ドラマ日記 Pt.2

月・日別2006年06月 1/2

画魂 第26話

画魂 愛の旅路 第7巻伊能静、ミッシェル・リー 他 (2006/03/21)ビデオメーカーこの商品の詳細を見る20話まで観て一休みしていた「画魂」ですが残り10話分のDVDもリリースされたので購入しまたぼちぼち観始めました。で、ついに感動の妄想満載シーンが!というわけでここからは「藍宇」ファンに画魂の楽しみ方を伝授いたします。今まで賛化(フー・ジュン)と守信(リゥ・イエ)の2ショットはほとんどなかった画魂でしたが26話目にな...

  •  0
  •  0

WAT「人生のルールと嘘」

先週に比べてずっとわかりやすくてよかった!久々にオヤジキッドにも出会えたし。兄の企んだ金儲けのために自己啓発セミナーのカリスマに仕立てられてしまった弟。最初は嘘の履歴に罪の意識を感じていたかもしれないけれどだんだんその気になってしまい受講者も増えればさらにやる気がでてきます。兄の思いつきは最初は当たりだったかもしれませんが後の詰めが甘かった。本物の昏睡状態ウィルの面倒を見なくてはならないしいつ詐欺...

  •  11
  •  3

海外TVドラマファイル2006夏

実はまだ入手しておりませんが(汗)本日発売の海外ドラマムック本です。 キネマ旬報 増刊 海外 TV (テレビ) ドラマファイル 2006 夏 2006年 7/10号 [雑誌] (2006/06/28)キネマ旬報社この商品の詳細を見るとりあえず今日は宣伝だけ。また内容を味わってから感想を述べたいと思います。小山力也さんのインタビューも載ってますのでお楽しみに!...

  •  6
  •  4

ER「弱い者」

先週が盛り上がった分今週はかなり盛り下がってたかな?一週おきくらいなら許せますか・・・唯一の救い?はウザニーラの登場が一瞬だったこと。これだけでもかなり気分爽快!です。プラットがさっさと返してしまったいじめられっ子の話。あれはプラットの責任じゃないですよ。たとえプラットとウェンデルがいじめを見つけ学校に連絡したところで次の暴力沙汰をどこまで防げたかは疑問です。っていうかその前に学校が手を打つべきだし...

  •  4
  •  2

CSI:NY「この目に映るもの」

シーズンファイナルは次が知りたくてたまらないクリフハンガーかしみじみした別れかともかくずしりと感動があるはずなのに今回のNYS1ファイナルはあまりにも呆気なかった気がします。コーヒーショップでマックが事件に巻き込まれたときは「なるほど、ファイナルらしい大騒動かな。」と思ったらウェイトレスや客を撃った男はあっさり捕まりこれで終わってしまったら時間が余っちゃうと心配する間もなくいきなりNY特有のありえねぇ~...

  •  8
  •  4

Blissのセバスチャン

夜中にWOWOWを観てたらR-15指定の映画が。タイトルは「背徳のソナタ」となってましたがすぐにエンディングロールが流れ「Bliss」をやってたんだと気づきました。BlissはカナダのShow Case製作の女流脚本家による女性のためのエロチック・ドラマシリーズ。映像が美しいし、キャストもなかなか豪華です。CKRの出演しているエピソードは日本版がリリースされていたので購入できましたが3シーズン製作されているうち日本ではS1とS2から...

  •  6
  •  1

CSI「子供たちの戦場」

ダブルシフトになったCSIとはいえ今までも二つの事件を並行して捜査することはよくありいったいどこが違うんだ?って感じでしたが新入りソフィアはやっぱりブツブツつぶやいてるしそして昼番の仲間はよかったとボヤき予想通りかわいくないです。*深夜組少年の殺人事件の操作中にグレッグ君はゴミ箱に捨てられたガリガリの子供の遺体を発見。かなり参ってました。5歳になる子供は餓死していたのですが食べるものがなくなると自分の...

  •  5
  •  2

東京国際ドラマ祭

第一部に参加してきました。いつも試写会は平日夜で開始時間ぎりぎりに駆け込む状態ですが今回は土曜のお昼なのでゆとりを持っていったら並んでる人が少ない!そして時間通り会場に入らせてもらえました。BSfan主催、WOWOW、AXN、FOX、SuperdramaTV、ミステリーチャンネル協賛という豪華企画。いきなりいただいたお土産袋の重さにビックリしました。なんと戸田奈津子さんの「スクリーンの向こう側」の単行本がどーんと入っていたの...

