INDEX    RSS    ADMIN

NIP/TUCK S4-#8 「コナー・マクナマラ」

しみじみと落ち着いた素晴らしいエピソードでした。

わがままで言いたい放題、整形大好きなミセスグラブマンが
久々にクリニックを訪れます。
彼女は末期がんで余命いくばくもないことが判明。
それでも手術を望むグラブマンにクリスチャンは体力が持たないと否定すると
グラブマンは死後美しい姿で葬式をしてもらいたいからと
死後の脂肪吸引を望みます。

すっかり衰え、しかも食事をとろうとしないグラブマンに
クリスチャンはスープを飲んだらボトックスを打ってあげますよと励まし
グラブマンはちょっと元気になって、
メイドのエヴェッタに外に食事に連れて行ってもらいました。
明るい笑顔でクリニックを訪れたグラブマンに
クリスチャンがボトックスを打とうとしたら、彼女はすで息を引き取っていました。
クリスチャンはグラブマンの遺言どおり脂肪吸引をします。
手術中、グラブマンがかつて録音したデモCDを掛けていると
クリスチャンにはグラブマンの歌う姿が見えてきました。
傍らでピアノを弾いているのは、本物のバート・バカラック!
これがグラブマンの望みでした。

グラブマンは大勢に葬式の案内を配布したと言ってましたが
教会に来たのはクリスチャンとエヴェッタだけでした。
グラブマンはそんなにも嫌われ者だったんですね。
グラブマンの生前は美容整形を毛嫌いしていたエヴェッタでしたが
突如クリニックに予約したと言い出します。
グラブマンは整形をしたくてもお金のない人たちのための基金として
自分の遺産を寄付していたのでした。
嫌味な人に見えたけど、本当は心優しい人だったのかも。

コナーとアニーを連れて食事に出たショーンは
コナーの手を子供がからかったことに激怒
子供の父親と喧嘩沙汰になり、相手に訴えられてしまいます。
ジュリアは相手に謝るようショーンを説得
ショーンは息子の野球の練習を見ている父親に謝罪に行きます。
そこでショーンは今までジュリアに話せなかった辛い過去を思い出すのでした。

ショーンは野球が大好き。
父親は野球の相手をしてくれますが、でもリトルリーグには入れてもらえません。
ショーンにはハンディキャップがあったからでした。
それでもやっぱり・・・とユニフォーム姿でバットを構えて写してもらった写真。
そこには口唇裂のあとがくっきりと見えるショーンの姿が写っていました。
家が貧しくてなかなか手術をしてもらえなかったショーンの障害。
それでも母がなんとか金を工面してショーンは手術を受けることができましたが
それが元で両親は離婚してしまいました。
ちなみにショーンを見捨てた父親を演じていたのが
M7のエズラ役のAnthony Starke。
ちょっと意外なキャスティングにびっくりしました。

ショーンは早くコニーの手術を行おうと気がせいています。
それにはコニーの心理面に問題が出てくるのではないかと
ジュリアはマーロウに相談。
マーロウは過去の症例を調べ、手術の説明の席で意見を述べると
これがまたジュリアとショーンがぶつかり合う原因になってしまいます。
落ち込むジュリアの前で、もう自分は仕事を止めると言い出すマーロウ。
そこにはマーロウのジュリアへの思いも含まれていました。
ジュリアを愛してしまったら、さらに家庭を壊すことになる。
マーロウの静かな身の引き方が美しかったです。

手術をためらうジュリアはショーンの写真の事を知ります。
ショーンが何故整形外科医になったのかを理解したジュリアは
一転してコナーに手術を受けさせることに同意。
ショーンとクリスチャン、そして専門医の三人で
無事に手術tが行われました。
コナーは何も知らずに大きくなるのか
それとも心のどこかに何らかの影響を残すのか
成長しないとわからないけど
今はこれでよかったのでしょう。
スポンサーサイト

4月の海外ドラマ視聴計画

新ドラマに新シリーズ。
その前に新チャンネルが増えてしまうので、もう収拾がつきそうにありません。
とりあえず今観ようと思っているものを書き出しておきますが・・・

★NHK BS
Dameges
地味に一本だけ。
すっかりNHKと疎遠になってしまいそうです。
「ザ・ホスピタル」も続けて観ていきたいけれど
月曜23時はWOWOWに譲らなければならず諦めます。残念。

★WOWOW 
Re:Genesis S3
Medium S3
Criminal Minds S2
CSI S7
CSI:NY S3
What About Brian
(The 4400)
あまりにも忙しいのがWOWOW。
どれも楽しみにしている続きなので観逃せません。
4400がさっさと終わってしまうことを密かに望み
ブライアンは1シーズンだけらしいので
気に入りそうだったら頑張るけど、
好みに合わなかったらリタイアしましょう。
字幕版なのがありがたいかな。

★BS-j
ビクトリア
まだ全然終わりません。
観始めると楽しくてたまらないんだけど
このダラダラ感とどう向き合えばいいのかが課題です。

★AXN
Brothers&Sisters S1
これも4月半ばでおしまい。  
その後はしばしAXNとお別れします。

★FOX 
Nip/Tuck S4
That '70s Show S4
Boston Legal S2
NCIS S3
本家は今までより減ってます。その分分家の方が忙しいので・・・
NIP/TUCKや'70s Showはもう後半になるんですね。

★FOXCRIME
Dexter S2
Law&Order SVU S2
Deadwood S2
Deadwood S1一挙放送はすごく観たいけど
今の状況だとHDDに溜め込んで終わることが見えてるので
今回は見送ります(泣)
いつかまたS1をのんびり再放送してくれるときを待ちましょう。
そしてS2から観始めてついていけるかが微妙。 
Dexterもゴールが近かったんですね。
L&Oは日本語字幕版やり直し視聴を楽しませてもらってます。

★FOXlife
Entourage S2
Ghost Whisperer S2
Windfall
Saving Grace
Queer Eye for the Straight Guy S3
とっても忙しくなってしまうのがFOXlife。
新番組、新シリーズ目白押しです。
ゴーストS2は待ち焦がれていました。
Windfallは今のところ面白そう。
Saving Graceは観てから判断することにして。
QEはなんだか好きで止められないんですよね。
今シーズンからは本家でなくlifeでのスタートとなります。

★テレ朝チャンネル
Alarm for Cobra 11
今一番のお気に入り♪
ありえない展開でもゼミルとクリスのコンビに愛を注いでいきたいと思います。

★Sci fiチャンネル
Jericho S1
Eurika S1
とりあえずこの2本をチョイス。
あとNight Stalkerなんていうのも気になるけど
多分観る時間はないでしょう。
Fallenはミニシリーズらしいし、キャストがいい感じなので
一応録画しておこうと思います。
Sci-fiはトライしてみないと自分の趣味に合うかどうかわからないので
案外あっさりリタイアかも・・・

★チャンネル銀河
Dr. Quinn Medicine Woman S1
チャンネル銀河は渋すぎて絶対縁がない!と信じていたら
DQの放映を発見。
MHKの放映の後どこのCSにも流れず不思議だなと思っていたんですが
こんなところで登場。それまで温存されてたわけですね。
S1は実はアメリカ版DVDBOXを買ったんだけど
英語字幕が付いてなくてちょっと辛かったんですよ。
懐かしの吹替え版で楽しめるのはありがたいです。
とりあえず保存用に録画するけど、ちらちら観てしまうかも。

★ムービープラス
Melrose Place S4
油断してたら4月からMPのS4がスタート!でした。
これまた大好きなドラマなので楽しまなくては。


ざっとこんな感じで計26本。
なんて観られるわけないので何かを削っていくつもりですが
あまりにゴージャスになってしまった4月なのでした。

Law&Order SVU S2-#12 Secrets

高校教師のマーニー・オーエンズが自宅のベッドの上でレイプされ絞殺されていたのを、アパートの管理人が発見する。マーニーは優秀な教師で生徒たちからの信望も厚く、必要とあらば無償で個人授業も行っていた。最後にマーニーの個人授業を受けたイーサンは、マーニーの死と同時に姿を消す。イーサンはドラッグに溺れていたが更正し、大学受験を目指していた。SVUはマーニーの葬儀にイーサンが事件現れるだろうと予測して張り込んでると、イーサンは姿を現すがすぐに逃げ出す。ステーブラーらが逮捕し取り調べると、イーサンは友人がネットで入手したマーニーの恋人募集広告のヌード写真が元で事件の夜マーニーと口論したが、翌日謝ろうと彼女のアパートへ行ったところ、彼女の死を聞かされたと言うう。
マーニーの弟の話では、母が早く死に父はマーニーの容姿を褒め称えるようになった。マーニーは心理的近親姦され、結果的にセックス依存症に陥っていた。抗うつ剤を服用し、教育に情熱を注ぐ事でバランスを保っていたようだった。
マーニーの恋人募集サイトには多くの反応があり、その中でマーニーはフリングスというクラブに出向き、医師のバイロンをはじめ多くの男性と関係を持っていた。だがマーニーがバイロンと不倫関係になったためにクラブのルールに背いたと罰せられ、マーニーはクラブに出入り禁止となってしまった。
バイロンを取り調べると、バイロンはマーニーが死んだ晩彼女の部屋へ行っていた。マーニーは生徒に写真がばれたことに怯えていたようだった。だがバイロンはマーニーを殺していないと自供、アリバイもあった。
バイロンの話からマーニーが新たにダンテズ・インフェryノに通っていたことがわかる。SVUはインフェルノを一斉捜査、特にマーニーに夢中だったモントローズを取り調べる。モントローズはマーニーと関係を持ったことを認めるが、彼はストーカー行為での逮捕歴があった。モントローズはマーニーの葬儀に顔を出しマーニーのアパートの前でイーサンにマーニーの死を伝えていた。法廷で突如モントローズは自供を希望し、マーニーを激しく非難した。

仕事熱心で生徒に好かれていた女性教師の全く違った一面が明るみに出た事件。マーニーがセックスに溺れざるを得なかったのは、彼女自身が受けていた心理面での近親相姦に起因していました。
ネットで堂々と相手を募集し、連絡してきた男とホテルで会った後はデートクラブへ。大人の楽しみはルールさえあれば誰と関係を持つのもよし。夫婦で訪れては別の相手と楽しむ、そんな光景も見られました。
殺されたマーニーがセックスの依存症なら、不倫相手といわれた医師のバイロンは相手に所有されることに快楽を覚えているようです。そしてモントローズはストーカー。彼の自宅にはマーニーをこっそり撮っていたスクラップブックが置いてありました。
事件の関係者は現場に戻るとベンソンが読んだとおり、モントローズは事件の翌日マーニーのアパートに来て、事件についてイーサンに教えます。そして葬儀にも顔を出します。
法廷で突如証言を希望するモントローズに対し、アレックスは反対尋問しか出来ませんでした。そのときモントローズはマーニーを売春婦呼ばわりしてなじります。アレックスは極刑を与えたかったものの、判事の答えは第一級故殺でした。アレックスは有罪を勝ち取ると宣言します。
マンチはフィンに秘密を暴露。ボルチモア時代にかつて付き合っていた彼女が絵の個展を開いたところ、マンチのことの後のオールヌードの絵が飾られていたそうです。いかにもマンチらしいエピソード。その後マンチとフィンの意見が食い違ったとき、フィンはマンチを「ヌードモデルの人」と呼んでいました。
マーニーのおかげで奨学金を得られたイーサン役のNeko ParhamはWATのS1-#8「ツメをかむ少年」で失踪したウィリアムの兄でトラブルメーカーのアーロンを演じていました。


