INDEX    RSS    ADMIN

Life S2-#14 「偽りの顔」

ライブハウスでロックバンドのボーカリストが顔をラップで覆われて窒息死していた…という話。

ネタが面白すぎて笑えました。
だってこのバンドはコピーバンドで、バンドメンバーもそれぞれ別の職業を持っています。
オリジナルバンドはその昔カリスマ的存在だったらしいですが
それがどう見たってKISSのコピーバンドでしょ!っていうメイク&コスチューム姿でして
お金が足りなかったからここまでしかできなかったのかなって感じ(笑)
すでにオリジナルがコピーバンド化してるんだから
そのコピーって「孫」状態ですか?
それが大人気というのがなんだか不思議でした。
しかもサウンドを全く聞かせてくれないんだもん。
比べようがないでしょ…となんだかがっかりです。

オリジナルバンドはボーカリストが謎の死を遂げたそうで
死因がいろいろ取り沙汰されています。
いかにもロックスターらしい死に方です。
そしてコピーバンドの方は初代ボーカリストが
突如バンドを離れることになりました。
原因はライブ中にオリジナル曲を歌ったから。
ボーカリストとしては、オリジナルボーカリストにインスパイアされて
書いた曲なので許されると思ったからだそうですが
ファンはカバーバンドとしての彼らを期待してるので
そんなことは許されなかったんでしょうね。
で初代が抜けて二代目が入って
その2代目が殺されてしまったのです。
しかも顔を覆ったラップが現場に残されていました。

ところでこのコピーバンド。
一人は歯医者さんでそれなりにリッチ。
オリジナルに習って女の子との関係を持つ記録を更新中です。
でもあとの二人は普通のおじさん。
メイク&カツラがなかったら、ファンがついてくるわけないでしょう。
ここにボーカリストを含めて、どうしてこのメンバーでコピーバンドを始めたのか
どう考えても趣味の部類から抜け出せない気がするんですけど。

まず容疑者に挙げられるのが初代ボーカリスト。
それから熱烈なファン。
クルーズがそっくりさん出張サービスにコンタクトを取ったら
ボーカリストのコピーが次々に現れましたが
これがまた全然似てないんだな。
でもあのメイク&ファッションにあこがれるんでしょうね。
しかも女の子まで…
その子はライブハウスで働いているので
事件解決の鍵を握っていました。

真犯人は意外なところにいました。
ライブハウスの周りをうろついているホームレス。
ボーカリストの死を悼んで供えられた物を
こっそり頂いていたのをクルーズらに見つかったんですが
ファンが撮ったライブ写真を集めてチェックしたところ
なぜか会場にそのホームレスがいたんです。
しかも殺害現場だけではなく、アメリカ各地のライブハウスに出没してたのでした。
コピーバンドが全国遠征してたっていうのもビックリですが
ホームレスが追っかけできるというのはますます不思議。

ここで謎が解けました。
実はホームレスこそオリジナルのボーカリストだったんです。
一体どこでどう道を誤ったのか。
正しいロックスターだったら酒とドラッグと(女もあるか?)でぼろぼろになり
いつの間にか姿を消していくというのはありがちな話です。
そしていつしかぶくぶくに太って全盛期の面影は微塵もなく…
これで復活するのは到底無理。
死んだことにして伝説化しておくのが得策なのは確かです。
でも一人で伝説は作れないから、誰かが裏工作してるのかな。
そしてホームレス姿は誰にもばれずにコピーバンドに近付くにはナイスな方法です。
でも自分のキャラクターは封印したんだから
そこでコピーバンドを退治しなくてもいいでしょう。
それより真っ向勝負してもらいたかったです。
姿かたちが変わっても、誠意をこめてかつてのヒット曲を歌ったら
ファンはきっと付いてきてくれるはず!

かつてのアイドルたちがすっかりオヤジ&爺さん化姿になってしまったのを多々見ているだけに
引き際って大事なのかもとしみじみしてしまいました。
伝説のままでいるのも大変なことです。
スポンサーサイト

Without a Trace S5-#4 「あなたのために」

交通事故を起こして死傷者を出し、保護センターに収容されていた14歳のマリアが失踪。

一体誰が悪いんだ?
腹が立つことばかりでした。
マリアは姉のクレアと一緒に里親をたらい回しにされています。
温かい家庭があれば、こんな思いはしないで済んだのかもしれません。
それでもクレアは大学進学を目指し、マリアの学業を頑張っていました。

パーティーのあった晩、クレアとBFのチャーリー、その友人のジェイク
そしてマリアはドラッグの売人のダグから錠剤をもらってぶっ飛びます。
みんな相当酔っていたけれど、クレアの運転で帰ることにしました。
しかクレアが車をぶつけてジェイクが死亡、チャーリーも重症を負います。
そのとき自分は未成年だから刑務所に行かずに更正施設で済むと
姉の罪をかぶることを決意したのがマリアでした。
こうしてマリアはセンターで更生しています。

優秀なマリアは他の女子たちからは煙たがられていたようですが
外に出ることや金が必要になってきました。
その理由はダグが車椅子生活になってクレアを頼りにし
結局二人でドラッグから足を洗えなくなったクレアのためでした。

しかしこの保護センターの警備等が相当ひどい。
アラームが鳴らずに外に出られる扉があったり
なんと警備員が中の女子たちを使って売春を斡旋していたりしたのでした。
OZも相当腐ってましたが、ここまでひどくはないでしょう。
でも女の子たちには金やドラッグが必要。
ギャングの一味の女の子だっていますからね。
そして妊娠しちゃって自分で薬を飲んで中絶しようとするなど
悲惨な事態が起きているのでした。

一時帰宅の権利があったのに里親に許してもらえなかったマリアは
警備員に頼んで外へ出してもらいます。
そしてディーラーのダグに借金を返そうとしますが
持ってきたドラッグでは納得してもらえず 、銃で脅すことになります。
発砲を聞いて警備員は姿を消してしまいました。
あまりにもいい加減な奴だ。
マリアは息子が死んだ時近くにいてくれたから
面会に来たジェイクの父が困った時助けてくれると言っていたので
彼に頼んで駅へ送ってもらいます。
父は理由は聞かない約束をしていたので
脱走者を素直に送り届けてしまったのでした。
マリアの行った先はクレアとダグのアパート。
二人はドラッグでぐったり状態でした。
マリアがクレアを救いだそうとした時
クレアに捨てられたら自分では何もできないと恐れたダグは
マリアにドラッグを打ってぐったりさせると
車椅子で地下倉庫に運んで放置します。
クレアは無事保護できました。

保護センターもひどいし、関わりあった人達も無関心過ぎだし
なにより妹が犠牲になってくれたのに、その妹を見捨てる結果になってしまった姉。
ようやく目覚めて自分が罪を償う決意をしました。
それにしても14歳でこんなに辛い思いをしなければならないなんて
世の中は残酷すぎます。

女の子の生死がかかっていたので、取り調べでのジャックの怒り具合は頂点に達してました。
ステーブラーが怒る時も怖いけど、ジャックの場合はもっとねちっこいかな。
あのブチ切れ方はちょっと体によくないかもしれません(苦笑)

Brothers&Sisters S3-#23 「オーハイのトマトたち」

ノラはまだトミーのことが諦めずに捜索中。
サラはジョーの再婚話が持ち上がってイライラしています。

ジョーは最初の奥さんと再婚するんだそうで
音楽の方もCMソング?で知名度アップ。
リッチになったおかげで子供たちを連れて豪勢な新婚旅行に出かけると聞いて
サラは面白くありません。

ロバートが職場復帰。
キティはアレックとの間に何もなかったと説明するけど
ロバートはひたすら不機嫌です。
キティは事務所でサプライズパーティーを企画するけど
やっぱりノリが悪いまま。
アレックからの電話は無視し、そのあと公園でこれでおしまいときっぱり告げたんですが
ロバートとの間の溝は埋まりません。
キティはロバートが一人でどんどん選挙戦に向けて突っ走ってしまったことが許せずにいます。
そんなときキティはNy時代にウィリアムが訪ねてきたときのことを思い出します。

ホリーはサラにオーハイが団結すべきだとパーティーの企画を提案します。
そこでホリーとサラはデュエットすることになり
サラは渋々引き受けます。
ライアンはレベッカをパーティーに誘いレベッカもOKしますが
そのあとジャスティンがレベッカに連絡
レベッカがジャスティンの家に行くと、大学の合格通知が届いていました。
大喜びした二人はそのまま寄りが戻ってしまいます。

パーティーの席でジャスティンがライアンの企みを暴露してしまったため
それを聞いていたサラが激怒。
しかもホリーの入れ知恵だったんですから。
二人はデュエットするけどサラは敵意むき出し
袖に引っ込んだときサラが文句を言うとホリーが言い返し
ところがマイクのスイッチがオンになっていたために
ライアンのことも含めて二人のバトルが
みんなに筒抜けになってしまいました。
またやっちゃったね。
ライアンは立場がなくなりその場を去っていきます。

すっかり落ち込んでいるサラを励ますのが
パーティーのケータリングを担当していたスコッティ。
ケヴィンと離れて単独でウォーカーの人と関わるのが新鮮でした。
もちろんいつもながらの希望に満ちた言葉掛けが本当に素晴らしい。
ケヴィンはつくづく幸せ者だなぁ♪
サラにもきっとソウルメイトが見つかるはず。
サラは気を取り直してンネット検索するのでした。

ライアンはレベッカの家を出ていこうと荷物をまとめていると
キティがやってきます。
そしてライアンの母が亡くなった日の前日にあったことを思い出して
ライアンに伝えます。
ウィリアムが電話してリノへ行くと言っていたのは顧客が相手だと思っていたのですが
実際にはそうではなかったこと。
ウィリアムの話しぶりから彼はライアン母との関係を終わらせるつもりだったと
キティはライアンに伝えます。
ライアンはようやく納得できました。

すっかり親密度が増したジャスティンとレベッカ。
勢いでジャスティンはレベッカにプロポーズし
レベッカはそれを受け入れます。
レベッカもまたウォーカーに?
でもホリーがくっついてるし、大丈夫なんでしょうか。
ウォーカー入りして安泰なのはスコッティだけですからね!

そしてキティはロバートに別居したいと申し入れます。
アレックの件は終わったとしても
広がってしまった溝を埋めるために距離を置く必要があるってこと?
エヴァンにそれでいいのかな?
そのあたりの事情を全く知らないノラはロバートにトミー探しを頼み
トミーがメキシコにいることを突き止めます。
シーズンファイナルはメキシコでトミー探しのようで
またあれこれトラブルが起きるのかな?

CSI:Miami S7-#24 「別れのバラード」

シーズンフィナーレを前にしてすでにボロボロ?
謝るほっさんなんてありえない!!

ロン・サリスのお友達が自宅のプールに落とされた途端溶けちゃって
実はプールに水酸化ナトリウムが溶かされていました。
アルカリ性水溶液として小学校の実験でも使われる水酸化ナトリウムですが
本当はとても怖い薬品だったのです。
でも酸を入れれば中和できる。
「お酢持ってこい!」今回のほっさんの命令は
科学捜査初心者向け?とてもわかりやすかったです。

ロンはジュリアが自分の命を狙っていると思い込んでいます。
最近のジュリアはかなり変。
それはカイルも認めてるし。
ほっさんがジュリアに会いに行くと
ジュリアは薬を飲んでいないと白状します。
精神が不安定なのは確かです。

タラの薬物使用の件をずっと警告していたウルフは
タラが現場に現れないのでしびれを切らし
薬を飲んでいるタラの姿を見て
薬を断ち切らないと報告するぞと脅します。
でもタラが改心する様子を見せていないので
ウルフはこっそりほっさんに報告。
捜査令状を取って彼女のロッカーを調べたら
遺留品の薬が多数隠されていました。
ジュリアが盗人呼ばわりされた薬の紛失の件も
タラが隠し持っていたのです。
タラの有罪発覚、するとその時ジュリアが銃を持って検視室に忍び込み
タラやウルフ、カイルの前で発砲します。
もちろんほっさんがいたのでうまくジュリアをなだめてくれましたが
息子の前で銃を構えるジュリアは、かなり危険な状態でした。
元をただせばタラが犯した罪だったのに
ジュリアが誤解を受けることに。
ほっさんは素直に謝ります。
そしてジュリアは裁判を受けるのではなく
施設に送られたのでした。
ほっさんもカイルも辛いね。
タラの方は窃盗罪その他もろもろで逮捕されてしまいます。
彼女の登場はこれでおしまいらしいですが
あまり活躍場面がなく気の毒でした。
4400時代から苦手キャラだったのでまあいいけど。
そういえば4400のリリーが被害者妻役で出ていました。
一方せっせとタラの有罪の証拠を探しまわるウルフ。
普通仲間ならかばおうとするはずなのに
彼の場合自分がかつてされたことへのリベンジのごとく
かなり力が入っちゃってました。
こういう部分がマイアミの結束力の弱さなんだよな。
チーフがあの人だから仕方ないんですけど。

そして水酸化ナトリウムを溶かした男は
シェーンだかショーンだか区別がつかなくなりそうな
The Shieldのシェーン。
今回の役名がショーンでした。
ややこしすぎる!
彼が出てきたとたん、十分怪しかったけど。

かなりおかしくなってきている状態で
ファイナルはデルコ父やらロシアンマフィアやらがまた絡むようで
きっと壮大なクリフハンガーが待ち受けているのでしょう。やれやれ。

絶対に見逃せない!海外ドラマBEST100

絶対に見逃せない! 海外ドラマBEST100 (COSMIC MOOK)絶対に見逃せない! 海外ドラマBEST100 (COSMIC MOOK)
(2010/03/17)
不明

商品詳細を見る
 


久々に海外ドラマムックが出ました。

BEST100と銘打っているだけに、本当に100本のドラマが紹介されています。
それも今テレビまたはDVDで視聴可能なドラマばかり。
若干これからスタートのドラマもありますが
旬なドラマがこんなにあるのって本当に嬉しいことです。

最旬&大ヒットドラマベスト15のトップを飾るのはGlee。
やっぱりそうだよね。
Gkeeの面白さは別格だと思います。
以下いかにも人気なドラマが並んでいて
他に王道ドラマ、ラブ、ホーム&コメディ、アクション&ミステリー
犯罪捜査&サスペンス、ヒューマンというジャンル分けがされています。
あまりにもよく知っているドラマの数々なので
特別に得た知識はあまりないんですが
SVUがしっかり2ページにわたって特集されていたのは嬉しかった!
ようやくメジャーなドラマの扱いをしてもらえるようになりましたね。
ちなみにCiは半ページ。ゴーレン色が強すぎるから?

