CategoryChicago Med 1/4

Chicago Med AXNで放送決定!

AXNのTwitterからMedの放送決定のニュースが入ってきました。12月9日(土)スタートということでまだ先ですが今月21日にオンエアのFireでのMedお披露目エピソードがどうして重要なのかようやくここで納得です。Medが先にNHK BSに来てしまったのでまあいずれAXNに降りてくるだろうとは思っていましたが意外に早かったので驚きました。NHKでオンエアされたことでCS環境のない人も楽しめたしシカゴの救急医療が舞台ということでシカ...

  •  2
  •  0

Chicago Med S1-#18 「出発」

S1ファイナルタイトル通り、様々な出発がありました。ダウニーが自分で救急車を呼び、搬送されてきます。肝臓から出血していて病院に到着した時は意識がなくコナーはすぐに止血する措置を取ります。ところがダウニーが目覚めないのでコナーは脳卒中を疑い脳外科医のアブラムスに診断を仰ぎます。するとCTの結果では脳卒中ではないことがわかりますが腫瘍が脳に転移していました。すでに覚醒したダウニーはアブラムスの所見を聞き手...

  •  0
  •  0

Chicago Med S1-#17 「尊重」

アルコール依存症の患者が離脱症状がひどくて運ばれてきますがハルステッドはこの機会に断酒させようと奮闘しますが患者は暴れて酒を欲しがります。そのうち吐血し危険な状態に。ハルステッドが治療ししばらくたって落ち着いてるなと感じたらグッドウィンが患者に酒を与えていました。本人にその気がなければ断酒は難しい。医師の思い通りにはなりません。心筋梗塞を起こして運ばれてきた男性にコナーはバイパス手術をしようとしま...

  •  0
  •  0

Chicago Med S1-#16 「混乱」

Medの運営状況について監査が入ることになりグッドウィンはピリピリしています。ハルステッドもいつになく「規則」を強調。いつもならあっさりと片付けるところがそうもいきません。妻を殴って路上に飛び出し、車にはねられた男性。元神経科科医の妻は、夫の症状からレビー小体型認知症を患っていると診断し仕事を辞めて夫の介護にあたっていましたがチャールズは夫の言動や家庭での様子を妻から聞いているうちにその診断に疑問を...

  •  0
  •  0

Chicago Med S1-#15 「契約」

相変わらず厄介な病状ばかりで…ものすごい腹痛と吐き気で運ばれてきた16歳の少女は父親がヘロインの依存症なので父親のようになることを恐れて薬の使用を一切拒みます。気持ちはよくわかるけれど、このままでは胃カメラを入れられずでもまずはのどのスプレーだけで胃カメラを入れますが予想通り苦痛がひどすぎて検査ができませんでした。マニングは父親に事情を説明して許可を取り少女は嫌がるものの麻酔を使って胃カメラを使用し...

  •  0
  •  0