INDEX    RSS    ADMIN

Downton Abbey S5-#10 「涙のクリスマス」

ブランカスター城で雷鳥狩りは続きますが・・・

メアリーは突然参加してきたタルボットと嫌味の言い合い。
遠慮せず言いまくるタルボットに負けてないメアリーも大したものですが
Matthew Goode演じるタルボットは
この先重要な役割を果たしそうです。

ストーウェルからシンダビー卿の秘密を教わったトーマスは
ついに実践開始。
謎の女性とその息子を城に招いてしまいました。
シンダビー卿はショックを隠しきれませんが
ローズがうまくとりなし、シンダビー夫人には気づかれないまま
シンダビー卿は過去の過ちをさらすことになってしまいました。
その後はシンダビー卿の態度は軟化し
ストーウェルもブランソンを敬うようになります。

アンナの裁判が決まり
心配するベイツは自分が犯人だと自白する手紙を書き残して
姿を消してしまいます。
アイルランドに行ってしまったのかもしれません。
ほどなくしてアンナはダウントンに戻れますが
罪のないベイツが疑われたままでは困ります。

バイオレットの屋敷ではスプラットとデンカーのスープ対決中。
デイジーがこっそりスープの差し入れに来たのが見つかり
スプラットはそのスープを捨ててしまいました。
仕方なくデンカーは自分でスープを作りますが
とんでもない代物ができてしまいました。
バイオレットが様子を見に来て、デンカーのスープを飲もうとすると
スプラットはデンカーを嘲笑います。
するとバイオレットは嫌な顔をせずにスープを味見して
スプラットの態度を非難します。
今は体調が良くないのでスープは飲めないと断りつつ
デンカーを褒めたバイオレット。
デンカーに勝利ありでした。

胸の痛みを感じていたロバートは
ダウントンに戻ってから検査を受けると
心臓は悪くなく、潰瘍ができていることがわかります。
コーラはロバートにクリスマスまで禁酒を命じます。

クリスマスが近づく中
何とかしてベイツの無罪を証明したいと
モールズリーは考えます。
そしてベイツの部屋にあった彼の写真を借りると
モールズリーはバクスターと一緒に
事件の起きた日ベイツが食事を取ったパブがどこか
ヨークのパブを一軒一軒回って
ベイツの写真を見せながら聞き込みをしました。
その結果ベイツが食事をとっていたことを覚えている男が現れます。

イザベルはマートン卿の息子の態度が変わらない限り
マートン卿とは結婚できないと断言。
いくらマートン卿が愛していると言っても
親子のことを考えて身を引きます。

いよいよクリスマスイブ。
屋敷では使用人たちも一緒に祝います。
トーマスの推薦で入ったアンディも共に働き祝います。
メアリー、イーディス、ブランソンは子供たちの部屋に靴下をセットしながら
ブランソンの願いでシビルのために祈ります。
やっぱりブランソンはマリゴールドのことを気づいてましたね。
禁酒が解けたロバートはご機嫌。
とんでもないスピーチをしそうなので
代わりにもうすぐ旅立つブランソンが感謝を述べると
ロバートもお礼にブランソンを称えるスピーチを。
ブランソンが去るとダウントンも寂しくなってしまいます。
それは使用人たちにとっても同じこと。
ブランソンは上と下の人々をつなぐ架け橋になっていました。

カーソンはヒューズに家を買ったことを伝え
改めて一緒に住んで欲しいと
ようやくプロポーズします。
ヒューズは驚きながらも快諾。
ようやくカーソンの思いが通じました。

そしてベイツがダウントンに帰ってきます。

辛いこともあったけど、最後はめでたしめでたしということで。
最終シーズンのスタートはいつからかな?
もったいない気もするけど、早く先が観たいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

あっちもこっちもぜ~~~んぶ丸く収まって、さすがクリスマスエピです。
マシュー・グートが出てきたら、メアリーのお相手はこの人で決まりかな、とw

イーデイスは年を重ねて素敵になりましたね、彼女にも素敵な伴侶が見つかるといいです。
次のシーズンで最後でしたっけ、
もったいないけど、でも早く次が見たい!

No title

邦題も不安を感じさせるしドキドキしながら観始めましたが、正しいクリスマスエピだったのでほっとしました。
みんなハッピーで何よりです。
最終シーズンはメアリーの恋の行方になるのでしょうね。
そしてイーディスにも期待。
終わってしまうのは残念ですが、やっぱり早く観たいです。

日曜の夜、たまたま番組表で「あ、最終回だ」と思って途中から見ました。
名前が覚えられなくて^^;、挫折して途中をすっ飛ばしているけど、
始まった頃どうなるのかと思ってた伏線がちゃんと回収されて、カップルがうまくくっついて、クリスマスらしくまとまってよかったです。
やっぱりあっちのクリスマスの雰囲気って、気高さがありますね。

No title

今回も途中ひやひやの展開だったけど、見事に美しくまとまったクリスマスエピでした。
気になる出会いがあり、長年の想いが実を結び、別れもあったけど後味すっきり。
なによりアンナとベイツが平穏無事に暮らせるのが嬉しいです。
でもファイナルシーズン、またあれこれ気を揉まされるのでしょうね。