ドラマ日記 Pt.2

月・日別2006年09月 1/2

SFU「性愛」

やっとネイトがマジでリサと向かい合ったけどでもやっぱりヌルいなぁ。もっと本音を出して欲しいのに。ネイトとリサとマヤは友人夫婦と子供と一緒にキャンプに行く。(HOUSEの眠り病の奥さんが元気に復活してました・・・笑)久しぶりに大自然を満喫できると意気込んでるネイトにリサはまたいつものように文句をつける。ビールの本数を宣言しネイトの希望なんて全く聞く耳を持たない。山に登ってもネイトの行動は制約されっぱなし。ネ...

  •  4
  •  2

The Agency Season1

やっとAXNでベルト放送していたThe Agency S1を制覇しました!ポルトガル語字幕版で観てたときは雰囲気は楽しめたけど細かい部分までよくわからず日本語吹替え版で再挑戦できてよかったです。S2を少し観たところで帰国してしまったのでS2はよくわからないんだけどもうベルト放送に挑戦はキツすぎるので今回はリタイア。S1の印象だけを心に留めておきます。今回観てお気に入りオヤジの仲間に入ったのがミスター・ヘイズリー。スパイ...

  •  4
  •  0

HOUSE「医療不信」

まさに邦題の通り、医療不信になりますよ。送られてきた患者は病名がわからないまま次から次へと薬を与えられさらに病状は悪化。ハウスチームが治療法を突き止めている間に患者は生死を彷徨うまでに苦しめられてしまうんです。でやっと正しい治療法が見つかるのは始まって40分過ぎ!回復すればいいけどそれまでの誤った治療に因る体への負担とか後遺症とかないのでしょうか?学ぶところの多いドラマだけど痙攣する患者さんたちを観...

  •  6
  •  3

Medium「蘇った死刑囚」

なかなか凝ったストーリーでした。そして切ない結末。こんなときにも救いの手を差し伸べてくれるのはジョーなんですね。アリソンの悪夢はスペイン語バージョン。スペイン語が喋れないのにそんな夢も観てしまうようで。この夢が死刑囚の刑の執行、そして殺人事件に関わってきます。死刑執行はどこでも賛否両論あるようですが死刑囚はおとなしく薬物注射で刑を執行されました。アリソンも立ち会ったが何も感じませんでした。その後殺...

  •  6
  •  1

Huff「下着に口紅」

Huffは決してつまらないドラマじゃないと思うし今回は姑さんの言動もインド人を中東の人と間違えた以外はそれほど気にならなかったんです。でも他のドラマと比較すると「観なくても我慢できるかな。」って部類に入るので忙しすぎるスケジュールをこなすためにこのエピを最後にお別れすることを決意します。ハフオヤジ、ごめんなさい。どうも苦手なのがハフオヤジの友人の弁護士オヤジのクスリやりまくりの乱交振り。もう少しスマー...

  •  3
  •  2

10月スタート!ドラマ視聴計画

秋の番組改編ってわけで来月からさらに忙しくなりそう。とりあえず観たいドラマをピックアップしてみると・・・日テレ 「Prison Break」いきなり地上波参入!これでレンタルに行かずに済みます。10月放送分はレンタル済みなので、実際には11月から観る事になるのかな。NHK-BS 「Desperate Housewives」デス妻1本に絞って頑張ります。もちろんデス夫の応援を♪WOWOW 「CSI:Miami」「Cold Case」「4400」「Medium」「Grey's Anatomy」...

  •  14
  •  4

LOST「境界線」

話についていけない・・・何とかしてくれ!!親バカマイケルは、ロックたちの制止を振り切ってウォルト探しに出て行ってしまった。息子の安否が気が気でない父の当然の行動だと思われるが・・そのマイケルを探そうとウザジャックのお節介モードがグレードアップ。ロックとソーヤーをお供にジャングル探検に繰り出します。ケイトも参加を申し入れたが、ジャックにダメと言われてしまいます。ロックを道連れはわかるけどどうして怪我人...

