INDEX    RSS    ADMIN

Mercy S1-#22 「That Crazy Bitch Was Right」

やっぱり来ましたね!
平穏無事にドラマが終わりそうで、最後にドカンと落とすクリフハンガー。
これで打ち切り決定って本当に迷惑です。
この先は勝手に想像するしかないのって寂しすぎる。

1ルームのアパートを借りて一人暮らしを始めようか悩んでいるヴェロニカ。
物件はマイクが見つけてくれたけど
生活を変えることにちょっと不安を感じています。
でも道路に捨てられていたピンクの椅子に座ったとたん
ヴェロニカは独り立ちがしたくなりました。
ヴェロニカが電話でアパートを借りると告げたら
前のビルから少年が助けを呼んでいます。
老朽化したビルに入り込んだ二人のうち
片方の少年が骨折してしまいました。
ヴェロニカが助けに入り少年を外へ連れ出そうとしたところ
床が抜けて二人は下に墜落してしまいます。
ヴェロニカはたいした怪我を負わなかったけど
もともと怪我してた少年は、腕が抜けなくなってしまいました。
かかってきたマイクからの電話でやっと携帯を見つけたヴェロニカは
今の状況を報告。
消防と救急、クリスが助けに来てくれます。
少年の腕の血流が止まってしまうことをヴェロニカがクリスに報告すると
クリスは一度腕を切断し、後でつなぐことを提案。
器具を入れてもらい、外からクリスに指示を仰いで
ヴェロニカは無事に手術を完了。
途中煙が入ってきて危険な状態だったけど
3人は無事に助け出されました。
ヴェロニカは安否を気遣ってきたマイクと抱き合い
その様子をクリスは遠くから見ていました。

クリスはヴェロニカの診察を行い
彼女の適切な処置を褒めた後、姿を消してしまいます。
ハリスはクリスがマーシーを辞めたとヴェロニカに伝えます。
クリスは大佐の頼みを聞いて、アフガニスタンで医療活動を行うことにしたのです。

アンディの意識は戻らず。
何とかしてあげたいと思うクロエにブリッグスは手術を提案。
脳を開いて治療を行いますが
手を尽くしたにも関わらずアンディの脳死が宣告されます。
両親はアンディの臓器提供を依頼しながら
クロエがよくしてくれたと感謝します。
クロエは両親の代わりに臓器提供の手術に立ち会います。
自分のせいでアンディはバーに来て倒れたと
まだ自分を責めているクロエを
ブリッグスは励まし二人はキスします。
今度はそういう展開か!と思いきや…

借金まみれのブリッグスは婚約者だったジュールズと手を切ることができず
結局二人の寄りが戻ってしまいます。
ジュールズの存在を知ったクロエはがっかりし
ナースを辞めてドクターになると宣言します。

ソニアは霊能者のおばさんの予言に振り回され
ニックがポールの接近禁止令を持ってきてくれた時
再度猛烈にアタック。
二人は元の鞘に収まりました。
めでたしめでたし。

こうしてとりあえずドラマは無事にファイナル。
新居でのんびりヴェロニカはお風呂に入っていますが
その時に電話の呼び出し音が…

ニュースではテロでアフガニスタン行きの飛行機が爆撃。
医師団が巻き込まれたと報道しています。
ヴェロニカの家に向かおうとしているマイクは
困ってる女性を助けようとしたら
実はグルだった物騒な男たちに囲まれています。

電話はどちらから?

これでおしまい。

このままS2があるとしたら、電話はどちらも関係なくて
二人ともとりあえず無事でしたっていうのが理想なんですけど。
先がないのでわかりません。
Mercy、登場人物に感情移入できた、見応えあるドラマでした。
特に戦争がもたらす心的影響を強く感じました。
ドーソンがすっかりふてぶてしくなったのも意外な収穫だったかな。
素晴らしい作品に出会えて、本当によかったと思います。
スポンサーサイト

Mercy S1-#21 「Too Much Attitude and Not Enough Underwear 」

前回の続き…全てが悪い方向へ??

刑務所で襲われたフランシスコの恋人で
エンジェルの元カノだったカミーラが
ひどい暴行を受け車から道路に投げ出されます。
ヴェロニカらがすぐに助けハリスを中心に治療を開始
エンジェルが親身になって心配しますが
カミーラを救うことができませんでした。

一方ダミアーノはブリッグスがフランシスコ殺しを実行しなかったことを怒り
愛犬の病気を治せと無理難題を言ってきます。
ブリッグスが自分は心臓外科医だと突っぱねると
今度はブリッグスの医師免許をはく奪すると脅しをかけて
実際に行動に移してきます。
ブリッグスのコカイン所持をもみ消してくれたのはダミアーノでした。
ても多額の借金を返さなければ、またドラッグの件が表沙汰にされます。
窮地に立たされたブリッグスでしたが
ダミアーノの娘でブリッグスの元カノが助け船を出してくれます。
ブリッグス、腕はいいのにとんでもない爆弾を抱えちゃってますね。
というかどんどん荒んでいくドーソンが気の毒で。

