INDEX    RSS    ADMIN

5月のドラマ視聴計画

ますます忙しくなること必至。
そろそろリタイア決定しそうなドラマもいくつかありますが
できる限り頑張りたいです。

☆NHK教育
90210 S1

子供たちの恋愛はどうでもいいです。
元青春白書していた人たちのその後が明かされるのが楽しいのと
ナットさんがお元気なので継続中です。

☆NHK BS
Desperate Housewives S5

ブライアンじゃなくてジャクソンがなかなかいい味出してるじゃないですか。
英米QAFな人たちの活躍を見逃せません。
そしてデイヴが何を考えてるのか不気味!

☆WOWOW
CSI S9
CSi:NY S5
Criminal Minds S4
Medium S5
Generation Kill

本家は味わい深いですね。
キャストは変わっても楽しめそうです。
そしてやっぱりMediumは面白い。
相変わらずジョーは理想的ダンナを続けていて立派です。
そしてイラク戦争のミニシリーズ、Generation Kill。
Leeが出ているのでしっかり観る予定ですが
ミニシリーズは溜め込んでしまって、なかなか手が付けられないのでどうしよう。

☆AXN
Elie Stone S1
Identity

イーライはマッタリ楽しんでいます。
Drアボットとシドニー父のコンビは目に優しくていい感じ。
でもアボットが普通のオヤジなのがちょっと欲求不満です。
イギリスのミニシリーズIdentity(IDクライム)は
1話観てハマりました。面白い!
そしてジョン役のAidan Gillenがカッコイイ!
捜査官とは思えないラフな雰囲気が素敵です。
ボルティモアの市長はやはり風土に合っていなかったということで
イギリスに戻ってきてくれてよかった!
というわけでこちらが本家QAFな人なんですけど
さらに愛を注いでいきたいです。

☆FOX
Numb3rs S4
NCIS S5
Glee S1
Castle S1
Leverage S1
Lie to Me S1
Ghost Whisperer S4
Californication S1

どうしてこんなにあるんだ?
Dollhouseはリタイアしました。
Castleが微妙です。
他のドラマに比べて個性が乏しいというか。
Ghostはちょっと飽きてきてしまったので、もう少し様子見かな。 
Californicationは30分枠でお気楽に楽しめるので続けるつもり。
GleeのS1前半が終わってしまうのが寂しいです。
後半はいつから始まるのでしょう。

☆FOX CRIME
Law&Order SVU S6
Dexter S4
Spooks S3

SVUとDexterが2話ずつ進むのは一段落したようで
ちょっと余裕ができるかな。
Dexterも一挙放送ではなく毎週ちまちまと進んでいます。
そしてMI-5が始まるとあっちこっちで時空女刑事に
お目にかかってしまうことがわかりました。

☆Super!ramaTV
Without a Trace S5
Gossip Girl S2

WATでの潜入捜査は禁止してもらいたいです(泣)
今シーズンの勘違いぶりにちょっとついていけなくなりかけてますが
じっくりと考えさせられるエピもあるので、
しっかりお付き合いしていきましょう。
ちょっとGossip Girlのぶっ飛びの世界も辛くなってきましたが
まだ大丈夫かな。
The Nentalistは6月からお付き合いします。

☆AXNミステリー
Life S2
Life on Mars
White Collar
Post Mortem
The Prisoner

ようやくWhite Collar復活。
Post Mortemはドイツ版CSiなんでしょうか。
予告編をちらっと見た限り皆さん検視官の専門家に見えたんですが
そうなるとジョーダンに近いのかな?
ドイツ語の響きが聞こえるだけで幸せなので
早速チャレンジ予定です。
Lifeの後番組の「プリズナー No6」も
一応トライしてみようと思っています。

