INDEX    RSS    ADMIN

Shark S2-#11 「友情と嫉妬と裏切り」

ロックスターのジャスティン・ビショップが参加していたパーティー会場で
ジャスティンのバンドメンバーのショーンが殺害されていました。
ドラッグ絡みの犯行?
ジャスティンらの話から、ショーンはポーカーにのめりこんでいて
借金を抱えていたことがわかりますが…

ただ今人気上昇中のジャスティンは
また出ました!眉毛天使の再登場です。
確かにギターを片手に歌ってる彼はかっこいい。
今時の若者として絵になるのはEverwoodのトミー役でも実証済みです。
しかもトラブルメーカーの兆しありで。
だからどう考えても羽が生えてたのが失敗だったんだよね。
最初に観たのが天使君だったのでドン引きし、
すっかりPaul Wesleyに間違ったイメージを抱いてしまいました。
申し訳ないです。

そしてジャスティンと兄のロブ
それに親友のショーンとブロディの4人で
成功を夢見てバンドを組んだとこrと
脚光を浴びたのはジャスティンだけ!
そのキャラクター設定ってまるでEntourageと一緒じゃないですか。
弟のヴィンスは俳優として躍進中
兄のドラマはそれこそドラマで役は貰うけど泣かず飛ばず
エリックはマネージャーとして努力した結果ようやく活路を見出しそうだけど
タートルは何をやってるんだか。
でもEntourageの4人はチームワークは確かだから
まさかドラマがタートルもしくはエリックを殺しちゃうなんて考えられません。
大体ドラマがそこまで恨みをキープできないし。

ジャスティン達4人も最初はイーブンな関係だったんでしょうね。
でもルックス的に弟は兄に勝ってるし
他の人達はちょっと小粒?
3人がバックバンドという設定もイマイチ謎でした。
だったら追悼ライブの練習をしてる時
ロブとブロディが楽器を持ってないっていうのはありえないでしょ。
やっぱりこのドラマ、詰めが甘いんだな。

事件の真相は金に困ったショーンによる
ジャスティンの醜態写真をマスコミに流出でロブが怒り
ショーンをビニールで窒息死させ
それを公にできなかったというわけで
スタークが仲間の口を割らせるためにジャスティンを逮捕したから
ブロディが自分が犯人だと自首したけど
弁護士は偽証の証拠を持ってきてしまいます。
でも本当の目撃者がいることがわかり
16歳の女の子でなんとジャスティンのGF。
これは犯罪でしょ。
ますますスキャンダルネタです。
だからジャスティンをかばったブロディ。
立派な友情ですが…
でも4人の友情が確かだったら
こんなことが起きる前にショーンのギャンブル癖を止めさせなきゃ。
そしてスターにはスキャンダルも多少は必要だけど
逮捕されたらおしまいだよ。
最後にスタークがブロディを励ました言葉は
まさにその通りだと、温かみがあってよかったです。

そしてスタークのポーカーの腕前はお見事。
かなり修業を積んでますね(笑)
仕事を首になってしまって落ち込むトレバー。
結果的にジュリーは一線を越えてしまったけど
これで二人の関係がこじれたりしなければいいのですが。
スポンサーサイト

Shark S2-#10 「ゆがんだ愛情」

今回の展開は正しい検察官ドラマかな?
途中から殺人事件になってしまったけど
ジェシカが意地で真相を突き止めようとする気持ちはよくわかりました。

5年前世界的に名声の高いテニスプレーヤーのクリスティーナが
試合の後ロッカールームへ行く途中に襲われナイフで刺されます。
すぐに警備担当のホルブロックが駆けつけ一命を取り留めますが
クリスティーナは現役を引退します。
犯人はクリスティーナのストーカーのフランコ。
目撃情報があったため逮捕されたのですが
目撃者が病床であの証言は嘘だと言い出したので、裁判はやり直し。
服役していたフランコは無罪を言い渡されました。
当時本件を担当したことで出世の足がかりになったジェシカにとっては
判決が覆されるのには納得がいかず。
そしてクリスティーナもずっとフランコに追われていたので
恐怖を隠せません。

