INDEX    RSS    ADMIN

Medium S4-#3 「想い出のパリ」

アリソンの夢は夫婦が新婚旅行で訪れたパリのホテルへ再び滞在。
でもBGMが10ccのI'm not in Loveってことは
どうも穏やかじゃない様子です。
するといきなり妻が夫の手の甲にワインオープナーをグサリ!
そりゃ痛いよ!!

そこでアリソンは目覚めました。
今日はジョーの会社面接の日。
ジョーの技量を生かせる職場はフェニックスには3箇所しかないそうで
そのうちの一つにジョーは面接に行く事になりました。
社長直々の面接ではなかなかいい感触を得て
さらに社長は今夜のチャリティーパーティーに夫婦そろって出席するようにと
ジョーを誘ってくれます。
どうやら社長の妻がアリソンに興味があるらしい。
アリソンは自分が見世物みたいになるのがちょっと憂鬱でしたが
ジョーにとっては大事なことですから、一緒にパーティーに出席します。
するとそこで出くわしたのが夢に出てきた奥さん。
なんと社長の娘のメリッサだったのです。
しかもメリッサはもうすぐ結婚するそうで!
でもメリッサのフィアンセは別人。
どうやらアリソンの観た夢はメリッサと最初の夫との間にあった
過去の事だったようです。

ところが翌日メリッサは「結婚を考え直したい」と両親にメッセージを残して失踪。
アリソンはメリッサが連れ去られる夢を観てしまったので
メリッサが事件に巻き込まれているのではと両親に連絡すると
今度はフィアンセのところにメリッサが無事を告げる連絡をしてきたので
アリソンの心配は徒労に終わりました。

でもメリッサがどこへ行ったのか知りたくて
アリソンは元夫のケントを訪ねます。
ケントの仕事はジオラマ製作。
職場のケントは両手に手袋をはめてるのが仕事柄とはいえちょっと怪しげです。
今度はアリソンはメリッサが監禁場所で
今起きているニュースを見ているのを夢見てしまったので
もしやと思ってもう一度ケントに
メリッサとケントは新婚旅行にどこのホテルへ泊まったかを聞き出すと
ケントはホテル名を言うけれど、もうそのホテルは取り壊されたと伝えます。
そのとき手袋を取ったケントの右手の甲に、絆創膏が張り付いてました。

これは現在進行中の事件なんだ!
ジオラマ職人のケントは、本物のそっくりなパリのホテルの一室をつくり
そこにメリッサを監禁したのでした。
部屋は職場のスタジオの中。
しかし夢のお告げだけで警察が踏み込むわけに行きません。
アリソンがスキャンロンに相談に行くと
火事のように警報が鳴れば当然警察が内部に入れるとこっそりアドバイス。
こうしてスキャンロンの助けを得て、アリソンはメリッサを救うことができました。
ケントはメリッサの再婚に嫉妬して犯行に及んだってことでしょうか。

アリソンが娘の命を救ったので
当然夫のジョーは会社に雇ってもらえるはず
だと思ったら社長は娘とすごす時間を大切にしたいと言い出し
突如会社を売却してしまいました。
それもジョーをクビにした会社に!最悪です。
ジョーの就活は振り出しに戻ってしまいました。
でもなんだか明るいジョーとアリソン、めでたしめでたし!

今回の犯人のケントはいろいろなドラマで怪しげな役を演じてますが
さっさと打ちきりドラマの「D.C.」の中心的存在で
Peinkiller JaneのジェーンやRescue Meのフランコと共演してました。
今考えるとなかなか豪華キャストだったんですが
すぐに打ち切られてしまったから絶対日の目を見ませんね。
それなりに面白いドラマだったんですけど。


スポンサーサイト

Milk

これはHPのJosh Brolonコーナーにアップした内容なので
ネタバレ満載&Joshのことしか書いていませんがこちらにもアップします。

Gus Van Sant監督、Sean Penn主演のヒューマンドラマ。本作は第81アカデミー賞主演男優賞と最優秀脚本賞を受賞する。
ハーヴェイ・ミルクは20歳年下の恋人スコットと共にニューヨークからサンフランシスコに移り住み、同性愛者が多く集まるカストロ地区に「カストロ・カメラ」をオープンする。ミルクはやがて商工会を結成するなど地域の中心的存在になり、ゲイコミュニティーをまとめさらに彼らの支持を得ていく。
1973年、ミルクはサンフランシスコ市の市制執行委員に立候補、全ての人々の権利と機会の平等を訴えるが落選を繰り返す。だが徐々に支持者が増え4回目の立候補で当選、ミルクに好意的なモスコーニ市長の下で市制執行委員となった。
1978年ミルクは公共福祉政策に力を注いぎ、フロリダでゲイ差別禁止条例撤廃を推進したアニタ・ブライアントの運動に激しく抗議し、サンフランシスコ市でゲイ人権保護条例を成立させる。続いてカリフォルニア州議会議員ジョン・ブリックスが公立学校に勤務する同性愛者の教師や彼らの人権を擁護しようとする者を解雇する提案6号を住民投票に掛けようとしたために、反対運動を行い否決させた。だが11月27日、折から対立しあっていた市制執行委員のダン・ホワイトが銃を隠し持って市庁舎に入り、モスコーニ市長とミルクを相次いで射殺した。

Joshの役はサンフランシスコ市制執行委員のダン・ホワイト。敬虔なカトリック教徒であるダンはベトナム戦争に従軍後、警察、消防などに従事しミルクと同時に市制執行委員になります。マイノリティ支援に力を入れるミルクに反発するものの、最初は手を組もうとしてミルクに近づきますが、病院建設に関する案件でミルクがダンを裏切る結果となり、続いてゲイ人権保護条例がダン以外の委員の賛成で可決されます。
ダンは委員の給料が安いという理由で辞職願いを出すもののすぐに辞意を撤回、だが市長に認めてもらえませんでした。ミルクが熱い演説を繰り返し支持者を集めていく中で、弱い立場に立たされたダンは銃を持ってこっそり市庁舎に忍び込み、まず市長室に入って市長を撃った後、ミルクに声を掛けて二人きりになるとすかさずミルクを撃ち殺します。

常にマイノリティの立場から前向きに戦っていくミルクと対照的なダン。最初はミルクとうまくやっていこうとする意欲も見せていますが、ミルクに見捨てられる形になり、精神的にもかなり参っていたようです。イライラしてキレることもたびたび。これも穏やかなミルクと正反対です。ミルクの誕生パーティーに酔っ払って乱入しかけたダンは彼自身いろいろ悩みを抱えていたようですが、理解してくれる仲間もなく、やがて市長とミルクを暗殺する計画を企てます。映画ではダンがミルクを撃ったシーンで終わっていますが、ダンは犯行時ジャンクフードの食べすぎで心神耗弱だったと弁護側が訴え、故殺扱いとなり刑期も5年で仮釈放、しかしその年に自殺したそうです。
Joshのいかにも70年代風のぺったりしたヘアスタイルが、本人にそっくりだったのはエンディングシーンで本人の写真が出てきたときに納得しました。出演場面はそれほど多くありませんが、ミルクの背後で揺れ動く姿を巧みに演じ、殺人犯でありながらびくつく弱々しい男になりきったたJoshの、今までの悪役とは一味違った新たな一面を見ることができました。Joshは本作でアカデミー賞助演男優賞にノミネート。惜しくも受賞を逃しましたが、知名度アップにつながったことは確かです。

というわけでMilk。
素晴らしい映画でした。
何度も涙しました。
Sean Pennの存在感がすごかった。
本当にハーヴェイ・ミルクになりきってたんだと思います。
ゲイである事を公認した最初の政治家ミルク。
常にマイノリティの立場に立って
希望を持って進むことの大切さを教えてくれました。
そして彼を支持する仲間たちの温かさも素晴らしかった。
恋人のスコット(James Francoがかっこよかった!)は
いつまでも選挙運動を続けるミルクを見捨てて家を出てしまいますが
ミルクから離れても、ずっと彼を支持し続けてきたんですね。
そんな愛にまたしみじみし・・・

サンフランシスコへ行ったとき、カストロ通りを歩きました。
通りにはレインボーフラッグが掛けられ
普通の店とゲイの人たちのための店と、両方あったかな。
歩いたときはさほど人通りもなく、落ち着いていたのですが
ミルクと彼を支援した虐げられてきた人々の闘いが、ここで繰り広げられていたんですね。

今回ダンは悪役ですが
彼もどこか壊れていたのかなって思いました。
支えてくれる仲間もいなそうだったし。
しかし市長とミルクを真正面から撃ち殺しても故殺扱いだなんて
やはりまだまだマイノリティには厳しい時代だったのは確かです。

ミネソタの車椅子の少年が自殺したいとミルクに電話を掛けてくるシーンで
夕べ観たCriminal Mindsを思い出してしまいました。
ゲイは病気じゃないんだ、だから治すなんてとんでもない。
そうミルクが語りかけてくれればよかったのに・・・

「ハーヴェイ・ミルク」というドキュメンタリー映画があるのは知っていましたが
まだ未見のまま。
今度はこの作品が観たいと思ったら、新たにデラックス版としてDVDリリースされるようですね。
もっとミルクについて学んで、彼の遺志を継いでいきたいと思います。

Criminal Minds S4-#17 「灼熱の街」

ほっさん、死んだふりしてる場合じゃないでしょ!

マイアミで旅行者の男性が相次いで首を絞めらて殺されています。
遺体が残されていた場所は様々。
でもみな一人旅の体格のいい男性で、後ろからチョークホールドで
首を絞められいるようです。

マイアミと言えばホレイショですが、今は事情により死んだふり中(笑)
デクスターも悪は憎んでくれますが、
これから自分の身に降りかかる災難と戦わなければならないし
マイアミ市警にはどうやら連続殺人事件に向き合う余裕がなさそうです。
だからNYPDから助っ人クルスとフィニーが駆けつけました(爆!)

というわけでまたもやTWな人たちが登場。
どこまでCMとTWは癒着してるのでしょう。
クルスはロペス刑事。
マイアミの強い日差しが似合っています。
声が冬馬さんだったのが嬉しいですね。
でもクルスはずいぶん良識ある刑事になってしまったようで
ちょっと驚きでした。
カルロスと並ぶTWのいい人キャラですね。どうして??
TW以降は怪しげなキャラしか観てなかったのに。
唯一犯人をYMCAで発見したとき、BAUが到着する前に乗り込もうとしたのは
クルスなら当然!だと思いましたよ。
モーガンもそれなりに納得、あとでフォローしてました。
ついでにモーガンとクルス、なかなかいい感じでした。
クルスは人の名前を覚えるのが苦手だそうで
リード君のことはガリガリ坊や扱いでしたが
モーガンは最初から「デレク」って呼んでたし!
こちらでも遠距離恋愛スタートですか?
でも相手はクルスだから気をつけてね(笑)

そしてニューオーリンズの事件で姿を見せた息子刑事ラモンテーンとしてフィニーが再登場。
フィニーはその後Dirtのお疲れスターホルトの印象が強くて
特に口から蛆虫吐き出してるシーンが強烈過ぎたので
またいつでも虫を吐いちゃいそうな気がするんですが(笑)
JJと極秘長距離恋愛中でしたか。
仕事の場で再会したわけなんですが、JJのよそよそしい態度に
フィニーはいらっとしています。
JJはBAUの人たちの前にプライベートをさらしたくないとかぐちゃぐちゃ言い訳
フィニーもまた相変わらず煮え切らない態度で
そのまんまホルトだよね。
Josh Stewartっていつもこういうキャラなんでしょうか。
フィニーはニューオーリンズでのパートナー刑事が事件に巻き込まれ
身元確認に来たわけなんですけど
大切な相棒の隠された秘密を知り、なんで打ち明けてくれなかったんだと嘆いていました。
そしてJJが切り出した別れ話に嫌々納得?
と思ったら実はJJは恋愛で傷つく事が怖くって。
プレンティスの後押しもあって前言撤回。
フィニーとめでたくBAUの公認カップルになったのでした。
もちろんBAUな人たちはJJの秘密を知ってたけどね。
なんせ優秀なプロファイラーたちですから。

マイアミの暑さってクアンティコの人たちには相当堪えるみたい。
みなさんげんなりしていました。
あの中で汗をかくこともなく決めポーズが取れるほっさんって
やっぱりどこか超越した存在なんですかね。
今回、事件現場の一つとして出てきたのがマイアミのゲイバー。
ここにカリスマゲイが出没しているようですが
クリスチャン・トロイならご存知かも(笑)
マイアミはどんどん余計な想像が膨らみます。

事件の容疑者スティーブンはは最初被害者扱いされていた
旅行中の失踪者リストに挙げられていた一人で
自分がゲイだとわかっていながら
刑務所の看守をしている父親にゲイであることを完全否定され
痛めつけられてきていた男でした。
スティーブンはラモンティーンの相棒を殺した後刑事に成りすまし
ゲイバーで見つけた次の男を誘惑して殺し
今度はヒッチハイクをしている男を見つけて殺して
ヒッチハイカーに成りすまし・・・
でYMCAで見つかったときは「ぼくは何もしていない」と叫んでいました。
モーガンが体を張って説得してくれたからよかったけど。
父がスティーブンをきちんと理解していたら、こんな悲劇は起きなかったのかも。
確かに刑務所はいろいろありますけど
ゲイであることと所内のレイプはまた別物でしょ。
OZでの学びが足りないです(笑)

ガルシアとリンチの恋愛も順調に進行中。
そろそろリード君にもめでたいお話はないですか?
そしてホッチの表情は相変わらず暗いままな気がします。

Whthout a Trace S4-#19 「新たな命」

失踪者を追え!

☆失踪者  メーガン・サリヴァン 30歳 グラフィックデザイナー。出産予定日があと2週間に迫っていたが、病院で検査を受けた後次の検査の予約を取ると言ってオハイオへ出張に行く夫のブライアンと別れた後失踪。院内に落とした薬からHIVポジティブであることがわかる。
オハイオから戻ってきたブライアンは、メーガンが検査に行くのを渋っていたと話す。メーガンは前回血液検査技師に、HIVポジティブであることで嫌味を言われていた。メーガンがHIVポジティブだとわかったのは1年前で、以前付き合っていた男から移されたとのことだった。ブライアンはネガティブだ。
メーガンの母のキャスリンは、ブライアンが浮気していた事をほのめかす。二人が実家にベビー用品を取りに来た時も口論している様子だった。ブライアンは浮気の件に関してはもう終わったことだし、自分は償おうとしている。子供を産むのはメーガンの願いで、メーガンは生きる希望を欲しがっていたと説明した。

ブライアンの浮気の相手は職場の同僚のジェーンだった。メーガンが失踪したころ、ジェーンの車が病院の駐車場から出て行ったのが監視カメラに映っていた。ジェーンは書類を渡すためにブライアンと会う約束をしており、車を病院の駐車場に止めたと説明する。するとメーガンが電話口で怒鳴っているのが聴こえた。ジェーンはメーガンに会ったので、とにかく浮気の事を謝った。そして結局ブライアンには会わなかった。
メーガンが電話で怒鳴っていた相手はジャスティンで、メーガンは3日前突如ジャスティンの前に現れ、彼の車のフロントガラスを割って暴れた。メーガンは自分にHIVを移したジャスティンが、また他の女性にHIVを移したことに対して怒りをぶつけたのだった。
ブライアン、ジェーン、ジャスティンともメーガンの失踪時刻にはアリバイがあった。産婦人科医に話を聞くと、メーガンは首の腫れを診断してもらうとリンパ腫が見つかった。これはエイズが発症したということだった。エイズになっても帝王切開で赤ちゃんは無事に出産できるし、出産後に治療を始められると産婦人科医はメーガンを励ましたが、メーガンは最悪の場合の余命を聞いてきたので半年だと答えていた。
帰宅したメーガンは突然スクラップ帳を作り出した。ブライアンが見ていると、メーガンは幼いころの自分と家族の写真を貼り込んでいた。その中に6歳で亡くなった父親や、突如家を出てしまいもう20年会っていない姉リンダの姿があった。

★メーガンはリンダに会いに行ったのではと思われた。薬局でリンダが薬を買ってやったことがわかり、まもなくリンダと連絡が取れる。リンダはメーガンを家に帰るようにバスに乗せていた。
メーガンはリンダに病気のことを話し、赤ちゃんに自分のことを知ってほしいと思いを伝えた。リンダは家を出た後メーガン宛に手紙を書いていたが、キャスリンがメーガンに渡していなかった。リンダはメーガンに、父は死んだのではなく家を出て秘書の愛人と姿を消した事。それをキャスリンは嘘をついてごまかしていたが、リンダには耐えられず家を出たことなどを打ち明けた。父はハートフォードの介護施設に入院していた。
メーガンはハートフォードの施設へ父に会いに行った。父は会話ができなかったが、メーガンの話にうなずいていたようだった。その後911にメーガンから出産が始まりそうで助けて欲しいと電話が入るが、電話は切れてしまって所在がわからない。サムとマーティンはキャスリンを訪ね、メーガンを捜すがすでにそこにはいなかった。メーガンは父親の秘密について聴いてきた挙句ブライアンの事で口論になり、ママは許せないといって家を出ていった。メーガンが乗っていった車種が判ったため捜索すると、車の中で苦しんでいるメーガンが見つかる。マーティンが運転を代わってメーガンを病院へ届け、メーガンは無事に女の子を出産した。

すっかり元気になったマーティンを追え!

