INDEX    RSS    ADMIN

Beautiful People「Flashback to the Future」

ジェイクじゃなくてダニエルの目的は、
ソフィーの親権を得る事でした。

激しくぶつかり合うダニエルとリン。
これこそMPにフラッシュバックした気分でした。
リンと子供たちがダニエルから逃げてきた理由は
ダニエルがカレンの親友に手を出したからだったんだ!
さすが元ジェイク(笑)です。
リンが一歩も譲らないと今度は4人で同居を主張。
別居後も連絡を取っていたソフィーはややダニエルよりでしたが
リンとカレンはしっかり突っぱねてました。
ダニエル、やはり過去の行いがたたったのか?

それ以外にも今回は散々な三人。
リンはバッグのデザイナーのマディーに誘われ
二人で独立しようと考えます。
資金は十分あると自信たっぷりのマディーでしたが
リンは上手く口車に乗せられちゃってました。
前途多難、一体どうするのでしょう。
ところでマディーはG-Spotのローリー。
ってことはダンナはあのレディーケイド先生なんだよね(笑)
こっちのドラマまで出張サービスして
リンのデザインしたドレスを着てくれたら面白かったのに。

カレンはモデルエージェンシーで仕事を見つけたものの
テーブルにデカイ下着にアヒル役?
あまりにもお気の毒でした。

そして何様のつもり?なソフィーは。
やはりたたられましたか。
ニコラスと付き合い始めたところ
ニコラスはジュリアンとリンのただならぬ関係を目撃してしまい
混乱に陥ります。
ジュリアンは離婚とリンは関係ないと豪語しますが
幸せな家庭を壊したのはリンだと思えば
その娘と付き合うことにも抵抗が・・・
ニコラスの神経はかなりまともでした(笑)
ソフィーはそこまでわからず、
やっとニコラスから真相を聞きだします。
そして帰宅するとリンを非難。
家庭崩壊の辛さをわかっていて、どうしてそのきっかけを作るんだと。
やっぱり親子同時恋愛は障害が多すぎるでしょう。

アナベルがすっかり変身してセクシーに
そしてギデオンに思いを伝えます。
まだギデオンは戸惑ってるようだけど
二人がこれでうまくいけばいいかな?
そしてもう一人謎の学生登場。
孤立しててバイトが忙しく、数学は得意な模様。
彼って何者?
またソフィーが調子に乗って
さらに被害者を増やすのではと心配です。
スポンサーサイト

LOST「秘密」

気球探しと韓流ドラマ。
韓流LOSTはお気に入り部分なので、楽しく観てしまいました。

サンのFB。
いきなりベッドに裸で横たわるジンと下着姿のサン。
おお、LOSTも二文字になるか?
(二文字→韓国映画のDVDコーナーをご覧下さいませ。
似たような二文字熟語のソフトがぞろぞろ並んでいます。
内容はかなり当たり外れがありますが。)
実はキム・ユンジンさんは「密愛」という二文字映画で
イ・ジョンウォンとなかなかセクシーな濡れ場を披露済み。
この作品は出来栄えもよろしいし、サンのファンはご覧下さいませ。
とちらっと期待するものの、AXNが二文字になるわけないんだよね。
でもジンの上半身、素敵だった!
もっと観たかったな。

サンとジンは医者に相談に行く。
サンがなかなか妊娠しないからだった。
家を継ぐ子供が生まれないとは・・
医者はサンの体に問題があると告げます。

サンは英語の勉強を始めます。
本当に愛する人を追うために?
しかし医者はサンに告げます。
体に問題があるのはジンの方だと。

ところが今サンは体の異変を感じ
ソーヤーに妊娠検査薬をもらいます。
ソーヤー薬局にはなんでもそろっているんですね。
早速検査すると陽性反応が。
サンはジンに伝えたくなかったけど
お節介ジャック(また出た)は真実を告げるようにいいます。

ところがサンの妊娠はいつの間にか周りに伝わり
ソーヤーは「パパさん!」と祝福します。
(それって日本語!やっぱり極東の区別は難しいのね・・・泣)
でも結局ジンはよく理解しておらず
サンから妊娠の事実、子供が出来なかった理由を聞き
奇跡が起きたと喜びます。

で、サンの子の本当の父親は?
こうして韓流お得意の「出生の秘密」がまた誕生してしまいました。
交通事故は車が通ってないからなさそうですが、
頭をぶつけて記憶喪失はこの先ありえるかも(笑)

気球探しはヘンリーさんの証言に基づいて
アナルシアとサイード、そこになぜかチャーリーで出かけていきます。
あんな簡単な地図でよく目的地に到達するよね?
とますます島の全貌が読めず。
そして拷問部屋から出してもらったヘンリーさんは
意味深なお言葉を次々に発してジャックとロックをビビらせます。
話は相変わらず進まないし、マイケルは戻ってこないけど
ヘンリーさんのツッコミはつぼを得てるのでいいかも。

CSI:Miami「無防備な18歳」

つまらん!
今週も侍は不発だし
殺された18歳娘に同情の余地なし。
自業自得でしょ。
あんなにゲロゲロに酔っ払ったら
何をされても文句言えないぞ。
って殺しちゃうのは当然間違いですが。

侍が十分に斬ってくれなかったので
代わりに斬らせていただくと・・・
競争が厳しいからとおクスリを渡しちゃった旅行業者。
犯罪が浮かび上がってから反省するつもりだったのかな?
しかし未成年を食い物にすることが間違いです。
大斬り!
もちろん美女なら宣伝効果があるってクラブで酒を飲ませちゃった
お姉ちゃんも同様に斬りましょう。
乱れてますね。

アメリカの高校がどのように修学旅行
(という翻訳が合ってるのかがそもそも疑問)
を行っているのかわからないけど
学校側に責任はないのでしょうか?
学校関係者が誰も出てこないのが不思議です。
これも大斬りしたい気分!

そして娘をつけてきた養父。
気持ちはわかります。
しかしそんなに心配なら娘を修学旅行に行かせるな!
理解不能なのでまた斬りましょう。

これでボートの兄ちゃんたちの罪が少し軽くなったかな?
Gパンにゲロつき兄ちゃんは(洗えよ!)
Point Pleasantでヴァルタン刑事の息子でした。
ヴァルタンに尋問させたかったな(笑)
でも悪い事をやってはいけません。

なんだ、みんな斬っちゃったぞ!

侍不発の理由は、大昔のNYでの事件が蒸し返したから。
でました!侍の「個人的理由」
残業しないか?って警官に声を掛けて
隠している娘の家を見張らせます。
当然エクリーじゃなくてリックが圧力を掛けてきますが
(どこにも煩いお目付けオヤジがいるんだな)
全然めげてない侍は気にも留めません。
パトロール費用は自腹を切るんだそうで、ご立派。

こうして伏線を張っておかないと
NYとのクロスオーバーができないってことでしょうか。
ドラマ制作も大変だな。
でももう少し見応えある事件が起きないと欲求不満が残ります。

SFU「離別」

みんな壊れちゃったね。
オリジナルタイトル「Everyone Leaves」その通りでした。

クレアとラッセルは読みが当たったし
ネイトとブレンダもやっぱりこうなるんではないかと
期待通り?でした。

キースとデイヴィッドはいつものことだから
あまり心配してないけど
今度はどうやって寄りを戻すのかな?
キースの大おばの葬式に参列する二人は
とても素敵に見えたんだけど。
(気がつくと葬儀ディレクターになってるデイヴィッドが
微笑ましかった)
キースと父は和解できず、仲裁に入ろうとしたデイヴィッドは
逆にキースを怒らせてしまいます。
デイヴィッドはふてくされて先に帰ってきちゃったけど
きっとまたお互いが必要なことに気づくはず
(気づいて欲しい)
今観ているドラマの中で一番気になるカップルがこの二人なので
いい方向で進んで欲しいです。
(でもこうしてイライラさせられながら観るのが
かつてのBKの楽しみ方と共通するわけで・・・)

ルースのアーサーへの告白は早急すぎた?
不思議な関係もまたいい感じだったので
もったいなかった気がします。
でも母と娘の会話は心温まりました。

案の定クスリでぶっ飛んじゃったヴァネッサも不安。
(いつもは観られないセクシーフェデリコが堪能できたのは
ラッキーでしたが)
そして来週はリサが失踪?
S2後半になって穏やかでなくなってきました。
こちらもあと3話でS3終了。
もっと観ていたいのに、寂しいな。

Rescue Me「Balls」

サリー、恐るべし!
っていうか脚本家遊びすぎ・・・

OZファンが泣いて喜ぶRescue MeLeeの結末。
ボンテージLee画像だけをずいぶん前に観ていたので
なんでこうなっちゃったんだ?って興味津々でしたが
ものすごく納得してしまいました。
おかげさまでトミーは62分署に戻れましたが。

サリーは料理のほかにマッサージも得意。
rescue2-3-1.jpg
この気合の入れ具合がいいでしょう!
思わず昇天しそうなショーン。
rescue2-3-2.jpg
俺はゲイじゃない(嘘だ!)と否定しつつ
マッサージはかつての恋人に手ほどきを受けたそうで
(喧嘩してないときはいくらでも時間があったしね!)
そのテクニックは半端じゃなさそうです。
ショーンはすっかりハマってしまい
再度お願いに行き、挙句の果てに結婚したいなんて言いだし
相変わらず大バカ度丸出しでしたが。
すっかり上機嫌のサリー。
rescue2-3-4.jpg
マイクが落ち込んでると恋のアドバイスを。
俺様に任せとけ!って
(確かに命がけで愛したのは事実だけど)
そしてしっかり料理も頑張ってます。
rescue2-3-5.jpg

ちょうどこのときジョニーが
マイクに元彼女への接近禁止命令を持って現れます。
rescue2-3-d3.jpg
こんなに近くに来てるのに二人が顔を合わせないなんてもったいない!
その前に今回はジョニーの電話シーンもアップで映りました。
rescue2-3-d1.jpg
かっこいいな!

