INDEX    RSS    ADMIN

Code Black S1-#17 「家族の絆」

心身ともにグッタリ気味のアンガスはヘザーからADHDの治療用の薬を2錠もらいますが
1錠飲んだら元気復活。
相当テンションアップでマイクにも活躍を認められるけれど
マリオはびっくりしていました。
結局もう1錠飲んでしまいますが、
1錠位大丈夫と思って飲んでいるうちに依存症になっていくんだよね。
早くセーブできるといいけれど。

ハドソンは外科へ行き
キャンベルにしごかれています。
キャンベルにまるで新人のように扱われることに
ハドソンはイラっとしているけれど
キャンベルの言うことにも一理ありますね。
ERは大工仕事だそうで、
即刻応急処置をして外科に送ることが大事。
でも外科は縫合にしても職人技が求められます。
ハドソンは我慢して取り組んでるけど
そんなハドソンの前でグレイスをデートに誘うキャンベルって
やっぱり嫌味な奴だな。

グレイスがそのままERに残り
クリスタと一緒に仕事しているのも気まずい雰囲気です。
クリスタが付けてきたマフラーはハドソンのもので
以前グレイスがプレゼントしたそうで…よくある話です。
グレイスが先輩だから当然口調も厳しくなりますが
更生キャンプから運ばれてきた少年に虐待の痕跡が見られ
クリスタは警察に通報しかけますが
グレイスは彼の発作が偽物だと見破ります。
これは先輩ならではの気づきでしょう。

ゾンビの仮想イベント会場が崩れて
大量のゾンビたちがERに運ばれてきます。
皆さん体中にフェイクの傷があったり血糊べったりだったりして
どれが本当のけがだからわかりゃしない(苦笑)
運ばれてきた父子の子供のけがは軽かったものの
父親は重傷で手術室に運ばれていきます。
父子を気遣う女性が到着し、ジェシーたちは当然母親だと思っていたら
息子が彼女を拒否。
本物の母親はすでに死亡しており、彼女は父親の婚約者で
もうすぐ挙式する予定でした。
でも息子は彼女をお母さんだと認められないんですね。
だったら友達になればいいとジェシーがアドバイス。
息子が治り、父の容体もよくなってきたところで
彼らは病院でゾンビ結婚式を挙げることにします。
ゾンビとは無縁だった彼女も
ゾンビメイクのウェディングドレスを着ました。
なんとも不思議な、でも心温まる結婚式です。

ここでは偉そうなクラーク改めハーバートですが
病院はお金がなくて看護師も十分雇えていない状態。
部長ロリッシュもせっせと治療に当たっています。
もっともロリッシュはじっとしているのは苦手かもしれないけど。
ERに多額寄付者の妻腹痛を訴えて運ばれてきてVIP扱いが要求されますが
実は夫婦はドロドロの離婚調停中。
険悪な雰囲気の中で妻が急変し
腹痛の原因は妻が残っていた精子を使い体外受精したところ
子宮外妊娠をしていて危険な状態だと判明します。
思わず夫は妻の手を握り
その場に付き添っていたハーバートは
夫婦の絆が戻ってきたことを伝えます。
偉そうなハーバートもそれなりに役立っていました。

次回がシーズンファイナル。
偉そうなハーバートは次回でお別れなようで
それより早くMedで修業する姿を観たいです。
スポンサーサイト

Code Black S1-#16 「明日への希望」

結局ロリッシュはER部長を引き受けたけど
私服の上に白衣を着ることに違和感を覚えます。
マラヤは職場復帰します。

肺の移植手術を2度受けている女性が運ばれてきて
延命治療することよりも遺体の冷凍保存を望みます。
彼女は将来蘇られると信じていて
治して生きようと励ます恋人を拒否します。
そして冷凍保存を行ってる会社の担当者をすでに呼んでいて
それが非番のヘザーでした。
お金が入ればいいとの考えで
でもそんな副業をするのかなと驚きです。
結局彼女はヘザーに引き取られることになります。

ハイチからの難民の少女を連れてきたのは
かつてここで働いていたドクターのグレイスで
ハドソンの元カノでした。
気まずい別れ方をしたのかな?
ハドソンがモテ男だということは判明したけど
クリスタは気になるよね。
脊髄に腫瘍がある少女の手術をグレイスは願うけど
外科のキャンベルがやってくれるわけがなく
グレイスがハドソンに頼んでいるうちに少女が急変。
結局ハドソンがハーバートに願い出
自分が外科に行って執刀することになりました。
グレイスもアシストして手術を行いますが難航し
ハドソンはキャンベルに助けを求め
結局キャンベルに交替することになります。
ハドソンの外科異動はこの手術のためだったわけで
またERに帰ってくるのかな。
そして今回もハーバートなクラーク(笑)は
単に偉そうなだけでした。
早くMedで苦悩するクラークが観たいです!

