FC2ブログ

カテゴリCode Black 1/5

Code Black S2-#16 「最後の奇跡」

感染症の治療ができないまま患者の症状は重くなりロリッシュが気にかけていたアリエルや心臓移植を待つ婚約者の父親に付き添っていたジェレミーが感染します。とにかく発症元を特定する必要があり体調が悪化するアリシアからヨランダらのいた場所を訪ねロリッシュとウィリスが捜索するとCDCが持ち込んだワクチンが盗まれ発症した患者が見つかりました。ワクチンの存在は明らかになり希望が持てたけどCDCの責任者のレディックは動物...

  •  0
  •  0

Code Black S2-#15 「悪魔のしわざ」

あまりにも辛すぎて・・・救急搬送を要請されてインターンたちが行った先では高熱を出したヨランダを悪魔祓いで救おうとしていました。だがヨランダは暴れて半狂乱になっています。何とかエンジェルスに運び拘束しますが原因は謎。狂犬病の疑いがもたれ、治療を始めることにしますがヨランダを抑えていたヘザーが腕を噛まれてしまいます。ヘザーも治療のために寝かされ、もう一人同じ症状の女性が運ばれてきます。ウィリスが彼女た...

  •  0
  •  0

Code Black S2-#14 「見えない事実」 

高層ビルの建築現場で作業員二人がクレーンにはさまって動けなくなっていると通報がありウィリスとマリオが出動します。30階の高さに伸びているクレーンの腕は下を覗き込むと本当に高い。もちろん消防の救助隊は出動しているわけですがけが人を救い出すには医者が必要ということなんですね。でもシカゴでは消防がせっせと仕事をしてMedの人たちが現場に上ることなどまずない気がするのですがLAにはセブライドがいないってことなん...

  •  0
  •  0

Code Black S2-#13 「忘れえぬ哀歌」

ガスリーはパーキンソン病治療のための脳手術を受け入れられないまま病院に復帰。治療はできないのでサポートに回ることにします。アパートで火災が発生し、巻き込まれた火傷を負った人たちが次々にERに運ばれてきます。牧師の父親と大喧嘩し謝る前に負傷した父と娘。移民の母親はひたすら叫びどうやら子供を探している様子。まもなく男の赤ちゃんが無事に発見されますが母はまだ半狂乱のまま。子どもは双子で、女の子が見つかって...

  •  0
  •  0

Code Black S2-#12 「目の前の奇跡」

船舶内で虫垂炎になった男性が家族を残して医療ヘリで運ばれてくる途中ヘリが墜落、パイロットらもERに運ばれてきます。男性の手術は無事に終わったけどヘリを操縦していた女性パイロットは助からず。そのうち治ったはずの男性が血液が凝固しない症状が出てきて回復が危うい状況になってきます。ロリッシュは病院に待機しているヘリを飛ばして家族を呼び寄せたいと願いますがキャンベルに却下されそれでもなんとか実現させ妻と息子...

  •  0
  •  0