ルーはトミーを戻すために動き始めようとしてますが
トミーのせいで死に損なったフランコは絶対反対。
他のメンバーもトミーとサリーならサリーを選びます。

ところでサリーは今夜は非番。
医者へ行くと申しています。
その医者は何でも治してくれるそうで。

夜にクラブで火災。
ボンテージコスプレ客が次々に救助されます。
中には女装した男性も。
マイクらがマスクをはずすと
それはなんとサリーでした。
rescue2-3-7.jpg
酸素マスクをはずし、何とか説明しようとするサリー。
rescue2-3-8.jpg
サリーはドレスアップもパンティもハイヒールも大好き。
もちろん男性とOKってわけで
誰がサリーを壊しちゃったんだ。
(ってもちろんシリンガーとケラーでしょ。)
rescue2-3-9.jpg
似合ってるよね、この格好。
rescue2-3-11.jpg
そして何気に微笑んでる?

サリーは移動願いを出し、めでたくトミーは62分署に戻れました。
苦労せずして戻れてしまったトミー。
実はやっぱりビーチャーだったサリーに大いに感謝しなくては。

その3時間後のOZは「廃品」
ケラーがビーチャーを椅子に縛りつけ脅した後は
シリンガーと意気投合。
あまりにタイミングよすぎる二本立てに感激でした。

ポスターをゲット!

某DVDショップでご自由にお取りくださいと箱に入れられていたので
しっかりいただいてきました。
こちらがCSI:NY
csinyposter.jpg

もう一つがSupernatural
supernaturalposter.jpg

さすがにそのままいただいて立ち去るのも申し訳ないかと思い
980円のSupernaturalお試し版(#1~#3収録)を買ってきました。
また観るものが増えちゃった。
でもこれも続きはTV落ちしてからトライすることになるんだろうな。

The 4400「真実への鍵」

The 4400、気がついたらあと3話でS2終了なんですね。
早かった・・・まあ13話しかないから当然かもしれないけど
Mediumが終わり4400も終わったら
火曜日が暇になっちゃうじゃないですか。
一応昼間のMPとHOUSEは残ってるけど。
このところ週初めは薄く、
週末に掛けてどんどんスケジュールが厚くなる傾向にあって
それを次週持越しでぼちぼち消化するのかなって思います。
来週からは木曜深夜のPrison Breakにも参入予定だし。

ところでカイルにコリアー殺害容疑が濃厚になったとたん
突如捜査官を忘れて単なるオヤジになってしまったトムにがっかり。
カイルを逃がそうとしたり、証拠品の武器を捨ててしまったり
それで上手く隠せるのでしょうか?
絶対あとでボロが出ると思うんだけど。
もっと筋道立ててカイルが操られていた事を証明できないのかな?
それより突然現れた4400なトム妻のアラーナがどうも胡散臭くて
彼女が何か仕組んでるんじゃないのかな?
早くクールなトムに戻ってもらいたいです。

ショーンに救われたヤク中ねえちゃんが
すっかりセンターの人になっていましたね。
ダニーともいい感じでした。
でもおクスリは断ち切れていませんでしたが。
そしてラストで洗車しながらはしゃいでいるショーンとダニー。
それを取り囲むボディーガード軍団がかなり不気味でした。

マイアの予言はまた当たるんだろうな。
この先、どうなってしまうのでしょう。

DH「父親の本分」

夕べ魔の水曜10時の選択をさんざん悩んだ後でデス妻を観たら
いとも簡単に結論が出てしまいました。
デス妻小休止でOK!
これってLOSTの停滞モードを追いかけてる??
とにかくストーリーが面白くない。
S1は崖っぷちの妻たちと合わせて
メアリー・アリスの死の謎の解明が面白かったのに、
S2は妻の崖っぷちもマンネリ気味。
そしてあまりにもウザ過ぎるスーザン。
吹替え声にイライラしてるのに、やってることも何考えてるのやら?
イーディの方がずっと理解できるかも。
スーザンは一体マイクに何を望んでるんだ?
マイクに協力するふりをして嘘をつきまくるし。
そしてザックが真実を知ったら、
また問題は大きくなるかもしれないけど
でも行方知らずのポールを探させにユタに追い出さなくても・・・
ザックがいくら危険でも相手は子供でしょ。
このところのスーザンのウザさは理解不能です。

相対するわかり安すぎガブリエルにも食傷気味。
バン・デ・カンプ家のジョージとアンドリューのバトルは 
なかなか見応えあったけど。
(ジョージとアンドリューでWHAM!だって
くだらんことで喜んでました・・笑!)
ジョージのこの先の頑張りぶりはちらっと期待。
牛山さん声もツボだし。

スカーボ家の精神不安定なパーカー君。
スカーボ家はついデュポア家と比べたくなりますが
男の子はまた難しいですね。
ところでやんちゃな双子二名はどうしちゃったんでしょう。
彼らこそ問題大ありなのにちらりとしか姿を見せず。
この環境の変化に耐えられるとは思えないんですけど。
トムが期待通りいいオヤジだったのが唯一の救いでした。

お笑いキャラカールは出てこないし
一番気になったアップルワイト家も登場なし。
がっかりです。

来週よりこの時間をInto The Westに譲るために
デス妻は運がよければ生視聴。
無理ならお休みで6週間をクリアすることにします。
忙しい水曜日になるんだな・・・やれやれ。

Medium「フェニックスの怪人 pt1」

タイトルにpt1の文字を見つけたときから嫌な予感。
これは間違いなくクリフハンガーじゃないですか。
S2がなかったらどうするんだ?と思っていたら
WOWOWは来年にS2の放映を確約。ご立派です。
半年先くらいになるのかもしれないけど
このままで忘れ去られる事はないとわかってほっとしました。

冒頭いきなりジョーが靴下売り場でブリジットを見失う悪夢を観て
ついにジョーもサイキックか?と驚きました。
これがジョークなのか、それとも後に現実となるのか
今の時点では不明ですがちょっと気になります。

アリソンは「フェニックスの怪人」事件に追われっぱなし。
赤毛の女性を狙う連続誘拐殺人事件。
犯人はなかなか証拠を残さないが、
パイロットで現れたテキサスレンジャーのプッシュさんが
現場のバスルームの鏡に姿を現し
アリソンに聖書の章を教えます。

アリソンはプッシュに連絡を取ると
同様の事件が以前にテキサスにあったことがわかり
プッシュはアリソンに会いに来ます。
アリソンはプッシュをディナーに招待
その晩枕元にシャツ姿のプッシュが現れます。
その頃本物のプッシュはホテルで心臓発作を起こして倒れてました。
ペースメーカーをつけて病院で寝ているプッシュは手術を拒否
そしてついにペースメーカーをはずそうとします。
命を賭けて事件解決に臨むのか?
それともプッシュが事件に関わってる?
この先は来年に・・・

なんてことはどうでもよくて(よくないか)
今回はジョーがかなりキテました。
連続殺人犯を追ってアリソンの帰宅は深夜遅い日が続きます。
アリソンは寝てるのでジョーが朝娘たちを起こし、
朝食を食べさせて学校に送り
帰りもアリソンは忙しいので迎えにいって宿題の面倒を見て・・
と子育てを全て任されてしまったジョー。
デス妻トムと違ってジョーは自分の仕事も抱えてるわけだし
ものすごい負担です。
アリソンはジョーに悪いとは思っていても
だから自分の仕事を減らそうという気持ちにはなってないし
ジョーも仕方なく諦めてます。
でも内心穏やかじゃないね。

雨降りの休日、やっと家族でゲームを始めたら
アリソンは仕事で長電話。
子供たちはすっかり退屈してしまいました。
マリーが熱を出したときは、アリソンも自宅にいました。
ジョーがマリーを心配し
アリソンを気遣ってワインを買って帰ってくると
マリーはよくなったからとアリソンは出勤してしまいました。
早く帰ってくるという言葉を信じてジョーはワインを開け
待っているけどアリソンは戻らず。
アリソンがようやく帰宅するとベッドにジョーがいない。
一瞬失踪したかと思ったけど
ジョーはソファで不貞寝してました。

このままの状態だと家庭崩壊も近いのでは?
子供たちはママと一緒にいられないことを嘆いてるし
ジョーのストレスもそろそろ限界。
ジョーの観たブリジット失踪が
まさに現実になってしまうのかもしれません。
フェニックスの怪人よりデュボア家の危機の方が
ずっと心配なS2スタートになりそうです。

Into The West

BS日テレで11月1日より放映開始、どうしよう(泣)

Into The WestのTV放映は待ち望んでいた事でした。
TNTで放映されたスピルバーグ製作総指揮、
西部開拓史を描く傑作ミニシリーズ。
まあ歴史の教科書みたいなドラマですけど
スケールは豪快だしキャストも豪華。
じっくり味わいたい作品です。
エミー賞16個ノミネートだし。