☆マーティンはダニーに紹介されたワークショップに出席し、そこでダニーをよく知っている人に会ったと喜んでいました。その人はマーティンの後見人になってくれると言ってくれたそうで頼もしい限りです。頭がすっきりしたマーティンは捜査のフットワークも軽く、サムとのコンビも元に戻ってきました。苦しむメーガンを無事に発見し病院に送ることができたのはよかったです。女の子の名前にサム・スペード・サリヴァンはどうだ?なんてマーティンとジャックがサムをからかっていましたが、チームワークもすっかり元に戻ったようです。

マーティンはあっという間に回復したようだし(本当はここからが大変)
失踪していた母親は無事に見つかり、出産もすんで
めでたしめでたしなんですが・・・これってかなり人騒がせ?

メーガンがHIVポジティブからエイズへ病状が進行したために
出産しても赤ちゃんが育てられるか不安になるのはわかります。
でも病院での診察後突如失踪しなくてもいいよね。
HIVポジティブの元彼からの電話は確かにタイミングが悪かった。
しかしブライアンとの関係が悪化しているわけでもないし
浮気の事は問題ありだけど、今はブライアンがメーガンを気遣ってるじゃないですか。
なのに突如姉に連絡を取りたくなったり
そこで父の秘密を知ったら今度は父に会いたくなったり
そして次は秘密を作った母に文句を言いたくなり・・・
でも臨月近い妊婦さんだし、病気なんだからそんなに焦らなくても。
少なくてもブライアンに電話の一本入れたらどうでしょう。
それだけでブライアンは落ち着くし、FBIがこんなに大騒ぎする必要もなくなるはず。
実は家庭内の問題でFBIを呼んでいいのかな?と素朴な疑問を感じました。
ともあれ連絡は密に取る事が大事。隠し事もいけませんよ!

Law&Order SVU S4-#18 「Mercy」

ハドソン川にクーラーボックスが投げ捨てられ、中に生後一ヶ月の女児の遺体が毛布に包まれて入っていた。検死の結果、女児の体内から母親の母乳と共に抗うつ剤が検出される。遺体が投げ捨てられた場所はハドソン大学の近くと推定されたので、SVUはハドソン大学の学生を中心に聞き込みを始める。
ハドソン大学では学生ボランティアが妊娠テストを行っていた。SVUは妊娠テストを受けていながら出生届を出していない女性を中心に事情聴取を行い、パリに留学していたエレン・スワンソンが、一時帰国したとき妊娠テストを受けていたことをつかみ、彼女の自宅を捜索すると事件に関わると思われる証拠品が次々に出てきた。
エレンは妊娠したのは15歳の妹のパティで、自分のIDを使って検査を受けさせたことを認める。父親はパティの元BFで、彼女の妊娠を知らなかった。パティが学校から姿を消したためベンソンとステーブラーが捜し、公園でパティを保護する。パティは自分の赤ちゃんを殺したと告白するが、彼女は中絶手術を受けてきたところだった。
検死官のメリンダが女児の目に赤い斑点があったことを報告。女児はテイサックス病にかかっており、5年以内に死ぬことがわかった。テイサックス病はユダヤ人に発症する事が多い。テイサックス病の支援団体を運営しているラビは、ステーブラーの要請に応じ、患者を診察している小児科医のプラットナーのことを話す。プラットナーは最近アンドレアとダニエルの娘のサラ・ブラウンが肺炎で死んだという死亡報告書を書いていた。
アンドレアとダニエルはサラの葬儀を終えたばかりだった。自宅に事情聴取に来たベンソンは、トイレで抗うつ剤の瓶を見つける。続いてサラの墓を掘り起こす許可を取って調べると、案の定棺は空っぽだった。
プラットナーはアンドレアの父親の死後、アンドレアを父親代わりになって育ててきた。だからサラの病気がわかったとき、アンドレアの苦痛を軽減するために薬を処方した事を認める。だが法廷でプラットナーは病気の進行についてアンドレアに説明はしたものの、安楽死は勧めていないと主張する。
アンドレアはダニエルの出張中、サラに薬を砕いてミルクと一緒に飲ませ、死んだサラを川に投げ捨てた事を自供する。するとアレックスはサラを安楽死させるために何故ダニエルが関わらなかったのかを細かく追求する。アンドレアはパニックを起こしたからと言い逃れる。
その後プラットナーが司法取引を申し出てくる。ユダヤ人に多いテイサックス病だが、ダニエルは元カトリック教徒だ。ダニエルにDNAの提出を申し出ると、ダニエルはサラは自分の子ではないと言い始めた、サラはアンドレアの浮気相手のケラーマンの子供だった。ケラーマンはアンドレアの妊娠を知らなかった。
弁護側が安楽死を主張するのに対し、アレックスは不倫隠蔽のための殺人を主張。アンドレアには有罪の判決が下る。

ハドソン川に捨てられた生後1ヶ月の女児の母親は誰か。SVUの捜査が始まります。遺体は虐待の跡もなく毛布に包まれていたので、学生が育てられずに遺棄したのではと考え、まずハドソン大学を捜査。しかし学生のプライバシーに立ち入らねばならず、捜査は難航します。
容疑者として浮かんだエレン・スワンソンは実は妊娠しておらず、検査を受けたのは15歳の妹パティでした。二人の父親はとても厳しく、パティの妊娠を許してくれるわけがありません。行方がわからなくなっていたパティが保護され、中絶してきた事を自白すると、父親は激しく叱責します。ステーブラーがなだめようとすると今度はステーブラーを脅してきたので、ステーブラーは父親が妻へのDVで何度も捕まっている事を持ち出し対抗していました。
捜査が振り出しに戻ったところで、女児がテイサックス病にかかっていることがわかります。テイサックス病は脳に脂質が溜まっていき、さまざまな障害が出てくる病気で、5年程度しか生きられないと言われています。もしかしたら母親は安楽死を望んだのかもしれないと、今度はテイサックス病を支援する団体に情報を得て、女児は小児科医プラットナーが診察していたサラ・ブラウンであることを突き止めます。
捜査の結果母親のアンドレアが抗うつ剤を飲ませて、遺体を川に投げ捨てたことが判明し、アンドレアも犯行を認めます。しかしあくまでも先が長くないサラが不憫で行ったこと。弁護側はサラの安楽死を認めるよう主張します。一方アレックスはサラの安楽死に夫のダニエルが絡んでいない事を不審がり、プラットナーが司法取引を持ち出したこともあってダニエルを追及すると、ダニエルはサラは自分の子ではないと自白し、アンドレアの浮気が暴露されます。浮気の相手はケラーマンで、ケラーマンはアンドレアの妊娠を知りませんでしたが、兄がテイサックス病で亡くなったことを認めます。
弁護側があくまでも安楽死を主張するのに対し、アレックスはアンドレアが将来サラに浮気の事実が知られることを恐れてサラを殺したと訴え、陪審員はアンドレアの有罪を認めます。裁判を傍聴していたマンチは自分が父親だったら何でもするかもしれないとつぶやいていました。
ドラマで見覚えのあるゲストが多数出演、アンドレアはLostのジュリエット役のElizabeth Mitchell。髪の色が違うのでちょっとイメージも違って見えました。プラットナーはNumb3rsのアラン・エプス役のJudd Hirsch。こちらは見た目もそのままです。そしてケラーマン役はノークレジットですがPrison BreakでもケラーマンのPaul Adelsteinが演じています。中絶せざるを得なかったパティ役のNathalie PauldingはThird WatchのS1の始めにドラッグ中毒で保護されたサニーを演じていました。

SVUも知ってる人が目白押しだったゲスト陣。
そしてなかなかみなさんいい味を出してました。
LOSTを見捨てちゃった私はジュリエットがどうしているかわからないのですが
彼女の存在がLOSTへの苦手意識をさらに高めてしまったので・・・
今回のアンドレアにもなんだか同情できない部分がありました。
そうしたら浮気してたなんて!
しかも相手がケラーマンですよ!!
Private Practiceで汚名挽回したと思いますが
やっぱりケラーマンの印象が強いPaul Adelstein。
迷惑度アップもいかにもケラーマンでした。
そしてエプス家のお父さん。
優しくて誠実そうな小児科のドクターがぴったりでした。
彼には悪意はないんだろうな。やっぱりジュリエットが悪いんだろうな。
他のドラマで先入観をもってはいけないんですが。

次回は大好きな「Pandora」
ステーブラー以外レギュラーキャストはほとんど出てこない異色なエピですが
OZファン必見です!
お楽しみに♪

CSI:NY S4-#16 「壁の向こう側」

その前にベガスに一言。
グリッソムとサラの婚約、おめでとうございます!
でこの先どうなるのかな?

さてNY。
ステラの住むアパートが火事。
ステラってプライベートで災難多すぎです。
ヘンな恋人射殺のあと引っ越した先のアパートで出火。
スプリンクラーが作動しなかったなんて、古いアパートは怖いです。
ステラはみんなを誘導して外へ避難。
お隣のボニーの息子のジェイソンが逃げ遅れていたので
部屋に入って助け出してあげました。

出火元らしい部屋から焼死体発見。
残された免許証にはショーン・ノーランと書かれていて
その顔写真がRon Melendezだったので
Ron君のファンとしては喜ぶよりショック!
いきなり黒焦げですか???
でも調べていくと焼死体は女性で
火事が起きる前から死んでいたようでした。
ショーンはボストンへ主張中。
というわけで無事に生きてるRonを観る事ができました。
昔はイケメン坊やだったんですけどね。
最近はGeneral Hospitalに出てるくらいで
GAに一瞬登場のシーンは無理矢理その部分だけチェックしました♪
今回も結局ドンちゃんに取り調べられて、アリバイを述べるだけでおしまい。
それでも姿を観られたからよしとするか。
Ron君は見た目が変わらず、そのままオヤジ化が進んでる気がします。
まあオヤジなんだから仕方ないけど。

ron.jpg
これが若いころのRon君です。

結局放火したのはボニーの家にいた子どもたち。
実はボニーは誘拐犯で、ジェイソンは2年前に誘拐され
家に連れて来られていたのでした。
モルタルの壁に必死に穴を開け、隣のステラの家に「助けて」のメッセージを投げ込んだジェイソン。
でもステラはメッセージを見つけられず、お隣の子が覗いてると説教しちゃったのでした。
火事のおかげでメッセージが見つかり、ジェイソンに謝るステラ。
ボニーがステラに姪だと説明していたベイリーは、現在両親が必死に捜索しているところでした。
二人は火事になればお巡りさんが来てくれると思って火をつけたのでした。
とんでもない展開になってしまいましたが、誘拐事件が解決してよかった。

リンジーにつっけんどんな態度を取るダニー。
ルーベンの死の責任を負い続けているのはわかるとしても
母親のリッキーと寝ちゃうのってまずいでしょ。
しかも当然リンジーには内緒。
ドロドロになる前に何とかしようね。

Nip/Tuck S5-#1 「カーリー・サマーズ」

久しぶりのNip/Tuck。
今回からFOXlifeでの視聴となります。
本家から分家への移動は反則だと思うんですが、まあ仕方ないか。
そして邦題まで「ハリウッド整形外科医」に変わってしまいました。
シーズンが変わると邦題が変わってしまうっていうのも不思議ですが
とにかく舞台はハリウッドへ。

心機一転、ハリウッドで成功を収めようと立派なクリニックを建てたショーンとクリスチャン。
でもお客は全く現れません。
ハリウッドでは整形は当たり前。
そしてハリウッドで名を売るにはどんなセレブを整形したかが大事ってこと。
新参者に話が来るわけないんです。
仕方なく二人はバーで客探しをしますが見つからず
なんとか見つけたオバサンは整形には興味のない広告担当者で
二人にメディアを上手く利用しろとアドバイスしてくれました。

話の1つ目は人気医療ドラマの監修を務めること。
主人公エイダンの手術シーンにリアリティをもたせることが狙いですが
ドラマを観た二人はドクターが帽子をかぶらずに手術している事からツッコミはじめます。
これじゃ観てられないからとスタジオに乗り込む二人。
プロデューサーのフレディはエイダンにバカにされっぱなしですが
二人がマイアミで執刀した事例を話したらすぐに食いついてきて
二人は監修だけでなく出演模する条件で撮影現場に案内されました。
しかしエイダンの態度はデカイまま。
二人のアドバイスを無視し、帽子の件もファンは自分の髪を見たがっていると主張。
しかもクリスチャンの生え際の後退を指摘してきます。
クリスチャンは悔しがって生え際の増毛をショーンに依頼。
そしていよいよ撮影スタート。
クリスチャンは自慢げに自分のセリフを喋るけどかなり浮いてます。
むしろショーンの動きの方が自然でした。
新しいドクターが加わり、手術シーンもリアルになって視聴者は大喜び。
クリスチャンのシーンは見事にカットされてしまいましたが
ショーンは一躍有名人になります。
エイダンには感謝されるし、お客は集まってくるし
ショーンは大成功を収めたのでした。

2つ目は大物プロデューサーのボブがストレス解消にSMプレイに興じているうちに
皮膚に炎症を起こしてそれを隠すように依頼してきます。
ボブは治療後もどうしても我慢ができずお姉さまのダーク・ペインを病室に呼んでしまいます。
これではちっともよくなりません。
しかもダーク・ペインはショーンに迫ってきます。

3つ目はようやく訪れたハリウッド女優の整形。
エージェントおばさんが連れて来たカーリーは
5歳若く見せる手術が必要だと言われています。
でも本人はあまり手術を望んでいません。
クリスチャンはお得意のテクニックでまずカーリーを誘惑
ベッドを共にした後でおもむろに仕事モードに入って手術箇所を指摘します。
ようやくカーリーは手術を承諾しました。
契約の際手術の事を絶対口外してはならないという書類にサインさせられたクリスチャンですが
ショーンだけがもてはやされている事にムッとして
匿名の電話をマスコミに入れてしまいます。

マイアミとハリウッドはずいぶん状況が違う。
二人と共に呆気に取られていましたが
ハリウッドならではのドラマが展開していきそうで楽しみです。
そして出演ゲストが超豪華!
売れっ子俳優エイダンはKitchen Confidential(また再放送してますね)のジャックで
フレディはHuffのラッセル。
痛いのが好きな大物プロデューサーはこの間Boston Legalから姿を消したジェフリーで
痛めつけてたお姐さんはRelic Hunterのシドニー。
手術を決意した地味なハリウッド女優がMPのジョーでした。
これだけ知ってる人がぞろぞろ出てくると感動的です。
ついでにマットが声だけ出演してましたが、声だけだとエフラムにしか聴こえませんでした・・・

Everwood S3-#13 「完ぺきな1日」

エフラムのジュリアードオーディション用ディスクが出来上がったので
エフラムとエイミーは学校をサボって楽しい1日を過ごす事にします。
とりあえず遠出したけど、ここはNYじゃないからサボる場所がないし
でも学校に戻ったらつまらない。
エイミーはハンナを連れ出してきて3人でサボる事にします。
それならサボりの名人のブライトも連れてこなきゃ。
ハンナの名演技が効いて、ブライトもオフィスを上手く抜け出しました。
ハンナはブライトが職場の同僚とお付き合い中なのがかなり気になっています。

さて、何をすればいいのやら。
みんなでなんとなくまったり過ごしていると
ハンナの両親の話題になりました。
「まだ中国にいるんだよな。」「違うよ。香港だよ。」なんて男性陣が会話してると
本当は違うのとハンナが父の病気を語りだします。
父が弱っていく様子を見せたくなくて、私はニーナに預けられたの。
それを聴いたブライトがハンナを抱きしめます。
するとハンナはあわてて飛び出して、トイレにこもってしまいます。
きれいとはいえない公衆トイレなのに。
ハンナは自分が悲劇のヒロインみたいな手を使って
ブライトの同情を得た事を嫌悪していました。
ブライトが付き合ってる女性たちに肩を並べたい
そんな思いが行動に出てしまった?
でもハンナはそんな自分が許せません。

気まずい雰囲気になっちゃった?
でもまだ一日は終わっていません。
サボりの天才ブライトが思いついたのは夜の雪ゾリ遊び。
ハンナとブライトは一緒にソリに乗って思い切り楽しみました。
ハンナにとって今日は完璧な一日になったのでした。

アマンダが実家から戻ってきたので、朝空港へ迎えに行ったアンドリューは
そのまま自宅にアマンダを連れてきます。
その様子をニーナに見られ、それは不倫でしょとはっきり非難されてしまいました。
でもニーナも、ジェイクが泊まっていることをアンドリューに見られてしまいましたが。
確かにニーナの言うとおり。アンドリューはどこかに後ろめたさを感じています。
アマンダはアンドリューをカナダ旅行に誘いますが
アンドリューはまた一歩先に進むことに抵抗を感じています。
一方ニーナは落ち着かない様子をジェイクに見抜かれ
ジェイクはニーナが前に言ってた恋人がアンドリューの事だと察します。
でも心に引っ掛かった事があればその日のうちに解決した方がいいとジェイクが勧めたので、
ニーナはアンドリューのところへ謝りに行きます。
アンドリューはジュリアの死後あえて上手くいかない女性とばかり付き合ってると
ニーナに指摘されてアンドリューはあれこれ考えますが
結局アマンダとの関係を先へ進めていくことにしました。
でもまだ子供たちに話したわけではないし、アマンダはジョンの問題もあるし
気持ちの上では先に進みたくても、現実では厳しいのでは?

