INDEX    RSS    ADMIN

ドラマなつぶやき

ようやく留守中溜め込んだものが片付いてきました・・・

◎Major Crimes
S5終了。あっという間に観終えたように思えます。
LAPD、そして重大犯罪課を狙った爆弾攻撃にはハラハラさせられましたが
いつも通りの見事なチームワーク、
そして現場に出ることを止められていたフリンならではの活躍で
無事に犯人も捕らえられめでたしめでたし。
最後にライダーは警視に昇格し
チームにも変化が訪れそうだけど、どうなるのでしょう。
今シーズンはノーランが加わり少しは若返ったけど
このチーム年齢層高過ぎでしょ。
他のドラマだったら、みんな警視レベルになってる気がします(苦笑)
そしてラスティとガスは長距離恋愛の道を選んだけど
それもまた大変だね。
こちらはまだ若いから
苦難を乗り越えるのも大事かもしれませんが。

◎NCIS:LA
やっとケンジーが覚醒してよかった!
その瞬間もひたすらしゃべり続けているディークスですが
これがディークス流愛情表現だから仕方ないね。
ケンジーの復活にはまだ時間がかかりそうで
ネルが現場で活躍したり
アンナが戻ってきて手助けしたり
ケンジーの穴を埋めてくれているけれど
早くケンジーに戻ってきて
ケンジー&ディークスのコンビを復活させてもらいたいな。
一方グレンジャーは病状が悪化しているんだろうなと
観ていて辛くなってきますが
そんな中で頼りになる副局長の役割を堂々と演じているMiguelに敬意を表し
Twin Peaksとダブルで見届けていきたいと思います。
スポンサーサイト

ヒュッレムとスター

片やオスマン帝国でスレイマンの寵愛を受け、ハレムの地位を勝ち取るため
片や音楽業界でメジャーデビューを飾るため
精一杯頑張ってる女性ですが…

その成り上がりっぷりがすごいというか
その気になれば願いは叶うのか
お互い苦労しているとはいえ
その逞しさや図々しさが尋常じゃないなと
妙にかぶって見えてしまいます。

「オスマン帝国外伝」で捕虜として宮殿に連れてこられたアレクサンドラは
皇帝スレイマンの寵愛を受けるためにアピールしまくり。
トルコの人たちとはちょっと違う
スラブ系のところがスレイマンのハートをつかんだのかな。
いきなり新人が現れてちやほやされていたら
息子もいるマヒデブランが面白いわけがない。
皇帝母など巻き込みドロドロ劇が展開されるんでしょうが
皇帝がすでにアレクサンドラをヒュッレムと改名し
可愛がっているから強いよね。

一方「STAR 夢の代償」で辛い過去を背負って生きてきたスターは
自分を見捨てて亡くなった母のつてをたどってアトランタに出てきたわけだけど
黒人社会の中では浮いてる存在。
でもそれをものともせず利用できるものはすべて利用し
すでに妹のシモーネさえうんざりぎみなのに
スターには関係ないんだろうね。

どちらも決して得意キャラじゃないんですけど
どこまで突っ走っていくのか気になるところ。
きっと挫折もまたうまく利用するのだろうし。
ヒュッレムは歴史上の人物なので結論も分かっていますが
スターの場合は順調に駆け上がれるのかな。
マネージャーのジャヒルが怪しすぎなのも気になるし。
この先を見守っていきましょう。
しかしオスマン帝国外伝、エピソード数多すぎる。
果たしてクリアできるのでしょうか。

ドラマなつぶやき

帰国してから溜め込んだドラマをぼちぼち視聴中。

◎オスマン帝国外伝
とりあえず2話分録画しておいたのを観たら
なかなか面白そう。
イスラム文化に興味を持っていたところで
宮殿の装飾やファッション、彼らの生活ぶり等新鮮だし
そこにスレイマン皇帝と奴隷から成りあがっていくアレクサンドリア
彼女の周りの女性たちのドロドロドラマが展開するようで
見応え十分だと思うのですが・・・
今回来ているS1が全48話で
毎晩深夜0時からの銀河での録画は厳しいので
huluと両方を使っての視聴になるのかなと思うけど
これもせっせと観ていかないと溜め込みそう。
さらにこっちを頑張っていたらほかのドラマが溜まるし。
悩みどころです。

◎Shots Fired (運命の銃弾)
小さな町で黒人保安官が白人の青年を射殺。
黒人の捜査官と検察官が派遣されて捜査に向かうと
複雑な事情がいろいろあるようでという展開。
オープニングは地味だけど
これからどんどん引き込まれていくものがあるのかなと
先の展開に期待しましょう。
10話で終わりなのであっという間に観てしまうのかも。

