INDEX    RSS    ADMIN

Tyrant S3-#10 「アルファイードの危機」

ファイナルエピソード。
架空の国の話だとはいえ
中東情勢の難しさを実感させられました。

投獄されたダリヤをモリーがいたぶり
独裁者の妻としての威厳を見せたのか
夫を寝取られた妻の嫉妬心なのか
モリーの脅しっぷりが怖かった。
そしてバリーもダリヤとの愛を確かめながらも
ダリヤを許すことはなく
しかしエクスリーはSNS等で支持されている
ダリヤを使えると踏んでいます。

結局アルカディは殺害されますが
レイラは着々と選挙運動を続けます。

学生たちの集会で軍隊に発砲したために
軍が反撃。
激しい銃撃戦が起こります。
サミーも背中を撃たれて倒れ
ハリマが助けを呼んでいたらエルミアンがいて
サミーを病院へ運んでくれます。
病院に駆け付けたバリーはエルミアンの姿を見て
また腹を立てていたけどハリマが説明し
エルミアン自身がサミーの恋人だと宣言。
サミーの命は助かりますが
医師は後遺症が残るかもと説明します。
子供たちが次々に犠牲になり
本当につらい話だけど
サミーとエルミアンの関係が
ちょっと進展したのはうれしかったかな。

軍部のトップのマルーフがついにブチ切れ。
今までバリーが大統領になってしまったから
仕方なく従がっていたんですね。
でも仕上げたスピーチをそのまま読んでもらうとバリーに突き付け
アメリカ人にはこの国は任せられないと
これが彼らの本音なのでしょう。

レイラが大統領に。
彼女を支持する人々は喜んでいたけれど
問題が片付いたわけではなく
この先も大変だと思います。
そしてアハメドがバリーにプレゼントだと
ジャマルと同じサイズの肖像画を作らせ
宮殿に飾ります。
よく似ているとアハメドが言った通り
結局バリーもジャマルと同じアルファイードだったんだよね。
バリーにとっては背負わなければならない運命だったのかもしれないけれど
巻き込まれた家族は気の毒でした。

犯罪捜査ドラマでは
あっさりテロリスト扱いされがちの中東の人たちですが
彼らが主人公のドラマではまた見方が違ってくる。
そんな意味でも新鮮なドラマでした。
これでみんなアラビア語を話していたら
もっとリアリティあったのかもしれないけれど
それではこっちが聞き取れないし…
ともあれ貴重な体験をさせてくれた
huluに感謝です。
スポンサーサイト

Tyrant S3-#9 「強い信念」

モリーが戻ってきてから
バリーの思いは復讐一筋に?!

アブディンとカリフェイトは戦闘状態に突入。
バリーは大統領選挙を延期することにします。
ファウジがバリーに反対する主張を唱えると
バリーはファウジを反逆罪で捕らえると宣言。
かつての大親友はこうして決裂することに。
ダリヤはファウジを国外に逃がすことを考えますが
ファウジはダリヤとガニに一緒についてきてほしいと頼み
3人で国境を超えることにします。

だが途中でダリヤはガニをファウジに残し
国に留まり信念を貫くことを決意します。
戻ってきたダリヤは民衆にアピールし続けますが
モリーがダリヤを宮殿に呼びます。

モリーはズバッとダリヤの浮気を指摘。
モリーの厳しい口調にダリヤがに反撃できずにいると
そこにバリーが現れ一触即発?と思いきや
バリーはダリヤを逮捕すると言い出します。
バリーにとってはダリヤとの愛より
エマのリベンジが重要事項なんでしょうね。
モリーにも逆らえないし。
なんとも危険な状況になってきました。

アルカディと組んでいるレイラも
アルファイードの一族であることを捨てて
政府に反対の立場をとり続け
アハメドとの親子関係も決裂しています。
むしろアハメドとサミーの異母兄弟の方が結束が強くなっているけど
アハメドがバリーの息子であることをモリーには伝えられないし
モリーが知ったらどうなっちゃうんでしょう。

アルカディの妻のナフィーサは
投獄されている兄に面会に行くと
夫を殺害するよう命ぜられます。
指定された薬局に行き毒薬を入手し
アルカディのお茶に毒薬を垂らしてサーブしますが
アルカディが飲む直前に
まずいから飲んじゃダメとお茶を奪います。
するとナディーフの企みがわかったアルカディは
逆にナディーフにそのお茶を飲むように強制
どうなるかハラハラしたけど
ナディーフはお茶を飲むことなく一件落着。
夫婦の愛が勝ちました。

