INDEX    RSS    ADMIN

The Dead Zone S6-#4 「大テント」

JJが恋しちゃった?

サッカーの練習を足を怪我したといって1週間サボっていたJJは
町に来ていたサーカスのテントに通っていました。
お目当てはアクロバットの演技をする14歳のアリス。
彼女に魅せられてしまったJJは何とか声を掛けようとするけど
なかなか思い通りに行きません。

コーチからの電話を受けたジョニーは
サラに内緒でJJの行き場所を探り当て
JJを連れ戻そうとします。
練習を見ているのはよくないから
終わってからちらっとアリスに会えばいいと妥協案を出していたら
カーニバルのオーナーが顔を出します。
彼はジョニーが事故に遭う前からの友人でした。
そしてジョニーは、サーカスの鏡の家で女性が殺されるヴィジョンを見ます。
ここは危険だからとジョニーがJJを帰らせようとすると
今度はJJが機嫌を損ねます。

JJはジョニーが父親面をしているのが気に入らない様子。
彼にとっての父はやはりウォルターだし
サラが自分に断りなしにジョニーの家に越したのも納得していません。
しかし練習をサボったことはサラに厳しく注意されてしまいました。

再びカーニバルを覗きに来たJJは
アリスの前でルーレットに連勝。
最後はわざと外した?それにしてもかっこいいところを見せてくれました。
そしてアリスにやっと話しかけることができて一歩前進。

テントが荒らされたりオーナーが蛇の大群に襲われたり
不審な事件が続く中で
容疑者として挙がったのはかつて恋人を殺した罪で服役し
仮釈放された囚人でしたが
ジョニーは彼の恋人が死んだときのヴィジョンを見て
事件の真相を掴みます。
実際に恋人を殺したのはオーナーで
囚人は無実の罪を着せられていました。
囚人はオーナーへのリベンジを企てていたのです。

事件が解決したものの、オーナーが捕まったので
サーカスは興行できなくなってしまいました。
でもアリスはJJのためにアクロバットを見せてあげることにします。
JJはアリスの身に危険が迫ってる気がして、ストップをかけようとしますが
アリスは慣れてるから大丈夫と平然としています。
リングに乗ったアリスの体がどんどん上がっていくと
そこで機械が空回り、アリスは危険にさらされてしまいました。
ジョニーがヴィジョンで察知し助けに来た時に
ワイヤーを必死で制御しようとしていたのが元囚人でした。
彼はアリスには恨みがなかったので
リベンジのために仕掛けた企てを解こうとしていたのでした。
そしてJJが自ら身体を投げ出してアリスを救い、一件落着。
JJはもう会えないであろうアリスとの別れ際にキスしてもらったのでした。

もしかしたら自分もジョニーと同じ能力を持っている?
JJはもう一人の父親ジョニーの持っている霊能力が好きではありません。
友達からは不審がられるし。
でもこの力が人助けのために役立つとジョニーが言っていたのが
ようやくわかった気がしました。
霊能力者JJの誕生ですか?
ジョニーの能力は事故がきっかけで目覚めた潜在的なもので
遺伝するってことなのかな。
ルーレットもよく当たってたし。
成長したJJの変化がこの先も気になります。
スポンサーサイト

The Dead Zone S6-#3 「再突入」

スペースシャトルホープ号を支援しているスティルソンは報告会を開き
シャトルの船長ウィルコックスの妻と娘を紹介します。
もうすぐ偉大なお父さんは帰還の予定。
その後サラやJJに声を掛けたスティルソンにジョニーが握手すると
ホープ号に異常が起きたヴィジョンが見えます。
するとスティルソンのところに連絡が入ってせわしない動きが。

ジョニーの家にスティルソンと部下たちが突如押しかけてきます。
ホープ号の様子がどうもおかしい、でもその状況がわからないので
スティルソンはジョニーにお願いだからヴィジョンを見て欲しいと頼み込みに来ます。
あまりに低姿勢なスティルソンにびっくり。
そこでジョニーが霊視すると、シャトルが墜落して町が大災害に巻き込まれるヴィジョンが見えます。
シャトルにエネルギーの実験のためにプルトニウムが詰まれ
それが町に放りだされてしまったからです。
大騒動になる前に回避したいけど、シャトルとの通信が途絶えてしまい
連絡を取る事ができず。
シャトルはもう着陸準備をしています。
なんとか時間稼ぎをしようと、着陸予定の基地を停電させ
他の基地に移動させる作戦を取りましたが
事故を防ぐ方法もなく、被害が出るならやむを得ず
スティルソンはシャトルを撃ち落してしまえと言い始めます。