そして最近のムックのお約束ですが
パイロットのおまけが山のように付いています。
その数は11話分。
ちなみにCSIのみS8のファイナルです。
残念ながら全部観てしまったドラマでした…
でもFringeは30分バージョンらしいので
それもまた面白いかも。
他にも大量にドラマのダイジェストやら予告編やら入っているようで
それだけDVDリリースされてる&今後されるってことなんでしょうね。
恐るべし海外ドラマの世界!

作品ごとに丁寧に紹介されているので
何を観たらいいのかわからない初心者にはお薦めかも。
もちろんよく知ってるドラマを文章で味わうのもまたいいものです。

4月のドラマ視聴計画

新しい年度を迎え、またドラマ視聴が忙しくなりそうです。

☆NHK教育
90210 S1

いったいどんなビバヒルなのか、とりあえずチャレンジしてみます。
しかし土曜日23時ってキツイよね。
結局CSI:NYが犠牲になって字幕版での視聴に。
青春ものはダメと感じたらさっさとリタイア予定なので
すぐに吹替えNYに戻れるかもしれませんが。

☆NHK BS
Desperate Housewives S5

デス妻はMediumとかぶるのかと心配していたら
同じ時間のMediumが吹替え版だったのでホッとしました。
Mediumはアリソンの吹替え声が耐えられないので
字幕でないと見られないんですよね。
そしてさらにハチャメチャ度を期待するデス妻。
新キャラのジャクソンの活躍が気になるし♪

☆WOWOW
CSI S9
CSi:NY S5
Criminal Minds S4
Medium S5

ほっさんとはしばらくお別れ。
本家べガスもキャストが変わるのでかなり不安。
でも事件はシビアなのでじっくり味わえるでしょう。
Mediumはデュボア家の家族のごたごたを観るのが楽しみです。

☆AXN
Elie Stone S1

いろいろ終わってしまうので観るのはこれだけかな?
コメディな法廷ドラマのようですが、気楽に楽しめそうな気がします。
Aliasのシドニー父とかB&Sのアレックとかがレギュラーなのも
親しみを持てるかも。

☆FOX
Numb3rs S4
NCIS S5
Glee S1
Castle S1
Leverage S1
Lie to Me S1
Ghost Whisperer S4
Dollhouse S1

また本家が大忙しになってしまいました(汗)
ウキウキ待ち焦がれているのはGleeですが
NumbersやNCISもマッタリと楽しんでいます。
MediumとGhostはなぜか一緒に始まるんだよね。
Mediumの方が現実味があって好きなんですが。
Castleは2話観たけど微妙な感じ。
leverageはこれからだけど、ちらっと見ているので
多分面白いはずです。
Lie to Meはじっくり面白さを味わっていきたいです。
Dollhouseはテーマ的にさっさと挫折しそうな予感。
Truのトルゥーが出てるんですよね。
あのドラマにいた人たちもどんどん出世してるな。

☆FOX CRIME
Law&Order SVU S6
Crossing Jordan S4
Dexter S4

SVUは順調に進んでいます。
Dexterが始まるが楽しみ。
またどっぷりハマってしまいそうで怖いけど。

☆Super!ramaTV
Without a Trace S5
Gossip Girl S2

WATの第2話がなんだか違う方向へ行きそうで不安を覚えたんですが
ヴィヴが道にそれずにドラマをひっぱってくれそうなので
彼女を信じて観ていくことにします。
Gossip Girlは青春ドラマなのに楽しめるんだよね。

☆AXNミステリー
Life S2
Life on Mars
White Collar

White Collarは月末に#8以降がスタート。
やっと続きが観られます。
LOMはサムの父=ライアンがハマりすぎで感激しました。

☆チャンネル銀河
Dr.Quinn,Medicine Woman S5

順調に録画進行中。

☆TBSチャンネル
アイリス

アイリス、面白すぎます。
結局ビョンホンが脱ぎたいだけの話だと思うんですけど(笑)
ハンガリーで相棒が任務遂行中なのに
上司=彼女と一緒に秋田の温泉に行ってしまうし。
とてつもなくハードな銃撃戦が繰り広げられるかと思うと
いきなりゆるい雪国の温泉風景ですから
あまりのギャップについていけない!
そこが面白いんだけど。
4月からはTBS地上波で吹替え版が始まりますが
やっぱり字幕で見ないとダメでしょう。
ついでにゲストの日本人はみんな正しい日本語をしゃべるので
その点は安心です。

やっぱり多すぎだね。
少し精選したいけどできるかな?
それからドラマではありませんが
KBS Worldの韓食探検隊というドキュメンタリーを観ています。
韓国特有の食材や料理を紹介する番組で
韓国ご飯好きにはたまりません。
いろいろ勉強になるし。
観終えた後はいつも大久保へご飯を食べに行きたくなります。

Law&Order SVU S5-#25 「脳の被害者」

カフェでトイレに入った女性が便器に仕掛けられた盗撮カメラを発見。連絡を受けたSVUが仕掛けた犯人を探すが、カメラは二時間前にセットされたおりすでに犯人はカフェにはいなかった。スパイ用カメラを販売する専門店を調べると、カメラはインターネットで合法ポルノ映像を流しているサイトの映像作成用などに使われていたが、カフェから出てきた不審な男の目撃情報から、販売店で働くチャーリーの弟ウェイドが浮上する。ウェイドはチャーリーからカメラを譲り受け、放尿シーンばかり盗撮しては自分のコレクションとしていた。SVUは盗撮はプライバシーの侵害で実刑だとしてウェイドを逮捕しようとするが、ウェイドは自分の撮った映像で取引を持ちかけてくる。それはセントラルパークのトイレで少年がレイプされるシーンを盗撮したものだった。
映像を細かく分析した結果、被害者の少年の身元がわかる。少年は12才のシェーンで、その日はサッカーの試合に出ていた。また相手はブルーのトレーナーでジーンズ姿だが、爪のマニキュアから女性だと思われた。シェーンの顔には殴られた傷があったが、それは試合のときに起きた乱闘でできたものだった。乱闘にはシェーンの母のジャッキーが絡んでいた。ジャッキーは美容院で働いているがアルコール依存症で、酔っぱらっては正体をなくし、若い男を誘っている姿も見られていた。ステーブラーらはジャッキーが息子を虐待したのではと疑いをかける。
再びシェーンのチームのサッカーの試合があり、SVUは状況を見守る。子供たちの親はみな青のトレーナーを着ており、胸にサッカーマームとプリントされていた。母親たちは誰でも容疑者になりうる。するとシェーンの学校の校長のライスがシェーンと親しげに話している姿が見られた。ライスは優秀な教育者で最近建築家と結婚し、息子のジェイソンの養母となっていた。ライスがジェイソンと一緒にいる様子はごく自然だった。一方ステーブラーはシェーンに話を聞こうとするが、最初に盗撮のことを離したときと同様、シェーンは詳しく話そうとしない。SVUには事件があったときの映像が手に入り、その日はジャッキーがサッカーマームのトレーナーを着ていなかったことが確認される。
シェーンが体育の欠席届を出して姿を消した。ステーブラーらが用紙に書かれたライスのサインをチェックすると、字が乱れているのに気付いた。ジェイソンは母が父とけんかをするようになったと話していた。ライスが帰宅したと聞いたステーブラーらは、ライスの自宅を訪ねると、夫もまた彼女が最近変わってきて、性的不満を感じているようだと話す。
ライスの夫の車がなくなっていた。ライスはシェーンを連れて、夫の車で逃亡したようだ。早速緊急手配がかけられ、間もなくしてライスとシェーンが乗った車が発見される。ライスは逮捕されるがひどく具合が悪そうだった。頭痛を訴えるライスをステーブラーが尋問すると、ライスはシェーンのレイプを認め、今度はステーブラーに迫ってきた。ステーブラーがライスを押しのけたため彼女は頭を打って倒れ、発作を起こして病院へ運ばれる。ステーブラーは危うく内部調査の対象になるところだったが、検査の結果ライスの脳腫瘍が見つかり直ちに手術が行われる。
脳腫瘍のせいでライスは性的衝動を抑えられなくなり、シェーンをレイプした。病気が原因なら無罪も主張できるかもしれない。Drファンは手術後のライスの脳のPETスキャンを頼むが、そのときライスは8歳の時から4年間、祖父にレイプされていた話をする。検査の結果ライスの脳は正常に戻っていたが、腫瘍が再発すると再び性犯罪に走る事例もあるとして、ケイシーはライスのシェーンへの接近禁止令と性犯罪者リストへの登録を命じ、ライスは受け入れる。しかしライスはシェーンへ電話したため、ジャッキーが怒ってライスの家に乗り込んできた。ライスは妊娠したことを子供の父親に伝えたかったと話す。

カフェのトイレに盗撮カメラが仕掛けられていたことがわかり、SVUは騒然とします。放尿シーンを喜ぶ者もいるとDrファンが丁寧に説明していましたが、とにかく犯人を見つけ出さなければなりません、。盗撮カメラの販売元をたどっていくうちに、カメラを組み立てて売った女性の弟が犯人であることが判明します。
弟のウェイドは子供のころ虐待を受けており、今は姉が面倒を見ていました。ウェイドは撮った映像は自分で楽しむためのものでしたが、盗撮は実刑だといわれ、たまたま撮ってしまったトイレでの少年のレイプ事件の話をして取引を持ち出します。なぜ少年を助けなかったかとステーブラーは怒りますが、ウェイドは盗撮していたことを警察に話せなかったし、映像の確認も事件の後でした。
SVUは今度は少年のレイプ事件を捜査。着ていたユニフォームやファールカップを手にしていたことからサッカーの試合中たとわかり、映像を詳しく分析していくと被害者が12才のシェーンだと判明します。
シェーンは母親と二人で暮らしており、母親のジャッキーはひどいアルコール依存症でしばしば酔っぱらって問題を起こしていました。ステーブラーらの質問にシェーンが何も答えようとしないため、SVUは母親の虐待を疑います。その時シェーンと親しげに話していたのが、シェーンの学校の校長のライスでした。ライスには結婚相手の連れ子のジェイソンがおり、ジェイソンもサッカーチームに所属しているためライスは応援に来ていたようですが、ライスの様子がどうも引っかかります。
ジェイソンや夫からライスの様子がこのところおかしいと聞き出したころ、ライスはシェーンと逃亡を企てていました。すぐに二人が乗った車が見つかり、ライスは逮捕されます。
取調室でステーブラーが尋問を始めると、ライスは頭痛を訴えつつもあっさりとシェーンへのレイプを認め、二度目からは彼の方から誘ってきたと言い出します。そしていきなりステーブラーに近づきキスを迫ってきたので、驚いたステーブラーがライスを突き飛ばしたら、ライスは頭を打って倒れ発作を起こしてしまいました。
病院にはすぐに内務調査のタッカーが現れ、ステーブラーがレイプ犯を殺したがっていたと非難してきますが、検査の結果発作は脳腫瘍によるものだと判明します。脳腫瘍ができた位置がライスの行動を司る部分で、彼女は性的衝動を抑えられなくなっていたのでした。ファンの協力を得て手術後のライスの脳スキャンを行った結果、ライスの思考は正常に戻ったようでしたが、彼女自身が幼いころ虐待を受けていて性犯罪者に陥る可能性がないわけではなく、また腫瘍が再発すれば衝動を抑えきれなくなることもありえます。そのためにシェーンへの接近禁止令や性犯罪者リストへのr登録を認めたライスは、教育者として子供を守るために責任を取らなければならないという思いがありました。しかしその結果彼女の家庭は崩壊し、地位も職業も失うこととなってしまいます。一方シェーンは母親のことで悩んでいて、ライスには優しくしてもらったという思いが強く、事件の後も彼女と連絡を取ろうとしていました。このような状況で成長すると、シェーンも性犯罪者になりかねないとファンが危惧します。
接近禁止令が出されていたのにライスがシェーンに電話をかけてきたため、ジャッキーが怒鳴りこみに来ます。ライスは妊娠したことをシェーンに伝えたかっただけでした。ジャッキーは孫ができることを嫌悪しますが、ライスにとってはずっと欲しいと思っていた自分自身の子供でした。ベンソンは育てる権利はライスにあると語ります。

今週はSVUが出てきそうなドラマをあれこれ観たなと思っていましたが
本家SVUは別格でした。
衝撃が半端ではありません。

まずトイレに隠された盗撮用カメラの存在。
それも便器にこっそり忍ばせてある防水仕様。
バッテリーは数時間しか持たないけれど
離れたPCで映像が確認できます。
多分サクッと仕掛けて、従業員が掃除する前にはずしちゃうんでしょうね。
これからトイレに入るときには気をつけなくてはと
新たな知識が身につきました。
しかし世の中怪しげな趣味な人がいるのも事実。
合法なら許されるのか?
でもプライバシーの侵害は犯罪です。
ついでにネット配信の視聴者要求型ポルノサイト。
撮影に来ていたポルノクイーンは
ファン役のIce-Tの奥さまだそうです。
なんとセクシーな!!

トイレの盗撮映像から明らかになった少年のレイプ事件。
またステーブラーが頭から湯気を出して怒りそうな事件です。
被害者の少年は何も語らず。
言えないのは仕方ないけれど
だから最初にアルコール依存症の母親が疑われます。
続いて疑問視されたのが学校の校長。
今度は優秀な教育者で夫や息子がいる女性が
性犯罪者になり得るのか?
原因は脳腫瘍でした。
性犯罪者になる要因として多く挙げられるのが
幼少のころの性的虐待の被害ですが
病気も要因になってしまうとは。
ライスは腫瘍が大きくなるにつれ、衝動を抑えられなくなってしまったんですね。
早く検査を受けなきゃだめですよ。
命取りになるところでした。

これで腫瘍を取ってしまえば元に戻るかと思うとそうでもなく
一度性犯罪者のレッテルを貼られてしまえば消すことはできず
腫瘍が再発すれば、本当にまた性犯罪者になってしまうのかもしれません。
しかも重たすぎるおまけがついてきます。
シェーンは最初はレイプされたのかもしれないけど
酔っ払いの母親より優しくしてくれたライスに愛を感じていました。
だから逃避行を彼の方から仕掛けたというのも確かかもしれません。
そしてライスはシェーンの子を妊娠。
ライスにとっては待望の子供でも
育てることができるかはまた難しい問題となってきます。
だがベンソンが否定しなかったのは、
彼女自身がレイプ被害者の子供であるという立場にあるからなのでしょう。

ステーブラーがライスに唇を奪われそうになるシーン。
一瞬焦りました。
まさかステーブラーがそんなことに?
でもケラーじゃなくてステーブラーだから大丈夫。
さっさと降り飛ばしたら今度は力が強すぎました。
そして永遠の天敵のテイラーじゃなくてタッカーの登場です。
ケラーの時代から付け回してる、このしつこさは立派!
いつか諦めるときが来るのかな?