◎NCIS:LA
やっぱりまだケンジーは昏睡状態でした。
でもヘティが命令したらケンジーの手が動いたので
さすがヘティパワーだと恐れ入りました。
ネルとディークスのコンビもなかなかいい感じで
ネルはよく頑張っていたけど
ケンジーの存在の大きさってすごいんだな。
それでケンジー復活はいつなのでしょう。

◎Victoria
結婚を勧められてもその気にならないヴィクトリアは
ついにメル様に告白。
するとメル様は上手にお断り。
立場上仕方ないとはいえ、
メル様の大人対応素敵でした。
ヴィクトリアはコンロイを追い出し
やるべきことはきっちりとやっています。
チャーティスト運動に関わったものを
処刑するのでなく島流しにするという決断。
女王ならではの優しさも垣間見せてくれましたが
ついにアルバート公登場。
この先が大いに楽しみになってきました♪

帰ってきました!

夏休みをマレーシアとシンガポールで過ごしてきましたが
ドラマに関しては現地ではほとんど観ていません。
たまたま向こうのAXNでNCIS:LAのちょっと先?のエピソードをやっていて
ケンジーは元気になったけど本調子じゃなさそうだし
グレンジャーはますますやつれて深刻な状況なんだなと
痛々しく感じられました。

シンガポール航空で飛んだのですが
ここは機内のドラマが充実。
シーズン丸ごと見せますプログラムがあって感激しました。
その中で気になったのがBroadchurchのS3。
日本上陸前に観られるのが嬉しくて
往復で8話コンプエリートしてきました。
とはいえ字幕なしの英語音声だけだし
かなり寝落ちしているところもあるので
再視聴必須ですが(-_-;)面白かったです。
だいたい今まで吹替で観ていたのに
字幕なしの英語版はハードル高いよね。

ネタバレは避けますが今回のテーマは性犯罪。
SVUを観ている気分になってきます。
冒頭被害者の事情聴取や証拠採取を行う部分から丁寧に描かれ
それがさらに被害の重さ,痛々しさを誘います。
犯人が分かるまでの経緯も複雑だし
アレックやエリーのプライベートもいろいろあり
さらにラティマー家ではマークが辛かった。

アレックは相変わらずボロボロの雰囲気ですが
それがまたTennantの魅力なのかな。
さらに美しい風景も相変わらず。
事件があったお屋敷の庭が素敵でした。

BroadchurchはS3でおしまいなんですね。
もっと観たい気もするのに残念です。
そしてWOWOWでの放送はいつになるのかな。
結論がわかっていると安心して観れますが
細かい部分をしっかり観ていきたいです。

ドラマなつぶやき

夕べは都議選の影響でDownton Abbeyがお休み。
というわけでいつもはDowntonをつぶやく月曜日ですが
その他ドラマを少々つぶやきたいと思います。

◎Major Crimes S5
毎週きちんと観てますが、なかなかつぶやけなくて。
今シーズンはバズの過去が浮き彫りになり
ラスティが寄り添う形で
封印されていた父親の死の事件の解決へと導かれます。
いつもカメラを持って現場にいるバズが
スーツ姿で取調室にいるのも不思議な感じでしたが
さすが重大犯罪課の一員ですから
厳しい態度で、的確に尋問している姿がかっこよかったです。

そして#10から#13まで続いたエピソード
まさか法廷で何人もが銃弾に倒れるなんて
本当に悪夢でした。
テイラーの死は予測できず大ショックでしたが
とりあえずフリッツが一時的に
テイラーの後釜になり仕切っています。
そういえばブレンダは元気なんですかね(苦笑)
さらに白人至上主義の一味の中に入り込んでいた覆面捜査官のノーランが
そのまま重大犯罪課のメンバーに加わります。
シーズン半ばでこんな異動もあるんですね。

◎AXNミステリー夏の1話トライアル
とにかく1話目をトライしてみました。
どれも実際に遭った事件を描いているので真実味がありますが
なんとなく暗くてトーンが似てたな。
時代は違うんですけど。

一番興味深かったのがリジー・ボーデン事件かな。
法廷シーンが見ごたえあったし
検察側がChicago Medのダウニーで
対する弁護士がBilly Campbellですからね。
ゴージャスです。
でもこの続きは「外伝」となるので
直接のつながりはないのかもしれないけれど
逆にどんな展開になるのか読めないのが興味深いです。
そういえば「リジーボーデン」というヘビメタバンドがありますね。
当然この事件から取っているようですが
それだけ有名な事件だということで。

有名なのは「リリントン・プレイス」も「グラスゴーの連続殺人鬼」も一緒。
こちらは部隊がイギリスなのでより暗くて不気味です。
ころっと態度を変えるクリスティは本当に怖い。
ハゲづらを被ってのTim Rothの演技は見ごたえありますが
そういえば彼はイギリス人だったな…とすっかり忘れかけていました。
結局どれも調子よく観られるかも。