INDEX    RSS    ADMIN

Ringo Starr and His All Starr Band  11月1日オーチャードホール

「Eight Days a Week」でBeatlesの世界に堪能した後
今度はRingo本人が来日!
Ringoとオールスターバンドのライブを観てきました。

Ringoのライブは以前にも観たことがありますが
Beatles時代の彼がボーカルを取った曲とソロの代表曲。
そしてオールスターバンドのメンバーそれぞれの代表曲を演奏するという
とてもゴージャスな選曲となっています。
今回のメンバーはSteve Lukather(g)、Richard Page(b)、Gregg Rolie(key)、Todd Rundgren(g)となっていて
(他にWarren Ham (sax,per)Gregg Bissonette(ds)がいます)
というわけでもれなくTOTO、Santana、Mr.MisterにToddの曲がついてきました♪
これらの楽曲の演奏順がなんとも不思議な感じで
その曲を夢中になって聞いていた時代やヒットした時代にさかのぼって
当時を思い起こしながらしみじみする
ほっこりした時間を楽しませてもらいました。
座席が1階の後ろから3列目というかなり悲しい場所だったんですけど
それでもスタジアムライブじゃなくて普通のホールだから
メンバーの動く姿はしっかり確認できました。
客席の盛り上がりぶりもよくわかる面白さもあったかも。

Ringoは最高のエンターテイナー。
まさに友達の助けをちょっと借りながら
素晴らしいライブを演出してくれます。
Ringoの人柄の成せる技だよね。
ソロボーカルをとるときはとても楽しそうに
客席を上手に盛り上げてくれます。
もちろんYellow SubmarineやWith a Little Help From My Friendsは大合唱。
トークも絶妙だし、観客を大切にしてくれている。
さらに身のこなしが軽やかなんですよね。
歌っていたかと思うとささっと上がってドラムを叩き始め
このパワーはどこから来るのって恐れ入りました。
とてもとても76歳とは思えません。
そしてRingoのポリシーであるラブ&ピース。
このブレない姿勢も大好きです。

Ringoを味わうことが第一の目的ですが
もちろんオールスターバンドから何が飛び出すかも楽しみでした。
TOTOは全盛期にライブに行ったっけ。
ここではRosannaやHold the Lineなど定番をばっちり披露してくれました。
Gregg Rolieって初期のJourneyにいた人ですが
その前がSantanaで第一期のメンバーですよね。
Woodstockで演奏してたっけ!とこれも相当昔の話ですが
Black Magic Womanとか懐かしかったです。
Mr.MisterはBroken WingsやKyrieをMTVで知ったという印象。
でも当時流行ってましたよね。

そしてTodd。
もう何回ライブに行ったか数えられなくなってますが(苦笑)
いろいろな形態でのToddのライブを観ている中で
今回は脇役に徹しつつ、
でも時折ユニークな動きを見せてくれるのが新鮮でよかった。
申し訳ないけれど最近のToddの曲を聴いていないので
彼のソロライブもいいんですけど
今回のラインアップの方が全曲知ってる!って
演奏の中に自分もどっぷりハマれる楽しさがありました。
I Saw the LightやLove is the Answerは
もちろん一緒に歌って盛り上がれたし
Bang the DrumでRingoとToddのドラムの共演なんて
夢のような瞬間でウルウルしていましたが・・・

でも後部座席のお客さんはとりあえずRingoのファンという感じで
TOTOやSantanaは知っててもToddを知らない・・・
この人だあれ?的な冷ややかなリアクションが伝わってきて
ひとりキャーキャー騒いでる自分がちょっといたたまれなかったです。
まあToddファンもいるんだぞとアピールできたからいいか。

あっという間の2時間。
とても充実した時間でした。
Ringoにはいつまでもお元気で
ラブ&ピースでみんなに幸せを届けてほしいなと願っています。
これってもしかしたらノーベル平和賞に匹敵しません?
Bob Dylanだってノーベル文学賞なんだもん。
あってもいいと思いますよ!
ringopro.jpg
スポンサーサイト

BS洋楽グラフティ80's Vol.3

たまにはドラマから離れて音楽の話題を。

土曜日深夜にNHK BSでオンエアされている
「笑う洋楽展」を観るのを楽しみにしています。
これはみうらじゅんと安齋肇が毎回テーマを決めて
洋楽ビデオクリップを見ながらあれやこれや語る番組なんですけど
はっきり言って歌は聞いておらず、映像を見ながらツッコミ倒す
そのツッコミのツボが楽しくて一緒に笑わせてもらっているんですが
洋楽グラフティはその元ネタ編。
ひたすら洋楽クリップを掛け続けるだけの番組なんですけど
観慣れたPVよりもライブ映像が多く
観たことのない貴重な映像も飛び出してきて感激します。
そしてこちらはじっくり歌や演奏も聞かせてもらえるし
やはり両方観なくてはダメかなと。

