INDEX    RSS    ADMIN

Mental S1-#11 「Lines in the Sand」

ますますジャックの魅力を観るドラマになってきてる気がするけど
それはそれでいいんです。ジャックが素敵なんだから、
でもまだPBでしつこくウィスラーの影がちらついているので
ちらっとゴーストになって後始末をしてきたらといいたい気分にもなりますが。

行方不明のベッキーがジャックの家に転がり込んできました。
でもかなり動揺しているみたい。
彼女はしばしば男の人に見張られているような幻想を抱いています。
だから視線が定まらないときもあり
ジャックはとりあえず病院でベッキーの様子を見ますが
ロスかサンディエゴか、近くの施設に移転させようと考えていました。
すると母と義父のジェームズがやってきます。
ジャックの父が亡くなった後、母はジェームズと再婚。
ジャックとジェームズはうまくいってないようです。
ジャックはやたらと不機嫌ですが、
レベッカはジェームズとの再会を喜んでいました。
ジャックはジェームズと打ち解けようと努力もしてみますが
母とジェームズがベッキーをふろりダに連れていくと言い出すと
ジャックはむっとしていました。

今回ジャックが担当したのは
PTSDと思われるイラクからの帰還兵のクレイ。
負傷して帰ってきてから、突然家の中に戦場のジオラマを作り
自分が怪我をし記憶を失った時の状況を再現させていたのでした。
そして危うく幼い息子に銃を向け撃とうとし
妻が急いでフォローしたら、クレイは自分の掌を撃ち抜いてしまいました。
ジャックの質問に対し、クレイはPTSDだはないと言い張ります。
クレイの上官もクレイのPTSDを認めていませんでした。

ジャックがクレイの家のジオラマの写真を撮ってきたのを見て
そのときの状況のおかしさを指摘したのはジェームズ。
ジェームズがくれたヒントから、そのときクレイに何があったかが明らかになってきます。
現場の目撃証言も得られ
仲間の死や幼い子を救おうとしたこと。
そして記憶を失い、でも上層部は真相を隠していたことがわかります。
本当にPTSDであることが診断され
クレイは息子を安心して抱けました。
戦争で受けた心の傷は深いものです…
スポンサーサイト

第7回FOX特派員プレミア試写会レポート

久しぶりにFOX特派員の試写会に行ってまいりました。
今回はUK's Next Top MpdelとBones S4第1話の二本立てです。
始まる前にとても楽しみにしている9mmの映像がちらりと観られて幸せでした。
懐かしのブラジルの光景がよみがえります。
ここはサンパウロなので青い空と海じゃないんですよね。
そしておそらく事件もドロドロしてるんだと思います。
音声が聞こえなくて残念でしたが、これまたしみじみしちゃうんだろうな。
カメラワークがThe Shieldを観ているみたい。
多分内容もThe Shield的怪しさが漂ってるんだと思います。

それでは本編のご紹介。
それなりにネタばれしてますのでご了承ください。

◎UK's Next Top Model
ごめんなさい。本当にリアリティショーは観ていないんです。
もっと時間の余裕があったらきっと観てますが
今はドラマで手いっぱいなので。
だからオリジナルのアメリカのNext Top Modelも全く知りません。
そんなわけで比較して観ることはできなかったんですが
たまにはリアリティショーも新鮮!ってことで楽しませてもらいました。

12人のモデル希望者(18歳から24歳くらいでしたか。皆さん若いです)が集められて
ロンドンの2階建てバスに乗せられていよいよ熾烈なバトルがスタート。
いきなりロンドンの街中でキャットウォークさせられるんですが
気に入った衣装で歩いた後は肌色の水着で…
歩き方を観るためのテスト。キツイです。
そのあとは合宿所について、また歩いたり写真撮影があったり
集まった時の12人は和気藹々として楽しそうでしたが
だんだんシビアになってきました。
リアリティーショーにはおなじみのかき混ぜキャラがいたり
すでにめげちゃってる子がいたり
そして最初の1時間で1名落とされます。
本当に厳しい世界です。

何をするにしても一流になるのは大変なこと。
そしてその厳しい試練と競争に加わることは
例えトップを取れなくても、いい経験になるんじゃないかな。
リアリティショーを観るといつもそう思います。

これがメンズモデルを選ぶイケメンの集合体だったら
喜んで観るんだけどななんてちらっと思ってしまいました(笑)
でも男性の競い合いだったら、こんなに闘志むき出しで
ギャーギャー騒ぐなんてことはないのかな。
ドラマ性としては女性の方が面白いのでしょうか。
でも目の保養のために、是非男性版を観てみたいです!

◎Bones S4-#1 「Yanks in The UK」(Part1)
120分枠の前半部分のみ観てきました。
でも一応話は完結するので、この先はどうなるの?っていうイライラ感が
あまり残らなかったのが救いです。

ザックが姿を消しどうなるか心配でしたが、好調な滑り出し。
舞台はロンドンです。
ブレナンが特別講師として大学に招かれ講演していたら事件発生。
イギリスの骨の権威の先生ウェクスラーと
スコットランドヤードのプリチャードが
(「内部告発」の奥さんの人でした。)
ブレナン、ブースと組んで事件解決に当たります。
川から上がった水死体が
ブースがよく知る今はロンドンに住んでいるアメリカの実業家の娘で
彼女は秘密裏に侯爵の息子と付き合っていました。
侯爵の一族に謎が秘められていそうなのですが…

娘の遺体はジェファソニアンに運んで分析。
アメリカとイギリスの両方で捜査が進められます。
そしてブースが大騒ぎ。
とにかくイギリスになじめないんですね。
左側通行で車が運転できないし
薄い紅茶は苦手だし、もう文句言いまくりです。
侯爵のお屋敷でも勘違い発言続出。
全然順応できない「典型的困ったアメリカ人」ブースが楽しくて。
思わず噴き出しかけてましたが
でもブレナンにとってブースはスペシャルなんですね。
ウェクスラーがしつこくブレナンを口説いても
ブレナンは全然なびきませんでしたから。

一方ジェファソニアンの方には
行方不明だったアンジェラのビリンバウの夫グレイソンが突如姿を現します。
いきなりアンジェラと熱いキスを交わし、未練たっぷりかも。
ホッジンズはさっさと離婚証明書にサインしてもらうつもりでしたが
グレイソンには全然その気がなさそうで、ついに力で勝負に。
ホッジンズはあっさり負けてしまいました。
しかしスイーツのやや意味不明のアドバイスもあって
アンジェラはホッジンズの愛を確認。
ちょっとした奇跡も起きて(笑)グレイソンは身を引きます。
一件落着。

事件の方も絶対嘘だろという疑問を残しつつ一応解決
幸運の象徴の跳ね橋も上がってこれはラッキー!なエンディングでしたが
でも後半が控えてるっていうのはラッキーじゃないのよね、きっと。
覚悟して第2話を観たいと思います。r

FOXでのオンエアは16日からですが
J:COMをご覧の皆さんには「先取りWEEK海外ドラマ篇」企画で
10月9日(金)21時よりJ:COMチャンネルで
このエピソードがご覧になれますので、是非トライしてみてください♪


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆UK's Next Top Model

2009年10月10日(土) 21:00~ FOXライフにて スタート! 



ドレスアップする季節がやってきた!

10月のFOXライフは"ファッション・マンス"と銘打ち、1ヶ月間まるまるファッション番組満載でお届けします。「UK's Next Top Model」などファッション関連のリアリティショー&ドラマが続々登場。またFOXライフが発信するミニ番組"FOXlife TREND"もスタート。秋・冬の最新情報をお送りします。 《リンクhttp://tv.foxjapan.com/life/》

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆BONES シーズン4

10月16日(金)23:00~ FOXにてスタート!



大人気!”骨“を頼りに事件を解決!ブレナンと相棒のブースの絆はさらに深まる!

学者肌で超理論派、法人類学者のブレナンと、直感的で体育会系のFBI捜査官ブース。この全く異なるタイプの2人が現場に残った被害者の“骨”から証拠を見つけ、事件を解決へと導くドラマ。二人の恋の行方は?!

 《リンクhttp://tv.foxjapan.com/fox/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回もとても楽しい試写会で大満足♪でした。
次回にまた期待しています。

Satisfaction S1-#4 「Lauren Rising」

高級娼館「232」で働く女性たちのドラマ。

彼女たちにとってはセックスも仕事。
そして彼女なりの思いや生き方があるわけですが。

ローレンの家庭は経済的に苦労はしていないようです。
夫の事業もうまくいってるようだし
ティーンエイジャーの息子と娘もとても素直そうだし。
だが夫が若い女性と浮気を始め
ローレンに内緒でそれが2年間も続いていました。
夫がついにそれを告白。
すべて自分が悪いんだと開き直りますが
浮気の原因はローレンとのセックスがしっくりいってなかったから。
ローレンは愕然とします。

でも夫は別居するもののちょくちょく家に帰ってきては
子供たちと一緒に食事をするし
家の修繕が必要なら自分でやっていくし
もちろん生活費も入れていきます。
でもローレンは別居中の夫にすがりたくはなかったんですね。

ローレンはランジェリーショップで働いていましたが
お客さんが232のスタッフで。店のことを教えてもらいます。
そして受付担当ということで就職。
クロエも娘に職業を明かせずにごまかしてましたが
ローレンももちろん家族には内緒。カジノでj働いてることにしています。
最初は受付で満足していたローレンでしたが
自分も客を取ってみようとチャレンジ。
でもこれが難しくて失敗ばかり。だんだん指名も少なくなってしまいます。
でも彼女なりに努力したり、クロエに助けてもらったりして
だんだんお客さんにアドバイスして、喜んでもらえるようになってきます。
こうし自信を持ったローレンは、ついに離婚を決断しました。

家ではいかにも上品な母モードのローレンですが
息子がデートに行くと聞いたら、大人的たしなみをアドバイス。
でも彼女とうまくいかず、息子はしょげてました。
そこで母は店で得た知識やテクニックを成就。
お母さんが何故こんなことを??とかなり驚いてましたが
素直に教えに従って二度目はうまくいったようです。
母に感謝!ですが、息子は母の意外な一面をどう理解するのでしょう。

かなり強烈なテーマのドラマですけど
それなりに楽しんで観られるのは
彼女たちと共にビジネスとしての性をとらえ
そして彼女たちの生きざまを考えていくことができるから。
でもSVUと表裏一体って感じですよね。
クライムドラマにはならないようにと願っています。

10月のドラマ視聴計画

さて、また忙しい季節がやってきました。
新チャンネルに新シリーズに新シーズン。
頑張ってチェックしていきたいと思います。

☆日テレ
Prison Break S4

心の底から笑わせてもらっています。
こんなに楽しいコメディがあっていいのかな?
そしてマホーンがどんどんカッコよく思えてきます。

☆フジテレビ
Mad Men S2

すぐにS2が観られると思っていなかったので嬉しいです。
エミー賞受賞おめでとう。
細部にわたって学ぶことが多く新鮮です。

☆NHK-BS
ER S14

もうただの意地です。
どんなに辛くても頑張ります(苦笑)
ついでにMerlinはテーマ的に無理だと思うのでパスでしょう。

☆WOWOW
Cold Case S5
The Unit S4
CSI:Miami S7

やっと干からびてたほっさんが帰ってきます!
何事もなかったように決めポーズを取っているのでは?
ほっさんの不思議ワールドをエンジョイさせてもらいます。

☆AXN
Brothers&Sisters S3

待ち焦がれていました♪
もちろん気になるのはケヴィンとスコッティの新婚生活。
またスコッティ写真館を復活したいと思っていますのでご期待ください。
Everwoodと同時進行だと、エイミーとレベッカがダブるのがちょっとキツイんですけど。

☆FOX
Law&Order S2 
NCIS S4
Bones S4
Boston Legal S4
(House M.D. S4)
(Mental)

Bonesは思い切り腹を立てたファイナルから久しぶり。
ザックの穴を誰がどう埋めてくれるのでしょう。
Boston Legalは比較的早くS4が来た感じがしますが
そしてRescue Meはどこへ??

