INDEX    RSS    ADMIN

NIP/TUCK「デレク、アレックス、ゲイリー」

マット、ますます壊れてく・・・

マットの顔の傷を治すために、
ショーン、クエンティン、クリスチャンが名乗り出る。
でも手術には三人は必要ない。
そこでマットが選んだのは父親と腕のいいクエンティン。
クリスチャンはその場から出て行く。

マットはクリスチャンの計らいでキットの事情聴取を受け
嘘をついていることがばれていく。
キットはさすがにSVU捜査官。
ツボを押さえた質問だと思ったけど
あの場に両親がいたせいで、結局最後まで聞きだせず。

今回の手術はマイアミのおバカな大学生たち。
(侍の苦労がわかります・・・笑)
パンツを脱いだ男子学生のお尻の両方に
二人の男子学生のほっぺが工業用接着剤でしっかり接着。
ショーンとクエンティンが大学へ行き
お尻からほっぺを切り取りました。
その後のお尻を元に戻す手術が、また痛々しくて・・

ショーンとクエンティンはお礼に
大学生のパーティーに招待されます。
早速オヤジ好きの女子学生が相手をしてくれますが
二人が同室で別々に事に及ぼうとしたときに
クエンティンの目配せがショーンをぞっとさせます。
慌ててショーンは帰宅。
たまたまマットの荷物を取りに来ていたジュリアと鉢合わせし
二人はそのままマットのベッドに。
すると病院を抜け出してきたマットに見つかり
マットは腹を立てます。

クリスチャンはマットに抗うつ剤やら鎮痛剤やらを渡します。
そしてアバと寝たことをばらしてしまい、マットの反感を買います。
でもそうしたからこそ、アバが男性だとわかった。
マットを守るためだとクリスチャンは強調します。

キットとキンバーの二人がべったりで
相手をするのに疲れたクリスチャンは
クエンティンを誘ってダブルデートをするが
またしてもクエンティンの仕草にクリスチャンは危険を感じ・・・

ショーンとクリスチャンはクエンティンがバイである事を確信。
噂をしているとクエンティンが聴きつけ二人を脅しに掛かります。

マットは酒を飲んで反抗。
ショーンとジュリアはクリスチャンにも来てもらい
4人で話し合うことにするけど、なかなかマットは現れません。
やっと現れたマットのふてぶてしい態度にキレ
思わずショーンは彼の芸術作品にパンチを炸裂してしまいました。

マットの顔は?心はどうなってしまうんだろう。
そして意味深なキャラ、クエンティン。
これからショーンとクリスチャンを混乱に陥れるのでしょうか?
クエンティンがますます気になってしまいます。
スポンサーサイト

L&O SVU「美人ライターの秘密」

BSfanにSVUのエピソード日本語タイトルが載ってたので書いてみたけど
これで正しいのでしょうか?
視聴不可なチャンネルのことを語るのは非常にキツいんですけど
意地で頑張りたいと思います。

今夜は#2が観られるはずなんですが
「スニークプレビュー」っていうのは
結局先行放送ってことだったんですね。
本放送は2月から!1ヶ月お騒がせいたしました。

で#2の観どころ。
このエピの事件の内容はイマイチ消化不良状態でして
つい余計な部分ばかりに注目しちゃってました。
でこのエピ、OZファンにはおいし過ぎ!!
っていうか目から鱗状態になりますよ♪

まずステーブラー。
ケラーとあまりに違う姿にビックリ。
妻と4人の子供を持つよき夫、よき父親なんだもん!
4度も結婚して関係した男性も数知れず、
ついでに何人殺したかわからないケラーが
まともなお父ちゃんなんですから。
svu1-2s3.jpg

ディスポーザーが壊れれば直すし、
Mediumのジョーほどではないにしても、立派な家庭人です。
大体ドラマの主人公の家庭が円満っていうのが今時貴重な存在でして
どうしてこんなにまともになっちゃったのかな?と
暴走ケラーを愛していた人たちは面食らうと思います。

でもやっぱりケラーだったのがこのシーン。
svu1-2s2.jpg

結局また脱いじゃいました(笑)
OZでは見せてくれなかったブルーのブリーフが眩しすぎ!
もちろん腕には自前のタトゥーも見えるし
やっぱりステーブラーはケラーだったと安心させられる瞬間でした。
でもベッドにビーチャーはいないんだよね。つまんないの。

家庭人ステーブラーは、この先の事件の内容で
彼のブチキレ具合を味わうための大切なポイントとなります。

そしてキャシディは、SVUに来て8ヶ月の新人君
あのライアンが法廷でしどろもどろしてるなんて・・・
OZではこれまたありえない光景でした。
svu1-2c1.jpg

でもついにイライラしてプッツン!!
結局キャシディもライアンだったんじゃん♪と妙に嬉しくなってしまいました。
でもあとでしおらしくしているところが新人君なんだけどね。

というわけでOZファンのためのSVUの観どころご紹介でした♪

The O.C.「絆」

TV放映前に試写会にまで行っておきながら
ほとんど感想を書くことのなかったThe O.C.
毎回なんとなくボーっと観て
金持ちってお気楽だなぁと感じるぐらいで
途中からオバカモードが炸裂したルークが可愛く思えたけど
あとは特にハマる部分もなく
いつの間にかS1が終わってしまいました。

今回のシーズンフィナーレ。
これでもし打ち切りになってしまったら
ライアンってとんでもない迷惑野郎だったなぁと実感。
ニューポートの町を引っ掻き回し
セスには勇気を与えてくれたかもしれないけど
まさにお騒がせ男です。
ライアンが去った後泣き崩れるキルスティンの姿が辛かった。

でも春にはS2スタート。
スパドラ早業じゃん!って今これしか目玉商品がないんだから
当然だと思いますけど。
ついでに3月からEverwoodが始まります。
やっとCMカットなしで録画が出来る。バンザイ。
ついでにOne Tree Hillも来るようですね。
これってさらにお子様度強くありません??
とはいえキャストがちょっと興味深いので
観てしまいそうな気もしますが。

今回、ケイレブとジュリーの結婚式のダンスシーンで流れていたのが
Maybe I'M Amazedのカバーバージョン。
歌ってた人は何者か知りませんが
オリジナルはポール・マッカートニー。
ジョンやジョージに比べて正直ポールは苦手なんですが
この曲は大好きでした。
久々に聴いて感激。
そしてまた出た!
ファイナルを飾るのはジェフ・バックリーのHallelujah。
TWWでもWATでも十分泣かせてくれたのに、またですか?
全く罪な曲だよね。
って本人も亡くなってしまったので今更文句も言えないけど。

CSI:NY「企業戦士」

こういうオリエンタル系のお話はやっぱりダメだな・・・

東洋ならなんでもあり武器コレクションの
節操のなさは仕方ないとして
(しかし美しくない仏像は何だったんだ?)
合気道と忍者は別物だと思うし
マーシャルアーツって結局何なんだって感じ。
会社のポリシー、理解不能でした。

マックはおかげさまで刀の切れ味を試す事ができましたが
(やっぱり侍に斬らせてみたかった・・・笑)
あの構えはちょっとバッティング入ってませんでしたか?
そしてゴザも用意されてるCSI。さすがに何でもあるNYです。

とメインストーリーは冷ややかに観ていたものの
ホークス先生の活躍に感動。
まさにホークス先生のためのCSI:NYでございました!

ホークス先生は火事現場をドンちゃんと検証。
取り残されていた子供の遺体を検分します。
現場にかけつけた母親と男性(チェスのコーチだったのね)を制して
ホークス先生は名刺を渡すとドンちゃんがすねます。
CSIの名刺をばら撒くと仕事が忙しくなるって?
ドンちゃんは自分の役割を取られたから焦ったんだよね。

この後もホークス先生は自力で頑張ります。
コンセント周囲をラボに持ち込んで漏電の様子を調べたり
子供たちがチェスを競い合っていた事を掴んだり
焼死した少年のチェスの腕は見事なもので
火事が起きたとき、コーチの娘とネットで対戦してました。
ラボでネット対戦画面を並べて見つめるホークス先生。
本当になんでもできるんだね!ホークス先生恐るべし。

ホークス先生は火事の原因を突き止めると
公園のチェス盤の前でコーチと向き合います。
チェスをしながら火事を起こしたのはコーチだったことを指摘すると、
コーチは母親と一緒になりたかった
ボヤを起こせば家から出て一緒に住んでくれるかもしれないと考えた
息子がその場にいたとは思いもしなかったと語ります。
見習いだからここまでやってしまうんだと断りながらも
自白すれば罪も軽くなるとコーチに促すホークス先生。
また完璧にドンちゃんの仕事を奪っちゃいました。
大体ドンちゃんは何やってるんだ??

