INDEX    RSS    ADMIN

Mistresses S2-#3

ますますみなさん深みにはまっていきます。

○シボーン
トムは表向きは依頼人の顔をしていて、普通に接しています。
それがまた不気味。
シボーンはカウンセラーを受けるのは自分だけでよかったとハリーに話し
ハリーが努力してくれそうに思えたので
セックスは抜きで、夫婦としてうまくやっていこうと提案します。
ハリーも納得、二人は一緒のベッドで寝ることにしましたが
まだハリーはシボーンを受け入れられませんでした。
シボーンはトムとあくまでも体だけの関係を持つことを決意。
突然トムに呼ばれていつものホテルの部屋へ行くと
弁護士としての招待で書類にサインをさせられ呆気にとられました。
でも二人の関係は続いています。
そこでシボーンはハリーからもらったペンダントを落とし
するとトムがわざわざ自宅まで届けに来てしまいました。
ハリーと和やかに話すトム。
ますますシボーンは危険な状況なんだけど
それでもトムを断ち切れないんですかね…
ハリーまで巻き込まれてとんでもないことになりそうです。

○ケイティ
ダンと週末パリへ行くつもりだったのに、急遽仕事が入ってボツに。
そのシフトはジャックが作ってたようです。
ダンとの関係を進めようとしているケイティだけど
やはりかつての恋人ジャックの方がしっくりくるのでしょうか。
しかしジャックは妻帯者、明らかに浮気なんですけど
ケイティ以上にジャックが積極的なんですよね。
S1に続いてまたもや相手の家庭を壊しそうになるケイティ。
魔性の女ですね…っていうかどうしてこんなにモテるんでしょうか。
ケイティの優しさ(または優柔不断)の賜物?
しかもしっかり職場恋愛だし、どうなるんでしょう。
結局ケイティはジャックを選び、ダンの留守電へのメッセージがむなしく聞こえました。

○トルーディー
リチャードはエレインは顧客で、
自分が作った借金の返済をしていると言いきってましたが
トルーディはリチャードの娘から真相を聞き出してしまいます。
エレインはリチャードの妻の姉(妹?)にあたるようです。
トルーディがリチャードを微行したら、彼はそのエレインと再び会い
二人は車でどこかへ出かけていきます。
追いかけて行った先は何かの施設で
そこにはリチャードの妻と思われる女性が収容されてました。
これが秘密の答えのようです。
リチャードの借金返済のために、自分も家計を助けようと
ケーキ作りに一層励むトルーディ。
お店のオーナーのルーカスが応援してくれました。
自宅ではとても増産は無理だとトルーディが諦めると
お店のキッチンまで解放してくれます。
トルーディの仕事の方は順調な滑り出しですね。

○ジェシカ
会社の赤字を埋めてくれたのはサイモンの妻ではなくマークだと知り
ジェシカは今度はマークのために仕事面でも力を発揮します。
いい雰囲気で助け合って行けたのに、マークの秘書が必要以上にマークにべったり、
しかもジェシカが帰宅したら二人がしっかり浮気中の現場を見てしまったため
今度はマークのパーティでジェシカが派手に嫌がらせをします。
秘書は全然負けてない感じだったけど。
結婚したおかげで余計な心配事が増えているジェシカ。
マークとの関係は大丈夫なのでしょうか。
スポンサーサイト

The Closer S4-#13 「弁護士の力量」

夜隣人の不審者通報で警察が出向くと
容疑者が逃げ出し、木に登ったところを取り押さえられます。
室内では30歳を目前にしたジェシカが殺されていました。
容疑者のクリスがつかまるとすぐに、彼の弁護士ストローが現れます。
クリスは過去に性犯罪容疑でつかまりましたが、ストローの力で無罪を勝ち取っていました。
地域では同様の犯罪が過去に何件も起き
ジェシカと似た容姿の女性がレイプされています。
しかし犯人を特定する証拠が挙がっていません。
唯一の共通点は彼女たちがレイプされる数日前に
クリスが電化製品の配達に行っていました。
クリスは配達しながら、ターゲットを物色していたと思われます。

ストローは取引を持ち出します。
クリスの刑期を8年にする代わり、共犯者を明かすというものでした。
確かにクリスは網戸を破って侵入し
警察も検死官も開けてないはずなのに、鍵がかかっていない入口がありました。
共犯説は納得いきます。
ブレンダたちが取引に応じることにしますが、ストローは共犯者の名前まで教えてくれませんでした。
検察のガーネットははらちが明かない展開にいらっとしています。
さらに刑期4年で共犯者の名を明かすということでブレンダも渋々納得。
クリスが書類にサインして、さて自白するということになったら
クリスは共犯者はストローだと言い出します。

そんなバカなことが?
一見クリスの気がふれたみたいに思えましたが
クリスの言うことは一理あり。
クリスはストローと手を組んで見張りを担当。
そして報酬金をもらい、それで整形手術をするつもりでいたのでした。
でもそれまでの段階で物的証拠のないことをしっかり確認してしまったストローが
犯人である証拠はクリスの証言しかないんですよね。
ブレンダはそこで犯人の顔を見ている被害者を思い出して面通ししてもらうんですが
ストローは彼女の弁護士も引き受けていたのでした。
用意周到すぎます。
結局ストローを有罪にする証拠は見つからず、彼は堂々と帰って行きます。
ブレンダの負けってThe Closerらしくないですね。
SVUならありがちの展開でベンソンとアレックスが一緒に落ち込むのでしょうが
検察側も淡々としていて必要以上のことには首を突っ込みたくないみたい。
こんなときは熱い検察官シャークのありがたみを感じます。
でも表向き法を守っていれば、弁護士が罪を犯していても許されるのはやっぱり変。
もうクリスと組むことはないでしょうが。性犯罪の常習性ということを考え
またストローが悪さをしてくるのをどこかでブレンダにとっちめてもらいたいです。

フリッツは自宅でブレンダのアドバイザー役に。
第三者として聞き入れ適切な判断を下す手助けをしてくれるのはありがたいことですね。

Prison Break S4-#3 「シャットダウン」

Tポイントの電車広告で
バーミヤンの翡翠麺からTSUTAYAで借りたPrison Breakの先が読めない
につながる話がありますが
(冷奴がDexterになるのはさらに無茶な気がしました…笑)
PBは先が読めないっていうか読んじゃいけない気がします。
みんなでどんどん先をわからなくしてるんだもん。

さてスキュラを6枚集めなくてはならず
次の1枚をどうしても探したいマイケルは
またもや強引な手段に出ます。
スキュラの番人が密会するという情報を得たものの
メールの中身がわからないため
中継地点のサーバーに潜り込みたいと決めたら
本当にグレンを連れてサーバーに潜り込みに行っちゃいました。
グレンは全然行きたくなかったんだけど
周りのおっさんたちは本当におっかないので抵抗できませんでした。
もちろん囮のサラやら、見張りの皆さんも一緒です。
そして作戦通りうまく入り込んだはずがサラが受付に怪しまれ
とっさにマイケルが非常ベルを押してしまったので
サーバー室は火事になることを恐れて、部屋の酸素を外に出し始めました。
自ら首を占めてしまったマイケル。
でもリンカーンが消防車から斧を失敬してサーバー室のガラスをたたき割ってくれたので
無事に逃げだすことができます。
不法侵入、器物損壊…またもや悪いことを山ほどやってるのにお咎めなしですか?
こういう部分はあっさりスルーなのが不思議(笑)

命がけで取ってきたメールの中身は2枚の広告でした。
そしてこの広告には番人の密会現場が暗号化されていたのでした。
そのころセルフは上司に作戦中止命令を出され
マイケルたちをとっ捕まえにやってきます。
みんなは必死で逃げますが、結局マイケルを逃がすためにつかまり
マイケルは番人たちが一同に会し
重要な内緒話をしていたのをキャッチしてきましった。
この方がスキュラより価値があるってことで
セルフはマイケルたちを釈放することにします。
今週のヒヤヒヤも一件落着。結局はマイケルがおいしいとこ取りするんだよね。
そしてマホーンの息子が殺されたことを知ったリンカーンは
マホーンと力を合わせ犯人捜しをすると約束します。
マイケルの体調、よくなさそうですね。また一時頭を抱えていたし。

ティーバッグはウィスラーセットのおかげでリッチな生活をスタート。
別人に化けてお手当てを請求してみようと思ったら
その別人は相当お偉いさんだったようです。
ティーバッグは無事に化けられるのか。
そして早くマイケルにリベンジしたくてたまらないみたいです。
実はあまり怖くなさそうな殺し屋は
捕虜オヤジからサラの居場所を吐き出させます。
殺し屋も近々ロスに現れるのでしょう。
マイケル、みんなが追いかけてくれますよ!

Everwood S4-#7 「許し」

ハンナとブライトがハンナのベッドの上で
ブライトいわく「セカンドベースへ進みかけそう」になったとき
ハンナのお母さんが訪ねてきます。
お母さんはChicago Hopeのダイアンでしたが。
お母さんはお父さんが死んだこと、すでに葬儀も済ませたことを
淡々と語り始めました。
ハンナはショックで言葉も出ません。
どうして死に目に会わせてくれなかったのか。
お母さんは、お父さんの苦しむ姿を見せたくなかったと話します。
そしてハンナが二ーナのところへ来たのも
お母さんがそうするよう仕向けたからだとハンナは怒っていました。

でもハンナは出てきたときのことを振り返って、
自分はお父さんの所から逃げたかったのかもと思い始めます。
ハンナをどう励ましていいのかわからなかったブライトは
ハンナの神様の思し召しについて、穴あけパンチ理論で意見を述べ
二人の気持ちが通じ合います。
心から愛し合っていることを確認する二人。
ブライトのこんなピュアな気持ち、ありえない!って感じに素敵だったんですが…

ハンナはお母さんと話し合った結果、家に帰ることにします。
お母さんを一人ぼっちにしておけないし。
ブライトはハンナの決断を聞いた時、茫然としていて言葉がありませんでした。
ブライトはどうするつもりでしょう。
遠距離恋愛に耐えるのか?ものすごい試練です。

エフラムはエイミーとリードがキスしているのを見てしまいます。
そしてついリードにきつく当たってしまいますが
リードはそれは自分がエイミーと付き合ってるせいだと理解しています。
それが困るならストップをかけろとリードが意見すると
本当にエフラムはリードにやめてくれと言い切ってしまいます。
ならば自分の思いを伝えるようにとリードがダメ押ししてきます。

両親がアフリカ旅行中、家を散らかしまくったエイミーは掃除をしていました。
そこにエフラムは自分の意見を言いに来たはずですが
エイミーがリードとの関係について気恥かしそうに話しながらも
でも喜んでいる様子を見ると、何も言えなくなってしまいました。
結局話を聞いてあげるいい友達状態のまま
エフラムはさっさと退散します。
いざとなると引いちゃうところって、本当に父親そっくりだよね。
そんな父親の方は、まだちょこっと二ーナに未練があるみたい。