☆FOX CRIME
Burn Notice S2
Law&Order SVU S5
9mm

SVUと9mmという最強のラインナップ登場。
嬉しいですっ!!
9mmは初チャレンジのブラジル刑事ドラマ。
HPの方にもばっちり解説が載っていてありがたいです。
実際にファベイラでロケしてるんだ…
リオに住んでいた時は月1回くらいの割でサンパウロに行っていたので
それなりに街の中もわかっていますので
自分流にドラマとサンパウロの紹介ができればと思っています。

☆FOX life
Satisfaction S1

NIP/TUCKの続きはまだなんですね。
リアリティショーを観ないため、Satisfactionの一本だけです。

☆Super!DramaTV 
The West Wing S7
Everwood S4
Heroes S3
Terminator:The Sarah Connor Chronicles S2
(GSG-9 S1)

サラ・コナーは本当はどうでもいいんですけど(汗)
オヤジたちが頑張ってるのでお付き合い。
Heroesの面白い時とつまらない時のギャップに苦しんでいます。
最近ヒロがいないし。
GSG-9は実はまじめに観ています。
コニーは目の保養♪
そして11月はThe WireのS4がスタートですね。
また忙しくなりそうです。

☆Sci-fi チャンネル
First Wave S3

ひたすら録画中。

☆AXNミステリー
The Tudors
Life
(Rex S2)

ついにAXNの傘下に入ってしまうミスチャン。
The Tudorsの先行放送とLifeはチェック予定です。
Rexが終わってしまうのが寂しい…S3以降も是非観たいです。

☆チャンネル銀河
Dr.Quinn,Medicine Woman S4

ひたすら保存中です。

☆LaLa TV
Murdoch Mysteries S1

頑張って観てますが、CSIと比べるともったりしてるのが
ちょっと辛いかな。
昔の話だから仕方ないけど。

☆TBSチャンネル
花より男子

韓国版はあきらの存在感が全然ない気がします。
ヴァネスのファンとしてはかなり不満(苦笑)

また25本前後かな。
だいたいこのあたりで落ち着いてます。
これ以上欲張ると厳しいので。

Prison Break S4-#7 「ハードウェイ」

なんとも痛快!!
やっぱりティー様とマイケルのにらみ合いがあってこそPBですから。

次の番人はカジノ好き。
ではべガスに行こうと一番張り切ってるのはローランドでした。
なにしろカジノのおかげでマイケルのお仲間にされてしまったくらいですから。
ところがそこへゲート社の受付のお姉ちゃんから
べリックにティーバッグ情報が入ります。
それは捕まえねばとチームはべガス組とティーバッグ組の二手に分かれます。
ティーバッグ組のマイケル、マホーン、べリックは
グレッチェンの罠でつかまりますが、マホーンだけうまく逃れます。
縛られてしまったマイケルとべリックと受付のお姉ちゃん。
さらにゲート社職員がさっさと殺され、グレッチェンはやりたい放題です。
ティーバッグも久々に絶好調。
マイケルを楽しく脅してますが、
ティーバッグはスキュラが何なのかイマイチわかっておりません。
金設けの道具くらいに思っています。
そしてマイケルは鳥の図鑑に書かれた謎の絵の解読を命ぜられ
それはゲート社の設計図だとすぐに見破りました。
さすがマイケルだ。
そしてスキュラ解読器がゲート社に隠されてるらしいとわかったので
二人は仲よく!ゲート社へ忍び込みます。
行き先はティーバッグがさんざん探った物置部屋。
ティーバッグには何も見つけられなかったのに
マイケルはさっさと床をはがして地下へ潜る入口を見つけてしまいました。
再びさすがマイケルだ。
二人は地下に降りて行ったところで
セルフ専用GPSのおかげでマイケルの居場所を突き止めたマホーンが現れ
マイケルとマホーンはティーバッグを生け捕りにし
地下牢みたいなところに閉じ込めてしまいました。
三度さすがマイケル&マホーンだ。
せっかくティー様はフォックスリバーの再来だとマイケルいじめに気合が入ってたのに。
しかもジタバタしてるうちに義手を檻の外に落としてしまい災難です。
でもマイケルはグレッチェンに見張られてるんだよね。


あまり役立ってるかどうかわからないセルフは
ベテラン捜査官マホーンにご指導を仰いでいました。
確かにマホーンの方が頼りになるよね。
そして閣下に直接脅しに行ったセルフ。
その勇気は認めますが、やっぱり役立ってるのかな?

べガス組はまずリンカーンが番人のいるテーブルに近づきますが
カジノ内ではスキュラ以外のデータをあれこれ拾ってしまうので
解読不能になってしまいました。
だったら別の場所でと番人がプールに出てきたのを発見。
でもさすがにプールにスキュラを持ってくるわけにはいきません。
そこでサラが色仕掛けで番人に近づこうとしますが
番人はサラに興味を持たず、バーテンの話では番人はゲイのようです。
だったらサラじゃなくてスクレの出番でしょ!
スクレはものすごく嫌がってましたが、覚悟を決めてプールに行くと
セクシーな上半身を露出。
番人はそれなりに興味を持ってスクレを部屋に誘います。
でも番人が寝たかったわけではなくて、番人には美人妻がいるんですけど
戦争で不能になってしまった番人の代わりに抱いてやってくれという要求だったんですね。
スクレにとっては実はとてもオイシイ任務でした。
無事に任務完了。
でもまたローランドの病気発症。
暗号解読器を片手にスロットを始めてしまったので
即セキュリティーに目をつけられ、解読器は没収です。
カジノは身を滅ぼします。

ところでリンカーンのお話によると
マイケルの母は脳腫瘍で死亡。それが31歳だったんだそうです。
ちなみに只今のマイケルの年齢も31歳。
そうでしたか…
ここまで頑張って生き延びてきたけど
ついでに今週も「わからない」モード入ってたけど
まだまだ当分はお元気でしょう。

Everwood S4-#11 「特別な人」

エフラムはカレッジでのテストの結果はDだし
(ブライトはB+だったのに)
エイミーへの告白は失敗だったと後悔しています。
そしてブライトが連れて行ったパーティーでやけを起こして
女の子に突然キスしちゃったかと思うと
酔っ払った勢いで、ピアノのレッスンで溜まった2000ドルをはたいて
パックマンのゲーム機を買ってきてしまいました。
リードはアパートに置かれたでっかいゲーム機に唖然としています。

かなりやってることが意味不明状態のエフラムに
リードは将来どうするつもりなのか質問します。
今のエフラムには全く将来が見えていません。
最後にピアノを弾いた時は吐き気がしてしまったし。
逆にエフラムがリードにどうして医者になりたいのか尋ねると
リードの兄が躁鬱病で、いろいろな医者にかかったけど
テキサスのドクターがとてもよく診てくれた。
だから彼のようなドクターになりたいと、
将来がしっかり見えた答えを返してきました。

エフラムのところに電話が来ます。
ウィルが亡くなったというウィルの息子からの連絡でした。
ウィルに息子がいるなんて知らなかった。
(息子は絶対どこかで見た人だと思って悩んでいたら
Baywatchに出ていたガーナーでした。)
ウィルは孤独な老人だと思っていたエフラムは
ブライトとハンナに付き合ってもらって弔問に行くことにしますが
ウィルの家に着いたら中にはたくさん人が集まっていました。
ウィルはこんなに愛され、慕われていたんですね。
そして息子が父はエフラムのピアノを
「地上に降りた天使」と絶賛していたと伝えます。
エフラムは一曲弾くようリクエストされ
その場でウィルの曲を弾きます。

エフラムにはようやく道が見えてきました。
それはもう一度ピアノを弾くこと。
エフラムはパックマンを売って、取り返した金で中古のピアノを買ってきます。
アパートには置けないから実家に置いて
ときどき弾きに来ることにしました。
アンドリューも大歓迎。
またエフラムのピアノを聴けるのは嬉しいことです。

エイミーは女性の自立を奨めるフィールズ教授に心動かされ
彼女が関わる団体のボランティアを引き受けます。
ティーンエイジャーの性の悩みを聞いたり、コンドームを配ったり
ごく稀ながら中絶手術に関わることも。
エイミーはレイプされた女性のことなどを考えるととても大切なことだと思いますが
ハンナの考えは正反対。
彼女にはコンドームを配ることから受け入れられません。
ハンナはエイミーが遠くへ行ってしまう気がして
せめてエフラムとの仲をもう一度考え直してほしいって頼むんですが
エイミーは聞く耳を持たず。
エフラムを忘れるためにムキになっているようにも感じられます。
ハンナはエイミーとすれ違ってしまうことが寂しく
そしてエイミーはいよいよボランティア活動を始めるのですが
ファイルを整理していたら、中絶手術の執刀医に
Drアボットの名前を見つけてしまいました。

アボットとローズは、アフリカ旅行以来すっかりアフリカにかぶれています。
そして新たな生きがいとしてアフリカの子供を養子に迎えようと考え始めました。
でも説明を聞いているうちに、障害を持った子や乳幼児ではない子を迎えられるかと
新たに悩み始めます。
この件はとにかくゆっくり考えることにしました。
エドナはアーヴが本のプロモーションへ行ってしまって孤独。
その寂しさが原因でパニック発作を起こしてしまいます。
今やエドナにはアーヴはなくてはならない存在なんですね。
デリアはブリタニーの家族とスキーに行きたいとアンドリューに頼むと
アンドリューは即NOと返事してしまいます。
またデリアはおへそを曲げて自分の部屋にこもり切り状態。
エドナにも手綱を緩めるよう指摘され、アンドリューはスキーをOKしたけどもう手遅れ。
デリアはアンドリューに何も言いたくありませんでした。
一人で泣いてるデリア。
相当悩みを抱えているようだけど、誰が助けてあげるんだろう…

House M.D. S4-#13 「優しさの伝染」

優しくていいじゃない?
どうして病気扱いに…

なんだか解せなかったのが今週の患者。
奥さんは病院の看護師さんで只今ストライキ中。
旦那さんは清掃員として働いていたんですが
突如失神し、食べ物の味がみんなレモン味になり
そして何も言われても怒らないその優しさが「症状」ということになってしまいます。

確かにいつも穏やかにほほ笑んでいたら大丈夫?って気にもなりますが
本人がよければそれでいいようにも思えるんですけど。
でもハウスはそのいい人の症状の分析を弟子たちに始めさせます。
すると古い血液サンプルを調べた結果梅毒だとわかり
今度は告知が微妙になってきます。

梅毒で性格が変わるんだ。
だったらあの人も梅毒?!って注目されてしまったのがドクター・ハウス。
どんどんひどい人に変化していったのは病気のせいでしたか。
弟子たちはこんな無茶な結論に行きついても
ぶっ飛びハウスの訳を知って納得したいですよね。
原因がわかったら早速治療開始。
ハウスにはペニシリンが処方されました。
このときの弟子たちの話し合いが面白かった。
元弟子たちもマジになって怪しさを主張。
でもチェイスの心配事はキャメロンがハウスと寝たか?
それによっては間接的に自分も??
とムキになり具合が強烈でした。

さて、ハウスはアンバーにウィルソンを取られてしまったのが面白くありません。
そこでウィルソンを息子であるかのように共同親権を提案。
自分がウィルソンと過ごせる時間を決めたいんですけど
その決済をわざわざカディに頼みに行ったのでした。
やっぱりやってることが変です…梅毒だったか??

