INDEX    RSS    ADMIN

Desperate Housewives S8-#23 「晴れやかな妻たち」

実はS8途中でリタイアしてしまったデス妻でしたが
どうしても最終回だけは見届けたいと思い復活しました。
途中飛んでしまった部分も
ドラマの進行の中でなんとなくわかりました。

フィナーレにふさわしい展開。
まずレネとベンの結婚式は、いかにもこのドラマらしくトラブルの続出。
でもなんとか無事に結婚できました。
結婚式でドラマが終わるのは定番ですからね。
さらにジュリーの出産とマクラスキーさんの死。
命のバトンが繋がれた、これもいかにもフィナーレです。
マクラスキーさんの病気の進行については観ていなかったのでわかりませんが
実際にもこの直後に亡くなられているんですよね。
自分病気をドラマ上に取り上げ
最期まで素晴らしい演技を見せてくれたマクラスキーさんに敬服します。

そしてデス妻たちは?
スーザンはジュリーの出産に立ち会い
ブリーは弁護士のトリップ(チャックの父ちゃんなんですけど)との愛を確かめ合い
レネットとトムの寄りが戻ったら、キャサリンがリネットにNYでの仕事を持ち込み
ガブリエルとカルロスは家での立場が逆転し
でも皆幸せそうでした。

ドラマの最後に将来の彼女たちの姿を見せてしまうのも
ありがちの演出ですが、みんなおめでた過ぎ?
そしてまた現在に戻ってスーザンの引っ越し。
MJやジュリーや赤ちゃんを乗せてウィステリア通りを一周します。
その時通りに立っているのはメアリーアリスを筆頭に白装束の亡霊たち。
一部生きてる人もいたようですが
ここでいきなりホラーですか。
さらにスーザンの家に越してきた人も
こっそり秘密を抱えているようです。
デス妻は終わっても、ウィステリア通りが平和な町になるわけがなく…

ちょっと不気味な余韻を残しつつもすっきり終わったデス妻。
8年間ありがとう!!
スポンサーサイト

Desperate Housewives S6-#23 「不屈のマドンナたち」

予想できた展開と想定外だった展開がごちゃ混ぜ。
S7プレミアに向けて覚書をまとめておきます。

エディに軟禁されたリネットが破水したのは予告編で観たとおり。
SVUのキャシーに続いて、今週は二人目の出産シーンでした。
どちらも子だくさんだから切羽詰まった時でも落ち着いて対処できてる?
リネットはエディに指導しつつ、無事に出産を終えます。
しかも逃げようとするエディを説得。
一人の新しい命を救ったことを誇りに思い
今警察に連絡して楽になるように。
逃げようとしたエディは出頭する覚悟ができ
リネットが911通報している間、赤ちゃんを抱いていました。

アンジーのメッセージを受け取ったガブリエルは入院中のニックに連絡。
ニックを病院から連れ出しますが、とても動ける状態ではありません。
仕方なくスーザンを巻き込んでアンジーとダニーの救出作戦を開始。
その頃完成した爆弾を受け取ったパトリックは爆弾を家に隠したまま
アンジーを連れ出して車に乗せ逃走しようとしていました。
そしてリモコンが届く範囲でスイッチを入れ
30秒後に自宅爆破。
囚われのダニーと助けに行ったアンジーが爆破さえる?と思ったら
アンジーの方がずっと賢かった。
爆弾は起爆スイッチにセットされていて
パトリックは車ごとぶっ飛んでしまいました。
お気の毒に…

ブリーはアンドリューを刑務所に送るわけにはいかず
会社ごとサムに譲り渡すことにします。
これでサムとはきれいに縁を切ることができましたが
そのやり方をオーソンは気に入りませんでした。
自分がマイクを轢いた時は服役して罪を償い再出発できたのに
アンドリューの罪を隠し通そうとするブリーに納得できない。
オーソンは自らヴァンデカンプ家を出ていきます。

スーザンとマイクの家は荷物をガレージセールで片付け
ウィステリア通りから出ていきます。
名残惜しく思い出深い自宅や仲間たちとお別れ。
自宅はすぐに新しい借り手が付いたのですが
りーが紹介した相手は、なんとあのポールでした。
まだいたんだね…なんとしぶとい奴。
S7のトラブルメーカーなんでしょうか。
もうひとつ病院で長く働いていた看護師が病死する直前
懺悔で告白したのが赤ちゃんの取り違え事件。
ウィステリア通りの誰かの子供が、実の両親に育てられていないらしいです。
これがもう一つの秘密なんだ。

