INDEX    RSS    ADMIN

Downton Abbey S6-#7 「悲しみの決断」

ヘンリーとチャールズが出場するカーレースの日が近づき、
伯爵家の人たちは観戦に行くことになります。
病み上がりのロバートも無理をせずに同行します。

バイオレットはこっそりフランスに旅立つことにします。
気持ちを静めるには旅が一番だと判断したのですが
ロバートたちに知らせるのはまた後で。
でもバイオレットはマートン卿の息子の結婚式に
何故イザベルが招待されたのかが気になって
嫁となるアメリアに直接聞きに行きます。
するとアメリアはイザベルに
マートン卿の相手をさせたいと思っていることが判明。
いずれは介護のための相手探しかと理解したバイオレットは
腹を立ててアメリアを非難します。

伯爵家の人々が留守になるため
使用人たちも休暇が取れるようになります。
パットモアは手がけていたホテルが完成し
いよいよオープンすることに。
デイジーとモールズリーは学校で試験を受けます。
トーマスは就職先を探さなくてはならず
ヒューズはカーソンが自宅で夕食を食べるのが憂鬱です。

レースは大賑わい。
レーサーも応援にも気合が入ります。
それにしてもレーサーがスタートラインに並んで
走って車に乗り込んでスタートするのにはびっくり!
当時はそれが正式ルールだったのでしょうか。
何台もの車が参加しているため
途中でクラッシュする車もあります。
そんな中でヘンリーとチャーリーは順調に飛ばし
お互いに煽りながらもいい位置につけていましたが…

突然チャーリーの車がクラッシュ。
炎が上がっています。
車から降りたヘンリーが助け出そうとしますが
どうにもなりませんでした。
突然襲った悲劇にみな沈み
ヘンリーはすっかり落胆しています。

ヘンリーを夕食に誘うこともできず
みな重苦しい雰囲気で夜を迎えますが
ヘンリーからメアリーに電話がかかってきました。
憔悴したヘンリーはメアリーの愛がほしかったのでしょうが
メアリーはあっさりヘンリーに別れを告げてしまいます。
この状態で言わなくても…
相変わらずメアリーは鬼!ですよね。
ブランソンがそれでいいのかと諭すのに
聞く耳を持たず。
人生は苦労するもの、それはメアリーもよくわかっているはずだから
ブランソンはこの恋を大事にすべきだと思っているのに。
こんないい義理の弟がいるのに、もったいないな。

一方イーディスの恋は順調で
ついにバーティーがプロポーズします。
それはとても嬉しいことだけど
問題はマリゴールドのことをどう伝えるべきか。
とりあえず一緒に住みたいと提案すると
バーティーはOKしてくれます。
でも実の娘だと知った時の反応が怖いし
だからすぐにイエスと承諾できずにいます。

試験日のお昼に使用人たちが集まってピクニックしますが
すでに終わった試験の問題が難しかったとデイジーが言うと
その問題をアンディが読まされる羽目にあいます。
アンディが読めないとトーマスが代わりに読みますが
アンディは自分は字が読めず
トーマスに教わっていることを白状します。
すると校長がこの先文字を教えてくれると提案してくれます。
その後モールズリーはテストに合格。
学校で教師としての道を歩むことになります。
出てきたときは癒し系?お笑いキャラなモールズリーでしたが
実はとても優秀な人だったんですね。

ヒューズはパットモアの知恵を借りて作戦を開始。
手を怪我して台所仕事ができないと言って
食事の支度や洗い物を
すべてカーソンにやらせたのでした。
やったね!!
食事作りがいかに大変かカーソンも身をもってわかったはず。
もうわがままは言わないでしょう。
そしてパットモアのホテルは
順調な滑り出しです。

伯爵家の人たちがダウントンに帰ってくると
イザベルがバイオレットが旅に出たことを伝える手紙を持って待っていました。
さらにスプラットがバイオレットからロバート宛のプレゼントを持ってきてましたが
それは使用人の部屋で待ってしました。
子犬の登場にロバートは大喜び。
ロバートがワンコ好きなのがよくわかりました。
最後にほっこりいい気分になれてよかったです。
スポンサーサイト

