INDEX    RSS    ADMIN

Downton Abbey S6-#9 「誠意の告白」

バーティーと別れたイーディスは
マリゴールドと共にロンドンへの移住を決意します。
イーディスがロンドンへ行くとロザムンドからホテルでのディナーの誘いがあり
イーディスが向かうとそこにはバーティーが待っていました。
二人を再会させたのはメアリーの計らい。
バーティーはイーディスを諦めきれず
バーティーの熱い思いを聞いているうちに
イーディスももう一度やり直すことを決意します。
マリゴールドの件についてぺラム夫人が文句を言えば
バーティーは親子の縁を切る覚悟でした。

イーディスの報告を聞いてロバートは大喜び。
早速両親で侯爵家を訪ねに行きますが
ぺラム夫人は屋敷と領地を維持していくために
イーディスにもそれなりのマナーを要求してきました。
イーディスはその場ではマリゴールドのことを話せません。
だがロバートらが戻った後
イーディスは意を決して娘のことをべラム夫人に告白します。
当然夫人は気分を害しますが
バーティーが母親にどのような態度をとるのか
イーディスの運命にかかわってきます。

ヘンリーはチャーリーの事故もあって
カーレーサーを辞めるつもりでした。
ダウントンの近くで何か仕事はないかと考えていますが
ブランソンと共に新たな仕事を見つけそうです。

カーソンが手が震えるようになり
給仕に支障をきたし始めます。
ヒューズは医者に見せるよう勧めますが
カーソンは父も祖父も同じ症状が出たと言いながらも
医者に行くことを拒みます。

トーマスが屋敷を去る日が来ました。
ロバート自ら、そしてメアリーやジョージもトーマスに感謝し
使用人たちも別れを告げます。
いろいろなことがあったけど
立派に成長しました。
最後にバクスターにかけた言葉も前向きだったし。
新しい職場はこじんまりとした屋敷で
トーマスには物足りなそうですが。

モールズリーには
教師の宿舎に空きが出るので
そちらに越さないかという話が来ます。
ダウントンが忙しい時には手伝いに来ることにして
モールズリーも屋敷を離れることにしました。
下の階はどんどん寂しくなってきます。
ついでにスプラットもイーディスからコラムの仕事を請け負いますが
事情を知らないデンカーは
スプラットが何をしているのかすごく気になっています。

アンディはデイジーのことが気になるけど
デイジーはアンディに興味なし。
でもウィリアムの時もそうだったと
デイジーはパットモアに指摘されます。
アンディはメイソンの家で熱心に働いているし
いずれデイジーと結ばれるのが順当では?

アメリアが突然イザベルに結婚式への招待を断ってきて
イザベルはその理由が気になりマートン卿に尋ねると
マートン卿は悪性貧血で
先が長くないことをイザベルに伝えます。
イザベルは友達でいることを確認し
マートン卿が医者に行くときも付き添いますが
それがアメリアには気に食わないようで
イザベルを締め出します。
イザベルはバイオレットに相談し
二人で行動に出ることになりそうです。

今回は本来は2時間枠でのクリスマススペシャル。
本国ではクリスマスのオンエアでした。
再来週(一週お休みなんですね)の後半が
まさにクリスマスエピとなるようで
クリスマスエピに不幸が訪れるわけがない。
(でもイギリス人は多少へそ曲がり?)
きっと素敵なフィナーレが待っていると思います。
最後をじっくり楽しみたいです。
スポンサーサイト

Downton Abbey S6-#8 「愛の交錯」

ブランソンはメアリーに
ヘンリーとの関係がこのままでいいのかを問いただしますが
メアリーはヘンリーには地位や財産がないからと
ことごとくヘンリーを否定します。
ついにブランソンも強情なメアリーに食って掛かりますが
メアリーも負けずに言い返すことに。
ブランソンはこちらに用事があったヘンリーを屋敷に呼びますが
メアリーとの仲は進展しません。
お互い愛し合っているのは確かなのに。
ヘンリーは翌朝さっさと帰ってしまいます。

