INDEX    RSS    ADMIN

Alarm fur Cobra 11 S12-#1 「誘拐事件発生」 S12-#2 「人体実験の結末」

ようやくHDDの中もすっきりし始めたので
つい浮気心が出てきてふらっとTSUTAYAへ行って
目に留まったのが「ブラック・レイド」というDVDの5枚セット。
これがコブラ11のS12だということに全然気づいていませんでした。
確か「ブラックレイド」スペシャルというS12のシーズンプレミアは
DVDをレンタルして観た記憶があるんですが
そのあとのシリーズがDVD化されているのを知らなかった(汗)
普段はテレビでオンエアされているドラマを観るのに精いっぱいで
DVDまで手をつけられないもんね。
さらにコブラ11の場合はオンエア状況もややこしくて
S11はテレ朝チャンネルでオンエアしてくれたのを観てたけど
その後コブラ11はFOX CRIMEでオンエアされるようになって
S9を観たりしてたからすっかりS12のことを忘れちゃったんだ…と反省。
大好きなクリスが出てるのに!
ってことでいきなり気合を入れて視聴開始。
まず2話分観てみました。

#1 クリスの娘キャサリンの親友ユリアが誘拐され、
ゼミルとクリスがユリアを救う話。
誘拐事件の王道といった展開を見せてくれますが
ユリア父が警察への協力を拒んで勝手なことをするというのも
よくありがちですね。
娘の親友ということで娘に気を使いつつ
娘から情報を聞き出すクリスの
いかにもお父ちゃんな活躍がポイントでした。

#2 アウトバーンで突如心筋梗塞を起こした男性が死亡。
他にも同じパターンで死を遂げる人がおり
クリスはERドクターのユリアとともに真相を探るうちに
新薬のために人体実験が行われていることを知ります。
ユリアは婚約者が交通事故に遭ってこん睡状態。
しかし保険が切れていて自分が勤務する病院では
これ以上の治療を行うことができません。
ユリアとクリスの動きに気づいた製薬会社側の男が
ユリアをゆすりにかかります。
このエピではゼミルが風邪をひいて自宅で養生しているために
クリスが単独もしくは周りの人達を巻き込んで動きます。
クリスファンには美味しいエピ。

しかしナイフで腕を切られ、犯人を追いかけていて足を思い切り打ちつけていても
全く動じず普通に走っちゃうクリスって人間じゃない!
相変わらずツッコミどころ満載なんですけど関係ない。
クリスが素敵だからいいんです。
婚約者のことを隠していたユリアは
クリスに惚れてる?ようなそぶりを見せ
クリスがユリアのためにインスタントラーメン
(ドイツ人も食べるんだ…爆)を用意してあげるシーン。
なかなかいい感じでした。
しかしこのラーメンの作り方がすごすぎる。
1.麺を手で半分に割る。
2.大きめのマグカップに入れる。
3.上からお湯を注ぐ。
そのあと粉末スープを入れて3分待ったのかは謎。
多分ヌードル入りスープ感覚で食べてるんだと思うけど
仕事が忙しい時の非常食になってるようです。

でユリアはその気だったかもしれないけど
クリスはどうなんでしょう?
娘からは恋人発見機(笑)みたいなおもちゃをもらってましたが
ユリアも同じものを持っていたのがまたお笑い。
でも冒頭ゼミルに恋人が欲しいか聞かれたクリスは
「おまえがいるからいい。」って言ってましたね。
そういう関係でしたか!
だからコブラ11に病みつきになっちゃうんだけど(笑)

歴代ゼミルの相棒でクリスに惹かれる理由は
オヤジ臭さにあるのかなと思います。
しかもカッコよすぎる超人オヤジだし。
腹筋もしっかり割れてたし(笑)
クリスが出ているのは2シーズンだけ。
S12は地道にレンタルしてもいいんだけど
ファンとしてはセルBOXを買うべきかな。
だけどレンタルは「ブラック・レイド」なのに
セルの場合は「コブラ11 S12」になるんだよね。
販売元も違ってすごく不思議。
相変わらず謎だらけのコブラ11でした。

アラーム・フォー・コブラ11 シーズン12 [DVD]アラーム・フォー・コブラ11 シーズン12 [DVD]
(2009/09/09)
エルドゥアン・アタライ、ゲデオン・ブルクハルト 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Alarm fur Cobra 11 S8-#13 「偽りの友情」

