INDEX    RSS    ADMIN

NIP/TUCK「ベン・ホワイト」

クリスチャンとショーン、そしてジュリアの
3人の別々の世界でドラマが進行していく。
マットはどうしちゃったの?
そしてカーバー事件は??

○クリスチャン
ショーンがクリニックを出て行ったので
クエンティンと二人で営業を始める。
今回の患者のベン・ホワイトは身体完全同一性障害で
自分に右足があることが不自然だと思い続け
右足の切断を依頼しに来る。
見た目は何の損傷もない足を切断する事は
クリスチャンにはとてもできない。
クリスチャンが断ると
ホワイトは自分の障害のことをしつこく言い出し
そして金はいくらでも払うと
あくまでも手術を要求する。
クリスチャンの信念は揺らぎかけるが
やはり手術は無理だとホワイトの家に伝えに行く。
すると絶望したホワイトは自分で右足を撃ち抜き
そのまま病院へ運ばれる。
クリスチャンの素早い処置の効果があったものの
まだホワイトは切断を希望。
結局クリスチャン自ら、彼の希望に沿う事にする。

悩んでしまうとショーンのアドバイスが欲しくなるクリスチャン。
やはり二人の絆は固かったんだね。
そして落ち込むクリスチャンを励ますキンバー。
二人の関係はさらに深まり・・・果たしてうまくいくのでしょうか?

今回の感動はホワイトが運ばれた先での担当ドクターが
MPのマイケルだったこと。
回りの女性に引っ掻き回されず?律儀に働いていた事が嬉しかった。
ついでにホワイトはCCでリリーに付きまとったジョージでしたが。

○ショーン
ショーンはFBIから仕事の要請が来る。
彼の腕は証人保護プログラムに役立てられることになった。
命を狙われかねない証人たちを安全に暮らせるようにするための
顔面の整形手術。
こんなところで技術が役立つんだね。
今回手術を受けるのは母親と息子。
息子は自分の顔を変えなければならないことを受け入れられずにいるが
ショーンは真摯な態度で接し、息子を納得させる。
手術も成功。ショーンは新たな一歩を踏み出した。
そんなショーンもジュリアのことが気になっている。

ショーンを面接したFBIのボスがデス妻のノア。
ここではまともなキャラだったようですが・・・

○ジュリア
スパにはなかなかお客が来ない。
唯一来たリズの知り合いから
精液がお肌を美しくすると聴いた3人は
早速精液入りフェイスクリームの商品化を考える。
精液は生死バンクから頂いてきて、香りをつけて
と準備しているうちにジョーン・リバースがスパに来る。
クリームをちゃっかり借用。
その効果を知って早速自分の番組で紹介すると言い始める。
利益は半々に、そしてクリームの成分を教えろと迫るジョーンに
ジュリアは断固として口を割らない。
ジョーンは納得して宣伝を開始、スパは一気に繁盛し始める。

ショーンもジュリアも生き生きし始めたけど
本当にマットはどうしてるんでしょう。
気になります。
スポンサーサイト

NUMBERS「スナイパーの心理」

街でスナイパーが無差別殺人を繰り返す。
チャーリーは計算で狙撃場所を特定するが、犯人に近づけない。

また冒頭から難しい式が出てきて
パイロットのスプリンクラーを思い出して暗い気分になってきました。
でもNUMBERSもファミリードラマだと思えば大丈夫。
(最近何でもファミリードラマと思い込む傾向が・・・)
ドン兄とチャーリーの兄弟の絆を楽しむことに。

天才数学者だけじゃお手上げ?のドン兄は
射撃の教官エジャートンを呼んできます。
また出たLou Diamond Phillips。
「バミューダ・トライアングル」ではかなりお疲れでしたが
こちらでは貫禄十分。渋みも増してかっこよかった。
「マイアミ・バイス」のゲスト出演時には初々しい警官だったのに・・・
そしてプロのご意見はさすが。
数学だけじゃなくスナイパーの心理も考慮せよと
先週の展開のひっくり返し的なアドバイスを頂いてしまいました。
ほーら、世の中計算だけじゃうまくいかないじゃん!!

すると無鉄砲なチャーリー君は、銃のお稽古をしたがります。
実地訓練が大切なのはよくわかるけど
お父ちゃんはチャーリーが現場に行く事さえ快く思わないのに。
ドン兄はヒヤヒヤしつつも、弟を指導いたします。

なかなか真犯人が捕まらないまま
いよいよ次の現場はここ!と定まり
通行人等を退避させ、FBIとLAPDが待機する中
ぼーっと車から降りてきてフラフラ歩いているのがチャーリー。
いくらなんでも危なすぎ!
早速狙われ、ドン兄の判断で九死に一生を得ました。
追求したい気持ちはわかるけど、チャーリーは一般人なんだから。
兄はもう少し弟をしっかり見張っておかなきゃ。
ハラハラさせられましたが、兄弟と親子の愛は健在。
青い家の話も最後にオチがあったし、めでたしめでたしでした。
ついでにスナイパー野郎が若者だったのにちょっとビックリ。

Law&Order SVU 「売春婦連続殺人」

相変わらず当てにならない邦題を書いておきます。

やっと先週のCRIME分を観終えました。
エピソードは皆さんご存知なので、見所ポイントを。

売春婦の遺体が路上で発見されるが、
彼女は未成年で勉強に打ち込んでいるはずだった。
現場に現れた風紀課の巡査ダンジェロがどうも怪しい。

このクレーゲンとブリスコーに目を付けられちゃった巡査が
なんとTWの警部スワースキー。
この頃はまだ下っ端だったのかななんて思いながら観てましたが
演じるJoe Lisiはあと2回SVUにゲスト出演していて
また別のOfficer役で出てきます。
(Parole Officerって刑務所関係?って英語がわからない・・泣)
本家には5話同じ名前で出ているほかに
別の名前が他に3種類登場。
NYが好きなお方なんですね。
もう一人の怪しい巡査もよく観る顔ですが
私的にはRoswellのマックスとリズのお父さん!でした。

今週のステーブラー。
亡くなった女性の母親に事件を知らせて
頬を叩かれても不動でいる姿は辛かった。
自分が悪いわけじゃないのに文句も言えない。
刑事も楽じゃないです。
先週のNUMBERSで誤認逮捕されていた男に謝っていたドン兄を
ふと思い出してしまいました。

食事中に次女のキャスリンが、妊娠して学校を辞めた子の話をして
ステーブラーは唖然。
オヤジが必ず説教を始めるとわかっているキャスリンは
部屋にこもってしまいます。
ようやくステーブラーがチャンスを見つけたのは
キャスリンのサッカーの練習の相手をするとき。
キャスリンを傷つけないように遠まわしに話を運んだはずなのに
キャスリンに一言「私はヴァージン」ととどめを刺されてしまいます。
恐るべき12歳。
父がこんな仕事をしているとそれなりに娘に影響が出るのでしょうか。

クレーゲンとブリスコーは今度こそ
一緒に食事を楽しんでいましたね。
そして法廷のマンチ。
映画秘宝4月号の海外ドラマ特集で「Baywatch」のところに
「世界で最もネタにされているドラマ」と紹介されていましたが
ここでもいきなりBaywatchネタが出てきたので笑えました。
キャシディは少しずつ成長してるのかな?

CSI:Miami「セレブの覗き穴」 CSI:NY「悪い賭け」

今週も二本まとめて楽しかった!

Miami「セレブの覗き穴」
久々のオールスターキャスト。そしてツッコミどころ満載!
いかにもマイアミでした♪

高級スパに3人組の強盗が侵入。
女性客の財布と高級車を奪い取り逃走。
その際催涙スプレーで強盗を撃退しようとした女性が撃たれる。

被害者の中にマリソルがいたからホレイショ侍は大騒ぎ!
デルコが騒ぐのはわかるけど、
それ以上に浮き足立たなくてもいいじゃない。
っていうかデルコが姉の心配をさせないように
何気にガードしてた気がするぞ。
侍、どこまで独占欲が強いのか・・・

ところでガンで苦しみマリファナのお世話になってるお姉さんが
何故高級スパで贅沢してるんでしょ。
もう全然病人に見えないんですけど。
ところで彼女の職業は?収入はどの位?
本人は贅沢してないような口ぶりだったけど
強盗が倒れてた家もご立派だったし
デルコの給料だけじゃこんな暮らしできないよね。
隠れ財産とか持ってるのかな。
ますます謎めくマリソル。
そしてきっちり侍に甘え、侍はそれをデレデレと喜び
もう勝手にしてください!

