INDEX    RSS    ADMIN

しばらく留守にします。

明日からまた海の外に出ることになりまして・・・

今回は初体験のマカオと
さんさん行き倒した香港の二本立て。
香港には詳しくても、なぜかマカオに行ったことがなかったんですよね。
今やラスベガスよりゴージャス?なマカオで
CSI気分をちらっと味わってきたいと思います。
香港はどんどんきれいになっちゃって寂しい気がするけど
エキサイティングな部分は変わらない?
DVD天国なので散財しそうなのが怖いです(笑)

では行ってきます。
スポンサーサイト

8月のドラマ視聴計画

7月でとりあえず終わったドラマが多いので
8月は小休止できるかな。

☆NHk-BS
Hustle
お気軽に楽しませてもらっています。
スタイリッシュな映像が素敵。
でもその後の
The Amazing Mrs Pritchardはパスかも。
ところでNHKの水曜はイギリス枠になってしまったのでしょうか?
ますますWATやデス妻が遠のき、寂しい限りです。
秋のER復活は一応感謝してますが。

☆WOWOW
Medium
GSG-9
CSI
Cold Case
Re:Genesisが終わってちょっと楽になりました。
コニー不在のGSG-9をそれなりに楽しんでいます。
フレディって偉そうで働かないところがコニーに似てるかも(笑)
コニーネタが一応ちらっと出続けそうなので、それを頼りに楽しみたいと思います。
Cold Caseはどのエピも、よく出来てますね。しみじみ。

☆AXN
Dirt
The Dead Zone
DirtはS1終了後そのままS2スタート。
合わせても全20話なので、ちょうどいい長さでしょう。
毎回楽しく突っ込んでいます。
The Dead Zoneはついにファイナルシーズン。
オヤジ霊能者ジョニーの活躍を味わいたいと思います。

☆FOX
House M.D.
NCIS
トリッター登場以来ボロボロになってしまったハウスオヤジ。
無事に復活できるのでしょうか。
ウィルソンのハウスへの愛に泣かされます。
NCISはみんなが頭を叩き合うのがどうもダメ。
なんだか失礼に思えちゃって。
なんて文句を言いつつ、先週はGSG-9のそっくりエピに出会い
感激してしまいました。
8月よりHDでオンエアの本家ですが、いったいどこが変わるのでしょう?

☆FOX CRIME
Numbers
Law&Order SVU 
Standoff
SVUは相変わらず重たいです。
月末からスタートのStandoff(交渉人)
BOBのニクソンが主人公です。
FBIの犯罪交渉班の活躍を描くドラマなんだそうで
FBIって担当が細かく分かれてるんですね。
1シーズンでおしまいらしいけど、楽しめるといいな。

☆Super!DramaTV 
Everwood
Heroes
The West Wing
Everwoodをまったりと楽しんでいます。
リンダの登場が不安要素だけど。
Heroesはあまり勘違いが多すぎると先行き厳しいかな。
TWWは早く大統領の声に慣れないと・・・頑張ります。

☆Sci-fi チャンネル
Kyle XY
大好きなカイル君がそのままS2も続けて観られるようで
大感激!です。
青春ドラマなのに何故楽しめるのか。
やはりカイル君の素直な感情&微笑が素敵だからですね。

☆LaLa TV
The Closer
ブレンダ復活!
たくさんのオヤジたちも復活。楽しみです♪

☆チャンネル銀河
Dr.Quinn,Medicine Woman
8月からそのままS2を継続放映してくれるのでよかった!
ビデオテープを捨てちゃったのは正解だったかも。
サリーがますますセクシーに!目の保養になります。

☆Movie Plus
Melrose Place
いよいよSATC映画版公開ですが
こちらのシャーロットの壊れ具合は半端じゃありません。
どうなっちゃうんでしょう。

☆ミステリチャンネル
Kommissar Rex
ワンコと濃いオヤジとドイツ語の響きとヨーロッパの景色を
楽しませてもらっています。

FOXlifeがHD放送でなくなったとたん
観るものもなくなっちゃったのでかなり暇になりました。
この間にHDDに溜め込んだものやDVDを片付けたいと思います。

Law&Order SVU S3-#2 「Wrath」

FBIが管理する死体研究施設の敷地内で、3人の遺体が放置されていた。3人は塩化カリウムと鎮痛剤を使って殺されていた。一人はピーター・コデール、娘がレイプされて殺され、ピーターは容疑者として挙げられたが証拠不十分で無罪となったクローセンを追っていた。もう一人はクレイトン・デリックスという10歳の少年で父親に虐待されて施設に入るが、そこでもレイプされて里子に出されていた。クレイトンは施設時代の友人に「PCが当たったというはがきが来た。」と言って金を借り、タクシーに乗ったことがわかた。残る一人はカルメラ・バレンティス。3年前にギャングにレイプされたが立ち直っていた。彼女もPC当選はがきをもらっており、ピーターのところにも届いていた。3人には他に共通点はなかったが、3人ともかつての事件でベンソンが担当し、未だにベンソンが気遣い、連絡を取っていた。クレイトンが乗ったタクシーの行き先はアビリオ社となっており、裏側から見るとオリビアになる。犯人はベンソンを恨んでいる 者と考えられた。
クレイトンの父ブルースが飲酒運転で逮捕される。ブルースはクレイトンに会えなかったのはベンソンのせいだとベンソンを恨んでいた。他にもベンソンを恨む者がリストアップされ、その中に花屋で働くエリック・プ゚ラマーの別れた妻がいた。エリックはレイプの罪で7年服役していたが無罪だと主張していた。
深夜ベンソンの家に、アビリオ社の段ボールに詰められたブルースの遺体が送りつけられる。ブルースの保釈金を払ったのはオリバー・ベンソンと名乗る男性だった。
ベンソンが事情聴取に来た後、エリックの元妻がベースライン医療ラボに長時間電話している事がわかった。ラボでは塩化カリウム等殺人に必要な薬を入手することが出来る。ベンソンがエリックの写真を見せると彼はそこで働いていた。
SVUで事情聴取を受けるエリックは、ベンソンに協力して有罪になったことの恨みを述べる。だがまだ彼を殺人犯だとする決め手がなく、令状を取ることもできなかった。
アレックスはエリックが収監されていたときの同房者から、エリックの殺人計画について情報を得る。一方休暇申請を出したベンソンは単独でエリックを追い、人質を取ったエリックに銃を突きつける。ベンソンはエリックを撃つが、エリックの銃は空砲だった。

SVUに長年関わっていると、様々な人と出会うことになります。容疑者を逮捕した後、裁判で有罪になる事を見届けたり、レイプの被害者のアフターケアを行ったり、その都度相手に恨まれたり感謝されたりします。
ベンソンに無実の罪を着せられたエリックは、7年間の刑期を務めます。その間辛い目に遭い、エリックはベンソンへの復讐を計画します。計画の狙いはベンソンが気遣っている人たちを不幸に落としいれ、ベンソンを苦しめることでした。エリックはベンソンが今も交流している人たちを狙って殺し、ベンソンに警告します。
FBIのフランクリンは、遺体が発見されたのがFBIの管轄区なので捜査を譲るように要請してきますが、ベンソンは自分が担当する事を主張。ターゲットがベンソンだとわかるとステーブラーは彼女を心配しますが、ベンソンは後に引きません。深夜自宅のブザーが鳴り、外へ出てみるとブルースの死体が届けられる不気味な手口にも耐え、ベンソンは捜査を続行します。
ステーブラーはベンソンの身の危険を案じて、ベンソンに内緒でFBIにベンソンの警護を頼みます。ベンソンはマンチたちと飲みに行った後誰かに付けられているのを察し、相手を捕らえようとしたらFBIの捜査官でした。そのときエリックの姿を見たような気がしたベンソンは、ステーブラーのやり口に怒り、ステーブラーの自宅を訪れて、コンビを解消すると宣言します。
エリックが犯人である物的証拠が得られず、かつて有罪を言い渡してしまっているために検察も慎重になり、エリックを捜査する令状を出し渋ります。ベンソンは自分でエリックを捕らえることを決意してクレイゲンに休暇申請を出し、一人でエリックを追います。ベンソンは人質を挟んでエリックと向かい合うと、エリックは苦しみを終わらせたかったと洩らします。だがエリックが銃を置かないためにベンソンが発砲、エリックは倒れます。エリックが自分の持っている銃は空砲だと言ったのは本当でした。
エリック・プ゚ラマーを演じているのはJustin Kirk。「Jack&Jill」のバート役や「Angels in America」のウォルター役で有名ですが、最近は「Weeds」で主人公ナンシーの弟のアンディ役で、ハチャメチャなキャラクターを熱演しています。

SVUって辛い仕事なんだなとつくづく感じました。
そこまで恨まれて働かなければならないなんて。
強いベンソンだからこそ立ち向かっていけるけど
しかし、ラストの後味は悪すぎます。
エリックは武器を持ってなかったわけで
ベンソンの正当防衛が通るのかな。
しかもクレイゲンには内緒の行為だし。
またやたらとしつこいIABが顔を出すのでしょうか?

Weedsのアンディとはまるで違うJustinが新鮮でした。
アンディはこんなにマジな表情を見せないもん。
シリアスなJustinはかっこいいです。
Weedsも楽しいけど・・・S3、今日でおしまいなのが寂しいです。

字幕を観ていておやっ?と思ったこと。
エリックの同房のラッセルが出所したのが2002年となっていて
そりゃありえない!と叫んでしまいました。
だってこのエピが放映されたのは2001年。
2002年に出所したら近未来のドラマになっちゃうじゃないですか。
よく聞いたら2000年と話していたので字幕のミスだったんですが
SVUがSci-fiにならなくてよかったです(笑)

GSG-9 S2-#4 「隠された生存」

コニーの失踪はGSG-9の汚点となってるようで
アンホフは上層部から突っ込まれています。
フレディにとってもコニーは迷惑な存在?
でもフレディが嫌味を言い出したら、みんなにしっかりと釘を刺されてしまいました。
コニーネタはこれだけ。
でもラストに釈放されたユリアがなんだかブツブツ言いに来てました。
コニーの謎が暴かれる?どうなんでしょう。

列車のハイジャック事件が勃発。
犯人の青年デニスは身体に爆弾を巻きつけ、自爆するつもりです。
デニスの要求は姉のマリアを連れてくること。
でもマリアは死んだ事になっており、デニスがそれを知っているかも謎です。
ペトラが調べていくと実はマリアは生きていて
犯罪組織のボスの女だったけど抜け出して
証人となるために姿をくらます必要があり
死んだことにして別人になりすましていたのでした。

ハイジャックされた列車はローカル線?
2両連結ぐらいの長さで、ワンマンカーです。
でも車両は新しく高性能って感じ。
運転手さんは女性でした。
乗客の中に、心臓病の男性がいて
薬を持ってき忘れた挙句、発作を起こしてしまいます。
運よく女医さんが乗っていて診察しますが
列車の中に乗せておくのは危険。
怒った患者の奥さんが列車のドアを開けてしまいました。

そのころチーム50は現場に待機。
ゲープが何とか列車に潜入しようとしていました。
GSG-9のハイジャック対応策はとにかく流血を避けること。
極めて慎重に事を運んでいたのですが
ドアが開いたとき若者が飛び出し、とたんに彼は撃たれてしまいました。
あとで遺体を調べると若者はライフルで撃たれており
デニスには共犯者がいることがわかります。

チーム50は人質救出作戦開始。
フランクが丸腰であることを強調するためにパンツ一丁で線路に出て
デニスを説得しようとします。
しかしドイツ人はパンツ姿がお得意?
S1でもコニーが高級パンツを履いてるために
代わりにデミアがパンツ一丁で入っていくエピがありましたが
そこまで脱がなきゃ相手に信じてもらえない?
または肉体を誇示したい・・・ってことじゃないですね(苦笑)
フランクは身体を張ったのに効果はなく
その頃デミアは連れて来たマリアの対応に苦慮しています。
組織に精通しているマリアはとにかく気が強くって。
でもデミアはうまくマリアを操っていました。

ゲープは列車の屋根を伝ってトイレに忍び込み
様子を伺います。
だが上手に隠れていたはずなのに
女医さんの娘が列車の中の様子をお絵かきしていて
潜入しているゲープの姿をしっかり描いてしまいました。
雰囲気がデュボア家のブリジット似のお嬢さん。
もしかしたらテロリストの手下?とヒヤッとさせられましたが
デニスは絵をもらうとゲープの姿を確認。
絵を丸めて隠れているゲープのそばに落とします。
ゲープが開くとそこにはヘルプ!のメッセージが。

実はデニスはマリアを呼び寄せるために
犯罪組織に操られており
ハイジャックの様子もコントロールされていました。
事件が起きる前に列車を降りた人物を確認すると
その男が組織に絡んでいました。
GSG-9は組織の隠れ場所をつきとめ
司令部を確保、デニスは救われます。
巻き込まれた乗客は大迷惑でしたが
人騒がせなハイジャック事件は解決しました。

ところでフレディは何してたんだ?
面倒だったり危険な任務は回りに押し付け
いつの間にか事件解決っていうのが
サブリーダーの役目ですか(笑)
それってしっかりコニーを受け継いでるかも。
いきなり遅刻してたし。
まさか失踪までしないよね?