一方バーティーの雇い主の侯爵が急死し
バーティーは急きょ爵位を継ぐことになります。
イーディスが結婚すれば、今の地位より上がることになり
ロバートはこれで安泰だと喜びます。
バーティーの身内は母親一人だけだそうで
バーティーは状況が変わったところで改めてプロポーズ。
イーディスも快諾しますが
マリゴールドのことを切り出せません。
すると朝食の席でいきなりメアリーが
マリゴールドはイーディスの娘だとバラしてしまいます。
メアリーだけが知らないはずだったのに
もちろんメアリーは感づいていて
だからこそストレートにぶつけてきたわけですが
バーティーはそのまま席を立って帰ることに。
婚約も破談となってしまいます。
バーティーが帰る前にイーディスに告げたのは
マリゴールドを受け入れられないわけではなく
イーディスが真実を話してくれなかったことが受け入れられないから。
真実を離せない人は信じられないということでした。
イーディスはショックでも
自分が蒔いた種だからどうしようもありません。
もちろんメアリーも事の重大さを察知し謝りますが
今更手遅れでした。

パットモアがオープンしたホテルの最初の客が
実は夫婦ではなく不倫関係であることが判明。
いきなり「不貞の宿」という噂が立ってしまいます。
出だしからつまずきがっくりしているパットモアに
ロバートとコーラは自ら宿を訪れ
宣伝活動を行うことを提案。
だがカーソンは渋い顔をしています。
そんなカーソンに対しロバートは
今までパットモアが屋敷のために尽くしてくれたことを感謝
ホテルでのティータイムを実現させました。

モールズリーは学校で教え始めましたが
生徒たちは話を聞かず四苦八苦します。
バクスターのアドバイスを受け
モールズリーは自分の身の上を話すと
屋敷の使用人が教えてくれていることに生徒たちも共感し
学習に集中して取り組めるようになりました。

トーマスはまた不採用の通知を受け取り沈んでいます。
そして風呂で手首を切って自殺しようとしますが
異変に気付いたバクスターがアンディらと助け出し
トーマスは意識を失っただけに留まりました。
トーマスの自殺未遂は一部の者だけの秘密となりますが
メアリーがジョージを連れてきて
ジョージがトーマスを励まします。

イザベルはアメリアと会い
結婚式に招待された件について
ラリー本人から考えを聞きたいとくぎを刺します。
さすがイザベル、言いたいことははっきりと主張しています。

ショックが大きすぎたイーディスはそのままロンドンへ
雑誌の編集室に向かいますが
向こうでは人気コラムニストが来るのを楽しみにしていました。
いったいどんな人物なのか。
その姿を見てイーディスはびっくりします。
なんとコラムニストはスプラットでした。
モールズリーといい、スプラットといい
すごい才能の持ち主だったんですね。

ブランソンはついに帰国したバイオレットを屋敷に呼び寄せ
メアリーの説得を頼みます。
メアリーもバイオレットの前ではついに本音を吐露。
メアリーにはマシューを交通事故で失ったことが大きな痛手で
今度はヘンリーが事故を起こさないかと
それが一番の心配事でした。
でも愛しているなら思いを貫かなくては。
メアリーはマシューの墓へ出向いて
ヘンリーとのことを告げると
傍らで見ていたイザベルも祝福してくれます。

こうしてようやくメアリーもヘンリーのプロポーズを受け入れ
即結婚への運びとなりました。
何度もどんでん返しがあって大変だったけど
まずはめでたしめでたし!
あとはイーディスが幸せになれれば何よりです。
ブランソンの活躍ぶりが素晴らしかった♪
こんなに頼りになる弟がいて
メアリーも本当にラッキーだったよね。
しつこいようですがブランソンだって
新たな恋を見つけてもいいと思うんだけど
それはないのかな?

本編はこれで終了。
あとはS6番外編クリスマス・スペシャルが
前後編に分かれての放送となりますが
来週が都議選のおかげで急遽お休み。
早く続きが観たいのに残念です。
downton6-8.jpg
★これは今月のカレンダーの写真です。ナイスタイミング!