さすがスティルソン。相変わらず血も涙もないようで・・・
ウィルコックスの妻はすっかり打ちひしがれています。
娘はJJと話をしているうちに、JJの父が死んだ事を聞いて
父親のことがますます心配になってきます。
ジョニーはなんとかシャトルを助けようと
妻のペンダントを通してアクセス、やっと事故の原因を突き止め
シャトルは無事に帰還できました。

その頃サラの陣痛が始まり、ジョニーは病院につきそいます。
ジョニーはJJが生まれたときのヴィジョンを見て
ウォルトがバラの花束を持って待っていた事を知ります。
ウォルトはサラのために待っていてくれる、そしてジョニーも。
無事に赤ちゃんが誕生しました。

ホープ号の船長は最近CSIから姿を消してしまったヴァルタン刑事。
いつの間にか宇宙に飛んでいたようです(笑)
飛行船の中で落ち着いて判断、指示を出す様子が素敵でした。
無事に戻ってこれてよかったし。
渋いAlex Carterを堪能できました。

The Dead Zone S6-#2 「エゴ」

ストーリー展開はあっちへ置いといて
感じた事をちらっと。

JJはウォルトの死でずいぶんストレスを背負っちゃってるようですね。
それを忘れるために彼が選んだ方法は必死でお手伝いをすること。
身体を動かしていれば辛さも忘れるけど、子供にはなんと過酷な・・・
ウォルトが亡き後、自分がママを守ってあげなければと真剣に思っていたJJは
さすがウォルトとジョニーの息子です。
やっと素直にサラに甘えられてほっとしたけど。
そしてジョニーもやっぱりサラが気になって仕方ありません。
あまり過剰になってはいけないと節制するものの
結局自分のうちが空いてるし、赤ちゃんグッズもあるから
3人で一緒に住もうという事に落ち着きます。
ジョニーの提案にはウォルトも文句は言わないでしょう。
本来あるべき姿に戻ったんだし。

ウォルトの後釜でやってきた保安官アンナはTWグレイス。
ずいぶん雰囲気が変わっちゃいました。
グレイスとかフィニーとかシリーズ後半に出てきたレギュラーキャストには
あまり思い入れがないんですが
たまたまフィニーはDirtで毎週姿を観ているし、今度はグレイス。
この二人はラストで結婚したんだっけと
ふとTWを思い出してしまいました。
アンナはジョニーの霊能力を完璧無視してましたが
自分がお世話になっちゃったので、これからはジョニーを頼りにしてくれるでしょう。
それからアンナに撃たれずに精神分析医のDrニーナは
Higher Ground(マウンテン・ウォーズ)のハンナ先生でした。

覚悟はしていたとはいえブルースはいないし
パーディも姿を見せなかったし
スティルソンも暇じゃなさそうだし?
レギュラーが顔を出さないのは寂しいです。

The Dead Zone S6-#1 「ヘリテージ」

久々にサイキックオヤジ復活。
これがファイナルシーズンということもあり、楽しみにしていました。
サイキックオバサンには彼女をよく理解する夫がいますが
ジョニーの場合は彼を理解する友人たちの存在がちょっと遠いし
新たな危機が待ち受けてるし、なかなか大変です。

先に吹替え版をご覧になっている人たちから
「ウォルトが死ぬ。」と教えてもらっていたので
ウォルト降板はとてもショックですが
いつどのように命を落とすのか、そればかり気になって観ていました。