検死官からすっかりCSIの顔に成長しつつあるホークス先生(早すぎ?)
ますます期待してしまいます。
ところでコーチは24のシャペルwithビーチャー声で
情けなさ倍増でした(苦笑)

CSI:Miami「壊れた男」 

今週の侍は斬れ味がよかった。
自分が関わる事件へは熱意が違うもん。
これぞホレイショ侍流。

デルコはオフだったダンを連れてビーチバレー観戦に。
(ってことはデルコは仕事中だったの?)
早速水着姿のねーちゃんたちにモテモテのデルコ。
全然呼ばれてない宇宙人。
仕方ないか・・・初めてお外に出してもらえたんだもん。
しかし何気にロズウェル組、仲良しですね。
相通じる部分があるのかな?

ビーチバレー会場から男の死体が掘り出され
ベルトで絞殺されたらしく、口の中から鍵が出てきます。
鍵を持って侍とトリップは男の家に
でも鍵ではドアは開かず、ドアを蹴破って侵入
(案外あっさり開いてしまうドア、最初から鍵はいらなかった?)
男女の遺体を発見します。
これが侍がNYで捜査し、娘を未だに保護している事件と酷似。
侍はレスデンの仕業と確信します。
案の定レスデンは娘に近づいてきました。

レスデンと彼が殺した者たちは
過去に同じ里親に育てられており、
特にレスデンは里親に激しく虐待されていました。
凶器のベルトも、かつてベルトで打たれていたから。
レスデンの最終目的は里親への復習。
侍にはレスデンの意図するところがよくわかるようで
里親に銃を向けるレスデンを仕留めると
今度は里親に説教を始めます。
そして侍は娘に、自分も父親に虐待されていた事を語ります。

なるほど、だから子供の前で優しくなっちゃうんだな。
侍の新たな一面が観られたのはよかったけど
今回もレスデンや里親とにらめっこして、
あとは銃を構えていただけのような・・・

ところでナタリーは体調が思わしくなく、一瞬妊娠を疑います。
そして宇宙人から海岸で鼻の下を伸ばしていたデルコの話を聴いて
機嫌を損ねてしまいます。
デルコは何故喋った!と宇宙人に怒るけど
しょうがないじゃん、宇宙人なんだから空気が読めなくても(苦笑)
検査の結果ナタリーはシロ。
覚悟を決めかけてたデルコだけど、心の底から喜んでいました!
まだ女漁りをするのかい?
デルコ、マジでビョーキかも。

病気といえば、ウルフの目はどうなったんだろう。
普通に仕事してたけど。

不気味なレスデンは、TWでのストーカーのイメージが強くって。
SVUの3話目にも顔を出しますのでお見逃しなく!

2月のWOWOW

WOWOWの番組表を観ながら、来月は忙しそう!と嬉しいため息。
韓国映画を中心に観たい映画もいくつか発見したし
またHDDの肥やしにしないように気をつけなくちゃ。

2月4日の無料放送の日に、
MediumS2プレミアが観られるのは大感激です。
クリフハンガーの結末が思いのほか早く観られるのでよかった。
久々に元祖「よく出来たオヤジ」なジョーに会えるし。
ついにジョーもブチキレかな?と密かに願っているんですが。

もう一つ気になるのがGene SimmonsのRock School。
最近ではTWにドナルド・マン役でゲスト出演して迷惑をかけてましたが
かつては火を吹き血糊べったりのジーンだもん。
インパクトは強烈です。
そんな彼が名門校のお子様にロックを教えるんだそうで
一体何が起きちゃうんだ?なリアリティショー。
本放送は4月から。
全5話のようですが、オヤジジーンと共に楽しませてもらいます。

2月11日には観る前から泣きそうな
「Line of Beauty」がついにオンエア。
これは間違いなく3話まとめて一気に観ちゃうだろうな。
キャストも美麗だし、どうしよう・・・
今から壊れそうです(苦笑)

ついでにHPをチェックしてたら
MediumS2とThe 4400S3が4月からなんですね。
嬉しいドラマの二本立て。
そしてSASのS4も来るんだ、それも5話まとめて・・・
実はまだS3が観られず放置状態なので
どうしたものか悩んでしまいます。
SASって面白いけど、重たすぎるんだもん。

別途視聴料を払ってるWOWOWですから元は取らなきゃ!
(十分恩恵に預かってますが)
頑張るぞ♪

不機嫌な男たち

本当はラリー・クラーク監督の「ワサップ!」を観ようと思って
イメージフォーラムへ行ったんだけど
偶然「韓国アートフィルムショーケース」連続上映に遭遇。
その時観られる映画のタイトル
「不機嫌な男たち」という響きが気に入り
あっさりチケットを買ってしまいました。
ちなみに本公開は2月17日からです。

ミン・ビョングク監督と主演のチョン・チャンの舞台挨拶があり
通りすがりなのに申し訳ないなぁと思いつつありがたく拝聴。
映画の内容は「ミドルエイジ・クライシスをミステリアスに描く
アンチ韓流の傑作心理サスペンス」とのことで
中年オヤジの危機に興味津々!

で観終えた感想は・・・
これって韓流NIP/TUCK?
主人公の30代半ばの男性二人は整形外科医ではありませんが
オヤジの苦悩はショーンやクリスチャンに通じるものがありました。

妻子持ちのムノは脱サラして作家になろうとしているが
ネットで知り合ったOLと会う約束をして
妻に嘘をついて彼女と食事、そのままホテルへ行ってしまいます。
彼女にも自分は独身と嘘をついたまま。
でも彼女は婚約者と共にアメリカへ留学の予定があり
二人のお付き合いはこれでおしまいと釘を刺されます。
そのままムノは居酒屋で飲んでいると隣の客と喧嘩になり
雨の中ボロボロになって帰宅します。

病気で左半身が不自由なジョンギュは
女性を見ると触りたくなる救いのないオヤジ。
職場に恋人がいて妊娠させておきながら
初恋の人が忘れられず、彼女の働く大学に押しかけて
自分の思いを伝えます。
妻子のいる彼女に対し、自分も結婚してるからと嘘をつき
お互いにその方が気楽だからと結局彼女をその気にさせ
ホテルへ行く事になってしまいます。
ジョンギュはその後も彼女を諦めきれずに家に押しかけるものの
結局は拒否されてしまいます。

現実と空想の世界が入り混じっていて
二人のそれぞれの苦しみを見張っている謎の男がいたり
かなり謎めいた部分もあるんだけど
結局何をやっても浮かばれない二人のオヤジのお話。
そして美しくない韓流とでもいうべきか
二文字映画に負けてない?セックスシーンも
ロマンスからは程遠く現実的でした。

で極めつけがラストシーン。
そんなのあり??って
やっぱり韓国映画だと思いました。

韓国アート系フィルム、これからいろいろ上陸してくるのかな?
俳優さんを知らなくてもテーマが面白ければどんどん観ていきたいなと
すでに裏韓流の道を目指しかけています。

次回のMiami Vice

いきなり予告編、それも激しくネタバレしますのであしからず。

今回のAXNでのMiami Vice放映の売りに
「日本初放映エピソード3話分を含む」というのがありまして
かつて日本放映分を全部録画している私は
その3話を録画しなきゃマズイでしょ!と
他のエピは無視してもそれだけはチェックする気合が入ってました。

そしていよいよ来週、再来週と未公開エピ第二弾
「ボクシング賭博を暴け・破滅へのテンカウント」(前・後編)が
オンエアされます。
この邦題と内容を覗いて大きな?マークが。
日本ではジート降板エピをオンエアしてなかったんだ!
今更ながら驚き焦ってます。