ウルフの目は本当に平気なの?
車の解体工場で銃を突きつけられたときに
思わず固まってしまったウルフ。
その瞬間すかさず相手を撃っちゃった侍。
ウルフは「見えてなかった」を否定。
カリーにも「緊張してた」でカバーしてもらってたけど
やっぱり目はヤバイんじゃないのかなぁ。
しかしバックアップとはいえ、侍が撃つのはちょっと早すぎません?
ここぞとばかり気合入ってたし。
そして倒れた男をまるで死体のように扱ってましたが
まさか死んでませんよね・・・怖いぞ!侍。

その前にウルフは盗難車を探すために
宇宙人を連れて外に出ます。
車の居場所を突き止めるのに宇宙人の力が必要だったんですが
宇宙人は丸腰状態。
幸い銃を使う機会はなかったけれど、
後の事態を思い起こすと丸腰で連れて行くのは危険だよね。
ラボの職員は銃の携帯を許されてないのかな。
その後ウルフが固まった話を聞きつけた宇宙人は
早速ウルフにツッコミ案の定嫌味を返されてましたが、
こんな調子で徐々に宇宙人がお外で活躍してくれると嬉しいです。


NYの方はイカサマポーカーを見破ったとたん
一人があっさり撃たれてしまう話と
お天気キャスターがセントラルパークで死んでいた話。
複雑な事情やら勘違いやらあったんだけど
相変わらずマイアミよりはまともかな。

ドンちゃんの脅しに磨きが掛かってきたのが素敵。
取調室の凄みも増してきたし
葉巻店での嫌がらせも貫禄が出てきました。

検死室での眼鏡オヤジとホークス先生の会話が楽しくて。
事あるごとにホークス先生に
「うらやましいだろ!」と見せびらかす眼鏡オヤジ。
ホークス先生が気になってるのも事実なんですが。

公園でずぶぬれになりながら、
お天気キャスターの死の原因を暴こうとするホークス先生。
あんなにPCを濡らしちゃっていいのでしょうか?
今週のNYのささやかな?ツッコミです(笑)

3月のドラマ覚書

3月の番組表を観ながらチェック。

まず今月28日(月)深夜0時からAXNで「The Shield」S5がスタート。
これもブラジル時代から付き合ってきたドラマの一つです。
またハラハラドキドキしながら観ちゃうんだろうな。

3月4日(日)23時からはLaLaで「The Closer」のプレミア放送が。
LaLaにシリンガー登場、心して味わいたいと思います。
本放送は4月から。4月は心機一転、忙しくなりそうです。

3月7日(水)22時からはスパドラで「Everwood」がようやく放映開始。
絶対スパドラに来ると言い続けてからどの位立ったんだろう。
今回は保存版を作るために録画をするので
金曜23時の再放送枠をチェック予定です。
スパドラだと間にCMが入らないし
二ヶ国語で録画できるはずなのでありがたい!

「Invasion」の後の「エンド・オブ・ザ・ワールド」は
話についていけるのかな?
日曜の晩は暇だし、ちらっと観てみようかなとは思っています。
WOWOWで18日に放映の「追憶の街 エンパイア・フォールズ」は
味わい深そうですね。
そして月末にやってくるSASのS4。
S3を録画したまままだ観てないんだけどどうしよう(汗)

BSfanにはSVUの邦題の続きが載ってましたが
これって正式の邦題なんでしょうか?
未だに疑問を抱きつつ、でもサイトにアップするつもりです。

L&O SVU #21「Nocturne]

今週オンエアの#4から観ようか、エピガイ更新のため#21を観ようか
悩んだ末先に#21を観てしまったらいろいろ思うところがあったので、
かなり先のネタバレになりますがあえて書き記しておく事にします。
#4も早く観なくては。

小児性愛者のピアノ教師ホルトの話。
表向きはとてもいい先生で、近所に住む裕福ではない子供たちの
レッスンを一手に引き受けています。
でも教え子は男の子たちばかりで、
姿勢を直そうと何気に子供たちの体を触っています。
そしてピアノを弾く姿を写真に撮ってアルバムに収め
別室にはビデオカメラがセットされ
レッスンの様子は映像としても記録されています。
ビデオの本数は157本。恐ろしい数のコレクションです。

ホルトを有罪にするために具体的な証言が必要であり
押収したビデオを見ていくうちに
一人の少年が長期間に渡って録画されている事がわかります。
エヴァンという青年は今もピアノのレッスンを続け
ジュリアード学院入学を目指しています。
だが彼の家庭も裕福ではなく、白人でない彼にとって
ピアノで才能を開花させるには厳しい環境でした。

エヴァンはホルトのおかげで今の自分があると感謝していますが
過去の自分の姿を見せられてショックを起こします。
そしてついにホルトについて法廷で証言する覚悟を決めます。
ステーブラーがエヴァンの決意を聞いたとき
エヴァンはステーブラーに自分はゲイかもしれないと打ち明けます。
エヴァンは女性に関心を持てずにいたのでした。
小児性愛者に関する事件には特に敏感なステーブラーは
このときはすっかりエヴァンの味方で
自分はホモセクシャルについてはなんとも言えないが・・・と切り出しつつ
エヴァンが彼なりに生きていく事を励まします。
svu1-21-3.jpg

一方マンチはずっとテレビ画面とにらめっこ。
ボルチモアを思い出しつつ、また暗い気分になっています。
そしてエヴァンの衝撃的映像を見つけて
ステーブラーに伝えることになります。
エヴァンはホルトにされたことと同様のことを
ピアノのレッスンを受ける幼い子供たちにしていたのでした。
ずっと自分がされていたから、自然にそうなってしまったのか?
ステーブラーはその映像に打ちのめされます。
svu1-21-5.jpg

エヴァンは法廷で証言し、ホルトの有罪判決が下りますが
エヴァンもまた3年の刑を言い渡されます。
ジュリアードの合格通知が届いていたのに。

SVUで取り扱われる性犯罪に遭遇するたびに
重たい気分にさせられますが
今回もエヴァンがそうならざるを得なかった?環境に
複雑な思いで観ていました。
他にレッスンを受けていた子供たちは
今は刑務所にいたり、ジャンキーだったり
そういう環境なんだよね。
でも音楽で将来を目指す事が出来たエヴァンは
他の子供たちよりは幸せだったんだろうな。

小児性愛がテーマなので
ステーブラー家も下の双子ちゃんたちが登場。
パパにクリスマスの本を読んでもらっています。
svu1-21-1.jpg
忙しいお父ちゃんも家では大サービス。
でもすぐに電話が掛かってきます。
svu1-21-2.jpg
どうしてクリスマスが年に一度しかないのかっていう娘の質問に
「サンタさんのクレジット使用限度額がオーバーしちゃうから。」なんて
現実的に答えていましたが。

そしてエヴァンも小児性愛者の疑いが生じてくると
突如警戒心むき出しのステーブラー。
自分の持ってた子供たちの本を、エヴァンが持つことも嫌がります。
なんとわかりやすいオヤジだこと。

金持ちMeloni&テレビで観たいSVU

TVGROOVEのニュースより。

SVUのマリスカとメローニが
1話当たりの出演料約US330,000ドル(約4千万円)で
2年間の契約更新をしたんだそうです。

http://www.tvgroove.com/articles/article.php?n0101129

今までのTVドラマ出演料最高金額を得ていた女優が
「The Closer」のキーラ・セジウィックだそうで
マリスカがそれを更新してトップに躍り出て
メローニは「Two and a Half Man」の
チャーリー・シーンの出演料と同額で
TVドラマ界で最高出演料を得る男優になったとか。

ついにMeloni=金持ちオヤジって認識されるのでしょうか。
なんだか幸せ♪
これでまた彼の知名度がアップするかな。

以前Meloniの降板話もちらっと出てはいましたが
結局2年の契約更新。
本家より視聴率がアップしてるドル箱ドラマだし
もうひと頑張りすることになったのでしょうか。

日本でも無事に(とはいえない部分があるのが微妙なところ)
SVUが観られるようになり
このままシーズンが続いてくれるのはありがたいことです。
でもMeloniがSVUにべったりなので
他のドラマのゲスト出演とかが全然ないのが
ファンとしては寂しいんだよね。
他を追う苦労をしないで済むのは楽ではあるけれど。

