FC2ブログ

ドラマ日記 Pt.2

月・日別2005年06月 1/2

WAT「ストッキングの謎」

今週のWATもなかなか凝った展開&豪華なゲストでした。捜索班はあくまでも失踪者を追うのが任務ですから、対象が死体となってしまうとお役御免です。そこからは殺人課やらCSIに捜査を譲り渡す事になってしまうのでしょうが、だからこそきっと生きていると信じて捜索する事が大切なんですね。サマンサが合同捜査で遭遇した元彼のエリック。サマンサ同様私も懐かしい!と思いました。アリーは観てないのでよくわからないけど、J&Jで...

  •  6
  •  1

CSI「歪んだ果実」

今週もいったいなんでこうなるの?と重たい気分のエンディングでした。一つ目は建築現場で少年がハンマーで殴られ殺されていた話。参考人として出てきたのがビバヒルのデビッド君で、久々の登場に凶悪犯?なんて期待したんですが、残念ながら一瞬の登場で終わってしまいました。せっかくの有名人なんだからもっと活躍してもらってもよかったのに。ついでに吹替え声も全然違って、違和感大ありでした。真相は被害者にレイプされたと...

  •  5
  •  1

ER「労務管理」

今回のゲストはシリンガーことJ.K.Simmons。シリンガーはTW「別れの破壊」ゲスト出演のときは事故の犠牲者フランクとして涙を誘ったので(今観ても泣きます!)果たしてERでは何をしてくれるのか気がかりでしたが、いきなり担架に載せられて出てきました。交通事故で運ばれてきたシリンガー(本当はルーマーという名前です)ようやく手に入れた高級車でドライブ中に心臓発作を起こし事故ってしまったそうで、事故のときの記憶は残...

  •  4
  •  0

Musical Baton♪

なんだか私の得意なものがやってきました。届けてくれたThere for youのKEIさんに感謝です。ちなみのMusical Batonとはこんなものなのでご参照ください。さて、質問に答えましょう。♪コンピューターに入っている音楽ファイルの要領1.21GBi-podに入れたものがそのまま残っています。ジャンルはめちゃくちゃですが。♪今聞いてる曲昨日買ってきたThe Tearsのアルバム「Here Come The Tears」なかなかよい出来です。♪最後に買ったCD上...

  •  4
  •  4

ポップコーン「気になる存在」

ストーリーの方は大して驚きもなく、なんとなく終わってしまったんですが…このドラマって韓国が「結婚&婚約写真を撮ることがとても重要」だから成り立つんでしょうね。わざわざドレスを着たまま屋外に出向いてブーケをとっかえひっかえ、さまざまなポーズを取ってカメラに収まらなければならないなんて気恥ずかしくなってしまいます。それより気になるのが式の間中、カメラマンが新郎新婦にべったり張り付いて写真を撮ってること...

  •  7
  •  0

OZ「寛容」

今週の幽霊語り部はシリンガーの息子たち。弟の方は他のドラマでゲスト出演してるのを観ていますが、お兄ちゃんはOZしか出てないんですね。今週のお片づけはまるでパワーがなくなってしまったモラレス。壊れちゃった人たちはロブソンにホイットにシリルに…と悲しすぎ。そしておバカなビーチャーも人生壊されてしまいました。せっかくロブソンは仲間の元に帰れたのに、カットラーに受けた屈辱は彼に大きなダメージを残してしまいま...

  •  6
  •  0

チャングム「誤診」

チャングムVSチェ一族のバトルはエタニティのエサニエルVSバニングを観てるようで、バニングまたはチェ一族の方が当然権力を握ってるけど最後の詰めが甘いし、おバカな部下(デントの役は誰?)がいるので最後はエタニティまたはチャングムにしてやられてしまいます。だからまだまだこのバトルは永遠に続くのでしょう。と思って観てると何の緊張感もないし、いったいどこに注目すればいいのやら。やはり存在感のない王様でしょうか...