アブディン立て直しに巻き込まれたバリーが
国民の信頼を得てうまく国をまとめたのに
やはり頂点に立つとうまくいかず
結局ジャマルの二の舞を踏むことになったら悲しいです。
とはいえ次回がファイナル。
何らかの結論が出されると思いますが
どうなることやら。

Tyrant S3-#7 「根強い復讐心」

バリーは血に染まった服を着たエマの亡霊に悩まされ
悪夢にうなされます。
選挙を二ヶ月後に控え、ファウジは今の政権を引き継ぎながらも
新たな政策の投入を訴えます。
一方レイラは選挙戦を降りたアルカディと組むことを提案。
自分が大統領になりアルカディを首相にすることで
多くの支持者を得られるとアルカディに持ちかけ
共同で選挙戦に臨むことにします。

レイラとコグスウェルの密会の様子を撮っていた男が
写真を送ってきて金を要求。
レイラの妹のソフィアが対応し、男に金を渡します。
その場面を盗み見ていたコグスウェルが男を追い
PCを取り上げようとして男を投げ飛ばしたとたん
男は死んでしまいます。
コグスウェルは事故だったとレイラに説明しますが
写真のゆすりはソフィアが
レイラとコグスウェルとの関係を思いとどまらせようと仕組んだことでした。
ソフィアとレイラの関係も悪化します。

カリフェイトのリーダーのシークは
イハブに近づいてきた女学生のマディヤとの結婚を勧めます。
まだ喪中だと言っていたイハブも納得。
その過程を盗聴していた米軍は
結婚式を襲撃することにします。
そして式の最中に建物を爆破し
シークが犠牲となります。
生き残ったイハブはカリフェイトを仕切り
アブディンとの戦いを宣言します。

エルアミンのブログが閉鎖され
学生たちは不審がります。
サミーはエルアミンを待ち伏せていると
エルアミンが妻子とともに現れ
妻はエルアミンがドバイで新たな職を探していることを伝えます。
学内でもう一度サミーはエルアミンに詰め寄りますが
エルアミンはアブディンがいかに危険であるか
そして自分はゲイではないと言い切りサミーを突っぱねます。

バリーはレイラがイハブと抱擁し合っていたアルカディと組むことを許せず
自分の前から姿を消すように命じます。
だがレイラはバリーとつながりがあることをほのめかし
アハメドがバリーとの間の子供であることを告白します。
レイラは出ていきますが
その後バリーのところへ来たアハメドを
息子として受け入れます。

大統領が決まった時米軍はどう出るのか
複雑な立場に立たされていますが
その前に戦争が今にも勃発しそう。
先の見えない展開です。

Tyrant s3-#6 「真実と尊厳」

アブディンでは反対勢力派と軍隊との衝突があちこちで起きています。
ファウジは突然ダリアにプロポーズ。
こんな時だからシングルマザーは危険だし
時間も場所も選べないというファウジの素直な思いでした。
ダリヤは当然バリーのことは話せず、答えも出せずにいます。

真実尊厳委員会の会場にテロリストが潜入。
突如銃を発射し多くの犠牲者が出ます。
ダリヤはかろうじて難を逃れましたが衝撃は大きく
バリーはテロリストの排除を約束します。
だがバリーの力で制圧しようとする様子に
ダリヤは不安を覚えます。

エルアミンが反対勢力派のブロガーで危険人物だとして連行され
宮殿に連れてこられます。
その様子を盗み見ていたサミーはてっきりハリマがチクったと思い
後でバリーに説明しようとしますがバリーはふたりの関係を知らず
サミーは墓穴を掘ってしまいました。
バリーはエルアミンと付き合うことの危険を指摘すると
サミーも負けずにダリヤとの浮気を非難。
どちらも事実なので否定もできず
サミーは腹を立てて出て行ってしまいます。
サミーはバリーにバレたことをエルミアンに話すと
今度はエルミアンが激怒。
ふたりの関係は暗礁に乗り上げそうです。