Josh Brolin出演作という事で製作当時から気になっていて
アメリカ版DVDリリース時に購入。
3分の2はすでに観終えているのですが
内容が濃く重たいのでどんどん先に進めず
小休止したつもりがずっとお休み状態になっていました。
今回はめでたく字幕版放映という事で
Joshの生声で観られるし
これを機会に一気に突き進むのもいいかなと気合が入ってきました。
Joshのフィルモグラフィーに付け足さねばと思いつつ
これも放置状態だったのでチャンス到来です。

だが、放映が魔の水曜10時
Everwoodに続いてまたデス妻の裏ですよ。ひどすぎる(泣)
どうしてわざわざぶつけるんだろう。
おまけにとりあえず再放送はすぐになさそうだし。
CSならかぶっても再放送枠でカバーできるのでなんとかなるんですが
NHKや民放BSデジタルはすぐに再放送してくれないので
一度落としたらアウトです。
前回デス妻とEverwoodのときは
幸い我が家の録画機能がBSをアナログ&デジタルの両方で
録画できたので2種類カバーできましたが
今は録画できるのは1チャンネルだけ
視聴はもう一つの再生専用テレビ!で観るのは可能ですけど
午後10時のドラマ生視聴はなかなか忙しい。

でいろいろ考えた末
録画は全6話で終了するInto The Westを優先。
(1エピ1時間半で観るのはかなり大変だけど。)
デス妻は生で観られるときに頑張って観る。
ということで来週から6回ほど
デス妻は観たり観なかったりになりそうです。
でもやはりそれだけ西部劇に賭けたいんだな。

本当にどうして水曜10時なんだろう。許せん!!

Beautiful People「Photo finish」

このエピまでが過去に放映済みなのかな?
ようやく追いつきました。
そしてMPファン念願の
ジョーとジェイクの再会シーンが観られて感激です!

ダイエット薬でボロボロになっていたカレンを
救おうとした高校の写真部の教師。
彼はいい人だと思ってたのにとんでもない悪魔でした。
このストーカーオヤジめ!
そもそもソフィーが先生をリンに紹介しようとしたのが
カレンと先生の出会いですから
ソフィーの読みが甘かったですね。

カレンはようやく薬を断つ決心をし
エヴァンがカレンを気遣います。
エヴァンは頼りになるいい奴みたい。

カレンについてはほっとしたけど
ソフィーの態度が腹立たしいっていうか
本当にかわいくない!
何様のつもりでしょう?

前回のジュリアンの別荘では
ソフィーはまだアナベラにギデオンとの恋が実るように
後押ししてたはずなのに
気がついたらギデオンといい感じで
すっかりギデオンをその気にさせちゃっていきなりキス!

ギデオンは念願叶ったり!で
丹精こめて描いたソフィーの肖像画をプレゼント。
でもソフィーはギデオンとは友達でいようとします。
ギデオンはソフィーをフォーマルパーティーにお誘いし
ソフィーは一応OKします。
そのころアナベラはギデオンとソフィーの関係を知って
相当落ち込みます。

一方ちっともへこたれないニコラスは
ソフィーの論文のお手伝いに来て二人で美術館デート。
その間も積極的にソフィーにアプローチし
ライオンのぬいぐるみをプレゼントします。
もちろんパーティーのお誘いも。

ダブルブッキングされそうになったソフィーは
二人と行くのは無理だからパーティーに行かないと
パス宣言します。

そして自宅で映画を観ていると
NYで初めてのファッションショー開催中だったリンが
お手製フォーマルドレスを持って帰ってきます。
ソフィーにパーティーに行くようにと後押しし
ソフィーはお誘い相手の片方に電話します。

パーティー会場に着いたソフィーは
ギデオンに近づきます。
ギデオンはぎこちなく喜ぶものの
ソフィーがたどり着いた先はニコラスのところでした。
ソフィーはニコラスの積極性に負けたのか?
それなりにいい感じの二人だけど
用もなくギデオンに思わせぶりの態度を取ったり
アナベラを傷つけたり・・ソフィーって本当に失礼だよね。
でこういう子に限って、自分のしていることの罪の深さを
全然感じてないんだから!

とぼやいたところでオヤジたちは?
刑事のジョー@キャメロンは
やっと刑事らしく行方不明のカレン探しに行きましたが
ほとんど役に立ってませんでした。
そして親子そろって積極性十分のジュリアンは
ロナと別れたと宣言しリンにキスをします。
親子同士で付き合ってどうするんだい(笑!)

そんなときにリンを尋ねてくるのが別れた夫ダニエル。
ここでMPジェイクの登場です。
今までUCやSFUやPoint Pleasantで
すっかりオヤジ化したグラント・ショーを観続けてきたので
特にショックはないはずなんだけど
やっぱりジェイクとMPジョーが向かい合うとショック!
子供たちがこんなに大きくなるくらい
年月がたってしまったんですね。
おまけにジェイクじゃなくてダニエルが来た目的は
娘たちの親権の要求。
ここでまたドロドロドラマが始まってしまうんでしょうか。
今回はアマンダはいないので
余計な横槍は入らないと思うけど(笑)
どんな展開となるのか来週が楽しみです。

LOST「記憶の扉」

ダメだ、話についていけない・・・

アーロンが熱を出した。
赤ん坊だもん。そりゃある話でしょう。
むしろ今まで誰も熱を出さなかったっていう事実の方にびっくり!
この島は黒い煙は出ても病原菌はいないのね・・・まさか??

そこへもう一人のウザキャラ、ルソーが現れ
クレアに余計な事を吹き込んだからさあ大変。
クレアはパニックを起こし、自分がさらわれたときの
フラッシュバックを見ることになります。

このFBの意味がよくわからず。
最初は飛行機に乗る前に
病院で診察を受けてたんだと思って観ていました。
じゃあ何故クレアを診察しているのがイーサンなんだ?
そして素敵な子供部屋は何のために?
と??が並び始めてきて
クレアは薬を打たれたんだ。
ってことはさらわれた先は?と少しずつ話が見えてきました。

でも見え出すとさらにわけがわからなくなり
向こうのハッチの中だって不思議だらけなのに
もう一つ病棟まで隠れてるんですか?この島は。

クレアはワクチンは病室にあるはず!と信じ
お節介ケイトとルソーを引き連れ、さらわれた場所へ向かいます。
そこにまたしてもダーマな扉があり
開いて降りると病室の跡が残されていました。
ここにあったものはどこへ行ったんだ?
そしてクレアが見て怯えたドクター集団はアザーズだったの?
完璧に話についていけなくなりました。

結局アーロンは元気になり、
ルソーはアーロンを助けようとしたことがわかったけど
であの謎の病室は何だったんだ??????
クレアがサイキックなら何を見ても驚かないけど
そんなことないよね。
だいたいお節介姉さんたちがギャーギャー煩くて
うんざりしながら観てたからよく理解できなかったのかも(汗)

ところで捕虜のヘンリーは
とりあえず元気に捕虜生活を行ってます。
ロックがみんなにばれないようにお世話を担当。
しかしアデエコさんにばれちゃいました。
アデエコさんはヘンリーに教え?脅し?を説きます。

そしてヘンリーのロックへの一言。
「どうしてジャックに仕切らせておくんだ?」
素晴らしい!!よく言ってくれました。
ロックさん、そろそろ考え直す時期ですよ。

そしてマイケルはどこへ??(みんな完璧に忘れてる)

CSI:Miami「海に散った家族」

侍は先週力を使い果たしたのかな?

今週の侍はかなり地味。
ヨットが火事、乗っていた子供たちが海に飛び込んで行方不明。
おまけに座礁したヨットも沈みそう。
ってことで証拠が沈むのを恐れてたけど

相変わらず侍は証拠採取はいたしません!

あんなに現場が大好きなのに
絶対海の中には潜らない。
優秀なダイバーのデルコに今回もお任せです。
そしてキッチンでのガラスの破片の謎はウルフが解明。
侍の任務はいつものように容疑者を脅すことなのでした。

ヨットが座礁したのに海難救助船は彼らを助けず
おまけに金塊を積んでいた。
そして消えた兄妹と父親は詐欺師。
何の血縁もなかった。
現在の母親を再婚相手に得、金塊に近づくため
彼らはあらゆる手を尽くす。

イギリスのペテン師たちを思い出しましたが
金塊が家に置きっぱなしの豪邸っていうのが
だいたいインチキ臭いよね。
取ってくださいって言ってるようなものじゃないですか。
何も知らず利用されてしまった母親は気の毒でしたが
あまり現実味が感じられませんでした。

詐欺師のお兄ちゃんルークを演じてたのが
North Shoreのガブリエル・マッケイで
そこまで悪い奴だったら、向こうのドラマでも
図太く生きればよかったのに・・・
って余計な事まで考えてしまいました。
向こうではサーファーだったので
泳ぐのは得意なはずです(笑)

宇宙人マイケルはダン・クーパーって名前だったんですね。
潜るデルコに指示を送り
見事なロズウェルコンビぶりを発揮してました。
テスはLOSTに、イザベルはGrey'sにいるけど
リサやマックスはどこへ行っちゃったんでしょう?
みんなでマイアミに集結しても面白いのに。

決め台詞は必死で唱えてたけどあまり活躍シーンのなかった侍。
家族が欲しい?最後に一人孤独な姿が哀愁を誘いました。
でもまたきっと次は暴走?だよね。

ドラゴン・スクワッド

二大極悪オヤジ、マイケル&ホ様に拍手!!

