ドラマ日記 Pt.2

Archive2005年05月 1/2

ER「マケンバ」

またカーターinコンゴバージョン。7ヶ月という時間の経過を、今までのERの映像を上手く織り交ぜながら表していったのは面白いなと思ったけど、そろそろアフリカ話も飽きたかな。エイズで苦しむ人たちの問題がいかに大変な事であるかはよくわかったし、そのために我々も何かできる支援をしてかなきゃいけないなと感じましたが。そして彼らを救おうとして奔走する医師たちの姿が訴えるものも大きかったんだけど、どうもカーターの存...

  •  4
  •  0

The Gurdian「チャイニーズ・ウォール」

メインのエピソード「チャイニーズ・ウォール」(情報の障壁)に関しては話が難しくてなんだかピンときませんでした。ただ元上院議員の部下がSATCのシャーロットのダンナで(TWWにも出ていたっけ)やはり彼ってリビングで素っ裸でくつろいでる姿の印象が強すぎたので、姿を観るだけでなんだか笑いたくなっちゃうんですよね。あまりインパクトの強いキャラを演じると、そのイメージを打破するのが大変だな。今回は介護施設に入って...

  •  0
  •  0

「1メートルの光」

これは上海ドラマで台湾ドラマではないのですが、ピーター・ホーが出ているから日本放映されたのだろうし、そして多分もう触れることもないので(苦笑)台湾ドラマにカテゴリー分けしておきます。第1話。ドラマが始まる前にご丁寧な解説が付いていたのでどうして?と思ったらものすごいテンポの早さでドラマが進んでいくのにびっくり。カメラの動きも目が回りそうで、なるほど解説が必要なんだと納得しました。そんな調子で深く考...

  •  0
  •  0

OZ「死者」

待望のS6スタート。S6は本国で放映直後に送ってもらった英語版を一気に観て、怒涛の展開に圧倒されたまま、今考えるとゆっくり楽しむ間もなかった気がします。BKの結末だけはきちんと理解したかったから、その部分だけが必死で聞き取ろうとしましたが、HBOの映像って一応ついてるCCがものすごく文字化けして全然役に立たず、とにかく適当に思い込んでお話をまとめるしかありませんでした。というわけで採録も創作入りまくり。ここ...

  •  2
  •  0

チャングム「無罪放免」

今週も呆れまくりのチャングム。倭寇を助けた事で罪を問われはしないと思ったけど、またミンのダンナの口添えつき。結局ダンナがいつも尻拭いをすることになるんですね(喜んでるからいいけれど)ところでいつの間にかチャングムは都で裁かれていて(こういう時間の経過がよくわからない。何気にタイムワープしすぎです)無罪放免になってチェジュドに帰ることに。ところがミンのダンナは宮中に戻って来いとの命令を受け、一緒に帰...

  •  2
  •  0

WAT「アメリカのアラブ人」

やっぱり早く観なくては!と気合を入れて観てしまいました。他のドラマに手を付けられず、HDDにどんどん溜まった状態になってますが…以前の日記でもごちゃごちゃ書いてたけど、テロリストと勘違いされちゃったサウジアラビア人の悲劇。真相はよくわかりません。アマールが爆弾をしかけたのがテロだったのかの声明もないままだし。でももしかしたらアンワーもアマール同様組織の一員だったのかも。全て謎のままです。コロンビア人の...

  •  6
  •  2

Six Feet Under 試写会

スーパーチャンネル主催SFUの先行試写会に行ってまいりました。会場が新宿アルタで仕事の帰りには便利だったけど、アルタってもしかしたら「笑っていいとも」と気づいたときはすでに遅し。SFU本編が始まる前にお笑い芸人につき合わされるという、かなり意味不明な展開が待っていました。葬儀屋さんのブラックユーモアを当て込んだのか「笑いの葬別会」という企画、こちらは全く知らないお笑い芸人の芸を採点せねばならず、少しは素...