今の感覚だと真面目な先生が
まさかネットで本名で恋人募集広告なんてちょっと考えられませんが
この頃はネットもまだあまり普及してなかったってことなのかな?
生徒が先生のサイトを発見するのもずいぶん時間が立ってからだったし。
それにしても先生のあまりにも大胆な二面性にビックリさせられてしまいました。
そしてL&Oならではのずっしりと重たい終わり方。
モントローズの罪状もよくわからず、
彼が言いたい放題言ったところで終わってしまいました。
あとは視聴者が判断せよということなのでしょう。
SVUは事件の内容がとにかく重たいし
法廷シーンも短い分すっきり度が薄いんですよね。

マンチがヌードモデルになっちゃった絵、見たいような見たくないような・・・(苦笑)

数日留守にします。

またちらっとソウルに行ってきます。
韓国ドラマ事情が少しでもつかめれば・・・
あまり時間がないのでたいしてテレビチェックも出来ないと思いますが
何かお土産を持ち帰れればと期待しています。

Criminal Minds S2-#12 「疑惑のプロファイラー」

母親の誕生日を祝うためにシカゴに帰ったモーガンが
殺人犯に仕立て上げられる話。

ストーリー展開にも魅せられたけど
嬉しかったのがサリー登場!
55分署解散の後、シカゴで刑事に昇格してましたか!
それは冗談にしても
サリーが刑事になったらきっとこんな捜査をするんだろうなと
職務に真面目で執着心の強いゴーディンスキー刑事に
(マジャンスキーを思い出しちゃうのは私だけ?)
ついついサリーの姿がかぶってしまうのでした。
しかも声が楠見さん。
ボスコの佐久田さんに続き、WOWOWのご配慮に感謝します。
(だったらMiamiデイヴィスの声も何とかして欲しかった・・・)
サリーはOZ時代も楠見さんが吹替えていたので
もう他の人の吹替え声が想像できません!
しかしモーガン声の咲野さんは
TW的にはジミー声なので
サリーがジミーを取り調べ・・・はちょっと変なんですけど。

真面目なサリーは、シカゴの連続殺人事件の捜査のために
ギデオンが示したプロファイリングを活用し
今回の事件と重ね合わせたところ、容疑者に浮かび上がったのがモーガンでした。
NYのホークス先生に続いて取調室で「やってない!」を連呼のモーガン。
しかしモーガンはホークス先生より秘密がありすぎます。
しかもホッチナーたちに「俺のプライベートに立ち入るな!」と怒鳴りまくるし。
モーガンを容疑者からはずすためのプロファイリングに
彼のバックグラウンドを知ることが大事なのは本人もわかってるはずなのに・・・

ここからモーガンの過去が浮かび上がってきます。
10歳で自分の目の前で父親が死亡。
モーガンはユースセンターのビューフォードに可愛がられ
フットボールで力を発揮。
奨学金を得て大学に進学、クォーターバックで活躍しますが
怪我で選手生活を断念します。
だがギャング団と喧嘩を起こし、警察のお世話になっていたこともありました。
その記録の抹消手続きを取ったのがビューフォード。
モーガンはビューフォードの助けがなければ
今の生活はありえなかったわけです。

それをいいことにビューフォードはやりたい放題。
彼には小児性愛癖があり
モーガンもビューフォードの犠牲者だったでした。
そのトラウマを抱えてきたモーガンの辛さ。
そして同じ被害を受けているジェームズや死んだダミアンを
救おうとするモーガンの熱意は十分伝わってきましたが
やはりモーガンが犯罪捜査に関わる立場として
自分からホッチナーに告白して欲しかったな。
過去の事とはいえ、同僚に話すには重たい内容でしたか?
でもSVUなどで、被害者はみんな辛くても過去を思い出し
それが事件解決に繋がってるから・・・

モーガンを痛めつけるサリーに、もしや悪徳刑事?と心配になりましたが
真実が明らかになったら、きっちりとビューフォードを逮捕してくれてほっとしました。
ダミアンの葬儀にも参列してたし。
サリーが勘違いのきっかけを作ってしまった一つ目の殺人事件。
たまたま少年の遺体を見つけたモーガンは
身元不明の彼のためにカンパを募り、墓を作ってあげました。
そして今でも墓参りに。
モーガンの意外な一面がまた明らかになってきました。
優しいんだね♪

19話目にはついにカルロス登場だそうで。
肩書きにLtってついてるから、お堅い職業なのでしょうか。
でもやっぱり声は青木さんがいいな。
今からとても楽しみです。

The UNIT S2-#23 「解散」

ほとんど感想を書かないまま、
いつの間にかS2もファイナルを迎えてしまいました。
そして久々に「こんなのあり??」なクリフハンガー。
元々合衆国政府に存在を否定されてるThe UNITだから
解散せよと言われたらさっさと姿を消すしかないんですかね。
何と因果なお仕事なこと。
いつも以上にUNITの妻なんてやってられない!と思っちゃいました。

UNIT解散命令は今までのもろもろの出来事が折り重なって?
車椅子のオヤジが相変わらず背後に絡んでいます。
でも命令を出すのが、また出た!スポ校長なのが気に入らない。
なんであんなに偉そうなんでしょ。
ライアン大佐もスポ校長には逆らえず。あんまりです。

部下たちを裏切れない大佐は彼らを守ろうとすると
妻はそれなら離婚!モードでしたね。
大佐の奥様はそういう人だったんだ・・・ショックでした。

ジョナスは突如失踪。
その前に給料をちゃんとモリーに渡るように手配しておきました。
モリーは静かにジョナスの帰りを待っているのでしょうね。
そしてジョナスは外国へ逃亡して別人になりすまし、どこまで逃げられるのでしょう。
 
一方ボブはCIAを名乗る男に追いまわされ
営倉に入れられずに済むかわりに、仕事を任されます。
なんとそれがジョナスを探し出す事。
一瞬ほっとしたキムも、複雑な思いでしょうね。

悲惨なのがゲルハルト家。
ティフィーの浮気がばれ、マックがマジ切れ。
ここで負けずにティフィーが怒鳴り返すから
まさに修羅場が繰り広げられてしまいました。
開き直ったティフィーはマックより怖いかも。
銃は構えるし、自分の頬にかみそりは当てるし
本当に頬を切ってたからビックリしちゃいました。
傷が残らないかな?
しかも大佐との関係をちらっとほのめかしたのに
マックは気がついてなかったよね。バカだなぁ・・・
マックはジョナスの居場所を話さなかったために営倉入り。
中で筋トレしてました。
怒りを抑えてるのかな?
そしてティフィーは本当に大丈夫?

独身者ヘクターも素直に営倉入り。
囮になって逃げてたグレイは本当に姿を消しちゃいました。
どこへ行ったのだろう。

こんなにバラバラ、訳がわからないまま終わったS2でしたが
WOWOWはS3放映を確約。
いつもながらご立派です。
某放送局もこの姿勢を見習っていただきたい。
しかしS3は本国で途中までオンエアされてストップ状態。
日本でS3スタートはいつになるのでしょうか。
そしてやはりヒヤヒヤものだったS1ファイナルのクリフハンガーが
S2ではあっさり片付いていたのを思うと
S3の最初も何事もなかったかのようにUNITが起動してる・・・
なんてことがありそうで
あんまりクリフハンガーの心配をしなくてもいいのかも。

CSI:NY S3-#12 「静なる夜」

今回もマック、よく働いてました。
意味なく屋上に佇んでる某チーフとあまりにも違いすぎます。

フィギュアスケーター殺人事件は
Sasha Cohen登場でゴージャスって所だったんだと思いますが
スケートには興味がないのでごめんなさい。
ぼーっと眺めておりました。
しかし色がどんどん変わる塗料って面白いですね。
本当に実用化されてるのかな。

聴覚障害をもつ一家の殺人事件は衝撃的だったけど
とてもよくできたエピソードだったと思います。
娘を殺された母がMarlee Matlin。
TWWなどにも出演してましたが
Reasonable Doubtsの印象が強いです。
やっぱりギプスと手話で話してもらいたかったな・・・
ってことでNCISにゲスト出演はないのでしょうか。
言葉を使わず、手と表情での演技。
でもとても強く感情が伝わってきます。
それに目で答えるマック。
マックの目力。なかなかのものでした。
ちゃんとお母さんに伝わっていたもん。
ここでグリッソムなら手話の会話が観られたのかもしれないけど
マックが呼んできた通訳の警官もてきぱきと仕事をしていて好感が持てました。
そして父親役のTroy KotsurはF.B.Eyeのトロイ。
スー・トーマスの本物のご主人です。
彼ってかっこいいよね♪
久々に姿を観られてよかった。

夜中に娘のアリソンを銃殺されたジーナ。
ジーナは隣の部屋にいたけど、硝煙と床の振動が足元に伝わってきて
事件に気がつきました。
目撃者はアリソンと同じ部屋に寝ていた赤ちゃんだけ。
この赤ちゃんが、また演技が上手で・・・
最初は出張中の父親デニスが疑われますが、ジーナは強く否定。
やがて赤ちゃんが娘の子供であることが明らかになります。
では父親は?
今のBFが否定したのは嘘ではなく、父親は別の男性でした。

その元彼セスはアリソンと聾学校の同級生でしたが
セスは人工内耳移植をして聴力を取り戻しました。
それをアリソンにも薦めたけど彼女は拒否。
でアリソンが出産したら、セスはその赤ちゃんを奪いにきたわけです。
赤ちゃんも聴覚障害を持っていて
セスは赤ちゃんにも聞こえる世界を与えたかった。
でもアリソンが拒否したため言い争ってるうちアリソンを撃ってしまった・・・
セスはまだ諦めきれず出張から帰ってきたデニスを突き飛ばし
ジーナと赤ちゃんを誘拐します。
シーナがたくましかった。
車を運転しながらさりげなく携帯をつないでマックに情報が聞こえるようにすると
必死でセスに立ち向かいます。
マックは車の居場所を見つけると
ジーナの車を強制的に止めさせ、セスを説得。
これがまたすごい目力なんだよね。
ホレイショに睨まれるより、マックに睨まれる方が正直怖いかも。
赤ちゃんは無事解放されました。

マックは検死のあとペイトンに謝ってたけど
ペイトンはあっさり許しちゃうのかな。
この二人は早く別れろ・・・と密かに祈ってるので
ペイトンの複雑な表情に頑張れコールを送ってます。

そして突如過去の記憶が蘇りおかしくなってるリンジー。
すでに下半身が映らなくなってきてるので
そろそろ産休の準備なのでしょうか。
ブリーのようにスイスに新婚旅行には行けないので
一人ストレスを溜めて欠勤?
なんてことは可愛そうです。
ラボで下半身を隠して仕事を続ける?
とにかくこの先動けなくなっちゃうんでしょうね。
納得できる展開にしてもらいたいけど・・・どうなるのでしょう。

CSI:Miami S5-#24 「Yのメッセージ」

WOWOWのCSIサイトのトップがリニューアルされました。
以前よりは使いやすくなったかな。
そしてマイアミがファイナル。
シーズンプレミアがあれだけ派手だったから、
ファイナルも相当なことをやってくれるに違いないと期待してたら
派手なのは一人ホレイショだけでした(笑)
なんで一人ビルの屋上で佇んでいるんでしょう。
コルコバードが懐かしくなりましたか?
相変わらず意味不明な行動、
だからこそホレイショです。

今回のホレイショの事件への絡みはいかにもでした。
相変わらず絶対証拠には近寄らず
パソコンだってトリップにお任せ。
目撃者が子供だとわかると「俺に任せろ。」といそいそと近づき
何故か坊やもホレイショマジックに口を割ってしまいます。
そして銃が必要な場面ではきっちりと先頭に立って銃を構え
様式美だなぁ。
決め台詞は意外に地味でしたが。