また半年後をお楽しみに…

Desperate Housewives S6-#22 「絶体絶命」

全てが最悪の事態に…

パトリックはアンジーを自宅で軟禁し
爆弾づくりを命じています。
パトリックはエコテロリストなんだそうで
自然を守るために爆弾?
それで人が犠牲になっていいのかとアンジーはつっかかりますが
確かに変なテロリストだ。
しかも爆弾の材料、全部用意してあげたの?
だったら自分で作った方が早い気がするんだけど。
ついでに若づくりパトリックがかなり怪しげでした。
ここへアンジーに呼ばれたと思ってダニーが帰ってきて
そのまま一緒に囚われの身に。
だがカルロスに絶品ラザニアを作る約束をしちゃったガブリエルが
レシピを貸してもらいに来たり、味見を頼みに来たりして
パトリックにとって邪魔が入ります。
救出のチャンスを願うアンジーは
味見をしたラザニアにメッセージを入れてガブリエルに返すと
ガブリエルは頭にきてそのラザニアを捨てちゃいましたが
お腹のすいた娘たちがゴミ箱から拾って食べてくれたおかげで
ガブリエルはアンジーの救出要請を発見します。
これでニックが助けに来てくれるのか乞うご期待。

ブリーはサムと手を切る方法をオーソンとアンドリューと相談。
金を渡して消えてもらおうという結論が出たので
ブリーはカールの残した信託財産ということで小切手を渡します。
ところがサムは金で釣られるわけがなく
せっかくブリーが元警察のお友達に手伝ってサムを脅してもらったのに
アンドリューがカルロスの母をひき逃げした事件を持ち出して
リベンジしてきます。
そうそう、これもひき逃げ事件でした。
いつの時代もウィステリア通りは物騒だ。
そしてヴァン・デ・カンプ家の恐怖は続きます。

入りーナの埋められていた遺体が発見され
プレストンは警察の事情聴取を受けます。
連続殺人が起きた時ヨーロッパにいたので容疑者からは外されますが
自分が連れてこなければイリーナは殺されなかったと
プレストンはショックを隠せません。
リネットにバーバラのことを聞かれ
家を出て飲んだくれていると嘘をついていたエディは
イリーナの遺体が発見されたと聞いて
自宅に帰ると言い出します。
リネットは何の疑いも持たずにエディを自宅に返すと
今度は警察でバーバラの遺体が見つかったという情報を聴いてしまいます。
リネットがエディの家に行くと、エディは荷物をまとめ
バーバラがいたのでフロリダに行くと言い出します。
リネットがバーバラが死んだのは間違い?と疑っているうちに
エディはリネットを軟禁しようとし始めました。
これはアンジーたちより危険な状態かも。

其れに比べるとスーザンは幸せかな?
マイクがあちこちの家の修理の未払い分を放置しているのに気付いたスーザンは
自ら脅しをかけ代金を奪い取ってきます。
でも税金のリミットが来ちゃって大ピンチ。
スーザンは自宅を貸して、自分たちは学校の近くのアパートに住むことに決めました。
お金はなくても、とりあえず脅されてないだけラッキーでしょう。

そして次回はシーズンファイナル。
いつものように見せすぎの予告編によると、
リネットは産気づいてエディに出産を手伝わせているし
また車が爆発してる?
波乱万丈のシーズンファイナルに期待しましょう。

Desperate Housewives S6-#S21 「遺恨」

やっぱりウィステリア通りは物騒だ!

パトリックとアンジーはテロリストで
それを追っていたのがニックだったんですか。
アンジーの火傷の件は納得しました。
ニック、いい奴だったんだ。
若い娘に浮気してたから、全然そう思えなかったけど。
カフェでパトリックがダニーと喋っていたら
そこにニックがやってきます。
慌ててパトリックは顔を隠し
その後いよいよ行動開始。
ニックが夜ジョギングすることを知ったので
走っているニックを車で追い
今度は正面から突撃して彼を撥ねます。
しかしみんなよく交通事故に遭うよね。
物騒だ…
ニックはパトリックが戻ってきたことを察知
ダニーとアンジーを避難させようとします。
ダニーは隠れたけれど、自宅に戻ったアンジーはパトリックと鉢合わせ。
パトリックはどんなリベンジを考えているのでしょう。

