INDEX    RSS    ADMIN

Dr.Quinn,Medicine Woman S2-#19 「傷ついた英雄」

ドロシーの息子のトムが突然帰ってきます。
トムは南北戦争で足を負傷し、その後あちこちを彷徨っていました。
トムが足を引き摺り痛がっているので、マイク先生は診察しますが
傷はきれいに治っているようです。
でもドロシーさんに、トムが痛がっているから薬をあげて欲しいと頼まれ
マイク先生はモルヒネを注射すると、トムはすっかり調子がよくなりました。

これってB&Sのジャスティンと一緒じゃないですか!
トムは最初から依存症ではありませんが
足を負傷したとき、軍医が必要以上にモルヒネを使ったのでしょう。
トムはすっかりモルヒネ依存症になっていたのでした。
だからモルヒネが欲しくなれば足が痛いと大袈裟に騒ぎ
モルヒネを服用したり注射したりしてもらってしのいでいたのでした。
トムは戦争の英雄。
負傷しながらも帰還したので、きっといろいろなところでちやほやされたんでしょうね。
ここまでなんとかやってきましたが、
不幸にもマイク先生はモルヒネを切らしていました。
残り一ビン、緊急用しかないことをマイク先生から聞いたトムは
夜中に診療所に忍び込みます。

しかしマイク先生はモルヒネを自宅に持ち帰っていました。
その前にマイク先生に夕食に招待されていたトムは
難なくマイク先生の家に忍び込みます。
ところがコリーンに気づかれたので、コリーンの口をふさいで脅すと
今度は家族が起きてきます。
トムがマシューに銃を向けたので、マイク先生が発砲。
銃弾は怪我をしたトムの足を直撃します。
最悪の事態に。

マイク先生は正当防衛だったとはいえ
ドロシーさんの息子を撃ってしまったことを後悔します。
ともかく治療をせねばならず、マイク先生は最善を尽くしますが
結局トムの足を切断しなくてはなりませんでした。
その間もモルヒネの使用量は増えていきます。

まだこの時代はモルヒネに依存性があるということは
明確になっていなかったようですが
そのような症例は紹介されていました。
マイク先生はトムにモルヒネを使うことをためらいますが
ドロシーさんは息子が苦しむ姿を見ていられえません。
結局マイク先生はクラウドダンシングに相談して
柳の樹皮で薬を作って飲ませることにしました。
時間は掛かったけどトムは回復し、ローレンさんの店を手伝うようになります。

一方事件の衝撃が強すぎたコリーンはPTSDに
こちらは全く解明されていないので、カウンセリングの必要性についても誰も知らず。
時が癒してくれる的な扱いです。
サリーやマイク先生の気遣いで大分コリーンも元気にはなったけど
途中経過が可愛そうでした。

トムはすっかりよくなったかと思ったけど
ある日、店の売り上げを全部持って街から姿を消します。
せっかく更正したかと思ったけど、またモルヒネが恋しくなったのでしょうか。
それとももうドロシーさんたちに迷惑を掛けたくないと思ったのか
真相は謎のまま。
でも片足を失い、不自由な生活を強いられたら
またモルヒネに頼りたくなってしまうんだろうな。
依存症の会だってまだ当然ないんだし。
今はリハビリや心のケアがずいぶん進んできていても
まだ苦しみを抱えている人はたくさんいるのに
この時代は大変だったんだろうな。
そして突然現れた息子をまた失ったドロシーさんの辛さも
考えると重たい気分になってしまいます。

現代の様々な問題を開拓時代にうまく置き換えて考えさせてくれるDQ。
このエピも多くの学びがありました。
スポンサーサイト

Dr.Quinn:Medicine Woman S2-#11 「クリスマス夢物語」

いかにもクリスマスエピソードらしい展開。
感謝祭とハロウィーンが入れ替わってしまいましたが
クリスマスはきちんとやってきました。

クリスマスイブは家族で集まりたいと思っているマイク先生。
ボストンにいた頃はドクターの父が忙しくて
クリスマスに不在なんてこともしばしばで
それは絶対避けたかったのです。
でもクイン家にはクリスマスにディケンズの「クリスマス・キャロル」を読む習慣があり
そろそろ引き継いでもらいたいとボストンから本が送られてきました。

