INDEX    RSS    ADMIN

TVシリーズ&スターズ12

TVシリーズ&スターズ 12TVシリーズ&スターズ 12
(2007/09/29)
不明

商品詳細を見る


二日続けて海外ドラマムックを発見。
長年海外ドラマファンをやっていても、こんなに盛り上がっているのは前代未聞の事?
ビックリしました。

こちらは表紙が「High Scool Musical」
内容やキャストがバッチリ紹介されています。
一作目はディスにーチャンネルで、結構楽しく観る事ができたので
二作目にもチャレンジしてみようかな。

このムックはタイトルどおり、もう12冊めです。
当時のトレンディな青春ドラマを中心にピックアップ。
昔はYRも載ってたんだよね。
今回も例に漏れず、The OCやOne Tree Hillなどが紹介されています。
さらにお約束のビバヒルのおまけつき。
ビバヒルはDVD化記念っていうことらしいですが
S1エピソードガイドがとても懐かしく感じられます。

あとは話題のHEROES、24、Prison Breakなどが大集合。
内容は対して差はないんですが
海外TVドラマlifeと比較して読んでみるのも面白いと思います。

今のところ欠かさず買っている海外ドラマムックだけど
こうして立て続けに出たら、買わずに見送ってしまう事もあるのかな。
それもまたありがたいことではありますが。
スポンサーサイト

CSI 「サヨナラはまだ・・・」

前回撃たれてしまったブラス警部。
何度も生死を彷徨いつつ、結局無事に回復しました。
途中迷わず銃弾摘出手術を決めたグリッソムの選択は正しかったってことですね。
生意気娘エリーの態度には最初あきれ果てましたが
父の容態を気遣えるようになってきてほっとしました。
元気を取り戻したブラスに声援を送るCSIスタッフ一同。
シーズンファイナルにしっかり結論を出してくれたのはよかったです。
(でもヴァルタンがいなかったことには納得いかないけど!)
NYで眠ったままのドンちゃんはどうなっていることでしょう。

線路に放置され、頭が吹っ飛んで腰がくびれた男性の遺体。
男性用コルセットの存在を知らなかったので勉強になりました。
腰痛のために使用するのはわかりますが
中世の騎士たちは背骨を守るためにコルセットを着用したんだそうで
メタボのためではありませんでしたか。
しかしあんなに体が変形するくらい締めたら体にいいわけないですよね。

さらに世の中いろんな人がいるんだなと感心したのが
南北戦争再現ごっこ。
実弾こそ使わないものの、南北戦争ファンがしっかりコスプレして戦っています。
ご先祖様の業績を称えるために、自分も成りすましてみるのか・・・
ちょっとした不幸で死ぬ事になってしまったコルセットオヤジ。
好きなことをして死んだから本望でしょうか(って冷酷すぎ?)

もう一つの酔っ払い&薬漬けオヤジは自業自得でしょう。

ラストのグリッソムとサラの意味深なショット。
ちょっと前のシーズンだったら怒り狂ってたかもしれません。
でも今は仕事に支障がなければ、こんな関係もあり?って
冷静に認められるようになってしまいました。
何故だろう。

多分それより次週から登場のホレイショが気になってるからなんだね、きっと!

Enjoy!海外ドラマLife

Enjoy (エンジョイ) 海外ドラマLife (ライフ) 2007年 11月号 [雑誌]Enjoy (エンジョイ) 海外ドラマLife (ライフ) 2007年 11月号 [雑誌]
(2007/09/28)
不明

商品詳細を見る


また新しい海外ドラマムックが発売されました。
FLIX11月号増刊だそうです。

特集はHEROES。
マシさんやGregのほかにMiloなどのインタビューが載っています。
他にこの秋スタートの新ドラマ&新シリーズの紹介。
インタビューではLOSTのJosh Holloway、DexterのMichael C Hallなどが登場。
Las Vegasが12月にFOXでスタートという情報を発見。
これも楽しみです。

そして全米で今秋スタートのドラマの紹介。
この中でいくつ生き残るのか気になるところです。

一番気に入った特集が「マニアック・スター・ファイル どこかで見た、あの俳優!」
ここに出てくるオヤジたちは見事に私のツボでした。
Dean WintersとかRichard Burgiとか♪
そんなにマニアックなのかなぁ?
でもこうして応援してもらえると嬉しいです。

Grey's Anatomy 3 先行プレミア試写会

GAのS3を観るべきかと迷っていたところで
WOWOW主催のGrey's Anatomy S3先行プレミア試写会に行ってきました。

まずはWOWOWアナウンサーさんが、GAのあらすじを簡単に
そしてキャストをかなり詳しく説明してくれました。
今までGAを観た事がない人への配慮だったわけですが
それではデレクとメレディスの関係だけを話した説明の仕方では
全然わからないと思いました。
次に阿雅佐先生が出てきて恋愛占いをご披露。
実はアディソンのお相手はバーク、メレディスのお相手はジョージ
ミランダのお相手がデレクと性格判断をしてましたが
占いなんて全然興味がないし、ドラマの流れもそうはいかないんだから
この時間をとるならもう一話見せて欲しかったなというのが正直な感想。
ちょっとニーズに会ってない時間だった気がしました。

そしてS3 #1「動き出す時間」が始まりました。
以下簡単なネタバレ。
デニーが死んでしまってイジーは倒れたまま。
ジョージやクリスティーナ、メレディスが気を使いますが
イジーはドレスのまま横たわっています。
病院には伝染病にかかったと思われる患者が来て
接触したデレクとジョージはロッカールームに隔離されてしまいます。
アディソンは未熟児で産まれた捨て子を担当。
母親は14歳の学生らしいけれどなかなか事実を聞き出せません。

途中に頻繁にFBが入り、インターンたちが出会った最初のパーティーや
アディソンの浮気でデレクが家を出る決意をした場面
そしてデレクとメレディスがバーで出会う場面などが次々に出てきて、
そのままS1に繋がる感じがします。

ミランダが伝染病患者に病室の外から話をするシーンや
アディソンが妊娠した娘を特定するシーンなどは
医療ドラマらしい感動があったけど
デレクはだから何なの?って感じ。
またごちゃごちゃした関係が続くのでしょうか。
今回は寝たままのイジーが大人しかったので
あまりイライラせずに観られました。
こんな調子で進むなら、S3もクリアできるかも。
結論としては、ちょっと頑張ってみようかなという気持ちになっています。

今回のお土産は
注射器型シャーペンと入場券代わりの診察券でした。
診察券はかなりリアルだし、注射器もお洒落です。
ついでにまた、WOWOWプログラムガイドをもらってしまいました。
10月号は3冊目。
さすがに3冊も要らないです。

gagoods.jpg

10月のドラマ視聴予定

いよいよ来週から新番組&新シーズンスタート。
予約を落とさないようにするために、リストアップしてみました。

NHK BS
Ugry Betty
Desperete Housewives
ザ・ホスピタル

Bettyとホスピタルはどちらも様子見状態です。
Bettyはオリジナルに忠実なら、1話観たところできっとパス。
アメリカ版ならではの知り合いのキャスト!に期待するしかないでしょう。
ホスピタルはジェリーの演技を久々に観られるのは嬉しいけど
吹替え声で一気にイメージダウンになるのが恐ろしくて。
医療ドラマなので、アメリカドラマと比較する楽しみはあるんですが。
ついでに木曜はホスピタルしか見る予定がないので
案外頑張れてしまうのかも。
デス妻は気楽に笑いましょう。

WOWOW
The UNIT
Criminal Minds
CSI:Miami
Cold Case

レギュラーはこの四本。
今と比べるとずいぶん減りましたね。
ホレイショ復活が嬉しいです。
でもいきなりRioでブレイクでしょ?
思い切り突っ込んであげるので覚悟してもらいたいです。
そして8日には話題のドラマ、 Thiefが観られるのが幸せ!
Grey's Anatomyは今かなり微妙な状態。
いつでもリタイアの覚悟が出来ちゃってるんですが
シーズンプレミアを観てから決めようかな?


BS-j
OLVIDARTE JAMAS
「ビクトリア」のこと。
相変わらずちっとも進まないけど、じわじわと激しくなっていくのも
それなりに楽しいです。

FOX
HOUSE.M.D.
N.C.I.S.
Boston Legal
Bones

HOUSEとNCIS、Bonesは問題ないんですが
Bpston Legalはlife時代に1話観て挫折しちゃいました。
最初から再挑戦すれば大丈夫か?
ちなみにPracticeを観てない私には敷居が高すぎるかも。

FOXlife
Crossing Jordan
Numbers

NumbersのS2がlifeに上陸です。
Crossing Jordanはlifeから動く気配がないですね。
さっさとCRIMEに行くかと思っていたけど。

Super!dramaTV
Fastlane
The O.C.
Heroes

Heroesを実際に観るのは月後半からになりそう。
O.C.はゲストオヤジの魅力で頑張って観ています。
Fastlaneはボーっと観ておしまいですね。

AXN
LOST
いつの間にかAXNが縁遠くなってしまいました。
Brothers&Sistersの先行放映は期待しています。

LaLa TV
The Closer
S2もブレンダを取り巻くオヤジたちに注目です。

日テレ
Prison Break
来月でおしまいになるのかな。
ありえない展開のS2だったけど、それなりに楽しめました。

こんなに抱え込んでいていいのかな。
いくつかは意図的に挫折しないと忙しすぎるかなという気もします。

HOUSE M.D. 「Sex Kills」

今回の病人は睾丸が腫れてしまった年配のおじさんヘンリー。
いつものように治療に関してあーだこーだと悩んでいるうちに
心臓が参ってしまいます。
ヘンリーを救えでドラマが進行するのかと思ったら
ちょっと違いました。

ヘンリーの心臓移植が必要だとハウスは言い張りますが
心臓が提供される順番はずっと下
ハウスは自力で心臓を探し出そうとします。
そのとき交通事故で重態の女性がERに運ばれてきます。
彼女は肥満気味で心臓を提供してもらうには問題がありそう
ならばなおさら都合がいいと
ハウスは臓器提供の手配を進めようとします。

ここで出てきたのが女性の夫ロバート役のGreg Grunberg。
今はすっかりHeroesのマット役でお馴染みです。
ってことは相手の考えてる事もわかっているのでは?
と勘ぐりたくなっちゃいましたが
ロバートは妻がまだ生きているのに、
生命維持装置をはずすなんてとんでもないと最初は臓器提供に合意しません。
でも妻の心臓で助かる人もいる。
心臓を待っているヘンリーの娘が素直にロバートに感謝しているので
ロバートも心を動かされます。
だがロバートが健康だと思っていた妻は
C型肝炎にインフルエンザを患っていた?
しかもよく調べていくと淋病だったことがわかります。
まず妻の心臓を健康にしてから移植することになったけど
そのときヘンリーが急変。
即移植手術が行われます。

無事に移植が終わり、ロバートの妻はヘンリーを救います。
キャメロンはロバートに妻が淋病であったことをどう話そうか悩みますが
ロバートはここでいきなり、自分が淋病を移したと言い出します。
やっぱり相手の心の内が読めてたか・・・

ウィルソンがプレゼント用にチョコレートを勝っていたので
ハウスはウィルソンが浮気をしてる!と追求しまくります。
質問をはぐらかしていたウィルソンでしたが
ハウスの家に荷物を持って転がり込みます。
浮気をしていたのはウィルソンの妻でした。
ウィルソン、大丈夫かな?