サクッとネタバレしちゃうと
ジートがボクシング賭博を暴くためにボクサーとして潜入捜査を開始
だがノックダウンされそのまま帰らぬ人となる。
こうして一人レギューキャラが去っていくエピなのです。

ブラジルでMiami Viceの放送が始まり
とても懐かしくてもう一度最初から観ていましたが
このエピは衝撃が強すぎて
ジートとスワイテクのコンビも大好きだったので
スワイテクと共にただただ涙でした。

でも観ていたときはこのエピが初見だったとは気づかず。
2話にかけての内容の濃い話で
結末もショックながら素直に受け止め
ジートはいなくなっちゃったんだと納得したんですが。

日本ではいつの間にかジートは消えちゃったんだ。

日本での放映はどうなっていたんだろうと
当時録画していたビデオを引っ張り出して
タイトルをチェックしていてさらにショックが!
放映順がめちゃくちゃ!
ビデオだから絶対放映順に録画してるはずなんだけど
テレ東でのオリジナルの放映順とは見事に別物になっています。
S3だけエピソード番号を挙げてみると
オリジナル放映順は
#51  #45  #46  #55  #52  #47  #49 
#48  #54  #66  #68  #59  #58  #65  
#61  #50  #62  #67  #63  #64
実は#60の録画が見つからず、
もしかしたら落としてしまったのかもしれないけれど
あと未放映なのが#53 #56 #57となります。
#57でジートがいなくなるので、
#58からジートなしになってるはずなんですが
この放映順だとジートが突然復活することになるのかな。
おまけにシーズンファイナルがシーズンの真ん中!
1話完結ドラマとはいえ、こんなことが許されるのでしょうか。

当時はネットもないし、アメリカでの放映順なんて
全く知らないままだったので
多少は不自然さを感じていたのかもしれないけど
でもそういうものだと思って観ていたんだと思います。
知らないって本当に恐ろしい事。
改めて驚かされました。

そんなわけでオリジナルバイスをご存知の皆様へ。
次回からのMiami Viceを是非ご覧になって
新たに涙していただきたいと思います。
これでやっと日本でもジートが成仏できる事と思います。

DH「予期せぬ出来事」

今週はぼちぼち面白かったけど・・・
でもどうしてスーザンがモテるのか、全然納得できず。

今週のデスオヤジ
◎トム
会社でしっかりリネットの尻に敷かれ、
力を発揮できず落ち込んでます。
カート持ちにすぎない自分が情けなく、被害妄想が膨らんで
ついにベッドの上でも、リネットの動きに
彼女に支配されてると文句を言い・出します。
リネットに自分で何とかせよと意見されたトムは
ついに会社のエレベーターでリネットにキス
エレベーターを止めてさらに激しく迫り・・・

MPのマットが最近また地味になっちゃったので
トムの吹っ切れた姿が素敵でした。
でも結局いい人トムなので、またリネットの尻に敷かれるんだろうな。

◎カルロス
いつでもにこにこ。すっかり普通のオヤジになっちゃって。
爆発カルロスをそろそろ観たい気がするんですが・・・

◎カール
相変わらずオバカ度満点。
っていうか何も考えてないので、
病院でぽろっと「妻が」と口に出してしまう。
その弊害についてもまるで気づかず。
ついでに気のせいか?カールの髪が増えた気がする。
カールが増毛するんならいいけど、Burgiが増毛はイヤ!
額フェチとしては、髪の量と額のバランスもポイントなので(笑)

◎マイク
このオッサンも何考えてるのか?
今頃病院にのこのこ、スーザンに花を渡してどうなるんだろう。
結局ロン先生が傷ついちゃったじゃない。
しかしカールとマイクのオヤジな会話はなかなか味わい深かった。
そしてザックには父親と認められず。
まだ苦労が続くのかな。

◎ポール
護送車で刺されて一巻の終わり?と思ってたら
お元気だったので驚きました。
さすが図太いポール、まだ楽しませてくれそうです。

いよいよ来週からLee登場!
ここまで意地で頑張った甲斐がありました。
果たしてどんなデスオヤジなんだろう。

WAT S3放映決定♪

NHK春の海外ドラマラインアップが発表されました!
(情報を下さったみなさま、ありがとうございます)

ER S12    月曜日
モンク S4   火曜日
WAT S3    水曜日
北京バイオリン 木曜日

モンクは観てないのであっちへ置いといて
11時からのお付き合いは正直キツイです。
おそらくWATS3のエピガイ更新は木曜以降になるだろうし。

ERもいい加減うんざりしてるのでリタイアしたい気分なんですが
意地で頑張っちゃうのかな?

そして気になってるのが北京バイオリン。
映画バージョンは素晴らしかったし、チェン・カイコーが総監督だし
大陸ドラマってところがツボだよな。
でもNHKはきっと吹替え版だし・・・とすでに悩みモードになってます。

これからCSとのスケジュール調整をして、
トライしていくことになるでしょう。

NIP/TUCK「キキ」

先週は影を潜めていたマットがとんでもないことに!

アバのことを忘れられないマットは、彼女の家で一夜を過ごし
朝異臭に気づく。(どうして夜気づかなかったんだろう)
エイドリアンの部屋で、彼の遺体から蛆が湧いていた。

マットは警察で事情聴取を受ける。
厳しい尋問に対しマットをかばおうと
ショーンはついアバの秘密をマットにばらしてしまう。
アバが性転換者だったと知らされたマットは
とてつもない衝撃を受ける。

性転換者写真集(なんてものが存在するんですね)を読みふけり
ゲイバー(というよりオカマバーですか?)で相手を物色するマット。
アバへの思いを鮮明にするため?
好みの相手を見つけて家に連れ込むと、マットは彼女を押し倒すが
彼女はまだ下半身の処置がなされていなかった。
「僕はゲイじゃない!」とブチキレ、
まだ女性になっていなかった彼女を叩きのめす。

翌朝、マットは髪を剃って変わろうとするが
外見だけの変化についてショーンに批判される。
そして学校で、殴った彼女とその仲間たちに追い回され
集団リンチを受けることに。

クリスチャンは言語能力に長けたゴリラのキキを
種の保存のために結婚をさせたいが
相手のゴリラが顔の傷を好まないということで
ゴリラの整形手術を頼まれる。
動物の整形手術なんてとんでもないと思っていたクリスチャンだが
キキの置かれた状況が自分に通じるものがあり
結局手術を引き受ける。
キキの顔の傷は消えたものの、結局オスに気に入ってもらえず
攻撃され、キキは殺されてしまった。

ショーンはクエンティンが運んできたレーザー装置で
ギャング団から抜けたがっている青年のタトゥーを除去する。
タトゥーは消えたが、犯罪歴を持つ青年は就職口もなく
やがてギャング仲間に追われ、痛い目に遭う。

3つの辛い結末。
マットは立ち直る事ができるのでしょうか?
マットがこんな調子では、ショーンとジュリアの離婚も
現実には難しそうです。
ボロボロなマットがマリファナを吸ってたら
喜んでご一緒してしまうおばあちゃん。
彼女の明るさが救いでした。

そして髪を剃ったマット。
やっとマイケル・ジャクソンと決別したかな(笑)

Profiler「残酷な誤解」「渦巻く愛憎」 NUMBERS「銀行強盗集団」

実はNIP/TUCKが始まったら
ジョンとクリスチャンを同時進行で観るのもどんなものかと
プロファイラーリタイア宣言をしてたんですが・・・

先週も今週もしっかり視聴。
面白いじゃないですか!
リタイア宣言、撤回しようかと思ってます。

「残酷な誤解」
デス妻でもMPでも今は沈没状態なマーシア・クロスが本領発揮。
こういう多重人格者をやらせたら
彼女の右に出るものはいませんよね!
と絶好調のブリーとキンバリーが同時に現れたような迫力に
すっかり見入ってしまいました。

