FC2ブログ

カテゴリChicago P.D. 1/21

Chicago P.D. S5-#22 「目撃」

ボイトはウッズにもしもビンガムを殺害したのがオリンスキーではなく自分だったらと自白をする代わりにオリンスキーを釈放させるよう取引します。ウッズは同意し、オーシャを呼んで証言を録音しようとしたところボイトの携帯に連絡が。ボイトは病院へ急行します。オリンスキーの手術が行われ特捜班のメンバーは無事を祈りながら待ち続けますがオリンスキーは助かりませんでした。ボイトは何としても犯人を見つけ出すと宣言。拘置所...

  •  2
  •  0

Chicago P.D. S5-#21 「忠義」

大がかりな武器の取引が行われるということでハルステッドが売る側のアイルランド系グループにアトウォーターが買う側の黒人系グループに潜入します。しかし潜入ってもっと奥深いもので長い時間をかけて用意しないとばれるんじゃないかといつも不安に思うんですけど、まあそれはともかく・・・売る側で偉そうな態度を取っていた男が殺され殺人事件になっては潜入より捜査じゃないかと特捜班のメンバーは思うんですけどボイトはどう...

  •  0
  •  0

Chicago P.D. S5-#20 「救いの手」

ボイトが気にかけていた少女ハナが裏に「助けて。」と書かれたボイトの名刺を21分署に置いて帰ります。ボイトはハナに会うため名刺に書かれたコーヒーショップに行きハナに会えますがそわそわしている様子。トイレに行くと言ったまま姿を消し、ボイトが見張っていたら二人組の男がハナを拉致して姿を消しました。ハナが乗せられた車を探していたら信用金庫で強盗事件発生。奥の金庫を開けさせることはしないまでも犠牲者が出ていま...

  •  2
  •  0

Chicago P.D. S5-#19 「接点」

ギャングの隠れ家をギャングが襲撃しヘロインを奪う事件が3件起き、3件目は銃撃戦の流れ弾が隣の部屋に住んでいる子供に当たり子どもが死亡します。特捜班が捜査を担当するものの、この隠れ家は麻薬捜査課が捜査の対象にしていて調べていくうちに麻薬捜査課から情報が洩れているのではと捜査官のロハスが疑われます。でも実際に情報を流していたのは元警官で今は情報屋のレイ。ルゼックやアトウォーターは今回の事件でもレイから情...

  •  0
  •  0

Chicago P.D. S5-#18 「二度目の潜入」

Fireではブラインドデートすることになってたドーソンですが実際には潜入中じゃないですか。FireとP.D.の時差がどうも理解できないんですけど、それはともかく。ドーソンは麻薬流通組織に潜入中。取引場所で待っていたら銃撃戦が起き覚せい剤を載せたトラックは強奪されてしまいます。撃たれて倒れていた男はかつてヘイリーが潜入していた組織のメンバーのスコットだったのでヘイリーは組織のボスのブースを捕らえるために二度目の...

  •  0
  •  0