カテゴリNUMBERS 1/3

Numb3rs S3-#13 「Finders Keepers」

カルロス君登場エピ!ということでカルロス君に絞ってまとめさせていただきます。港で漁の網にダイバーの遺体が引っ掛かって上げられダイバーは沈没したヨットを捜索していたことがわかります。FBIは他の姿を消したダイバーとヨット探しをスタート。チャーリーの数学がヨットの沈没位置を断定しかけているとそこに黒服の二人の捜査官登場。NSAの捜査官と名乗る二人の片方がカルロス君ことAnthony Ruivivarでした。ついに消防から国...

  •  4
  •  0

Numb3rs S2-#15 「The Running Man」

大学のラボからDNA合成機が盗まれる話。容疑者にチャーリーやラリーが才能を期待していた「第二のエプス」ことロンが疑われます。二人はまさか彼が?と信じていませんでしたがロンは偽名で、4度も名前や姿を変えてはあちこちの大学に入学し、ラボの機器を盗んできていました。そしてろんの最終目的は、ラリーのラボの中にありました。相変わらず専門用語の数々は意味不明ですが今回はそれでもわかりやすかったかな。犯人のロンは年...

  •  0
  •  0

NUMBERS「未確認飛行物体」「脱走班の追跡」

月曜日に観終えていましたが、遅ればせながら感想を。二話まとめて視聴は絶対無理だと思っていたけれど意外にも大丈夫でした。もちろん数式の意味は考えず、チャーリーの講義も上の空でしたが・・・#12の飛行機の墜落話よりは、#13の囚人脱走の方が興味深く観られました。でも護送車が走っている最中に事故に巻き込まれるなんてどう考えても策略的だよね。とPBのリンカーンを奪え作戦を思い出してしまいました。囚人が逃走した事で...

  •  4
  •  0

NUMBERS「セイバーメトリクス」

今回の数学の中身はもうお手上げ状態。チャーリーの説明にも??マークが行進(泣)タイトルの「セイバーメトリクス」からしてそれを知ってると野球で勝てるの?ぐらいの印象しか残っていません。でも世の中にはこんなことを研究している人がいるんだと学ぶことで一つ賢くなれるのかなと、無理矢理納得して今回も頑張りました。って何を頑張ったんだ??マイアミで誘拐された奥さんのダンナの会社の上司(ややこしい)がまた出て来...

  •  3
  •  0

NUMBERS「盗まれた核廃棄物」

さすがにチャーリーは現場には行かなくなった模様。その代わりチャーリーが活躍したのがFBIの取調室。核爆弾分捕り組の誰かに口を割らせるためにドン兄が用意したのが優秀な数学博士のチャーリー。でチャーリーが得意満面にお話を始めるのがリスク評価のやり方。3人の犯罪歴やら家族構成やらを数値に置き換えて計算誰がリスクが大きいのかを評価する。こんなことまで数値化しちゃっていいのかい?とちょっと気になったもののチャー...

  •  2
  •  0