続きを読む

ドラマあれこれ&FOXlifeが変わります!

ドラマの感想を一言ずつ。

Medium S3-#13 「セカンド・オピニオン」
マリーが将来白血病に?
恐ろしいヴィジョンは実現化して欲しくないと思いましたが
いざとなったら受け入れなければならないことなのかな。
焦って先走ろうとするアリソンを止めるジョー。
相変わらず振り回され状態でご苦労様でした。
将来のジョーは穏やかに加齢してるって感じでよかったです。
アリエルもとても美人になってたし。

Bones S3ー#1 「The Widow's Son in the Windshield 」
S3本放送はいつからなんでしょう。
ザックのありがたみを痛切に感じました。
ザックがいてこそチームだよね。

ホッジンスとアンジェラは安泰。
アンジェラの謎の結婚相手を探すために探偵を雇ったら
いろんなドラマでおなじみの
「The Gardian」のジェイク登場。
いつの間にか髪が伸びてました。
ホッジンスは髪を切ってすっきりしましたね。
探偵が掴んだ情報では、アンジェラが結婚したのは
ビリンバウと呼ばれていたブラジル人らしい。
ビリンバウはカポエラを行うときに
演奏される楽器ですが
彼はビリンバウを持ってた?
まさか似てたってことはあるまいし・・・
いったいどんなブラジル人だったんでしょう。

ブレナンとブースの関係は相変わらずつかず離れずですね。


ところで8月からFOXlifeが変わります。
HD放送をやめてしまうんですが
そのせいか、来月は放映番組もかなり様変わりするようで
「Friends」や「That '70s Show」「Will&Grace」など
30分枠のコメディが本家からどっと押し寄せ
ついでに「Tru Calling」などもオンエアされます。
新番組は「L Word」のS4だけ?
lifeで新しい作品に次々に出会ってきただけに
観るものがないのが寂しくて。
せめて「Crossing Jordan」のS4くらいはもってきてもらいたかったです。
HDじゃなくなるってことは視聴者の幅が広がるのかな。
それならまあ納得するけど。

Dirt S1-#12 「ビデオ流出」

ジュリアのビデオはホルトがマスターとコピーを両方ルーシーから回収。
これで安全なはずだと思ったら映像がネット上に流出し
ジュリアはパニックを起こします。
早速マスコミは大騒ぎ、ジュリアは格好の標的にさせられます。
ホルトはルーシーの仕業ではと確認に行って
さらにルーシーに冷酷に当たります。
ルーシーはジュリアとホルト、そしてジョニーの身辺調査と合わせて
映像の出所を調べるようウィラに命じます。

ジュリアは自分が注目されてることを逆手にとって
意識が朦朧とした状態で撮られた映像なので記憶がなく
これはジョニーにレイプされたも同然だと主張。
同じような体験をしたことがある女性たちの支持を得ました。
世間がジュリアの味方につくと、立場が危うくなるのはジョニー。
ルーシーに助けを求めに行くと、過去をバラすと脅されます。
ジョニーは観念して謝罪のスピーチを行い
かつては男娼だった事も自ら暴露してしまいました。
そしてやはりマスコミに追いまわされるルーシーは
全ては次のDirtNowで明らかになるとあくまでも強気です。
確かにルーシーは驚愕の事実を掴んだのでした。

ジュリアが編集部を訪ねると
ルーシーがビデオ部屋に案内します。
そこで見たのはスーパーの監視カメラの映像。
ネットに挙げるために携帯のプリペイドカードを買っていたのは
ジュリア本人でした。
ジュリアがもう一度名声を得るために計画したようで
だがルーシーにさっさと暴露させられちゃったので大変。
次号のDirt Nowはジュリアが仕組んだ巧妙な手口の特集だし
ジュリアは今や話題の人ですから
こんなスキャンダルはすぐに明るみに出ます。
ジュリアが慌ててももう手遅れ。
これではホルトもかばいきれないでしょう。

ストーカーを恐れたルーシーは自宅の警備を強化。
すると何者かが忍び寄ってきましたが
姿を消したレオでした。
マーキーは意識が戻らず
だがドンには点滴をつけたままこちらに近寄ってくる
マーキーのヴィジョンが見えます。
そしてドンの耳には「ルーシーを殺せ。」という声が聞こえ・・・

マーキーはこのまま昏睡状態なのでしょうか。
なんとか回復してもらいたいです。
そして次回S1ファイナルには
Jennifer Aniston登場。
どう考えてもFriendsじゃない二人らしいですが
どんな展開が待ち受けているやら、楽しみです。
その後続いてS2突入。
S2は7話でおしまいなので、あっという間に観終わってしまうのかも。

Everwood S2-#3 「兄妹」

アボット家に国境なき医師団のメンバーとして
世界中を旅して医療活動に携わってきたリンダが帰ってきます。
家族を顧みず自由に生きる妹の姿にハロルドは腹を立て
何かと辛く当たります。
一方娘に自分の夢を託したと思っているエドナはリンダの帰宅にゴキゲン。
滅多に作らない料理の腕を振るい
あまりの変容ぶりに、アーヴは腹を立てます。
ハロルドはエドナが自分とリンダを置き去りにして
ベトナムへ戦いに行ったことをまだ許せずにいたのでした。
なんだかしっくりいかないまま
リンダは旅の生活は疲れたとエバーウッドに定住を決意。
兄と一緒に診療所で働くことにします。
ハロルドはリンダの提案を受け入れますが・・・

ブライトはコリンの死後様子のおかしいエイミーの様子を
エフラムに見張ってくれと頼みます。
エフラムは嫌がったけど、エイミーのことが気になり
結局見張ることに。
エイミーはレイニーと一緒に大学生の寮のパーティーに忍び込むつもり。
そのときに備えて家でウォッカを飲む練習をしていました。
エイミーに秘密にするよう言われたエフラムだけど
黙っていられずブライトに報告。
二人はパーティーに乗り込みエイミーを連れ帰ろうとします。
エイミーはブライトに腹を立て、コリンの死の原因を口にして大喧嘩。
まだエイミーのショックは癒されていないのかな。
妹を思うブライトの優しさが素敵でした。
エフラムもどこかエイミーが気になっているんだね。

アンドリューはニーナに頼まれ
コンドームを持っていた13歳の少年への性教育を任されますが
話を聞くうちに子供たちの間でセックスしていた事実が明らかになり
下手すりゃ集団レイプ?
アンドリューは少年の守秘義務を守りつつ
関係した子供たちの親に検査を受けるよう薦めますが
狭い街の間では秘密を守ることも難しく
アンドリューはまた難しい立場に立たされます。
でも信念を貫くアンドリューの態度に、賛同する母親も現れます。
そしてニーナは夫が出て行ったことをアンドリューに告白。
ニーナもまた重たい秘密を抱えたまま生きていたのでした。

ついにデス妻ブリーでMPのキンバリーがEverwoodに登場。
どう考えても悪女にしか思えなくて・・・
今までのイメージを打ち消すことができるのか
もしかしたらまた悪女なのかもしれないし。
しかも今回のリンダの声は山像さん。
ブリーの渡辺さん声のイメージが強いところに
毎年山像さんと渡辺さんのお芝居
「羽衣1011」を楽しく観させていただいているので
二人が両方Marcia Crossなのはなんとも微妙。
ちょっと慣れるまで時間が掛かるかな?

今シーズンはますますDrアボットに注目かな。
アンドリューは相変わらず我が道を行ってるけど、これが彼らしくていいです。
エフラムの漫画好きも変わっていない様子。
女の子を口説くなんてありえない?

ニーナの出て行った夫カールって
N/Tのショーンでしたね。
やっぱり相手の顔はクリスチャンしか思い浮かびません(笑)

Law&Order SVU S3-#1 Repression

SVUに大学生のメーガン・ラムジーが父親にレイプされたと訴えに来る。ベンソンが話を聞くとメーガンは子供の頃から父に触られ、12歳のときレイプをされたとのことで、今回は父と喧嘩をしただけで実際にはレイプされていないが、7歳の妹リリーが父にレイプされているかもしれないと強調する。メーガンのレイプはすでに時効だが、リリーがレイプされたという証拠を掴めば父を検挙できるとSVUは捜査に乗り出す。メーガンの父のエヴァン・ラムジーは製薬会社の社長で、妻のレベッカは会社の創設者の娘だった。二人にはメーガンとリリーの他に15歳のジョディという娘がいる。レベッカはメーガンの訴えについて、あの子の作り話だと相手にしない。メーガンは情緒障害を患い、セラピストのDrウォートンの診察を受けていた。
ベンソンはリリーに質問をするが、何も聞き出すことはできなかった。ステーブラーがジョディに質問し、ジョディはエヴァンがリリーを風呂に入れたり、リリーの泣き声がしてエヴァンがリリーのシーツを取り替えたりしたのを見たと話す。
りりーのベッドを調べると児童ポルノの写真や男性の下着が発見される。罪状認否②結果エヴァンには娘たちへの接近禁止命令が出されるが、写真はメーガンが大学のPCでダウンロードしたものだったとわかり、証拠の捏造が明らかになってエヴァンは無罪を言い渡される。
その後エヴァンはオフィスで32口径の銃で撃たれ即死する。銃はエヴァンと意見が合わなかった義父のものだった。だが残っていた指紋が一致しない。
エヴァンが殺された晩、メーガンはエヴァンと連絡を取り、ジョディと一緒にオフィスへ行っていた。だがメーガンの記憶はさだかではなかった。メーガンはウォートンの処方したアミタールのせいで、レイプされたと信じ込んでいたのだ。
大陪審でジョディは自分が父を撃ったと証言する。ジョディはエヴァンの姿を見て興奮したメーガンを守ろうとしたとき銃が暴発したのだった。

S3からDr.ファンがレギュラーに加わりますが、まだクレジットはゲスト扱いになっています。今回もリリーから話を聞きだすために一緒に遊び、緊張をほぐす手立てをとっている姿が見られました。
レベッカは虚像記憶症候群にかかっており、ときどき記憶が曖昧になってしまいます。セラピストは失われた記憶を呼び戻すためにスナップ写真などを用いて患者を集中させる手法をとるのですが、Drウォートンは自白剤であるアミタールをメーガンに服用させ、メーガンにレイプされたという妄想を信じ込ませます。実際に検査の結果、メーガンはレイプされていませんでした。しかしレベッカは夫が娘をレイプしたと信じて夫を突き放し、妹は姉を守るために父の制裁に手を貸してしまいます。エヴァンにやましい部分はなかったのに、妻や娘に誤解され命を落とすとはあまりにも不運な結末でした。罰せられるべき人物はDrウォートンですが、誤解が元で夫を失ったレベッカの後悔の嘆きが辛すぎました。
レベッカ役にはAliasでエミリー・スローンを演じていたAmy Irving、Drウォートン役にはDesperate Housewivesでブリーの姑のフィリスを演じていたShirley Knightが出演。ベテラン女優の演技が光っています。またラボで弾道検査を行っていたスタッフはCSIにときどき顔を出す刑事キャバリエ役のJose Zunigaでした。

S3が始まりました。
ここで9.11だったので確かWTCがオープニング画面から消えたはず・・・
と思ったらまだ残っていたので、これは9.11前の製作って考えていいのかな。
TWのようにモロに影響を受けたわけでもないし。
ムカダ神父時代から毎回ヘアスタイルが微妙な
Drファンがいよいよレギュラー出演ですが
まだクレジットがゲスト扱いでした。
でも毎回出てくるはずです。

今回も誰一人救われない重たすぎるエピソードでした。
悪人はメーガンをレイプされたと思い込ませてしまった
セラピストのウォートンなんでしょうが
彼女を裁いたところでエヴァンは戻ってこないし
母と娘たちの傷は癒されないし。
これがSVUなんだよね。
今シーズンも暗く重たいまま、お付き合いしていきたいと思います。
OZな人たちは相変わらずちらちら出てくるのでご期待ください。

Six Feet Under S5-#12 「未来」

ブレンダの赤ちゃんはようやく生まれたものの
呼吸をしてない状態で、ブレンダとルースは心配します。
ブレンダは赤ちゃんにウィラと名づけますが
またネイトの霊が「この子は長生きしない。}と脅してきます。
ウィラが先天性の病気を持っていないか気になって仕方がないブレンダですが
ドクターに大丈夫だと言われ、ウィラを連れて帰ります。
その頃マーガレットはフィッシャー家にマヤを迎えに来ました。
ルースは一応覚悟はしてたとはいえ、マヤを手放すのが辛くて
マヤが行ってしまうとすっかり塞ぎこんでしまって、生きる屍状態です。

