INDEX    RSS    ADMIN

Chicago Fire S3-#10 「クリスマスの贈り物」

普通クリスマスエピは紆余曲折あっても
最後はほっこりハッピーエンドなはずなんですが…

ケイシーとドーソンは冷戦状態中。
ドナの出産日が近づき
ドナは息子にボーデンと自分の名字ロビンスを名乗らせたいと提案しますが
ボーデンはボーデン家の伝統に背くと納得しません。
息子が搬送中に死んだマフィアのルーロが署に現れ
ミルズに対し前回の非礼を詫びていきます。

アパート火災発生。
建物内に取り残された男性が救助を求めているので
はしごを使って助けに行くと
男性ははしごに飛び移ってきて危うく振り落とされそうになります。
さらに妻がバスルームに取り残されていると伝えてきたので
セブライドらは炎の中を探し
諦めかけていたところで妻を見つけて運び出します。
夫はなぜ妻を見捨ててきたのか
ハーマンは納得できず腹を立てていましたが
ニュースで夫がインタビューを受け
まるで自分が炎の中で妻を助けたかのように
ヒーロー扱いされていました。
その後夫が署に来て自分がヒーロー扱いされたのは誤解だと釈明。
体の火傷の跡を見せ
過去に大火事に遭ったトラウマを語ったので
セブライドは彼の行為に納得します。
だがそれから現場検証に行くように命令が来て
アパートへ行ったセブライドは発火地点が室内の3か所にあることを発見。
夫の放火が明らかになり逮捕されます。
いったい何故?
夫の口からその理由を話してもらいたいけれど
法廷ドラマではないので無理ですね…残念。

オルロフスキー牧師が署に募金を呼びかけに来ます。
教会でクリスマスに炊き出しをするのに
オーブンが壊れていて食事が出せません。
一方モリーズ2号のフードトラックは営業を開始。
クリスマスフェアの会場で販売を始めることになり
ハーマンはテレビ局のインタビューに自慢げに話していたら
フードトラックが突然動き出し、模擬店を倒していきます。
どうやらブレーキの利きが甘くて使い物にならないみたい。
みんなはまたもやがっかりしますが
モリーズ2号はそのまま教会に寄付されることになりました。
移動させなければ使えるわけだし
これでホームレスの人たちも食事をもらえます。
この部分はクリスマスエピらしい素敵なお話でした。

イライラしたケイシーはセブライドとスポーツバーに飲みに行き
ひいきのチームが勝って大喜びします。
そのまま飲みまくって気づいたらソファで寝ていて
そこはバーで知り合った女性の家でした。
ケイシーは青ざめますが、セブライドの話だと
二人は女性の家に来たけど、ケイシーはそのままソファで寝てしまい
女性とよろしくやっていたのはセブライドだったようです。
離婚したとたんそれですか!っていかにもセブライドらしいけど
ケイシーが潔白なことは証明できたので安心し
ドーソンが何度もメールした件については
携帯をなくしたと言い逃れしていました。
ところがケイシーは女性の家に携帯を忘れてきて
その女性がご丁寧にも署に持ってきてくれて
しかもドーソンに渡したもんだから最悪の展開。
お互い不満をぶちまけ合い
ケイシーはドーソンが自分を尊敬していないと非難すると
ドーソンは怒って早退してしまいました。
この二人、もう修復不可能かも。
やはり職場の直の上司と付き合うのは難しいよね。

救急車の要請でミルズとブレットが向かったのは署の近くの路地。
倒れていたホームレスは車に轢かれ足がつぶれていました。
手当てをしようとしていると、ルーロの車が近づいてきます。

再び署に来たドナの陣痛が始まり
救急車が戻ってこないし、ドーソンも早退したので
ボーデンはケイシーやセブライドらが付き添う中で
消防車で病院へ向かいます。
だが途中で渋滞にはまって車内で出産することに。
さすがボーデンは赤ちゃんを取り上げる経験がありましたが
自分の子供はもちろん初めて。
緊張と喜びの中で息子が生まれてきます。
そのまま病院に連れていきますが
赤ちゃんの顔色が青白く危険な状態であると言われ
衝撃が走ります。