アンドリューのところに腎臓移植を希望する男性が訪ねてきます。
ちっとも腎臓が回ってこないので、一緒に来た一人娘が
自分の腎臓をあげるから適合検査をしてほしいと申し出るんですが
父は娘の体を傷つけるわけにはいかないと拒否します。
この娘がThe Closerのダニエルズでした。
普通の娘っていうキャラクターがなんだか不思議な感じです。

娘は単独で調べてもらうと、なんと腎臓が一つしかありませんでした。
例え適合してたとしても、一つだけの腎臓をあげるわけにはいきません。
結局腎臓は別のところから回ってきたのですが
娘が知ってしまったから、父は事実を暴露します。
娘は双子として生まれたけど、片方の女の子の腎臓が働かず
彼女の腎臓を片方移植、でも助からずに亡くなってしまいました。
それがショックで母親は家を出て
父は残った一人娘に真実を伝えず現在に至ってしまったわけです。 
今度は娘が、父が自分に嘘の生き方をさせたと怒りをあらわにします。

父親を子供がどうやったら許してもらえるか。
自分がとんでもないことをしたアンドリューは
エフラムに許してもらえないと覚悟を決めてましたが
もうエフラムはすっかり許してくれていました。
そしてアンドリューは娘を呼び出すと
自分たち親子の経験談をあえてエフラムから語らせます。
エフラムは人助けができたことに満足し
父子の絆がより一層強まりました。

Third Watch S2 DVD

サード・ウォッチ 〈セカンド・シーズン〉 コレクターズ・ボックス(6枚組) [DVD]サード・ウォッチ 〈セカンド・シーズン〉 コレクターズ・ボックス(6枚組) [DVD]
(2009/08/26)
コビー・ベルスキップ・サダス

商品詳細を見る


もう一度観るかは謎ですが、やはりさんざんお世話になった記念に
そして特典映像のNG集が観たくてBOXをゲット、手元に届きました。

今回はアメリカ版と同じ装丁。
パッケージの中にディスクがお行儀よく6枚入っています。
そしてディスクにプリントされているメンバーは
1.ジミー
2.キム
3.ボビー
4.ボスコ&デイヴィス
5、サリー&フェイス
6、カルロス&ドク

消防&救命が優遇されてます。
ただしカルロスはドクがいないと動けないのでセットってこと?
アレックスは無視されてます。
そして不思議な警察コンビ。何故この組み合わせなんでしょう。

8ページのブックレットには簡単なエピガイがついてます。

肝心のNG集ですが…わずか5分です。
5分のために15000円近く(実際にはもっと安く買ってますが)払うのは
どうかと思います。
でもファンにとってはとても楽しい5分でした。
NG集ですから、基本はセリフに詰まったり、演技をミスったり、爆笑しちゃったり
みんなの崩れたシーン中心なんですが
途中に踊ってるカルロス&ドクが映っていて
カルロスはいつものようにマイペースで、そこにドクが調子に乗って合わせてくれて
結局二人でじゃれあってるのがたまらなくキュート♪
とても幸せになれました。
それからロッカールームでデイヴィスが手を洗っている時サリーが話しかけるシーンを
サリーが勝手に吹替え版と称して全く別の話にすり替えてるのが笑えました。
いきなりお肌すべすべローションの話題になってるんだもん。
そんなわけでトータルしてNG集で大活躍はサリーかもしれません。

久々にボビーの姿を観られてうれしかったし
時間の余裕があれば大好きなS2なのでもう一度観たいなと思います。
S4以降はそれほど執着心がないんですけど。
やはり消防&救命が活躍してた時代が好きでした。

9月のドラマ視聴計画

今月はどんどん観るものがなくなって
おかげさまでHDDの在庫一掃処分に励んでいます(苦笑)
来月も嵐の前の静けさかな。
10月に備えて溜めこまないようにしたいと思います。

☆日テレ
Prison Break S4

やっぱりハチャメチャの展開、ツッコミどころ満載で楽しくてたまりません。
マイケルはやっぱり困ってしまうのか?そしてティーバッグの活躍は?
今シーズンも大いに楽しませてもらいます。

☆NHK-BS
Dameges S2

今月のお荷物!がこれなんだよね。
是非とも観たい、っていうか頑張るつもりなんですけど
短期集中放送で火~木の23時台を占拠されてしまいます。
NHKは再放送がないから最優先で録画しなくてはならないし
そしていつの間にか録画が溜まってしまいそうな嫌な予感。
普通に週1話でまったり進んでほしかったです。

☆BS朝日
Painkiller Jane S1

もう一息残ってますが、最後まで楽しませてもらいます。

☆WOWOW
Cold Case S5
The Unit S4
The Last Enemy

ついにレギュラーが2本だけ?!
すっかり寂しくなってしまいました。
しかもThe Unitはダメージのダメージで(笑)
土曜の吹替版を観なくてはなりません。
いつも犠牲になってしまうんだよね。
早く干からびてるほっさんに会いたいです・・・
そんなわけで23日にオンエア
カーライル様が出ているThe Last Enemyにチャレンジしてみます。

☆AXN
Bionic Woman

バイオニックなお姉ちゃんは案外人間くさくて好感がもてますが
だからさっさと打ち切りになってしまったのかなっていう不安も覚えます。
まだブロンドショートヘアのフェイスになじめません。
AXNもこの一本だけ。兄弟&姉妹ドラマのスタートを心待ちにしています。

☆FOX
Law&Order S2 
Ghost Whisperer S3
House M.D. S4
Mental
NCIS S4

Houseは前半お休み。
そしてQWは今月でおしまい。
本家は相変わらず忙しいです。
ついでにThe ListenerのS2存続署名活動が
本家サイトで繰り広げられてます。(ただし英語)
The Listnerはあれで終わりだと思ったら、場合によっては続くのかも…

☆FOX CRIME
Spooks S2
Burn Notice S2

来月は気になるドラマ9mmとSVUのS5がスタートなので
まさに嵐の前の静けさです。

☆FOX life
G-Spot S3
Satisfaction S1

こちらはすっかり過激なドラマを観るチャンネルとなってしまいました。
SatisfactionはDVDですでに2話視聴済みですが
5人の高級娼婦の仕事とプライベートをつづった物語。
G-Spotのようにセックスネタをあっけらかんと楽しめず
お仕事ご苦労様ですっていう気分にさせられます。
オーストラリアのドラマというのが新鮮です。

☆Super!DramaTV 
The West Wing S7
Everwood S4
Heroes S3
(GSG-9 S1)

スパドラも寂しくなってしまいました。
Everwoodは毎回ドキドキしながら楽しんでいますが。
Heroesはどうすれば挫折せずに済むか、かなり苦労しています(汗)
そしてまたパイロットを観てしまったGSG-9
スパドラは画面が小さいのが問題ですが
でもやっぱり面白いです。
カスパー無言、デミアしつこい!
とかあれこれツッコミながら何度観ても楽しめます。

☆Sci-fi チャンネル
First Wave S3

S3はどうしても観たかった謎エピがあるので
それだけは要チェック!で頑張ります。

☆ミステリチャンネル
Rex S2
Frank Riva

アラン・ドロンにちょっと挑戦してみようかなと思ってますが
長続きするかは不明。
気持ちに余裕があればですけど。
ミスチャンは10月にAXNミステリーに変わったところで
とても忙しくなりそうです。

☆チャンネル銀河
Dr.Quinn,Medicine Woman S3 S4

もはや大切に保存するドラマです。
しかし休まずに全エピ放映してくれるのはありがたい!

☆LaLa TV
The Closer S4
Mistresses
Murdoch Mysteries S1

The Closerはもうすぐ終了。
そしてカナダ発シャーロック・ホームズなMurdoch Mysteriesは
マードックがF.B.Eyeのジャックなんですよね。
彼が一昔前(もっと前?)スタイルでどんな捜査をするのか楽しみです。
そしてカナダドラマならではのイケメンたちと再会できるかも。
ちなみにパイロットはRe;Genesisのボブが出てるようです。

☆TBSチャンネル
花より男子

韓国版を字幕で視聴中。
飽きずに観られるか心配ですが、台湾、日本と比べながら観ていく予定です。

結局25本以上ありますね(笑)
とにかく溜めないように頑張りましょう。

Alarm fur Cobra 11 S8-#13 「偽りの友情」

ずいぶん視聴ドラマの本数が減ってきたので
ようやくHDDに溜まっていたドラマを一気視聴できるようになってきました。
そこで後半放置状態だったコブラ11を観ていたら
このエピは面白かった。

ゼミルとヤンがいつものようにアウトバーンで事故車に遭遇。
乗っていた大学生はこれまたいつものように大した怪我じゃなかったはずなのに
ショック死してしまいます。
原因はアイスと呼ばれる合成ドラッグを使用していたからでした。

というわけでなぜかアウトバーンコップがドラッグ摘発に手を染めることになります。
レイブパーティーではお約束になってるドラッグのルートをたどるために
ゼミルたちは大学の捜査を始めます。
ここでヨハネスという麻薬犬が登場するんですが
これが毎週観ているレックスと比べてしまうととんでもないバカ犬で(笑)
単にヤク中の犬ってことでしょうか。
でもヤンにはなついてたけどね。
賢いレックスの動きに慣れてしまうと本当に大丈夫かと不安になりましたが
おクスリにはとてもよく反応しました。
さっそく校内でフードをかぶった学生を発見ししつこく追い回しましたが
学生は逃げ足が速く捕まえられませんでした。
でも彼はアイスの包みを落としていってくれました。
次にヨハネスは薬学部の学生が廃棄したゴミに興味津々。
これがアイスの原料になっているようです。
どうやら学生たちが薬品を盗み出し、合成ドラッグを作っているようです。

早速薬品庫を捜索。すると中にいた学生たちは棚を倒して逃げていきますが
ロッカーのカギを落としていってくれました。
警察がわかりやすいように次々にヒントをくれる学生たちです(笑)
ロッカーを開けるとアイスがどっさり。
そしてロッカーを使用していたのはマイクと言う学生だとわかり
今度はマイクの家を家宅捜査。
そこに置いてあったビデオに映っていたパーカー男は
なんとボンラートの息子でした。

息子は体育学部でボンラートは彼に体育教師になってもらいたかったんですが
(だから逃げ足が速かったんだ)
本人は自分のやりたいことをすると言ってオヤジの意見を聞こうとしません。
結局ドラッグの世界に片足突っ込んじゃってたんですね。
しかし友達がドラッグのせいで死んだことはショックで
このままじゃまずいとは思っていました。
そしてドラッグを仕切るマイク。
イケメン登場!と思ってよく観たらGSG-9のフレディじゃないですか。
なんとその昔はドラッグ製造元でしたか!
そして息子がオヤジに正直に話すと言い出すと
ドラッグの仕切り屋がマイクに銃を渡して息子を殺せと命じ
いかにも息子を撃ってしまいそうな緊張感が漂いました。、
GSG-9な人たちは冷酷ですから(苦笑)
でも状況を把握したゼミルたちは現場に突入。
ボンラートは無事に息子を助け出すことができました。