久々に殺人課のジェイク登場。
なるほど、カリーとそういうことになっちゃいましたか。
デルコはさっさと諦めるべきだと思います。
これでよかったのでしょう。
そしてCSIに戻ってきたウルフ。
でも巡査時代に裏金をせしめていたようで
どこまで汚れきっているのでしょう。
この際LAに飛んでストライクチームに入れてもらった方がいいかも。
マイアミに残るならデクスターのお手伝いをするとか。
ここまで信用を失っちゃうと、CSIにいるのは辛くありません??
今回は過去のお掃除をしていて、
ルーカスの隠れ家を見つけるお手柄を立てることができたけど。

連続殺人犯ルーカス。
ちっとも悪い奴に見えなかったのは
彼が「レベル9」のティッブスだったから。
最初にヒーロー役でインプットされちゃうと
その人を悪者に思うのがちょっと厳しいですね。

ちょっとお休みを挟んで、次はベガス。
今度は真面目に観なくては・・・

NIP/TUCK S4-#7 「バート・ランドー」

リズは職場復帰したものの倒れてしまいます。
腎臓移植をしない限り、人工透析が必要。
透析に時間をかけていると仕事が出来ないので、リズは移植を希望しますが
リズは家族と縁を切った状態。
移植希望リストに名前を載せても、順番は当分やってきません。
ならば自分たちが家族だとクリスチャンとショーンは
自分の腎臓が適合するか調べてもらいますが
クリスチャンはダメ。
ショーンは適合率が高かったけど
自分のこの先の生活のリスクを考えると移植は厳しすぎると
適合しなかったと嘘をつきます。

ところがマットも調べてもらい、やはり適合している事がわかります。
マットが自分の腎臓を移植すると言い出すと、ショーンは慌てて止めに入ります。
自分でもためらっている事を息子にさせるのは気が引けましたか。
でもマットの熱意がキンバーに通じ
今まで友達として一緒に過ごしていたキンバーとマットの関係が
一歩前進しました。
しかしキンバーって父親たちの後は息子と・・・恐れ入ります。

大金持ちのドーンは超ゴージャスなダイアモンドをちりばめたイヤリングをして
外出したのが間違いでした。
早速バイクに乗った強盗に狙われ
イヤリングごと右耳をそぎ落とされます。
新しい耳を作ってくれとドーンはクリニックにやってきますが
シリコンや自分の体の組織から作った耳はパス。
最先端技術を屈指した実験中のイヤーマウスが育てている耳を
移植することにします。
この耳つきネズミがかなり不気味で・・・
こんなことが可能だとしても勘弁して欲しいな。
でもドーンはネズミに愛着を感じてました。

ドーンとリズが病室で隣通しになり
ドーンは自分の腎臓がリズとぴったり適合する事がわかって
ドーンの腎臓をリズに移植してあげることになります。
リッチになって浮かれ放題だったドーンも、現実が見えてきたのかな。

バートが脳卒中で倒れてしまいました。
顔が歪み話が上手く出来ない様子など
「ザ・ホスピタル」のタン外科部長とまるで一緒でした。
バートは顔の歪みを治してくれと整形手術を希望
だが手術中に心停止を起こし、精子を彷徨います。
ミシェルはバートに付きっ切りで看護すると言い出します。

Dexter S2-#7 「That Night,A Forest Grew」

FOX CRIMEのサイト更新が滞ってます(泣)
新しいお客さんが増えたことだし、頑張ってもらいたいのですが・・・

デクスターとドークスの対立はますます深まってきます。
なんとかドークスを押さえ込まなきゃと考えた
デクスターのドークス対策は手が込んでました。
女性が殴られ殺されていた事件で
デクスターは無実だとわかっていながら
彼女を抱きかかえた父親が犯人ではと
ちらっとドークスにつぶやきます。
そして正しく血痕分析を行い報告書を作成しますが
ドークスはそれを知らず、父親にしつこく尋問を続けます。
そこでデクスターはラゲルタに報告書をドークスのデスクに置いたことを伝えると
ラゲルタはドークスに尋問を止めさせます。
すっかり信用を失ったドークスは怒ってデクスターのラボに怒鳴り込みに来ますが
ここでまたデクスターはドークスにさりげなく頭突きを食らわせ
ぶち切れたドークスが襲ってくると、デクスターはみんなの前で上手く倒れます。
お見事!
ドークスは早速銃とバッジを取り上げられ、署から追い出されてしまいました。
デクスターの勝利。

デクスターはベイ・ハーバー・ブッチャーの声明文を
こそっと新聞社に送りつけておきました。
ランディやエンジェル、マスカらは必死に長い声明文の分析に励みます。
エンジェルは自らの文学的センスを生かそうとしてマスカと対立。
でもデクスターはあちこちの文章を
ネットから見つけては切り張りして作ったんだそうで
特にポリシーはないらしい。
しかしランディは、その取り止めのなさが捜査をかく乱させていると
犯人は警察関係者なのではという見解を出してきます。
今度はデクスターに不利な流れになってきましたが
こんなことでデクスターは弱みを見せないでしょう。

今夜は帰らないと言っていたデボラが帰宅すると
キッチンに裸のライラが現れデボラは驚かされます。
デボラはデクスターとライラの関係を知ることに。
デクスターとライラは嘘をついたり留守宅に侵入したり
とんでもないことをしながら愛を深めていきますが
リタとデクスターは終わっていたものの
コーディはまだデクスターを慕っていました。
サウジアラビアを紹介する発表会に
コーディはこっそりデクスターに見に来て欲しいと電話します。
コーディはデクスターの力を借りて、上手に発表が出来ました。
コーディと子供たちの関係はいい感じだったのに
そこにライラから家が火事だという連絡が入ります。
ライラが溶接バーナーで家中に火を放ったのは
デクスターを離したくなかったから?
ライラの存在がますますデクスターに重たくのしかかってきそうです。

デボラはランディのことが気になり
彼に薦められたクラシック音楽にのめりこみます。
ガブリエルに別れを告げると
ランディとの戸外でサンドイッチランチで、ついにランディにキス。
なかなか積極的じゃないですか。
しかしFBIのお偉いさんとの恋愛なんて成就するんですかね?

Law&Order SVU S2-#11 「Abuse」

世界的に有名なシンガーのリッキー・オースティンの息子コービンが、誕生パーティーの最中にトイレから逃げ、外に駆け出していったところで車に轢かれ即死する。 コービンはリッキーが養子にした子供で、その後妹のアシュレーが生まれた。
コービンはPCの先生のデビッド・ルッソと一緒にいるのが目撃されていた。デビッドはPCを教えながらコービンを抱きしめたりキスしたりしていたので、リッキーはデビッドに接近禁止命令を出していた。デビッドは小学校でPCを教えていたが人員削減のために解雇されていた。小学校で働く前はIT関連会社の副社長をするなど、専門分野では力を発揮している人物だった。
コービンの検死結果が出るが、レイプされた痕跡はなかった。だがコービンはストレスを溜めていたようだ。デビッドは自宅で多くの子供たちにPCを教えていたが、他の子供たちは彼に触られる ことはなかった。
SVUがデビッドの自宅を捜索すると、彼は2年前からコービンの写真を撮っていた。デビッドを逮捕し尋問すると、デビッドはコービンは自分の息子だと主張する。DNA鑑定の結果、確かにデビッドはコービンの実の父親だった。
コービンの妹のアシュレーは怪我が絶えず、取調べに来たベンソンはアシュレーの様子を心配する。病院からアシュレーがベンソンに電話をしてくるので、ベンソンが病院へ向かうとアシュレーは怪我をしていた。リッキーはコンサートやレコーディングでしょっちゅう自宅を留守にし、アシュレーはベビーシッターに育てられていたが彼女もまたストレスを溜めていた 。アシュレーは学校では授業妨害をしては罰を受けているようだった。
ベンソンがベビーシッターのサラに事情を聞こうとすると、サラは突如リッキーに解雇される。ベンソンはサラからリッキーがドラッグに溺れたり交通事故を起こしたりして子育てに関わっていない状況を掴み、アシュレーを保護すべきだと考え始める。アシュレーはベンソンにすっかりなついていた。
アシュレーは反応性アタッチメント障害と判定され、ベンソンはリッキーにカウンセリングを薦める。だが逆にリッキーはベンソンにアシュレーへの接近禁止命令を出してくる。ベンソンはアレックスと相談しアシュレーをリッキーから引き離すよう裁判を起こすが認められず、父親が戻ってきてアシュレーは喜んで家族の元に帰った。

有名シンガーの息子が小児性愛者に襲われ、逃げようとして事故死した事件は、調べていくうちに意外な事実がわかります。コービンに執着していたデビッドは実の父親。コービンの存在を知ってから、彼に近寄れるようにと仕事を替え、自分なりに父親としての愛情を注いでいたのでした。だが結果的には デビッドの愛がコービンの死を招いてしまいます。
コービンが死んだとき、パーティー会場でアシュレーは足を怪我していました。ベンソンが自宅に事情聴取に来ると、アシュレーはテーブルの下に隠れてベンソンと話をします。アシュレーはタップや歌のレッスンに追われていました。ベンソンはアシュレーの膝の怪我を見つけ、虐待が気になり始めます。そしてアシュレーに自分の名刺を渡します。
するとアシュレーは何度もSVUに電話を掛けてきます。入院しては助けを求め、学校を抜け出しタクシーで警察に行くと、またそこでベンソンを呼び出します。お母さんには会いたくない。そもそも母親を呼び出そうとしても仕事中だし、父親も不在です。学校の先生はアシュレーの授業妨害に頭を痛め、リッキーに アシュレーにセラピーを受けさせるか退学して欲しいと告げると、リッキーは拒否します。先生はアシュレーの勝手な振る舞いは愛に飢えているからだとベンソンに話します。
クレーゲンはベンソンがアシュレーに入れ込むのを快く思いません。事件から手を引くように命じますが、ベンソンはアシュレーを守るためにリッキーを説得します。だがそれがさらにリッキーの反感を買うことになります。
リッキーが子育てを放棄していると確信した ベンソンはアレックスに相談、アシュレーをリッキーから離すように訴えることにします。アシュレーはベンソンが迎えに来てくれたのを喜ぶものの、ベンソンがアシュレーと一緒に住めないとわかるととたんに不機嫌になります。法廷ではリッキーはコービーとアシュレーに金銭面で不便をさせていなかったことを主張。留守にしていた父親も戻ってきてリッキーを助けます。アレックスはアシュレーが怪我をした日は全てリッキーが仕事中で不在だったことを指摘しますが、アシュレー本人が法廷に現れると「お父さんが帰ってきた!」と家族と一緒に住むことを選びます。リッキーが仕事をセーブすると約束し、ベンソンも判決を認めざるを得ませんでした。だがすぐにリッキーはツアーに出てしまいます。
ステーブラーはベンソンのアシュレーへのこだわりを、ベンソンと死んだ母親との確執に重ね合わせて見ているのではと指摘しますが、ベンソンはそれを否定します。
ベンソンをすっかり振り回してしまうアシュレーを演じているHayden Panettiereはすっかり成長し「Heroes」でテキサスの不死身な高校生クレアを演じ活躍しています。

妙に人懐っこく、そして急に人格が変わるアシュレー。
見事な演技力に感心して観ていたら、彼女はHereosのクレアだったんですね。
あまりにも子供でわかりませんでした。
でも面影あるかも。
そしてSVUのS2はそれほど過去の話だったんだ・・・と実感させられました。
まだオープニングにもWTCが存在してますし。

ベンソンがなんとかアシュレーを助けようと画策しますが
結局助ける事はできませんでした。
このままではアシュレーはさらに傷ついてしまいます。
怪我が多くなるのは反応性アタッチメント障害の症状の一つのようですが
そんなことばかりしてたから、クレアは怪我を治す能力を身につけちゃったのかな(苦笑)

スパドラのやる気

カクテキさんが教えてくださったスパドラのやる気とは?