これがS5のファイナルエピ。
2週間のブランクの後、S6が始まります。
まだまだ続く性犯罪の数々。
SVUの衝撃は犯罪捜査ドラマの中でも群を抜いています。
S6もじっくりと、1話1話味わっていきたいと思います。

Life on Mars #7 「親父が消えた日」

このエピを待ってました♪

いよいよサムが73年の父ヴィックと再会します。
オリジナルでも印象深いエピソードでしたが
こちらではヴィックを演じてるがDean Wintersですから
どんなヴィックが登場するのかとても楽しみにしていました。

赤ん坊の誘拐事件の通報が入り
サムたちは身代金の受け渡し場所に指定されている
ビーチの公園(コニーアイランドかな?宇宙パークだったけど)で張り込みます。
赤ん坊の父親が指定されたゴミ箱にアタッシュケースを置くと
取りに来た人物はサムの父のヴィックでした。
レイたちは即ヴィックを逮捕しますが、サムはヴィックに近付けません。

署で尋問をしている間に検事補のりーがやってきました。
なんとビーチャーとライアンの共演!!
夢のような瞬間が訪れましたが、リーは情報を持ってきただけ
二人の接点がありませんでした。残念。
ビーチャーがライアンを痛めつけてくれてもよかったのに。
そうなったらケラーも呼びたくなるけどね。

明日はサムの4歳の誕生日。
実はその誕生日会の途中でヴィックは姿を消し
それ以来サムは父の姿を見ていなかったのです。
父の失踪の理由を知りたかったサムは
こうして失踪前日の父に出会ったことで
なんとか失踪を食い止めたいと、彼なりに必死に動きます。
ヴィックに真実を語らせようとして
父を失ったら息子はどうなる!と親心に強くアピール。
息子の願いだから説得力ありますね。
ヴッックは借金の返済でギャングに追われていることを話し
ギャングの手先として動いていたと白状します。
そして受け取った金を渡しに行くのは連絡待ち。
サムはヴィックの家に同行します。
73年に戻ってきてから自宅に行くのは2度目です。

サムがヴィックと家にいるので
帰宅したローズは驚きます。
ヴィックが息子のサムの様子を見に行ってる間
ローズがヴィックが何かしでかしたのではと心配して聞き出そうとしますが
サムは適当にごまかします。
でもサムは73年の本来の自分の姿は見ようとしません。
ローズが用意したプレゼントは何だか知ってるのに。

サムはヴィックについ息子のことをどう思っているか聞いてしまいます。
サムは宇宙飛行士か刑事になりたがっているとか。
ヴィックの息子への愛を知ってサムはうるっときますが
そのあと二人は外でバスケに興じます。
US版はサッカーじゃなくてバスケが父子の絆ですから。
すると電話がかかってきます。

ギャングとの金の引き渡し場所は
かつてサムがヴィックに連れて行ってもらったバーでした。
ヴィックはワイヤーをつけて単独バーに乗り込みます。
サムらが外で待機していると銃声音が聞こえます。
慌てて踏み込んだら中で客が撃たれて倒れ
ヴィックも撃たれていました。
人質の赤ん坊は無事確保されます。

赤ちゃんの命を救ったとヴィックは感謝されますが
署にいたはずのヴィックが姿を消します。
サムはヴィックに息子の誕生会に出るようにさんざん念を押していたので
アニーと一緒に誕生会を偵察に行きます。
ヴィックは誕生会に来ていました。
でも途中で姿を消します。
気になったアニーがヴィックを追いかけると…

サムが見た赤いドレスを着た女性が追われる夢。
この女性がアニーで、待ち伏せしてたヴィックに痛めつけられていたのでした。
サムはヴィックの別の姿を知ってしまいます。
実はヴィックこそ誘拐犯のギャングだったのでした。
父と子はお互い銃を向けあい
サムはヴィックに撃たれてしまいます。

サムは病院へ運ばれ無事でしたが
ヴィックがクロスワードパズルをやりながら話していた
右下にあるヒントという言葉を思い出して
新たなキーワードを見出します。
これが現代につながってくるのか?

久々にライアンのようなDeanを見られて大満足。
こういう一癖も二癖もあるキャラクターがぴったりです。
まさに策士ライアンだよね
サムとの一騎打ちシーンが見ごたえありました。
あくとうとわかっていても
父に銃を向けなくてはならないサムの立場は辛すぎたし。
そして息子思いの父から突如一変して悪党になりきるヴィック。
これがDeanの魅力なんだよね。

ヴィックはファイナルエピソードにもう一度登場します。
今度はどんな父親像を演じてくれるのでしょうか。

MV5BMTU2MTk0NzA5OV5BMl5BanBnXkFtZTcwNTQ1MDUwMg@@__V1__CR0,0,428,428_SS90_

Criminal Minds S4-#12 「ソウルメイト」

また性犯罪絡みの事件。
SVUを観ずして十分SVU気分に浸れるのは困ったことです。
しかも今回は連続殺人事件なのでBAUが捜査に協力しているのですが
フロリダの地元警察は容疑者を逮捕します。
それが妻子のいる弁護士の男ウィリアム。
被害者の少女と同世代の娘の目の前で逮捕するのは
配慮に欠けてるのではと思ったんですが。
ウィリアムは過去にアトランタでレイプ事件容疑で逮捕されていました。
そのときは証拠不十分ということで不起訴になっています。
性犯罪者は犯罪を繰り返すという考え方は基本だし
事件のあったモールでウィリアムを見かけたという目撃証言もありました。
だから今回も逮捕にこぎつけたのですが、でもウィリアムは強気。
弁護士として自信満々で、決して弱みを見せません。
母も娘のアンドレアもウィリアムを信じきっています。
家族の前ではいいお父さんだったんでしょうね。
アンドレアは父を必死で弁護していました。

ウィリアムが犯人だと思われるが証拠がない。
そのとき新たな被害者が発見されます。
今回はウィリアムは手出しができません。
共犯者がいるはずだと、BAUはウィリアムのパートナーを探します。
ウィリアムのパートナーはプライベートのブログを書き込んでいた相手でした。
リード君が文面を詳しく分析し
パートナーの人物像をプロファイリングします。
ウィリアムのパートナーというよりソウルメイトは
近所に住むスティーブンでした。
スティーブンにも妻子がおり似たような家庭環境で
二人はバーベキューパーティーで出会って打ち解けた後
事件を繰り返していたのでした。
ウィリアムが拘留中
スティーブンは母やアンドレアに近付き親切にしてくれます。
母はスティーブンを信じていたようだけど
アンドレアはプレンティスの尋問を受けた後だったので
スティーブンをなんだか胡散臭く感じていました。
そしてスティーブンをチェックしていたら彼につかまってしまいます。
娘がソウルメイトにつかまったとわかって
ついにウィリアムは罪を認めます。
そして二人の秘密基地を白状し
BAUはウィリアムを囮にしてスティーブンを捕らえ
アンドレアを救い出します。

性犯罪者が明らかに挙動不審だったり
すでに生活が破たんしていたりすると
もちろんその行為に対しては怒りを覚えるものの
常習性のある犯罪なので仕方ないのかなと感じる部分もありますが
今回のような事例は本当に理解できなくて。
ウィリアムは弁護士としてもそれなりに仕事をしていて
妻子をきちんと養っている。
アンドレアにとっては大事なお父さんなんですよね。
だからお父さんが性犯罪者なんて考えられないんですが
でもウィリアムは過去に罪を犯しており
その後フロリダに越してきて心を入れ替えようとしたのかもしれないけど
ソウルメイトと出会ってしまったために
また病気が再発してしまった、
しかも犯罪はどんどん過激な方向に走っています。
一人だったらまだ抑えようとしていたかもしれないのに
同志を見つけてしまったからブレーキがかけられなくなってしまった。
これが性犯罪なんですね。
だからベンソンやステーブラーは毎日事件と向かい合わなくてはならないわけです。
そしてアンドレアにはあまりにも辛すぎる事件でした。
突然父親の別の姿を見せられ、今度は自分が怖い目に遭わされます。
無事に助かったとはいえ、もうウィリアムを信じることはできません。
今回の事件のショックをこの先引きずらなければいいのですが。

ウィリアムはSpin Cityのカーター。
確かに顔に見覚えがありました。
そしてスティーブンはメガネで変装してたけど
Bullのディトでした。
今週はCaslteに続いて二度目。
すっかりドラマのゲストオヤジのお馴染みさんになっちゃいました。
そしてアンドレアも知ってる顔だと思ったら
Heroesのモニカでした。

Without a Trace S5-#3 「緊急通報」

とてもSVU的な展開。
性犯罪が絡むと当然なんですが。

今回の失踪者は911のオペレーターのジェシカ、
911のオペレーターはドラマの冒頭に出てくるのが基本で
911通報を受けて事件が確認され警察が動き出すため
オペレーターがクローズアップされることはまずありません。
あってもたまに通報の様子がどうだったか確認を取ることくらいだし。

しかし今回オペレーターの生の声を聞き
辛い職業なんだなとよくわかりました。
なにしろかけてくる相手は緊急事態ですから
冷静さを欠いてるのは確か。
その相手に対しオペレーターは正確な情報を聞きださなくてはなりません。
失踪したジェシカの同僚が罵詈雑言は当たり前と言ってましたが
何を言い出すかわからない相手に冷静に対処しなければならないのは
大変な仕事です。
しかも対応が遅れたと後から文句を言われることだってあるわけだし。
実際オペレーターが間に合わず保留になってしまう電話もあるんだそうで
本当にご苦労様です。
もちろん相手がら感謝の言葉も期待できないし。
割が合わないよね。

ジェシカの失踪は彼女が恨みを買ったからと最初は思われていましたが
誰にも言えなかったレイプ事件が発端だったんですね。
レイプ事件の扱いの難しさはSVUで嫌というほど学んできました。
被害者は心身ともに深く傷ついているんですが
それを警察に話すことがとても難しい。
思い出し語ることに恥ずかしさもあるだろうし
何よりトラウマになってしまいかねません。
どちらかといえば記憶から消し去りたいことでしょう。
ですが性犯罪者の再発率が非常に高いので
SVUとしては何としても犯人を検挙したい
そのためにも被害者からの情報をしっかりキャッチし
再発に努めるようにしていきたいのです。

ジェシカは被害に遭った時警察に話すことができず
でも彼女の性格から、自分で何とかしていきたいと思ったのでしょうね。
911のオペレーターになったことも、その裏に
犯人を自分で見つけ出したいという思いがあったのかも。
そしてさまざまな事件の通報を聞いているうちに
彼女なりの正義感ができてきたのかな。
それがまた恨みを買う結果にもなってしまいましたが。

そして防犯カメラに映っていた男性が自分を襲った犯人だと思ってリベンジ開始。
実は命を救おうと医師としての任務を全うしていた人だったのに。
ここでのジェシカの強さに敬服しましたが
きちんと警察に届けていたら、真犯人がつかまった情報も入手でき
こんな苦労はしないで済んでいたのかも。
そしてヴィヴがいつものことながら冷静に対応していました。
だから安心して観ていられるんだけど。

ラボにオヤジキッドでもモーガンでもない新人tech登場。
どうやら1回だけのピンチヒッターみたいです。
二人ともどこへ行ってしまったんでしょう。

Brothers&Sisters S3-#22 「ジュリア」

トミーは戻らないまま、
ジュリアがエリザベスをノラのところに連れてくると言っていたのに
そのジュリアも来ないので、ノラは心配になってトミーの家に行きます。
すると家は差し押さえられていました。
トミーにはいつの間にか借金がかさんでいたのでした。
ジュリアは教師の仕事を始めたいと言い出します。
早速ノラはセンターに子供たちが集まるからそこで働くように申し出ますが
まだセンターは機能していません。
ケヴィンは自分の年金を切り崩して、家の確保を考えます。

ジュリアが航空券を持っていたので
このままでは実家に帰ってしまうとノラとケヴィンは危惧します。
二人にとってはエリザベスは特別な存在。
だからついそれを口にしてしまうんですが
ジュリアは結局二人は自分ではなく娘のことが心配なんだと感じ
ウォーカーの世話にはなりたくないと思います。
そして自力でシアトルに教師の仕事を見つけました。
早速シアトルに移ることを決意、今度はノラたちはショックを起こしますが
ジュリアの決断を尊重するしかありませんでした。
ジュリアのお別れディナーで初めて乾杯の音頭を取るジュリア。
ウォーカーとして生きる辛さをひしひしと感じつつ、よく頑張りました。
別れの時スコッティが、自分がウォーカーとして取り残されることをぼやいてましたが
本当にスコッティだからウォーカーでいられるんだよね。
ケヴィンが金をつぎ込もうとした時一瞬ムッとしてたけど
すぐに理解を示していたし。
逆にここまで「いい人」にならないとウォーカーではいられないんです。
それが無理だとウォーカーから離れるか怒りをぶちまけるか…

キティはますますアレックと接近し
アレックが買おうとしている家を一緒に見に行くことにします。
当然ロバートにはあれこれ嘘を付くことになり
見に行った先はポーチにブランコがある、こじんまりとした素敵な物件でした。
ところが帰りにキティは接触事故を起こし、自分もかすり傷を負い
車を修理に出さなければならなくなります。
ここもかろうじて嘘で固めたんですが、
今度はロバートがエヴァンを公園に連れて行って
キティがアレックと一緒だったことを察知します。
そして夫婦の危機ですか?
しかもキティはアレックの新居へ出向いてしまったし…
ここでも非ウォーカー!がピンチです。

あまりにもウォーカー的強引さに腹が立つ部分も多いので
ホリーの策略もそれなりに歓迎してますが
ここにライアンが手を組みそうで、また面白くなってきました。
レベッカの口添えが遭ってオーハイで働くことにしたライアン。
まずホリーと裏交渉しておいて
何事もなかったようにサラと面接
ライアンもウォーカーなので株を持てるし議決権も与えてもらえることになります。
するとホリーはこれでは不公平なのでレベッカも株主にと頼みこみ
サラはOKしてしまいました。
でもライアンの思いはウォーカー潰しに。
策士ライアン(この響きってOZを思い出す…笑)の存在に
ようやくレベッカも恐れをなしジャスティンに相談に行くのでした。
さて、こちらのウォーカーに染まらない人たちはどうなるのでしょう。

残り2話でおしまい。
今シーズンも早かった。
名残惜しいです。

Bones S4-#23 「仮面をかぶった女」

久々に勘違いの日本を堪能♪
ドラマの感想よりも勘違いぶりをツッコミたいと思います。

中村ケンは警視庁の刑事で
かつてブースが東京へ研修に行った時お世話になったそうですが
ケンがいる東京の景色がブレラン時代と全く変わらず。
こんな東京をいつか是非見てみたいものです。
すべてが怪しすぎます。

ケンの妹は中村サチ。
ルームメートが佐藤ノゾミ。
日本から来た法医学の権威者?の博士が田中ハル。
名字は中村、佐藤、田中と定番できましたね。
でもハルさんって今時あまりいないのでは?
ケンはこれまた定番のお名前。
田中ケンだとGleeになっちゃいますから(笑)

見つかった遺体はサチさんの者らしい。
顎の骨格を調べるだけで日本語をしゃべってるってわかるんだ。
すごい!と思いました。
まあアジア人と欧米人の骨格は違いますけど。
そして今回登場のヘルパーの田中教授。
人を見た目で判断しちゃいけませんが
日本人の場合絶対見た目で判断していいと思います。
いくら優秀な人材でもあの若さで文化勲章はもらえません。
それに日本の教授は海外に出向くとき
あのファッションはありえません。
それはすでに日本人を捨ててると思います(爆!)

