INDEX    RSS    ADMIN

9mm: Sao Paulo #13 「決断の時」

終わってしまった…
激しい脱力感。
こんなに壮絶なファイナルを迎えるドラマって他にあったでしょうか。
印象的なファイナルは多数観てきましたが
とにかくすごい。
一体サンパウロって??ブラジルって???
相当理解しているつもりの私でも寒気がしてきました。
このファイナルのために今までの12話が存在してたんですね。

結局人実は返してもらえず
ついにファクションのリーダーのトーヒは
警官をやっつけろのゴーサインを出します。
ファクションのメンバーはあちこちで無差別に警官を襲い
犠牲者が続出します。
子供でさえ銃を持たされ、平気で大人を撃ち殺してる。
路線バズは突如焼き打ちに遭います。
自爆テロじゃないんだよね。
バスそのものを焼いて大騒ぎするんです。
リオでバスが強盗に襲われる事件を映画化した「バス174」は有名ですが
これは私がリオに住んでいた時、本当に身近なところで起きた事件だったので
バスの恐ろしさは重々承知していて
路線バスも路線を選んで注意深く乗っていましたが
強盗が目的ではなくただの嫌がらせ?自分たちの力を示すため
ブラジル人もこんなことをするんだなとちょっと驚きました。
当然一般人も恐れをなします。
早く帰宅したいので道路は大渋滞になり
これこそ拳銃強盗のチャンスなのに!と
余計なことを考えてしまいました。
そして人々は家に隠れ、サンパウロの街はゴーストタウン。
これがまた想像付きません。
今回は知っている場所がかなり映っていただけに
ありえないだろ…と思うとさらに恐ろしくなりました。

マリオ以下誘拐組はいつでも戦う気満々ですが
3Pはこれではまずいと逃げ出します。
そしてバスに乗ったらそのバスが焼き打ちに遭い
3Pはパニックを起こしかけます。
その頃タヴァレスはビリリコから3Pの行方を聞かれ、
マリオたちが誘拐事件を起こしたことを知らされます。

エドゥアルドは父の死に茫然としたまま。
仲間がとんでもない目に遭っていることなど知る由もありません。
そしてグラコはファクションの暴動などあっという間に収まると
事の重大さを理解しようとしていませんでした。
当然トーヒと話をするようにという勧めにも耳を貸さず。
しかし街へ出てタクシーに乗り
生意気なガキに脅されたり、血まみれで倒れている人を助けたりしているうちに
自分が今何をすべきか、ようやく気が付きます。
この生意気なガキ、最初はタヴァレスに絡んでましたね。
いかにもホームレス少年なんですけど
目の輝きの鋭さがすごい!
見事な演技力に圧倒されました。
彼は一体どんな子なんでしょう?
本当にファベーラの子だったら、ますますすごいです。

オラシオはまだ監察局につつかれてましたが
ヘレンから重大任務を預かります。
やっぱりエドゥアルドは信頼されてないんだね。
そして町に出たオラシオはフェレイラらと会い
自分たちもまた町を守る覚悟で待ち構えます。
外へ出たルイーザは廃墟と化した別の警察の中で唖然とします。

戦う手を緩めようとしないファクション。
彼らを鎮めるにはどうすればいいのか。
ようやくグラコはトーヒと話をしようと
アジウソンにセッティングを頼みますが
グラコがどんな要求でも飲むつもりでいても
トーヒが刑務所でほしいものはすべてそろっていました。

ファクションの暴動を鎮めるには人質を返すしかない。
それには3Pが動かなければなりません。
タヴァレスと合流した3Pは、人質の居場所を伝えます。
そして一大決心をすると、一人でマリオたちのアジトへ。
一緒に襲撃をするつもりで気合を入れているマリオの胸に
3Pは銃口を突き付けると引き金を引いたのでした。
その後は次々に仲間たちを撃ち倒します。
ついに終結。
人質は無事に戻り、街に平和が訪れました。
トーヒは刑務所内にサッカーを観るために
薄型テレビを入れるよう要求したなんて後で言われてましたが
これはいかにもブラジルらしい要求です。