5月 SFU S5放送決定
やっとデクスターとサラの別姿に終止符を打てる。
デクスターじゃなくてデイヴィッドとキースの関係にヤキモキせずにすむ。
大好きなドラマのファイナルをとにかく観られるので大喜びしていたのですが・・・

さらに次々とオイシイ話題が。

Everwood S2 放映決定
オンエアスタートがいつかは未定のようですが
なんと5年越し?の夢が叶います。
あれだけみなさんS2をオンエアしてくれとリクエストしまくっていたのに
視聴者の声の欄には全然返事が書かれていなかったのですが
突如決定したのでしょうか。
しかしエイミーはB&Sですっかり大人になってしまいました。
なのでS2だけでなくファイナルまでしっかりオンエアしていただきたいものです。
そういえばS2はデス妻ブリーが出てくるんだっけ。
また別の姿を観られそうで楽しみです。

The Wire 5月放映決定
J:COMのオンデマンドでThe Wireの放映が始まったとき
何故うちのマンションはダメなんだ??と文句を言いまくってましたが
HBOといえばスパドラ!
スパドラがめでたく放映権をゲットしてくれて大感激です。
警察、ドラッグ、権力抗争・・・得意な言葉が並んでるじゃないですか。
モーベイとかクレイトンとかOZな人たちが観られるのも楽しみです。

The O.C. S3 6月放映決定
最初は3月って言ってなかったっけ?
2シーズン観てちょっと飽きかけちゃってますが
時間的余裕があれば観ようかなと思います。

一応HPの方ではスパドラを応援してますので
(TWとかOZとかWATとか書きまくってる都合上)
最近HEROESしか観てなくて申し訳ないなと思っていたところです。
5月からはスパドラ三昧。
でもその分他の局にしわ寄せがいくのかも。
ここまでスパドラがやる気を見せてくれるなら
TWWやWATの続きも期待していいのかな?

そしてスパドラの新作&新シリーズの話題を提供してくださった皆様
ありがとうございました。

やる気には続きがありました!
Supernatural S2も5月スタート。
字幕版、吹替え版両方での放映だと思います。
しかしスパナチュはS1ファイナルで目的を達成したので
今回はパスさせていただきます・・・ごめんなさい。


Brothers&Sisters S1-#18 「3つのパーティー」

キティはついに大統領選への出馬表明をしたマキャリスターの
出身地へコメントをもらいにいきます。
そこがアーティチョークの産地で、
当日はアーティチョーク祭りの真っ最中でした。
サラはアーティチョークのエステ&スパをエンジョイしたいと
キティに同行するんだけど
お祭りのせいでアーティチョークの酒を飲みまくるだけ。
キティはマキャリスターの高校時代の元カノにインタビューし
気づいたら悪態をついてましたが
その後元カノの息子の高校生にビールパーティーに誘われ
結局再び顔を合わせて、彼女の本音を聞くことになります。
マキャリスターっていい奴なんだ。
ってわかってまたキティの恋愛運は上向き?
勝手にやっててください。
しかしアーティチョークってそんなにおいしいもんじゃない気がするんですが。

ノラはライランドじゃない小説の先生にお褒めの言葉をもらい
悪友にもそそのかされて、デートにこぎつけます。
先生は妻に先立たれ二人の子供がいるそうで
ノラと境遇も似てました。
先生が誘ってくれたパーティーに軽い気持ちでOKしたノラは
それが想像以上に真面目なパーティーで面食らいますが
そのあとに同じ講座を取ってる若い子が
先生に捨てられたと泣いてる姿を見て激怒。
嫌味を散々言いまくると、かえって先生を喜ばせてしまったようで・・・
ライランドは今度は単なるスケベオヤジなのでしょうか。ヤレヤレ。

ジャスティンとレベッカはいい感じで兄妹のお付き合いをしてますが
レベッカがジャスティンをパーティーに連れて行き
レベッカがドラッグに手を出している事にジャスティンが苛立ち
ついにレベッカの友達と殴り合いに。
誠実かつ慎重に過ごしているジャスティンは安心して観ていられます。

せっかくチャドがカミングアウトしたのに
結局ケヴィンとは破局。
ケヴィンの諦めが早すぎません?
チャドがカミングアウトすべきか悩んでいるときに
ケヴィンが悪態をついたのは
あえて自分が悪者になって
チャド自身に正しい選択をしてもらいたいという
ケヴィンの思いやりだったのかなと思いましたが
それからのケヴィンの押しが弱すぎるよ。
チャドがカミングアウトしたとき、それを歓迎したところ
チャドは自分のためと言い切ります。
そこでケヴィンもひとふんばり、頑張らなくちゃ。
それとも本当にもうチャドのことはどうでもよくなっちゃったのかな?

すれ違いや葛藤はOZのBKやSFUのデイヴィッドとキースを追ってきて
ここまで傷つけあっても、やっぱりお互いが必要なんだと
その奥の愛の深さに何度も気づかされてきました。
まだケヴィンの愛は上っ面だけで
うまくいかなければそれで諦め状態。
これじゃいつまでたっても真のパートナーが見つからないよ。
もっと本音でぶつかっていって欲しい。
そんな恋人がいつ現れるのかな?

CSI:NY S3-#11 「レイジング・シェーン」

バーで強盗殺人事件発生。
警察は6ブロック先をジョギング中のホークスを容疑者と断定、逮捕しました。

ホークス先生が酒場を襲うわけないじゃん!
どう考えてもありえないのに
ポケットからお金が見つかり、目撃証言がホークス先生の格好と完全一致していたので
ホークス先生は留置所送りになってしまいました。
CSIのメンバーは誰だってありえない!と思ってるのに
こういう時限って上司とか内務監査とか厳しいんだよね。
特にNYは。
待ってました!とばかり嫌味オヤジが次々出てきてうんざりしました。
職場の仲間を守ろうなんて意識はこれっぽっちもないんだろうな。
そして身に覚えのないホークス先生はひたすら「やってない。」と「わからない。」を連発。
この曖昧さがまた印象を悪くするわけですが
仕方ないよね。わからないんだもん。
しかも手からは銃の硝煙反応が出てしまうし。

同僚が事件に関われば、そのチームは捜査からはずされてしまいます。
それは仕方ないとしても納得できない仲間たち。
でも代わりに任された覗き部屋でジャンキーが死んでいた事件は
ホークス先生事件とかかわりがあったわけで
全然無駄にはなりませんでした。

しかし・・・ペイトンって冷たい女だ。
シドだけだったら、ホークス先生が撃ったとされるバーテンダーの検死解剖を
ステラに見るなとは言わなかったんじゃない?
規則だからというより自分たちがゴタゴタに巻き込まれたくないからと
ステラを追い出すペイトン。
その後マックとペイトンが慰め合ってるところに
ステラが近づいてきたら慌ててマックは体制を整えようとししますが
後でペイトンがその件でごちゃごちゃ言い出したら
だからこそさっさと別れろ!と言いたくなってしまいました。
仕事上は仕方ないとしても。プライベートまで出てこなくていいです。
マックはリードと共にクレアの思い出に浸ってる方がいい気がするけど
それはちょっとかわいそう?かな。

実はホークス先生ははめられてました。
#4「見せしめ」で逮捕されたのに逃亡したシェーン。
彼はホークス先生が行った兄のイアンの検死に疑問を持っており
ホークス先生を落としいれようと綿密な計画を立てます。
ホークス先生のシフトや行動を完璧にチェック。
ところでNYは日によって日勤や夜勤が変わるのでしょうか。
ホークス先生が襲われたときは夜勤明け。
仕事が終わってから気分をすっきりのジョギング中でした。
ベガスの人たちはチームごとにシフトが決まってたし
ホレイショは絶対夜には現れませんが
(サングラス掛けられないもん・・・笑)
地域によってシフトのやり方も違うんですね。

でホークス先生はいつも同じパーカー姿でジョギングしてるんですかね。
万が一違う服に着替えていたら、完全にアリバイが出来たのに。
ホークス先生、ウェアを充実させようね(笑)
そんなわけでシェーンはホークス先生のポケットに札束を忍び込ませ
まんまと容疑者に仕立て上げることができました。
そして本当にバーテンを撃ったのは覗き部屋で死んでいたジャンキー。
ドラッグ欲しさにひと稼ぎした後、シェーンに消されてしまいました。

CSIがシェーンの存在を掴むと、今度はマックとシェーンの一騎打ち。
シースルーエレベーター対決は迫力ありました。
でもここもシェーンはうまく潜り抜け
今度は対決相手にダニーを選びます。
これも前回逮捕のときのダニーの「兄弟の事を助けようとした事がある。」
の言葉が決め手。
ダニーは兄の事件をもう一度洗い直し、イアンの物だと思われていた指輪が
殺されたバーテンダーの物だった事を突き止めます。
こうして今度こそめでたくシェーンは逮捕されました。

大変な事件でした。
オレンジつなぎまで着せられちゃったホークス先生。お疲れ様でした。



NIP/TUCK S4-#6 「ドクター・フェイス・ウォルパー」

冒頭のセクシャルなクリスチャンとショーンの2ショット。
これって絶対クリスチャンの夢だってわかっていても
二人の関係がこんな風に発展したらすごい!ってわくわくしてしまいます。
しかしショーンの胸毛、立派すぎ。
病院へ運ばれたショーンが心停止、
だがクリスチャンがパドルを使おうとするとキンバーがコンセントを抜いちゃったので
クリスチャンは原始的な方法で・・・
とマウストゥマウスを試みようとしたら目覚めてしまいました。
その脇にショーンが寝てたので、まさかそれもありえないよ!と思ったら
案の定再び夢。
クリスチャンは夢の中でさらに濃厚な夢を見てたってことですか。
もう否定するのは無理だよね。
いったいいつクリスチャンはショーンに告白するんでしょう♪

最初にじっくり楽しませてもらった後は辛い展開。
クリスチャンは再びBrooke Shields演じるウォルーパーと顔を合わせます。
ウォルパーは腰に入れた元恋人の名前のタトゥーを消してもらいに来ました。
しかもクリスチャンと寝たことで、セックス恐怖症だったことを再確認してしまったようです。
続いてミシェルの夫のバート登場。
ペニスにくっつけたポンプを取ってくれという依頼でしたが
実はクリスチャンとミシェルの関係を知っていて
二人にプレゼントを贈り、それを着て自分の前でヤレって命じます。
しかもその命令はウォルパーの提案でした。
命令に従わないとクリニックを取り上げると脅されたクリスチャンは
仕方なく実演して見せることにします。
そしてウォルパーは、新たにクリスチャンの名前を腰に彫ってもらいます。

ショーンとジュリアは二度目のハネムーンを計画
だがマーロウが体調を崩して赤ちゃんの面倒を見られなくなってしまいます。
そこでジュリアが頼んだのはモニカ。
ショーンはジュリアにばれないようにモニカに文句をつけますが
今更どうにも出来ずモニカを頼む事にします。
ジュリアがいないところでモニカはショーンにへそピアスをつけるように頼み
ショーンはしぶしぶ引き受けますが
ショーンの背後にはエスコバルの姿が見えてきます。
ショーンがモニカを追い出すと、いきなり道路に飛び出たモニカはバスに轢かれてしまいました。
結局ジュリアが何も知らない間に、モニカはこの世から姿を消したのでした。