Downton Abbey S6-#6 「亀裂」

メアリーとブランソンは病院の資金集めのために
ダウントンの屋敷を一般公開することにします。
見せる部屋はごく一部だけですが
まだ静養中のロバートは気が進まないものの、メアリーの決定だから我慢
カーソンは村人を入れて物がなくならないかと心配をしています。

病院の統合問題に終止符が打たれ
クラークソンは統合の決定を伝えます。
その件にはイザベルもコーラも喜びますが
理事長はコーラに引き受けてほしいとのこと。
ここまでバイオレットを裏切ることになるとあとが大変だし
コーラは任務の重さを感じますが
すぐに返事をする必要もありロバートとは相談して
理事長の職を受けることにします。
だがバイオレットがロバートの見舞いに来た時
コーラはその話題に触れませんでした。
早めに手を打っておけばよかったのに。
タイミングって大事ですよね。

カーソンとヒューズの新婚生活は
カーソンの注文がどんどん厳しくなり
ヒューズはうんざりしますが
さすがに大人ですからうまくかわしています。
公私の区別のつかないカーソンも
困ったものですが…

アンナの体調がよくなく
アンナは地元の医者に診てもらうつもりでしたが
メアリーがロンドン行きを計画。
メアリーにとってはヘンリーに会えるチャンスです。
結局ブランソンも付き合わされる羽目にあい
でもメアリーはあえて行くことをヘンリーに伝えず
ロンドンでの食事会でびっくりさせました。
仲間たちが集まっていましたが気を利かせ
メアリーとヘンリーは夜の散歩に出かけます。
ヘンリーがレースを見に来てほしいと誘ってもメアリーが乗り気でないのは
前の夫が交通事故で亡くなったから。
メアリーは車の恐怖を告白します。
でも世の中は車社会になっているのだし
車と上手に付き合っていかねばなりません。
さりげなくキスをして、メアリーとヘンリーの仲も一歩前進しますが
メアリーはダウントンから離れる気はありません。

デイジーは試験を受けることになり
モールズリーが引率しますが
校長はモールズリーに学校で教えないかと誘ってきます。
そのためにモールズリーも一般教養の試験を受けることになります。
そういえばモールズリーは「刑事フォイル」では子供たちに数学を教えていて
事件に巻き込まれてしまったんだっけ。
だんだんキャラがかぶってきましたよ。
メイソンがパットモアにお礼状を書いたり野菜を届けたり
二人のさらに大人の恋が花開きそうなのに
デイジーはかたくなに二人の邪魔をします。
自分がおいていかれるのが不安なのかな。

ダウントンの内覧会の準備に
ロンドンからバーティが訪れアイディアを出します。
バーティはなかなか使える男かも。
イーディスとの関係も良好ですが
マリゴールドの真実はどう伝えられるのでしょう。
そしてメアリーも何も知らないままです。

屋敷の内覧会は大盛況。
だが客たちの矢継ぎ早の質問に
伯爵一家は答えることができません。
普段なんとなく見ているものにどれくらいの価値があるのか
考えたこともないんですね。
寝ていたロバートも紛れ込んできた子供に
どうして普通の家に住んでいないのか聞かれて悩みます。
さらに屋敷に来たバイオレットは
コーラが理事長を継いだことにブチ切れ!
もし統合したとしても、当然自分の役割と思っていただけに
ショックは隠しきれません。
嫁姑問題が勃発しました。

パットモアはアンディがトーマスの部屋から出てくるのを発見。
気にしてカーソンに伝えます。
カーソンも同様の場面に出くわしアンディに尋ねると
アンディは本を借りたとごまかします。
その前から副執事の仕事はいらないと
トーマスに就職活動を勧めていたカーソンですが
今回のことを厳重注意し
クビを言い渡そうとする勢いでした。
トーマスが何をしていたのかも聞かずに。
確かに過去のトーマスの問題行動の数々は許されなかったけど
今は誠実に働いているじゃないですか。
それなのに全く弁解の余地も与えないなんてひどすぎる。
残されて一人涙するトーマスが
気の毒すぎました。

