INDEX    RSS    ADMIN

Hart of Dixie S2-#21 「出会いを求めて」

シーズンファイナルを迎える前に軽くおさらい。
もう吹替版は終わっちゃってるんですよね。
だからネタばれも見られるんですけど、チラ見くらいに抑えておきます。

ゾーイがウェイドと別れてから、どんどん訳がわからなくなってきました。
人間関係の設定がハチャメチャ過ぎというか
ブルーベルの人々は思い付きで行動しすぎというか
単純でわかりやすいのはいいけど
少しは「リベンジ」の人の執着心を学んだ方がいいように思います。
っていうか恋愛が全てで世の中は回らないだろうが!!

そんなわけで医療ドラマの医療部分はどこかに消え
誰も病気しないならそれはめでたいことだけど
医者俄仕事しなくていいんですかね?
もっとひどいのが町長ですよ。
ラヴォンは隣の町長が町の境界線にごみを捨てたことを怒って
町長の家の前にごみをまきちらしに行きます。
子供の喧嘩じゃあるまいし…
この件は隣の町長妻とアナベスが話し合いを持つことにしましたが
それでも平和な町だから不思議です。

シェルビーとブリックのお付き合いにレモンもマグノリアも
よく我慢してるなって思います。
レモンが本当に落ち着いてきたね。
ラマージャマーの再建にも真剣に取り組んでるし。
でもシェルビーが母親面するのは絶対まずいと思うな。
ブリックも冷静にならないと。

S2でやたらとテンションの高い男!になってしまったジョージは
結構タンジーとうまくやっていたけど
案の定ジョージとゾーイの関係にタンジーは嫉妬
そのジェラシー心が無茶をして、二人の関係を悪化させてしまいます。
ついにタンジー退場ですか。

ローズたちが心配してくれてゾーイとマイケルのデートが実現しますが
ゾーイは大人のマイケルに好意を感じたけど
マイケルはあくまでもマックスに頼まれてのお付き合い。
何も発展しませんでした。
ゾーイがすっかり落ち込んで帰宅すると後ろからウェイドが…

結局二人のよりが戻ったところにシングルになったジョージが現れってことか。
全然話が進んでないじゃん。
と相変わらずツッコミまくりだけど、何故かこのドラマは許せちゃうんだよね。
本当に不思議なドラマです。
スポンサーサイト

Hart of Dixie S2-#11 「南部の開拓祭」

このところHart of Dixieを語っていなかったので、最近の感想をまとめて!

毎回イベント続きで、この町の人たちがどうやって生計を成り立てているのかとか
もう少し日常生活が見てみたい気がします。
ゾーイ&ブリックの診療所日記的な医療ドラマで全然問題ないんだけど
このところ病人も怪我人もほとんど出てこなくてやや不満。

人間関係のごたごたは永遠に続きそうですが
なぜか不思議とドロドロしないんだよね。
それがあっさり楽しめる理由かもしれないけれど。

ラヴォンがプロポーズするまでに至った(でも失敗)ローズは
あれだけ騒ぎを起こしつつもブルーベルを出て行ってしまいました。
その結果ラヴォンとレモンはぎくしゃくしたまま。
最近ツキに見放されたレモンが気の毒に思えます。
S1ではかなりウザイ存在だったのに…立場が変わってきました。

一方のびのびしちゃってるのがジョージ。
ここに来てウェイドの元妻のタンジーと急接近です。
なかなかいい感じかも。
さらにジョージにアドバイスしていたシェルビーが
突如ブリックと付き合い始め
急にお盛んなブリック、どうしちゃったんでしょう。

そして単純に体の関係だけだったはずのゾーイとウェイドに少しずつ変化が。
サンタ役のハルに休暇を与えてしまったゾーイが
仕方なく元サンタのアールにサンタ役を頼んだらこれがなかなか大変で
しかしウェイドの父アールへの優しい言葉掛けによって
無事にアールは任務を全うしました。
これでゾーイはウェイドに惚れ直し、いよいよ恋人モードに入っていきます。
でも南部の開拓祭のイベントの始まりの宴で、ゾーイとウェイドは創立者夫婦の役を任命され
町に伝わる夫人への教えに乗っ取って
ゾーイはウェイドのどんな態度にも文句を言わないようにしようと努力します。
ゾーイは頑張るものの、ウェイドにはゾーイがレモン化してきているように思えて不気味。
そしてついに宴の最中にブチ切れ激しく言い争いますが
これが本来の二人の姿でした。
こうして愛情が深まっていく?
なんてわけにいかないんでしょうね。
常に人間関係ごたごた中だし、
他に悩みのない?ブルーベルですから、みんなこんなにほっこりしてるんだね。
めでたしめでたし。

Hart of Dixie S2-#4 「疑いの気持ち」

結局いつもハッピーな展開?!