Criminal Minds 「テキサス列車ジャック」

エルがテキサスの刑務所へ向かうために長距離列車で移動中
飛び込み自殺があったために停車。
それを当たり前のことのように語る警備員にえっ?って思ったけど
今度は妄想に取りつかれた男が銃を奪って警備員を射殺。
妊婦を人質にとって訳のわからない事を言い始めます。

これがTWのフレッドなので
フェイスを呼んでくれば一件落着?に思えたけどそうもいかず。
今回はフレッドではなくテッドは天才的物理学者なんだそうですが
(全然そう見えないところがさすがフレッド!)
天才過ぎてプッツンしてしまったのでしょうか。
担当ドクターと一緒に移動中だったんですが
エルが車内で見ていた資料のFBIの文字がお気に召さなかったらしい。
エルは下調べをしたくて、電車での移動を選んだそうですが
いくら空いてる列車の中でも、重要書類をおおっぴらに見るのはまずかったかも。

人質救出のために連絡電話をつなぐのは許したものの
テッドは権威ある者としか話したがりません。
そのうち体に埋め込まれているチップのことをブツブツ言いだすし。
テッドの隣にレオという思いきり胡散臭いオヤジがいて
あれこれテッドに指図するので
レオをやっつけちゃえばいいのに・・・と単純に思ったんですが
レオはテッドにしか見えない妄想部分の人だったんですね。

エルがいるために車内はとりあえず平静を保っているけど
当然みんな心穏やかではありません。
妊婦さんはすっかり怯えきってるし。
テッドの気持ちを落ち着かせるために
存在しないチップを取り除こうというアイディアを出したのはリード君でした。
しかもリード君は手品の技で偽手術が可能だそうで。
リード君、すごいっ!
見直しました。

車内で呼ばれているのは一人だけ
外ではスナイパーが囲んでいる列車に
リードは防弾チョッキを絶対脱ぐなと命令されて一人入っていきます。
でもテッドの最初の要求は防弾チョッキを脱ぐこと。
リードは素直に従い、ギデオンらをやきもきさせます。
そして緊張しながら偽チップ取り出し手術を成功させると
今度はそのチップを動かせとテッドは無理な要求を突きつけます。
リードは機転を利かせてその問題をクリア。
でもなかなかテッドは許してくれません。
リードは持っている知識を生かして、テッドに穏やかに説得を開始
なかなかいい方向に進みかけていたのですが
車内にはもう一人銃を持った客がいて
ついに我慢できずテッドを狙います。
リード、危機一髪!

このドラマならではの人質救出作戦。
リード君がますます頼もしく見えてきて素敵でした。
これからも活躍を期待してます♪

GSG-9 「葛藤」

終わっちゃった・・・脱力感。
観る前はこんなに楽しめると思っていなかったんだけど
コニーに一目惚れしてから
一話一話がとても大切なものに感じられました。
ドイツ語の壁は高すぎたけど、
今まであまり観る機会のなかったドイツドラマにどっぷりハマれたのは
貴重な経験でした。
おかげで密林ドイツとも仲良しになっちゃったし(苦笑)
WOWOWがどんな経緯でGSG-9をオンエアすることにしたのかわかりませんが
改めて感謝したいと思います。
素敵なドラマをどうもありがとう!
S2製作の話もあるようなので
S2も是非オンエアを!祈っています。

とお礼はこのくらいにしておいて、ファイナルエピソード。
コニーの出方が地味だぁ(泣!)
後半かなり欲求不満でした。

アフガニスタンの大統領がドイツを訪問。
GSG-9は空港で大統領の警護に当たりますが
衛兵が突然大統領に向けて銃を発射。
ゲープらの素早い対応で大統領は救われます。
衛兵は遠くで構えていたコニーに撃たれて死亡。
衛兵の身辺に特に問題はありませんでした。
だが衛兵の自宅を捜索すると
新婚の妻が喉をかき切られていて倒れていました。

この日はゲープの結婚記念日。
マヤは子供たちを母に預け、ゲープと食事に行く予定にしています。
そのとき家にアイスンが訪ねてきます。
先日マヤがアイスンの姿を見たと話すのをアイスンは無視し
突然マヤに銃を向け、仲間と共にマヤを連れ出してしまいます。

本部に戻らなければならなくなり
ゲープはその前に花を買って家に寄ります。
するとマヤはおらず、マヤの携帯に捕らえられたマヤのうめき声が。
「大統領を殺さなければマヤを殺す。」
アイスンが関わるテロ組織はゲープに大統領暗殺を仕向けたのでした。
撃たれた衛兵は「大統領を取るか、妻を取るか。」で妻を取って失敗。
ゲープも窮地に立たされます。

周りに相談できないゲープは
結婚記念日だから出なくてもいいと言われたのに
晩餐会での大統領の警護を自ら買って出ます。
デミアはゲープの様子がおかしいことに薄々気づきます。
警護には背広着用の事。
コニーはアルマーニを着るんだろ?と早速突っ込まれてましたが
コニーはアルマーニはお気に召さないようで。
どこのスーツがご贔屓なのでしょう。
ところがコニーは衛兵を撃ってしまったためにカウンセリングを受けねばならず
警護には加われませんでした。がっかり。

大統領の脇に立つゲープは落ち着きません。
大統領がトイレに行くとデミアと共に付いていきますが
今がチャンス?とデミアをいったん眠らせます。
でも気を確かに持って無事に警護を務めました。
そしてデミアにテロ組織に脅されている事を話します。
デミアは本部に伝えるようアドバイス。
ゲープはアンホフに全てを話し、いったん任務から降ります。

ゲープの元には縛られたマヤの画像が送られてきました。
だが送信先が特定できず捕らわれた場所がわかりません。
それでもだんだん絞り込み、デミアとフランクは
ごみ収集車の中に携帯が入ってることを確認。
道路の真ん中でゴミをぶちまけて携帯探しをしてました。
すごい迷惑!しかも片付けは作業員任せ。

そのうち大統領が帰るときがきて
ゲープにとってはこれがラストチャンスとなります。
ゲープとデミアは前と同じように大統領を警護。
そこでゲープは銃を発射、大統領が倒れます・・・

なんてわけがないのがGSG-9のお約束。
今度は大統領まで巻き込んでのお芝居でした。
大統領が倒れたふりをしている間
テロリストのアジトで大喜びしているところを
特殊部隊が踏み込んで御用。
マヤは何度も辛い目に遭い、必死に抵抗して
ようやく無事救出されました。
この間コニーとカスパーの影が薄かったんですが
何してたんだ?

デミアとアイスンの間に重苦しい空気が流れます。
兄を失い、妹も失いかけているデミア。
この先どうなってしまうのでしょう。
そして帰宅したゲープとマヤは安堵しながら
マヤはこれ以上ゲープがGSG-9に所属していたら
結婚生活は終わりかもと思いつめています。
(この部分はThe UNITのゲルハルト夫妻と一緒?)

とりあえず事件は解決。
だがすっきりせず重たいものを残したままのファイナルでした。
ゲープやデミアのその後を是非知りたいし
もちろんコニーの活躍ももっと観たい!
ということでS2大歓迎です。
この流れならあっさりS2に進めそうだし。

<今週のコニー>
スナイパー役しかなかったので
ひたすら銃を構えています。

gsg-13-1.jpg

gsg-13-2.jpg


gsg-13-4.jpg

見事に命中してしまった事でちょっと反省。
gsg-13-5.jpg

でも自分の行動には自信を持ってますね。
gsg-13-6.jpg

最後に3人並んだところで。
gsg-13-7.jpg

LOST「ジグソーパズル」

アザーズが出てこないと心静かに落ち着いて観られるからありがたいです。
隠れアザーズのジュリエットはいたけれど・・・

デズモンドはまたチャーリーの死のヴィジョンを見てしまいます。
ジンとハーリーがケーブルを見つけたときに
ヘリコプターから誰かが緊急脱出、島の中に落ちていきます。
ケーブルの先にはルソーの仕掛けた罠があり
チャーリーは矢が刺さって致命傷を受けることに。
そして落ちた人の正体がわかるらしい。
デズモンドはその人が恋人のペニーではないかと感じ
ビジョンを確かなものにするためにキャンプを計画します。

アリソンなら自然にビジョンどおりにことが運ぶのに
デズさんはちょっと努力しないとダメなんですね。
そんなわけで必要な人材のハーりー、ジン、チャーリーを誘って
キャンプに出かけていきます。
マシュマロで付いてくるジンは結構単純(笑)
チャーリーは当然疑い深くなってるけど、ギターを背負って出発。
(あのギター、弦がサビ付いてボロボロになってると思うんだけどいいのかな?)