一方ミルズとブレットが戻ってこないので
消防隊員たちは探しに行きますが
救急車は空っぽでした。

故障したフードトラック以外は
重たい話ばかり。
ボーデンの生まれてきた子は危険な状態だし
ミルズとブレットは拉致されてしまったようだし
ケイシーとドーソンの関係は最悪だし
これでクリスマスが迎えられるんでしょうか??
次回少しでも良い方向に向かってもらいたいです。
スポンサーサイト

Chicago Fire S3-#9 「置いてけぼりの心」

十字路でタンクローリーから塩酸が漏れていると通報が入り
消防が出動。
ケイシーは防護服を着て作業に当たるよう指示を出し
それぞれが活動を始めます。
街路樹の下の土を使って壁を作り
塩酸が広がらないよう食い止めていたところ
ドーソンは向こうに止まっていたダンプカーを発見。
すかさず飛び出して行って運転手に交渉し
ドーソン自らダンプカーを運転し
土を上手に道路に撒いて壁を作りました。
ドーソンは自分のナイス判断に満足していましたが
現場に来ていた署長は
ドーソンが防護服を着ていないことにお怒り。
ボーデンはケイシーに指摘し
ケイシーは当然ドーソンを注意します。
ドーソンは相当のダメージを受け
シャワールームでしゃがみこんでいたところを
ミルズに見つかります。

帰宅してからも上司と部下の関係は続いたまま。
ドーソンは家ではケイシーが婚約者として
署で辛い思いをしている自分を励ましてほしいと頼みますが
ケイシーは家でもドーソンは候補生にしか考えられませんでした。

ドーソンがウザドーソンになりかけている今日この頃。
ドーソンは職場とプライベートは別物だと
切り替えてできるつもりだけれど
彼女を指導しなければならない立場のケイシーには
切り替えが難しいですよね。
周りの目もあるし。
職場モードが強くなってしまうのは仕方ないのかも。
やはりドーソンには救命の方が合ってる気がするけれど
どうしても消防士でなければダメなのかな。

その後の店舗の火災で
夫は妻が中にいるからと
消防士たちの制止を振り切って
火の中に入ってしまいます。
無事夫も妻も救い出されますが
夫婦の愛情の深さがまた
ドーソンには厳しく感じられたようです。

ミルズとブレットは高校のプールで溺れた
男子生徒の蘇生を行います。
ライフガードの恋人が蘇生を続けてくれていたので
間もなく意識が回復。
特に問題もない様子でした。
だがChicago Medに救急搬送する間に生徒は急変。
救急車の中でミルズは挿管したりAEDしたり心マしたり
一人でできることを全て行いながらMedへ向かいます。
この手際の良さはすごい!と感心していたのに
結局生徒は病院で心停止してしまいました。
実は彼はマフィアの息子だったことが判明。
父親が部下を連れて署に怒鳴り込みに来たので
ミルズはできる限りのことをしたとアピールしますが
父親はミルズを殺すと脅してきます。
この件はハルステッドに任せることになりますが
シカゴマフィアは素直に引っ込まないでしょうね。

セブライドは感謝祭にブリタニーの両親に会いたいと言うと
ブリタニーはあっさり却下してしまいます。
母親からの電話も無視している状態。
やがてブリタニーは自分が車を運転していて事故に遭い
自分は数針縫っただけで助かったのに
妹が死んでしまった。
その罪悪感がずっと痛手となって残っていることを打ち明けます。
一方セブライドは署でブリタニーに殉職者のシェイのバッジを見せ
シェイについて話します。
セブライドはブリタニーに出会ったことでシェイと区切りをつけることができた。
それはブリタニーにとってもセブライドと出会ったことで、
妹の死と向かい合うことができました。
そして母親と連絡を取ったブリタニーは
マイアミに帰ることを決意します。
二人の結婚はこれでおしまい。
いったい何週間続いたのか、誰が掛けに勝ったのかは謎ですが
ブリタニーはセブライドのもとを離れます。
短い間だったけど、セブライドにとっては大切な時間でした。