アンドリューが休みを取ったので
アボットは一人でのんびりと診療するつもりでしたが
診療所のドアを開けたら、水道管が凍って破裂していて中は水浸し。
どうにもならないのでアボットはジェイクの診療所へ行き
エドナに部屋を貸してくれと頼みます。
エドナはきっぱり断りますが、そこにジェイクが出てきてOKしてくれました。
ジェイクは先に帰宅。
そろそろ今日の診療を終わらせようかとアボットが思っていたら
食中毒にかかったと思われる子供たちが
次々に病院へ運ばれてきててんてこ舞い。
母と息子は協力し合ってちびっ子たちに対処していきました。
エドナの軍隊式トリアージも効果的だったし。
親子そろって仲良く仕事ができたのは本当に何十年ぶり?
患者たちが帰ってから、エドナは壁に隠されていた
夫の秘蔵ウイスキーを引っ張り出し、アボットと乾杯します。

5月のドラマ視聴計画

今回はJ:COM番組表がとても早く届きました。
GW対策でしょうか。
いつもこのくらいに届くと嬉しいんですけど、本当に月末ギリギリなんですよね。
番組表が届いたところで殺人的スケジュールの5月の視聴計画を立てたいと思います。

☆NHK-BS
Desperate Housewives S4

やっぱりデス妻面白いです。
新キャラのキャサリンが気になるし。
妻たちに比べてオヤジたちがやや地味ですが
これからパワーアップしてくれることを期待します。

☆BS朝日
Painkiller Jane S1
全くノーチェックでしたが、結構楽しめるSci-fiでした。
主人公のジェーンに共感できる部分があるし
脇を固めるオヤジたちがなかなかいい感じ。
結局ドラマはオヤジの存在で決まります。

☆WOWOW
CSI S8
CSI NY S4
Criminal Minds S3
Medium S4
Re:Genesis S4

これだけ観るのは本当に大変です・・・
でも面白いから頑張ります。
案の定さっさとPrivate Practiceはリタイアしました。
他のドラマに比べると緊張感がないんだもん。
Criminal Mindsのゴールが近いのが寂しいです。
NYも今月でおしまいなんですね。
5月9日はCSI×WATの二本立て。
WOWOWでWATを観られる素晴らしい体験をじっくり味わわせてもらいます。

☆BS11
Alarm for Cobra 11 S8
ついにドイツ語を喋るゼミルがいるCobra11が観られるようになりました。
相棒はヤン。凸凹コンビ健在です。
FOXMOVIEが映らないので悔しいと思っていたら、
BS11の方で見られるようになったのは本当にラッキー。
FOX11の時間帯なんですが、FOXの粋な計らいに感謝します。

☆AXN
The Shield S7

どんどん泥沼状態。
ロニーの壊れ具合をひたすら心配しています。

☆FOX
Law&Order CI S1 
Boston Legal S3
Journey Man
The Listener
(Ghost Whisperer S3)

本家がとんでもないことになってます!
CIはそろそろ終わりですが、他のドラマは絶好調。
しかも月末はGWが本家でスタートだし。
実はこっちで観るのは初めてなんですよね。
メリンダの化粧がさらに濃くなっていないか気がかりです。
「心を読む青い瞳」の救命士ドラマはいかがなものでしょうか?

☆FOX CRIME
Law&Order SVU S4
(Dexter S3)
(Spoocs S1)

Dexter一挙放送録画が物理的に無理なので
Dexterは本放送をのんびり待つことにします。
SpoocsはBS11でS4をオンエアしてますが、
2話連続できついので諦めました。
まずS1を観てこの先頑張れるか考えたいと思います。

☆FOX life
Entourage S3
Weeds S4
Nip/Tuck S5

どのドラマもじわじわと面白いlife。
N/Tが始まるとますます忙しいです。

☆Super!DramaTV 
Without a Trace S4
The West Wing S6
Everwood S3
The Wire S3
Gossip Girl S1
(Heroes S3)

こちらも消化不良を起こしかけてますが
面白いドラマが多いのでリタイアできません。
まさかGossip Girlを頑張れるなんて想定外だったし。
TWWはサントス議員の動向が気になるし
Everwoodはエイミーとエフラムの今後が気になるし
案外どうでもいいのがHeroesだったりして(汗)
万が一黄色信号でもヒロとアンドウ君の会話はチェックしますので♪

☆Sci-fi チャンネル
Blood Ties
First Wave S2

まったり楽しんでいます。

☆チャンネル銀河
Dr.Quinn,Medicine Woman S3

こちらもしみじみ視聴中。

☆LaLa TV
Robin Hood S2
ようやく始まるんですね。
今度は週1話ずつだから、落ち着いて観られそうです。

計26本+4本
どう考えてもムチャです。
どれがHDD保管状態になるんでしょう(汗)

Without a Trace S4-#18 「15歳の闘い」

失踪者を追え!

☆失踪者 ブランドン・パーカー 18歳。自転車便で働いていたが、自分の自転車を失くしてしまう。仕方なく走って届けると言い、封筒を持って外へ出たまま失踪。自転車は一緒に働いていたザックが盗み、そのまま車にぶつけて入院。ザックはブランドンの財布や携帯を奪っていた。ザックが自転車を盗んだことで、ブランドンとザックは争いになったが、そのときカマロに乗った男が現れブランドンと一緒に姿を消していた。ブランドンの免許証を調べると偽造されたものだった。
ヴィヴが本当のブランドンの母親のパーカー夫人に話を聞きにいくと、ブランドンの免許証に貼られた写真はマット・ジェイムソンだと答える。マットはブライアンらと一緒にバスケットをやっていたが、突如辞めていた。パーカー夫人は以前マットをパーティーに呼んだら、マットはハンバーグづくりを手伝ってくれた。だが手に怪我があったのを見て、パーカー夫人は何か事情があるのではと感じたと話す。

マットについて調べていくと、彼は実は15歳で、4歳のとき里親に預けられていた。だが里親には児童虐待の疑いが掛けられていた。その後家に帰るが父親は死亡、母親のネディーンはドラッグ中毒者だった。ネディーンの住所がわかりサムとマーティンがハーレムのアパートを訪ねると、中では女の子二人と小さな男の子が待っていた。年上のサラが、お母さんはここに住んでいない。マットが面倒を見てくれると説明する。アパートには管理人が来て3日以内に立ち退くように言われていた。ネディーンはもう何ヶ月も帰ってきていなかった。アパートには厳重に鍵が掛けられていたが、マットは自転車便だけでなく鍵屋でも働いていて、前にネディーンの恋人のラムジーが「ネディーンが俺のヤクを盗んだから金を出せ。」と怒鳴り込みに来た時怖かったので、鍵をしっかりつけたとのことだった。警察に知らせなかったのは、兄弟がバラバラになることを恐れてだった。マットはネディーンを捜すチラシを作り、近所に貼っていた。
マットが働いていた鍵屋の店主に話を聞くと、マットは真面目に働いていたが最近仕事にルーズになっていた。友達を連れてきて、彼が鍵を失くしたから作ってあげたいと言ってきたと話す。友達はカマロに乗っていた。マットは強盗を企てているのかもしれない。サムとマーティンはラムジーを捕らえ事情を聞きだそうとする。
カマロの男はケイシー・ミラーといい、マットと同じ里親に預けられていた。ミラーは家宅侵入罪で4年服役し、出所したところだった。

★マットが働く鍵屋で鍵を作った老女が撃たれ、若い男性二人が逃走したと連絡が入る。マットとミラーはスタテン島へ逃げていた。スタテン島にはネディーンの妹のマーガレットの家がある。マットはマーガレットの家に行き金を貸してもらおうとしたが、今は別人が住んでいて借りる事ができなかった。ネディーンが保護され、ヴィヴが事情聴取する。ネディーンは家を出てからマットと顔を合わせてなかった。
ミラーが警察に逮捕される。マットは妹たちを養うために必死で、どうしようもなく強盗に手を染めていた。ミラーが老女を撃ってしまったあと、マットは貸しがあるといって銃を持って立ち去った。
マットはラムジーに会いに行った。サム、ヴィヴ、ダニーがマットを追いかけ、ヴィヴが説得してマットを保護する。妹たちはマーガレットに引き取ってもらえる事になった。オフィスでマットとネディーンはすれ違いそうになるが、ヴィヴはあえてそれを避けた。

ヴィヴの活躍とさらにボロボロマーティンを追え!

☆母親業を放棄してしまったネディーンに、ヴィヴは厳しく迫ります。「私は子育てに向いていない。」とネディーンが言い出すと「15歳の息子には子育てが向いてると思うの?」と切り返してくるヴィヴ。子供たちがいかに苦労しながら、でも助け合い生活している様子に何とか気づかせようと訴えます。そしてマットを見つけたときも上手に説得。だが、オフィスに連行されたマットに声を掛けようとするネディーンを、ヴィヴは許しませんでした。ネディーンはまず生き方を見直し、母親としての自覚をしっかりと持つことが大事でしょう。容易な事ではないかもしれませんが。

そしてマーティンは依存症が治っていませんでした。メイドが休んでいたため家の中もぐちゃぐちゃ。寝坊して現場到着が遅れます。サムは何かおかしいとダニーに問いかけますが、ダニーはマーティンに関わろうとしません。
ラムジーを見つけたマーティンは、事情聴取をする際ラムジーを激しく脅し、首を絞めようとまでしたためサムがストップを掛けます。サムはマーティンを家に帰しますが、気になって家を訪ねてみると家の中はぐちゃぐちゃ。テーブルには事件現場から盗んだ薬瓶が置かれていました。サムはマーティンに理由を聴こうとするとマーティンは突っぱねます。サムは助けてあげたいと思いますが、マーティン自身どうしていいのかわかりませんでした。
サムはダニーにマーティンのことを話し助けてあげるように頼むと、ダニーは拒否します。だが同じ問題にぶつかり克服したダニーこそ、マーティンを救うのにふさわしい人物です。サムの説得にダニーも理解し、マーティンを依存症の会に誘い一緒に出席したのでした。

やっぱりマーティンの依存症は治ってなかったんだ・・・
ダニーは黙って見逃すというか関わろうとしなかったけど
サムにばれてしまったからアウト。
真剣になんとかしようと言い始めます。
でもジャックには今のところ秘密ですか?
そして結局白羽の矢が立ったのがダニー。
同じ境遇を知る人でないと無理ってことです。
ダニーは最初あいつが悪いんだ!状態でしたが
結局マーティンを依存症の会に連れて行ってあげましたね。
気まずそうに会場に入っていくマーティン。
帽子は変装したつもり?

昨日マーティンも「正しい警官の集い」に行くべきだと主張したら
まあ似たような展開になってよかったです。
しかし先輩リード君はもう10ヶ月もクスリ断ちしてますよ。
でも事件のトラウマが広がり不安を感じて集いにやってきました。
克服できるともらえるメダル。
リード君は見知らぬジョンから預かってしまいましたが
マーティンも無事に克服できるでしょうか。
そして息子たちに苦労を掛けてしまったネディーンも
しっかりとドラッグから立ち直って
もう一度しっかり家庭を築いてもらいたいです。
マットが気の毒すぎました。
あんなに素晴らしい息子を持っているのに。
だからヴィヴは許せなかったんですね。

Criminal Minds S3-#16 「トラウマ」

テキサスの田舎で家が爆発して父と娘が死亡。
駆けつけた保安官2名も撃ち殺されます。
田舎町にテロか?と怯えた保安官はBAUに連絡
でも犯人は殺された保安官の息子のオーウェンでした。
そして死んだはずの娘ジェニーはオーウェンのGFで
実は生きていてオーウェンと一緒に隠れていました。

ジェニーは知的障害を持ち高校の特別支援学級で学んでいましたが
オーウェンも成績や素行不良で同じクラスに入れられていました。
でもリードの分析ではオーエンは学習障害や空間認知に問題があって
決して能力が低いわけではないとのことでした。
オーウェンの母は交通事故で死亡、父は海兵隊を除隊して保安官になり
オーウェンは激しい自己嫌悪に襲われていました。
彼を癒してくれるのはJohnny Cashだけ?
(彼はDQで渋い演技を見せてくれました!)
父のために部活に入ったけど、そこでいじめに遭い落ち込んでいたオーウェンは
ジェニーに出会って二人は恋に落ちます。
そしてジェニーがレイプされた事を知ったオーウェンはリベンジ開始、
自分を認めてくれなかった父や自分やジェニーを辱めた生徒たちを
次々に射殺していったのでした。
オーウェンの心の支えはジェニーですが
もう歯止めが利かなくなくなっています。

リードにはオーウェンの辛さがよくわかりました。
リード自身、学生時代はいじめられっこ。
学校でみんなから見捨てられ、一人放置されて
遅くなって帰宅しても母には何もわかってもらえなかったと
リードはいじめられたときのことを思い出します。
「学校で学んだ事なんて端から忘れていくけど
いじめられたことは決して忘れられない。」
いじめる側はなんだか面白そうだからって
なんとなく物の弾みでやってしまっていても
いじめられる側には本当に一生消す事のできない
屈辱として記憶に残ってしまう。
そして自信を失ったり、またはオーウェンのように自暴自棄になったり。
もっと早く誰かがオーウェンの辛さを理解してあげていたら
起こり得なかった事件だったのに。
いじめ撲滅は大きな課題です。

だからこそリードは体を張ってオーウェンの説得にかかります。
マシンガンを持った犯人に丸腰で向かっていくリードの姿に
ホッチ以下BAUな人たちはハラハラしっぱなしでしたが
前回犯人の説得に失敗してしまったリードは
今度こそうまくやりたいという思いも強かったんですね。
結果的には成功、でも当然ホッチにお咎めを受けていました。

リード君はもうクスリ断ちをして10ヶ月。
でも前回の一件で不安要素が高まり
「正しい警官の集い」に出て禁断症状を抜け出そうとします。
マーティンもここに出ればいいのか。
ステーブラーやベンソンもたまには必要かも。
捜査官はストレスを抱えすぎです。
でも「映画を観てた」って本当のことを言えないリード君
ホッチには見抜かれていたようですが。
そしてリード君と並んだら兄弟のように見えたオーウェンは、デス妻のザックでした。
すごく素敵に成長してる。かっこよくなったよね!!
でもどうして不幸なキャラばかり?
たまには正統派イケメンをやらせてもらえるといいのに。

第4回FOX特派員プレミア試写会 Dexter S3-#1、#2

今回は大好きなDexterのS3を2話分見せていただきました。
#1は先行放送で観ていましたが、#2は初めて。
まさかこんな展開になるとは驚きました。
そして相変わらず面白い!
今回はあえてネタバレを承知で書かせていただきますので
お気をつけてお読み下さいませ。