今回は手術シーンは地味でしたが
物語は相変わらず濃かったです。

Law&Order SVU S2-#10 「Consent」

ハンフォード大のキャンバスでジョギングしていた学生が倒れている女性ケリーを発見。ケリーはパンティを剥がされ酒臭かったが、レイプされた記憶はなかった。レイプ検査をしたところ体内から精液が見つかるが、ケリーは自分はバージンだったと事実を受け入れられずにいる。ケリーのルームメートの話ではケリーはサークルの仲間と男子寮のジョーの部屋に行き、一人で寮に残った。ジョーとケリーは微妙な関係だったとのことだった。
ケリーはバーに行った後ジョーの部屋でまた飲み、変な気分になったあと髪を引っ張られ、その後の記憶がなかった。ジョーと一緒にいたハンクは二人とも容疑を否定するが、ケリーの尿からレイプドラッグであるGHBの成分が検出される。
大学ではレイプ事件が起きたとき懲罰委員会に掛けられるが、ジョーは過去にレイプ事件を起こした時委員会が事件をもみ消していた。ハンクの父は大学と癒着している実力者だ。SVUはジョーの部屋からスポイトや血のついたシーツなど事件の証拠となるものを発見する。だがハンクの証言から、ケリーと一緒に来たジョディとテスがラブ・ポーションという薬をビールに混ぜていた事が明らかになる。
テスはジョーと付き合っていたが、ジョーがテスを捨てケリーを選んだために、テスはケリーに近づきながら復讐の機会を狙っていた。テスは大学で生化学を専攻しており、ラボから彼女の作ったGHBが見つかる。ジョディはテスに利用されていた。そしてケリーをレイプしたのは、酔っ払ったケリーを助けようとした同じ寮に住むウォーリーだった。

レイプドラッグを用いた女子大生レイプ事件。容疑者に挙げられたジョーは過去にもレイプ事件を起こしており被害者も名乗り出ているが、大学の懲罰委員会が事件をもみ消しています。事件が明るみに出ると大学の評判に関わるからなのでしょうか。
事件直後のケリーの事情聴取ではケリーはひどく怯えていましたが、大学生らの話ではケリーの思わせぶりな態度も指摘され、ケリーにも責任があるのではと思われ始めます。だがベンソンはあくまでもケリーは被害者の立場を貫き、彼女をフォローします。
ケリーに復讐しようとしたテスはジョーから淋病を移されていました。テスは自分でレイプドラッグを作りケリーに飲ませます。テスを演じるMarika Dominczykは、Brothers &Sistersでジャスティンがホテルで働き始めたときの上司になり、やがてジャスティンと付き合い始めるタイラーを演じています。
ケリーをレイプしたウォーリーは酒によってふらふらしているケリーを助けるつもりでした。ケリーを部屋に連れて行くと、彼女は寂しげな目でウォーリーを見つめます。そして彼にキスしていきます。ウォーリーはついその気になってしまったのですが、それがドラッグのせいだと気づきませんでした。
裁判ではケリーやウォーリーの証言が重要になってきます。
ステーブラーはモーリーンの大学進学について不安を感じています。

レイプ事件って、被害者も恥ずかしさや心の傷を抱えてしまい
なかなか事実を訴えられずにいることが多いのでしょうね。
被害者が殺害されていれば、徹底的に科学捜査を行えるものの
生きていればレイプ検査に拒みたくなる気持ちもわかるし。
そして警察署や法廷で容疑者と顔を合わせなければならない辛さ。
SVUはそんな事件がこれでもかと押し寄せてくるので
ベンソンやステーブラーと共に憂鬱になってしまうわけです。

今回はベンソンが彼女らしい反応。
あくまでも被害者の立場で考えていこうとします。
そしてステーブラーはモーリーンのことを考えて
大学生活が心配になり・・・
また親バカステーブラー丸出しですが。

svu-st9.jpg

NYの冬は寒いのでステーブラーは帽子着用。
おでこも暖かさを多少キープしています。

Dexter S2-#6 「Dex,Lies,and Videotape」

このタイトルって「Sex,Lies and Videotape」のパクリですよね。
まだ若くて美しかったBoston Legalのアランが出ていた映画です。

ついにベイ・ハーバー・ブッチャーの正体が明らかに!
ベイ・ハーバー・ブッチャーの悪人退治のポリシーに共感を示す者もおり
密かに英雄扱いされかけてもいます。
だがランディはさらに捜査を強化。
FBI捜査官をつぎ込むなんて言い出すから
いつボロが出てしまうかデクスターは気が気じゃありません。
そして容疑者と思われる男が見つかります。
エンジェルは得意満面で報告に来たけど
目の前に真犯人がいるのに・・・と思うとお気の毒でした。

デクスターの犯罪がばれる前に
彼は実に見事にすり抜けたり
新たな悪人退治を行ったりしてしまうんですが
捜査する側にいるのでいち早く情報をキャッチし対応できるものの
一人でこっそり証拠に近づいたり改ざんできちゃったりするのは何故って
警察の管理能力を疑いたくなります。
まあここはマイアミなので、NYやベガスより緩々なのは承知してますが(苦笑)
そしてきっちりと新たなお仕事をしてしまうデクスター。
状況がややこしくなればそこは臨機応変に・・・すごいです。

デクスターを巡るライラとリタの三角関係はどうなるんでしょう。
ライラの影響力強いし。
ライラの前では多少本音を出せるので、デクスターも気が休まるのかな。
そしてしつこいドークスはデクスターをストーカー状態。
デクスターがドラッグ依存症だと発見して喜んでいますが
デクスターはドークスを訴えると言い出します。
デクスターの母は育ての父のハリーとかかわりがあったようで
デクスターがその録音テープを繰り返し聞いていたら
ドークスはそれも何を聞いてるのか気にしてました。

この先さらにデクスターの嘘は上塗りされていくのでしょうね。
デクスターの綱渡り人生を楽しませてもらいます。

Desperate Housewives S3-#23 「二人の花嫁」

せっかくブリーが復活したけど
イマイチ続きが気になるまでに至らなかったファイナルでした。

ガブリエルの結婚式。
その前にガブリエルは相変わらず言いたい放題騒いでましたが
ビクターの父親のミルトン登場。
ビクターがガブリエルに当り散らしたあと息子の態度をわび
二人の間を取り繕ってくれたのですが・・・
実はビクターとミルトンにとってガブリエルは票集めのための道具。
これでラテン系の票は堅いと喜んでいる二人の姿を見てしまったガブリエルは
初めて現実に気づきます。

カルロスはイーディとの子作りのために励んでいたはずなのに
イーディがガブリエルの結婚式へ行った隙に
イーディのバッグから避妊用ピルを発見。
当然激怒して結婚式に出向きイーディに別れを告げます。
傷心したガブリエルと自棄酒を飲んでるカルロスが鉢合わせ。
ここはやっぱり気心が知れた二人。
いつの間にかキスしてました・・・ってことは寄りが戻っちゃうんですか?
ガブリエル、いつまで選挙用妻の姿をキープできるのでしょう。
彼女に我慢強さはありえないですからね。

健康なふりをしているリネットだけど
母親のステラが手伝いにやってきます。
ステラは乳がんの経験者で、闘病に対し自信たっぷりですが
リネットはステラとの関係がすごく悪かったようで
ステラの浮気や離婚を許せずにいました。
帰ってくれと冷酷な態度を取るリネットに対し
ステラはケイラを通じてリネットとリックの関係を聞き出し
あなたも同罪でしょとぶつかってきます。
でもステラの厳しい態度は、
病気に打ち勝つための強さを持たせるためでもあり
これが母親の愛情なのでしょう。

ブリーとオーソンが戻ってきました。
ついにブリーが妊婦姿です。
お待たせしました!ってところですが
ブリーはダニエルを寄宿学校に入れてきたと説明します。
実はブリーの妊娠はフェイクで、いずれダニエルの子供が生まれたら
ブリーが自分の子供として育てるっていう計画のようです。
でも今回のブリーのお腹は本物ですよね?
話がややこしいです・・・

そしてスーザンとマイクはジュリーの手を借りて密かに結婚。
マイクの仕事が忙しくてスーザンは不安げでしたが
ついに3年越しの恋が実って・・・おめでとう。
スーザンに波風が立たないのが不満ですが。

これじゃあっさり終わりすぎと思ってたら
カルロスに別れを告げられたイーディが首吊り自殺?
するわけないよね!あのふてぶてしいイーディだもん。
だからますます心配事がないわけで(笑)

それより途中でうやむやになってることの方が気になります。
もうザックは姿を見せないのかとか
オーソンがマイクをひき逃げしたのは秘密のままなのかとか
刑務所のポールのその後だって知りたいし
多少はS4へ持越しでしょうか。

この先は全然当てにならないNHKBSですので
たいして不安を抱えずにとりあえずおしまいで救われてるのかも。
S4はアメリカでも半分オンエアされてストップしてますので
あまり期待しないでおこうと思います。

Windfall #1 「Pilot」

FOXlifeで25日よりスタートのWindfallのスニークプレビューがあったので
早速チェックしてみました。
ビバヒルディランの出演作ということで注目されてますが
どこかで観た顔が多く、最初から親しみがもてました。

ピーターとニーナのシェーファー夫妻は
親しい人たちを呼んでパーティーを開き
そこで募金箱にお金を入れてもらい
集まったお金で宝くじを買うことにします。
宝くじはニーナとキャメロンが買いに行きますが
ニーナが選んだ番号が、実は大当たり。
出資者20人は一夜にして大金持ちになってしまいます。
そして彼らの人生が狂い始めます・・・

ピーターを演じるのがディランことLuke Perry。
二次の娘を持つ父親。とても立派なオヤジです!
実際クルティエ時代よりさらに年を取っちゃったわけだし。
生え際もかなりキテるよね。
ところで妻のニーナとキャメロンは元恋人同士。
キャメロンが外国に行ってる間にニーナはピーターと結婚してしまったようです。
帰って来たキャメロンはベスと結婚。
でもキャメロンはニーナへの思いを断ち切れていません。
だから二人で宝くじを買いに行ったときも
キャメロンは引越しが決まっていたので、そんな話をしているうちに
思いが高まってキスしてしまいます。
でも結局金持ちになって、キャメロンは引越しの必要がなくなりました。
この先キャメロンとニーナは不倫関係に発展するのか?
ピーターはちらりと二人の関係を気づき始めたようです。
キャメロンを演じているのがデス妻のリック。
リネットがよろめきかけたように、
つい女性を虜にさせるオーラが出ているのかも。
おまけにリックよりやってることも大胆だし。
キャメロンの妻のベスは、The Dead Zoneのレベッカ。
二人がリッチになったとたん、
キャメロンは全然覚えがない教え子と名乗る女性が現れ
あなたの子供の養育費を払ってくれとたかり始めます。
金目当ては見え見えでも、DNA検査をしてくれと怒るベス。
夫婦関係も亀裂が入りそうです。

他の当選者もそれなりに問題を抱え
離婚調停中の夫婦は妻がお金を得たとたん、夫が離婚を拒否。
板ばさみの娘が先日のCSI:Miamiで
役作りのためにジャンキーの振りして施設に入ってた女の子でした。
花屋で働いている男性は、かなり訳ありの過去があるようで
お金を受け取ることを拒否。
花屋のお客さんに迫られていた女性と親しくなると
彼女にお金を受け取ってもらうよう仕向けます。
まだ17歳の青年は18になるまで父親がお金を預かると言い出したので
たまたま住むところを探していたロシア人女性とフロリダで結婚式を挙げ
所帯を持ったことで成人扱いしてもらい、お金を受け取る権利を得ます。
だがロシア人の女性とすんなり縁が切れるかは微妙。
そしてパーティー会場にピザを配達しに来た女性も
募金箱に寄付したためにお金を獲得する権利を得ました。
ちょうど彼女は住んでいたトレーラーから立ち退き命令が出てましたが
これで安心して新しい家に住むことができます。