事件後クリスティーナは結婚し、夫とテニススクールを経営していました。
フランコにはクリスティーナへの接近禁止令が出されますが
警察が過剰反応したために、禁止令も取り下げられてしまいます。
ジェシカは事件当時の様子をホルブロックから聞き取り調査していました。
そんなとき自宅に何者かが侵入。
クリスティーナはナイフで刺されて死んでしまいます。
前回とよく似た事件だけに当然誰もがフランコを疑いますが…

この瞬間フランコは殺してないと思いました。
服役中もクリスティーナを思い続け、愛してると信じていたフランコは
とても殺すことはできない。
もし殺したら自分も心中くらいするでしょう。
実はフランコは途中で自首してきたんですが
言っていることはらちが明かず、
やっぱりすぐに無実だわかりました。

となると疑いがかかるのは一番身近な人物。
テニスコーチの夫でしょうか。
案の定夫はまた新しい金の星を発見し
彼女にテニスを教えつつ浮気中。
クリスティーナと離婚するつもりだったようです。
だけど夫が妻を殺してどんな得が?
スクール経営上妻の方が稼ぎが大きかった?
不自然な点が多く、もう一人疑われたのが警備担当のホルブロックでした。

ホルブロックはクリスティーナと疎遠なふりをしていましたが
二人はしっかり連絡を取っていて、しかも愛人関係にありました。
警備員なら自宅の侵入も簡単です。
あとは殺人の証拠をつかむだけですが
ジェシカはスターク流に物証を得ることを考え
ホルブロックをオフィスに呼んだ後、こっそり指紋を採取
犯人がホルブロックであることを付きとめるんですが
弁護側はその様子を監視カメラでとらえていて(シビアです)
物証は使えなくなってしまいました。
すると残るのはフランコに証言させること。
彼を法廷に立たせるのは心配だったんですが
フランコは期待通り、見たことを漏らさずきちんと語ってくれました。
クリスティーナとホルブロックは争った時
クリスティーナが倒れて頭を打ち
パニックになったホルブロックはナイフで彼女をめった刺しして
いかにもフランコの犯行のように見せかけたんですね。
でもこれってきちんと検死解剖していたら
「頭を撃って死亡してから刺された」ってわからないのかな?
他のドラマの検視官たちは確実に付きとめると思いますが
どうもSharkは一味違うんだよね。

そして再び登場のトレバー父。
スタークがトレバーに仕事をあっせんしてあげたので
感謝しに来るのかと思ったらとんでもない
息子を甘やかすなとお怒りでした。
やっぱり父ちゃんの子育てに問題がありませんか?
それよりこんな暴言を吐いただけで登場シーンが終わりだなんてあんまりです。
これだったらLeverageのガードマンの役の方がずっとかっこよかったです。
もったいない配役でした。

Shark S2-#8 「ハイウェイ無差別殺人」

LAのハイウェイが渋滞中に何者かが車を狙撃。
運転手は怪我で済んだものの、続けて二度も襲撃事件が起きると
当然市民たちはパニックに陥ります。
これが無差別殺人未遂だったらますます犯人を煽るだけだし。
だからスタークはしばらく事件を伏せておくつもりだったのに
あっさり詳細がマスコミにバレてしまいます。
案の定市民はパニックに。
渋滞中に襲われたら逃げようがありませんからね。
やがて市民から目撃情報が寄せられますが
どれも曖昧で役に立ちません。
地元ギャングが絡んでるのではとその線を洗っていくと
武器の取り引きが見えてきました。

ギャングの一人に口を割らせて
容疑者と思われる男をチェック、逮捕します。
確かに彼は銃や銃弾を所持していました。
彼は兵士でしたがイラクへ派遣させてもらえず
自分で物資の配達をする仕事でイラクに渡りましたが
結局帰ってきました。
男の妻は彼はそんなことはしないと言っていましたが…