混乱を極める中で、ジルソンの母は
サンパウロから出て他の街で新しくやりなおそうと声をかけますが
ジルソンは父であるオラシオと一緒にいることを望みます。
疲れ果てたルイーザはダニに電話して 
ダニがサンパウロの様子を聞いてくると、いつもと一緒と答えてから
一人涙します。
3Pはおばに、マリオは勇敢に戦って死んだと報告します。
エドゥアルドの父の死に際し、オラシオは
父がいかに立派な人物であったかを話します。
彼もまた警官で、正義を貫こうとして辞めていたのでした。
ドラマは父の葬儀で幕を閉じます。

この先一番気になるのが3Pかな?
兄を撃ち殺したようなものです。
街を救うためとはいえ、しばらくは罪の意識にさいなまれるでしょう。
そして街に平和が訪れたとしてもそれは一時的なこと
このドラマで描かれる貧困や警察の腐敗が
片付いたわけではないのですから。
だからS2があったらいいなと大いに期待するのですが
果たして実現するのでしょうか。
ブラジルの現状をこんな形で知ってもらえたのは
ちょっと情けない気もするけど、いい機会でした。
9mmをオンエアしてくれたFOXに感謝。
これからも様々な国の隠れた名作と出会えればと願っています。
スポンサーサイト

9mm: Sao Paulo #12 「語られたウソ」

いよいよ終盤。
先に進むのがもったいなくてケチケチ観ているのですが(苦笑)
残すところあと1話になってしまいました。

マリオや3Pとつるんでドラッグでハイになり
挙句の果てに公園にいた青年を撃ち殺してしまったアルベルト。
実は彼も表向きは実績のある署長だったんですね。
いかに裏の姿が別物か、その腐り具合がよくわかりますが
またアルベルトがマリオに頼まれて裏取引をしていたら
彼氏を撃たれた女の子が居合わせ、この男が恋人を殺したと確認。
早速目をつけられたアルベルトはファクションの手で消されてしまいます。
グラコ検事や警察側はアルベルトの業績をたたえ
悪を一掃すべきだと立ち上がりますが
エドゥアルドはグラコのやり口に難色を示し
アルベルトが不正を働いていたという情報もつかんできます。

毎回呆気にとられるのは
ニュース番組の解説者のテンションが高すぎること。
確かにブラジル人は声はでかいしオーバーアクションですが
これはちょっと誇張しすぎでしょ。
バラエティ番組じゃないんですから。
そしてエドゥアルドはテレビに映りすぎ。
だから敵も増えると思うんですけど。

アルベルトが死んだことでマリオは大ピンチ。
もちろん3Pだっていつ狙われるかわかりません。
タヴァレスと激しくいがみ合った3Pですが
マリオ以下麻薬課組と結束を固め
刑務所にいるファクションの大物トーヒのいとこを人質に取ることにしました。
自分たちなりに犯罪組織と立ち向かうにしても
やってることが犯罪組織と変わらない。
トーヒは身代金の要求に応じることになり
部下が金を渡しに行くと、マリオ組はさっさとファクション組を撃ち殺し
さらに金額を上乗せしてきます。
犯罪組織よりたちが悪いです。
ちなみにHPのおまけ映像では
アルベルトが撃たれたと連絡を受けてパニクるマリオと
ブチ切れる3Pの姿が見られます。
二人とも相当興奮して、リベンジに向かいます。

一方娼婦殺害事件の被疑者
ブルーノ(という名前でした…いつも後からわかります…汗)の死を不審に思った監察局は
オラシオが殺したとしてオラシオに尋問します。
だがオラシオは適当にはぐらかし
監察局は手がかりを得ることができません。
ルイーザはオラシオが何か隠していると察していましたが
ジルソンが直接ルイーザに会いに来て
ブルーノを殺したのは自分だと自白すると
同世代の子供を持つ母親として
子供をかばおうとする親の気持ちがよくわかりました。
そしてオラシオのアリバイ作りに協力。
監察局を追い払います。
殺害の決め手となる銃はフェレイラが持ったまま。
オラシオは何とかして銃を取り戻すつもりでいます。
息子のために奔走する父親。
でもやっぱりジルソンって自分の子供じゃなかったんですね。

