INDEX    RSS    ADMIN

Prisoners of War を観終えて

S2も先の展開が気になって、一気に観てしまいましたが・・・

アミエルが生きていて、イスラム側で活動をしている。
ユスフと名前を変え、結婚し、テロリストのアブドゥラたちと行動を共にしているのですが
実はジャマールの息子の勉強をみてあげていて
そのドリルがユダ作戦の暗号を伝えていました。
息子の勉強はウリもみていたので
暗号の存在が明らかになりましたが
ダマスカスに情報を伝えるのにイスラエル人は動くわけにいかず
外国籍のヌリットが相当危険な思いをしながら
それでも任務を全うします。

ユダ作戦の決行、そしてアミエルをイスラエルに戻すために
S2の1話目で父をアブドゥラに殺害されたユノンが
暗殺部隊で訓練を受け、一人で任務を任されます。
ユノンは自分の正体を知られないようにヤエルに近づき
ヤエルの恋人となります。

ついに作戦決行、一度はテロリストの捕虜になるユノンですが
上手く脱出して警備の男たちを殺害
アミエルとともに脱出しようとしますが、アブドゥラや妻の両親の邪魔が入ります。
アミエルとユノン、そしてジャマールの息子はまさに力を合わせて
なんとかイスラエルに戻ってきます。

こうして戻ってきたものの、またアミエルも今までの17年に受けた苦しみと
戦わなければならないのでしょう。
苦しみはウリやニムロッドにも続いています。

ウリとヌリットは二人で幸せに暮らし始めましたが
ウリの体調が思わしくなく、病院で検査を受けるとガンに罹っていることを告げられます。
早く治療を始めればいいのですが
あえてウリは治療を拒みます。
もう拘束されたくない、自由でいたいというのがウリの強い思いでした。
そして病気のことをヌリットには告げず、一緒に住むのは無理だと言って別れを切り出します。
せっかく幸せが訪れたのに、また辛い思いをすることに…気の毒すぎます。
ウリは一人で旅立ちます。

ニムロッドとタリアの仲も修復ができなくなり
ニムロッドは家を出て一人暮らしを始めます。
すると娘のダナが心配して一緒に暮らし始めます。
自由奔放だったダナだけど、ずいぶんニムロッドのことを気遣っていました。
いろいろ考えた末、ニムロッドはもう一度タリアとやり直すことを決意します。
今度こそ幸せな家庭が築けるかな。

命の助かった3人でしたが、その代償は余りにも大きすぎました。
中東に近いイスラエルでのドラマということで
Homelandよりも生々しく、リアルに感じられました。
視聴途中でイスラム国問題も浮上してきただけに尚更です。
言葉は全くわからないし、まるで未知の世界のドラマでしたが
観る価値はあるので、huluの視聴環境にある方は是非!
スポンサーサイト

Prisoners of War S2-#1 「始まり」 #2 「誕生日」

年が明けてhuluでPrisoners of WarのS2配信が始まりました。
今度は全14話になります。
S1は2009年に放映、S2は2012年と間が空いてるのはどうしてかな。
とりあえずS2で終わるようなんですが、きちんと終わるのかなと
観始める前から、ちょっと心配になっていました。

第1話冒頭はS1のおさらい。
それからいきなり知らない人達が出てきて
新しい話になってしまうのかなと思ったら
そうではありませんでした。
小学生(6歳だから1年生くらいですね。)の男の子が
お父さんと一緒に小学校に向かいます。
自己紹介してたから入学式?イスラエルの学校事情がよくわかりませんが
子供たちが将来の夢などを紹介していたところにいきなり覆面をした男が入ってきて
女性教師を撃ち殺します。
続いて親子を人質に取って立てこもりますが
学校の周りが軍隊で囲まれる中で
男はテロリスト仲間に連絡し、一人を外に出すことにします。
男の子の父親が選ばれて、覆面男とともに外に出ていきますが
男の子はその後ろから付いていきます。
男の子の母親は夫と息子が人質になっていることを知って
学校の前で待っていますが
外に出てきた夫は妻と息子の目の前で
テロリストに射殺されてしまいます。

衝撃的なオープニングがどうドラマに絡んでいくのか
実はこのテロリストがニムロッド、ウリ、アミエルを解放する交換条件として
解放されることになった人物でした。
さらにS1ラストでニムロッドとウリが掴んだ極秘情報から
二人はアミエルが生きていると考え始めます。
確かに誰もがアミエルの遺体を確認していません。
実はアミエルはニムロッドとウリに殴られて死んだわけではなく
生きたままイスラム教徒に改宗
ユスフと名前を変えてテロリストとともに活動をしていました。
ウリはアミエルが姿を消した後、一瞬彼の姿を見ていて
アミエルが生きていることをかなり信じています。
そしてイリスとハイムの力を借りて
アミエルを探し始めます。