実は男の狙いは妻の浮気相手。
彼を撃ちたかっただけですが
無差別殺人に見せかけていました。
ギャング絡みの事件かと思ったら
単に嫉妬のあまりの犯行だったとは。
9mmのペイショット殺害事件とちょっとかぶりましたね、
浮気をした本人じゃなくて、相手が狙われたところが違ったけど。

しかし相変わらず事件現場にさっさと到着し
捜査を仕切ってしまうスターク組。
これが検事局の仕事なのか相変わらずよくわかりません(汗)
9mmではエドゥアルドは事あるごとに
検事と協力し合い事件解決に向けて力を尽くすと
筋道立てて法と秩序の世界を守っていこうとしていますが
(でも警察が腐ってるのが困りものですけど…)
とりあえず容疑者をとらえたりある程度段取りができてから
検事にお伺いを立てに行くんですけどね。
やはり向こうから来てくれる検事っていないんだけどな。

今回のポイントは事件より
ジュリーのアル中BFトレバーの父親役で
CSIのヴァルタン刑事ことAlex Carterが登場したこと。
スタークはジュリーに内緒でトレバー父に会いに行くんですが
トレバー父、なかなかクールな渋オヤジでした。
Burn Noticeはちょっと情けなかったですからね。
でもお父ちゃん、息子のアル中もヤク中も重々承知で
どうにもならなくて見捨ててしまった様子。
見た目はまともな父親に見えるのに
まるでダメじゃん!
ちょっとがっかりでした。
もう一度搭乗の機会があるようなので
そのときはまともな父さんになってもらいたいんですけど。

Shark S2-#5 「Student Body」

大学の化学棟で夜爆発が起こり
たまたま建物に戻った学生1名が死亡、1名が怪我を負いました。
建物には爆弾が仕掛けられていたようです。
容疑者として化学専攻で、爆破予告の手紙を書いていた
マイケルの名前が挙がります。
確かにマイケルは爆破予告の手紙を書いていましたが
それは1年前のこと。
その後病院で治療もしていたし
自分はやっていないと主張したものの信じてもらえず
犯人扱いされてしまいます。

嫌気がさしたマイケルは自殺未遂を起こし
ダニーに救ってもらいます。
ダニーはマイケルはやってないと信じ
真犯人捜しに精を出します。
やがて学部の助手が学生と内密に付き合っていて
密会場所が化学棟だったこと。
学生の元彼がそれを恨みストーカー状態だったことがわかります。
元彼カイルは有力者の息子でしたが
学業には向いてなかったようで大学を中退し
建設現場で働いていました。

マイケルの無実をどう証明するか。
カイル元カノが涙ながらにカイルのストーカー行為を訴えたら
弁護側は彼の精神状態が理性的判断を下せなかったと逃げてきます。
マイケルは自分が証言台に立つのを恐れていましたが
自分だったらもっと高性能の爆弾を作るし
仕掛ける場所も違うはずと証言台で知恵を発揮
無実を証明することができました。
カイルはマイケルと同じ病院に入っていて
こっそりマイケルのファイルに収められていた
爆弾予告のれ手紙を持ち出していたんですね。
そして手短な材料で爆弾を作り
元カノと新しい彼氏を脅すつもりだったようです。

今回のエピ、ゲストが豪華でした!
爆弾事件だからといって現れたFBIの特別捜査官
(特別であることを強調していました)は
最近訳ありキャラばかりの?Jeffrey Nordling。
Dirtの困ったボス役の印象が強いけれど
実は結構ファンだったりします(笑)
今回はなかなか押しの強い捜査官で
スタークとの対立が面白かったけど
FBIの出る幕ではなくなったので
さっさと退散してしまったのが惜しかったです。

カイルの弁護を担当したのがTWのドク。
最近スキンヘッドが定着してしまいましたね、
スーツ姿でよどみなく話す姿はいかにも賢そうで素敵。
スタークに決して引けを取っていませんでした。
本当なら腹立たしいキャラのはずなのに、
カッコよく見えちゃったからスタークに申し訳ないです(笑)
TWの人達もそれなりに活躍していて嬉しいんですが
できればまともなボスコを観たいです!