クレアはテッドに励まされ、テッドと幸せな時間を過ごしていました。
デイヴィッドはこのままではダメになってしまうと納得し
子供たちをキースに託したまま実家に戻ります。
その頃葬儀社の権利を巡ってフェデリコが商談にやってきて
抜け殻状態のデイヴィッドは家業の放棄をほのめかしますが・・・

デイヴィッドはまた誘拐男のヴィジョンを見てしまいます。
でも「これは幻覚。」と開き直って誘拐男に立ち向かい
自らに打ち勝つ事ができました。
ブレンダがネイトの分の葬儀社の権利を譲ってくれたので
デイヴィッドは葬儀社を続け
キースと子供たちと一緒にフィッシャー家に住むことにします。

放心状態のルースにジョージが一緒に住もうと声を掛けてくれますが
ルースにとってジョージは友人であっても、もう同居することは無理でした。
クレアもルースを心配していますが
クレアのところにNYのフォトスタジオからアシスタント募集の連絡が届き
採用が決定します。
これはオリヴィエの差し金だったんですが
クレアは喜ぶものの、ルースを置いていくことに不安を感じます。
でもルースは自分が家から出られなかったことを後悔したと言って
ルースのNY行きを薦めます。
そしてルースはマギーに電話し
マギーとネイトの最期の時間に、二人は幸せだったかを確認。
マギーが幸せだったというとようやく安堵し、
ベティーナと一緒に暮らす事を選びます。

いよいよ明日はクレアがNYへ旅立つ晩。
フィッシャー家でクレアの送別会が開かれます。
ところがフォトスタジオから連絡が入り、会社が買収されてしまったそうで
クレアのNYでの居場所もなくなってしまいました。
今ならまだ路線変更は可能。
するとネイトの霊がそれでもNYに行けとクレアを後押しします。
前向きに進まなきゃ。
クレアはみんなに内緒で送別会に出て
家族で思い出深いひとときを過ごしました。

翌朝クレアは家を出て行きました。
別れは辛かったけど、クレアは東に向かって車を走らせます。
ここでみんなの未来が見えてくるんですが
みんな意外に長生きですね。
一番長く生きたのがクレアでしたか。
クレアはテッドと結婚。
そしてデイヴィッドとキースも結婚します。
二人の白のタキシード姿が素敵でした。
でもキースはガードマンとして働いているときに
強盗に撃たれて死亡。気の毒に。
ともあれみんなこの先長い人生があってよかった。

これでおしまい。
5シーズン、じっくりと楽しませてもらいました。
葬儀屋さんのドラマということで人の死はつきものだったし
登場人物たちはみなどこか病んでいます。
ブラックユーモアたっぷりの展開が心地よくて
とても不思議なドラマをごく自然に楽しんでいました。
そしてデイヴィッドとキースの恋の行方に一喜一憂し
今シーズンは落ち着いてたのであまりハラハラしなかったけど
BKの後の気になる恋人たちでした。
このドラマもブラジルで観始めたので
完結までずいぶん時間がかかってしまいましたが
無事に観終えてほっとしています。
来週は特番もあるようなので、しばし余韻に浸れるかな。

後悔なんてしない

韓国初の本格的ゲイムービー。
韓国でも撮ることが可能なんだという驚きに
これは是非観なくてはとバルト9へ行ってきました。
お客さんがほとんど男性で、カップルの人も多くて
韓国映画を観に来たと思えない場内だったのにも驚かされました。

予想以上に素晴らしい作品でした。
すっかりスミンとジェミンに感情移入させられ
一体どうなってしまうんだろうと最後までハラハラドキドキしながら
あっという間の2時間でした。

田舎の孤児院で育ったスミンはソウルに出てきて
工場で働きながら、夜は代行運転のバイトをしています。
ある晩呼ばれた男の車を自宅へ運んだ後
男はスミンに誘いかけてきますが、スミンは断ります。

スミンは工場でリストラを言い渡されますが
そのとき顔を合わせたのが車を運んだジェミンでした。
ジェミンは工場の理事長の御曹司だったのです。
ジェミンはスミンに気づき、リストラから救い出してくれますが
スミンは逆に怒って自ら工場を辞めます。
そしてレストランの皿洗いのバイトをするけど思うようには行かず
結局男性相手のホストバーで働き始めました。

ホストバーでスミンはジェミンと再会。
あくまでも客とホストとして二人は関係を持ちます。
スミンはジェミンを突き放しますが
出会ったときに一目惚れしてしまったジェミンは
どうにも気持ちを抑えきれず、スミンを追いかけてきます。
そのたびに冷たく当たるスミン。
彼もジェミンを愛し始めていたけど、でもどうにもできませんでした。

臆病な男と貧乏な男の恋。
ジェミンは欲しいものなら何でも手に入る金持ちだけど
両親が進める結婚話を断れず、婚約者にもカミングアウトできずにいます。
スミンは貧しく学歴もなく、ジェミンとの恋は身分違いだとわかっています。
自分の考えを貫き通すスミンは、ジェミンを受け入れられません。
でもどんなに傷ついてもスミンを追い求めるジェミンに
ついにスミンは心を開きます。

二人が一緒に過ごした幸せな日々。
でもジェミンは結婚の準備を迫られ
婚約者の存在がスミンにばれてしまいます。
ジェミンがとても大切な人となったスミンは
ジェミンが遠ざかっていく事が耐えられず
ホストバーの同僚と恐ろしい計画を企てます。

intro_ph3.jpg

台湾や香港の映画だったら、きっともっと爽やかなんだろうな。
同じようなシチュエーションで「美少年の恋」を思い出したけど
こちらはずっと生々しくてリアルで
韓流二文字映画の生々しさが
そのまま男性バージョンになった感じ。
これが韓国映画なんですね。

そして情け容赦なく落としてくれる残酷さも韓国映画ならでは。
スミンを慕うルームメートのガラム君の事故はあんまりです。
その前のスミンへの告白が切なすぎただけに。
そしてジェミン誘拐シーンも、そこまでやるか?とハラハラさせられっぱなし。
このまま救いのない結末を覚悟して観てましたが
最後に笑顔が観られてほっとしました。

好きなシーンはたくさんあるけど
ジェミンがスミンに思いを伝えると
スミンがホストとしてジェミンにキスのサービスをして別れるシーンとか
海岸でのデートとか
エレベーターの中でジェミンが婚約者にカミングアウトするシーンとかが
印象に残っています。

俳優さんたちのまさに身体を張った演技に拍手。
そして韓国で初めてカミングアウトした監督イ=ソン・ヒイルに
是非また素晴らしい作品を撮ってもらいたいと思います。
韓国映画の新時代の幕開けに期待します。

House M.D.S3-#9 「裏切り者」

トリッター、しつこすぎ!
彼の嫌がらせは生きがいですか?
もうやり過ぎの域を超えてると思います。

トリッターはフォアマンとキャメロンの口座を凍結。
被害者はウィルソンだけじゃなくなってしまいました。
チェイスだけは無事だと思ったら
その後チェイスの口座も凍結。
でもこれはウソで、
トリッターとチェイスの間で取り引きがなされる筋書きだったんですが
トリッターとチェイスが仲良くご商談している様子が見られてしまったら
すでにそれが裏切り行為?
チェイスもさすがにそこまでは許せないでしょう。

今週の患者は、父親に遊園地に連れて行ってもらい
遠心力系の乗り物に乗ってたら急に叫び始め
腹痛を訴えた6歳の女の子の話。
検査の結果子供なのに胆石を患い
膵炎になっているということで治療をするんですが
今度は発疹が出てアレルギーが疑われます。
女の子がアレルギーか調べるのに
ピーナッツバターをたっぷり塗ったパンを齧らせるハウス。
これでピーナッツアレルギーはチェックできるかもしれないけど
大胆すぎません?
女の子の両親は不仲で、治療の際は顔をそろえていたけど
娘の治療を巡ってすぐに意見が対立します。
ハウスの指示通り治療を受けるかでも意見が分かれ
結局彼女の治療はカディに任されます。

ハウスはバイコディンを飲ませてもらえずイライラしまくり。
カディももう処方箋を書いてくれないし
部下たちも危ない橋を渡りたくありません。
でもハウスは相当痛そう。
カディが女の子の治療の際
彼女の高熱を抑えるためにシャワーで体温を下げていたら
ハウスは「カディは母親になれない。」と冷たく言い放っていきました。
それがカディには相当ショックで。
不妊治療がうまくいってないところに追い討ちをかける暴言でした。
いつものハウスならとりあえず節度をわきまえた嫌味を言ってるのに
今回は違う。これも痛さのせい?
カディはかなりまいっていました。

ハウスも相当ストレスが溜まってるんでしょうね。
だから女の子の手足の発疹をどうすることもできず
切断という結論を出し、両親に納得させます。
手術の準備も済んだところで
チェイスはどうも納得いかず。
熟考&ちょっとしたひらめきで
彼女がまぶしい光に反応して胆石や発疹を併発したことを突き止めます。
光に当たらなければいいらしいとわかって一件落着。
手足切断の前にわかってラッキーでした。
ハウスに殴られてもストップをかけたチェイスは立派だったけど
ハウスがこれ以上役立たずになられては困ります。
ウィルソンはついに結論を出し
トリッターを訪ねにいきましたが・・・
一体どうするつもりなんでしょう。

GSG-9 S2-#3 「キケンな遊び」

コニー失踪は深刻な問題だったようで・・・

もしかしたらGSG-9が送り込んだスパイ活動?なんて期待もしてたけど
どうやら関係なさそう。
内部調査みたいなおっさんがいきなりコニーのロッカーの中身をチェックに来たし
(コニーを守ろうとロッカーのこじあけを阻止してたデミアが可愛かった。
でもフレディに却下されたけど)
コニーのロッカーは大したものが入ってなくてちょっとがっかり。

アンホフとペトラはコニーの行方を追うために独自に捜査開始。
コニーは裏切り者とは思いたくないから
あくまでもブラームスに連れ去られたってことにしておきたいけど
でもなんだか引っ掛かる部分もあるのかな。
ペトラはコニー妻に会いに行きます。

ついに写真立ての中の人になってしまったコニー(泣)
家には有名な?アルゼンチン人妻がいましたが
普通の奥さんでした。
家もごく普通のアパートって感じだったし。
豪勢なお屋敷に住む伯爵王子の姿は早くも崩れ去り
やっぱりコニーは没落貴族だったのでしょうか。
妻の話では、コニーは最近家に寄り付かなかったようで
妻は女が出来たと思い込んでいます。
女でなければ男だそうで。
(オイオイ、そこまではっきり言うかい?で相手はカスパーかい・・・爆!)
そんなわけで奥さんにも内緒で怪しい行動を取っていたコニー。
誰の命令で何のために動いているのやら。
ペトラはコニーに関わる書類をチェックしていましたが
なにやら気になる領収書?を見つけたようで
アンホフにも内緒で胸元に隠していました。
コニー探しはこの先も地道に続くのでしょうか。
しかし探してもらえないカスパーは??(しつこい)

コニーの後釜サブリーダーにはフレディが起用されます。
あれ?以前コニーとデミアがサブリーダーの座を争ってなかったっけ?
次はデミアの番でいいと思うのに、デミアじゃ役不足?
別にデミアも文句言ってなかったからこれでいいのか。
フレディはペトラにタイガーと呼ばれてましたが
別れた女がタイガーと呼んでいて、しかも回りに言いふらしてたそうで
本人はそう呼ばれるのはお気に召さないよう。
でもワイルドな雰囲気はタイガーで似合ってると思いますよ。

さてタイガー君を含んでの任務は
チェチェンのテロリストがガス弾を仕掛け
街を混乱させようとしているのを阻止する事。
そのガス弾の起爆は携帯の番号で行うんだけど
たまたまテロリストのサイトをハッキングしてた少年たちが
携帯番号を入手しちゃったから大変。
早速送られてきた殺し屋の銃弾に片方が倒れ
もう一人の少年は必死で逃げ出しました。
この坊やがなんとソフィアのBF。
ソフィアがゲープに助けを求めたことから
ゲープと子供たちVS殺し屋の死闘が始まります。
もちろん仲間のバックアップを呼んでるんだけど、なかなか来ません。
最初に銃を手放したからゲープは丸腰だし。
でも子供たちを人質に取り逃げる殺し屋の
バンの上にはいつくばって耐えるゲープ。
最後はガス弾が仕掛けられた劇場で
殺し屋をガスでしとめることができました。

娘とBFを一人で守ろうとするゲープがかっこよかった。
ソフィアが助かりマヤはゲープに感謝してたけど
やっぱり夫婦間はこじれたままなんですかね。
ゲープはデミアの家で寝泊りしてるんだそうで
最初にソフィアに二人はできてる!と突っ込まれておりました。
みんな相手は男かい?(爆!)