  •  4
  •  0

メールfrom韓国

韓国の方から英語でメールをいただいて、内容はL&Oに関するものでネット検索でうちのサイトにたどり着いたようなんですが、でメールの結論は韓国でもL&O(SVUのこと?)をやっていただきたいと!オイオイ、私はジャック・ウルフでもNBCでもないし、日本でもL&Oは観られないんだぞ!!と訂正してあげたいんだけど、きっとメールの宛先を間違えちゃったんだろうな。どうせNBCから返事が行く事もないだろうから知らん振りしておきまし...

  •  2
  •  0

WAT「親の執念」

第4話でジャックのところに5年前の息子の失踪について相談に来たチェット・コリンズの話の続編。というか前回が前置きでした。ジャックとチェットの信頼関係ができていたから、ジャックはいつになく捜索に感情移入し、またチェットの熱意に水を差すような発言をしたことを後悔してしまったのでしょう。何しろ今回のジャックは最初から涙目。それもしっかり涙が頬を伝ってしまいましたからね。韓流でもなくここまで泣いてしまうオヤ...

  •  4
  •  0

CSI「愛の毒薬」

オリジナルタイトルがどうして「グリッソムVS火山」?って不思議だったんだけど、なるほど重婚男の二人の子供がそれぞれ作った宿題が火山だったんだ。しかし小学生がずいぶん危ない課題にチャレンジしなくちゃならないんですね。アリの研究の方が絶対無難だと思うんだけど。そしてテレビでこんなにあっさりと爆弾の中身を教えてあげていいのでしょうか。もちろんノウハウまでは語ってなかったけど、実際に日本でも爆弾事件が起きて...

  •  0
  •  1

ER「百日咳」

今週はアビーが地味でした。一応いたけどあまりウザさを感じず、それって活躍度が少なかったってことなのかな?予告編でとても不安を感じてたロマノ像。カウンティ内にロマノの功績を称えてロマノセンターを作るのはいいとして、それがゲイ、レズビアン、性転換者…のためのっていったいどうして?最もロマノが忌み嫌うものじゃないですか。そこまでウィーバーは死者を痛めつけたいのか。先週の優しい笑顔は早速消え、ここまで嫌味...

  •  2
  •  0

ポップコーン

以前第2話だけ観る機会があったんですが、WOWOWでスタートしたので、1話、2話まとめて観ることにしました。久々の韓流にチャレンジ(「チャングムは観てるけど)の目的はとにかく次長を観たい!とそれだけなんですけど、2話観た感じでは結構楽しめそうでほっとしました。WOWOWの韓流の看板腕スンホンは、今回はかなりウザイ奴でまあこんな役もいいかな。それより相手の女性のギャーギャーした喋り方がどうも苦手。韓国の女優さんは...

  •  2
  •  0

We Will Rock You

大好きなQueenのミュージカル。ロンドンで上映されたときからどんなものか気になってましたが、ついに舞台を観る事ができました。ついでにコマ劇場も初体験です。私の日常生活とはまるで縁のないところですからね。未来の世界ではロックは禁止され葬り去られていた。そこに現れた若者ガリレオはスカラムーシュと共にロックと楽器を求めて旅に出るという簡単明瞭なストーリー。キーワードはBohemian Rhapsodyの歌詞といういかにも楽...

  •  8
  •  0

OZ「錯綜」

今週の幽霊ゲストは大好きな♪ナッパさん。(何故か「さん」付けで呼ばないと罰が当たる気がする)今週のお片づけはウィットロップとカットラー。仕事人はケラーとロブソンでした…というわけで山野井さんご苦労様です。今回のケラーは今まで放映された中では一番出演時間が長かったんじゃないかな?セリフを聞き取りUpしてたらあまりの量の多さにしっかり肩が凝ってしまいました。疲れた…でも格子越しにビーチャーが書状を読むシー...

  •  0
  •  0

チャングム「疑惑」

宮中のみなさま、復活おめでとう!!やっぱりクミョンやチェサングンがいないとつまんないのよね。というわけで久々の宮中、チャングムじゃないけど勝手知ったる我が家というわけで落ち着いて観てられます。たとえクミョンがチェゴサングンに、そしてチェサングンが女官長になってもね。二人がチャングムに顔を合わせたときの恐れ具合が、まるでホラーを観てるようで面白かった。チャングムもかなり呪い入ってたようだし。そしてミ...