今週のSVU、まだ観ていません。
英語版をDVD視聴するのは時間と気力が必要なので
なかなか大変なのが正直なところ。
HDDに入ってる吹替えドラマはちょっと時間ができたら
サクッと観てお片づけできるんですけど。
おまけにS1のエピガイがあと2話残ってる。
これをやっつけると、週1話ずつCRIMEペースで進めると思うんだけど。
やっぱりTV放送で観たい!
としみじみ感じる今日この頃なのでした。

DH「引き裂かれた運命」

今週のピーターはキュート♪
たっぷり観られて幸せでした。
でもブリーと仲良くお手手つないで・・・はちょっと勘弁して。

すっかり打ち解けているブリーとピーター。
断酒会の場でも思わずキスしてしまいそうになるが
ストップを掛けるオヤジが現れた。
そのオヤジクロードは、セックス依存症の会のピーターの世話係。
世話役ピーターは別のところではまだ世話される側ってわけ。

ダイナーで働くクロードのところに、ブリーは質問に行く。
だがクロードはピーターを「時限爆弾」だと言ってのける。
一度火がついたら見境なしらしい。
「私は堅い女」なブリーは、
自らピーターの世話係になることを申し出るが、
状況はなかなか難しそう。
そこへ男が現れ、クロードにドラッグを預けていく。
クロードは薬物依存症の会の世話役もやってたわけで、
幸いピーターはまだドラッグには手を出していなかった。
ビーチャーもヤクより酒、それよりケラーだったよね。
また見事にツボを押さえてます。

その瞬間悪女ブリーがスイッチ・オン!
その後たまたまダイナーに入ってきた警官たちに
クロードのドラッグ所持を暴露してしまいます。
クロードは捕まり、ピーターはブリーの物に!

「私があなたの世話役になる。」と宣言するブリー。
彼女の申し出にピーターはうろたえます。
leedes20-1.jpg
ピーターはブリーを受け入れるわけにはいかない。
自分の別姿を、ピーターはあえてブリーに見せることにします。
leedes20-2.jpg

指定された場所へ行ったブリーは
裸ではしゃぎまわる男女の姿に呆気にとられます。
ホストの女性に服を脱ぐようにと言われ
慌ててピーターを探しに来たと伝えますが
これまたいかにもLeeがいそうな場所だよね。
早速RMのボンテージ姿を思い出してしまいました。
火元はケラーに会う前の女装ビーチャーか?

とまた素敵なピーターの姿を期待してたら
ピーターはトイレで縮こまっていました。
leedes20-3.jpg
これが自分の真の姿だと恥をさらけ出そうとするピーターを
ブリーは受け止めてあげます。
leedes20-4.jpg
嘆き悲しむピーターの姿がまた愛らしくて。
ついウルウルしてしまいました。
二人はやっと手を取り合って前に進むことになりそうですが
ブリーにはアップルワイト家との騒動が再発。
まだまだ苦悩は続きます。

カールはイーディの元から立ち去り
トムはリネットの悪ふざけでクビになりそう。
ご苦労様なデス夫たちでした。

NIP/TUCK「フランケンローラ」

今週の展開はかなり強引?
ついツッコミながら観てしまいました。

カーバー事件はうやむやに。
キットの頬の傷は誰が治したのでしょう?
そして捜査の方はどうなっているのか謎のままです。

クリスチャン有罪?のニュースが流れて以来
クリニックは閑古鳥が鳴いています。
美容整形も観光客のドイツ人が行った後予約が入っていません。
そこに舞い込んできたのが火葬場での仕事。
火葬する予定だった数名の若い女性の遺体から手足が切り取られ
それら別々の遺体のパーツでつながれた一体の遺体が発見されます。
従業員のサイラス・プラインがこっそり作りあげたもので
防腐処理も施されていましたが、頭部は誰のものかわかりません。
クリスチャンとショーンに任されたのは
フランケン状態の遺体から手足を取って、元の遺体に戻すことでした。
ショーンらは自分たちのプライドを傷つけられたくなく
すぐに仕事を引き受けませんでしたが
経営はさらに悪化していきます。
リズは辞表を提出。ショーンらに選択の余地はなくなります。
この仕事、SFUのフェデリコに頼めば
きれいに元通りにしてくれそうだよね・・・

一方クリスチャンのところに金の無心にきたジーナは
相手にしてもらえず怒り爆発。
ジュリアを巻き込んで新たなビジネスを手がける事にします。
それは廃墟化したホテル跡地をスパに改装し
クリニックに併設した形での経営でした。
でも彼女たちに経営は無理だとクリスチャンたちは相手にしません。
ところが二人は強引に決行。
さっさとホテル改装工事に入ります。

クリニックは全く仕事をしてないのに
スパ計画の方はそんなに簡単に話が進むかな?
いつの間にか現場監督になってるジーナとジュリア。
金をいくらつぎ込んだかは考えないとしても
話が早すぎでしょう。
そしてマットは療養中?
ジュリアがほったらかしなのも気になります。

フランケンの解体作業をしているうちに
ショーンはサイラスから直接頭が誰のものかを聞く機会を得ます。
檻の中のサイラスはかなり怪しげ。
演じるのはあちこちでよく顔を見せるThe Guardianのジェイクでした♪
(そういえばThe Guardian 
 FOXCRIMEから本家へ帰ってきてくれるのでしょうか?)
頭はサイラスの妹のローラ。
サイラスは死んだ妹の頭部を大切に保存していたのでした。

ショーンが老人ホームでクリニックをアピールした結果
フェイスリフトを希望する女性が現れます。
クリスチャンは早速手術を勧めますが
ショーンは彼女の年齢を考えると無理だと思い始めます。
案の定手術は難航。
そして全てに嫌気が差してきたショーンは
途中で手術を投げ出し、クリニックを辞めると宣言します。

家族も仕事も失ったショーン。
この先どうするつもりなんだろう。

NUMBERS「えん罪の可能性」

数学はあっちへ置いといて、見応えがありました。

1年前に起きた殺人事件と同じ手口の事件が勃発。
前の事件の犯人はドンが逮捕し有罪となり服役中だが
まさか誤認逮捕をしていたのかもとドンは不安になります。
そこでチャーリーに見直しを依頼。
チャーリーがどんなに忙しくても無理矢理頼み込む
ドン兄の強引さは相変わらずです。

FBIでも警察でも
捜査官が容疑者を有罪に持ち込むために必要なのは
科学的証拠や目撃証言など容疑の裏づけ。
そしてベテラン捜査官の経験と勘も大いに役立ちます。

今回のチャーリー理論はそれを根底から覆すもの。
指紋の照合もひっくり返せば別物みたいに
ラボ職員を怒らせるような発言をしてましたが
科学的捜査も100%完璧ではないってことを
常に肝に銘じておかなくてはいけないのでしょう。
自白なんて脅されれば変わるのが人間の心理だし。

もしや誤認逮捕?それを認め難い部分はあったと思うけど
新たな気持ちでドン兄は捜査を再開します。
そして真犯人が浮かび上がり
ドン兄は無実の罪で囚われていた男に心から詫びを入れます。
FBIも辛いよね。
ドン兄一人で立証したわけじゃないだろうに。
でもこれが責任者の宿命か。
こんなとき侍はどうするんだろう。
今回は釈放するが・・とか言いながらさらに脅してたりして。

辛いFBI捜査官といえば
ちっともケラーを有罪に出来ずにあがいていたテイラー捜査官。
彼はどんな捜査をしてたんだろう。
たまにはFBIの立場から見ても面白かったのかも。

ドン兄はFBIに入らずに
野球の道に進んでいたかもしれない過去があったんですね。
彼が再び野球を楽しめるくらい、FBIに時間の余裕のある
平和な世の中になればいいのですが。

Invasion「吹き荒れる嵐」

また嵐ですか・・・

ラッセルは道路封鎖を解除するように訴えるけど
すでに仕事をクビ状態でイマイチパワー不足。
トムはズーラを捕まえたものの、ズーラの手下になっていた部下が
彼を逃がしてしまう。
ラーキンは嵐の上陸予告をレポートするが上司にストップを掛けられ
キーラは怪我をしたルイスと離れられずにいる。

トム、ラッセル、マリエル、ラーキンと子供たちは
街を離れる事にする。
デイブはドキュメンタリーを撮りたくて街に残る。
トムとラッセルは家族を連れ出すが
二人は街に戻ることを告げる。
家族は離れ離れに?