「渦巻く愛憎」
実際にあった事件を元にしたエピソードだったようで
これもまた恐ろしい話でした。
それより辛かったのが、ジョージの薬物依存が治らず
ついにマローンに停職を言い渡されるところ。
ジョージのミスでマローンたちは危険な目に遭い
当然の措置だと思うけど
目に涙を浮かべつつ、バッチを置くジョージが切なかった。
そしてますます部下にお咎めなしのホレイショ侍のやり方が
これでいいのか?と悩んでしまいます。

プロファイラーが楽しくなったのは
NUMBERSの影響もあるのかもしれません。
今回の「銀行強盗集団」
チャーリーの計算ミス(とは言わないが)で
銀行強盗が予想以上の大事に。
ショックで塞ぎこみさらに計算しまくるチャーリーの姿に
彼の苦悩が見えてきましたが
その後の解決方法も数字を基にしてる?爆弾ゲーム。
最後は物理学まで出てきて(ますますよくわからなかった)
無事に再発を防ぐ事ができました。

数字でパターンや傾向は読み取れるのかもしれないけど
今までプロファイラー系の
人間の心理を読んで事件を解決していくドラマに親しんでいただけに
数字で事件解決できるのかな?って
どうもまだNUMBERSに馴染めずにいます。
やっぱり数字アレルギーが出てきそうだし。

NUMBERSはS1しか観られないと通告されてるので
(あの対応はどう考えても・・・)
どこまで熱を入れて観るべきか、迷ってしまいます。

M.I.「少女たちの秘密」とSVUのCM

FOXCRIMEの録画をいただいて楽しんでいるのが
Medical Investigation。
ちょうどHOUSEとリ・ジェネシスの中間を進んでる感じかな?
ドラマのテンポもいいし、キャストがおなじみの人ばかりで
すぐに親近感がもてました。
なんといっても17話目がTWとのクロスオーバーですから
ここでようやくカルロスの病気を治してもらえるんだと思うと
それだけでも嬉しいです。

4話目のヴァージニアで中学生の女子が4人倒れる話。
結論はHOUSEの「医療不信」と一緒だったので
実際にあった事件なのかな?と
新品のGパンをいきなり履くのがおそろしくなりましたが
病気の謎を解き治療法を見つけるまでのアプローチの違いが
観ていて面白かったです。
ハウスオヤジは子分たちに患者の家を見て来い!と
さっさとスパイさせに行きますが
コナーはきちんと家族に説明をしてから家庭訪問を始めます。
思いつきで動いてる部分はMIにも見られるけど
やはりHOUSEよりはずっと組織的ですよね。
それがさらにレベルアップするとリ・ジェネシスなのかな?

でも簡単に同じネタに遭遇してしまうとちょっとがっかり。
新しい素材の開拓が大変なのはわかるけど。
だからS1で打ち切りになっちゃったのかなと
すでに先行きの不安が感じられました。

ついでに念願のSVUのCMを観ることができて感激。
これが実に上手くできていて恐れ入りました。
「チャンチャン」と共に黒い画面に3行の文字でドラマを紹介。
この下の方に3行がツボなんですよね!
完璧にL&Oスタイルになってるじゃないですか。
その後は「This is detective Benson.」とMeloniの生声が・・・
それだけでゾクゾクしてきちゃいました。

SVUの放映が近づき、CRIMEでは今はどんなCMを流しているのでしょう。
さらに味わい深いCMが観たいけど、CMを観ると本編も観たくなるから
ひたすら我慢しますか。

そういえばFOXのNUMBERS。
予約録画するときにしつこく「第1シーズンのみFOXでの放映」と
出てくるのがなんとも微妙。
S2は観れませんって宣告してるってことなのでしょうか。
スカパーならCRIMEへのお誘いとして許せるにしても
どうあがいても観られないJ:COMの画面で出さないで欲しいんだけど・・・

CSI:Miami「影からの逃亡者」 CSI:NY「ズーヨーク」

マイアミとNYをつい続けて観てしまうけど、どうもよくない気がする。
NYを観ながら、密かにマイアミを思い出して突っ込んでるんだよね。

というわけで感想もまとめてツッコミ。

◎MIAMI
今回はマリソルやボアビスタさんがいなかったのでウザさは軽減。
デルコはしゃきっと働いてました。

でも侍は働かない。
元宇宙人もいなくて(単に必要とされる仕事がなかった?)
やや人手不足状態だったラボでひたすら結果を待つ侍。
どうせ暇なんだから、自分で分析すればいいのに・・・
ってやっぱり出来ないんだろうな(笑)
マックが現場やラボで進んで働く姿を観てると
やってることがまるで刑事なホレイショ侍の立場を考えちゃいます。
そろそろ爆弾事件が必要ですね。
これなら侍も率先して陣頭指揮を執るもん。
だれか爆弾を仕掛けてください!

事件は跳ね橋に吊る下げられていたクラブのオーナーが
実はシナリオどおりに殺されてたというお話。
犯人のお兄ちゃんはどこかで見てるぞと思ったら、
Invasionに出てました。
LOSTのハーリーの亡霊というより、SATCのシャーロットのダンナ、
この人もよく姿を現しますね。

そしてウルフがやっちゃった!
やっぱり病院へ行ってなかったんだ。
事故を起こし侍にも指摘され、ようやく病院で診察を受けます。
本人は飲んでいたと言っている抗生物質も効かず
(本当に飲んでいたのか?それともアレックスの誤診?)
新しい薬をもらうが、それで効かなければ手術、最悪失明の危機も。
ウルフはようやく事の重大さを悟ります。
「お前のことを心配している。」
とまた部下に甘い侍は優しい言葉を掛けてますが
テレビゲームを強要させたことは忘れちゃったようで(笑)
ロッカールームで荒れるウルフの気持ちもわからなくはないけど
やっぱり自業自得でしょ。
ともあれ、皆さんお体を大切に!


◎NY
モンタナから異動して来たモンロー登場。
感覚的にはMIで広報してました!って言う方が正しいけど。

動物園のトラに齧られてしまった死体事件と
メリーゴーランドの上でドレスを着て死んでいた女性事件。
トラのご飯は痛ましかった。
なにしろ遺体が原形をとどめていないんだもん。

ホークス先生に代わり、検視を仕切る東洋兄ちゃん
(エヴァンっていうんですね)がいいですね。
熱意溢れる検視官って感じで、
ホークス先生とは違った熱さに打たれます。

そして事件に常に前向きに関わっていくマックさん。
(と呼ぶようにモンローに教えてたダニー。
彼のお茶目さが久々に見られました)
豚を吊るして凶器特定のために片っ端から突き刺したり
現場でもせっせと血液を分析。
手に腰を当てて立ってる侍と大違いです。
侍も昔はもう少し働いてたはずだが・・・

モンローも「モンタナ」と呼ばれつつ
トラの糞と格闘したりしながら頑張りました。
まず初日の働きぶりは合格かな。

ドンちゃんはネコアレルギーなのかな?
トラの檻に入るのは苦痛だったようです。
そして嬉しそうに毒グモと戯れるホークス先生。
彼には怖いものがなさそうですね。

ついでに
来週のNYがかなり不安。
東洋の武器の収集家?
怪しげな刀やら鎧兜やらがちらりと見えました。
また勘違いな日本の歴史が語られるのでしょうか。
止めてくれぇ!