ハウスはウィルソンにこっそり教えます。
梅毒は嘘だけどそのふりをしてるんだって。
また弟子たちをからかってますね。
そして絶対内緒とウィルソンにくぎを刺したはずなのに
ウィルソンがアンバーにしゃべってしまったので
すぐに弟子たちにばれてしまいます。
梅毒説はウソでしたか・・・みんながっかり。
めちゃくちゃハウスは治りそうにありません。

実は優しい患者さんも本当の理由がわかり
外国へ行った時移ってきた病気が原因だったようです。
これで優しい人とお別れですか。
ってわけでNo More Mr.Nice Guy!なわけなのです。

ハウスとチェイスが仲良くボウリングをしてましたが
自信たっぷりなチェイスの決めポーズがなかなかキュートでした。

トロピカル・マラディ

FILMEX2.jpg


タイ映画「トロピカル・マラディ」を観てきました。
2004年のフィルメックスで最優秀作品賞を撮った映画ですが
かなり不思議な作品でした。
あえて「新感覚ゲイムービー」と言わせてもらいましょう。

前半はなんともほのぼのとした
タイの田舎の若者の日常生活を綴っています。
森林警備隊で働く兵士のケンは
年下の青年トンを愛していますが
トンはケンの思いにどう応えていいのかわからない感じ。
兄貴に甘える弟分のごとく自然にふるまっています。
ケンは自分の思いを言葉や行動で伝えていくんだけど
トンは照れ臭いのかな?一笑に付してしまってます。
二人の絡み具合がごく自然で
でもお互いとても大切なんだなと感じられる部分がいいですね。
ケンが映画館でトンの膝に手を置いたり
水辺で膝枕をしてもらってマッタリしたり
一番濃厚だったのがケンがトンの手を取って口に当てると
お返しにトンがケンの手を取って舐めまくり
そのまま去ってしまうシーン。
後で一人満面の笑みをたたえるケンの姿がいいなぁと思ったら
そのプラトニックだけど素敵な二人の関係についてのお話は
そこでおしまい。

後半は幻想の世界に飛び込んでしまいます。
モチーフは中島敦の山月記なんだそうで
家畜がトラに襲われる被害を知ったケンが
一人ジャングルの奥に入っていってトラに遭遇する話が
延々と続きます。
ジャングルの中で走り回っている謎の裸男が実はトンなんですけど
前半と後半は別物と考えなきゃいけないみたい。
ジャングルの中でストイックにトラ=裸男をケンは追っていきますが
サルが喋ったり、蛍がきらめいたりして、やがてトラが現れ
トラとケンがじっと睨みあっているうちに
結局ケンはトラに体を捧げてしまいます。
(ってことを教えてくれるのはラストの絵なんですけど)

あまりにも違いすぎる二つの世界に面喰いつつ
でもトンのことを思い続けるケンが
幻想の世界でトンに体を捧げるのは至福の時なのかもと
都合よく物語を解釈していました。
ケンは自分がゲイであることをわかっているけど
(そしてゲイの人達もわかってるし…
お互いを見つめる視線が鋭すぎます。)
でもトンはケンのことも好きだけど、女の子のことも気になってる
恋人としてのケンを受け入れらるかというと微妙な感じがします。
前半の話がこのまま続いていったら
どこかでトンが葛藤し、ケンと別れてしまうのではなんていう悲劇を迎えてたかも。
だったらこのまま訳が分からずトラとともに消えてしまった方が
気持ちが安まります。

本当は仏教思想とか奥深いものがあるんだと思いますけど
前半のケンとトンの屈託ない笑顔が素晴らしかったので
ハッピーなゲイムービーということにしておきましょう…

LaLaTV Presents LOVE&SCANDALなテレノベラ

第6回ラテンビート映画祭の一環の「LOVE&SCANDALなテレノベラ」
バルト9で観てきました。

今回観てきたドラマは「フォーエバー☆ジュリア(Resistire)」と
「華麗なるペルス夫妻(Los Exitosos Pells)」の
2本のアルゼンチンのテレノベラの第1話です。
アルゼンチンのテレノベラは初めてですが
アルゼンチンは大好きな国で何度も行っているので懐かしさもあり
観るのをとても楽しみにしていました。

◎フォーエバー☆ジュリア
妻に捨てられ実家に戻ってきた三十路男のディエゴは
実家ではあまり歓迎されていません。
ディエゴは祖父が家業としていたテーラーで働いています。
ジュリアは妻を事故で亡くし娘がいるマウリシオと婚約しています。
マウリシオはバイオテクノロジーでの成功を狙っているビジネスマン。
マウリシオはジュリアの父の化学者を巻き込んで
事業を拡大したいと考えていました。
ジュリアはマウリシオのスーツを受け取りに来て
ディエゴと運命的に出会います。

第1話はここまで。
運命の二人が出会うまで時間がかかりすぎ!
っていうか出会ったところで終わってしまいました。
でも全220話、延々と話が繰り広げられるテレノベラでは
このくらいの無駄は当たり前でしょう。
2003年の作品なので、ちょっと雰囲気が古いかな。
ディエゴたちが使っていた携帯を、私もブラジルで使ってました。
ディエゴが足踏みミシンでスーツを縫い始めたときは
物を大事にするのはいかにも南米だなぁと感心。
古臭い雰囲気がまた味わい深いんですよ。
カフェ・コルタードが飲みたくなりました。
音楽の使い方がなかなか秀逸で、いい選曲をしてるなと思ったら
いきなりThe BeatlesのAll You Need is Loveには参りました。
アメリカドラマではありえないBeatlesだ!
テレビ放映時にはさし変わってしまうのでしょうか?

◎華麗なるペルス夫妻
売れっ子ニュースキャスターのマーティン&ソルのペルス夫妻は
実は仮面夫婦。
ソルはライバルのニュースキャスターと熱烈恋愛中だし
マーティンはテレビ局の社長フランコの息子のトーマスと
本当は一緒の住んでいます。
マーティンはフランコの別れた妻が持つ別のテレビ会社のニュースキャスターに
引き抜かれる話がまとまりつつありました。
そこでフランコとすったもんだしているときにマーティンはひっくり返って倒れ
頭を強く打ちそのままこん睡状態に陥ってしまいます。
このアクシデントをどう隠すかフランコはおたおたしているうちに
今度は交通事故を起こしてしまいます。
しかもぶつけてしまった男がマーティンに瓜二つ。
その男はゴンサロという演劇指導を行ってる売れない俳優で
フランコは即ゴンサロをマーティンに仕立て上げます。
そして自分探しの旅をしてたってことになってたマーティン=ゴンサロを
ニュースに復帰。
ゴンサロはなんとかマーティンになりきりますが
今までのソルに対する冷たい態度がころっと変わってしまいました。

こんなテレノベラもあるんだと驚いた
とてもわかりやすくて楽しい作品です。
12話で終了のようなので、普段観ているアメリカドラマの感覚で
さくっと観られそう。
(と思ったら実は134話だそうです。
IMDbは追求する気がなくなったのかな??)
ゴンサロがマーティンになりきる過程が面白くて
彼なりにマーティンらしくふるまうんですが、やっぱり違うんですよね。
ソルやスタッフを騙せても、飼い犬を騙せなかったのがおかしかった。
ついでにエンディングで観られる次回予告によると
今度はマーティンの恋人トーマスと強引に絡まなきゃならないシーンもあり
ゴンサロがゲイになりきれるのかっていうのも面白そうです。
そのうち本物のマーティンが覚醒したらどうなるんでしょう。
そのあたりもすごく気になります。
このドラマは昨年放映されましたが
絶対リメイクできる!きっとそのうちアメリカで…と思っていたら
すでにもうチリとスペインでリメイクされていました。
リメイク版は相違点はどこなんでしょう。
ついでにこちらがブエノスアイレスが舞台なので
見覚えのある景色があって嬉しかった。

今回観た2本と、フランスの「セカンド・チャンス」
ドイツの「アナはToo Shy」の4本が11月1日にLaLaでまとめてオンエア。
そして視聴者投票で一番人気のあった作品が
来年LaLaで全エピソード放映されるんだそうです。
ジュリアとペルス夫妻のどちらも捨てがたいけど
先が知りたいワクワク感ではペルス夫妻かな?
ともあれアルゼンチンドラマをよろしくお願いいたします!!

Mistresses S2-#6

シーズンファイナル。
プチクリフハンガーを残し、あとはきれいに終わったかな?

○ケイティ
ダンは当然ケイティがジャックとキスしたことが解せなくて
ケイティがダンを愛してると言っても相手にしようとしません。
そしてダンとジャックのバトルが…
結果的に今まで蚊帳の外状態だったジャック妻が
ジャックとケイティの関係を知ってしまいました。
ケイティ、つくづく悪女だなぁ。
一応反省して転勤を希望。
ジャックはケイティのために口を利いてあげるなんて言ってます。
ジャックもお人よしですね。
そしてダンはさっさとシドニーへ行くことになり
ジャックはケイティに送別会のことを教えてあげます。
ケイティはダンにプレゼントするつもりだったクリケットのラケット(っていうの?)に
手紙を添えてダンに渡し、さっさと退散するんですが
この手紙がまた未練たっぷりでやれやれ。
結局ダンはケイティの家の前まで来てしまいました。
ここでおしまい。プチクリフハンガーです。
ダンは一応感謝の言葉を述べて去っていくくらいが理想だけど
残酷すぎますか?

○シボーン
トムとの浮気現場写真はトムがシボーンを脅す材料でしたが
シボーンはそれを逆手にとって離婚調停中に写真を見せてしまいました。
これでシボーンのキャリアもおしまい?
まあ仕事の方はなんとかなるでしょうが
ハリーがきっぱりと未練を断ち切って家を出て行ってしまいます。
今までシボーンに振り回されっぱなしだったから
この潔い決断はよろしいでしょう。
全然浮かばれないハリーでしたが。
逆にシボーンとドミニクはいい感じだったんで
この際本物の父親が一緒に子育てしたらいかがでしょう。
シボーンがシングルマザーっていうのもちょっと無理っぽい気がするし。

○トルーディ
子供たちの願いが叶ってしまいましたね。
やっぱりリチャードとトルーディを引き離すのは無理だったんです。
子供たちの運動会でケータリングに来ていたルーカス。
大人の事情を知らない子供たちは
お父さんの二人三脚の相手にルーカスをご指名。
強烈なコンビはさすがに息が合わずコケてましたが
一応落ち着いた大人なのでケンカもせず平和に終わりました。
救護班のトルーディはリチャードのけがを治療し
そのままキスしてしまいます。
そして新しい世界に飛び出すことが無理だと悟り
ルーカスにその旨を伝えると、ルーカスはあっさり承諾してくれました。
年下ルーカスが一番人間ができてますね(笑)
一度は別居したトルーディとリチャードだけど
3人の娘とまた幸せな家庭が築けることでしょう。よかった!

○ジェシカ
自分に子育ては無理だと思い中絶するつもりでいたけど
なかなか決心がつきません。
そのうちマークが事業に失敗し、一文無しになってしまいました。
何か失敗をしでかすかと思ってたけど、
こんなにさっさと派手にやってくれるとは(笑)
でもそんな情けないマークをジェシカは愛してると確信し
子育ても一緒にやっていくつもりになりました。
そしてワインと豆で乾杯。
この民っぽい食事がいいなぁと思いました。

S3はこれから作られるようですが、早く先が観たいです。

Cold Case S5-#11 「封筒」

1942年カリフォルニアに住む日系人の高橋さん一家が
マンザナーの日系人収容所へ送られます。
レイ・タカハシはアメリカ生まれ。
アメリカ人として生きてきて国に忠誠心を誓っており
どうして財産を奪われ収容所へと怒りをあらわにしますが
見た目は日本人だから仕方ない。
敵国の人間だから…本当にひどい話です。
レイは国への忠誠を示すために
息子のビリーに兵役の志願を進めますが
絵を描くのが好きなビリーは嫌がっていました。

でもレイが収容所の教師、メアリー・アンと浮気してたのを知ったビリーは
軍隊にはいることを決意し
日系人による422連隊の所属となります。
父への反抗が出兵という形になり
そのままヨーロッパで戦って戦死。
さすがに太平洋戦には行ってないんですね。
やはり息子が戦死したシンジ・ナカムラが
ビリーの手紙を預かっていました。

終戦を迎え、フィラデルフィアで陸軍と海軍のフットボール戦が行われ
同時に戦争犠牲者の授賞式が行われます。
シンジからビリーの手紙を受け取ったレイは
ビリーは受賞されるはずと
かつてビリーの幼馴染で、
戦地ではビリーの上官だったスキップに頼みに行きます。
だがスキップはレイの要求を無視します。

1945年12月のフットボールの試合のあった日
駅の階段の下でレイが倒れて死んでいました。
そのままCold Caseになっていたんですが
レイの娘のバーバラが父の死の真相を調べてほしいと依頼に来て
殺人課は捜査を始めます。
リリーは軍の事情に明るいスティルマンに質問に行き
スティルマンも協力してくれますが
辞表届を撤回する様子はまだなさそうでした。

レイの死因はスキップが階段から突き落としたから。
かつては親しい付き合いだったレイとスキップですが
スキップはヨーロッパ戦へ行ってて
そんなに日本人が腹立たしく思えるんですかね?
激しい殺意というより
はずみで落ちてしまったアクシデントくらいが自然な感じがしますが
結局スキップの罪が問われることになります。

日系人も二世、三世となれば
心はアメリカ人と言い切れるかもしれないけど
でも見た目で判断されてしまうのは辛いことです。
彼らがしたくて起こした戦争じゃないのに。
収容所の生活も厳しかったでしょうけれど
でも日本で戦火の中を怯えながら生きていた人たちの事を思うと
収容所生活の方が幸せなのかなとか
いろいろ考えてしまいました。

ただもう戦後60年経っているのに
現在の姿を演じている俳優さんたちが若すぎるのが気になりました。
アジア系俳優さんたち勢ぞろいで日系人を演じてるのは仕方ないとして
年齢詐欺はまずいのでは?

