INDEX    RSS    ADMIN

Brothers&Sisters S5-#22 「ウォーカー家、最良の時」

素晴らしいフィナーレでした。
予想通りの展開に+αがついたかな。

サラの結婚式。
ルークはフランスからの両親の到着を待ちますが
着いたのは母だけ。
ルークはあとで父が事業に失敗した話を聞きます。
サラはノラがブロディと一緒にいることで気分が落ち着かず
でもノラから古いものを借りようとして選んだペンダントは
その昔ブロディがノラにプレゼントしたものでした。
注文したウェディングケーキが手違いで届かず
ソールとジョナサンはカップケーキを大量に焼いて
ケーキタワーをつくることにします。
ペイジは式にBFのアンドリューを呼びたいと頼み
やっと披露宴だけ許可してもらいます。

とにかくバタバタ忙しいのはいつも通りのウォーカー家。
さらにここにサプライズが!
キティが妊娠していました。
いつものようにちらっとい打ち明けたことがどんどん広まり
サラはペイジが妊娠したかと勘違いします。
まさか子供ができるなんてとキティは喜びますが
病気を抱えてのリスクもあるし
まだどうするかの結論が出ていません。

久々にトミーも登場。
いよいよ式が始まるときになってサラがパニックを起こし
教会の外へ出てしまいます。
そこに止まっていたのは、ブロディのキャンピングカーでした。
ブロディが影でサラの成長を見守っていたことを知り
サラはようやく父親としてのブロディを受け入れ
二人でヴァージンロードを歩くことになります。
おめでとう!!

披露宴はみんなで歌って踊って
素敵な時間が続きます。
ジョナサンはソールにプロポーズ。
次は渋い結婚式が行われるかな。
ジャスティンとの関係で戸惑っていたタイラーも
ようやく一歩前進できそうです。
さらに披露宴の会場に迷い込んできた謎の女性が
ブロディの娘、つまりサラの妹だとわかりまたびっくり。

ラストはLady Gagaの「Born This Way」で皆ではじけます。
確かにBorn This Wayなウォーカーだったかも。
明日からもまたどこかで何かしら問題が起きることでしょう。
でも家族で助け合ってきっと解決していくことと思います。
そしてさらに家族の絆が強まっていくんだね。
5シーズン、じっくり楽しませてもらいました。
特にケヴィン&スコッティに注目していましたが
子育ても順調でよかった。
ダンスしながら久々に二人のキスも見られて嬉しかったし。
日曜の晩にいらっとするときもあったけど
癒しのひと時を与えてくれたことに感謝します。
スポンサーサイト

Brothers&Sisters S5-#21 「運命を分けたあの日」

グランドフィナーレ一歩手前。

サラはブロディにあなたは赤の他人宣言をしてから
ルークとの結婚準備を始めますが
役所に書類を出すにしても父親の名前を書かねばならず
自分の父親って一体何?と
いきなりウォーカーではない自分と直面してやるせない気分です。

ノラはブロディと距離を置こうとしますがブロディが現れ
二人は運命を分けたあの日のことを思い出します。
ブロディが野球で生きていくことを決意したとき
ノラはウィリアム・ウォーカーと結婚することにしたと伝えます。
ブロディはあっさり承諾、ここで強く止めに入ったりせず
野球人生のためノラから離れて行ってしまいます。
そしてノラは妊娠。
サラが生まれた時ウィリアムはもしやと勘づいたんでしょうね。
サラの血液型を調べてABだとわかり
自分がBでブロディもB
このままでは父親が曖昧になってしまうので
ブロディに嘘をつくように命じたのはウィリアムの企みでした。
ブロディは素直に自分はO型だと嘘をついて
サラはウィリアムとの間に生まれた子ということにしました。
これで血液型のチェックやらDNA鑑定やらがなければ
真相が暴かれることもなかったはずなのに…

こんな策略を練っていたにしてはその後に浮気なんて
ウィリアムってとんでもないオヤジだったことを再確認。
だから罰が当たって昇天してしまったのかも。
少なくとも今生きている人達の勝ちですよ。
ノラとブロディはしみじみしているうちに
一つのソファの上で仲良く寝てしまいます。
帰ってきたサラがその光景を見てしまい
また心境は複雑に。

ケヴィンとスコッティがダミアンを可愛がるもんだから
(離乳食ソングのハーモニーは最高でした♪)
当然オリヴィアはやきもちを焼いて荒れ始めます。
学校でトラブルを起こし、家でも電気スタンドに八つ当たり。
挙句の果てに施設に戻ってしまいます。
慌ててケヴィンとスコッティはオリヴィアを探しだすと
4人で家族だということを強調します。
こんなときスコッティの話は説得力あるね。
正しい父親像を感じます。