どこの国でも親は自分の仕事に追われ子供にかまっていられないうちに
警官の息子や娘が犯罪にかかわってしまうってことがあるようです。、
ボンラート息子もこれから真っ当な道を進むでしょう。
そしてフレディ、悪い奴でも素敵でした。
学生らしく見えたし。

コブラ11はFOX MOVIEでS9(ってことは本国ではS17ですか?)をオンエア中。
今度は相棒がまたトムに戻るんですね。
MOVIEは観られないから、S9も続けてBS11でオンエアしてもらいたいです。
ついでにいよいよスパチャンでGSG-9スタート。
今度観たら何度め?かわかりませんが、今は時間の余裕があるし
S1jは全エピコニーが出てくるから、やっぱりまた観てしまいそう。

Mistresses S2-#2

S2も予定通り、あちこちでドロドロし始めました。

ホテルのバーで知り合った一夜限りのはずだった男がトムと名乗り、
シボーンのところに離婚訴訟のの手続きにやってきます。
これは大きな仕事になりそうで上司は乗り気ですが
シボーンはトムと顔を合わせたくないから、担当をドミニクに譲ろうとします。
でも上司はトムがシボーンを指名してると言って却下。
仕方なくシボーンはトムの担当を引き受けます。
するとトムが外でランチしようと言い出し
シボーンが日常生活から離れてリラックスできるように
またホテルに来てほしいと誘ってきます。
その口調には悪意はなさそう。
シボーンとハリーはカウンセラーを受けますが
シボーンの浮気を知ってハリーは怒り狂い、
その怒りはまだおさまっていないことをシボーンは知らされます。
お互い謝り歩み寄ろうとしたけど、まだ受け入れられない?
トムからお誘いのメモとホテルの部屋のキーが届き
シボーンはまたホテルに向かってしまいます。
ますいですね…この展開。

ケイティとダンの関係も一時的なもの。
このまま深入りするつもりではなかったのに
ダンが元カノと親しげに歩いている様子を見たら
ケイティに嫉妬心が湧いてきましたか。
ダンとの関係を続けていきたくなってしまいました。
するとかつての恋人ジャックもケイティが気になって仕方なく
仕事が終わって飲みながら一息ついてたら
ジャックがケイティにキスを。
ジャックは既婚者だし、またややこしくなるじゃないですか。
ケイティは見事に三角関係の渦中に入ってしまいました。

リチャードが引っ越してきてバタバタと忙しいトルーディ。
お菓子のビジネスも少しずつ軌道に乗り始めています。
トルーディはリチャードの書類の中に
銀行の明細を見つけてしまいました。
何気なく見てたら大金が引き下ろされてる。
その後リチャードの元家に点検に呼ばれたトルーディは
リチャードが女性と争っているのを見て焦ります。
リチャードは彼女に金を払っているのかも。
トルーディがリチャードを追及したところあっさり否定され
リチャードはダイヤの婚約指輪を渡してくれます。
引きおろしたお金は指輪のためでしたか。
でもサイズが合わなくて直しに出したら
店員にこの指輪はフェイクの安物だと指摘されてしまいました。
リチャードはトルーディを騙してた?
しかも大金は定期的にエレインという女性に振り込まれていることがわかります。
リチャードは大きな秘密を隠しているようでした。

サイモンがクライアントの奥さんにすぐに手を出すため
ジェシカたちのイベント企画会社はすっかり信用されなくなり
会社の存続が難しくなります。
すぐに失業?とジェシカは不安を感じますが
マークは外で誰かと浮気しているようです。
今までのジェシカだったら自分も負けずにやってたけど
ジェシカは家でマークを待っていました。
会社の方はサイモンの妻が機嫌を直してくれて、なんとか首がつながりました。
そして孤独なジェシカは勢いでドミニクと寝てしまいます。
もちろんだれにも内緒でということで。
ドミニクもよき父として頑張るつもりのようです。
そしてマークの浮気癖は全然治す気がないみたい。

The Closer S4-#12 「トランクの中の殺意」

車のトランクの中から男性の腐乱死体発見。
しかもその男が巨体すぎて、持ち上げて外に出すのは容易ではありません。
見た感じでは元働いてた宝石店に忍び込み
300万ドル相当のダイアモンドを盗んだアダムスと思われました。
ブレンダがオフだったのでプロベンザがサンチェスを現場に連れ出し
ブレンダへの電話報告の間サンチェスはおとなしくしてたはずですが
遺体の入った車のレッカーの仕方があまりにも無茶だったので
サンチェスは大声でストップをかけようとします。
これでブレンダにもバレました。
しかも車は坂道を滑り落ちぶつかってトランクはぺしゃんこ。
しかもその上に電柱が倒れてきて遺体は焼けてしまいました。

これでは全く検死できません。
アダムスもダイアモンドもなしてどうしよう。
手がかりになったのは車に残されていたハンバーガーショップのレシートでした。
店の防犯カメラの映像をチェックしたら
アダムスのほかにもう一人男性が乗っていることがわかります。
強盗事件には共犯者がいました。
アダムスは利用され殺されたのかも。

共犯者は出会い系サイトで知り合ったレイエスとわかり
レイエスの自宅に行くとラテン系の女性が顔を出します。
サンチェスは署から出してもらえなくなってしまったので
バズが通訳をしますが、彼女は名乗らないし言ってることもかなり意味不明。
とにかくレイエスは姿を消したようです。
客船のショーに出演していると言って仕事に向かおうとする彼女を
無免許運転で逮捕して取り調べることにしました。
今度はサンチェスが指紋採取しながら話しかけると
なんと彼女は英語を話します。
そしていきなりサンチェスとキスを!
ブレンダが再び怒ります。

彼女の尋問を始めたブレンダは
実は彼女は女装したレイエスであることを見抜きます。
ショックだったのはサンチェス。
知らずにお兄ちゃんとキスしてたんだもん。
サンチェスは慌ててカウンセリングに行きました。
それにしても女装レイエス、きれいだし似合ってた。
レイエスの仕事は奇術師だそうで
尋問もマジックをかけられているかのように
うまくはぐらかしていきます。
でもブレンダは彼のドレスにダイアモンドが縫い付けてあるのを発見しました。
だけどアダムス殺害の決定的証拠がなく。レイエスは保釈されてしまいます。

心臓発作を起こした後、ブレンダ父はわがままを言いまくっています。
このまま結婚式まで両親に居座られていたらプライバシーなんて全くないし
勘弁してほしいとブレンダが陰で嘆いていたら
母は父を連れてハワイへ旅立つことにしてくれました。
ドレスの試着も済んだし。
やっとブレンダは解放されます。
そしてフリッツがFBI的見地で助っ人に!

フリッツの本当のお仕事は一体何でしょう。
FBIが担当した事件の内容は詳しく知っているようです。
ファイルの管理とか任されているのでしょうか。
とにかくマジシャンの手口には規則性があるとして
今回の事件によく似た事件のファイルを持ってくると
事件にtレイエスじゃなくてあの彼女が関わっていたことがわかります。
容疑が固まりFBIが身柄を拘束
だと思ったらレイエスは掛けられた手錠をさっさと外していました。
これからFBIが振り回されるのかな。

Prison Break S4-#2 「オデュッセイア」

「スキュラを探せ」ミッションのために集められた6人はアジトに案内され
そこには天才ハッカーのグレンが待っていました。
また新キャラ登場。ついに東洋系です。
最近ドラマに東洋系は必須アイテムですからね。
グレンも犯罪者ですが、みんなのようにタフな逃亡なんてできないでしょうね。
ついでにサラは拷問で受けたショックが後を引いているようです。

マホーンがスキュラの持ち主の運転手の顔を覚えていました。
そしFBI的推理で運転手が何者なのか絞り込みをかけてきます。
こういう判断力はマホーンの勝ちですね。
で運転手を追いかけていったら持ち主はタクスホンだとわかるんですけど
彼のお屋敷はものすごい警備で。
こんなに用心棒をいっぱい立たせておく必要があるのかなって感じです。
いくら脱獄のプロでも侵入は難しそう。
べリックは穴を掘ればいいと申してましたが、彼は相当穴にこだわっているようです。
グレンの言うことでは彼の携帯型ハッキングマシーンを近づければ
スキュラのデーターを読み込むのは簡単だそうで
こんなご立派な発明ができるなら、もっと世の中のために役立てましょう…
ともかくスキュラのありかが分かればハッキングは可能です。

まずタクスホンが持ち歩いてるかもしれないので
当たり屋スクレがタクスホンの車にぶつかってみましたが効果なし。
続いて通いのメイドに近づくことにして、サラがメイドのバッグにマシーンを滑り込ませます。
メイドが帰る時マイケルが警備会社になりすまし
警備のエラーが出てるから各部屋の窓をチェックしてくれと頼み
書斎の金庫の中のスキュラのデータをしっかり吸い上げてしまいました。
ところがメイドがマシーンがかばんの中に入っているのに気付き
旦那さまのだと思って部屋に置いてきちゃったんですよね。
マシーンがなければデータも復元できないし
大体怪しいものが置いてあったバレルでしょ。
さあどうしましょ。
結局「取りに行く。」とマイケルは宣言してしまったのでした。
最初からマイケルが動けばよかったのに…二度手間です。

そしてどこかからお屋敷の警備の配線図を入手。
忍び込み計画を立てます。
これはマイケルのお得意技、才能が発揮できてよかった。
実際にはリンカーンとスクレが囮になり
警備員たちがあたふたしてるうちにマイケルとマホーンが忍び込んで
携帯マシーンを取り返してくる作戦です。
さすがに忍び込みのプロたちはうまく作戦を成功させましたが
マホー^ンは書斎に飾ってあった子供の写真にほろりとしかけてました。

これで任務完了。めでたく解放される?と思ったら
データを開いてもらちが明きません。
これはごく一部にすぎないことがわかります。
サラの父がサラに託したメモにスキュラのことが書かれていて
「オデュッセイア」によるとスキュラは六つの頭をもって6人を犠牲にする怪物で
つまりスキュラは6枚ないと役立たないということのようです。
あと5枚はどこに隠されてるんでしょう。
マイケルたちはあと5枚探さなければならないってこと。
そして犠牲になる6人と言うのはこの仲間たちのことですか?
あの見た目はちっとも怖くない(笑)殺し屋も必死でマイケルとリンカーンを探してるし
(そういえばグレッチェン生きてましたね。みんな簡単に死なないんだ…ウィスラーは別だけど)

そして砂漠で放置されたティーバッグ。
一緒に歩いてた男が気がふれて死んじゃった後も
なんとか生き延びています。
結局彼の肉もいただいちゃったんでしょうね。ティー様のことですから。
そしてうまく見つけてもらってサンディエゴまで送ってもらい
鳥の図鑑の暗号を頼りにロッカーを開けたら
ウィスラーの秘密セットが隠されていました。
これを持ってLAにマイケルを脅しに行くのか…
どこまで悪運の強いティーバッグ。頑張れ!

