FC2ブログ
Top Page › 映画 › チョコレートドーナツ(Any Day Now)

2014 · 04 · 27 (Sun) 20:20

チョコレートドーナツ(Any Day Now)

The Good WifeのイーライことAlan Cumming主演の「チョコレートドーナツ」を観てきました。

1979年、ウエストハリウッドのゲイのショーバーでダンサーとして働いているルディは
客として出会った検事局で働く弁護士のポールと恋に落ちます。
ルディのアパートの隣の部屋に住んでいる母親が薬物所持で逮捕され
ダウン症の息子マルコが取り残されてしまいます。
マルコは施設に送られますが、家に帰りたいと抜け出してきたので
ルディは自分の部屋にマルコを連れていきます。
ところがルディとマルコが一緒にいるところを大家に見つかってしまい
ポールの家で3人で同居を始めます。
二人はマルコを一緒に育てていこうと決意し
マルコに教育を受けさせ、愛情を注ぎます。

だが検事局の上司がパーティに二人を招待したとき
ルディがポールのいとこというのは嘘だと察し
マルコは二人から引き離され、ポールは検事局をクビになってしまいます。

二人はマルコを取り戻すために告訴し
判事からも手ごたえを得られますが
ゲイのカップルが子どもを育てることは認められませんでした。
ポールは差別と戦っている黒人弁護士に相談しますが
検事局の上司はマルコの母親を早めに釈放させたので
マルコは結局母親のもとに返されてしまいます。
二人の努力は実乗りませんでした。
マルコは自宅に帰りますが、また居場所がなくなります。

ハーヴェイ・ミルクが殺された翌年
まだまだゲイに対する偏見は強く
二人の父親は子育てすることは認められていません。
しかもマルコはダウン症というハンディを背負っていました。
しかしルディとポールは心からマルコを愛し
自分たちの子供として育てていきたいと願います。
ポールは法を屈指し、なんとか差別と闘おうとしますが
まだまだ敷居は高かったんですね。

もともとバイであることをカミングアウトしているAlanですが
普段型物オヤジのイーライしか見ていないので
まさかドラッグクイーンを演じるなんて!
でもとても素敵でした。
しかも素晴らしい歌声にうっとり。
I Shall Be Releasedに圧倒されました。
まあBob Dylanの楽曲はカバーの勝ち!なんですけどね(苦笑)
イーライのステージシーンだけでも見応え充分です。
Alan-Cumming-in-ANY-DAY-NOW-1.jpg

マルコ君の笑顔も最高。
心から癒されます。

この映画の脚本、監督はTravis Fine。
なんとYRのアイクの作品です。
というわけでここからはYRファン向けのコメントを。

アイクが制作側に回っていたのを知りませんでしたが
さらにビックリだったのはYR仲間の登場。
ルディとポールを助けようとする黒人弁護士を演じているのがノア
そしてマルコの学校の先生役がアイクの恋人だったエミリーですよ。
すごいサプライズに涙が出ちゃいました。
YRでアイクは口がきけないというハンディを持ち
ノアは白人世界の中での黒人として生き
それぞれ差別と戦ってきた姿をドラマの中でずっと見ていました。
それが今こうして映画で蘇るなんて、本当に夢のような話です。
YRの絆って強いんだな!
Any-Day-Now-4.jpg
アイクとキャストたち。

Don+Franklin+Any+Day+Now+Premiere+2012+Tribeca+KIEB_6mtDzAl.jpg
映画の中では怪しげなアフロヘア!だったノアです。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

わああああ、
先を越されましたっ。

そんなに良かったですか、
これはぜひ行かねばですね。

この映画が公開されたのは、きっと「グッドワイフ」の評判がいいからでしょう。
イーライファンなら見に行かずばなるまい!

しっかし、彼もゲイ達者・・・・いや、芸達者なんですね、
驚きました。
2014-04-27-22:30
くーみん [ 返信 * 編集 ]

Garotoさん、観たんですね! いいなあ、よかったみたいですね。
アラン・カミングの主演というだけで、観たい映画ですが、
アイクの監督やノアが出ていることも必見ものですよね。
私もそこはサイトのトップページで紹介しましたが、
そうそう、Garotoさんもおっしゃるってるように
アランのステージシーンはなかなか圧巻のようですね。
英国俳優はみなさん、歌も踊りもって感じで
その場面の楽しみも期待してしまいます。
公開劇場が少ないのが難点ですが、出演者や内容から言って
仕方ないって感じでしょうか…。あ~、観たい。連休中に行かれればいいけど。
2014-04-28-09:15
佐緒 [ 返信 * 編集 ]