デズさんの予想通りにキャンプは進行していきます。
夜、火を囲んでジンの韓流怖い話に
何を言ってるかわからなくても怯えてる3人が楽しそうでした。
翌日はヴィジョンの通りに雨が降ってパラシュートが見つかり
チャーリーの喉に矢が刺さろうとしたときに
デズさんはチャーリーを避けさせ危機を逃れます。
チャーリーを殺すわけにはいかず、ヴィジョンを捻じ曲げてしまったデズさん。
ようやく落ちてきた人を救い出し顔を観ると、彼女は別人でした。

FBはデズさんのイギリス時代。
婚約を破棄したデズさんは修道士になるために教会で見習いを始めます。
でもこれも結局挫折。
修道士が作っていたワインを開けて飲んでしまいました。
でもワインの運搬をしていてペニーと出会うことができたのでした。

ケイトはジャックとソーヤーの間で微妙な感じ。
ソーヤーに二人の関係をジャックが知ってることを話した後
今度はジャックとさりげなく会話を交わします。
やっと二人の間も元に戻ってきたかなと思ったら
ジャックは夕食をジュリエットのところに持って行き
二人で仲良く食べ始めました。
ケイトの嫉妬心に火がつき、ケイトは突如ソーヤーを襲いに行きます。
その後ソーヤーとジャックは卓球バトル。
二人の腕前はいい勝負でした。
大人の恋も複雑ですね。

CSI「ブラス警部の運命」

ブラス警部も災難だ・・・

カトラー夫人が自宅で銃弾を撃ちこまれて死亡。
夫人は夫ウィリーが仕事中に
芝刈りのアルバイトを頼んでいた隣人の学生と浮気をしていました。
よくある話だね。
学生はウィリーに姿を見られ叩きだされます。
一方行方不明のウィリーは
旅行会社のパンフレットと娼婦のチラシを残していました。
ニックがチラシを見てお電話。
調子のいいことを並べ立てながら、娼婦をCSIに呼び出してしまいます。
来たサリーはNIP/TUCKのキンバー。
こんなところで仕事してましたか!

キャサリンとヴァルタン刑事は旅行会社でウィリーを発見。
ウィリーは腹部に傷を負っていました。
超久々にヴァルタン刑事復活。
前回登場もブラス警部が災難に遭った時だったっけ。
相変わらず落ち着いた仕事ぶりでしたが
どうやらこれで見納めみたいです。もったいない。

ウィリーもどこかで見た顔だと思ったら
デズ妻でリネットの会社のボスのエドでした。

この後ウィリーの不可解な行動が続くのですが
ブラス警部の災難はどこで?
ドラマのオープニングのカジノでの発砲事件に繋がってきます。
ウィリーは女性を人質に立てこもり
兄のサミーを連れてこいと騒いでします。
ウィリーの説得と人質解放のために
ブラス警部は丸腰でウィリーが立てこもる部屋に入っていきます。
外で構えるSWATに合言葉を託して。
銃を突きつけるウィリーに対し、
冷静さを失わず言葉掛けするブラス警部の落ち着きぶりは
ベテランの味わいだなと感心しながら観ていました。
そこへウォリックから、サミーがいないことを伝えられ
さりげなくサミーのことを話す警部。
これはダメだと観念し助けを呼んだときには
すでに撃たれた後でした。
防弾チョッキを着ていても至近距離だし・・・

また撃たれちゃいましたね。
今回は次週がシーズンファイナルなので
安否がわからないまま放置状態にはなりませんが
あちこちのドラマで怪我人続出だな。

ウォリックがカジノの監視カメラの映像をチェック中、
奥さんがカジノをうろうろする姿を見つけてお怒り。
いきなり電話で文句を言い始めましたが
奥さんはウォリックのバースデーパーティーをカジノで開きたくて
アレンジのためにうろうろしてたそうで
ウォリック、ミスっちゃいました。大丈夫かな。

東京国際ドラマ祭2007

昨年に続き「東京国際ドラマ祭」招待状を頂き
話題のドラマ4本を観てきました。
主催はTVfan、協賛がLaLa、ミスチャン、スパドラ、WOWOWということで
この4チャンネルからのラインナップです。
あまりネタバレせずに紹介していきましょう。

ますLaLaはThe Closer S2-#1「Blue Blood」
LAPDの警官が殺害され殺人特捜班にも緊張感が走ります。
証言の矛盾を追っていくうちに意外なところから真犯人にたどり着くブレンダ。
彼女の尋問の手腕は相変わらずお見事でした。
ブレンダはチーム内にスイーツ禁止令を出し
デスクで甘いものを食べる事が出来なくなってしまいます。
彼女自身が変わりたいから。
でもこれはブレンダにとっては大変なチャレンジでした。
私生活ではフリッツと一歩前進?
そろそろ同居をと考えているところで
ポープの離婚話が浮上してきます。
ポープはまだブレンダに思いがあるんだね・・・
でも全然脈がなさそうで。
恨めしそうにブレンダを見ているポープが
ちょっと切なかったかな。

ミスチャンはMONKS2ー#1「つよい女こわい女」
私は全くMONKを観ていないので、
一昔前?のエピでもとても新鮮に感じられました。
MONKはモンクさんの言動以外にも笑いの要素がたくさんあって
素直に楽しむことが出来るんですが
ミステリーはもうちょっとシビアに観たいかなという私のわがままが
どうも継続視聴を拒否しています。
このエピはS2の最初?だと思っていたら
アメリカではS2ー#10だったんですね。
シーズンの分け方が違うのかな?
ロトくじで大当たりしたモンクさんの家の上の住民ケビンは
UC:Undercoverのコーディだったとは!
まるで見た目が別人でした。
ケビンを利用したヴィッキーは
WATにもゲスト出演し肺炎で亡くなったNicole DeHuff。
ヴィッキーに殺されてしまったコンビニの店主は
今週のCriminal Mindsで
シリアルキラーに痛めつけられていた潜入捜査官でした。

スパドラはHeroes S1-#1「創世記」
これで観るのは3回目。
最初は3話連続、次は#1と#2のセット。
今回は#1だけでしたが、このドラマは#1だけ観ても何も解決しない
っていうか頭が混乱するだけだなと痛感しました。
#1は70分あるんだけど、今回呆気なく感じられたのは
すでに#1と#2セットでのストーリー展開が
しっかり記憶されてしまったからなのかも。
字幕版での放映は嬉しかったんですが。

WOWOWはCold Case S3-#20「死刑囚」
始まる前に以前キャサリン来日時にも流してくれた
Cold Case版撮影&携帯禁止+禁煙フィルムをまた見せてくれました。
実によく出来ています。
今回観たのはずいぶん先にオンエア予定のエピですが
死刑制度について考えさせられる素晴らしいストーリーでした。

ここからちょっとネタバレ。

死刑囚アンドレを演じていたのがThe Shieldのジュリアン・ロウで
多少老けた役作りをしてたけど、やっぱり悪い人に見えないんですよね。
ジェフリーズがもう一息踏ん張ってくれたらよかったのに。
でも時間との戦いは限界がありました。
そして殺人課とバトルすることになる検事補を演じてたのがMPのマイケルで
生意気そうで軽い感じがいかにもで見事にハマってました。
エンディングはまたおなじみのHallelujahでしたが
今回はJohn Caleバージョン。
これも味わい深くてよかったです。

最後にWOWOWの竹内アナウンサーと、
リリーの声を吹替えている田中敦子さんが登場。
リリーに負けずにクールでかっこいい田中さんでした。

今回もお土産をいろいろ頂き
HEROESメモ帳が2冊になってしまいました。
半日じっくりドラマ漬け、とても充実して楽しかったです。

「HEROES/ヒーローズ」試写会

ウェブログターミナル主催、HEROES試写会に参加してきました。
前回スニーク試写会で吹替え版を3話分観てきましたが
今回は事前のアンケートで字幕版放映をお願いしたこともあり
願いが叶って念願の字幕版。
新たな気持ちで1話と2話をじっくり味わわせてもらいました。

Kプレスの試写室で参加者も10人程度。
前回は科学技術館のホールの後ろの方で画面が観づらく
おまけに途中で止まってしまうハプニングもあったので
今回の方が画面に集中することができました。

2度目は1度目に気づかなかったことがいろいろ見えてきて
ヒーローたちのお披露目の間に、彼ら同士が意外なところで接点があることがわかり
細かい伏線が張られているんだなと感心させられました。

そして是非聞きたかったヒロの生声「ヤッター!」
このシーンはお馴染みですが、マシ・オカさんの声はかなりトーンが高く
ヤッター!以外も頭から響いてくる感じがします。
そして相当の早口。
マシ・オカさんは普段は日本語を話されていないのでしょうから
ちょっと曖昧な発音が気になるところもあったんですが
しかしあの早口でしゃべるのは日本人でも大変です。
さらに相棒のアンドウを演じてるJames Kyson Leeは韓国系俳優さんですから
あれだけの日本語を流暢に話すのは本当に大変なことだったのではないでしょうか。
ところどころ韓国人が話す日本語だなと感じる発音はあったけど
なかなかお見事な日本人の会話でした。

前回は目で観て怪しい日本に苦笑させられましたが
字幕版だとさらに笑える怪しい日本語。
東京メトロの車内放送が聞こえてくるんですが
これが何を喋ってるのか意味不明で・・・
こんなところはアメリカ人が見ていても全然おかしいところじゃないんですけど
そこで笑えてしまうのは日本人の特権でしょうね。
HEROESってヒロの周り以外はすべて英語で話が進むので
唯一別世界の日本をリアルに感じるためにも
ぜひとも字幕版で観るドラマなのではと思いました。
ちなみにスパドラでは通常字幕版のほかに
土曜21時のみ、ヒロたち日本人のセリフに英語字幕を付けたバージョンも
オンエアしてくれるそうです。

試写の後はスパドラ担当者さんを囲んで座談会。
海外ドラマを多く観ている人も、あまり観た事のない人も
HEROESに手ごたえを感じ、先を観たいと感想を持たれていたようでした。
字幕版か吹替え版かは、みなさんまだ吹替え版を聞いていないのではっきりしませんでしたが
スパナチュ吹替え版の評判が悪かった事は確かです(苦笑)

