INDEX    RSS    ADMIN

英国男優のすべて

AXNミステリーのオリジナル番組
「英国男優のすべて」を観てみました。

英国男優特集を続けているAXNミステリーなので
今をときめく英国男優を掘り下げて解説してくれる番組なのかなと思っていたらそれは的外れで
いかにして英国の役者が育っていくのか
シェークスピアに始まるそのルーツから、
王立演劇学校(RADA)の指導法などについて紹介する番組でした。
だから俳優情報はごくわずかです。

演出家の鴻上尚史による解説は具体的でわかりやすく
とても勉強になりました。
舞台と映画、TVドラマの違い
映像はカットでクローズアップできるけど
舞台は俳優の全てが観られています。
日本のテレビドラマはイケメンや美人さんばかりという話にすごく納得。
アメリカも多少その傾向ありますよね。
ところがイギリスは違うかも。
ドラマを観ていても、一見冴えない人たちばかりで
でもその方が現実感あったりします。

RADAはシェークスピア劇で初めて映像が残っている
Herbert Beerbohm Tree という100年以上前に活躍した俳優が創立した学校で
卒業生にはそうそうたるメンバーが名を連ねています。
1年に28人しか採らないそうで、相当の狭き門。
そこで様々なことを学び、役者として巣立っていくのですね。
元学長さんが、卒業生たちについて語っていましたが
Matthew Rhysはラグビーが大好きなウェールズ人だったそうで
ブラシスのケヴィンからはそんな様子は全然伝わってきませんでしたが(笑)
「高慢と偏見、そして殺人」などを観ると
確かに正しい英国男優であることを感じます。

英国男優の目標はシェークスピアを演じること。
ゴールには「リア王」があり
それだけ奥深い戯曲なんですね。
Cumberbatchの「ハムレット」は
ナショナル・シアター・ライブの上映で運良く観ることができましたが
本物の舞台を観ることができたらすごいことなんだろうな。

余談ですが番組で紹介していた
Kenneth Branaghが主宰する劇団が公演していたギャリック・シアターは
去年ロンドンに行ったとき「Let It Beを」観たところで
懐かしくなりました。
スポンサーサイト

X Campanyの素敵なゲストたち♪

戦後70年特集で刑事フォイルを筆頭に
AXNミステリーのスパイ関係ドラマをあれこれ観ていて
頭の中がすっかりスパイモードです。
そういえばNHKのシーラもスパイ度強くなってきたし。
さらに一昔前の歴史ものばかり観ていると
今の時代のものはとりあえずOKとして
近未来ものはどうでもよくなってしまいます。
フィクションであったとしても、過去の史実に基づいた話の方が説得力があるというか
やっぱり現実離れしているものは苦手なんだなと実感。

AXNミステリーで全8話一挙放送したX Campany。
まだ前半4話しか観ていませんが、なかなか面白いです。
第二次世界大戦時に、カナダのオンタリオ湖畔に実在した連合国の極秘スパイ養成所「キャンプX」で
訓練を受けた若きスパイたちの戦いの様子を描いたドラマ。
共感覚者でずば抜けた記憶能力を持つアルフレッドが、
キャンプXで訓練を受けるところからドラマが始まります。
訓練を受けたスパイたちは、レジスタンスに手を貸すなどしながら
ナチス・ドイツの作戦を阻止するために戦っていきます。
それぞれのエピソードも興味深いんですが、ゲストが素晴らしい!

#1 「悲しきレジスタンス」のFrancois Arnaud
スパイのチームリーダーのルネ役でボルジア家のチェーザレ登場♪
同じくチームのオーロラの恋人で、頼りになる存在です。
橋の爆破計画を遂行しますが、ハリーが仕掛けた爆弾スイッチが上手く起爆せず
ルネは体を張ってナチスに抵抗
撃たれて、川に流されてしまいます。
現代に蘇るチェーザレの勇姿をもっと観たかったのに!
あっという間に散ってしまって残念でした。

xcampany1.jpg

#3 「死の接吻」のAndreas Pietschmann
GSG-9のコニーが出てきたのでビックリ!
まさかカナダドラマにといってもナチス・ドイツの将校たちはきちんとドイツ語を話し
ドイツ人が演じているわけで・・・素晴らしいです。
久々に姿を拝んで、オヤジ度はアップしてたけどその美しさは健在♪
でもナチスですからいくら美しくても先が見えてるわけで(泣)
コニーらしい役どころだったのが幸いでしょうか。
彼の役目はブリーダー。
相変わらずの美貌で女性を口説いてますが、実は拷問のプロでして
オーロラは彼と一体一で向き合った時
こっそり毒薬を口に含みキスをします。
まさに死の接吻。
そのままコニーは泡を吹いて死亡。
ナチスだから仕方ないけど情けなかったです。

xcampany2.jpg

Matthew Rhys祭り

2週にわたってMatthew Rhys祭り!
今までブラシスのケヴィンとしての彼の姿しか知らなかったし
ケヴィンとスコッティの関わりが大好きで、その部分に夢中になって観ていたので
ケヴィン以外のMatthewを観るのが不安だったんですけど…