一目見て田中さんが若い女の子だなと思ったんですが
ジェファソニアンの人達は彼女の性別が判断できず。
Bonesな人達だったらあれだけきゃしゃな体つきだったら女性だと思わないかな?
よっぽど日本人を見慣れていないのか。
結局アンジェラがハグして男性だと結論付けてましたが
まるで宇宙人扱いされているようで不思議でした。

ブレナンが一瞬喋った日本語の発音は正しかったけど
中村ケンがどやした日本語はまるで聞きとれず…

サチがかぶっていたノゾミのマスクがまたダサかったね。
せっかくアニメ・マンガ文化が浸透していて
コスプレねーちゃんたちだって頑張ってるのに
よりによってただ目がでっかいだけのマスクなんて。
もう少しかわいいのを用意してもらいたかった。
そしてコスプレカフェのシェフ?の持ってた包丁がかなり変。

お金がなくなると体を張って生きていかなければならないのはいずこも同じ。
サチとノゾミも売春組織で働かされていたのですが
お客が美術品コレクターだかなんだかで日本刀を所有。
どうして外人は日本刀を飾っちゃうんでしょう。
日本の家にはないのに。

日本絡みエピですごく違和感があるのがお辞儀かな。
日本らしさを誇張したいのか、必要以上にしつこく深く頭を下げるから変なんです。
軽く会釈でいいのに。
そんなに頭下げないでいいよと脇から声をかけたくなりました。
ついでに田中さんが合掌してたけど、
仏に敬意を示してということで理解しましょう。
でも中村さんがお線香に火をともした後吹き消したのは反則です。

いつまで続く勘違い日本。
アメリカの人達はどんな思いで観ているのでしょうか。

Law&Order SVU S5-#24 「法廷の中の悪」

カレン・キャンベルの3歳になる娘アレクシスが病院に運ばれるが、毒を飲んだと思われ脳に障害が残ることが確実視された。アレクシスはルーマニアから迎えられた養女で、その後双子ができたためにカレンはアレクシスに冷淡だったと義理の姉のウェンディが説明する。ステーブラーがカレンの長女で7歳のケイティに話を聞くと、ケイティはアレクシスが壁に落書きをしたからスポンジで壁を拭くように命じ、スポンジにしみ込ませた石鹸水を飲ませたと話す。アレクシスの胃からは洗剤2杯分が検出され、カレンに事情を聴くと4人の子供に目が行き届かなく、誤飲したのは事故だったと答える。ケイシーはケイティの証言能力をファンに調べてもらい、法廷での証言を認めてもらうように判事に頼む。
ところが裁判を担当するタフト判事はケイティの証言能力を自分で判断すると言い出し、ケイティに難しい質問を浴びせるとあっさり却下してしまう。そして刑事の不干渉を証明できればケイティの証言を有効にすると譲歩するが、ステーブラーがカレンを逮捕する際脅しをかけたために認められず、タフトに意見したステーブラーは法廷侮辱罪で逮捕されてしまう。
メアリーの口添えがあってステーブラーはすぐに釈放されるが、ケイシーがカレンを第一級暴行罪で訴えようとすると、カレンの弁護士ゲイツは陪審裁判を受ける権利を拒否してくる。判決は判事にゆだねられ、タフトは明らかに被告に好意的だとケイシーはタフトの忌避を願い出ることにする。
ケイティはカレンとアレクシスの関係についてさらに調べ、カレンはアレクシスを養子に取った半年後に養子縁組を解消しようとしていたことや、アレクシスが肺炎を起こしてから窒息したのにすぐに病院に連れて行かなかったことなどが判明する。だがタフトはカレンは毒を飲ませていないとして無罪を言い渡す。
ケイシーはタフトの資格はく奪を実現させるために過去の判例を調べ、93年にシルボという女性が娘のクリスティーナに不凍液を飲ませ脳障害を起こし死亡させた罪でタフトが有罪判決を下していたことを突き止める。当時はわからなかったが、クリスティーナの脳障害は遺伝性のMMAではないかと思われたので、ステーブラーらはシルボにクリスティーナの遺体を調べる許可を取る。そして改めて検視を行った結果、クリスティーナはMMAを患っており、治療に使ったエタノールが原因で死亡したことが明らかになる。こうしてシルボの無罪が証明され、メアリーがシルボを弁護しシルボは釈放される。
その頃カレンは施設からアレクシスを引き取っていたが、カレンは枕を使ってアレクシスを窒息死させていた。法廷でカレンは夫に言われて嫌々アレクシスを家に連れ帰ったと言い出すが、タフトがアレクシスが死んだ方が他の子のためだと言ったので殺すことにした、それは裁判で証言する前のことだったと話す。ステーブラーはパーティー中のタフトを殺人ほう助の罪で連行する。
法廷でタフトとケイシーは激しく論争を繰り広げるが、アレクシスが洗剤を飲んだのは事故だと言っておきながら、カレンに精神科の治療を勧めていたなど矛盾点を指摘し、タフトを窮地に追い込んだ。

養女を母親が虐待している事実をステーブラーは何とか認めさせようと、目撃者である7歳の姉を法廷に立たせようとします。だが担当判事があっさり却下、そしてステーブラーの関わり方次第となりましたが、子供の虐待に対しては厳しく対処するステーブラーは当然カレンに冷たく当たり、「アレックスを二度と母親に会わせない。」と脅し文句を言っていたため刑事の不干渉は証明できず、姉の証言も使えなくなってしまいます。「こんなのは茶番だ。」と怒りをぶつけるステーブラーにすかさずタフトは法廷侮辱罪を言い渡し、ステーブラーは逮捕されてしまいました。
傲慢な態度のタフトを本裁判から手を引かせたいとケイシーは考えますが、なかなかうまくいきません。タフトはカレンの裁判で陪審裁判を行わないことを認めさせると、ケイシーが挙げてきた証拠よりも、カレンが娘を思う気持ちを重要視して、カレンは毒を飲ませていないと判断し無罪を言い渡してしまいます。こんな正義はありえないとケイシーは断固タフトの判事の資格はく奪のために戦う決意を固めます。
そして過去の判例を調べていくうちに似たような事件で有罪になった母親を見つけ、もう一度調べなおすと実は事故だったことが明らかになります。今回の事件がなかったら、シルボは無実の罪で服役を続けなければならなかったのでしょうか。正義の扉をひとつ開くことができたのは幸いでした。
シルボの無罪が確定したところで、アレクシスがカレンの手で殺されてしまいます。結局カレンにとってはアレクシスは邪魔な存在だったのです。そしてカレンは殺人の動機をタフトに促されてと証言します。しかも裁判の間に二人が会話していたと明らかになったため、ケイシーはタフトの逮捕に踏み切ります。法廷では当然タフトは必死で言い逃れますが、タフトの証言の矛盾点をケイシーは厳しく追及し、タフトを裁くことができました。
タフトを演じているのは、数々のドラマに出演しているベテラン俳優のTom Skerritt。最近ではBrothers&Sistersに父親ウィリアム・ウォーカーとして登場。彼の死後さまざまな問題が浮き彫りになり、トラブルメーカーの父親のイメージができてしまいました。カレンの裁判では弁護士ゲイツ役でBarry Bostwickが再登場。またカレン役はFameなどに出演していたCynthia Gibbが演じています。

法廷侮辱罪に問われたステーブラーは一瞬待機房に入れられます。
久々に格子の中のMeloniににんまり。
もう少しゆっくりしてもらっていてもよかったかもしれません(苦笑)
そして傲慢で偏見だらけの救いのない判事タフト。
それがウィリアム・ウォーカーなのでインチキくささ倍増です。
是非ともホリーやライアン母との関係を明らかにしてもらいたいですよね。
というわけで今回も別ドラマが多々かぶってしまいました。
カレン役のCynthia Gibbって名前聞いたことあると思ったら
「栄光のエンブレム」という映画でRob LoweやPatrick Swayzeと共演してました。
Robがアイスホッケーの選手だったと思います。
あの頃はみんな若かった。

Life on Mars #6 「午後2時は死の訪れ」

アメリカ版パイロットを観たとき
何故サムが聞いているのがGrand FunkじゃなくてDavid Bowieなんだとブータレていたら
本当にGrand FunkのAmerican Bandがかかってしまいました。
みんな考えることは一緒?
とにかく彼らにはAmerican Bandが似合っています。

American Bandが流れていたのは
署で行われたレイの誕生パーティー。
酒を飲みまくるのはお約束ですが
まさかストリッパーまで呼んでしまうとは。
職場で宴会さえ理解できないサムには
さらなる驚きでした。
でもこうなったらとことん楽しもうと
サムは調子に乗ってムーンウォークを披露。
マイケルはジャクソン5時代ですから
サムはあっさり宇宙飛行士扱いしてもらえます。

二日酔いで目覚めると署に電話。
サムの母からの声で、午後2時に生命維持装置を外すと言ってきます。
73年のサムは生きてるつもりだけど
08年のサムのこん睡状態はもう救えないってこと?
でもサムは生きていたいので必死です。
すると病院で人質事件が起きます。
犯人は精神病棟で人質を取って立てこもっている模様。
もしかしたら人質事件がサムの命とリンクしてる?
と思ったらサムは何が何でも事件を解決させなくてはと意地になります。

早速現場に向かい、ジーンがまず交渉を始めようとします。
サムは人質交渉の訓練を受けてるからと立候補するんですが
まだそのセミナーは始まったばかりのようで信用してもらえません。
そしてジーンが単独交渉を始めるけど
いきなり公衆電話で病棟に電話して、犯人を脅しまくります。
今の人質交渉にはありえない手口にまたびっくり。
犯人の要求はドクターと手術のための最新機器でした。
サムは自ら病棟に入っていきます。

弟の病気を治してもらいたかった兄が
切羽詰まって考えた立てこもり劇で
サムと意思の疎通ができたのに
ここでタイミング悪くSWAT介入。
今と違って連絡も密に取れないし
その前に基本がなってないからこうなっても仕方がないんですが
銃撃戦で撃たれたかと思ったジーンは
いつも持ち歩いてるメタルの酒瓶に救ってもらいました。
うまいこと瓶に当たったなと思ったら
いくつも隠し持って防弾チョッキ代わりに使っていたとは。
ともあれ事件は解決し、サムの命も無事でした。

最後はめでたしで
俺たちはアメリカン・バンドなんだと結束を固めるジーン。
やっぱりAmerican BandこそUS版のテーマソングだったんですね。

Criminal Minds S4-#11 「ありふれた狂気」

ごくありふれた普通の男が突如シリアルキラーに変わる…
でも普通の男がスキナーだとあまり普通に見えませんでした(汗)
見事な豹変ぶりは彼ならではの演技だと思いましたが。

スキナーじゃなくてノーマンは妻子のあるサラリーマン。
家に飾ってあるミニカー(っていうの?)の数々を見ると
とても几帳面そうに思えます。
でも奥さんには頭が上がらないみたい。
ノーマンはパーティーに行く途中
後ろから怒りながら電話中のおばさんに突如追い越されイラっとするけど
一応信号で停止した時に意見しようとします。
ところがおばさんの怒りモードは変わらず
ノーマンの運転が悪いと罵声を浴びせます。
ここで突然ノーマンがキレました。
プレゼントの包みから出てきたのが
なぜか銃弾入りショットガン。
さっさとおばさんを撃ってしまいます。
おばさんは幸い一命を取り留めましたが
下半身不随になってしまいました。
そしてノーマンは殺意が快感に変わり
今度は以前と同じ状態に出くわすようにチャンスを待ち
銃も改良を重ねてスキルアップし
殺人マシーンと化していったのでした。

でも誰の犯行かわからず。
BAUはトッドに記者会見をさせ犯人像を発表し警告します。
これを観ていたノーマンは動揺し
今までのルールからはずれた殺人を犯してしまいました。
彼はますます危険になってきます。
でも一緒に記者会見を観ていた同僚がノーマンが犯人ではと連絡。
記者会見で述べていた、最近大きな不幸に見舞われた人というのが
ノーマンと一致すると思ったのでした。
ノーマンは半年前、自分の傍にいた末娘を不注意で交通事故に遭わせてしまったのでした。
それ以来妻はノーマンを攻めまくり
上の姉たちも父の言うことなど聞こうとしません。
ノーマンのストレスが溜まっていたところに火が付いちゃったんですね。