ジャスティンの前に現れたテイラーって
S1の頃に出てた彼女だよね。
今頃復活ですか。
ジャスティンだけ春が来ないのは不公平だと思って
サービスしたのかな。

いよいよフィナーレは結婚式。
きっと大騒ぎ、でも最後は丸く収まるのでしょう。
楽しみにしています。

Brothers&Sisters S5-#20 「父親不明」

大人は身勝手だな…特にウォーカーたちは。

ノラがすっかり落ち込んでるのを見て
ジャスティンはついに秘密を隠しきれなくなってしまいます。
ブロディは血液型を偽ってる。
だったらサラとブロディのDNA検査をすればいい。
ノラの手元にブロディの帽子があるから
サラの毛髪でも取ってくれば検査は可能です。

ノラがサラの家に行くと
ルークとソールは結婚式の打ち合わせをしています。
でもソールはその前にサラに
婚前契約所を作るべきだとだ意見したため
サラもルークも不機嫌になっています。
でもとりあえずルークとソールは歌を練習。
ノラはバスルームをうろうろしても目的を達せず
今度はジャスティンに頼んでジャスティンがうろうろ、
不審な行動だらけです。

一方サラは落ち込んでいるサラにメキシコへのクルーズをプレゼントしようと
準備をしています。
これはサプライズなのでノラに話せず
ノラもサラもお互いに別の秘密を抱え込んでしまいました。
やがてDNA検査の結果が出ます。
結果は悪い予想通り。サラはブロディの子供でした。

ミッシェルが自分たちの子供を連れて姿を消した!
ケヴィンとスコッティは子供を取り返したくて調査を依頼しますが
ミッシェルがNYへ行ってしまったら探すのは難しくなります。
そんなときスコッティの携帯にミッシェルから電話が入ります。
スコッティはケヴィンに内緒でミッシェルに会いに行き
赤ちゃんのためにベストを尽くすと約束します。
スコッティがあえてケヴィンに黙ってミッシェルに会いに行ったのは
もともとミッシェルはスコッティの友人だし
ケヴィンだったらストレートに子供を返せと要求してくる。
スコッティならもっと穏やかに話すことができるから
彼なりの配慮だったはずなんですが

ミッシェルが再びスコッティに電話してきたのをケヴィンが取り
相手がミッシェルだとわかって「子供を返せ」と怒鳴りつけてしまいます。
そしてスコッティに自分に内緒でミッシェルに会いに行ったことを非難します。
スコッティは子供を取り戻すために善処したことを説明しますが
二人の激しい言い争い…オリヴィアがキャンプへ行っていてよかった。

いつものことだけど秘密を抱え込んでいてもうまくいかない。
サラはサプライズクルーズのことを話すと
ノラはサラの本当の父親のことを告白しました。
サラは思いのほかすんなり受け入れ
でも自分の父はウィリアムだと言い切っていました。
キャンプから帰ってきたオリヴィアをケヴィンとスコッティは温かく迎え
ケヴィンとスコッティも仲直りできたかなと思ったら…

ジャスティンが連れてきたのはミッシェルの赤ちゃん。
ミッシェルは二人の子供を置き去りにして、また姿を消してしまいました。
念願の息子が戻ってきて二人は喜んでいるけど、オリヴィアにはショックです。
何の前触れもなく突然弟がやってきたら…
オリヴィアがへこまなければいいけれど。

Brothers&Sisters S5-#19 「人生最大のボール」

グランドフィナーレに向けて収束かと思ったら
また新たな問題が勃発?

ルークが初の個展を開くことになり、そわそわ落ち着きません。
一方サラは結婚を機に心機一転しようと、今の家を売ることを考え査定してもらいますが
すぐに希望者が見学したがっていると言われ、慌ててルークの仕事部屋を片付けます。
するとルークが激しく怒り、個展でもサラを寄せ付けません。
サラは謝り、元に戻そうとしますが
ルークが怒った理由はサラが片付けてしまったことではなく
家をルークに無断で売ろうとしたことでした。
二人で一緒に歩んでいこう…二人は仲直りします。

ブロディはノラを野球の試合に誘います。
遠くの球場まで連れてこられ大差での負け試合を見せられ
挙句の果てにブロディはこのチームで働くことになったと言い出します。
そしてノラに一緒に来てほしいと頼みます。
オフシーズンは今の家に帰れるんだし、行き来すればいい。
この実質的プロポーズな提案にノラの心は揺れ動きます。

ジャスティンは家でブロディが妙に汗をかいているのを見落とさず
検診を受けてるか尋ねます。
ブロディは先週受けてきたと答えますが
ジャスティンは心臓発作の前兆ではないかと気になり、ダンに相談。
ダンはこっそりブロディの検査結果をコピーしてきてくれました。
すると血液型はOだからサラの父の訳はないと言っていたはずなのに
血液型はBであることがわかってしまいます。
本当にサラの父はブロディなのかも。
ジャスティンがこっそりブロディに問いただすと
ウィリアムもB型だから真相は不明。
でもあえてDNA検査もしないとブロディは話し、ノラの前から去ることを決めます。
ノラのベッドで一夜を共にした後、ブロディは置き手紙を残し出て行ったのでした。
ノラはひどく傷つきますが、ジャスティンは真相を伝えられません。
ブロディのキャンピングカーの壊れかけのカーステレオからは
Beach BoysのWouldn't be Niceが流れていました。