Medium S3-#12 「とり憑かれて」

バレンタインデーの日に、アリソンは向こうへ行ってしまいました・・・

いつもなら悪夢を観たところで目覚めるはずなのに
アリソンはいつの間にかサンドラという女性に代わってしまいました。
見た目はもちろんアリソンなんだけど
アリソンは自分が全く別人のサンドラになりきっています。
夫は整形外科医のトム。
なのでベッドで隣に知らない男がいるのに納得できず
ジョーを一夜の情事の相手と勘違いしてるから大変!
私の服はどこ?と大騒ぎし、アリソンの携帯も持たずに
外に飛び出していってしまいました。
ジョーは何が起こったやらわけがわからず。
でもアリソンに誰かが乗り移ってると想像はつくので
異変を感じて騒ぎ始めてる子供たちをなだめ
お母さんは急に出張だと嘘をついて
とにかく子供たちを学校へ送っていきました。

その頃アリソンはサンドラの家に行き、我が物顔で振舞っていると
メイドが来てビックリし、不法侵入だと警察に通報。
アリソンは拘留されてしまいます。
スキャンロンに事情を話しておいたジョーはアリソンに会いに行きますが
まだ知らない人にしか思ってもらえません。
このままでは家にも連れて帰れないので
デヴァロスの計らいでアリソンを一時的に精神療養所に入所させることにします。
するとアリソンはサンドラとトムが別荘へ行く途中事故に遭う夢を見ます。
翌朝アリソンは正気に戻ったふりをしてジョーに退所手続きをしてもらい
その間に療養所を抜け出し、サンドラが入院している病院へ向かいました。
ところがサンドラはなぜか大した怪我も負ってなくて元気。
なんだか様子が変です。
一方アリソンが戻ってきたとジョーが安堵したのも束の間
またジョーはアリソンを見失ってしまいます。
とにかく子供たちに悟られないように必死でフォロー
でもこんなとき子供たちの霊能力は働かないんですね。
余計な事が見えなくてよかったけど。

アリソンはサンドラのまま家に帰ってきて
ジョーに助けを求めます。
ジョーは了解し、バレンタインデーのディナーという事で
アリソンを外へ連れ出す口実を作ります。
このときのアリソンはまだサンドラのままなので
子供たちへの対応がわからずしどろもどろしています。
でもこんなときに限って、子供たちが鋭く突っ込んでくるんですよね。
そのたびにジョーが答えをはぐらかし。
まあ子供たちもなんだかおかしいと感づいて
聞いちゃいけないと自粛してたようにも思えjましたが。

とにかく二人はサンドラの家に行き
トムが浮気をしていた事を突き止めます。
ここは自分の家だと思ってるアリソンが寝ていて新たな夢を見て
サンドラが埋められている場所がわかります。
トムは愛人リサを何度も整形手術して
サンドラそっくりに仕立て上げていました。
そしてサンドラを車に乗せていて事故を起こし
サンドラを埋めるとリサはサンドラに成りすましたのでした。
トムがBullのディトだったのはちょっと嬉しかったけど
とんでもない悪人でしたね・・・

サンドラのままのアリソンとジョーは遺体を掘り出し
ようやくサンドラの霊がアリソンから離れていきます。
アリソンはサンドラだったことを全く覚えていなくて
バレンタインデーも祝えませんでした。
でもジョーはアリソンがサンドラにとり憑かれているとき
こっそりアリソンの携帯にバレンタインデーのメッセージを残しておいたんですよね。
いつもながら出来すぎの夫ジョーに感心させられます。
妻がぶっ飛んじゃっても決して慌てず
子供たちに悟られないように気遣い
愛情をこめて妻に接しています。
これができるのってジョーとジムだけ?
本当に夫、そして父親の鏡だよね。
そしてアリソンが戻ってきたときにアリソンを抱きしめ
密かに涙する姿にまたじーんと来てしまいました。
こんなにやっかい?な妻を持ちながら愛し続ける偉大なる夫。
ますますジョーが素敵に見えたのでした。

Dirt S1-#11 「ドンの信条」

今回は正しいタブロイド誌らしく
注目のセレブのチューズデーが
セレブのお友達ルルの婚約者トミーと関係を持っているという
ゴシップをすっぱ抜き!

そこでドンが張り込んでいると
人相の悪い3人組に襲われます。
パパラッチも命懸け。
今度顔を観たらただじゃ済まさないなんて脅されますが
ドンがまたセレブ登場を張っていたら、その怖い奴らと顔を合わせてしまいます。
またボコボコにされるところを救ってくれたのが
ドンに憧れるカメラマン志望のマーキー。
助手になりたいと頼んでくるマーキーに対し
ルーシーは雇うことを許可します。

マーキー役はときどき海外ドラマに登場するLukas Haas。
ちょっと頼りないオタク系カメラマンの卵をうまく演じていました。
ドンにつきっきりで張り込みながら
ドンの信条について学びます。
パパラッチはひたすら忍耐。
でも撮った写真は、次の号が出ると忘れられていくんですね。

3人組のボスも実は同業者。
本当はドンを巻き込みたくて手荒な方法を取っていたようで
ルーシーは共同策を提案し、表紙の写真の買取を約束します。
するとトミーはその怪しいオヤジのやらせだってことがわかり・・・

ルーシーが手を打つ前、案の定ドンの家は荒らされて
トリスタンはバスルームで怯えていました。
家族の妄想に脅かされるドンが怒鳴り散らしているのを
じっと聞いているマーキー。
統合失調症のドンの姿を見てしまいましたが。

ドンに自分の作品を見せて褒めてもらい
ひたすら待つ生活もなんとか我慢していました。
そして決定的場面を写すことになって
ずっと構えていた二人ですが
マーキーは車に無線を取りに行ったところで
また3人組に出会ってしまいます。
ルーシーから預かったスタンガンで押収したが逆効果。
逆にマーキーは感電させられてしまいます。
ドンはその間チューズデーの決定的瞬間を写せたけど
マーキーを助けに行ったとき、彼は意識を失っていました。
ドンのために瀕死の重傷を負ったマーキー。
病院でチューブに繋がれているけど、助かるのでしょうか。

ウィラに別れると宣言されて
不評のもみ上げを剃ってしまうバーロウ。
なんと軽いオヤジなのか。
いつものJeffreyですね(苦笑)

ホルトとジュリアはルーシーから奪い取った証拠テープとコピーのDVDを処分。
しかしジュリアには仕事が回ってこなく、またジュリアは落ち込んでいます。
唯一来たのがCSIの死体の役。
それもいいと思うんだけど!
ホルトはルーシーに、自分とルーシーのパパラッチ写真を見せられ激怒。
もう終わったとルーシーを見捨てて出てきますが。

今度はオフィスのパソコンにルーシーのプライベート映像が流出。
ルーシーを狙っているのは一体誰?
恨みを持ってる人は多数いるし、因果な商売なことは確かです。

Law&Oredr SVU S2-#4 「渇望の連鎖」

ジェイミー・マケンナは7歳の娘のエミリーが朝起きてこないので様子を見に行くと、エミリーは頭部を殴られてぐったりしていた。病院で検査すると硬膜下血腫を起こしており、性的虐待を受けた痕跡が見られた。エミリーは今までも何度も骨折した跡が残っていて、虐待が続いていたと思われた。
ジェイミーの母親は元大使の未亡人のロイス、ジェイミーは銀行家のランドルと結婚しているが、エミリーの父親はデニー・コレアという亡命キューバ人だった。ジェイミーが薬物依存症だったときデニーと知り合いエミリーを儲けたが二人は別れ、デニーはエミリーの養育権を巡ってジェイミーと争っていた。
エミリーの小学校でコックとして働いていたデニーは逮捕歴もあり、容疑者として有力視される。だがデニーは娘を大切にしており、エミリーの身体に残っていた毛髪からのDNA鑑定でもデニーは潔白が証明される。またロイスとのつながりでエミリーを可愛がっていたブルネイ大使の広報官ヘンリーも疑われるが、彼もシロだった。
小児性愛者について分析するDrスコダは、彼らの二面性を指摘。優秀な人間の場合もあるとランドルが疑われる。だがランドルはエミリーの養育権の件で追ってきたデニーに殴られ病院に運ばれていた。デニーは昏睡状態のエミリーを見舞った後、出頭するつもりだったと自白する。デニーは事件が起きる前、エミリーを連れてキューバに飛ぶつもりでチケットを用意していた。
SVUはランドル家を家宅捜索し、エミリーの患者用リストバンドや高校生の兄のジャスティンのヘアブラシを押収する。エイミーは虐待を受けた後偽名を使って病院で診察を受けていた。、そしてジャスティンの毛髪がエミリーに残されていたものと一致。ジャスティンは警察に連行される。だが彼の証言とジェイミーの証言、ドアマンの証言を調べていくうちに、エミリーを虐待したのはジェイミーだったことが明らかになる。

マンチが事件に深く関わっていくエピソード。マンチの尋問のテクニックの見事さに驚かされ、ラストではマンチが過去に経験した痛ましい出来事について知らされます。
学校でのエミリーの様子について、子供から聞いた方が詳しくわかるだろうと、マンチはエミリーの親友のジェニファーから話を聞きだします。「マンチって変な名前。」と喜ぶジェニファーに、「子供の頃はマンチキンだった。」と返すマンチのユーモアは、フィンと一緒にヘンリーの事情聴取に行ったときも、チェツォーラがヨルバ語で優しい人の意味だとヘンリーが説明すると、すかざす「マンチはルーマニア語でイケメンの意味」と自己紹介してウケを狙い発揮されていました。ともあれジェニファーに優しく語りかけ、エミリーの秘密を聞き出したマンチは、デニーが航空券を用意していたことを探り出します。
続いてデニーの家を捜査。血まみれになったデニーのシャツを発見しますが、そのときマンチはエミリーの絵本を持ち出します。
ジェイミーに容疑が掛かり始めたときに尋問を担当するマンチ。あくまでもジェイミーを励まそうとしながら、だが昏睡状態のエミリーが目を覚まし、ヘアブラシのことを喋ったと嘘をついて、ジェイミーの自白のきっかけを作ります。ジェイミーはエミリーはデニーとキューバへ行くことを知って腹を立て暴力を振るい、怪我をさせていたのでした。そして自分がかつてされていた方法でエミリーを摂関。性的虐待を行うのは自分が幼い頃受けていたからというスコダの分析どおりでした。
何故ジェイミーに嘘をついたかとベンソンが質問すると、マンチはエミリーの弟のマイケルの寂しい目から、ジェイミーが虐待していたことに気づいたと話し始めます。マンチが少年の頃近所にいた少女の寂しい目、彼女が母親に虐待され殺されたとを知っても、マンチはどうすることもできませんでした。
マンチはデニーの家から持ち出した絵本を手にエミリーの病室に向かいます。そしてまだ昏睡狂態の続くエミリーに、絵本を読んで聞かせるのでした。

あと1話でS2制覇。
でも来週からS3始まっちゃうんですよね。
ちょっと間に合わないかな。
SVUは続け観をするのには重過ぎるので
とにかく1話観ずつ観て頭の整理をしないとダメ。

このエピのマンチって本当に素敵。
ラストの昏睡状態のエミリーに読み聞かせするシーンに
ホロリとさせられました。
ホミ時代から比べるとすっかり落ち着いちゃって枯れた感じさえするマンチですが
でもマンチの魅力は不滅です。

ついにホミのS1DVDBOXを購入しました。

ホミサイド 殺人捜査課 シーズン1 DVD-BOXホミサイド 殺人捜査課 シーズン1 DVD-BOX
(2008/06/25)
ヤフェット・コットーリチャード・ベルザー

商品詳細を見る

全部録画が残ってるはずだと思ったら
このころはビデオ録画しか持っていないことに気づき
今更ビデオは観ないから、だったらDVDを買うかとその気になった次第です。
「たのみこむ」の実績というのも評価したかったし
もう一度若いマンチが観たくなったし
いずれOZも続けてという思いがあるし。
とにかく大事なホミBOXです。
たった13話のわりに場所は取るけど。
そしてまだ観る時間がない!
一体いつ開封するんでしょ。
そういえばアメリカ版SVUBOXの数々も放置状態です。

CSI S7-#13 「罠」

ケプラーってどうなんでしょ?