しかし当局側もアミエルの存在を隠そうとしているようだし
真相が見えてきません。
これから徐々に明らかになってのだと思うけど
S1では亡霊だったアミエルが
生きて、しかも複雑な立場でドラマに絡んでくるのは興味深いです。
ニムロッドは家を出て、昔の仲間と一緒にパーティー三昧。
娘と同世代の女の子を引っ掛けてベッドに誘うけど
いざとなると一線を超えられません。
そしてタリアに謝りの電話を入れるけど、家に帰る気にはなりません。
子供たちはそんな父親に同情し
タリアは疲れきり自暴自棄になっています。
ヌリットは夫と子供を家に残してウリと一緒に生活を始めます。
そしてようやくアミエルの荷物を片付けたヤエルの前に現れた男性は
かつてテロリストに父親を殺された男の子でした。
彼にも何か任務があるのかな。
Homelandに負けないような?複雑な展開が待っているのかも。

Prisoners of War S1-#10 「テープ」

ようやくS1視聴を終了。
どこまでもひたすら重くて暗く
そしてあちこちでクリフハンガー状態。
これは早くS2を観なくては!
と思っていますがまだhuluではS2の配信が始まっていないようです。
いつから始まるんだろう。

ニムロッドが捕虜のときに入手した謎の電話番号。
アラブ系家族の娘からさらなる情報があると聞き
ニムロッドとウリは亡くなった特殊部隊の男の妻に会いに行きます。
妻は二人に封筒を渡しますが、中にはテープが入っていました。
車内で二人はおそるおそるテープを再生すると
テープは拷問の様子を録音したものです。
二人には再び悪夢が蘇りますが
何故このテープが存在するのか、謎が深まります。

イリスはウリを苦しめたくないと思い
ハイムの命令に従おうとしません。
でもハイムに強制され、ウリの家に行くとニムロッドから電話がかかってきて
イリスはその電話をこっそり盗聴し、二人が何者かに会うのを突き止めます。
ハイムに伝えるとハイムは尾行を指示。
イリスはウリにうまく行き先を聞き出して先回りしますが、二人は現れませんでした。
ウリの推理がお見事で、イリスの車が汚れていたのを覚えていて
ウリがリハビリに行ったときイリスの車が駐車場に止まっていたのを発見。
イリスがスパイだと気づいて、イリスに嘘の情報を教えたんですね。
イリスはウリにバレたことを知り、もう辞めると言って立ち去っていきます。

ニムロッドの息子は徴兵拒否をしていましたが
それは罪になります。
タリアは全く知らず、息子の友人からその話を聞いて驚き
息子を責めると息子がブチ切れます。
うちはもう十分戦争の犠牲になった!
息子が叫ぶとタリアは怒り
息子は家を飛び出し戻ってきません。
タリアはニムロッドに息子を捜すよう頼みますが
ニムロッドはウリと一緒に行くところがあるといって拒否。
タリアの怒りは爆発。
一人でせっせと息子の友人たちに電話して息子を探します。
その間娘はセラピストの息子とベッドに。
セックス依存症は全く治っていません。

ウリが家の中を整理していたら
フィルムが入りっぱなしのカメラが出てきました。
現像すると17年前ヌリットと撮った写真で
ウリはヌリットに見せに行きます。
二人はお互い愛し合っていることを確かめますが
ヌリットには辛い選択でした。
その後夫にわからないと伝えると、夫は密かに涙を流していました。

アミエルの墓碑が建てられ、除幕式に出るようイランはヤエルに声をかけますが
ヤエルは家から出ようとしません。
そしてその後でアミエルの幻影とともに墓碑を見に行き
アミエルは墓碑に満足すると、ヤエルに別れを告げます。
それからヤエルの前にアミエルの幻影は姿を見せなくなってしまいました。
アミエルの死を実感したヤエルは泣き崩れます。

ニムロッドとウリが帰ってきたことで
結局誰もが不幸になっている。
17年という年月が長すぎました。
実は捕虜になり解放された兵士たちはずいぶんいたんですね。
前エピでタリアが出ていたグループカウンセリングは
そういう兵士と家族たちのものでしたが
みんな苦しみを抱えています。
Homelandはいろいろな立場からドラマが進行し
事件もとどまることがありませんでしたが
何も事件が起こらなくても十分ドラマになっている
じっくりと考えさせられるドラマとしての
Prisoners of Warの作品の素晴らしさが
しっかりと伝わってきました。

Prisoners of War S1-#8 「家族の肖像」

8話目まで視聴。
じわじわと重たいです。

ニムロッドは軍隊時代の友人が起業した会社で雇ってもらいますが
簡単な校正作業しかやらせてもらえません。
しばしばPTSDに悩まされ、イライラが募ってきます。

ウリの兄とヌリットの息子が成人式を迎え
息子は叔父のウリを招待しますが、ウリは悩んでいます。
結局ウリとニムロッドは成人式に行くことにしますが
その前に解決する問題がありました。
二人が遅れて会場に着くと、タリアは遅れてきた理由を追求します。
その態度にイラっとしたニムロッドはタリアを突き飛ばします。

ニムロッドは捕虜になっていたとき受け取った電話番号の場所を突き止め
ウリとともに訪ねます。
相手は金を届けに来たのかと聞いてきたので
ウリは勘違いではとニムロッドを説得しようとしますが
ニムロッドは相手が何かを隠していると追いかけ
職場から持ち出してきた銃で脅します。
相手の家族は二人を許す気はありませんでした。
帰宅したニムロッドはタリアに謝りますが
タリアはニムロッドが寝ているときうなされ、暴力を振るうことを伝えます。