  •  4
  •  2

CSI「死体たちの運命」

3つの事件の中身はかなり怪しげでCSI:NYを思い出しましたが(苦笑)準レギュラーたちが大活躍で十分楽しめました。*大学寮でトリップとポーラが床で倒れていた事件。二酸化炭素中毒でも死んでしまう事があるんですね。恐れ入りました。普段何気なく目にしているドライアイスも凶器になるとはSmoke on the Waterごっこ!ぐらいなら大丈夫ですが大量のドライアイスをトイレに捨てるのは止めましょう。しかしトリップっておバカなお...

  •  8
  •  1

SFU「監獄」

誰かが監獄入りか?と思ったらそうではなかった。精神的に監獄入りかもしれないが。仕事を辞めたリサは専業主婦状態。ネイトはマヤが幼稚園に行きだしたらリサは職場復帰するだろうと思い込んでいたらどうもリサにその気はなさそうだった。ネイト一人の収入で、マヤの将来のための貯蓄をするのは厳しいと考えたリサはネイトのお金の使い具合を細かくチェックする。ネイトはCDショップで1枚CDを買うためにカードを出したが店員の顔...

  •  5
  •  2

HOUSE「罪と罰」

HUFFオヤジの方は無事第2話をクリア。しかしshowtimeならではの過激な映像にはドギマギさせられます。一応続けて頑張ってみましょう。さてハウスオヤジには、いきなりPrison Breakの死刑囚の兄登場。レンタルする暇がないのでPrison Breakは読書した知識しかありませんがなかなかクールなお兄さんの印象です。おまけにFOXlifeでダラダラ観ている「North Shore」にも彼が登場。こちらでは有名シェフの役なんですが、まだ料理を作っ...

  •  2
  •  2

The 4400「危険な賭け」

「The 4400」S2もしっかり観ています。いつもはなんとなく勢いで、でも楽しみながら観ていますが今回はへザー先生って素敵だなと感激しました。へザー先生は72年(だっけ?)に連れ去られ戻ってきて美術の先生をしています。へザー先生の特殊能力は子供たちの持っている芸術面の潜在的能力を引き出してあげる事。へザー先生に触れられ見つめられるとたちまちバイオリンがうまくなったり素晴らしい絵が描けるようになったり思いのま...

  •  4
  •  1

Medium「40年の時を経て」

アリソンも風邪のせいか、それとも飲んでる薬のせいか霊能力がおかしくなってしまうようです。鼻詰まり声を娘たちに面白がられたあとは調子が悪いので学校への送りはジョーに頼んでソファに寝転んでTV鑑賞。往年の名作シットコムの再放送「I Married a Mind Reader」を観ているうちにうとうとし始めました。気がつくとアリソンはドラマのロケ現場に。主演のヘンリーとアビゲイルは実生活も夫婦のようですがどうも中がよろしくない...

  •  5
  •  2

OZ S6BOXおまけ

3連休で溜め込みまくったドラマをほぼ消化。(しかしWire in the Bloodを2話続けて観たのは重すぎた。頭の中がドロドロになりかけてます。)それでようやくOZ箱を開封する事ができました。お目当てはもちろんBonus Features。最後の大サービスはおまけも豪華。コメンタリーは3種類入ってます。(字幕が付いてないから辛い)まずただ今放映中の「死者」のコメンタリーはフォンタナとサイード。#6「死刑」のコメンタリーはなんとウ...

  •  4
  •  0

LOST「詩篇23章」

ついにアデエコさんの過去が暴かれる!!ドラマはちっとも進みませんがアデエコさんとマイヒルさんがたっぷり拝めてOZファンには大満足のエピだったと思います。しかしこんなにまったりしてていいのかな?アデエコさんの明らかになった過去。1.アデエコさんはナイジェリア人である。(ご本人もナイジェリアからの移民なので正しい設定かな?)2.子供の頃弟を救うために殺人を犯した。3.弟は神父になった。4.アデエコさんは...

  •  8
  •  4

秋のおすすめ!BS海外ドラマ

BSでのオンエアをチェックし忘れたので総合の再放送を観たんですが観なきゃよかった!はっきり言って時間の無駄でした。結局雛形あきこが「Dr.Who」の吹替えをするということを伝えるために30分延々くだらないトークを見せられてしまいました。もっとドラマの中身を教えてもらいたかったのに。一応様子のわかった新作ドラマは?「Dr.Who」これはダメだ・・・チープなセットと私の超苦手な不気味君たちにすっかり引いてしまいました。S...