Dexterの魅力についてはこちらをどうそ。

リタと子供たちと幸せな生活を送っているデクスター。
署ではエンジェルが巡査部長になり
麻薬課からクイン刑事が異動してきました。
髪を切ったデブラは自分に昇進のチャンスと意気込んでいますが
内務調査のユキがこっそりクインを調べろと近寄ってきます。

もちろん影で悪をしっかり成敗しているデクスター。
次のターゲットは女性を二人も殺したが
なぜか無罪となり釈放されたドラッグディーラーのフリーボー。
デクスターはジャンキーのふりをしてフリーボーに近づき
きっちり下見をした後、夜こっそり忍び込んでフリーボーを処刑・・・
するはずだったんですが、目の前でフリーボーが別の男と取っ組み合っています。
いつの間にかデクスターがバトルしていた相手は別人。
気がついたらデクスターは胸を一突きして男を殺してしまいました。
これは誰?
翌朝現場検証が始まり、男は地方検事補ミゲル・プラードの弟のオスカーだとわかります。
とんでもないミスを犯してしまったデクスター。
自分で殺した事件を検証しなきゃならないし
地方検事を相手に嘘をつかなきゃならないし。
しかもミゲルはその昔ラゲルタと付き合っていたそうで
ラゲルタはこの事件の解決にかなり力を入れています。
デクスター以外は状況が全然見えていないから
犯人はフリーボーだと決め付けて捜査が進みます。
デクスターもその調子で話を合わせていますが
次にジャンキーの娼婦らしき女性の死体が見つかります。
それはデクスターがフリーボーの家を下見に行ったとき
姿を見た女性ティーガンでした。
フリーボーの仕業かも。
でもデクスター以外には二つの事件はつながってきません。
デクスターはミゲルにオスカーの葬式に呼ばれ
デブラと共にハリーの誕生日を祝うのを無視して
葬式に出席してきました。
デクスターはすっかりミゲルに気に入られています。

捜査が進む前にフリーボーを見つけなければならない。
デクスターは独自にティーガンの住所を突き止め
そこからフリーボーの隠れ家を探し当てます。
デブラもクインが教えてくれた情報屋経由で
フリーボーとティーガンを結びつける事ができたのに
やっぱりデクスターに先を越されてしまいました。
ぼやっとしているフリーボーを捕らえたデクスターは
いよいよお得意の処刑を済ませ後始末を始めようとしていたら
そこにやっぱり独自ルートでフリーボーの居場所を見つけたミゲルが
銃を持って入ってきました。
バレた!と思ったところでデクスターは知恵を働かせ
オスカーが持っていて自分が奪い取ったナイフを持って外へ出て行くと
「正当防衛だ。」と言ってフリーボーと争い仕方なく刺してしまったことを告白します。
さすがデクスター!
相手は地方検事補ですからね。しかもフリーボーに超恨みを持ってるし。
案の定ミゲルは褒めてくれました。
でもこれ以上首を突っ込むなとデクスターはミゲルを制止。
そりゃそうです。現場がばれちゃまずいもん。

一方リタの妊娠がわかり、デクスターは子供を持つか否かで悩み続けます。

GetAttachment.jpg

2話分でこんな感じ。
今シーズンは大好きなJimmy Smitsが検事補ミゲル役で登場。
TWWのサントス以上にオヤジ度がアップしてますが、見せ場は十分。
この先のデクスターとの絡みが楽しみです。
そしてあっという間に消されてしまったフリーボーを演じていたMike Erwinは
Everwoodのコリン。
あんなボロボロのヤク中になった姿を、エイミーに見せたくないです(泣)
しかも裸でうろうろしてたし。
オスカーの葬式シーンで棺の前に立っているデクスターは
デイヴィッド復活?に思えました。
やっぱり葬式シーンが似合いますね!

S3はいきなり一挙放送、一気に楽しめると思います♪

-------------------------------------------------------------------------------------------
約10,000円分のドラマが525円で視聴できる(※)!!前代未聞 最新シーズンを1日で一挙大放送!


◆デクスター ~警察官は殺人鬼 シーズン3 全12話一挙放送
 5月2日(土)12:00 FOXCRIMEチャンネルでスタート!


★FOXCRIME新規加入キャンペーン実施中!⇒http://tv.foxjapan.com/special-content/dexter/
★FOXCRIMEの視聴方法や最新情報はこちら⇒http://tv.foxjapan.com/

(※)シーズン1コンプリートBOX:10,290円(税込)
  スカパー!にてFOXCRIMEを単チャンネル契約した場合:525円/月(税込)
-------------------------------------------------------------------------------------------
今回はお土産にBONES S2のオフィシャルガイドブックと、
BabyTVのエコバックを頂いてきました。
いつも本当にありがとう!

それからThe Listenerの邦題は
「リスナー 心を読む青い瞳」に決定しました。
ポイントは青い瞳だったようです。
なるほど・・・救命士はどうでもよかったのか・・・(しょんぼり)

Gossip Girl S1-#1 「Sが帰ってきた」

NYのアッパーイーストサイドの名門私立高校に
1年間NYを離れ寄宿学校に通っていたセリーナが帰ってきました。
セリーナの親友だったブレアは、
BFのネイトがセリーナが戻ってきたので落ち着かない様子にイライラ。
実はセリーナが立ち去る直前、ネイトはセリーナに浮気していたんだよね。
戻ってきてちょっと浮いてる感じのセリーナ。
やたらと印象の薄いダンが落とし物を拾ってあげたのがきっかけで
声を掛けデートすることに。
ダンの妹ジェニーは自分でドレスを作ってセレブなパーティーに出席。
そこで女の子なら誰でもOkなチャックに襲われそうになっていたジェニーを
ダンは体を張って助けました。

セレブな高校生の話なんてきっと面白くないだろうと初めから興味がなく
それでも原作を1冊だけ買って読んでみて
あまりにもあっさりした展開に「こんなものか。」と
ますます引き始めていたんですが・・・
とりあえず試しに1話観てみようとチャレンジしたら
これが全く問題なし!結構楽しめちゃいました。

予想以上に惹かれた理由
1.舞台がNYだから。
とにかくNYが好きなんです。
いきなりグランド・セントラルが出てきてやったね!って感じ。
知っている景色が次から次へ出てくるのが嬉しくて。
犯罪ドラマも恋愛ドラマも、とにかくNYが舞台っていうだけで楽しめるので
これは景色を観ていて幸せになれそうです。

2.オヤジMatthewが素敵。
B&SでS1最初にジョナサン役で登場、
でもあっさりキティに捨てられちゃったMatthew Settleが
なんとダンとジェニーの兄妹の父親役で登場。
そんなにオッサンでしたか?
それはちょっとショックだったんですけど
90年代に売れてた(過去形なのが辛い?)ロックバンドのベーシストで
画廊のオーナーという、なかなかアーティストっぽさを持っています。
しかし他のセレブな家庭に比べると一番「民」っぽいですよね。
ジェニーは自分でドレスを縫っていたんだもん。
セレブな人たちの中で民がどう頑張っていくのか
応援してあげたくなります。
妻は出て行ってしまったようで、頑張れオヤジ!
ついでにセリーナの母親とは過去にあれこれありそうです。

さて、この2つの理由でどこまで注目できるか未知数ですが
頭を使わずに観られるのは確かなので、ぼーっとのんびり楽しもうかな。
セレブな人たちはそれなりに素敵ですけど
セリーナって年の割りに老け顔な気がするのは気のせい??

Law&Order SVU S4-#13 「Rotten」

フィンが拘留施設に青年を移送したとき、男がベッドの中で出血死しているのを見つける。男はドミニカ人で麻薬の売人のトレス。肛門から異物が突っ込まれ腸に穴が開いていた。
トレスは8時間前に入所し診療所へ連れて行かれた。そのころメキシコ人でトレスと敵対関係にあるヘクターも診療所へ行っていたが、トレスに手を出した様子はなかった。トレスの生きている姿を最後に確認したのは看守のネイサンで、トレスに罵られた事に腹を立てつつも危害は加えていなかった。やがて検死の結果が出て、トレスは移送前に腸に内出血を起こしていたことがわかった。逮捕時に警官が暴行したものと考えられた。
ベンソンとフィンはトレスを逮捕した29分署のクーパーとグラントに話を聞こうとする。グラントはランデブーというクラブでトレスが騒ぎを起こし、エドモンズ巡査を殴ったから逮捕したと説明する。だがランデブーのバーテンは、トレスは騒ぎが起きる前に逮捕されたと供述する。
ベンソンとフィンは29分署に聞き込みに行く。エドモンズは任務を遂行したまでだと話すが、トイレに血痕とトレスを突いた掃除用具が見つかる。エドモンズは第2級故殺を求刑され、取引に応じる事にするが、ベンソンは共犯者がいると信じていた、解剖の結果からもトレスを押さえつけた共犯の存在が明らかになる。
ベンソンはエドモンズのGFからエドモンズがクーパーとコンビを組んでいたとき、バスケスという売人を逮捕するつもりで撃ってしまった事を聞き出す。しかしバスケスの死体は喉が切られていた。一方クーパーは多額の借金を返済している事がわかる。売人を殺して稼いでいたのかもしれない。
さらに詳しく調べていくと、バスケスと同じように喉を切られ殺された売人が29分署管轄内で5人もいた。エドモンズは弟がヤク中にされたことで売人に恨みを持ち、売人たちに復讐するつもりだったが、クーパーはあくまでも金儲けのために売人を殺してきたようだ。ベンソンは同様にクーパーに撃たれ服役中の売人エンジェルに話を聞くと、クーパーはエンジェルを殺さなかったものの、彼は下半身不随にさせられていた。
ベンソンはエドワーズにクーパーの不正を暴くように説得。エドモンズはなかなか相棒を売ろうとはしなかったが、ようやく目を覚まされた。出廷したクーパーは雇い主を明かせば終身刑だと言われ、ヘクターに雇われた事を自白する。メキシコ人が警官を雇ってドミニカ人を始末していたのだった。エドワーズは獄中で首吊り自殺する。

ステーブラーはvicap(凶悪犯逮捕作戦)に参加していて不在、マンチも説明はなかったものの不在で、ベンソンとフィンがコンビを組んで警官の不正を暴くために捜査を続けます。
事の発端はフィンが未成年のGFを妊娠させた罪で青年を拘留施設に連れて行ったとき、そこに8時間前に入所したトレスが出血死しているのを発見したから。犯罪者の巣窟では殺人事件が起きても特に不思議ではありません。まず同房者が疑われ、次に行動を共にしたヘクターが質問されるがシロ、次は担当の看守が事情聴取されます。看守ネイサンはトレスに嫌味を言われ頭にきていましたが、自分がゲイであることを告白しつつあんなことはしないと否定。弁護士の恋人と密会していたのがアリバイになりました。
その後検死の結果から暴行は拘留される前だったことがわかり、逮捕した29分署の警官たちに疑いがかかります。新人のグラントはエドモンズ巡査が殴られたから逮捕したと説明しますが、バーテンの供述と食い違います。エドモンズの供述を取り、29分署を調べるとトイレから暴行の証拠が見つかり、エドモンズはトレスを暴行したことを自白。だが彼は弟をジャンキーにされたことで売人を憎んでの犯行でした。
一方以前エドモンズのパートナーだったクーパーは、多額の借金をカジノで儲けた金で返したと言っていましたが、どうやら売人を殺して金儲けをしているように思われます。エドモンズの自供では単独犯行ということでしたが、絶対共犯がいるはずだと信じたベンソンは独自に調査を開始、上層部から睨まれますが、警官の不正は許せないと一歩も譲りません。相手が売人でも不当に傷つけられ殺される事はおかしいと力説するベンソンに対し、売人に厳しいフィンはそこまでしなくてもと難色を示しますが、ベンソンはあくまでも信念を貫きます。そしてエドモンズを説得してクーパーの不正を暴き、法廷はクーパーに終身刑を言い渡します。結局クーパーは拘留施設でトレスを付回していたヘクターに雇われていたのでした。そして相棒を売る結果となってしまったエドモンズは、ライカーズで首吊り自殺をしてしまいました。彼には罪の代償が大きすぎたのでしょうか。
エドモンズ役のWilliam KapotherはLOSTにイーサン役で出演、刑務所で筋トレしながら事情聴取を受けていたエンジェルはStandoffでSWATのゴンザレス役を演じていたJose Pablp Cantilloが演じていました。

ステーブラーもマンチもDrファンもいないエピ。
なんだか寂しいんですけど見ごたえはありました。
性犯罪ではなく麻薬がらみの警官の不正事件。
ありそうな話ですよね。
何故IABじゃなくてSVUが捜査するのかは不思議なんだけど
ベンソンの意地をクレイゲンは目をつぶってくれました。
不正は許せないという事で。
エドワーズって見覚えがあると思ったらLOSTのイーサンでした。
やっぱり不幸なキャラですね。

CSI S8-#3 「蜜蜂の死」 CSI:NY S4-#15 「容疑者X」

CSIの前にCSIとWATのクロスオーバー番宣を視聴。
WOWOWでWATを観るのってすごく不思議な感じでした。
まずWATを知らない人たちのためにキャスト紹介。
これもしっかりWOWOWモードになっちゃうのね。
イマイチ語彙が少ない気がしたけどまあいいや。
ドラマの紹介ではS4-#3「燃やされた手紙」#5「名誉と束縛」が使われていました。
そしていよいよクロスオーバー本編が紹介。
本当にCSIラボにジャックがいる!
もちろん声もあおいさんだし、しっかり溶け込んでいますね。
インタビュー映像でのグリッソムとジャックの2ショットも
本当に絵になってるオヤジコンビだし。
本編視聴が楽しみです。

それにしてもクロスオーバーを一度に観られるようになったのは画期的。
TWのときはもう片方を観るのに相当待たされたし。
まあMIは無理だろうと思っていたら実現しただけよかったけど。
L&Oシリーズは本家と分家のクロスオーバーがあっても
本家のオンエアがないので半分観てストップしたまま。
それが放送局の壁を越えてクロスオーバー一挙放映実現というのは嬉しいですよ。
もしWATがNHKに残っていたらどうなっていたんでしょうねと
ちょっと気になったりして。
スパドラ引越しに感謝すべきかも。
でもこのクロスオーバー、WATの方はS6になるので2シーズン後。
みんながすっかり別人になってたらどうしよう(苦笑)。
1話完結とはいえ話の流れでわからない部分がありそうでちょっと心配です。

今回番宣ではWATの方をFBIと紹介していて
確かにCSI×FBIで響きはいいんですけど
自分のイメージではFBIはCMのクワンティコの人たちなので
FBIは48時間が勝負とか言われるとちょっと違うぞ・・・というツッコミが。
WATな人たちはFBIの中の失踪者捜索班なんですよね。
なんかいい表現がないのかなとちらっと思ってしまいました。
ともあれ5月9日に期待しましょう。

ではベガスとNYの感想を一言ずつ。

○CSI
死体に大量のアリだったり巨大なハチだったり。
本家に虫は必需品だと思うけどやっぱり苦手です。
そして元性犯罪者で悪魔祓いする牧師役に
ヒルでマイコーなHarold Perrineau登場。
心を入れ替えたとか何とかいっても
こっちは全然信用できません。大好きだけど(笑)
そしてやっぱり最後にエイミーを投げ落としてしまいました。
ほらね、やっぱり。
そういえばヒルは警察に追われてアパートから飛び降りて
下半身不随になったんだっけって、そこまでリンクさせるのは考えすぎですね。
新人ロニーにサラが鋭い指摘。
さすがにベテラン、新人教育にも抜かりがないです。

○NY
どうしても理解できなかったアバターのお話の続き。
容疑者Xは自分によく似た女性に整形手術を施し
自分が殺されたと見せかけていました。
顔面の整形手術の過程はN/Tで見慣れてますけど
顔の皮を剥いで復元シーンは作り物とわかっていても痛々しいです。
容疑者Xは殺人マシン。
ラストのマックとの銃撃戦は弾丸飛びまくり。
なかなかハードでした。
ほっさんの省エネ仕様と対照的ですね。
ところでほっさんとマックが戦ったらどっちが勝つんでしょう。
ありえないけどやらせてみたい・・・
N/TついでにN/Tのジーナが市長のスタッフ役で登場。
今週はいよいよN/TのS5スタートだし!
やっと観られて嬉しい・・・でもますます忙しくなるんですけど。

Everwood S3-#12 「女の子はつらいよ」

自分のやりたいことをやっていくと決意したエミリーは、早速バレエに再挑戦。
デンバーの名門バレエスクールのオーディションを受けることにしました。
会場を見学に行くと、たくさんの生徒たちが真剣に踊っています。
先生はエイミーの姿を見るなり「姿勢は悪いし、太りすぎだし、年を取りすぎ!」と
即却下の返事を出してきますが、そこでへこたれないのがエイミー。
10日後のオーディションに受けることを宣言します。
それからが大変。
エフラムはオーディションがどれほど厳しいものか自分もよくわかっているから
何と声を掛ければいいのか
下手に励ましても逆に反発されてしまいます。
アボットは突如寒いガレージで一人練習に励んでいる娘を心配しますが
エイミーは父の忠告を聞く気はさらさらなく
とにかくやるべきことをやってオーディションに臨みました。
結果はやっぱり不合格。
2年間のブランクは大きすぎました。
エフラムは僕にはピアノしかないから
もし自分の手が動かなくなったら他に何もできないけど
エイミーはなんでもできると励まします。
確かにピアノ一筋のエフラムの方が
オーディションに不合格したときのショックの方が大きいかな。

デリアはアイスホッケーのチームで活躍中。
男子の中に一人混じって頑張っています。
ところが大事な試合の前に、デリアに生理が始まってしまいました。
アンドリューは父親というより医者の立場からデリアを心配しますが
心身とも変わりつつあるデリアには余計なお世話。
お腹も痛いので薬を飲んで試合に出たものの
やはり本調子でなく監督はデリアを心配します。
そこでアンドリューが出てきて「娘は生理だから」って言っちゃったから
チームメイトにばれちゃって大騒ぎ。
本当にこのドクターは配慮が足りません!
おかげで女の子として差別されてしまったデリアはひどく落ち込みます。
部屋にこもっているデリアにアンドリューが話しかけようとすると
デリアはだんまり状態。
ニーナを呼んでこようかというアンドリューの問いかけに
「ママと話したい。」と言い張ります。
こんなときはママの存在が大事。
おまけにデリアはアンドリューとアマンダの関係にも薄々気づいているし
お父ちゃんはしっかりしなきゃ!