レイラは真実尊厳委員会を復活させ
その際は最初に自分が出ると宣言します。
さらに大統領に立候補するために外務大臣の辞任を決意。
バリーに無断で行ったことにバリーは立腹します。
レイラは宮殿を去りますが、バリーとの協力を誓ったアハメドは残り
軍で働くことにします。

ファウジはバリーにダリヤにプロポーズしたことを話します。
バリーはさりげなく会話を進めながら
ダリヤの反応を尋ねます。
何も知らないファウジが本当に気の毒ですが
その後バリーはダリヤにプロポーズの件について質問。
真実の愛を求めて激昂するダリヤに
バリーは「愛している。」とすがりますが・・・

平和な世界を追求していきたいアルカディは
危険を承知でイハブに会い、手を組もうと考えます。
そして単独でカリフェイトの中に乗り込んでいきます。
イハブはアルカディと対面しますが
イハブはアルカディを処刑するつもりでした。
だが首にナイフを当てられただけで、アルカディは帰されます。
その様子を政府軍は監視していて
アルカディは無事に帰宅できたものの、宮殿に連れてこられ
バリーからイハブに接触していたとして
大統領選への出馬を止められてしまいます。

レイラはバリーの行動を非難しますが
今度は彼女がコグスウェルの家に入っていく様子を
見張っていた者がいました。

カリフェイトの勢力は弱まらず
バリーの立場は難しくなっていき
力での制圧が強くなってきています。
追放されたバリーが生還した時の
人々の彼への信頼は消え去ってしまっているみたいで
これではジャマルが統治していた時と変わらなくなってしまいますよね。
この混乱をどう収めていくのか。
残り4話なのに、とても心配です。
本当にダリヤと浮気している場合じゃないと思うんだけど・・・
モリーが戻ってきたらどうするんだ?
レイラとコグスウェルの関係も暴露されそうだし。
そしてイハブの動きも気がかりです。

Tyrant S3-#5 「苦境」

アルカディ、ファウジ、レイラはそれぞれ大統領選挙に向けて動き始めますが
アルカディは米軍の援護を受けて力で制圧しようとする現政府を非難
アブディンに平和をと訴えます。
ファウジはダリヤの協力のもとに演説に力が入ります。
レイラは女性たちの支持を得ようとしますが
今まで何もしていなかったことで苦戦を強いられます。

大学でテロ未遂が発覚。
祈祷室に爆弾が仕掛けられていたことが判明します。
イスラム教徒にとってはなくてはならない祈祷室ですが
テロのターゲットになる危険性が考えられ
祈りは中庭の広場でも可能だと
バリーは祈祷室の閉鎖を命じます。
すると学生たちは抗議を始め
アルカディも同調します。
中庭に集まり抗議の声を上げている学生たちと
武装した兵士たちが危うくぶつかりそうに。
その様子を見に来たサミーをハリマが見つけ
サミーを避難させます。
そのときハリマはサミーがエルアミンと一緒だったことを知ってしまいます。

モリーの体調はさらに悪化。
本人の希望もあって、療養施設に入ることになります。
宮殿に残ったバリーとサミーも憔悴状態。
サミーが宮殿の庭で座っているとアハメドが近づいてきて
二人は一服します。

ダリヤが宮殿を訪ねてきてバリーと話しているうちに
二人の想いが高まり、ついに一線を超えてしまいます。

バリーは彼なりに精一杯やってはいるものの
やはりアメリカ人の大統領と言われ
民衆の信頼を得るのは難しいです。
レイラもまた自分の過去が
彼女の出世欲を邪魔しています。

アハメドがサミーに近づいたのは
兄弟としての親近感を持ったからでしょうが
サミーは全く知らないまま。
お互い辛い思いをしているし
助け合えるといいけれど。
そしてエルアミンとの恋愛関係が暴露されたら
サミーの立場はますます危険になってしまいます。
でもサミーは自分らしく生きたいんだろうな。

そしてついにバリーとダリヤが!
バリーの逃亡生活時代にダリヤが支えてくれた
そのことを思えば二人の接近も当然に感じられるけど
モリーが去ったとたんにいきなり?と
今まで家族を大切に生きていたバリーの急変がショックでした。
確かに辛くて慰めは欲しかったのだと思うけど。
そしてダリヤもファウジといい感じだったのに。
恋愛関係のもつれも気をつけて欲しいものです。