INDEX    RSS    ADMIN

しばらく留守にします

明日からしばらく留守にします。
行き先は懲りずにまたソウルです。
街の中もすっかりわかるようになって落ち着くから…
辛い物を食べてマッタリしてきます。
ドラマも出会えれば帰ってきてレポートします。
スポンサーサイト

Everwood S4-#3 「作り笑顔」

エフラムはフレッシュな気分で大学生活を送るために
パーティーにも積極的に参加しようとブライトを誘います。
でもブライトはハンナがいるからダメと却下。
すっかりブライトは人が変わったようです。
でもエフラムは一人で行くのはつまらないし
だったらハンナも一緒に行けばいいのではと声を掛けると
意外にもハンナは興味を持ってくれます。
結局3人でパーティーに行くことに。
ブライトは最初はおとなしくしてましたが
友達が声を掛けてくれたらすぐに調子が戻ってきて
ハンナを無視して盛り上がり役に徹していました。
ハンナはわけがわからないまま納得。

エイミーはキャンパスのサークル勧誘で
写真部に参加しないかと呼びとめられます。
次に指定された場所へ行ったら彼女たちはカメラに興味を持ってる感じではなく
夜のパーティーに参加する話をしていました。
でもエイミーは偽IDを持ってないからダメ。
おまけに自宅生だってことで、みんなと距離を感じてしまいます。
仕方なく帰宅したエイミーが家でふてくされていると
アボットが一緒にテレビで映画を観ようと言い出しましたが
だったら外で一人で映画を観ることにします。
するとパーティーに飽きたエフラムも映画を観に来ました。
二人はちょっと離れて座って、でも一緒に映画を観ることにします。
まだなんだかぎこちなくても結局落ち着くみたい。
エイミーはエフラムと一緒だと楽なことに気づきます。

アンドリューは二ーナと友達関係を復活させようとしますが
アンドリューが二ーナにキスしたことを知ったジェイクは
アンドリューにはっきり敵意をむき出しにします。
ジェイクがいる限り二人が元のような関係に戻ることは難しいでしょう。
ローズは化学療法の効果を調べる検査の前で
ずいぶん体調もよくなってきました。
珍しく主治医ではなく夫のアボットを求めようとすると
アボットはまだその気になれずにいました。
そして彼女の前で恥をかかないように
バイアグラを処方してくれとアンドリューのところへやってきた高校生は
結局ネットで入手して粗悪品をつかまされ、病院送りになってしまいます。

エイミーはイケメンでもゲイだから無理!と諦めていたリード君。
話していたら彼女が現れ、二人は一緒にいなくなってしまいました。
ゲイなんて嘘!
エイミーはブライトに騙されたと怒ってますが、真相はどうなんでしょう。
しかもリード君はエイミー兄と元彼と同居中ですし。
話がややこしくなりそうです。

Desperate Housewives S4-#17 「苦しみよ さようなら」

ここまですっきり完結させちゃうと気分いいですね!

ボブとりーの結婚式ってことで
シーズンファイナルにゲイカップルが挙式するのはB&Sと一緒ですが
向こうのようなしみじみした感動は一切なく
ひたすらバタバタしまくりでした。

キャサリンはアダムはウェインに連れ去られたと思い
ディランと一緒に町を出ようとして
ついにディランに真実を告げるとディランは腹を立てて家を飛び出し
とにかくキャサリンは非常事態で、ブリーと一緒に行う予定だった結婚式の準備を
キャンセルさせておらいます。

ブリーはみんなに手伝いを頼むけど
自分が一番動き回らねばならず
氷の彫刻を車で運んでいたら車がパンク。
意地でベビーカーで運び始めたら
オーソンが手を差し伸べてくれました。
あれだけオーソンを拒否していたけど、結局お世話になることに。

リネットはミニピザをたくさん作ることになり
トムにお手伝いをお願いしていましたが
トムはまだ不満たらたら。
リーがすぐにボブに妥協する姿を見て
もっと強くならないと後が大変!なんてアドバイスしてしまいます。
そこでリーが強気に出たので激しくバトルになって、
結婚はしないぞ!なんて雰囲気になってきたので
慌ててトムは前言撤回。リネットや結婚生活の素晴らしさをじっくりと語ったのでした。

エリーがガブリエルに電話してクマのぬいぐるみを置き忘れたから
届けてほしいと頼んできます。
ガブリエルがクマのぬいぐるみを持ってくると、中に何か入ってる。
おなかを開けると札束がたんまり入ってました。
これで借金地獄から抜け出せるとガブリエルは大喜びですが
ちっともガブリエルが来ないので、エリーは家まで取りに来てしまいます。

ジュリーはプリンストンに合格。
サマースクールから参加すると言い出したのでスーザンはストップをかけてしまいます。
スーザンにはジュリーが離れて行ってしまうことが耐えられないのでした。
ジュリーはスーザンがいかに成長したかを語り落ち着かせてあげます。
全く親子の立場が逆転しちゃってるのはいつものことですね。

ウェインがキャサリンを拉致してディランの居所を教えろと脅し
そこへエリーがかくまってくれと入り混んできたら
ウェインはさっさと撃ち殺してしまいました。
そのあと様子を見に来たブリーもまた人質に。
キャサリンはかつてウェインからDVを受け逃げていた時
ディランを事故で亡くしてしまい、公にできず山に埋めたことを告白します。
そしてルーマニアでディランにそっくりの孤児を見つけ
連れ帰ってディランとして育てたのでした。
これでウェインの疑問は解決しましたが
そのとき血だらけのアダムが戻ってきます。
アダムとウェインのバトルはアダムの勝ち。
そしてキャサリンがウェインにとどめの一発を命中させます。
目撃者の証言もたくさんあって、キャサリンの正当防衛が証明され
事件は一件落着。
ディランは無事に戻ってきて、邪魔者はみんな消えていったのでした。

こんなにすっきり終わってしまったんだとホッとしてたら
いきなり5年後の妻たちが登場。
ガブリエルは子育て奮闘中。
ブリーはアンドリューとビジネスに着手しています。
リネットの息子は交代で悪さをして警察のご厄介に。
そしてスーザンの傍らにいたのは
マイクではありませんでした!
一体何があったんでしょう?
ということでついにデス妻にQAFのブライアンが登場です。
先日はSVUで怪しげな産婦人科医を演じてましたが
ブライアンがスーザンをいかに騙すのやら。
次シーズンの楽しみが増えました。
NHKは来春にオンエアしてくれるでしょうか?

The Closer S4-#8 「守りたいプライバシー」

キャンピングカーで旅の途中のブレンダの両親が、突如自宅を訪ねてきます。
お母さんは朝ごはんを用意してくれるけど
お父さんは二人はいつ結婚するのかとそればかり質問攻め。
ブレンダはうんざりしていたら「ハリウッドの撮影スタジオで事件」の電話がかかってきて
ラッキー!と出かける用意を。
義父母を任されてしまったフリッツは、そんなの勘弁してくれと
家の電話から携帯に電話をかけ
携帯を取ったところで勝手に空港で爆弾予告の話をでっちあげてしまいました。
緊急事態だから自分も出なければならず
空港とハリウッドはどっちが楽しいかっていうことになると当然ハリウッドだから
両親はブレンダについていくことになりました。
フリッツはうまく難を逃れたけど
FBI捜査官が勝手に事件をでっちあげてよろしいのでしょうか?
っていうかやっぱりフリッツはそのくらい暇なんだよね!
あとでデスクワークしながらブレンダにツッコまれ、またうまくはぐらかしてたけど
毎日こんな調子のフリッツが本当に心配です(笑)

結局両親はハリウッドのスタジオ見学。
それはすぐに終わると、プロベンザがお母さんのお相手を申し出ます。
お母さんは喜んでるけど、脇でむっとするお父さん。
簡単に嫉妬しちゃうところがわかりやすすぎです。

殺されたのは撮影現場で働くヘアスタイリストのレイチェル。
彼女は夫で売れない俳優のライアンからDVを受け離婚を申し立てていて
接近禁止令も出されていたので、当然特捜班はライアンの捜査を始めます。
確かにライアンは禁止令を無視してスタジオのレイチェルに会いに行ってました。
ところがレイチェルの現在の住所は不明。
調べていくとレイチェルはシェルターに相談し
隠れ家をもらっていたのですね。
事情聴取を受けるライアンはふてぶてしい態度をとってましたが
レイチェルの死を聞かされ、本気で驚いた様子でした。
でもライアンは俳優のはしくれなので、このくらい演技でカバーできるのかもしれません。
そして弁護士を呼んでからは、取り調べの合間に
やっともらった出演作の台本を読んでセリフを覚えています。
ところでこんな台本がレイチェルの隠れ家にあった!
それは別の女優さんのものでした。
彼女もまた夫のDVに悩まされ、レイチェルが彼女を救おうとしたところ
間違えた暴力夫に殴り殺されてしまったのでした。
ライアンは無実だったんですけど、事の発端はライアンのDVですから
全く悪くないとは言い切れません。

ところでブレンダの結婚問題は?
事件の捜査では自分の考えをはっきり言うブレンダですが
親にはあいまいにしている態度がおかしいとフリッツが指摘。
ついにブレンダはいつ結婚するか自分で決めると宣言します。
お父さんは残念そうでしたが、諦めるしかないでしょう。
フリッツはブレンダがようやく自分の意思を示したことをほめましたが
自分との約束だと言って、挙式リミットを約束させてしまいます。
ブレンダは返す言葉がありませんでした。
フリッツはジョンソン家の息子ですか?
お父さんの気持ちがよくおわかりで(笑)
でもフリッツは結婚より自分の仕事を心配した方がいいと思うんですけど!

サンチェスはまだ弟の死のトラウマを引きずっているようです。
立ち直るには時間がかかるのでしょうか。
そして相変わらず体面ばかり気にしているポープとテイラー。
立場上仕方ないのかもしれないけど。
ポープのライアンへの謝罪の言葉は、嫌みたっぷりで上出来でした。

Medium S4-#14 「復讐のカーナビ」

アリソンが子供たちを車に乗せて出発!
キーを回したら車が大爆発を起こし、ガレージごとぶっ飛ぶ夢を見てしまいました。
これは正夢か?アリソンは実際にエンジンをかけてみようとするんですが
恐ろしくて勇気が出ません。
だったらジョーがチャレンジ。
アリソンは子供たちを家から避難させ待っていたら
実はエンジンがかかる気配はなく、単に車の故障だとわかりました。
この車はアリエルが生まれたときから乗っているので
年期は入ってるんですが、アリソンのお気に入り。
ジョーは整備士を頼んで見積もりを取ってもらうと
直すんだったら他の車が買えるくらい、お金がかかることがわかりました。
そしてたまたま新品同様のSUVが破格で売り出されていることを知り
性能もよかったのでジョーはそのSUVを買ってきます。

思いがけないサプライズにアリソンは感動。
早速ドライブしていううちに、助手席の女性が
銃で頭を撃たれるヴィジョンを見てしまいます。
これは訳ありの車だったようです。
アリソンはとても乗る気にはならないので
売主に返品してきてとジョーに頼み
ジョーは売主に会いに来ます。
売主のティムはTWWのベイリーでした。
ホワイトハウスではなく、普通の一軒家にいるのが不思議な感じ。
ティムは妻は車に乗っていた時何者かに撃たれたと説明します。
するとアリソンが、ティムの妻を撃った男を夢で見て
それが誰なのかも突き止められたので、ティムを呼んで面通ししてもらいますが
ティムは犯人をはっきり確認できませんでした。
どうやらアリソンが見た男はモデルで
事件が起きた時は撮影現場にいたことになります。