混合種がどうのこうのといった展開には全然付いていけず
単なるファミリードラマだと思って観ています(苦笑)
だから池に浮かんでた謎の人たちもどうでもいいし。

切なかったのがキーラとルイスの別れ。
美しい愛を育んでいたんだね。
キーラはルイスを連れて行きたかったけど
ルイスは病院に留まることを決意します。
別れのキスをする二人を静かに見つめるマリエル。
また二人が再会できるといいけれど。
そして何気にキーラが気になるジェシー。
ちょっと嫉妬してるかな?

トムとラッセルの関係って?
相当憎みあってたのかなと思ったら、今はしっかり意気投合。
家族を、そして街を守るためには意気投合しなければ仕方ないか。
頼りがいあるオヤジっぷりを発揮してくれて嬉しいです。
でもラッセルが微笑を見せる余裕がないのが辛いなぁ。

デイブがローズを迎えにいった小学校で
先生との会話もなかなか興味深かった。
でもあの先生、全然病気してるようには見えなかったが。

あと2話でおしまい。
次週予告ではなにやら陰謀めいた雰囲気がしないでもないけど。
2話できっちり片が付くのでしょうか。
とにかく納得行く終わり方を願っています。

Invansion終了の後にオンエアされる
「エンド・オブ・ザ・ワールド」(On the Beach)って面白いのかな?

CSi:Miami「実験殺人」

珍しくあまり突っ込まずに観てました。
ナタリアも宇宙人も出てこなかったせい?

冒頭の法廷。
妻のメリッサ殺害容疑で訴えられた夫スティーブンって
前にも妻が失踪してなかったっけ?
といきなり頭が混乱しかけましたが
ベガスのS5-#14「もの言わぬ反逆者」の眠り込んでいた夫でした。
Brad Roweっていつ観ても一緒なんだもん(笑)
今度はマジで悪い奴か?と思ったら
結局プチ悪い奴で終わってました。
Bradってそういう俳優さんなんだろうな。
「Wasteland」のもう一つはっきりしないタイのイメージを
そのまま引き摺ってる気がします。

今回は水の中で死体がすっかり腐敗してたり
ゴミの中に埋まっていたり
とても臭いそうでした。
平然と検死するアレックス、さすがプロですね。

3人目の死体を探しに湖に向かったデルコとウルフ。
ゴムボートを運んでたし、湖だと思って出かけていったんですよね。
でも湖はゴミの埋立地に変身。
日本だったら環境破壊だなんだと大騒ぎになりそうな話なのに
アメリカでは地元警察でさえ
湖がゴミ処理場になったことを理解してない?
そんなにおおらかなのでしょうか。
国土が広いっていいなぁ。
ちょっと驚きました。

妻の殺害は愛人の仕業。
いかにもありがちな幕切れでした。
でも愛人はマイアミの女性はストッキングを履かない
という習慣を知らなかったために思わぬミスを犯してしまいました。
侍はめでたく3つの殺人罪を法廷に持ち込めたし
めでたしめでたしでした。

Prison Break「失われたルート」

PBを観ているときに頭に浮かんでいるのはもう一つの刑務所の事で
つい比べて突っ込んでしまうんだよね。

今週気になったことはフォックスリバーの懲罰房。
どうして死刑囚監房と話が筒抜け?
マイケルとリンカーンのために設計されたとしか思えません(苦笑)

OZで懲罰房に入るときは素っ裸になるのがお約束で
素な心で反省せよって事と合わせて
余計な小道具でバカなことを考えるなという意味合いもあったのかな。
でもこちらでは服を着たまま懲罰房行きなので
マイケルがパラノイア演出をするための
小道具を持って入れたことになります。
とはいえアンドリューは懲罰房への差し入れで命を落としたんだっけ?

OZで懲罰房に送られたときの囚人の立ち居振る舞いは
俳優さんのポリシーが感じられるシーンでもありましたが
何しろ素っ裸ですから、それなりに隠してる人
あっけらかんと演じてる人それぞれでした。
一番大胆だったのはやっぱりケラーだよね。
あのふてくされ具合は最高。
PBでは絶対真似できません(っていうかオンエアできないって!)

そして懲罰房でおかしくなっていく(ふりをする)マイケル。
壁を血染めにして頑張りました。
でもこれもミゲルの方が勝ってるよね。
何しろ二度も壁に○○○を塗りたくって・・・
マイケルのいっちゃった表情はなかなか美しかったけど。

カーペット業者の到着前に床を塞がなければならなくなり
スクレが任務を仰せつかります。
捕まったときに備えて用意したのが
刑務所には必ずいる?オカマちゃん愛用のパンティ。
そのパンティをゲットする役はティーバッグ。
彼の趣味とは異なっていたようだけど、
得意の色仕掛けでオカマちゃんに迫り
でどうやっていただいてきたのか、詳細を明かして欲しかった(笑)

LJは彼なりに頑張ってたけど、やっぱり子供だね。
そして携帯の充電器って機種に合う物を探すのが
そんなに大変な事なのでしょうか。
素朴な疑問でした。


L&O SVU「美しさの基準」

第三話はティーンエイジャーのモデルがレイプされボロボロになって
放置されているお話。
CRIMEのエピガイ、違うよね。
ジャスミンの死はマンチが最後に伝えてるのに・・・
でもCRIME観てないのに散々SVUサイトにクレーム付けまくってるので
黙認しておきます。

今週の観どころ。
本家からブリスコー登場♪
彼こそがL&Oの顔。
本家L&OのS3~S14まで、計274話
Jerry Orbachはブリスコー刑事として出演しています。
相棒の刑事はその間何度変わったことか。
今回登場のグリーンはちょうどSVUがスタートした
この年の本家のS10から現在も活躍中。
彼もまた新人だったのでした。
ブリスコーの姿を観るとL&Oだなぁと痛感しましたが
実際本家で刑事が活躍するのは前半だけで
後半の舞台は法廷なので、ほとんど出てこなくなってしまいます。
その点SVUは法廷シーンが少ないので、
刑事たちをゆっくり味わう事ができて嬉しいかも。

Jerry OrbachはS14で本家を降板。
L&Oの4番目のスピンオフ「Trial by Jury」に
ブリスコー役で出演するものの
2エピソードを残し2004年12月に前立腺がんで亡くなっています。
もっと彼の活躍を味わいたかったのに残念でした。

ところでSVUにもブリスコーを名乗る若者刑事がいますが
彼はブリスコーの甥の設定になっています。
でも実際にはJerryの実の息子のなのでした。
息子Chris OrbachはSVUのS1のみ地味に顔を出しています。

そろそろ親バカステーブラーが本領発揮。
モーリーンがダイエットしてると思ったら
無理矢理朝食を食べさせようとします。
すぐに事件のネタが娘に結びついてしまう
実にわかりやすいオヤジなんだよね。

そしてキャシディは青空の下で聞き込みを。
SVUを観始めた頃はOZのDeanしか知らなかったので
外にいる彼がとても新鮮に思えました。
まだまだ初々しいですね。

DH「恥と外聞」

今週のピーターはほんの一瞬だけ。
leedes19.jpg

法廷に向かうブリーに付き添っただけ。
それでもきちんとスーツにネクタイ姿で、
ピーターとしては立派な正装だったわけですが
ブリーの継母はピーターがお気に召さない様子。
「あなたは弁護士?」といきなり質問すると
すかさずピーターは「弁護士じゃない。」と返事。
ここでOZファンは爆笑♪
アルコール、セックスときて次のキーワードが「弁護士」ですか?
どこまでビーチャーはデス妻でもてあそばれているんでしょう。
弁護士を否定しちゃったビーチャー。
過去と決別したくても、OZは絶対付いて回るんだから(苦笑)

継母がお気に召さなかったのはピーターの長髪。
世の中に長髪の弁護士などいないらしいです。
まあ弁護士時代のビーチャーは長髪ではなかったが。
そんなわけでピーターの出番は終了。
スーツを着た意味なかったじゃん。

アンドリューをロードアイランドに連れて行くと宣言する父&継母。
そこでブリーが考え付いたのは、
アンドリューはゲイであることをアピールする作戦。
長髪弁護士が許せない継母には、ゲイの孫なんてもっての他。
めでたくアンドリューはブリーから離れられなくなりました。

カールが限りなく情けない優柔不断オヤジになってしまって
強いBurgiを愛する私としては寂しい限りです。
脱ぐと見事な肉体美は不変ですが、
どうしてこんな変なオヤジに成り下がっちゃったんでしょう。
これじゃスーザンもイーディも迷惑だよね。
そして突然The Sentinelが観たくなってきました。
TSのS3,S4を是非スパドラでオンエアして
Burgiの名誉を挽回してもらいたいです。
ついでにBurgi=ジムのパートナーはブレアしか考えられないんだよね。

ウザスーザンの周りに何故か出没するいい男たち。
今度はSATCのトレイというより
ツイン・ピークスのクーパー捜査官のカイル・マクラクラン登場。
このまましっかりレギュラーになってしまうのか。
スーザンの周りに男が多すぎです!