ずいぶん視聴ドラマの本数が減ってきたので
ようやくHDDに溜まっていたドラマを一気視聴できるようになってきました。
そこで後半放置状態だったコブラ11を観ていたら
このエピは面白かった。

ゼミルとヤンがいつものようにアウトバーンで事故車に遭遇。
乗っていた大学生はこれまたいつものように大した怪我じゃなかったはずなのに
ショック死してしまいます。
原因はアイスと呼ばれる合成ドラッグを使用していたからでした。

というわけでなぜかアウトバーンコップがドラッグ摘発に手を染めることになります。
レイブパーティーではお約束になってるドラッグのルートをたどるために
ゼミルたちは大学の捜査を始めます。
ここでヨハネスという麻薬犬が登場するんですが
これが毎週観ているレックスと比べてしまうととんでもないバカ犬で(笑)
単にヤク中の犬ってことでしょうか。
でもヤンにはなついてたけどね。
賢いレックスの動きに慣れてしまうと本当に大丈夫かと不安になりましたが
おクスリにはとてもよく反応しました。
さっそく校内でフードをかぶった学生を発見ししつこく追い回しましたが
学生は逃げ足が速く捕まえられませんでした。
でも彼はアイスの包みを落としていってくれました。
次にヨハネスは薬学部の学生が廃棄したゴミに興味津々。
これがアイスの原料になっているようです。
どうやら学生たちが薬品を盗み出し、合成ドラッグを作っているようです。

早速薬品庫を捜索。すると中にいた学生たちは棚を倒して逃げていきますが
ロッカーのカギを落としていってくれました。
警察がわかりやすいように次々にヒントをくれる学生たちです(笑)
ロッカーを開けるとアイスがどっさり。
そしてロッカーを使用していたのはマイクと言う学生だとわかり
今度はマイクの家を家宅捜査。
そこに置いてあったビデオに映っていたパーカー男は
なんとボンラートの息子でした。

息子は体育学部でボンラートは彼に体育教師になってもらいたかったんですが
(だから逃げ足が速かったんだ)
本人は自分のやりたいことをすると言ってオヤジの意見を聞こうとしません。
結局ドラッグの世界に片足突っ込んじゃってたんですね。
しかし友達がドラッグのせいで死んだことはショックで
このままじゃまずいとは思っていました。
そしてドラッグを仕切るマイク。
イケメン登場!と思ってよく観たらGSG-9のフレディじゃないですか。
なんとその昔はドラッグ製造元でしたか!
そして息子がオヤジに正直に話すと言い出すと
ドラッグの仕切り屋がマイクに銃を渡して息子を殺せと命じ
いかにも息子を撃ってしまいそうな緊張感が漂いました。、
GSG-9な人たちは冷酷ですから(苦笑)
でも状況を把握したゼミルたちは現場に突入。
ボンラートは無事に息子を助け出すことができました。

どこの国でも親は自分の仕事に追われ子供にかまっていられないうちに
警官の息子や娘が犯罪にかかわってしまうってことがあるようです。、
ボンラート息子もこれから真っ当な道を進むでしょう。
そしてフレディ、悪い奴でも素敵でした。
学生らしく見えたし。

コブラ11はFOX MOVIEでS9(ってことは本国ではS17ですか?)をオンエア中。
今度は相棒がまたトムに戻るんですね。
MOVIEは観られないから、S9も続けてBS11でオンエアしてもらいたいです。
ついでにいよいよスパチャンでGSG-9スタート。
今度観たら何度め?かわかりませんが、今は時間の余裕があるし
S1jは全エピコニーが出てくるから、やっぱりまた観てしまいそう。

Alarm fur Cobra 11-Einsatz fur Team 2 S1-#1 「小さな逃亡者」

Alarm for Cobra 11のスピンオフ、Team 2がテレ朝チャンネルで始まりました。
本当はFOXMOVIEで
オンエア中のCobra 11のS8(本当はS16)が観たかったんですが
FOXMOVIEは観られないので仕方なくスピンオフで我慢。
それにゼミルのいないCobra 11ってどんなものなのかも気になってました。

Cobra 11の魅力は
○ありえないくらい派手なカーチェイス。
○ゼミルと相棒の凸凹コンビの友情萌え。
だと思うんですけどね。
そしてドイツ語の響きにうっとり・・・だったんですが。