買ったばかりの車を売るのは手続き等面倒ですが
買い手がついてくれそうになりました。
その人が家に車を見に来ることになfり
アリソンは車と一緒に待っていたのですが
車のカーナビが勝手に動き始め、アリソンはカーナビの示すとおりに
車を運転させてしまいます。
すると着いたのはティムの家のガレージ。
車は元あった場所に帰ってきてしまいました、
すると目の前に犯人だと思ったモデルのポスターが貼ってあります。
さらにガレージには車の停車位置を知らせるボールがぶら下がっていました。
アリソンはようやく真実を突き止めます。
ガレージには銃が仕掛けられ、車を止めた奥さんは
ティムが遠隔操作した銃で撃たれて死亡したのでした。
犯人はティム。
警察がティムを捕らえに行くと、彼は元自分の車の中で
一酸化炭素中毒死していました。
自殺なのか違うのか、死因は不明です。
車は事件に巻き込まれてしまいましたが
アリソンの車はしっかり直してもらえることになりました。

ジョーとメーガンのビジネスは、一応うまくいってるようです。
自分の車が使えなかったときオフィスに連れてきてもらったアリソンは
メーガンと初めて挨拶をしました。
美人の女性なので、ジョーの行動が心配?
ジョーは特許が取れるかどうかをメーガンに打診してもらっています。
夜残業しているジョーから電話。
自宅に財布を忘れたことに今頃気づいたようです。
ジョーは持ってこなくていいと伝えますが
その後特許が取れたと喜ぶメーガンが
じわじわとジョーを誘惑する夢を見てしまったアリソンは
夢が実現しないように財布を届けに来ます。
その時はメーガンは帰宅した後で何も問題はありませんでしたが
事件が解決後、アリソンの悪夢が再現されるようです。
ジョーはどう対処するのやら。

ブリジットのシリアルのパッケージに書かれたシリアルの絵の疑問が楽しかった。
ブリジット、いいところに目をつけますね♪

8月のドラマ視聴計画

珍しくJ:COMマガジンがWOWOWマガジンと一緒に届いたので
早めに視聴計画が立てられました。

☆日テレ
Prison Break S4

Ghost Whispererの後だと思うんですけど、まだHPに告知がないですよね。
何も考えずに最後まで楽しくツッコミたいと思います。

☆フジテレビ
Mad Men S1

しみじみと面白いです。
キャラクターがそれぞれ訳ありで魅力的。

☆BS朝日
Painkiller Jane S1

今週は回想エピだったので今まで観たシーンの寄せ集めでちょっとつまらなかったけど
後半も楽しみにしています。

☆WOWOW
CSI S8
Cold Case S5
The Unit S4
(Medium S4)

Cold Caseはいつも味わい深いです。
重たい気分になりつつ音楽に癒されてます。
ゲストに出てくる人も楽しみだし。
The Unitも妻たちが振り回されて気の毒ですが楽しませてもらっています。
紅一点新メンバーもそれほど気にならないし。
Mediumがあっさり終わりなのが寂しいです。


☆AXN
Bionic Woman

Pushing Daisiesはリタイアします・・・
オヤジ不足なのと、あまりにもファンタジックな内容についていけなくなりました。
もう少し現実的な方が自分に向いてます。
その代わりBionic Womanにチャレンジ。
これも決して現実的ではありませんが
TWフェイスや、Will Yon Leeがレギュラー出演しているのが楽しみ。
結局キャストが大事なんですよね。
1シーズン8話で終了のようなのが寂しいですが。

☆FOX
Law&Order CI S2 
Ghost Whisperer S3
House M.D. S4
Mental
NCIS S4

GWは一週遅れくらいでかろうじてついていってます。
Mentalはかなり楽しみにしてますが、どうでしょう。
NCISは割と冷静に観ていますが、今シーズンも続けて頑張る予定です。
相変わらず本家のドラマが減りません。

☆FOX CRIME
Spooks S2
Burn Notice S2
(Dexter S3)

SVUがないと寂しいです。
Dexterは毎回ハラハラさせられているうちに終了。
Burn Noticeのぶっ飛び母ちゃんが戻ってくるのが嬉しいです。
N/Tでは超迷惑でしたから。
SppoksはS1がとても面白かったので、S2にも期待します。

☆FOX life
G-Spot S3

N/Tがシーズン半ばで一休みになってしまったのがショックです。
その代わり存在さえ知らなかった!G-SpotのS3がスタート。
オネエMANは出てこないと思いますが、カナダのイケメンは健在ですから
明るく笑いながら楽しませてもらいましょう。

☆Super!DramaTV 
The West Wing S7
Everwood S4
Heroes S3
(Terminator The Sarah Connor Chronicles S1)
(Gossip Girl S1)

相変わらず盛り沢山のスパドラです。
Everwoodはとても楽しみだし、TWWは見逃せないし
HeroesもTerminetorもなんとかついていってます。
そして観る予定はないけど観てしまいそうなのがGSG-9 S1
スパドラインデックスは観ましたが
短時間でも美麗コニーを楽しめました。
やっぱり見ちゃうのかな?
それからDaniel CraigのArchangelもちょっと気になっています。

☆Sci-fi チャンネル
First Wave S2 S3

ひたすら溜めこんでますが、ついに念願のS3が始まるそうで
これで空飛ぶケイドを再確認できます。バンザイ!
エピソードタイトルとか全く覚えてないんですけど
とにかくケイドが飛んでいっちゃったんです…
何故そうなったのか、今度こそ確認しようと思います。

☆ミステリチャンネル
Rex S2
Wallander
(Wire in the Blood S4)

WITBは気合を入れないと観れないので、まだ先週分を観ていません。
Rexにすっかり癒されてますが、モーザーは大胆に脱ぎすぎです(笑)
そしてスウェーデン警察ドラマ。
スウェーデンが好きというだけで話についていけるか謎ですが
チャレンジしてみようと思っています。


☆チャンネル銀河
Dr.Quinn,Medicine Woman S3

DQも溜めこみモードになってしまいました。
一度観てるし、保存版を作るのが目的なのでまあいいか。

☆LaLa TV
The Closer S4
Mistresses

ブレンダと愉快な仲間たち!実に見事なチームワークです。
でも相変わらずフリッツの本業がわかりません。
暇なFBIをなんとかしてください。
Mistressesは問題山積みで面白いです。

25本+αってところですか。
多少本数が減ってよかった。
でも秋にはまた新番組&新シー^ズン到来なので
のんびりじっくり楽しませてもらおうと思っています。

Nip/Tuck S5-#14 「Candy Richards」

今回の患者は「ハート&スカルぺル」にも出演していたキャンディ・リチャーズ。
自分は大物女優だと思い込んでいますが、与えられた役は死体が多いみたい。
SVUでも2度殺されてるそうです。
キャンディはタイのドクターに整形手術を頼んだところ大失敗。
唇ははれぼったくなりすぎ、豊胸は胸の大きさがいびつです。
ショーンらは彼女を元に戻してあげることにします。

ジュリアが撃たれたことを聞いてショーンが病院に駆けつけると
オリヴィアはエデンの話をうのみにしてジュリアは自殺しようとしたと思い込んでいました。
頭部への銃弾の入り方は、自殺としてはあまりにも不自然だったのですが
エデンは自分が止めようとしたが無理だったと嘘をつきます。
でもジュリアの意識が戻れば、嘘をついてることがばれてしまう。
エデンはオリヴィアに打ち明けようとしますが…
ジュリアの意識が戻りました。
でも撃たれたショックで、その前の記憶がすべて失われてしまっています。
ジュリアはショーンのこともアニーのこともわかりません。
ショーンはジュリアの傷口の手当をしながら、自分が夫だと話します。

クリスチャンの娘であることがわかったエミーの母親のダーリーンが
クリニックを訪ねてきます。
クリスチャンが大学生の時、ダーリーンはバーで働いていていました。
ダーリーンが持っていた2ショット写真を見ても
クリスチャンは当時のことを思い出せません。
ダーリーンはその後糖尿病を患って両足を切断。
今は車いす生活を送っています。
子供たちの関係を止めさせることにして、二人は酒を飲み始めたら意気投合。
またベッドへ直行してしまいました。
クリスチャンは当時とちっとも変わっていないようです。
ダーリーンは足を失ったのは仕方ないとしても、かつての若さを取り戻したいと
クリスチャンに顔面の整形を頼みます。
一方自宅に帰ることになったエミーは、マットと離れるのが辛くてたまりませんが
マットはこれ以上深入りしないように制止します。

ショーンに接近禁止命令を出されたコリーンは
それでもしつこくショーンに付きまとってきます。
自殺未遂の手首の傷をきれいにしてくれとクリニックに入ってきたり
ドラマの撮影現場に紛れ込んでいたり
そのたびにショーンは怒って追い出すのですが
コリーンに諦める気はなさそう。
次はショーンの家のクローゼットに行方不明の男性の遺体を隠し
嫌がらせが続きます。
有名人のショーンはパパラッチにも追い回され
ジュリアの意識が戻った時、
クリスチャンがアニーを食事に連れていくと車に乗せると
その車が追われて追突事故を起こし
アニーは顔に傷を負い、ショーンが手術することになります。
自分が有名になることに浮足立っていて
周りに迷惑をかけていたことをショーンは反省し
ドラマを降板すると決意しました。
クリスチャンも鎖骨を折ったのでサポートできず
ショーンが一人でアニーを手術していると
背後からナイフを持ったコリーンが近付いてきてショーンを刺し
ショーンはばったりと倒れます。

S5は全22話ですが、この14話までが昨年放映され
15話以降がちょうど1年後の今年の1月に放映されています。
FOXlifeでもそれを反映してか、次話以降は秋の放映になるそうで
倒れたショーンの容態がわかるのはしばらくたってからのようです。
毎週楽しみにしていたN/Tが見られないのは残念だけど
再会の時を待っています。

海外ドラマ THE BEST

ニューズウィーク日本版ペーパーバックス 海外ドラマTHE BESTニューズウィーク日本版ペーパーバックス 海外ドラマTHE BEST
(2009/07/16)
ニューズウィーク日本版編集部

商品詳細を見る


ニューズウィーク日本版ペーパーバックスが創刊。
まず発売されたのが海外ドラマ紹介本です。
今までに三回出されたムック「丸ごと一冊海外ドラマ」や
ニューズウイークに掲載されていたコラムを再構成した内容ですが
最初に読んだときはまだ日本未上陸でよくわからなかったドラマも
その後実際に観ることができて、もう一度読み返すと納得できたり
以前読んだときとは違った感想が持てたりするのが興味深いです。
ペーパーバックで持ち歩きも便利だし、保存版にもぴったり。
ただしムックのようにカラーページ満載ではないのが残念ですが。

アメリカのライターのコラムの直訳なのでかなり辛辣なことも書かれていますが
それがまた面白いです。
これから何かDVD視聴したいと考えている人には
選ぶときの参考資料にもなるかと思います。

Casualty 1906 「一度きりの道」

「ロンドン・ホスピタル 1906年の救急病棟」のタイトルでWOWOWプレミアでオンエア。
医療ドラマファンとしては欠かせないかなと思って録画して
まず1話目を観てみましたが面白かったです。
今回の放送は4話分ですが、実際には1906は最初の1話だけで
残りの3話jは続編の1907になるようです。
1906年の話といってもクリスマスエピでしたから。
当時の医療記録や証言等を元にして作られたドラマで
こんな実態だったんだといろいろ学ぶことができました。

ロンドンのイーストエンドにあるロンドン病院は、当時世界最先端の医療技術を持っていた病院で
さまざまな救急患者が運び込まれてきます。
くる病にかかっている子供や、自殺しようとして喉を掻き切った男性
自分で堕胎しようとした女性…
ストライキ中に暴行を受けたユダヤ人男性は、警官の監視付きで治療を受けます。
ドクタークインの時代からまた年月がたっていて
大都市の病院ですからずいぶん医療技術が進んでいるなと感じました。
痛み止めにはモルヒネを使ってるし。
手術では患者とドクターの周りを大勢が取り囲んで見学してますが、
ティーチングホスピタルとしての役割を果たしていたのでしょうか。
手術中に患者が心停止しましたが、パドルはないので
ドクターは横隔膜を切り開いて直接手を入れ
心臓マッサージをすることで蘇生を成功させていました。
モニターだってないし、すべて手仕事なんですよね。
驚いたのはレントゲン技師の存在。
その技師はまさに先駆者で試行錯誤を繰り返していたようで
レントゲンをとることで症状をはっきりと確認できるようになったものの
彼の手は大やけどを負っていて、指を何本も切断していました。
それでもレントゲン撮影に尽くしていたようで
結局その人は放射線被ばくで亡くなったんだそうです。