スパドラがHEROES宣伝に熱を入れているのは
今回のお土産からも強く感じられました。
heroesgoods1_20070922001644.jpg

HEROESロゴ入りマグとメモ帳。読み応えたっぷりのプレスシートが
HEROES袋に入っていました。
マグはすっきりデザインでかっこいいです(裏にスパドラのロゴ入り)
heroesgoods2.jpg

早くこの続きが観たい!
でも4話以降を観られるのは当分先の話なんですね。

WATS3 「暗殺者の素顔」

怒涛のごとく訪れるシーズンファイナル。
今週は3本目か・・・
でWATの場合はプチ・クリフハンガー。
ずっとヴィヴの手術の事で不安感を引っ張っておいて
手術成功でほっと一安心と思ったところで
マーティンとダニーがアディーサを護送していると
前の車からドーンヴァルドらが飛び出してきて銃を乱射。
おしまい!
全然安心できないファイナルだったわけですが
あまりに一瞬の出来事であーだこーだ悩む余裕もなく
このくらいのクリフハンガーだったら穏やかな気持ちでS4を待てるかな。
マーティンとダニーの危機ではあるのですが・・・
それよりNHKがS4を確約してくれるかの方がずっと心配です。

失踪者=暗殺者ペイジの素顔はそのままリンジー・モンローだったわけで
舞台もNYだし、ここで罪に問われても
ミネソタへ行って出直してNYに戻ってくるような気がしてしまって。
おまけにリンジーはMIのエヴァ時代にも
TWとのクロスオーバーでNYに関わってるんだよね。
ペイジはテロなんて無縁だったのに
恋人アディーサがマキーバ解放戦線のテロリストである事を知り
NYから離れる事を決意したものの
ペイジの存在がマキーバのガンバ将軍を護衛するドーンヴァルドにバレたために
彼女が大切にしている人の命を奪われてしまいます。
そこで「きっかけ一つで人は行動を起こす。」と
単独ガンバ将軍を狙い撃ち。
リンジーも思い込むとこんな行動を取りそう(たぶんエヴァも)と妙に納得していました。

知ってる人はペイジだけじゃなく
ペイジの妹がInvasionのラーキンだったのでまたびっくり。
彼女も十分大胆な行動を取れるはずです。
ついでにガンバ将軍って、なんだか大阪出身に思えてしまいました(笑)
ところでマキーバってどこにある国?なんでしょう。

ヴィヴの手術を気にするジャック。
先週罰当たりな夢を見て反省したのでしょうか。
でもサムとの会話は相当ぎこちなかったんですけど。
これも夢を引き摺ってた?

Medium 「夢のあと」

こんなシーズンファイナルっていいな。
クリフハンガーなんかより心温まり感動的でした。

アリソンは夢で祖母と再会、デジャブな気分になります。
でも祖母の話ではアリソンの夫は学生時代の元彼のジョンということになっていました。

アリソンは裁判に列席する予定だったけど
アリエルが忘れ物をしたので届けに行きます。
その間に裁判が始まり、検察側が出したイメルダ殺害容疑を
弁護側は証拠不十分だとせっついてきます。
弁護しているのはお馴染みスポルディング(この名前で統一しましょう・・・笑)
さらに衝撃の事実が!イメルダは生きていました。
検察側はアリソンの夢を元にイメルダが殺されたとしてきたので
アリソンの霊能力が疑われ始めます。
突如アリソンはマスコミに叩かれボロボロに。

帰宅してグッタリのアリソンはふて寝していると
いつの間にかやり手弁護士に変身していました。
そしてアリソンの夫はジョン。
これがJAGのハーモンなんだよね。
さすがに海軍とは縁がなく、バリバリのビジネスマンのようでした。
二人はリッチな生活ぶりですが子供はいません。

そしてアリソンはスポルディングと一緒に
イメルダ殺害の件の弁護を引き受けます。
凶器のナイフについての分析で数学が必要とされ(いきなりNUMBERSモードに)
証人として頼んだのが数学者ジョー・デュボア。
赤の他人としてジョーが出てきます。
このジョーが飾り気がないけどいい人のオーラが出ていて
アリソンを見つめる表情がなんともかわいいんだよね!
そのうちアリソンは長い付き合いのジョンより
出会ったばかりのジョーに魅かれていきます。
そしていつの間にかジョーの家にたどり着き、運命のキスを!

アリソンが目覚めると、いつものデュボア家が待ってました。
そしてアリエルの言葉から、裁判は始まってない事がわかります。
アリソンは長い夢の中で、スポルディングが証拠でっちあげを企んでいるのを知ったので
今度は大丈夫。
スポルディングがイメルダの替え玉を用意したのを暴きました。
めでたしめでたし。

本当のジョーとアリソンの出会いはどんな感じだったのかな?
JAGオヤジのハンサムな夫ぶりもよかったけど
やっぱりアリソンはジョーと一緒でなきゃ!
アリソンが夢でもう一度祖母に会って「やけども治る」って指摘できたのもよかったです。

GSG-9 「パラダイス」

コニーがフェミニストぶりを発揮!
見所たっぷり、大満足いたしました。
そんなわけで感想もコニーメインで書きたいと思います。

貨物トラックから女性たちが降ろされ
人身売買組織の男は、「服を脱げ」と乱暴に指示します。
彼女たちはアルバニアからトラックに乗せられてきました。
ドイツに来ればきっと素敵な暮らしができる、そう騙されていたのでしょう。
女性の一人ズエラは抵抗し、その場から逃げ出します。
即追っ手が来るが、ズエラを救ったのはコニーでした。

GSG-9が女性の引渡し現場に到着、彼女たちを救い出します。
だがズエラは妹が他のトラックに乗せられて来る事をコニーに話します。
GSG-9は国境付近でトラックの積荷検査をして、次の女性輸送便を見つけ出しますが
乗せられていた女性たちは窒息死していました。
コニーはズエラとともに遺体を確認。妹はいませんでした。
ズエラはコニーに、自分と妹エリラの写真の入ったロケットを渡し
エリラを救うように頼みます。

ここからコニーは人身売買組織壊滅より
捕らわれた女性の人命救助を優先すべきと考えます。
死んだ女性の髪が棺から出ていたら
粗末に扱うなとチェック。
デリラに寄り添う姿は特殊部隊姿でも、いかにも王子に見えました。
Andreasが中世貴族コスプレで白馬に乗ったりしたら
本当に絵になるだろうな!
そんなドラマはないのでしょうか?観てみたい!

人身売買がテーマで記憶に新しいのはWATS3の「孤独な戦い」
このときはFBIがメインだから警察のふがいなさが気になりましたが
今回は警察とBKAのコミュニケーションがどうもちぐはぐな気がして
BKAってFBIみたいな組織なのかよくわかりませんが
警察側から見るとややこしい存在なのかなと感じてしまいました。

しかしWATよりこちらの方がずっとシビアに感じました。
舞台がヨーロッパだから当然だと思うけれど。

エリラの乗ったトラックは行方不明のまま。
警察は荷物検査の徹底を促します。
モッタはトラックを受け取るつもりで待っていますが、警官がうろうろしていて動けません。
それでも隙を見て警官を射殺、女性たちを他のトラックに移動させました。
空のコンテナを見つけたゲープらは、女性の居場所を突き止めるために必死になります。
残されたカーナビに登録されていたのは食品会社の倉庫。
GSG-9はスタンバイしますが、なかなかトラックは現れません。
ここでモッタはナノという別者の手で爆破されかけ、GSG-9が身柄を拘束
話を聞きだそうとしますが埒が明きません。
そこでコニーが「女性を救う!」と強硬手段に。

車にモッタとデミアを乗せたコニーは運転している途中
タイヤの調子が悪いとデミアに確認のために車から降ろさせそのまま発進。
モッタと二人きりになってしまいました。
早速モッタを脅しに掛かるが、女性の命が肝心と
モッタに銃と車を渡し、残された女性たちを確保しろと逃がしてしまいます。
モッタにクソ野郎と認められたコニーの大胆な行動。
でもこれも捜査の一環でした。
銃には追跡装置が取り付けられていて、モッタの居所がわかります。

モッタが向かったのはコンテナ置き場。
いつの間にか車をベンツからフォードに乗り換えてましたね。
さすがに黒ベンツは目立ちすぎでしたか。
そしてモッタとゲープ&コニーの追いかけっこ。
モッタが銃を撃ちまくるのも恐れず突進するコニーがかっこいい!
ものすごい距離をすたすたと走ってました。
実はコニーの渡した銃は空砲だったんだよね。
用意周到な作戦。恐れ入りました。
モッタはもう一丁銃を持ってたけど、コニーが無事捕獲
コンテナの女性たちも救い出されました。
コニーはロケットの写真でエリラを確認します。
しかしエリラはモッタの銃を見つけると銃を手にしてモッタを狙います。
モッタが撃たれたら捜査の進展なし
とっさにコニーはエリラの腕を撃ち、その場をしのぎます。
コニーの苦悩の表情がよかったな・・・
コニーが撃たなくても誰か撃ってたとみんなは言い訳してくれましたが。

コニーはエリラの見舞いに行きます。
病院にはズエラが来ていました。
花を渡し、ズエラにロケットを返そうとするとズエラは怒ります。
エリラを救うと言いながら撃った事を許せないのでしょう。
でもエリラはコニーに感謝し、再びコニーにロケットを手渡します。
ロケットを受け取ったコニーの記憶に二人はどう残っていくのか・・・

<今週のコニー>
gsg-12-1.jpg

はらりと掛かる前髪がセクシー!

gsg-12-2.jpg

ズエラを見つめるまなざしが真剣です。

gsg-12-3.jpg

ズエラの手を握るコニー。顔は怖いけど。

gsg-12-6.jpg

車の中でモッタを脅し中。

gsg-12-7.jpg

背中合わせでゲープと銃を構えるコニー。

gsg-12-8.jpg

見つけた!!(この表情お気に入り♪)

gsg-12-9.jpg

覚悟を決めて出るっきゃない!ものすごい緊張感。

gsg-12-11.jpg

仕方なくエリラを撃ってしまったコニー。目が切ないです・・・

gsg-12-12.jpg

そして安定感ある二人の2ショット。

gsg-12-13.jpg

お見舞いに来たコニー。トレンチコートの中は意外にラフなファッションでした。

gsg-12-14.jpg

二人に許してもらえてよかったね。

LOST「新たな仲間」

仕切り屋ジャックは騙されジャック!

