INDEX    RSS    ADMIN

Melrose Placeを観終えて

夏に一挙放送を録画したまま
後半を放置状態だったMP。
年末年始でなんとか観終えました。
観始めると結構楽しくて一気に進めるんですけどね。

新ビバヒルは続いてますが
MPは結局1シーズン18話で幕を閉じてしまいました。
敗因は何だったんだろう。
MPながらのドロドロ感に欠けてたかな。
若者たちは心底悪人になれてないんだもん。

その中でなんとかドロドロ感を醸し出していたのは
かつてのMPメンバー。
アマンダは相変わらずアマンダ。
途中で体調が悪くなり、
さすがにアマンダも年貢の納め時?と思ったらとんでもない。
相変わらず欲の皮は突っ張っています。
そして逮捕されておしまい。
なんとまあアマンダらしい。
っていうかいつの間にか主役の座を食ってません?
それがまたアマンダってことかな。

悪事に関して負けてないのはマイケル。
息子の方がずっとまともじゃないですか。
ドリューがマイケルの心臓手術に不信感を抱いていたのは
自分の心臓の中に問題の弁が埋め込まれていたから。
その衝撃的な事実を最後に知らされて
さすがマイケル…と思ったら
この問題も解決しないまま。
もしこの先があるなら
本来ならドリューのリベンジが始まるのがMPなんですけど
みんないい人たちなので
真っ当に法の裁きを受けさせるくらいで終わっちゃうんだろうな。

そしてしつこいシドニーは
ういに亡霊になってアマンダの前に現れました。
これもとても納得。
あくまでもクールだったジョーやジェーンは
正しく新シリーズの引き立て役になってました。

そんなわけでオリジナルメンバーのインパクトが強すぎ。
新シリーズなんだもん。
もう少し控えめでもよかったのかなと思います。

打ち切りになって一番残念なのは
せっかくDQのサリーが出てきたのに…活躍場面がなくなっちゃったこと。
HIgher Ground以来久々にJoe Landoの姿を観ましたが
相変わらずかっこいいです♪
今回のキャラは金持ちの怖いオヤジ。
しつこそうな娘がデイヴィッドに近づき、恋人と思い込んでしまい
デイヴィッドは彼女との縁を断ち切りたいんだけど
怖いオヤジが脅しにかかります。
勝手なまねをしたらただじゃおかないぞと
凄味を利かせたところでおしまい。
このまま次シーズンが続いていたら
嫌味なサリーがもっともっと味わえたのに。
本当に残念でした。

そういえばムービープラスで放映されていたオリジナルのMP。
結局S4までしかオンエアしてくれなかったんですね…
スポンサーサイト

Melrose Place 途中経過報告

MPマラソン、第8話まで観終わりました。
シドニー殺人事件の真相はまだ暴かれず。
デイヴィッドが第一容疑者にされてますが、彼の記憶は曖昧。
ロドリゲス刑事の捜査の押しがもう一つ弱いんだな。

シーズン半ばまで観ての感想。
さすがMP、みなさん一筋縄でいかないのは同じですが
新MPの方がいい人たちが多いかも。
心底悪そうなのはデイヴィッドとバイオレットくらいだし。
でもこの二人はマイケルの息子とシドニーの娘だから
邪悪な血を引き継いでいても当然ですが。

ジョナとライリーのカップルは
煮え切らなさ加減がビリーとアリソンの再来っていう感じがします。
それでもなんとかお互い取り繕ってきたのに
8話目にして婚約解消?
こうなるとお互いつまみ食いして足の引っ張り合いなんてことになりそうですが
小学校の先生のライリーはかなりしっかりした道徳観を持ってるようだし
それほどひどく崩れることはないかな。
ジョナの才能が花開くのはなかなか難しそうですけど。

崩れそうでも崩れなかったのがローレン。
授業料を払うために売春を始めたら
エスコートサービスの達人に雇われてしまいました。
それがまさにこんな役がうってつけのN/Tのキンバー。
当然ながらあまりにもハマっていて感心しちゃいました。
ところがローレンが呼ばれた船上パーティーに現れたのがデイヴィッド。
ローレンは自分の正体を明かさないように
襲われたデイヴィッドを救います。
その後エラに頼まれたカルテ改ざんもきっぱりと断るし
医療の道を目指して真っすぐに進んでいますが
デイヴィッドからの借金計画を利用することになるのかな。