☆チャンネル銀河
Dr.Quinn,Medicine Woman S5

ただ録画してるだけ。

☆ユニバーサルチャンネル
Samurai Girl

Sci-fiから変わったとたん観なくなってしまいましたが
Samurai Girlの思い切り勘違いな世界を笑ってみようかなと思っています。

さすがにアイリスは諦めました。忙しすぎる…
もう少し減らしたいけど、難しいですね。
スポンサーサイト

Law&Order SVU S6-#5 「Outcry」

ハドソン大学の寮の建設現場で、16歳のタンディ・マケインが縛られて倒れていた。タンディの失踪は新聞報道されており、継父のロンはタンディのレイプ検査を拒否し、自宅へ連れ帰ると主張する。ベンソンは犯人逮捕のために検査は不可欠だと反論し、タンディは検査を受けることになるが、尋問の担当はステーブラーに交代する。タンディはステーブラーに「バス停の前で男たちにパーティーに誘われ、連れていかれて殴られた。顔を見ていないがユニフォーム姿だった。」と証言する。
タンディはハドソン大の特別進学クラスに通っていて、タンディが連れ去られた日はロンチェスター寮でパーティーがあった。レイプしたのは士官学校の生徒だと思われた。
ステーブラーらは4人の士官学校の生徒に話を聞くと、タンディはパーティーに参加しており、酒を飲んで楽しんでいる様子が目撃されていた。ステーブラーは友人の新聞記者のジェイミーに探りを入れるが、その後まもなく新聞がレイプ犯として士官生を実名入りで報道してしまう。そのうちの一人ジョーは、交差点でレイプ犯だとののしられひき逃げの被害に遭う。
ステーブラーがジェイミーを問い詰めると、実名報道したのは他の記者だったことがわかるが、ジェイミーはタンディが失踪中店に食べ物を買いに来たという情報を流す。タンディは怯えた様子でサンドイッチとコーラを買いに来ていた。建設現場に残されていたごみを調べ、情報が確かであると確認できる 。ベンソンはタンディに正直に話すように勧め、タンディは脅されて店に連れてこられたと証言し始めfる。
タンディがパーティー現場にいる姿を録画したビデオがテレビ局に持ち込まれる。タンディは士官生と踊っていた。ケイシーはビデオの放送を自粛するよう求め、24時間だけNYPDに貸し出してもらえることになった。ビデオ映像を分析した結果、録画していたのはレイプ犯と言われた士官生の一人のルークで、タンディは踊った後酔った様子で部屋から出て行ったと話す。
タンディが発見された建築現場の資材に、ロンの手形が残っていた。ロンはかつてタンディの実父に訴えられたことがあった。ステーブラーはロンに疑いの目を向けるが、ロンは資材は自分の勤務先から運んだもので、そのときに指紋が付いたと主張する。興奮したロンがステーブラーを殴ったために、ロンは暴行罪で逮捕されるが、上司のタッカーが保釈金を払い、ロンは釈放される。
その後タンディの会見がニュース報道され、タンディはレイプはすべて嘘で、夜遊びを両親に怒られると思って話をでっちあげたとマスコミの前で謝った。SVUはタンディを虚偽の申告をした捜査妨害の罪で逮捕する。
ベンソンはタンディに単独で尋問し、真実を突き止めようとする。タンディはレイプされたのだが事実をしゃべったらロンが職を失うと言い始める。タンディをレイプしたのはロンの上司のタッカーだった。
ベンソンに促され、タンディは法廷で証言することを決意する。タンディはレイプされた経緯を事細かに話すが、タッカーの弁護士はステーブラーを証言台に呼び、タンディが虚偽の申告をしたことを確認する。その結果タッカーは無罪となる。
閉廷後タンディに感謝を述べに女性が近づいてきた。彼女は半年前にタッカーにレイプされていたのだった。