  •  9
  •  1

Todd Rundgren 「Mountain Stage」

普段テレビをつけっぱなしにしておくときはMusic Air にチャンネルを合わせています。ここが一番心が和むっていうか知っている世界なんだよね。70年代や80年年代の洋楽MCなんてそのままイントロ当てクイズ状態だし。そんなMusic AirでToddのライブを発見。番組表には「マウンテン」とだけ書かれていて?だったんですが2003年にウェスト・ヴァージニアで収録されたMountain Stageという音楽番組でのソロライブでした。Toddファン歴20...

  •  0
  •  0

WAT「心の中の世界」

よくわからないお話でした・・・一応エピガイは作ってみたものの、どうも納得いかず。私の頭の中もソフィーとアリスが混乱してしまいました。ジョーがきちんと話してくれないんだもん。悪いのはワトキンスでいいんですよね?ジャックが心理学に造詣が深いことが判明。オフィスには意味のある賞状が貼ってあったんですね。そしてサマンサは寒さに弱くマーティンは今時公衆電話を使ってるんだと感激しヴィヴは彼女なりのデータ収集に努...

  •  11
  •  4

OZ BK人形

私も登録させてもらっているOZ関連のウェブサイト紹介のサイトがあるのですがそちらに今月の新サイトとして紹介されていたのがOZ DOLLSケラーとビーチャーのお人形です。それが実によく出来ていて二人の外見の特徴を見事にとらえているしもちろんタットーも正確に書かれています。ケースに収められているグッズが泣かせますよね。ビーチャーの元になっているModern Circle Kenは実物を見たことがありますがあのマヌケ顔(失礼)な...

  •  4
  •  0

ER「新薬」

今週は見応えあるERでした。っていうかあまりにもエピソードの格差がありすぎ。じっくり考えさせられるときと突っ込む以外どうしようもないときとなんでこんなに大きな差が出来ちゃうんでしょう。長丁場になると、安定したドラマ作りも難しくなるのかな。で見応えのポイントは交通事故を起こして運ばれた腎臓病の娘の父親。娘の病気を治すためにドナーをずっと探していたけど結局自分の腎臓を摘出して移植してもらいます。その後担...

  •  5
  •  1

CSI:NY「クローザー」

下着姿の女性がトラックにはねられヤンキースタジアムの駐車場でレッドソックスファンの男が殴られそれぞれ死亡。まるで関連のなさそうな二人の死が野球ボールに繋がっていくというかなり強引な展開でした。スタジアムでポップコーンを食べながら前の人にぶつける遊び大人がそういうことやるのかな?とかなり呆れましたがこれは事件とは直接関係なく結局嬉しくてたまらなかった被害者は思わず隣の兄ちゃんにキスしちゃった・・・って...

  •  4
  •  1

CSI「CSIチーム解散」

また大袈裟な邦題が・・・と思ってたら本当にグリッソムのチームが解散しちゃいました!そんなこともあるんだ。ちなみにオリジナルタイトルMea Culpaはラテン語のMy Faultだそうです。ポルトガル語だとMinha Culpaになるのかな。ラテン系の言葉は似てるので助かります。5年前には出てこなかった紙マッチに残されていた指紋。紙マッチがビニール袋に保存されていたため試薬の反応がずっと後になってしまいました。それとレンチに残...

  •  6
  •  1

Queer Eye for the Straight Guy #1

これってドラマじゃないのでドラマのカテゴリーに混ぜていいのか疑問ですが・・・興味津々だったQueer Eye。Fab5なるファッション、ビューティー、インテリア、カルチャー、グルメの達人がダサイオヤジをクールなオヤジに変身させるリアリティショーでした。このFab5がQueerなところがポイントなんでしょうがみなさんとっても素敵です。洒落た会話も楽しいし。記念すべき一回目のダサオヤジは元モデルだったのに今はロン毛&髭面のグ...