Prison Break S4-#6 「チームプレー」

確かに見事なチームプレーでしたが、やってることはハチャメチャです。
一般人を巻き込み過ぎだし。

スキュラの4人目の番人は競馬がお好き。
そこで競馬場に張り込んで
うまくデータをいただく作戦に取りかかることになりました。
役割分担も適材適所って感じでバッチリ。
でも暴れん坊役を仰せつかったべリックはご不満のようです。
みんなで警備員たちの気を引いてる間に
マイケルとマホーンは支配人の部屋に侵入。
スキュラの読み取り装置を取り付け、
番人の馬のゲートが遅れて開くように仕掛けしてきました。
当然番人の馬は遅れたので番人は支配人に文句を言いに行きます。
そのごちゃごちゃ言ってる間にデータはうまく頂戴できたんですが
問題は読み取り装置の回収でした。
誰か支配人の部屋に入って取ってこなければなりません。
マホーンが名乗り出て、サラが警備員の気を引いている間に
支配人室に入り込むんですが出ることができず
裏から建物の外に出ようとして警備員に取り囲まれてしまいました。
マホーンはそのままロス市警に送られます。

マホーンは偽名を名乗ってるけど足にはGPSが付いてるし
(でもGPSはセルフが管理する用だったようです)
指紋も取られてしまったので、これは正体がばれること必至です。
マイケルはセルフにマホーンを出すようせっつきますが
セルフはマホーンが持っていたデータ読み取り機を
回収するのが精一杯でした。
しかも閣下をセルフが調べていることがわかり
殺し屋はセルフに接触します。
そのときセルフがロス市警に寄っていたことを知った殺し屋は
市警を訪れ、マホーンが留置されていることを確かめます。
マホーンは外には出られず、殺し屋には狙われ
でもマイケルに電話して、自分は口を割らないから
子供の仇を取ってくれと頼みます。
マイケルは5番目の番人に接触する計画を練っていましたが
急遽マホーン救出作戦を実行します。
場所はマホーンが罪状認否のために送られた裁判所でした。
サラが弁護人として現れ席に座ると
突如裁判所内の照明器具がすべて破損。
マイケルたちの仕業でした。
どさくさにまぎれてマホーンたちは逃走。
傍聴に来た殺し屋は、その一部始終を呆気にとられて観ているだけでした。
しかし裁判所の施設を壊し、被告を逃亡させたら大きな罪ですよね。
警察はこのまま放置状態でいいのかな?
ついでにサラはマホーンの指紋データをきちんと回収していました。

ぼろぼろのグレッチェンは妹の家に行き
隠しておいた銃と金を取り出すと娘にキスをして出ていきます。
グレッチェンの子供は妹が育てていたのでした。
その頃とうとうティーバッグがボロを出し始め
ゲート社から退散します。
ウィスラーの隠れ家からも撤退するつもりでいたら
突如グレッチェンがやってきてティーバッグに銃を突きつけたのでした。
さあ大変。

今回はマイケルの流血もなく、体調は安定しているようですが…

Everwood S4-#10 「解けない怒り」

まさかこんなことになるとは思わなかったエフラムとエイミー。
そのあとエフラムはNYへ行ってしまい
二人は口をきいてませんでした。
そしてお互い同時にブライトとハンナにTEL。
ハンナはエフラムがエイミーをいかに大事に思っているかを伝え
よりを戻すべきだとアドバイス
ブライトはいきなりそこまでいかなくてもと驚き気味でした。
エフラムとエイミーは顔を合わせるけど、なんだかぎくしゃくした感じです。
これからの二人のルールを決めようってことになって
そのあとエイミーは大学のフェミニズムを研究するサークルに参加。
新しい世界がどんどん開けてくるのを楽しく感じ始めました。
そしてルール決めの日。
エフラムはエイミーこそ運命の相手だと思っていました。
エイミーにももちろんそんな思いはあるんだけど
エフラムの絵葉書を読んで
エフラムがヨーロッパの旅でとても成長したことがわかった。
今度は私がヨーロッパを味わいたい。
でもそのヨーロッパとは大学生活で
新たなものをたくさん吸収することでした。
だから運命の相手かもしれないエフラムのことは
しばらく考えないという結論を出しました。
エフラムはエイミーの考えを尊重しますが
結局待ちぼうけをくらっちゃうんだね。
決して嫌いになったわけではないし
やっぱりエイミーにとってエフラムはかけがいのない存在だと思います。
だけどようやく目の前が開けたエイミーには
もっと夢中になりたいことがあったようです。
問題はエフラムが待ち続けられるのか?
お互い絶対運命の相手だと思うので
早くそれに気づいてほしい!

エフラムはカイルが学校をさぼっていることを知って
高校に様子を見に行きます。
ロッカーの前でしみじみしているエフラムが
いきなり大人に見えました!
ロッカーの前でエフラムとエイミーが運命の出会いをしたときから
ずいぶん時が立ったんですね。
そしてカイルにアドバイスするエフラムの堂々とした佇まいに
成長したんだなと納得です。

アーヴの本が出版され、アーヴは街の人達に本を配ります。
アンドリューは登場するドクターが自分をモデルにしたと知り
そのドクターが悲しみを抱えて死ぬことに憤りを覚えます。
アーヴに詰め寄ると、アーヴはアンドリューが悲しみを抱えていると指摘。
実はジュリアが亡くなる前
アンドリューはジュリアが浮気していることに気付き
夫婦仲がピンチだったのでした。
でもジュリアには謝るわけにはいかないし。
するとアーヴはジュリアに言いたいことを書いてみろと提案します。
アンドリューはPCではなくタイプライターで
自分の思いを苦労しながら綴っていきます。
ついでにデリアはどんどん反抗的になってきます。
難しいね。

ジェイクはエバーウッドを離れリハビリセンターに通いだし
二ーナは別れを告げるためにリハビリセンターを訪れます。
そして他の人の尻拭いをしながら生きるのは嫌だと言いきってきますが
帰宅してからまた悩みだします。
二ーナはジェイクを愛していることを再確認し
診療所を畳もうとしているジェイクを止め
一緒にいてほしいと頼みます。
ようやく二人の愛も本物かな。

Kommissar Rex S2-#11 「誘拐」

とてもユルい誘拐事件発生。
夫が誘拐されても妻は全く慌ててないし、何か変だなと思ったら
最後にしっかり種明かしがありました。

実業家の大金持ちが車を運転中
3人組に追い詰められてそのままさらわれます。
3人組は大きな木箱を用意していて実業家を詰め込むと
そのまま隠れ家に運びますが
近所に住む男性に怪しまれ声を掛けられます。
隠れ家は犯人の親戚の家で今は留守状態。
男性が疑り深く見てくるので
犯人の一人が家に招き入れ、入り口に置いてあった植木鉢で殴り殺してしまいます。
誘拐して身代金を要求するだけだったはずなのに
別の殺人事件を起こしてしまった3人は
隠れ家に実業家を監禁することを諦め
男の死体を貨物列車に投げ捨てると
仕事がらみで知っているブドウ畑の近くの地下室に
実業家を運びました。

シュトッキーからの電話で起こされたモーザーは
(相変わらず朝からのんびりしすぎです)
男の遺体の検視報告を受けました。
男は別の場所で殺され、凶器は植木鉢
男の結婚指輪から身元もわかり
事件現場を探していくと、その家には監禁部屋が用意されてました。
ここで誘拐計画が明るみに。
しかも男性が殺されたことで
アジトは別の場所へ移動したとわかります。

ここからモーザー達は誘拐事件の捜査を始めるんですが
隠れ家が実業家のボディーガードの親戚の家だとわかり
実業家の家を訪ねると、妻が銀行の預金残高を見ながら茫然としていました。
モーザーが夫が誘拐されたのではと尋ねると、妻は誘拐を認めます。
でも警察に通報すると夫の命がないと言われ、黙っていたんだそうです。

誘拐犯は確かに実業家の元ボディーガードとその手下でした。
ボディーガードは実業家に知られているから彼の前には顔を出さず
もっぱら二人に雑務をやらせていたんですが
この人たち、あまりチームワークがいいとは思えません。
誘拐犯にしては緊張感が足りないです。
なので実業家も目隠しされ縛られている割には声に余裕がありました。

とにかく身代金の引き渡し場所が決まり
妻は用意した金を持っていくことにします。
ここでレックス登場。
レックスの仕事は金の入ったカバンを見張ることでした。
見張りの練習もばっちりこなしいよいよ現場へ。
犯人は置かれたカバンを運搬中のワインの箱にうまく隠し
さりげなく運び出しますが、レックスはしっかり見ていました。
これで警察は犯人のアジトを探し出せます。

そのころ実業家は自分で縄をほどき、外へ飛び出してました。
慌てて犯人たちが追いかけているところに警察も到着。
犯人は実業家を納屋に連れ込んで立てこもります。
いかに安全に実業家を救いだすか
そこで役立ったのがレックスの今日のお遊びでした。
今日のレックスのお楽しみは丸いものを転がすこと。
まず朝庭のドラム缶をごろごろと蹴とばしてモーザーに注意され
そのあと事務所でゴミ箱をひっくり返して遊んでました。
だったらここでも転がせるでしょうと命ぜられたのは
納屋に積まれた丸い藁の束を
転がして犯人の上に落とすこと。
きちんとモーザーの命令を理解したレックスは
お得意の転がしで犯人たちをビックリさせ
実業家を救いだす手助けができました。

一方妻はまた別のカバンを持って車に乗り込みます。
ここでまたレックスはカバンの番犬となり
妻が大金を持っていたことを暴きます。
実はこの誘拐計画は妻と愛人のボディーガードが結託して
夫の財産を奪い取ろうとしていたのでした。
だからこんなにユルくなっちゃったんだ。
WATな人たちが真剣に対応してたら、あとでマジに怒られそうです。

Mental S1-#9 「Coda」

ジャックが脳外科医の彼女と家でまったりしていたら
警察から呼び出しが。
父親が銃で撃たれ、それを目撃していた娘から証言を取りたいが
らちが明かないので助けてほしいという要請でした。
クローゼットに隠れていた娘は問いかけにオウム返しで答えるだけ。
ショック状態なのかとも思われたけど
ジャックは娘は自閉症であることを見抜きました。

ジャックが質問していくうちに娘はりーザと名乗りましたが
事件のことは口をつぐんでいます。
病院へ連れて行って服を着替えさせようとすると興奮するし。
そのうちジャックはりーザの手がピアノを弾いているように見えて
病室にキーボードを持ち込みました。
りーザは喜んでピアノを弾き始めますが
なぜか音階ばかり弾いています。

気持ちのほぐれてきたりーザは
事件が遭った時銃声を二発聞いたこと
まぶしい光を見たことを伝えてきました。
ジャックは現場に立ちあった警部と刑事に伝えます。
でも彼らが強引に事情聴取をしようとするとダメ。
りーザは興奮して大声を挙げ嫌がります。

児童福祉局の人が来てくれた時はりーザはリラックスし
エリーゼのためにを弾き始めました。
ピアノはりーザの精神状態を表しているのかも。
またりーザが不思議な音階を弾いているので
ジャックがギターで音を拾っていたら
その音はBADGE。「バッジ」でした。
現場でバッジを見たことを音階で表したりーザのセンスってすごい!