病棟では感染症を恐れて消毒を丁寧に行っていたようですが
それでも病棟内で丹毒が発生し、患者を隔離したりベッドを消毒したり
すぐに感染を食い止めるように措置が取られました。
こんなことが起こると病棟の看護師のチーフはクビを言い渡されてしまいます。
キリスト教系の病院ですから、看護師は神に仕える身であり
院内恋愛はご法度です。
もし発覚したら辞めざるを得ません。
でもドクターのウォルトンと看護師のエイダは恋愛中で
ウォルトンはエイダにプロポーズするつもりでした。
でも結婚したらどちらかが病院を去らなければなりません。
そんなとき病棟のチーフが追い出されてしまったので
看護部長はエイダに病棟を任せたいと声をかけてきます。
受けたら結婚は無理?
エイダは難しい選択に迫られました。
実際に看護師が結婚できるようになったのは1940年代になってからなんだそうです。

看護師の見習いのイーストウッドはとても熱心に仕事していました。
ヘブライ語を覚えて英語の喋れない患者の通訳もしていたのに
肺炎にかかって亡くなってしまいました。
乳幼児の7人に一人が5歳未満で死亡、平均寿命は45歳の時代です。
医者や看護師が感染して死亡するリスクも大きいわけで
それでも患者を救うために奔走するスタッフの姿に恐れ入りました。

#3、#4は来週の放映。
先輩たちの苦労があってこそERが存在するんだとしみじみしつつ
続きを観るのを楽しみにしています。

Everwood S4-#2 「次の一歩」

エフラムが帰国した理由はエドナの結婚式に参加することもあったけど
実はお金が底をついてきました。
とりあえずは自宅に戻るものの、アンドリューとはにらみ合いが続いたまま。
まだ父を許す気にはなってないようです。
エフラムはカレッジに通おうかと考え、アンドリューも賛成しますが
アパートを借りて自立したいので支援してほしいと頼むと
さすがにアンドリューもそれは虫がよすぎると非難します。
デリアが楽しみにしていた家族そろってのディナーは
あっという間にお開きになってしまいます。

エフラムは学校からデリアを連れ出すと
ママジョイの店から一変したサムズにデリアを連れていきます。
二ーナはサムズで自分の夢をかなえるべく新たなスタートを切ったはずですが
Everwoodの住民はママジョイの店を忘れることができないみたい。
サムズのメニューに困惑しています。
エフラムは店でバイトしているエイミーを見つけます。
結婚式でも軽く言葉を交わしたぐらいで、二人の間は相変わらず気まずいままでした。

デリアに頼まれ夕食を食べに行ったエフラムですが
アンドリューはエフラムがエイミーを学校から連れ出したと知って怒りだします。
結局エフラムは家出。
狭いけど一緒に住もうと言われていたブライトのアパートに転がり込みます。
ブライトはゲイのリードとルームシェア中ですが、うまく生活しているみたい。
ここにエフラムも混ざって、三人の共同生活が始まりそうです。

アボットはアンドリューが毎回月曜日の昼間、休診状態なのが気になっていました。
アンドリューに問いただすとA&Mで外科手術を手伝っていると
あっさり答えが返ってきます。
音楽を捨てヨーロッパへ旅立ったエフラムの姿を見て自ら反省。
ローズの手術で執刀して、
自分の唯一の才能である外科としての能力を捨ててはいけないと感じたのでした。
自分が変わること…そこでふと気付いたアンドリューは自宅へ直行。
呆気にとられたアボットはせっかく並べたドミノを一気に倒してしまいました。

家で引っ越し荷物を整理しているエフラムに
アンドリューはエフラムの考えを尊重すると答えます。
ただし家族そろっての夕食に来るように。
来たら50ドル渡すからと買収攻撃に出ます。
そして早速額面50ドルの小切手を渡します。
二人の関係もちょっと軟化したようです。
結局エフラムは50ドルを冷蔵庫に残して、夕食を食べていったんですけどな。

エフラムは閉店後のサムズで掃除をしているエイミーに会いに行きます。
エフラムは何か言おうとしますが、エイミーは何も聞きたがりません。
エフラムが去った時はエイミーは寂しくて、出せない手紙を書いていました。
でもやっと吹っ切れたから、もう話すことはないようです。
また友達でいようと約束したって、絶対すれ違いが続くはず。
二人は顔を合わせることはあっても距離をおいておきたい。
そんなエイミーの希望に、エフラムは返す言葉がありませんでした。
でもやっぱりお互いのことが好きだし、決して吹っ切れてはいないと思うんだけど・・
黙って遠くから見つめあう二人が切なすぎます。

一方ハンナとブライトの関係は順調ですが
二度目のデートで行ったレストランのウェイトレスがブライトの元カノでした。
だけどブライトは名前もきちんと覚えていません。
挙句の果てに「三度目のデートでサヨナラだから!」
とブライトの一言がハンナにはあまりにもショックで
次のデートで自分は捨てられると信じ込み、
ハンナは次のデートをキャンセルしてしまいます。
ハンナの様子がおかしいと思ったブライトが様子を見に行くと
ハンナが本音をぶつけてきました。
だったら本当にサヨナラかどうか試してみようと
三度目のデートで遊園地に行くことにします。

ブライトはありのままの自分を知ってもらいたいから
正直になんでも話してると説明します。
でもハンナはまだ二人の関係がそこまで進展してないから
すべて見せるのは早すぎると反論。
そしてこれが最後のデートかとハンナが覚悟を決めると
ブライトは初めて三回以上デートしたくなったと告白。
今度の恋は本物のようです。
でもいい加減なブライトですから、いったいいつまで続くのか?
ハンナに感化されてるのは確かですけどね。
そしてエフラム&エイミーと正反対の二人。
今シーズンはふた組のカップルを楽しませてもらえそうです。

House M.D. S4-#7 「Ugry」

生まれつきおでこが異様に腫れあがっているケニーが
ついに普通の顔に戻す手術を受けることにします。
これってエレファントマンみたいな症状なのでしょうか。
当然ケニーは周囲からは奇異な目で見られ、学校にも通えず
父親が気を配りながら彼を育ててきたようですが
ケニーはそんな状態にうんざりしていました。

今回の手術にはドキュメンタリークルーが密着取材を行い
手術の成功を番組として放映するようです。
担当はチェイス以下外科チームだったんですが
ケニーの体調に異変が起こり、ハウスと候補生チームの担当に回されます。
早速ハウスはカメラに向かって暴言を吐きまくります。

そしていつものようにああだこうだと議論が始まり
そのたびに治療法もころころ変わって
ケニーとお父さんは振り回されます。
今回はCIAを辞めてハウスのところに現れたタージ=クレオがチームに仲間入り。
CIAのお抱えドクターですからやはりかなり賢そう。
早速小悪魔はライバル意識むき出しです。
そして自信満々なのがチビドクターのタウブ。
彼は形成外科医としてのノウハウを生かし、自信満々です。
お父さんもタウブを信頼しきってました。
タウブはハウスを無視して治療方法を決定
とりあえずうまくいったように見えましたが…

ハウスはタウブの過去を探ります。
タウブが病院をクビになったのは浮気が原因だったようです。
ハウスだって薬物でトラブルを起こしているんだから同類でしょと
タウブは開き直っています。
そしてケニーの正しい診断は?13番が正解でした。
意外な場面で力を発揮しています。

ハウスはタージに惑わされてしまったのか
正しい診断が下せませんでした。
候補生への審判の時
タウブを脱落させるかと思われたハウスでしたが
追い出したのはタージでした。
ハウスの思考を妨げるから?それもあんまりな判断だと思いますけど。

クルーはいろいろなところでカメラを回していました。
キャメロンはハウスへの思いを捨てきれないようですが
だからとってチームへの復活はありえないのかな。
フォアマンは落ち着いて様子見って感じでした。
手術が成功し新しい顔になったケニー。
ドキュメンタリーはハウスの功績をたたえ
ハウスは良心的なドクターとして賛美されてました。
いったいどうなっちゃったんでしょう?
あり得ない展開に爆笑です。

The Closer S4-#7 「東ロサンゼルスの悲劇」

サンチェスは正しい刑事です!

サンチェスが住むイーストLAは治安が悪く
ギャングの抗争もしばしば起きています。
サンチェスが自宅でバイクの手入れをしていたら銃声が聞こえ
何事かと飛び出していったら女性が助けを求めていました。
銃弾に倒れていたのはサンチェスの弟のオスカーでした。

ここでのサンチェスの行動が素晴らしかった。
弟が撃たれてるんだから、取り乱して当然だと思うけど
まずオスカーのかぶっていた帽子を使って片手で止血しながら
もう片方の手で携帯を出して911通報。
オスカーと一緒にいたエレナは目撃者だから
彼女を写メしてその場で証言を取り
彼女を警察に送ってもらうことにして、自分はようやく到着した救急車に乗り込みます。
もちろんテンションは上がってるけど極めて冷静でした。

同僚の家族の事件ということで特捜班はみんな病院へ駆けつけます。
こんなときはフリッツもブレンダにくっついてきて、FBI側から手伝えることを探そうとします。
いったいフリッツの本業は何なのか、ますます謎めいてます(苦笑)
結局オスカーは治療の甲斐なく死亡。
ポープはこの事件を最優先するように促し、みんなも是非とも犯人逮捕をと気合を入れますが
みんなの前に現れたサンチェスはまず駆け付けてくれたことに感謝し
平静さを保とうと努めていました。
かえってみんなは心配になります。

ブレンダはエレナの証言を取りますが何だか怪しげ。
そしてエレナがオスカーと付き合っていたことを、サンチェスは知りませんでした。
サンチェスは自分も捜査に加わりたがりますが、ブレンダは当然ストップをかけます。
身内がかかわる事件の捜査に手を出すのはご法度だし
サンチェスはギャングの取り締まりで敵を作っている可能性もあります。
彼が刑務所に送った男のリベンジかもしれません。
そのうちエレナの元彼女でトラブルを起こしそうなパペットの存在が明らかになりますが
特捜班がパペットに近付いたとき、すでにサンチェスが彼を締めあげかけてました。
自宅でおとなしくしているようにと言われても、家族のためにリベンジしたくなるのは
刑事の性ですからまあ仕方ないとして…
でもこの先のサンチェスの身を守るために、
ブレンダはとにかくサンチェスに余計なことをしないようくぎを刺します。

そのころオスカーを撃った銃のありかが判明。
ギャングを追って潜入しているFBIの捜査官が
問題の銃を見つけ出してくれたのです。
助っ人フリッツがちょっと役立ちました。
でも体を張ってるのは潜入捜査官のマラですが。
ちなみにマラ捜査官は、WATでダニーの兄のラファエルでした。

銃の持ち主のフアンを引っ張ってきたとき
母と弟のトニーがくっついてきました。
容疑者の確認のためにエレナが呼ばれます。
でもエレナが興奮したのは、取調室のフアンではなく
廊下で待っていたトニーの顔を見たときでした。
14歳のトニーはちょっと偉ぶってみて
ギャングの印の帽子のマークを見せろとオスカーを脅したようです。
オスカーが言うことを聞かなかったので、フアンの銃で
オスカーを撃ってしまいました。
オスカーの死の原因は帽子の勘違い…

トニーが逮捕され事件が解決した時
サンチェスが泣き崩れます。
オスカーの血で真っ赤に染待った帽子は
サンチェスがオスカーの誕生日にプレゼントしたものでした。
俺がオスカーを殺したんだ!と嘆くサンチェスを
プロベンザが抱きしめてあげます。
サンチェスには辛すぎる事件でしたが、ここまでよく踏ん張ってきまsた。
そして特捜班の思いやりが素敵です。最高のチームだよね。
ポープはみんなに深く感謝しなくちゃ。