Everwood S4-#6 「男同士」

アンドリューはお節介を承知で
エフラムにエイミーに彼氏ができたらしいと報告します。
エフラムはまさか?ありえないと否定しますが
どこかで気になっています。
そのあとサムズでエイミーに会い
ライブに誘おうとしたらデートだからと断られてしまいました。
もちろんエフラムは表向き祝福してあげていますが
内心思いは複雑です。

エイミーがリードとデートにこぎつけるまで一苦労。
キスの後リードはエイミーの前から姿を消してしまったのですから。
しばらく待っていたらサムズにリードが現れ
勉強に追われていることを説明、詩の朗読会に誘ってくれました。
だからエイミーはエフラムの誘いを断ったわけです。
でも朗読会の後は食事に行くでもなく
まだ実験が残っているからとリードはさっさとさよならしてしまいます。
それってデートだったの?
納得できないエイミーはハンナを道連れにアパートで待っていたら
リードが戻ってきました。
ついにエイミーが爆発してこれっていったい??と問いただすと
リードは今は医学部の勉強で精一杯で
真剣に恋してる時間はないみたい。
むしろ大学生のこの時期をどう生きるかが大切だとしっかり意見されてしまったので、
エイミーはリードに従うしかないようでした。

エフラムは我がままな天才少年カイルのレッスンを続けていますが
カイルはジュリアードの願書をちらつかせて得意満面になっていたかと思うと
次の日はジュリアードは受験料が100ドルもかかるから受けられないと嘆きだします。
確かに100ドルはカイルにとっては大金でした。
エフラムはお金を貸そうと提案しますが、カイルが断ったので
彼を外に連れ出し、山のリフトに乗せてしまいました。
外の景色を見るうちに、次第にカイルも打ち解けてきます。
そして山のカフェで生ピアノを前にしたとき
エフラムはカイルに弾いてみるよう勧めました。
効果抜群、いつの間にか50ドルも集まり
ジュリアード受験資金の半分ができました。
後はエフラムが貸してあげることにして、準備OK!
エフラムはいいことができたと満足していました。

ジェイクとアンドリューの間は
アンドリューが二ーナにキスした後どんどん悪化してます。
二ーナはアンドリューと友達に戻りたかったし
デリアとの関係まで気まずくなりかけています。
お互いに譲ろうとしないので、二ーナは知り合いのカウンセラーに頼んで
二人の精神状態をカウンセリングしてもらうことにしました。
アンドリューはカウンセラーなんてとんでもないと思い
そしてジェイクと向き合うとお互いを激しくけなしあって
やっぱり収拾がつかなくなってしまいます。
だがジェイクの標的は二ーナにキスしたアンドリューではなく
アンドリューの存在そのものになってきました。
ジェイクはアンドリューに引け目を感じていたことを認めます。

主婦になったローズは時間を持て余しています。
検査結果が出るまでは、これが最後かもしれないからアフリカ旅行をしようと
密かにプランを練っていたのですが、ガンの心配はなく完治。
ところが市長ではなくなったので、することがないのです。
アボットはローズが思いつめてうつ状態になったりしたらまずいと思い
各種求人データを調べ用意してくれましたが
ローズはその気になれませんでした。
するとアボットは夫婦でアフリカ旅行をプレゼント。
夫婦の絆も深まり素晴らしい時が過ごせそうです。

Kommissar Rex S2-#7 「復讐への挑戦」

Rexを観る楽しみはレックスに癒されることがまず第一目的なんですが
ウィーンの街並みに感動というより驚かされたり
このドラマの視聴者のターゲットがどのあたりなのか分からずに悩んだり
とにかくいろいろ新鮮なんです。
一昔前のドラマなのに。

今回はモーザーが警察学校時代の同級生で
落ちこぼれてから道を踏み外し、一度モーザーにつかまってる男フックスが
友人のフリッツと銀行で現金輸送車強盗を企みます。
フックスはフリッツのアパートに同居中。
このアパートが低所得者層向きなのでしょうか。
訳ありの人が住んでいるようです。
フリッツのお母さんも酒びたりだし。
隣の家のフックスの恋人もどんな暮らしをしてるのか?
他にはボロボロのジャンキーも住んでいたりします。

まずフックス達が入っていった銀行の建物が歴史的建造物って感じで
これはヨーロッパのドラマでなければ出せない雰囲気ですね。
そしてフックス達は現金運搬中の担当者を見つけ金を奪おうとします。
銃撃戦になりフリッツが死亡、フックスは一人で逃げてきてGFに金を預けます。
死んだフリッツを置いてきてしまったのですぐに犯人がバレ
警察がアパートを包囲します。
フックスがアパートの地下に逃げ込み
地元警察がモーザーとレックスとともに追いかけますが
地下に白い扉があって、これって何?とかなり不気味な雰囲気でした。
モーザーがドアを開けると裸のおじさんが!
なるほど、地下にシャワー室があったんですね。
扉がずらっと並んでいて、一つ一つ個室になっていて
住民はここでシャワーをしているようです。
こんなにずらっと並んだシャワー室って見たことがなくてビックリ。
そしてカメラがシャワー室の上を映すので
観たくないのに(笑)しっかり裸オヤジが見えてしまいました。
このドラマ、どうも無駄脱ぎの傾向が強くって(笑)
ついでにフックスの彼女もしっかり胸を出しちゃってました。
子供向けドラマではないことは確かです。

うまく逃げたフックスは彼女に金を給水塔まで持ってくるように命じますが
アパートは警察が包囲しているので動けません。
仕方なくベビーカーにかばんを積んでこそこそ出て行ったら
しっかりジャンキーに見つかってしまいました。
そこで小競り合いしてたら二人とも御用。
呆気ない人たちです。

フックスだけはたくましくて全然つかまりません。
武装して給水塔に逃げ込んだフックスと
モーザーは1対1で対決するつもりでいます。
レックスはお留守番。
そして銃は持たずに入り、塔の外にぶら下げて窓からとれるようにしておきました。
この給水塔もレンガ造りで立派な建物です。
だけど事件は起きてしまうんですね。
モーザーは落ち着いてフックスと交渉中。
ところがレックスがじっと待っていられず、モーザーを追いかけたので
不審な音を聞いたフックスは発砲、モーザーは撃たれてしまいます。
隠した銃も取り出せないし。
ってことで今回のレックスのお仕事は
ロープに結んで下がっていた銃を引き上げてモーザーに渡すことでした。
任務達成、モーザーはフックスを仕留めます。
お疲れ様でした。

The Closer S4-#11 「血痕のシルエット」

The Closerも今シーズン残り僅かなんですね。
大好きなドラマがどんどんファイナルを迎え、寂しいです…

ブレンダはウェディングドレスを選んでますが
純白のドレスは本当は着たくないみたい。
語りたくない過去もあるようです。
お母さんが用意した3着のドレスは親戚の物やお母さんが自分で着た物
ブレンダはお母さんのドレスを選びます。
それより決まらないのがウェディングケーキ。
フリッツが持ってきたところで電話がかかり
ブレンダは署へケーキを持ってきました。

サンチェスは回復して職場復帰です。
復帰のお祝いにブレンダのお試しケーキが配られました。
候補を選んでくれたのはフリンだけでしたけど。
そこに検死官のモラレスが、ハリウッド署の管轄で銃で自殺したとされた男の死体が
他殺に間違いないと意見しにやってきます。
面倒な話だけどモラレスが引かないし
確かに男の指の怪我などを考えるとモラレスの主張も一理あり
ブレンダは殺人事件として捜査を開始します。
ポープはこんなことに首を突っ込むなとまた不機嫌でしたが。

本当はブレンダは両親と式場の教会を選ぶ予定でした。
そこで死んだ男が通っていた教会に
事情聴取も兼ねて両親を連れて行ってしまいます。
それがかなり怪しげな教会で
元はスケート場だったのを改装したとかで単にだだっ広いだけです。
祈りを唱えているのはセックス依存症の人たちの集まり。
お母さんはぶっ飛んでしまいました。
またもや両親はブレンダのペースに巻き込まれています。
そして牧師はあれこれ怪しな基金をたくさん集めていました。

死んだ男はドラッグの依存症でしたが
ガン患者の女性と付き合い始めます。
そして彼女にプロポーズしたとき彼女が断ったため
悲観して自殺したと思われていました。
しかしよくよく調べていたら、教会に彼女のためのガン基金が設立されてたのに
彼女の医療費は未払い状態です。
実は彼女のガンは仮病でした。
金だけだまし取っていたわけです。
そして彼女は恋人まで撃ってしまいました…アクシデントだと言いわけしてましたが。

またもや思いどおりに事が運ばないお父さんは
不機嫌な顔をしていたかと思ったら急に倒れてしまいました。
警察から即病院へ運ばれます。
お父さんはブレンダの知らないときにも心臓発作で倒れていたんですね。
なんとか落ち着いたけど大騒ぎになってしまいました。
そしてブレンダの結婚もいよいよ秒読みとなりそうです。

ブレンダは医師のOKが出たらサンチェスをデスク勤務から解放しようと思っていたけど
なかなかOKが来ません。
実は肉体面は回復していたけど、精神面でのケアがまだだったんですね。
そこでプロベンザのオヤジ心がストップをかけていたのでした。
二人の美しい友情はまだまだ続いています。

9mm: Sao Paulo ブラジル公式サイト

初めてのブラジル発クライムドラマってことは
もう私が宣伝するしかないでしょう(笑)
ということで9mm情報、ぼちぼちUpしていきたいと思います。

ブラジルの公式サイトを見つけました。
有料チャンネルというのはブラジルFOXでした。
私が住んでた頃はアメリカのドラマを流すだけのチャンネルだったのに、
独自の作品をオンエアするようになったとは進歩です。
トレーラーを観た感じでは、ホミサイドブラジル版かな?
殺人課の刑事たちのようで、事件と合わせて彼らの人間ドラマを描いているようです。
決してノベラのように甘くはない辛口の世界ですね。
詳しいエピガイが載ってますが、6話までしか書かれていないのが不安。
まさか6話で終わってないよね。
キャスト紹介を観ていたら、一瞬ホレイショ?と読みそうになりましたが
ポル語ではHjは発音しないのでオラシオです。よかった(笑)
サイトの内容が盛りだくさんでチェックが大変です。

Mistresses S2-#1

S1はいろいろ問題が湧きあがったものの、なんとかそれなりにまとまって終わりましたが
いきなりそれから1年後ということでS2がスタートします。
実際には本当に1年後に始まっているのですが
今回は続けての放映だったので、いつの間にかシボーンの赤ちゃんが生まれてるし
ジェシカはアレックスと別れたと思ったら男性と結婚式だしと
一年の間の出来事がすっ飛んでしまってなんだか不思議な感じでした。

空白の一年間を想像。
ハリーはシボーンの出産は受け入れることにしたけど
浮気した事実は許せていないんでしょうね。
だから寝室は別々。
しかしエルザの子育てには積極的なようです。
さらに実の父ドミニクも子守りを頼まれるなんて
そのあたりはオープンなんですね。
でもハリーが殻を閉ざしていることでシボーンはストレスをため込んでいます。
ジェシカは相変わらず思いのままに生きていたのかな。
ついに実業家のマークと結婚することになったけど
ジェシカ以上にやりたい放題って感じ。
ケイティはサムと別れ病院を辞めていたのか、おとなしく生きていたのでしょう。
医学校時代の恋人のジャックが勤める病院に再就職します。
トルーディは生きていたポールと決別した後
リチャードと子供たちと楽しく過ごしていたようですが…