最後の場面で今後の問題が暗示され
あとはみんな急降下してしまうのか。
全13話でおしまいなので、集中して観てみようと思っています。

Brothers&Sisters S1-#17 「DNA」

レベッカをウォーカー家に受け入れるかどうかで大騒ぎする話。

このところのジャスティンの考え方には納得。
現実は受け入れるしかないでしょう。
今回はノラもその提案に同意。
レベッカをウォーカー家のディナーに招待することにします。

ところが家族がまたお得意の過剰反応を示します。
ノラがホリーの元に出向き提案を伝えると
早速ホリーは難色を示しますが、レベッカはあっさりOK。
ウォーカー家を覗いてみたくなります。
ジャスティンとしかコンタクトを取ってなければ
さぞかし素敵なウォーカー家に思えるでしょう。
でも兄姉たちはそんなに生易しくありませんでした。

まずキティはディナーそのものをパス。
マキャリスター&子供たちとのディナーの予定が入ってからですが
それはそれでキティは苦労します。
案の定マキャリスターの10歳の娘に露骨に嫌がられ・・・
当然でしょう。
普段はお母さんと生活していて、
キティはお父さんの恋人って感覚しかないんだもん。
お父さんを取られちゃうの?って不安になるよね。
キティは自分がホリーやレベッカの立場に立たされて
ようやく相手の立場に立って考える事の大切に目覚めたようで
マキャリスターにことを急ぎすぎたのではと意見します。
マキャリスターはキティの話を素直に受け入れ
とたんに距離を置き始めました。
これから徐々に修復作業に入るのでしょうか。

今回のケヴィンは単におバカ!
これじゃいつまでたっても恋愛成就できないよ。
せっかくチャドが意を決してカミングアウトを承諾したのに
彼のマネージャーの言いなりになるなんて。
いくらチャドの芸能生活に支障を来たすなんて説得されたとしても
愛することは別問題でしょ。
マネージャーに「チャドの面倒を一生見ろ。」風に言われたことに対し
それをOKできなかったケヴィンが情けなかったです。
だからそのあと無理矢理チャドのお誘いをお断りしたけど
すっかりチャドの信頼を失ってしまいました。
そして留守電で未練がましく・・・やれやれ。
もっと信念をもって愛しておくれ!!
ついでにレベッカの髪の毛を引っ張った事も許せないね。
何のためだか喋り捲ったサラたちはもっと許せないけど。

また家族の膿をさらけ出してしまいましたが
おかげさまでトミーはジュリアのお腹の子供の父親が
誰なのかを探すことを止め
ノラはウィリアムとの過去を封印。
今に生きていく決意を固めました。
レベッカのおかげかな?

ノラがお勉強中の小説講座。
ドラの物語もだんだん面白くなってきました。
ところで講師がThe 4400のライランドなんですけど。
ついに出番がなくなり暇になったので
こんなところで小遣い稼ぎしてるのかな(笑)
オヤジゲストが何気に豪華ですね。

Alarm for Cobra 11 S11-#3 「偽りのパートナー」

ドイツにも悪徳警官がいるんだと実感。
それもとんでもない悪党です。

ゼミルとクリスは麻薬捜査官のベンとツェーガーと一緒に
アウトバーンで麻薬取り引きの金を持って逃げている
カーラという女性を追いかけます。
4人はカーラを逃がしてしまいますが
ツェーガーが妙にカーラをかばっているような発言をしたのを
クリスは聞き逃しませんでした。

実はツェーガーはカーラと結託し
麻薬取り引きの金を掠め取ろうとしていました。
それにはカーラの恋人や共犯者が邪魔。
まずツェーガーは捕らえた共犯者を脅して恋人の居場所を自供させると
自ら乗り込んで恋人を殺してしまいます。
ベンはなんだかよくわからないまま。
一方ゼミルとクリスはカーラが逃げた映像を分析。
少しずつ核心に近づいてきます。
だがいつもツェーガーに先を越されます。

ツェーガーはカーラを殺し、金を奪って逃走しました。
結局金を自分のものにしたわけで
ゼミルとクリスはここでもまたツェーガーを取り逃がしてしまいます。
ベンはゼミルの後輩に当たり
臨月の奥さんが建設中の自宅で待っていますが
お金がなくてボイラーをつけてもらえず困っています。
奥さんがベンに帰ってきて欲しいと頼むと
ツェーガーは付いていって、ボイラー代をさっと支払ってくれました。
ツェーガーはカーラが死んだのをゼミルとクリスのせいにして
金の出所がわからなくなるのだから着服してしまうことをベンに伝えます。

良心の呵責を感じたベンはツェーガーの言動についてゼミルたちに相談しますが
ツェーガーが殺して金を取ったという決定的証拠がありません。
ゼミルはツェーガーに喋らせるようにと録音装置を持たせます。
ツェーガーのボートに顔を出したベンは
うまくツェーガーの自白を録音しますが
そのあと捕らわれボートに監禁されてしまいます。

ツェーガーは今度は殺人を犯し金を持ち逃げしたのはベンだと言い出します。
ベンの奥さんはベンの潔白を主張しますが、なかなか聞き入れてもらえず
だが部屋にあった写真から、ベンの監禁場所が特定できます。
ベンを助けた後はツェーガーとクリスがコンテナヤードで激しいカーチェイス。
ゼミルとベンは車の上からツェーガーの動きを阻止しようとします。
結局ツェーガーの車は川に沈み、ツェーガーは逮捕されました。

ドイツの警官の給料は安いのかな。
妊婦を抱え家を新築中のベンの生活は貧窮してたようで
ツェーガーの援助はありがたかったんですが
でもベンは正しい道を選びました。

警官がお金を着服。そのためには殺人だって辞さないという展開は
The Shieldのマネートレインを思い出しました。
でもヴィックたちの方が用意周到。
こんなにあっさりと化けの皮をはがしませんよね。
45分で悪徳警官を語るのは短すぎるって気がしましたが
見所はカーチェイスなんだからまあいいかな。
冒頭の燃え上がるタンクローリーは
思ったより爆発が地味だったかも。
そしてラストのコンテナヤードでのカーチェイス
こんなに激しい追いかけっこをして無傷なのが不思議なんですけど
これもまたCobra 11ならではなので悩まない事にしましょう。
今回はゼミルとクリスの息が合っていて、安心して楽しめました。

NIP/TUCK S4-#5 「ドーン・バッジ」

クリスチャンはミシェルと関係を持ち続け
ジェームズからミシェルを解放しようとジェームズに近寄ります。
二人の関係を夫に知られないようにするにも大金が必要。
さすがのクリスチャンでも急に持ち合わせはありません。
クリスチャンは必死で金策を練り始めます。
するとジェームズが手の若返り手術をしてくれれば
最初の支払いをただにすると言い出したので
クリスチャンは手術を実施。
だがミシェルはバーで男を誘惑し
ベッドへ連れ込み男を眠らせると
そこへジェームズが現れ、二人で男の腎臓の摘出を始めました。
ジェームズが腎臓泥棒だったんだ。

ショーンはジュリアと再婚するため
もう一度きちんとプロポーズしようと指輪を買いに行きます。
だがマットがすっかりサイエントロジーに入れ込んでしまったので
ショーンはマットを連れ戻すために
クリスチャンの入知恵でポルシェを買い与えますが、それがまた逆効果。
マットは家を出てキンバーのところへ行ってしまいます。
ショーンは今度は人を雇って強引にマットを捜索させますが
かえってジュリアを怒らせてしまいます。
でも結局二人は結婚生活を再開することにします。

今週の患者のドーンは
宝くじが当たって大金持ちになったので
全身に手を入れてすっきり別人になることを希望します。
金に糸目をつける気のないドーンは
夫と娘にも手術を所望。
急遽お金が必要なクリスチャンには願ってもないカモがやってきました。

手術を終えたドーンは容姿や体型だけでなく
ファッションやヘアスタイルも洗練させなくてはと
クリスチャンがFAB5役を買って出ます。
しかしどこへ行ってもゲイ呼ばわりされてるクリスチャン。
本人が否定してもオーラはしっかり出ちゃってるんでしょう。
彼の派手なファッションからしてもいかにもだし。

すっかり別人になったドーンが帰宅すると
夫と彼とは血が繋がってない娘がベッドで真っ最中。
ドーンはショックを起こします。
せっかく自分を磨いても孤独なドーンは
今度はクリスチャンに相手をしてくれと頼みにきますが
お金を積んでくれればとクリスチャンはOKします。
事の後で想像していたのとは裏腹に
さらに空虚感を覚えるドーン。
おまけに夫と娘は家を出て行ってしまいました。
突然金持ちになるってろくなことはなさそうです。
今週FOXlifeでスニークプレビューのある「Windfall」は
まさにそれがテーマのドラマらしいですが。

今シーズンのゲストは実に豪華。
ジェームズ役のJacqueline Bissetの落ち着いた美しさが光ってますが
ドーンはRossie O'Donnellがまさに体当たりで熱演。
ドラマを盛り上げてくれました。

Law&Order SVU S2-#9 「哀しい妖精たち」

またしてもHPからのコピペで失礼します。

食肉処理場の近くのゴミ捨て場に少女の遺体が捨てられていた。年齢は12歳から14歳くらいでレイプされた跡があり、打撲や骨折の古傷も残っていて虐待された可能性があった。腕にはダイヤの入ったブレスレットをはめており、近くに残っていたレンガで殴られ殺されたと考えられた。検死の結果少女は手が豆だらけで、過食症で食べた物を吐き出していた。少女売春の線で捜査を進めていくが、ブレスレットに刻まれたイニシャルから、少女は体操選手のクリスティだとわかる。
クリスティはブルガリア出身の有名なコーチ、コルスカが経営する体操ジムに所属、自宅を離れてオリンピック選手を目指し、日々厳しい練習を続けていた。コルスカのホームステイ先の母親と娘の話から、コルスカは歩ピと名乗る男と会っていたことが明らかになる。ポピとはコルスカの事業を支援し、多額の寄付を行っていたカイル・ヒューバートだった。カイルは体操ジムで目をつけた少女たちを自分の愛の巣に連れ込み、その姿をビデオテープに収めていた。カイルはクリスティと性交渉を持ったが、クリスティは実は19歳で同意の上でだったとカイルは主張する。
ジムで一緒に体操の練習をしていたロリは、クリスティがカイルに大切にされているのを知っていた。しかもクリスティとカイルの関係をコルスカが知ったとき、コルスカがクリスティを守ろうとしたことで。ロリはコルスカがクリスティを選んだと思いクリスティを妬む。そして夜一緒に公園をマラソンした後、クリスティを待ち伏せし、彼女の頭をレンガで殴った。