まず「エドウィン・ドルードの謎」(The Mystery of Edwin Drood)
ディケンズの未完の推理小説のドラマ化ということで
謎の部分も解明された作品になっています。
こちらでのMatthewの役は大聖堂の聖歌隊長ジャスパー。
だけどアヘン中毒でぶっ飛んでいるときが多くてとんでもないオヤジです。
そんなジャスパーのところに甥のエドウィンが訪ねてきて
婚約者のローザと親しくしています。
そこにセイロンから双子の孤児が来て、男性の方のネヴィルがエドウィンとトラブルを起こした後
エドウィンが姿を消してしまいます。
ジャスパーは自分がエドウィンの首を絞めたという妄想に囚われます。

ジャスパーはアヘン中毒ですから、どんどん様子がおかしくなってきます。
エドウィンのおじなのにローザに恋してるし
そして彼の妄想は父と家族の出生の秘密に絡んできて
ミステリーを解く面白さと不気味さが合わさっていく中で
自分が殺したと思っていたエドウィンが姿を現してからの
ジャスパーのうろたえぶりが壮絶でした。
Matthewを観るにはかなり重たくて辛かったかな。

そして「高慢と偏見、そして殺人」(Death Comes to Pemberley)
「高慢と偏見」があまりにも有名で、しかもColin Firthのイメージが染みついているので
正直どうなのかなと思いましたが
黒猫探偵社の先行上映会で1話目を観て大満足。
続きを観るのがとても楽しみになりました。
第2話はデニー大尉の殺害をめぐり、最初に自白したウィッカムが逮捕される中
ハードキャッスル判事を中心に死因の特定が行われます。
そして法廷で検視審問が開かれ、これが罪状認否みたいなものでしょうか。
合わせてエリザベスが顔を出していた離れにいた赤ん坊の母親が使用人のルイーザだとわかり
しかも赤ん坊の父親は偽りの名前を名乗っていたウィッカムと判明。
話が複雑化しながら法廷場面へと持ち込まれる展開は、まるでL&O前半ですよね。

第3話は法廷中心。
ウィッカムは赤ん坊を妹に託そうとして
ルイーザに金を渡して赤ん坊を引き取るつもりだったんですが
いざとなったらルイーザに拒否されてしまいます。
この企みにフィッツウィリアム大佐が絡んでいたことを知ったダーシーは
今までの大佐を尊重する態度をがらりと変えて
大佐と妹のジョージアナを結婚させるつもりだったのも白紙に戻します。
ジョージアナを愛していたのに諦めさせられた弁護士のアルヴェストンは法廷で活躍。
証言者への検察側の激しいツッコミを夢中で阻止していました。
でも法廷でのハードキャッスル判事の証言は結構曖昧だったよね。
それでも陪審員はウィッカムの有罪を決定。
ウィッカムは一人自分は無罪だと訴え続けますが
有罪判決を受けたら即縛り首なのが、この時代のお約束なのか。
でもエリザベスはウィッカムはやっていないと信じて奔走。
離れに住んでいてもう死にそうなウィルが知ってるとウィルを訪ね
真相を聞き出します。
結局はウィルの誤解+事故でウィッカムの無罪が証明されます。
めでたしめでたし。

ということでこちらのダーシーのMatthewは安心して観ていられました。
本来彼もイギリスオヤジなんですから、
こうやってイギリスドラマでの活躍を楽しめるのが理想だなと思っていたら
またアメリカドラマに戻ってるんですね。
しかもタイトルがThe Americansで相手役がフェリシティじゃないですか。
舞台は80年代で二人はこっそりソビエトのスパイ?
かなり面白そうなんですけど、これって日本上陸しないのかな?