  •  10
  •  0

WAT「暴力からの脱出」

今回までが今までに観ていたエピソード。来週のエピは録画したけど電波の状態が悪くてろくにに観られず、そのまま帰国しちゃったのでこの先は全く知りません。新鮮な気持ちで観られるのは嬉しいけど、心の準備ができないのはちょっとキツイかな。今回は夫のDVに苦しむ妻の話。現実にある問題だよね。すんなり離婚というわけにもいかず、ポールのように執拗に追いかけてきたら、プロの力を借りてでもその場から逃げ出したいもん。だ...

  •  8
  •  1

CSI「殺さずにいられない」

CSIの小説版第2弾「シン・シティ」をちょうど読み終えたところ。これは面白かった!2つの事件の捜査が同時進行で行われるんだけど、350ページに渡って展開される捜査の過程と発見されていく意外な事実。キャストたちも生き生きしてるし、そして協力体制がお見事!ウォリックがヤクの売人に近づこうとするシーンなんてハラハラしちゃいましたよ。とすっかり活字の中のCSIを堪能したところで今週のエピ。45分はあっという間にすぎて...

  •  2
  •  0

ER「NICU」

今回は新生児ICUのお話。幼い命を預かる大切な機関として、とてもシビアで大変なところだなということがバッチリ伝わってきました。アビーとニーラの苦労話はもう食傷気味でまたこのお二人ですか?って感じだったけど、知識は豊富でも経験不足で対応に苦労し、この仕事は向いてないと気づくニーラに比べてさすがにアビーはベテラン。経験がものを言ってます。産科の看護士として学んできた事が、的確な処置や家族への対応の心配り...

  •  4
  •  0

The Greatest American Heroine

さて、アメリカン・ヒーローボーナスディスクの中身の「アメリカン・ヒロイン」について。やはりこれはスピンオフのパイロットとして作られたんだなということがよくわかりました。ラルフが吹替えバージョンで言うところの「UFOマン」だということが世間に知れ渡ってしまい、ラルフは一躍有名人になり、TVショーにゲスト出演するなどすっかり忙しくなってしまった。そこにスーツをくれた宇宙人から連絡が入る。ラルフがパメラと一...

  •  0
  •  0

アメリカン・ヒーロー パイロット

「アメリカン・ヒーロー」DVDBOXは単価が高いので一箱めを買ってとりあえず満足、その後は手をつけてないのですが、新たに出たパイロット版はボーナスディスクつきで、これは一見の価値ありかなと購入してしまいました。だいたいラルフはどうしてスーツの取り扱い説明書をなくしてしまったのか思い出せず、すごく気になっていたのです。二十数年ぶり?に観たパイロット、なんとなく話は覚えていました。シリーズより前に作られてい...

  •  6
  •  1

NTSB

WOWOWの番組表を見ていてエリック・クローズの名前を発見、これはチェックせねばと思って視聴してみました。副題「323便の謎を追え!」という航空機事故調査に関わる人たちのドラマでした。NTSBはNational Transportation Safety Boardの略。国家安全輸送委員会と訳し、航空事故だけでなく、鉄道、ハイウェイ、船舶の事故などの調査を行っています。コモンスウェル航空323便が墜落、乗客、乗務員の半数が死亡という大惨事が起こり...

  •  6
  •  1

OZ画像変更しました。

サイトの方の「五感」の画像、作り直し再構成してアップロードしたはずが上手くいってなくて、以前挙げていたものと混ざってアップされていました。今回改めて直してアップしましたので、よろしくお願いいたします。とはいえケラーファン以外には全然役立たない画像ですが・・...

  •  0
  •  0

OZ「夜曲」

お待たせしました「OZのソナタ」いったいどんな邦題になるのか気にしてたら「恋歌」ではなく「夜曲」になってしまいました。惜しかったな!そして夜曲を奏でるのは本物のチェリストのドビンズ。囚人姿よりこうやって正装してチェロを奏でてくれる方がやっぱり素敵です。そしていきなりBKの濃厚なキスが!!最初このシーンと出くわしたときちょっとショックで。というのも今までBKのキスにはそれぞれ重たい意味が含まれていて、衝撃...