クルースはブレットをデートに誘いますが相手にされず。
でもその後ブレットがクルースに付き合おうと言い出します。
ちょっと意外なカップル登場だけど
うまくいくのかな。
マウチは目が完治したと診断書をもらうために眼科医に行きますが
気安くステーキをおごるなんて言ってしまったので
書類はデートの席で渡されることになってしまいました。
マウチはまさかプラットを裏切れないとヒヤヒヤします。
結局プラットが先に手を打ってくれ
マウチの心配事は消えましたが
プラットがP.D.とFireでは全然キャラが違うのが面白くて。
オンとオフをうまく使い分けているのでしょう。

ついでにマウチとオーチスとクルースは
パウチが誰のところに寄ってくるか
実際に試していたらミルズがやってきて
そのとたんパウチがミルズになびいたのがおかしかったです!

モリーズでドーソンが一人残って片づけをしていると
ミルズが来て悩みを聞こうとします。
そこにケイシーが来て、二人が打ち解けている様子を目撃しますが…
まさかここにきて三角関係?なんてことないよね。
でも今のままではドーソンは辛いし
どうするつもりなんでしょう。

Chicago Fire S3-#8 「悲しみの渦」

ボーデンはドナの付き添いで検診に行き
胎児の成長の様子に喜んでいたところ
前置胎盤だと医師から伝えられ
突然不安が襲ってきます。
あのボーデンでも弱気に…

居候するセブライドとブリタニーの盛り上がりぶりが気になり
ドーソンとケイシーは落ち着きません。
ドーソンはケイシーに、そろそろ出て行ってほしいと
セブライドに伝えるよう頼みます。
クルースとブレットはこっそりズンバ話をしてますが
ケイシーは二人の関係を疑いだします。

ビルの上にヘリコプターが墜落したとニュース速報が入り
消防も救急も直ちに現場に向かいます。
ヘリコプターの本体は屋上に引っかかったまま不安定な状態。
操縦士と乗客2名が取り残され、
外に出られません。
救助隊はセブライドを中心にヘリコプターを固定し
乗客を救い出そうとします。

一方プロペラは吹っ飛んで民家の庭に落ち
運悪く女性がその下敷きになっていました。
ハーマンとオーチスはプロペラを持ち上げようとしますが
全く動かず、プロペラを分解することにします。
辛く不安な女性を、ハーマンがうまくなだめます。
はしご隊はビルの中に残された人がいないか捜索しますが
ドーソンがなかなか出てきません。
そのうちドーソンのマスクをかぶった女性が逃げてきて
後に咳き込みながら、ようやくドーソンが出てきました。
命がけの救助活動ができました。

ミルズとブレットはけが人のトリアージを行いますが
脇道に止められた車の中に乗っていた男性がけがしてるので
ブレットが治療しようとすると、男は治療を拒みます。
男はパスポートを大量に持っていて
間違いなく犯罪にかかわっているようです。
すると救急の応援要請が来て、ミルズは現場を離れることに。
ブレットは自分はけが人を手当てすることが任務だと譲らず
男を救急車に乗せようとしますが
銃を向けられたので、応急手当だけにとどめます。

ドーソンは血痕を追っていて
小屋の中で倒れている少年を見つけました。
少年は頭がい骨を骨折していて
手元にはドローンのリモコンがありました。
父親に内緒で兄弟でドローンを操縦していて
ヘリコプターにぶつけてしまったようです。
ミルズが駆け付け、二人は応急処置を行いますが
かつてのコンビは息が合っていました。

少年の弟は別のところで倒れていましたが
近くを高電流が流れていて
ショートしたら危険な状態です。
電気を止めることもできず
ケイシーは感電しないように気を付けながら
なんとか弟を救い出します。

ブリタニーはセブライドに何度も電話しますが
セブライドが全くでないので
心配になって現場に来てしまいました。
ボーデンが気を利かせて
セブライドの無線の声を聴かせてくれます。
乗客の救出も困難でしたが
なんとか無事やり遂げました。