くーみんさん
観に行ってしまいました♪本当によかったです。
最初は歌うイーライめあてだったんですが、まさかYRの人たちが!でさらに感無量。
くーみんさんのご紹介に改めて感謝!!です。
でもこんなにたっぷりイーライのパフォーマンスを観てしまうと、Good Wifeで歌ってくれないか?と余計な期待をしたくなってしまいます。
別にドラッグクイーンにならなくてもいいけど(笑)ピーターの選挙キャンペーンで是非美声を!
たまにはGlee風エピソードがあってもいいかも♪
というわけで是非ご覧になってください。

佐緒さん
確かにAlanのパフォーマンス見たさで食いついた映画だったんですが
アイクが監督でノアが出演、しかも本当にいい役なんですよね。
こんな素敵なサプライズつきで嬉しかったです。
映画館に箱ティッシュが置いてある感動作なんですが、自分はちょっと違った視点から?ティッシュが必要でした。
しかし単館上映はキツイよね。
シネスイッチ、混んでました。土曜日に銀座に用事があったのでついでに席を予約しておいて、また日曜に出なおしたから楽勝だったけど、時間に余裕を持っていかないとキツイかも。
2014-04-29-08:48
Garoto [ 返信 * 編集 ]

見てきました☆

誘った友人も大満足で、ほんッと、アメリカ映画らしくない、地味だけどいい映画でした。
イギリス俳優さんは、力がありますね~、

ちょうど昨日、「グッドワイフ」だったもので、
アランを見ながら、やっぱり「歌って~」と突っ込んじゃいました・笑

ノアはいい役でした。
ポールが、「正義なんてないんだな」とつぶやくと、「ロースクールで最初に習っただろう」と。
「出も戦い続けるんだ」

差別と闘い続けてきたアフリカ系だからこその、静かな力強い言葉でした。

「ブラシス」ではゲイの夫婦が子供を引き取るのに奮闘していた姿を見ていたので、
ああ、こんな差別や偏見と闘って、権利を勝ち取ったんだと感慨無量。
検事局の上司の嫌悪感丸出しの行為に、白人特有のねちっこさを感じました。
「コールドケース」じゃあ、殺されるゲイも珍しくなかった時代ですもんね。

マルコのかわいいこと!
「低くて太って、かわいくない障害児なんて誰もほしがらない!」というポールの叫び。

当時は、ダウン症は教育しても進歩しないという、これもまた偏見のダブルですね~。
「グリー」では大学で教育システムがあることを、そしてそこで学ぶ子たちが生き生きして幸福そうだったのを
見たばかりなので、これもまたショックでした。

アランの歌声は素晴らしい。
切々と心にしみました。
2014-05-16-17:31
くーみん [ 返信 * 編集 ]

ご覧になったんですね。素晴らしい作品だったでしょ。
Good Wifeを観るたびに、イーライに歌って!とお願いしたくなる、本当に素敵な歌でした。
iTunesで、サントラ購入しちゃいましたよ。

ブラシスのケヴィンとスコッティの奮闘の姿は
確かにルディとポールが苦労し勝ち得た差別や偏見との戦いがあってからこそ
実現が可能になったんですよね。
そしてその前にはクローゼットから出ようと奨励したハーヴェイ・ミルクの功績があり
マイノリティが理解を得られるまで、本当に大変だったと思います。
ミケロットの時代なんて、ゲイである事が知られただけで拷問ですから…
(大丈夫なのか?ミケロット)

発達障害をもつ者への教育制度は
Gleeから学ぶところも大きかったです。
そして彼らが俳優として素晴らしい演技を披露する姿にも心打たれます。

「チョコレートドーナツ」いずれうちの近所のミニシアターでも上映されるようで
その際にはまた観に行こうかななんて考えています。
2014-05-16-20:18
Garoto [ 返信 * 編集 ]

http://eiga.com/news/20140528/4/

ちょっと前のニュースですが・・・、
アランが日本での大ヒット、喜んでくれているそうです。

2014-06-08-23:34
くーみん [ 返信 * 編集 ]

アランのメッセージ、ありがたい!
それよりトラヴィス・ファインが来日していたことを今頃知ってショック!
舞台挨拶聞きたかった!!
2014-06-09-20:23
Garoto [ 返信 * 編集 ]