ゾーイはウェイドとの関係を「カジュアルなセックス」ができる間柄として
束縛する気はなかったんですが
ゾーイがウェイドの家にコスプレして入ろうとしたら
ブロンド美女の先客がいたために急に嫉妬心が目覚めます。

ラヴォンとルビーは町長選に向けてデッドヒート中。
自立を目指すレモンはラヴォンの陣営を応援することを決め
早速活動を始めます。
レモンは自宅を出てボートハウスに住むことになり
ブリックとマグノリアは自分たちで洗濯や食事の支度をしなければならなくなってあたふたします。

吐き気がして体調がおかしいと感じたレモンは
ラヴォンの買い物に付き合った時妊娠検査薬を買おうとしますが
タイミングを逸してラヴォンの買い物荷物の中に突っ込んでしまいます。
ところが店が新しく盗難防止装置を着けたていたため万引きがバレ
とっさにラヴォンがワニの妊娠を確かめたかったと嘘をついて
レモンをかばってくれます。
レモンは妊娠の心配をラヴォンに打ち明け、ジョージにも伝わります。
シェルビーとデートしていたジョージですが即反応
レモンが妊娠したなら一緒に子育てしたいと言い出します。
でも実際には妊娠ではなくボートハウスでの船酔いが原因でした。
ジョージは自分の家にレモンが住んで、自分がボートハウスに引っ越すことを提案します。

ゾーイはウェイドに対抗して
ブルーベルに来ているルビーの従兄弟とデートをすることにしますが
わざわざラマー・ジャマーに行ってウェイドに見せつけます。
その頃ラヴォンとレモンの話はウェイドにも届き
酔っぱらったゾーイは大声でラヴォンの万引きを暴露してしまったため
聞きつけたルビーが新聞ネタにして
ラヴォンは一気に選挙で不利になってしまいます。
ラヴォンに迷惑をかけてしまったレモンは
ラヴォンはかばってくれただけで自分が悪かったと正直に話し
誤解を解きます。

また失態を見せてしまったゾーイですが
結局ウェイドのことが気になり
オンリーワンのカジュアルなセックスを続行。
あまりにおめでたい二人ですが、この調子でいいのかな?

Hart of Dixie S2-#2 「離ればなれの思い」

またウェイドと寝ちゃったゾーイだけど
これ以上は続けないと宣言。
そりゃ無理だとウェイドは100ドル賭けて勝負に出ることにします。
それだけウェイドは自信たっぷりのようです。

ラマー・ジャマーでウェイトレスを始めたレモンだけど
余計な口を利くわりにちっとも要領を得ず
雇ったウェイドも従業員たちも
こりゃ無理だと思い始めました。
でもレモンはやる気満々です。

ローズは友達がライブを観に行くという話を聞いて
彼女に自慢されるのはまっぴらごめんだと
ブルーベルでロックフェス(というよりカントリーフェス?)の企画を立てます。
でも肝心のミュージシャンを呼ぶ見通しが立たず
ゾーイと相談してリリー・アンを頼むことにします。
しかしリリー・アンはウェイドの元カノでひどい別れ方をしたようで
ゾーイはウェイドとローズを連れてリリー・アンの家に行きます。
リリー・アンは心身症の傾向があるようですが
ゾーイが薬のアドバイスをしたり、ウェイドがきちんと謝ったりしたので
フェスに出てくれることになりました。
しかしリリー・アンが一緒だとウェイドが賭けに勝てるわけがなく
ウェイドはゾーイに100ドル払います。

レモンと別れて釣りばかりしているジョージに
女の子に声をかけてみろとウェイドはアドバイスします。
ちょうどブルーベルにはビーチバレーの選手たちが集まっていました。
ラマー・ジャマーに選手たちが来るので
ウェイドは女の子の口説き方をジョージに指導。
だがその晩はウェイドはリリー・アンのところなので
ジョージは指導を思い出しながら一人で頑張ります。
ところが休みだったはずのレモンが
ブリックと恋人のエミリーをディナーに招待すると言って
シフトに入っています。
ところがオーダーを間違えて、シーフードアレルギーのあるエミリーに
シーフードを出してしまったので大騒ぎ。
レモンはすっかり落ち込んでしまいました。
選手といい感じだったジョージは、思わずレモンを心配しに行きます。
選手はその間に店を出て行ってしまいました。