Medium S4-#13 「痛みの連鎖」

今シーズンのMediumは16話だったんだ…と気付いてびっくり。
残り3話じゃないですか。
毎週とても楽しみにしてるのに…寂しいです。

アリソンはスキャンロンとリンがベッドにいる夢を見ます。
いきなりとんでもなくプライベートな夢を見てしまいましたが
リンの友人のキムがピンチだとわかったのでさっそく連絡。
すぐに救急車を呼ぶように手配しましたが間に合わず
転んで頭を打ったキムはそのまま亡くなってしまいました。
夢で気づいたのが遅すぎました。

頭の痛いアリソンは鎮痛剤を飲んだら
そのままぶっ倒れて深い眠りについてしまいます。
心配になったジョーは救急車を呼んでアリソンを病院に運びますが
ドクターの診断は、意識がなくても心配はないとのこと。
やがてアリソンは目を覚まします。
やはり何事もなかったのですが、アリソンが保険に入っていなかったために
ジョーは診察料etcで大金を支払うことになってしまい不機嫌でした。
せっかく自分の会社の小切手が届いたのに。
ひたすら眠っていたアリソンはその間夢を見ませんでしたが
その前に飲んだ鎮痛剤のビンが、キムの家にあったことを思い出します。
この薬が原因かも。
調べたところ、薬のカプセルに筋弛緩剤が注入され
飲んだキムは歩けなくなって倒れ亡くなったようです。
キムと夫のラッセルはその前に言い争っていました。
ラッセルが薬に筋弛緩剤を仕込んだ?ラッセルは連行されます。

アリソンは今度は保険会社の苦情処理担当の社員が
体調が悪くて同じ鎮痛剤を飲み帰宅しようとして
屋上の駐車場で車を発進したら意識がもうろうとしてそのまま地上に転落する夢を見ます。
アリソンは警告しようとしますが
わかっているのは彼女の名字だけで、どこで働いているのかも不明です。
アリソンは片っ端から保険会社に電話して問い合わせていましたが
ジョーからの電話で事故が遭ったことを知ります。
薬の製造、あるいは流通過程でj筋弛緩剤が注入されていたら
犯人はラッセルではありません。
ラッセルは釈放されます。

でもラッセルとキムは争っていた…
アリソンはラッセルが鎮痛剤に毒を盛るのはどうだろうと
仲間に話している夢を見ます。
しかしそれがいつどこでなされた会話なのか不明。
はっきりしなければラッセルの逮捕はできません。
結末がわかるのは次の夢ということで
アリソンはラッセルが空港で足止めをされている間
何人かの人たちと、邪魔者を消す計画を話し合っていたことが判明します。
駐車場から落ちた女性も関係者がラッセルと同じ飛行機に乗っていたことがわかりますが
まだラッセル逮捕の確実な証拠がつかめたわけではありませんでした。
スキャンロンは地道に捜査を続けるのでしょうか。
ついでにアリソンが飲んだ鎮痛剤は毒は入ってなかったんだよね?
警告のためにたっぷり寝ただけならいいんですけど
もしかして誰かに恨まれていたなら心配です。

マリーが顔をしかめながらテレビを観てるので
視力が落ちてると感じたジョーはマリーを眼科医のところへ連れて行きます。
お金のやりくりが大変なのに、また医者行きですか。
そして視力検査をしてもらうんですが、マリーはばっちり答えてしまいます。
ドクターはよく見えてますと診断するけど、それはどこか変。
ジョーはマリーが、答えを知ってるドクターの心を読んでるのではと疑います。
そして再検査を頼むんですけど、あえてドクターの気をそらし
答えを意識しないようにしてもらって検査をしたら
案の定マリーは全然わかりませんでした。
乱視だったマリーはメガネを作ってもらいましたが
マリーの恐るべき能力は学校に行ったら便利かも。
先生の心の中が読めちゃったら、質問にも簡単に答えられるだろうし。
要注意人物になりそうですね。

Cold Case, Heroes, Dexterなど.

溜まっているドラマを一気に視聴中ですが・・・ちっとも進みません(汗)

○Cold Case S5-#2 「指輪」
Bitchな奴と思われていたキャリーは純潔クラブに所属し
神に誓いを立て純潔を取り戻そうとしたけれど
周りの人たちがとんでもなかった…という話。
まず禁欲を説くはずの牧師のネイサンがあっさりティナに誘惑されてしまうし
クラブのメンバーも結局ティナに振り回され
キャリーは多少お節介だったかもしれないけど、みんなには迷惑をかけてなかったのに
結局ティナの思い通りに事が運んでしまいました。
ティナって高校生の時はERのレイチェルでしたが
大人になるとGAのハーパーになるんだ!
ちょっと不思議な成長ぶり?が面白かったかな。
ついでに東洋系の人たちは以前と今の顔がかなり違うぞとツッコミたくなりましたが
日本人と中国人と韓国人の区別がつかない人たちに
高い要求をしてはいけませんね。

○Heroes S3-#8 「悪人」
ヒロが白目むき出しで過去に戻ってくれたおかげで
なんとなく話が見えてきました。
展開がしっかり頭に入っていた最初の頃とつながってきたのはありがたかったけど
後になって種明かしするのってずるいと思うんですよね。
ドラマではよくありがちですけど。
久々にEric Robertsが復活して嬉しかった。
彼もまた正しい悪役オヤジですからね。
Malcolm君とかRobet Fosterとか、脇を固める渋オヤジの魅力で
なんとかついていってるHeroesですので
これからも地味に渋オヤジ登場に期待してます。

○Dester S3-#9 「About Last Night」
ミゲルがついに本性を現す?
あっという間に一人でエレンを始末してしまったことを知ったデクスターは
掟を伝えるために埋めた遺体を掘り返しておきますが
ミゲルは全く動揺してません。
そしてフリーボの血が付いたシャツのことが気になってきたデクスターは
血液分析をしたらシャツの血は牛のものだったことが判明。
最初からデクスターはミゲルに騙されていたのでした。
ハリーの掟を無視して友達を作ったことが間違いの始まりだったのかも。
この先ミゲルは何をしかけてくるのでしょう。
そして皮剥ぎ魔につかまってしまったアントンを助けるために
デボラとクインの捜査が続きます。
キングの部下の口を割らせるために裏工作したおかげで
ようやくアントンを救いだすことができました。
デボラのアントンへの愛は本物。
必死になってアントンを探したり、キングを脅したりする姿が切なかったです。
これで皮剥ぎ魔の一連の事件は解決かな。

○Terminator:The Sarah Connor Chronicles S1-#5 「チェス大会」
このドラマはオヤジを味わうために観ているので
ストーリー展開には全然ついていっていません。
映画版Terminatorにも全く興味がないし。
先週は機械人間にOZのロニーが出てきて似合ってるなと感心して観てましたが
今週はライアン復活♪
ますますオヤジ化してますが、顔を観ているだけで嬉しいのでOKです(笑)
そしてビバヒルデビッド坊やも立派にオヤジ化して登場。
もうビバヒルは忘れたい…と思ったらスパドラで観れちゃうんですよね。恐るべし!

Nip/Tuck S5-#13 「August Walden」

エンターテインメント・ウィークリーに「ハート&スカルぺル」の酷評が載せられ
それがエイダンの代わりに主役となったショーンのせいだと
ライターのウォルデンは好き放題に書きまくっています。
段ボールを乗せた顔?みたいな意味不明な例えが並んでいてショーンはショックを受けますが、
同じ仕打ちはかつてケイトも受けてきました。
ショーンはいつもカフェで原稿を執筆しているウォルデンに文句を言いに行きますが
ウォルデンの顔を見てびっくり。
彼こそ整形の余地のある醜い顔だったのでした。
その容姿のせいで、ウォルデンはお気に入りのウエイトレスに声をかけることができません。
ショーンはウォルデンに手術を約束、その代わり批評も書き直してもらうことにしました。
手術は成功し、ウォルデンはショーンと一緒にカフェに来ます。
今度こそ憧れのウエイトレスがこっちを向いてくれるだろう。
ところがウォルデンに気づいたのは、別のウェイターでした。
彼も俳優のはしくれだったんですが、
NCISでの演技をウォルデンにけなされたために仕事がなくなり
ウエイターでなんとか生計を立てていました。
お前のせいだ!とウェイターはウォルデンの顔にコーヒーをぶっかけ
せっかくきれいになった顔は火傷を負ってしまいます。

マットがレイチェルと付き合っていることを
ショーンもクリスチャンも快く思っていません。
手術を繰り返しても、レイチェルの肌は元には戻らないし。
マットはレイチェルに夢中でしたが、レイチェルはイスラエルに帰ろうとしていました。
レイチェルはマットのリハビリに協力しただけで、結局それ以上の進展はなかったってこと。
その頃左頬に先天性の大きな痣を持った女性が
クリスチャンに無料で痣を取ってくれと頼みに来ます。
遠くから出てきたその女性は有り金を交通費で使い果たしてしまいました。
彼女の強引な頼みをクリスチャンは聞き入れ、痣を取り除いてあげます。
きれいな顔になった彼女は傷心のマットと出会いそのまま意気投合
寝てしまった後で実は自分の父親はクリスチャンだと告白します。
ということはショーンとは異母兄弟ですか。
もしかして近親相姦と焦りますが
二人は一緒に住んでいなかった場合は近親相姦だってOKという結論を出します。
ただし子供を産もうとしたら別ですが。

ジュリアの体調はどんどん悪くなっていき、髪の毛がごっそり抜けました。
でも原因はわからないまま。
帰ってきたオリヴィアにジュリアはクリスチャンと関係を持ったけど終わったと告白
オリヴィアはジュリアを支えていくことを約束します。
そしてジュリアの毛髪を検査機関に送ったら
水銀中毒であることが判明しました。
水銀は食品に含まれていたようです。
ジュリアはもしやエデンが毒を仕込んだと疑い
最後の一切れのフルーツケーキの検査に送ったら
水銀が含まれていたことがわかりました。
エデンはお茶やスープにも水銀を入れて
ジュリアをじわじわと痛めつけていたのでした。
証拠をつかんだジュリアがエデンを責めたら
エデンはばれてしまったからおとなしく自首すると開き直りますが
次の瞬間ジュリアの銃を持って構えます。
そして銃声が…

ジュリアは無事?恐ろしすぎます。

Desperate Housewives S4-#15 「母の日」

ブリーが恨み始めると本当にしつこい!
オーソンとよろしくやっていたイーディが絶対許せなくて
イーディの仕事の邪魔を始めます。
もちろんブリーはオーソンを許す気もさらさらなく
赤ちゃんに会わせてくれと懇願するオーソンを無視。
いよいよ弁護士を立てて離婚調停となりそうです。
オーソンはブリーの子供が実は娘の子供だと書きつづったレポートを
部屋に置いたままシャワーを浴びていたので
訪ねてきたイーディはブリーの秘密を知ってしまいました。
しかもブリーとイーディは親戚関係になるわけで
早速イーディはこの重大な秘密をネタにブリーを脅しにかかりました。
これにはさすがのブリーも手が出せません。
でも持つべきものは友。
早速デス妻四人が集まって、イーディを無視する宣言を発表
実行に移したのでした。
いたたまれなくなったイーディはウィステリア通りから退散します。

臨月のスーザンのところに、マイク母が訪ねてきます。
彼女はバリバリの南部の保守的なお母さんで
妻は夫に尽くすもの!と主張する相当厄介なお姑さんでした。
マイクはスーザンに内緒で相当お母さんに愚痴ってたみたい。
姑は嫁の教育を始めますが、スーザンには無茶なことばかり。
いい加減にしてほしくなったスーザンは
レストランで足にソーダをこぼし、破水したふりをしてその場をしのぎます。
そして、お母さん、なんとかしてくださいと叫びだしたとき
本当にスーザンの陣痛が始まりました。
これにはお姑さんも真剣に心配してくれて
そしてスーザンは無事に出産を終えます。