サムはスーパーで女性の店員と顔を合わせ
気まずそうな雰囲気で話しています。
ブリーは二人の関係が気になって後ほどまた一人でスーパーに。
店員はサムの母親でした。
母が死んだというのは嘘。
でもサムは母は死んだも同然だとブリーに言い切ります。
レックスはサムが幼いころ
サムを引き取って育てようと思ったことがあったそうですが
母親が阻止し、一人でサムを育てることにしました。
その結果サムは貧乏暮らしを強いられます。
もしレックスと一緒だったら、もっと裕福な暮らしができたに違いない。
そう言ってブチ切れたサムに、ブリーは初めて恐ろしさを覚えました。
こちらもなんだか物騒になってきましたよ。

エディはスカーボ家の手伝いをよくやってくれます。
でもポーターがリネットの言うことを聴かずに勝手なことをやろうとしたら
突如エディがキレてポーターの首を絞めようとしました。
リネットはびっくりしますが
アル中の母を持つ子供の思いもよくわかります。
エディにはいらっと来た時はまず深呼吸して落ち着くように話し
エディをカウンセリングに連れて行きます。
しかし母親と一緒の方がいいと言われ、
リネットはエディの家を訪ねますが、バーバラは姿を見せません。
こちらも危険な状態に…

ガブリエルとスーザンのお芝居は
他のことに比べるとずっと平和でしたね。
騙されかけるカルロスとマイクがおかしかった。
しかしマイクもまだ何か隠していそうだな。
ここもやっぱり不穏な空気が。

残り2話。とんでもない結末が待っていそうで恐ろしいです。

Desperate Housewives S6-#20 「虐げられた魂」

突然とってつけたようなエディの物語。
ここでジュリーの首を絞め、女性たちを死に至らしめたシリアルキラーの存在を明らかにするため
突如エディがクローズアップされます。
確かに今シーズンそれとなくエディは出てきたけど
その前に、メアリーアリス存命の頃から
エディはウィステリア通りに住んでいたって言うのは虫がよすぎる気がする。
ついでにアル中母のバーバラも。
そしてバーバラを演じているのがDiane Ferr。
Numb3rsのメーガンの頃はかっこよかったけど
Californicationでは皆と一緒にぶっ飛んでたからね。
そして今度はアル中ですか。
彼女のイメージがどんどん壊れていっていいのでしょうか。

メアリーアリスはエディの父親が家を出ていく場面に遭遇。
ほったらかされエディを心配します。
ガブリエルがウィステリア通りに越してきたとき
新居に勝手に居座っていたエディに驚きます。
家庭環境は最悪でも、エディは成長していきました。
素直な子に見えたんだけどね。

エディはダニエルに片思い。
ブリーの家のペンキ塗りのアルバイトをしながら
エディは恋を成就させる方法をブリーに聞くと
ブリーは得意満面に彼女流の大袈裟なアピールをレクチャーします。
ところがそれを実際エディがやってみると
ブリーはあっさりお断り。
エディは笑い物になってしまいました。
当然エディは傷つきます。
こうして歪み始めたエディは娼婦に馬鹿にされてブチ切れます。

エディは絵を描くのが好きでした。
バーバラは相手にしてくれませんでしたが
カフェでバイト中のエディが描いた絵をたまたまスーザンが見て
彼の才能を見出します。
そしてエディに絵を教えてあげることにしました。
エディはどんどん上達。
スーザンはエディをセミナーに通わせてあげます。
エディはすっかり楽しみながらさらに自信をつけ
スーザンに報告に来ますが
スーザンはマイクとの結婚が決まって気もそぞろ。
エディを相手にしてくれませんでした。
思いこんだら周りが見えないのはいつものスーザンのことだけど
自分を大切にしてくれたスーザンに思いをよせていたのに
あっさり裏切られて怒りが爆発します。
そしてメイヤー家から深夜ゴミ捨てに出てきた女性に近づき
後ろから首を締めたら、それはジュリーでした。

ほらね。やっぱり悪いのはスーザンじゃん。
ジュリーは間違えて犠牲にされちゃったんだ。
それを隠したままエディはスカーボ家の息子たちと親しく過ごし
スカーボ家で食事させてもらったりゲームをしたり。
その様子がバーバラは気に食わず、エディを連れ戻し食ってかかります。
怒ったエディはバーバラを叩きのめします。
そしてバーバラはすっかり酔っぱらってしまったということにして
リネットの言葉に甘えて、スカーボ家にお世話になることにしました。

いよいよエディの化けの皮がはがされるのか。
それとも新たな事件が起こるのか…
エディは罰せられて当然だけど
彼の育ってきた環境を考え、どこかで救いの手を差し伸べてあげてほしいな。
どんな流れで事件解決に向かうのかが気がかりです。