結局デリアの話し相手になってくれたのはエイミーでした。
お互い「女の子は辛い」ってことで意見が一致。
男の子は夢を追いかけられるけど、女の子はダメ?
デリアがアイスホッケーを辞めちゃおうかなと悩んでいたら
簡単に夢を諦めないで。あとで後悔するよとエイミーがアドバイスしてくれました。
それはエイミーが今強く感じていることです。
ともあれデリアが本音を聞いてくれる人がいてくれてよかった。

ジェイクのところにLAの元婚約者キャメロンが突如押しかけてきます。
行きがかり上ニーナがキャメロンの相手をし、話を聞いていると
キャメロンとジェイクはまだ別れていないそうで。
ジェイクは別れ話を切り出せない性格のようです。
しかもジェイクがEverwoodに来た理由が
LAでセレブ相手に処方箋を書きまくって不当に儲けていたジェイクは
ある日若手俳優がジェイクが処方した薬を過剰摂取して死亡。
ジェイクは訴えられることはなかったものの
こんな生活に嫌気が差して逃げてきた場所がEverwoodだったのでした。
だからキャメロンとも別れてなかったわけ。
ニーナははっきりするようにジェイクに勧めますが
ジェイクが切り出せずにいるので
キャメロンの前でジェイクの悪口を連発。
頭にきてキャメロンは帰ってしまいます。
これでキャメロンはいなくなったし・・・
そしてジェイクとニーナは本当に恋に落ちたのでした。

Journeyman #2 「Friendly Skies」

すっかり怪しげな行動に出てしまったダン。
その後は一応落ち着いているけど頭痛には悩まされているようで
MRI検査を受けることにしました。
そのときは姿を消す事はなかったんですけど、
ではいよいよ第2子誕生に着手!って話になり
ダンとケイティはロマンチックな旅を企画。
二人は飛行機に乗り、ダンが機内でトイレに入ったところで
突如タイムスリップ。
どうしてこのタイミングで??またもや人騒がせなダンです。
ダンが飛んだのは75年の機内。
この時代は機内でタバコを吸い放題。
みんなでドンちゃん騒ぎをしています。
そんなことが許されたんだ・・・とビックリ。
すると隣の席の女性が突如産気づき
周りに医者もいないので、救助ダンは出産の手伝いをするはめになってしまいました。
息子が生まれるとき立ち会っていたダンですが
とても素人とは思えない落ち着きぶりはお見事。
無事に女の子を取り上げたのですが
今回はこの母子を救う任務を与えられちゃったってことなんですね。
ちなみに女性は未婚の母状態。
娘は父を知らない子に育ちそうです。

無事に出産の補助を終えたダンは現代に戻らなきゃならないけど
どうしたら怪しまれないか。
突然乗客が機内から姿を消してしまったんだから、みんな怪しみます。
ケイティはまたか!と諦めるものの一番疑われるし
そこでケイティは兄のジャックにヘルプを頼むんですが
空港で取調べを受けているケイティのところにジャックが着くころ
ダンがノコノコ姿を現します。
時空を越えた事は喋れないから、離陸直前に飛行機を降りてしまったとごまかし
本当にお騒がせなダンでした。

その後もダンは母子を見守るために行ったり来たり
娘は父が誰だか知りたいと思っていたら
父は一夜の過ちで子供ができてしまったくらいにしか思っていませんでした。
だがその父親がその後白血病を患い、家族である娘の骨髄移植が必要になります。
父と娘の間を取り持つためにダンは一仕事。
結局娘は父を救えなかったけど、他の患者に骨髄を提供する事ができました。

今回も様々な時間に飛んでいましたが、そこで再びリディアと遭遇します。
リディアはダンがスムーズに救済できるように
その手助けをしているキャラってことですか。
現在から飛んできた人と、墓場から蘇った人が
過去で人助けっていうのは・・・まあ理想的コンビではあるかもしれませんが。
ついでにリディアはケイティに嫉妬してるようで。
次元が違っても二人の女性と関わらなければならないダンは
それなりに苦労します。
しかもケイティは現代の生活で置いてきぼりを食うんだから
夫の突如野失踪が、すぐに戻ってきてもらえるとはわかっていてもやっぱり不気味だし
おまけに予定がすべてパーになってしまうのが困り者です。
ケイティが気の毒だ・・・

ダンとリディア、ケイティとジャックが付き合っていた時代の団欒の一幕に
飛び込んでしまったダン。
姿を消すのに一苦労していました。
しかも当時ありえないものをテーブルに置いてきちゃったので
隠すのが大変。
さらにダンが警察に追われる場面。
必死で走っていたパトロール警官が、若いころのジャックだったんですね。
若作りケラマン(笑)ご苦労様です。
そして次元を超えても同じファッション&同じ顔のダン。
相手はどんどん年を取るのに、全く変化しないのは怪しすぎます。
娘にもはっきり指摘され適当にごまかしてたけど
やっぱりツッコミたくなるよね。

今回はとりあえずハッピーエンディングでしたが
またダンはあちこちにご迷惑を掛けるんでしょう。

Desperate Housewives S4-#2 「作り笑いの達人」

キャサリン、なかなかのツワモノでした。
しかもとんでもないくらい秘密を抱えていそうで。
ウィステリア通りから引っ越したときもまるで夜逃げ状態で
その後どんな暮らしをしていた語れないみたい。
ディランの記憶喪失は無理矢理キャサリンに仕組まれてる?のかも。
ディランは実父の記憶が全然なくて
生まれてすぐにいなくなったというキャサリンの話を信じていたのですが
マクラスキーさんが実父が時々会いにきたと教えてくれたもので
真実が知りたくなってキャサリンに話したら、キャサリンは激怒。
アダムと次の対策を練ろうとしているようです。
そんなに秘密にしなければならない実父って何者なんでしょう。

そのツワモノキャサリンがブリーをビビらせます。
キャサリンががん治療中のリネットを励ますランチを計画。
今までこんなときは自分が仕切っていたブリーは
デザートは私が作るからサラダをキャサリンに頼むと
キャサリンはサラダボウルがないとかいって難癖をつけ
デザートを自分が作ると言い張ります。
でもなんとかブリーが説得、スーザンもサラダボウルを貸してあげたんですが
キャサリンはサラダのほかにレモンメレンゲパイを焼いてきてしまいました。
しかもこっそりブリーのデザートとすり替えて出し
それが超おいしかったんですよね。
当然ブリーはブチキレましたが、ブリーが食べてもおいしく感じるから
敗北宣言するしかないです。
でもあのブリーに真正面から立ち向かえるキャサリンって凄すぎ。
やっぱりDanaが演じるキャラってこうなんです!
悔しいブリーはリベンジを展開。
キャサリンのレシピを拝借しようと思って自分のご自慢レシピを持っていったら
パイのレシピは門外不出とあっさり追い払われてしまいました。
これじゃ許せないとキャサリンの家の鍵を持っているブリーは
家族が留守の時勝手に侵入。
すると家族が帰ってきてブリーはディランの秘密を盗み聞きしてしまったのでした。
ブリーもめでたく秘密を握ったところで五分五分かな?

スーザンは夫マイクを立てようとして
今まではジュリーにOKしていたこともNOと言わざるを得なくなります。
でもジュリーとの信頼も大事だし、あとでYESに変えてジュリーをパーティーに出したら
そのパーティーがとんでもないことになってるとマイクに聞かされ
慌ててジュリーを迎えに。
でもそのときの格好が、マイクを挑発させるファッションだったので
男の子たちはすっかりストリッパーの登場だと喜んでしまいました。
こういうところのスーザンのぶっ飛び具合は困ったものです。
そし帰宅した二人はなんとかマイクをごまかそうとしますが
パーティーの一件はすっかりばれていました。

実はガブリエルと寄りが戻り中?のカルロス。
でも裏金口座の存在をイーディに知られちゃったので別れるわけにもいかず
しかも脅しつきでイーディにプロポーズされてしまいました。
逃げられないカルロスは奥の手を使うようですが。

みんなに化学療法の付き添いを頼んだリネット。
でもガブリエルだけがいい顔をしません。
結局病院へは来るものの、いかにも嫌そうな感じが丸見えです。
ガブリエルは病院が嫌いでした。
ガブリエルが父をガンで亡くしたことを知り、リネットはようやく納得します。

Criminal Minds S4-#15 「死の天使」

ピッツバーグの青少年センターで火災が起き、14人の子供が死亡。
いったいどんな状況だったのか、あまりにも悲惨な事態に
これだけでも気になってしまいますが
事件性が感じられたのは、子供を失った親が次々に5人も自殺したと言うこと。
5人目の自殺者の兄がピッツバーグ警察のベイルマン刑事で
(大分シャペルのイメージも薄らいできたけど)
それって私情も混ざってるし、やっぱり自殺じゃないかと
モーガンは事件性を信じていませんでした。
でもロッシはピッツバーグへ行くと決定。
離婚のゴタゴタ中で息子に会いに行ったホッチを除いて
一同はピッツバーグへ向かいました。

でも連続殺人事件という証拠が見つかりません。
遺族は「あの人が自殺するわけない。」と言い切ってるけど
でも遺書だって残っています。
なかなか事件だと宣言してもらえないのでベイルマン刑事はイライラ。
そんなとき6番目めの自殺が起こりました。
首をつっていた母親は家をきちんと片付けていたし
しかも赤ちゃんは隣の部屋でそのまま泣いていました。
自殺者が赤ちゃんをほったらかしはないでしょう。
でも犯人が侵入したような形跡もなく
母親も抵抗していない。
ということは顔見知りの犯行ですか?

そこで思い浮かんだのが「死の天使」の存在。
苦しむ人を救ってあげようと殺してしまう犯人については
今までにも聞いたことがあったけど
こlれって本当にたちが悪いです。
なにしろ自分は人助けをしていると信じ
使命感に燃えて殺しちゃってますからね。
では誰が死の天使なのでしょう。
さらにガルシアの調査の結果
被害者たちは神経筋遮断薬を打たれてから殺されていました。
これって体は麻痺したままで抵抗ができず
しかも死んだ後胎内から薬が検出されない。
注射針の跡が唯一の証拠なのです。
犯人はなかなか用意周到です。

子供を失った大人たちに共通するもの
それは彼らが苦しみを乗り越えるために参加する集会でした。
彼らの遺書は、実はその集会で
悲しさや辛さを克服するために、自分宛に書いた手紙でした。
集会の参加者を調べていけば犯人がわかるはず。
でもこういう集会はみな匿名のまま参加しているので
実態を掴むのがとても困難です。
でもようやく、自分が子供の頃
兄が父親に虐待され自殺したのを見た経験を持つ男が
あちこちの集会で自分の体験を話していたことがわかります。
彼こそ死の天使なのでした。

死の天使は次の手助けの対象者を物色してましたが
目をつけられた女性はおかしいと判断し
無事に死の天使は逮捕されました。
だけどベイルマン刑事の弟は本当に自殺だったようです。

ドアキックのために?家を4軒も持っているモーガン。
そんなに家に当り散らさなくても・・・でも彼には大事なんですね。
そしてホッチはすっきりしたかな?なかなか難しいと思いますが。

Without a Trace S4-#17 「レイチェルの人生指南」

失踪者を追え!

☆失踪者  レイチェル・ギブソン 29歳。ゴッサムオブザーバー新聞の記者で、人生相談のコラムを担当している。編集者が原稿を取りに来たとき、レイチェルは家にいなかった。アシスタントのレベッカの話では、レイチェルは広場恐怖症で、外に出ようとするとパニック発作を起こしてしまい、この2年間ほど外に出ることができなかった。家から外に出ないために訪問者は多数いて先日は花が届いたが、受け取ったときのレイチェルのリアクションがおかしかった。ビアンカはストレスが溜まってきたので、レイチェルのアシスタントを辞めることにしたと洩らす。
編集者はレイチェルは仕事柄脅迫状を受け取ることも多く、2年前サイン会を予定していたが、そのとき男がアパートのドアを叩いて脅し、サイン会はキャンセル。それ以来レイチェルは外に出られなくなったと説明する。レイチェルは無線機を持っていて、誰かとコンタクトを取っていた。マックが相手を突き止めると、相手は向かいのアパートに住む少年イーライで、イーライはレイチェルがオレンジの服を着た男に連れ出されたと伝えてくる。

イーライは暗闇が怖かったので、レイチェルと話をしながら恐怖を乗り越えられるようアドバイスをもらっていた。レイチェルは姿を消す直前、どこかに行きたい様子だったとイーライは話す。
レイチェルは自分のカードで花を買っていた。また強盗の罪で服役し釈放されたばかりのロジャーと、彼が収監されているときから連絡を取っていた。ロジャーは服役中、レイチェルにいい父親になれるようにアドバイスをもらうために文通していた。そしれ釈放後、ロジャーは礼を言いにレイチェルの家を訪ねると、レイチェルはロジャーに銃を買ってきて欲しいと頼んできたので応じていた。
イーライがオレンジの服を着た男を見つける。男はクリーニング店に勤めるウェイ・ファンといい、50ドル払うから自分を外に連れ出して欲しいとレイチェルに頼まれていた。レイチェルはいざとなるとかなり抵抗したものの、何とか外へ出てタクシーに乗って行ったことがわかった。
レイチェルを脅していた男は、レイチェルの幼馴染のピーターだった。ピーターの叔父がボウリング場を経営していたので、レイチェルとピーターは夜こっそりボウリング場に忍び込んで遊んでいた。だがある日ピーターはビールを取りに家に帰ったところを見つかり、レイチェルをボウリング場に置き去りにしてしまう。それ以来レイチェルはピーターと絶交状態になっていた。

★レイチェルに花束を贈ったのはビアンカだった。ビアンカはレイチェルを愛している事に気づき、だから仕事を止めようとしたのだった。ビアンカが電話しながら泣いているのでレイvチェルが心配すると、ビアンカは父の誕生日が来るが、6年前にカミングアウトして以来父に会ってもらえないと話す。レイチェルはだったら自分がプレゼントを届けてあげようと決断し、勇気を出して外へ出ることにしたのだ。だがビアンカの父サル・マルチェロはゴッドファーザーとして有名な男だ。マルチェロはレイチェルからプレゼントを受け取るが、外に出られないような女性がビアンカと付き合うのは無理だとレイチェルを追い出す。そのときレイチェルはボウリング場のことをつぶやいていた。
レイチェルはボウリング場の5番レーンの奥に寝そべっていた。ジャックが話を聞きにいくと、レイチェルはピーターに置いてきぼりを食らった後、一人でボウリングをしていたがボウルが戻ってこないのでレーンの奥に潜りこんだところ、機械に巻き込まれ閉じ込められた状態になり、8時間怖い思いをしていたのだ。
ジャックはレイチェルの広場恐怖症は、レイチェルがビアンカを愛しているのに告白できないせいだと見抜く。レイチェルは捜しに来てくれたビアンカに思いを告白。マルチェロもボウリング場に来てビアンカと和解する。そしてマルチェロの部下たちは和気藹々とボウリングを始めた。

お楽しみモードのジャックとダニーを追え!