フェリシアさんのポールいじめは観ていて爽快。
そしてちっとも出張から帰ってこないトム。
本当はトムに性教育をおこなって欲しかったんだけど・・・

次週予告
ブリーが招かれた場所は、まさかピーターの得意分野?
それも十分想像がつくけれど(爆!)

NIP/TUCK「グランビル・トラップ」

ちょっと展開が強引過ぎ??

レアがカーバーに殺害される。
壁のメッセージや殺しという手口から
カーバーのエスカレートぶりが感じられる。
キットは現場からクリスチャンの精液の入ったコンドームを見つける。

クリスチャンは一転して容疑者に。
キットの尋問は容赦ない。
キンバーとの3Pも囮捜査の一環だと言ってのける。
身に覚えのないクリスチャンは無実と言いきり
弁護士を呼ぶことも拒む。
だが状況はどんどんクリスチャンに不利になる。

子供の頃クリスチャンは動物を殺して縫合していた。
(本人は死んだ動物だと主張)
そして死んだと思っていた実の母親が現れる。

これがMediumのジョーのお母さんなんだよね♪
Kathy Baker、一体何人分のお母さんを演じるんだろう。
私にとってはいつまでたっても「Picket Fences」の
ブロック家のお母さんですが(笑)
クリスチャンはすっかり動揺する。

クリスチャンはショーンとジュリアに
警察の家宅捜査にの立会いを頼む。
だが引き出しから鎮痛剤が見つかり
クリスチャンの怪我も自作自演であるとの線がますます濃厚に。
ショーンはだんだんクリスチャンが信じられなくなる。
20年来の友人は何でも理解しあえるはず。
だがショーンはマットがクリスチャンの子であることも知らなかった。

ニュースでクリスチャンに
カーバーの容疑が掛かっていることが放映されたあと
クリスチャンは突如釈放される。
本物のカーバーが次の犠牲者を出したからだ。
ニュース報道はクリスチャンが
カーバーを動かすために仕組んだものだった。
クリスチャンは晴れて自由の身に。
だがショーンとの間の溝が深まってしまった。

そして次のカーバーの犠牲者はキットだった。

クリスチャンは多分無罪になるだろうとは思っていたけど
まさかキットが犠牲になるなんて。
ってことはますますクエンティンが怪しいのか?

キットが捜査のためなら囮捜査でもなんでもすると豪語してましたが
NYのSVUはそんなことはないのであしからず(苦笑)
もし可能ならステーブラーが突如ケラー化して
真犯人をおびき寄せるなんて荒業を見せてくれるのに・・・

今回はマットが出てこなかったけど、まだふてくされているのかな?
今回の患者、HIVのカクテル治療で頬がこけてしまったグランビルは
元に戻って、また恋を楽しむのでしょうか。
自分の病気と向かい合いながら、
傷つかない、傷つけない恋をしてもらいたいなと願っています。

NUMBERS「偽札事件を追え」

今週は素直にNUMBERSを楽しめました。
観方のコツを掴んだからかな?

街で強盗事件が発生。
それも大掛かりなものでなく、ちまちまと頻繁に起きていた。
だが若者たちが殺され、背後に偽札が絡んでいる事が判明する。

偽札捜査対策として財務省から送られてきたのがキム・ホール。
でもフォックスリバー刑務所から送られてきた
タンクレディ先生にしか見えないんだけどね(笑)
そんなわけでタンクレディ先生がマイケルの体ではなく
偽札を必死に鑑定しています。
しかも彼女はアルバカーキ時代にドンと同僚で、同棲までしていた仲。
二人の間に気まずい空気が流れています。

さて、天才チャーリー君は
偽札と本物の比較分析にも数学を使います。
いきなり難しそうな話をすると
キムやドンがストップを掛けてくれるので
一応わかるレベルの話になってました(汗)
そして偽札の元を作るための絵を描く画家が
誘拐されていることがわかります。

偽札業界(っていうの?)もなかなか複雑なようで
かつては手を染めていたオヤジがきっぱり縁を切ったといっても
息子たちはそうではありませんでした。
そしてとらわれの画家は、偽札の絵の中に暗号を託します。
マイケルのタトゥーみたいだな!って気分はまたPBに。

銃弾で犠牲者が出て痛い部分もあったけど、事件は無事解決しました。
そしてついに掴んだ「観方のコツ」
それは「頑張れドン兄ちゃん!」ということで。

チャーリーの話に全く付いていけない私の気分は
初めからドン兄状態なんですが(苦笑)
弟を呼ばなきゃ事件を解決できないし
私生活でも女性運には恵まれてなさそうだし
結構「情けない兄」を地で行ってるよね。
一応FBIのチームを仕切ってるけど、ちょい弱気な部分に
「頑張れ兄ちゃん!」のエールを送っていきたいと思っています。
NUMBERSってチャーリーが鍵かと思っていたけど
結局ドンに浮気しちゃいました。
やっぱりオヤジに惹かれるんだな(笑)

ところでOZ#5-2「法典」はドン兄が監督してたんですね。
今頃知ってびっくりしています。

The Line of Beauty

あっという間の3時間。すっかりドラマの世界に酔いしれていました。

1983年、主人公ニックはノッテイングヒルに住む友人トビーの家に
寄宿させてもらいます。
トビーの父ジェラルド・フェデンは権力を持つ保守党議員。
ニックの出身地がジェラルド支持の選挙区だったこともあり
一家はニックを好意的に迎えます。
トビーの妹キャスリンは精神的に不安定で
家族の留守中、ニックはキャスリンの面倒を見るよう頼まれました。

ゲイのニックはすでにカミングアウトしており、
誰もがそれを承知しています。
キャスリンの薦めもあってニックはBFを探す事に
早速広告で見つけたアフリカ系のレオと意気投合。
フェデン家のプライベート公園で逢瀬を楽しむものの
レオの家庭は厳格なカトリック教徒で
レオは母に自分がゲイであることを話せずにいます。
一家が留守になった日、やっとニックはレオを家に招きますが
翌朝レオは「距離を置こう。」と言って立ち去ってしまいます。

次にニックの公私共々のパートナーとなるのが
レバノン系の大金持ちの息子ワニー。
ワニーは婚約者がいるものの
ニックにコカインを調達、
いい男を見つけては共有し合います。
父がアンティークショップを持ち、自分も鑑定力を備えたニックは
美を探究する雑誌作りに努めます。
一方力を蓄えつつあるジェラルドは
ようやくサッチャー首相を家に招くことができました。
しかしティッパー卿との取引が裏目に出ます。

ジェラルドが秘書と浮気をしているのを
ニックはかぎつけていました。
でも家族のために、ニックはそれを秘密にします。
ところがキャスリンはBFのカメラマンにスキャンダルを暴露。
インサイダー取引と不倫でジェラルドは辞任せざるを得なくなります。
ニックの元にレオの死の知らせが届きます。
死因はエイズ。
ワニーも発病し、すっかり体が弱っています。
婚約は偽装、厳格な父を騙すためだとワニーはニックに打ち明けます。
やがてマスコミはニックがゲイである事を掴み
フェデン家のゲイ人脈までを騒ぎ立てます。
周囲の中傷が激しくなり、家族同然に思っていた人たちにも裏切られ
ニックはフェデン家を出て行きます。