もともと極悪オヤジが目当てで観に行ったんですが
予想以上のかっこよさにクラクラしてしまいました。

舞台は香港。つまり香港映画なんですけど
国際テロリスト(極悪オヤジ)たちに闘いを挑むのが
内外から集められた若きエリート国際警察の面々(ただし華流)
当然彼らが話す言葉も広東語、北京語、英語とごちゃごちゃ。
でも会話が見事に成立してるのが不思議です。
単にバトル映画なんですけど、これじゃ若者に勝ち目はないので
上司役に香港セクシーオヤジのサイモン・ヤム。
さらに若者たちの指導者に
カンフーの伝説オヤジのサモ・ハンがいるわけで
警察組もオヤジがツボを押さえているんですが

それを上回る極悪オヤジのかっこよさ!

なんたってマイケル・ビーンとホ・ジュノが
タッグを組んでしまうんだもん。
今まで想像もつかない取り合わせですが
これが美しくて♪

ホ様が演じるのは元韓国軍特殊部隊大佐。
これがやたらと強くて怖い。
火山高やシルミドのホ様がさらにグレードアップしました。
そして激しいアクションシーンの連続。
でっかい刀を振り回してくるくる回るんだけど
体も負けずにでっかいだけに迫力十分で
すっかり楽しませてもらいました。
ところがホ様は韓国語が禁止されてるようで
セリフは北京語か英語。
北京語の出来栄えはよくわからないけど
英語でマイケルとの会話はバッチリでした。
唯一韓国語を使うのが「アメイジング・グレイス」を歌うシーンで
ホ様の美声まで堪能。素晴らしかったです。

一方マイケルが演じるのは元コロンビア軍大尉。
コロンビア人になっちゃったか?と思ったら
アメリカ人でコロンビアに渡ったという設定でした。
マイケルの方はただ怖いだけじゃなく
敵に近づくための作戦だとはいえ女性との絡みがあり
セクシーさをアピール。
香港の街を歩くマイケルってちょっと不思議と思いつつ
一つ一つのシーンが絵になって
これまた美しかったです。
そして銃を構えるポーズのかっこよさは別物。
申し訳ないけど若者たちは十年(もっとか?)早いと思いました。

この極悪オヤジコンビは
ホ様と元組んでいた悪党がマイケルの弟を殺し
なおかつホ様を裏切ったという過去があり
共にリベンジの目的が一致。
マイケルは弟同様にホ様のことを思っているようです。
ビルの狭間で若者たちとの銃撃戦があるんですが
若者たちが銃を構える中を一人平然とマイケルが歩いていき
いつの間にかホ様がバックアップに現れ
二人で若者たちに立ち向かいます。
クリスの隣にヴィンじゃなくてホ様か!とその意外性に驚きつつ
銃をぶっ放すダブルオヤジに圧倒されました。

香港映画で悪党が勝つなんてありえないので
どうせ二人ともやられちゃうんだろう。
なら美しく散ってくれ!と半ばヤケクソで観てたけど(笑)
最後までしっかり魅せてくれて大満足でした。

ホ様は天敵のサモ・ハンとの1対1バトル。
カンフーの巨匠との対決なんて不公平!と泣きたくなりましたが
なかなかサモ・ハン相手に頑張ってました。
そしてついに負けを認めると軍人らしく自決。
突如シルミド化しつつ、韓国人魂?を見せてくれました。

マイケルはヴァネスとショーンを相手に
(表向きはヴァネスとショーンの主演作となってます・・・汗)銃撃戦。
最後はヴァネスと撃ちまくり、果てました。
でも同じくらいダメージを追ったヴァネスが生きてるんだから
マイケルも死んでないのかも。
じゃあホ様は??

充実の二時間。
ストーリーはあっちへ置いといて、
極悪オヤジをじっくり楽しませてもらいました。
ホ様はこの調子でハリウッド進出
アジア代表極悪スタートして十分やっていけるのではと感じました。
そしてホ様とマイケルの共通点。
ロングコートが似合うんだな!
極悪オヤジにロングコートは必需品です。

ついでに若者たちに一言。
撲滅作戦のときは防弾チョッキを着用するように!
だから殺されちゃうんでしょうが(爆)

01.jpg
http://www.cinemart.co.jp/d-squad/

SFU「解放」

クレアの学校で美術展が行われ、
フィッシャー家の人々が会場に現れます。

リサとネイトは喧嘩中。
ようやくネイトが本音言いまくります。
頑張れネイト!
どうもリサの肩を持つ気になれないんだよね。

デイヴィッドとキースはサージとの出来事をカウンセラーに報告。
今後こういう付き合いをするなら
ルールを決めるようアドバイスされます。

クレアとラッセルは自分たちの作品がどう評価されるのかが心配。
クレアの作品は目立つところに置かれるが
ラッセルの作品は陰に隠されていました。

美術展スタート。
ルースとアーサーはマイペースで楽しんでいます。
デイヴィッドとキースはややぎくしゃく気味?
キースはマーガレットに勧められマリファナを吸っています。

チェノウィス家の人々。
実はビリーがオリヴィエの教え子で今回も作品を展示。
だから会場に来ていたのでした。
案の定リサとブレンダはネイトの前で鉢合わせします。
早速トイレでまた顔を合わせた二人。
ブレンダはリサの取った行動を冷ややかに非難します。
当たり前だ!
でも展示されたピラミッドの中で、ネイトとリサは
お互いに無理をするのはやめようと仲直り。
そこにブレンダも加わり、ピラミッドパワーで
平和なときが流れていました。
すっかり落ち着いてしまったブレンダ。
そしてビリーも。
今一番ぶっ飛んでるのが母のマーガレットのようです。
その後オリヴィエとよろしくやってるところを
ブレンダに発券されました。

クレアの絵を買ってくれたのはラッセル。
そしてラッセルの作品を買ったのはオリヴィエ本人でした。
クレアはビリーが
かつてオリヴィエとセックスしたことを聞かされます。
ってことはラッセルも??

デイヴィッドとキースはゲイバーへ行き
キースはルールを話し合おうというデイヴィッドの提案を無視し
今夜の3Pの相手を物色し始めます。
キースに従うままのデイヴィッドだったけど
気分は複雑そう。

帰宅したルースとアーサーは
ルースの部屋で肩を寄せ合い
(謎の横動きはなんだったんだ?)
そのままベッドに倒れこむけどずっとそのまま。
この二人に進展はあるのでしょうか?

一方ディアス家ではヴァネッサの容態はおもわしくないみたい。
職場でヴァネッサは強い薬をもらってきます。

来週は「離別」
今まで溜まったものが一気に爆発なのかな?嫌な予感。
予告編も強烈だったし。

Rescue Me「Harmony」

FOXのHPのドラマのエピガイ更新が全然行われてなくて(泣)
'70 Showはもう6話分も止まったままだし
(仕方なく自力で更新してるけど)
Rescue MeもまだS3のエピガイが出てないです。
新作ドラマ次々登場で、HPの方が追いつかないのかな。

さて、トミーはスタテン島で退屈な日々を送っています。
そんなとき同僚が声を掛けたのがカルテットへの参加。
消防士たちの全国コンクールがあるそうで
彼らは張り切っていたもののメインの消防士が出られなくなり
一応トミーが呼ばれたわけです。
歌なんて冗談じゃないと思ってたトミーだけど
娘からヘルプの電話がかかり
コンクールが行われるのが
今ジャネットらが済んでいる場所の近くだとわかると
急に態度を一変してカルテットに参加します。
練習する気は全然ないんだけど
いつものように大口をたたいて強引に仲間入り、
コンクール会場に向かいます。

そこで姿をくらまし子供たちのところへ。
ジャネットは新しい男(また消防士)と一緒でした。
トミーは家族の必要性を訴え寄りを戻そうと必死です。
15分考えさせてくれとジャネットが姿を消すと
消防士が現れトミーとバトルに。
その間にジャネットは逃げてしまいました。

結局歌も歌わず最悪のトミー。
シーラにはおなかの子供を利用して迫られるし
必死で禁酒しているものの、つい飲みたくなってしまいます。
でもトミーが酒を飲もうとすると、血が滴るキリストの幻影が
トミーを思いとどまらせてくれます。

トミーは62分署に戻りたいが上司は同意しません。
何故ってサリーが使える奴だから!
というわけで今週のサリーです。
出番は一瞬でした。
rescue2-2-1.jpg
ルーいわく女みたいな奴だそうで
ローラと上手く話を合わせています。
rescue2-2-4.jpg
幸せそう!
そして料理の腕は天下一品!
rescue2-2-5.jpg
偉そうな名前をつけてサーブしているだけのようですが。
おまけにペイントボール場まで所有してるそうで。
でもトミーとお仲間はいざとなれば手段を選ばずですから
この後不幸なRescue Lee!を見る羽目になるんですね・・・