前立腺がんを隠していたフットボールコーチがBeau Bridgesで
Masters of Sexの印象が強いだけに不思議な感じでしたが
見舞いに来たオデル・ベッカムって本当に有名なアメフト選手なんですね。
ファンなら大興奮のシーンだったのかな。
しかもジェシーはオデルに赤ちゃんを抱っこさせちゃうんですから
さらにびっくりでしょう。
こういうシーンってゲストの人気具合を知らないと
ちょっと残念・・・って気がします。

マラヤもアンガスも事件のトラウマを抱えている様子。
あれだけの大惨事だったんだから当然でしょう。
マラヤは治療中患者の出血を見てその場から離れてしまいますが
周りの励ましで続けることができました。
ゴードンの遺体の引き取り手がいないので
病院で埋葬することになり
ガスリーはアンガスに参列して心の整理をすることを勧めます。
当日アンガスが墓地へ行くと、ガスリーも姿を見せました。

ロリッシュはやっぱり手術着の上に白衣を着ることにします。

Code Black S1-#15 「使命と友情」

血だらけで倒れていたのはER部長のジーナだけではありませんでした・・・

ジーナはすぐにも処置が必要。
マイクがマリオらに指示して開始
すぐに開胸が必要になるけど外科医はまだ手が空かないし
オペ室にも行けないので
マイクの判断でハドソンの手を借りながら
その場で開胸を行います。
ほどなくして外科医のキャンベルが降りてきて
ERで処置をしたことに怒り
いずれにせよジーナは救えませんでした。

さらにERにはマラヤと犯人のゴードンも
ERに運ばれてきます。
マラヤが帰るためにエレベーターに乗るとゴードンも乗ってきて
嫌な予感がしたマラヤはさっさと降りたけど
ゴードンが追ってきます。
食事に誘ってきたゴードンに
マラヤは自分はゲイだと宣言すると
ゴードンは怒って行ってしまいました。
だがマラヤが戻ろうとするとゴードンが潜んでいて
もみあいになりマラヤは腹部を刺されてしまいます。

その頃マラヤが携帯を忘れていたことに気づいたアンガスは
携帯を持って駐車場へ降りたら二人がもみ合っているのを発見。
怪我しているマラヤにすぐに離れるように言って
ゴードンを取り押さえようとしているうちに
ゴードンのナイフが本人の首に刺さり
またゴードンが自分で抜いてしまったために出血がひどく止血が必要。
自力でERに戻ったマラヤの連絡もあり
ストレッチャーがやってきます。

ここからがERの宿命ともいえる嫌な展開。
事件の被害者だろうが加害者だろうが
命を救わなくてはなりません。
ゴードンを激しく拒否するマラヤの隣で
クリスタは心マを続けなければならないし。
とりあえずこの時はゴードンは蘇生したけど
みんな生かしたいと思えずにいました。
そしてゴードンの死を聞きほっとします。
ゴードンはずっとマラヤを追い続けていました。
マラヤが早く気づいて訴えていれば
事件は防げたのかな。
とはいえ毎日大勢の患者と接していると
一人のことに構ってはいられないし。

ER部長の死ということで院長が入っての内部調査が行われ
その時の状況が徐々に明らかになってきます。
ロリッシュはその場にはいなかったけど
仲間たちの発言をカバーします。
いつの間にか偉くなった??院長ハーバートは
それほど熱くならずに話を聞いてたかな。
あとでわかったことだけど
ハーバートはジーナと付き合ってたんだ。
Medでクラークが離婚したと知ったところで
いきなり話が飛びすぎるのでついていけません(笑)
全く違うジャンルのドラマなら気にならないのにね。

何かと話題の職場恋愛の件。
エンジェルス記念病院では
「付き合ってます。」と書類を提出すればOKだそうで
婚姻届じゃあるまいし・・・
クリスタとハドソンは書類を出すかどうかで悩んでいたところで
ジーナが亡くなってしまい
結局ハドソンが直接ハーバートに書類を渡します。

次期ER部長はロリッシュなのかな。
本人は拒否してるけど。

Code Black S1-#14 「安息への道」

ロリッシュは自分のミスが引っかかっていて
ERを去ることを考え始めます。
そしてトップのところに話に行ったら
なぜかクラークが待ってました(爆!!)