80年代のゲイの青年のドラマということで
差別、中傷とエイズ問題は避けられないだろうと思って観ていました。
やはりニックの目の前には次々に障害が立ちふさがったけど
ニックの生き方が前向きであることが救いでした。
彼は最初からカミングアウトし、
ゲイであるのも当たり前の自分の姿だと堂々と生活しています。
セックスには貪欲だけど、エイズ問題が浮上してからは予防に気を遣い
定期的に検査を受けています。
そしてゲイであることに対する罵詈雑言に対しても
きちんと相手を言い負かす力を持っています。
愛する者を失っても、決してへこたれないニック。
彼の愛は不幸すぎたけど、きっとまた新たな愛を追求していくだろうと
ラストシーンにも希望が感じられました。
ようやく創刊号が届けられた雑誌も美しかった。
ニックはこれで終わりだと言ってたけど、
まだ頑張れそうな気がしました。

イギリスの上流階級の暮らしを垣間見て、圧倒されることばかり。
お金に困らないお坊ちゃまは、影でコカイン三昧なんですね。
ニックも相当のコカイン漬けでしたが
吸い終えた後も全くふらふらしていないのは
よっぽど強靭な体の持ち主なのか?
エイズの前に皆さんヤク中になるんじゃないのと思ったら
それは平気のようで恐れ入りました。

景色の美しさと80年代ブリティッシュ・ロックにまた感動。
ときどき古い曲も混ざり、たっぷり楽しませてもらいました。
お屋敷の若者向けダンスパーティーで流れる
デュラン・デュランやスパンダー・バレー。
あの時代を象徴していました。

ニックのリアルなセックスシーンにも
BBC製作でここまでできるようになったんだなと
正直驚かされました。
初めてQAFを観たときの衝撃の再来かな?
アメリカ地上波では絶対出来ないだろうな。
やっぱりイギリスってすごいです。

出来れば字幕版でもう一度観たい。
WOWOWで字幕版オンエア、企画して欲しいです。



CSI:NY「青い血」

今週もNYの勝ちかな?
っていうか毎週NYが勝ってる気がするけど。

一つ目は若い子趣味な金持ちオヤジがお手製銃で撃たれる話。
ドンちゃんが最初から最後までしっかりマックにくっついて銃を分析、
犯人逮捕にこぎつけました。
ドンちゃん頑張るじゃないですか。

今回のビックリは夜は酒場でオヤジ漁りの高校生娘。
これが学校をドロップアウトして小遣いが稼ぎたいとかいうのなら
話もわからなくもないけど
成績は優秀で勉強の必要もなし
なので夜はリッチなオヤジと楽しみたいと。
発想がすごいっていうか
でも未成年がやっぱりマズイよね。
そして自分のオヤジがまた逆の立場で同じことを考えてるから
始末に負えないよな。

金持ちオヤジをペントハウスまで追いかけて撃った男は
オヤジよりもバカにされた高校生娘に恨みを持っていて
結局オヤジが巻き添えを食らってしまいました。

輪ゴムを巻いた箸とかハンドルロックとか
ブラジルでよく観ていたのでちょっと懐かしかった(笑)
箸の持てないブラジル人も、
やっぱり割り箸の箸を輪ゴムで止めて使っていました。
間に紙は挟んでいなかったけど。

もう一つはセントラルパークの池から浮かんできた死体の話。
池でダイビングのホークス先生、ご苦労様でした。
検死室では、ここより現場が楽しいなんて言ってたけど
どこか和んで見えましたね。
リッチなのか貧乏なのかわからない死体は
無理して金持ちのふりをしていた男が
仲間にからかわれてロブスターのスープを食べさせられ
アレルギー反応を起こして死亡。
仲間は仕方なく彼を池に投げ込んじゃいました。
救いのないNYのバカ共たち。
もう少し先を考えて行動してもらいたいです。

ところでステラはフランキーとお付き合い中?
ジョーダンと別れてステラに走ったか。
とドラマを越えてモテモテのEd Quinn、この先が楽しみです。

来週が実はMiamiとのクロスオーバーだったんですね。
再び侍がNYに登場です。

CSI:Miami「独りぼっちの過去」 

子供はお任せの侍の姿は観られたけど
事件はつまんなかった・・・

また虐待のお話。
事件のおかげでナタリアは元夫から暴力を受けており
彼は現在檻の中であることが判明。
そして侍を虐待していた父が母を殺していた。
みなさんすさまじい家庭で生きてきたんですね。
ベガスのサラも負けてないっけ?
徐々に明かされていく侍の過去は興味深いものの
事件の方はなんだか無理矢理こじつけてるように思えて
もう一つ入り込めませんでした。

一番気になったのが駐車場係と関係を持ち
奥さんにばらすぞと脅されて殺しちゃった男が
なぜそういう関係になったのかなんですが
こちらの事件はあくまでも付け足しで
深く追求されず残念でした。

虐待夫婦の事件の経緯は理解の範疇を超えてました。
いくら憎くても苦しんでいる妻を
わざわざとどめの一撃(じゃなくて三撃でした)しなくても。
でも殺意を持ってるときは関係ないか。
これで息子を自分のものに出来ると思ってる辺りも
この夫、本当に何を考えてるんだろう。
それより怖いと思ったのが、死んでる人からちゃっかり
ダイアモンドと銃を頂いていった強盗お姉ちゃん。
こちらもモラルは関係なさそうだし
嫌な世の中です。

相変わらず正体がつかめないスパイ。
ナタリアの秘密はおおっぴらになっちゃったし
スパイはまた別問題ってことでしょうか。
ってことはバレイラなの?
どうでもよくなってきちゃったけど(苦笑)

Smallville「親友の記憶」

S3になって痛々しいことだらけのレックス。
今週も散々な目に遭ってたけど、そこが見所かと(苦笑)

レックスは療養所(精神病院?)に入れられ一ヶ月監禁状態。
与えられた薬は飲まないようにしてなんとか正気を保ってました。
そしてこの療養所にはかつてクラークにやっつけられてしまった
イケメン坊やたちも療養中。
一体どういうところなんでしょう?
素直すぎるクラークはレックスの
「ここから出してくれ。という頼みを真に受けて
レックスの前でパワーをご披露。
もちろんその前に父母との間でレックスは秘密を守ってくれるか
考え込んでから出した結論でしたが。
しかしイケメン坊やたちはクラークへの復讐を計画。
外部から緑石を取り寄せ(ますますインチキ臭い療養所)
石のパワーでクラークを動けなくしてしまいます。
もちろん最後はクラークの勝ちですが!

せっかく脱出を試みようとしたレックスだけど
療養所の壁に阻まれ電気ショック送りに。
ライオネルの陰謀はまだまだ続きます。
徹底的に痛めつけられるレックス、かわいそう・・・
でも電気が通ってしまったおかげで
クラークのパワーを見た記憶もどこかへ飛んでしまったようで
頭がリセットされちゃったレックスはお屋敷に戻ってきてから
クラークとの友情を確かめ合います。
一件落着?

一方骨折したラナはリハビリ中にアンディというお仲間を見つけます。
ここでLOSTから消えてしまったブーン復活。
ブーンよりインチキ臭そうなキャラでしたが
彼がこの先ラナに近づき、クラークとの三角関係に発展するのかな?

正直クラークとラナのイライラする恋愛模様はどうでもよく
クラークとレックスの微妙な関係の方が気がかりで・・・
クラークにとってレックスは迷惑な存在なのに
でも放っておけないんだよね。
そしてレックスのクラークへの思いはまさに愛だと思うし
二人の男の複雑な愛のドラマ。
とまたしても得意な?歪みバージョンで
Smallvilleを楽しませてもらっています。
痛めつけられレックスがキュートだし(ますます壊れ気味・・・苦笑)

Weeds 「Higher Education」

もう7話目、あと3話で終わりですか。寂しいな。

ナンシーはサイラスの家庭教師を探しに大学のキャンパスを訪れるが
学生たちはあっちこっちでマリファナを吸っている。
一気に顧客を増やせると見込んだナンシーは早速手を広げる事にする。

ナンシーが頼んだ学生(インド系?)はお金が欲しかったので
もう一つの商売も引き受ける。
ナンシーが仕入れた葉っぱを仲間と協力して販売。
続々と注文が増えていくが
学生からの注文の電話を製造所で受けたナンシーは
そんな危険なことをするな!と厳しく怒られる。
そしてナンシーの車に小銭がばら撒かれる嫌がらせが。
商売はうまくいくのだろうか。

