INDEX    RSS    ADMIN

Banshee S3-#10 「誰もが最後はツケを払う」

ルーカスはキャリーたちを助けるために
軍の基地へ向かう準備をしていると
ゴードンがライフルを持って参加します。
二人は警備を突破し、基地に入り込みます。

ジョブもシュガーも軍人たちと必死に戦い
キャリーはストウと一騎打ちになりますが決して怯みません。
そこにルーカスとゴードンが現れますが
激しい銃撃戦でゴードンは撃たれていました。
ストウに銃を突きつけられたキャリーの姿に
ルーカスはショバーンの最期が重なりますが
ストウはキャリーによって息の根が止められます。
3人は助かったものの、
ゴードンはキャリーの腕の中で息を引き取ります。
その間にジョブは
彼のハッカーとしての腕前を崇拝していたレオに
ヘリコプターで連れ去られてしまいます。
デヴァはゴードンの死を知らされ涙します。

カイとレベッカ、バートンはフィラデルフィアに出向き
フレイジャーと部下たちを皆殺しにします。
カートはかつての仲間に脅されて怒りを顕にしますが
ブロックに制止されます。
カートは自分の過去についてブロックに話します。
だがカートの弟と仲間は寝ているカートを襲います。

ルーカスは自分は保安官ではないとブロックに告げると
バッジを置いて署を出ていきます。
そしてカイと顔を合わせます。

ますますヒートアップしてS3が終了しましたが
ルーカスが立ち去ってしまってはバンシーは危機状態。
しかもカートも痛めつけられているし。
やはりルーカスに戻ってきてもらわないとどうにもならない気がします。
ファイナルシーズンのS4が続けて始まりますが
バンシーに平和が訪れる日は遠いのかも。
スポンサーサイト

Banshee S3-#9 「お前は神にも理解しかねる」

シュガーの店でジョブは不満げ。
今回の基地での窃盗で危険な目に遭ったことについて
ルーカスと組むのも潮時かと感じています。
ルーカスの脳裏に、ジョブと出会ったときのことが思い浮かびます。

カイとエミリーはフィラデルフィアのギャングに拉致され縛られます。
特にギャングのボスはカイに長年の恨みがあったようで
手下を使って激しく傷めつけられます。
ルーカスは放置しておくつもりでしたが
ブロックにとってはエミリーは元妻ですからなんとか助け出したくて
ルーカスに頼み、エミリーの救出に向かいます。
その頃レベッカとバートンも助けに向かっていて
まずルーカスとブロックがエミリーを解放させます。
その後は隙を見てカイが復活。
バートンらの助けを得てギャングを倒します。

デヴァが友達とマリファナを吸っているところをビリーに見つかり
留置所に入れられてしまいます。
ゴードンが迎えに来たと思いきや
留置所で頭を冷やせと置いていってしまいます。
その後署に戻ってきたルーカスがデヴァを出し
家まで送ることにします。

ストウは窃盗事件を徹底的に捜査し
事件にシュガーとジョブ、キャリーが絡んでいることを突き止めます。
まずシュガーの店に行き、酒を頼んだと思ったらカウンターを襲撃。
シュガーは拉致されてしまいます。
ジョブには彼を天才ハッカーと尊敬しいている兵士が近づいて拉致。
キャリーも追われ捕らえられてしまいます。
ストウはキャリーに4人目の犯人の名前を言うように拷問しますが
キャリーは口を割りません。

次回がシーズンファイナル。
ルーカスはどのように3人を救うのか。
また体を張って戦っていきそうな気がします。
ちなみにWOWOWで前半が放映されたAmerican Gothic。
ルーカスがギャレット役で出ていて
怪しげなところはダブって感じられるけど
ギャレットの髪が長めなのがどうも馴染めなくて(苦笑)
ルーカスで見慣れてしまったからでしょうか。
吹替声は違和感ないんですけどね。

ネオナチから警官になったバンカー。
個人的恨みを晴らしに行ってたようですが
彼もまたなにか抱えていそうです。

Banshee S3-#8 「ありったけの知恵」

ルーカスとブロックはチェイトンを追ってルイジアナへ。
チェイトンがフレンチ・クォーターのファイトクラブで闘っていることを聞きつけ
二人は現場の様子を見に行きます。
するとチェイトンは変わらずパワー全開。
そこで思わずルーカスとのにらみ合いになり
ルーカスとチェイトンのバトルが始まります。
このままではルーカスはピンチ状態。
ブロックが発砲して闘いは止まりますが
二人はクラブから追い出されてしまいます。

今度はチェイトンがルーカスの滞在場所を見つけて襲ってきて
ナイフを手にバトル再開。
もちろんチェイトンは強いけど、ルーカスも決して怯みません。
さらにルーカスは銃を抱え墓場でチェイトンを追いかけ
ついに捕らえます。
顔面に弾を撃ち込み、顔は真っ二つに
不死身に思われたチェイトンも、もう復活することはありえないでしょう。
マルティグラの飾りが並んでいる波止場で
ルーカスとブロックはチェイトンの死体を海中に投げ捨てます。
本当にもう蘇らなくていいんですけど。

ブロックはルーカスが何者なのかと
ずっと不信感を抱いていました。
だが今回、チェイトンを倒した後
ルーカスがもうバンシーに戻らないと言い出した時
ブロックは必死に止めようとします。
ルーカスは確かに怪しげだけど
彼がいないと町を守っていけません。
ブロックはなんとしてもカイを倒したいと
そのためにはルーカスの力が必要だし
この際ルーカスが何者なのかなんて知る必要もありません。
ブロックが懇願すると、ルーカスはバンシーに戻ることにします。