洋楽グラフティは不定期放映?しているようでつい観そびれてしまうんですが
先週の'90 Vol1と今週の'80 Vol3はしっかり録画してチェックしました。
自分がひたすら洋楽PVを観続けていたのはMTVが始まった80年代で
この頃の音楽はほぼマスターしています。
90年になってからはテレビから離れていたのかな?
知らない曲が増えていました。
というわけで'80の方は懐かしく、でも観たことのない映像が多くて
十分楽しませてもらいました。

ラインナップはNHKのHPからコピペさせてもらいます。

♪「I Love Rock And Roll」 by Joan Jett & The Blackhearts
♪「Who Can It Be Now?」 by Men at Work
♪「Let's Groove」 by Earth, Wind & Fire
♪「Rock This Town」 by Stray Cats
♪「Mickey」 by Toni Basil
♪「I Ran」 by A Flock of Seagulls
♪「I Want Candy」 by Bow Wow Wow
♪「Abracadabra」 by Steve Miller Band
♪「Ebony And Ivory」 by Paul McCartney & Stevie Wonder
♪「Back On The Chain Gang」 by The Pretenders
♪「Don't You Want Me」 by The Human League
♪「Twilight Zone」 by Golden Earring
♪「Goody Two Shoes」 by Adam Ant
♪「We Got The Beat」 by The Go-Go's
♪「Maneater」 by Hall & Oates
♪「Tainted Love」 by Soft Cell
♪「Let's Get It Up」 by AC/DC

「気の強い女」特集で楽しませてもらったJoan Jettや The Pretendersは大好きでした。
かっこいいもんね。
それに比べてなんだこりゃ?と当時から思っていたのが
A Flock of Seagullsのボーカリストのヘアスタイル。
「I Ran」以外曲も知らないんですけど、あの両脇がピンと立ったヘアスタイルだけは印象的でした。
The Human Leagueの「Don't You Want Me」はGleeでも歌われていた名曲だけど
あの人たちも不思議ないでたちだよね。
みなさんやたらとメイクが濃いし、やはりボーカルのお兄さんのヘアスタイルは理解不能。
これが80年代だったんだよね。
そんな中で安定しているのがAC/DCかな。
独自のスタイルを変える気が全くないのが立派です。

どの曲も思い出深いんですが
お気に入りの一曲を選べと言われたら
Golden Earringの「Twilight Zone」 を選びます。
当時のPVが銃弾が飛んじゃうクライムモードでそれなりに凝っていたんだよね。



見てわかるとおりすでにオヤジバンドでオランダ出身。
60年代から活動を始め、70年代にヒット曲「Radar Love」を含むMoontanというアルバムをリリースしています。
でもその頃はマニアックな存在だったのに
この「Twillight Zone」のヒットで知名度がアップしました。
まだ現役活躍中らしいです。素晴らしい♪

Paul McCartney Out There Japan Tour 2014に行く予定だったのが…

先日からつぶやいているポールのライブ中止について。
結局日本公演全行程がキャンセルとなってしまいました。
国立競技場のフィナーレを飾るライブも
The Beatlesの記念すべきライブを行った日本武道館での追加公演も
幻となってしまったのは本当に残念です。

でも71歳という年齢を考えては、無理をしてはいけないと思います。
自分だって3時間歌えなんてとんでもない!絶対無理です。
ここまでしっかり健康管理をして頑張ってきたのでしょうから、ポール自身が一番つらいと思うけど
しっかり回復して、近いうち是非また再来日を果たしてほしいと願っています。

Paulの前回の来日時は食指は動いたんですが
日程的に無理かなと初めから諦めてしまいました。
でも今回の再来日は土日のコンサートで
会場も国立競技場ならそれほど遠くないしと
条件的にもよかったので申し込んでめでたくチケットをゲット。
17日の公演を観ることにしました。
そしてわくわくしながら当日を迎えたのですが…

コンサートが中止かもという情報を知ったのは
電車で移動中のTwitterの画面で。
まだその時ははっきりしていなかったので
とにかく国立競技場まで行ってみることにしました。
千駄ヶ谷に近づくころは中止は決定となり
ここではホームが大混乱していて、結局信濃町で降りて青山門へ。
戻ってくる人もたくさんいて、残念だなあと思いながら
とにかく会場にたどり着きました。

このときは17日の公演は19日の月曜に振り返ると告知されていたので
月曜の17時30分に国立競技場に来るのは無理だな。
でもちょっとでもステージを観られればいいかなんて軽い気持ちで
とにかく来たんだから写真を撮ったり、グッズを買ったり
なんだか観光客気分で過ごしてしまいました。

paul2.jpg
至る所に張り紙&スタッフが持っていました。
paul3.jpg
黒い幕の向こうにちらっとステージが見えました。
paul4.jpg
マラソンゲートの看板。

翌日、18、19両日の公演が中止になったことを知り
そして今日武道館と大阪の公演も中止になったことを知り
今回のライブは幻となってしまいました。
チケット代は払い戻されるし、自分は都心に近いので多少の交通費がかかったくらいで済みましたが
遠路はるばる上京し、交通費、宿泊費等もかかったファンの人たちは
すごい出費になってしまったことでしょう。