ここまで人生が狂ってしまうのか?
この後のノーマンの妄想がさらに恐ろしかった。
妻子を車に乗せて逃亡。
気がついた警察が追ってきて、モーガンたちも車を捕らえ
一大カーチェイスが繰り広げられます。
車内でノーマンは妻子を脅し
妻がノーマンを制止しようとハンドルを切ったら車が横転。
中から血だらけになったノーマンが出てきます。
だが車は空っぽでした。
実は家族の死のカーチェイスはノーマンの妄想で
家族はその前に自宅で撃たれていたのでした。
なんという悲劇。
ようやく目が覚めたノーマンは自分の犯した行為を嘆くのですが
もうすべては終わってしまった後でした。
末娘を失ったことでノーマンを責めたところで
その子はかえってこないんだし
もっと残された家族で寄り添い励まし合って生きていかなければならなかったのに。
殺された家族は気の毒だけど自ら蒔いた種という気もしましたが
たまたま追い越しただけで撃たれてしまった人は
とんでもないとばっちりを受けてしまいました。
トッドは自分の記者会見のせいで悲劇が起こったと自信をなくしていましたが
これはどうしようもなかったですよ。
こうしてトッドも成長していくのでしょう。

重過ぎる事件の最後にJJが赤ちゃんを連れて登場。
モーガンが抱かせてくれと大騒ぎでした。
ほっとできるラストでよかった。

Without a Trace S5-#2 「キャンディ」

WATはどうも方向性を間違えている気がするのだが…
本当にこれでいいのでしょうか?
というわけでかなりツッコミモードです。

確かにこのエピがシーズンプレミアでした。
ブランドンじゃなくディヴィス射殺に関して
ジャックが内務監査を受けるのは当然の展開。
で署内恋愛のごちゃごちゃが表沙汰になるわけですが
ここてほっさんだったら俺がルールだ的開き直りができるのに
ガラスを全部弁償すればいいんでしょなんて
子供みたいに逃げ道を探してるジャックは度量が狭いよね、
それだけ人間味あるボスなのかもしれないけど
マイアミへ出向いてボスはいかにあるべきか
修行してきた方がいいのかも。
だからアンにもフォローしてもらえずぐさっと釘を刺されるし。
もっとしっかりしましょう。

今回の事件は突然ストリッパーになった主婦が
仕事が終わった後帰宅せず失踪する話。
結論から見れば、ありがちな展開でした。
しかし夫が借金を抱え、自分の薬局勤務では食べていけないので
てっとり早く稼げるからってストリッパーになるかな?
父子には夜勤になったと伝え
結局夫にはばれちゃうわけですが
そのまま夫も妻を働かせておくとは思えない。
お前が脱げ!とダンナに怒りをぶつけたくなりました。
息子が真実を知ってしまったらどうするの?

普通だったら夫の借金地獄に呆れて離婚。
女手一つで育てるのは大変だからストリッパーになる。
必死に稼いでいたら金を狙われ不幸な最後を遂げる…ですよね。
なんだかこのあたりが不自然に感じられました。

それより情報が得られないからって
捜索班メンバーをストリッパーとして潜入捜査させるかな?
エレナだから堂々とやってのけたけど
あまりにも危険というより迷惑だよね。
もともと潜入捜査が専門の部署じゃないんだし。
案の定ひやりとさせられる場面もありました。
ダニーのバックアップは適切だったし
隠しカメラの前での演技は
演技じゃなくて本気?な感じに気合が入っててよかったけど
これが本気になるとWATは恋愛ドラマですか??
それは断固拒否いたします。
ついでに誰でも潜入OKだったら
SVUで是非ともステーブラーに刑務所の潜入をお願いしたいです♪
こういう余計な妄想が広がるじゃないですか。

#1と正反対の華やかな展開。
でも結論は不幸な#2でした。
お母さんの死を伝えるのはヴィヴの役目なんでしょう。
一番適任だけどね。
そしてやっぱりこれが2話目になったのがわかった気がします。
勘違いがはなはだし過ぎる(泣)
ここはヴィヴにしっかり締めてもらって
普通に失踪者を探す人達になっていただきたいものです。

Brothers&Sisters S3-#21 「お熱い春」

春の陽気に誘われてウキウキ…というわけにも行かず。

トミーがジュリアに電話。
家に帰ることを決意したようですが、ジュリアの思いは複雑です。
ノラは素直に喜びたいけど、子供たちにそれは自粛するよう諭され
仕方なくガーデニングに精を出して気を紛らすことにします。
するとそこに現れたのがロジャー。
オープンマリッジを解消し、離婚してノラの元に戻ってきたのでした。
これは素直に感動すべきですが、ノラはトミーのことが引っ掛かってます。
しかしロジャーの真摯な姿に心が傾き始め…
と思ったらロジャーはパリへ旅立つことになってしまいました。
ヨーロッパとアメリカの遠距離恋愛はちょっと無理。

オーハイに復帰したサラは、周りがイケメン男子ばかりでクラクラしています。
40歳のおばさんも春が恋しいころ、
早速目をつけたのが経理のカル。
夜荷物を運んでいたら、そのカルが向こうから近付いてきて
荷物の片づけを手伝ってくれました。
サラはさりげなくカルにモーションをかけ大成功。
二人は倉庫で激しい一戦を交え
サラは興奮醒めやりません。
翌日勝負ドレスで出社しカルを探していたら
ホリーの一言が「派遣のカルは昨日で辞めた。」でした。
せっかくの情事はいい思い出として記憶に残るのか?
カルが実にセクシーでいいなぁと見とれていたら
その昔CSI:Miamiにちらっと出てたチリのお兄ちゃんでした。
ラボにいた人だっけ。
その時も大騒ぎした記憶がうっすらと残ってるけど。

ケヴィンがサラのドレスチェックにお付き合い中
偶然チャドと再会してしまいます。
別れてから会ったのは初めてだったんだ。
ところがチャドはいきなりケヴィンにキス。
ケヴィンは呆気にとられつつ、結婚したことを話します。
するとチャドは3人で飲もうと提案。
ケヴィンは正直にスコッティに事実&提案を話すと
スコッティはすんなり受け入れてくれました。
いつも本当に心の広いスコッティです。
そして3人で楽しく飲んでいると、
チャドが自分の家か二人の家か場所を変えて飲もうと言い出し
それは一応お断りしたんですが
帰宅した二人はチャドに刺激されちゃったのか
かなり熱いムードが漂い始め、すっかり盛りあがっていたら
ドアをノックする音が
もしかしたらチャドからの3Pのお誘いと
ちょっと胸をときめかせてスコッティがドアを開けたら
「会社でセックスしちゃった!」と叫んで入ってきたのはサラでした。
最悪!
もちろんサラも空気を読めたけどね。
二人はとたんに醒めてしまいます。
でも翌日ケヴィンはスコッティのレストランに行き
二人がいかに堅実なカップルであるかを確認したのでした。
ウォーカー家で一番安定しているのがこの二人っていうのが
なんだか意外…スコッティが偉いんだよね。

キティの公園通いが続き
ますますアレックとの親交が深まります。
ノラがくっついてきたときは、アレックは他人のふりをしてたけど。
ロバートはキティの心が離れていっているのがよくわかります。
ロバートなりに努力はするんですが、キティは受け入れてくれません。
どこで歯車が狂ってしまったのでしょう。

ライアンはレベッカの家に居候中。
レベッカはライアンを両親の家でのディナーに誘います。
ライアンがレベッカにさりげなくモーションを仕掛けてくるのを
見ていたデイヴィッドは父親らしく心配し
ホリーはライアンに自信を持って生きていくようアドバイスしたのでした。
そしてライアンはホリーにレベッカの好きな花を聞き出し
そっと家に飾ります。
ライアンはレベッカに友達以上を望んでる?
一方ジャスティンはレベッカを初めてキスした場所へ連れて行くと
きちんと謝ることにしました。
そして素敵な春の景色を見てほしいと話します。

またジュリアにトミーから電話。
結局トミーは帰ることを辞めてしまいました。
春はまだまだ来ないみたい。
でもロジャーにチャドにカル。
イケメン多数登場で目の保養になったから十分満足です
スコッティの笑顔も素敵だったし♪

Glee S1-#6 「Vitamin D」

いよいよ地区大会が始まるのに
対戦相手が聾学校と少年院上がりの生徒たちだとわかったとたん
グリーのメンバーは気を抜き始めました。
練習に身が入りません。
これじゃまずいだろとウィルはエマに相談し
男子対女子のコンペティションを行うことにします。
ルールは二つの曲を組み合わせて歌うこと。
彼らは練習を始めますが、やはりまだ乗り気ではありません。

スーはグリーを潰す=ウィルを潰すだと考え
計画を立て始めました。
ウィルがエマと妙に親しいのを浮気と結論付け
テリーにいかにも大げさに伝えます。
そしてさりげなく養護の先生の座をキープしてあげました。
テリーは早速臨時の養護の先生になり済まします。
いかにも資格があるふりをして。
このあたりのテリーのふるまいはいかにもN/Tのジーナですね、

フィンは勉強とグリーとフットボールが忙しくて眠くてたまりません。
保健室に休みに行ったら
テリーは持っていた薬を出し、これですっきりするから飲むように勧めます。
学校で薬を飲ませるなんてありえないんですけどね。
それは市販の薬でしたが覚醒作用があったようで
いきなりフィンはハイテンションに。
クスリの効き目に感動した男子は全員で服用し
まず見事なパフォーマンスを披露したのでした。
やり過ぎ感はあったけどかっこよかったよ。

女子が呆気にとられていたら
男子と女子の中間的立場?のカートが
男子がドラッグを服用していることを暴露。
じゃあ私たちもと薬を飲ませてもらい
これまたド派手なパフォーマンスを披露したのでした。
どちらも甲乙つけがたい演技だったんですが
テリーがハワードを通して大量に薬を仕入れようとしたのがバレ
テリーは即刻クビに。
そしてグリーには副顧問としてスーが監視役を引き受けることになりました。

さっさとクビになったテリーですが
エマには妻の座を堂々と見せつけ
クィンの出産を後押しすると約束し
やりたかったことはきっちりやってのけていました。
テリーに釘を刺されたエマは
ケンのプロポーズをものすごく条件をつけたものの
承諾することにしました。
本当にこれでいいのかな。
スーの計画は成功したようですが。

男子のIt's My LifeはBon Jovi
女子のWalking on SunshineはKatrina&Wavesだってわかったけど
合わせた曲の方がわからなかった。
なかなか斬新な組み合わせでしたが。
今回の2曲はサントラ未収録なので残念です。

この後Gleeは2週間お休み。
次の放映が4月になるとはがっかりです。
毎週本当に楽しみに観ているのに!
早く続きが観たいです。

CSI:Miami S7-#22 「花嫁は誰だ」

やっぱりリアリティ・ショーってやらせでしょ!

いきなり「花嫁は誰だ」の最終回のロケ中。
イケメンの二ール・パーマーの花嫁候補として熾烈なバトルを制覇してきたのは
グレースとケイトリンの二人。
二ールの豪邸(ロケ用?)の前に止められたリムジンから
まず出てきたケイトリンに二ールはごめんなさい。
それは順当な流れです。
そしていよいよもう一台のリムジンからグレースが出てくると思ったら
グレースは車内で鈍器で殴られ死亡していました。
ここからリアリティー・ショーをリアルに変えるほっさん登場です!

「花嫁は誰だ」大人気なんですね。
ナタリアは毎週楽しみにしていたし
カリーも観てたけど、デルコの方がいいんだってさ。勝手にしてください。
マキシンはテレビは観ないそうです。
花嫁候補者たちはば番組収録中は豪邸で共同生活状態。
ここで二ールのいない場面でもバトルが繰り返されるのはお約束です。
そして脱落したものはさようなら!ですけど
ネタばれされちゃうと困るので一か所のホテルに缶詰め状態です。

グレースを殺す動機があるのはケイトリン。
リムジン内を録画していたカメラをチェックすれば
二人の動きが分かるはずなんですけど
なぜか二台とも同時にカメラのスイッチが消され
その直後グレースは殺されていました。
そして鈍器はリムジン内に置かれたクリスタルのボトルのふただと判明します。
でも車内にはありません。

ドラマの収録が遅れ、リムジンの運転手は車を待機させねばならず
降りて一服している間に事件は起こったようです。
そして収録が遅れた理由は、二ールが怖気づいたから?
主役なんだからしっかりしなさい!とはいえうまくいかないんだね。

車内のカメラは無線妨害装置で止めることができました。
そしてこの装置が事件現場につぶれて落ちていました。
使っていたのは司会者のマティーニ。
花嫁候補者たちとリムジン内でよろしくやるためだそうで
ほらね、リアリティーショーって腐ってます。
もちろん候補者どうしのバトルも当たり前。
3番目まで残ったマリサはグレースの衣装をズタズタに切り刻んでました。
そしてグレースとつかみ合いを。
これも演技指導が入ってる。
本編で流れる可能性もあるんだもん。
できるだけリアルな演出の方がいいわけで、やり直しだって当然ですか。
そして花嫁候補者も二ールの花嫁の座を狙ってるわけではなく
この番組で名前を売って女優としてメジャーになることが目的、
マリサはそう言ってのけました。
なるほど、そうだったのか。

ほっさんがもう一度ケイトリンに話を聞こうとしたら
ホテル内にいるはずのケイトリンが失踪。
部屋に凶器のクリスタルのふたが落ちていました。
でもふたから検出されたのは蛇の毒。
そこでショーを観ていたナタリアが犯人を当てます。
蛇の毒入りクリームをスパで利用していたのはマリサでした。

証拠が突き付けられて白状するマリサ。
実は内緒で二ールと取引していて
自分を花嫁に選んでもらう代わりに、賞金の四分の三を二ールに渡す。
そしてさっさと離婚すると内緒の契約を交わしていたのでした。
ところが二ールがマジでグレースに惚れちゃって
あっさりマリサにごめんなさい宣告したから、マリサが怒ったんだよね。
そしてマティーニの無線妨害装置を盗み出し
一瞬のすきを見計らって、止まっているリムジンに乗り込むと
グレースをめった刺し。
ケイトリンはいなくなるし、マリサは脱走するし
脱落者のフォローはいい加減です。

グレースの件は片付いたけど
ケイトリン失踪は謎のまま。
実は室内に取り付けたカメラに映っていた不審者が
ケイトリンが子供のころ彼女を襲って傷つけ
長年服役していてやっと出所してきたキーナーでした。
ケイトリンは名前を変えて新しい生活をスタートしてたのに
テレビで彼女を観たキーナーは、彼女の首に付けた印をしっかり覚えていました。
そして自分を刑務所に追いやったリベンジのチャンスをうかがってました。

ここで役立ったのが候補者が参加賞としてもらったGPS付き携帯。
拉致されたときに身につけていて本当によかったね、
おかげさまでケイトリンの場所がわかり
船内で危うく氷漬けになりかかっていたケイトリンを
ほっさんが助け出します。
震えるケイトリンを抱きしめ温めてあげるほっさん。
こういう場面だけは妙に力を発揮します。
絶対にウルフにやらせてあげないんだもん。
またおいしいとこ取りのほっさんなのでした。