シボーンのストレス解消は一夜限りの火遊び。
夜中にこっそり抜け出してバーで飲みながら
声をかけてくる男とベッドを共にします。
事が済んだら自宅に帰り
よくハリーにバレないものだと感心しますが
その前にエルザがぐずったりしたらどうするんでしょう。
ハリーが面倒をみるのかな。
ちょっと夜中の火遊びにしては子供が小さすぎる気がするのですが…
ともかくシボーンが関わった男が
突然彼女に電話をかけてきます。
いよいよ一夜限りではなく泥沼状態の始まりでしょうか。
ジェシカはマークが婚前契約署を出してくれたのに破棄。
何でも許してあげるつもりのようですが
今のところは幸せそうな結婚生活はこの先うまくいくのかな。
ケイティは新しい職場での初日
腫瘍科へたどり着けず迷っていると
配達係の男性が声をかけてきます。
でもその後ジャックの家に呼ばれて行くと
その配達係だと思っていたダンが来ていました。
実はダンもドクターだったのです。
しかも帰りがけにケイティにキスし
新しい恋が始まりますか。
そしてトルーディはリチャードの家と自宅を行き来するのは
無駄にお金を使っているし、この際同居もいいかと考えます。
でも彼女にとっては同居=新しい家族としての生活を始めること
それも踏まえてリチャードに提案したところ、リチャードはもう結婚にはうんざりしていました。
トルーディは諦めることにしますが、その時リチャードがプロポーズしてくれます。

早速危機に直面しているのがシボーンで
他の人たちは幸せそうだけど、また次々に問題が起きるんでしょうね。
でもお互い悩みを打ち明け良き相談相手となり
うまく解決していけるのがこのドラマの面白さだと思います。
S2もハラハラしながら楽しみましょう。

9mm サンパウロ市警捜査線

情報はこちらから

10月からFOX CRIMEで「9mm サンパウロ市警捜査線」というドラマが始まるそうです。
ついにブラジルドラマが一般海外ドラマチャンネルに上陸。
それもノベラではなくクライムドラマだというのが新鮮です。

リオに住んでいたときしばしばサンパウロに出かけてましたが
サンパウロは大都会です。
しかもかなり怖いです。
自分の行動範囲は限られていて、安全な場所を歩くようにしてましたが
それでも怪しげな光景は多々見ていました。
危険ゾーンは半端じゃなく危険だと思います。
そこで起きる犯罪はどんなものなのか。興味深々です。
マフィア絡みのドラッグ売買とか、大がかりな強盗事件とか
観る前からあれこれ予想がついてしまいますが。
果たして広いサンパウロのどこが舞台になるのかな。

全13話ってことなのでノベラのようにだらだらせず、1話完結で進むのかなと思いますが
そんなドラマもブラジルで受け入れられるのかとちょっと不思議です。
ケーブル局が作ったようですけどね。
懐かしい景色が観られるのが嬉しいし、なによりポル語が聞けるのが楽しみ。
かなり忘れかけてるから勉強も兼ねて楽しみたいと思います。

そしてSVUのS5もスタートですね。
順調に進んでくれて嬉しいです。
またエピガイ頑張らなくては。

Gossip Girl S1-#18 「恋のから騒ぎ」

シーズンファイナルはお約束の結婚式。
子供たちの揺れる思いも気になったけど、ルーファスとリリーの決断の方が切なかった。
本当にこれでいいのかな?
セリーナとダンのことを思って、ルーファスではなくバートを選んだリリー。
頭ではわかっていても気持ちは変われない気がします。
20年来の恋をあっさり封印していいんでしょうか。
お互い愛を確認し合ってそれぞれの道を歩むことにしたけど
今からリリーは4度目の離婚をしそうな気がします。
その方がドラマになるし(笑)ルーファスが近くにいる限り
結婚生活はうまくいかないんじゃないかな。
そしてバンド人生を再スタートしたルーファス。
多少は吹っ切れるのかもしれないけど、どうなんでしょう。

ジョージーナの悪事はブレアが見事に暴いてくれました。
嘘をつくのが嫌だったダンも今回は協力。
ジョージーナとの間の誤解も解けて、セリーナとは問題ないはず…
だけどセリーナが過去をすべてさらけ出したら
ダンは何故今頃?ってセリーナがついてた嘘が許せなくなってしまったんですね。
結局別れることを選んだダン。
でもお互いの思いは変わっていないんだし、ちょっと冷却期間を置いてぐらいに
とらえておけばいいかな。
そしてなかなかいい感じだったネイトとヴァネッサも
ここで終了ってことらしいです。
ヴァネッサはさっぱりしてるし、あとくされなくていいんじゃない。
結婚式のスピーチで父への賛辞というより
自分のブレアへの思いを吐き出したチャック。
めでたくブレアの理解を得て落ち着くのかと思ったら
バートにふらふらするなとくぎを刺されて態度が一変。
また元のプレイボーイに戻ってしまったようです。
置いてきぼりを食らったブレアは先にヨーロッパにバカンスに。
ネイトとセリーナは別荘地で、ダンとヴァネッサは地元で夏休みを送るようです。
S1おしまい。

これで韓国で観てしまったS2の初めに話が続きました。
だから子供たちはあちこち深く心配してないんですjけどね。
むしろ大人が心配。ネイト父は逃亡を企ててるようだし。

Gossip Girll、青春ドラマなのについていけるか不安ながらも観始めましたが
1シーズン十分楽しめました。
問題を抱えてる子供たちだけど根は素直だし
みんな友達思いのいい奴なんだよね。
そこが気に入りました。
そして親の立場からドラマを楽しめるのもよかった。
日本でのS2スタートは来年のようですが、続きがとても楽しみです。

Ghost Whisperer S3-#11 「Slam」 #12 「First Do No Harm」

今シーズンのGWもまたストライキの影響を受けてしまったので
18話で終了なんですよね。
というわけでもう終盤に差し掛かってきました。
Mediumと比べるとどうも話の流れがおめでたすぎちゃうし
メリンダの薄着は多少自粛されてるようですが
ついでにペイン教授のキャラが軽すぎてイマイチ好きになれないし…
とかなり挫折しかけそうになりつつも、何とか頑張っています。
最近の2話は面白かった!

先週のエピ「Slam」は高校生のメールのやり取りが
友達を傷つけていく話。
Gossip Girlが深刻になってしまいました。
セレブ高校生は自分たちがネット上で話題になるのもステータスなのかもしれないけど
普通は迷惑だよね。
そして光の先に行けないゴーストを演じていたのは
PBのLJでした。
リンカーンがマイケルのところへ行っちゃうから
こういうことになるんですよ(苦笑)

そして今回ビックリしたのが
ネッドってこんなに大人だったっけ?
S3になって初登場。しかも別人になってました。
成長に応じてキャスティングを変える必要もあるかと思いますが
こんな著しく成長されると驚きます。
しかもなかなかのイケメンじゃないですか。
女の子にも優しそうだし。
これからは子供ではなく、若者の立場からドラマに絡んでくるのかな。
ドラマの新たな魅力発見。頑張る意欲がわいてきました(笑)

「First Do No Harm」は火事で逃げ遅れた人を
ジムが救い出せずに後悔する話。
建物が倒壊しそうで退去するように命ぜられ
限られた時間の中だったら、やはり生存率の高い人を救出するのはいたしかたないことですが
残してきて救えなかった男がゴーストになってさまよっていると思ったジムは
メリンダがするようにゴーストに向かって話しかけます。
妻が霊能者であるために、いろいろ考えることになってしまうジムも辛いよね。
トビーだったらある程度自分で見えるから納得できるけど
ジムは見えない相手に語らなければならないし。
そういえばジムも目指す先は医師のようですね。
救命士は腰かけ仕事…by カルロス状態でしたか。
GWでの救命士としてのジムの役割はとても大切だと思うんですけど
救命士ではダメですかねぇ。
ドラマの現職救命士が少ない中で、救命士ファンとしては
ジムは貴重な存在なんですけど。
ちょっと気がかりな発言でした。

実は亡霊は尊厳死を選んだ看護師の方に向けられていたんですが
これはMistressesのケイティを思いだしてしまいました。
難しい問題ですね。
本人の望むことと周りが考えていることと倫理観が違うし。
そしてジムは真実を伝えたいという思いを実現し
それが役立ってめでたしめでたしで終わったのは正しいGWでした。

Prison Break S4-#1 「スキュラ」

また楽しく突っ込むためのPBが始まりました!
S4プレミアからツッコミどころ満載で・・・楽しすぎます。

SONAを出てきた囚人たちはみなさん無事逃げおおせたようです。
しかもマイケルなんてスーツ姿ですからね。
お尋ね者がいきなりのイメチェンっですが、首から上はいつもと一緒。
普通とりあえず髪を伸ばすとか髭を伸ばすとか
手っ取り早い変装をするもんでは?
そういうことには気を配らないんですね。

LAに出てきたマイケルの目的は
サラを殺したグレッチェンをやっつけろ!と単純です。
そしてグレッチェンとウィスラーを発見。
ウィスラーもすっかり垢ぬけてましたが
もう精神科医ジャックにしか見えないので…タイミング悪すぎます。
ウィスラーが持っているカードが「スキュラ」とかいう組織の極秘情報だそうで
ウィスラーはスキュラのコピーを作っていて、それをお偉いさんに渡したために
追われる身となってました。
ウィスラーと一緒だったマホーンとマイケルに助けを求めていると
いきなり殺し屋に撃たれます。
この殺し屋がERに出てたレジーっていうかビバヒルのデショーン!
過去の経歴からどうしてもいい人にしか見えません(笑)
でも見事にウィスラーを仕留めていました。
こうしてウィスラーはメンタルな世界に旅立ちます。

一方グレッチェンはサラが死んでないことをマイケルに伝え
彼女もまた始末されてしまいます。
単純マイケルの頭の中は、今度は「サラを探せ」一色になってしまいました。
パナマでLJらと一緒のリンカーンに「サラは本当に死んだのか。」を確認すると
リンカーンも定かではないようです。
そのころリンカーンは組織に追われ
なぜか仲良く一緒に逃亡してたべリックとスクレも罠にはまります。
マイケルとマホーンも結局御用。
だってまだ逃亡中の犯罪者ですから。

ところが捕まえた国土安全保障省オヤジが、
スキュラを探し出してくれとマイケルに取引を持ちかけます。
おかげさまで元気なサラと再会できたけど
兄弟は相変わらず追われる身。サラも危険な目に遭っています。
自分たちの自由が保障されるならと結局マイケルは取引に応じ
リンカーンとマホーン、そして腐れ縁のべリックとスクレも仲間に加わります。
あとはスキュラの謎ときのヒントが載っている鳥の本が必要なんですが
これはリッチになったティーバッグが持ってました。
ティーバックは単独で脱出したものの
金で買った男たちに裏切られ砂漠に捨てられています。
マイケルたちはティーバッグを探せるのか?