小悪魔ケイラがさらにグレードアップ。
リネットが自宅にカウンセラーを招いたとき
リネットがケイラのことを指摘するのを
しっかり聞き耳を立てていました。
そして母と娘の絆を深めるようにというアドバイスに従い
嫌々リネットがケイラを買い物に連れ出すと
ケイラはここぞとばかりわがままを言いまくります。
息子たちの悪口まで言われ、ついにキレたリネットはケイラを平手打ち。
後でリネットは深く反省するのですが
ケイラはカウンセラーに電話をかけて
母親に虐待されたと訴えていたのでした。
リネットは大ピンチです。

エリーはカルロスの面倒も見てくれるし、家事も手伝ってくれるので
ガブリエルは重宝しています。
しかしエリーの留守中、火災報知機が鳴ったために彼女の部屋に入ったガブリエルは
ベッドの下にコカインが隠されていたのを見つけてしまいます。
タトゥーを入れに来たお客さんは、実はドラッグを買いに来てた?
カルロスは仮釈放中の身だし、ここでまたドラッグ絡みのトラブルが起きると厄介なので
ガブリエルとカルロスは警察に通報しに行きます。
すると現れたのはドラッグを買いに来ていたお兄さん。
彼は囮捜査中の刑事でした。
大物組織を逮捕するために、小物のエリーは泳がせたままなんだそうで
刑事は二人にも知らんぷりして普通にふるまっていてほしいと頼みます。
協力すればカルロスの仮釈放も忘れてもらえるそうだし。
ガブリエルは緊張しながら捜査に協力することにします。

キャサリンはデイヴィスが近付いてくることを恐れ
デイヴィスが暴力をふるってた間、浮気していたと告白します。
ディランが自分の子ではないかもと心配したデイヴィスは
ディランが噛んでいたガムを失敬してDNA鑑定に回したら
自分のDNAと一致しないことが分かります。
さらに昔録画したビデオで、自転車に乗っていたディランが転んで腕を怪我したのですが
今のディランの腕にはその傷が残っていません。
ディランは何者?
混乱したデイヴィスは再び荒れ始めました。

Everwood S4-#1 「変化」

Everwoodの街で結婚式が行われました。
最初誰の結婚式かわからず、ちょっとやきもきしましたが
実はアーヴとエドナの結婚式だったんですね。
ぎくしゃくしてた二人ですが、愛も深まりついに結婚することに。
エドナの幸せそうな表情がよかった。
エドナはみんなにテーブルを飾るフラワーアレンジメントの用意をお願いしますが
これは皆さん結構苦労してました。

突然二ーナにキスしてしまったアンドリュー。
アンドリューも二ーナも気持ちの揺れ動きに悩んでいます。
アンドリューはアボットの仰せに従い本音をぶつけに行きましたが
これは明らかに逆効果。
二ーナは自分の店の名前を真剣に考えてくれたジェイクを
本当に愛してると気付きます。
裏にアンドリューを忘れるためっていう無理やりな気持ちもありそうですが。

エイミーはローズの看護をすると決めたため
大学も自宅から通うつもりでした。
でも病院通いにエイミーが付き合おうとすると、ローズは不機嫌になります。
自分のためにプリンストンをけってしまったエイミーに申し訳ない。
でもエイミーは今まであまりローズと会話してなかったことを反省し
母と娘の関係を大切にしていきたいと思っています。

実家を出たブライトはアパートを借りて
ルームシェアをしてくれる相手を探しています。
だけどなかなか決まりません。
エイミーは病院でバイトしている医学生のリードが部屋を探してることを知って
ブライトに是非!と勧めます。
エイミーはリードに惚れちゃたみたい。
リードはアパートを見に来ますが
ブライトに真剣身が足りないことに気づきます。
ブライトが本当にシェアしたい相手は別人なんだとリードは見抜きますが
そこで自分の体験談を話し始めます。
彼がパートナーって言葉を使っていたし
話しぶりからするとどうやらゲイみたい。
リードはいい奴だけどゲイだぞ!っとブライトは後でエイミーに伝えます。
ついにEverwoodにもゲイキャラ登場ですか。

ハンナが帰ってくることを知ったブライトは気もそぞろ。
ハンナには全然頼まれていないのに、エイミーの代わりに空港に迎えに行ってしまいます。
ブライトが来たことを知って困ったのはハンナ。
出発前のキスはいい思い出だけど、あれで終わりなのかもしれないし
そしてジャマイカから帰ってきたハンナの髪は
しっかり編みこまれてちゃらちゃら音を立ててました。
でも全然心配なし!
ブライトはハンナに会いたくてたまらなかったんだもん。
再会した途端、今度こそ絶対本物のキスを交わします。
イメチェンしたハンナ、可愛かったです。
結婚式に着て行った真っ赤なドレスも素敵だったし。

デリアはアンドリューに内緒で、ロンドンのエフラムに
結婚式の招待状を送っていました。
でもエフラムが帰ってくるとは思えないし
アンドリューはあまり期待しないようデリアに話します。
パーティーでみんなが踊っている間
デリアは退屈して座りこんでいました。
すると目の前にエフラムの姿が!
お兄ちゃんが帰ってきてくれてデリアは大喜びです。
そしてエフラムはエイミーと目が合うのでした。

こうしてラストシーズンがスタート。
エイミーとエフラムの関係がどうなっていくのが一番気がかりですが
残されたエピソードを大切に楽しんでいきたいと思っています。
ハンナとブライトの恋も応援したいし。
大人たちは…まあ適当にやっててください。
リードは今シーズンのセミレギュラーになるようですね。
どんなふうにかかわってくるのでしょうか。

House M.D. S4-#6 「Whatever It Takes」

今日の謎の患者さんは車のスピードレースで
ものすごいスピードで走り終えた後気を失って倒れた女性でした。
何枚も防護服を着てるし、おそらく熱中症だろうと思われるけど
これもテストの一環だから、あれこれ要因を考えなければなりません。
ハウスがフォアマンを横に座らせ
勝手にウィルソンのランチを食べながらぐちゃぐちゃ言ってたら
いきなり男性が入ってきてハウスを連れ出します。
彼はCIAの職員で、エージェントが難病にかかっているので治してほしいと
突如ハウスを拉致し、屋上からヘリコプターに乗せるとCIAに連れて行ってしまいました。
向こうで待っていたドクターはERのクレオ。
いつの間にかCIAの人間になってたんですね。
ハウスはもちろん最初は乗り気じゃなかったんですが
クレオを見た途端、急に元気になって口説こうとし始めました。
ついでにやってることはいつも通り意味不明。
でもハウスなりの考えはあるようです。

ハウスがいなくなってしまったのでフォアマンが代理を引き受けますが
みんなの勝手な言い分をそれなりに検証し治療に生かそうとすると
いつも通りレーサーの容体はどんどん悪くなります。
ついに彼女は「ハウスを出せ。」と怒りだしますが
どうせハウスを知らないんだし意味ないとまたあれこれ治療が続きます。
フォアマンは仕方なく謝ったりしますが…

CIAエージェントの病気は冬草夏虫が効いて
ハウスは漢方にも詳しかったようです。
そのころレーサーの具合はさらに悪くなり
国境なき医師団風トラヴィス(って名前だったんだ)は
検査結果からこの症状はポリオに違いないと言い出します。
でもポリオの発症はありえないはず。
さらにポリオはビタミンCが効くかもしれないから試したいってことになり
トラヴィスの見立てで治療を始めたら、早速効果が出始めました。
これはよかった!

と思った所へ帰ってきたハウスは
トラヴィスの詐欺行為を見抜きます。
彼は臨床実験をしたかったけど資金に恵まれなかったので
今回の患者を使って偽ポリオ状態にして
ビタミンC治療の効果があるのかを試してしまったのでした。
結局彼女は熱中症でした。
ハウスはすかさずトラヴィスを脱落ではなく出ていくように告げます。
彼はもう辞めるつもりだったから悔いはないでしょう。
これでまた一人ライバルが消えました。

ハウスがCIAに拉致されたことを、ウィルソンはちらっと信じていたかもしれないけど
カティは全く信じていませんでした。
だからハウスとフォローに回ったウィルソンに、
クリニックで診察の罰を与えようと躍起になっています。
小悪魔ねーちゃんにまたもや追い回されていたキャメロンは
ハウスの元を離れたのがちょっと寂しいみたい。
あの熱き戦いの日々が楽しかったようです。
そしてCIAでクレオを口説くのに必死だったハウス。
いつの間にか彼女が病院の前に来ていました。
あくまでも医療的見地からでしょうが、ご協力いただけるようです。
ハウスの魅力が通じたかな?

The Closer S4-#6 「本物の怪物」

13歳のセルゲイ・モンローが失踪したと両親から届け出があり
13歳以下の子供の失踪は最優先に捜索するというルールがあるので
フリッツはFBIも手伝った方がいいだろうとブレンダにくっついてモンロー家に行きます。
モンロー家はいきなりFBIが出てきたからびっくり。
地元警察とFBIは手を組むのは相当重大な事件のときでしょう。
そしてもう少しFBIも組織的に動くはずなのに
フリッツの単独行動ですからね。
こういうのってFBIとしては許されるんでしょうか?ちょっと疑問…

セルゲイはかなりの問題児らしいということは
姉のテレサの証言からわかりました。
セルゲイはテレサのネコも殺してしまったし、なにかとトラブルを起こします。
テレサに案内されてセルゲイの部屋を覗くと
壁には一面おどろおどろしい落書きが書かれていました。
精神的に病んでいるのは確か。
テレサはセルゲイを弟と認めていません。
セルゲイはロシア生まれで両親が里子として引き取った子供でした。
今までもこちらの環境になじめず何度も家出をしたらしい。
そして今回の失踪前も隣人のタフトさんとトラブっていたようです。
これはもしかしたらまた家出かも…と最優先の捜索は打ち切ることになりました。
フリッツのお仕事はこれでおしまい?
せっかく張りきっていたのに。
ついでにゴス系娘のテレサは、ハンナ・マローンの成長した姿でした。
子供が育つのは本当に早いです。

タフトさんちの庭に穴が掘られているのを発見。
早速特捜班は令状を取って穴を掘り返すと
中からシートにくるまれた物が。
事件性十分だと思ったんですが、これはタフトさんちの犬でした。
セルゲイが友達のジェイソンと一緒に犬を外におびき出し
モンロー家の車で轢き殺したようです。
ますますセルゲイの悪党ぶりが露呈してきます。
そしてセルゲイだけではなくジェイソンまで行方不明になっていました。

母親がセルゲイの隠れ家を思いつき
行ってみたらセルゲイが倒れていました。
頭を何かで殴られて死亡。
死亡推定時刻がわかりません、
もっと力を入れて探していたら、セルゲイの命を救えたのかもと
ちらりと考えてしまいます。

ジェイソンは身を隠していたけど、すぐに発見されました。
ブレンダの取り調べに対し、犬を殺したことで責められるとハラハラしていて
なかなか口を割ろうとしませんでしたが
ブレンダの巧みな脅しにまんまと引っ掛かり
犬を殺した経緯を詳しく語ってくれました。
ジェイソンはセルゲイのいいなりにされていました。
でもセルゲイの死については謎のまま。

犬を轢いた車に残っていた傷と
セルゲイの頭の傷が一致。
それはハンマーでたたいた傷でした。
セルゲイは交通事故を起こした車を修理していたようです。
そして彼の携帯の通話記録から
セルゲイがテレサと連絡を取っていたことが判明し
ということはセルゲイを殴ったのはテレサ?
ブレンダはテレサの尋問を始めることにします。
すると両親が立ち会うと言い出したので
ブレンダは書類にサインをさせ、立会いを許可します。
テレサは動揺が激しく、そしてブレンダは真犯人を知っていました。
ブレンダは両親を自白させるために、テレサを利用したのです。
セルゲイを殴ったのは父親でした。
どうにもならない息子の素行に腹を立てて。
ここまで苦しみ続けたのはわかるけど
殺してしまって死体遺棄し、息子が行方不明だから探してくれと失踪者扱いし
事件ということでうまく片がつくと思ったのでしょうか。
ブレンダを甘く見てはいけません。
セルゲイを生んだ親が悪いと母親は開き直っていましたが
彼が荒れてしまった背景には、今の家庭環境もかかわってくるよね。

