FC2ブログ

カテゴリChicago Med 1/5

Chicago Med S2-#6 「未来」

本エピの監督はベントン先生!ERほど大忙しじゃなかったけど、じっくりと見応えあるエピソードでした。ヘイリーが緊急搬送されてきて黄疸や意識障害が出ています。脳が腫れているのですぐに処置が必要で危険な状態なのは明らかでしたが、マニングは両親に希望を持たせます。でも結局ヘイリーは助からず。マニングは自分の無力さを悔やみます。心臓弁の手術を行った患者の心臓がきちんと動いているとコナーは確認しますがレイサムは...

  •  0
  •  0

Chicago Med S2-#5 「切迫」

市内のマラソン大会にハルステッドとニーナが参加。セクストンと弟ノアは救護担当で会場で働いていました。すると近くで交通事故が起き、けが人が運ばれてきますがすぐに胸を切開しないと危険な状態だがセクストンもノアも資格を持っていません。暑さと交通規制による渋滞で救急車は来ないし走っているハルステッドたちも戻ってこないし待っていられずノアは切開を行い成功するけれど大出血してしまいます。ようやくハルステッドた...

  •  0
  •  0

Chicago Med S2-#4 「束縛」

Medは医療ドラマとしては落ち着きがある感じがするけれど一つ一つの事例は重たいですね。高齢で認知症のエドワードは胸腺腫の疑いがあり男性の恋人は彼を救ってほしいと頼みますが息子が延命治療を拒否。理事会でも話し合われるけれど本人がきめられなければ一番血縁関係が近い者の意見が採用されることになります。チョイは納得できずなんとかエドワードに治療を認めさせようとしますがエドワードはチョイがドクターであることも...

  •  0
  •  0

Chicago Med S2-#3 「過去」

ロックウッドの親戚が集まってのファミリーパーティーにハルステッドも呼ばれてバーベキューを楽しんでいるとロックウッドの姉のデニースが顔を出します。久々の再会だったようだけどデニースはすぐにダラスに帰らなくてはならず先に車に乗ったところで突然衝突。いきなり目が見えなくなったとそのままMedに運ばれます。大きな病歴はなかったけれど検査をしたらがんの疑いがもたれ詳しくエコーで診たらあり得ない前立腺が映ってい...

  •  0
  •  0

Chicago Med S2-#2 「明暗」

P.D.とFireのクロスオーバーを観た後でMedを観たら何とゆったりと時間が過ぎていることかとなんだかほっとしてしまいました。でも実際には命に関わるシーン多数だったんですけど。ローズが担当しているティモシーは生まれた時から心臓に疾患がありICUに入ったまま移植を待ち続けています。もう応急処置では体が持たない状態。そのころマニングのところに来た赤ちゃんが原因不明のグッタリ状態で検査をしたけれどわからず呼吸困難に...

  •  0
  •  0