ジャックが戻ってきたとたん、早速仕切りモード復活。
みんなにはジュリエットの存在は不愉快でたまらないのに
ジャックが連れてきちゃったからいやいや我慢を。
ジンはストレートに嫌ってましたね。素晴らしいです。
そして急にソーヤーの威厳がしぼんでしまった?

FBはその渦中の人ジュリエット。
彼女がお姉さんのガンを治し無事に出産させてもらえるという条件で
プロジェクトに参加することを同意。
潜水艦でアザーズ部落にやってきます。
ここでは妊婦たちが無事に子供を出産する事ができず
ジュリエットもなんとかしようと頑張ってみるのですが
そんなとき飛行機が落ちてきて・・・

で以前出てきたアザーズ部落で地震現象?につながりました。
部落にはジュリエットのほかにも医者が多数おり
イーサンとかグッドウィンとか
グッドウィンって医者だったんだ!
しかもジュリエットと付き合っていたらしい。
ちらっとセクシーなBrett Cullenの姿が拝めてよかった!
さっさと死んでもこんな復活なら許します。
果たしてパウロは復活できるのか。

ジュリエットが奇異の目で見られている頃
クレアの体調が悪化、出血し始めます。
ドクタージャックが戻ってきてよかったね。
しかももう一人のドクター、ジュリエットが
原因は自分だと言い出すからまた話は複雑に。

確かにクレアはイーサンに誘拐され
病院みたいなところで注射されてる意味不明な話がありました。
その話がジュリエットの説明につながり
この流れは最初から用意されていたのか
それとも無理矢理こじつけた話だったのか
どうもLOSTの展開って強引過ぎてよくわかりません。
とにかくジュリエットの説明では
イーサンが隠していた薬を打てば症状は治まるんだそうで
ジュリエットは薬を取りに行きます。
クレアは島で初の出産成功者だったけれど
これからも危険が伴うのかな。

ジュリエットの働きによりクレアの体調は戻り
島の仲間もようやくジュリエットを受け入れようとします。
わかりやすい展開!
そしてもっとわかりやすい事に、
案の定これはジュリエットが潜入するために
ベンが作ったシナリオだったのでした。
すっかり騙されてるジャックって単純すぎ。
もう少しサイードの意見を聞いておけばよかったのに。
一週間後にアザーズ復活のようですが
祝!エミー賞受賞のロックさんも一緒かな?

第59回エミー賞の結果

ネットでチェックしましたが
そうだったのか・・・とちょっと冷ややかです。

作品賞
ドラマ部門「The Sopranos」
もう挫折しちゃって長いから・・・
しっかり観ていれば感動があったんだろうけれど。

コメディ部門「30 ROCK」
知らない世界なのでなんとも。

ミニシリーズ「Broken Trail」
この間WOWOWでオンエアしてましたよね。
西部劇は大好きだけどあまりにキャストが渋すぎて
どうしようかなとパスしちゃったところでした。
20日に再放送があるので今度は録画しておこうかなと思っています。

主演男優賞
ドラマ部門 James Spader(Boston Legal)
これもlifeでちらっと観ただけでした。
lifeで新シーズンが始まったらしっかり観てみようかなとは思ってますが
もしかしたらCRIME行き?どうなんでしょう。

コメディ部門 Ricky Gervais (Extras)
コメディは縁がないまま終わりそうですが
Baldwin長男もノミネートされてたんですね。
コメディオヤジになってたんだ。

主演女優賞
ドラマ部門 Sally Field (Brothers&Sisters)
私の大好きなお姉さまたちを蹴落として堂々受賞!
ってことはBrothers&Sistres、かなり期待していいってことでしょうか。

コメディ部門 America Ferrera (Ugly Betty)
今のところベティを観る予定はないんですけど
脇オヤジはちょっと気になるかも。
OCのケイレブとか、Tony Planaとか、
SFUのフェデリコとか(オヤジじゃないか)
オリジナルのストーリーというより演出についていけなかったので
アメリカ版がまるで別物なら大丈夫?
やはり一度チェックしてから悩もうかな。

助演男優賞
ドラマ部門 Terry O'Quinn (LOST)
マシ・オカさん残念。
でもベンが受賞するんだったらロックさんでいいです。
ロックさん、今どこに行ってるか謎ですが。
ところでロックさんとベンは並列で「助演」なんですかね。
ロックさんの方が格が上だと思うんですけど。

コメディ部門 Jeremy Piven (Entourage) 
アントラージュはいつの間にかS1の8話観終えてました。
S2以降は回数が増えるんですね。
S1ではこの人の魅力がよくわからず。
Kevin Dillonのジョニー・ドラマ役の方が笑えた気がします。

助演女優賞
ドラマ部門 Katherine Heigl (Grey's Anatomy)
彼女が宇宙人だった頃はよかったんですが
人間になっちゃってからあのギャーギャーわめく姿がどうも苦手で
おかげさまで未だにスパナチュオヤジが心臓病に見えて仕方がありません。
すでに10月からのS3をリタイア宣言しそうで、どうしましょう。

コメディ部門 Jaime Pressly (My Name is Earl)
彼女は好きな女優さんなんだけど
このドラマも観てなくて・・・ごめんなさい。


去年は大騒ぎしてたのにな。

CSI「ラスベガスドリーム」

今回はオーソドックスな展開。
カリフォルニアから遊びに来たジェフという男が豪遊した挙句殺されます。
男の影には美女あり。
ジェフが死ぬ前にホテルで一緒にいたハイディはハスラーで
ジェフに近寄ってわざとワインをこぼし
お詫びに高級ブランドファション一式プレゼント。
その後プールバーで一儲け。
かもられた男がジェフが借りてた真っ赤なフェラーリに
黒いコルベットをぶつけてきます。
ジェフとハイディはその後ホテルで熱いひと時を・・・

そしてホテルの外でジェフが首を殴られて死んでいたのですが
CSIは当然ハイディやかもられたランディを疑います。
だがここまではラスベガスドリームを味わうために作られたシナリオでした。

こんな商売もあるんですね。ビックリ。
夢の提供ビジネスを営むオヤジが日本式庭園を借りて
怪しげな和風イベントを行ってたようですが
お姉さんたちの着付けがなってないんじゃない?と感じたとたん
その場面は映らなくなったのでほっとしました。
怪しい日本は勘弁して。

今回はゲストオヤジがツボでした。
ヤラセで負けて怒ってたランディ役でKenneth Johnson登場。
The Shieldであまりに悲惨な最期を遂げてしまったレンのそのままの復活に
亡霊が出てきたか!と思っちゃいました。
そういえばThe Shiled、止まったまま。
シェーンがどこまでごまかし通せるのか、すごく気になってるんですが。

そして実はジェフがちょっとした誤解で
夢から地獄へ転落するきっかけを作ってしまったキム様役がWill Yon Lee。
久々に姿を観たけれど、相変わらずアジア代表美麗アクター♪かっこいいです。
もう少し派手に立ち回って欲しかったのに座っているだけで残念。
座っているといえばアジア代表アーチーは
ビデオ解析で座りっぱなしでお尻がしびれちゃってました。かわいそうに・・

ついでに不幸にも殺されちゃったジェフ君は
その昔Opposite Sex(オポジット学園)で
Heroesのピーターと一緒に女子高に通ってた男の子だったんですね。
彼もこんなにオヤジ化してしまったんだ・・・

ラストの主任とサラの意味ありげな表情も爽やかにとらえられたし
素直に楽しませてもらいました。
でも先週に引き続きウォリックが仕事してないのは何故?
パンツのにおいをかいでただけじゃないですか!

GSG-9「拭えぬ傷跡」

ロトくじ売り場で爆弾予告。
GSG-9が到着する寸前に爆発、売り場は吹き飛ばされてしまいます。
爆弾はボールペンに仕組まれたものだとわかりました。
その頃アンホフは警察のパーティーで
どこかで見覚えのある男から、ボールペンを受け取っていました。
ボールペンを調べるとやはり爆弾。
犯人はアンホフの命も狙っていたようです。
アンホフの記憶から、男の正体が暴かれます。
男の名はガウス。東ドイツ時代に爆弾処理を担当していたエリート警官
だがドイツ統一後、GSG-9に応募して不合格になり
失業後名前を変えて工場で働いていました。

まずはボールペン回収を。
GSG-9は街に出て、ロトくじ売り場でボールペンをもらった人を探します。
そしてボールペンを慎重に回収。
コニーは風船を持った女の子にしゃがんで優しく声を掛けます。
まるで4 Gegen Zのマトレウス状態でかわいかった!
だが焦ってボールペンを放り投げる男がいて、
ゲープは必死でペンを追いかけますが、幸い爆弾ではありませんでした。

その頃ガウスは妹と彼女の恋人を連れて工場へ。
工場のパイプに2箇所爆弾を取り付けます。
そしてアンホフに内務省からの金の振込みを要求します。
GSG-9たちは今度は工場でガウスを捕らえゲープたちが尋問
カスパーとコニーは爆弾探しを引き受けます。
爆弾処理の達人カスパーの判断は的確。
だからコニーも一緒についてきたのでしょう(笑)
だが見つけた爆弾の発火装置がわかりません。
そのときコニーは飲食禁止の看板があるのに
工場の中に水筒が置かれているのはおかしい?と気づきます。
なかなかいい勘だったね!
ガウスは水筒で冷却しながら爆弾を運んできたのでした。
ってことは高熱で爆発?
調べていくうちに35℃で発火する事がわかります。
それは体温と一緒。
3つあるはずの爆弾が2つしか見つからないのは
ガウスが飲み込んだからでした。
ついでにコニーは縛られていた従業員を助け出しますが
その中にはガウスの妹たちも含まれていました。
コニーにはわからなかったので仕方ないか。