ウリは母の墓の前で出会ったイリスと付き合い始めますが
イリスはハイムが情報収集のために送り込んでいることを知りません。
だが成人式を機会にまたヌリットとウリの間が近づき
イリスは肩透かしを食らっています。

アミエルの葬儀を終えたヤエルはイランと付き合い始め
自宅も手放そうと思い出します。
だがアミエルの幻影が邪魔をします。

今までウリの方が参っているかなと感じていましたが
ニムロッドと一緒の時は冷静さを保っています。
しかし二人のPTSDは半端じゃないですよ。
どうしてきちんとカウンセリングしないんだろう。
させない事情もあるのかもしれないけど。

そしてニムロッドの家族の歯車も狂ってきます。
姉はセックス依存症で、カウンセラーの先生に迫っているし
弟は父を理解しようとするけれど難しく
3人家族のままでよかったとぼやきます。
ニムロッドの解放のために尽くしてきたタリアも
ニムロッドの態度にイライラし
そんなニムロッドも息苦しさを覚えます。

二人が解放されたのは喜ばしいことだけど
取引の結果テロリストも解放され
それを怒っている者もいます。
二人の置かれている立場も微妙です。
そして原因を追求していくと、民族の対立につながっていくことになり
本当に難しい問題だと思います。

派手なドラマではないけど、見応えのあるドラマなことは確か。
イスラエルという国についても、少しずつ学んでいます。

Hatufim (Prisoners of War) S1-#2 #3 「施設(前・後編)」

2,3話目を視聴。
ようやく登場人物の関係などがわかってきました。

ニムロッドとウリは軍の施設に送られ、精神科医のハイムの面接を受けます。
ここでハイムは二人が捕虜になっていたとき、どのようなことがあったのかを個々に詳しく聞き出そうとしますが
二人は多くを語りません。
思い出したくないこともあるし、話せないこともあるし。
しばらく話を聞いたあと、二人はベッドのある部屋で休むことにしますが
そこも監視カメラがついていて、ハイムの部下たちがずっと監視していました。
二人は寝ているように見えましたが、よく見るとふたりの指先が動いている。
ハイムはその様子をすかさずチェックし、部下に分析させます。
内容はモールス信号に近いものらしい。
分析の結果、二人が捕虜だったときのことを思い出しながら雑談していたことがわかります。

翌日にニムロッドの妻タリアが差し入れを持って面会に来ますが
ハイムは断ります。
タリアは夫の解放に向けて、長年運動を続けていたようで
こんな時の交渉も決して折れようとしません。
結局プールで泳いでいたニムロッドの姿をちらっと見ることができました。
二人の内緒の会話も大した内容ではなかったので
ハイムは夕方、二人を自宅に返すことにします。
ところがふたりが帰ったあと、ニムロッドがハイムに話したことと
内緒の雑談の間に矛盾点を発見。
ハイムは慌てます。

タリアはニムロッドのために夕食を準備し
子供たちも帰宅して父を待っていました。
ところがニムロッドは食卓に着くと、ピザが食べたいと言い出します。
タリアがせっかく準備したのに子供たちも賛成するので
結局街のピザ屋で夕食をとることにしました。
ニムロッドと子供たちはすっかり打ち解けていましたが、タリアは不機嫌です。

ウリの恋人だったヌリットは
ウリが捕虜になっている間に、ウリの兄と結婚し、息子も生まれていました。
だがヌリットは、まだそのことをウリに話せません。
結局ウリの家で彼の帰りを待っていたような素振りをとっています。
世間の人たちもヌリットがウリの兄と結婚したことを知っていて
タリアと全然違うと噂話しています。
ヌリットは夫を振り払い、ひとり売りの帰りを待っていましたが
家に着いたウリは、またどこかへ行ってしまいました。

ひとり遺体となって帰ってきたアミエルの姿を、ヤエルは見ることができません。
でも気づくとアミエルが隣にいる・・・それはヤエルに見える幻影だったんですね。
ヤエルを支援しているイランがよくしてくれるのですが
ヤエルはアミエルを追っています。
でも傷だらけになったアミエルの姿が見えてしまったから・・・この先どうなるのでしょう。

3話終わったところでハイムがキャリー的立場になるのかもしれないけど
かなり様子は違います。
軍事上の秘密も大きな問題になっていくのかもしれないけれど
それよりこの先の家族関係が気になります。
やっぱり17年は長すぎますよ。
ウリは一瞬拷問を免れて、普通の生活?をさせてもらったようですが
そのとき新聞でヌリットの結婚を読んでいたんですよね。
だからヌリットが小細工しなくても、兄との結婚を知っている。
それで居場所がなくなっているのでしょう。
ヌリットが早く正直に打ち明ければいいのに。
タリアもここまで頑張ってきたのに
いざニムロッドが戻ってきたら、期待していたことと様子が違って戸惑っています。
これからが大変だ!