イブにマイク先生とサリー、子供たちは教会のパーティーに行きますが
グレースから駆け落ちして逃げてきた女性が産気づいているので
助けて欲しいと頼まれます。
しかも親たちが捜索中。
見つからないようにマイク先生は納屋で出産準備を始めるのですが
そこにシャーロットの霊が現れます。
そしてマイク先生に見せてくれたのが自分の過去と未来の世界。
過去のクリスマスでは、ボストンで研修医をしていたとき
ちょっと憧れていた男性に当直を代わってくれと頼まれて
(そこであっさり失恋)
でも患者さんたちにクリスマス・キャロルを読んであげます。
去年のコロラド・スプリングスで初めて迎えたクリスマスも
素敵な思い出となりました。

その後見せてもらったのが将来のクリスマス。
コリーンはやはりドクターになっていました。
夫もドクターでイブも仕事中。
マシューの仕事は不明でしたが
ブライアンにそっくりな(笑)息子がいました。
みんな子沢山ですね。
そしてブライアンは海軍に入隊。
サンフランシスコから戻ってきました。
でおじいちゃんはサリーなの??
っていうところで夢は終わってしまいます。

もちろんこのときは実際その後どんな展開となるかは謎のまま。
でも今はファイナルと番外編を見届けているので
このときの夢と現実がどう違ってきたのかがはっきりします。
一番の謎だったちびっ子たちのおじいちゃんはサリーで即決。
(シルエットはいかにもサリーに見えたけど)
コリーンは確かに女医さんになりました。
ダンナは別人ですが。
そしてコリーンも別人になってしまいますが・・・キャスト交代は仕方ないとして。
マシューは保安官になり、その後は行方知らず。
多分独身じゃないかって気がするんですがどうでしょう。

あまりにビックリしたのがブライアン。
さすがにブライアンが老けメイクはできないので
大人ブライアンが出てきたんですが・・・

「キャー!イケメン!!」
と思ったのも束の間
「Legacy」のトラブルメーカーのジェレミー君じゃない!と二度ビックリ。
このイケメンブライアンを演じてるRon Melendez君。
LegacyですっかりファンになってDQに出ていることも知っていたんですが
このエピは録画を持っていなかったので確認できず。
まさかブライアンだったとは・・・恐れいりました。

ちなみにブライアンの将来はボストンで新聞記者になるんですが
見事にマイク先生の夢ははずされちゃいましたね。

これが夢の中の軍人ブライアン
drquinnbrian1.jpg
なかなかハンサムでしょ。

実際の大人になったブライアンは
dq2-3.jpg
それなりに面影があります。

Ronの出ているLegacyについてはこちら。
Legacy

Dr.Quinnのその後についてはこちら
Dr.Quinn:Medicine Woman The Heart Within

Dr.Quinn, Medicine Woman S2-#9 「恋人たちのダンス」

これも素晴らしいエピソード。
ちなみにオリジナルタイトルは「Best Friends」。
マイク先生もコリーンも最高の友人を持ててよかったです。

ドロシーは顔がほてると言い出し調子が悪そう。
彼女は死んだ夫と関係を持ったから妊娠したと信じてましたが
その症状はブレンダと一緒で更年期障害でしょ!と突っ込んだら
マイク先生も同じ診断結果を下しました。
でもきっとドロシーの方が年上だよね。
自分が変わっていくのを認めたくないドロシーでしたが
受け入れることにしたものの不正出血が止まらず
もしかしたら腫瘍ができているかもと
子宮摘出の恐れまで出てきました。

マイク先生の診断と手術が結果的に何を行ったのかよくわからなかったんですが
マイク先生がそんなに大きな手術をあっさりできちゃうのかな?と時々疑問が。
ドラマだから許しましょう。
とにかくマイク先生はドロシーを救いました。