ドラマの展開は面白かったけど
あまりにも裏事情が暴露されてしまったアリティー・ショーに
すっかり興味を失ってしまいました。
本当はこうじゃないとどこかで言い訳してもらいたいものですが
観ている時間もないことだし、ドラマ一筋で頑張りたいと思います。

Law&Order SVU S5-#23 「老女殺人事件」

70歳になるドナ・ブルックスが自宅でレイプされ絞殺されていた。ドナの隣にリチャード・サットンが心臓発作を起こして倒れ、病院へ運ばれた。ドナは未亡人だが豪邸を所有していた。娘のジョゼットはドナがリンパ腫を患い余命一年と宣告されたので、家を売って家族と住むよう説得していたところだった。
ドナは複数の男性と関係を持ち、リチャードはその一人だった。リチャードには4人の妻がいたが三人は自然死し、四人目の妻は認知症で老人ホームへ入っていた。リチャードは何度もDVの通報をされていたが、そのたびに和解してきていた。リチャードの意識が戻り、彼がドナの部屋の暖房がついていたことを話したため、推定死亡時刻が変わってきた。また検視の結果、ドナの首を絞めたのは登山用のロープで、過去に同じ手口で二人の老女が殺されていた。SVUは老女を狙ったシリアルキラーによる犯行を疑う。
それまでに殺されていたクラウディアとスーザンの遺族の話を聞くと、二人ともガンを患っており、遺族は財産の相続権を得られていなかった。クラウディアとスーザンの担当医師は一緒だが、ドナは同じ病院で治療を受けていたものの担当が違った。しかし3人とも同じ在宅看護サービスを受けており、SVUは看護サービスRDHの院長に話を聞きに行くと、院長のマットスピーバック・は不在で妹のエマが対応し、3人がサービスを受けていたことを確かめる。マットはドナの看護を担当していたゲリーを、患者から物品を盗んだ罪で解雇していた。確かにゲリーはドナの時計を盗んでいたが、RDHの患者の記録が改ざんされ、ゲリーはクラウディアを担当していないのに彼女のカルテにサインさせられていた。ゲリーは記録の改ざんに利用され、窃盗容疑をかけられ解雇されたようだ。
ドナの遺産はGM基金に寄付されるとになっていた。QM基金はマットが設立したもので公益法人だとマットは主張するが、マットはギャンブルで多額の借金を抱え、闇金融から金の返済を催促されていた。マットは治療費として基金から金を得ていたが、治療した患者は実は過去に亡くなった人たちだった。しかもさらに数多くの申請書を出していた。マットの家から登山用具一式が見つかり、その中に犯行に使われたと思われるロープが出てきた。マットは第一級謀殺罪に問われ、保釈金50万ドルで保釈される。
SVUはマットの不正をエマも知っていると考えていた。その時マットがビビアンという女性に撃たれ死亡する。マットはビビアンの宝石を奪い絞殺しようとしたようだ。そしてビビアンも心臓発作を起こして死んでいた。だがビビアンの首に駐車の貼りの跡があり、ビビアンは空気注射を打たれて殺されたと思われる。ベンソンらはエマの自宅を訪ね、エマの母が心臓発作で亡くなったことを聞き出す。そして判事の許可を取ってエマの母の墓を掘り起こし、母も空気注射を打たれて殺されたことを確認する。
これでエマの殺害容疑が固まるが、エマの自白が得られない。ベンソンとステーブラーはひと芝居
を打ち、エマが常にマットの陰に隠れていて思い通りにいかなかったため犯行に及んだことを聞き出す。

殺されたドナは金持ちの未亡人で、70歳になっても多くの男性と付き合っていたようです。タンゴを習いに行って講師と親しくなり、続いてそこで知り合った30歳も若い男性と戯れ、今度はリチャードと関係を持っていたタフなドナですが、実はリンパ腫を抱え余命一年と言われていました。しかし朝の運動を欠かさないなどずいぶん前向きに生きてきたようです。
そんなまだまだ元気そうなドナが絞殺されてしまいます。首に残ったロープの跡に特徴があったため、相続いて起こった老女殺害事件と同様の手口だと判明します。その殺された3人に共通していたのが、ガンを患い余命いくばくもないことで、3人は同じ在宅看護サービスにかかっていました。その組織を調べていくうちに、3人の担当看護師が解雇されていたり、記録が改ざんされていたりしたことが明らかになってきます。しかも院長のマットが設立し、ドナが遺産を寄付するつもりだったGM基金は、マットの借金返済に利用されているようです。
詐欺師マットが老女たちを殺害したのではと調べはじめた矢先に、今度はマットが殺されてしまいます。一緒にいた女性も心臓発作を起こして倒れていました。ドナ達の首のロープの絞め跡が女性の犯行ではと考えていたSVYが疑ったのが、マットの妹のエマでした。一緒に病院経営に関わっているエマが、マットの詐欺のことを知らないわけがありません。エマは共犯だろうと睨んでいたところで、マットが殺されてしまいました。しかもマットを殺したと思われる女性の死は、意図的に起こされた心臓発作が原因でした。
エマから母親を心臓発作で亡くしたことを聞き出したベンソンらは、母親の遺体を調べる許可を取り付けようとします。これはなかなか困難でしたが、ケイシーはポーカー中の判事たちに無理矢理頼み込みます。SVUの判事たちが一堂に会しているのはなかなか豪華な眺めでした。
こうして母の墓を掘り出して遺体を調べると、首に注射の跡が残っていました。これで一連の事件はエマの犯行と考えて間違いないでしょう。しかしエマは決して口を割ろうとしません。そこでベンソンとステーブラーはひと芝居打つことにします。ステーブラーは突如ベンソンを怒鳴りつけ、だから女は役に立たないと威張り散らし男性上位丸出しです。普段のステーブラーには考えられない態度ですが、今度はベンソンが悔しくて泣くふりを。ここでエマは兄よりちょっと遅く生まれただけなのに、何でも兄がおいしいとこ取りし、自分に命令ばかりしてくるという悔しさを話し始めました。そして母を殺し、兄を殺したことで自由になったと認めます。
エマを演じているのは、Ally McBealのエレイン役でお馴染みのJane Krakowski。30 Rockにもレギュラー出演しています。

いつも通り容疑者の胸の内をはっきりさせてくれるSVUですが
エマはそんなにマットが憎かったのか
だからマットをシリアルキラーに仕立て上げたんでしょうか。
そして邪魔者は心臓発作を起こすことに。
かなり手の込んだ犯行ですね。
結局兄を殺してしまうのに、ここまで大勢巻き添えを食らう必要があったのかな?
首を絞められた人たちはいずれ近々亡くなる運命だったとはいえ
あれ、リチャードも空気注射されてましたっけ?
彼もステーブラーがせっせとCPRしなかったら危なかったかも。
そういえばエマ=アリーのエレインは
Everwoodにもドクター役でちらっと出演してましたね。

ステーブラーのベンソンいじめはなかなか面白かった。
みなさん演技派ですね。

Criminal Minds S4-10 「殉職警官」

アリゾナ州フェニックスでパトロール中の警官が
事件発生の無線を受けて現場へ駆けつけたところで
何者かに首を撃たれ死亡します。
立て続けに3人も殉職してしまったので
フェニックス警察はBAUに捜査の協力を依頼しますが…

フェニックスってアリソン・デュボアが住んでるところではないですか。
でもアリソンは警官が殺される夢を見ていなかったのかな(笑)
そして警察はやっぱりFBIの介入がお好きじゃないらしい。
最初は露骨に不快感を示し、
これはギャングのボスのプレイボーイの犯行だとさっさと決めつけています。
プレイボーイをしょっ引くには都合いいし。
ついでにスキャンロンみたいな頼りになる刑事もちょっといない感じ。

2度目の事件では現場についた警官の片方がミスをしたため
二人がずれて犯人に狙われる形となり、二人ともあっさり撃たれてしまいました。
でも3度目の事件ではそのあたりの連係プレーはきちんとできていて
犠牲になったのは一人だけ。
でも相棒を失った警官はショックです。
これでプレイボーイの容疑が固まったと警察はプレイボーイを連行してきます。
プレイボーイが絶対やっていないとわかっているモーガンは
この機会を利用して別のアプローチを始め
プレイボーイのシマを荒らしている奴を探させようとしました。

すると今度はギャングの部下が何者かに撃たれます。
彼は警察に恨みを持っていましたが、使われた銃が違うし別の事件のようです。
警察がなかなか動かない中でBAUは狙われているのは警官だけではないことを主張。
そして事件の発端がファイトクラブにあるのではと考えたのでした。

警察の尻を叩いて捜査をさせたモーガン。
彼は警官出身ですが、父も警官で殉職してるんですね。
アイルランド系じゃなくても代々警官が続いてるようです。
元仲間として、同じ苦労を知っている者としてのモーガンの言葉は
説得力ありました。

ファイトクラブでは皆偽名で戦っているために正体を暴けず。
でも負けても負けてもかかってくる男が怪しいのではと目をつけられました。
犯人が狙う、力を持つ者の対象がグレードアップしているために
次に狙われるのはBAU?
BAUは次に男が狙いそうな場所を定め
警察と合同で踏み込みに行きますがもぬけの殻。
この作戦は失敗でした…と思ったら違うんだよね。
実は失敗と分かって引き返すホッチが囮になっていたのでした。
犯人は見事に罠にかかります。
ホッチに銃を向けたことで御用。
ところがなぜかそこにプレイボーイが銃を持って現れ
やっと捕まえた犯人を射殺してしまいます。
それじゃダメでしょ!

プレイボーイは副官を犯人に殺されており
マジで犯人を恨んでいます。
それをモーガンがはっきりさせちゃったんだもん。
リベンジは当然でしょ。
ギャングのボスですから用意周到だし。
なんで警察はこのときプレイボーイを捕らえておかなかったかな?
それが無理だったとしても、最大限の警備をしてくれなきゃ。
こうなる結果は見えてるじゃないですか。
そんなわけでWATに続いて犯人の証言が聴けずに残念です。
45分で終わらせるにはすっきりな展開かもしれないけど
やっぱり法の裁きがなければすっきりしません、
ついでに犯人は喧嘩には勝てなかったかもしれないけど
銃の腕は確かじゃないですか。
首を狙って一発で当ててるんだもん。
卑下しなくていいのでは?」って犯人を褒めても仕方ないけど。

殉職した警官の葬儀に参列したモーガンは息子を励まします。
モーガンの言葉を胸に刻んだあの子は、将来警官になるのでしょうか。

Without a Trace S5-#1 「盗まれた子」

ようやく念願のS5スタートです。

ブライアンとトッドが家にいると
お父さんが自分たちを強引に連れ出そうとします。
ブライアンは窓を割ってなんとか家から抜け出しましたが
トッドを連れていくのは無理でした。
ブライアンは警察にトッドを連れてかれたと報告します。
でも他には詳しいことを語りません。

最初は父親の虐待かと思ったら
もっと話は複雑でした。
トッドは数日前父親のランドールが
友人から頼まれて預かることにしたと言って連れてきた子でした。
サマンサがブライアンの話を聞き出しますが
なかなか真実が見えてきません。
調べていくうちにランドールやブライアンが偽名で
しかもブライアンはランドールの子ではないことがわかります。
ランドールと呼ばれる男は子供を誘拐し育てていたのでした。

このテーマもいろいろなドラマで観ています。
誘拐した男が性犯罪者だったりすると連れてこられた子は本当に不幸ですが
親代わりになって一所懸命育ててくれる場合もあり
本当に小さい頃連れ出されたら、
子供もその人がお父さんやお母さんだと信じ切っているので
事件が解決して本当の両親のもとに戻されたら
かえって面喰ってしまうこともあるようです。
子供が連れ去られた時すぐに誘拐事件として
捜索班が動き出してくれればいいのですが
ブライアンの場合は川辺で姿を消したので
両親は川に流されてしまったものと諦めざるを得なかったのが
本当に気の毒でした。
そして連れ出された子供の方もある程度物心が付いていると
親元へ戻りたいと思うでしょうが
監禁されていたりしたらその手段も見つからないし
大人しく従うしかないのでしょう。
それにしてもこれだけたびたびドラマのネタになるってことは
実際によくある事件なのかな。

シーズンプレミアの割には暗すぎてめげました。
追い詰められたランドールは自殺してしまうし。
容疑者が死んでしまうと尋問や裁判の楽しみがないからつまらないです。
WATの場合は容疑者を裁くより失踪者を助けることがメインだから
仕方ないかもしれませんが。
ブライアンの両親が見つかり、不安を抱えながらも
ブライアンが本当の家に帰れたのはほっとしました。

キャストの方も特に変化なし。
今回はサマンサがうまくブライアンに話を聞き出していました。
マーティンの髪がどんどん短くなっていく…
M7のヴィンが理想のガンマン=理想のEricな私には
ちょっと寂しいかな。

Glee S1-#5 「The Rhodes Not Taken」

音楽がツボでした♪幸せ

レイチェルはサンディのもとでミュージカルのレッスン中
「キャバレー」を歌うべく頑張っています。
一方レイチェルのいないグリーはもう一つしまらない。
ソロパートを手分けするといってもパンチが効きません。
しかし相変わらずDon't Stop Believin'をやってるんですね。
ウィルはエマとカフェに行ったとき、ウェイターのお兄ちゃんが
まだ学校を卒業していないからグリーにいられると教えてくれたのを聞いて
ふとひらめいたのでした。
エイプリルがいる!