グリッソム不在で、穴埋めにやってきた早番担当のケプラー主任。
ボルティモアから移動、その前はフィラデルフィアにいたのかな?
とにかくベガス流になじんでいないようで
前回は科学捜査よりプロファイリングがお好きって感じだったし
今回もグリッソムではありえない手法にチャレンジ。
The WireのメンバーならOKかもしれないけど
ベガスの人たちは面食らってしまいました。

S6でブラス警部受難の「銃弾のカオス」で息子が殺されたザメスカ議員
あの後麻薬撲滅運動に力を入れていたようですが
麻薬組織のボスのサイモンに殺されてしまいます。
せっかくA Martinez復活を喜んでたらいきなり遺体ですか。
ちょっとがっかり。

サイモンが姿をくらましちゃったので
副保安官マッキーンはお怒り。
ということでスポ校長も復活です。
彼が出てくるとろくなことがないんですが・・・
マッキーンとブラス、ケプラー、キャサリンで朝食をとりながら
今後の対策を練っていると
ケプラーが提案したのが、逆行捜査。
本命の犯人をおびき寄せるために、偽の犯行現場を作って
偽の犯人を逮捕、事件は解決!のように見せる手口です。
ボルティモアではありがちっていうのはなんだかわかる気がしましたが
証拠が全てのグリッソムじゃ、偽の証拠なんて許せないでしょう。
正義感の強いマックも絶対OKしないだろうな。
ホレイショも嘘がつけずに本音が出そうできっと無理。
なんてちょっと考えただけでもありえない捜査の展開に
もちろんキャサリンは難色を示します。
「うちのチームは騙せない。」
でも騙さざるを得なくなり、キャサリンは仕方なく合意します。
ついでに出された卵が半熟じゃないと文句をつけ
ブラスのパンケーキをおねだりするケプラーって
やっぱり変なオヤジかも。

さて、ケプラーとキャサリン、ブラスは偽の犯行現場を用意します。
犯行現場の近くに車を持って行き偽の犯行現場を作り
麻薬課の刑事ホルスタインに死体に扮してもらい
ジャンキーの情報屋ラットを雇って犯人に仕立て上げ
その間ニックとウォリックを別の捜査に送り込んで遠ざけます。

お膳立てが終わってウォリックが現場に呼ばれ
証拠採取をしますがなんだか変。
キャサリンに相手にされないニックはさらに不信感を抱きます。
しかもサラやグレッグが捜査を始めた
元弁護士だったジャンキーの殺害事件が
どうもサイモンと絡んでいるように思われてきます。

しかしケプラーとキャサリンはさっさと証拠が揃ったとしてラットを逮捕。
マッキーンは早速マスコミに公表します。
ニックはどうも納得いかず
ラボ内でのケプラーとキャサリンの怪しい行動についての情報も入ってきます。
もしかしたらケプラーは内部調査?
ニックやホッジスはちらっと身の危険を感じ始めますが・・・

とにかく自分たちで捜査をやり直そうと
ニックはウォリック、サラ、グレッグを呼んで捜査復活。
サイモンが真犯人だという証拠を掴んだ頃
ブラスらは姿を現したサイモンを逮捕していました。
そこでニックたちはキャサリンから逆行捜査について知らされましたが
自分たちが騙されていたことにムッとしています。
ウォリックは「もう忘れよう。」と気持ちを切り替えてたけど
ニックには難しいかな。
ついでにマッキーンが検事局にきちんと根回ししておかなかったので
(やっぱり役立たないスポたんでした・・・苦笑)
サイモン逮捕の証拠が使えないと指摘され
ニックたちの独自捜査で得た証拠が役立つ事になります。

主任が変わると捜査方法も変わる?という今回のエピ。
主任の影響力の強さを改めて感じさせられました。
たまにはマイアミの主任を変えてみるのもいいかも(笑)
でも部下を騙すのはよろしくないですね。
特に結束の固いベガスでは。
(部下が怪しげなマイアミは??)

そんなことはつゆ知らずなベガス主任は
サラ宛に贈り物。
開けてみたら何かの繭が入ってました。
さすがグリッソム。
でもこの大きさって巨大な蛾が孵りそうで怖いんですけど。

Six Feet Under S5-#11 「雑音」

ネイトの死から6週間が立ったけれど・・・

デイヴィッドは不安定な状態が続いています。
自分の顔が取れそうになる夢を見て怯えたり
突如興奮するかと思えば身体が硬直したり。
自分の将来のことを考えると先行き不安なフェデリコは
フィッシャー&ディアスの今後について話し合いたいとデイヴィッドに申し出ますが
デイヴィッドには全く余裕なし。
葬儀社のキーを投げつけて、お前にくれてやる!と投げ出してしまいました。
遺体の処置中には遺体に脅され
寂しくなって子供たちを早々に学校から連れ戻すと
今度は子供たちがジェイクに襲われる幻覚に取り付かれます。
せっかく素直になった子供たちなのに
デイヴィッドの豹変振りについていけず。
ついにキースはデイヴィッドに
子供たちからしばらく離れるようにと諭します。
今までじっとデイヴィッドを優しく見守ってきたキースだけど
子供たちのことを思い、もう限界を感じたのでしょうね。
デイヴィッドにとっても大切な子供たちなのだから
デイヴィッドもなんとか頑張って立ち直ってもらいたいです。

クレアは酔っ払った状態で出社。
会社でも散々悪態をつき、テッドに支えられながら出て行きます。
テッドは家に連れ帰ったクレアをなんとか落ち着かせようとするけど
クレアは怒りを爆発させ、テッドを追い出してしまいます。
クレアはそのままキャデラックを飛ばし、ネイトの墓へ向かいます。
墓の前でネイトの死を嘆き、亡霊のネイトと語っていたら
不気味な物陰が
慌てて逃げ車を飛ばしているうちに飛び出してきた鹿を轢いたのか
車が横転してしまいます。
クレアはやっとの思いで助けを呼び
鉄くず同然になってしまったキャデラックを売り飛ばします。
クレアにとっては思い出深い霊柩車のキャデラック。
この車と別れを告げるということは、ドラマも終わりなんだなと
しみじみしてしまいました。

ブレンダはルースに預けていたマヤを引き取ろうとしますが
ルースはジョージと一緒にマヤを育てるつもりになっていました。
ルースは今自分にはマヤしかいないと思い込んでいます。
いつの間にかルースを支えているジョージも合意してくれました。
ブレンダはビリーと生活するうちに落ち着きを取り戻してきましたが
今度はビリーと姉弟愛が恋愛に変わっていきそうになり
その妄想を払いのけ、ビリーに家から出て行くよう頼みます。
そして再度ルースにマヤを返して欲しいと訴えに行き
譲らないルースに、ネイトが死ぬ前マギーと寝たことを暴露します。
ルースは信じようとしなかったけれど。
そのときブレンダは破水。
ルースは慌ててブレンダを病院へ連れて行きます。

今週の死者は戦地で手足を失った兵士。
生き疲れた彼は姉に頼んで毒を入手、注射し自殺を図るのですが
母親は彼に手足をつけて元の姿で送りたいと思っています。
ところがデイヴィッドは遺体処置が終わらないのに姿を消し
フェデリコはヴァネッサを呼び出し、遺族の相手をしてもらいました。
ヴァネッサは自分が役立ったことに満足。
フェデリコは売りに出ている葬儀社を見に行くことにします。
フェデリコもついに独立の道が開けるのかな。

そしてどこにでも現れるネイトの亡霊。
言い残した事が本当にたくさんあるようで
真剣にメリンダを呼んで
きちんと家族と別れの言葉を交し合った方がいいのかも(苦笑)
いろいろなことがありすぎたマギーは、ジョージの家から出て行くことにします。

次回はいよいよファイナル。
「未来」のタイトルどおり彼らの未来を垣間見る事ができるのでしょうか。

House M.D. S3-#8 「良心の痛み」

今回の謎の病気の患者ジャックは
両親を交通事故で亡くし、幼い妹と弟の面倒を観ている少年の話。
彼は複数の感染症を併発しているようで原因が特定できず・・・

といういつもの展開なんですけど
ジャックが入院してしまったので、弟と妹はしばしば病室にいて
学校に行ってるときもあるようだけど
一体誰が面倒見てるんだ?
本当に身寄りがなかったら、ソーシャルワーカーとか呼ばないのかな?
(あとでそれらしき人?がいたけど)
ジャックの病状より子供たちが気になってしまいました。

もっと気になるのがトリッター刑事の陰謀。
今度はウィルソンの薬の処方権を剥奪してしまいます。
一人の刑事がそんなに簡単に圧力をかけられるんですかね?
なんだか不思議。
ウィルソンはキャサリンのダンナ(笑)の弁護士に頼んでたけど
これがまた全然役立ってなかったし。
おかげさまでウィルソンは、自分の担当の患者さんに
薬を出してあげられなくなってしまいました。
仕方なくハウスの部下たちに処方箋を書いてくれと頼みに行くけど
ウィルソンの悲劇を見ている彼らは二の舞を踏みたくないから
断固拒否します。
それでもキャメロンは、自分が診察に立ち会えばと譲歩。
だが患者にウィルソンは誤診してるのではと疑われてしまいます。

そしてハウスも薬切れ。
キャメロンに処方箋を書いてもらおうとするけど、あっさり無視されます。
肩が痛むならとマッサージを受させられ、杖が歩行器に変えられ
でもその歩行器を、ハウスはあっさり患者の杖と取り替えてしまいました。
ハウスも薬なしではピンチ状態。
結局カディが処方箋を書いてくれました。

だがウィルソンは罪人扱いのまま。
二人の友情はここまでですか?
今までずっとハウスの尻拭いをしてきたウィルソンにあんまりの仕打ち・・・
車も奪われ一人ポツリとバスを待っているウィルソンの前を
バイクで通り過ぎていくハウス。
辛すぎました。
やり過ぎトリッターが折れる展開ってないのかなぁ?

GSG-9 S2-#2 「疑惑の芽」

コニー祭り、ファイナル!?

コニー失踪の噂は聞いてたし、
前回のファイナルで一人怪しげな行動に出て伏線を張ってたけど
こんな形で姿を消すとは!

正直訳がわかりません!

ということで今回はコニー失踪までの足跡をまとめてみます。

コニーはゲープに呼びつけられていたのに遅刻。
これももしかして訳ありだったのかもしれないけど。
今回の任務は表向き建築家、実は犯罪組織のボスの
ブラームスを捕らえることでしたが
ブラームスは相当のしたたか者。
かつてブラームスを追っていた捜査官が殺されていました。
今回は連邦刑事局の潜入捜査官アダールにデミアが協力
ブラームスの身辺を洗おうとするが
気づかれて銃撃戦になり、デミアはブラームスの部下を撃ったものの
アダールは連れ去られます。
アダールは殺されかけようとしているとき
ブラームスが罪人である証拠を掴んで携帯に録音。
そのまま車から突き落とされてしまいます。
虫の息のアダールにコニーは近づき
アダールからパスワードを教わると携帯を自分のポケットに。

ブラームスを取り逃がした事で彼を追っていた怖いおばさん
(本当にすごい迫力なんだもん・・・ペトラもそうなるのかな)はお怒り。
でも他にも捜査官を送っているのでサポートして欲しいと持ちかけます。
怖いおばさんでもコニーはお気に召したようで。
「いい男」とお褒めの言葉を頂いてしまいました。

コニーはトイレに隠れてこっそり携帯チェック。
しかしハイテク施設にしてはGSG-9本部のトイレってしょぼくない?
ちょっとイメージが違って驚きました。
そしてトイレは唯一の隠れ場所なんでしょうか。
上を見て安全確認中?です。
gsg2-2-2.jpg
これで証拠を掴んだ!
でもコニーは証拠を隠し持ちます。
それからペトラに事件の状況を確認。
撃たれた手下はブラームスの息子でした。

ブラームスのところに送られたもう一人の捜査官は
恋人になりすましたユリアでした。
ゲープとコニーはユリアの腕時計と首筋に通信機を仕掛けます。
コニーの姿を見て「プロイセンの貴族?」と尋ねるユリア。
コニーは否定しますが、やっぱり貴族のオーラは出てるんですね。
さすが金髪伯爵王子です。
その後はバンに乗り込み4人は交代でユリアとブラームスの監視。
ブラームスがユリアに迫る際、首筋が貼れていることがバレ
ドキッとさせられますが
そのあとは熱いあえぎ声が続き、バンのおっさんたちは苦笑してました。
ユリアはブラームスが電話している内容などから
ブラームスの計画を連絡してきますが
このままじゃ危険だからと、腕時計の通信機をトイレに流してしまいました。

ゲープに休むように言われたコニーはフラフラと飛び出し
ブラームスの手下にさっさと捕まりに行きます。
目的はブラームスに近づくこと。
ブラームスと対面したコニーは身分を名乗ると
証拠を録音したアダールの携帯をちらつかせ
この内容は誰にも伝えていない。
自分を雇って欲しい。
その代わりブラームスの息子を撃ったデミアを売ると
取り引きを持ちかけてきます。
女性で失敗し金もないとか言ってたけど
マジで没落貴族になっちゃいましたか?
でも貴族のオーラでまくりですよ!
まあ突然意味不明なことを言い出すコニーに
ブラームスはびっくりしたでしょうね。
でも悪い話じゃなさそうだし
コニーとブラームスは手を組みます。

一方ブラームスに警察の動きがばれていたのは
中に密告者がいる。
それはユリアらしいとわかってきます。
ブラームスたちは外出。
コニーとデミアが追っていくとブラームスが待ち構え
コニーを捕らえてしまいました。
そりゃそうだ、コニーは捕まるつもりだもん。
gsg2-2-10.jpg

結局コニーとデミア、ユリアは捕らえられ廃墟に連れて行かれて
デミアに銃が向けられます。
絶体絶命のピンチに断たされたとき
コニーは鳩が軒先に止まってるのに気づき
咳払いして鳩を追い出します。
鳩の動きをゲープらが察知。
なんとかデミアを救い出しに来ますが
コニーの姿が見えません。
コニーは連れ去られた?
ゲープらは必死で敵の車を追います。

でもコニーはブラームスと一緒に隠れてました。
gsg2-2-12.jpg
コニーはブラームスから解放され、一人姿を消します。
gsg2-2-13.jpg

「さよなら、コニー!」

ってことのようで結局みんなコニーを探すのを諦め
フレディを雇う事になるみたい。
次回予告にはフレディが映っていました。

でもなぜコニーは一人で姿を消した?