そうそう、また電話片手に登場のジョニー。
いきなり髪を切ってました。
短髪Dean、お似合いです。

他の消防士たちも抱えている問題はどんどん深刻に。
ストーカーマイクのこの先が心配です。
アルツハイマー妻に引っ掛かれたジェリーも気の毒でしたが。

DH「仮面生活」

実はこれが半年前に香港で観たエピでした。
S2の最初の2話が飛んだ状態で観たんですが
まあまあ話も通じて結構楽しめました。
しかし日本は半年も遅れてたんだ・・・

さて、今週のデス夫+αたち

○トム
パーカーの小学校入学式の日、リネットはどうしても仕事を休めず
トムに参列してもらいます。
だがパーカーはママでなきゃダメ!
そこでリネットがオフィスで見つけたのが
遠隔地でのTV会議用のカメラ。
オフィスのPCにカメラをつけて
リネットは学校からの映像を送ってもらい
オフィスでパーカーにメッセージを送るが
すぐに上司に呼び出され、
そこでリネットはある作戦を思いつきます。
学校の映像はトムが撮って送ってたのかな?
妻のためによく働く夫です。ご苦労様。

○カール
ジュリーとイーディーが教会のファミリーショーで
ステージに立つと知ってスーザンは突如ライバル心を燃やし
ピアノを特訓して、ジュリーに自分と一緒に出るように決めさせます。
スーザンの気合の入れっぷりを非難してたカールですが
本番では娘のためにビデオを構えて正しい父親振りを発揮。
でも突如スーザンが舞台から降りてきてイーディに謝り、
イーディーがピアノを弾くと言い出してからの
悲惨な結果はカールも想像してなかったんだろうな。
でもあのオヤジは能天気そうだから、
たいしてくじけてないと思うけど。

○マイク
フェリシアと意味深な会話をしつつ、やっぱりザックの事が心配。
ポールは本当にお元気なのでしょうか。
最近マイクの活躍度が地味で寂しいです。

○カルロス
ガブリエルに結婚記念日といわれてもムショの中では実感なし。
その間にしっかりガブリエルは外車をゲットしておりました。
ガブリエルは早速新車でジョンの仕事ぶりをチェック。
そして彼が新しい女性と(それもオバサン)いい仲なのを発券して
とりあえずリベンジするけど落ち込みます。
そしてムショでカルロスに懺悔。
カルロスは「最高の結婚記念日のプレゼントをもらった。」と
喜びます。
相変わらず単純なカルロス。しっかりお金は吸い取られてるのに。

○ジョージ
ブリーと姑が墓参りに行くとレックスの墓がない!
レックスは自殺したのではなく毒殺された可能性があると
検死解剖をすることになってしまいました。
姑のたくらみに腹を立てたブリーは
とっとと姑を追い返します。
そして自分の無罪を証明するために
嘘発見器にかけてもらうことにします。
子供たちに立ち会ってもらい、テストを受けるブリー。
「夫は殺していない」はすんなり通ったけど
「ジョージを愛している」への否定は
完璧に嘘と見抜かれてしまいました。
ブリーはジョージにも嘘発見器にかけてもらうよう頼みます。
ジョージは張り切ってテストを受け見事にパス。
ブリーに愛されてると思って気をよくしたのかな?
ますます事態はややこしくなりそうだけど。

○アップルワイト家の謎オヤジ
マシューが食事を運ぼうとすると突如出てきて暴れます。
せっかく姿を見せてくれたのに何者かよくわからず。
ベティはご近所に怪しまれてはいけないと
スーザンにピアノを教える事になり
その間にマシューはヒップホップを大音量でかけながら
オヤジの監禁部屋を封印していました。

MP「オート トラブル」

まだ今週のデス妻を観てないので
その前に今週のMPを。

○マイケルとジェーンとシドニーとキンバリー
交通事故で記憶喪失になってしまったマイケル(まるで韓流!)
それを都合のいいことにキンバリーはシドニーを犯人にでっちあげ
シドニーは否定し騒ぐものだから拘束されてしまいます。
ジェーンは事故前に
マイケルがブティックの共同経営者になるという話を進めていたので
キンバリーに見つからないようにマイケルに会いに行き
サインを求めます。
マイケルはすっかりジェーンのことを忘れてしまっていて
完璧にいい人状態であっさりサインしてくれます。
奉仕活動するなら出してもらえるとジェーンに言われても
シドニーは断固として罪を認めず拒否しますが
施設の職員に脅され、突如自分がマイケルを轢いたと罪を認め
ジェーンの店で奉仕活動をすることにします。

○マットとキンバリー
デスな人たちに緊張感が!
マットはジェーンに同行してキンバリーとマイケルの家に行き
マイケルがサインしている間に家の中を調べ
キンバリーのカツラを見つけます。
その後マット病院でキンバリーに真実を追求。
ゲイは女性を見るとイライラすると、とんでもないことを言われると
その場でキンバリーのカツラをはがします。
お見事!かっこよかった。
こんなマットの姿を観てしまうと、またデス夫トムに
期待しちゃうんだな(苦笑)

○ジェイク
鈴置さんの声を聞くたびに涙・・ですが
相変わらず節操のないジェイクは
アマンダ父の差し金で近づいてきたブリッタニーに
あっさり落ちてしまいます。
でもなんとか自分の信念を貫こうとはしてたけど。

○ジョー
突然リードの両親が現れ
親しげに話しかけるとおなかの子供の心配を。
両親はジョーから子供の親権を奪おうとしているようです。

○アリソンとビリーとアマンダ
またアマンダの陰謀で引っ掻き回されてるビリー。
そして見事な自己チュー発揮しまくりのアリソン。
ビリーが愛想を着かせるのはもっともです。
もうさっさと別れて二度と顔も見ない!位の覚悟でいて欲しいのに
なぜかぐずぐずしてるんだよね。
今は悪女キンバリーのその後が楽しみなので
こっちのゴタゴタはどうでもいいけれど。

JAG上映座談会

パラマウントホーム エンタテインメント ジャパンピクチャーズ主催
「JAG」S1DVDリリース記念上映会&座談会に参加してきました。
今回は参加者四名というプチ座談会でしたが
パラマウントの担当者様からは貴重なお話をたくさんいただき
充実したひとときが過ごせました。

しかしJAGなんだよな!

JAGはブラジル時代にも毎日放映されていて
テーマソングは耳にタコが出来る位聴いてきたんだけど
多分1話観たのかな?
ついていけない!と思ってパスしてしまいました。

でもビーチャー出演エピだけはどうしても観たくて
スパチャンでS1放映中にチェック。
無事に観る事ができました。
がずっとLeeの姿を追ってたし
彼は予想通りのキャラを演じてて満足しましたが
ドラマの背景はわからないままに終わっていました。

おかげさまで新鮮な気持ちで再会した今回のJAG。
見せていただいたのはS1#12「正当防衛の条件」です。
戦地でブーン大佐が部下を守るために取った行為が有罪か否か
軍法会議にかけられるというお話で
JAGな人たちが大佐のために弁護をしたり
戦地に赴いたりと頑張ります。

この大佐を演じているのがLOSTのロックで
今から10年前だし、髪は残ってるし
おまけに軍服をバッチリ着こなしていてムチャかっこいいんだよね。
彼の信念をしっかり持って立ち向かう姿がまた素敵で!
これがロックの過去なら、もっとしゃきっとしようよ!と
突如ロックへの期待が大になってしまいました。
しかしこんなクールなロックを見せてもらえるなんて♪
素晴らしいチョイスに感謝です。

裁判のシーンも普通の法廷ドラマとはまたちょっと違って
専門用語で難しい部分もあったけど
興味深く観る事ができました。
かなりレベルの高い作品だったと思います。

でもやっぱりダメだ・・・

1話は楽しく観られても続けて観るとなるとねぇ。
このドラマもまた私の天敵のような気がします。
苦手ドラマコンセプトベスト3が
1.不気味君
2.シットコム
3.ねーちゃんの集団
でして(たまに例外もある)
4.がどうやら「軍隊」になりそうです。

もちろん戦争反対だし
軍のビシッとした態度を見てると逆に疲れてくるし
戦闘機も興味ないし
なにより全てを仕切らないと気がすまないアメリカに
馴染めない部分があるんだよね。
というわけで軍隊系はどうもねぇ。
大好きなオヤジが出ていても
「ペンサコーラ」を観るのが苦痛だったっけ。

というわけで視聴者を選びそうなDVDですが
軍と司法制度に興味があればお薦めかな。
以前の吹替え版ではカットされてしまっていたシーンも
新たな吹替えをつけて復活しているそうで
そのあたりは全く違和感ありませんでした。

視聴後は軽食を取りながら
ドラマの感想を述べたり情報交換したりして
最後に主人公ハーモン役のデビッド・ジェームズ・エリオットが
自宅でのスパドラ放映&DVDリリース用コメント収録シーンを
見せてもらいました。
10シーズン後のハーモンはさすがにすっかりオヤジ化してましたが
豪邸のお庭がご立派でした。

そしてお土産に1エピソード収録のプロモDVDと
なんと「トップガン」ジャンパーをいただいてしまいました!
こんな高価なものを・・・恐れ入ります。
パラマウント様、そして担当のKプレス様
本当にありがとうございました!