ジャックはりーザを家に連れて帰り現場検証をしていきます。
そこに担当刑事がやってきましたが
りーザが見たのは彼のバッジだったのでした。
父親は麻薬の取引に関わっていましたが
そこに刑事も絡んでいて男を射殺。
何食わぬ顔をして捜査にかかわっていたとはとんでもない刑事だったんですが
りーザが証言してしまうと自分の立場は危うくなるので
刑事はりーザに銃を向けます。
ジャックはすかさずタックルし銃が刑事の手から落ちますが
それをりーザがj拾ってしまいました。
間違えて撃ってしまったら大変です。
ジャックはりーザの気をなんとかキーボードの方に向け
銃を取り上げることができました。
精神科医がここまで危険なことをやらなければならないなんて
お疲れ様でした。
そしてりーザの元に離婚した母親が現れ、一件落着です。
ついでにジャックは警部に
行方不明の妹を探してほしいと頼みます。
さらに脳外科医の彼女はジャックのあいまいな態度に
もう愛想を尽かしたようです。

アルトゥーロの父親が息子の様子を見学しに来ました。
自分も精神科医だからよくわかってると回診に同行する父親を
アルトゥーロは激しく拒否します。
というのも父親の本業は俳優。
ソープで長年ドクター役を演じているので
多少の知識をもっているのです。
父親は回診中息子を無視して患者の様子をチェック
勝手に検査をオーダーして息子を怒らせます。
でもそれは正しい判断でした。
父にとってはドラマで学んだ処置。
ドラマをバカにしちゃいけないですね。

今回もキャストが豪華でした。
自閉症のりーザを演じていたのはMediumでアリソンの友達のハンナ。
警部はSaving Graceのグレースの父。
アルトゥーロの父も絶対知ってる顔だと思ったら
UC:Undercoverのコルテスでした。
さらに貫禄が出ちゃいましたが。

Mistresses S2-#5

次週はファイナルを迎えるミストレス。
その前にミストレスな人達に厳しく意見させてもらいましょう。

○シボーン
ここまで来てハリーにすがるか?
っていうかハリーは人間出来過ぎ。
一度で終わらず繰り返し裏切られ
今真実を告げられて、いくら愛してると言われても
やはり許そうという気にはなれないよね。
普通のドラマならそのまままっすぐに離婚でしょう。
もちろんハリーもそのつもりだけど
子供の面倒はみると宣言。
実の子ではないのに。
事実しっかり父親役を引き受けてるんだよね。
職業柄?家事とかもしっかりやっていそうだし。
それに甘えてるシボーン、調子よすぎでは?
盗撮がトムの仕業だとわかったことで
法の力を使って(だよね)彼女なりに戦っていけると思うけど
私生活はどうなってしまうのでしょう。
深く反省しておとなしくなるのか
それともまだハリーにすがりつくのか。
とにかくしっかりしてもらいたいです。

○トルーディ
リチャードの奥さんを尊重してリチャードと別れることにした
トルーディの決断は納得できますが
せっかく家族になれた子供たちをあっさり引き離すのもどうかと。
リチャードはエイミーを連れて施設に行き
お母さんの本当の姿を見せたようです。
そしてトルーディは悲しみをルーカスにぶつけ
そのまま二人は関係を持ってしまいます。
ルーカスの真剣な思いが勝ってしまったようですが
少なくとももう少しリチャードとの関係が落ち着いてからの方がよかったね。
リチャードはもちろん、子供たちも見てるぞ!
子供をなるべく親のごたごたに巻き込まないでもらいたいものです。

○ケイティ
相変わらずはっきりしませんね。
だからダンとジャックのどっちがいいのさ。
ダンがシドニーに行くことになり、
ジャックとの先の見通しもないことはわかっているから
ダンと一緒に行くと決意したけど
まだジャックが未練がましく言い寄ってくると
これまたあっさりなびいてますよね。
もっとはっきり自分を主張しましょう。
特にジャックを選んだらダンだけでなく
同僚の奥さんまで傷つけるんだし。
そんなわけでジャックと一緒のところをダンに見られちゃったケイティ。
またごちゃごちゃ言い訳するのかな?
ついでにDrなんだし、潔く禁煙した方がいいですよ!

○ジェシカ
彼女の生き方が一番筋が通っていていいなぁと思ってる今シーズン
マークの浮気相手の秘書を追い出したのもナイスです。
でもマークの浮気は直らない。
マークの場合もうセックス依存症じゃないですか?
決意を固めるっていうレベルを超えて
カウンセリングを受けるとかミーティングに行くとか
正しい対処の仕方を探った方がいい気がしました。
そしてジェシカの妊娠。
マークに腹を立ててるし、彼女のキャラからしても
子育ては勘弁して!状態なのかもしれません。
でもなんとかやっていけるんじゃないかな?

S3があるかどうかわかりませんが
とりあえずひと段落できるファイナルに期待します。

Cold Case S5-#10 「掲示板」

だからSVUが必要なんです!

1982年大学の卒業式後、学生代表で人気者のマイクが
何者かに拳銃で撃たれて死亡。
目撃者も犯人の手掛かりもなくCold Case入りしていました。

25年たってマイクの墓が荒らされ「レイプ犯」と書かれていたことから
殺人課は捜査を開始。
臨時ボスのジェフリーズ(ボスと言われるのを嫌がってたけど)の指揮で
当時の様子を探っていきます。
早速マイクによるレイプの被害届が見つかりましたが被害者は不明。
担当した当時の女性警官のマギーに尋ねると、
マギーはテシーだと話します。
テシーは弟と二人暮らし。
図書館でマイクに声をかけられ、デートして家に送ってもらったところで
マイクが急変、テシーをレイプしたのでした。
テシーは弟を連れて警察に来て被害届を出すのですが
当時は届けを受理しておしまい。

今ならすぐにレイプ検査をするし、
精液が残っていたらDNA鑑定に回せるのに。
そしてベンソンのような性犯罪専門の刑事が
被害者の心情をくみ取りながら事情聴取をしてくれるはず。
でも当時はこれが精いっぱいだったんですね。
でもテシーは勇気があった。
他にもレイプされていた人達は耐えるしかなかったんですから。
でもそのうちの一人のシェイナは苦しみを日記に綴りながら
結局銃で自殺してしまいます。

被害者の憤りは溜まっていき、彼女たちはそれをトイレの壁にぶつけます。
あいつにレイプされた…私も・・・
トイレの壁は掲示板に変わりました。
そして被害者たちはリベンジを考えたのです。
そしてマギーもシェイナの自殺を知り
テシーに銃を渡しリベンジの機会を与えます。
目には目をでいいのかは疑問だけど
正当防衛を主張すれば罪には問われないはず。
マギーは銃を脅しに使えば程度に思っていたのでしょうか。
かなり大胆なやり口に思えましたが。

早速被害者組はマイクを取り囲んで脅しにかかります。
それは十分効果がありました。
しかも彼女たちは予想通り引き金を引くことはできませんでした。
銃をゴミ箱に捨ててその場を去っていきます。
しかしそのあとをテシーの弟が付けてきました。
実は弟は姉がレイプされる一部始終を知っており、苦しみもよくわかっていました。
弟はためらわずに引き金を引きます。

銃弾の位置から犯人の身長が低いことが分かっていたし
弟がその後弁護士になって、
テシーの尋問の時に出てきて証言をストップさせていたから
これはきっと弟が犯人と踏んだら大当たりでした。
でも細かい部分ではいろいろ気になることがあります。

①銃を撃った後弟は律儀に指紋をふき取っていたのでしょうか?
そこまで心の余裕があったら立派な犯罪者だと思います。
覚悟を決めていたとはいえ、子供が人を殺してしまったらそれなりに動揺するでしょう。
きっとテシーに話して、テシーが秘密を守るように口止めし
拳銃の指紋も拭き取った?
ならばテシーも共犯になります。

②何故今頃墓荒らし?
これはCCのお約束ですが、
ドラマの都合上本当に突如コールドケースの扉が開いてしまうのが
強引というか・・仕方ないですね。

③どうしてトイレが壁紙?
これが一番不思議でした。
公共の場所で派手に掃除するんだから水をジャンジャン掛けるでしょ。
何故紙を貼る?と単純に悩みました。
まあ落書きの重要性は考えないにしても
普通上からペンキを塗っておしまいでしょう。
トイレの掲示板が復元できたのが奇跡です。

といろいろツッコミつつ
事件の解決を曖昧にぼかしたのはこれでよかったのかなとも思いました。
撃たれたマイクが絶対悪いんだし
弟の正当防衛ってことでもいいでしょう。
というより今更レイプ事件を蒸し返すことで
それぞれに嫌な思いが甦ってしまった方が気の毒に思えました。
ってことは悪いのは墓荒らししたレジーってことになりますね。

スティルマンは船に乗って悠々自適。
でもそれなりにストレスがたまっていたんですね。
リフレッシュして職場復帰してくれるといいんだけど。

The Closer S4-#15 「二人の形」

いよいよ明日はブレンダとフリッツの結婚式。
式も披露宴も内輪で地味にやりたかったブレンダですが
ママとクレアが躍起になってホテルの部屋を飾りつけていました。
クレア、相変わらずテンション高いです。
当然ママと微妙にずれてますが、パパが見張ってくれていました。
そんなときフリッツにお電話。
いよいよ大物麻薬ディーラーを引っ張れそうで
フリッツはいそいそと張り込みに行ってしまいました。
ブレンダより先に出ていくなんて珍しい!
その時頭上をヘリコプターが飛び交いサイレンが鳴り響いていたので
ブレンダは何事かと思って署に電話し
ポープから事件のことを聞くとそのまま現場へ行ってしまいます。
現場はホテルの近くのストリップバー。
経営者とストリッパーの女性が何者かに撃たれ経営者は死亡。
犯人は金を奪って逃走しました。

被害に遭ったストリッパーは夫がイラクからの帰還兵で
仕事ができない状態で自分が稼いでいると証言しましたが
実は店を襲ったのは夫でした。
しかも共犯者の妻を狙い撃ちしてる? 
今回もブレンダは弁護士の口封じのために
国税庁の職員に化けてみたり
(ポープはブレンダのお願い通り演技してました)
病室にいる妻の証言の音声を一部カットして夫に聞かせ
夫を怒らせてみたり
いろいろ小技で楽しませてくれました。

前回話題になっていた人事異動の話。
ガブリエルとダニエルズがあまりにも衝突しすぎるので
プロベンザは二人のうち一人を犯罪心理捜査課に異動させると
ものすごい勢いで怒鳴りつけていました。
プロベンザのド迫力にびっくり。
二人は仕方なく同意します。
そして結局二人とも異動届けを出してしまったのでした。
特捜班に残れるのはどちらなんでしょう。

さて、式直前まで忙しい二人でしたが
何とか無事に式を済ませました。
ちなみにタオたちは、ブレンダが結婚できるかどうかで賭けをしてたようです。
そして披露宴にはみんなが集まり
バズが一人一人お祝いのメッセージを録画してブレンダにプレゼントしますが
みんなのメッセージが個性的すぎで笑えました。
サンチェスは暗すぎましたが。
花嫁の投げたブーケを受け取ったのはなぜかプロベンザ。
さすがにもう結婚はパスだよね、
ってことでクレアのところで落ち着き
クレアはまたまた大騒ぎ。
フリンが犠牲者かもしれません(笑)
ドレスを着替えて踊ろうとフリッツに言われ
フリッツの愛を再確認したブレンダ。
ウェディングケーキを手にして一人きりになると
ケーキを食べるのかなと思ったらそうじゃなくて
引き出しから出してきたお菓子を食べてました。
しかもケーキのクリームを塗りたくって。
これが至福の時なんですね。
めでたしめでたし。

Prison Break S4-#5 「金庫破り」

3つ目のスキュラを探せ!