今までもコニーは単独で不思議な動きをすることがあったけど
ゲープが知っていたりと最後に辻褄が合ってました。
前回の偽造パスポートからすると
何らかの命令がどこかから出され
海外に飛ばなければならず
そのためにGSG-9から姿を消さねばならない。
でタイミングよく現れえた犯罪者ブラームスを利用したのかな。
コニーの秘密を知ってるのは誰なんだろう。

ここまでお膳立てしてくれているので
しばらく失踪しているコニーも
あとで一応姿を見せるようです。
何も言わずに失踪しちゃったカスパーを思えば
まだコニーは幸せかな。
しかしコニーの私生活も謎のまま。
アルゼンチン妻も偽装なんでしょうか?
家柄のよさだけは隠せませんでしたが。

ここまで本当にたっぷりと
Andreasの美しさを楽しませてもらいました。
もっと観たければ子供だまし魔法使いのDVDはあるんですけど
あれは内容がちょっとキツイのよね。
でも恋しくなったら観てしまうかも。

では名残惜しくコニー写真館大放出!

gsg2-2-1.jpggsg2-2-4.jpg
gsg2-2-5.jpggsg2-2-8.jpg
gsg2-2-9.jpggsg2-2-11.jpg
gsg2-2-14.jpg

コニーとの再会を熱望します。

Medium S3-#11 「善意のウソ」

霊能者のドラマが一つだけになってちょっと落ち着きました・・・

今回の夢を見るのはアリソンじゃなくてプッシュ警部。
男女二人組が急病人が出たからと救急車を呼んで
救命士が到着すると彼らを脅し
谷底に突き落とすと救急車を強奪しました。

救命士ファンとしてはなんとも嫌な展開。
ウソの通報でも呼ばれれば急行しなければいけないし
しかも銃を携帯してるわけじゃないから応戦するわけにも行かないし。
こんなときに救命士はどうにもなりません。
例えばジムがこんな目に遭ったら
メリンダが悪夢を見て気づいてくれる?

プッシュは霊能者じゃないはずですが
この夢は現実となってしまいます。
しかも場所はフェニックス。
プッシュはアリソンを訪ねてきます。
次に建設会社に置かれていたC4爆弾が強奪される夢も実現。
プッシュは詳細を語れるんですが
まさか警部が霊能者になったといっても
きっと誰も信じてくれないだろうし
そこでアリソンが夢を見たことにして
夢の中身を説明します。
でもアリソンは見てないんだから辛いよね。
モンタージュ作りでもアリソンの記憶が曖昧ってことにして
横からプッシュが付け足しを。
アリソンの立場がないじゃないですか。

するとプッシュはペースメーカーの調子が悪いから
即入院しろと言われてしまいます。
お取替え手術でベッドに横たわると
そこにいた看護師さんは夢で見た犯人たちでした。
プッシュは事前入院してたとき
囚人が検診に来ていて
そこで逃亡計画を企んでいた事を思い出します。
そのときタイミングよくアリソンが逃亡計画の続きを夢見てくれて
囚人と警備員の病院爆破&逃亡計画を
未然に防ぐ事ができました。

プッシュは生死の間を彷徨っていたとき
霊能力を身につけちゃったんでしょうか。
ってことは遺伝したアリソンやメリンダではなく
昏睡してたジョニー・スミスに似てるのかな?
夢は一気に見たのではなく、断片的にちらちらと・・・だったようですが。

ブリジットは学校でドラッグについてお勉強。
突如ヘロインやマリファナに詳しくなっちゃいました。
早速ジョーにあれこれ突っ込んだ質問を。
面倒くさいジョーは、パパはやったことがないと
サラッとウソをついてしまいました。
しかしブリジットの前でウソはいけません。
ブリジットはジョーがマリファナを吸ってた夢を見てしまいます。
それってどんな夢だったのか、一緒に見せてもらいたかった(笑)
そのあとブリジットは「パパがウソをついた!」と大騒ぎ。

ジョーの時代だったらマリファナの1.2本は体験しているでしょう。
(と本人も認めてた)
正直に話しておけば、ブリジットは納得したのかな。
ジョーがマリファナを吸っていたのを知ったことがショックだったのか。
吸ってたのに吸ってないとウソをついたことがショックだったのか。
やっぱりウソが許せなかったんでしょうね。
そこですねてるブリジットに
プッシュがチリを作りながら語ってくれます。
プッシュの両親は彼が小さいときに別れたが
母は父が死んだと教えていた。
プッシュが父が生きている事を知ったのは
彼がテキサスレンジャーになってから。
酔っ払いのどうしようもない父の姿を見てしまい
母は自分にそんな父のことを知らせたくなかったんだと
母のウソに感謝したという話ですが・・・
実はこれもウソ。
でもブリジットにはばれなかった?

人を傷つけない、救うことができるウソはついてもいいのかな?
ウソも方便というお話でした。
でもジョーは気をつけないと、娘たちに見破られちゃうよ。
ますます立場が厳しいですね。
思わずアリソンに不平をぶちまけてたけど。

Dirt S1-#10 「セックス特集号」

サミーの事件でスタッフのショックも大きく
だったらお楽しみ企画をとルーシーが持ち出したのが「セックス特集号」
ビニールに包んで怪しさを強調してXを三つ!
そりゃやりすぎだとバーロウは難色を示しますが。

バーロウとウィラはやってくれました。
この二人ますます接近しちゃってたんですね。
こんな職場恋愛(じゃなくて火遊び?)ありなのかい?
二人はバーへ繰り出して若い女の子を引っ掛け
バーロウが家を連れてくると、彼女は派手に脱いでくれて
いつの間にか3Pを・・・

すると編集部にその女の子ドーニーと父親がやってきます。
ドーニーの姉は新進タレントのレベッカ・バン・ハート(でもおバカ)
父はレベッカのマネージャーをしていますが
17歳のドーニーにもスターの道を歩ませたいと思っていたときに
DirtNowの編集室がやってくれた!と怒りをぶつけ
その代わりにDirtNowの表紙3号分を飾る契約をしてくれと要求します。

ルーシーはウィラにレベッカと父の周辺を洗わせると
父は以前にデビュー前のレベッカを他の雑誌に3号分載せていたことがわかります。
父は同じ手口で他の雑誌の編集部を脅していたのでした。
しかもドーニーは19歳で、年をさば呼んでいたこともバレてしまいました。

セックス特集号の方はポルノ女優キティ・ライダーの引退記事を掲載。
キティを知るためにドンはせっせとキティの出演作品を観てました。
ドンは女性に触れられるのが苦手。
せっかくアビーといい関係になれそうなのに、もう一歩先に進めません。
それはドンが子供の頃義理の母との間にあったことが
トラウマになっているようですが。
そんなわけでドンはビデオを観ていたら
相手役の男性が前回撃たれたサミーで、キティが義理の母に見えてしまいます。
だがそこへアビーがやってきて、ドンの誕生日が明日だと知ると
その翌日ケーキを持ってきてくれます。
ケーキがあればドンは幸せ。
ドンはやっとリラックスして、アビーと楽しそうに過ごしていました。

ジュリアとホルトの関係はどうもしっくりきていません。
ホルトはジュリアを抱いていても、ルーシーの姿が見えちゃうし。
ジュリアはホルトに仕事を探してもらおうとするけどうまくいかず
そこでジョニーと出くわしてしまいます。
ジュリアはホルトにジョニーとのセックステープを取り返してもらうように頼み
ホルトは編集室のルーシーを訪ねていきます。
そこでビデオを要求。
しかもビデオを流しながら、ジョニーがジュリアにしていたように
ルーシーを犯すとビデオを持ち去りました。
まるでレイプ?状態だったけど、ホルトは何を企んでいるのやら。
そしてルーシーのところに送られてきたホルトとの関係の盗撮写真。
あれは誰の仕業なんでしょう。

キティ・ライダーは引退して出家して
何でもありの生活から無の世界が覗きたくなったようですが。
セックス特集って結局これだけ??
期待して買ったら怒るよね(笑)

Everwood S2- #2 「壁」

エフラムやエイミーは新学年になって
大学受験の準備を始めることになりました。
といっても始めているのはDrアボット。
進学フェスで資料集めに大忙しです。
それに触発されてアンドリューも勉強し始めますが
子供たちには関係ない世界みたい。

エイミーはすっかり無気力状態です。
ベッドの中でボーっとテレビを観ているし
受験準備コースでもうわの空。
アボットはエイミーをプリンストン大学に入れたくて
大学関係者がEverwoodに寄ることをいち早く聞きつけ
自宅でお茶に招待。
でもエイミーは家に帰ってきませんでした。
ローズはエイミーをきつく叱りますが
アボットは今は放っておけとエイミーの自由にさせます。

ところが進学の心配を真剣にしなければならないのはブライトでした。
ブライトはフットボールに精を出していれば
奨学金をもらって大学にあっさり進めるはず・・・だったんですが
数学で赤点をもらって補習を受けたものの、また赤点。
学校の決まりで部活に参加できなくなり
試合に出られなければ進学の道も断たれます。
コーチはコリンの死で落ち込み勉強が手につかなかったと訴えれば
救いの道が開けるかもしれないと知恵を貸しますが
ブライトは自分の落第をコリンのせいにはしたくありませんでした。

赤点のことを両親に切り出せないブライトでしたが
ローズが外で聞いてきて、また両親の悩みの種が増えてしまいました。
Drアボットは何が何でもブライトをフットボール奨学生として進学させるつもり。
それが無理なら勉強して進学するとブライトが反論すると
お前はバカだから無理だとアボットに釘を刺されてしまいました。
さすがにアボットも言ってからしまった!と思ったようだけど
ブライトは自分もエイミーのように、ちょっとは心配してもらいたかったようです。

アンドリューはエフラムのために
受験に向けての年間プログラムを立ててくれます。
学校の成績はもちろん部活やらボランティアなどへの参加状況も
名門校進学の重要ポイントのようで
だからってエフラムが科学クラブに?エフラムは嫌がっています。
ところがエフラムは、学校でジュリアード音楽院の先生が
演奏を聴いてくれる機会に恵まれます。
課題をもらって必死で練習するエフラム。
アンドリューは音楽院以外の道もあると伝えようとしますが
エフラムにはアンドリューのプログラムはどうでもよくなってしまいました。

先生の前でエフラムが課題曲を弾くと
先生は「楽譜を見ていない。」と指摘します。
演奏家にはよい耳やテクニックだけでなくよい目も必要。
それを持たなければ町のピアノ弾き位にしかなれないと
エフラムはあっさりけなされてしまいます。
今から頑張ればと反論すると
その力は8歳くらいまでのレッスンで形成されてしまうんだそうで
一流になるのは大変なこと。
エフラムは音楽院の道を諦め、受験勉強を始めます。

チアリーダーのステーシーが転んで腕を痛め
アンドリューに治療してもらいます。
そのとき付き添った母が、娘の胸のインプラントの調子が悪いと洩らしたため
アンドリューはステーシーの胸を診察。
生理食塩水が漏れ出していることがわかりました。
まだ17歳で整形手術は早すぎるし
取り出してしばらく立ってから入れればとアンドリューが促すと
ステーシーはアンドリューの診察を信用したくないという態度を取ります。
アンドリューは他の医者の診察を薦めます。