ナンシーが仕事中、アンディは家で子守&食事作りを。
シェインと友達が宿題をやっていると
シェインの母が迎えに来る。
一緒に食事をどう?とアンディが誘い
シェインと友達がゲームに興じてる間
友達母とアンディは即ベッドへ。
夫と別居中の母はやたらと激しかった。
アンディは最初は楽しんでいたけど
だんだん食傷気味に・・・

セリアの乳がんの手術に際し、セリアの母が来るが
これがまた曲者の母親で、
家族はうんざりしてしまった。

ベッドシーンのアンディの大胆な姿に圧倒されましたが
徐々にパワーダウンしていく姿もおかしく、そして哀れでした。
Justinはすっかりイメチェンしちゃいましたね。恐るべし。

DH「危ない綱渡り」

冒頭からピーターかわいらしすぎ♪

酒を断つと決めたブリーが酒の代わりに夢中になったのがピーター。
ブリーの家で一緒にビデオを観たり(OZじゃないよね)
トランプしたり(チェスにすればよかったのに)
中華を食べたり(これはOZにはなかっただろうな・・・)
ピーターも結構お楽しみの様子。
そしてすっかり上機嫌のブリーがピーターにキスしたとたん
ピーターが固まってしまいます。
leedes18-1.jpg
今ピーターに恋愛はご法度。
なぜならピーターはアルコール依存症だけでなく
セックス依存症も抱えていたからでした。
(誰が壊したんだい!ってあのオヤジたちの顔が思い浮かぶが・・)
ピーターのリハビリ進行度は植物を育てる程度。
植木鉢4鉢分になりました。
この後動物、人間と進んでやっと正しい恋愛ができるんだそうで
必死で抑えていたピーターだけど
執拗に迫ってくるブリーを拒みきれず、ついに爆発!
leedes18-2.jpg
思わずシャツを破り捨て、テーブルの上の物をぶっ飛ばし
ブリーを抱こうとするものの
ふと我に返って裸でブリーの家を飛び出します。

この大胆な動作は見せ場でしたね。
ビーチャーはこんな風にケラーを押し倒してはくれなかったし。
脱ぎっぷりもまたよし。
でも天の声?ケラーの声?が聴こえてか
あっさり止めてしまうのはかなりまともになった証拠でしょうか。

そしてピーターはブリーのお世話係に
いかにも強そうなドナという女性を指定します。
でもブリーはしつこくピーターにアタック。
ピーターはほとほと迷惑します。
leedes18-3.jpg
おでこの皺に困り具合が感じられるよね。
仕方なくブリーは得意の強硬手段に出ることに。
酒場でさっさと酔っ払ってピーターの助けを呼びます。
結局ブリーに振り回されてしまうピーター。
まるでビーチャーのままじゃない(笑)

ブリーがリネットに証言の際に自分に有利に計らって欲しいと頼む一件
全く同じシチュエーションが今週のMPでも
ブリーとトムの間にあったのでビックリしました。
MPではキンバリーが医療テストの結果を改ざんしてくれとマットに頼み
マットがそれを断ったため、キンバリーは報復に出るんですが
今回リネットの脇にトムがいてくれたらさらに楽しめたのに。
惜しかったです。
ところでトムはどこへ行っちゃったんでしょう。

イーディと婚約すると言っておきながら
気持ちのあやふやなカール。
スーザンとの偽装結婚についてロン先生がイーディにばらしたため
マジでブチキレなイーディの前でしおらしくなってる
カールとスーザンが笑えました。
婚約披露パーティーでスーザンはバーテンとして働いていたら
カールのカクテルのレシピ本の中から
スーザンとの2ショット写真を見つけて訝ります。
するとカールはベッドルームでスーザンを押し倒し・・・
この二人どうなっちゃってるの?
すぐにイーディが現れたので、
カールはスーザンを投げ飛ばしちゃいましたが。

そのパーティーの場で
フェリシアさんが、ポールの殺人容疑について語りだし
気まずい雰囲気に。
さすがフェリシアさん、やってくれるじゃないですか。

NIP/TUCK「レア・レイノルズ」

体に受ける傷より心に受ける傷の方が痛みは大きい。
でも顔面手術シーンは十分痛々しかったけど。

マットはショーンやジュリアに内緒で
ショーンに自分に近づけなくなるよう接近禁止令を取り付ける。
子供が父親にそんなことできちゃうの?と気になったけど
今度は担当者が妹を捕まえ、父親についていろいろ質問を始める。
これにはジュリアも怒りを爆発。
結局接近禁止令は解けたが、
マットは全くショーンを受け入れようとしなかった。

クリニックに来た60代の女性エリーは
アルツハイマーになった夫に、自分を思い出して欲しいと
20年前の顔に戻るよう処置を頼みに来る。
夫を傷つけてしまったと悲しむエリーの言葉に
リスクを伴う手術だったがショーンは合意し
自ら家族を傷つけたことへの償いの気持ちを表しながら
ショーンは術後も丁寧な対応を取る。
若返ったエリーをショーンは養護施設に連れて行く。
夫はきれいになった妻に関心を示すが
次に夫はエリーに施設で出来たGFを紹介する。
やはり夫が理解できなかったらという危惧はあったものの
それ以上のショックが戻ってきた。
ショーンはエリーに気を遣うが
エリーは夫とGFと一緒に過ごす事を選ぶ。

再びカーバー事件発生。
カーバーに顔を切られたリアという女性が運ばれてくる。
彼女のたくましい精神力にクリスチャンは驚き
リアの手術を引き受けるが
そのうち彼女の話のインチキ臭い部分をかぎつける。
手術の際麻酔が効かず、
リアはクリスチャンとクエンティンの会話を聞きながら
相当痛い思いをしていた。
術後リアは弁護士を連れてクリニックを訴えに来る。
だがリアの魂胆が見えていたクリスチャンは真っ向から対決。
頬の傷もカーバーのナイフではなく
グレープフルーツナイフで自分で切ったと主張する。
それに対しリアは思わずブレッドナイフと訂正して
自分の芝居を暴露してしまった。
そして今度は本物のカーバーが、リアを襲いに来る。

かーバー出現のタイミングのよさから
もしやカーバーはクエンティンって疑いたくなるけど
クエンティンはそこまでバカじゃないよね。

レイプの傷が癒えていなかったクリスチャン。
「ケツの穴が痛い。」とショーンに診察してもらいますが
(今更ながら・・でもドキッとするシチュエーションでした)
肛門に異常は見られませんでした。

息子と和解できず苦しむショーンは
思わず腕にナイフを当てて切りつけます。
腕の痛みが心の痛みを解放してくれるのか?
まだまだ苦しみは続きそうです。
 



Crossing Jordan「One Twelve」

先週のオンエア分でしたが、素晴らしいエピソード。
今まで観たエピの中で一番感動し、また学ぶところも多かったです。

ビルが爆破して倒壊。
休日なので誰もいないだろうと思っていたら
日本との取引とかで休日出勤していた社員たちが大勢いて
大勢の犠牲者が出る。

検死局のスタッフは総動員。
見習いまで借り出して、遺体安置所に運ばれてきた遺体の
身元確認に当たる。
遺族への気を遣って白黒写真を撮った後
指紋を取ったり歯の治療写真を撮る。
遺留品を全て袋に納めて
身元がわかると今まで数字で呼ばれていた遺体が
初めて人となって遺族に伝えられる。

すべての遺体の身元が確認できるまで
不眠不休の作業が続く。
ギャレットはエレインの勝手な振る舞いについにブチキレ
スタッフ全員を前にして壮絶なバトルを。
リリーは遺族に罵られるながらも、必死で対応する。

ジョーダンはただ一人ビルの中に取り残されていた
警備員の男の救助に当たるが
彼を助け出す方法はなかった。
徐々に衰弱していく男を、ジョーダンは手を取り励ましていく。
そして男の娘が、このビルに入っている会社に因る環境汚染の
犠牲者になっていたことを知る。

警察とFBIはビルの爆破はテロリストの犯行と決め付け
不法滞在していたサウジアラビア人が逮捕される。
彼の家からは爆弾作りに使われたと思われるアルミの粉も押収された。
だがホイット刑事は彼が犯人だと思えなかった。

生き残っていた警備員が衰弱していくうち
本物の警備員は別人だった事がわかる。
彼はただビルを爆破したかった。
こんな犠牲者を伴うとは想定外だったと告白し息を引き取る。

ところで、事故現場の側をうろうろしている男性が
デニス・クリストファー様。
見るからに怪しそうだし、ジャックの復活か?と
かなりその気になって観てたらどうも様子が違って
彼は爆発の被害者でした。
背中に傷を負ったまま、外に投げ出されて命は助かっていたのです。
ギャレットが一人見つからないと大騒ぎしていたのがデニス様でした。
余計な疑いをかけてしまってごめんなさい!