16歳の少女タンディが失踪、二日後に建築現場から発見されます。公開捜査になっていたためにマスコミが大々的に報道する中で、タンディの継父ロンは騒ぎが大きくならないようにしたがります。同世代の娘を持つステーブラーにはその気持ちがわかりますが、ベンソンはあくまでも被害者の立場から、レイプ検査を受け犯人逮捕に役立てていきたいと主張します。
最初のタンディの証言は曖昧なもので、士官生に連れ去られたくらいしかわかりませんでした。だが該当する士官生に話を聞くと、タンディはパーティーを楽しんでいたという違う答えが返ってきます。ステーブラーが情報収集のために、張り込んでいたマスコミの友人ジェイミーに話を聞いたときオフレコで話した内容が、その直後に新聞報道されてしまいます。ステーブラーは刑事部長の注意を受け、自分がしたことで士官生が危険な目に遭ったことに対し反省します。
その後マスコミから、拘束されていたはずのタンディが店に食べ物を買いに来ていたという目撃証言や、パーティー会場で踊っている姿を映したビデオが見つかります。ステーブラーは同意の上のセックスでも、親に知られたら困る場合はレイプされたと嘘をつく例もあると判断し始めます。
すると今度はタンディが発見された場所にロンの指紋が残っていたことが明らかになり、ステーブラーは、継父のトンが妊娠中の妻に相手をしてもらえず、娘のタンディに手を出したかもと考え尋問中に脅しをかけますが、ロンに激しく殴られ鼻血を出してしまいました。
ロンはいったん逮捕されるもののすぐに釈放され、ステーブラーはマスコミに振り回されることを悔やみます。するとテレビでタンディが会見を始め、レイプは嘘だったと泣きながら謝罪します。だがその涙も嘘だとステーブラーは見抜きます。
ベンソンがタンディから真実を聞き出すために、ステーブラーはロンに誤解したことを謝りつつタンディからロンを遠ざけます。ベンソンがタンディから聞き出したのは、タンディがロンの上司のタッカーにレイプされたという新事実でした。タッカーはしゃべったらロンをクビにすると脅してきたために、タンディはレイプの事実を話せず嘘をつくしかありませんでした。
ベンソンに促されて法廷で勇気を出して真実を離すことにしたタッカーですが、その前に虚偽の申告で逮捕されていたことが印象を悪くしてしまいました。タッカーは無罪となります。だが以前にタッカーにレイプされていた女性がタンディの前に現れました。やはりタッカーはレイプ犯なのです。今となってはどうにもなりませんが…

もしライトマン博士だったら、タンディの嘘をすぐに見抜いて
士官生も犠牲にならずに済んだのかな?
でもSVUの人達はそこまで嘘を見抜く技術を磨いていませんから…

嘘が捜査を攪乱することは事実。
どの刑事ドラマも大抵前半は被害者や容疑者の嘘に惑わされます。
だからLie to Meが誕生したのかも。
だけどタンディの場合、家族のことを考えて嘘をつかざるを得なかったんですね。
そして一度ついてしまうと、その嘘を確かなものにするためにまた嘘をつき
嘘の上塗りが始まっていくわけ。
大事になってからではどうにもならず、真実を話すときになっても
タンディは嘘つきのレッテルの方が大きくなってしまいました。
かわいそうだけどどうにもならなかったのかな。
最後にタッカーにレイプされたという、別の女性が現れ
タンディを称賛してくれたのがせめてもの救いでした。

日経エンタテインメント!海外ドラマスペシャル2010夏号

海外ドラマSpecial 2010[夏]号 (日経BPムック)海外ドラマSpecial 2010[夏]号 (日経BPムック)
(2010/04/27)
日経エンタテインメント!

商品詳細を見る


また海外ドラマムックが発売されました。
ちょっといい感じで続いています。

メインはFlashFowardとLOSTの二本立て。
AXNの一押しがそのままこちらでも一押しになっています。
これから始まるFlashFowardはドラマの解説やキャスティングが詳しく記され
いよいよファイナルのLOSTは内容の徹底解析をしています。
竹内結子と真田広之という日本人キャストもいることだし
力が入るのは当然かな。
でもLOSTはさっさとリタイアしてるし、FlashFowardもLOSt同様訳が分からなくなったら
あっさりリタイアかも…ってかなり弱気になってます。
一応観てみるけど。

