ドラマ日記 Pt.2

Category9mm :Sao Paulo 1/3

9mm: Sao Paulo #13 「決断の時」

終わってしまった…激しい脱力感。こんなに壮絶なファイナルを迎えるドラマって他にあったでしょうか。印象的なファイナルは多数観てきましたがとにかくすごい。一体サンパウロって??ブラジルって???相当理解しているつもりの私でも寒気がしてきました。このファイナルのために今までの12話が存在してたんですね。結局人実は返してもらえずついにファクションのリーダーのトーヒは警官をやっつけろのゴーサインを出します。フ...

  •  0
  •  0

9mm: Sao Paulo #12 「語られたウソ」

いよいよ終盤。先に進むのがもったいなくてケチケチ観ているのですが(苦笑)残すところあと1話になってしまいました。マリオや3Pとつるんでドラッグでハイになり挙句の果てに公園にいた青年を撃ち殺してしまったアルベルト。実は彼も表向きは実績のある署長だったんですね。いかに裏の姿が別物か、その腐り具合がよくわかりますがまたアルベルトがマリオに頼まれて裏取引をしていたら彼氏を撃たれた女の子が居合わせ、この男が恋...

  •  0
  •  0

9mm: Sao Paulo #11 「娼婦の死」

オラシオの元友人フェレイラ(という名前でした)が仕切っている地区で娼婦が何者かに殺されます。オラシオとルイーザが事件を担当。フェレイラの動きを追っていた監察局から検察経由でエドゥアルドが監視カメラ映像を入手すると事件のあったビルに出入りするジルソンの姿が映っていました。これではジルソンが被疑者になってしまう。オラシオは心ここにあらず。ジルソンを守るべく独自に動き出します。オラシオはフェレイラがジル...

  •  0
  •  0

9mm Sao Paulo #10 「死んでほしい男」

ペイショットが自宅で何者かに撃たれて死亡。ペイショット大佐(だったんですね)は刑務所の暴動を鎮圧して評価されていたので彼を撃ったのはファクションの者ではないかと思われました。タヴァレスは早速組織に聞き込みに行くけれどみんな「俺が撃った。」と言って何も語ろうとせず。彼らの結束は固すぎてどうにもなりません。そして何もできずにただ落ち込むルイーザ。ルイーザはペイショットとの関係に不満を述べペイショットが...

  •  2
  •  0

9mm:Sao Paulo #9 「父と息子」

エドゥアルドが養護施設に入っている父の様子を見に行ったらそこはひどい有様でした。薬はろくに与えられていないし、衛生状態も良くなくしかもエドゥアルドは老人の死と直面します。職員は医療行為を怠っている。これは殺人だとエドゥアルドは主張し強制捜査を始めることにしました。付き合わされるのはようやく足が回復したタヴァレスと3P。でも何をすればいいのやら。亡くなった老人はいくつもの病気を併発しておりもう寿命だと...

  •  0
  •  0