Brothers of the Head

Brothers of the Head Brothers of the Head
Original Soundtrack (2006/07/25)
Milan
この商品の詳細を見る


予告編の美少年クンたちに目を奪われ、公開を楽しみにしていました。

ドキュメンタリー手法で撮られたロック映画。
「スパイナル・タップ」風なのかなと思ったら
内容はもっとシビアで重かった。

イギリスの田舎で隠れるようにして生活していた
結合性双生児のトムとバリーが
そのフリーク性が売り物になると目を付けられ音楽業界と契約。
ギターや歌い方を教えてもらってバンドを組み、
デビューにこぎつける。
1975年というとグラムロックのブームが去り、
プログレの勢力が増してくる時代。
二人はキンクスでロックを学び
テレビに映ったBCRでアイドルを目指すが
二人を中心に結成した「ザ・バンバン」は
攻撃的な歌詞やパフォーマンスで
パンクバンドとしてのスタートを切る。

ギグを行いながら徐々にファンを増やしていくが
成功と共にバンドには付き物の酒とドラッグの洗礼を受け
バリーは暴力的になる。
そして二人の取材を始めたライターのローラがトムと恋に落ち、
「ザ・バンバン」がデビューする頃は二人はボロボロだった。
やがて悲劇が訪れる。

胸が繋がり、循環器や脾臓も共有している二人は
当時の技術では分離手術が出来ず
バリーは心臓疾患も抱えてました。
片方が死ねばもう片方も死ななければならない。
運命共同体の二人だけど自由になりたいときもあります。

ケン・ラッセル監督ご自身が出てきて
いかにもドキュメンタリー風な展開が面白かったし
パンクムーブメントの走りと思われる
「ザ・バンバン」の楽曲がかっこいい。
すっかり虜になってしまいました。

結合性双生児を演じている二人は
実際にも一卵性双生児の俳優さんで、ルックスもそっくり。
常にくっついて演技しなくてはならず大変だったと思いますが
ぴったりと息の合った演技は見事でした。
二人の美少年が常に顔をくっつけてる姿は
なかなかBL的萌えを誘いそうでしたが
双子なんだし・・・と冷静に観ていました。
でもバスルームの二人をいかにも盗撮のシーンとか
アルバムジャケット撮影で勢いに乗って?キスしてしまう
二人の姿にはドキリ。
歌や演奏は一切吹替えなしだそうで、この実力は素晴らしいです。

原作は1977年にブライアン・オールディスによって書かれ、
こちらも関係者の証言から
トムとバリーの姿が明らかになっていくスタイルを取っています。
鑑賞後に勢いでサントラCDと原作本を購入。
しばし双子兄弟の余韻を味わいたいと思います。

Weeds 「Fashon of the Christ」

このドラマを観るときは全ての犯罪捜査ドラマの存在を忘れましょう。
ハッパ万歳!

ナンシーの家で早朝火災報知機が鳴っているので
ナンシーと子供たちがキッチンへ行くと、
アンディがベーコンを焦がしていましたた。
アンディはナンシーの義弟。
アラスカから帰ってきて、こっそり窓を割って侵入していたのです。

ようやくアンディ役のJustin Kirk登場。
Angels in Americaの彼があまりにも素敵だったので
今度はどんな感じか気になっていたが
これもまた半端じゃない強烈なキャラ!
ここまでぶっ飛んでいていいのだろうか?
一発でファンになりました(笑)

アンデイの仕事は盗品の販売とか
とにかくインチキなものを売っています。
キリスト冒涜シャツをマレーシアでプリントさせたら
キリストがクリスになっちゃったと文句を言いつつ
3000枚の在庫を持ってきてました。
ナンシーと子供たちに盗品のお土産を渡すと
アンディはすっかり居候モードになります。

ここからアンディの暴走がスタート!
シェーンの学校にChrisシャツを持ち込み
1枚10ドルで売って校長やPTAのひんしゅくを買います。
サイラスのGFが耳が不自由で
チャットで会話してると知ったアンディは
サイラスが留守の間にPCに向かい
GFとサイバーセックスを楽しみます。
そしてナンシーの代わりに、彼女が売る予定の葉っぱをゲット。
ナンシーはアンディにうんざりしてしまいます。
でもしっかり居座るアンディ。

すべて犯罪の世界が全く犯罪にならないお話。
これでいいのかい?とちらっと気にはなるものの
開き直って楽しめるのがいいんだよね。
すっかりハマリかけてたら、S1って10話しかないんだ・・・がっくり。
もう残り6話なんて寂しすぎます。

DH「善意と下心」

週に一度だけデス妻確認のためにNHK海外ドラマHPを覗くんですが
トップページの一番下の放送終了番組の中に
WATのバナーがあって寂しい気分。
「特別番組がある場合などを除き、
放送終了後、順次削除いたします。」
それってもう首の皮1枚で繋がってること??
NHKもWAT特番作ってよ!
どんどん心配になってきました。

そして見事な落ち込みモードのデス妻。
LOST以上にどうでもよくなってきました。
LOSTは話が進まなくても楽しく突っ込めたので見応えあったけど
デス妻は突っ込む要素もなし。
ウザさ倍増です。

でもリタイアできない。
だってあと2話でビーチャー登場なんだもん♪
ただLeeを待ち望むだけのデス妻となってしまいました。
アデさんやマイケルにLOSTを救ってもらったように
デス妻もビーチャーに救ってもらいましょう。

今回は愛するオヤジたちの出番が少なすぎ。
カールはオバカさ出しまくってましたが。
どうしてブリーフケースの蓋を開けとくかな?
見事に勘違いするイーディはおかしかったけど、
スーザンのむき出し嫉妬心にはうんざり。

酔っ払いブリーにもガブリエルの隠された過去にも興味なし!
大体ブリーがこんなに弱みを見せちゃ、全然面白くないじゃない。
ガブリエルと母の証言、どっちがあってたんだろう?
頼むからあまりカルロスを混乱させないで。

唯一見応えがあったのがノアとマイク、ポールの関係ですが
ポールとマイクの内緒話を聞いてしまったザック。
次はどんな行動に出るんだろう。
フェリシアさんもノアの内緒話、聞いてたっけ。
この部分のみ先が楽しみです。

双子ちゃんたち、成長しましたね。
子供は確実に育っていく。
頼むからドラマも育っておくれ!

NIP/TUCK「ママ・ブーン」

待望のS3、1時間10分全くCMなしで、ただ画面に釘付けでした。

いきなりクリスチャンの葬式場面。
これはどうせクリスチャンの夢だろうなと読めてしまうのは
同じような展開がSFUにもあったからで、
もう一つ工夫が欲しかったかな。

しかしクリスチャンの受けた傷は大きかった。
首先がグサリと切られ、ケロイドになりかけていて
レイプされたという心の痛手も。
捜査を担当するキットに、
クリスチャンは何をされたのかを正直に話せない。
クリスチャンでさえこんなに混乱してるんだから
レイプ事件の担当って大変だよなとちらっとSVUが頭を掠めました。

メスを握ろうとしないクリスチャン。
ショーンは一人で手術の対応をしなければなりません。
このときの胸のシリコンが破れて取替えの手術があまりにリアルで
胸から出てくるベタベタを観ていてぞっとしました。
よくあんなものを胸に入れとくよね。
これも豊胸手術への警告だったのかなぁ。

ショーンとジュリアはずっと別居状態なのに
まだ二人は離婚していません。
新しい道を進みたいと離婚届けにサインを求めるジュリアを
ショーンは突っぱねます。
一方無気力化しているクリスチャンはキンバーにプロポーズ。
しかも投げやりな態度にキンバリーは戸惑います。

ショーンは刑事(スポルディング校長久々の復活!)に呼ばれて
肥満で動けないママ・ブーンの症状を見に行きます。
何故整形外科医が行くのか不思議でしたが
ソファに座り続けていて排泄物まみれになり
皮膚と敷物が一体化してしまったそうで(そんなことってあるのか?)
皮膚が全くはがせない状態になっていました。
ママ・ブーンを病院に運ぶにもソファから下ろせず
家を壊してソファごと外に出す事にします。
TWでも太りすぎた女性を病院に運ぶのにアパートの階段から下ろせず
窓から宙吊りにして下ろす話がありましたが
どうしてここまで太れちゃうの?と素朴な疑問。
でもこんな展開があるってことは、現実問題なんでしょうね。

なんとか病院に運んだものの
麻酔を山のように打たねば手術が出来ず
ママ・ブーンはさらに危険な状態に。
ようやくクリスチャンが手助けにきますが
ママ・ブーンを救うことはできませんでした。

こんな厄介な患者なのに、ショーンが終始笑顔で
ママに気遣いながら診察、治療していたのが立派だなと感心。
カルロスが呼ばれたらブツブツ文句を言ってたでしょう。
整形外科医ってサービス業という意識が強いのかな?
もちろん今回のように命に関わる手術を請け負う事もあるけれど。
他の医療ドラマとちょっと違う気がしました。

クリスチャンもショーンもついに吹っ切れて
クリスチャンはキットとキンバーと3Pを。
担当捜査官と寝ちゃうところがN/Tでした。
SVUではありえません!
ショーンは離婚届にサインします。

これで二人はまた元のように仕事が??と思ったら
第3のパートナー、クエンティン登場。
また災いが起きるのかな。気になります。

NUMBERS「バイオテロ」

一言だけコメント。

このエピ。「リ・ジェネシス」を知らなければ
かなり楽しめたのだと思います。
しかし「リ・ジェネシス」にどっぷりはまってしまうと
こんなに簡単に解決してしまっていいのか??とツッコミを。
あんなにサンドストロム博士は苦しんだのに!