アンホフはガウスと交渉開始
脳腫瘍をわずらっているガウスには失うものがありませんでした。
アンホフは被害を最小限に食い止めるために金を振り込ませますが
ガウスは素直に従いません。
チェコに逃亡するつもりだった妹は自首して
ガウスに考え直すよう説得します。
でもガウスの決意は固く、爆弾処理室で自爆する事になってしまいました。

今日もリッチなコニー伯爵。
みんながビールを飲みに行くか相談しているのに
'82年もののワインを楽しむんだそうです。
さすが、言う事が違いますね。
デミアがコニーの家で飲みたいと言い出すと
「妻と3人で」とコニーに確認されてしまいました。
コニー妻&コニーお屋敷、どれほどゴージャスなのか
ドラマ終了前にこの目で確かめてみたいけど・・・

コニーが素敵だからどうでもいいんですが
GSG-9での証拠分析ってどうなってるんだろう。
瞬間移動できる鑑識がいない限り
今爆発した爆弾が本部ですぐに何だかわかるはずがないじゃないですか。
それが瞬時にわかるGSG-9本部には、なにかすごい秘密が隠されてるのかも。
ここではCSIはあまり仕事はなさそうです。
でも爆弾処理がお得意なカスパーは
マイアミに行けばホレイショ侍と話が合うかもしれません。
コニーはアメリカではダメでしょうね。
だいたい伯爵なんて身分が存在しないし。

<今週のコニー>
gsg-11-1.jpg
風船を持った女の子の顔を見ています。

gsg-11-2.jpg
ボールペンの持ち主はオヤジでがっくり?

gsg-11-3.jpg
もやの中を突き進んでいます。

gsg-11-4.jpg
犯人の妹たちをしっかり助けちゃいました!

gsg-11-5.jpg
カスパーと一緒なら爆弾も怖くない♪

gsg-11-6.jpg
また上を見ています。




一週間の反省&Supernatural「駆け引き」

Blogをいじってから一週間たちました。
アクセスカウンターの結果を見ると最初はちょっと数が増えましたが
一日に900~1100くらいのアクセス数で落ち着いているようです。
HPにカウンターをつけたときはゆっくりと数字が増えていましたが
Blogってすごいんだなと改めて実感。
いろいろなところにリンクさせていただいているので
その恩恵を預かっているのかなと思いますが
日ごろのご愛顧に感謝いたします。

そしてコミュニティの方も15人になりました。
さて、何しよう!ってお互いのBlogの行き来でもいいのかもしれませんが
交流を深める場ができれば嬉しいです。

ところでついに登場、スパナチュのセバスチャン。
どんな悪魔になって出てくるのか、すごく楽しみにしてました。
私の頭の中ではもちろんオネエ風プリティな悪魔もあり!だったんですが
そこに現れたのは普通のオヤジ
せっかくの悪魔なんだもん。もっとコスプレしてくれなきゃダメじゃん!

ウィンチェスター父と素手で戦えば絶対勝てそうな気がしましたが
悪魔は熱いのが苦手なようだし、以外に弱虫かもしれません。
でも私にとっては父はまだ心臓病ですので、どこかで息切れするのかも。
やっぱり体力的には悪魔の勝ちか♪

今回は悪魔はちらっと顔見せ。
次週に続く・・・なのでシーズンファイナルに暴れてくれる事をしましょう。
オヤジバトル、楽しみです(とすっかり息子たちを無視してる)

どうでもいいけどウィンチェスターがコルトを持つと
銃×2でパワー倍増ですね。
今頃気づいて喜んでいました。
悪魔よ、気をつけろ!!

WATS3 「ジャックの孤独な朝」

予告編を観たとき、WATのLOST化が始まり
これはジャックの妄想であって欲しい!と祈りましたが
ほぼ当たりでしたね。
ドラマを観ていて最もがっかりさせられる「夢オチ」ってヤツでした。
オリジナルタイトルはさりげなく「John Michaels」なのに
いつもは全然工夫のない邦題が何故か「ジャックの孤独な朝」
だからこんな夢を見ちゃうのさ!とすぐに夢オチを暗示。
やっぱりセンスが足りないです。

ビルの屋上から飛び降りようとした老人は
実は飛び降りたのではなく階段を下りて
二人組に車に乗せられどこかに連れて行かれます。
失踪した老人はジョン・マイケルズ。
保険外交員を退職、妻とはずいぶん前に別れ娘が二人います。

このジョン・マイケルズが
Anthony LaPagliaのダブルキャストなのが一目瞭然。
老けメイクはご苦労様でした。
ついでに吹替え声のあおい輝彦さんも、老け声ご苦労様でした。
そんなわけですぐにこれってジャックの将来の姿?と気になり始めました。

ジョンの別れた妻はジョンを快く思わず
でもジョンは妻に会いに行ってます。
そして二人の娘の片方ヘレンはストリップクラブで働いていました。
ジョンはヘレンを連れ出そうとするが追い出されます。
ここでジョンが銃を持ってるのが、またいかにもジャックでした。

今度はジョンはヘレンと妹のキャサリンのアパートに行きます。
キャサリンはCold Caseから突如失踪したサットンでした。
こんなところで再開するとは・・・
ヘレンはボロボロ、気づいたときは死んでいました。

さらにジョンはジャック父のフランクの知り合いだとわかります。
ジョンはフランクを恨んでいたようでした。
そしてジョンの離婚の原因となった秘書から
ジョンと出会うきっかけになった事件が
フランクがジャックの母を自殺に見せかけて殺したことだったと聞きつけて
ジャックは逆上。フランクを逮捕してしまいます。

この辺りからもうジャックのやってることは支離滅裂。
母の死に対する不信感が爆発しちゃいました。
とにかくみんなにあきれ果てられて
家に帰ると「Beginning」のお告げが出て屋上へ
屋上でジョンと顔を合わせたジャックは
ジョンに「フルネームを言ってみろ」と迫られます。
ここでヴィヴやダニーを巻き込んで銃撃戦。
こんなありえない展開は夢の中ってわかってるから安心して観ていられるけど
予告編でここを見せちゃダメですよね。
だからLOSTかと思ったんだもん。

ジャックの本名はJohn Michael Malone。
ジャックはそのままビルの橋に歩いていき
両手を広げて落ちていきます。
それってまるでHeroesのオープニング?と思ってしまいました。

ジャックはめでたく目覚めて夢オチ終了。
本当に人騒がせなんだから
オープニング&エンディングの
David BowieのSpace Oddityの使い方が素敵でした。
そして今回のゲストたちは、
すべて今までのWATでゲスト出演していた人たちなんだそうです。
だからジャックは夢で思い出してしまったんですね。

Medium「死の天使」

アリソンは自分の葬儀の夢を見ます。
葬儀にはジョーも子供たちも参列。
そしてアリソンを自分の葬儀に導いてくれたのは死の天使でした。

医師が行方不明になったと捜索願が出され
アリソンも捜査に加わると再び死の天使が現れます。
車の運転中に死の天使を見てしまったアリソンは
もう少しで交通事故を起こしそうになり、怖くて車の運転が出来ません。
死の天使はアリソンにバスタブの危険性をほのめかしたら
行方不明の医師は浴槽で頭をぶつけて死んでいました。
アリソンはますます死の恐怖に怯えます。

死を恐れるアリソンを最初は冗談を言ってる?と軽く見ていたジョーですが
だんだん親身になって考えてあげるようになってきました。
しかし車運転を拒否しちゃったアリソンのために
仕事を休んで足になってあげるのはさすがにうんざりしたようです。
それでもアリソンを送りがてら、彼女が事故を起こした交差点に差し掛かると
死の天使の看板が見えたのでした。

死の天使は生命保険屋さん。
病気を長く患い困窮した患者の生命保険を買い取り
そこから治療費を払いながら、
患者が死んでしまうと残りを頂いていました。
亡くなった医師は死の天使と組んで新薬を開発
患者に与えては死期を早め、儲けを増やしていました。
しかし死の天使はそれに飽き足らず・・・

生命保険の買取(バイアティカル)を見つけたのは
アリエルがゲットした自分のメールアドレスからでした。
アルエルは誕生日プレゼントに携帯を
それはダメならポケベルか自分のPCをとお願いしますが
どれも受け入れてもらえません。
ジョーは腕時計を贈りたい様子。
だがジョーはアリソンに内緒で
アリエルに自分のメールアドレスを持っていいと許してくれます。
そうしてめでたく持ったアドレスにやたらとやってきた迷惑メールが
バイアティカルの宣伝だったのでした。
アリエルの誕生日プレゼントは、意外なところで役立ちました。

すっかり車が運転できなくなってしまったアリソンを勇気づけるジョー。
いつものジョーの筋の通った優しさがこもっていました。
ついでに死の天使ってフレイジャーでした!
笑うに笑えないキャラクターだったけど。


ER「21発の礼砲」

シーズンファイナルはお約束のクリフハンガー。
しかしここまで派手だとなんと申し上げていいのか。
多分次シーズンプレミアの半分くらいは心配したほどのこともなく
あっさりスルーするんだと思いますが。

ERやっぱり人手不足ですね。
クレメンテは去ってしまったし
ニーラとブラットはガラントの葬儀に参列。
ここでニーラがまたごねまくってウザニーラ化してました。
ブラットの意見はダルフールでの実績から真実味をを増しています。
ようやくニーラは重い腰を上げるけど
今度は葬儀の後にガラント父に怒り爆発。
そりゃ言いたい気持ちはわからないでもないが
軍関係者が多数いる中でぶちまけることでもないのでは?
そのとたんガラント父がグリン所長に見えてきて
囚人たちの怒りを我慢して聞いてる姿を思い出し一緒に耐えてました(苦笑)
ドラマの中で政治情勢に多少触れる必要もあり
様々の立場の声で語らなくてはならなかったんだと思うけど
しかし、ガラントの扱いはひどすぎたな。

ERの方は人手不足なのに
モリスが製薬会社に引き抜かれることになって
これが最後の出勤。
相変わらず浮いてます。
そこに看護師の実習生がやってきますが
どうも態度がなっていません。
ここで彼女を疑ってかかればよかったのに・・・って後の祭りなんだけど。

刑務所で囚人たちが喧嘩。
片方はこの間虫垂炎の手術をしたスティーブでした。
サムがスティーブの治療をしているときに
もう一人の囚人と実習生メリーが銃を持って縫合室に入ってきます。
様子を見に来たコバッチュはメリーに薬を注射されて麻痺状態。
サムは人質に取られ、囚人たちの脱走計画に加担せられます。
サムは懇願してコバッチュに気管チューブを入れることだけさせてもらい
そのままスティーブを車椅子に乗せていきますが
さりげなくスタッフに異常事態を連絡
たまたま別件で来ていた警察が気づいたからこの後が大変。
ERで大銃撃戦が繰り広げられました!