☆ジャックは今度はブルーのネクタイを調達。ストライプはやめたの?とエレナのチェックが入ります。ダニーはレイチェルのコラムを端から切り取ってスクラップしながらお楽しみ中。楽しそうにチョキチョキに励んでいました。
ボウリング場に来たジャックとダニー。レイチェルの説得をどちらにするかをジャンケンで決めます。ジャンケンはFBIのお約束のようですが本当でしょうか?レイチェルが無事に戻り、ビアンカに思いを告白、ビアンカと父も和解しハッピーエンド。、誰も死ななかったと安堵しながらダニーはちょっと気が抜けたようです。ハッピーな気分でジュークボックスを押してダニーとジャックがデュエット。本当にリラックスしていますね。
マーティンはイーライをFBI捜査官になれると褒めた後、イーライとFBI捜査官ごっこを楽しんでいました。 

すっかり有名になったヒロを追え!

ウェイ・ファン(Masi Oka)
Heroesのヒロ・ナカムラ役ですっかりお馴染みのマシ・オカさん。今回はクリーニング店で働く中国人の役で、サムにちっとも名前をわかってもらえず、何回も大きな声で名乗っていました。50ドルもらえるなら人助けしようと気安く引き受けたウェイですが、レイチェルが銃を持っていることを知りヒヤヒヤします。しかもレイチェルが抵抗するのでなかなか外に引っ張り出せません。しりもちをついたウェイは保険に入ってないから怪我をしたらバカを見ると思い、結局レイチェルを担ぎ出し、アパートの外まで連れて行きます。
今回は日本語英語ではないアジア人の英語を喋っていたマシ・オカさん。でもお茶目な動作はヒロを思い起こさせました。

wat4-17-1.jpg wat4-17-2.jpg

たまにはこんな幸せな話があってもいいですね。
レイチェルの広場恐怖症も克服されたし
本当に誰も悪い人がいない。
酔っ払いピーターも、これできっとレイチェルと仲直りできるでしょう。
ゴッドファーザーと恐れられてたマルチェロも
実は優しそうなオヤジだったし。
wat4-17-3.jpg
演じてるJonathan Banksはいろいろなドラマに顔を出している大ベテランですが
Wiseguyのフランク・マクパイク役が好きでした!
そして相変わらずいい味を出してるマシ・オカさん。
ぶっ飛んでるけど正直者って感じがキュートです。
ついでにアンドウ君にもいて欲しかったけど。

すっかりめでたいお話なので、ジャックとダニーがデュエットを披露してくれました。
マーティンはイーライ君とFBIごっこ。依存症の治療はどうなってるのかな?
サムは幼い頃トマトが嫌い。
でもトマトが嫌いっていう姿をさらけ出す事の方が恥だと思って克服できたんですね。
そしてジャックの気まぐれネクタイは??

Law& Order SVU S4-#12 「Risk」

生後一週間の乳児ジョワンが病院に搬送される。ジョワンは酸欠状態でコカインを飲まされていた。母親のリンはお金がなくて粉ミルクをファイファー家に借りたが、その中にコカインが混ざっていたようだ。
ファイファー家にはトミーという乳児がいる。妻のローラは夫のデレクが粉ミルクを買ってきたと説明するが、押収したミルク缶のうち2つは中身が液体コカインにすり替えられていて、メキシコで製造されたものだった。デレクは株の仲買人だが、最近30万ドルの負債を一度に返済していた。コカインで儲けていたのかもしれない。ジョワンが死亡し、SVUはデレクがメキシコに出張していた事を確認してデレクを逮捕する。ところがIABのタッカー巡査部長が現れ、デレクを連れ去ってしまう。
クレイゲンはタッカーの勝手な行動に怒り、SVUで捜査を続けたいと希望する。だがタッカーはデレクを釈放、その後すぐにデレクはオフィスのトイレで絞殺される。デレクの上司のジェラードは、デレクは最近降格されていて悩んでいたと話す。一方ローラはデレクの降格のことを知らないと 言うが様子がおかしい。詳しく追求すると、SVUが粉ミルクを回収した後、別の男がミルク缶を探しに来たとのことだった。
タッカーは過去2回麻薬課が覆面捜査を行ったが、失敗している事をほのめかす。麻薬課の内部に密告者がいるようだ。SVUは独自にコカインの密売ルートを探るために、潜入捜査を行うことにする。今回は対象地域がウォール街なので、フィンではなくステーブラーが麻薬を密売するビジネスマンに扮し、デレクが通っていたバーにコカインを持って出かけていく。
バーでコカインをちらつかせるとすぐにディーラーが現れ、ステーブラーとトイレで密談し、最初の取引の段取りを決める。続いて約束の場所にステーブラーが行くと、ディーラーは手下を連れて来た、コカインの 品質を確認していざ受け渡しとなったところで、ディーラーはバッジを見せステーブラーを逮捕する、ディーラーこそ密告者のケンドルだった。ステーブラーはケンドルと手下に脅されるが、テストにパスしたということで、次の取引の内容を教わる。
次の取引はタイルに隠したコカインをメキシコから買い付けて運ぶことだった。ステーブラーは用意した自宅にタイルを運ばせ、ケンドルがそこで受け取るように仕組んだ。そしてケンドルがタイルを受け取ったところでSVUが現れ、ステーブラーはケンドルを逮捕しようとするが、ケンドルが銃を構えたために自分も引鉄を引いてしまう。ステーブラーはタッカーに事情聴取され、任務を解かれる。
デレクを絞殺したケーブルからケンドルのDNAが検出され、デレクを口封じしようとした事がわかる。またローラはトミーを連れて、デレクとは別にメキシコへ何度も出かけていた。乳児を連れた母親の方が、ミルクを運ぶのに怪しまれない。デレクのメキシコ出張の予定を組んでいたのはジェラードだ。ジェラードが組織の大元なのではと 睨みジェラードに事情を尋ねると、トミーはファイファー家の子供ではないことがわかる。
トミーはローラの妹の子供だった。そして妹の家でローラと妹は射殺されていた。また口封じのために殺されたようだ。SVUは他にも乳児を持つ親が殺されていないか捜査を開始し、ジェラードの家の手入れを行っていた夫婦が殺されていた事がわかった。
ジェラードは会社の託児所で子供を物色していた。クレイゲンとベンソンがジェラードを捕らえに行くと、ジェラードはそこにいた母子を人質に取る。だが背後にフィンが構え、見事な連携でジェラードを逮捕する。ジェラードは大勢の母親を使って、コカインを運んでいたのだった。

乳児がコカインを摂取して病院に運ばれたために、SVUに連絡が入ります。その乳児は間もなく死亡、コカインを誤飲したのは、ミルクの中に混ざっていたからでした。母親は飲ませたミルクは借り物だと告白、ミルクを貸したファイファー家がコカインの取引と関わっていたようです。
SVUはファイファー家の夫デレクを逮捕しますが、すぐにデレクをタッカーが連れ去ってしまいます。IABに捜査を邪魔されたクレイゲンは怒り心頭、乳児が死亡した事もあり、なんとか自分たちで解決しようとします。
だがIABは麻薬課が囮捜査で失敗しているのは密告者がいるせいだと敏感になっていました。だったら自分たちで囮捜査をすればいい、こちらには麻薬の囮捜査のベテランのフィンがいます。だがフィンの容貌はウォール街では浮いてしまうので、今回はステーブラーに囮捜査の任務が回ってきます。
ステーブラーは仕事ができそうなビジネスマン。名前はグレッグ・エリオットで眼鏡を掛けてちょっと雰囲気を変えてみました。フォレストヒルズの一軒家に妻のダナと4人の子供と一緒に住んでいる設定です。
ステーブラーはデレクが受け渡しに使っていたバーに入り、スタンバイしていたダナ役のベンソンと会話します。そしてバーテンに金を払おうとしてコカインを落とし 、コカインの売人である事をさりげなくほのめかします。すると早速バーテンはディーラーにステーブラーの存在を知らせ、ディーラーが近づいてきてステーブラーをトイレに導きます。
ディーラーは新参者のステーブラーを胡散臭そうに眺めながら商売方法について尋ねてきます。そして入手量や価格を確認し、実際の受け渡し場所を決めて伝えます。
受け渡し場所に丸腰で出かけていったステーブラーは、ディーラーにまずコカインの品質チェックをさせられます。このとき実際に味見をしないので、ディーラーに怪しまれていましたが何とかクリア。ところがディーラーが品物を渡さず、警察バッジを見せてステーブラーを車に乗せ別の場所へ連れて行きます。もちろんバックアップも尾行しますが、ステーブラーが多少殴られてもじっと我慢をして様子見し、ステーブラーが彼らのテストにパスし、組織に深く入れることと、ディーラーになっていた男が麻薬課のケンドルで、彼が覆面捜査をしているうちにコカインでの儲けに目が眩み、情報を洩らしていたことを確かめたのでした。
次の取引はメキシコからコカイン入りのタイルを運ぶ事。今度はステーブラーの家となっているフォレストヒルズに品物を届けさせ、受け渡しの際にケンドルを逮捕する計画を立てます。シナリオどおりに話は運び、ステーブラーはケンドルを逮捕しようとして名乗ったところで、彼が銃を向けたのですかさずステーブラーは応戦し、ケンドルを撃ってしまいました。ケンドルは死亡し、ステーブラーは内部調査の対象となり、タッカーにバッジと銃を取り上げられてしまいます。重要な情報源であるケンドルを撃ってしまったことを、そのときの状況ではどうしようもなかったとしても、ステーブラーは後悔していました。
ステーブラーはなんとかこの事件を解決したいと思いますが、表向きには捜査ができないのでオフィスで手助け。でもかなり精神的負担が大きかったようでかなりイライラしています。キャシーが心配してオフィスに来ても、ステーブラーは仕事を優先していました。メキシコからミルクを運んでいたのが、ファイファー家の妻のローラだとわかり、彼女が身を隠している場所へ行くとすでに殺された後。他にも乳児を持つ家族が殺されていて、彼らはデレクの上司のジェラードと接触していました。組織の黒幕であるジェラードが逮捕され、事件は解決、ステーブラーもバッジと銃を返してもらいました。ベンソンは過去の自分のことを思い出し、ステーブラーにカウンセリングを受けるように勧めますが、カウンセリングの効果は気休めにしかならないと、二人とも承知していました。

Meloniファン必見エピ!
久々にMeloniの魅力を堪能しました。
なにしろコカインの売人に扮して囮捜査ですもん。
ケラーならこんなことは朝飯前ですが(笑)
ステーブラーはそれほど囮捜査には慣れてないみたい。
ノウハウをフィンからしっかり学び
眼鏡を掛けてウォールストリートのビジネスマン風。
見えなくもないですね(笑)
その雰囲気を壊さずに、ちょっとびくつきながら
ケンドルに殴られても決して仕返しせずに
なんとかホワイトカラーなディーラーを演じきっていました。

囮捜査は筋書き通り進んだんですが
いよいよケンドル逮捕ってところで
ステーブラーが刑事であることを名乗るとケンドルが銃を構えてきたので
反射的に引鉄を引いてしまいます。
身を守るためには仕方ない事だけど
重要な参考人を撃ってしまったことでステーブラーは後悔。
ここからボロボロになっていくんですよね。
しかもタッカーの尋問つき。
タッカー=FBIのテイラー捜査官ですから、ケラーの天敵だもん。
尋問シーンはOZの再来に思えてしまいました。
ステーブラーはずっと素直だけどね。
svu4-12-1.jpg

事件は何とか解決し、ステーブラーもお咎めなく戻れたけど
内務調査の対象となるってことは、それなりに精神的負担もあるのでしょう。
ステーブラーはほっさんじゃないですから
滅多やたらと銃を抜かないし。
この先彼の仕事に支障を来たさなければいいんですけど。

久々のMeloniの変身振りを楽しませてもらいましたが
たまにはケラーぐらい弾けて欲しいな(ありえないけど)
実は#15「Pandora」がステーブラーワンマンショーで
またMeloniファン必見なんですよね。
ご期待ください。

CSI S8-#2 「暗闇の快感」 CSI:NY S4-#14 「炎のレーサー」

どちらも片方は路上でスピードを出しすぎて死んじゃった事件と
もう片方はそんな目に遭いたくない?!事件。
偶然なのかパターンが似てました。
というわけでごちゃ混ぜで感想を述べていきます。

まずスピード狂事件。
路上でゴーカートやらリュージュやら
夜、車が走っていなければいいのかい?
まだベガスのゴーカートの方が
どうしても決着をつけたいっていう思いが感じられたし
人里はなれた場所でのレースだから一応納得するとして
でもNYの人たちは・・・いつものことだけど理解不能です。
どうして公共の場所でこんなにおバカな競争をしたくなるのでしょう。
しかもスポンサーつきですか??
やれやれ。
NYPDもやってられないよね。
NYではありとあらゆる犯罪が起きますから
事件の複雑な背景を読み取り
容疑者を心理分析しなければならない事件はゴーレンさんにお任せして
こっちには本当に単純におバカな事件が回ってくるのでしょう。
ご苦労様です。

そしてそんな目に遭いたくない事件。
暗闇レストランで食事もしたくないし
トイレに閉じ込めて水没はもっと嫌!
またNYの公衆トイレが疑問だったんですけど
3回に一度自動洗浄ってどういうこと?
それまではまさか水が流れないわけじゃないよね。
普通に自動洗浄が当たり前のトイレを使っていると
イマイチトイレの仕組みがよくわからず。
日本のトイレ事情が進みすぎてるんだと思いますけど。
入札で負けたからトイレを故障させてやろうとしたバカオヤジ。
やってることが子供だぞ!
巻き込まれてしまった囚人の恋人は
せっかくの用意周到な計画が、まさに水の泡・・・
何が起きるかわからないおバカな都市NYだからこそ
用心しなきゃいけなかったんですね。
でもやっぱり街中の個室トイレは怖いな。
普通に性犯罪とかに巻き込まれそう。

そして暗闇レストラン。
あれって一体?
見えないところでご飯を食べたら不衛生じゃないですか(笑)
どうもみなさん目的はお食事じゃなさそうだし。
しかもシェフが4400のアラーナだったので
またしても4400の陰謀に見えてしまいました。
真犯人のマイケル、見えなくてもOKだからやりたい放題っていうのも
なかなか賢いと思いましたが(犯人を褒めてどうする)
こちらも殺人事件が起こらなくても、誰かがレイプの被害を訴えて
ベガスのSVUの捜査が入るような気がしました。

サラとグリッソムのお付き合いが公認されちゃって
エクリーだけが一人イライラしてましたが
みんなは事件解決後ゴーカートで大はしゃぎ。
めでたくてよろしいじゃないですか!
でもエクリーは許してくれないのかな。

このドラマをリタイアした理由 Pt.1

某所で「おすすめできない海外ドラマとその理由」を挙げる企画がありまして
みんながそれぞれ何故リタイアしたのかを述べているんですが
列挙されているドラマとその理由にすごく納得。
中には若干自分にとっては大好きなドラマも入ってましたが
大半がやっぱりリタイアしました!なドラマだったので
皆さん考えてる事が一緒なのかなとなんだか嬉しくなっていました。

最近本当にたくさんの海外ドラマがオンエアされるようになり
とてもじゃないけど全部観る事はできません。
必然的に取捨選択を迫られ
タイトルや内容を知ったところでこれは自分には合わないとパスするもの
一応パイロットを観てその先どうするか判断するもの
1シーズン観たけどその先続けるか悩むもの
と段階を経てリタイアするドラマを決めています。
もし時間に余裕があれば観たい!っていうドラマもあるんですけどね。