結局セルゲイは失踪届が出る前に死んでいましたが
もう少し真剣に捜索していたら、流れは変わっていたのかも。
ポープはブレンダを通して
フリッツにさっさとお引き取り願ったことを詫びます。
ポープもずいぶん軟化したじゃないですか。
ついでにフリッツは新居を探してましたが
ブレンダが職場から遠すぎると却下してしまいました。
引っ越しはまだ難しそうです。

Medium S4-#12 「正義の裁き」

娼婦が続けて殺害される事件が起き
FBI行動分析課のクーパー捜査官がフェニックスにやってきます。
実は’70s Shoのレッドなんだけど、ここではまじめなクーパーは
S3-#6に続いての登場。
前回のクーパーは一人でBAUしててご苦労様だなと思ったら
かなりやり方も強引で、結局自分で容疑者を成敗しちゃったんですよね。
なのでアリソンは嫌な予感がしていました。
いきなりまたクーパーが撃っちゃった?な夢も見てしまったし。

でも今回のクーパーは一応冷静なようです。
アリソンが検事局を追い出されてしまったのを知ると
アリソンを自分の助手にするとヴァン・ダイクに交渉し
アリソンの仕事部屋まで用意させてしまいました。
そしてかつて起きた事件で殺された娼婦の遺体を掘り出し
やはり被害者は指輪をはめていたとシリアルキラーの存在を確実にしたのですが。

アリソンは恐ろしい夢で犯人の顔を見ていたので
モンタージュの製作に協力します。
クーパーがホテルに帰ると部屋に何者かが潜んでいて…
アリソンの夢は的中しました。
しかし撃たれたのは犯人ではなくて、クーパーでした。
アリソンは結末を観ていなかったんですよね。
クーパーは即死。
だがクーパーの霊は自分を撃った犯人を捕らえるつもりで
アリソンに捜査の協力を申し出ます。
こうしてアリソンとクーパーの霊が事件解決に…という展開はまるでGWのようですが
やっぱりMediumの方が生々しい気がします。

霊のクーパーはアリソンが思いこんでいた「撃った男」を訂正。
男がいるバーを教えますが
アリソンとスキャンロンが行ってみると、店はずいぶん前に廃業していました。
そのころ夫婦が追突事故に遭い、ぶつかった相手の車のドライバーが死亡していました。
彼こそが事件の真犯人で、クーパーを撃った男でした。
まさかクーパーの霊が犯人に裁きを与えてしまった?
死んでもクーパーの性格は変わっていなかったようです。
GWならめでたしめでたしでメリンダに見送られ
霊は安心して光の向こうへ旅立っていくのですが
またしてもクーパーにやられてしまったアリソンはムッとしたまま。
やはりMediunはシビアなのでした。

一方ジョーのプロジェクトにようやく出資者が名乗り出ます。
でも会社ではなく、メーガンという女性が個人的に投資してくれるんだそうで
ジョーにとっては条件は良くないんだけど
メーガンの魅力に負けちゃいましたか?ジョーはメーガンに従うことにします。
まさか騙されたり」してないよね?ちょっと心配なんですけど。

Law&Order SVU S4-#25 「Soulless」

泥酔した女性が救急車で病院へ運ばれてくる。彼女はクロエと名乗りレイプされていたが,、ベンソンの事情聴取に詳しいことを語ろうとしなかった。ベンソンは名刺を渡し立ち去ったが、その後クロエを襲ったと思われる男が病院に現れ、彼女を拉致して逃走する。
クロエは手にゾウのスタンプの跡が残っていて、それはクラブ「エアバー」のスタンプだった。クロエはエアバーが雇っていた民間の救急車に乗せられて病院へ運ばれたのだった。クラブには彼女が持っていたと思われる「ジェナ・・スターリング」の運転免許証が残されていた。
ジェナはエアバーには行っていなかったが、高校生の妹ヴィエンナがジェナの免許証を持ち出し、クラブへ行っていた。そしてクロエはヴィエンナの友達で、まだ15歳だったことが明らかになる。クロエは両親が離婚し、孤独だった。
ハドソン川でクロエの遺体が発見される。死因は溺死だが、肺の中の水は塩分を含んでおらず、代わりにトイレの洗浄液が検出される。クロエはトイレで窒息させられ、川に捨てられたのであろう。
SVUが高校でクロエのロッカーを捜索すると、「殺してやる。B.T.」と書かれたメモが見つかる。メモを残した男子生徒はクロエと科学のプロジェクトを組み酸性雨の都市部への影響について調べていたが、トイレの水については調べていなかった。男子生徒はクロエがプレゼンをさぼり、男と逃げたと憤慨していた。
男とクロエが乗っていた車は、石油会社の重役スタークのものだった。スタークはクロエが拉致された夜のことをよく覚えておらず、車の中からクロエが病院で着ていた服が見つかる。スタークは連行されるが、彼はその晩ストリップバーへ行っていたっというアリバイがあった。
クロエの検死の結果、彼女の体内から4人の精液が確認される。クラブで集団レイプされたのだろう。そのうち一人がスタークの車を盗んだと考えられた。クロエは病院でヴィエンナに電話をかけ、ヴィエンナは3人の男子生徒たちと連絡を取っていた。ヴィエンナも男子生徒達も裕福な家庭に育っている。彼らの尋問の際には強力な弁護士が同行してきた。
男子生徒たちはセックスは合意の上だと説明するが、クロエは未成年なのでレイプ扱いとなる。そのうち誰もがアンドリューの友人のマックスが現れてレイプをけしかけ、クロエを殺したと言い始めた。マックスはアンドリューの家に泊まっていたそうだ。ベンソンとステーブラーがアンドリューの家を見張ると、そこに現れたのはスタークの泊まっていたホテルの駐車場係だった。
マックスの本名はミッチで、スタークの車を借りてエアバーに行ってアンドリューらと意気投合し、彼らに強要されてクロエをレイプしたと話す。だが彼らは金持ちだから難を逃れられる。自分ははめられたとミッチは不満を述べた。
監視カメラの映像ではクロエと一緒に映っている男は3人の男子生徒の一人セスのように見えた。ミッチの母も、セスが迎えに来たことを認める。セスの自宅を捜索すると、トイレから血痕が見つかった。セスの容疑が固まり彼を逮捕sしようとしたとき、今回の事件の真犯人を知っていると一人の女性がSVUに訴えに来る。彼女は12年前に自分の息子をミッチに殺されていたのだった。

レイプの被害者クロエは、自分のことや事件について隠したがります。そしてベンソンが力になることもできないまま、クロエは男と姿を消してしまいます。ベンソンは不眠不休でクロエの捜索に追われていました。だが結局クロエと顔を合わせたのは、彼女が遺体となって発見されたときで、クロエの口の中にはベンソンの名刺が詰め込まれていました。ベンソンは犯人を取り逃がしたことを後悔します。
クロエをレイプしたのは4人の男たち。そのうち3人の学生はみな裕福な暮らしをしています。セスはDNA提供を頼まれたとき、バージニア州へ行くといって拒否しましたが、アレックスはあっさり許可します。その理由はバージニア州ではDNAの提供を強制的に求められるからです。結局DNAが採取され、セスがレイプしたことが明らかになります。
ステーブラーは何の不自由もなく育った子供たちがなぜこんな犯罪にかかわfるのか解せない様子です。ベンソンが性善説を信じるかと問いかけると、ステーブラーは環境に影響されると答えていました。
レイプ殺人の真犯人を教えに来た女性は、ミッチの真の姿を伝えます。ミッチの本名はエリック・プロクター。12年前に3歳の子供を森へ連れ出し、性的いたずらをしてから生きている息子に火をつけたのでした。その時エリックは10歳だったので、少年院に送られます。当時は大きく報道された事件でしたが、犯人の実名が伝えられず、末に忘れられた事件となっていました。エリックは3年前に少年院を出所し、名前を変えて駐車場係として働いていたのでした。
エリックの母サリーはベンソンとステーブラーに「息子は殺していない。更生していい子になった。」と訴えます。だがベンソンはサリーの腕に、クロエのブレスレットがついていたことを確認します。
法廷でサリーは証言を求められ、母親は息子のことをよくわかっている。だから息子が信じられない。息子は病気で更生は無理だと涙ながらに訴えます。陪審の結果は有罪。エリックは極刑を免れませんが平然と受け入れていました。
本名エリックのミッチ役を演じていたのはLogan Marshall-Green。The O.C.にライアンの兄のトレイ役で出演し、トラブルを巻き起こしていました。

続きを読む

Nip/Tuck S5-#12 「Lulu Grandiron」

クリスチャンのところに現れたリッチなマダムのルルは
腕利きの整形外科医を所望中。
ホームパーティーを開いて著名な整形外科医を招待し
その中から自分のお抱えドクターを選ぼうという魂胆でした。
クリスチャンはこれからどんどんオイシイ仕事が回ってくればいいかと思って
パーティーに出席。
ルルの家にはいかにもお金が余ってるおばさまたちと
ドクターたちが集まっていました。
ディナーの席でこの勝負を制するために
クリスチャンは自慢の下半身をご披露。
みなさんすっかり圧倒されて、
めでたくクリスチャンはマダム達のお抱えドクターとなったのでした。
マダム達のベットの相手をしながら、クリスチャンは地味な手術を繰り返してましたが
ルルが自分をネコにしてくれと言ってきたのには
呆気に取られつつも本腰を入れてネコ顔作りに挑戦。
自分では満足な出来だと思い、ルルも感激してくれたけど
周囲のマダム達はありえない!と叫びます。
ルルは躁鬱病で、依頼した時が躁状態だったようです。
クリスチャンはすっかり振り回されていたのでした。

キンバーとラムにスカウトされ、キンバーと共演することになったエデン。
自己アピールをするために絡みのシーンでキンバーに殴ってと要求したため
キンバーが激しく殴ったら左ほおが陥没してしまいました。
ショーンはもう関わることには嫌気がさしていたけど、
エデンの傷を治してあげます。
ラムのお相手までさせられてるエデン。こんなことをしていていいのでしょうか?
ついでにジュリアの姿が見えないけど、体調はどうなんだろう??

コリーンの存在を胡散臭く思っていたブリスは
ついに決定的シーンを目撃。
さっそくショーンに報告し、すぐに出てこいと呼び出します。
ショッピングゾーンで喋るクマさんたちを売っていたのがコリーンでした。
なるほど、こちらが本業でしたか。
だから次々に本物そっくり?喋るキャラクタークマさんを持ってくるし
自宅にはクマの詰め物を入れる機械があったんだ。
というわけで偽物エージェントだったことがばれてしまったコリーン。
さんざん振り回されたショーンは激怒します。
そして深夜、ショーンが帰宅すると
リビングに血痕が…
ベランダに手首を切ったコリーンがぐったりしていました。
またトラブル発生。
つくづくハリウッドは大変な世界です。

The Listener #9 「Inside The Man」

トビーとオズは強盗殺害殺害事件の現場に急行。
夫婦が刃物で刺されていて、すでに息絶えていました。
トビーは事件の様子を察知、まだ暖炉の中に一人隠れていることを突き止めます。
それは息子のアンディでした。

アンディは病院へ運ばれますが強盗のことをよく覚えていません。
強盗は二人でしたがマスクをかぶっていたからでした。
でもトビーには強盗の顔がちらりと見えていました。
そして荒らされたのは父親の書斎だけ。
なぜかここだけボロボロにされています。
ついでにピエロのお面が叩き潰されていました。
やがて病院でアンディは自傷行為にでます。

強盗を働いていたのは元アンディのクラスメイトの2人だとわかります。
彼らは確かに盗んでいたし、証拠も出てきたのですが
絶対殺していないと主張します。
そのうちアンディに三種類の人格が見え始め
両親を殺され怯えるアンディの他に
両親を殺したと言い張る悪者アンディと、
アンディをかばい凶器を隠した母親化したアンディが現れてきました。
アンディは解離性多重人格者だったようです。
そしてアンディは過去に父親の虐待を受けていたのでした。
アンディは父親への復讐のために
友達二人に強盗を頼んでいたのでした。