冒頭ジョニーはウォルトの手を握り
すぐに彼の葬式のヴィジョンを見てしまいます。
これが現実ならとんでもないことに。
ジョニーはウォルトに警告し、聖ヘリテージのフェスティバルに出かけていくウォルトを
ジョニーは見張る覚悟でついていきました。
保安官だから危険とは隣り合わせだと開き直るウォルトですが
身重のサラにはヴィジョンの事を伝えないようにとジョニーに頼みます。
案の定フェスティバルで強盗事件発生。
ウォルトが銃弾に倒れるかと思ったら
ジョニーのヴィジョンでは犯人を追いかけていて車にぶつかったので
ジョニーは先回りして阻止。まずは一段落です。

ところが次のヴィジョンは
警察に連れて行かれた強盗が署内で暴れてウォルトの身に危険が。
これもうまく取り押さえてほっとします。
しかししばしばウォルトのところに謎めいた電話が入り
サラはウォルトが内緒jにしていることが気がかりです。

サラとJJ(いつの間にかデカくなり、しかも人が変わっちゃいました。
今までのJJ君だって成長してるはずなんですけど
降板しなければならない理由があったんでしょうね)が
ボール投げゲームの店番をしているとスティルソンがやってきて、
ゲームに負けたらJJに副大統領専用機に乗せてやると約束します。
サラとJJを巻き込もうとしているようで。

JJのステージ(いつの間にこんなご立派なギタリストになったんでしょう。)の最中
ウォルトはまた電話が掛かってきて姿を消すけど
話の中身はジョニーに関わることだったのかな。
まだウォルトは健在です。
一方ジョニーは教会が燃えるヴィジョンを見てしまいます。
もしやウォルトではなく、パーディの葬式を出すことに?
パーディはスティルソンと縁を切ると決めたら
そのことでジャヌスが意見しに来て、教会に火をつけ燃え広がります。
ウォルトがパーディを助けに火の中に飛び込み
パーディを救い出したものの、自分は逃げ出すことができませんでした。
ジョニーが駆けつけたときはすでに遅し。
焼死でしたか・・・

やはりヴィジョンどおりに葬儀が行われました。
早速スティルソンも葬儀に顔を出します。
今のスティルソンからは、いつものワシントン壊滅のヴィジョンは見えなかったけど
あっさり安心するわけにはいかないでしょうね。

ウォルトを失ったので
サラとJJはジョニーを頼ることになるのでしょう。
サラはジョニーを頼りたくないようでしたが
ウォルトの最期の言葉 Te amo!をジョニーが伝えると
サラもようやく落ち着き、でもこの先が大変ですね。
さらにブルースはスポーツトレーナーの職を得て
別の州へ行ってしまうようだし。
ますます心細いな。

The Dead Zone 「過去からの警告」

ジョニーの父が張った家の床を張替え工事中
ジョニーは何度も悪夢を見ます。
埃っぽい場所で混乱している人々。
そして顔がなかったり、拘束されたりしているジョニーの父。

ジョニーが寝ていて悪夢で起こされるのって
アリソンやメリンダの場合と一緒じゃない?
ただ傍らに寝ている夫が起こされないだけラッキーかな。
なんて思いながら観ていたら
今まで謎めいていたジョニー父のことが徐々に判明。
父は精神病院に入れられていたのでした。
その理由はあらぬことをつぶやくから。
というより父もサイキックだったのかな?

サイキックが遺伝するのはアリソンやメリンダの事例で明らかですが
ジョニーは事故でこん睡状態のあとサイキックの才能が開花。
6年間の間に全てを失い、その代わりにサイキックの力を得た
後発的なものだとばかり思っていたんですが
父にその力があったなら、ジョニーも受け継いでいて
ただ眠っていただけだったのでしょうか。
なんか話が違うんじゃない?と悩んでしまいました。

床下から出てきた人形から見えたビジョンで
最初の埃だらけの世界がビルの爆発と結びつき
また人々を救うことが出来たのはジョニーらしかったけど。

今シーズンのThe Dead Zone。
ジョニーが杖を投げ捨ててしまってから
どうも話に乗り切れませんでした。
こちらも杖に頼りながら観てたのかな?
そんなことを考えていたらあと2話で今シーズンもおしまい。
(正確には3話ですが最後はクリスマスエピなので
AXNでは次シーズンに回すのかな?)
今もかなり暇な木曜日がさらに暇になってしまいます。
文句を言い続けてたけど寂しいな。