エドゥアルドの父はガンが進行していることを
検査の結果で知りました。
激しくせき込み辛い日々が続きます。
薬代も馬鹿にならないし。
父はいっそのこと…と考えたのでしょうか。
薬を大量にウィスキーで流し込むとソファで眠り
再び目を覚ますことはありませんでした。
父の死にエドゥアルドは驚きますが
検視をしてもらったときは事故扱いになるか確認し
かえって苦しまないでよかったのかもと
父の死を淡々と受け止めていました。

表向き警察とファクションの攻防がスタート。
裏ではもっと激しい闘いが繰り広げられそう。
アジウソンはなんとかならないかエドゥアルドに詰め寄りますが
グラコに言ってくれとエドゥアルドは諦め気味です。
そして組織に一番近い位置にいるタヴァレスも
少年にいきなり脅され
今度ばかりはかつての仲間も敵に回るのでしょうか。

9mm: Sao Paulo #11 「娼婦の死」

オラシオの元友人フェレイラ(という名前でした)が仕切っている地区で
娼婦が何者かに殺されます。
オラシオとルイーザが事件を担当。
フェレイラの動きを追っていた監察局から
検察経由でエドゥアルドが監視カメラ映像を入手すると
事件のあったビルに出入りするジルソンの姿が映っていました。
これではジルソンが被疑者になってしまう。
オラシオは心ここにあらず。
ジルソンを守るべく独自に動き出します。

オラシオはフェレイラがジルソンを車に乗せて移動するのを目撃。
彼らが行った先では情報を持っている青年が袋叩きにされていました。
フェレイラはジルソンにも強要させようとします。
ジルソンはすっかり怯えて動けない状態。
オラシオも何もできません。
フェレイラいわく、かつてはオラシオも同様のことをやっていたと。
それを否定できないオラシオ。事実だからどうにもならないのでしょう。
ようやく青年は犯人の名前を話します。

勝手に動いていたオラシオですが
犯人の身元を調べることをルイーザに依頼。
まずその男の家にオラシオが行きますが、すでにどこかへ連れ去られた後でした。
オラシオが思いつくのは彼自身が制裁のために使っていた藪。
案の定フェレイラもジルソンも、犯人と思われる青年もそこにいました。
フェレイラは青年を激しく痛めつけると
ジルソンに銃を渡し、彼を撃つよう命じます。
銃の練習をさせられていたジルソン。
うまくなったからと腕前をオラシオに見せると
オラシオに強く叱責されてしまいました。
だがさすがに人を前にして、ジルソンはとても撃つことができません。
必死で拒否をするのですが、フェレイラはジルソンの手を持ち
引き金を引かせてしまいます。
青年は死亡。
遺体を残したままようやくジルソンは解放されます。
銃の始末はフェレイラがやってくれると言ったけど
ジルソンが殺したことがいつ明らかになることか
オラシオは何とかすると言ってましたが
そのあと地元警察が遺体を発見。
そばに銃弾が落ちていたのも見つけてしまいました。
ブラジルのCSIがしっかり仕事をすれば
線条痕を調べて使われた銃がわかるかも。
やっぱりきちんと後始末をしておかないと
何とかならないと思うのですが…

自らジルソンを守ろうとかなり挙動不審なオラシオでしたが
その分きっちり仕事をしていたのがルイーザ。
刑事はこのくらい迫力がなければやっていけないなという
パワーをたっぷりと見せてくれました。

周囲の評判は相変わらずよろしくないエドゥアルド。
でも涼しい顔をしてカメラの前に立ってるし
リッチな愛人とは不倫を楽しんでいますが
(でも夫と別れる気はないことをはっきり言われてました)
お父さんがバスルームで倒れてしまいます。
早速病院に入院させますが
お父さんの保険が切れていたため医療費が馬鹿にならず
カードを持っていなかったので小切手を切ろうと思ったら
小切手は使えないと言われたので警察バッチを見せて担当者を脅し
無理矢理小切手で支払いをしていました。
金銭面はかなりピンチなようです。