ここで今まで視聴していていたドラマを
どうしてリタイアのか、自分なりに振り返ってみることにしました。
これはあくまでも個人的主観なので
こんなに面白いドラマを何故?って思われる人も多いと思いますが
切って減らさなければならないことが大前提にあるために
いたしかたないとご理解くださいませ。

まずはブログにカテゴリーを作ったのに、リタイアしてしまったドラマの理由から。

①The Guardian
S2まで視聴したところでストップ。
実はリタイアしたわけではなく、S3の録画もあるんですけど
なかなか観る時間が取れなくて一休み状態です。
理由はドラマがFOXからCRIMEに移動していったん観られなくなってしまったから。
その後CRIMEで何度か放映がありましたが、今はラインナップから消えてますね。
FOX内での移動の犠牲になったドラマだと思います。
とても面白いんだけど・・・なのでいずれ観るつもり。

②LOST
S4の途中で消えるようにリタイア。
S3でパウロに期待しすぎたのが間違いでした。
大して活躍場面もないまま埋められてしまって。
そのあとはなんとなくボーっと観ているうちに
話にどんどんついていけなくなって、こりゃ無理だと思って止めました。
LOSTは熱く語れる人と、諦めちゃった人とはっきり別れているようです。

③Smallville
AXNでS3まで観たのかな?
いつまで続く青春ドラマ?的な雰囲気についていけなくなりました。
今はもうクラークも大人になってると思いますが。
実はクラーク父とレックス父のファンだという
へそ曲がりな見方が敗因だったのかも。

④That '70s Show
シットコムは絶対観ないと決めていたのに
このドラマだけは大好きでした。
70年代の雰囲気が楽しかったし、笑いのツボも気に入ってました。
S4までは毎回HPの方にエピガイも書いていたんですけど
FOXLifeに移動したとたんありえない!邦題がつき
S5がいつ始まったのかもわからず、すっかり出遅れてしまいました。
というわけで突如熱が醒めてしまってパス。
観れば十分笑えるとわかっているんですけど。

次回(いつかになるかは不明)は
その他のドラマで取り上げたドラマのリタイア理由を探りたいと思います。

Everwood S3-#11 「過ちのあと」

エフラムとエイミーは仲たがい中。
もう1ヶ月近く続いています。
それでも学校で顔を合わせるときはあるので
エフラムはなんとかエイミーと和解しようと努力するんですが
エイミーは聞き入れようとしません。
エフラムは何とかしたいと思い、ブライトに相談に行きます。
二人がお互いを避けずに、きちんと話し合う場を持てばいい。
だったら俺が招待したってことで、アボット家に食事に来れば?と
ブライトはナイスな提案をしてくれました。

エフラムがアボット家に行くと、両親は温かく迎えてくれますが
エイミーはご機嫌斜めなまま。
エフラムの会話に突っかかってくるので、エフラムもつい本音でぶつかってしまい
エフラムがマディソンに会いに行ったことをアボットが知ってしまいます。
ようやく二人が本音で話せたとはいえ、さらに険悪モード。
そしてアボットはマディソンがらみの展開が心配になって
アンドリューに意見しにきます。
マディソンはいなかったんだから特に問題はなかったのに。
でもアボットは子供たちのお付き合いがいちいちに気になるみたい。

もう修復不可能?
別れた方がいいのかもとお互い思い始めたエイミーとエフラム、
でもエイミーが悩んでいたのはマディソンのことじゃありませんでした。
エフラムと付き合いだしてから、自分をずっと犠牲にしてきた。
やりたいことも我慢したし、勉強するのもエフラムのスタジオ。
ついついエフラムに合わせていたのでした。
バレエのオーディションも受けたかったけど、あのときは時間がなかったし。
あまりにも失ったものが多すぎたとエイミーは感じていたのでした。
ここでエフラムと別れたらエイミーは失ったものを取り戻せる?
だけどエフラムは、もしここで別れたら僕は君を失うと
はっきり答えていました。
エフラムにとっては、エイミーはそれだけ大切な存在なのです。

ハンナはエイミーとエフラムは理想的カップルだと信じていて
二人の仲をなんとか取り持ちたいと思っていました。
ブライトもそんなハンナの熱意に納得。
ハンナがエイミーの家で今後の作戦を練っているとき
サンドイッチを作りに降りてきたハンナに付き合うブライトの会話。
二人の恋愛間は全く違うものの
とっても素敵なカップルに見えたんですが
二人の恋はありえないのかなぁ。
とても応援したい気分なんですけど!

エイミーは結論を出してエフラムの家に来ます。
二人の関係は終わったわけではなく
エイミーはもっと自分の時間を作るようにする
そのためにエフラムにも協力してもらいます。
エフラムも了解。ほっとしました。
S2までの二人だったら、こじれてしまったらとことんこじれっぱなしだったけど
お互いを思う気持ちは確かな今は
なんとかいい方法を探れるようになってきたので
一歩先に進んだってことでしょうか。
特にエフラムがエイミーを思う気持ちがストレートに伝わってきて
エイミーは幸せ者ですよ!

大人たちの事情はもう少し複雑。
一線を越えてしまったアマンダとアンドリューは
これではまずいということで
まずジョンを別のドクターに任せることにします。
これで二人は赤の他人。
アマンダは自分の時間ができたからハワイに行く事になり
もう二人は顔を合わせることもないだろうと結論を出します。
ところがアンドリューが血を吐いて倒れ
アボットがすぐに入院手続きを取ってくれます。
症状はたいしたことがなかったんですが
心配したアマンダが見舞いに来てくれます。
アマンダと出会って以来ストレスを抱えていたアンドリュー
体調に出てしまいました。
そしてストレスフリーになるためには
お互いの気持ちに素直になるべき。
それはいいけれど、でも世間一般的には二人は不倫関係です。
アボットは自分の診療所閉鎖の一件もあり
倫理に悖る事はすべきじゃないと警告しているんですけど。

もう一人ストレスが溜まっているのはアーヴ。
エドナが生き生きと働いている分、することがなくて腐っちゃうんですよね。
アーヴが執筆活動をしたがっていたことを思い出したエドナは
ジェイクの勧めもあって貯金をはたいてアーヴのために
家に書斎を準備してあげます。
でもアーヴの欲しかったのは書斎ではありませんでした。
ただ二人で旅に出たかった。
もう勝手にすればとエドナにさじを投げられたアーヴは
エドナと距離をおきたいと言いはじめます。

子供たちにはほっとしたけど、大人たちはどうなるのでしょう。

Desperate Housewives S4-#1 「再会」

久々のデス妻。これだけはNHKも見捨てなかったんですね。
S3ファイナルがどう終わったのか、日記を読み返してみたんですが
あまり気になるクリフハンガーじゃありませんでした。
だからS4スタートもそんなにハラハラ感がなく
こうやって続くのかって冷静に受け止めてしまいました。
しかもあっという間に一ヶ月後に飛んでるし。
密かに予想していたイーディの首吊り自殺が当たっていたのでにっこり。
でもとりあえず未遂で終わりました。

一番衝撃的だったのがカツラ姿のリネットかな。
抗がん剤治療しているためにカツラ着用ですが
子供たちに悟られないようにトムと一緒に気を遣っています。
でも体は辛いのよね。
これ以上仕事を回さないでとカツラを取ってアピール。
大いに効き目がありました。
そしてみんなにもカツラ着用中であることをバラしたリネット。
親友だから秘密は禁物っていう誓いをしたんですが
他の人たちはやっぱり秘密が好き!

特にブリー。インチキ妊婦の姿は
パーティーでお腹にフォークが刺さっても全然平気だから危険です。
もう嘘をつくのは止めようかとも思ったんですが
ダニエルの事を考えるとブリーとオーソンはインチキを続けるしかないのでした。

更年期かと思って悩んでいたスーザンは実はおめでた、
相変わらずオメデタイスーザンとマイク。
勝手にお幸せに・・・

ガブリエルとカルロスの関係も
イーディの自殺未遂でちょっと小休止と思ったら
なかなかすっきり片付かないようで。

そしてウィステリア通りにまた新たな住民が。
今回越してきたキャサリンとディラン、そしてアダムは
かつてここに住んでいた人たちでした。
でもジュリーはかつての親友だったディランが
あまりにも別人になってしまったので驚きます。
キャサリンを演じているのがDana Delany。
kidnappedでは息子が誘拐されてしまったお母さんだし
Pasadenaではゴタゴタファミリーのトラブル妻だったし
Presidio Medでは有能なドクターだけど浮気妻だったし
観てきたドラマでいつもなんだか問題を起こしてるんですよね。
そしてデス妻レギュラーなら間違いなく問題山積みでしょう。

イマイチ地味なスタートでしたが、これから徐々に盛り上がってくれることを期待します。

Criminal Minds S3-#14 「20年目の決着」

ロッシが20年間抱え込んでいた3兄弟に関わる事件に終止符が・・・

WOWOWのブログを読んでいたら
「父の記憶」のときにロッシは21年前に起きたって語っていたそうですが
いつの間にか20年前の事件に変わったんだって。
事件が起きたのもクリスマスから3月に変更されてました。
いろいろと場面設定の都合が悪くなったのでずれてしまったのでしょうか。

ガルシアとリンチ君、そんな感じに発展してたんですね。
でもいきなりロッシがガルシア宅に押しかけてきたので
ご法度のはずの職場恋愛がばれちゃいました。
ガルシアはものすごく心配してたけど
二人の関係を知ってしまったモーガンもそれなりに焦ってました。
だけどロッシの押しかけ方ってかなり失礼ですよね。
上司ならプライベートも関係なくずかずか入り込んでもいいってものでもないと思うけど。

とにかくかなり焦り気味のロッシ。
でもあとで話を聞くと、それほど慌てる必要もなかった気がするんですが
毎年恒例の現場チェックっていう感じだし。
だけどBAUに無断で別行動するために、のっぴきならない理由がっていう
状況証拠を作る必要があったのかな。
あんなにガルシアを焦らせちゃったし、ロッシのデスクの散らかり具合も尋常じゃない
みんなはすごく心配になって、ロッシを追い掛けインディアナポリスに飛んでいきました。

実は大騒ぎする事じゃないってロッシはお怒り。
でもプレンティスに「チームです。」って言われてしまったから
勝手な行動の言い訳をしなければならなくなりました。
3兄弟の悲劇はロッシが直接担当した事件ではなく
事件の帰りに居合わせてしまい、
「犯人に二度とこんな事をさせない。」と誓い
その後も3兄弟のことを気遣い続けてきたのでした。
でも3兄弟にとっては今更迷惑な話。
しかも毎年こそっとぬいぐるみのプレゼントを置いてくか?
と姉がロッシに文句をつけたために
迷宮入り状態だった事件解決の突破口が開けました。
ぬいぐるみを届けているのはロッシじゃない。
罪を償おうとしている別の人物がいるのです。

犯人は移動遊園地のオーナーの息子で
遊園地でピエロを演じている男でした。
男は発達障害があり、
前日遊園地で会った女の子を追いかけて家に来たら両親に気づかれて殴られたために、
怒って側にあった斧で両親を殺してしまったのでした。
父親が後で証拠を隠滅、でも息子に罪を償わせるために
その後もずっとプレゼントを届けていたようです。
この息子、他にもかなり余罪があるようで
発達障害ということでどこまで罪の意識があるのかわかりませんが
だからと言って父が事件を封印しちゃまずいですよね。
親を殺された子供たちのことを思えば、息子の罪を隠してしらんぷりではすまないはず。
ようやく20年来の事件解決、とはいえなんだかすっきりしませんでした。

ホッチとリード君は、死刑執行前の死刑囚の面接に行きます。
出てきた副所長が、なんとも頼りなげな怪しげな感じ。
だって怪優デニス様ですから!
こんなところでお目にかかれるとは思ってもみませんでした。
思わず彼が悪さをしてくれるのか?と期待しましたが
登場はその一瞬だけ。もったいない!

そして死刑囚が本当に悪そうなオヤジで
喋ってる事はインチキだらけだし
離婚話でイライラ状態だったホッチはさらにイライラが加速。
頭にきてもう打ちきりにするつもりでブザーを押したら
看守がドアを開けてくれないんですよね。
ただ今囚人が運動の時間なので、呼んでも誰も来ないぞと
死刑囚は二人を脅し始めます。
ここは刑務所なのでもちろんホッチとリードは丸腰。
ホッチはいざというときに備えて、上着を脱いじゃいました!
リード君はオドオドしながら隅に寄り始めています。
凶暴な死刑囚と丸腰捜査官を同じ部屋に閉じ込めて放置状態なんて
いったいどういう刑務所なんでしょう。
もしかしたらデニス様は影でほくそ笑んでたりして(笑)
ここがOZだったら二人は絶対やられてますね。

とにかく死刑囚がそんな気を起こさないようにと
リード君が始めたのが死刑囚のプロファイリング。
リード君が自前の知識を総動員させて
とにかく休む暇なく、死刑囚のプロファイリングを延々述べていきます。
あれだけ的を得ていると、言われた方も聞き入ってしまい
だからそういう結論に達したかと一緒に納得していました。
そのときタイミングよく看守が到着。
デニス様は時間を計ってましたか??

ロッシ組もホッチ組も本部に到着。
リンチ君が「男としての話がある。」とロッシに真正面から立ち向かっていったとき
そうか!ってみんなビックリ&感心&納得してたのに
リード君だけは何がなんだか全くわかっていませんでした。
勘を働かせるのはリード君には難しすぎましたか。

Without a Trace S4-316 「小さな手」

失踪者を追え!

☆失踪者  イーサン・へラー 5歳。シッターが学校に送るためにイーサンを自宅前で車に乗せたところ、男が車を奪って逃走。連絡を受けた母ステファニーはすぐに帰宅してジャックの事情聴取を受ける。ステファニーは石油会社のロビイストで、環境団体から嫌がらせを受けていたが、攻撃してきた男にはアリバイがあった。夫のジムはジェネコア薬品の研究員だが、会社に連絡したのになかなか帰宅しない。ステファニーは最近ジムの様子がおかしいために口論になり、ジムが家を出てしまったと説明する。ジェネコア薬品を調べると、ジムはイーサン誘拐の連絡を受けてもなかなか動こうとしなかったことがわかる。職場のジムのPCに、イーサンが「お願い、パパ、言うとおりにして。」と言わされ車で連れ去られる様子が録画された映像が送られていた。ジムは誘拐犯とコンタクトを取っているが、誘拐犯の要求は金ではなさそうだ。映像の様子から犯人は複数と思われた。
ジムと親しいアルはリサーチ部門の責任者で、ジムが4日前に駐車場で男に襲われるのを見たが、警察に通報しないでくれと言ってきたと話す。

ジムの車が発見される。ジムは車内でじっとしたままだった。ジャックは車に乗り込み、イーサンを連れ戻すために情報を求めるが、ジムは「何も言う事はない。」と口をつぐんだままだ。ジャックはジムを車から引き摺り降ろし、拘留してしまう。
ジムはM・ビランテ宛に金を振り込んでいた。ビランテはジムから5万ドルを受け取っていたが、ビランテの息子のトミーは、ジェネコア薬品が開発した喘息の薬エクソレアの被験者で、3年間薬を使用したが、結局亡くなってしまった。トミーの死後ジムがビランテ家にフォローアップしに来たのだった。ジムは他にもエクソレアの被験者の家を訪ねていた。
ジェネコア薬品のマイケル・フレッチャーは、エクソレアは効き目の高い人気商品だが、ジムは隠れて被験者の調査をし、感染データをまとめていた。だがそれはエクソレアとは無関係だと証明されたと説明する。ジェネコア薬品の株は2日後に交付されるため、事前にエクソレアの問題点が指摘されると株券は白紙となってしまう。だがジムはトミーのほかにも薬に因る死亡者を確認していた。

★ジムはようやく犯人に「僕が黙っていればイーサンを返す。」と言われたと話す。ジムは2ヶ月前イーサンを病院に連れて行き川崎病の診断が出たときに、20年来続いている治療法を用いると知って安心した。エクソレアは1年前に安全ではない事がわかっていたのに、安全だとレッテルが貼られ認可を受けてしまった。ジムはこの情報を伝えなくてはならないと思い、独自の調査を行っていたのだった。
警官がイーサンを連れ去った車を発見する。一人が外に出ているとき、警官は運転席の男に話しかけようとしたところ、外の男が撃ってきたので撃ち返し、その間に車は逃走してしまう。撃たれた男は元アルが働いていた会社の社員だった。ジャックはアルを尋問し、「エクソレアはいい薬だが例外的に副作用が出てしまった。ジムが問題に気づき公表しようとしたためデータを改ざんした。イーサンは株が交付されたらジムに返すつもりだ。」と自白する。
逃亡した犯人は埠頭にイーサンを連れてくる。ダニーとマーティンが埠頭に行って、イーサンの身柄を確保する。

クスリが切れてボロボロのマーティンを追え!