どこかで観た事あるゲスト多数
シリンガーはやっぱりシリンガーでしたが(苦笑)
(そして生声が素敵な事を再確認)
とにかく「リ・ジェネシス」に挑戦する前に
観終えてしまうことをお薦めします。

凍土から掘り起こされたスペイン風邪の保菌者を二度も観てしまい
スペイン風邪の恐ろしさが現実に思えてしまいました。
風邪引きたくないよ!もちろん普通の風邪も。

OZの間復活!

OZ廃人の皆様へ

かつてOZ視聴時に大変お世話になっていたこたさんのOZサイト
OZの間
のロックダウンがついに解除!
またOZの間を覗けるようになりました。

何がすごいって
◎完璧なエピガイ
私のエピガイのようにBさんとKさんの話しかないものと大違い。
画像つきでさらにグレードアップしました。

◎囚人一覧
これが便利なんですよ!
囚人たちがジャンル分けされていて
名前と罪状、刑期、俳優さんの名前が写真つきでチェックできます。
囚人の名前がなかなか覚えられなかったとき
よくお世話になってました。
さて、ケラーはどこにいるでしょう。
結構面白いところに隠れています。
ちなみにスタッフ一覧もあります。

◎他のドラマとのキャラ相関図
OZと縁の深いホミ、TWで、囚人がどこに出てたかわかります。
今やSVUとの相関図も必要なんだろうな・・・

OZファン必見サイトですので、まだご存じない方は
是非収監されてくださいませ♪

Third Man Out

「アメリカで最初のゲイの探偵」という肩書きつきの本作をDVDで視聴。

オリジナルはリチャード・スティーブンソンの小説、
それをアメリカのゲイTVネットワーク「here!」が映画化。
主人公の探偵Stracheyをチャド・アレンが演じます。

Stracheyのところにゲイの活動家Rutkaがボディーガードを要請。
大金を渡されたStracheyは仕事を引き受けますが
Rufkaはしつこく狙われ続け、焼死体となって発見。
Stracheyは犯人を捜しに奔走する・・・というお話。

サスペンス仕立ての作品ながらゲイムービーであるのは
出てくる人たちがほとんど男性かつゲイであること。
クレジットにショーン・ヤングが上がってるけど
彼女の出演シーンなんてほんのちょっとです。

here!というチャンネルの存在も初めて知りましたが
ゲイ&レズビアンの人たちが
自分たちの側に沿って撮った作品だなということを強く感じました。
興味本位や差別感を感じさせず
ゲイコミュニティを丁寧に描いているところは素晴らしいと思います。
Stracheyは家に帰ると弁護士のCallahanという恋人がいるんですが
二人の生活がとても幸せで、
普通のよく理解し合い助け合ってる夫婦の姿が描かれてる。
それがたまたま男性二人ということで
今まで喧嘩ばかりしてるゲイカップルを観続けたてきたので
これが本当の姿だよな・・と頷けました。

チャド・アレンはDQのマシュー役を6シーズン見守ってきたので
彼がカミング・アウトしたときにちょっと驚きましたが
Cold Caseのゲスト出演で
すっかり大人になり成長の様子が観られた事が嬉しかったです。
そして今度はまさにうってつけの主人公。
彼なりに考えるところがあって選んだ役だったと思いますが
体当たりの演技は見応えがありました。
そして依頼を頼んだゲイの活動家はQAFの人のいいおじさんVic。
これまたぴったりの配役です。

そしてG-Spotですっかり女装姿を楽しんだ?
セバスチャン・スペンスがチャドの恋人役。
まさに理想のオヤジカップル♪
背景にハートが飛び交ってましたよ(笑)
自然に頬にキスしたり、温かい視線を交わしたり
ほんのちょっとだけど濃厚なベッドシーンも見せてくれたり・・・
ケイド先生の行く先がちょっと心配だけど
きっと彼にとって満足いく演技だったんだろうな。

BLというにはオヤジ入ってるかもしれないけど?
DQやファーストウェーブにハマってた人に
彼らの新たな一面を観てもらえたらいいなと思います。
ただDVDはリージョン1だし
日本でTV放映できるか内容的にどうだろう。
ってことで日本版DVDリリースを是非!
ファンはついていきますよ♪

CSI:NY「過ちのグランド・セントラル」

ホークス先生、最高です♪

グランド・セントラル・ステーションの構内で
男性が苛性ソーダを浴びて倒れていた。
直ちにマックとホークス先生は現場に駆けつけ
ホークス先生は救急車に乗り込んで
男に挿管、救命措置を行う。

ホークス先生、便利だなぁ。

DrホークスはERでのキャリアがあるそうで
FDNYでもすぐに雇ってもらえそうな人材でした。
RMのトミーよりずっと役に立ちそう。

だが男は死亡。
ホークス先生は駅に戻って、薬品が掛かったクマのぬいぐるみを
持ち主の女の子から預かる。
このとき女の子は怪我の手当て中。
もっと早く手当てしてあげようよ!

クマちゃんからは容疑者の物と思われる足跡発見。
そして殺された男はあまり腕のよろしくない整形外科医でした。
失敗手術を次々に行い、患者から訴えられています。
そして薬品は彼の手に意図的に浴びせられたようでした。

ホークス先生はTVでJ LoのMCを観ながら
彼女のお尻に保険が掛けられている事に気づきます。
整形外科医は手が命。
被害者の手に掛けられた保険金を巡る事件だと判明します。
容疑は相棒の整形外科医に。
N/Tの世界はやはり恐ろしいです。

全て解決した後、ホークス先生は汚れてしまったクマちゃんを修理。
リボンのネクタイを付けてあげて箱詰めします。
ホークス先生、優しいな!

盲目のアーティストの事件では
彼女が造りかけた彫塑を仕上げるために
ステラに呼ばれたアーティストが
Crossing Jordanのジョーダンの元彼。
出来上がった顔の持ち主で真犯人は
North Shoreでビバヒルのブレンダにもて遊ばれていたクリスでした。
FOXlife関係者ばかりだね。

そしてエイデンの降板は、証拠の入った袋の封を開けたから。
証拠隠蔽未遂だけで、NYではクビになってしまいます。
エイデンもマイアミで働いていたら
うまく侍がごまかしてくれただろうに。
市民のために正義を持って事件に立ち向かうNY。
やはりマイアミのオバカコンビは
こっちへ修行に来た方がよさそうです。

CSI:Miami「コードネームの正体」

マイアミ、楽しすぎ・・・

マラノーチェのタトゥーを入れた青年と
製薬会社の広報室担当の女性が一緒に射殺。
女性の太ももにはまだ未発売の鎮痛剤がついていたというお話。

事件はあっちへ置いといて(いつもあっちへ置きっぱなしですが)
ウルフとデルコをCSIのオバカコンビに任命したくなってきました。
皆さん真面目に働き緊張感でぴりぴりしている
NYのオフィスに放り込んで頭を冷やした方がいいのかも(爆!)
でも部下がすっかりオバカ化してるのは
デレデレ侍にも責任あるよね!
ますますキレの悪い侍。
代わりにトリップが斬ってたりする・・・

しっかり隠蔽工作してもらってニコニコ顔のマリソルは
職場にまで侍を追いかけに来ます。
相変わらず病人に見えず元気そうな様子。
デルコの言うとおり、本当に数ヶ月の命なんですか?
マリファナがなければ食欲が出ないはずなのに
侍と楽しく食事してるみたいだし。
ってことは侍も受動喫煙してるのかい?
マリソル、謎だらけ。

姉への競争意識か?デルコは職場でボア・ビスタとベタベタ。
それを見て嫉妬むき出しのウルフ。
結局デルコに二人の関係を追及します。
おまけに誘いたかったんだけどと言い訳を。
ウルフをその気にさせちゃったボア・ビスタのお手伝い捜査。
単にデルコを探しに来ただけだったようで
すでに職場恋愛は始まっていたのでした。
ヤケクソで「職場恋愛は難しい。」と捨てゼリフを吐くウルフ。
でもこちらの職場は上司が部下の家族に手を出しかけてますので!