  •  7
  •  0

F.B.Eyeの終わり方

「Ending and Beginnings」というタイトルどおりの見事な終わり方に拍手。素敵なフィナーレでした。フィナーレを飾るネタって冠婚葬祭関連が多い気がするけど、今回はスーに昇進の話。それもNYへの異動のオファーがきました。スーはチャンスに掛けたいが仲間と離れるのは辛いしと複雑気分。でも異動を受け入れる事にします。みんながスーとの別れを惜しむ中、無言のジャック。今回は勘の鋭いマイルズは、職場が離れれば堂々と付き...

  •  8
  •  0

ER「去りし者」

今週は怒りをただ一言。みんなロマノに冷たすぎ!!生前散々嫌味を言われたかもしれないけど、ロマノのきらりと光る一言に救われた事もあったはず。それなのに知らん振りは冷たすぎます。医療に携わる者がそれでいいのか??だからこそエリザベスの優しさが心に染みました。すっかりエリザベスのファンになっちゃった♪...

  •  2
  •  1

傷だらけのアイドル

WOWOWで放映された1967年イギリスの作品。この映画の存在さえ知らなかったのですが、作られたロック界のアイドル、スティーブン・ショーターを演じるポール・ジョーンズはマンフレッド・マンのボーカリストとしてお気に入りだったので、興味津々で観る事にしました。近未来のイギリス(とはいえ十分古臭い)スティーブンは悪のイメージで売り出したアイドルでしたが、プロモーター側は彼の人気を利用してイメチェンを図り、教会や...

  •  0
  •  0

The Gurdian「ジレンマ」

路上生活をしていた未成年の男女が子供を出産。彼らには養育は不可能と子供は里親に出されそうになったところで、二人は必死に食い下がります。身寄りのない少年は仕事と住むところを見つけ出し、親に捨てられた少女も母親講習を受けることに。そして法的に成人と認められ結婚します。まだ赤ん坊を育てるまでには時間がかかりそうですが、前向きなスタートを切れたことにほっとしました。今回は裁判官(先週のWATでは里親でした)...

  •  0
  •  0

L&O TBJ

L&Oシリーズの4番目、Trial by Juryは12話でキャンセルされてしまいました。まだ観たことのないL&Oシリーズ、どんなものなのか気になっていただけに残念です。OZのミゲルやTWのアレックスの活躍が観たかったのに。EW誌5月27日号に詳細が載っていましたが、キャンセルの理由としてNBCの視聴率が落ちていること。その中で巻き返しを図らなければならないのに、週6日のプライムタイム(日曜はフットボール枠になるそうです)で週4日L&...

  •  0
  •  0

砂時計

やっと「砂時計」を制覇。面白かった!さすが韓国ドラマ不朽の名作。史実を織り込みながら描かれる男の(オヤジの?)世界。主人公の一人は女性なんだけど、だんだんどうでもよくなっちゃいました。ただ彼女をひたすら守り続ける寡黙な男ジョンジェはかっこよかったけどね。特にラストのアクションシーンは秀逸。だけど「白夜」もそうだったけど、ジョンジェってどうして最後まで生かしてもらえないんだろう。あと一息なのに…最後...

  •  8
  •  0

TW S6はいつ?

WOWOWは7月5日より「Cold Case」の放映を発表。ドーソンズと交互に放映していた火曜午後8時のTW枠にしっかり割り込んできました。その後の9時からはCSIががっちり押さえているから、TWの入る隙がないんだろうな…木曜、金曜と午後8時からは韓流枠になっちゃうし(「ポップコーン」は次長のために観る予定だからまあいいけど)でも本当にこれでおしまいなんだから、さっさとオンエアしてくれればいいのに。かつてS3がなかなか放映で...

  •  0
  •  0

チャングム「初めての鍼」

観るたびにどんどんつまらなくなってくるチャングム。今週は最悪です。宮中は一切出てこないし、チャングムは相変わらず意固地だし、それをまたいつもの微笑で見ているミンのダンナも不気味だし…始まりをきちんと観てなかったんだけど、先週からかなり時が立ったのでしょうか?韓国ドラマの問題点は突如年月が一気に過ぎちゃうところなんだよね。気がつくと2,3年すっ飛ばして、なのにキャストはあまり変化してない(苦笑)いつか是...