ブレットはミルズとドーソンの様子から
ミルズがかつてドーソンと付き合っていたことを察知します。
さらに署内での秘密が難しいことも知らされます。
ブレットはクルースがズンバのインストラクターだとちらっと漏らしたら
それはあっという間に署内に広まってしまいました。
当然のことだけど。

ブレットは帰宅時に車が尾行されていることに気づき
仕方なく止めると先ほど銃を突き付けてきた男がやってきました。
ブレットが何とかその場を逃げ出したいと思っていると
男はブレットに感謝の気持ちを伝え
便利屋の名刺まで置いていきました。
それほど悪い人ではなかったのかも。
ハーマンは今日人命を救えたことをボーデンに話し
ドナもきっとうまくいくと勇気づけます。
セブライドが危険な状態でパニクっていたブリタニーでしたが
妹を事故で亡くしていたんですね。
だから不安が強かったようです。

そしてクルースがズンバ教室へ向かったら
そこには51分署の面々がそろっていました。
彼らに秘密はあり得ませんから。
そしてみんなで心底楽しそうに
ズンバを踊りました。
めでたしめでたし!

Chicago Fire S3-#7 「ベガスの土産」

ベガスから戻ってきたセブライドは上機嫌。
あまりの明るさにみんなが唖然としていると
セブライドはそのままボーデンとマウチのところに行き
ベガスで結婚したと伝えます。
ボーデンたちは最初は信じていませんでしたが本当らしい。
マウチがそれでいいのかと問いただすとき
自分がプラットと陶芸をやった話がなんだかおかしかった♪
みんなはセブライドが何週間もつかで賭けを始めます。
ケイシーはセブライドを祝福し
済むところが見つかるまで
結婚相手のブリタニーも家に連れてきていいと勧めます。
でもドーソンは不機嫌。
あっという間に結婚してしまったセブライドと
婚約したのに職場の事情で結婚できないケイシーたちでは
差がありすぎですよね。
ブリタニーは51分署にも姿を見せ
みんなに歓迎されます。

ミルズはニューハウスの副業に誘われますが
どうも怪しげな模様。
ニューハウスの車のミラーが割られているのも気になります。
ニューハウスは娘の大会遠征のための資金が必要で
すぐに金儲けをしなければなりませんでした。
ミルズはケイシーに相談し
モリーズでの資金集めに協力してもらいます。
ニューハウスは危険な目に会わずに
資金が用意できました。

モリーズ2号店の開店に向けて
メニューを決めなければなりませんが
クルースの料理は辛過ぎて不評です。
ブレットはズンバを習いたいと思い
評判のいい教室を見つけて行ってみたら
講師がクルースだったのでビックリ。
実はクルースにズンバの才能があったんですね。
軽快な動きがかっこよかった♪
でもクルーズは絶対51分署には秘密にしておきたいらしく
ブレットと結んだ取引が
ブレットがモリーズ2号店の料理を作るという意外な計画でした。
署で試しに作ったラビオリが大好評。
これでモリーズ2号も安泰かな。

車が穴に落ちたり、コカイン中毒者が倒れたり
消防や救急の出動場面がありましたが
火事が発生し消火活動に当たる際
セブライドは地下室にいる男性を助けに行くと
男性が持っていた箱を落とし
中に入っていた写真が散らばります。
男を救出した後、セブライドが再度地下室に入り
写真を確かめると児童ポルノ写真のようで
相当数入っていました。
セブライドは現場をそのままにして警察に連絡。
ボイトとリンジーが調べると
その中にリンジーが15歳の時に別れた
弟の写真が含まれていました。
弟がNYにいたことからリンジーはSVUを頼り
ロリンズと連絡を取ります。
こうして火災がきっかけで
児童虐待事件の捜査が始まります。

クロスオーバー三部作の第1話
といっても次につながるのは火災の部分だけで
あとはほのぼのといつもの51分署でした。
この続きがSVU S16-#7
以前観た時のエピガイですが
また観直してみたらリンジーやボイトの立場がよくわかるし
ベンソンがボイトに意見したのはあり得ない?
でもあり得るのでベンソン!さすがです。
ボイトとステーブラーが組んだらブチ切れまくりで面白いだろうなとか
余計なことを考えてしまいました。
そしてまだSVUにはアマーロがいるのが
今観ていると不思議な感じです。

続いてP.D.でどんな結末が待っているのか
とても楽しみです!!