遺体が見つかったとき、少女売春絡みの事件で捜査が進められます。マンチとフィンは目撃証言を得るために、現場の近くのアパートの女性に話を聞きに行きますが、その女性が「売女」と罵った事にマンチは意味不明な言葉を返します。マンチ曰くギリシャ語で呪いを掛けていたのでした。
ステーブラーとベンソンは被害者が履いていた靴を調べるために靴屋に行きますが、ステーブラーは娘は150ドルの靴を欲しがるとボヤきます。
ステーブラーが帰宅するとモーリーンはコロンビア大進学を諦めないと気合を入れてましたが、英語がB+なのが問題のようです。
一流体操選手になるための英才教育、厳しい訓練と競争に打ち勝つために少女たちは過酷な試練に耐えなければなりません。ちょっとでも体重が増えれば競争から脱落するために、彼女たちは体重をコントロールせねばならず、食べたものを吐き出すのも当たり前のこと。やがて生理も止まってしまい、女性らしい体に成長する事もできません。クリスティが19歳なのに少女に見えたのも過酷なダイエットのせいでした。少女のレイプ殺人事件ではなかったのでベンソンもステーブラーも比較的穏やかでしたが、一流になるために多くのことを犠牲にしなければならない少女たちの生き方に疑問を感じていたのjは確かです。
コルスカを演じているPhilip Casnoffは「OZ」ではロシア系ユダヤ人ニコライ・スタにスロフスキーを演じ、ライアンと激しく対立し合っていましたが、ライアンがハウエルと組み、ニコライはあっさり葬られました。また「Strong Medicine」(ダナ&ルー)ではダナとルーの上司ロバート・ジャクソン役を演じています。

読みにくくてすみません(汗)
でもいつも書いてるように改行するととてつもなく長くなるので
あえてこのまま載せておきます。

今週のOZ組はニコライ。
あの「アヒルちゃん」のニコライです♪
OZの中ではイケメンの部類の囚人でしたが
それがライアンの癇に障ったか?
ライアンがハウエルと結託し、ニコライはアヒルちゃんと共に
お風呂の中で昇天しちゃったんだよね。
「ダナ&ルー」のニコライはかっこよかった。
もう少しあのドラマを真面目に観ておけばよかったなと反省しています。
そういえばニコライの本物の奥様は
OZではカークの母親で
Chicago Hopeではシャット妻のカミールのRoxanne Hartなんですね。
ご夫婦でOZに絡んでましたか。

svu-st8.jpg

このステーブラー、大好きなんですけど、このエピだったんだ!
Meloni画像コレクションから引っ張り出してきました。

Dexter S2-#3~#5

FOX CRIMEの楽しみの一つがDEXTERです。
まずデクスター役のMichael C,HallはSFUでのお気に入りのデイヴィッドだし
マイアミ警察殺人課はOZな人たちの集合体だし
おまけに舞台は何でもありのマイアミ。
是非観たい!と思いS1は録画を頂いて
あと数話を残すところまで進みました。
ちょうどデクスターが遺体を海に投げ込み始めたあたりまで観て
早く完結させたいと思ってたけど時間の余裕がなく
そこでCRIMEを生で見るチャンスに巡り合ってしまいました。

先週2話分、そして今週新たに1話録画して
S2の第3話めから3話分一気に観てしまいました。
間がかなり飛んじゃってるけど、
今までのあらすじとかドラマの流れから
何が起きていたのか大体わかりました。
そしてデクスターが隠している裏の姿が
ますます大問題に。

そこが面白いんですよね。
父に鍛えられたおかげで
思っていることは正反対の行動を取ることが出来るデクスター。
彼の独白にドキリとさせられ
ならデクスターはどんな行動を取るのかを追っていくと
次にさすが!と感心させられます。
でもちらちらとデクスターの本心を見抜きそうな人が現れ
彼がどのように我が身を守るかがさらに気になってきます。

そしてOZな人たち。
ネイサン先生はすっかり貫禄づいちゃいました。
ラフなスタイルのモラレスは誠実そうでいいですね。
そしてやたらとデクスターを目の仇にしているモーゼス。
彼もまた問題を抱えてるようですが。

デクスターがボコボコ落っことしてくれた
ベイ・ハーバー連続殺人の捜査に携わりに来たFBI特別捜査官のランディ。
演じるKieth Carradineがいい味を出してます。
デボラとの関係が気になるところ。
KiethはDeadwoodではヒコックを演じてたんですよね。
Deadwoodも観たいけど、今の再放送では中途半端だし。
また最初から放映があるのかな?

DEXTERを観始めたために
マイアミが舞台のドラマが4つになってしまいました。
CSI:Miami、ビクトリア、NIP/TUCK、そしてこのDEXTERです。
全く趣の異なる4つのドラマですが
どれも強引に事を運ぼうとする人たちがいるのは共通かな(笑)
ベイ・ハーバーの事件の捜査にホレイショが現れたら
果たして事件を解決できるか?
そんな展開も観てみたいかも。
しばしマイアミを満喫したいと思います。
そういえば全然観てないMiami Vice箱もあったっけ(苦笑)

Desperate Housewives S3-#22 「花嫁の憂うつ」

これがシーズンファイナルの前のエピ?
とあきれ返りたくなるほどつまらない内容。
このまましばらく続くんだったら、間違いなくリタイア宣言すると思います。
でも次回がファイナルだから頑張りましょう。
ブリーが復活してくれるし。
そしてS4があるかは当分謎のままだし。

まずスーザンとマイクが何事もなかったかのように
1年前をよみがえらせて婚約してしまうのがつまんない。
でもマイクの優しさに免じて許すとして
結婚式の日にちの取り合いでスーザンはガブリエルと大喧嘩。
スーザンがイアンと結婚する予定で押さえてあった日が
突如キャンセルとなって空いてしまったので
そこにガブリエルがうまく収まったわけだけど
スーザンはキャンセルをまたキャンセルってことで
最初に決めた日を再び主張。
じゃあダブル結婚式を行えばいいなんて
ダンナがOKするわけないじゃん。
浅はかな二人の計画はさっさと没になりますが
すっかり子供じみた二人のバトルは観ていてうんざりしちゃいました。

さらにがっくりきたのがイーディ。
カルロスが子供が欲しいことを承知の上で
カルロスを引き止めるために子作り計画を提案。
なのに自分はピルを飲んでるんだよね。
その前にカルロスが借家の契約を更新したとたん
自分のところへ来て欲しいから裏で契約を破棄させるイーディ。
いかにもイーディらしい狡猾さを見せてくれたけど
あんなに誠実なカルロスを騙しちゃいけないでしょ。

トムとリネットもリックを巡って冷戦状態が続いています。
パーカーは両親の関係がおかしくなってることを察知。
子供を悩ませちゃいけませんよ。
やがて二人は本音でぶつかり合うけど
リネットがベットから落ちたことがきっかけで思わぬ展開へ。
リネットの首にリンパ種が見つかったのでした。
これから病気と闘わなければならなくなるかもしれないリネット。
トムはそっとリネットの手を握ります。
夫婦仲は元に戻ったけど、この先がどうなるのか。
スカーボ家のことは気がかりです。
他はどうでもいいけれど(苦笑)
あとはブリーが何を持ち込んでくれるかに期待!ですね。

Criminal Minds S2-#9 「二人のシリアルキラー」

BAUに転属してきたエミリーが荷物を持って現れます。
でもホッチナーは彼女を完全無視。
エミリーのお父さんはお偉いさんらしいけど
エミリーが行動分析するなんて、ホッチナーは全然信じていませんでした。
何故ここにいるんだ?とギデオンに質問。
ギデオンもわかってないようです。
そのままギデオンらは事件の捜査へ。
エミリーはじっと本部でみんなの帰りを待ってました。
その間に事件のレポートを呼んで、自分なりに分析。
ホッチナーが戻ってくると自己アピールを始め
まだ疑い気味のホッチナーを納得させようとします。
彼女がエルの後釜なんですね。
エミリー役のPaget Brrewsterは
「Huff」の奥さんだった人です。
でもさっさと挫折しちゃったんで、ちらっとしか観た記憶がありませんが・・・

ミルウォーキーで
中産階級の女性を狙って連れ出して殺し
遺体を森に捨てるミル・クリーク・キラーと
娼婦を狙い銃殺するホロウマンの
二人の連続殺人犯が出現。
BAUは二人の殺人鬼の関連性を調べます。
すると天才リード君の読みで
二人は新聞広告を通してコンタクトを取り
ホロウマンがミル・クリーク・キラーを師と仰いでいたが
ミル・クリーク・キラーばかり注目されるので
ホロウマンが背き我が道を行きだしたことがわかります。

ホロウマンは闇討ち的に銃で狙うので
犠牲者が出るのも仕方ないかなって気がするけど
ミル・クリーク・キラーはまず女性に困ってるふりをして声を掛け
それからおもむろに殺人鬼に変身します。
そんな不審な声掛けに着いて行く方がおかしいと思うんだけど。
案の定ミル・クリーク・キラーは焦ったために狙った女性を捕まえ損ねます。
逃げた女性の判断が適切でした。
BAUのプロファイリングや彼女の証言から
ミル・クリーク・キラーはハンサムってことでしたが
実際には・・・う~ん。
この人知ってる顔だぞと思ったら
The AgancyのS2に出てきたスタイルズでした。
スタイルズは肉体派で精悍なイメージだったんですが
ちょっと太った?
普通のオヤジになっちゃいました。
しかも森に埋めた死体におもむろに口紅を塗ったり髪をとかしたり。
十分変なオヤジです。
こんな姿観たくなかった。

ミル・クラーク・キラーを自白させるギデオンの手腕はお見事。
さすがベテランですね。
そしてJJが嘘の記者会見を開いて
予想通りホロウマンをおびき寄せる事に成功します。
ホロウマンって聞いたとき、透明人間のKevin Baconを思い出してしまいました。
あの映画は気持ち悪かった・・・

次回から新人エミリーの活躍が観られるのでしょうか。

Brothers&Sisters S1-#16 「もう一人のウォーカー」

レベッカが自宅に戻ってきてホリーと一緒に暮らすことになり
トム、サラ、ケヴィンが反対していたけれど
ソールはノラに彼女の存在を伝えようと決意します。
やっぱり反応は予想通り。
ノラはもちろんキティもジャスティンも
何故隠してたんだと怒りまくります。

自分たちに腹違いの妹がいたのが明らかになること
ドラマではよくある話だけど
なんでも筒抜けのウォーカー家だからこそ
こんなに大騒ぎになるのでしょうか。
特にホリーと一緒に仕事していくことを快く思っていないサラは
家族のリアクションに対して不満タラタラです。
自分たちもカウンセリング中なのに
サラの悩みを聞いてあげるのはジョーの役割。
だからまたジョーはストレスが溜まっちゃうのかな。

ジャスティンがタイラーの家に呼ばれているのもパスし
家を飛び出していって公園で怪しげな男性に会いに行ったとき
また振り出しに戻っちゃった?とすごくショックでした。
でも怖そうなその人はジャスティンのリハビリの支援者で
ジャスティンの悩みを聞いてアドバイスしてくれていました。
だったらそんなに怪しげに登場しないでよ(苦笑)
ショックで気持ちが大きく揺らいでしまうジャスティンに恋愛はまだ早すぎる。
ジャスティンが本心を伝えるとタイラーは納得し応援してくれます。
よかった。

レベッカが会社に顔を出し
サラがホリーにレベッカのことを語りだしたら
ホリーが怒り、サラは負けずに怒鳴ります。
サラにとっては愛人の分際でって気持ちが強いし
ホリーが自分とレベッカの権利を主張するのは我慢ならない。
それはよくわかります。

でもレベッカが自分の父親の存在を知らされたときは
もっと可愛そうに思えました。
彼女もまた騙されたまま育ち
今までどこかのおじさんだと思っていた人が実の父で
知ったときにはもう父はいないなんて。
父に甘えることさえできなかったんです。
レベッカがホリーを恨むのは当然です。

嘘で塗り固めたウィリアムの生き方が罪なんだよな・・・
なんて思ったところでもうどうにもならないので
前に進んでいくしかないですよね。
レベッカとジャスティンは話していくうちに近しい存在で
ジャスティンの友人がレベッカの元彼であることもわかりました。
これでいいんだよ。
子供たちは前向きです。