  •  2
  •  0

CSI 「心優しき獣たち」

今回のエピはどうも感覚的に理解できず…原題「Fur and Loathing」はもしかして「Fear and Loathing in Las Vegas」(ラスベガスをやっつけろ)のパクリか?と思ったらやはりそうでした。ジョニデとデルトロがドラッグでヘロヘロになって意味不明の幻覚を見る中で、謎の着ぐるみ生物みたいなものがは出てくるんですけど、ふさふさ毛は生えてなかったよな…なんて映画を思い出していましたが、今回はもっとしらふでマジの着ぐるみです...

  •  0
  •  0

ER「悪夢再び」

本当にとんでもない悪夢でした。最初はよくありがちの感謝祭エピだったのに(でも十分ごちゃごちゃしてたけど)VIP待遇の患者を搬送するためにヘリコプターを呼んだのが運のつき。それまでますます言いたい放題に磨きがかかっていたロマノが、急に固まったのがヘリコプターの姿。彼はこのときはヘリコプターに近寄れず、ニーラたちに任せてさっさと下へ降りてしまいます。でもものすごいトラウマだったんだね。どうにも耐えられず...

  •  5
  •  0

The Guardian「金と銃と弁護士と」

あれこれ問題含みのエピソードでした。バートンは連邦裁判官への道が開け、かなりその気になっています。しかし裁判官になるためには身内に問題点があってはいけません。ニックは大丈夫だとは言うもののどんどん泥沼に…ニックの担当の保護監察官のデールが、この仕事を辞めて恋人とストリップクラブを経営するので売買契約をまとめて欲しいと頼んできます。しかしクラブのオーナーはどう見ても怪しげ。結局恋人とオーナーがグルで...

  •  0
  •  0

Gambler

ついに韓流ミュージカル「Gambler」を観てまいりました。事前に2002年版サントラCDをゲットしていたのでとにかく聴きまくって予習はばっちり。これが英語なら一緒に歌えるのに…とハングルを恨みつつ、初体験韓流ミュージカルにどきどきしていました。座席の位置からホ様の姿はよく見えるんだけど、舞台の両袖に電光掲示板で出される字幕がとても観づらく、ほとんど字幕は無視して観てました。いきなりシルエットで登場するホ様。し...

  •  0
  •  1

今週の台湾ドラマ

今週の台湾ドラマです。「山田太郎ものがたり」最終回せっかく大金持ちになった山田家だったのに、結局またもとの貧乏に戻ってしまいました。みんなはその方が落ち着いてよかったみたいですが。毎週のんびり笑えて楽しいドラマでした。VicとKenの無理やり親子共演も面白かったし、杉浦君の肉体美が目の保養になったし。このドラマ、オリジナルは30分枠だったのを日本で1時間枠に編集しなおしていたんですね。だから途中でころっと...

  •  0
  •  0

チャングム「新たなる挑戦」

宮中へ戻りたい一心で医学を学ぶ事を決意したチャングム。相変わらず強引だけど努力は認めます。だけど観ていて全然面白くない!薬草はみんな地味だし、全然おいしそうじゃないんだもん。おまけに東洋医学だかなんだかわからないけど専門用語は意味不明だし。これが字幕版なら漢字を読んでると意味が想像できるけど、耳で聞いてる言葉では当てはまる漢字も想像できず、困ったものです。チャングムもチャンドクも(彼女にも複雑な過...

  •  3
  •  0

WAT「暴走する母性」

今週のWATは幼児誘拐。いかにもありがちな話です。かつ両親に知名度があり、母親は検事補として少なからず恨みを買っている。誘拐目的は嫌がらせか?捜査が進んでいくとまたいつものように隠していたものが次々に顔を出し、夫は内緒にしておきたかった浮気が発覚。そこへ身代金要求の電話が来るが、誘拐とは無関係の金欲しさによる反抗でした。先日の「The Guardian」でもそうだったけど、失踪者の捜査って失踪した人の特徴を事細...

  •  6
  •  1

オデッセイ5「消えた記憶」

オデッセイ5がどんどん面白くなってきて、予想以上にハマっています。宇宙レベルの事はわけがわからないのであっちへ置いといて、オヤジの会話が楽しいんだな(笑)#6「消えた記憶」5年前に戻ってきた5人は地球崩壊をさえぎるためにいろいろ頑張らなきゃいけないんだけど、スケベオヤジのカートは音楽業界で一儲けしようと予定とは別のことをたくらみ始める。そして将来のセトラミュージックの女王がまだ無名なのを利用して、売り...