  •  4
  •  0

FOXCRIME特番

観られないとわかってるのに内容が気になりFOXでオンエアの「FOXCRIME特番」を観てしまいました。ドラマの紹介は「NUMBERS」「NCIS」「MI」の3本。どれも今までちょっぴり縁があったドラマなので親しみを感じます。「NUMBERS」のパイロットは、タイ航空と中華航空の機内でなぜか2度も観てしまいました。そのたびに感心したのが、弟チャーリーが黒板に数式を書く速さ。数学が苦手な私には何を書いてるかさっぱり意味不明なんですが...

  •  3
  •  0

CSI「主任失格」

最近のCSIはキャスト小出しモード。シフトを悩まずに済むのはいいんですけど・・・今回はキャサリン。しかし邦題「主任失格」はあまりにも失礼でしょう。どちらかというと「母親失格」の方が合ってる気が(苦笑)仕事を終えたキャサリンはなんだか飲みたい気分でニックとウォリックを誘うが見事に断られる。だったら早く帰ればいいのに!娘が待ってるんだから。ところがキャサリンは一人でバーに行き中年オヤジに声を掛けられる。この...

  •  7
  •  1

SFU「変化」

葬儀の依頼に訪れたケビンは22年間連れ添ってきた恋人ロバートの葬儀を思い出深いものにしたいとネイトとデイヴィッドに頼む。ケビンは自らの技術を生かして葬儀場にトゥーランドットの舞台を造る。その間も若い大工の尻を褒めるケビン。デイヴィッドはケビンとロバートが22年間続いてきた事が不思議に思えた。今日はルースの誕生日。リサは世話になっているルースに感謝をこめて誕生パーティーを計画する。母さんはパーティーは好...

  •  8
  •  2

過去との決別

2001年9月から2005年3月まで書き続けてきたドラマ日記のpt.1ですが全く触らず放置状態にしておいたらいつの間にか過去ログの3/4が消えていました。何故消えてしまったのかは謎(泣)ブラジル時代の日記は当時のドラマの思い出を振り返る貴重なデータだっただけに喪失はとてももったいないんですが仕方なく過去と決別することにしました。これからはBlog一本で頑張ります!...

  •  0
  •  0

Huff「パイロット」

月曜の晩に「シークレットプレミア」と称して一応こっそりオンエアされてたHuffのパイロットを観てみました。で感想は~なんとも微妙です。精神科医のハフ(本名はハフストッドだったのね)のところに15歳の患者が治療に来る。彼はゲイである事を両親にカミングアウトしたら当然のように両親から嫌悪の目で観られたことを嘆くがハフも両親に近い反応を示したため少年は持っていた銃(どうして持ってるんだ?)をくわえて自殺してし...

  •  7
  •  1

WAT「クルーザーの秘密」

S2終了。バンザ~イ!!と叫びたいのはWATを観た後即エピガイをアップしてその後勢いでツッコミブログを書いてなんてことをやってるとどんどん夜も更け完璧に寝不足ドラマと化していたからなんです。これからしばらく平穏無事な水曜の晩が送れるぞ!とちょっと嬉しかったりして。しかしこの喜びがずっと続いちゃマズイわけでまた来年春にS3の確約をNHKは是非お早めに!と祈ってます。しかし不安な水曜枠だし。WATは他のドラマより...

  •  8
  •  2

Medium「再会」

MediumS1は16話でおしまいなんですね。ってことはアリソンの悪夢につき合わされるのもあと6話か・・・今回の悪夢はしつこかった。少年二人が荒野を走っていると列車が二人の間を横切り・・・その夢を毎晩3時過ぎに見てアリソンは必ず目が覚める。そして付き合いのいいジョーもまた毎晩3時過ぎに起こされる。迷惑な話だよね!悪夢のおかげでアリソンは寝不足。だからって突如起きてポテトサラダを作ろうと思い立ったりシリアルを食べなく...

  •  7
  •  2

TWS3「彼ら自身の言葉で」

TWを完璧にクリアしたところで唯一欠落していたのがこのドキュメンタリーの日本版。私が帰国してからのWOWOWでの再放送ではオンエアされず今回スパドラでの9.11記念特集は画期的でした。もう一度じっくりと観る事ができて本当によかった。私が「In Their Own Words」を観たのは9.11から2ヶ月たった2001年11月14日でした。インタビュー収録が10月1日アメリカでのオンエアが10月15日だったのであまり期間を空けずに観られたのは幸い...