そんなローレンを指導するのがマイケル。
あれだけ怪しげでも病院をクビになってはいません。
ますます羽振りがよろしいようで。
デイヴィッドとの仲は最悪。
バイオレットが母の復讐を考えて近付いた時は
あっさり誘惑に負けているところも全然変わっていないダメオヤジです。
ところでデイヴィッドは誰の子だかよくわからず。
母の墓石は見えたんですけど…
そして新MPの医療シーンが、かつてのMPと比べて
ずいぶんリアルに表されるようになりました。
これは大きな進歩かも。

真面目で律儀なスーシェフのオーギーは
キレてしまうと手がつけられないようです。
ライリーへの片思いは断ち切られてしまうのか。
そして付きまとうバイオレットと組んで何か企む?
泥棒稼業に精を出すデイヴィッドはかなりピンチな状態。
まだ警察の追及を受けそうです。
そして広報担当のエラ。
いかにもハリウッドらしい、成功のためには手段を選ばない的
激しい押しはMPにふさわしいと思ったら
そのわりに素直でいい人だったのでちょっと拍子抜けしています。
それよりエラのボスが元ミュータントのブレナンのVictorなんですけど
せっかくMPで大事な位置を占めるゲイキャラなんですけど
その兆候をほとんど見せないのがつまんない!
ゲイのクライアントをさりげなくデートに誘ってはいるようですが
是非マット的存在感を醸し出してほしいのに…残念です。

死んじゃったシドニーと相変わらずのマイケルの他にも
元MPな人達が登場。
ジェーンはそのままデザイナーとして成功を収めていましたが
かなり期難し頑固でエラを困らせます。
ジョーは報道カメラマンとして世界を飛び回っていましたが
LAでファッションモデルの撮影をすることになり
素人のライリーが嫌々ポーズをとっているのにうんざりしましたが
自分の生き方を見つめ直すことになります。
過去の人達が今につながっているのはビバヒルと一緒で
オリジナルのファンを楽しませてくれます。
そしてついに10話めからあのアマンダ登場。
アマンダがいてこそMPなので、ここまではまだ甘いのかも。
後半のとんでもない展開を大いに期待しています。

Melrose Place S1-#1 「Pilot」

新MPをFOXlifeの1シーズンをで2日間一挙放送。
それを一挙録画して視聴することにしました。
MPはムービープラスでS3まで観たところでストップ状態、
その後は以前飛び飛びに観ていたのでなんとなくは覚えているのですが
メルローズ・プレイスに入れ替わり悪男悪女が現れてはトラブルを巻き起こしていく
そのハチャメチャぶりが気に入ってました。
もちろん王道を行くアマンダが素敵だし。

あれから11年後。
メルローズプレイスは健在です。
外観はプールも含めてほとんど変わっていない感じ。
内装は多少は手を入れてると思うけれど。
すっかり雰囲気の変わってしまったウェストビバリー高校より
懐かしさが感じられます。
そして今のメルローズプレイスの家主がシドニー。
すっかりおばさん化しつつも、訳あり度は変わってない感じ。
他の住民は完全に若返ってしまいました。
シェフのオージー、広報担当のエラ、医学生のローレン
教師のライリー(字幕はリリーだけどライリーって発音していた)と
映画監督を目指すジョナは同棲中でもう5年間付き合っています。
そして胡散臭そうなデイヴィッドと越してきたばかりのヴァイオレット。
それなりに親しくやってるようですが
MPの人達なので訳ありなのは確か。
早速デヴィッドはシドニーのベッドで夜を明かし
その後シドニーがプールで死体となって発見されます。

あのしつこいシドニーがいきなり死亡??
ここで人が死んでも全然驚かないMPですが
シドニーの死はかなりショック。
当然デイヴィッドが疑われますが。エラがアリバイ工作してくれます。
シドニーとエラもいろいろあった感じ。
そしてなんとデイヴィッドはマイケル・マンシーニの息子でした!
っていったい母は誰?
マイケルは今はきちんと家族を持っているようで(信じがたい)
デイヴィッドは面倒な存在のようです。
マイケルはなかなか羽振りがよさそうな感じ。
でも見た目は変わってないのが立派です。

シドニー事件の担当刑事ロドリゲス役で
Nicholas Gonzalez登場。
SVUの麻薬課刑事役の印象がよかったので
また刑事役をしっかり楽しませてもらえるのは嬉しいです。
でもMPの刑事だから腹黒かったりするのかな?