  •  5
  •  0

タイトルの由来バトン

たまには正体を明らかにするのもいいかなとまめさんのブログ「豆飛ばして行こう。」からいただいてきました。元は哀生龍さんのBlog「So what?」から。ありがとうございます。Q1:あなたのHP(サイト)、Blog、サブページ等のタイトルは何ですか?1.ドラマ日記pt.2(このブログ)2.Casa de Garoto(メインHP)3.Sala de Garoto(ドラマBBS)4.エムシティ掲示板(OZ専用BBS)Q2:極簡単に内容をご紹介下さい!1.毎日...

  •  4
  •  1

東京国際ドラマ祭

懲りずにまたドラマの試写会に♪今度はBSfan主催6月24日に開催される東京国際ドラマ祭に応募したらめでたく当選しました。詳細はこちらhttp://bsfan.kyodonews.jp/drama/昼の部と夜の部があり夜の部のThe O.C.はすでに視聴済みだしTWジミーの出ているInvasionが是非観たかったので昼の部に応募しました。InvasionのほかにGrey's AnatomyのS2プレミアとミスチャンのゾディアックを観る事ができます。3本一気に観られるのは豪華♪ちな...

  •  7
  •  1

WAT「カメラマンの夢」

パパラッチがいつの間にか環境問題へ45分のうちに話がどんどんシリアスな方向に向かっていく展開はこれまたL&Oシリーズなどがお得意のドラマの常套手段ですが一緒にどんどんシリアスになっていくマーティンがさすが真面目なお坊ちゃまであることを再確認。ナタリー・ポートマンのトップレスにしか興味のないダニーとえらい違いだこと・・・最後は自らワイランド工業を訴えてやれモードで自分が失踪者を追うのがお仕事であるのをすっか...

  •  10
  •  3

ビバヒル祭り

LaLaでオンエア中のビバヒル。S6だけ観る!と決意したのは若きボスコが観たかったからですがようやく全エピ放映が終わりました。しかし5月からずっとHDDに溜め込んだ状態でいい加減になんとかしなきゃ!と思いMPが一段落したので一気にビバヒル視聴に取り掛かりだしたところこれが結構快適で(笑)あと90分枠のラストエピを残すだけとなりました。今更ストーリーはどうでもよくてコリンの転落ぶりを追ってるだけですがカーチェイス...

  •  0
  •  0

ER「心を通わせる方法」

今週もどうもしっくりこないER。(サッカーの合間に観ていた自分も悪いのだが)やっぱりこの病院にはかかりたくないなと悪徳弁護士の言いたい気持ちはよくわかりました。スタッフのレジデントへの教育内容はその通り。患者や家族に対しては真摯な態度で接していかなければいけないし人間、間違いはあるもの。犯してしまったミスはとにかく正直に謝ることです。自分で判断に迷うときは他の意見を聞くことも大切。でもこれってERじゃ...

  •  6
  •  1

L&O SVU「Night」 L&O TBJ「Day」

香港土産に買ってきたL&O TBJのBOXをようやく開封。まずパイロットを観て新シリーズの雰囲気を掴みジェリー・オーバックに哀悼の意を表した後いよいよ観たかった二本立てにチャレンジしました。前半がSVU、後半がTBJというクロスオーバー。これがTBJのBOXにSVUまでおまけで収録されているんです。今までSVUと本家のクロスオーバーはあったけど前半SVUは観られたのに後半本家との縁がなくどのように容疑者が裁かれたのか知ることがで...

  •  10
  •  0

Killer Instinct #11, 24「PM11:00~PM12:00 」

今週もCSIシリーズがお休み。あれこれツッコミつつも楽しみにしているCSIが観られないのはやっぱり残念です。残りが少なくなってしまった「異常犯罪捜査班」(結局FOXは専用サイトさえ作ってくれませんでした・・・)夢の実験は薄気味悪かったけどヘイルとカーターが急接近。主人公が二人しかいないドラマで二人がくっついちゃったら、先の楽しみがなくなっちゃうじゃないですか。あと2話でおしまいなのでファンサービスなのか次週は...

  •  5
  •  1

That '70s Show「ヒッチコック流ハロウィンの過ごし方」&AXNとの付き合い方

今週の'70 Showはなかなか凝っていてテーマソングとキャストのテロップがハロウィン風ホラーバージョン。お洒落な演出が楽しめました。フェズが「ロッキー・ホラー・ショー」コスプレで現れた後は(ずっとあのスタイルは強烈でした)ひたすらヒッチコックのパロディ。というのは気がついたけど実はヒッチコック映画をきちんと観た事がないのでサイトアップするときは各種関連HPのお世話になりました。パロディって元ネタを知らないと...