Chicago Fire S3-#6 「危険な駆け引き」

子供がアパートのベランダの手すりに挟まり
その手すりも倒れかけて危険な状態だと通報があり
消防と救急が駆け付けます。
セブライドがはしごからベランダに近づき
子供に声を掛けつつ、手すりの一部を切り取って救い出す準備をしているとき
ハーマンとドーソンは中から手すりを固定することになりますが
ドーソンは自分ができると思っているのに
ハーマンがやらせてくれずイラっとします。
今回も見事な連携で子供を救い出せましたが
ブレットとミルズが子供を救急車に乗せようとすると
母親が大丈夫だからと追いかけてきます。
しかし検査が必要なので救急車は発車
母親もついていきます。

母親が拒んだ理由は病院で判明
過去にも虐待の連絡を受けて
母親と子供は引き離されていました。
その例があったのでまたもや児童保護局が来て
子供を連れて行ってしまいます。
母親は51分署に来て
セブライドとブレットに何とかしてほしいと頼み込んできますが
セブライドはシェイのことを思い出し
深入りを避けたがります。
だがブレットは納得いきません。

ブレットは児童保護局の担当者を訪ねますが
担当者は書類の山に追われていて
その子供の件をいつ対応してくれるかもわかりません。
ブレットはセブライドに協力してもらって母親の家に行き
彼女が子供の父親と共に酒に溺れていたが
今は断酒の日々が続いているし
スポンサーとも連絡を取っている。
虐待の様子も見られない。
子供の父親とは接近禁止令が出ている等をチェック。
その結果をブレットは強硬に担当者に訴え
子供は母親のもとに戻ることになりました。

Medに続いての母親の子供虐待未遂事件でしたが
本来なら消防士や救命士がかかわることではないと思います。
セブライドのいう通り、一線を引くのも大切です。
それを良かれと思い自分の信念を突き進めようとすると
ハルステッド兄のように面倒に巻き込まれるんですよね。
今回が本当に虐待ではないとの保証はないし
そもそもベランダに挟まっていた原因がわかってないんだから
やはり素人判断はよくないのかなと。
しかし児童保護局も大変ですよね。
こんなに苦しんでいる子供たちがいるという現実を
何とかしていかなくては。

クリスティの一件は
前の家や学校に戻りたがっているバイオレットを何とかしてあげたいと
ケイシーは動きます。
弁護士の答えも頼りないので
ケイシーはニューハウスに頼んでジムの弱みを探すことに
すると愛人がとんでもない詐欺師だったことが判明し
愛人の過去の逮捕状のコピーをジムに突き付けたら
ジムはようやく目覚めて一家は元に戻ることになりました。
めでたしめでたし。

ニューハウスの裏家業にミルズも付き合いますが
車で待っていたらいきなり銃弾が飛んできます。
お金にはなるけれどかなり危険。
そしてニューハウスも後で殴られることに。

ドーソンはハーマンの訓練を受けることになりますが
ハンマーの使い方は学校で習ったし
でもハーマンは自分の経験をしっかり伝授したいようで
ドーソンは我慢して訓練を続けます。
その後警察が麻薬の売人のアジトに踏み込むときに
消防も同行し、頑丈な鉄の扉を開けることになります。
ドーソンはハンマーで叩いてハーマンに協力
訓練の成果が生かせました。
だが銃撃戦が起きて女性が犠牲になり
ドーソンはすぐに救急処置をとります。
結局女性は助からなかったけど
ドーソンの動きを見ていると
やっぱり救命の方が彼女に合っている
彼女の経験や能力が発揮できている気がします。
それでも消防士になりたいのかな?

セブライドはベガスに行く気満々で
救助隊のメンバーと手作りカジノで賭けの練習をしていました。
だが結局誰も行けなくなって一人でベガスに
すると幸運の女神が訪れます。

次回がクロスオーバー第1話
この先何がどうつながっていくのか全く見えないのですが
楽しみにしています!