Downton Abbey S6-#5 「激震」

バイオレットは病院統合の件で
遠い血縁関係にある保健大臣を味方につけようとします。
そこでこちらに用事がある保健大臣に
ダウントンの夕食会に招くことにします。
ロバートもコーラも、まさか大臣が訪れるとは思っていませんでしたが
本決まりになりそうです。

メアリーはヘンリーのカーレースの試乗見学に招待され
ブランソンと一緒に見に行きます。
ブランソンは運転手でしたから車には興味津々。
ダウントンの敷地の一部に自動車整備場を作りたいと考えていました。
見学の後は3人でパブに行き
ヘンリーとメアリーは次のデートの計画を立てますが
まどろっこしいのでブランソンが直接ご指導。
自分たちのことだから二人で決めればいいんだよね。

イーディスはロンドンへ出向いて
雑誌の女性編集者の面接を行います。
それからバーティーと食事&ダンスの夕べ。
さらに親密になりキスする関係に。
メアリーもイーディスも新しい恋が始まりそうです。

ウィリスが迎えに来て
バクスターは証言しに法廷に行くことになり
モールズリーが付き添います。
ところが被告があっさり有罪を認めたため
バクスターは証言の必要がなくなり、
ちょっと拍子抜けでした。

新婚生活の始まったカーソンとヒューズですが
ヒューズはパットモアから食材を分けてもらって
自宅で夕食を作ります。
だがカーソンの口には合わなかったようです。

アンディがトーマスを無視しているのは
トーマスのよからぬ噂を聞いていたからのようです。
メイソンが元ドリューの農場に越すことになり
デイジーとパットモア、アンディが手伝いに行きます。
だがメアリーは年を取ったメイソンに養豚はきつくないか心配になり
ブランソンとともに様子を見に来ます。
メイソンは養豚には自信があると断言。
それでも不安な時はアンディが自ら手伝うと立候補します。
農業を学びたいアンディにまず理論から入るよう
メイソンはアンディに何冊か本を貸します。

アンディが部屋でイラついているのが気になったトーマスが覗いてみると
アンディは本が読めずにイライラ。
トーマスはアンディが字が読めないことを察し
こっそり字を教えてあげることを約束します。
アンディは今までの不愛想な態度を詫びます。

デンカーはクラークソンが病院統合派に賛成したことを知り
バイオレットを裏切るとはとんでもないと食って掛かり
クラークソンと罵り合います。
それからバイオレットにクラークソンから手紙が来て
デンカーの失礼なふるまいを知ったバイオレットは
デンカーにすぐ屋敷から出ていくように命じます。
クビになっては困るデンカーは
スプラットのおいの逃亡生活を黙っているのを交換条件に
クビにしないようスプラットからバイオレットに頼むよう取引を持ち出します。
仕方なくスプラットは頼みに応じ
デンカーの首はつながりました。
それにしてもデンカーはなかなかの策士です。

保健大臣が屋敷に来て夕食会が行われることになりますが
ロバートはこのところ体調がすぐれません。
無理して席に着き、それぞれの意見を聞いていると
突然吐血。
それも相当派手に吹き出して倒れました。
目の前にクラークソンがいるので適切な指示を出し
すぐに救急車を呼び、病院に搬送されます。
この頃すでに救急車があったんですね。
コーラとメアリー、イーディスは病院へ。
ブランソンは屋敷に残ります。
手術は成功し、交替で看病に行くことになりましたが
メアリーはいよいよ自分とブランソンで
屋敷を切り盛りしていかなければならないことを実感します。
さらにメアリーは小耳にはさんだマリゴールドの話題が気になります。

次回予告で吐血シーンをばっちり見せてくれたので
いったいどこで?と心配していたら最後でした。
またもやネタバレ激しすぎでしたが
ロバートの胃潰瘍が破裂したんですね。
医者の統合問題なんかよりもっと早く
医者に診てもらっていればよかったのに。
とにかくロバートに無茶は禁物です。