殺人事件以降マリオと関わらないようにしている3Pですが
マリオの方から連絡しようとしてきます。
3Pは逃げることに必死。
Gfの家に隠れても、そこにもマリオが連絡してきていることを知り
突然別れる!と大騒ぎして出て行ってしまいました。
しかしファクションも3Pを追ってる模様。
またもや八方ふさがりですね。どうするんでしょう。
ファクションは何か仕掛けてくるみたい。
この先もとんでもないことになりそうです。

9mm Sao Paulo #10 「死んでほしい男」

ペイショットが自宅で何者かに撃たれて死亡。
ペイショット大佐(だったんですね)は
刑務所の暴動を鎮圧して評価されていたので
彼を撃ったのはファクションの者ではないかと思われました。
タヴァレスは早速組織に聞き込みに行くけれど
みんな「俺が撃った。」と言って何も語ろうとせず。
彼らの結束は固すぎてどうにもなりません。
そして何もできずにただ落ち込むルイーザ。
ルイーザはペイショットとの関係に不満を述べ
ペイショットが腹を立てて出て行ってしまってから
連絡が取れない状態でした。
しかもペイショットには妻がいたのです。
それはルイーザも寝耳に水でした。
ペイショットの女性関係が華やかだったのは有名でしたが。

ルイーザは自分がペイショットと付き合っていたことを
エドゥアルドに話しそびれてました。
嫌な予感は的中。ヘレンはルイーザとペイショットとの関係を突き止めてしまいます。
ルイーザはオラシオがチクったのではと怒りますが
オラシオは無関係みたい。
エドゥアルドはルイーザに捜査から外れるよう命じますが
ルイーザは自分こそ捜査にうってつけだと、首を縦に振りませんでした。

ルイーザはペイショットの葬儀を遠くから見守り
葬儀が終わったところで妻に近づきます。
そして正直に自分とペイショットとの関係を打ち明けると
妻は予想以上におおらかに受け入れてくれました。
今はあえてペイショットと別居状態だけど
自分は愛されてると確信しているようです。
そして明日自宅にコーヒーを飲みに来いと誘ってさえくれました。

ルイーザは一人でペイショットの家に入ります。
彼と交わした最後の言葉を思いだしながら悲観していると
突然留守電に電話が入ります。
それはもう一人の愛人からでした。
週末は彼女と過ごしていた?
その愛人とペイショットをルイーザは射撃場で目撃しました。

翌日ルイーザは妻の家へ行き
いつの間にか妻にさげすまれる愛人の立場から
妻を尋問する刑事の立場に変わっていきました。
もう一人の愛人の発覚と妻の話の矛盾から
ルイーザは愛人の話を持ち出して妻を脅していきます。
妻は愛人に嫉妬したことを認めました。
そしてペイショットに銃を突きつけ撃ったことも。
事実を話しながら妻はルイーザに銃を向けます。
ルイーザは落ち着いて自分も銃を構えると、妻の説得を始めます。
さすがルイーザ、その態度も口ぶりも堂々としたもので
妻はあっさり銃を置き、警察に出頭することにします。
ルイーザが自力で解決した事件。
まさに彼女だからできたことですが
エドゥアルドは何故ルイーザが妻の家へ行ったかは
追求しないと言ってくれました。

アバカチと組織のふるまいに我慢の限界を超えたアジルソンは
刑務所内の組織の司令塔のトーヒに
アバカチを片付けていいか頼みに行きます。
看守が囚人にお伺いを立てなければならないなんて
いかに刑務所が腐っているかよくわかりますが
OZだって中でいろいろありましたからね。
まあ驚くことではありません。
一方アバカチもアジルソンのやり方に腹を立て
アジルソンを片付けていいかトーヒに尋ねます。
両方から相談を受けたトーヒは
アジルソンの方にゴーサインを出します。
早速外部にも連絡が出され
刑務所内ではアバカチが襲われ
外でも部下たちが痛めつけられました。
アジルソンの願いは叶ったけれど
さらに対立、抗争が激しくなるのではないでしょうか。

そして心配なのが3P。
マリオと仲間の麻薬課刑事にくっついて出ていったら
二人はドラッグですっかりハイ状態。
可愛い女の子を見つけたら彼氏を追い払ってものにしようとして
当然彼氏が怒ったら、さっさと撃ち殺してしまいました。
3Pは一部始終を見てしまい、もちろん手は出さなかったけど共犯者です。
きっとまた組織の犯行ってことで片付けてしまうのかもしれないけど
彼氏が殺された女の子の方は3人の顔を見ていますからね。
証言台に立てば真実を述べるでしょう。
またこのまま3Pはまたもやずるずると巻き込まれてしまうのか。
ちょっとしっかりしてもらわないと困りますよ!