Downton Abbey S6-#7 「悲しみの決断」

ヘンリーとチャールズが出場するカーレースの日が近づき、
伯爵家の人たちは観戦に行くことになります。
病み上がりのロバートも無理をせずに同行します。

バイオレットはこっそりフランスに旅立つことにします。
気持ちを静めるには旅が一番だと判断したのですが
ロバートたちに知らせるのはまた後で。
でもバイオレットはマートン卿の息子の結婚式に
何故イザベルが招待されたのかが気になって
嫁となるアメリアに直接聞きに行きます。
するとアメリアはイザベルに
マートン卿の相手をさせたいと思っていることが判明。
いずれは介護のための相手探しかと理解したバイオレットは
腹を立ててアメリアを非難します。

伯爵家の人々が留守になるため
使用人たちも休暇が取れるようになります。
パットモアは手がけていたホテルが完成し
いよいよオープンすることに。
デイジーとモールズリーは学校で試験を受けます。
トーマスは就職先を探さなくてはならず
ヒューズはカーソンが自宅で夕食を食べるのが憂鬱です。

レースは大賑わい。
レーサーも応援にも気合が入ります。
それにしてもレーサーがスタートラインに並んで
走って車に乗り込んでスタートするのにはびっくり!
当時はそれが正式ルールだったのでしょうか。
何台もの車が参加しているため
途中でクラッシュする車もあります。
そんな中でヘンリーとチャーリーは順調に飛ばし
お互いに煽りながらもいい位置につけていましたが…

突然チャーリーの車がクラッシュ。
炎が上がっています。
車から降りたヘンリーが助け出そうとしますが
どうにもなりませんでした。
突然襲った悲劇にみな沈み
ヘンリーはすっかり落胆しています。

ヘンリーを夕食に誘うこともできず
みな重苦しい雰囲気で夜を迎えますが
ヘンリーからメアリーに電話がかかってきました。
憔悴したヘンリーはメアリーの愛がほしかったのでしょうが
メアリーはあっさりヘンリーに別れを告げてしまいます。
この状態で言わなくても…
相変わらずメアリーは鬼!ですよね。
ブランソンがそれでいいのかと諭すのに
聞く耳を持たず。
人生は苦労するもの、それはメアリーもよくわかっているはずだから
ブランソンはこの恋を大事にすべきだと思っているのに。
こんないい義理の弟がいるのに、もったいないな。

一方イーディスの恋は順調で
ついにバーティーがプロポーズします。
それはとても嬉しいことだけど
問題はマリゴールドのことをどう伝えるべきか。
とりあえず一緒に住みたいと提案すると
バーティーはOKしてくれます。
でも実の娘だと知った時の反応が怖いし
だからすぐにイエスと承諾できずにいます。

試験日のお昼に使用人たちが集まってピクニックしますが
すでに終わった試験の問題が難しかったとデイジーが言うと
その問題をアンディが読まされる羽目にあいます。
アンディが読めないとトーマスが代わりに読みますが
アンディは自分は字が読めず
トーマスに教わっていることを白状します。
すると校長がこの先文字を教えてくれると提案してくれます。
その後モールズリーはテストに合格。
学校で教師としての道を歩むことになります。
出てきたときは癒し系?お笑いキャラなモールズリーでしたが
実はとても優秀な人だったんですね。

ヒューズはパットモアの知恵を借りて作戦を開始。
手を怪我して台所仕事ができないと言って
食事の支度や洗い物を
すべてカーソンにやらせたのでした。
やったね!!
食事作りがいかに大変かカーソンも身をもってわかったはず。
もうわがままは言わないでしょう。
そしてパットモアのホテルは
順調な滑り出しです。

伯爵家の人たちがダウントンに帰ってくると
イザベルがバイオレットが旅に出たことを伝える手紙を持って待っていました。
さらにスプラットがバイオレットからロバート宛のプレゼントを持ってきてましたが
それは使用人の部屋で待ってしました。
子犬の登場にロバートは大喜び。
ロバートがワンコ好きなのがよくわかりました。
最後にほっこりいい気分になれてよかったです。

Downton Abbey S6-#6 「亀裂」

メアリーとブランソンは病院の資金集めのために
ダウントンの屋敷を一般公開することにします。
見せる部屋はごく一部だけですが
まだ静養中のロバートは気が進まないものの、メアリーの決定だから我慢
カーソンは村人を入れて物がなくならないかと心配をしています。