Medium「フェニックスの怪人 pt2」

4月スタートのMediumS2#1を一足先に視聴。
ところがオンエアされたのが吹替版で、
今まで字幕版しか観た事がなかったので違和感ありまくりでした。
松本梨香さんのアリソン声は、怒鳴られると本物より怖いし
ジョーの声もなんだか違う・・・
本放送では字幕版でのオンエアもあるのかな?気になります。

プッシュ警部がペースメーカーをはずして絶体絶命の大ピンチ!
で終わったクリフハンガーだったけど
いきなり3ヶ月過ぎてました。ずるい!
とはいえプッシュはこん睡状態のまま。
アリソンは夏の間夢を観る事がなく、仕事にも行っていませんでした。
家庭も円満、でもジョーはカウンセリングに通うことになります。
カウンセラーにジョーは3ヶ月前にアリソンとぶつかった事を話し
アリソンのわがままを愚痴りますが
あくまでも謙遜気味なジョー。
決してアリソン一人を悪者にしないんだよね。

また怪人が動き始め女性を殺害。
彼が殺しているのは同じ男性の精子から生まれた人たちだった。
彼の父は金に困って精子の提供をしていたのだ。
アリソンは殺人現場に行き、プッシュの姿を観る。
プッシュにもしもの事がと慌てて病院へ帰ると
現場に現れたのはプッシュの父だったことがわかった。
アリソンはプッシュのために事件の手がかりとなる夢を観続け
やがてプッシュは昏睡から醒める。

次のターゲットの女性を守るために
彼女が働くバスケットボールの試合会場で
警察やFBIは厳戒態勢をとる。
だが犯人は見つけられず、彼女を送り届けるために来たガードマンを
車椅子で現場に来ていたプッシュは犯人と見抜いて撃つ。

プッシュ警部、最後までバッチリ見せてくれました。
ジョーはカウンセリングで話した本音をようやくアリソンに喋るけど
実は自分もわがままだ。
妻と子供たちを独り占めにしたいと思ってると弁明しています。
そしてまたいつものように子供たちのお世話を。
理想的夫、そして父親のジョーは健在でした。

OZクイズ

今週は多忙のためSVUの更新はお休みします。
HDDの中を片付けなくちゃ!

OZ廃人の皆様へ

「OZの間」でOZクイズが始まりました。
是非チャレンジしてみてください。
OZ認識度が試されますよ。

CSI:NY「ダンス&フィッシュ」

不思議な邦題だと思ったけど、本当にダンスとお魚のお話でした。

橋から落っこちたダンサーの遺体。
メカジキに刺された魚の仲買人の遺体。
島からマンハッタンへ通勤に使われるトラムの中で死んでいた
従業員の遺体。

また3つの遺体のお話。
で二つの遺体は事件が繋がりました。
先週と一緒だね。

ステラはダンスに明るく、ステップをご披露してました。
殺されたダンサーが買っていた宝くじに興味津々のドンちゃん。
自分は当たった事ないんでしょうね・・・
仲間の横柄な態度に久々にドンちゃんの怒り!が爆発してましたが
結局は全然無関係な部分を突っついてただけで
空振りドンちゃん、ご苦労様。

リンジーが調べだしたトラムの事件とダンサーが繋がり
ダンサーはトラムから落っこちた事は判明しました。
それもトラム従業員の妻に因る保険金目当ての殺人に
巻き込まれての死亡。
とんでもない話です。

ダニーとホークス先生は魚市場から消えた
凶器のメカジキを追い求めます。
メカジキを発見してラボへ運ぶけど
ダニーは人の死臭はOKでも魚の臭いはダメだそうで
そういうものなのかなぁ??
あまり鮮度のよろしくないメカジキではありましたが。

今週から検死官オヤジが代わりました。
熱血東洋検死官から、検死のベテラン!って感じのオヤジに。
熱血検死官好きだったんだけどな。
あまりにも怪しい東洋が炸裂したために
嫌気が差してしまったのでしょうか。
今度の検死官オヤジは、検死室に一人は居そうなタイプ。
これからもあれこれ語ってくれるのかな?

CSI:Miami「ロリータポルノ爆弾」

ロリコン性犯罪者がリンチされる事件。
アメリカでは性犯罪者がどこに住んでいるかを明らかにせねばならず
引っ越したときも登録しなければいけないんですよね。
性犯罪者には常習性があり、危険人物に気をつけろという警告は
安全性からは必要なのかもしれないけど
刑期を務め上げた元犯罪者の人権侵害にならないのかな?
OZにも性犯罪で投獄、出所した神父さんが行く当てがなく
悲惨な結末を迎えた話があったけど、
もし本当に更正する事ができているなら
性犯罪者のレッテルを貼り、危険人物扱いするのは
せっかくの更正の道を妨げてしまうのではと思います。
石を投げたり落書きしたりなんて言語道断。
そして元犯罪者を抱える家族の心労も半端じゃないし。
今回の殺人の結末。
お兄さんの取った行動は犯罪だけど、
止むに止まれなかった痛々しさが感じられました。

とはいえなくならない性犯罪。
いたたまれない事件の数々はSVUで味わっていただきたいのですが・・

アレックスのビラ貼り。
気持ちはわかるけど、公務員が率先して行うのはどうなんだろう。
検死官室長(なんて人がいたんですね。知らなかった)に
ウルフの目の処方箋と共にお咎めを受けて夜番送りを宣告。
アレックスは昼にして!と訴えます。

マイアミにも夜番CSIがあったんだ!(笑)
それも相当出来が悪いメンバーが集まってるらしい(笑)
アレックスは昼番が精鋭メンバーだと豪語してたもんね。
それでもたまにミスをしでかしてるし
マイアミCSIの技量が疑われます。
おまけに夜の人たちは決して昼に顔を出さないし。
どうなってるんだ。夜番!
是非一度「CSI:Miami night」を観てみたいものです。
ちなみに侍は夜番は拒否するでしょう。
お外でサングラス掛ける必要性がなくなっちゃうもん(笑)

ところでウルフの処方箋のくだりのあとのウルフと侍の会話。
あれってウルフは侍が送り込んだスパイってこと??
ウルフの怪しさは登場の瞬間から感じてたけど
マイアミの謎、気になります。

エッジ・オブ・トゥルース&花より男子2

何かと多忙でドラマを観る時間がとれず
HDDの中に着実に蓄積しております。
週末に消化する予定だけど、今日もこれから映画を観てしまうし・・

そんな中でクリアしたドラマ

○エッジ・オブ・トゥルース
やっと10話観終えました。
話が進むにつれ絶対犯人はジュリアンだろうと確信してたら大当たり。
ラストのトマとの屋上バトルは見応えあったけど
それで終わりかい??な壮絶な幕切れにショック。
しかしジュリアンはよく周りの者にバレずに犯罪を遂行できましたね。
ご立派です。
そしてさすがに刑務所歴の長いトマ。バトルで余裕が感じられました。

こんなに不幸なエンディング??と嘆きかけてたら
おまけ映像は思い切りハッピーでほっとしました。

次にオンエアされる「ドルメン」もちらっと興味あるけど
観る時間がないし・・・悩んでいます。

○花より男子
これだけは意地で頑張ってます。
というよりお気楽にサクサク進んでるというか。

原作を理解してないので
もっぱら流星花園との比較だけど
日本の道明寺にどうも馴染めず。
逆に類がどんどん素敵に見えてきちゃってます。
台湾の道明寺がクールすぎたのか
台湾の類ががほんわかしすぎたのか
理由はよくわからないんだけど・・

台湾バージョンでは流星雨の1話分だった
総ニ郎と優紀ちゃんの物語が
こちらでは組み込まれていくようで楽しみにしてるんですが
あきらは何もなし状態なんですかね?

流星には存在しなかったつくし弟も
かなり重要なキャラだったのかとわかりました。
続きも気楽にエンジョイしようと思っています。