初日だったので、まだ先があるだろうと穏やかに会場を後にしましたが
18日に会場に行った人はもっと複雑な思いだったのかな。
ともあれあまり経験したことのない週末を過ごしました。

Silverhead Live at 下北沢Garden

ついに念願叶って生のMichael des Barres(以下デバレス君と呼ばせていただきます)の姿を拝めました。
デバレス君についてはこちらをご参照ください。
Nip/Tuck S5-#3 「エヴェレット・ポー」
Bones S5-#19 「殺しのセッション」
こうしてドラマにもちょこちょこ顔を出しているデバレス君。
代表作は「冒険野郎マクガイバー」の天敵マードックですが
ミュージシャンでもあり俳優でもあり
Rick Springfieldとともに大好きな
「二足の草鞋」オヤジでございます。

Silverheadはデバレス君のスタート地点。
自分にとってのリアル体験は彼の次のバンドDetectiveだったので
Silverheadはそれからアルバムを買いましたが
1974年のMLに載ってたSilverheadのポスターのデバレス君に一目惚れ。
なんと美麗なんでしょう。
それ以来地道にファンを続けてきました。
デバレス君はその後すっかりオヤジ化し
「Miami Vice」ではPower Stationのメンバーとしてライブを披露し
「マクガイバー」では不死身の敵マードックとして何度も現れてマクガイバーを苦しめ
(大好きなキャラでした♪)
最近はかつては売れっ子だったけど今は落ちぶれたミュージシャンとか
そんなキャラをやらせたら最高の演技を見せてくれていましたが。

そんなデバレス君がSilverheadの第2期オリジナルメンバーで復活。
日本でライブしてくれたんです。
実は彼らは74年に来日してライブをしてるんですが、その時は知る由もなく・・・
まさかこうして生で観られるなんて本当に夢のような話でした。

普通にライブハウスなのでセンターにスタンバイして
目の前のデバレス君をじっくり堪能。
これがまた大変で・・・
何しろステージから手を伸ばしてファンにタッチしてくれたり
気がついたらダイブしてたり
もともと小柄な人だし、ものすごく鍛えてる感じで無駄な肉が付いてないし
全然重くはないんですけど、しっかりファンの一員として支えさせてもらいました(笑)
ファンとのコンタクトを大切にする。
そしてうまく見せ場を作っていく。
これがまた俳優型ミュージシャンの特徴なのかなと勝手に思いこみ。
Rickと共通する部分があります。
さらに写真撮影がOK。
ライブハウスだからなのか、バンドの意向なのかよくわかりませんが
一緒に跳びはね叫びながら、せっせと写させてもらいました♪

「Silverhead」と「16 and Savaged」の2枚のアルバムから
代表曲を次々に披露。
さすがにどの曲も歌えます。
当時はデバレス君の英語の歌詞が聞き取れなくて困りましたが
すっかりアメリカナイズされちゃった?
いつの間にかわかりやすくなっている気がしました。
そして今回意外だったのは男性ファンが多かったこと。
自分にとっては彼はキュートなアイドルのイメージだったから
男性に人気?がちょっと不思議でした。
でもグラムロックの中では硬派なサウンドなのかな。

1948年生まれのデバレス君は64歳ですか?
髪は真っ白なんですけど実に若々しくてお元気でしたよ。
ステージで息子さんを紹介。
大阪で働いているんですって。
実は日本と縁のあるデバレス君なのでした。

desbarres1.jpg
アイドル時代のデバレス君

desbarres3.jpg
現在のデバレス君、オヤジ化しても素敵です。

desbarres2.jpg
カリスマ性十分

Lisa Stansfield 「Biography」

Biography [DVD]Biography [DVD]
(2003/02/03)
Lisa Stansfield

商品詳細を見る


<カッターさん祭り>

ついにPVに手を出しちゃいました。

リサ・スタンスフィールドって全く知らないシンガーでした。
でもYouTubeにアップされている「Set Your Loving Free」の映像を紹介してもらい大感激。
リサのお相手がライナスなんですよ。



キュートすぎです。
もういきなりヘタレ度満点。
さっさとリサに押し倒されジタバタし…
これが典型的ライナスってことでしょうか。
シャツ突っ込みファッションはちょっといただけないけど。

lisapv.jpg

でもこの微笑みなら許されます。

この曲は1996年にリリースされたリサの4枚目のアルバムReal Loveに収録されていますが
PV製作もその頃なのでしょう。
美青年カッターさんです。

ところでこの映像をDVDで視聴できないか探してみたら
Biographyという作品を発見。
Greatest Hitsなんですが
一曲ごとにリサが曲の解説をしています。
でこの曲は?
リサは「ライナス・ローチ!」と一言言って笑っていました。

初めてリサの曲を聴きましたが
90年代テイストながらお洒落でいい感じ。かなり気に入りました。
PVももっと際どいセクシーなものが多くて
ライナスとのコンビは清純派かも。
それでもリサが押し倒してますけどね(笑)
値段が安いのでお買い得ですが
リージョンオールと表示してあるのに普通のデッキでは再生できず
オールリージョンのデッキで観ることができました。
お気をつけください。