ネットでチャドのゲイ疑惑が話題になり
チャドとケヴィンの2ショット画像がアップされていました。
サイトの管理者の電話番号がわかるので
ケヴィンはチャドの弁護士という立場でクレームを入れますが
それが管理者をさらに調子付かせてしまいました。
触れずにそっとしておけばいつの間にか忘れられる
チャドの言うことはもっともだけど
ケヴィンのことを愛しているなら、カミングアウトすべきでしょ。
チャドが俳優として実力があれば、そしてファンが本物ならば
たとえチャドがカミングアウトしても、チャドを見捨てることなんてないはずです。
少なくとも私は見捨てませんから!
チャドの勇気が欲しいです。

Alarm for Cobra 11 S11-#2 「復讐の銃弾」

またドイツオヤジに壊れました!
クリス・リッターを演じるGedeon Burkhardがかっこいいんですよ。
Andreasのような金髪王子ではなく
あくまでも渋オヤジなんですが、年はAndreasと一緒です。
クリスというキャラクターが孤高の戦士で
かつ苦悩を背負ってきているってところがツボだし
ゼミルと並ぶと誰でもすらっと長身に見えてしまう。
(気になってゼミルの身長を調べてみたら、160cmでした。納得!)
いろいろ得してる部分はあるかもしれませんが
もしかしたらゼミルの歴代相棒の中で一番素敵かも。
トムもキュートでしたよ。
ゼミルとの掛け合いが楽しかったし。
でも我が道を突っ走っちゃうクリスの身勝手さが、またいいんだな。

cobra11-2.jpg

右のオヤジがクリス、左のかわいいオヤジがゼミルです。

前回ヘビースモーカーなクリスが気になっていたら
あっさり禁煙を始めました。
とりあえずガムを噛んで我慢。
でも自宅では一本吸っちゃってたけど。

クリスは潜入捜査官の過去が長かったようで
今回の事件はクリスが潜入捜査をしていたとき姿を消してしまった相棒が
突如復活し悪事を働いてるという話でした。
しかもその捜査のとき、クリスは相棒に裏切られ
ヤク漬けにされるは、背後から銃で撃たれるは、
ゼミルがびっくりした背中の銃創は、そのとき受けた傷だったのです。
潜入捜査官がそんなにボロボロにされたら
もう再起不能じゃないかと思いますが
よっぽどクリスは精神的にタフだったんでしょうね。
だから今の仕事に戻ってきてますが
でも彼の過去のもう一つの顔が、あちこちで仕事の邪魔をしている気がします。

クリスを陥れた相棒は死んだはずだったんですが
クリスがたまたま接触したアフリカ系の男の身元を調べているうちに
死んだはずの相棒から電話が掛かってきて
クリスは状況を把握します。
男が狙っていたのは金とダイヤ。
ダイヤを取り戻し、過去の恨みを晴らすために
またクリスはゼミルをほったらかして、一人飛び出していきます。
「俺がパートナーなのに。」とブツブツ文句を言うゼミルがおちゃめ。

ゼミルはクリスの居場所を突き止め、クリスの過去を聞きだします。
そして宿敵を捕らえるために協力。
ようやく元相棒を追い詰め、クリスが彼に銃を向けるシーンが緊張感たっぷりで
引鉄を引けばクリスの恨みは晴らせるけど
クリスの刑事生命も終わっちゃうよね。
(ホレイショの場合終わりませんが・・・苦笑)
クリスがどうするのか、ゼミルはただ見守るだけでしたが
クリスは復讐よりゼミルを選んでくれました。
元相棒は無傷で逮捕されます。

思い込んだら突っ走っちゃうクリスを
またかよ!っていらいらしながらも影で助けるゼミル。
そしてあの真ん丸な目でクリスを見つめる姿に萌え・・・
凸凹刑事コンビってどうしてこんなに楽しいんでしょう。
毎回ありえない!と叫びたくなる激しすぎカーチェイスは笑い飛ばしながらも
この凸凹コンビにまた愛を注いでいけそうです。

Law6Order SVU S2-#8 「地獄のホテル」

やっと生SVUを観られるようになりました。
放置していたHPの方のSVUページもちょっと手を入れ
S2のエピガイをUpすることにしました。
以下はHPでUpした内容のコピペです。
普段のブログの書き方と違うのであしからず


ソープパレスの開業記念パーティーが開かれていく中で、17歳の少女シュバンがレイプされたと言って顔に傷を負いロビーに駆け込んでくる。ホテルの監視カメラの映像を追っていくと、レイプの前科があるラムゼーがパーティーで踊っている姿が見つかる。
ラムゼーを尋問すると、彼はシュバンとホテルで関係を持ったが同意の上でだと主張した。SVUはラムゼーの身柄を拘束する。
シュバンを発見したフロント係のテリーが、ラムゼーに視線を送っている様子が映像から観られた。テリーを追求しようとすると彼はホテルから姿を消しており、偽名を使って働いている事が明らかになる。シュバンの兄と義姉は、ホテルが裁判を避け示談で済ませようと和解金を払うことに同意していた。だが調べていくとテリーはシュバンのいとこに当たり、シュバンの親は詐欺師である事がわかる。シュバンと兄夫婦は結託してレイプ事件を装い、ホテルから和解金をせしめようとしていたのだった。

ラムゼーが逮捕されたとき、彼の最初のレイプ被害者のシャーリーが「同意の上だった。」とラムゼーをかばいにきます。マンチはシャーリーの言葉を重要視し、ラムゼーは事件にかかわっていないのではと思い始めます。拘置所の中で怯えるラムゼーの姿にマンチは嫌な予感を覚えますが、それは的中していました。逮捕されたシュバンが取り引きを願い出、その結果彼女に執行猶予がつく予定でしたが、事件と無関係だったラムゼーが拘置所で殺されてしまっため、シュバンに殺人罪がかぶってくることになります。マンチはシャーリーにラムゼーが無実である事と悲しい知らせを伝えに行きました。
ベンソンの母が地下鉄の階段から落ちて死亡します。クレイゲンはベンソンに気を遣い、仕事を休むように言いますが、ベンソンはアルコール依存症である母の事故を覚悟できていたと語り仕事を続けます。
見事なレイプ演技でSVUを騙していたシュバンを演じていたJenna La,miaは、「OZ」ではシリンガーの息子ハンクの妻を名乗るキャリー役で登場。キャリーが赤ん坊を連れてくるとシリンガーは孫を可愛がり喜んでいたのが印象的です。


S2はすべて観ているんですが、ブラジルで当時観ていたときは字幕なしの英語版。
なので必死に耳を澄ませながら、画面で状況を把握。
なんとなくわかったふりをして観ていました。
その後DVDを購入。
CRIMEでS1の放映が始まると同時進行でエピガイを書きたいと思い
英語字幕を画面に出しながらDVD視聴。
文字を読むことに精一杯で、あまり映像を楽しむ余裕がありませんでした。

今回初めて日本語字幕を観ながらのエピガイアップをしてみましたが
なんとわかりやすいことか!
整然と進んでいくドラマに驚き、感激しました。
L&Oシリーズの中では一番わかりやすいSVUですが
今まで自分が理解できていなかった分を反省すると共に
より一層SVUが楽しめることに改めて感謝です。

S2から登場するフィン。
苗字が難しいんですけどチェツォーラでいいのかな?
でもステーブラーが「フィン」って呼んでたので
私もフィンと呼んじゃいます。
マンチがラムゼーを気遣う様子が印象的でした。
これがマンチのこだわりなんですね。
実は無実の罪で拘留され、マンチの予測どおり
あっさり悪党の餌食となってしまうラムゼー。
本件とは別の部分で起こった悲劇が
すっきりしないまま終わっていくのがいかにもSVUでした。

ベンソンのお母さんの死はこのエピだったのか。
そんなこともあtったっけ・・・と思い出しました。
やたらとOZ組が顔を出すのが面白いSVU。
今回のゲストは立派なレイプ詐欺をやってのけたシュバンをやっていたのが
シリンガーの義理の娘となるキャリーでした。
なるほど、一族の血を引いてるかも(苦笑)

2000年のエピだからみんな若いよね!
久々に観たMeloniの姿に
また初心に戻って(笑)惚れなおしてしまいました。
最近浮気ばかりしてたので(汗)
またしっかりとMeloniを追いかけていこうと思っています。

NIP/TUCK S4-#4 「シャーリー・ノーブル」

クリスチャンはミシェルに迫るけど、ミシェルは無視。
どうもクリスチャンの思うようにことは運びません。
クリスチャンは最近まともにデートをしてないリズを
レズビアンの集まるクラブに連れて行きます。
そこでクリスチャンがいい女に見初められたと思ったらそれは勘違いで
彼女はリズを誘ってきました。
クリスチャンはゲイ扱いされてたけど、そんなオーラが出てたかな。
リズは甘美なときを過ごすけど
携帯電話が鳴って目覚めたら
彼女から腎臓を頂きましたという連絡が入りました。

見事に騙されてしまったりズ。
適切な処置で腎臓を摘出していたので、その後の結果は良好ですが
とんでもない泥棒に遭ってしまいました。
腎臓が高く売れるにしても、生きている人を眠らせて盗むとは恐ろしい事です。

ミシェルが事故に遭って顔が傷ついたと連れて来た娘は
整形の必要がない美しい顔の持ち主でしたが
ミシェルは彼女の鼻とあごの形を変えるようにクリスチャンに頼みます。
ミシェルはジェームズに娘の顔を変えるよう命じられ
整った顔の持ち主の手術は行わないとミシェルが突っぱねると
ジェームズは娘を鈍器で殴りつけ、顔を怪我させたのでした。
ミシェルがメディカル・スクールに通っていたと話していたので
クリスチャンはミシェルにメスを握らせ、一緒に手術を行います。
その後クリスチャンは娘の名前が存在しない人物であることを知り
ミシェルを問いただすと
元コールガールだったミシェルは、
ジェームズに今も脅され続けていると話します。
そしてついに二人は関係を持つことに。
さすがクリスチャン。落とすと決めたら頑張りますね。

一方ショーンとジュリアはイライラ。
ショーンは息子が手の手術を受ける際に
免疫力が付いている方がいいと
ジュリアに母乳で育てるように望みます。
だがジュリアは母乳が出ず、ストレスを溜め込んでいます。
夜間看護師として仕事を始めたマーロウに、産後鬱かもとジュリアがぼやくと
マーロウはジュリアをリラックスさせる方法を教え、手助けしてあげます。
それを見ていたショーンは、
マーロウがジュリアを触っていると勘違いして解雇を言い渡しますが
マーロウの誠実な言葉に思いとどまります。
その後もジュリアを支えていくマーロウだけど
子供部屋に描いている壁画が出来上がるにつれてどんどんシュールに。
マーロウって一体どんな人なんでしょう。

ショーンのところにモニカが鼻の調子を見て欲しいとやってきます。
それは口実でもう一度ショーンと一緒にと思っていたモニカの誘いに
ショーンも乗りかけます。
でもモニカの踊る姿を見ているうちにショーンの脳裏に悪夢が蘇り・・・
結局ショーンはモニカを振り切りました。

今週の患者はシャーリー・ノーブル。
夫がイラクに行ってる間、愛犬を可愛がっていますが
その愛犬が弾みでシャーリーの乳房を噛み切ってしまいました。
犬は悪くないと力説するシャーリーですが
予定より早く夫が帰国。
家が荒れ果ててるのを見て、夫は怒り心頭。
実はシャーリーはピーナッツバターを使って
犬に夫の代わりにお相手をしてもらっていたわけで。
夫は犬を成敗してしまいました。
そんな寂しいシャーリーを演じていたのが
「大草原の小さな家」のローラ・インガルスでした。
お疲れ様・・・