JAGDVDは12月22日発売です。
ついでに同じくパラマウントより
12月にDVDレンタル開始の「4400」S1の
プレスシートをいただいてきたら
中にしっかりLeeの顔が映ってました♪
今回はJAGと4400の二つにLeeの登場です。
おめでとう。

恋人たちのハーブ館

CSのテレ朝チャンネルでオンエア中の台湾ドラマ。

台湾ドラマは「求婚事務所」に感動しすぎたので
何を観ても冷めてしまうかな・・・と覚悟はできていたんですが
とりあえずタイトル通りのお話のようで(汗)

ハーブ館は台北にあるレストラン。
主人公のカーファンという青年は
山奥の家業のハーブ農場で働いてたけど
そこへ園木と名乗る日本人が現れ
(なのに日本語がムチャクチャ下手!勘弁してくれ)
実の息子カーファンを引き取ると言い出す。

出ました!出生の秘密ドラマ。
カーファンは家を出て台北に行き
実父が経営していたレストランを引き継ぎます。
カーファンにはアサンという妹がいて
つまり彼女と血縁はないことがわかるんだよね。
で恋愛関係か??
どうしてこうワンパターンなんでしょう。

アサンは料理が得意。
そしてレストランのシェフがカーファン登場に腹を立てて辞めてしまい
カーファンはアサンを台北に呼び出します。
アサンの作る料理は大成功!
と今は平和な雰囲気ですが。

で何故このドラマを観たいのか?
「僕彼」のダンカンが準主役で出てるからです。
ダンカン演じるソォツーはプレイボーイってことで
アサンと出会うと早速迫り始めますが
それがなんともおかしくて(笑)

僕彼のバイはセクシーオーラ出しまくりでしたが
「靴に恋する人魚」のダンカンは堅実で穏やかそうな歯医者さんで
まるで別人でした。
で今回のプレイボーイがまたイケてなくていいんだな!
かなり怪しい微笑みとか
セクシーからほど遠い感じがするんだけど
でもこの不思議キャラがダンカンの魅力なのかも。
観るからに二枚目キャラは
そのうち見飽きちゃうような気がするけど
謎含みだと、いつかまた新たな魅力を発見できるかもしれないし。
ってことで不思議ダンカンをもうしばらく味わおうと思ってます。
ドラマそのものはどうでもいいんですけど。

ダンカン、宇宙人の役とか似合いそうだな・・・なんとなく。

LOST「捕らえられた男」

でアザーズって何なの?

久々に登場ルソーがサイードに接触。
罠に掛かった男を見せる。
サイードは男を救い出すが、ルソーは男に矢を射る。
サイードは男をハッチに連れて行く。

男はミネソタ出身のヘンリー。
気球に乗って飛行中墜落し、妻は島で死亡。
とりあえず嘘はついてないようです。

ジャックは医者らしくヘンリーを治療。
ここでサイードはある企みを考える。
それはヘンリーを監禁し、拷問して自白させる事だった。
ヘンリーを武器庫に寝かせるように仕向けると
サイードはこっそりロックに鍵のナンバーを替えるように頼む。
ロックはサイードの魂胆を承知か?同意する。

というわけで今回は久々にサイードのFB。
今までのだるいFBと違って舞台は戦地なので緊張感が走ります。
これならFBも楽しいかも。
でもサイードが喋るアラビア語が正しいのかは謎ですが(苦笑)
戦地でのサイードの任務は通訳から拷問者へ。
自白をさせるためには手段を選びません。

そうすることが当然と思ったサイードは
ヘンリーを殴り脅しますが
(しっかりペンチまで持ち込んでた)
だが逆にヘンリーに追求されてしまいます。
サイードの心の傷はまだ癒えていなかったのでした。

しかしこの島ってやたらと飛行物体が落ちやすく
落ちると決して発見されない島なんですね。
これも何か訳があるのでしょうか。
ヘンリーはあまり悪い人には思えないけど・・・

ソーヤーが武器を奪う間に
ハーリーは食料を奪ってました。
でっかいドレッシングの瓶を抱えてこっそりお食事中のハーリー。
実に幸せそうでした。
でもハーリーは蓋を開けたドレッシングの賞味期限は
一気に短くなる事をご存知だったかな?

ソーヤーの悩み事はカエルの鳴き声。
ハーリーの秘密を守ってやることと引き換えに
ハーリーを連れてソーヤーはカエル探しに行きます。
でさんざんジャングルを歩いて見つけたのは一匹の小さなカエル。
ハーリーが遠くに逃がしてやると意見したのも聞かず
ソーヤーはカエルを潰してしまいました。
しかし一匹潰しただけで
ソーヤーの悩みが解消するなんてありえないよね。
この島にカエルは何匹いるのでしょう(笑)

CSI:Miami「新たなる闘い」

やりすぎホレイショ侍ご帰還おめでとう、Yeah!

本編の前にホレイショ決め台詞ベスト10の発表。
1位はやっぱりあの「俺は決してお前を許さない!」でした。
警部補の身分でありながら検事まで引き受けたつもりになってる
さすがの侍のお言葉です。
しかしセリフ発表のたびにRogerのYeah!な雄たけびが流れ
このしつこさもいかにもマイアミでした。
そしてあまりにハイテンションなウォリックじゃなくて
山野井さんの語りにもびっくり。
その前にまた暗すぎるケラーを観てたのでぶっ飛びました。

侍も懺悔するんだ・・・
俺は決して許さなくても神の許しは請うのか?
とささやかに突っ込む暇もなく墓地で銃声が。
棺桶に潜んでいた男が、母の葬儀に出席するために
護送されてきた囚人を撃ち殺す。
巨大組織「マラノーチェ」による犯行で
かかわりを持つと十分危険だ。
でも有無を言わさず侍は部下を引き連れ突っ込んでいく。

犯人は金持ちの家に行ってメイドをレイプし
車を奪って逃走した。
侍はこの家に隠された秘密を探る。
弱者には優しく
そして疑わしき者は断固として許さない侍の掟が炸裂
組織にずんずん踏み込んでいくがしっかり命を狙われ
だが決してひるまない。

最後はメイドの命を狙いに来た犯人を
病院で捕らえて射殺。
これが俺の宿命と心得
また教会に向かいました。

相変わらずやり過ぎ度満点!!
どこがCSIのボスなんでしょう?
現場には必ず顔を出して銃を構え
とにかく自分が行かなきゃ気がすまない。
必要とあらば瞬間移動も行います(爆!)
ニックが行方不明の際に
じっとラボでアリさんを見ていたグリッソムとは大違いです。
それに銃弾使いすぎ!
戦争ドラマじゃあるまいし。

いちいち取ったりはずしたりのサングラス効果はもちろん
どんな緊迫した状況でもきっちり立ち位置&ポーズをお考えの
目指せ様式美は健在。
決め台詞もばっちりでしたね!お疲れ様です。

ラボが改装されてSFドラマかと思っちゃいましたが
新人スタッフにBrendan Fehr登場。
音声・映像分析担当なのかな。
今回は宇宙人でもゲイでもなく普通のお兄ちゃんのようですが
ラボの楽しみが増えてよかった♪

その後観たCCでようやく気分が落ち着きました。
また兄弟殺しでしたが(他にネタはないのか?)

SFU「信仰」

謎の教祖様?ダディが死去。
彼を慕う女性たちとその子供がぞろぞろと
フィッシャー家に滞在して遺体を守ります。

ルースの思いがついに爆発。
洗濯物をアーサーに渡しながら彼の唇を奪ってしまいます。
「もうしない。」と宣言するものの衝動を抑えられないルース。
しかしアーサーはルースを優しく受け入れます。
頬ずりし合い接触を楽しむ二人はかなり不気味。

クレアはオリヴィエの傲慢さに頭にきて
ついにアシスタントを辞めると宣言します。
ラッセルは静かにクレアに従ってるけど
この関係が今のクレアにはいいんですね。

ブレンダのことが気になって仕方ないリサは
もちろんネイトに内緒で
ブレンダのマッサージを予約してしまいます。
マッサージを受けながら
「素晴らしい夫と子供に恵まれ、私は幸せ。」と涙ぐむリサ。
なんて嫌味なんだろう。
何も知らないブレンダは仕事をこなしてますが
事実を知ったらどう思うのか。
今のブレンダなら冷静に受け止められそうだけど。

デイヴィッドはキースが警察仲間と行うペイントボールに
コーラス仲間を連れて参加します。
闘争心は皆無のコーラス仲間は頼りにならず。
デイヴィッドはキースに味方になってもらおうとしますが
あっさり断られます。
キースはデイヴィッドにパーティーのリベンジをしたかったのでした。
結局デイヴィッドのチームにはセクシーガイなサージが参加。
コーラス仲間たちも思いのほか戦力となり
ゲームは白熱しました。

ゲーム終了後、すっかり意気投合したサージは二人の家に招かれ
デイヴィッドのいない間にキースとハッパを楽しみ
すっかりくつろいで泊めてもらうことにします。
そしてキースとデイヴィッドが寝ようとすると
パンツ一丁で二人の寝室に!
この先を見せてもらえないのが残念でしたが(爆!)
楽しいひとときを過ごせたのでしょう。

母が死んでからすっかり落ち込みっぱなしのヴァネッサ。
家の中を片付けず、休日は墓地にべったり状態で
フェデリコはうんざりします。
そして学校から
「息子に頭ジラミ発生。」の連絡が。
フェデリコはヴァネッサを罵りますが
シラミはダディ信者たちが残していったものでした。

そしてネイトは?
存在感が薄かった・・・

Rescue Me「Voicemail」

めちゃくちゃトミーとFDNYの仲間が戻ってきました!