アボットはステーシーがアンドリューのところからこっちに来た事を知り
さっさと診察を拒否します。
そしてアンドリューが弱気なことを攻め
以前のように自分の考えを押し通せと指摘します。
アボット流の励ましが医者として、友人として素敵でした。
アンドリューは再びステーシーを呼び出して
今度ははっきりと手術の必要性を話します。

アメリカの大学受験も大変ですね。
しかも親が相当真剣。
親と子供の思いが食い違うのもいかにもありがちです。
子供たちは目の前の壁をどうよじ登っていくのかな。
エイミーは自分がまず吹っ切れないとダメですね。
ブライトはどこまで自力で頑張れるのか。
せっかく勉強を頑張ろうと思えたんだから
無理かもしれないけどトライするのは大切でしょう。
そしてエフラムは、やっぱり音楽の道を目指してもらいたいです。
せっかく家族も応援してくれるんだし。

Veronica Marsのヴェロニカの胸はインプラントでしたか!
見た目だけが気になる生意気娘になってたヴェロニカは
Everwoodでは今回のみのゲスト出演のようです。
そして次回からはデス妻ブリーまたはMPキンバリーの登場。
どう考えても悪女しか思いつかないので
彼女が癒し系キャラだったらどうしよう。

Six Feet Under S5-#10 「一人」

ネイトの葬儀がしめやかに行われます。

まず本日の死者がいて、葬儀がエピソードのどこかに含まれるSFU。
ドラマの一部としてごく当たり前のこととして葬儀のシーンを観ていましたが
今回はネイトの葬儀の一部始終に1時間じっくりとお付き合いさせてもらいました。

ルースは案の定打ちひしがれています。
意外にも取り乱してはいなかったけど
ネイトの術後の容態などについてどうも納得いかないようで
デイヴィッドにしつこく質問するから、「僕が殺したんだ。」と
ネイトが逆ギレします。

フェデリコとデイヴィッドは葬儀の準備に取り掛かります。
二人にとっては手馴れたもののはずですが
あまりにも近しい者の死で、多少勝手が違います。
ネイトはデイヴィッドに樹木葬を依頼していました。
自然に帰るために遺体は棺に入れず、防腐処置も行いません。
また臓器提供にも同意していたので
身体にはメスが入り、眼球も失われていました。
デイヴィッドがネイトの遺体を清めていると、ルースが文句をつけに来ますが
ルースも手伝いながらネイトに別れを告げます。

寝る間も惜しんで動き回るデイヴィッド。
落ち着いて寝てもいられないのでしょう。
しかも赤いフードをかぶった男(恐怖の誘拐犯復活!)が
ネイトの目を持って脅してくる悪夢を見てしまいます。
男はその後もちらちらとデイヴィッドの目の前に現れ
デイヴィッドを脅します。

クレアもまた落ち着きません。
家にいるのが苦痛でテッドを呼び出し
車に乗せてもらうとただドライブしてもらいます。
ネイトとのいい思い出がたいしてあるわけじゃないけど
でも思い出したらますます落ち込んでしまいました。
テッドに励まされ、ようやくクレアは家へ戻ります。

ブレンダはネイトを探しているマヤに
彼の死を伝えられずにいます。
マーガレットがブレンダの喪服を用意しながら
遠まわしにネイトの死を伝えようとしたら
ブレンダはそのままずばりと話し始めてしまいました。
なんとなくマヤにも伝わったかな。
マギーがキッシュを持って尋ねに来たら
ブレンダは思い切り悪態をついてマギーを追い払ってしまいました。
その後でお漏らししちゃったマヤを、ブレンダは叱り飛ばします。

キースは子供たちを葬儀に連れて行くことにしますが
途中でロジャーの家に寄ったら、生意気な俳優を送るよう命ぜられ
代わりにロジャーが二人を連れてきてくれました。
ズボンのすそも直してくれたし、i-Podも買ってくれたし
ロジャーは子供たちに大サービスです。
キースは生意気俳優に、ロジャーとのポルノビデオについて指摘され
(そんなもの撮ってたのかい?)
怒って俳優を放置し葬儀に向かいます。

葬儀が始まり、フェデリコ、デイヴィッドが追悼の言葉を述べますが
デイヴィッドはまたフードの男が目の前をちらつき、倒れそうになります。
そのあとジョージがその場を締めてくれますが
ジョージは婚約者と別れてしまったみたい。

その後樹木葬を行う林へ。
みんなが車に分乗しているのに
ブレンダは自分の真っ赤な車を一人で運転していきます。
林に着くと、またデイヴィッドは男の霊に脅され
車から降りられなくなってしまいます。
ここでルースが母親ならではの力を発揮。
デイヴィッドを引っ張って、遺体の前に連れてきてしまいました。
サラが詩を読むと、マギーはルースに寄り添って泣き崩れ
ブレンダは座ってふてくされています。
やがてみんなは遺体に土を被せ、ネイトは土の中に埋められました。
帰りの車の中で、ネイトの霊がブレンダに不平をぶちまけます。

デイヴィッドはついに家でダウン。
子供たちがスープを作って持ってきてくれ
ダレルが自分のi-Podにジャズを入れて貸してくれます。
親を気遣う子供たちの姿に、さらに親子関係前進の様子が感じられました。

ブレンダはマヤを連れてフィッシャー家を訪ね
ルースにマヤを預けていきます。
それから帰宅すると、ビリーが戻ってきていました。
ビリーの姿を観て、ついにブレンダは泣き崩れます。

ネイトの死はそれぞれに大きな影響を与えました。
受け入れるのは大変でも、葬儀を通して一段落したのでしょうか。
だけど精神面でのダメージは大きそうです。
意地を張っていたブレンダも弱みを見せ
デイヴィッドも相当ボロボロになってました。
デイヴィッドにはキースのほかに
子供たちという味方も出来てよかったけど。
ジョージがしっかりして、ルースを支えてくれそうなのがありがたいです。
テッドもクレアの支えになれるのかな。
でも次週はトラブル続出って感じで不安です。

House M.D. S3-#7 「目覚めた患者」

ハウスは植物状態の患者のベッドの隣でお食事中。
そこに患者の息子が見舞いにやってきますが
病室でぶっ倒れてしまいます。
そして意識不明の重態に。
もしかしたら遺伝性の病気?
息子の病歴や生活の様子を知りたくても
身内は植物状態の父親だけで聞き出せません。
そこでハウスは薬を使って
植物状態の父親を目覚めさせてしまいます。

そんなことって出来るの?
父親は10年間も植物状態だったんでしょ。
ところが目覚めたお父ちゃんはすこぶる元気
イタリアンのサンドイッチが食べたいと早速要求を始めます。
ハウスはお父ちゃんの願いを聞き入れるために
お父ちゃんとウィルソンと一緒にドライブに出かけます。
車を運転するのはお父ちゃん。
薬のおかげで運動神経もバッチリです。

散々走り回ったものの
お目当てのサンドイッチ屋さんは見つかりません。
お店は移転してしまったようでした。
仕方なくカジノホテルの一室でルームサービスを頼み
ウィルソンがお父ちゃんのご希望のサンドイッチを作ってあげます。
その間ハウスはお父ちゃんから息子のことを聞き出すが
なかなか思い通りに行かず
もしや水銀中毒?なんていう疑いも見事に外れてしまいました。
しかし次第に父と息子の間の確執がわかってきます。
その頃病院では息子移植が必要になります。
そこでハウスが取った手立ては、父の心臓を息子に譲る事。
倫理上生きている父の心臓を取り出して息子には移植できません。
でも再びお父ちゃんが植物化する前に決断してくれれば!
お父ちゃんは息子のために心臓を提供する事に同意しました。
そのために自ら死を選び・・・

移植は成功。
息子は父が彼に託した思いを受け取ります。
植物状態でただ鼓動を続けていただけの心臓は
息子のものとして新たに蘇りました。
植物状態の人が突如起き上がり歩くなんて絶対考えられないから
これはファンタジーの世界なのかなと思って観てましたが
実際には父が息子のために命を投げ出そうと思ったとしても
植物状態の父から同意を得る事はできないので
父はそのまま機械につながれたままで
息子は死んでいくしかないんでしょうね。
息子の命を救うにはファンタジーを追い求めなければならないのかと思うと
なんとも複雑な気分でした。

ハウスが怒らせちゃったトリッター刑事
(David Morseならではのしつこさですね!)
何としてもハウスの薬物依存を証明したくて溜まりません。
ウィルソンのウソを指摘できなければ部下たちにと
キャメロンたちに個別に尋問を始めます。
そして意地でもハウスをかばったウィルソンは
銀行口座のお金を差し押さえられてしまいました。
どこまでハウスたちはいじめられるのか。
大ピンチ状態が続いています。

Ghost Whisperer S2-#22 「選ばれし者」

終わったぞ!
本家でこれから楽しまれる方には本当に申し訳ないんですけど
やっとゴースト呪縛から逃れられます。
S2後半からlifeの放送形態のせいで
連続2話放送になってしまい
2話続けて観るのも疲れるから、2日に分けて観ているうちに
すっかりメリンダに追われる気分になってしまいました。
そしてドラマの展開も、S1の方が面白かったかな?
S2になるとゴーストたちがグレードアップしてやたらと凶暴になり
メリンダが怯えまくる話が多くて
PBマイケルの登場するパイロットみたいに
メリンダはあくまでも霊の言い残した思いを伝える役目をする
しんみりと、でも心温まるエピが好きだったので
どうも今シーズンはすっきりしませんでした。
ときどきじわりと感動のエピもあったけど。
ついでにビジュアル的にも
メリンダの眼の下真っ黒な厚化粧と
胸を強調しすぎな薄着ドレスがつい気になり
メリンダ、やりすぎだよね。

5月11日の運命が各年に起きた悲惨な事故の生存者の
子供たちにゆだねられるのはいいとして
あの子供たちにとんでもないパワーがあるのがなんだか強引?
見つかってなかった飛行機事故の生存者って
S1ファイナルでセダッチが助けた子だったんだ。
今頃思い出しました。
Julianの演じるイーサンは悪人じゃなかったようですが
雰囲気は不気味だったかも。

ガブリエルが子供たちを5月11日の
飛行機墜落事故の慰霊碑除幕式に連れて行ってしまったために事件発生。
「愛する者の死」ってまさか?
デリアが違うならきっとジムだって
相当覚悟を決めて観てたんですけど
何と本人が犠牲になるとは。
メリンダ、倒れたまま。
ジムにも助けられず。
このままメリンダが黄泉の世界を彷徨っているうちに
S2おしまい。続きはS3で・・・でもよかった気がします。
フラフラしている霊たちとたくさん交流したりしてね。
でもパワーがありすぎな子供たちがあっさり救い出してくれました。
つまんないの。
ここでメリンダを助けるんだったら、救命士の夫の愛の力を
再び注いでくれてもよかったのに。

呆気ない展開でクリフハンガーがなくなっちゃったので
仕方なく場つなぎ的に出てきたメリンダの父親の霊。
メリンダには兄弟がいるんだそうで。
なんでも身近なところで片付くドラマなので
兄ってペインあたりでいかがでしょう。
霊能力がこれっぽっちもないところがまた素敵だし(笑)

Melrose Place S4-#15 「4組の三角関係」

久々のMPネタですが、相変わらずドロドロです。
一応クリスマスエピだったんですが、ほっとできる要素はマットだけ?
さすがMPでした。

4組の三角関係って・・・
①ビリー、アリソン、ブルック
②リチャード、ジェーン、ジョー
③マイケル、ジェーン、シドニー
④アマンダ、ピーター、ボビー
ってことですか。
ジェイクが関わっていないのは、彼はただ今金策中で
危ない橋を渡っているみたいなので。
キンバリーは珍しく蚊帳の外状態ですが
結局トラブルをもたらしてしまいました。
そしてマットは自分が担当した患者で俳優のアランと恋愛進行中。
よかったね、マット!

①今SATCを観たらシャーロットがとんでもない悪者に思えそうで
わがまま娘ブルックを何とかしてもらいたいです。
ビリーもバカだよね。こんな身勝手な女性に振り回されて。
まあアリソンも大差ないんですが
今回はちょっとアリソンに同情できました。
そして生まれてくる子供のためにブルックを大切にするつもりだったビリーは
もうすぐブルックの妊娠はウソだと知るはず。
そのときの落胆振りが怖いな。

②リチャードとジョーが会社経営からジェーンを追い出したことについて
ジョーは良心の呵責を感じてたのに
見事にジェーンに誤解されました。
これもはっきりしないリチャードが悪いと思うんですけど。

③ジェーンが演技だと知らずにすっかり調子に乗るマイケル。
それが面白くないシドニー。
キンバリーから処方してもらった睡眠薬をジェーンに飲ませちゃったから
こんなにハチャメチャなクリスマスのチャリティーイベントでいいんですか?