今回はいきなり吹替え版。
ドイツ語じゃないのがなんとも欲求不満です。
GSG-9は愛が入りすぎたあまりDVDBOXを購入。
こちらではWOWOWでは聞けなかった吹替え版もそれなりに楽しめます。
なにしろゲープはジャックバウアーだし
コニーはスパナチュ弟
(まだスパナチュでは声が変わってから聞いたことがないけど)
とてもDVDだけにしておくのはもったいないくらいなんですが
でもオリジナル音声があってこそ、吹替え版でも楽しめるんだと思うし。
やはりドイツ語で観たかった。

そしてゼミルのいない高速警察なんてありえないと思っていたんですが
どうやら唐突にいないわけじゃないみたいです。
Cobra 11お得意のシーズンプレミアスペシャルエピ90分枠が存在し
そこでは今回の主人公フランクとスザンナの他に
ゼミルとトムも出てくるみたい。
このスペシャル版を観ないと、Team2の由来がわからないんですが
今回テレ朝チャンネルはスペシャル版を無視してくれました。
それともまた映画のふりして、どこかに存在してるのかな?
とにかく舞台は一緒、ボスのアンナも
お人よしの制服オヤジコンビも健在です。
その部分では安心して観られるんですが
ボスが日本語を喋るのを初めて聞きました(苦笑)
DVDを持ってるのに吹替えで聞いたことがなかったし。

フランクとスザンナのコンビ
まだとてもゼミル&相棒には勝てそうにありません。
フランクはルックスは二枚目でもやってることは三枚目だし
どうもイケてないんだよね。
そのドジな部分が味わいかもしれないけど。
スザンナは上手くフランクと合わせてるかなと思います。
そして二人の関係はパートナー以上かどうかは微妙。
今回のエピでも小さな逃亡者君に
いきなり二人は寝てるの?とか突っ込まれて吹き出してるし。
逃亡者君のためにリラックスムードをかもし出そうとして
二人が突如タンゴを踊り出すんですが
これは息が合っていてなかなかセクシーでした。
でも子供に指摘されてどうするんだ?

男女のコンビだと一歩間違うと恋愛ドラマになってしまうので
やっぱりオヤジコンビで表向きは友情を追求
その裏で萌え要素を探すっていう方が面白いんですけどね。
この部分も多少欲求不満です。

でもカーチェイスは大丈夫。
冒頭から無駄に車が潰れてました。
そしてこの二人も滅多に怪我することもなく
強引なアクションをご披露してくれるに違いありません。
お楽しみの一つは健在なので、この先も頑張って観てみますか。

Alarm for Cobra 11 S11-#12 「逃亡者」

テレ朝チャンネルで放映されていたCobra 11の今シーズンがめでたく終了。
短い間でしたがすっかり楽しませてもらいました。
初登場のクリスに一目惚れし、夢中になって観てしまいました。

クリスは潜入捜査官だったので、最初はかなり訳ありな感じで
それでいて突っ走りだすと歯止めが利かずゼミルを散々悩ませていて
かなりの曲者かつミステリアスな部分が気になったけど
だんだん馴染んでくると、ゼミルをよく理解し
うまい具合にパートナーシップを取っていくことができました。
ゼミルも新パートナーに満足していることでしょう。

ゼミルがわが子の話をしだすと
クリスがちょっと寂しそうな表情を見せるのも印象的で
別れた奥さんのところにいる子供たちに会ってるのかな?なんて
私生活も気になりました。
このあたり次シーズンで少し掘り下げてもらえれば嬉しいのですが。

それにしてもCobra11ってわかりやすいドラマですよね。
ドラマの展開そのものがピシッと統一が取れていて、まさに様式美。
まずアウトバーンでクリスとゼミルが走っていると
必ずド派手な交通事故が起こります。
それでおしまいなときと、本編の事件に関わってくるときと2パターンありますが
とにかく車を数台潰して、できれば炎も上げないとドラマが始まらない。
クリスとゼミルも被害に遭うことがしばしばです。
でも絶対怪我しないんだよな。
何故?