TWS5もシーズンファイナルが病院での銃撃戦。
ここまで激しくはなかったけど、何が起こったかわからないまま
S6へのクリフハンガーとなってしまいました。
今回は銃撃戦は収まり、スティーブらはサムとアレックスを人質にして逃亡。
ERでは負傷者の治療が始まるが、ジェリーが銃弾に倒れていました。
ダメだよ。ジェリーを倒しちゃ。
誰よりもERのことをよく知っているスーパーマンなのに。
さすがにさっきまで今日は働かないと威張っていたモリスも
ジェリーのために最善を尽くします。
その間コバッチュは縫合室で置き去りのまま動けず
アビーは出血して倒れてしまいます。

おしまい。

精一杯引っ掻き回してもらいました。
あとはジェリーが持ちこたえてくれる事と
モリスがERに留まる必要性を感じてくれる事を信じています。
アビーは気の毒だけど・・・かなりわがまま言ってたし・・・
なんだか冷やかに観ているな。

LOST「二人の女」

すっかり意気消沈。
ただボヤかせてください。

捕らわれケイトがぼーっとしているうちに
アザーズの人たちはガスマスクをかぶってお出かけです。
ロックさんは本当にベンに認められちゃったんでしょうか。
一緒に出て行ってしまいました。
あれ?捕らわれロック父はどうしたんだろう。

ところがジュリエットは連れて行ってもらえませんでした。
ついにベンの信用を失ったってことですか。
二人はいつの間にか手錠でつながれて外に飛ばされていました。
ジャングルの中で復活した黒いモヤモヤに追われながら
やっとアザーズさんちに帰ってきました。
中でジャックは倒れたまま。サイードは外で何をしてたのか?
とにかくジャックはジュリエットを連れて
キャンプへ戻ることにします。
ケイトの気分は複雑。
ジャックはジュリエットにべったりだし
その理由をジュリエットはケイトにほのめかしてたし
これも自業自得ですか?

FBはまたケイト。もう飽きました。
ソーヤーに騙された女性がケイトが母と再開する手助けをしたって話。
だから何なんだ?
もうFB要らないよ。つまんないんだもん。

キャンプではハーリーに促されてソーヤーの反省会が始まります。
反省すればいい気持ちになれたはずだけど
ソーヤーのことだから、またすぐに忘れちゃいそうですね。

CSI「悪魔のブライズメイド」

ニックが髪を切ってくれてよかった!
その分グレッグが伸び放題な気がしますが。

屋外で結婚式のパーティーが催され、
いよいよ新郎新婦がオープンカーに乗って出発!
だが車の後ろには
何故か新郎の母が引き摺られていました。
頭部にはクロス状の刺し傷が残っています。

ニック、グレッグ、サラはせっせと証拠を採取
ニックの車に積んで、ではご飯を食べよう!とレストランに入ったら
いつの間にか車が盗まれていました。
たとえ車が見つかったとしても、
一度手放してしまったものは証拠として使えません。
せっかくの努力は水の泡?
スポルディング(本当は名前違うけど・・・苦笑)はお怒りだし
捜査も一からやり直しです。
なんといっても殺されたのはマフィア担当のやり手弁護士。
その弁護士が殺害された証拠をCSIが消しちゃったと知られたら
警察も立場がありません。
でも幸い結婚式を録画したDVDが残っていました。

この間のCriminal Mindsでは、現場は証拠不十分だからって
すぐにプロファイリングが始まってしまいましたが
CSIではあくまでも証拠第一。
残されたわずかな証拠を元に捜査を続けるんですね。
でもさすがに容疑者の割り出しには右往左往してしまいます。

キャストたちの式場で捜査しているときのFBシーンが面白かった。
みんな目の付け所が違うんだもん。
グリッソムはしっかりテントウムシをチェックしてるし。
グレッグのチャンドラー風?キザなモノローグが笑えました。
ついでにグレッグの着うたはバドカンだそうです。渋いじゃん!

内部調査がなかなか来ないので
3人は休む事もできずイライラしどうし
ニックがロッカールームでウォリックにブーたれながら
自分のシャツが汚れていた事にようやく気づきました。
シャツはそのまま証拠になるので、チョキチョキ切られてしまいます。
脱がされニックのお腹の出具合は?
まあ許される範囲でしょう(苦笑)
ところでウォリックは今回何の仕事をしていたんですか?

殺された新郎母はとんでもない母だったんですね。
新郎にとっては素晴らしい母だったかもしれないけど
元夫も新婦も不満タラタラ。
結局犯人は新婦の介添え役の友人たちだったんですが
キューピットの矢に差しちゃったのはアクシデントだったとはいえ
死んじゃって清々しました!って表情が恐ろしかった。

そしてニックの車は派手に変身して帰ってきました。

GSG-9「合言葉」

ベルリンの刑務所で終身刑の囚人レーマーが
病気のふりをして病院へ護送中
仲間が逃走の手助けに来るがGSG-9に即捕まってしまいます。
レーマーは刑務所に戻されるが
怪我の治療中に手下の囚人と共に
医師と看護師、看守を人質にとり
脱獄のためのヘリコプターと金、仲間の釈放を要求します。

ドクター・クレーバーが不用意にメスを置いたとき
これはレーマーに脅されているとすぐにわかりました。
クレーバーはすでに妻がレーマーの仲間の人質になっていたのでした。
レーマーは可燃性の薬をまき、ライターの火をちらつかせます。

終身刑の凶悪犯罪者とはいえ、犯人は一人+おまけで
大暴動が起こったわけでもないのに
この大掛かりな捕り物劇は何?って感じがしました。
OZなら看守の一人や二人殺されても誰も驚かないですからね。
でもドイツでは看守一人がやられただけで大騒ぎなんだ。

刑務所は構造上、
爆破しながら突入して人質を救出はかなり難しいようです。
医務室と構造の似ているリネン室で、まず練習してみました。
案の定時間が掛かりすぎ。
2度目の練習からはゲープが監視役で抜けたために
コニーがリーダーになって練習をするけど
時間が掛かりすぎなのに納得できません。

医務室の中ではクレーバーの様子がおかしいということで
コニーとカスパーは急遽宗教団体に化け
クレーバー家に行きます。
レーマーの部下が宗教勧誘の悪口を言ってる間に
デミアたちが部屋に入り、妻を救い出しました。

レーマーとの交渉は、
また登場のプロファイラーユング。
要求を呑むから人質の無事を見せろと交渉に出ると
かわりに職員をパンツ1枚姿で寄こせと命令。
デミアが手のひらに爆弾を仕掛けたりしながら支度をしていると
コニーが代わろうか?なんて言い出します。
でもコニーのパンツは高級すぎ。
おまけに職員には見えないだろうと本人が言い出し始め
(伯爵は特殊部隊には入っても刑務所では働かないのね)
やっぱりデミアが行く事に。
デミアはかろうじて一つだけ爆弾をセットしてきます。
そしてクレーバーの妻の無事を知らせるために
妻がなかなか思い出せない中でつぶやいた夫婦の合言葉
バカンスと船旅の二言を伝えます。

クレーバーの機転が利き
レーマーがライターを手放したすきに取り上げ
遠くに飛ばしてレーマーの気を引き付け
その間にGSG-9が突入しました。
看守は殺されちゃったけど、ドクターと看護師は無事に助かりました。

今回は無名のオヤジじゃなくて
みなさんの脱ぎっぷりがお見事。
まず冒頭で仕事がオフになったゲープが脱いでマヤと熱いひとときを・・・
と思ったら呼び出しをくらってしまいました。
しかしゲープの腹、年の割に出すぎじゃない??
その後マヤは友人と飲みに行ってしまいますが
ゲーブはマヤが浮気する姿が頭から離れません。

デミアのパンツ1枚は任務のため。
そしていざというとき脱がなかったコニーも
ロッカールームで鍛えた胸板を見せてくれました。
しかし下半身は映らず。
伯爵の高級パンツが見たかったのに!
それってどんなパンツだったんだろう。
伯爵は白シャツを着るとスーツにブラシをかけ
身だしなみ命!ですね。
今日も爽やかに仕事を終えて出て行きました。

ではコニー写真館。
gsg-10-1.jpg
自分の作戦には自信を持っています。

gsg-10-2.jpg
ゲープがいないと早速リーダー風を吹かせ、特にデミアには厳しいかも。

gsg-10-3.jpg
うつむき加減もクール。

gsg-10-4.jpg
宗教の勧誘のときは貧乏臭く見せなきゃいけないのに、
コニーのファッションはみすぼらしくなっているのかな。

gsg-10-5.jpg
振り返る姿も美しい。

gsg-10-6.jpg
真剣なまなざしが素敵だな!

gsg-10-7.jpg
マジでかっこいいです!

gsg-10-8.jpg
ファン待望の伯爵の着替えサービスシーン。
肝心の高級パンツをどうして見せてくれなかったんだろう。
ともあれよく鍛えられた肉体は締まっていて美しかった。頑張れ38歳!