S2は字幕版?と危惧していたら吹替え版だったのでほっとしたけど
(テンポが早いので字幕を追うのは辛いです)
二ヶ国語録画が出来ず(泣)
ステレオ放送で主音声のみ録画されてました。
最近FOXは字幕版ドラマしか観てなかったので
いつの間にこうなってしまったのか?
J:COMのSTBのせいなのかよくわからないけど
これじゃWOWOWと一緒です。
まだスパドラやAXNは音声多重で録画できてますが
みんなこうなってしまったら悲しいです。

家族を失い自暴自棄のトミー。
事件の滅多に起きないスタテン島に転勤させられてました。
ここでは車が燃えるだけで大騒ぎ。
とりあえず平和な職場です。
たまにルーが様子を見に来ますが
トミーは正気を失いかけてます。
酒を飲んでは悪夢を見る日々。
家賃や離婚については弟ジョニーの世話になってるけど
どうしようもないトミーの態度にジョニーもブチキレます。
そんなボロボロトミーが怒りを露にするのは
911がNY名物として扱われている事
路上で911クッキーを売っている男にトミーは食って掛かります。
ここで失われた消防士たちの魂が汚される!
911はいつまでもトミーのトラウマとなっていたのでした。
グランドゼロにトミーは佇みます。

牧師のつてで断酒会に参加しようと思うものの
また酒に溺れてしまうトミー。
シーラにも愛想を着かされます。
幸せだった日の家族のビデオを観ながら
トミーは子供たちの姿に涙します。
そして酒をかぶって自ら火をつけようとしますが
思いとどまり断酒会に参加したのでした。

マイクは太目のお姉ちゃんとうまくいってたのに
教養のなさが災いして追い出されてしまいます。
フランコの首には怪我の跡がくっきり残ったまま。
ルーは正真正銘の一人身になり
ショーンはローラのカメラにいたずらしたために
リベンジを喰らいます。
相変わらず救いのない人たち!!

そしてお待たせしました!
OZファン必見のS2スタート。
まずS1の途中から24のチェイスが身代わりになっていた?
(兄弟多いんだもん)
トミーの弟としてライアンが戻ってきます。
ムチャクチャ兄と対照的なまともな弟。
兄の尻拭いにうんざりしつつ付き合わされています。
rescue2-1-1.jpg
しかし暴れまわる兄にあきれ果て、ついにパンチをお見舞い。
激しい兄弟げんかが始まります。
こうなるとOZで鍛えたライアンの腕が復活。
久々のパワフルな姿に感動しました。
rescue2-1-2.jpg
これぞまさにライアンの怒りだよね♪

そしてもう一人、念願のビーチャー登場!
後にとんでもない姿をさらしてくれるんですが
トミーの後釜消防士のサリーという名で登場。
サリーは技能的に優れ判断力もあり
料理の腕前も見事。
さっそくみんなにおいしい羊料理を振舞います。
rescue2-1-3.jpg
そのときローラが使い捨てカメラを持って現れ
職場の様子を映し始めます。
そこでサリーはショーンに
「お前のムスコを写してこい。」とけしかけます。
すぐその気になってしまうショーン。
サリーの仰せの通りカメラで写してきました。
rescue2-1-4.jpg
その後ショーンにこっそり
「そのカメラを現像に出したら逮捕されるぞ。」と脅します。
ローラが捕まってしまうと焦るショーンに
サリーはカメラを取り返すようにアドバイス。
でも方法までは教えてくれませんでした。
rescue2-1-5.jpg
FDNYのみなさんがお得意のいたずらは
まあこんなレベルでしょう。
ショーンをその気にさせてすっかりご満悦のサリー。
そして大爆笑ビーチャーの姿のかわいらしいこと。
FDNYファッションもお似合いです。
これでSVUのステーブラーとニアミスなんてことになったら素敵すぎ!
とまた妄想ネタを提供してくれちゃいました。
ライアンとも顔を合わせるシーンがなくてちょっと残念でしたが
ここにはもう一人、ケラーの天敵(笑)テイラー捜査官も
トミーの身内で出てるんですよね。
これでケラーが出てくれば完璧なんですけど、ありえないんだな(泣)

最後にもう一度お笑いビーチャーを!
rescue2-1-6.jpg
かなり怖いかも。

Beautiful People

FOXlifeでオンエア中のドラマ
6話まで観ましたがすっかり気に入って楽しんでいます。

主人公のリンはデザイナー。
二人のティーンエイジャーの娘カレンとソフィーと共に
ニューメキシコからNYに引っ越してきます。
NYでの新たな生活。
ソフィーは高校で「Beautiful People」たちと向き合い
友情を育んだり恋愛に悩んだり・・・

親子三人がまるで友達みたいな親密感が素敵。
NYの景色を見ているだけでも幸せな気分になってきます。
ABC Familyで放映されたドラマなので
この先もほのぼの進んでいくのではと思いますが
16話で終わってしまうのが残念です。

リンを演じているのがMPのジョー役のDaphne Zuniga。
MP世代の人たちはみんな立派なミドルエイジになってしまいましたが
リンの存在感はジョーの強さがそのまま受け継がれているようで
とても親しみやすく感じます。
今はリンの恋人役で同じアパートに住んでる刑事ってことで
ビバヒルのジョー役のCameron Bancroftが出演してますが
エタニティの宇宙人時代からさらにオヤジ化が進み
でもかっこよさはキープされてて嬉しいです。
そういえばCameron、24のS4に出てるんですよね。
興味あるけど観られるのはいつの日か(汗)
ついでに今回の役名がまたもジョー!
あっちでこっちでジョーだらけで頭が混乱しそう(笑)

リンは夫と別れてNYに来たのですが
結婚前に付き合っていたのがやり手実業家のジュリアン。
また仕事でリンと顔を合わせることになります。
そしてジュリアンの息子のニコラスは
ソフィーの事が気になって仕方ありません。
ジュリアンを演じているJames McCaffreyは
Rescue Meの亡霊ジミー役でおなじみ。
リッチなオヤジになると実にセクシーです。

そしてMPファンには嬉しい事に
ジェイク役のGrant Showが出てくるようで
(もしかしてリンの元夫?)
夢の再会がどんな形になるのでしょうか。
デス妻とはまた別のMPのその後を覗けるのが楽しみです。

DH「不愉快な身内」

デス夫+αなオヤジたち、今週もお疲れ様でした!

◎カール
いきなりローブ姿で新聞を取りに出てスーザンとばったり。
なんとカールはイーディの家で同居中。
関係はもう半年続いていて、知らないのはスーザンだけでした。
早速スーザンに「セックスレンジャー!」と罵られたカール。
でもスーザンへの未練たらたらです。
だからご近所に越してきたんだってさ。

久々にBurgiのセクシーモード全開♪
美しい胸板は目の保養にバッチリです。
ますますセックスレンジャーとして磨きをかけてもらいたい
そして知的な会話が楽しめれば言う事なしなんだけど
そっちの方はちょっと難しそうで。
やっぱり理想のBurgi様はジム・エリソンなのかな(泣)

◎トム
まともな夫トムも主夫を始めると欠点が。
それは片付けが嫌いなこと。
これが自分の流儀だといって全くやろうとしません。
ベッドシーツが汚れていても
リネットに意地で替えさせないように頑張るトム。
そんな意地って意味あるのかな?
賢いリネットはTVを観ていてひらめきました。
それはトムの嫌いなネズミの力を借りる事。
早速部屋デビューしたネズミちゃんは
トムに掃除せねば!とその気にさせる
十分な効果をもたらしてくれました。
家の中はぴかぴかになったけど
トムは救い主ネズミちゃんをブッ叩いて
あの世送りさせてしまいました。
お気の毒に!

◎カルロス
刑務所の中で家計をコントロール。
ガブリエルは小切手にサインをもらいに
刑務所に通わなくてはなりません。
そんな姿を他の囚人に見られてしまったカルロスは
恐喝に遭いボコボコにされてしまいます。
ガブリエルはカルロスから
脅した囚人の彼女に7000ドル渡しに行くよう命じられます。
それは彼女の豊胸手術用に充てられる金でした。
「手術の必要はない。」とガブリエルは勝手に決めて
金を渡さずに帰ってくるとカルロスの立場はさらに危うくなり・・・
結局小切手はガブリエルの手に渡ります。
また不幸になってしまったカルロスでした。

◎ジョージ
カールの姑はブリーにお悔やみの言葉が掛けられると
取って代わって嘆き悲しみ大騒ぎします。
ブリーもついにプッツンし
レストランでリネットに声を掛けられたとき
調子に乗って騒ぐ姑のほっぺたを
一発パチンと叩きます。
さすがはブリー。今週もやってくれました。
しかし姑が引き下がるわけはありません。
ブリーを励ましに来たジョージの姿を見つけると
二人の関係を保険会社に密告し
ブリーの保険金受け取りの邪魔に入ります。
またジョージはゴタゴタに巻き込まれちゃうのかな?

◎マイク
スーザンのところにGパンを取りに来て
キスを迫ったけど相手にされず・・
冴えないうちに終わっちゃいました。

◎監禁夫?
アップルワイト家から不思議な音がするとスーザンに指摘され
ベティは適当にごまかします。
そして医者からくすねた睡眠薬を食事に混ぜ地下室へ・・・
地下室の謎は次週解き明かされるのかな?