ソニアがローレンの自殺ほう助の件を認めないために
ポールが執拗に嫌がらせをしてきます。
ソニアはようやくヴェロニカらに相談。
ヴェロニカはニックにソニアを助けてほしいと頼みます。
ニックは嘘がばれたら自分がクビになることを覚悟で
ソニアに検察に訴えるよう手を貸すことにします。
やっとニックが立ちあがってくれたのはよかった。
ポールの接近禁止令を取ることから始めるようですが
うまくいくといいな。

アンディは禁止されていたアメフトを再開した模様。
そして病気のせいでイライラしてクロエに突っかかってきます。 
心配したクロエはコーチにストップをかけてもらうよう頼みこみます。
アンディはますます怒り、そしてバーで倒れて頭部を打ち意識不明に。

イラクでヴェロニカやクリスと一緒に活動したネイト・ラムゼイ大佐が
マーシーに来ます。
足の手術の依頼にきたのですが
二人との再会を喜びながら、二人にまた一緒に戦地に行かないかと声をかけます。
さすがに二人は首を縦に振りません。
ネイトは手術を受けますが、その後病院を抜け出してしまいます。
家族が見舞いに来ないのもおかしいと思ったヴェロニカは
自宅に様子を見に行きますが、家族が家に住んでいる気配はありませんでした。
ネイトが語った家族の話はウソ。
彼もまた孤独に苦しんでいました。
そして自分は無理と感じたネイトはクリスに
自分の代わりに戦場に戻るよう頼みます。

こんなに心配事がいっぱいで、次週がファイナル。
S1で打ち切りなのであと本当に1話しかないんですが
かなりとんでもないクリフハンガーみたい。
それって困る…
全てがあと1話ですっきり片付くわけありませんが
嫌な思いをたっぷり残して終わるのは勘弁してもらいたいです。
来週満足感を得られるのか、どうでしょう。

Mercy S1-#20 「We All Saw This Coming 」

ナースたちが膀胱の大きさ比べをしていたら
刑務所で暴動が起き怪我した囚人が次々に搬送されてきます。
ERはどんな悪人が運ばれてきても治療しなければなりません、

ギャングのメンバーのフランシスコはエンジェルと同じ地区の出身。
エンジェルは物騒なところに住んでいるようです。
フランシスコの彼女が病院なら会えるかもとエンジェルを訪ねてきます。
実はその彼女はエンジェルとプロムへ行った仲でしたが
エンジェルがカミングアウトしてそのままになっていました。
エンジェルはフランシスコのCTを撮るとき、彼女を一緒に呼んであげます。
すると今度はブリッグスのところにダミアーノが現れv
病院でうまくフランシスコを始末するよう頼んできます。
ダミアーノに逆らえないブリッグスだけど、治療となると別の話。
フランシスコの病室の前にはダミアーノに買収された見張りがいたんですが
ブリッグスはクロエの手を借りてフランシスコをうまく連れ出し
心臓の周りに溜まった血液を取り除くなどの小技をあれこれやって
フランシスコを無事に救い出してしまいました。
しかしブリッグスの黒い過去は簡単に消せないみたい。

ヴェロニカの担当した患者デールは大学生でしたが
交通事故を起こして親子を死なせてしまいました。
もうすぐ仮釈放になるけれど
そのあとどう過ごせばいいのか悩んでいます。
普通に生きていければいいけれど、服役していた記録は残ってしまうし。
ヴェロニカはデールに同情し励ましますが
隙をみてデールはヴェロニカに襲いかかり
ヴェロニカを手錠でベッドにつなぐと
天井裏を伝って逃げ出そうとし始めました。
実はデールは隠し持っていたドラッグを5袋も呑み込んでいました。
天井裏に詳しいハリスが居場所を突き止め
デールは天井から落ちてきます。
だが胃の中で二袋破れ、結局デールは命を落としてしまいます。
刑務所にいたらまともには生きていけない。
デールの言葉をヴェロニカは信じてはいけなかったんだけど
せめて普通の生活に戻してあげたかった。
ヴェロニカにはデールの思いが切実に感じたんだね。

クロエのBFのアメフト大学生のアンディ君。
自分がどこにいるのかわからなくなってしまいました。
脳の障害はさらに重くなってきているようです。

ローレンの自殺ほう助の件でずっと悩んでいるソニアは
自殺ほう助は有罪になると聞いてさらに落ち込んでしまいます。
そしてついに囚人たちの監視に来ているニックに全てを打ち明け
助けを求めますが…
ニックの「俺は刑事だ。」の一言。
罪の告白をされたら、刑事としては逮捕するしかないですよね。
知らんぷりをするのか、何か得策を考えるのか
ニックにすがりたいソニアの気持ちはわかるけど
ますますややこしくなりそうです。

ヴェロニカのところに離婚書類が届き
ヴェロニカはサインをしてマイクに渡します。
でもヴェロニカがクリスと別れたことをマイクに告げたら
二人はまたなんだかいい感じ。
このまますぐ離婚にはならないのかも。