メアリーとブランソンを見ていると
まるで本物の姉弟のようで
言いたいことが言える仲でいいなぁと思います。
ブランソンが帰ってきて本当に良かった。
ところでメアリーもイーディスも新たな恋が始まりそうなのに
ブランソンはこの先もずっとシビルの思い出とともに生きていくのかな。
恋愛未遂?は過去にもあったけど
もう新しい出会いもOKだと思うんですけど。
でもそれよりダイエットが必要かな…
とブランソンを見るたびに痛感するのでした(苦笑)

Downton Abbey S6-#4 「執事代行」

カーソンとヒューズが新婚旅行に行ったので
トーマスが執事代行を務めることになります。
最近沈みがちなトーマスも執事らしく偉ぶっていて
かつてのトーマスが戻ってきたかも。
ブランソンは再び領地の経営にかかわることにしますが
アメリカで資本主義を見てきて
何か新しいことにチャレンジしたい思いもあるようです。

ウィリス巡査部長がまたダウントンに現れ
バクスターに会おうとします。
モールズリー立会いの下で話を聞くと
ピーター・コイルを有罪に持ち込むために
バクスターに証人になってほしいとのこと。
裁判まで続くと人目にさらされることになり
バクスターは躊躇します。
だがモールズリーは正しいことを行うべきだと主張。
これ以上被害者を増やさないようにとウィリスにも説得され
バクスターはようやく証言することに同意します。

病院の統合問題で窮地に立たされているバイオレットは
シャクルトンの助けを求めます。
シャクルトンはおいのヘンリーとともにダウントンに現れ
メアリーはヘンリーと予期せぬ再会を果たします。
ヘンリーはカーレースに出るために同行していて
メアリーに積極的に迫ってきます。
というわけでまたL&O UKのチャンドラーが復活。
バイオレットに丸め込まれるかと思いきや
ディナーの席では中立的立場にいて
イザベルやコーラの攻撃に遭ったバイオレットは
ますますイライラしていました。
そしてヘンリー、気品高くて素敵です♪

ロザムンドもダウントンに来て
知り合いの夫婦をダウントンに招待します。
ジョンとグウェンのハーディング夫妻ですが
グウェンは戦前、ダウントンでメイドをやっていました。
S1で秘書になりたくて勉強していた、あのグウェンです。
使用人たちはすぐにグウェンに気づきますが
伯爵家の人たちはどこかで会った?くらいの印象しかなく
グウェンも素性を語ろうとしませんでした。
すると食事の席でトーマスがグウェンがメイドだったことをバラし
それならと自分でグウェンは過去を語りだします。
グウェンは電話会社の秘書となり、成功を収めたわけですが
秘書に慣れたのもシビルの協力があってのこと
どれだけシビルに助けられたか、グウェンがシビルについて語り
みなシビルを思ってしみじみします。
ブランソンの表情が切なかった…

デイジーはメイソンが農場を引き継げると
コーラに約束してもらったと信じていましたが
ロバートの計画では自由契約で家を貸したほうが儲けが出ると
メイソンに渡すことを考えていないようです。
デイジーはコーラとの約束が白紙に戻されることに怒り心頭。
ブランソンに打ち明けると何とかすると答えてくれます。
でも怒りが収まらないデイジーはクビになるのを覚悟で
コーラに直談判しようとしていました。
その頃上でも農地の件が話題になり
ブランソンの口添えもあってロバートは納得。
デイジーがコーラに怒りをぶつけようとすると
コーラは農場をメイソンが引き継げるようになったと伝えます。
デイジーは寸前で助かりました。

アンナは時々腹痛に悩まされていましたが
メアリーの部屋で激痛が走り
メアリーはすぐにロンドンへ連れていき
診断を受けさせることにします。
夜中の出発ですが、自分が病院に行くふりをして。
ブランソンには真実を打ち明け、車を出してもらいました。
アンナはまだベイツに、妊娠を伝えられずにいます。
ロンドンで早朝に医者の診断を受け
アンナは流産を免れます。
メアリーは車のマニアのクラブでヘンリーと会い
ヘンリーはあれこれメアリーに質問してきます。