また子供のころの虐待が犯罪を引き起こしたかと暗い気分になりましたが
多重人格はその影響かもしれません。
幸いトビーはアンディの真の姿を見ることができたので
彼が殺してないと確信、確かに犯人は強盗たちだったのでした。
今回もトビーはときにはプロファイラーのように容疑者の行動分析を行い
(見えちゃうことをそのまま伝えているだけですが)
尋問でも確信をガンガンついてきます。
(これも見えちゃうんだから当然)
警察や検察にトビーの能力を持っている人がいたら本当に便利
つくづく救命士のままにしておくのがもったいないです。
でもアリソンより優れた才能の持ち主のトビーが
他の方面で活躍したらかなり怪しまれる?
あくまでも救命士として働き、刑事や検察側のサポートに回ればいいのかな。
でも今回はさすがにトビーもお手上げで
レイにヘルプしてもらってましたね。

オリヴィアの妹が突如出てきて、言いたい放題叫んでましたが
彼女がRe:Genesisのメイコだったのでびっくり。
パイロットにはウェスが出てましたが、今度はメイコ。
The ListnerとRe:Genesisは、関連が強いんですかね。
お互いカナダドラマですし。
ついでにアンディも何だか知ってると思ったら
Re;GenesisのS1でデイヴィッドのところに
自分はクローンかもしれないと検査を依頼しに来たミックでした。
なんともひ弱そうなイメージが一緒だったし。
次はボブかカルロスに出てきてもらいたいな。
デイヴィッドはインパクトが強すぎるから無理っぽいので(苦笑)

Desperate Housewives S4-#14 「幸せの背比べ」

今シーズンのデス妻は17話でおしまい。
つまり今月末で終了してしまうってことなんですね。
かなり惰性で観ていた今シーズンですけど、ファイナル間近だと思うと
何だかさびしくなってきました。

久々にBurgi登場。
結局スーザンの近くにいたのでした。
ラマーズ法講習会で、若くて派手な彼女と現れたので
スーザンはいきなりめげてしまったんですが
彼女は優秀な弁護士さんか何かで
しかもカールと結婚もしちゃってました。
カールの仕事も順調でリッチな生活を送っている様子。
この年で出産は辛かろうと嫌みを言いまくるカールに
スーザンは対抗すべく、マイクにジャケットを着せ
配管工も羽振りがよろしいように見せかけたんですが
マイクが断薬会のメダルをカールに見せて自慢するもんですから
スーザンはせっかく見栄を張ったのに台無し!と怒ります。
でもマイクは自分に正直でいたかったので、
ドラッグ依存から立ち直ったのを決して恥じてはいませんでした。
後でカールはスーザンに、マイクはいい奴で
ずっとスーザンのそばにいてくれるだろうと称賛します。
しかし久々のburgiiはさらに老けたな(泣)
もう五感を働かせえいたTS時代の面影がないかも…
だけどまだ日本ではTSは未完のままなので
スパドラさんになんとか是非続きをオンエアしてもらいたいです。

ブリーはちっともオーソンを許してあげないので
家の前で酔っ払ってふらふらしているオーソンを
イーディが自宅に連れ帰ります。
そして一緒にマティーニを飲んでなんだかいい雰囲気に。
それを覗き見しながらブリーは複雑気分です。
妻が捨てた夫は端からいただいていくイーディって
相変わらずしたたか者ですね。

ディランはデイヴィスと会って食事をしたりしてますが
キャサリンにはBFができたと嘘をついていました。
でもさすがに隠しきれなくなり、ついに正直に打ち明けると
キャサリンはディヴィスに会うことを承諾します。
キャサリンと対面したデイヴィス。
二人の間に緊迫感が走ります。
過去に相当の修羅場があった模様。
デイヴィスはとりあえずその場を去りましたが
キャサリンの過去は相当悲惨だったのかも。

店に火をつけた双子たちに、労働で償わせているトムとリネット。
でも双子たちは火をつけたのはケイラのアイディアだとつぶやいていたのをリネットは聞いて
ケイラをカウンセリングさせるべきだと思い始めます。
そしてカウンセラーのところに連れていくと
待合室でケイラは、危険なことをしたのは双子たちだから警察に話すと言い出したので
リネットは慌ててカウンセリングをキャンセル、自宅に戻ってきました。
ケイラを育てることに関してリネットとトムが激しく言い争っているのを聞いたケイラは
双子に屋根から飛び降りると楽しいよとアドバイス。
案の定とんでもないことになってしまいました。
小悪魔ケイラが次に何をしかけてくるのかとても危険。
やはり母の血を引き継いでるのでしょうか。

ガブリエルは空いている部屋を貸すことを考え
社会人だったけど美大に通うことにしたエリーがやってきます。
ところが気がつくとエリーの部屋に男性がいるし
彼女がお金を受け取っている場面も見てしまったので
ガブリエルはエリーを娼婦だと思い、出て行ってもらおうと企てます。
リーとボブに頼んだ計画は見事に失敗しましたが
エリーはタトゥーアーティストをやっていて収入を得ていると告白します。
ガブリエルはしばらくエリーを置いてあげることを約束しましたが
エリーの引き出しの中を見る限り、彼女はドラッグディーラー?ですかね。

House M.D. S4-#5 「Mirror Mirror」

「ハウスチームの最後に残るのは?」
ハウス版リアリティーショーは継続中。
しかも今回からはフォアマンが参加してしまいました。
もちろんカディのお墨付きです。
だけどハウスは目の前にフォアマンがいるのがウザくてたまりません。
とにかく冷酷な言葉を浴びせて追い払おうとしますが
今まで散々拷問を受けてきた?フォアマンには全然関係ありません。
しかも候補生がしどろもどろしているうちに、ガンガン発言しているし。
そしていつの間にかハウスの代わりに前に立ってるし。
ますますプチハウスです。

もちろんフォアマンは好きでここにいるわけではありません。
長くハウスと一緒にいたためハウスに汚染されて
誰もが受け入れてくれなくなってしまったのでした。
ハウスが悪いんだぞ!
さすがにハウスも納得したようで、自分で受け入れ先を探してきましたが
フォアマンは覚悟を決めて居座る様子。
実はハウスの嫌みも心地よいみたいです。

今回の患者さんは自分が何者かわからず
回りの患者さんの症状をそのまま真似たり
担当候補生の心の内を読み取ったり
なんとも不思議な男でした。
しかもすぐに紅斑が出て熱いお風呂であっためなきゃならないし。
「ミラー症候群」だっていう分析がでて、なんだそりゃとググってみたら
お母さんの病気がおなかの赤ちゃんに移る話か
今週のハウスのエピガイしか出てこないようです。
すっかり男に振り回され
国境なき医師団みたいな候補生はもうこの選抜方法にうんざりして
自分から出ていく宣言をしてしまいましたが
ハウスにストップをかけられてました。

一方カディがフォアマンを連れてきたことにお怒りのハウスは
食堂のマヨネーズにいたずらを?
クリニックは大混雑してしまいます。
ならばバイコディンに下剤を仕込むとカディがリベンジ。
さすがに大人げないとウィルソンがストップをかけに来ますが
負けたふりをしようとのウィルソンのアドバイスは、ハウスに見抜かれていたようです。
キャメロンは冷ややかに見守り、
チェイスは候補生の誰が残るのかで賭けを始めてました。
自分に高額を賭けようとする候補生に、チェイスはキャッシュオンリーでとルールを決めます。

いつものように患者の家庭環境を調べるのもお約束ですが
今回は謎の男の車を突き止めるのに精いっぱいでした。
13番とモルモンお兄さんが任務を遂行。
時間がかかりましたが最終的に
男が養豚場で働いていたということをつかんだのはハウスです。
病気の原因に生活環境を探るのは大切なことですね。

今回は脱落者なし。
ハウスもすっかりフォアマンに振り回されてたのかも。

The Closer S4-#5 「崖っぷちのプロベンザ」

プロちゃん、災難です。

夫の殺害を殺し屋に依頼していると疑われているアンジー・セラビアンを
殺人未遂容疑で捕らえるために
特捜班はプロベンザを殺し屋役に見立ててアンジーに近寄らせ
夫のアレックスを殺したと信じ込ませ、報酬金を受け取ったところで
アンジーを無事逮捕。
もちろんプロベンザとアンジーのやりとりはしっかり録画されてるし
証拠の報酬金も押収したし
プロベンザのお手柄で特捜班は無事任務終了のはずだったんですが…

なぜかプロベンザとアンジー、そしてフリンはレストランに食事に入ってしまいました。
早く署に戻ればいいのに。
でもプロベンザは彼なりに考えて、証拠品とビデオカメラは車のトランクに納め
ハンドルに盗難防止装置を付けておいたので安心と思ったはずなんですが、
3人が食事を頼もうとすると、ガラの悪いお兄ちゃん達がさっさと車をいただいて
どこかへ走り去ってしまいました。
盗難装置なんて全然役に立たず。
こうしてアンジー逮捕の証拠はあっさり消え去りアンジーは釈放。
プロベンザはアレックスの財布を借りていたのですがそれも取られてしまい
最悪の展開です。
でも車の中の証拠が無事ならなんとかなるとプロベンザは希望を捨てなかったんですが
これを聞いたポープは大爆笑。
久々にポープのシリンガー顔(笑)を観ちゃいました。
そして48時間以内になんとかしないと、プロベンザはクビと宣告されてしまいます。

なんとか証拠を取り戻そうとするのと同時に
アンジーを放置してたら危険です。
またいつ夫を殺したくなるかわかりません。
ブレンダたちは手分けしてアンジーとアレックスを見張っていたつもりですが
アンジーがアレックスのオフィスに入っていった途端
大興奮して飛び出してきます。
何が起きたんだ?と思ったら、アレックスが銃で撃たれて死んでいました。
これでアンジーはめでたく遺産が入る?
しかしアンジーがアレックスを撃ってる時間はなかったし。
手から硝煙反応も出ませんでした。
では誰が撃ったんだ?

プロベンザの車が発見されます。
トランクを開けると残っていたのは偽札だけ。
さすがアンジー、そんな手を使ってましたか。
ビデオカメラは手つかず状態だったのでホッとして再生したら
アンジーを有罪に持ち込む重要な発言が入っていた上から
お兄ちゃんが自分の楽しいドライブの様子を上書き録画してしまったのでした。
ダメじゃん。

ではアレックスの金庫を開けようということになり
暗証番号がわからないから建物破壊を承知で牽引して
強引に金庫を開けてみたら、中から殺害に使われたアレックスの銃が出てきました。
アレックスは自分の銃で死んだようです。
そのうち捜査線上に弟のハンクの名前が浮かび上がり
こうなるとブレンダのテクニックが冴えわたり
ついにハンクの自供を得ることができました。

プロベンザのクビがつながってめでたしめでたし。
ポープと二人でオフィスで酒盛りを楽しんでました。
ついでに今週のフリッツはお手伝いしましょうかモードに緩和してましたが
結局出る幕がありませんでした。

Spooks S1-#5 「The Rose Bed Memories」

珍しくイギリスドラマが続いてます!
でもイギリスドラマはちらっと観て敬遠してしまうものが多く
SpooksもBS11でS4から放映が始まった時チャレンジしようかなとは思ったんですが
少し観たところであまり引き込まれずあっさり断念してしまいました。
1日に2話ずつの録画という重みもプレッシャーになっていたように感じます。

しかし今回はCRIMEでS1から週1話ずつの放映。
最初から観られる、週1話ずつゆっくり観られるというのはありがたいことです。
吹き替え版なのはちょっと残念でしたが
今回は大丈夫、じっくりとドラマに入り込めました。
テロ組織や国家を揺るがす組織犯罪等に立ち向かうMI-5
その諜報員たちの卓越した活動能力と組織力の見事さに
ひたすら感心させられながら観ています。
かつてCIAが舞台がドラマも観ていましたが、やっぱり説得力が違う。
さまざまな問題を抱えた国と隣り合わせのイギリスと
別の大陸のアメリカではやっぱり画面から伝わってくる切実感が違うんですよね。
それはGSG-9を観ていても感じたことで
こればかりはアメリカが勝てない世界だと思います。