サラは男に尾行されていることに気づき
必死で男を巻いてきました。
でも一緒にクレジットカードをなくしたことにも気づきます。
マホーンは息子を殺した犯人探しに一生懸命。
妻に会って犯人を写真で確認。
ついでに銃も受け取ってきました。
そしてサラを追いかけていた男が
息子を殺した組織の殺し屋だとわかると
マホーンはサラとローランドの手を借りながら
殺し屋探しを始めます。
犯人を追うマホーン、さすがにFBIらしくかっこいいです。

他の人達はもちろん3つ目のスキュラ探し。
番人のミーティング映像でセルフが知ってる男を発見。
その男は財務省のお偉いさんでした。
セルフは連邦ビルに行って男と接触し
スキュラをコピーしてkるようにマイケルに命ぜられます。
自分のキャリアに傷が付いたらどうしようと悩むセルフ。
でももう囚人チームへ仲間入りしちゃったので
文句は言えません。

早速セルフは財務省男に接触しに行きましたが
男はスキュラを金庫の中に大事にしまっていました。
金庫は電波を通さないのでデータをいただけません。
それなら金庫を破るだけ。
囚人チームのお得意技ですが
連邦ビルは警備が厳しすぎました。

でもすぐにビルの設計図が手に入り
(これがいつも不思議なんですよね。
設計図って簡単に持ち出せるものなんでしょうか?)
マイケルは金庫破り計画を立てます。
仕事分担もばっちり。
用具がそろうとセルフは四人を車に乗せて
連邦ビルの駐車場に入りました。
リンカーンとマイケルはスーツ姿。
スクレとべリックは作業員です。
ビルに入り込むとエレベーターを操作して天井裏へ。
セルフは男の部屋のお隣の男をランチに誘いだし
その間にリンカーンとマイケルはお隣の男の部屋に忍び込みました。
一方スクレとべりックはセルフが汚しておいた
廊下のカーペットのシミ取りにやってきて
でっかい音を立てながら機械でカーペットを洗ってました。
その間兄弟は金庫の穴あけに励みます。
ち密な作業は弟、力任せにブチ壊すのは兄
わかりやすい仕事分担です。
壁に穴をあけて金庫の板の金属を溶かし
ようやくスキュラを見つけてコピー開始。
と思ったらお偉いさんに部屋に怪しげな男がやってきて
スキュラを今すぐ見せろと言い出しました。
どうしてこんなに絶妙なタイミングでピンチが訪れるのでしょう(笑)
しかしマイケルは慌てず騒がずデータをいただき
囚人御一行様はビルから逃げ出します。

スクレとべリックが用具室でごちゃごちゃやってたとき
清掃員のおばちゃんがトイレットペーパーを取りに来ます。
ちょうど天井裏にはマイケルたちが隠れていたのですが
またマイケルの鼻血が出てきて、おばちゃんの肩にポタリ。
おばちゃんは気づかなかったようですが
リンカーンは心配してさらに診てもらえと意見します。
マイケルは嫌がってますが。

金庫破りをする前にスクレとべリックは
ゲイト社へティーバッグを探しに行きました。
受付のお姉ちゃんがなんとかごまかしてくれたけど
ティーバッグはヒヤヒヤ。
すると今度は武器を持った怖そうな男が
スキュラを早く渡せと脅しに来ます。
鳥の本にもスキュラのことは書いてあったけど
まだティーバッグの手元にはないし
どうやって対処するのでしょう。

組織にとらわれていたグレッチェンはなんとか逃げ出します。
そして組織のボスの閣下の存在がだんだん明らかになってきました。
でもセルフが画像チェックしていたことが閣下にばれてしまいます。
セルフに迫る危険。
冗談じゃなくて囚人チームの仲間入りかも!

Everwood S4-#9 「自分を見つめて」

エフラムもブライトもよくやった!!

エイミーと友達宣言をしたエフラムは
エイミーの試験勉強に付き合ってあげることにします。
図書館で勉強しているとエイミーは近くにいた男の子のことを気にし始め
どう思うかエフラムに聞いてきます。
エフラムへの相談の内容はまるで女友達レベル。
その子とキスしたらどうだろうなんて言い始めるもんだから
さすがにエフラムもめげてブライトにアドバイスを求めます。
ブライトは男になれと喝を入れます。

エフラムのところにエイミーが勉強しに来ます。
エフラムに手伝ってもらいながら相変わらずエイミーはマイペース。
疲れたと横になったエイミーを引き起こしたエフラムは
エイミーの顔が近付いた時そのままキスしてしまいます。
あとはなるようになり…

エイミーは急いで家に帰らなければと言い出し
この先どうするかは今考えないことにしました。
するとエイミーは
エフラムのベッドに下に置いてあった箱いに気づきます。
中にはヨーロッパ放浪グッズが多数入っていました。
絵葉書の束をエイミーが見つけると
それはエイミー宛に書いたけど出せなかった手紙だと
エフラムは説明します。
一人飛び出してきたけどやはり心細く
そんなときエイミーにあてて手紙を書くことが
エフラムの支えになっていました。
エイミーが読みたいと言ったのでエフラムははがきを渡します。
そして一足先にクリスマスプレゼントを渡したエフラムは
「まだ愛してる。」と伝えます。

カフェで勉強中のハンナとブライト。
ブライトがナイスバディなウェイトレスに見とれていたのを
ハンナは見逃しませんでした。
そのあとパーティーに行こうとブライトが誘うと
女の子の名前が出てきたのでハンナは拒否。
すかさずハンナの方が素敵だとブライトは弁解するけど
ハンナは容姿のことを語ってもらいたくありません。
自分の容姿に自信がないのは百も承知でした。
ハンナは体育の授業の後どうしても着替えが遅くなってしまいます。
更衣室でみんなと一緒に着替えるのが恥ずかしくて
みんなが着替え終わったあとこっそり着替えていたからなのでした。
ブライトはある作戦を立てます。

ハンナが迎えに来た時
ブライトはハンナをバスルームに閉じ込めてしまいます。
そしてドア越しに
ハンナの鏡に映った本物の姿を見てごらんと語りかけます。
ブライトの優しい言葉がけに、
ハンナもだんだん自分に自信がもてるようになります。
そして服を脱いだハンナはドアを開けて
ブライトと一緒にシャワーを浴びたいと伝えます。

エフラムはようやく自分の思いをエイミーに伝えたけど
あれだけいろいろあった後で関係を修復できるかは微妙ですね。
エイミーはエフラムの思いをくみ取ってくれるだろうけど
先のことを考えるとまた不安になるかもしれません。
でも二人のキスはすごく自然で素敵でした。
一番安心して観ていられる二人だから下手に傷ついてほしくないし。
複雑です。

そしてますますいい男になるブライト。
彼にこんなセンスがあったなんてビックリしました。
ハンナから学ぶ部分も大きいんだと思うけど
すっかりハンナを安心させ、自信を持たせてあげてました。
それにしてもハンナの考え方はいつもユニーク。
自分のよさも問題点もきちんとわかっていて
問題点をよさでカバーしようとする前向きな姿勢が
いいなぁと思います。

ジェイクはやっぱり鎮痛剤に手を出してしまい
慌ててブライアンに電話します。
ブライアンはミーティングに行けと命じ
心配になってエバーウッドまでやってきます。
ところがジェイクは二ーナに何も話さないので
バスルームで薬瓶をあさっていたブライアンが
二ーナにはとても不審な行動をとっているように感じられました。
二ーナがジェイクに文句を言うと
ジェイクは適当にごまかします。
ブライアンが帰り、ジェイクはようやく真実を話します。
ジェイクはLAでは薬の依存症患者状態で
LAを離れて治療するように言われていました。
そして施設で治療を終えた後心機一転
エバーウッドに来たのでした。
ジェイクが真実を告げると、
二ーナは怒って家を飛び出してしまいます。
行った先はアンドリューの家でした。

アンドリューはデリアの勧めで出会い系サイトを覗きますが
デリアのPCを使ったため彼女のメールを見てしまいます。
するとデリアは何人かの友達といじめにかかわっていることがわかります。
デリアもまた難しい年頃になってきたのでした。

Kommissar Rex S2-#10 「死の香り」

結婚詐欺師のイケメンが次々に女性を食い物にしたというお話。

女性がすぐにその気になってしまうってことは
相当のイケメンのはずですが
うーん、どうでしょう。まあそれなりに整っていたかな?
体はよく鍛えられた感じでしたが
でもやはりルックスは金髪王子のコニーの勝ち?
こういうエピのときは是非とも非の打ちどころのないイケメンを
出演させてもらいたいものです。

最初の被害者はイケメンに
バスルームで後ろから首を絞められて死亡。
二番目の被害者はイケメンに捨てられたのを悔やんで自殺未遂。
何故二人がイケメンにかかわっているかわかったのは
二人が同じ指輪をはめていたからでした。
しかし自殺未遂の女性の指輪をでっかく公表しますかね?

二番目の彼女は真実を知りたがらず
いつも体を張ってる女刑事さん(笑)が
精神を病む患者に扮して彼女の隣に入院し
様子をうかがっていました。
すると新たな女性が登場。
彼女は最初にイケメンを手なずけたのですが
見事に捨てられちゃったようです。
問題の指輪も元をたどれば彼女のものでした。
最初の彼女が情報を与えてくれたおかげで
イケメンの詳細が明らかになります。

しかしこのイケメン、
また別の女性と結婚しようとしてたんですね。
とんでもない奴です。
っていうか騙され続ける女性たちにそれでいいのか?と
問いかけたい気もしましたが。
レックスががんがん追いかける中
エレベーターに乗って下へ逃げるイケメン。
しかし古い建物のエレベーターは
最下階に降りたら自動的に上に上がるという不思議な仕掛けがありました。
イケメン無事に逮捕です。

イケメンが容疑者だと断定するために役立ったのが
彼が愛用していたムスクの香り。
人によっては性的興奮を引き起こすようですが
気の毒なことにモーザーは何も感じませんでした。
でもレックスは敏感に反応。
臭いをかぐと顔を拭き拭きしてしまいます。
だからイケメンの足取りや持ち物もすぐにわかり
疑い深い判事を納得させていました。

セクシーなイケメンの事件の前触れで
またもやモーザーが無駄脱ぎを披露。
でもレックスは女獣医さんに素直になぜられてました。
さすがにレックスも諦めがついたのでしょう。
電話番はばっちり行ってたけど。

Mental S1-#8 「House of Mirrors」

今週のCold Case 「ドレス」と是非セットで観てもらいたいエピ。
へザーもサム同様辛い思いをするのですが
へザーは現在を生きていてよかったと痛感させられたエンディングでした。

高校生のへザーはBFのマットに家に送ってもらったとき
車の中でキスより先のステップに進みたいとせがまれますが
拒否して家に駆け込んでしまいます。
そして鏡に映った自分の顔がとても醜いものに感じられたへザーは
とっさにアルコールを浴びてマッチを擦り、自分に火をつけます。
心配して入ってきたマットがすぐに助けてくれたので
腕の火傷だけで済みましたが
自殺未遂を起こしたということで
へザーは72時間病院に拘束されることになります。

へザーの父は母親の自殺後、へザーを一人で育て
彼女を有能な陸上選手に育てるためトレーニングを重ねてきました。
へザーも素直に従い、特に問題を抱えてはいなかったようですが
選手としての体を作るため各種薬の服用やダイエットで
彼女はまだ生理がないし、バージンだったのでした。
そしてへザーの薬を調べていたら、
胸を大きくするための女性ホルモンが見つかります。
へザーには大きな秘密がありそう。
父はやがて彼女の秘密を語り始めます。