カーソンとヒューズが新婚旅行から戻ってきて
使用人の食堂でパーティーが開かれます。
伯爵家の人たちも降りてきて参加。
バイオレットは超久々に下に来たようです。
ベイツはアンナの秘密にうすうす気づいていて
流産しなかったことを知り喜びます。
そしてMr.&Mrs.カーソンとは呼びにくいので
ヒューズは今まで通りヒューズと呼ぶことが決定。
カーソンは新居に入る前に
かつての自分の部屋を点検します。

Downton Abbey S6-#3 「晴れの日に」

カーソンとヒューズの結婚式の日が迫っていますが、ヒューズは浮かない顔。
コーラがヒューズに問いただすと、ついにヒューズは自分なりの披露宴を行いたいと話します。
お屋敷とは別の場所で、大勢の人を招いて、テーブルには食べ物がたくさん並んで
できれば学校のようなところがいいと。
メアリーはまるで理解できない様子でしたが、コーラは納得。
ヒューズの願いが叶うことになります。
ヒューズは茶色のドレスを直して着るつもりでしたが
パットモアがカタログ通販を紹介します。
この時代から通販があったんだ!

トーマスは新たな就職先を物色。
由緒あるお屋敷の仕事を見つけ面接に行くと
屋敷はボロボロ状態。
領主はいるものの、通いのメイドが来てるだけです。
領主はお屋敷がいかに立派だったか
著名人が来ていたと自慢しますが
いまさらどうにもならず、トーマスはさっさと辞退します。

病院の統合問題ではイザベルとコーラが
バイオレットと対立。
全く妥協点が見つからず
バイオレットの立場がどんどん危うくなっていく感じです。
バイオレットの屋敷では、スプラットに何か秘密がある様子。
デンカーが探ろうとしますが、スプラットは隠し通します。
ところが警官が来て、
スプラットの甥が罪を犯して収監されていたけど脱走しているようで
甥の情報を求めに来ます。
そういえばガサガサ音がしていたけれどとデンカーは気にします。

イーディスはロンドンで、雑誌を仕上げて印刷所に送らなければなりませんが
役に立たない編集者をクビにしてしまいました。
その前に偶然会ったバーティーとお茶を飲む約束をしていたのに
それを返上して徹夜仕事をしなければならなくなってしまいました。
イーディスはルールズで待っていたバーティーに断りに行くと
バーティーが編集室に来て手助けをしてくれたので
何とか編集が間に合いました。
ルールズはロンドンのガイドブックにも載ってる名店です。
立派すぎて近寄れなかったけど(苦笑)

ヒューズのドレスが届いたけど
写真よりずっと地味でパットモアはがっかりします。
メアリーがブローチを貸してくれると言ってくれましたが
コーラのコートを借りてきたら見栄えがするかも。
メアリーがコーラに伝えると言ってくれたので
ヒューズとアンナ、パットモアがコーラの部屋でコートを物色していたら
何も知らないコーラが来てびっくりし、怒り始めました。
3人が誤解を解くために説明。
メアリーもコーラに会えず伝えられなかったと話してコーラは納得。
今度は勘違いして怒ったことを詫び、
コートを直して着るようプレゼントしてくれました。

カーソンとヒューズの結婚式。
いつもの教会で厳かに式を挙げた後は
伯爵家も使用人も、みんな一緒に楽しんでいます。
デイジーはメイソンの仕事が決まったと思い込んで
コーラに感謝していますが、それはまだでした。
さらに素敵なサプライズが!
ボストンからブランソンとシビーが戻ってきたのです。
ボストンでうまくいっていないという手紙が届き
メアリーは気にしていましたが
ブランソンはまたダウントンに戻って
みんなと一緒に生活したいと頼みます。
子供たちも大喜び。
めでたしめでたしでしたが
またさらにブランソンが巨大化した気がして…

downton6-3.jpg