  •  2
  •  0

WAT「愛のかたち」

もったいなくて&忙しくてなかなか観られなかったエピソード。あまりにも得意分野?な話の展開に加え失踪者の姿にドキリ♪ルーク役のジェレミー・ギャレット、大好きなんです!!残念ながら「Sweet Valley High」は観た事がなく(ハンサムな役どころらしいですけど)私のお気に入りは「Legacy」のローガン家の次男クレイ役。クレイはかなりやんちゃなキャラなんですが敵対するウィンターズ家の娘ヴィヴィアンと親しくなり考え方も大...

  •  6
  •  3

LOSTS2プレミア試写会

OSTS1を無事クリアしたところでS2プレミア試写会に行ってきました。最近スパチャンの試写会へ行く事が多くAXNは久しぶり。ちょっと雰囲気が違います。会場は恵比寿ガーデンプレイスでなかなかゴージャス。(その前に来たのはホ様のイベントだったっけ)しかしお土産ぶくろは透明のビニールだしアンケート記入用に入っていたのは使い捨て鉛筆。スパチャンのような豪華The O.C.袋や四色ボールペン(私は何本持っているのだろう?)み...

  •  6
  •  0

ER「重症患者」

どうしてアビーばかり目立つんだろう。ウザビー復活!というわけでアビーが救急車の到着を待つために外へ出たら急に車がER前に乗りつけ、アビーはさらわれてしまいます。中にはギャングの兄と従兄弟、まだ子どもの弟の3人が乗っていて撃たれた兄を助けろと、従兄弟はアビーを銃で脅します。アビーが病院に連れて行って手術しないと助からないと言っても警察に追われてるから病院には行きたくない、車の中で何とかしろと彼らはアビ...

  •  6
  •  1

エンター・ザ・フェニックス

スティーブン・フォン初監督作品。正統派香港黒社会コメディ映画ですがあえて「ゲイを扱った作品」のスレッドに入れたのはダニエル・ウーがあまりにも素敵だったので♪すべてネタバレなのでご注意ください!ダニエルが演じるジョージはマフィアの息子。父マフィアを演じてたのがすっかりご立派なオヤジになっちゃったユン・ピョウでいきなりショックだったんですが父は息子に家業を継がせたくなくて留学させてしまいます。ところが父...

  •  5
  •  0

CSI;NY「疑惑の任務」

またダニーがやっちゃいましたね!疑惑の任務というか、これってCSI?という大きな疑惑が(苦笑)殺人事件現場を捜索しているダニーは現場に犯人が隠れていることに気づき慌てて逃走する犯人を追いかけます。犯人は地下鉄構内に逃げ込み発砲、ダニーはセオリーどおり物陰に隠れて様子を見るが弾が飛んできたので「警察だ」と名乗り挙げて応戦。二発撃って犯人を捕らえたと思ったらその男はバッチを持ってました。一発目は警官の肩...

  •  4
  •  1

CSI「第三の性」

100回記念エピ。スペシャル拡大版ってことで放映時間がちょっと長かったからエピそのものが長いのかと思っていたらWOWOWがおまけをつけただけでした。さすがCSI、力の入り具合が違いますね。TWは100話を迎えても何のコメントもありませんでした。100話目はそれなりに手の込んだ作りだったのに・・・S1の頃のキャストたち、みなさん若い!5年立つとずいぶん変わるもんですね。お話そのものは倉庫の死体がグロテスクすぎたし次々に出て...

  •  8
  •  1

Killer Instinct #10

今週はいきなりカーターが友人の結婚式に同席したオヤジがもしかして怪しいなんて睨んでいたら急に花嫁が爆死してしまいました。恐るべし!ヘイルとカーターの前に現れたのが爆弾捜査担当の警部補ムーア。それがなんとセバスチャン・スペンス@ケイド先生♪じゃないですか。今回はシビアなキャラなのかなとすっかり嬉しくなってしまいました。専門知識を生かし意見を述べつつさりげなくカーターに色目を使うしウェディングドレスが...

  •  6
  •  1