FC2ブログ
Top Page › NIP/TUCK › S.A.S.Ⅱ「シージャック」 Nip/Tuck「アガサ・リップ」

2006 · 01 · 11 (Wed) 20:04

S.A.S.Ⅱ「シージャック」 Nip/Tuck「アガサ・リップ」

WOWOWのドラマデーが土曜日に移ったために、怒涛の火曜日はかなり楽になりました。
とりあえずボーっとTWWを観てささやかに笑って、Nip/Tuckの重たさにめげてという感じです。

その前に月曜に録画してからチラチラ観ていたWOWOWのS.A.S.Ⅱ。
やっと第1話が観終わりました。
これがまた信じられないくらい重たい話で・・・
SASはサウサンプトン港に停泊している船舶に探知機を取り付ける任務で
こっそり潜入するんですが
船にはフランスの特殊部隊も潜入していて、
お互い正体がわからず壮絶なバトルを繰り広げてしまいます。
死傷者が多数出て、後始末は裁判沙汰になりますが
これがまたどんどん話がややこしくなり
結局上司が責任を取る形でなんとか収める事になります。
これが現実なのかなと思いつつ、なんともやるせない気分になりました。
ところでイギリスのヴィック・マッケイなヘンノ、
今回も隊と仲間を守り、頑張っていました。
しかし妻子は出て行ってしまい、家では孤独です。
他にもさまざまな問題を抱える隊員たちが
この先どうなっていくのかも気になりました。

ところでWOWOWでは吹替え版での放映ですが
HPのムービーでは最初の5分間を字幕版で観る事ができます。
キャストの生声を聞くといかにもイギリスドラマであることを納得。
怪しい人たちの喋るフランス語も、
吹替え版では日本語に変わって英語字幕だけ残っていたので
ようやく様子がわかりました。
英語でない部分の吹替えは、やはり声優さんが無理してでも別の言語を話すか
そのままオリジナル音声を残しておくかしてもらいたいものです。

「Nip/Tuck」クリスチャン、最悪!!
ついに真実を知ったショーンが怒るのはわかるけど
あまりにもタイミング悪すぎます。
そろそろクリスチャンに真の天罰が下る時期なのかな。
神がかりなアガサはJ&Jのエリサだったので
最初から全然パワーが感じられませんでした。
ゴメンね!
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

S1は後で字幕版の再放送があって、そちらでしか見てないものだから
今回の吹替版はなかなか興味深かったです。彼らの様々な訛りのある
英語が均一な日本語になってしまうので、ちょっと惜しいなぁ。第2話で
人種差別問題が扱われるので余計そう思う。ヘンノのベントン声はきりりと
し過ぎだわ。
2006-01-11-23:00
atsumi [ 返信 * 編集 ]

Nip/Tuck参戦!

年明けから見始めたので、2ndに正式参戦したらもう8話まで進んでるんですねぇ。
しかし、ちょうどカミングアウトの話を見逃さなくてよかったー。
ERのアンスポー部長が神父さんだったので、妙なぬめりがあって、アガサに何か悪いことしてるのは神父か?と疑ってしまいました。
アガサは、もうちょっとただれててもよかったかもしれませんね。
しかし・・・・手術のシーンはまだ慣れませんv-12
2006-01-12-11:34
くまぷー [ 返信 * 編集 ]

気になる字幕版

atsumiさん
S1は字幕版の再放送があったんですね。
やっぱり字幕版の方が「イギリスドラマを観てる!」って実感できるので
S2も字幕版での再放送、期待してますが
でも続きもやっぱり録画してある吹替え版で観てしまうことになりそうです。

くまぷーさん
Nip/Tuck、なんで次から次へ大問題を浴びせてくるかなって
観ながらすっかり疲れてしまいました。
ラストの大バトルのあと、どんな展開になるのか気がかりだけど。
アンスポー部長。いろんなところに顔を出しますよね。
それも職種がさまざま。
そしてついにERと決別したかと思うと、突如復帰してみたり
わけのわからない部長です。
手術シーンは、あれはお人形さんが相手だからと心に言い聞かせて観ています。
2006-01-12-19:59
Garoto [ 返信 * 編集 ]