毎回ハラハラさせられる場面がありますが
なんとか乗り切ってホッとしています。
しかし諜報員たちの私生活は無に等しい?
一般人のエリーに恋したトムは、エリーと娘と同居をすると決めたとこで
自分がマシューではなくトムであること、MI-5で働いていることを告げると
とたんにエリーの態度が変わってきます。
そしてたまたまエリーの元夫が家に来て、トムの車のナンバーを調べさせたら
MI-5につかまってとんでもない仕打ちに会い
結局エリーはトムから離れていってしまいます。
諜報員は一般人と恋愛するのも難しい?
だったらゾーイとダニーのように諜報員がルームメイトで
そのまま恋愛感情にと発展する方が手っ取り早いのかもしれないけど
今回は邪魔が入って断ち切れ状態になってしまいました。
ちなみにゾーイって女刑事のアレックスだったんですね。
メイクやヘアスタイル、ファッションが普通なので
ずっと若々しく素敵に見えます。
80年代女刑事がいろいろ間違えてたのでした(笑)

先週と今週はMI-6からDrハウスが登場。
これはなかなか見ごたえがありました。
副音声で聞くと確かにハウスなんですけど、きちんとイギリス英語をしゃべってます。
だけど大げさな表現や微妙な嫌みの言い方はそのまんまハウス。
こちらのハウスはワーグナーがお好きなようですが
せっかくお楽しみのところにあれこれ妨害が入りかなり頭に来ていました。
事件の全容を語ったとされる手記をMI-5に持ってくることになり
現れた時腹に巻いたポーチから取り出したのも
いかにもハウスがやりそうな技でした。
2回だけのゲスト出演のようですが、貴重な姿を見せてもらったかも。

Mistresses S1-#1 「Men Behaving Badly」

LaLaで始まったMistressesを観てみました。
イギリス版SATCといわれているだけに、主人公は4人の女性ですが
住んでいるのは大都会ではなくのどかな地方都市で
女性たちはキャリアウーマンもいれば主婦もいるという感じで
彼女たちの境遇が違います。
でも一番の違いは全然笑えないこと!
シビアに重たいんです。
それがまたイギリスの湿っぽい風景にうまくマッチしてるというか
だから現実味を帯びていて逆に共感できるですけどね。
カシミアマフィアよりはずっとリアルに感じられました。

四人の女性と彼女が抱えてる問題点は…
○ケイティ
女性医師。何を担当しているのかよくわかりませんが
普段はカウンセリングでもしている感じ?
でも自分が担当していた患者のジョンと不倫関係になり
彼が末期症状(ガンだったのかな?病名は謎です)のときは
最期を看取りました。
しかも苦しむ彼のためにモルヒネを過剰投与して安楽死させてしまっていたのですが
それは誰にも言えずにいます。
ところが息子のサムが父の死に際に合わせてもらえなかったことを嘆きながら
父は浮気をしていた。相手を突き止めてやるとケイティに言ってきます。
ケイティは秘密をばらされたくないのに、サムがしつこく追ってきて
サムの精神状態も気になるし…とサムとのかかわり方に頭を痛めています。

○トルーディ
夫のポールを911で失い(アメリカだけの問題ではなかったのです)
遺体が発見されていないのでまだどこかで生きているという希望も持ちながら
子供二人を育ててきましたが、
遺族へのお金を受け取れるつ通知が来て
ようやく覚悟ができお金を受け取りに行きます。
そのころ引っ越してきたリチャードとスーパーで出会い
その後も子供の送りで会うたびにデートに誘われたものの断り続けましたが
ついにデートします。
リチャードはいい感じですが、もしやお金が目当て?と不安もあります。

○シボーン
弁護士事務所で働く弁護士。仕事が忙しく残業も多いです。
夫のハリーはレストランのシェフで、二人は子供がほしいのですがなかなか恵まれません。
せっせと子作りセックスに励むのですがまるで色気がなく…
そんなとき残業していたシボーンは同僚の若手ドミニクと浮気してしまいます。

○ジェシカ
イベントプランナーで独身を謳歌中。社長と寝ていたら向こうは浮気がばれてしまいました。
結婚式会場を探していたレズビアンカップルにさんざん振り回されますが
ようやく絶好の場所を案内してあげます。
でもその彼女とどうも関係を持ってしまうみたい。

この先あれこれ修羅場が待っているのでしょう。
今のところ6話×2シーズンオンエアされているようですが
今回どこまで見せてくれるのか。是非まとめて一気にお願いしたいところです。

Cold Case S5-#1 「プール」

リリーは無事に職場復帰。
それはよかったけど大きな音におびえたり、取調室で恐怖がよみがえったり
まだ心の傷は癒されてないようです。
スティルマンが言うとおりカウンセリングが必要なのは確か。
でも息子が刑務所で自殺したと言ってきた母親が持ってきた一通のメッセージが
解決したはずの事件の扉を叩いてしまいます。

94年に3人の小学生の死体がが水が抜かれたプールの中で
ゴミに混じって発見。
彼らは頭を鈍器で殴られ。ガムテープで目をふさがれていました。
当時二人の高校生が容疑者として逮捕され
容疑を認めたために服役していたのですが
犯人の片方のテディが30歳の誕生日に首つり自殺し
母親が遺品を受け取ったら見つけたメッセージが彼の書いたものとは思えず
テディは無実だ、警察に殺されたと訴えてきます。
リリーも当時の事件現場の写真を見ていて不審な点を発見。
まず相棒で服役中のディランに話を聞きに行きますが…

ディランは刑務所がぴったりのミゲルでした(笑)
OZな人たちはその後それぞれ出世し
ミゲルだってL&Oシリーズの刑事を務めていたのに(すぐ打ち切りになったけど)
やっぱり囚人役の方がしっくりきてますね。
しかもディランはミゲルより素直そうだし。
実はディランは優秀な生徒だったんですが
テディと悪さを働いていました。
そしてチアリーダーの女の子の適当な発言のせいで
犯人扱いされ、うその自白を強要されます。
そして10年以上も刑に服し…気の毒な話でした。

殺された子供の家族のうち連絡が取れたのがジョージの両親。
これが最近ではJourneymanでキャシーを監禁していたベネットと
ホミのハワード刑事のコンビ。
豪華な夫婦だ…と思ったらそれなりにの流れになってしまいました。
父親は子供のころ親に暗い所に閉じ込められたことがトラウマになって
暗いところが苦手。
でも暗い地下室に閉じ込められおびえている姿を
息子や友達に見られて笑われたためにブチ切れます。
そして懐中電灯で子供たちを殴りつけて殺すと死体をプールへ捨ててきたのでした。
でもジョージの大好きなクマのぬいぐるみをジョージに持たせていたので
犯人像が浮かんでいたわけで
物的証拠は何も言わなくても真実を教えてくれます。

今夏はNirvanaのオンパレード。
カート・コバーンの死がついこの間のように感じられますが
ずいぶん時がが立っていたんですね。

Law&Order SVU S4-#24 「Perfect」

強盗事件で警官が発砲、現場から頭部に銃創を負ったホームレスの少女の死体がt発見される。検死の結果少女は撃たれる前に死亡しており、極度の脱水症状を起こして死んだことがわかった。その後少女は8か月前にペンシルバニアの自宅から友達に会いに行くと言って出て行ったまま姿を消したサマンサだと身元が判明する。
サマンサの両親が遺体の確認に来るが、彼女が身に着けていた∞のペンダントには、見覚えがなかった。ペンダントは上質なプラチナで作られており、刻印から製作元がわかったので問い合わせる、ドクターラングが100個注文したとの答えが返ってくる。
不妊医療の専門家のラングは「ラングFOY診療所」を開設し、永遠の命を授かるために患者にペンダントを配っていた。一方サマンサの検死が進み、彼女は排卵を誘発され、妊娠して8週間たっていたことが明らかになる。
ラングは恵まれない少女たちを教育すると称して、知識力助成財団を設立し学校運営の資金を提供していた。チェルシーにある学校に女子生徒が通っていたが、その中にやはり失踪し行方が分からなくなっていたジェシカの姿があった。教師のハガティは子供たちを助けたかったと説明、ジェシカは誘拐されたのではなく家出して、ハガティが救ってくれたと力説する。財団はカルト集団で、生徒たちは洗脳されているように思われた。
SVUが財団を再捜査しに行くと、建物内は空っぽになっていた。ジェシカは両親に引き渡される。ラングとハガティにクエンティン弁護士がつくが、彼女もまた洗脳されているように見受けられた。
サマンサの両親は、サマンサの態度が悪くなってきtので、潜在能力を伸ばす塾「知識ビルダー」に通わせたと話す。財団に通っていた少女たちは。みな知識ビルダーの出身者だった。
j帰宅したジェシカはベンソンらにラングは偉大な人物で世界を救う、そのために私たちはクローンベイビーを産む。それは死んだ子の細胞をもらって自分の卵子と掛け合わせて産まれると説明する。SVUがラングの実験室に踏み込むと、実験の最中の少女がいた。
実際にはサマンサの子供の父親はラングだった。サマンサはラングの嘘に気付き通報しようとしたが、ハガティがサマンサを説得しやめさせていた。
法廷でジェシカはサマンサが監禁されていたことを証言するが、ラングはクローンベイビーを産ませることの正当性を主張し、研究段階では自分の精子を用いたことや研究資金が必要だったこと、子供たちも合意の上で行ったと証言する。
サマンサの死の真相を知っているのはハガティだけだが、クエンティンは彼女の弁護士を下りてしまった。ようやくハガティは真相を述べる。

強盗事件で警官が発砲し弾丸がホームレスの少女に当たって死亡したことから、IABのタッカーは警官たちが第三者を巻き添えにしたのか調べさせたくてSVUに捜査を依頼します。ステーブラーらは乗り気ではありませんでしたがタッカーの命令を無視できず、弾道を調べたところ少女を撃ったのは強盗だったことがわかります。しかし少女が撃たれる前に死んでいたことが判明し、ホームレスにしては高級なペンダントを身に付けていたので新たな事件として捜査が開始され、少女が8か月前に失踪していたサマンサだと突き止めます。
サマンサが付けていたペンダントは「若さの泉」(Fountain of Youth)をテーマにホルモン治療などを行っていたドクターrラングが配っていたものでした。ラングが持つ財団で学習する少女たちもペンダントを身につけて永遠の命を信じ、教師のハガティを信頼しきっていました。ハガティも腕に∞のタトゥーを入れ、すっかりラングに洗脳されています。だが調べていくうちに、各地に作られた知識力ビルダーから財団に少女が送り込まれ、財団の本来の目的はクローン人間を産みだすことにあるということが明らかになります。
ジェシカをはじめ財団に通っていた少女たちは、クローンベイビーを産むのがどんなに素晴らしいことであるかを信じきっていたので、実験段階で体外受精によりラングの子を産むことにも疑問を感じていませんでした。だがだまされたと気付いたサマンサは警察に通報しようとしたところ見つかり、監禁されてしまいます。
ハガティは自分も娘を失っており、そんなときラングが彼女の喪失感を埋めてくれたのでした。しかしラングを有罪にするためにはジェシカやハガティによる真実の証言が必要です。クエンティンに見捨てられたハガティは証言を決意。サマンサの監禁はラングの命令によるもので再洗脳するようにといわれた。水を与えず腕はゴキブリにかまれたままにされ、やがて死亡したサマンサの遺体を処分するようにと命ぜられ、せめてもの償いにと毛布できちんとくるんであげ、ホームレスに見えるようにしたと証言します。
ラングを演じるGale Haroldはゲイの若者たちの生きざまを描いて話題となったQueer as Folkのアメリカ版リメイクでの主人公ブライアン役を演じて一世を風靡、その後はVanishedの捜査官ケルトンを演じたり、Desperate HousewivesのS5でrはジャクソン役でセミレギュラー出演したりしています。

続きを読む