  •  0
  •  0

チャングム「王の怒り」

タイトルから今週は久々に王様登場だとわかりましたが、しかし相変わらず安易なタイトルだよね。それよりオープニング映像にいい加減死人を出すのは止めようよ。OZじゃないんだし…アメリカドラマならキャストが降板したらオープニングも作りかえるはずなんだけど、韓国ドラマにはそういう習慣はないんですかね。チャングムが医女にならないはずがないので、たとえ不可が三つついてもきっと覆されちゃうんだろうと、相変わらず冷や...

  •  4
  •  1

WAT「思い出ビデオ」

「思い出ビデオ」ってあれはビデオじゃなくてCD-ROMじゃないの?とささやかなツッコミ。邦題のつけ方が難しいのはわかるけど。今週もすっきりしない展開でした。最初に行方不明になったアニーは殺されてしまって、その件に関してはブランディーニの供述も聞けなかったし。シボーンを無事に保護できた事はよかったけど、アニーも救って欲しかった。それには時間が足りなかったかな?興味津々だったのが町長とデレクの関係。デレクは...

  •  2
  •  0

CSI「猶予24時間」

冒頭からウォリックが法廷で苦しめられている。証拠物件であったはずのナイフは令状なしで押収されたものだった。だから証拠としては使えない。与えられた猶予は24時間。その間に証拠を見つけ出さないと容疑者は釈放されてしまう。週末は恋人に立ち去られスプーンを突っ込まれと最悪だった山野井さんがまた辛い思いを?と不安な気分。まあウォリック一人の責任ではないので救いがあるけど、それでも相当焦ってたし、ニックの前でブ...

  •  4
  •  2

ER「危険な日」

カーター君お帰りなさい。ロマノは逝っちゃったしウィーバーは働かないし(彼女は今何やってるの?)エリザベスは滅多に降りてこないし…それでルイスまでお休みだと本当にどこ観てればいいのって感じに頼りないので、いつの間にか重鎮になってしまってるカーターの復帰はそれなりに安心していられるのでありがたいです。でカーターがケムの診察のためにカウンティに連れてくるのはまあいいでしょう。だけどわざわざERに連れてきて...

  •  6
  •  0

The Guardian「悪夢」

S1ファイナル。あまりに救いのない結末にどっと疲れつつ、早くS2が観たい!と真剣に思っています。バートンが連邦裁判官になって事務所を去るにあたり、後任に任命したのがコールドウェル元上院議員。おまけにコールドウェルはミッチェルを共同経営者へと呼び戻してしまいました。約束が違うとニックは当然怒り、ジェイクたちと新たに事務所を設立する計画を立て、またしてもバートンと対立する形になってしまいます。そこに絡んで...

  •  2
  •  0

「24」と「オディッセイ5」

HDDに溜まってたドラマをのんびり視聴。「24」はようやく午後9時。ようやく後半に入ったのかな。週に1時間しか進んでないので、とにかく時間がかかります。核爆発がどこで起ころうと、もうどうでもよくて(苦笑)今はジョージがいったいいつまで生きながらえるのか、それだけが気がかりです。時の経過と共にどんどん衰弱していくのがわかるけど、指揮を続けるため弱みを見せずに必死で取り組む姿勢が痛々しく、でもかっこいいんだ...

  •  4
  •  0

OZ「五感」

ファイナルシーズン第2話。そろそろお片づけモードに切り替わってきました。まずカークが一瞬の隙をつかれてホイットの手でお片付け。ムカダ神父は危ういところで難を逃れました。電気が武器とはホイット、いいところに目をつけたじゃないですか。そして久々に復活ピーター・シベッタは母を守るためにライアンの策略でお片付け。ピーターがここまで持ったのは奇跡だったかもしれないけどね。お片づけ予備軍も多数控えています。こ...

  •  0
  •  0