブコンサートに行くと
会場の花火が次々に暴発。
火の粉があちこちに飛んできます。
人々は逃げ惑い、ライリーが行方不明に。
二人が必死で探しているとライリーは見つかり無事でしたが
ライリーの友達ダリカと母親のリンダがやけどを負っていました。
すぐに救急ヘリでTCとトファーが到着。
トファーはシドに医療行為ができるよう許可を出し
シドとドリューは親子を連れて病院へ向かいます。
花火の暴発の原因は、開始時刻を東部時間で設定していたミスのようで
花火って自動点火なんですね。
そんなわけでまだトラックに花火が残っているのがわかり
火を消しに行っている人に協力しようと
トファーも消火器を持ってトラックに近寄ったところでトラックが爆発。
トファーは思いきり吹っ飛ばされました。

リンダの腕や体にひどくやけどを負いましたが
ダリカは顔を切り、背中に細かい破片が刺さったけど軽傷で済みました。
リンダの手術はシドとスコットが担当。
スコットはシドが軍医を辞めたことを知り、
サンアントニオで働かないかと誘ってきます。
シングルマザーのリンダが腕が動かなくなったら働けなくなると心配していると
シドは励ましながら自分の境遇や子育てについて語ります。
シングルマザー同士通じるものがあり、リンダは励まされました。

一方ダリカは施術中、ライリーと一緒に過ごします。
ダリカはメガネをかけていて友達にからかわれるのを嫌がっていますが
顔の傷が残ったらさらにからかわれるとショックを起こしています。
ドリューが形成外科医が傷をきれいにしてくれると約束すると
ダリカはお金がかかると悲観的。
するとライリーは父親に電話して、ダリカの手術を頼みました。
ドリューもライリーの父と話します。

そのことをシドが知って激怒。
ここでシドの家庭環境が明らかになってきますが
離婚した元夫は形成外科医で、シドが整形外科医なんですね。
軍医では生活のずれも生じてくるし
離婚も仕方ないのかなと思いますが
問題は元夫がライリーの親権を要求していること。
元夫はDCにいるので、ライリーとシドも
DCへ移動せざるを得なくなっていました。
結局シドとライリーはドリューに別れを告げます。

病院に戻ってきたトファーはフラフラして倒れてしまいます。
TCとジョーダンは検査を勧めますがトファーは大丈夫だと言って聞く耳を持たず
でもどう見ても様子がおかしいです。
TCはERの責任者をジョーダンに変え、
ジョーダンはトファーにCTを受けるよう命じます。
トファーは文句を言いながらCTを受けたらひどい脳しんとうだとわかり
しばらく休むことになりました。

歩けなくなりERに運ばれてきたホームレス風の男ハロルドを
シャノンは画家だと見破ります。
ケニーは薬を欲しがっているだけだと突っぱねますが
シャノンはポールに頼んで検査を頼みます。
シャノンもかつて画家を目指していたことがあったのを
ポールは知りました。
ハロルドは病院内でも持っていた画材で絵を描き始めます。
ハロルドが絵筆を舐めていた様子に気づいたポールは
ハロルドが絵の具によるカドミウム中毒であることを突き止めます。
ハロルドはシャノンを描いてくれましたが
シャノンはポールの話をもとにデッサンしてプレゼント。
訳の分かっていなかったポールはハロルドに指摘され
シャノンの思いに気づきます。
あんなに嫌味を言い合ってばかりなのに
でもなかなかお似合いの二人かも。

Chicago Fire S2-#11 「信頼と裏切り」

瀕死の重傷を負ったケイシーは6週間経って復帰。
その間に51分署も再び軌道に乗ってきたようです。
ケイシーとドーソンは一緒に住もうと考え始めましたが
まだ署内には伝えていなかったんですね。
みんな気づいている感じだったけど。
そんなわけでケイシーの復帰の日、
そしてドーソンの消防学校入学の日に
二人は付き合っていることを明かしました。
もちろんみんなは祝福してくれたし
それが礼儀だからとドーソンが直接ミルズに話すと
ミルズも喜んでくれました。
本当にいい仲間だ。
ケイシーは見た目はすっかり元気になりましたが
復帰早々ロッカーの鍵のダイヤルが思い出せません。

一方クラークはヘイズ殺害の容疑で6週間拘留されていたようです。
無実なのに絶対口を割ろうとしないクラークも頑固というか
保釈されても追跡装置をつけていて
51分署には迷惑がかかるから行かないつもりです。

ドーソンが抜けた代わりにラファティが救命に入ってきました。
今までのちょっと困った人たちよりはずっとまともだし
仕事もできる感じですが
シェイのことを避けている様子。
シェイが問い詰めるとレズビアンに対して偏見があるようです。

交通事故で運転していた男性の喉に鉄筋が刺さり
ちょっとでも動かすと大出血のおそれがありました。
仕方なく鉄筋をその場で切断する方法をとり
切ることで振動が起きるので焼き切ることになります。
ケイシーは無事に男性を救いました。

ドーソンの訓練1日目。
セブライド教官のもとで走ったりはしごに登ったり
ハードな訓練に望んでいます。
もうひとりジョーンズという女性が参加していますが
やる気満々です。

セブライドは訓練生たちを51分署に連れてきて
消防署の実態を見学させていました。
すると出動命令が入り、訓練生たちも一緒に現場に移動します。
宝石店で火災の通報でしたが、一見火元がわかりません。
だが金庫が燃えていることが判明。
とたんに中にいた男たちが店員を人質に取り
強盗を企てようとします。
現場に入ったケイシーやマウチも動けなくなりますが
火の手が回れば皆焼け死んでしまいます。
そのうち強盗たちが怖気づいて外に出てしまい
客や店員も避難します。
残ったのは人質を取っている男ですが
ケイシーは隙を見て人質を助け
男と激しくバトルします。
マウチがストップをかけていなければ
とんでもないことになっていました。
ケイシーは自制も効かなくなった?

セブライドはやたらと取り入ってきて
ペアになった候補生のことを嫌がるジョーンズは消防士に不適格だと
上司に伝えます。
だがジョーンズの父親が消防のお偉いさんで
簡単に落第させるわけにはいかないようで。
セブライド自身消防士の息子だから
強いことを言えなくなってしまいました。

ドーソン兄とハルステッドは
ヘイズが死ぬ前の電話の会話からリサが殺害に絡んでいることを突き止め
ドーソン兄はクラークが真実を話すようミルズに説得を頼みます。
ミルズはクラークに訴えますがクラークは聞く耳持たず。
しかしクラークもリサと話すうちに真実を語る気持ちになり
アリバイの証拠となるレシートを提出します。
やはり殺害にはリサが関わっていたんですね。
クラークはリサをかばおうとして口をつぐんでいたのでした。
クラークは今は51分署が家族だと、仲間のもとに戻ります。

モリーズの権利について
モリーズは銀行のものだといわれ
先が怪しくなってきます。
オーチスとケイティが急接近。
セブライドは見守るしかないのかな。
そしてミルズが救助隊に仲間入りします。
ケイシーの推薦状により入隊が認められました。
めでたしめでたしだけどケイシーがやっぱり心配です。