INDEX    RSS    ADMIN

NCIS:LA S7終了

シーズンファイナルはハンナの息子エイデンが
学校で命を狙われるエピソード。
ハンナの宿敵がハンナをおびき寄せるために
エイデンを犠牲にしようとしたわけですが
ここはまたしても見事なチームワークで
エイデンや生徒たちを救います。
とてもわかりやすくてハッピーなエンディング。
ケンジーとディークスはますますラブラブだし。
普通だったら嫌味に感じそうなラブラブモードですが
この二人の場合は本当に見ていて幸せな気持ちにさせてくれる。
キャラクターの持ち味なんでしょうね。
さらに作戦室でエリックとネルにも進展が?
エリックのキス疑惑への苦し紛れの言い訳がキュートでした。
こうして若者をからかいながらリラックスしている
ヘティとグレンジャーのしみじみ感。
一緒にホッとしながら今シーズンを観終えたのですが・・・

ここで訃報が。
グレンジャー役のMiguel Ferrerさんが
1月19日にガンで亡くなりました。
享年61歳。

グレンジャーはその前はCrossing Jordanのドクター、ギャレットで
信頼できるボスのイメージが
そのままグレンジャーに引き継がれているように思いながら観ていました。
へティとのベテランコンビも安定感あったし。
このところどんどん痩せてきていたので気にはなっていたのですが
病気の影響だったのでしょうか。

今シーズンは終わったといっても
LAは本国ではS8オンエア中。
グレンジャーも出演しています。
Miguelさんは病気と闘いながらグレンジャーを演じ続けていたんだなと思うと
S8を観るのが辛くなりますが
きっとチームの仲間たちが明るく振舞ってくれるでしょう。

Miguelさんのキャリアを振り返っていたら
「ロボコップ」大好きな映画でした♪
でもグレンジャー何してたか覚えてない(汗)
Twin Peaksは有名ですが
Miami ViceやHuston Knightsにも出ていたんですね。
さらにGeorge Clooneyといとこだったのも知らなかった。

LAのS8上陸はまだ先になると思いますが
そのときまたグレンジャーを悼みたいです。
ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト

NCIS:LA S7-#10 「古傷」

LAPD腐ってます!!

なんて宣言したらMajor Crimesの人たちに申し訳ないけれど
ディークスが所属していた分署はとんでもないことになっていて
ディークスの元相棒ボイルを射殺したのはディークスだと
突然ディークスが逮捕されてしまいました。

そもそもボイルはとんでもない奴で
今も現職のステッドマンとともに武器を盗んで売っていたという
腐敗ぶりに問われていたのですが
突如ディークスが?というわけでNCISチームはディークスの無実を信じ
ディークス救出作戦を実行します。

ディークスのお騒がせぶりは今までもいろいろあったけど
LAPD時代も大変だったんですね。
そしていきなり内務調査にガンガン絞られるわけですが
見事に全てジョークで返すのがディークス流。
こんなにご迷惑な容疑者に対応できるのは
きっとディークスぐらいでしょう(笑)

そのうち内務調査課で服役中の元刑事(どこまで腐ってるんだ!)が脱獄したという情報が流れ
ディークスの逮捕との関連性が見えてきます。
留置所に入れられたディークスはお母さんには知られたくなかったんだけど
家宅捜査が入ったためにバレてしまい
ケンジーはお母さんを慰めます。
ケンジーとディークス母の関係、なかなかいい感じですよね。

散々絞られたディークスがボイル殺害を認めようとしたら
警部補のベイツがこっそりディークスを逃がしてくれます。
ここからディークスとステッドマンの追いかけっこが始まりますが
クインの弁護士のモニカ・リーまで巻き込まれ
最後はディークスが知恵を使い、仲間の協力を得て
ステッドマンの逮捕にこぎつけます。
ハラハラさせられたけどよかった。

事件は解決したように見えたけど
後でディークスはへティに真相を聞き出すと
クインは脱獄したのではなく移送されただけで
偽情報がうまく使われていました。
さらに明かされる真実。
本当にディークスはボイルを撃っていたんですね。
情報提供者の娼婦ティファニーをかばうためだったそうですが
この秘密をケンジーに語るべきか
ディークスは悩むことになります。

このエピはS3-#10につながっていたんですね。
といってもあまり記憶がなくて(汗)
もう一度きちんと観たくなりました。

NCIS:LA S7-#6 「私情」

フィリピン系の人たちが爆薬の闇取引を行い
仲介人が携帯電話を作動させたら倉庫が爆発。
でその仲介人がよく見たらカルロス君じゃないですか!