エイプリルの歌声は天下一品。
ウィルが1年生だった時3年生だったエイプリルは
ウィルの憧れの人でした。
しかも3単位足りなくて高校を卒業できていない。
エイプリルがグリーに戻れる可能性があります。
エイプリルをネット検索したらあっさり見つかり
ウィルはエイプリルと待ち合わせをします。
そこは豪邸。でもエイプリルは昼間から酔っ払ってます。
実は売り出し中の家に勝手に居座っていただけだったのでした。
ブロードウェイを夢見たエイプリルは、結局飲んだくれ状態でした。

エイプリルがグリーに参加して一曲ご披露。
ウィルは聴き惚れていますが、みんなは違和感ありげです。
まず年が違いすぎるし。
あまり歓迎してない雰囲気を漂わせていたら
エイプリルの方が買収してきました。
酒を飲まされたカートはすぐに言いなりに。
メルセデスやティナもエイプリルを認めます。

一方レイチェルはサンディが自分を認めてくれないのでやる気が失せてました。
するとフィンが声をかけてくれます。
一緒にボウリングへ行こう!
ボウリング初挑戦?なレイチェルはフィンととても楽しいひと時を過ごしました。
すっかりいい気分になって、戻ってきてほしいというフィンの提案も受け入れ
思わずキスまでしてしまいます。

エイプリルの入ったグリーが練習していると
突然クインがトイレに駆け込みます。
みんなが心配していたら
パックがクインの妊娠を激白
しかも相手がフィンだとばらしてしまいます。
グリーに戻ろうとしていたレイチェルはそのざわつきを見てショックを起こします。
フィンはグリーが州大会で優勝したら奨学生として認められ
子育てをしながら学ぶことができるとエマに言われたために
なんとしても勝って奨学金を得るために
レイチェルの力が必要だったのでした。
下心を正直に話すフィン。
レイチェルへの気持ちは本物だとしても、レイチェルは受け入れてくれません。

いよいよ発表会。
エイプリルはしらふでいることを約束したのに酔っ払ってきてしまいます。
もちろん舞台は大盛況でしたが、エイプリルはここが自分の居場所じゃないと気付きます。
そして舞台を降りることに。
すると代わりに入ってきたのが入ってきたのがレイチェル。
今こそ友達を助ける時だとグリーに戻ってきたのでした。

エイプリル役にKristin Chenoweth。
Pushing Daisiesをすぐに挫折してしまったのですが
彼女の素晴らしい歌声は聴いていました。
今回も見事な美声を披露。
ボウリング場で突然ウィルとカラオケデュエットした
HeartのAloneがとてもかっこよかったです。・
舞台で歌ったのはCarrie UnderwoodのLast Name。
ひとりだけピンクのド派手ファッションがお似合いでした。

でも一番の感動はラストのQueenのSomebody to Love
サントラを買った時一番映像が観たかったのがこの曲でした。
QueenこそGleeにぴったりのアーティストですからね、
特にこの重厚なコーラスが存分に楽しめること間違いなし。
CDでもたっぷり味わってきたけど
映像で観ると演出はシンプルでも迫力十分。
さすがGleeだと大満足しました。

この頃のQueenが大好きで
「オペラ座の夜」とこの曲が収められている「華麗なるレース」
そして「世界に捧ぐ」の3枚のアルバムをとにかく聴き倒しました。

華麗なるレース(紙ジャケット仕様)華麗なるレース(紙ジャケット仕様)
(2004/02/11)
クイーン

商品詳細を見る


「華麗なるレース」では最後に収められている
「手を取り合って」を日本語で歌うのが楽しかったけど。
そんなに好きなQueenでしたが、なぜか来日公演に行きそびれ
この次でいいやと諦めていたらフレディが亡くなってしまい
それ以来観たいライブは意地でも行くと決意した次第です。
ついでに今は亡きコマ劇場で、Queenのミュージカルも観たっけ。

さて今夜WOWOWでQueenの1986年ブタペストライブがオンエアされます。
なんとタイムリーな!
フレディがメインに立つラストライブです。
今度は本物をじっくり味わいましょう。


Brothers&Sisters S3-#20 「失踪」

トミーが姿をくらましメキシコへ行ってしまったことを
ケヴィンとジャスティンはノラになかなか話せません。
今日はセンターの開所式っでウォーカー一族が集まっているのに。
いつもだとこのままずるずる隠し続けるんですが
今回はノラがすぐにトミーを探し始めたので
仕方なく二人は口を割りました。

いずれ帰ってくるだろうと待ちつつ
でもこのことはレベッカには秘密。
ノラがジュリアのところへ行くと
ジュリアにはトミーからちゃんと説明があったようです。
ノラはとにかくトミーから連絡があったら伝えてほしいと頼みます。

ロバートは相変わらずイライラ。
息抜きしたくなったキティはエヴァンを連れて公園へ行きました。
すると男の子を連れたお父さんと出会い、いつの間にか話がはずみます。
ライアンはレベッカに母の死の真相を探る手伝いを頼みますが
そこにジャスティンがやってきます。
ジャスティンはレベッカにもう一度やり直したいと提案。
レベッカも受け入れます。
ライアンは友達ということで。
レベッカはジャスティンにライアンに優しくしてほしいと頼みます。
サラはグリーントピアが軌道に乗り出し
カイルとイーサンたちも自力で頑張っています。

センターの開所式。
ロバートにとっては病気後の最初の大きなイベントでした。
もうすっかり元気になっているから心配はいらないとアピールしたくて
張り切っているロバートの姿がキティに不安を覚えます。
でもロバートはセーブする気なし。
キティが諦めていたら、この間の公園のお父さんに会ってしまいました。
アレックという名の彼は、奥さんをがんで亡くして
シングルファーザーとして子育てしており
慈善活動などにも力を注いでいるようです。
キティはアレックとさらに親しくなります。

だがロバートは本調子ではありませんでした。
スコッティが気がつき、開所式に来ていた小児科ドクターを呼びます。
すぐに病院へ行った方がいいと言われますが
ロバートは救急車を断りました。
病気のことをなんとか隠しておきたい、その気持ちはわかるけど
あとで何でもないというそぶりを見せるロバートに対し
キティはますます距離を感じてしまいます。
一方ノラはオーハイの役員たちに
トミーの告訴を取り下げてほしいと根回しします。
ジャスティンとライアンは顔を合わせますが
ジャスティンがレベッカにトミーのことを話していないことを知って驚きます。
ジャスティンはいつの間にかライアンを邪魔者扱いしていました。

サラは自分がトミーの代わりにオーハイに入ることを決め
グリーントピアはカイルらに任せることにします。
そして役員会でトミーにはそれなりの処罰を与えたので
告訴を取り下げてほしいと頼んだら
ホリーはあっさり受け入れてくれました。
ここにきて急にトミーは家族の一員ですか?
ありがたい話だけど、ホリーの心変りも唐突です。
デイヴィッドの影響が大きいと思うけど。
これで安心してトミーは帰ってこれる。
ノラはジュリアにその旨を伝えます。

ジャスティンに冷たくされたライアンは
レベッカにトミーの失踪を伝えます。
またジャスティンは秘密を作っていた。
レベッカはジャスティンとよりを戻すことを断ります。
このウォーカー家の固すぎる結束力がまずいんですよね。
ライアンはなかなか賢いし機転が利くし
ウォーカー家に染まっていない分いいなぁと思うんですが
レベッカに手伝ってもらって母の事故を調べはじめたら
亡くなった前の晩ウィリアムと一緒に過ごしていたことがわかります。
もしや自殺の原因はウィリアム??

トミー役のBarthazar Gettyがドラマを降板するために
こんな大掛かりな事件&失踪劇が組まれたというのが裏事情なんですけど
S4の途中でトミーは戻ってきます。
ということはライアンがトミーの失踪の間の穴埋めに入ってきたキャラだったのかな?
もちろんレギュラーの座を獲得しているから、この投入は成功したんでしょうが
ドラマ制作も大変ですね。

CSI:Miami S7-#21 「恐怖の整形手術」

原題「Chip/Tuck」
その通りN/Tの見事なパロディでした。
ショーンとクリスチャンがハリウッドに移転してしまったら
しっかりマイアミに後釜にいたとは。

NipじゃなくてChipなのは
冒頭の木材粉砕機のこと。
大金持ちのコルヴェット家では朝8時から
植木屋が木材粉砕機を動かしてるらしいですが
それって自宅前でゴミを撒き散らしてるってことなんでしょうか。
まず素朴な疑問。

ところが撒き散らしていたのは、木材じゃなくて遺体。
たまたま騒音がうるさくて訴えてやると出てきた隣人が
血しぶきを浴びつつカメラを回していたので状況が把握できました。
ここからの検視が大変。
Bonesレベルの遺体ですからね。
しかも骨もボロボロ。
それを拾ってたのがタラとカイル。
カイル、真面目に働いてるじゃないですか。
しかもジェファソニアンの人達がやってるような仕事を。
本当にご苦労様です。
幸い大腿骨が残っていて色から白血病患者だと確認され
骨髄移植を受けているからドナーのDNAがわかるかもと検索が始まります。
そして被害者が判明。
美容整形外科医のイーサン・リーガーでした。
イーサンはショーン・ロフティンと共同でクリニックを経営。
だが白血病にかかり、娘の骨髄を移植して元気になったものの
今度は妻を交通事故で失ってしまいました。、
ショーンとクリスチャンの不幸を一気に引き受けているようです。
そしていきなり粉砕機でチップ状態ですか?あんまりだ…

イーサンは事件があったときコルヴェット家に往診に行ってました。
妻のエリザベスが家から出ようとしないのですが
デルコが事情聴取のためにエリザベスに会ったら
これは明らかに整形手術の失敗。
デルコも返す言葉がありませんでした。
金持ちの奥さまが何故こんな目に遭わされるのか。
イーサンは造りたい顔があったみたいですが
計画通りに手術ができませんでした。
ショーンやクリスチャンより腕が劣るってこと?

一方ほっさんはクリニックの患者リストを調べていて
ロン・サリスが治療を受けていたことを発見。
燃えちまえ!で燃やしたはずのサリスは
しぶとく生きていたのでした。
やれやれ。
サリスもイーサンの治療を受けてましたが
犯罪者であることがバレバレなのでイーサンは手を引きたがっていて
サリスに逆恨みされて車のタイヤを切られてました。
さすがに怖いマイアミ。
ショーンとクリスチャンもずいぶん怖い思いをしてましたが
自分たちも十分怖いことをしてました…
そしてほっさんとサリスのご対面。
お互い闘志むき出しです。

イーサンをチップにした犯人を教えてくれたのは
チップと一緒にくっついていた虫でした。
それは不潔な髪につくダニで
安いカツラに使われた死んだ人の毛にくっついていたようです。
そして事件を映していたカメラに映っていた腕時計から
まず高校生のルーカスが事情聴取を受け
でも犯人は若々しいお母さんのボニーだったのでした。
整形ですっかり別人と化したボニーは家に帰らず
ルーカスは不満を募らせていました。
一方ボニーはイーサンに整形してもらって人生がばら色になり
イーサンとの関係も親密になっていくんですが
イーサンの死んだ妻が整形語の自分の顔にそっくりなことを知ってショックを受けます。
自分は死んだ奥さんの代用品か?
そりゃ怒りますよね。
そうしてイーサンはボニーの手で粉砕機に放りこまれたのでした。
エリザベスで失敗したけどボニーでは成功。
イーサンはそれなりの腕だったってこと?
エリザベスの顔は自分の目標とはかけ離れていたのでしょうか。
ちなみにボニーを演じたBrooke Burnsは
本物クリスチャンの別れた奥さんだそうです。
配役までN/Tしてたとは。

ほっさんはサリスが関わってる部分の分析だけは
自分で白衣を着てやってましたね。
相変わらず我が道を行きすぎです。
しかもサリスは警察が抱える情報屋扱いとなってしまいます。
もうほっさんが「燃えちまえ!」と燃やすわけにはいきません。
この仕打ちをほっさんは許せるのか?

Law&Order SVU S5-#22 「Painless」

画家のクリスティナ・ネリットが、自宅のベッドの上で顔をビニール袋で覆われ窒息状態で掃除婦に発見される。レイプされた痕跡はなかったが髪が濡れていた。トイレに付着していた尿を調べると、犯人は重い腎不全にかかっていることが分かった。部屋にはホテルケネディの2人前の朝食のレシートが残っており、ホテルのレストランのウェイターは、クリスティナは高級スーツを着た男と食事に来たが急に騒ぎ出したと話す。男はクリスティナが勤務する出版社の上司ハーマンで、クリスティナの昇進を祝っていた。
クリスティナの意識が戻り、クリスティナは犯人に脅され、ベッドで裸にされて手錠をかけられレイプされたと説明する。だがクリスティナは犯人の顔を覚えていなかった。路上に設置されたカメラの映像を調べると、クリスティナが帰宅した後ハーモンと思われる男がアパートから出てくるのが確認された。ハーモンを問いただすと、彼はクリスティナと浮気していたことを認めるが、別れ話を切り出して泣かれたと弁明する。そのときメリンダから連絡が入り、腎不全の犯人は女性だとわかる。レイプは偽装かもしれない。マンチがクリスティナに話を聞くと、クリスティナは突如あれは犯罪ではなかったと否定をし始め、けいれんを起こして倒れてしまった。クリスティナは低血糖ショックで死亡。病院でインスリンを大量投与されていた。
クリスティナのPDを調べると、「Catch the Train」という自殺サイトにアクセスをしていた。クリスティナのハンドルは「来世の友」で「指揮者」とチャットを繰り返していた。クリスティナは自殺の失敗に懲りて安全な方法を選んだのかもしれない。クリスティナの妹のアリソンはクリスティナの荷物を片付けていて、インスリンが送られてきた箱を見つける。送り主は不妊クリニックに勤務する医師のエイミーで、彼女が「指揮者」だった。
自殺サイトのオーナーのエイミーはクリスティナとは面識がなく、チャットで警告したと話す。しかしカメラの映像にはハーマンが出てきた後アパートを出るエイミーの姿が映っていた。エイミーはオールポート症候群で聴力を失い腎不全を患っていた。またクリニックのエイミーのデスクにインスリンがあったために、SVUはエイミーを自殺ほう助の罪で逮捕する。
エイミーは5年以上も人工透析を続け、腎性骨ジストロフィーを併発していた。苦しみに耐える中でエイミーはクリスティナに自殺を勧めたと考えられた。インスリンを持ち込んだのがエイミーで、注射したのがクリスティナだと証拠もつかんだ、検察はエイミーの自殺ほう助を訴え第2級故殺を求刑するが、弁護側は言論の自由を前面に出して陪審の同情を買い、判決不能が言い渡される。
マンチは自殺の手助けが認められることに納得いかない。するとアリソンがクリスティナが自殺未遂を起こした夜、「次の列車で旅立つのよ。2人分持参するわ、」と留守電に吹き込まれていたと伝えてくる。電話をかけてきたのは通信機器を使って声を合成したエイミーだった。エイミーは心中を約束したのに死ななかったのだ。再審を請求すればエイミーは大義名分を守るだろう。
そのときエイミーの担当医から、彼女にマッチした腎臓が見つかったとの連絡が入る。マンチはエイミーに腎臓を移植させようとするが、エイミーは拒絶する。マンチはエイミーに死なないで欲しいと願う。
 