事件の方はこれから捜査が進みそうですが
こっそりとオージーは証拠品を燃やしていました。
ぱっと見はまともそうだったけど、さすがMPだ。
誰ひとり信用できません。
ローレンは父が解雇されて学費が払えなくなりそうで
困り切っていたら患者の息子が救いの手を差し伸べると言い出します。
でもオイシイ話には裏があるよね。
そんな中でジョナのプロポーズを受けるかどうか渋っていたライリーは
ようやくYESと答えます。
今のところめでたしめでたしの部分ですが
絶対うまくいかないのがMPなんだよね。

噂のアマンダはシーズン後半から登場。
何をしてくれるのかとても楽しみです。
セクシーオヤジ♪なVictor Websterも準レギュラー出演してくれるし
やはり若者より大人世代の活躍に期待でしょうか。
MPを観てしまうとビバヒルはお子様番組にしか感じられないので
両立はきつい気もするけど
ビバヒルはケリーのためにもうちょっと頑張りましょう。

Melrose Place S4-#32 「衝撃のラスト 生き残るのは誰だ!」

MPのS4が終わりました。
今シーズンも32話。
やたらと長かったけど、でも一気に観終えてしまった気がします。
来週からはS4のリピート放送なので、S5は当分先なのかな。
早く続きが観たいのに。
いろいろなことが中途半端に終わっていて
S5が始まる前に忘れてしまいそうなので
覚書を作っておこうと思います。

ボビー殺害の容疑に問われているピーターは
キンバリーに証言を頼もうと思っていたら
ベッツィーに変わっていたキンバリーに捕まり
精神病院に隔離されてしまいます。
しかもロボトミー手術まで行うことに。
その直前にマイケルとアマンダが助けに来て
ピーターはギリギリで難を逃れたけれど
逃走劇の間にキンバリーがボイラー室から墜落して重態に。
アマンダはピーターに身を隠すよう勧めますが
ピーターは何とかキンバリーの証言を得ようと病院へ行ったために
張り込んでいた刑事に逮捕されてしまいます。
アマンダもピーターに不利な証言をしなければならず
夫婦だったら回避できると知ったアマンダは
獄中のピーターと強引に結婚。
あんなにアマンダと結婚したがっていたピーターが
今になって嫌がっていました。
するとそのあと刑事が
「ピーター・バーンズは別人だ。」と言ってきます。
一体どうなってるの?
そしてマイケルはキンバリーの側についていますが
キンバリーは突然心停止してしまいます。

ボスニアに医療活動に行く決意を固めたオマリーは
ジョーと一夜を過ごした後旅立ちますが
ジョーは結局空港まで追いかけます。
オマリーと一緒にいたいのか決めかねているジョーに
オマリーは飛行機でNYまで追って来いといって先に搭乗します。

アリソンはジェイクの事が気になり
ジェイクはジェーンにすっかり愛想をつかした模様。
そしてビリーはもう一度アリソンとやり直したいと未練タラタラです。
ジェイクはビリーのためにアリソンの誘いを拒んできますが
ビリーとのデートに行く前のアリソンに会ったら
ついに我慢できずにアリソンのキスの誘いに応じてしまいました。
ビリーはレストランの最上階で、ちっとも来ないアリソンを待つのでした。

患者から感染して(何の病気だったの?)入院を余儀なくされたマットは
勉強の遅れを取り戻すために徹夜せねばならず
仲間からアンフェタミンを譲ってもらいます。
これが効果抜群でもっと欲しいと思ったマットは
もう一度頼みに行くのですが持ち合わせがないといわれ
薬品庫の鍵を借りたときついでにこっそり薬をポケットに忍ばせました。