へザーは生まれた時は男の子でした。
でも割礼の失敗で性器を切り取らねばならず
だったら女性として育てようとDrポールに勧められ
両親は従うことにします。
だが母親はそのことが耐えられずに自殺。
へザーは自分が女の子だと信じて女性ホルモンを飲み続けていたのですが
だんだん自分の中に違う自分がいることに気付き始めました。
そして鏡に映った姿がとても醜いものに思えてしまったのです。
一方ポールはへザーの症例から
環境によって性が左右される旨を論文で発表。
病院にいるへザーを自分が主治医だからと引き取ろうとしてきます。
ここでジャックがストップをかけ
へザーが自分らしく生きていけるように手助けしたのでした。

まずカミングアウトしているクロエが
そのときの心境を話してくれました。
自分に正直になる時は辛いかもしれないけど
きっとあとで楽になれます。
ジャックはお父さんに頼みこんで
へザーの持ち物を病院へ持ってきてもらいます。
そして庭に火を焚いて
自分にはふさわしくないと思うものを燃やして人生をリセット。
新たな気持ちでスタートできるための儀式を行います。
次にへザーは勇気を出してマットに告白。
さすがにマットは引いて逃げ出してしまいました。
まあ当然の反応でしょう。
簡単には理解できないよね。
そしてへザーは髪を切って気分一新。
すぐに男の子に戻るのは難しいかもしれないけど
無理して女の子でいることはないのだから
ゆっくり自分らしさを取り戻していければいいのかなと思います。

自殺未遂を起こすくらい悩んでいたへザーは気の毒でした。
もやもやの原因も分からず。
でも精神科医たちの正しいアドバイスをもらったことで
これからは安心して生きていけると思います。
多少の偏見や差別とは戦わなければならないかもしれないけど
きっと大丈夫。へザーはしっかりしてるし
お父さんもジャックたちもついています。
これでマットが今度は親友としてへザーを受け入れられればいいけど
それはちょっと難しいかな。
ってことはダムはサムにとって本当に心の広いいい友達だったんだなと
また悲しくなってしまいました。
ともあれ今回は明るい未来が開けてきたのでよかったです。

Murdock Mysteries S1-#1 「Power」

LaLaでスタートしたカナダドラマ。
シャーロックホームズのカナダ版と宣伝されてましたが
実はドラマのホームズを全然観たことがないんですよね(汗)
原作はせっせと読んでいましたが。
だから自分の持っているホームズとワトソンのイメージが壊れるのが嫌で
ドラマを観る気になれなかったんだと思います。
でもカナダドラマファンとしてはカナダ版ホームズをチェックしなくては。
きっと雰囲気も違うだろうしと思ってチャレンジすることにしました。

1890年代、トロント警察の刑事ウィリアム・マードックは
法医学や科学の知識を生かし、部下たちと協力し合って
難事件を解決していきます。
マードックを演じているのはF.B.Eyeのジャック役のYannick Bissonですが
シルクハットで自転車移動する姿はなかなか優雅で
一世紀以上前の時代を感じさせられます。
そしてマードックの調査や聞き込み、そして推理する様子を観ていると
彼の姿がゴーレンと重なってきました。
マードックは科学の知識も明るいし、
証拠をもとに論理立てて容疑者を探っていくことができます。
ゴーレンのねちねちな部分は、これから徐々に発揮されるのでしょうか。

トロントでは今まで直流電流を送電してきたのに
今度は別のところから交流電流が送電されることになり
交流電流は危険だともともとの電力会社が
その実態を明らかにする実験を街頭で見せることにします。
犠牲者は犬のはずでしたが
(野良犬らしいんですけど、とても賢そうな飼い犬に見えました…笑)
実際にスイッチを入れたら、スイッチを握っていた女性が
感電死してしまいます。
スイッチを調べると絶縁体が挟まっていました。
誰かが仕組んだ殺人事件だと思われます。

この交流電流を発明したニコラ・テスラは実在の人物ですが
今回はRe;Genesisのボブがテスラを演じてました。
いかにも発明家っていうキャラはボブにぴったり。
堂々と語る姿になんだかほっとさせられました。
ファイナルシーズンのボブは悲惨でしたから…
事件の流れも二転三転して興味深かったですが
テスラとマードックが協力して開発した録音機は
刑事にとってはとてもありがたい発明品でした。
これで容疑者の自白をこっそり取ることができるんですから。
でも元祖ワイヤーは巨大な箱。
この荷物は一体何?って感じで別段怪しまれず役割を果たしていました。

この先も歴史上著名人が登場するのでしょうか。
#4にはコナン・ドイルが出てくるようで楽しみですが
ドラマを観ながら当時の様子を学べるのは面白いかも。
そしてカナダドラマならではのイケメン探しにも
密かに注目しています。

Cold Case S5-#9 「ドレス」

観終えてやるせなさの残ることの多いCold Caseですが
今回は辛かった…
サムは時代に殺されたんだと思います。

1963年、本名はサマンサのサムは
自分が男性であることが自然だと思い
男性の恰好をして男らしくふるまったため
周囲からはいじめられ反抗を繰り返したため
何度も高校を転校させられます。
グレースフェリー校でも男子からも女子からもいじめに遭ってましたが
はみ出し者のドムだけはサムのことを理解してくれました。

今ならサムは性同一性障害として認められ
性転換することも可能だし
男らしく生きることを否定されません、
でも当時は女は女の恰好をしていなければダメ。
男らしくふるまうとQueer扱いされてしまいます。
だけどダムはサムの良さをわかっていました。
カーレースで協力し合ってライバルを倒し
お気に入りの公園の湖畔でお互いを深く知り
でも勢いでサムがドムにキスしちゃったので
ドムは引いてしまいます。
ドムはサムを男として受け入れていたから
ゲイと思われるのではとショックだったのでしょう。
だからようやく二人が心を開きあったのに
ドムはサムから離れて行ってしまいます。
そしてサムがいじめられるのを遠くで見ているだけでした。

またサムは退学させられることになり
手を焼いた父親は、サムを性同一性障害者を矯正する施設に送ってしまいました。
そこは投薬や電気ショックで、彼女たちを女性らしくさせようとします。
でもそこでもサムは自分らしさを主張し、治療を拒み続けます。
結局電気ショックで彼女は廃人同様にされ
見かねた看護師がドムにサムを脱走させるようにアドバイス。
ドムがサムの部屋に忍び込むと
サムは真っ赤なドレスを着たまま廃人状態化していました。
「自由になりたい。」とつぶやくサム。
サムが自分らしく自由になるには、すでに死しかありませんでした。
ドムはサムを窒息死させ、彼女を湖畔へ運びます。

ドムにもう少し勇気があったら
いじめられているサムをかばっていたら
サムは死なずにすんだのかな?
でもドムもあれが精いっぱいだったのかも。
ドムが男とか女とかの生を超えてサムをいとおしく思えたことが
せめてもの救いだったのかなとも思いました。
誰も理解者がいなかったらサムはもっとつらかったもん。
そしてサムを思いながらステンドグラスを作り続けたドム。
サムはきっとドムを許してくれたでしょう。
これからドムは罪に問われますが
陪審員は是非情状酌量の余地を!と願いたいです。

そしてスティルマンがヴァレンズの代わりに停職処分に。
ヴァレンズの経歴に傷がつかないように、自分はもう先も短いから
ゆっくり釣りでもして過ごすそうです。
なんと潔い部下思いの上司でしょうか。
ヴァレンズはスティルマンの心遣いをくみ取って
いい仕事をしてもらいたいです。

The Closer S4-#14 「クレアの千里眼」

奉仕活動中の男が高速道路の脇の草むらの掃除をしていて携帯を拾い
メールを読んだら殺人事件が起きてると思って特捜班のところに持ってきます。
どうやら妻と不倫中の男が夫を殺したようですが詳細は分からず。
謎だらけのまま事件の解明に当たることになります。

ブレンダのところにフリッツの妹のクレアが訪ねてきます。
彼女は自称霊能者だそうで
事件現場のビジョンを見ることができる
まるでアリソンのような存在らしいんですが…
それがうるさくてたまらない!
アリソンのように夢に見てビックリするんじゃなくて
瞑想しながらビジョンを見ていくんですけど
そのビジョンを語る時が大騒ぎ。
こんなにやかましい霊能者を初めてみました。
しかも普通の状態でもやたらとテンション高いんだよね。
ブレンダの両院もかなりぶっ飛んでますが
フリッツの妹も相当です。
どうしてこんなに不思議な人たちを家族に持ってしまったんでしょう…

なかなか証拠が見つからないし
ブレンダにとっては大事な義理の妹なので邪険にするわけにもいかず
クレアは事件現場へ同行させてもらいます。
そして現場は彼女が語ったビジョン通りで
プロベンザはクレアを預言者扱いしてました。
しかしビジョンで見た犯人の顔を似顔絵師に話して描かせたら
そのまんまポープだったのには大爆笑。
ポープは慌てて自分のアリバイを証明してましたが
確かに元シリンガーですから人相悪くても当然だよね(笑)

やがてぼちぼち証拠が出てきて、今度は妻の遺体を発見。
しかし彼女の愛人には彼女は自殺未遂だったってことにして
愛人をじわじわとブレンダが追求。
愛人はうまく引っ掛かり自白させられてしまいました。
ついでクレアがブレンダの過去や性格を見抜いていたようですが
フリンの入れ知恵があったみたい。
超ハイテンションな妹ですが、ブレンダはなんとか仲良くやっていけそうです。
無理矢理っぽい感じもするけど。

次週はシーズンファイナル。
ブレンダの結婚式ですが、またその前にひと悶着ありそうです。

GSG-9 S1-#2 「悪魔の種」

GSG‐9のスパドラ放映を記念して
コニー写真館を復活させていただきます。
S1の初めのころは全然画像を保存してなかったので
相変わらずコニーしかいないのであしからず。
WOWOWでの視聴時の感想はこちらです。

gsg-2-1.jpg

確保した男が細菌に感染したとわかって実は不安げなコニー。
でもフランクの手前強がってます。

gsg-2-2.jpg 

gsg-2-3.jpg

gsg-2-4.jpg 

gsg-2-5.jpg

検査の結果はネガティブ。
結果を告げられるときドキドキしてたけど
ほっと安堵、そして気が抜けました。
表情の変化が素敵です。

gsg-2-6.jpg

gsg-2-7.jpg

gsg-2-10.jpg


先に出ることをフランクに報告。
本当は嬉しくてたまらないけど?シビアにご挨拶。
欲しいものを持ってきてやると優しげです。
だからフランクはビデオレターなんて考えちゃうんだね。

gsg-2-8.jpg

gsg-2-9.jpg

戻ってきたコニーは戦力復帰。
捕虜を尋問する際にフランス語で話しかける姿はさすが王子。
気品を感じさせます。
そして女性に水を飲ませてやれなんて言っちゃうもんだから
フェミニスト扱いされるんですね。怒ってたけど。

そして今週のツボは
コニーとフランクの安否を気遣い
ロッカールームで十字を切ってしまうカスパーでしょうか。
すぐにデミアに突っ込まれてたけど
控えめなカスパーの貴重な?自己アピールシーンでした。

Prison Break S4-#4 「ワシと天使」

スキュラ探し続行中。

2枚目のスキュラを持っているのはトルコ領事だとわかり
マイケルたちは早速領事に近づきますが
実はスキュラを持っているのは領事妻でした。
しかも奥さんは一時的に滞在しているようで、近づくのは困難です。
彼女のスケジュールを調べたら、彼女は「ワシと天使」の会の主催者でした。
それは殉職警官をたたえる式典だったんですね。
ってことは参加者はマイケルたちが最も苦手な警察官たち。
またマイケルは困ってしまいました。

しかもトルコ領事を追ってる間
マイケルたちが見張っていたらそこに現れたのは
なんとファイファーに扮したティーバッグ。
こんなに簡単に再会できちゃいますか?
また広いアメリカの狭すぎる偶然にビックリです。
早速元囚人たちの追いかけっこ開始。
ティーバッグを捕まえたリンカーンはすぐに怖い人に変身。
でも周りを本物の警官が巡回していたので
鳥の本もゲットできす
ティーバッグを逃がすしかありませんでした。