そして先週から登場のスターク元妻が
Mistressesのシボーンだったのには恐れ入りました。
きっと彼女の浮気が原因で離婚?にしか思えないもん。
アイルランド訛りむき出しで正しくシボーンだったんですけど
やっぱりどこかLAにはそぐわない気がしました。

Shark S2-#2 「4年前の悪夢」

アイザックがカッコよすぎ!!
アイザックファンとしては大満足のエピでした。

韓国人街の商店で強盗事件発生。
犯人は兄弟で、兄は殺されてしまいますが
弟は兄が過去に起こした事件の情報を暴露するので
罪を軽減してくれと取引を持ちかけます。
それは4年前に、アイザックの婚約者オリビアが
自宅で殺害された事件の新情報でした。

今まで犯人はおなじみタトゥーオヤジということになってましたが
(また出てきちゃいました!完璧に悪役専門ですね。お疲れ様です。)
実は殺したのは強盗兄だったということなのです。
しかし本人は死亡。
このままでは真相を解明できません。
だが兄はスタントをやっていて
売れ筋俳優トムのスタントをしていたことがありました。
そしてトムはオリビアがカウンセラーとして働いていた
リハビリ施設に入っていた事実が明らかになってきます。
トムが兄を雇ってオリビアを殺したのではと推測できますが
有罪を立証する手掛かりがなく
リハビリ施設は患者の守秘義務があるといって
一切情報を公開してくれません。

アイザックはレイナと熱烈恋愛中。
うまくいっているようでよかったけれど
そんなときに過去の悪夢が甦る出来事が起きてしまいます。
スターク以下みんなアイザックに気を遣い
レイナも再捜査のことを明かさなかったんですが
アイザックは警察経由で情報を入手してしまいます。
こうなると黙ってられない。
愛する人の死の真相をなんとしても暴き
罪を償わせたいじゃないですか。
熱血漢アイザックは闘志に燃えるんですが
それが彼の場合ちょっと危険…
みなさん彼を熱くさせないよう心がけます。
スタークはアイザックを証人として
陪審員の涙を誘う証言を期待しようと取り組むのですが
トムがかつてひき逃げ事故を二回起こし
オリビアに警察に出頭するようアドバイスを受けたという記録を
裏ルートでゲットするものの
法廷ではそれは証拠にはなりえないとあっさり却下。
トムは保釈されてしまいます。

もうしおらしいアイザックはあり得ない。
早速トムのトレーラーに行って脅しをかけます。
アイザックが怒ると怖いもん。
トムはひき逃げもみ消し工作を認め
マネージャーが絡んでいたことを暴露します。
アイザックはトムに見事な演技を見せてくれと一喝すると
ここから新たな作戦開始。
ワイヤーをつけたトムがマネージャーと会話。
オリビアの存在が煙たくなったマネージャーは
強盗兄を使ってオリビアを殺させ
しかも終身刑のタトゥーオヤジに罪を着せておけば問題ないと
そこまで裏に手を回していたのでした。
マネージャーはうまく引っかかり即逮捕。
トムの演技は合格でした。

ようやく事件解決。
アイザックは真犯人に怒りをぶつけたくて仕方がありません。
でもそんなことをしたら今度はおまえが刑務所行きだとスタークにとがめられ
アイザックはマネージャーを怒鳴りつける代わりに
レイナの手を引いてその場を立ち去って行きました。
なんとクールな!!
男前アイザック、これからも要チェックで楽しませてもらいます。

ジュりーがNYから帰ってきたけど
その理由はBFだったんですね。
パパにうそをついて逢瀬を楽しむジュリー。
スタークはBFを受け入れられるでしょうか?