MercyもS1で打ち切られているので
残り2話でおしまいです。
今の流れだとすっきりしない部分がさらに増えそうで嫌な予感。
先のないドラマのクリフハンガーは勘弁してもらいたいです。

Mercy S1-#18 「Of Course I'm Not」

ヴェロニカはセラピーを受け始めるが懐疑的。
ところでセラピストの先生はMary Stuart Masterson。
SVYの精神科医レベッカじゃないですか。
NYからそのまま出張診察に来た感じ?
全く同じキャラを観ているように思えました。
でもヴェロニカに自分の過去を明かした時
湾岸戦争で修羅場をくぐってきたことがわかりましたが。

マイクの知人のロベルトの体調が悪くマーシーにやってきますが
心臓に穴があいていて手術が必要になります。
でもロベルトはドミニカから来た不法滞在者。
心不全で一刻を争うなら手術をするにしても
まだ容態は安定しているのでとりあえずここは退院させると
クリスは診断を下します。
保険が適応できないので手術は無理。
クリスはドミニカに帰って手術を受けることを勧めますが
家族をアメリカに残して帰ることもできません。
するとブリッグスがまだテスト段階の治療法を試したいと言い始めます。
これなら無料で治療が行えますがリスクも大きいので
クリスは賛成しません。
ヴェロニカは家族がバラバラになることがなく
ロベルトを助けられないかと考えます。
そしてブリッグスとともに心不全の兆候が見えたということにして
ペースメーカーを埋め込む手術を強行することにします。
ロベルトにとってはこれでよかったのかもしれませんが
クリスはヴェロニカが自分に黙って手術に加担し
それを隠していたことが許せませんでした。
デートの誘いもあっさりキャンセル。
ヴェロニカは酒を飲まずしらふで謝りに行ったのに
クリスはもうヴェロニカを受け入れられないみたい。
やっぱり無理なのかな。

クリスは強く愛してくれるけれど
一度拒んでしまったらもう受け入れられない。
そんな激しさが感じられます。
その点マイクは距離を置きつつも
ヴェロニカのことをずっと見守ってくれている?
対照的な二人の愛のどちらをヴェロニカは必要としているのか
でもクリスと何度も修羅場をくぐっているから
また寄りが戻るかもしれないけれど。

ニックと寄りを戻したいのがソニア。
でもニックはかたくなに拒み続けます。
ソニアを深く愛していたからこそ
裏切りが許せなかったんですね。
患者たちに教えてもらった一生連れ添うペンギンの話に心打たれ
ソニアはペンギンのぬいぐるみを持ってきて
必死で思いを伝えたのに。
この先見込みなしかな?
それよりローレンの死を不審に思った刑事が
ソニアに話を聞きに来ます。
ソニアは適当にごまかしていましたが
これから追求されることになるのでしょうか。

クロエはイケメンアメフト選手に迫られてましたが
ハリスとのコンビはいい感じでした。
エンジェルはアルコール依存症の患者が
自分の赤ん坊と思い込んでいる人形を取り上げたところ
彼女がいかにその人形を必要としているかに気づき
危うく捨てられかけた人形を取り返します。
ERでも患者とナースたちのドラマが繰り広げられています。

Mercy S1-#17 「There Is No Room for You on My Ass」

聖パトリックデー。
アイルランド系の人達はみんな緑色をまとって大騒ぎ。
そしてマーシーのERでイタリア系とぶつかり合っています。
エキサイトする中でイタリア系の男性が心臓発作を起こして倒れてしまいます。

ブリッグスは自分のドキュメンタリーを制作するとかで
カメラクルーを引き連れています。
そして自慢の心臓手術の技を披露することになるんですが
実際には容易ではありませんでした。
さりげなく映像を差し替えてしまうブリッグス。
でもそのあとで患者をきっちり救います。
そしてうまくいかなかったことに対し
振り替えて再度練習を積んでいます。

映画作りにいそしむドーソンのイメージが強いだけに
ドーソンが主役の映像っていうのが面白かった。
相変わらず威張ってるけど
なかなかクロエといいコンビになってきてるかも。

売春事件で大暴れした後、ヴェロニカの酒量が増えています。
本人は大丈夫だと言ってるけど、みんなは心配しています。
聖パトリックでーのパーティーでも飲んで騒いで
挙句の果てに袖に火をつけてしまいました。
翌朝家族会議にクリスとマイクも参加。
マイクはクリスに任せるとしつつ
親身になって心配してあげているのが優しいね。

ヴェロニカが担当した怪我をしたブルックは
マラソン大会で走れるか心配しています。
そして隙を見て階段トレーニングを始めたブルックは
階段から転げ落ちて尻の骨を砕いてしまいます。
ヴェロニカはブルックが拒食症であることに気づき
ハリスと共に回復に向けて頑張っていこうと約束しました。
ブルックは素直に受け入れ食べる様子も見せていたのに
首つり自殺を図ります。
ヴェロニカが発見したからよかったけれど
難しい問題ですね。
そしてヴェロニカもついにカウンセリングを受けることにします。
バーで待ち合わせしてスコッチを飲みながらでしたが
これから好転していけるといいな。