町では「恋人たちのダンス」の話題で持ちきり。
コリーンはアリスと仲たがいして、今はベッキーとべったり。
そんな親友ベッキーが、転校生リチャードの存在が気になって仕方なく
でも自分から告白するのはとても無理だから
コリーンに探りを入れて欲しいと頼みます。
リチャードと本の貸し借りをしていたコリーンはベッキーの頼みを受け入れ
リチャードにベッキーの名前を出さず
「ある女の子が」と思いを伝えます。
するとリチャードは喜んで待ち合わせを願い出ます。
コリーンはうまくいったとベッキーに伝えると
ベッキーは今度は気後れしちゃって行けないと言い出し
コリーンにその旨リチャードに伝えるよう頼みます。
ベッキー、それじゃダメだよ!
絶対リチャードにコリーンを取られちゃう!
と思ったら案の定、リチャードはコリーンにいきなりキスを!
その前にまだキスをした事がないコリーンは
マイク先生にファーストキスのことを聞いたりして
そのときを夢見ていたのに
こんなにあっさりと現実化してしまいました。
しかもそれは親友への裏切り行為。
コリーンはベッキーに真実を伝えられず
でもリチャードが言いふらしてしまったので結局バレ
二人の友情には亀裂が入ってしまいました。
コリーンは必死で謝るけどベッキーに受け入れてもらえないし。
コリーンはベッキーとの友情を選んで、
追ってくるリチャードを拒絶します。
するとリチャードは今度はアリスに迫り
結局リチャードってこういう男だったんだよね。まだ若い癖して(笑)
コリーンとベッキーの友情が戻ってよかった。
ちなみにリチャードはその後MediumのS1に
スポたんを困らせる悪い息子役で登場しています。
なんだか納得。

子供たちは爽やかでいいけど
相変わらず大人は素直じゃないから面倒くさい。
マイク先生はサリーとダンスを踊りたいけど
相変わらずサリーはダンスが踊れないので
(ボストンで練習してたのに・・・今回のダンスは別物ですか?)
マイク先生が教えてあげようとすると
サリーがキスしてくるので怒り出し
ダンスの手ほどきはマイク流の厳しさで
サリーは怒って投げ出してしまいます。
本当に強情な部分がそっくりな二人なので
ぶつかりだすと妥協できないのが最悪。

しかしすぐにお互い反省して
サリーはドロシーにこっそり近づきます。
すると二人が密会しているのが気になって仕方がないマイク先生。
いきなりサリーの浮気を疑い、それはいくらなんでも酷でしょう。
マイク先生とドロシーの友情にもヒビが入りそうになったけど
「恋人たちのダンス」の日にサリーがついにダンスの腕前を披露して
誤解は無事に解けました。
ドロシーはサリーとマイク先生のために
体調が万全ではなかったのに、ダンスを教えてあげていたのでした。
すっかりダンスが上手になったサリー。
しかも公衆の面前で派手なキスまでしてくれたし。
子供たち、微妙な顔してましたよ(笑)
あれ、マシューはどうしてイングリッドと踊らないんでしょう。
イングリッドは喘息ですか?
心配になってしまいました。

Dr.Quinn,Medicine Woman S2-#3「ハロウィーンの魔女」

感謝祭から1ヶ月近くたって、ようやくハロウィーンがやってきました(爆!)
しつこく語っていますが、本エピはアメリカ放映時ではS2の3番目のエピでした。
そのあとマイク先生はボストンに行って昔の生活に戻りかけ
そこにサリーが追いかけていって愛を告白。
なのでこの時点ではまだ二人はお友達だから
マイク先生はサリーの愛を確認してないってことになるんですけど

日本では先にボストンへ行っておまけに感謝祭まで来てしまったので
二人は愛してるけど先へ進めない状態になってるはず。
だから愛してるを否定したらウソになっちゃうんだよね。
その辺り当時内容を確認していて矛盾を感じなかったのかな?

ともかくクリスマスの前にハロウィーンが来てよかった(爆!)
まだ3話目なので(しつこい)ドロシーさんは未知の世界の人です。
そこに黒猫が現れ、彼女が魔女って言われるのも無理はないかも。
でも日本版では今回が8番目。
十分お付き合いがあるのに、ドロシーさんを本気で魔女だと思ったら
相当失礼なことになると思います。
そしてブライアンは本当のお母さんに会いたくて大泣き。
今まで我慢してたんだね。