オバカな二人は製薬会社を調べに行きます。
その後社内暴露ブログをチェックした二人は
自分たちがどう表現されてるか喜んで読んでいます。
「ハーディー兄弟」(ハーディーボーイズと訳して欲しかった)と
呼ばれてちょっとご機嫌な二人。
デルコはA・ロッド(本名アダム・ロドリゲスのことかと思った!)
ウルフはジェイク・ギレンホールに似てると書かれていました。
大体デルコはギレンホールが読めず。
ウルフに俳優の名前と教えてもらうと
いつも俳優みたいな上着を着てるから?と質問。
デルコ、大丈夫かい??
するとウルフはえらそうに「目が似てるって言われる。」と答えます。
ではウルフにはBBMに登っていただきましょう。
ヒース・レジャーも探さなきゃ(笑!)

しかし、何にやってるんだ、この二人・・・

ついでに、今回は仕事が多くて調子づいてた元宇宙人。
彼はいつになったら椅子から立ち上がるのだろう??
マイアミの気がかりの一つです。

事件の黒幕だった製薬会社のボス役に
MPのシドニーだったローラ・レイトン登場。
デス妻トムの本物の奥さんですが
MPの危なっかしい姿ばかり観ているので
すっかり落ち着き払った様子に時の流れを感じました。
でもやってることはやっぱりシドニーでしたね。
MPの人たちは決して過去を封印できないのかも!

Rescue Me「別れのとき」

ここまでみんなを不幸に陥れなくても・・・
予想以上の重たいファイナルでした。

ジャネットの怒り爆発。子供たちを連れて出て行ってしまいます。
「他人の命を助けても自分の息子は助けられなかった。」と罵る姿は
すごく納得できるけど
TWでも常にキャストの身内がトラブルを起こしてたっけ。
仕事での他人へ関わりとプライベートは別物なんだよね。
TWの方はどんどん家族のゴタゴタがグレードアップしてきて
うんざりしながら観てたけど
RMはずっと家族のゴタゴタだからと開き直って付き合えました。
でもファイナルには消防車出動、救助シーンのおまけも観られ
そういえば消防ドラマだったんだと気づかされたりして(苦笑)

ルーはやっぱり騙されてました。
ジェリーはジーナを施設に送ったものの、また苦しむ事に。
結局女性という事で差別され続けたローラは異動、
フランコは諦められません。
そしてオバカコンビは、コナーの葬式でケイティにもバカにされ
神の力を信じるものの・・・
今回はオバカ度が地味だったかな。

トミーを見張らせていたのはミッキーだとわかり、トミーは激怒。
そりゃミッキーは元テイラー捜査官ですから(笑)
どんな手でも使ってくるでしょう。
実の母の葬式には顔を出さなかったのに
コナーの葬式には最後まで付き合ってたジョニー。
ダークなファッションはSVUのキャシディを思い起こさせました。
そしてトミーに、コナーを殺した犯人の情報を伝授。
酔っ払い運転の常習犯だと知って
もう一度酒の力を借りそうになったトミーも思いとどまります。
犯人が護送される現場へ向かうトミー。
しかしお節介叔父貴なテッドが
犯人を撃ってしまって・・・おしまい。

S3はジョニーがまた苦労しそうですね。
でもS3にはあまり顔を出さないようで
DeanをエンジョイするならS2ってことだったのかな。
するとまた別の兄弟が現れるとか?
ギャビン家がどうなってるのか、相変わらずわかりません。

オーロラ

たまには踊る映画もよかろうと映画館へ足を運んだが・・・
なんだこりゃ?

ある国(名前は忘れた)のお姫様は踊る事が大好きだが
国王に踊りを禁止されていた。
国は財政が破綻し、王は娘を金持ちの国の王子に嫁がせ
なんとかしのいでいかなければならなくなった。
王は娘に舞踏会のメヌエットだけ踊ることを許した。
舞踏会を催すには肖像画が必要で(何故?)絵描きが呼ばれる。
娘は政略結婚には興味を示さず
元踊り子だったが王を愛し結婚、その代わり踊りを捨てた王妃は
愛のない結婚を迫られる娘を不憫に思う。

踊るお姫様は素敵なんですけど
コルセットで締め付けられたドレスを着ているのが嫌で
すぐに脱いで下着姿になっちゃうんだよね。
そして画家と弟の王子の前で踊りだして悩殺。
とんでもない16歳の娘なのでした。
画家とお姫様は恋に落ちるんですが
思春期の弟にこれは刺激が強すぎるだろうが。
どうしてもお姫様が天然悪女に見えてしまう。

お姫様は3回の舞踏会で、ことごとく相手のプロポーズを断り
囚われの身の画家に会いに行く。
もちろん王様が画家を許すわけがなく
必死の思いで脱獄して森へ逃げ込んだ画家はあっさり殺される。
お気の毒に・・・

するとお姫様は雲の上に飛んでいき
画家としばし踊ってまた地上に戻ってくる。
でも3度目は戻れないんだって。
勝手に踊ってれば!

王様の悪徳家来が王妃を毒殺。
お姫様と結婚して王家を乗っ取ろうとしていたことがバレ
やっと王様とお姫様は心を通わす。
そして王子は画家を目指して旅に出る。
おしまい。

だからファンタジーって嫌いなんだよね。
途中から全然話についていけなくなりました。
雲の上の踊りは美しかったけど
地上でも一度ぐらい画家に躍らせてあげればよかったのに。

最悪なのが2番目にプロポーズに来たジパンゴ国の王子。
また東洋ごちゃ混ぜ勘違いにうんざりしました。
お披露目のゾンビダンスがまた不気味すぎ。
製作者はそんなに日本が嫌いですか??

ここまでツッコミ倒せるとなかなか気分爽快です。

Deanファンの皆様へ

頂き物情報ですが
本日深夜2:55よりWOWOWでオンエアされるシドニー・ルメット監督の
TVムービー「強制尋問」にDeanが出ます。
脚本はフォンタナだし、OZファン必見かも。
主演はThe Shieldのグレン・クローズとマギー・ギレンホール。
楽しみです。

Miami Vice「赤ちゃん密輸!悪徳弁護士の非情な商売」

AXNでオンエア中のViceはたまにチラチラ観ていて
先日はOZのマクマナスとTWWのレオが並んで車に乗ってる光景に驚き
(マクマナスは髪が生えてて眼鏡姿の
「ナイスサーティーズ」のスティーブと同じ雰囲気)
ちょっとお得なものを観た気分でした。
時間があれば再びゆっくり観たい、
とにかく海外ドラマにハマるきっかけを作ったのがViceだったので
またじっくりと味わいたいんですが
なにしろ忙しくて。
買ったS1,S2のBOXもコレクションとして飾ってあるだけです(汗)

AXN版も無理して観ればいいんだけど
ブラジルで字幕版で最初からS4途中くらいまで観てしまったので
今はソニーの吹替え声がどうしてもダメ。
字幕なしでも英語版の方が馴染めます。
そして今週のエピが日本未放映字幕版だと知って感激。
これは録画テープ(まだ大事に持ってます)には入ってないはず。
おまけに字幕つきで楽しめるしと
興味深々でチェックすることにしました。

コロンビアからマイアミにやってくる不法滞在者の赤ん坊たちが
誘拐され養子斡旋業に流されているという話。
これがまた信じられないくらい地味な展開で、
だから日本では飛ばされちゃったのかなと妙に納得してしまいました。
ブラジルでは多分このエピも見てるはずなのに
全然記憶がないんだもん。
一つビックリしたのがゲストに出てきたスタンリー・トゥッチに
髪が生えてたこと!
脳天とかはもうヤバイ感じでしたが、とりあえず髪がありました。
見た目も相当若いです。
今回は養子斡旋業者に騙された夫役でしたが
確か彼はS4でもっと悪役だったはず。
嫌味な姿が印象深かったのに・・・
おかしいなと思って調べたらViceに4回出演する中で
今回だけが別人。
あとの3回はS4でその嫌味キャラのようです。
次シーズンで別人に扮してもすぐにバレると思うのに。
製作側もアバウトですね。
もっとも嫌味トゥッチの髪は十分少なくなってた気がするけど(苦笑)

地味な展開でも最後には銃をぶっ放してくれるのはViceのお約束。
やっとすっきり観る事ができました。
そしてサングラスを付けたりはずしたりするソニーの仕草を観ていると
これが「マイアミのイケてる刑事」なのか・・と納得。
侍のお手本はやはりここにあるんですね!