また出た!カルロス君。
Southlandで非業の死を遂げたあと(でもドクがリベンジしてくれたけど)
Quanticoで偉そうな捜査官になっていて
急に蘇って出世した!と喜んでいたら1話で姿を消し(もったいなかった)
今度はかなり怪しい風貌です。
基本ラテン系が得意なカルロス君ですが
いろんな血が混じっているようで、フィリピン系も違和感なし。
ひさびさに悪党なのかなと思っていたら・・・

なんと元NCISでサムのパートナーだった???
聞いてないよ!とツッコミたくなりました。
でも事情によりNCISを辞め
今はATFと契約してバインテックスという爆薬の流れを抑えるために
潜入捜査中だったのでした。
なぜNCISを辞めた?という疑問に加え
爆発現場の倉庫のカメラ映像をチェックしていたら
カルロス君(本当はルイーズだけど)が金を持ち出してるじゃないですか。
サム以外はこの男は何者??と全然信用できずにいますが
サムは元相棒を助けるべく動き始めました。

カルロス君の居場所はわからないけれど
サムは自宅を知ってるのでカレンを連れて行くと
妻と子供がいました。
カルロス君は全然家に帰ってこないようで
夫婦仲も冷え切ってる様子。
サムと妻がとても親しげなので
カレンはあれ?と感じてたようですが
妻からカルロス君の携帯番号を聞いたサムは
カルロス君を追跡、捕まえて詳しい事情を聞きます。

カルロス君は爆破について否定。
サムはカルロス君を手伝い、新たなタンザニアから来た顧客になりすまし
闇取引に加わります。
でもNCISメンバーはカルロス君が信じられず
過去ファイルも閲覧不可になっていてますます怪しさが増してきますが
とにかくサムを信じようということで協力を始めます。
潜入捜査でコカインを吸う羽目に遭ったカルロス君は
(吸ったふりでは殺されかねなかったので)
薬物依存症に。
それがNCISを辞めた原因でした。

相手方の一人がテロ組織の人間で、その男はすぐに消されますが
そのあとがちょっとトラブります。
元パートナー同士どこまで信じられるか。
カルロス君は自分が潜入中
サムが妻と寝てたんじゃないかと疑うと、サムが否定。
緊張感が漂い、さらに取引に使うはずの男が想定外の死を遂げ
かなりピンチ状態で、でも二人は見事なパートナーシップを発揮します。
カルロス君がサムに銃を向けたときドキッとしたけど
ちゃんと元パートナーの命を救っていたんだよね。
自分が撃たれてまでして。

またカルロス君銃弾に倒れる?と思ったら思いのほか軽傷で
家族との再会も果たせました。
めでたしめでたし。
せっかくなのでまた機会があれば
サムとパートナーを組んで欲しいな。
カレンが機嫌を損ねるかもしれないけれど。
かなりグレーなキャラクターでしたが
カルロス君としては珍しく?!クールな佇まいがかっこよかったです。

ところでケンジーとディークスは公私を区別しろとか
一線を引けとか文句つけられてるけど
公私をうまく使い分けている理想的パートナーなんじゃないかなと思います。
使い分けていながらお互いを思いやる気持ちが本当に強くて
だからうまくいってるんだよね。
今シーズンも二人を応援していきたいです♪

NCIS:LA S6-#11 「Humbug」

正しいクリスマスエピでしたね。
やっぱりアメリカドラマのクリスマスエピは、ほっこりした気分になれることが大事です。

LAだから景色は冬にならないけれど
一応みんないつもよりやや厚着?
事件を起こすのもサンタクロースだし。
サイバーセキュリティ会社に忍び込んで盗みを働いたサンタたちの前に
たまたまカレンがお付き合い中のジョエルが通りかかり、危うい目に遭いかけましたが
とりあえずは無事でした。
でもジョエルがカレンのために買ったクリスマスプレゼントの袋の中に
サンタたちはUSBメモリを隠していたのでジョエルが追われることに。
それをわかっていたカレンはジョエルとお家でデートしながら
きっちり応戦準備をしていました。