  •  4
  •  2

LOST「ケイトの事情」

盛り下がってますね・・・今回の出来事は、シャノンの葬式とソーヤーの回復だけですか?ケイトの事情なんてどうでもいいし。知りたいのはアデエコさんの事情なんだけど。なんだかおかしくなっちゃったケイト。突如黒馬は現れるし。白熊よりは自然だけど、あんなに毛並みのいい馬が突如ジャングルから出てくるのはやっぱり不気味です。ケイトは看病してたソーヤーに襲われかけると彼を放り出し心配して追ってきたジャックとキスを!こ...

  •  5
  •  3

第58回エミー賞授賞式

ブラジルから帰ってきて4年ぶりに念願のエミー賞授賞式を生で観る事ができました。しかもメローニ登場。絶好のタイミングでした。AXNが映るようになって本当によかった!ブラジル時代はAXNの仲間のSony Channelでエミー賞授賞式は生中継されてました。(南米ではSonyがSonyとAXNの2チャンネルを持ちアクションはAXN、ドラマやコメディはSonyと一応分類されてました)本当に生中継してくれるので臨場感たっぷりなんですがとにかく間...

  •  5
  •  1

Cold Case「ゼロ・アワー」

カルト教団の話はモーリス役のJohnny Whitworthってかっこいいなと思ったくらいで(ぼちぼち映画やドラマにゲスト出演してるようです)音楽もラモーンズやコステロだって一応反応はしたけどショッキングだったのはエリサの自殺。いきなりどうして死んじゃったんでしょう。相当調子が悪かったのかな?最近姿を見せることもなく、お話の中だけの存在になってしまいそこへ突然飛び込んだと言われても実感がわきませんがヴァレンズには...

  •  0
  •  0

CSI「禁断の味」

またシフトを悩まずに済みました。今回は遅番はお休み。深夜番だけのお仕事です。しかしホッジスやアルおじさんはお仕事してましたね。内勤のシフトはどうなってるんでしょう。やっぱり悩みは尽きません。犯罪者専用の精神病院で患者が殺害。グリッソムとサラ、ブラスが出向きます。殺されたロビーと同室の患者は血を見て興奮し他の患者たちも埒が明かず・・・OZにも精神にダメージを受けた囚人が送られる区画がありましたが(アデさ...

  •  4
  •  0

SFU「内面」

そろそろ我慢も限界、本音が見え始めてきました。大学にピンチヒッターで現れた講師は講義ではなく実践重視。クレアが描こうとするものを引き出してくれます。フィルに合わせようとしていたクレアは「こんな付き合いは嫌。」自ら別れを告げます。ベティーナと憂さ晴らしするルース。彼女の楽しみであるデパートでの万引きに付き合ってしまいました。リサはキャロルのわがままについに爆発!仕事を辞め家を飛び出してしまいます。と...

  •  4
  •  2

OZ S6DVDBOX発売記念サイン会画像

MeloniのサイトのphotoコーナーででUpされてます。ちょっぴり失敬しましたがBKさん、お隣に座って仲良くサインしてました。ビーチャーはややお疲れ?向こうに座ってるのはハウエルですね。でもやっぱりこんなことやってます。嬉しい!!決して期待を裏切らないBKなのでした。ライアンのオヤジ化が進行してるかも。ムカダは変わらないですね。そしてまたいるパンカーモ。この人本当にサイン会が好きらしい・・・私もなぜかパンカー...

  •  3
  •  0

HOUSE「疑惑」

HOUSE、一応毎週冷ややかに観ています。どうして冷ややかになってしまうかっていうと変な病気ばっかりなんだもん!それ解明するのがHOUSEの役割だとはわかってるんですが答えが出るまでやってみろ!な荒療治で患者さんが苦しむ姿を観るのがどうも憂鬱でもう少し深く検討してからじゃダメなの?って思いたくなってしまいます。時間との勝負だから仕方ないことなのかな?とはいえハウスオヤジのキャラクターは気に入ってるので難しい...

  •  7
  •  1