9mm:Sao Paulo #9 「父と息子」

エドゥアルドが養護施設に入っている父の様子を見に行ったら
そこはひどい有様でした。
薬はろくに与えられていないし、衛生状態も良くなく
しかもエドゥアルドは老人の死と直面します。
職員は医療行為を怠っている。これは殺人だとエドゥアルドは主張し
強制捜査を始めることにしました。
付き合わされるのはようやく足が回復したタヴァレスと3P。
でも何をすればいいのやら。
亡くなった老人はいくつもの病気を併発しており
もう寿命だと言えばそれで済んでしまいそうです。

確かに施設の環境は劣悪でした。
タヴァレスが発見したクッキーも4年前のもの。
さすがに彼も吐き出していました。
薬もすべて使用期限が切れています。
こんな物を置いておくなとエドゥアルは怒りますが
職員側にも言い分がありました。
十分な資金がないのに施設の経営は無理。
大体エドゥアルドがこの施設に父親を預けることが問題だって。
まさにその通りかも、
文句があればさっさと退所させればいいじゃないかって
これだけ悪者扱いされたら憤慨したくもなりますよね。
父を預けたまま音沙汰なしだったエドゥアルド。
父との間に何やら確執があるらしいですが
突如怒って父を自宅に連れてきてしまいました。
そして処方箋を見つけ、父が飲まなければならない薬を薬局に買いに行ったんですが
あまりの値段の高さに唖然としていました。
エドゥアルドは何も分かっていなかったんですよ。
そしてここにもまた、ブラジルが抱える問題点がクローズアップされていました。

賞味期限と言えば、ブラジル生活をしていて賞味期限をあまり気にしなくなってしまいました。
日本食材に限ってですけど、日本食材を扱っている店は家から遠かったし
値段も高いのでたまに買うと貴重品。
すでに賞味期限が切れているものを入手しても、まだまだ大丈夫だと気にせず食べてました。
そして物が豊富なサンパウロに来た時は、しこたま買い込んで帰りました。
自分にとってはサンパウロ=買いだしのイメージだったんですね(笑)
そのうちだんだん近所のスーパーでも日本食材が入手できるようになったんですが
初めて近所の店で豆腐を買った時
パックを開けたらいきない糸を引いてたので驚きました!
納豆じゃなくて豆腐がですよ。
売る側も食品の管理がなってないんですけど
これがブラジルなんですね(苦笑)

エドゥアルドは職員を署に拘束しますが
ヘレンがさっさと解放してしまいました。
老人の死因は病気でとしか言いようがないし
とても警察側に勝ち目はなかったからです。
やがて施設に入っていた老人たちはほかの施設に移されますが
ここもなんだか似たような感じにみえたけど…

ジルソンはオラシオの元友人に連れまわされて
自警団まがいのことをやらされています。
売春婦から売上金を巻き上げたり。
その様子を見張っているのは内務調査?
もちろんオラシオも目をつけられているのですが
このままジルソンが深みにはまっていくと問題です。
オラシオはなんとか阻止しようとするのですが。

少年が銃で撃たれて死亡。、
彼の兄が容疑者として挙げられますが
オラシオは暴力で自白させようとしていました。
ルイーザはオラシオのやり方に文句をつけます。
ルイーザはペイショットとの関係に不満を述べたら
ペイショットはさっさと姿を消してしまいました。
いきなり二人の関係はおしまいですか?

ファクション絡みの事件は後を絶たず
アバカチから町を守ろうとするアジルソンは子供たちを鍛えていますが
悪事を働いたらその制裁も半端じゃなく、世の中厳しいです。
そういえばエドゥアルドはポンペウが置いていった案件を預けられてしまいました。
せっかく縁が切れたのにお気の毒でした。