DH「美しき友情」

午後11時からのデス妻ってやっぱり遅いよね。
その分10時からSmallvilleが録画できるようになったけど。

今週のデス夫
◎トム
その前に今週のマット@MPがあまりにもせつな過ぎて・・・
またジェフリーと寄りを戻したかに思えたマットだけど
ジェフリーが大枚をはたいて用意したクリスマスプレゼントに
マットはつい意見してしまいます。
ジェフリーとの将来を考えていきたいマットに対し
今を生きるしかないと言い切るジェフリー。
また二人の考えは平行線をたどり
結局ジェフリーはマットに別れを告げます。
お互い愛しているのに。
マットは返す言葉がありませんでした。

そんな辛すぎるマットが絶好調のふりをするトムを観てると
なんか空元気に見えてしまって辛かったな。
しかしいい人トムは、真剣に頑張っちゃう。
トイレに落とされたドーナッツだって出世のためなら問題なし。
そんなトムにさすがのリネットも同情(っていうかあきれ果てた)
社長の生ベーコン山盛り攻撃を堂々と受けるのでした。
しかしこの会社、お遊びモード全開でよろしいんですか??

◎カール
脾臓摘出手術を受けるのに
健康保険に入ってないとヤバイと気づいたスーザン。
イーディから偽装結婚して夫の健康保険に加入しちゃえば大丈夫と
悪知恵を拝借する。
(どうせならドクターと結婚しちゃえばよかったのに??)
イーディが薦めてくれた相手はゲイの男性で
彼は死が近い母に妻を会わせて納得させたいという思いがあって
即結婚に応じてくれる。
ところが二人が式場に行くと、彼の恋人が嫉妬して荒れ始め
結局彼も結婚は無理と出て行ってしまう。
余計な事だけど、結婚したかった彼
こんな思いやりのない恋人とは別れた方がいいのでは?
お互いの悩みを理解してあげられなかったら
やっぱり上手くいかないよ。
とついマットが素晴らしい恋人のお手本に見えてきちゃうんだな。

玄関前で落ち込んでるスーザン。
そこに現れたカールがスーザンに結婚を申し込む。
夫の条件としては申し分ないし!
スーザンは健康保険を手に入れられめでたしめでたし。
でも絶対イーディには内緒です。
内緒にしておけるのかな?

やっとクールな言動を見せてくれたカール。嬉しかった。
このままどんどんお笑い路線に走るカールは観たくないもん。
もしかしたら2006年オバカオヤジ第3位はカールだったかも!
情けないなぁ。

HOUSE「医師の使命」

ハウスオヤジに惚れた!かっこいいっ!!

今までハウスの毒舌を楽しんではいたものの、
こんなに患者を死にそうな目に遭わせるまで
手当たり次第の治療をしなくてもいいんじゃないかとか
ハウスにはデートは似合わないとかブツブツ文句を付けてましたが
全て撤回いたします。
前回と今回の2話で、ハウスへの思いがすっかり変わってしまいました。

ハウスって恋愛が出来ないんじゃなくて
恋愛にどっぷり漬かってしまう男だったんだね。
それだけステイシーは魅力ある女性。
ハウスとの毒舌合戦だって負けてない。
むしろステイシーの勝ち?
二人の意気投合ぶりに、とりあえず嫉妬心を見せてみるキャメロン。
でも全く勝負になっていません。
なのに、私も見て!とアピールする姿がなんかみっともないよな・・・

ステイシーの夫の病気を突き止めるために
エンジン全開で取り組むハウス。
まず夫をレストランに呼び出し睡眠薬を盛って病院へ連れて行き
次はお腹はさっさと切って開けさせちゃいます。
そしてビデオチェックで異常確認。
今度は脳の病気を宣告します。
脳の検査では担当のフォアマンを無視して
夫にプライベートな質問を浴びさせて興奮させ、
公私混同丸出しに見えるハウスの姿。
でも危険な言動も実は夫のためでした。

麻痺の理由がわからないまま
ハウスは危険が伴う検査を夫に薦めます。
夫は拒否、だがステイシーがハウスに頼んだために
ハウスは夫の同意を得ていないのに強行しようとします。
さすがに3人の部下は、強引なハウスにストップをかけますが
一瞬の隙を見てハウスは注射器をブスリ!
それがばっちり目的の場所に刺さるんだな。
さすがハウス、名医でございます。
夫の治療法も見つかりめでたしめでたし。

ハウスがここまで夫の治療に執着したのは
やはりステイシーへの愛がなせる業?
ウィルソンには夫の死を願っているような口ぶりで愚痴ってましたが
ハウスとステイシーの別れが、
ハウスの怪我に因って必然的に引き起こされたものだとしても
二人の心はまだ繋がっていたんだね。
一緒には暮らせなくても大切な存在であるとステイシーに言われて
かなり心が傾くハウス。
結局ハウスが入る隙はなかったんだけど。
そして自分の怪我への気持ちもまだ複雑・・・

そしてステイシーは病院の顧問弁護士になるんですか。
この先もハウスと微妙にかかわりそうで
早くS2が観たい!
S2、FOX本家でオンエア確約してもらいたいです。
(最初はlifeに来てたドラマだよね?)

NUMBERS「列車事故の再現」 

ついに念願のNUMBERSがFOXに登場!ありがたや・・・

飛行機に乗るたびに観てたのに
その後日本語字幕版も頂いて観たのに相変わらずわからなかった
パイロットのスプリンクラーの飛び方の式。
数学が超苦手な私は、追求する事をさっさと諦め
FOXでの放映も2話目から観始めました。

今度の数字は暗号。
文章の中に事故と関係ある数字を拾っていくと答えに近づける。
難しい式も計算もなし。
これならわかるじゃん!
ほっとしました。
毎週意味不明の計算を見せられたらうんざりしそうだもん。

このドラマはやっぱり天才数学者チャーリー君を観て行かなければ
いけないんでしょうね。
優秀なFBI捜査官は今までも山ほどいたし
強引に突っ込んでいく展開も目新しくはない。
でも数学者が背後にいるのは画期的。
数字アレルギーを起こさないように気をつけながら
チャーリー君のありがたいお話に耳を傾けたいと思います。
でも最後の花びらの話でさえ、よくわからず。
とりあえず数学はすごい!ってことだけ知ればいいか。

ところで、今FOXでNUMBERSを観始めた人は
以前にFOXCRIMEでオンエアが始まったとき観られる環境ではなく
FOX登場を待ち望んでいた人がほとんどだと思うんですが、
そこでFOXがNUMBERSオンエア中に
「スカパーに電話一本でFOXCRIMEが観られます」のCMを流すのは
全く意味がないと思うんだが・・・
そもそもスカパーアナログじゃないからCRIMEが観られないんで
電話以前の問題なんだし。
CATVでご覧の方は問い合わせろだって?
ならば問い合わせたらCATVはFOXCRIMEをオンエアしてくれるのか?
ありえないって!
Meloniの横顔がちらっと映って嬉しかったけど
ひたすら腹が立ったFOXCRIMEのCMでした。