女性がレイプされ、窒息死させられそうになった事件。被害者のクリスティナは一命を取り留めますが、事件の全容を語りたがりません。また犯人の残した尿から、犯人が腎不全を患っている女性だと判明し、事件とどう関わったのかが分かりにくくなってきます。意識が戻ったクリスティナがパソコンにこだわり、その後マンチと話しているうちに突如低血糖のショックで死んでしまいます。クリスティナは大量にインスリンを投与されており、彼女が自殺サイトで言葉を交わしていたエイミーが容疑者に上がってきます。エイミーは遺伝性の腎臓病であるオールポート症候群にかかっており、そのせいで人工透析を続け、また聴力を失っていました。腎臓移植をするにも彼女に適合する腎臓が見つかりません。苦しんでいたエイミーはブログを書き始めたら共感者が集まり、クリスティナもその一人でした。死にたいという人には命のありがたみを伝えている。自分がサイトの仲間を救っているとエイミーは断言します。エイミー自身死にたくなるけれど、サイトが彼女の生きがいでもあったのでした。
エイミーがクリスティナの自殺を助けたという証拠はつかんだものの、裁判で弁護側は言論の自由を主張。殺人サイトに罪はないと訴えます。ケイシーは自殺未遂者の多くが生きていたことに感謝していると反論しますが、陪審員の意見が一致せず判決不能となってしまいました。
自分の腕の中でクリスティナが死んでいったマンチは、自殺サイトが合法であることが許せません。そして姉の自殺を止められなかったと悔やむアリソンを慰めます。
エイミーがクリスティナにかけた電話の内容が明らかになり、エイミーが心中を持ちかけてそうしなかったことがわかります。もしエイミーが有罪となったとしても、自殺サイトが存在する限り事件は解決したとはいえない。罪のない人たちが死んでいくことになるとマンチは不満を述べます。やがてエイミーに適合した腎臓が見つかり移植の話が持ち上がりますが、エイミーは拒否します。エイミーは刑務所で生きたくなかったのです。
マンチはエイミーを説得するために自分の過去を語り始めます。子供のころマンチの父は頭を撃ち抜いて死亡。その直前マンチは父に生意気だと怒られ、思わず大嫌いだと言い返したのでした。それが父と話した最期の言葉になってしまったことを、マンチは今でも後悔していたのでした。僕は父を救えず、エイミーはクリスティナを救えなかった。僕を助けると思って死なないで欲しいとマンチはエイミーに腎臓移植を勧めたのでした。マンチはこれを人に話すのは初めてと付け足しています。
エイミーを演じるのは聾唖者ですが、数多くのドラマで素晴らしい演技を披露しているMarlee Matlin。The West Wingのルーカス役が記憶に新しいですが、Mark Harmonとの絶妙なコンビを楽しませてくれたReasonable Doubtは見ごたえがありました。Marleeは本エピでエミー賞のドラマ部門ゲスト女優賞にノミネートされています。

マンチがクローズアップされるエピソード。
ホミ時代からのお付き合いですが
そうか、マンチにそんな過去があったのか…
自殺を許さないという強い思いに感銘を受けました。
いつもは冷ややかなマンチがかなりマジでしたからね。

マンチ役のRichard Belzerは本当に父親を自殺で失っています。
だからこそマンチの言葉に説得力があるのですが
じゃあマンチはどうかというと
マンチの父は警官で撃たれて死んだらしい…
もうホミの記憶が薄れちゃっているんですが、SVU本にはそう書かれていました。
これってどうなんだろう。
整合性がなくてもよろしいのかな?

まだBK再会エピを観ていません。
忙しくて検索する時間もなくて。
早く観たいんですが、しばらくお楽しみ状態にしておきます。

CSI:NY S5-#8 「私の名はマック・テイラー」

いつもは土曜日に観ているCSIシリーズですが
NYの時間にどうしても他の番組を録画しなくてはならず
仕方なく字幕版での視聴となってしまいました。
いつもとちょっと違った気分で新鮮だったけど。

今回が100回記念エピだったんですね。
本編の前にS1~S4の人気エピソードランキングが紹介されてましたが
1位はどれも納得でした。
やっぱりほっさん出てきたし。

今回はマック・テイラーが命を狙われるエピソード。
最初のマックは撃たれて死亡。
次のマックは階段から突き落とされて死亡。
こちらのマックも水泳しながら
不審な人影が気になっていました。
次の犠牲者となるマック・テイラーは誰?

NYにたくさんマック・テイラーがいるんですね。
だっていかにもありがちな名前だもん。
ステラ・ボナセーラはそんなにいないと思いますよ。
しかも略称マックになる名前が多々あることも判明
マッカーサー、マカビー、マキャベリ、マッキンリー、マクドナルド、マッキヨ
何しろマッケンドラっていう女の子だってマック・テイラーなんですから
マック・テイラー、あまりにも平凡すぎです。

マッケンドラさんが不審な男に車のキーを見せるように言われ
抵抗したら怪我をしたから
犯人はマック・テイラーという名前の人物と特定の車を探しており
どのマックなのか認識はできていないということがわかります。
このままの状態ではNY中のマック・テイラーの命が脅かされるので
署にマック・テイラーを集めてしまいました。
集まってきたのはCSIマックとは似ても似つかぬ人たち。
しかもEverwoodのジェイクまでマック・テイラーなんですか??
これはかなり意外でした。
でもキャラ的にはジェイクだったかも。
なんだか落ち着きがなくて軽そうなんだよね。
ジェイクそのものな記者のマックが怪しいと踏んでいたら案の定でした。
わかりやすすぎです。

結論はジェイクなマックがひき逃げ事故を起こし
日系の北野さんを放置して去ってしまったことがありました。
BFの岡さんは北野さんの死を受け入れられずリベンジを決意。
轢いた車の車種と、駐車場の借主の名前「マック・テイラー」から
犯人を突き止めようとしていたのでした。
しかし片っ端からマック・テイラーを殺さなくても。
実は二人目マックは事故だったようですが
岡さんは今度は公園に祭壇を作ってガソリンをかぶり
焼身自殺するつもりになってました。
岡さんも日系の人だと思うけど
祭壇はすっかりアメリカナイズされてる気がしました。
まあそんなものでしょう。
ステラたちは真相を聞き出し、岡さんを止めようとしますが
岡さんは炎の中に飛び込んでしまいます。
100回記念なのに暗すぎる。

今回のエピは100回記念エピということで有名人が多数出ていたようです。
女性マックはBruce WillisとDemi Mooreの娘だし。
確かに両親の面影があるかもしれません。
犯人の岡さんはMILKのマイケル・ウォンでした。
その他ミュージシャンやらいろいろ出ていたみたいですが
やっぱりジェイクがマック・テイラーなことがおかしかったです。

Criminal Minds S4-#9 「危険な出会い」

セレブな娘ヴァネッサが妹とクラブへ出かけ
男に誘われた後自宅で殺害。
ヴァネッサは腹部を刺され、しかも自分で床に付着した血液を拭かされており
サディストの犯行と思われます。
しかも過去に娼婦が同様に殺される事件が2度起きていました。

トッドはヴァネッサの母や妹から情報を聞き出すために
自分が事件の被害者の家族だという話をでっち上げうまく誘導しますが
嘘をついたことをホッチが厳しく指摘。
まだトッドはBAUのやり方がわからず戸惑ってるのはわかるけど
郷に入れば郷に従うことは大事です。
 
クラブにいた容疑者と思われる男性はハットとカラーコンタクトで目立っていたようですが
もうひとつ情報が曖昧。
でも似顔絵を公開して報道したら、幸い未遂に終わった元娼婦が名乗り出てくれました。
そして容疑者の目の上の傷は自分がつけたと話します。

容疑者は新聞で娼婦を探しつつ、自分を変える努力をしていたみたい。
同じページに「モテる男になるための方法」を教える講座が載っていたので
プレンティすはチェックを入れました。
主催者のバイパーと名乗る男は自信満々。
いかに女性を自分のものにするかを語りつつ
プレンティスを誘惑してきます。
プレンティスはそれを逆手にとって、トッドと結託して
クラブに現れたヴァイパーを挑発。
彼の指導内容にトラウマになってる女性にリベンジせよという項目があることをつかみます。
プレンティスとトッドのコンビは色気を感じさせつつ
見事にヴァイパーをやりこめていました。
トッドの働きぶりにホッチも納得。
プレンティスのお手柄ですね。

リード君はバーテンのオースティンにマジックを見せ、ちょっと親しくなります。
そして名刺を渡したら、そのあとでオースティンは
容疑者らしき男が女性を誘惑しようとしている現場を目撃。
すぐに機転を利かせ女性を奥に連れ出しますが、
リード君に連絡しようとしたところで拉致されてしまいます。
次のターゲットはオースティン。
BAUは必死で犯人とオースティンの行方を追います。
そして犯人の母がヴァネッサの家で働いていて
息子を連れてきたらヴァネッサにいたずらしたため
ヴァネッサの母に折檻されていたことが明らかになります。
これでリベンジの原因もわかりました。
BAUは犯人の家に行き、危機一髪でオースティンを助け出します。
その後リード君のところへオースティンから手紙が。
リード君の名刺にキスマークがついてました。
女性が相手だと実にうぶなリード君。
でもオースティンを救いだしたときは頼もしかった。
これが恋に発展…はなさそうですが
いつリード君の本物の恋が観られるのかな。

犯人を演じていたGabriel Oldsはいろいろなドラマで顔を見ている
ちょっとお気に入りの俳優です。
最近ではSVUのS5-#1「妊婦拉致事件」で拉致された妊婦のBFのダニエル役を演じていました。
複雑なキャラクターを演じることが多いです。
今回はマジな悪役でしたが。

Life on Mars #4 「息子の想い」

男が女性を無理矢理車に乗せようとしている場に出くわしたサムは
女性を解放し男を捕まえますが
その女性がなんとサムの母のローズの73年の姿でした。
思わずママって呼びたくなるけどそうもいかず
とにかく二人を署に連れて行って男を誘拐容疑で逮捕しようとしますが
ローズは誘拐ではないと否定します。
しかも男はジーンたちと親しげで
いつの間にか酒を酌み交わしています。
やがて男のボスが現れサムたちはボスの経営するクラブに呼ばれます。

70年代のクラブってこんな感じなのかな?
BGMはT.RexやThe Vervet Underground。
まさに彼らの全盛期です。
ところがサムはNirvanaのTシャツを着ている若者を見つけてわけがわからなくなり
今度はジム・クロウチがいるのでビックリします。
サムはジムのファンで喜んでますが
小型飛行機には乗らないようしっかり警告していました。
ジム・クロウチはフィラデルフィア出身のシンガーソングライター。
フォークロックの第一人者でしたが
73年9月20日に小型飛行機の墜落事故で亡くなっています。
そういえばマーク・ボランは自動車事故でしたね。
サムと微妙に関わりがあるかも。

クラブの経営者はマフィアの一員で
ジーンたちは賄賂を受け取り、トラブルが遭っても観て見ぬふりをしています。
サムも金を渡されたけどそれは絶対許せません。
しかもローズがクラブで働かされていたことを知ってしまいます。
父が抱えていた借金の肩代わりに、ローズは苦労を強いられていたのでした。
サムは母ともう一人の自分のために
なんとか今の状況を食い止めたいと思います。
ローズに金を渡そうとしてみたり。
ローズにとっては見ず知らずの刑事が
突然自分や息子を気遣ってくれるのが不思議でたまりません、
でもサムにとっては一大事。
なんとかできないかと必死です。
しかも自分が未来から来た息子だなんて言えないし。

不正を暴きローズに感謝されたサム。
でもローズにとっては親切な刑事さんにすぎないんだよね。
なんというもどかしさ。
この流れはオリジナルも一緒でした。
そしてダメな父親の姿が気になるんですけど
アメリカ版はあの人だから!
早く顔が観たいです。
そしてジーンは今まで受け取っていた賄賂を
こっそり燃やしていました。
次第にサムに感化されていくジーンですが
やっぱりオリジナルよりいい人に見えちゃうんだね。
ハーヴェイさんのキャラのせいですか?

今回もT.Rexの「Get It On」やThe Holliesの「喪服の女」などが使われ
心地よく楽しませてもらいました。
「喪服の女」は72年の彼らのヒット曲。
リードボーカルのアランが一度抜けた後再復帰して出した曲で
イギリスではそれほどでもなかったのに、アメリカではチャート2位まで上がりました。
The Holliesは大好きなバンドで、アルバムもすべて持っています。


Glee S1-#4 「Preggers」

カートがゲイであることはお父さんに秘密。
でもBeyonceのSingle Ladiesの振り付けをしていたらお父さんにバレちゃって
急遽アメフト部に入って自分の別の力を示すことにしました。

でもカートがアメフトなんてできる??
まるでイメージじゃなかったのにSingle Ladiesを踊ってからだとキックが完璧。
ケンはカートの能力を信じることにします。

さて試合当日。
案の定チームの調子は芳しくなく、相手にどんどん点を取られてしまいます。
仕方ない、これでやるっきゃないとチームが一丸となって始めたのが
Single Ladiesの踊り。
試合中にありえないでしょ!でもGleeの場合は許せます。
そのあとパワー発揮で見事に作戦成功
そしてカートはソロで踊ってから大役を果たすことができました。
お父さんは大喜び。
カートはあとでお父さんに勇気を出してカミングアウトします。
でもお父さんはカートがゲイであることにとっくに気づいていました。
よかった!

スーは新たなグリー部潰しを計画。サンディを巻き込もうとしています。
ちょうどグリーブではWestside Storyを練習中、
でもウィルはTonightのソロをティナに任せようとしているので
レイチェルは「腹を立ててしまいます。
そしてグリーを抜けてサンディのところへ行くつもりになっています。
一方クインの妊娠が発覚。
本当の相手はパックなんだけどフィンのところに妊娠の事実を持ちかけます。
フィンは相当のショック。でも覚悟を決めようとしています。
するとその話を聞きつけたテリーは
もうウィルに妊娠を隠しておくことが辛くなってきたので
クィンの生まれてくる子に目をつけ始めました。

アメフトの試合シーンが楽しくて、他はあっさりスルーしちゃった感じ。
今日のメインはSingle Ladiesでしたが
サントラにはレイチェルがソロで歌っていたTaking Chancesが納められています。
今回は本編の後Beyonceのプロモビデオが入っていて
原曲を改めて聴けるのはいいなと思いました。