今シーズンもあれこれ都合がよすぎです!
必要になったら一同さっと集まってくるし。
お役人のバックアップ(信じていいのか)があるにしても
この人たちを野放しでいいんでしょうかね。
しかも今度はサラが仲間入り。
マイケルはますます困りそうです。まあいつものことだけど。
で今シーズンはPrisonとは縁がなくなるのでしょうか。

あまりにも目立ちすぎなマイケルは
痛みを覚悟でタトゥーを消すことにしたようです。
これで安心して半そでシャツが着れるね(笑)
でもその前に首から上を何とかした方がいいよ。
いつまでも指名手配写真と一緒じゃまずいでしょ。

Everwood S4-#5 「一線」

アボット家の伝統行事「男同士のjキャンプ」に誘われたアンドリューは
エフラムと一緒に行くのもいいかもと思い始めました。
でもエフラムがキャンプに行きたがるわけがない!
と半ばあきらめていたら、ブライトが強引にエフラムを誘い
4人は湖にキャンプに行きます。
これはアンドリューとエフラムの関係を見直すいいチャンスになるはずですが
ついオヤジ同士、息子同士で行動することに。
アンドリューはあえてエフラムに近付かないようにします。
そして24時間ケンカしてないぞ!と満足してますが…

ブライトは家でハンナとじゃれ合っていて
キスからその先へ行くかも…と予感したその時
ハンナに「結婚するまでセックスはしない!」とはっきり宣言されてしまいました。
ハンナの言うことは絶対で変わるなんて考えられないし
彼女にとってはキスより先のこと=セックスなので
突然お預けをくらってしまったブライトはどうしていいかわかりません。
ハンナのために我慢できるのか?
ブライトはエフラムに相談すると、エフラムも同情してくれました。
こんな状態なら別れた方がいいのかなとブライトは悩みます。

やっとエフラムと二人きりの時間をもったアンドリューは
エフラムにどうしてヨーロッパから帰ってきたのか質問します。
エフラムの答えは「エイミーを愛しているから。」
エイミーが許してくれなくても、彼の一途な思いは変わらないのでしょう。
そしてエフラムは帰ってきてよかったと思っています。

ブライトはアボットにキャンプを楽しんでるわけじゃないと本音をぶちまけ
早く帰りたいと言い出します。
ブライトが早く行きたいのはハンナのところ。
そして決意を伝えようとするのですが
サムと遊んでる屈託ないハンナの笑顔を見ていると
ブライトは何も言えなくなってしまうのでした。

リードがストレートだと知ったエイミーは一安心
リードに気づいてもらいたいと思い始めたところで
ハロウィンの出し物のボランティアをしてくれないかと誘われます。
これはもしかしてデートと有頂天になるエイミーですが
実際には本当のボランティア。
リードはほかの女の子と親しげな様子で別の場所へ行ってしまいます。
裏切られた気分のエイミーはハンナに仕事を変わってもらって
仮病を使って家に帰ってしまいます。
翌日具合を心配してtリードがエイミーを訪ねてきます。
リードは優しい言葉をかけキスしてくれた!とその時携帯が鳴って
リードは帰ってしまいます。
一瞬のキスは一体??エイミーの願いが叶ったのでしょうか。

美容整形に力を入れるジェイクは働きづくめ。
本当に治療を必要としている患者を診ていないとエドナは文句を言います。
だがジェイクは最新技術の導入も大切だと反論してきて
レーザー技術の処置ができないエドナをクビにすると言ってきます。
エドナはレーザーが美容整形だけでなく医療面でも有用であることを思い知らされ
自分の考えを改めることにします。


またエフラムとエイミーのすれ違いが続くのでしょうか。
このドラマの永遠のテーマだし、きっと二人はどこかでつながってると信じて
二人の心の揺れ動きを見守っていきましょう。
エフラムの口からエイミーへの愛が飛び出してくるとは!
今シーズンのエフラムの視線がエイミーを追う姿が切なすぎるんですが
やはりエフラムにとってエイミーは大切な存在なんですね。
もうだれも代わりにはなれないのかも。
一方必死でエフラムを忘れようとして、ようやく吹っ切れたエイミー。
もちろんエフラムは本音を語れる大事な友にはなり得ると思うけど
今は無理して?リードに夢中になっています。
リード君、いい人っぽいけど信じていいのかな?
エイミーのキスが唐突過ぎたし、誰にでもこんな調子なのではっていう不安も感じます。
ついでにエイミーがはしゃぎながらハンナにキス報告しているところを
アンドリューが聞いちゃいましたが
もうお節介オヤジは懲りたはずなので、静かにしてる??よね。

ハンナと出会ってブライトはずいぶん変わったし
ハンナを大事にしようと思う気持ちは十分あるはずですが
あのブライトが果たして我慢できるのか?
悩んだ挙句「やっぱり無理」と言いたくてもハンナの前で言えないし。
それだけハンナを愛しちゃったブライトだから、
なんらかの方法でハンナと一緒に解決策を見つけられないかな?

House M.D. S4-#10 「It's a Wonderful Lie」 #11 「Frozen」

今回は2話続けての放映。
何故2時間枠なのかとても不思議でした。
というのもクリスマスエピの方はすでに観ているので
もしかしてこの続編があるのかな、でも続きそうな展開じゃなかったし…
と心配になっていたんですけど
実際には10話と11話は全く別の話でした。

クリスマスエピはちょうど一年前に観たわけですが
これだけ突然観たら、何故三人の新人 がいるのか
フォアマンがプチハウス化しているのか意味不明でした。
やっと3人が選ばれた後のエピだったんですね。
そしてWhite Lieが時には必要であることや
Secret Santaの話もようやく納得。
ハウス流のクリスマスエピでした。
そして患者さんのドナはいつの間にかTWWから姿を消し
シングルマザーになってましたか!

11話は面白かった。
Mira Solvinoが演じる南極観測隊専属のドクターのケイトが突如腹痛を訴え
最初は結石ではないかとハウスとフォアマンは疑いながら
PCのカメラ越しに話をし、治療を続けていきます。
その時ハウスは病院のCATV放送が経費節減のために打ち切られたのでご機嫌斜め。
決定機関である委員会にキャメロンが加わっているので
ハウスは三人の新弟子に、ERへ行ってキャメロンを脅すよう命じます。
三人は先に何しに来たかキャメロンに伝えちゃうんですけど。

そんな不機嫌ハウスでも美人の精神科医ケイトの診断には夢中。
ガンを疑い服を脱いでリンパ節を押してみろと命じてみたり
身近なもので生検するには何がいいか試してみたり
時にはウィルソンも参加して遠距離治療が行われますが
ハウスも気がつくとケイトに操られてるのが面白かった。
そしていつも通り病気が特定できないうちケイトは急変して倒れ
観測隊員のセスがハウスの命令に従って
ケイトの尿を飲んで濃さを確かめたり
頭蓋骨にドリルで穴を開けたり
結局体調不良の原因は足の指の骨折から来たものでした。
寒すぎて骨折したこともわからなかったようです。
治療の過程でセスのケイトへの思いを理解したハウスはあっさり失恋。
ちょっと残念そうだったけど仕方ないですね。

あまりお役に立てなかった新弟子たち。
ハウスはNoと言えることを学べと言いたかったようですが
カトナーはやたらと偉そうにNoを言うようになってしまいました。
そしてウィルソンがお洒落して食事に行くのが気になって仕方ないハウスは
ウィルソンに付きまとってレストランに来てしまいますのが
そこに現れたのがなんと悪女アンバー!
いつの間にこうなってたの??

こうして2時間枠はおしまい。
で次週から再放送スペシャルになるようで
N/Tに続いてHouseもシーズン途中での一休みに入ってしまうみたいです。
一休み前のサービスの2時間枠ってことだったのでしょうか。
確かに今シーズンはストライキの影響を受けたシーズンで
16話でおしまいなんですよね。
ってことは残りは4話だけ。
いろいる都合があって先に進めないのかもしれませんが
たった4話なんだからサクッと終わらせて
他のドラマを見せてくれてもいいのに…
復活はいつなんでしょう。
意外なところで楽しみがお預けになってしまって残念です。

The Closer S4-#10 「シンボルの意味」

昨夜は立て続けに爆弾絡みドラマを観ることに。
一番大騒ぎしたのがThe Closerで、L&O CIも自爆テロ騒ぎで
The Unitも爆弾騒ぎをでっち上げ
こんなときこそ干からびてるほっさんに登場願いたいものですが
とにかくThe Closerはいつになく迫力満点でした。

ダレンという高校生が自宅で死亡。
どうやら爆弾づくりをしてたようで、検死をしていたら彼が爆弾を身につけてることが分かり
特捜班は直ちに退去するよう命ぜられます。
重要な情報の入ってるPCも携帯も回収できず。
ブレンダは自分のかばんまで置いてきたことにブチキレ状態です。
代わりに爆弾処理ロボットが部屋に入っていきますが
みんながロボットのカメラから送られてくる映像を観ている間に
ブレンダはこっそりダレンの部屋に忍び込み、ダレンの財布と自分のバッグを死守してきました。
その後すぐに部屋は爆発します。

ダレンの腕にEが二つのタトゥーが刻まれ
同じマークが部屋にも貼ってありました。
財布に入っていたレシートからダレンの爆弾づくりのためのお買い物チェック。
ショッピングモールのホームセンターでダレンはプロパンガスやら釘やら
あれこれいろいろ買っていました。
そして駐車場で荷物を積み込むダレンと相棒、そして店員二人の姿が
防犯カメラに映っていたので人物を特定。
特捜班はダレンが通う高校に爆弾が仕掛けられていることを恐れ
高校に避難訓練をすると伝えて生徒たちを外に出し
ダレンの相棒を探しますが、相棒のジョンは学校を休んでいました。
ジョンもダレンと同じタトゥーが腕にあり、自宅のガレージから
武器やら爆弾の材料やら、危険なものがたくさん見つかります。

ジョンはブレンダの尋問を受けますが
チョコレートをおいしそうに食べています。
そしてふてぶてしい態度を見せ、危険が訪れることをほのめかすと
突如倒れてしまいました。
彼は躁うつ病の薬を飲んでいて、チョコレートを食べると命取りになるんだそうです。
自爆を覚悟で取った行動に、ブレンダはジョンの危険性を感じますが
ポープは高校での爆弾騒ぎが未遂に終わったことを単純に喜んでいました。

特捜班はホームセンターで爆弾関係の品物チェック。
フリッツがお付き合いに来てくれましたが
ブレンダはモールの案内図を見ていて
二人のタトゥーがモールの案内図と一緒なことに気づきます。
彼らが爆破したかったのはモールでした。
そしてタトゥーに書かれた☆三つは
もう一人共犯者がいることを示しています。
このあたりすぐに関連性を見つけたのはフリッツのお手柄。
だてにFBIをやってないぞとようやく見せつけてくれました。
しかし相変わらず単独行動ですけど…
そして二人に品物を売った店員の片方が
相棒のフランクにもタトゥーがあったことを教えます。