今シーズンもクリスとゼミルが病院送りになったのは1度だけ?
それも楽しそうに入院生活を行っていました。
正義の味方だけが無傷なわけではなく
今回の囚人(実は無実の罪で捕らえられてたんだけど)も
あれだけ車が横転したのに、あっさりと車から這い出て
すぐに逃亡を始めるんだもん。
ドイツ人は交通事故に遭ってもへっちゃらなんでしょうか??
そういえばGSG9のメンバーもタフな任務の割には無傷だったし
ドイツ人は頑丈なのかもしれません。

さらにCobra11で身についたムダかもしれない知識(苦笑)
「ドイツの警官は給料が安い。」
だから汚職に走ることが多いのでしょうか。
今シーズンの事件の半分くらいは警官の汚職に関わる事件だったのでは。
ドイツの内部調査の人たちって大変だろうな。
でも彼らも悪巧みしてたりして・・・

とにかくよく車を潰しました。
1エピ平均で7.8台は壊してませんか?
それも高級国産車を!
もったいないお話です。
たまに日本車も走ってるようですが、あまり被害には遭っていませんでした。

シーズンファイナルに一言。
逃亡者ボルヒャートの息子の友人で、
ボルヒャートをゆすろうとしていた青年がなかなかキュート!と
目をつけたけど名前がわかりません。
IMDbにも出てこないし。
せっかくイケメン君、見つけたんだけどな。

クリスとゼミルがせっせと食べてたクマのグミって
日本にも売ってますよね。
しかしオヤジが二人で夢中になってグミを食べてるって
ドイツ人ってなんだか変!
それも赤いクマさんにこだわってるんですよ。
こういうところがまた楽しいんだよね!

Alarm for Cobra 11 S11-#3 「偽りのパートナー」

ドイツにも悪徳警官がいるんだと実感。
それもとんでもない悪党です。

ゼミルとクリスは麻薬捜査官のベンとツェーガーと一緒に
アウトバーンで麻薬取り引きの金を持って逃げている
カーラという女性を追いかけます。
4人はカーラを逃がしてしまいますが
ツェーガーが妙にカーラをかばっているような発言をしたのを
クリスは聞き逃しませんでした。

実はツェーガーはカーラと結託し
麻薬取り引きの金を掠め取ろうとしていました。
それにはカーラの恋人や共犯者が邪魔。
まずツェーガーは捕らえた共犯者を脅して恋人の居場所を自供させると
自ら乗り込んで恋人を殺してしまいます。
ベンはなんだかよくわからないまま。
一方ゼミルとクリスはカーラが逃げた映像を分析。
少しずつ核心に近づいてきます。
だがいつもツェーガーに先を越されます。

ツェーガーはカーラを殺し、金を奪って逃走しました。
結局金を自分のものにしたわけで
ゼミルとクリスはここでもまたツェーガーを取り逃がしてしまいます。
ベンはゼミルの後輩に当たり
臨月の奥さんが建設中の自宅で待っていますが
お金がなくてボイラーをつけてもらえず困っています。
奥さんがベンに帰ってきて欲しいと頼むと
ツェーガーは付いていって、ボイラー代をさっと支払ってくれました。
ツェーガーはカーラが死んだのをゼミルとクリスのせいにして
金の出所がわからなくなるのだから着服してしまうことをベンに伝えます。

良心の呵責を感じたベンはツェーガーの言動についてゼミルたちに相談しますが
ツェーガーが殺して金を取ったという決定的証拠がありません。
ゼミルはツェーガーに喋らせるようにと録音装置を持たせます。
ツェーガーのボートに顔を出したベンは
うまくツェーガーの自白を録音しますが
そのあと捕らわれボートに監禁されてしまいます。

ツェーガーは今度は殺人を犯し金を持ち逃げしたのはベンだと言い出します。
ベンの奥さんはベンの潔白を主張しますが、なかなか聞き入れてもらえず
だが部屋にあった写真から、ベンの監禁場所が特定できます。
ベンを助けた後はツェーガーとクリスがコンテナヤードで激しいカーチェイス。
ゼミルとベンは車の上からツェーガーの動きを阻止しようとします。
結局ツェーガーの車は川に沈み、ツェーガーは逮捕されました。

ドイツの警官の給料は安いのかな。
妊婦を抱え家を新築中のベンの生活は貧窮してたようで
ツェーガーの援助はありがたかったんですが
でもベンは正しい道を選びました。

警官がお金を着服。そのためには殺人だって辞さないという展開は
The Shieldのマネートレインを思い出しました。
でもヴィックたちの方が用意周到。
こんなにあっさりと化けの皮をはがしませんよね。
45分で悪徳警官を語るのは短すぎるって気がしましたが
見所はカーチェイスなんだからまあいいかな。
冒頭の燃え上がるタンクローリーは
思ったより爆発が地味だったかも。
そしてラストのコンテナヤードでのカーチェイス
こんなに激しい追いかけっこをして無傷なのが不思議なんですけど
これもまたCobra 11ならではなので悩まない事にしましょう。
今回はゼミルとクリスの息が合っていて、安心して楽しめました。