Endgame #9 「Huxley, We Have a Problem 」

Endgameも終盤に入ってきましたが…

ハクスリーホテルにバラガンのロシア時代のルームメイト
兄貴的存在のオルグがやってきます。
彼はロケットでの宇宙旅行を企画する会社のパイロットで
ホテルでプロモーションを行うために来たのですが
ほどなくして技術者のチーフのランドールが
屋上から望遠鏡と一緒に墜落して死亡します。
同僚のタイラーはその時間バーにいたのでアリバイがあり
オルグが容疑者のレッテルを貼られます。

オルグもなかなか素敵なオヤジでしたが
遠くにいても目立っていたのがタイラー。
彼もパイロットだけど会社の看板的存在で
シリアルのパッケージに顔が載ってるんだそうで
すごい!
と思ってよくよく観たらSebastian Spenceじゃないですか!!
久々にイケメンな役どころで、大喜びしてしまいました。
最近(といってもずいぶん前)に観たSebastianはCamelotだったかな。
あまりにもオヤジ臭い役で、ちょっと寂しかったですが
今回はイケメンオヤジぶりを認めてもらえたんだから、素晴らしいことです。
でもファッションセンスがちょっとね。
制服の青いジャンパーを着せられていたせいで、なんだかチープな感じ。
もったいないです。

最初からアリバイを証明しているっていうのは胡散臭いなと思ったら案の定。
実はオルグはボスの奥さんと不倫中で
それが実はアリバイになるんですが当然話がややこしくなり
途中ローズマリーの死をめぐってオルグが意見したことで
バラガンと激しく喧嘩なんてこともあり

でも真相はランドールが今の状態では事故が起こるから中止すべきと訴えていたのに
それを阻止したかった者が犯人で
飛びたかったのはイケメンタイラーでした。
やっぱりね。
突如現れるイケメンオヤジがいい人の訳ないですよ。

とちょっぴり後味悪かったけど、楽しませてもらえたからよしとしましょう♪

英国男子


英国男子  [雑誌]EYESCREAM2014年3月号増刊英国男子 [雑誌]EYESCREAM2014年3月号増刊
(2014/01/31)
不明

商品詳細を見る


タイトルにつられてふらふらと購入。

英国男子というより英国オヤジが大好きで
それもアメリカドラマで堂々とアメリカ人のふりをしているオヤジが気になって仕方なく(笑)
それにしても山ほどいる美麗英国男子(オヤジ)を
一冊の本にまとめようなんて無茶だなぁと思いながらページをめくってみました。

表紙のカンバッチ(じゃなくてカンバーバッチだよね)氏は
あまりにもポピュラーになり過ぎちゃった感がありますが
実はSherlockしか観てないので詳細を語れず。
ホームズはものすごくインパクトが強くよかったと思うけど
他はどうなんでしょう。

もう一人、ビッグ2のベン・ウィンショー
パヒュームって観たことある…くらいの記憶しか残らず。ごめんなさい。

その他英国男子がジャンルごとに紹介されているので
それぞれにコメントを。

(PRINCE)
マカヴォイさんは素敵だけど
他の人はよくわかんない(汗)
映画を観てない(観る暇がない)から仕方ないんだけど。

(BOY)
興味ないのでごめんなさい。
だってお子様なんだもん。

(SEXY)
このジャンルは得意かも(苦笑)
Tudorsのヘンリー8世とかCamelotのアーサー王とか
やはりセクシーさが光ってました。
英国歴史ドラマに不可欠です。

(KNIGHT)
だんだん知ってるオヤジが増えてきた。
実はBOBに出ていた人たちが多いんだなと改めて認識。
戦争ドラマって素顔がよく見えないし
BOBはやたらと出てくる人が多かったし
でもすごいドラマでした。

(GENTLEMAN)
ここまで来ると納得です。
その昔追いかけた?人たちです。
Downton Abbeyは近々見られるようになるので
ダン・スティーヴンスも追えるよ。

でも一番面白いと思ったのが最後のまとめ。
自分にとっても英国男子チェックの先駆けが
「イギリスの貴公子」でしたから!

イギリスの貴公子たち―誇り高き魔性の麗人 (デラックスカラーシネアルバム)イギリスの貴公子たち―誇り高き魔性の麗人 (デラックスカラーシネアルバム)
(1988/09)
大森 さわこ

商品詳細を見る

未だに愛読書だったりします(苦笑)
このころの美青年たちが、今はいい感じにオヤジですからね。

そしてカーライル様がちょっと話題になっていてよかった。
ついでにカッターさんも!ってマイナー過ぎてダメですね。
一応英国オヤジなんですけど♪