④ボビーってアマンダを暗殺するために近寄ってきたんですよね。
それがいつの間にかピーターと三角関係展開中。
おまけにかなり暇そうなFBIが追いまわしてるし。
この先何が起こるんでしょう。

アランとマットがデートの中で
マットがゲイだとカミングアウトしたときの事を語っていました。
10歳くらいの頃から薄々気づいていたけど
高校の卒業パーティーでだっけ。
誘う相手がいなくて一人でいたら
「お前はゲイか。」と友達に聞かれて「そうだ。」と答えてしまったんだそうで。
なんとあっけらかんとしたカミングアウトでした。
もっと早く両親が知っていたらショックも少なかったのかなと
マットは振り返っていましたが
この明るさがマットの持ち味なんだよね。
だからこの時代でも堂々としていられる。
今度こそマットに幸せになってもらいたいです。

Dirt S1-#9 「子役スターの悲劇」

ストーカー騒ぎに怯えるルーシーの元にとんでもない訪問客が!

DirtNowの編集部にやってきたのは元子役スターのサミー・ウィンター。
子役時代は売れっ子でも、大人になるとかつてのかわいらしさは薄れ
仕事の方も泣かず飛ばず、いつしか忘れられた存在になるってありがちですよね。
で「あの人は今」みたいなコーナーで久々にちらっと取り上げられたりして。

サミーもかつては有名な子役スターだったみたいです。
でも今は単なるオヤジ・・・でストレスが溜まったか
編集部に来るなり銃を構えて立てこもります。
しかも身体には爆弾を巻きつけて、自爆テロ状態です。
スタッフや編集部に来ていた俳優のジョニーは何も出来ず
当たらず触らず、様子を見守るしかありません。
するとサミーの要求は、自分を再び有名にすること。
ルーシーはDirtNowでのサミーの表紙と巻頭インタビューを約束します。
ルーシーはサミーの話を聞き、ドンは写真を撮り始めますが・・・

前のチアリーダー殺人事件でも感じたことだけど
「Dirt」って扱うネタがゴシップの域を超えてしまうとお粗末過ぎてダメ。
ツッコミ要素だらけです。
だから短命に終わったのかな?
編集部で人質立てこもり事件は興味深いネタだけど
マスコミが外でテレビ中継してるってことは
編集部の誰かが911して、実態を伝えてるわけですよね。
サミーの単独犯だって事もわかってる。
プロのテロリストじゃあるまいし、
ただ爆弾を巻いてるから警察が手を出せないっていうのがまず納得できず。
編集部の人たちは警察じゃありませんから
ペンの力でしかサミーに立ち向かえないけど
何故警察がサミーの説得に来ないのかな?
The Kill Pointのような濃厚な人質立てこもり物を観ているだけに
何もしない警察なんてありえない!とただ呆れるばかりです。
ホントにクライムドラマの観過ぎだと自分でも思うけど
つい警察の味方をしたくなるので。
そしていつの間にか銃弾に倒れてしまった
ルーシーのアシスタント君が気の毒すぎます。
彼の人生だってあるのに、こんなに呆気ないんですか?
そしてサミーが投降するのに相当時間かかってたよね。
雑誌の原本が出来上がってたもん。
でもなぜみんな逃げる事を考えないのかな。
これだけ長期戦になれば隙だってあるでしょうが。

Vincent Galloがドラマにゲスト出演。
怪演ぶりを十分に発揮してくれたのは観応えありました。
そして秘密の情事をお掃除おばさんに見られちゃったウィラとバーロウ。
おばさんの容赦ないツッコミが心地よかったです。
ジュリアが帰宅し、彼女を守り続けると約束したホルトだけど
ルーシーの安否が気になってテレビに釘付け。
彼の今の心境でうまくやっていけるのかな?

要所要所は楽しめたけど
もう警察がらみのネタは勘弁してくれ・・・というのが本音かな?

Everwood S2-#1 「夏の終わりに」

ついに念願のS2がスタート。
S1はBS-iで観ていたので、ファイナルエピを観たのが2年前の3月でした。
こんなにブランクができちゃってたんだね。
S2をいつオンエアしてくれるのか、BS-iでは望み薄で
そのうちスパドラに移ってS1が再度オンエア。
今度こそなんとかS2を!と願っていてようやく希望が叶いました。
すでに本国ではS4でファイナルを迎え
エイミーはB&Sでレベッカとなってグレードアップしてるけど。

オープニングは夏の終わりの日のプール。
そこにはライフガードのコリンの姿が見えますが
それはエイミーの幻想でした。
コリンは手術の後目を覚ます事がなく、逝ってしまったのでした。
それから季節は変わったものの、
アンドリューはコリンを死なせてしまった張本人と思われ
町の人たちは冷たく当たります。
診療所には患者が来ないし
デリアはお友達のママに歓迎されません。
そしてアンドリューは引きこもり状態に。

コリンの母が新学年が始まる前に学校で追悼式を行うことにしたが
まだコリンの部屋に入れないので
エイミーに追悼式で使う写真を選んで欲しいと頼みます。
レイニーからコリンのPCを預かったエイミーは
PCに残された画像を探しているうちに
コリンがアンドリューに宛てて書いた
延命拒否を希望する手紙を見つけてしまいます。
エイミーはコリンが内緒でこんなことをしていたと怒って
コリンの両親に話しに行きますが
両親はコリンがアンドリューに延命拒否を頼んでいた事を知っていました。
何故アンドリューはコリンを生かしてくれなかったの?
エイミーの怒りはアンドリューにぶつけられます。

レストランでアンドリューに怒りをぶつけたエイミーを見ていたエフラムは
その後アンドリューに真相を聞き出します。
アンドリューは患者の守秘義務があるからと言うものの
エフラムはアンドリューがEverwoodに越してきた頃に戻ってしまったと指摘。
僕は聴く耳を持っていると言うと
ようやくアンドリューは、自分がコリンの希望を聞き入れたことを説明します。
2度目の手術で命を助ける事ができたかもしれないけど
それには大きなリスクが伴い、
コリンは意識が戻らず植物人間状態かもしれない。
本人が延命を決断しないなら、家族が決断することになったのかもしれない。
だからアンドリューはコリンの希望に沿ったのでした。

追悼式でエイミーがコリンの思い出を語った後
アンドリューは自分の行いについて語り
コリンに追悼の辞を捧げました。
まだエイミーにはなかなか納得いかないかもしれないけれど
アンドリューは肩の荷が下りたのでは?
町の人たちも心を開いてくれるようになりました。

プールの片づけをしていて、エフラムはエイミーに話します。
悲しみは時が解決してくれると言われても、実際には違うってことを。
母を失くしたエフラムの気持ちをそのままエイミーに伝えたのですが
エイミーはまだアンドリューを許せずにいます。
そして二人の関係は「お友達」だと。

こうしてS2が始まったわけですが
エイミーとエフラムがまたどこかで心を通わせてくれるよね。
このままでは辛いです。
アンドリューとアボットのオヤジの絆は堅そうで
ちょっと安心しましたが。

今回のコリンの死が、なんだかネイトの死とかぶってしまって。
コリンの方が状態が重かったし
快復時もヒヤヒヤさせられていたし
まさに覚悟を決めての2度目の手術でした。
一方ネイトはすっかり元気になって病気を忘れていたときに
まさかの再発。
手術も成功したのにあっさり逝ってしまって
一体どうして?って感じでしたが
彼がブレンダやマギーやデイヴィッドに語った事は
やはり覚悟が決まってたんじゃないかなと思えてしまいます。
それにしても不幸のタイミングがよすぎでしたね・・・


GSG-9 S2-#1 「祖国への復讐」その2

すっかりコニーを堪能。
しかも萌え要素たっぷりで。
というわけでこの先は妄想の世界へ潜入させていただきます。
興味のある方はどうぞ!

続きを読む

GSG-9 S2-#1 「祖国への復讐」

第1話は無料放送で視聴。
おかげさまで画面上にやたらとテロップが(泣)
コニー写真館もWOWOWの宣伝だらけですが
今回はこのままアップしちゃいます。
保存版は火曜日に再録画の予定。

いきなりヘリコプターからドイツのジャングル(笑)の川辺に降り立つ
チーム50のメンバーたち。
川岸では旧ソ連の核爆弾が埋まっていて、掘り出し作業を行っていた男女がいました。
チーム50は彼らを捕まえるのが目的でしたが
川でのゴムボートチェイスで、ボートが転覆し取り逃がしてしまいます。
gsg2-1-1.jpg
いきなりもじもじ君のコニー。怪しすぎ・・・

そしてオープニングタイトル。
テーマ音楽、すっかり変わっちゃいました。
まだコニーがいるのでフレディがいない?
いずれ取り替えられてしまうのでしょうか。
WOWOWも番宣にコニーバージョンとフレディーバージョンの
2種類を使ってますからね。
というわけで貴重な?コニーバージョンです。
gsg2title3.jpg

gsg2title1.jpg

犯人は不発弾を爆発させるためにプルトニウムを使用するだろうってことになり
プルトニウムの取り引き現場を突き止め(何故クラブなんだい?)
チーム50はクラブに潜入します。
今度はもじもじ君じゃ怪しすぎるので普通のジャケット姿。
gsg2-1-5.jpg
やっぱりコニーってこういうファッションが絵になる♪
戦闘服着てなくていいよ・・・(苦笑)
gsg2-1-4.jpg
こちらはその前の作戦会議中の真剣な表情。
おっかないです。

しかしチーム50が取り引き現場に突入し銃撃戦になったとき
弾がプルトニウムに当たって爆発。犯人の女性が被爆してしまいます。
彼女は病室でペトラに宣戦布告。
彼女の父親はアメリカ軍の司令官で、彼女もイラクやアフガニスタンで戦ってきました。
しかし多くの犠牲者を出した今
アメリカはイラクから兵を撤退すべきだと訴え
ちょうどアメリカ大統領が訪独するので
大統領に要求を突きつけ、彼が認めないとベルリンを爆破すると言い出します。
GSG-9にはCIAの捜査官が訪れ(なんだか胡散臭かった)
彼女の父親の司令官を捜索しますが、彼は娘と一緒に被爆して逃げた一人でした。
そしてよくよく調べていくと、司令官は自分の息子たちが戦場で殺された事が許せなかった。
それで大統領に復讐したいようですが・・・

そんなアメリカの軍人っているのかな?
ドイツが作るとアメリカ人が悪者になるのはわかるけど
なんだか展開が無理すぎ・・・に思えましたが、まあいいとして。
不発弾は解体中のビルに隠されているだろうという事になり
チーム50は探しに行きます。
gsg2-1-8.jpg
コンクリートの中に埋まっているのはわかったけど
掘り出したら中身が空っぽ。
じゃあ爆弾はどこへ持っていっちゃったんでしょう。
GSG-9の各チームは分かれて探しに行きますが
司令官の娘の映っている教会の写真がヒントになり
チーム50は教会に潜入します。

というわけで再び戦闘服を脱いでジャケット着用。素晴らしい♪
gsg2-1-10.jpg
メンバーが教会に入ると、司令官が牧師を人質にとって銃を突きつけます。
gsg2-1-12.jpg
牧師に当たらずに司令官をしとめるのは至難の業。
でもアンホフが「撃て」の命令を出したので
デミアの弾が牧師に当たったものの、司令官を狙撃できました。
落ち込むデミアをコニーが慰めます。
gsg2-1-17.jpg

事件は無事解決。被爆をした娘は死んでしまいましたが。
離婚手続き中のゲープとマヤは別居生活を送っているようですが
マヤが仕事の面接を受け、決まった先がGSG-9での事務仕事(翻訳課?)
今度は同僚として顔を合わせることになるようだけど
それって平気なのかな?
そしていつの間にか姿を消してしまったカスパー。
アメリカドラマなら、キャストの入れ替わりに対しちらっと話題にしてくれるのに
何のリアクションもないのが悲しすぎます。
爆弾を見つけてもカスパーがいないと処理が出来ないので
他の専門家オヤジを呼ばなきゃならないし。
カスパーは貴重な存在だったんだけどな!

ところで司令官を捕らえた後、コニーの携帯が鳴り出します。
gsg2-1-13.jpg
これじゃWOWOWの契約をしてるみたいですが(笑)
任務終了後コニーは単独でおでかけ。
gsg2-1-21.jpg

gsg2-1-22.jpg
車を降りる姿もまた美しく・・・どうしてこんなに絵になってしまうんでしょ。
コニーは後ろに停まっているハゲオヤジと密会。
gsg2-1-23.jpg
偽造パスポートをいくつか受け取りました。
ロシア人にも化けるようですが、その気になれば見えるかな?
こうしてすでにコニー失踪の伏線が張られてる?
嫌な予感です。

今回は最後のあがき?
とにかくコニー出血大サービスで楽しませてもらいました。
萌え要素もたっぷりで。
ということで次はコニー妄想の世界に浸らせてもらいます。