Medium「無罪と有罪」

事件の方は、殺人罪で有罪判決を受けた男が冤罪を主張。
よくよく調べてみるとスキャンロンが警官時代に
男を捕らえたくてでっち上げた事件だった。
スキャンロンもそんなことするんだ!
(でも警官にありがちな話かも。
単独で現場に乗り込んだからなんでも出来ちゃったわけだし)
男は本件ではめでたく無罪を勝ち取ったけど
アリソンの夢は男がまだ悪事を働いていた事を見逃さなかった。
結局男は無罪になった直後、少女殺害の罪で逮捕されてしまう。
やっぱり悪党は悪党のままなのでした。(Byソーヤー)

面白かったのはデュボア家の出来事。
一人暮らしを謳歌しているジョーの母が遊びに来ます。
大ピンチなのはアリソン。
ディナーテーブルはブリジットの秘密基地になってるし
お母さんに何を食べてもらえばいいのやら
すっかりてんてこまい状態です。
するとバスルームにジョーの父の亡霊が!
一瞬SFUになったかと思いました。
アリソンは父に愚痴ります。

散らかり放題デュボア家に着いた母は
平静さを保とうとしているものの
つい細かい部分に目が行ってしまいます。
やれやれ、嫁と姑のバトルが始まるか?

アリソンは仕事が遅くなりピザを買って戻ると
家の中はすっかり片付いて
ディナーテーブルの上にお食事が用意されてました。
母は魔法のベッドを買ったので寝る場所もできました。
おいしい食事をいただきながら
アリソンは母の家事能力に感心し(アリソンが出来ないだけ?)
同居は厳しくても、子供の面倒を見てもらえたらいいなぁと
真剣に思い始めました。
ジョーの話では母は不動産の広告を見ていたようです。
この際頼んでみるのもいいかも。

母が帰るとき、ジョーはこの件を話してみようとしますが
母の願いは息子夫婦と孫が
自分のところに遊びに来てくれることでした。
アリソンは亡霊父から母の近況を探り
今母に必要なテニスラケットをプレゼントします。
姑来訪はつつがなく終わりました。

姑役にピケット・フェンスのジル役のKathy Baker登場。
いかにもジョーのお母さんらしい、優しい人でよかったです。

World Trade Center

気になっていたもう一本の911関連作品。
予告編でも想像はついていたけど
衝撃という点では「UNITED 93」が勝ってたと思います。
UNITEDでは今まで全く知り得なかった
航空関係者の混乱やハイジャックされた機内の緊張感などが
多少の想像部分はあったにせよ次々に明らかになり
9.11という事実を改めて考えさせられました。

こちらのWTCは
ツインタワーに飛行機が突っ込んだという知らせを聞いて
応援要請を受けた港湾警察の警官たちが
救出のためにタワーに行ったところで崩壊が始まり
マクローリンとヒメノの警官二人が生き埋めになってから
救出されるまでを描いています。

崩れかけたタワーの地下で周りの仲間たちの息が絶え
二人は励ましあって何とか生き延びようとしますが
全く助けは来ません。
一方二人の家族は不穏な思いで夫の安否を気遣っています。
ついにボランティアに来た元海兵隊隊員が二人を見つけ
警察、消防の協力によって彼らは救い出され
家族と感動の対面をします。

実際に生き埋めになって助けられた人は20人で
ヒメノとマクローリンは18、19番目だったそうで
まさに奇跡の生還でした。
彼らの生への執着心、家族の祈り
そして彼らを救い出す連繋プレーの素晴らしさが伝わってきます。
よく再現したなと驚かされるタワーの崩壊シーン
タワーの中が崩れていく光景は初めてだったので
それなりの衝撃はあったのですが。

でもやはりこちらは表現方法は違っているものの
知っていた話でした。
9月11日にもう一度じっくりと観た
TW「彼ら自身の言葉で」が全てを伝えていました。
最初は何が起こったかわからず
もちろんタワーが崩れるなんて全くの想定外でした。
とにかく中に取り残された人を救おうと
彼らは入って行ったのでした。

TWでも港湾警察の人のコメントが含まれていて
NYPDだけでなくPAPD(っていうんですね)も
ずいぶん出動していたんだなとは思いましたが
実際に犠牲になった人はFDNYの方が多く
今回のPAPD側での視点は氷山の一角だったんじゃないかなと
感じずにはいられませんでした。

ヒメノの口の中に泥が詰まっていたり
地獄を見ていると語るシーン、
まさに「彼らの言葉」そのもので
今まで思い描いていたイメージが膨らんできて
言葉が現実味を帯びてきました。
しかし救出シーンはTWで見慣れてしまった光景だったので
感動が薄かったかな?
むしろ何で海兵隊が二人だけ?とか
ヒメノ救出の際は警察ばかりで消防が来ないの?とか
救出体制が気になってしまいました。
FDNYは相当のダメージを受けていて
それどころじゃなかったのかもしれないけど
瓦礫から人を引きずり出すのは
やっぱり消防に任せるべきなのでは?
マクローリン救出時はFDNYマークがたくさん見えて安心したけど
ついこんな細かい部分に目が行ってしまうのは
TWにハマりすぎたせいですね。
もう一つ、亡くなった同僚たちについて
何も触れられてないのが残念でした。

マクローリンとヒメノは今は仕事を辞めているそうですが
地獄から生還した後、その辛い思いを語れるようになるまで
大変だったのではと思います。
今週からスタートするRescue MeのS2で
トミーは911で受けた痛手から立ち直る事が出来るのか
911以降を伝えるドラマとしてのRescue Meの
今後の展開に期待しています。 

Pepper Dennis、Invasion、The Profiler

一気に観た新作ドラマの感想をまとめてUp。

Pepper Dennis 「新アンカー登場!」
ターゲット外だったドラマだけど、パイロットは面白かった。
ペッパーには全然共感しませんが、とりあえずわかりやすいし
ひさびさにすっきり爽快なJosh Hopkinsがよろしいかも。
しかし寝ちゃった相手とお仕事開始ってまるでGAですね。
ラブコメドラマの典型パターンなのでしょうか。
今回のお目当ては上司ジャック役(またジャックか・・・)の
Brett Cullenでして、
予想通りのかっこよさに見とれてました。
一応サブレギュラー扱いだし、今回は出番も多くて大満足です。
というわけで上司のためにもう少し頑張ります。

Invasion 「傷跡」
ドラマ祭でパイロットは観てきたので久々の再会。
しかし暗いドラマですね。
まだハリケーンが去ったばかりで荒れ果ててるのは仕方ないとして
当然予想される不衛生な状態がどうもねぇ。
遭難状態でもLOSTは明るいから救われます。
ジミーじゃなくてラッセルの管理地で発見された負傷者が
デイヴと同じ傷を負っていて謎が深まります。
今はこの暗さ&不気味さに耐えられるけど
地球外生命体が怪しげな格好で現れたら絶対パスだな!
あとは本当にラッセルのえくぼ♪に賭けるしかないです。
最高級の微笑み&セクシーシャワーシーンに
とりあえず満足しました。
でもラッセルの人格が壊れちゃったら?
先行き不安です。

The Profiler 「絶えぬ脅威(前編)」
あれ、スパドラも字幕版なんだ?
すっかり頭の中からProfilerが消え去っていたので
新プロファイラーのレイチェルも
あっさり受け入れられてしまいました。
とりあえずMPでの意地悪レキシーの姿は忘れましょう。
Julianが若いなぁとか
Evan Rachel Woodが子供だなぁとか(O&Aはこの後だし)
一昔前の姿に感激。
そしてサムに執拗に迫るジャックが(今度こそジャックです)
相変わらずいい味出してます。
デニス様万歳!
ついでにあのまま倒れていたベイリーは
負傷しているもののあっさり元気になりました。
クリフハンガーってこんなものです。 

LOST「詐欺の手口」

やっと話が進んだか?
でもやっぱりツッコミたくなる。

結論「ソーヤーはやっぱり悪党だった。」
わざわざ教えてくれなくても
悪党が改心するのは容易じゃないんだよね~by OZ
しかし九死に一生を得る際さんざんみんなのお世話になりながら
治ったとたん「俺は悪党だぞ!」と言い切るソーヤーって
全然成長してないなっていうか
単に自分も仕切ってみたかっただけなのかな?
あまりにお子ちゃまな発想に寂しくなりました。
まあ仕方ないか。これが悪党の性なんですから。

不穏な空気が流れてから武器の管理が気になり
仕切り屋ジャックがロックから武器庫の鍵の番号を聞き出した事が
そもそもの始まり。
そして今度はサンが何者かに襲われ
銃の携帯の必要性が問われます。
ところが肝心の銃が消えてしまいました。

自分も仕切ってみたかったソーヤーに
立場のない状態のチャーリーが仕組んだ事件。
これでソーヤーが仕切れるのか?
やっぱり無理だろうな。

こんなときもアデエコさんは遠まわしに様子を見ています。
すでに悟りの境地ですかね。
そして妻の危機に取り乱すジンですが
韓国語でわめき散らし(でも意思の疎通は出来てました)
「ガン!」(一つ単語を覚えましたね)と主張した後は
冷静に経過を見ていました。
お節介野郎急増の中で
引き際の美しいジン、ますますかっこいいです。

まだ立ち直れないサイードが気を紛らす事ができるように
無線機の改造を勧めるハーリー。
あまり期待してはいなかったけれど
「ムーンライトセレナーデ」を受信できました。
音源はどこかわからなくても、ほっとする一瞬でした。