カイがエミリーと親しげな様子にレベッカは不満げ。
しかしバートンはカイの忠実なしもべで
レベッカの思惑はバートンには伝わりません。
バートンはかつてカイに命を助けられていて
その恩が一生ついてまわるのかも。
カイとエミリーがアーミッシュの村に戻ったとき
人々が集まっている中に車でやってきた男たちが現れ
カイとエミリーを連れ去ります。
レベッカが銃で応戦しても間に合いませんでした。

シュガーが盗んだ金の一部を持ち出したことにジョブは腹を立て
理由を追求します。
シュガーがかつてボクサーだったとき
戦った相手を再起不能にしてしまい
その償いとして息子に金を渡しているとシュガーは話しますが
ジョブが調べるとすでに相手は死んでいるのに
息子が偽って金を受け取っていたことが判明します。
ジョブはジムに押しかけると息子と対戦。
華麗な動きで息子を倒し、金を取り返します。
ジョブにこんな力があったとはびっくりです。

ストウ大佐は基地の窃盗事件を分析
犯人たちがそれぞれものすごい能力を持っていることを認めますが
ひとりは集中できていなかったことに気づきます。
さらに自分の手紋をコピーしたのがキャリーだと疑いをかけます。
完全犯罪にも抜けがありました・・・

Banshee S3-#6 「人は皆変わる」

Banshee毎週きっちり観ているのですが
余りにもハードな展開に感想がアップできず(汗)
辛いことが多すぎました。

ノラとクレイの人間の行いとは思えないくらいな残虐なバトルと
ノラの死は衝撃的でしたが
チェイトンに体を張って立ち向かい倒されたショバーンも痛々しかったです。
ルーカスのショックも相当のもの。
あれほど動じないルーカスが、今回は相当ダメージを受けていました。
バンシーに着いたときのことを振り返り
本物のルーカスが生きているという別の展開まで考えているくらいですから。

でもルーカスの秘密を知っていたショバーンが死んだことで
ルーカスが偽者であることを暴露される配もなくなりました。
ルーカスは保安官を続けられるわけですが
今回のチェイトンらによる保安官事務所襲撃事件でFBIが動き出し
彼らのアジトへの手入れが計画されましたが
ルーカスたちは手を出すことを禁止されてしまいます。
しかもFBIのボスがSVUのタッカーだったのにビックリ。
こんなところまでゲスト出演していたんですね。

でも自ら手を下したいルーカスが黙っているわけがなく
チェイトンを追い詰めていきます。
ついにチェイトンは崖から谷底に転落!
これで本当におしまいかと思いきや
最後に水面から顔を出していたので
また復活してしまうのかも・・・恐ろしいです。

キャリーとジョブは順調に
軍の倉庫への侵入の準備を行っています。
デヴァはスリの腕を試していたら目撃していた青年に声をかけられ
ドラッグパーティーに誘われます。
ついにクスリにまで手を出すことになったら、破滅への一直線なんだけど。

カイの母が亡くなり葬式も済ませたあと
カイは母の介護に通っていたエミリーと関係を持つようになります。
レベッカはストリップクラブの経営に携わり始めますが
重要な話はカイを通してでないとできずに不満がたまり
しかもカイとエミリーの親しげな様子を許せるわけがなく
これから反乱が始まるのかな。
ついでにエミリーはブロックの妻で
ブロックが知ったらどうなってしまうのか
危険がいっぱいです。

Banshee S3-#2 「ヘビやらなにやら」

OPがいつもと違う!
まるでBreaking Badみたいな?ドラッグ生成現場から始まったと思ったら
それが食肉工場に。
なるほどカイ・プロクターの家業を伝えていたんですね。
カイのところに敵対するドラッグ供給者が現れ
いきなり撃たれていきます。
しかもトドメを刺すのはレベッカの仕事。
まるで怖いものなしになってしまいました。

先週始まったBlacklist S4を観ていて
そういえばエリザベスのお父さんってカイだったんだと思い出しました。
ますます悪い奴にしか見えませんね(苦笑)

カイの母親の具合が悪くなり
カイは実家に戻ると周りを無視して
母親を病院に連れていきます。
母親は末期ガンで、余命わずかと診断され
カイはそのまま母親を自宅に連れ帰ります。

キャリーはストウ大佐との関係を終わらせることに。
このあと大事な任務が待っていますからね。
キャリーとルーカスは早速海兵隊基地の地下をチェック。
ジョブやシュガーと協力して金庫にたどり着く方法を探りますが
なかなか難しそうです。

チェイトンとノラが再会。
この二人は過去にいろいろあり
それでノラは離れていたようです。
チェイトンはアレックスのリベンジでカイを倒す気満々で
部下を連れてカイの屋敷を遅いに行きます。
早速プールで泳いでいたレベッカを捕まえますが
クレイに見つかって激しいバトルに。
レベッカはなんとか無事でした。
しかしクレイも不死身ですね・・・恐れ入ります。

通報を受けてルーカスも到着。
チェイトンの部下の侵入だとわかり
ルーカスはキナホ出身の警官ビリーを連れて
居留地を訪れます。
ビリーはエメットの後に署に入った警官ですが
居留地を出たことで確執があるようです。
居留地でルーカスはキナホの保安官に
チェイトンらが海兵隊の武器を盗んだことを報告。
バンシーの安全のために来たと伝えます。

カイとチェイトンと
面倒くさい人たちを相手に冷静に対処しているルーカス。
その裏で着々と海兵隊基地の隠し金をいただく計画進行中なのが
さすがです。
キャリーが働いているダイナーにノラが現れ意気投合。
武器の話で盛り上がります。
ゴードンは酒に溺れる日々が続き
デヴァはルーカスの家を訪ねてきますが
ルーカスはデヴァの父親はゴードンだと言い切ります。
その後何者かがルーカスの家に。
何が起きるんだ?