ドクター・マイクは当然心霊現象なんて信じません。
アリソンやメリンダやジョニー・スミスを間違いなく敵に回すと思います。
ところがハローウィンが近づくと、マイク先生も悪夢を見ちゃうんですよ。
夢に出てくるのはアビゲイル。
アビゲイルが私の家を取るな、サリーを取るな・・・と呪ってきます。
さすがのマイク先生も恐ろしくなって墓にお花を供えたり
サリーが生まれてくる子のために作っていたが
そのまま放置されていた木馬を完成させて欲しいと願いに行ったり
悪霊アビゲイル対策に必死。
でもサリーに相談できないのが都合が悪いんだよね。
もしサリーに話したら、サリーがどこまで動揺するでしょう。
まさかマイク先生がメリンダのように
サリーとアビゲイルの会話の仲立ちをしてあげるなんて
絶対ありえないだろうし(笑)

サリーは機嫌を損ねて作りかけの木馬を燃やしてしまいましたが
愛するマイク先生のために、もう一度新しい木馬を作ってくれました。
すると再びアビゲイルが夢に出てきて、木馬を持って姿を消します。
木馬に乗って無事に光の先に旅立てたのかな?

ローレンさんが語る娘の思い出と
出てきたアビゲイルの印象がずいぶん違うので
本当にマイク先生と正反対の人?って疑いたくなってしまいました。
マイク先生に負けずに強そうじゃないですか。
しかもアビゲイルはYRファンにとっては
S3「死霊に憑かれた女」に出てきた元バックの婚約者のカミーユなんだよね。
彼女も呪われてたっけ。
呪われキャラ専門ですか。
しかもバックともサリーとも結局は幸せになれないなんて
不幸な贅沢だ!となんだか複雑な思いです。

Dr.Quinn Medicine Woman S2-#8 「愛が戻る時」

アメリカドラマの感謝祭とクリスマスエピは特別仕様ですが
これは理想的な感謝祭エピだと思います。

マイク先生をボストンまで追いかけていったサリーは
「愛してる。」宣言をしちゃったので
二人はその先の一歩を踏み出す予定ですが
(ブライアンは次は結婚だと思ってる。偉い!)
35を過ぎても独身のマイク先生は
お付き合い=仕事の話のイメージしか持ってないし
アビゲイルと死別後一人暮らしを謳歌しちゃったサリーには
束縛されるのは面倒くさい。
大人ってなかなかややこしいよね。
マシューとイングリッドは素直にラブラブなのに。
それでも二人の共通点を見つけようとするとなかなか見つからず
サリーが突き放すとマイク先生がキレて
険悪ムードが漂います。
二人の共通点・・・その頑固さでしょう。
本当に意地を張り出すと一歩も引かないんだから。

感謝祭が間近だというのに町は日照り続き。
作物が実らず、飲み水にも困り始めます。
シャイアンは自分たちの食べ物を提供しようとしますが
町のおバカ3人組(笑)が素直じゃないのでせっかくの好意も無駄になり
そのうちハンクは娼婦たちを連れて町を出て
ジェイクとローレンさんはクラウドダンシングが止めるのにもかかわらず
居留地の水を組んできて飲んだ人たちは下痢を起こし
厳しい条件の中で迎えた感謝祭。
サリーとシャイアンたちが七面鳥を持ってきてグレースの店に現れ
町民とシャイアンが一緒に感謝祭のディナーを楽しみます。
その頃待ち焦がれていた雨が降ってきて・・・めでたしめでたし。
ずぶ濡れサリーが妙にセクシーでした。

DQに関しては1998年に発売された
「NHKテレビ版 ドクター・クイン 大西部の女医物語」
というガイド本がありまして、今回の視聴の際にもとても役立っています。
そこに記されているのですが
S2の前半の放映順が日本ではかなりめちゃめちゃになってるんですよね、
最初の2話はいいんですけど
その次に来ているボストンエピが本来は#6、#7
そして今回の感謝祭エピが#8になります。
さらにもう一話進んでから、戻って#4、#3、#5の順でオンエア。
それで話がつながるんでしょうか。
ありえないのが#3がハロウィンエピだってこと。
感謝祭の2話後にハロウィンなんて信じられない。

NHKではボストンエピを2話連続で放映したようで
スケジュールの都合で入れ替えなければならなかったのかもしれません。
でももし可能ならチャンネル銀河では
本来のアメリカでの放映順で見せてもらいたかったです。
やっぱりハロウィンの後に感謝祭でしょう。