スコッティはオリヴィアとアイスを食べているとき
ミッシェルが車に乗ろうとするのを見つけます。
慌ててミッシェルのそばに聞き、姿を消した理由を聞き出そうとしますが
ミッシェルは何も答えてくれませんでした。
ミッシェルを大切な友人だと思っているスコッティは
彼女が何か隠していることが気になって仕方ありませんが
それ以上にオリヴィアに与える影響が心配。
ケヴィンと相談しているとオリヴィアが効きつけてきますが
ミッシェルはオリヴィアが養子になる前
子供を授かろうとした時の代理母になってくれるはずだった人であることや
今は家族としてのオリヴィアがいかに大切であるかを説明します。
自分が二番目の選択肢とは思われていないと納得したオリヴィアは
ミッシェルのことを気遣ってくれました。
スコッティはミッシェルを探しに行きますが
またNYへ戻るために空港に向かっていることがわかります。
朝早くケヴィンとスコッティはLAXへ
そこには赤ん坊を抱いて搭乗口を通過するミッシェルの姿がありました。
あの子は二人の子供??

こんなところでケヴィンとスコッティの実子登場ですか?
産んだら情が移って渡せなくなったという展開はありがちだけど。
来週はっきりするようです。
そして傷心のノラも気がかり。
ところで裸で寝ていてむくっと起き上がり
シャツを着るスコッティがセクシーでした。
どんどんいい男になっていくなぁ。
もうすぐおしまいなのが本当にもったいないです。

Brothers&Sistere S5-#18 「残された思い」

DlifeでS1からスタート。
2話目をたまたま観たら、ケヴィンとスコッティの運命の出会いのシーンで
このエピが今につながっているんだなとしみじみしてしまいました。
他の人達は紆余曲折してるのに
二人の揺るがない安定感は、やはり努力の賜物ってことなんですね。
それにしてもケヴィンの事務所に現れたスコッティってキュートだな♪

サラが結婚式の準備に乗り気ではないのにルークはイライラし
スコッティは母親バーサがオリヴィアに会いにくることに不安を隠せず
ジャスティンは30歳のバースデーパーティなんて勘弁してくれと訴え
遠征が終わってリリーを引き取りに来たブロディは居候モード。
そんなときノラに母アイダの死の連絡が入ります。

みんなアイダが嫌い。
ここまで憎まれてるおばあちゃんもかわいそうです。
確かに出てきたときのインパクトは強かった。
ノラとブロディの交際を反対したのもアイダだし
ソールはアイダに自分がゲイであることなんて決して話せませんでした。

でも葬儀は行わなくては。
ノラは葬儀の準備に取り掛かりますが
別れの言葉を書くことができません。
そしていざ、別れを告げる番になっても
言葉が出ず教会を飛び出してしまいます。

ブロディは気取らない普通のオヤジなんだけど
ノラにとっては安心できる大切な存在でした。
ブロディは恨まれてたけどアイダのことを知ってるし
今心にぽっかり穴のあいたノラをブロディが支えてくれます。
夢を追い続けているブロディですが
実は球団を解雇されて行くところがなかったんだ…

ジャスティンとルークはアイダの遺品を整理していて
アイダがソールにあてた手紙を見つけます。
手紙はソールに渡されるけど、ソールは読もうとしまセん。
でもスコッティの声かけでようやくソールは手紙の封を切り
母が息子を理解してくれていることに気づきました。
気づくのが遅すぎた…
ソールが自分が孤独なことを嘆くと
スコッティはソールも幸せになるべきだと諭します。
ソールは家を買いジョナサンと暮らすことを決意します。

スコッティの予想通り、バーサは孫のオリヴィアをかまいたくて仕方ないんだけど
それはオリヴィアが望んでることではなく
また親子はぎくしゃくしてしまいます。
今度はケヴィンがバーサに意見する番。
スコッティも頑張ってるんだから認めてもらわなくては。

サラにとっては2度目は質素でもいい結婚式は
ルークにとっては人生に一度きりの大切な結婚式。
二人の価値観の違いも、折り合いをつけることができました。
ケヴィンが見つけたジャスティンが30歳までにしたいことリスト。
すでにバツイチ一人者ジャスティンは自分を卑下してましたが
母さんに本音で話すことはいつでもできます。
また家族の絆が強まりました。
恨まれてばかりのアイダでしたが、素晴らしいおばあちゃんでした…