結局マイケルが選んだ方法は自分たちが警官になって潜入すること。
当然制服やバッジは盗ませていただきます。
ミッションのためのプチ犯罪は大目に見るのがPBのルール
(これでいいわけないのに!)
警察関係に明るいマホーンがいて助かりました。
兄弟だけではここまで知恵が回らないでしょう。
でもやっぱり彼らはお尋ね者。
潜入しても怪しさがぷんぷんしてて
すぐに目をつけられそうです。
早速領事のボディーガードが、リンカーンを察知し追いかけてきました。
見つかれば逃げるしかないリンカーン。
そしてつかまると開き直って怖い人になり
さっさとボディーガードを殺してしまいます。
リンカーンって囚人のお手本ですね。
気が付いたら殺しちゃった!
OZな人たちのお得意パターンです。

さて困った!
でもそこでマイケルの知恵が働き
外で事件が起きたってことでマホーンが処理する間
マイケルが奥さんを保護し、その間にデータをいただくことにします。
ついでにその最中マイケルは鼻血を出してました。
体調不良は続いてるようです。
リンカーンはべリックたちのお迎えで姿を消すことに成功。
このミッションで役立たず状態のべリックはつまらなそうでしたが
リンカーンに感謝されてちょっと期限がよくなったようです。

こうして2枚目のスキュラのデータは入手したけど
問題山積み。
ブルースが殺されたことを知ったサラは
マイケルが一緒にいてくれると言ってくれても
それもいつになるか分からず不安が募ります。
それで単独でバーに。
マイケルたちは命がけでスキュラを追ってるのに
酒飲んでていいんでしょうか?
案の定辛い思いをバーテンのおばちゃんに打ち明けてしまうし
しかもブルース名義のクレジットカードを客に盗まれてしまいました。
サラは立派なお荷物になっています。
カードの使用が判明して殺し屋は大喜び
早速サラを探しに来ました。
おばちゃんが居場所を言わなかったのは幸いでしたが
もう殺し屋はサラの後ろ姿を確認しています。
そして偉そうなティーバッグは
鳥の本を片手にお仕事のふりをしてますが
背後ではどんどん怖いことが進行しているようで
ティーバッグはどのように巻き込まれていくのでしょう。
もちろんマイケルたちも鳥の本は欲しいし。
さらにスキュラ解読器の存在を知っていたセルフの知り合いが殺され
スキュラを読めるかどうかも謎のまま。
お疲れ様です。

Everwood S4-#8 「ここでさよなら」

とても素敵なエピ。
あまりに切なくて涙…でもハッピーエンドでよかった。
ジェイクはそうもいかなかったけど。

ハンナがミネソタに帰ることになり
エイミーはサプライズパーティーを計画しています。
その日は大学でもパーティーがあるんだけど
エイミーはそっちは無視することにしました。
キャンパスで久々にリードに声をかけられ
エイミーは二人の付き合い方について質問します。
リードは勉強が忙しくて両立できないとエイミーを遠ざける様子。
エフラムに言われたことを守るつもりなのでしょう。

ハンナとブライトが食事に行ってしまい
残されたエイミーとエフラム。
エイミーは自分がいかにハンナに頼っていたか
大切な友達を失うショックに耐えきれずにいます。
エフラムはエイミーの話を静かに聞き、肩を貸してあげます。

そのあとエフラムはハンナに
ミネソタに行かないでほしいと頼みに来ます。
親友を失いあんなに打ちひしがれているエイミーを見るのは初めて
そう説明するエフラムにハンナは
「まだエイミーのことを愛してるのね。」と切り込んできます。
エフラムはその部分には答えず
ハンナはエフラムの意図を理解します。

ハンナはお世話になった人たちのプレゼントを買うのに
エイミーにつきあってもらいます。
ハンナはエイミーに感謝しながら、サプライズパーティーはやらないで
そして大学のパーティーに行ってきたらとアドバイスします。
高校生までは身の回りの人は全部知り合いだったのに
大学に行った途端見知らぬ人たちの中に放り出されたエイミーは
すっかり戸惑っていたのでした。
でも新たな出会いを作るチャンスです。

エイミーはパーティに行くのにエフラムに付き合ってもらいます。
一人で行くのは不安だから、エフラムは保護者的存在?
エフラムは喜んでついていってくれます。

ブライトはハンナと別れてしまったら
また自分がダメダメ人間になると不安を感じてました。
でもローズに遠距離恋愛は可能だと言われ気を取り直し
最後の夜にハンナに特別の思い出を作ってあげることにします。
それは高校の体育館を借りきって、半年早いけど
二人だけのプロムを開くことでした。
ハンナにティアラをつけてあげて
ハンナのための特別のホールでダンスのお相手をするブライト。
最高のダンスが踊れました。
そしてハンナを家に送ってきたとき
ハンナは突如「ここでお別れ。」と言い出します。
明日空港に送ってくれなくてもいいし
もう付き合うのはやめましょう。
その理由は今夜最高の思い出を作れたから。
この後離れてしまったらやはり二人の関係は薄れていってしまう。
最高の思い出を大切にしたいから、あえてハンナは別れを告げたのでした。
ブライトは返す言葉もなく
家に入ったハンナは一人大泣きしていました。
ハンナが悲しむ様子を見かねたお母さんは
ミネソタに返るのは半年後、高校を卒業してからにしようと言ってくれます。
ハンナは喜んでブライトに電話しました。

ジェイクは友人のクリフと山を自転車で降りるゲームにチャレンジ。
コースの状態がよくなかったのに、
ジェイクはせっかく休みが取れたからと無茶してトライすることにしたら
先に降りたクリフが転倒、
おそらく脊髄損傷で下半身不随になるでしょう。
罪悪感からジェイクは病院に置いてあった鎮痛剤に手を出しそう…
先行きが心配です。
一方ジェイクに触発されたアンドリューとアボットは
オヤジなりに危険なゲームにチャレンジしようと計画。
スカイダイビングをする予定でしたが
クリフの怪我で即見直すことになり
ホームセンターのレジに置いてあったガムをアボットが万引き
アボットなりにプチ冒険してしまいました。
でもあとでアンドリューはアボットに知られないように
代金を払ってたけど。


親友を失うことで嘆くエイミーを励ますエフラム。
エフラムこそが最高の親友になれるのにと思ったんだけど
お互いそう割り切れないのでしょう。
エフラムはまだエイミーに未練たっぷりだし
だからエイミーのことを親身になって心配してあげているのが
見ていて切ないです。
本当はエイミーを抱きしめたくてたまらないのに
あえてそれをせず傍らにいるだけで我慢してる。
他のドラマでは考えられない紳士ぶりです。
もtっとも今までいろいろありすぎたし
エフラムはエイミーをよくわかっているからこそ
脇で支えるのに徹することができるのでしょう。
一方エイミーにとってエフラムは空気のような存在?
愛していた時限を超えてしまって
傍にいるのが当たり前になっちゃってるかな。
二人が自然に接することができるようになったのはよかったけど
エフラムの気持ちを思うとなんだか見ていて辛いです。

そしてハンナの大胆な結論。
あまりにも幸せだからこそ、この幸せを封印しようと
いかにもハンナらしい考えでした。
お母さんにわかってもらえてよかった。
そしてブライトはハンナと出会って本当に変わりました。
例えハンナと別れても、本当に得るものが大きかったです。
二人は心から愛し合っていることを確認して
結局別れずに済んで最高にハッピーですが
このあとはどうなるのかな?

クリフ役にJack&Jillのマイキーが出てました。
久々に姿を見たと思ったら、すぐに寝たきりに…
この先ジェイクが壊れていく過程を観るのは辛いな。

Mental S1-#7 「君に首ったけ」

Mental、かなりハマって観ています。
精神疾患は治療すればどんどん健康を取り戻していく病気ではないので
治療に携わる人たちも大変だなあと思ったり
ジャックの突拍子もないように思われる行動が
治療の一環であることを知って驚いたり
とにかく学ぶところの多いドラマです。
そしてジャックに癒されてます。
彼がウィスラーだったことはもう忘れました(苦笑)

今回の強迫性障害を持つ患者クレイグは
すっかり老けこんじゃったFirst Waveのエディだったのでビックリしましたが
突如脳の手術を希望して病院に戻ってきます。
ベロニカはカウンセリングで治療効果があったとして手術には反対
でも奥さんのミミの強い希望で、クレイグも従う気でいます。
そして脳外科の女性ドクターも準備万端整えていました。

ベロニカはなんとか手術を辞めさせたいと思っています。
そして病院へ来たミミが、以前と変わってしまったことに気づきました。
挑発的なファッションは一体どうしたんでしょう。
実はクレイグもミミに迫られるけど相手ができないので
やむなく手術を決心したようです。
ジャックはミミの様子が気になります。
ジャックはアルトゥーロに「ミミに水をあげて。」と言って
二人を別室に出します。
そこでミミは予想どおり豹変。
アルトゥーロはあっという間に襲われてしまいました。
ジャックは彼が我慢できないだろうと読んでいたわけだけど。
さらにミミは病院のスタッフ次々にモーションを掛けてきます。
ジャックもシャツを脱がされそうになったけどそれを抑え
ミミの脳に腫瘍ができていて障害を引き起こしていることを伝えます。
性欲を抑えられない病気だったんですね。
脳外科医ドクターは信じられませんでしたが
自分のスタッフも餌食になりかけ、ようやく現実が見えてきます。
そしてクレイグではなくミミを手術することになりました。

ミュージシャンの彼氏に内緒で
職場恋愛にのめっているベロニカ。
でも彼氏にはバレてました。
彼女の浮かれた態度が怪しいって。
Mistressesな人たちはなかなか浮気がバレないけど
それは熟練したから?
ベロニカは彼女たちにコツを教わった方がいいかもしれません(笑)
そしてジャックは脳外科医さんといい関係になりそう。
カールに弱みを握られたら即刻クビと言われかねないのに
大丈夫かな?
それよりゴルフばかりしているカールの方が
それでいいのか気になるけど。

Dameges S2-#1 「破滅させたい女」

DamegesのS2がNHK-BSでの集中放送としてスタート。
9月中の4週間で一気に13話観られるのは
とても濃い時間を過ごせて嬉しいのですが
週3話、もしくは4話の消化はかなり大変。
どこまで溜めこまずに頑張れるのか不安なのが、今回の集中放送です。

とにかく気合を入れて1話目スタート。
いきなりエレンが誰かにリベンジ。
銃口を向けています。
ついにパティへ復讐を遂げるのか、それとも・・・
と気になっている間に話は半年前に。
エレンはパティの事務所で有能な部下として働いています。
でもエレンはFBI捜査官と陰で連絡を取り合い
パティ破滅に向けて足場を固めていたのでした。
たくましくなったエレンはなかなかのしたたか者に成長しているようです。
一方パティはまだフィスクの最期の姿が目に焼き付いていて
立ち直れてないみたい。
そして息の根を止められたと思っていたプロビシャーは助かり
病院に運ばれましたが重症です。

今回は新しくトラブルに巻き込まれる人物としてダニエルが登場。
パティの古くからの知り合いのようですが
家族の命を狙われていると突如パティのところに書類を送りつけてきます。
演じているのはWilliam Hurt。
大物俳優さんのドラマレギュラー出演にビックリさせられました。
ついでにダニエルの奥さん役はPaige Turcoで
彼女も好きな女優さんなんですけど、あっという間に殺されてしまいました…
きっとこれから過去にさかのぼって出てきてくれると思いますが。
そしてどうやらダニエルをつけ狙っているのが
TWWでは共和党副大統領候補で品よく働いてるBrett Cullen。
このところBrettの姿を茶っぷり拝めるのでとても幸せなんですが
今回はかなり曲者っぽいですね。
ダニエルに何をしでかすのやら。
悪役Brettも素敵なので全く問題ありませんが。
それからFBI捜査官の片割れがMario Van Peeblesだったのも素敵です。

これだけ豪華オヤジキャストがそろうとため息もの。
そして先の読めない展開にわくわくさせられます。
第1話jは1時間枠で長かったんですが、あっという間に観てしまいました。
このまま13話一気に突き進みたい気もするのですが
そうすると確実に他のドラマが溜まりますね。
微妙…

ダメージの嬉しいダメージに困っています♪