  •  0
  •  0

若者のひなた フィナーレ

「若者のひなた」56話。ついに観終わりました。長かった!56話というとアメリカドラマの3シーズン弱ですからね。それを週2話ずつ追い立てられるように観てきて、最初は古臭い風景やファッションにかなり引き気味だったんだけど。後半からどんどん面白くなってきて、最近はワクワクしながら放送日を待ってました。インボムの悪事は暴露されるのだろうとは想像がついたけれど、どうしても納得できない結末。インボムは今更チャヒの...

  •  1
  •  0

ER 「死と税金」

相変わらずバタバタ落ち着かないな…と観ながらツッコミを一言だけ!!ニーラは勉強も大事だけど「OZ」を観て学んで欲しかったな!刑務所の世界がどんなものかかわかっていれば、レイプの跡を隠していた囚人にあんな声掛けはしないはずです。一度弱みを握られたら際限なく犯されて当然のこと、大体相手がBFだったらそれはレイプじゃなくて合意の上でしょうが!!よっぽどサムの息子のアレックスの方が世の中をわかってますね。そし...

  •  3
  •  0

TW終了

TWはアメリカで6日に無事終了。早速ご覧になった方々の詳しいネタバレを読ませていただきしみじみしておりました。フィナーレのタイトル「Good-bye to Camelot」パイロットが「Welcome to Camelot」で完結したんだなと思っていましたが、事実55分署は爆破され閉鎖となってしまいました。これってもうすぐファイナルが観られる某ドラマと展開が一緒じゃんとツッコミたくなりましたが、すっきりドラマを終わらせるためには確実な方法...

  •  0
  •  0

The Guardian 「失われた時を求めて」

今回ニックは8年前に行方不明になったままの娘の信託財産を、金に困っているので遺産として譲渡してもらえないかと母親から依頼を受ける。法律上は失踪後7年立つと死亡宣告ができるんだそうで、WATの人たちも目標は48時間以内だけど、最大限7年のお付き合いがあるんだなと一つ学んで観ていると、ニックは早速死亡宣告の手続きを取るため、もう一度警察に捜査を頼む。そしてこれでOK!となりそうになったとき、突然オランダで行方不...

  •  3
  •  0

ラブレター #1,#2

「ひなた」もフィナーレを迎えてしまうと、衛星劇場での韓流シリーズを観るものがなくなっちゃうなと思ってチャレンジを始めたのが「ラブレター」。聖職者の禁断の愛というテーマにそそられつつ、でもこれは真面目な韓国ドラマです。余計な事は考えないようにしましょう。いきなり親に死に別れ、親戚に虐待されながら生きている不幸な少年アンドレアが登場。この手のオープニングにはいい加減うんざりしながら観ていると、彼のおじ...

  •  3
  •  0

The 4400 #5,#6

残り2話を一気に観てため息。これからが始まりだよね…USAでは来月からS2の7話分(シーズンプレミアは2時間枠なので8時間分)を放映するそうですが、そこで「4400」たちのさまざまな謎が解けるのでしょうか?早く続きが観たい!!と私がSci-fiにハマることは滅多にないので自分でもちょっと驚いています。髭キャンベル氏は単なる大金持ちではなく訳あり人物でした。ずっとドラマに関わっていて欲しいけど、あまり嫌味な奴だと悲しい...

  •  2
  •  1

Tha1 '70s Show 「Garage Sale」

今回からは吹替え版で観ることになる'70s Show。途中でリタイアするのでは?と不安でしたが意外にじっくり楽しめました。もしかしたら閉鎖?なんて考えていたサイトの方も、ほっとしたところで簡単にエピガイ&こだわりをアップしておくことにしました。よかった!吹替え版シットコムが苦手な私でも楽しめた理由は、言葉のあやみたいなベタな笑いよりも、'70年代のシチュエーションそのもので笑えてるからなのかなって思います。実...

  •  0
  •  0