カレンがジョエルに正体を明かしていなかったとは。
会うときだけジャケット姿で別人モードって
潜入捜査に慣れてるからカレンにとっては問題ないかもしれないけれど
ジョエルは真実を知ったらショックですよね。
今回は予想通りジョエルの家が襲撃に遭い
突然銃をぶっぱなすカレンの姿にジョエルは???状態。
命を救ってもらったことには感謝でしたが、やはり不信感は残ってしまいました。

ここまでの激しい銃撃戦等はいつもどおりの展開でしたが
素敵だったのがラスト。
エリックはネルの実家に連れて行ってもらうことになり
でもこれまた仕事は秘密ってことで記者とカメラマンのコンビに扮していました。
素直に興奮するエリックが可愛くて。
真冬モードのエリックを想像するのは難しいけどね(笑)

ハンナ息子は偉くなって里帰り。
家族そろってのクリスマスが迎えられます。
そしてついにケンジーとディークスが一歩前進!
こっそり旅行計画は立ててたようで、お互い意地を張りつつもいい関係は続いていましたが
今回はケンジーからもっと大胆にという提案が。
もちろんディークスはOK!で公私ともに信頼できるパートナーとして進んでいけそうです。
ところでNCISは職場恋愛大丈夫なのかな?
まあディークスはLAPD所属なので逃げ道はあるか(苦笑)

前回辛い目に遭ったグレンジャーも無事回復。
みんな幸せそうなのにしょんぼりのカレンが気の毒だなと思ったら
新たにジョエルとの一歩を踏み出せそう。
で、ジョエルの質問はカレンのファーストネーム。
Gっていったい何の略?と突如気になるのでした。

NCIS:LA S5-#24 「出航」

今シーズンもいろいろあったけど
NCIS:LAが無事終了しました。
もちろんクリフハンガーで全然無事じゃないんですけど
このくらい大風呂敷を広げてくれた方が
次シーズンプレミアが楽しみというもので(笑)
全く不安を感じないのがこのドラマのいいところなんでしょうね。

カレンとハンナは麻薬の移送に関わってると思われる潜水艦を見つけて中に入ります。
こんな小型潜水艦でもしっかり沈んで航海できるんですかね。
最近見ていた潜水艦がLast Resortなのでおもちゃに見えちゃいました。
ところが密閉された潜水艦は外への通信が困難で
エリックに状況が伝えられず
乗組員たちが戻ってきてカレンたちに攻撃を仕掛けるし、
さらに潜水艦自体が巨大な魚雷であることも判明。
乗組員たちはカレンとハンナを閉じ込めって出航してしまいます。
ディークスとケンジーがたどり着いたときはすでに潜水艦の姿はなく…
というクリフハンガーでした。

まさか乗組員たちが自爆したりはしないだろうから
カレンとハンナが知恵を働かせて脱出し戻ってくるか
ディークスたちが助けに行くか
まあなんとか助かるのでしょう。
次シーズンネタバレもチェックせず、気長に待っています。

それよりホワイトゴーストの件でワシントンに呼ばれたへティの方が気になります。
相変わらすヘティもグレンジャーも何も語らないし。
それでもへティは信頼できるからいいけど、グレンジャーってどうも胡散臭いんだな。
もっとチームの信頼感を得てもらいたいものです。
へティがネルに託していたものは何?
その前に剣道で汗を流し、心を落ち着かせていたヘティ。
かっこいいおばさまです!

ケンジーがアフガニスタンでの任務中
一瞬ディークスと合同捜査したDEAのタリアが復活。
ディークスをはさんでケンジーとタリアの静かなバトルがおかしかった。
いろいろあったもののパートナーとしての関係を選んだディークスとケンジーですが
ディークスのケンジーへの愛は変わらず?
そんなところがまた可愛くていいんだな(笑)
次シーズンはどうなるんでしょう。