ここからが大混乱。
犯人はホームセンターの店員でした。
とにかく客の安全を確保しようとしていると
フランクは武装して屋上に陣取り、外に出てきた客を撃ち始めました。
すぐに下からダニエルズが応酬、その間にみんなは屋上に集まりました。
じわじわとフランクに迫るプロベンザとサンチェス。
そのときプロベンザが狙われ、すかさずサンチェスがかばいに行って3発も撃たれます。
その後も激しく銃弾が飛び交いますが、フランクを仕留められません。
フランクが爆弾の入ったかばんに近づいた時かばんを撃って
なんとか銃撃戦を終えることができました。
ヘリコプターが到着してサンチェスを病院に運びます。
その前自分は走らないと豪語してたプロベンザが駆け寄ってきたことに
サンチェスは苦しみながらもツッコミを入れてました。
災難でしたが、助っ人FBIも含めて今回も見事なチームワークでした。
予告編によるとサンチェスも無事のようだし
しかし激しかった…お疲れ様でした。

Medium S4-#16 「夢に溺れて」

今度はあまりにも平和なシーズンファイナル。
こんなにハッピーエンドだと、次シーズンがどうなってしまうのか
変に余計な心配をしたくなりますが…

メーガンとの共同運営を断念するジョー。
さてどう切り出せばいいのか、3パターンの夢を見ますが
ラストのショットガンをぶっ放し!が素敵でした。
これこそL&O CIのパイロットの別人ジョーじゃないですか。
でもいい人ジョーがそんなことをできるわけがなく
ガウンをメーガンに返すとそそくさとオフィスから引き揚げてしまいます。
メーガンは下着じゃないから意味深ではないとごちゃごちゃ言っていましたが。

ジョーは権利をメーガンに譲るかわり、25万ドルの小切手を受け取ることになりました。
これで彼女ときっぱり縁が切れます。
ところが小切手を受け取る席で、ジョーの背後に突如メーガンの夫が現れます。
メーガンの恋人話も特許申請もウソでした。
ただメーガンはジョーの発明をカヴァナー氏に売っただけ。
ジョーはすっかり騙されたのでした。
でもとりあえず儲かったからまあいいか!と
ジョーはアリソンと祝杯をあげたくなります。
その後カヴァナーから連絡が入り、彼はジョーの設計図に感心を示してくれました。
ジョーは今度こそ本当に自分の力が発揮できる時が来たようです。
デュボア家の危機は一つ回避できました。

ヴァン・ダイクが引退を宣言。
デヴァロスはまた検事になってほしいとの依頼を受けます。
ヴァン・ダイクは余命いくばくもないようで、かなり弱っていましたが
また検事局で働くことになったアリソンに先のことを頼みます。
ここにきてみんな職にありつけてよかった!ヴァン・ダイクには申し訳ないけど。

アリソンがかかわった事件はかなり歪んでました。
税理士の夫が妻が自宅で赤ん坊の泣き声や水の音が聞こえると言ってる事を気にして
アリソンに相談に来ます。
アリソンは家を確かめますがそんな気配はありませんでした。
しかしアリソンはその家で20年位前に
母親がバスタブで赤ん坊を溺死させる夢を見ます。
アリソンが事実を伝えると妻は動揺し
自分が死んだら夫のせいだとアリソンに手紙を託して自殺してしまいます。
突如容疑者扱いの夫はおろおろしますが、彼の父親が励ましに来ます。
そしてアリソンの夢の続きと捜査の結果恐ろしい事実が明らかになります。

自殺した妻と夫は実は異母兄妹で
幼いころ父親に捨てられた娘は、父親に近づくために腹違いの兄に近寄り
父親が気づかないうちに結婚。
リベンジの時を待っていたのでした。
弟が死んだ家を買い、水の音を聞こえるように裏工作したのも妻の仕業。
恐ろしい話だけど、浮気した挙句真実を話さなかった父親が悪いんだよね。
ちなみに容疑者扱いの夫は見おぼえがあると思ったら
Damegesでも激しくとばっちりを受けていたエリーの婚約者のデイヴィッドでした。
DamegesはS2が9月からNHK-BSで始まるけど
NHKで短期集中放送されてしまうと潰しが効かないのでどうしましょう。
いずれ移動するであろうLaLaでの放映を待ちますか。
気の遠くなる話ですが…

そしてMediumのS5もお約束通り来春放映決定。
WOWOWはご立派です。(だから視聴料払ってるんだけど!)

CSI S8-#17 「さらば友よ Part1」

正統派シーズンファイナル。
ハラハラドキドキから事件が解決してほっと一息。
すっかり安心したところでドカンと一発。
結論は次シーズンへ。
WOWOWが終了後S9予告を見せてくれるのは、本当にありがたいことです。

ウォリック降板は知ってたので、果たしてどうやって降りるのかが気になっていましたが
いきなりゲッダ殺害の容疑者に。
しかもウォリックは全然記憶なし。
そして証拠はウォリックが殺したと伝えています。
でもウォリックがやるわけないと信じるCSIメンバーは
なんとかウォリックの無罪を証明しようと努めます。
こんなときに邪魔しに来るのがエクリー。
彼も自分の仕事をしてるだけなんですが、やっぱり態度がウザいんだな。
ホッジスは見たことを正直に証言。
ニックは何を話したのか気にしてましたが
こうするより仕方ないですよね。
そして内務調査がやってきて
それがなんとThe Shieldのダッチ!
ストライクチームが消滅したことでお疲れになったのでしょうか。
いきなり老けこんで見えました。
ついでにIMDbによるとキャスト名もワーゲンバック。
つまりダッチがべガス署の内務調査に異動したんでしょうか。
クローデットを置き去りにしてきちゃって大丈夫?

グリッソム以下優秀なCSI捜査官のみなさんですから
すぐにウォリックがはめられたことを見抜きます。
クロロフォルムをかがされ、銃を持たされてゲッダを射殺。
関与していた巡査の名前もわかりますが
そんな下っ端警官が大物を殺せるか?とウォリックはひっかかります。
ともあれウォリックはめでたく疑いが晴れ
CSIをクビってこともなくなりました。
めでたしめでたし…でみんなでお疲れ様ディナー。
この雰囲気がとても素敵だったんですが
これで終わるわけがないんだよね。クリフハンガーだもん。
店を出て車に乗り込んだところに声をかけてきたのが…

やっぱり黒幕はスポたんでした!

いろんなドラマに顔を出してるスポたんですが
WATの印象が強烈過ぎて(だからスポたんと呼んでます)
お偉いさんになってても絶対怪しいキャラにしか見えてなかったんですが
ついに本性を発揮しましたね。
ウォリックが撃たれた瞬間
グリッソムじゃなくてジャック・マローンを呼びに行きたくなりました。
ジャックなら何も考えずにさっさと成敗してくれるから!
そしてマイアミで干からびてるほっさんには弾は当たってないと信じてますが
ウォリックはあまりにも至近距離すぎ。
相手はスポたんだから間違いなさそうだし。
半年後にみんなでスポたんを吊るしあげてくれるのを
気長に待つことにしましょう。

ウォリックが降りてしまうと山野井さんの声が聞けなくなる…
これもかなりショックです。
山野井さんの声っていうだけでそのキャラに惚れこんでましたので!
また理想的オヤジ声を演じてくださいませ♪

Everwood S4-#4 「自分の一部」

自立宣言をしたエフラムは生活費を稼がねばならず
自分にできる仕事はないか考えた末、ピアノを教えることにします。
生徒募集の広告をサムズに貼り出しに来たエフラムはエイミーに心配されますが、
あくまでも仕事だからと割り切ることにします。
早速レッスンを申し込みに来たカイルは自信たっぷりの生意気坊や。
ジュリアード入学を希望していますが
技術指導は受けたくないし、ジャズを弾きたいからクラシックは練習しないと
エフラム先生に最初にあれこれ意見します。
カイルの演奏を聴いたエフラムは彼の問題点を指摘
するとカイルはおへそを曲げます。
じゃあ自分が弾いてみるからとピアノを弾き始めたエフラムの目の前に
一気に嫌な思い出が甦ってしまいました。
やっぱりピアノは無理と落ち込むエフラムに
エイミーはエフラムが自分やマディソンと出会う前から
ピアノは大切だったはずと励まします。
結局エフラムはカイルを教えることにしますが
今度はカイルがお金がないと言い出します。
これでは本来の目的と違うじゃないですか。
でもエフラムは次のレッスン日を決めてあげました。

ようやくエフラムとエイミーの関係も落ち着いてきたのかな。
お互いに本音が言えるいい友達に戻れたようでほっとしました。
エフラムがピアノを弾く気になれたのもよかったし。
ところで生意気カイルを演じているSteven R. McQueenは
Steve McQueenの孫なんですね。
エフラムに負けずに見事なピアノの腕前を披露してくれてるし
エフラムとの共演が楽しみです。

12歳になったデリアは以前お母さんと約束した
バト・ミツバのお祝いをしてもらいたいと思ってますが
エバーウッドはもちろんコロラドにもほとんどラビがおらず
アンドリューはそれは難しいと返事します。
だがアンドリューの診察を受けた脳腫瘍患者がホロコーストの生き残りで
手術の結果万が一記憶を失ったら
もっとも辛い過去まで失ってしまうことを恐れていました。
ユダヤ人として正しく生きることの大切さに気づいたアンドリューは
デリアにバト・ミツバのお祝いをきちんと勉強してからやってあげることを約束します。

ローズの検査結果が出る前に、市長選挙が行われることになりました。
今まで12年間、無投票でローズが市長を務めてきたのに
ここに来てローズが闘病中の市長代理が対立候補として名乗り出たのです。
アボットは当然ローズを支持、エドナも一緒に選挙活動に励みますが
町の人の心配はローズのがんが再発してないか
もし再発してたら市長が務められるのかでした。
ローズの支持率はすっかり下がってしまいましたが
ブライトは母を励まし、そんなところへガンが完治したとの連絡が入ります。
よかった!