☆マーティンは鎮痛剤を飲んでいないのでしょうか。やたらとイライラして落ち着きません。ステファニーの事情聴取でも彼女を怒鳴りつけ、アルの事情聴取でもイライラしています。ついにトイレに駆け込んで落ち着こうとするマーティンにダニーがどうしたんだと尋ねると、マーティンは体調が悪いと言い訳します。だが薬切れ状態が続き、イライラは解消されません。
イーサンを保護するために埠頭へ行ったマーティンは、イーサンの姿を見ると銃を構えて近づきます。ダニーがバックアップを待とうとストップを掛けますが、マーティンは構わずイーサンに近づいていきます。犯人が気づいて銃口を向けたためにダニーが犯人を撃ち危険を回避しますが、その間マーティンは固まったまま。「子供を確保しろ!」とダニーが怒鳴りつけました。慌てて我に返りイーサンを抱きしめるマーティン。とても危険な状態でした。
オフィスに戻ってからマーティンはダニーに言い訳しようとしますが、その前にダニーが「危うく子供を殺すところだった。」と怒り出します。ダニーはマーティンが薬の依存症になっていたのを見抜いていました。ダニーはマーティンに治療するよう命じ、マーティンが言い訳する前に「もう巻き込んでいる。」と吐き捨てて出て行ってしまいます。
  
wat4-16-2.jpg wat4-16-3.jpg wat4-16-4.jpg

天才子役のイーサン君を追え!
イーサン・へラー(Joseph Castanon)
ジムとステファニーの息子。ステファニーがジャングルジムを注文し、庭に設置してもらい楽しく遊んでいたら、ジムに危ないから遊ぶなと注意されてしまう。ジムの態度が変わってからおねしょをするようになり、ステファニーの仕事が忙しいためにほとんどかまってもらえず、寂しそうな様子を見せていた。そんなとき何者かに誘拐されてしまう。

Joseph Castanonは1997年生まれ。Ghost Whispererで亡霊のケニー役で登場し、大きな瞳で悲しみを訴える姿にほろりとさせられました。NCISではザック役で登場し、ディノッゾを見事に振り回し、すっかり大人たちを食っていました。SharkではS1-#3「名外科医の苦悩」でやはりイーサン役で登場。外科医の妻が失踪し、やがて遺体で発見されますが、夫が殺したかどうかを証言する立場に追い込まれ、しっかり練習したものの、いざ法廷に立ってみると「わからない。」と言い出してスタークを困らせます。他にはJericho、Pepper Dennisなどにもゲスト出演し、子供とは思えない見事な演技を見せてくれます。

wat4-16-1.jpg

すっかり虜になってしまった天才坊や君が再登場♪
いつ観てもあのお目目にやられちゃうんだよね。
なんてキュートなんでしょう。
今回はすぐに失踪しちゃってあまり出番がなく残念でしたが
無事に見つかってよかったです。
マーティンのせいで、もう少しで撃たれそうでしたが。
ダニーに指摘され慌ててイーサンに駆け寄るマーティン。
おまわりさんだよって言ってたけど、
小さい子にはFBIもおまわりさんですかね。

そしてついにヤク中マーティンの正体がダニーにバレちゃいました。
ダニーも薄々気がついていたんでしょうね。
でも確信が持てなかった?もう少し早く指摘してあげてもよかったのに。
それにしても今回のマーティンはボロボロすぎました。
薬断ちを決意したっていうより、
処方箋がなくて薬が手に入らなかったっていう感じの薬切れ状態。
なんて機嫌の悪そうな顔をしてるんでしょう。
眉間のたて皺が怖すぎます。
あれじゃ質問される側も気分よくないし、観ているこっちもイライラしちゃいます。
しかもいざという場での的確な判断や行動力が欠如してる・・・
ダニーの言うとおり、巻き込まれるのは勘弁して!
さて、マーティンは素直に断薬会に参加できるのでしょうか。

Painkiller Jane #1 「秘められた力」

BS朝日で新しいドラマが始まることを教えてもらい、早速観てみました。
BSはNHKとWOWOW以外はノーチェックだったので
BS11のCobra 11のS8の放映にも気づかなかったし
でもこちらにも海外ドラマの波は押し寄せていたんですね。
とてもありがたいんですが、また観るものが増える(泣)

Sci-fiで2007年にオンエアされたカナダ製作のドラマ。
製作総指揮が24のGill Grantだっていうのが売りのようですが
痛みに打ち勝つ事ができるペインキラーなジェーンがヒロインのSci-fiアクション作品です。

ジェーンはDEA捜査官。同僚のモーリーンと潜入捜査しているうちに
特殊能力を持つニューロに出くわし、ジェーンはニューロを倒します。
ジェーンの力を見極めたアンドレはジェーンを秘密組織に迎え入れます。
ジェーンはパスしたかったんだけど、組織のアジトを見つけてしまったのが運の尽き。
DEAでは不正を働いたってことになっていて戻る場所がありませんでした。

組織の任務はニューロを倒すこと。
ジェーンはニューロが操っている製薬会社に潜入しますが
ジェーンと一緒に潜入したスティ-ブが実はニューロに洗脳されていて
突如ジェーンを攻撃。
ジェーンはスティーブと共に高層ビルの46階から地面に転落。
当然死亡したものと処理されたのですが
ジェーンはそのとき母の葬儀の様子を思い出していました。
そして目覚め、起き上がって組織にたどり着きます。
ジェーンは痛みを感じるけど、あっという間に治ってしまうという
特殊能力を得ていたのでした。
どうして??
そして山のようなニューロが今も製造中です。

この先ジェーンや組織とニューロの戦いが続くのでしょうが
Sci-fi度が強くてもニューロがとりあえず人間なのでOK!です。
そしてヒロインのジェーンにも好感がもてるし。
演じているKristanna LokenはTerminator 3で有名だそうですが
私はあっという間に打ちきりドラマのD.C.で姿を観ていました。
オヤジたちもなかなかいい感じ。
ボスのアンドレが渋くて素敵だし、元囚人のコナーも迫力あってカッコイイ。
オタク系?なライリーはちょっと雰囲気がBONESのホッジンス風でしたが
そのうち怪しさ?がわかってくるでしょう。
元地下鉄職員のジョーもむちゃくちゃ渋オヤジです。
そしてドクターセスもそれなりにイケメン?
カナダドラマは目の保養になるんだよね!

ということでキャストに馴染めたから
この先も頑張って視聴決定!
22話お付き合いさせてもらいます。
そしてBS朝日のHPがとてもわかりやすくて助かりました!

予定外のドラマを追加してしまったので
泣く泣くリタイア宣言を!
「Private Practice」とお別れすることにしました。
決して嫌いなドラマじゃないんですけど、
どうも次が早く観たいっていうワクワク感がもてないんだよね。
どうしても犯罪絡みドラマが優先されるのは宿命なんだろうな。

Law&Order SVU S4-#11 「Dameged」

レンタルビデオ店にビデオを借りに来たジョンが店の前で銃で撃たれて死亡。犯人は続いて店内にいた6歳の少女を撃ったが、銃を手にした店員ジョーイに撃たれて死亡した。犯人はエリック・キャンベルで顔を隠して店に入り、金を奪おうとしての犯行だった。撃たれた少女レベッカは病院に運ばれるが植物状態で、一緒にいた姉のミッシーは、レベッカはパパっ子だったから私が怒られると興奮していた。事件の担当刑事ドーソンは、レベッカの検査の結果彼女tが淋病に掛かっていたので、児童虐待の形跡があるとSVUに捜査を依頼する。
ベンソンは父親のピーター・カーツに事情を説明し、検査を受けるよう勧めるが拒否される。だが家族を調べていくうちにミッシーが5年前に父に性的虐待を受けたと児童サービス局に通報していた事がわかる。これはスキンシップの誤解ということで解決していたが、ミッシーは実腑に殴られて里子に出され、カーツケに引き取られていた。
レベッカの学校に事情を説明に行っても教師の検査は許可が下りず、そのうち両親がレベッカの尊厳死を申し出る。検察側はレベッカの膣鏡検査を頼み、判事から許可を得て検査するとレベッカは何度もレイプされていた、ピーターは検査の結果陰性だったが、医者はミッシーが淋病にかかっていたので治療したと話す。ミッシーはBFが自分と妹をレイプしたと言っていた。
BEのジョーイはレンタルビデオ店の店員で、レベッカがレイプされた事をばらすと言ったので、二人が店に来ないと殺すと脅していた。しかもジョーイとエリックは友人で、ジョーイの父親のマルコムは力のある弁護士だった。
エリックの家を捜索すると、エリックは最近テレビやDVDプレーヤー等多数の電化製品を買っていた。留守電にはジョーイがエリックに犯行計画を確認するメッセージが残されていた。エリックは最初からレベッカを撃つつもりだったが誤ってジョンを撃ってしまい、その後確実にレベッカを撃ったものと考えられた。
ジョーイの取調べが始まり、証拠品のビデオテープが見つかる。テープではミッシーがジョーイにレベッカのレイプを強要していた。ジョーイはミッシーを愛していると思っていたが、検査の結果淋病は陰性で、ミッシーは別の男から移されたようだった。
ジョーイはようやく真実を語り始める。ジョーイはビデオ店でエリックと知り合い、ミッシーを紹介された。ミッシーはレベッカを薬で眠らせてレイプしたが、レベッカが途中で目覚めて「言いつける。」と言い出したので、ジョーイにレベッカの始末を頼んだがジョーイが拒否。ならばエリックにと金を渡し、エリックがレベッカを撃ち、ジョーイがエリックを撃つという段取りをつけたのだった。
ジョーイには死刑が求刑されるが、犯行を計画したのはミッシーだ。ミッシーの刑事免責を無効にしてもらうようアレックスは取り計らい、ミッシーをファンが事情聴取し、ミッシーは反社会的な人間だと結論付ける。
ミッシーはダイヤを質に入れて金を作りエリックに渡していた。ミッシーはレベッカを妹ではないと断言する。

レンタルビデオ店での連続殺人事件の捜査をしている途中で、被害者の少女レベッカがレイプされていることがわかり、児童虐待の件でSVUが捜査を始めます。まず疑われるのがレベッカの父親のピーターでしたが、ピーターはやっとできた自分の娘を大切にしていました。レベッカが学校で事件に巻き込まれていなかったかを調べようとしましたが、こちらも難航します。だがレベッカは最近注意力散漫だったという答えが返ってきます。
容疑者の特定ができないままレベッカの状態は悪化し、臓器提供を考えていた両親はレベッカの尊厳死を申し出ます。だがレベッカが死んでしまうとレイプ検査ができません。淋病にかかっているというだけでなく、きちんとしたレイプ検査をさせて結果を出させて欲しい」とアレックスらは両親を説得。ステーブラーは「自分の子供がレイプされたら犯人を知りたい。」と犯人を見つけ出し、さらに事件の被害者を増やさないように努める事がSVUの任務だと強調します。
検査の件は解決しましたがレベッカは亡くなってしまいます。父親は陰性、でも姉のミッシーが淋病に掛かっていた事がわかり、捜査対象はミッシーとその周囲に変わってきます。するとミッシーとレベッカをレイプしたのはミッシーのBFのジョーイで、ジョーイはビデオ店の店員。強盗に来て射殺されたエリックの友人だと判明し、仕組まれた事件の可能性が濃くなってきました。
ジョーイの逮捕状を持たないままベンソンとステーブラーはジョーイの家に向かい、外へジョーイを連れ出したところで逮捕してしまいました。弁護士のマルコムは早速ジョーイの弁護につき、対決姿勢を顕わにしますが、ジョーイは拘留されてしまいます。マルコムは留守電のメッセージは証拠にはならないと訴えてきますが、レベッカがレイプされた様子を映したビデオはジョーイが事件に絡んでいる事をはっきりと示していました。
だが主犯はミッシーで、ジョーイは利用されているようです。マルコムやアレックらはなんとかジョーイから真相を聞き出そうとし、ミッシーによるレベッカのレイプと殺人計画の全貌を知ります。
検察がミッシー逮捕に踏み切ろうとしても、最初は事件の被害者だったミッシーは刑事免責を与えられていて取り調べられません。アレックスはマルコムと相談し、なんとかジョーイを救おうと、判事の決定を覆して欲しいと頼み込み厳しく判事に咎められます。
ミッシーの両親はビデオを観て激しく嘆きます。ミッシーがエリックに殺人の報酬として1000ドル渡していた事も明らかになりました。ミッシーは罪の意識がなく、あくまでもジョーイと戦う姿勢を見せていましたが、彼女はレベッカを妹だと思っていないと洩らします。里子のミッシーには、自分がもらわれた後両親にレベッカが産まれ、レベッカばかり可愛がられるのが許せなかったのでしょうか。
殺人事件の捜査を担当するドーソン刑事を演じるのはEric Palladino。ERのマルッチ役でおなじみです。ドーソンは今シーズンもう一度登場します。

里子の姉は実子の妹が両親に可愛がられるのが面白くなかったのか
子守りを任されるのもうんざりだったんでしょうね。
そこでちょっとイタズラしてみようとしたら、妹にばれてしまったので
今度は殺人を計画。
それが妹だけじゃなく赤の他人まで巻き込むとんでもないものになってしまいました。
うまいこと利用されたジョーイはよっぽどのお人よしか?
報酬をもらったけど殺されてしまったエリックもあんまりだし
もちろん流れ弾が当たったジョンなんて不幸すぎます。

平気で殺人計画を実行させてしまったミッシーって
それなりに女の魅力があったんですかね。
幼い頃実父に痛めつけられていたことが
彼女の性格をさらに歪めさせてしまったのでしょう。
遺伝と育った環境が、やはり犯罪者を生み出すことになるのかな。
CMとL&Oシリーズは観るたびにあれこれ考え込んでしまいます。

ERのマルッチが刑事役でまともに仕事していました。
なんだかほっとしちゃいました(笑)

The West Wing S6-#9 「首脳会談の裏で」

TWWも普段ぼーっと観ているドラマの一つですが
最近ちょっと緊張してます。
心配なのがバートレット大統領の健康面。
こんな状態で訪中していいのでしょうか?
案の定機内で体調が悪化。
歩けない状態なのに北京の空港ではリフトの用意もない?
みんなでバタバタしているうちにでっかいスタッフが
大統領を抱きかかえて降りてしまいました。

本当に調子が悪いのに大統領は首脳会談に出席。
でもやはり辛くなってヘルプのサインを出すけど
なかなかCJは助けに行けず。
ようやくサインをチェックして大統領を連れ出しました。
でもなんとか結論を出したい大統領は
もう帰る頃になって首相とこっそりミーティング。
ずいぶん時間が掛かりましたが
大統領はやるべきことをきっちり果たしてきました。
北朝鮮がらみの取り決めでしたが、さすが大統領です。
ほっと一息。
でも大統領の病状はさらに悪化してしまいました・・・

ホワイトハウスではレオが手助けにきますが
彼の体調は大丈夫なんでしょうか。
そしてドナが突如辞めますと言って
本当に姿を消してしまいます。
すぐに似ても似つかぬ後釜の秘書が現れ
ジョシュは思い切り面食らってました。
こっちも面食らいます!
(でもすぐに戻ってきてくれそうなので心配はしてませんが・・・)
ジョシュはヒューストンに飛んでサントス下院議員の家を訪ねます。
ついに大統領選に向けて動き出しますか。
いよいよJimmy Smitzがたっぷり観られる!
彼はDexterのS3でもレギュラー扱いですからね。
TWWに比べるとオヤジ化が進んでますけど
ファンとしては嬉しい限りです。
あとはしつこいようですが、NYPD Blueの続きをよろしく!!

いつものことながら勘違いのアジアは相変わらず。
どこが北京での首脳会談の光景?
もっと研究してもらいたいです。
微妙に北京語も不気味だったし。
と思ったらアンドウくんが中国人に化けてたんですね。
全然気づきませんでした。
だって彼は韓国人or日本人にしか認識できないもん。
正しくアジアを識別してもらえるのはいつの日のことでしょう(泣)