病院の統合問題に終止符が打たれ
クラークソンは統合の決定を伝えます。
その件にはイザベルもコーラも喜びますが
理事長はコーラに引き受けてほしいとのこと。
ここまでバイオレットを裏切ることになるとあとが大変だし
コーラは任務の重さを感じますが
すぐに返事をする必要もありロバートとは相談して
理事長の職を受けることにします。
だがバイオレットがロバートの見舞いに来た時
コーラはその話題に触れませんでした。
早めに手を打っておけばよかったのに。
タイミングって大事ですよね。

カーソンとヒューズの新婚生活は
カーソンの注文がどんどん厳しくなり
ヒューズはうんざりしますが
さすがに大人ですからうまくかわしています。
公私の区別のつかないカーソンも
困ったものですが…

アンナの体調がよくなく
アンナは地元の医者に診てもらうつもりでしたが
メアリーがロンドン行きを計画。
メアリーにとってはヘンリーに会えるチャンスです。
結局ブランソンも付き合わされる羽目にあい
でもメアリーはあえて行くことをヘンリーに伝えず
ロンドンでの食事会でびっくりさせました。
仲間たちが集まっていましたが気を利かせ
メアリーとヘンリーは夜の散歩に出かけます。
ヘンリーがレースを見に来てほしいと誘ってもメアリーが乗り気でないのは
前の夫が交通事故で亡くなったから。
メアリーは車の恐怖を告白します。
でも世の中は車社会になっているのだし
車と上手に付き合っていかねばなりません。
さりげなくキスをして、メアリーとヘンリーの仲も一歩前進しますが
メアリーはダウントンから離れる気はありません。

デイジーは試験を受けることになり
モールズリーが引率しますが
校長はモールズリーに学校で教えないかと誘ってきます。
そのためにモールズリーも一般教養の試験を受けることになります。
そういえばモールズリーは「刑事フォイル」では子供たちに数学を教えていて
事件に巻き込まれてしまったんだっけ。
だんだんキャラがかぶってきましたよ。
メイソンがパットモアにお礼状を書いたり野菜を届けたり
二人のさらに大人の恋が花開きそうなのに
デイジーはかたくなに二人の邪魔をします。
自分がおいていかれるのが不安なのかな。

ダウントンの内覧会の準備に
ロンドンからバーティが訪れアイディアを出します。
バーティはなかなか使える男かも。
イーディスとの関係も良好ですが
マリゴールドの真実はどう伝えられるのでしょう。
そしてメアリーも何も知らないままです。

屋敷の内覧会は大盛況。
だが客たちの矢継ぎ早の質問に
伯爵一家は答えることができません。
普段なんとなく見ているものにどれくらいの価値があるのか
考えたこともないんですね。
寝ていたロバートも紛れ込んできた子供に
どうして普通の家に住んでいないのか聞かれて悩みます。
さらに屋敷に来たバイオレットは
コーラが理事長を継いだことにブチ切れ!
もし統合したとしても、当然自分の役割と思っていただけに
ショックは隠しきれません。
嫁姑問題が勃発しました。

パットモアはアンディがトーマスの部屋から出てくるのを発見。
気にしてカーソンに伝えます。
カーソンも同様の場面に出くわしアンディに尋ねると
アンディは本を借りたとごまかします。
その前から副執事の仕事はいらないと
トーマスに就職活動を勧めていたカーソンですが
今回のことを厳重注意し
クビを言い渡そうとする勢いでした。
トーマスが何をしていたのかも聞かずに。
確かに過去のトーマスの問題行動の数々は許されなかったけど
今は誠実に働いているじゃないですか。
それなのに全く弁解の余地も与えないなんてひどすぎる。
残されて一人涙するトーマスが
気の毒すぎました。

Downton Abbey S6-#5 「激震」

バイオレットは病院統合の件で
遠い血縁関係にある保健大臣を味方につけようとします。
そこでこちらに用事がある保健大臣に
ダウントンの夕食会に招くことにします。
ロバートもコーラも、まさか大臣が訪れるとは思っていませんでしたが
本決まりになりそうです。