これだけでシカゴシリーズファンは開いた口がふさがらない?
だってクラークは51分署で働いた後他の分署に異動し
MedのS1ラストで突如研修医として現れ
いきなりどうしたの!!とびっくりさせられたところで
研修の過程を観る前にドクターに
それも偉そうな役職に就いてるんですから。

ここでは別人だからいいんだけど
もうちょっと医療に従事するクラークを見てから
この偉そうな別人に会いたかったです。
とにかくクラークじゃない偉そうなボス(笑・・・でもクールなたたずまいは変わらない)は
結論を出さずにいます。

ERにはアンガスの兄のマイクが戻ってきて
ロリッシュの代わりにバリバリ働いています。
このドラマってあまり説明がなく話がどんどん膨らむし
DlifeのHPが全然役立たないので頭の中の整理が大変なんですけど
ロリッシュのポストが空くとわかったとたん
マイク父が現れて交渉すると言い出し
マイクはオヤジの言いなりにはならんと却下します。
これはどんな医療ドラマを観ても共通な気がする…
というわけでマイク&アンガスは偉そうな医者の息子でした。

ギャングファミリー内の銃撃戦で
銃創患者は警察と一緒に到着。
治療を巡って家族が銃を構え合い
病院は恐ろしいところです。
ここでは終始マイクが落ち着いて行動。
撃たれた息子が肝臓移植が必要となり
敵対する側の息子が適応していることが判明。
息子同士は友達だからいいんだけど、親が許すはずがなく
結局息子が親を説得します。

勢いで寝ちゃったハドソンとクリスタだけど
職場では上司と部下の関係を保てていたかな。
統合失調症で自殺志望の夫が飛び降りに失敗し
妻は夫の意思に従うために延命を拒否。
クリスタは納得できなくて蘇生をし始めますが
ハドソンがストップをかけます。

外科医のインターンのヘザーとマリオの関係では
アンガスを傷つけないようにとマラヤはマリオに指摘しますが
実はへザーは外科医とも関係を持っていることが判明。
マリオにもショックな話でした。

ロリッシュが車を止めると
乗せて行ってくれと青年が近づいてきます。
刑務所が近いのでヒッチハイク禁止の看板が出ているので
乗せることはできないけれど一緒にパイを食べることで合意。
獄中の父の面会に行く青年の話を聞いていて背中を押され
自らも刑務所へ同行します。
そして家族を奪った交通事故の加害者と面会し
彼を赦します。
これでロリッシュも気持ちの整理がついたようですが
仕事の件に関しては宙づり状態。
マイクは後に入る気はないと断っています。

マラヤは腹痛を訴える患者を診察しますが
その患者はスタッフの休憩室に入り込んで付きまとってきます。
ER部長のジーナは相手にしないように指示。
彼女の冷たさにマラヤはイラっとしてましたが
患者はさらに腹を立てたようで
いつの間にか手術着を奪ってスタッフのロッカールームに侵入します。
クリスタがロッカールームに入ると
血だらけのジーナが倒れていました。
病院は恐ろしいところ…次回に続きます。

Code Black S1-#12 「霧の向こう側」

すさまじい交通事故のその後…

クリスタたちがどうやって発見されるのかが気がかりでしたが
勇敢な妹はガールスカウトでモールス信号を習っていて
ライトでSOS発信をすることができました。
そのライトをクリスタを探していたハドソンが見かけてクリスタと親子たちを発見し
ヘリコプターを呼んでついに救出されます。
息子の方は回復しそうですが
母は足の感覚がなく歩けるかどうかわからないまま。
でも役に立つ娘はいるし,、きっと大丈夫!

マリオと外科の研修生のヘザーは銃で脅されたまま
すでに心肺停止状態の妻の蘇生を行っていましたが
どうしようもなく夫に妻の死を伝えます。
すると絶望した夫は銃口を自分のこめかみに向けて発射
その直前をマリオが止めたため夫は一命をとりとめますが
ERに運ばれてきてからの夫は直前の記憶が失われ
何が起きたのか分かっていません。
妻の死も、自分が何をしたのかわからないのも辛すぎます。

極度の緊張感から解放されたマリオとヘザーは
休憩室で思わずキスしてしまいますが
他の人が入ってきたので中断。
その後アンガスに声をかけられたヘザーは
そのまましばしアンガスとハグしていたため
アンガスはすっかりその気になってしまい
マリオにも相談します。
マリオにはそんなつもりはなかったみたいだけど
結局はヘザーとの仲が発展。
アンガスが知ったら傷つくだろうな。

マラヤのミスで命の危機にさらされている女性を
ロリッシュとハドソンのチームワークで何とか救います。
上からのストップがかかっても関係なし。
ロリッシュは正しいと思うことをどんどん進め
命を救っていきます。
ガスリー息子とちょっといい感じになっていたロリッシュですが
ガスリー息子は突如姿を消してしまいました。
ガスリー曰くよくある話なんだそうで。
自信たっぷりな様子のドクターだったのに
人は見かけではわかりません。

マラヤはカーラが危険な状態であることを聞かされますが
カーラの意思を尊重して会おうとしません。
でもガスリーやジェシーに諭され病室に行くと
カーラはマラヤを待っていました。
カーラの死ぬ前に子供を抱きたいという願いを叶えるために
カーラは陣痛促進剤を用いて出産。
短い時間だったけど子供に触れると亡くなります。
辛い最期でしたが願いが叶ったのはよかったです。