ブログをいじってみました&Supernatural 「父との再会」

今までブログはなるべくシンプルに
テンプレートは気まぐれで変えてましたが
あとはほとんど何もせず基本モードで書いてました。

今回「にほんブログ村」が面白そうでチャレンジしてみたくなり
(まめさん、ご紹介ありがとうございます)
登録したらこっちにもバナーを貼らなきゃならないし
いじり出したらアクセスカウンターもつけちゃおうかなと
すでにエントリーが1000を超えてから
アクセスカウンターも変なんですけど
アクセス数のチェックもしてみたくって加えてみました。
ほんのちょっぴりグレードアップしたかな?

今週のスパナチュ。
このドラマは設定そのものがツッコミたくてたまらないんですが
それは反則技だと思うので、プチツッコミを。
(結局突っ込むことになる)

兄弟の父復活。
父のお仲間ハンターの死にビックリして姿を現したようですが
お父ちゃんも真面目にハンター仕事(あくまでも仕事のようです)に
精を出していたようで
でも大事な手帳は息子たちが持ってるんでしょ。
それでも仕事は出来るんですね??

父の仕事もボランティアですか?
だったら本職は親子で詐欺師?
父はサムが生まれたときつきに100ドルずつ貯金してたそうですが
そのころは堅気な仕事に就いてたって判断していいのでしょうか。
息子の進学資金を律儀に貯めてたオヤジはご立派ですが
結局武器に化けちゃったって?
しょーもない父ちゃんです。

どうでもいいけど
父ちゃんは息子の車の汚れを気にするのなら
自分の身なりをもうちょっときれいに出来ないかなぁ。

人間バンパイアの発想は面白かった。
かなり強引なアラモ砦のコルト伝説も。
(ティースプンが聞いたら怒るぞ)
バンパイアのお兄ちゃんの腕に書かれていたカタカナのタトゥーが
何て書いてあったのか意味不明で・・・
ここにも勘違いな日本が存在していたのでしょうか。

来週の悪魔なセバスチャン(オネエだったらどうしよう)登場を
楽しみに待っています。

WATS3「兄と弟の人生」

邦題のセンスのなさは諦め・・・

S2「父と母と子」の続きのお話。
前回もセンスなかったか(苦笑)

そして前回もブータレてましたが
Rafaelは「ラフィエル」なのでしょうか?
副音声が確認できてないので疑問のままです。
S2では強引にラファエルでアップしちゃいましたが
ラフィエルなのかなぁ?

ダニーの兄ラファエルが仮釈放になり
自動車整備工場で地道に働きつつ
新たな工場を買い取りオーナーになる計画を持ち始めました。
お金の融資を頼み、着々と準備を続けていたのに
融資は断られ、工場も他の買い手が付いてしまいます。
ラファエルの夢は打ち砕かれ、彼は姿を消します。

仮釈放になって頑張っていても、犯罪歴を消す事はできません。
こうして砕かれて結局元通り。
ラファエルはドラッグに走り、身も心もボロボロに。
それを救いに来たのがダニーでした。

失踪事件としてはラファエルの行動は読みやすく
難しい事件ではなかったと思います。
でもダニーの葛藤する姿は見応えありました。
冒頭、ダニーは司法試験の勉強をしています。
ダニーはジャックにロースクール時代に受けて落ちたと語りますが
あとでヴィヴに話した真実は
試験を受けようとして間に合わずやけになって酒を飲んでたら
車をぶつけられて酒気帯び運転疑惑で逮捕。
彼にも重たい過去があったのでした。

ダニーとラファエルの父は子供たちに厳しく
ダニーの失敗をラファエルがかぶります。
この父って実父、それとも養父?
ダニーって11歳で両親を亡くしているんですよね。
このダニー少年、とってもかわいいんだけど何歳だったんだろう。
wat3-21-1.jpg

ダニーにはとんでもない事件でしたが
サムとマーティンは冷戦状態。
そしてジャックはドクター・ハリスに救いを求めます。
このハリスってなんだかウザくない??
ジャックとの微妙な接近具合が気に入りません。
ジャックはみんなが本音を言ってくれない事にブータレてますが
当然でしょ。
自分がゴタゴタを振りまいてるんですから。
そんなとき頼りになるのがヴィヴ。
ダニーに酒場代わりに使われるのはお気の毒ですが
自宅療養中でも失踪班の中心となっているのはさすがです。
だからジャックは面白くないんだけど。

今回は久々のオヤジキッド登場!
携帯の発信先をチェックしてただけですが
いい仕事してました。
wat3-21-8.jpg

とくにマーティンとの2ショットが素敵♪
wat3-21-6.jpg

いかにもTyらしい表情が楽しめてよかった。かっこいいです。

次回予告。
あれは何ですか?
WATはLOSTになっちゃったのでしょうか?
ジャックの行動は妄想に過ぎなかった・・・って結論はダメ?
怖いよぉ。

Medium「暗闇の向こう」

S2ももうすぐファイナル。
ついこの間生アリソンのお話を聞いたばかりだと思っていたのに
早いなぁ。

アリソンの観た夢はモノクロで、突然誰かにキスされます。
次の夢はもっとはっきり男女のキスシーン。
アリソンは囚人の仮釈放審議会に出席。
そこで審議される終身刑の囚人が夢に出てきた男だと知り
罪を認める囚人の話に疑いを抱きます。

デヴァロスは検察側なので、なかなか仮釈放を認めません。
こういうもんなんだよね・・・
とOZS4で仮釈放の夢を見たビーチャーの事を思い出してしまいました。

続いてアリソンはショッピングモールで夢に出てきた女を発見。
でも彼女は盲目でした。
何者かに家宅侵入され、人の気配を感じたと訴えに来た彼女の話を
スキャンロンは親身になって聞こうとしません。
しかし夢が何かを警告していると信じるアリソンは
女性の家の周りの警備強化を主張します。

続いてアリソンの見る夢には
目隠しをした女性と囚人のキスする姿が。
囚人は恋人との別れ話がもつれ、恋人を殺したと話していたが
盲目の女性と目隠しの女性、
囚人との間にどうかかわりがあるのでしょう。
囚人は塀の外には出られないし。
でもこの謎もアリソンの夢が解いてくれます。

結局犯人は盲目の女性の隣に住む男でした。
彼はかつて目隠しをした女性が寝ている姿を眺めるために
彼女をバイトさせていましたが
彼女は囚人の恋人でした。
恋人にバイトがばれて彼女は辞めようとして
男に殺されてしまいます。
だが証拠は犯人を恋人と断定。
彼は否認するものの、有罪にされてしまいます。

男は隣の部屋に越してきた女性に注目。
彼女は盲目なので目隠しの必要がありません。
男の部屋と彼女の部屋はクロゼットを通して行き来ができるので
男は彼女の部屋に入り込んでいました。
その現場をアリソンは夢で見て、盲目の女性に適切に指示を与え
不法侵入者は無事に逮捕されます。

アリソンがキスの夢を立て続けに観るのは
キスとご無沙汰状態だからだと反省するジョー。
でもジョーは今抱えているプロジェクトが忙しくて
朝早くから夜遅くまで会社で缶詰状態。
午前様になる事さえあります。
なんだか日本のサラリーマンみたいだな。
でもこれがうまくいけば部長に昇進。
年次休暇の日数も増えるそうで
ますます言ってる事がサラリーマンだなと哀愁を感じてしまいました。

ジョーのプロジェクトを引っ掻き回しそうな存在が
エドリックというちょっと変わった名前の後輩。
この人、2週前のWATにDr役で出てました。
ジョーはオヤジの意地を発揮。
アリソンはエドリックはジョーの前に
ひれ伏すヴィジョンを見てましたが
案の定ジョーが部長の座をゲットしました。

お父さんが忙しいときはお母さんがそれなりにフォロー。
そして忙しくても妻への愛情を絶対忘れないジョー。
また素晴らしい家庭の一場面を見せてくれました。
ついでにスキャンロンは相変わらず寂しく一人寝。
そこにまた遠慮せずに電話してしまうアリソン。
ジョーは起こしてもいいけど、スキャンロンはちょっとねぇ。
身内でもないんだし、ジョーが嫉妬したくなるのもわかります。

ER「悲報再び」

嘆きを超えて腹が立ってきました。
ERはドクターを殺しすぎです。

始めに死体がなければ成り立たないCSIならともかく
命を救うことが最も重要な任務であるERで
どうしてレギュラー陣が命を落とさなければならないんでしょう。
ガラントは今はゲストだけど、元はレギュラーだったじゃないですか。
ロマノの不幸な死にも怒りまくりましたが
わざわざガラントをイラクで殺さなくてもいいのでは。
ダルフールの暗い現実が記憶に新しいときに
追い討ちをかけてくれなくても。
医者は戦地に行かないと約束されていて
それでも移動の際に地雷を踏むってことは実際あるのかもしれません。
でもありえるかもしれないでニーラを泣かせなくてもいいと思う。
その前に観ているThe UNITで特殊部隊のメンバーが
戦地で窮地に陥ってもそれなりに潜り抜けて無事生還しているから
上手くいかないERに余計腹が立ってるのかもしれませんが。
ついでにガラントのビデオレター。
涙を誘う演出ですが陳腐だよね。
こんなビデオレターを今まで何本観た事か(苦笑)

そして命を落としてないけどクレメンテの扱いもひどすぎ。
彼が苦しんでるのはわかるし、PTSDになるのも当然です。
でもあんなに壊れちゃう前にみんなで止めて欲しかった。
警察に連行され抑制されてしまったクレメンテが痛々しくて。
こんな姿を患者たちの前でさらけ出さなきゃダメ?

お医者様は頼れる存在であって欲しい。
患者は命を預けるんだもん。
医者がどんどん死んだり壊れたりすることで
ドラマを盛り上げようとするのはどこか間違ってると思います。
そして来週のファイナルはまたERがぶっ飛びそうな気配。
もう一つ、病院は安全なところであって欲しいのに。

ERに対する期待感がすっかり薄れてしまいましたが
でも来シーズンも観ちゃうんだろうな。
12年間の付き合いを突然打ち切るのって、やっぱり難しい・・・