メアリーはヘンリーのカーレースの試乗見学に招待され
ブランソンと一緒に見に行きます。
ブランソンは運転手でしたから車には興味津々。
ダウントンの敷地の一部に自動車整備場を作りたいと考えていました。
見学の後は3人でパブに行き
ヘンリーとメアリーは次のデートの計画を立てますが
まどろっこしいのでブランソンが直接ご指導。
自分たちのことだから二人で決めればいいんだよね。

イーディスはロンドンへ出向いて
雑誌の女性編集者の面接を行います。
それからバーティーと食事&ダンスの夕べ。
さらに親密になりキスする関係に。
メアリーもイーディスも新しい恋が始まりそうです。

ウィリスが迎えに来て
バクスターは証言しに法廷に行くことになり
モールズリーが付き添います。
ところが被告があっさり有罪を認めたため
バクスターは証言の必要がなくなり、
ちょっと拍子抜けでした。

新婚生活の始まったカーソンとヒューズですが
ヒューズはパットモアから食材を分けてもらって
自宅で夕食を作ります。
だがカーソンの口には合わなかったようです。

アンディがトーマスを無視しているのは
トーマスのよからぬ噂を聞いていたからのようです。
メイソンが元ドリューの農場に越すことになり
デイジーとパットモア、アンディが手伝いに行きます。
だがメアリーは年を取ったメイソンに養豚はきつくないか心配になり
ブランソンとともに様子を見に来ます。
メイソンは養豚には自信があると断言。
それでも不安な時はアンディが自ら手伝うと立候補します。
農業を学びたいアンディにまず理論から入るよう
メイソンはアンディに何冊か本を貸します。

アンディが部屋でイラついているのが気になったトーマスが覗いてみると
アンディは本が読めずにイライラ。
トーマスはアンディが字が読めないことを察し
こっそり字を教えてあげることを約束します。
アンディは今までの不愛想な態度を詫びます。

デンカーはクラークソンが病院統合派に賛成したことを知り
バイオレットを裏切るとはとんでもないと食って掛かり
クラークソンと罵り合います。
それからバイオレットにクラークソンから手紙が来て
デンカーの失礼なふるまいを知ったバイオレットは
デンカーにすぐ屋敷から出ていくように命じます。
クビになっては困るデンカーは
スプラットのおいの逃亡生活を黙っているのを交換条件に
クビにしないようスプラットからバイオレットに頼むよう取引を持ち出します。
仕方なくスプラットは頼みに応じ
デンカーの首はつながりました。
それにしてもデンカーはなかなかの策士です。

保健大臣が屋敷に来て夕食会が行われることになりますが
ロバートはこのところ体調がすぐれません。
無理して席に着き、それぞれの意見を聞いていると
突然吐血。
それも相当派手に吹き出して倒れました。
目の前にクラークソンがいるので適切な指示を出し
すぐに救急車を呼び、病院に搬送されます。
この頃すでに救急車があったんですね。
コーラとメアリー、イーディスは病院へ。
ブランソンは屋敷に残ります。
手術は成功し、交替で看病に行くことになりましたが
メアリーはいよいよ自分とブランソンで
屋敷を切り盛りしていかなければならないことを実感します。
さらにメアリーは小耳にはさんだマリゴールドの話題が気になります。

次回予告で吐血シーンをばっちり見せてくれたので
いったいどこで?と心配していたら最後でした。
またもやネタバレ激しすぎでしたが
ロバートの胃潰瘍が破裂したんですね。
医者の統合問題なんかよりもっと早く
医者に診てもらっていればよかったのに。
とにかくロバートに無茶は禁物です。

メアリーとブランソンを見ていると
まるで本物の姉弟のようで
言いたいことが言える仲でいいなぁと思います。
ブランソンが帰ってきて本当に良かった。
ところでメアリーもイーディスも新たな恋が始まりそうなのに
ブランソンはこの先もずっとシビルの思い出とともに生きていくのかな。
恋愛未遂?は過去にもあったけど
もう新しい出会いもOKだと思うんですけど。
でもそれよりダイエットが必要かな…
とブランソンを見るたびに痛感するのでした(苦笑)