リチャードのレイプを許せないジェーンは
リチャードの小切手を借用して新しい店舗購入に充ててしまいます。
それがバレそうになったので前々から計画していた
リチャード殺害を実施。
シドニーに車を運転させてリチャードを待ち伏せし
帰ってきたリチャードに銃を向けたけど撃てず
なぜなら恐ろしくなったシドニーが
こっそり弾を抜いておいたからでした。
今度はジェーンがリチャードに襲われてピンチ。
とっさにシドニーは手元にあったシャベルでリチャードを殴ります。
リチャードは即死。
すると急にジェーンはあたふたし始めます。
自分が殺すつもりだったのに、
いざ死んでしまったらどうしていいのかわからないとは。
こんなとき潔いのがシドニー。
即リチャードを車に乗せ穴を掘れる場所を見つけると
嫌がっているジェーンの側で
シドニーはせっせと穴を掘ったのでした。
そしてリチャードを埋め一安心!
と思ったらリチャードの手が出てきた。
一体どうなってるの??

こんなクリフハンガーですけど
多分次シーズンの始まりの中で
いくつかの問題は解決し
またいくつかは忘れられ
引き摺るのはごくわずかなのかなという気がします。
多分キンバリーは死んでいて、ジョーは旅立ったのかな。
ビリーはきっぱりと諦めればいいのに。
そしていい人マットがドラッグに手を出すのはやめて欲しい。
とりあえず慎ましやかに
ハウスみたいに一瓶じゃなくて、
一粒こっそりポケットに入れていたのが救いだと思うけど。
ゾンビになったリチャードは、
この先ジェーンとシドニーに付きまとうのでしょうか。
ホラーにならなくていいんですけど。
ピーター・バーンズは彼の名前ではないというのも
かなり謎な結末でした。

ビバヒルのスピンオフ「90120」が好評のようで
MPのスピンオフ計画も出されています。
キャストの何人かがまた顔を出し
ありえないドロドロ世界を展開させてくれると楽しそう。
実現するといいな。

Melrose Place S4-#15 「4組の三角関係」

久々のMPネタですが、相変わらずドロドロです。
一応クリスマスエピだったんですが、ほっとできる要素はマットだけ?
さすがMPでした。

4組の三角関係って・・・
①ビリー、アリソン、ブルック
②リチャード、ジェーン、ジョー
③マイケル、ジェーン、シドニー
④アマンダ、ピーター、ボビー
ってことですか。
ジェイクが関わっていないのは、彼はただ今金策中で
危ない橋を渡っているみたいなので。
キンバリーは珍しく蚊帳の外状態ですが
結局トラブルをもたらしてしまいました。
そしてマットは自分が担当した患者で俳優のアランと恋愛進行中。
よかったね、マット!

①今SATCを観たらシャーロットがとんでもない悪者に思えそうで
わがまま娘ブルックを何とかしてもらいたいです。
ビリーもバカだよね。こんな身勝手な女性に振り回されて。
まあアリソンも大差ないんですが
今回はちょっとアリソンに同情できました。
そして生まれてくる子供のためにブルックを大切にするつもりだったビリーは
もうすぐブルックの妊娠はウソだと知るはず。
そのときの落胆振りが怖いな。

②リチャードとジョーが会社経営からジェーンを追い出したことについて
ジョーは良心の呵責を感じてたのに
見事にジェーンに誤解されました。
これもはっきりしないリチャードが悪いと思うんですけど。

③ジェーンが演技だと知らずにすっかり調子に乗るマイケル。
それが面白くないシドニー。
キンバリーから処方してもらった睡眠薬をジェーンに飲ませちゃったから
こんなにハチャメチャなクリスマスのチャリティーイベントでいいんですか?

④ボビーってアマンダを暗殺するために近寄ってきたんですよね。
それがいつの間にかピーターと三角関係展開中。
おまけにかなり暇そうなFBIが追いまわしてるし。
この先何が起こるんでしょう。

アランとマットがデートの中で
マットがゲイだとカミングアウトしたときの事を語っていました。
10歳くらいの頃から薄々気づいていたけど
高校の卒業パーティーでだっけ。
誘う相手がいなくて一人でいたら
「お前はゲイか。」と友達に聞かれて「そうだ。」と答えてしまったんだそうで。
なんとあっけらかんとしたカミングアウトでした。
もっと早く両親が知っていたらショックも少なかったのかなと
マットは振り返っていましたが
この明るさがマットの持ち味なんだよね。
だからこの時代でも堂々としていられる。
今度こそマットに幸せになってもらいたいです。