フェスでウェイド達をバックバンドにしてリリー・アンは歌う準備をしていましたが
急に指先が痛くなります。
ゾーイに診断を頼みますが、ゾーイの答えが曖昧だったため
リリー・アンはステージから逃げ出してしまいます。
仕方なくゾーイはジョージが歌がうまかったことを思い出し
ジョージにステージに上ってもらいます。
これが大成功(Allman Brothersを歌ってたけど)
ジョージは一躍人気者になってしまいました。
ウェイドも女の子たちにちやほやされてるし。
ゾーイは複雑気分です。

ルビーは祖父を手伝いに来たと思っていたらしばらくこちらにいるようで
しかも町長選挙に立候補すると言い出します。
ラヴォンに強力なライバル登場。この先どうなるのでしょう。

Hart of Dixie S2-#1 「揺れ動く心」

レモンとジョージの結婚式が、嵐のせいでズタズタになり
しかもジョージはまたもやレモンに結婚中止を宣言。
レモンは激しく傷つけられ
一方ふてくされていたゾーイはウェイドと一線を越えてしまい
お互いいい感じで分かりあえたかなと思いきや
ジョージがゾーイのところへ乗り込んでいきなりキス!
で終わったのがS1でした。

S2はすぐその直後からスタート。
シーズンファイナルがクリフハンガーで終わってやきもきさせられているのに
次シーズンがそれから数カ月後なんて飛んでしまって
がっかりさせられるドラマもよくありますが
今回はしっかり繋がっていました。
ブルーベルの人たちは嵐で倒れたものの片づけに追われ
その中には大きなハート型のレモンとジョージの写真もありました。

ジョージはゾーイのために今回の結婚を止めたと言い切り
今度こそ直球でアタックしてきます。
でもゾーイにしてみればウェイドとのこともあるし
いくらジョージが本音で言ってくれてるとしても
こんなに早い鞍替えは困ります。
とりあえずはストップをかけ…

でもウェイドの様子を見ると完全に遊び状態。
ゾーイは満足してたのに、ゾーイとのセックスはBだなんて露骨に言われるので
こちらもそれ以上踏み込めず。
そんなときゾーイは祖父の付き添いで診療所に来た
ルビーという女性に出会います。
ルビーが飾らず本音で放してくれるのでゾーイは気に入り
やっと親友ができたと喜んで、ラヴォンの家のディナーに招待します。
ところがルビーとラヴォンは高校生の時付き合っていたんだそうで
相変わらず狭い街ですね。

すっかり落ち込んでいたレモンですが心機一転
自立をしようと決意します。
ブリックに甘やかされていて、自分は何もできない。
まずは職探しからスタート。
ルビーのサクセスストーリーも刺激になりました。
レモンが悩んでいると、ウェイドがラマー・ジャーで働かないかと声をかけてくれました。
そしてレモンは結婚式で使うために持ってきてもらったケーキナイフを返しに行こうとしますが
パニック発作を起こしてゾーイの家に入ります。

それを周囲が「レモンがナイフを持ってゾーイの家に行った。」と勘違いしたから大騒ぎ。
噂には尾ひれがついて、レモンがゾーイを拉致したことになり
ゾーイの家の周りに皆集まってきます。
その前からちょっと気まずい関係だったジョージとウェイドは一緒にビールを飲んでいましたが
どちらが様子を見に行くかでもめ出しバトルに。
でも家の中ではゾーイはドクターとしてレモンを診察。
薬を渡して落ち着かせようとしていました。
レモンもゾーイを許せないとは思いつつも一応仲直り。
そして二人で外に出たら、保安官がレモンを逮捕すると言い出したのでびっくりしてしまいます。

ゾーイはジョージに今のところは二人の関係は保留状態にしておいてほしいと頼みます。
今のままではうまくいかない、時期が来るのを待ちたいと思っていました。
これでよかったのかも。
そしてウェイドとはお気軽な関係が続いてしまいますが…このチョイスでよかったのかな?