ハンナの態度が気になるジェイクは
ハンナが突如夕食をパスしてデートに行ったことに文句を言います。
するとハンナは「あなたは父親じゃない。」と反撃
ジェイクは思わず二ーナにプロポーズしかけますが
年ごろの娘をもう少しきちんと見守っていこうということで
とりあえず意見がまとまりました。

Medium S4-#15 「一心同体」

アリソンが夢で見たジョーの浮気現場は
かなり現実味を帯びたものになってました。
でも酔った勢いで迫ってきたメーガンをジョーはかたくなに拒否。
あくまでも仕事上のパートナーとして冷静にふるまっていたようです。
そして仕事の方は順調にはかどり
メーガンは実力者からの出資金を取り付けてくれて
ジョーはご機嫌です。
思わず家で鼻歌が飛び出たら、アリソンがお怒り。
ジョーがご機嫌な理由は仕事がハッピーだから?
アリソンはジョーとメーガンの浮気を疑いつつも聞き出せないし
ジョーは潔白だけどあえて言い出せないし
なんだかしっくりこないままです。

結局ジョーが暴露したのは、メーガンがジョーに高級ガウンをプレゼントしたから。
さすがにこればかりは隠しきれませんでした。
すると我慢の限界だったアリソンがブチキレ
「どうして言ってくれなかったの。」って
普通浮気未遂をいちいち妻に報告する夫なんていないと思うんですけど。
(MAD MENを観て学ぶべきです…笑)
でもアリソンには見えてしまっていたから、ジョーも立場がないんだよね。
確かにメーガンはやり手だけど危険。
このままでは本当に災いをもたらすと思ったのでしょうか。
ジョーは順風満帆だった仕事を辞めるなんて言い始めました。
こんなことでせっかくのチャンスを無駄にして
また一家そろって路頭に迷うのでしょうか。
そんなわけで家計は厳しくなるかもしれないけど
理想的夫のジョーはさらに理想に近づいたのでした。

そしてアリソンが夢に見た事件の方は
Bionic Womanで観たばかりのボスが殺人犯に?
しかも双子キャラで片方は銃弾を受けた結果脳や手に障害を持ってるとは。
今まですっかりボスキャラだったMiguel Ferrerの別の姿が観られて面白かったです。
ついでに宿敵マーティンはWATダニーのお兄ちゃん。
この間rThe CloserではFBIの潜入捜査官をやってましたが
やっぱり悪役に見えますね。
そして最初に殺されてたランバートは、Bonesの最初の上司のグッドマンでした。
なかなか濃いゲストキャラたちでした。

ブリジットは食事のときおなかにお片づけの担当だったんですね。
だからあの体型なんだ…

Gossip Girl S1-#16 「オール・アバウト・マイ・ブラザー」

韓国で観てきたS2は相変わらずっていう印象しかもたなかったんですが
S1は終盤に来てとんでもないことになってますね。
ジョージーナのうざさは実にご立派。
そして実はゲイだったアッシャーもなんとも不気味。
ジェニーのお相手をしてくれたのは、
ストレートのふりをするための隠れ蓑ってことだったんでしょうか。
それなのに本命かどうかわからないけどエリックと公然とキスしてるし。
ますます変な奴です。

突然クローズアップされたエリック君が
悪女ジョージーナのおかげでカミングアウトせざるを得なくなりましたが
あまりにも極端な展開に???
家族が知らないで悪女だけが知っているって恐ろしいことです。
今やドラマのお約束のゲイキャラですけど
もう少しエリック君のバックグラウンドを描いてもらわないと唐突過ぎて困ります。
エリックはチャックと親しくしているようですが
チャックは話し相手としても便利なお兄ちゃんって感じ?
そしてアッシャーが本命なのでしょうか。
でもストレートのふりをしてるなんてなんか信用できないよね。
アッシャーとジェニーの誤解を解くために
エリックがパーティーに乗り込んでいったのは
若いのにご立派!と感心しました。
でも早く本物の素敵な恋を見つけてほしいな
ってことでひそかに突然カミングアウトのエリック君を応援したいと思います。
そしてようやくブレアとのバトルを諦めたジェニー。
賢くなって家族の元へ帰ってこれてよかったです。
さらに今頃ようやく「ゴシップガール」の恐ろしさを理解しました。
ちなみにゴシップボーイもありだったんですね(笑)

悪女に振り回されたおかげで
せりーナは恐ろしい秘密を暴露しなきゃならないようで・・・
まずはブレアが知ることになるのでしょうか。
ダンはジョージーナの正体を理解していないし。
でも(以下ちょっとネタばれ)
S2でも仲睦まじいダンとせりーナの姿を見せてもらってますので
この二人の関係は安心していていいようです。

そういえば今週はネイトがいませんでした。
でもドラマは成り立ってるので、実はインパクトの薄いキャラだったんだ…

Bionic Woman #1 「甦生」

またスーパーウーマンの登場。
今度はBionic Womanです。
オリジナルはちらっとしか観たことがないし、
そもそも強いねーちゃんには全然興味がないので本来はパスしちゃいそうな内容なんですけど
他のレギュラーが気になってパイロットにチャレンジしてみました。

サンフランシスコでバーテンを務める24歳のジェイミーは妹のベッカと二人暮らし。
ベッカはかなり反抗期で母代りのジェイミーは苦労しています。
ジェイミーには大学教授のウィルというBFがいますが、
妊娠していることを知ったジェイミーはウィルに話すと、ウィルはプロポーズしてくれました。
ところが二人が乗っている車にトラックがぶつかってきてジェイミーは重体。
ウィルは自らも研究員を務めるバイオ技術研究所にジェイミーを運び
片目と片耳、片手、両足の移植手術をします。
この結果ジェイミーはバイオニックウーマンとして生まれ変わりました。

移植した目と耳は見えすぎ&聞こえすぎ
そして風のごとく突っ走ったりジャンプしたり
まさに超人的なパワーをもつジェイミーだけど
本人は家に帰ることを希望。
ボスのジョナスはジェイミーを利用したかったようですが
ウィルはジェイミーを帰らせてくれました。
ところが先代バイオニック・ウーマンのサラが近付いてきて
ジェレミーを脅かします。
彼女を事故に巻き込んだのもサラの仕業でした。
そしてサラはウィルの命を狙い、ジェイミーと激しくバトルします。

サラ・コナーよりは話がわかりやすいかな。
一番ありがたいのがジェイミーが機械人間じゃなくて
あくまでも人間なところです。
まあキャメロンも人間に見えるけど、やっぱり機械っぽいんだもん。
そして研究所の人々が知り合いばかりで(笑)
ジョナスはCrossing Jordanのマーシー。
頼りになるボスですが、いい加減にCrossing Jordanの続きを見せてもらいたいです。
この間Las Vegasでクロスオーバー絡みで見ただけだし。
ナイジェルなんて、マジシャン役でDr.Houseのお世話になってましたからね。
そしてTWフェイスはまるで別人。
ブロンドがますます明るくなってショートカットに。
たくましそうな様子は変わりませんがさらにご立派になったようです。
カルロスとともにTW出世キャラの筆頭に持ち上げてあげましょう。
いい加減に更正したボスコが見たいものですが、どこへ行ってしまったのやら。
そして今回はキムという名前のWill。
いつ見てもかっこいいです!というわけで目の保養。
ジェイミーのBFのウィルもなかなか素敵だと思ったら
今回で出番はおしまいのようです。残念でした。
そしてサラ・コナーみたいな名前!の先代バイオニック・ウーマンは
この先もいろいろ邪魔しに来るのでしょうか。

強いお姉さんキャラとしてはペインキラージェーンの方がかっこいい気がするけど
この先の展開が気になるし、見どころはいろいろあるので楽しめそうです。
しかしこれって8話で打ち切り?
それともそのうち残り5話のオンエアの予定があるのでしょうか。
先行きが不安なんですけど。

G Spot S3-#1 「キラー・パンティ」 The Closer S4-#9 「ティファナから来た罪人」

せっせとHDDの中身を消化中ということで感想もまとめて。

○G-Spot
かなり久々のS3がスタート。
S3の存在さえ知らなかったので驚きました。
内容は全然変わらず、下品だけど笑いが満載です。
そして気になるオネエMANのその後は
女になるべく娘を連れてNYへ移り、手術を受けたんだそうです…
ってことは復活はありえないか。
そしてマイナー俳優がハリウッドで売りこむ苦労は
Entourageに共通するテーマですね。

○The Closer
ティファナはいかに警察が腐っているかを伝えるお話。
そしてフリッツの仕事はFBIとLAPDの間の連絡係ってことなんでしょうか。
大事な任務だとは思いますが、立派なオヤジの仕事かどうかは微妙。
Mentalに続いてヘイワイヤーの登場。
見た目がまたもや怪しげでひやっとさせられたけど
中身はかなりまともな神父さんだったのでホッとしました。
そして教会のお偉いさんより恐ろしいのがポープ(法王)だと判明。
なかなかうまく言い得てるじゃないですか。
特捜班解散の危機でハラハラしたけど
こんなにお見事なチームをつぶしちゃダメですよ。

さて、また溜まったドラマの視聴に戻ります。

Cold Case S5-#4 「ロックンロール」

ロックのスターになれたかもしれないビンゴの悲劇。

1953年、当時は悪魔の音楽といわれていたロックンロール。
黒人音楽のR&Bがベースになっているので
白人にはタブーな音楽だったとしても
かっこいいものはかっこいいんです。
両親を事故で亡くし、親戚のバレンタイン家に引き取られたビンゴは
家業のバラエティショップの店番をしながらロックンロールにはまり
黒人店員のエイセスと親交を深めながら
スターになる日を夢見ていました。
そしてステージではエレキギターをかき鳴らし
暑いロックのステージを披露。
バレンタイン家の息子JPを含む白人コーラスグループは
すっかり白けてしまいました。

JPはプリンストン進学が決まり、両親は我が家で初の大学生だと言って喜びます。
そして店の方はビンゴに任せると言われます。
ビンゴはGFのミランダと将来についての計画を立てず
音楽と愛に生きるときっぱりと宣言していました。
だがおばは自分が進学の夢を諦め家庭に入ったことを振り返りつつも
ミランダに女性は仕事が安定した人と結婚して落ち着くべきだと意見します。
ミランダはビンゴに音楽の夢なんて捨てて現実と向き合おうと説得しますが
ビンゴには音楽が大切でした。

ビンゴはバンドスタンドに出場したくて応募していましたが
出演が決まりデモテープを送るように連絡が来ます。
おばはビンゴの夢をかなえさせてあげようと応援し
ビンゴがまだ曲ができていないと言うと、サビの部分のヒントをくれました。
そしてビンゴはバラエティショップに行きスタジオでレコーディングを開始すると
ビンゴの未来がバラ色に思えたJPが嫉妬して近づき
父親の銃でビンゴを撃ち殺してしまったのでした…

エルビス以前のお話。
だからビンゴに才能があったとしてもそれを発揮するのは容易なことではありませんでした。
いつの時代でも先駆者は当時は白い目で見られ
でも後になって絶賛されるのですが本人には届かず、すでに遅し…
なんてことが多々ありまっした。
せめてビンゴをバンドスタンド(アメリカンン・バンドスタンドの前進だったんですね)の
ステージに立たせてあげたかった。
歌うビンゴ君がかっこよかったんだもん。
このビンゴ君は、実はWATのS4「見つけた居場所」で
ドラッグ販売で逮捕された後シールド・ハウスでボランティア活動を始め
ハウスの子供たちを救うために有閑マダムに体まで売っていたけど
結局友人に殺されてしまったブレックでした。
自分の思いのために一途に頑張るけど
結局不幸な最期を遂げるというキャラクターがまるで一緒です。

ヴァレンズがかなり荒れてましたね。
内務調査に密告したのは仲間内だと思い込んで超不機嫌でしたが
見かねたジェフリーズが大人的なアドバイス。
ヴァレンズもおとなしくなりますが、別室で二人きりでしんみり話してると怪しまれるってことで
突如ジェフリーズが怒鳴りつけ技を披露。
みんな外で呆気にとられていました。