その次に出てくるのがなぜかカイルなんだよね。
Kyle XYのDVD発売記念なのかもしれないけど、いきなりカイルのアップにビックリでした。
Sci-fi時代HPでの紹介も地味なカイルが、今脚光を浴びるのが不思議。
面白かったからいいけれど。
さらにLaLaでスタート予定のTrue Blood。
原作も途中までは読んでるし楽しみにしていますが
ヴァンパイア君がイマイチかわいくないですね。
果たしてハマれるでしょうか。

続いて最新ヒット作の紹介
始まったばかりのドラマやこれから始まるドラマがピックアップされています。
もちろんThe Mentalistも載ってますが
パトリックの顔写真があまりにも小さくて欲求不満です!
何故今頃The Placticeなの?と思ったら
なぜか今頃DVDリリースされるんですね。不思議。
だったらNYPD Blueも出してほしいし
この際OZだっていいじゃない?
旧作のリリースは謎めいています。

その後はドラマのランキングや米国テレビ業界の事情が記され
日経エンタテインメントのお約束の
月刊誌に連載されたコラムがまとめて読めるようになっています。
これも月刊誌を読んでいないのでありがたい。

そして恒例のDVDのおまけ。第1話が5本入っています。
FlashFowardはまだ観ていなかったので、プレミア放送前に観てしまおう。
Kyle XYは観てるけど、パイロットは初々しくて面白かった。
Harpers Islandも1話目はまだおめでたいですね。
Lie to Meのパイロットは実はよく理解したくてすでに2度観ているので
もう観ないと思いますが(汗)
そしてNew Tricks。
これってチャンネル銀河で放映が始まった渋そうなイギリスドラマなんですよね。
退職オヤジの集合体みたいな…
最初からパス決定だったんですけど、DVDがついてるなら観てみてもいいかも。
というわけでそれなりに充実してました。
ついでにtrue Bloodの予告編つき。
どうして本編を入れてくれないんでしょう。ケチ!

しばし楽しませてもらおうと思います。

☆付けたし
きちんと本文を読んでいたら
Kile XYのS4DVDには13分のエピローグがついているんだそうです。
あの中途半端な終わり方が終結するんだ!
それは是非とも観なくては。
ファイナルDVDのリリースは10月20日。
そこまで忘れずに待たなくては!

Glee S1-#10 「Ballad」

ウィルは州大会の課題としてバラードを歌わなければならないと
二人組でお互いを見つめ合ってバラードを歌う練習をさせることにします。
コンビはくじ引きで選びますが
フィンはカートと組むことになって、男を相手に歌えないとぼやきます。
レイチェルの相手は休んでいるために、急遽ウィルが務めることに。
お手本として二人でEndless Loveを歌いますが
レイチェルがウィルにゾッコン!
ぐんぐん迫ってくるのでウィルはたじろいでしまいます。
これはいくらなんでもまずいでしょ。

フィンには迷惑でもカートは幸せ。
なにしろずっとフィンに思いを寄せてきたのですから。
決して叶わない恋でも、カートはフィンのために何かしたいと思っていました。
なんとけなげなカートなんでしょう。切なすぎます。
フィンがカートに向かって歌えなければ
生まれてくる息子に向かって歌えばいいよとカートはアドバイス。
The PretendersのI'll Stand by Youをフィンは歌い上げますが
自室で超音波の映像をPCで観ながら歌っていたので
母親に息子の存在がばれてしまいます。

レイチェルはウィルにお手製ネクタイをプレゼント。
ウィルはますます嫌な予感がしてきました。
かつてウィルに夢中になったスージー・ペッパーにウィルが冷たくしたら、
スージーは激辛唐辛子をかじって、食道に穴をあけてしまったことがあったからです。
スージーの二の舞は踏ませたくない。
ウィルはレイチェルにDon't Stand So Close to Me / Young Girlのメドレーを歌って
近付かないでほしいと警告したのですが、どうもわかってもらえません。
Don't Stand So Close to MeはPoliceの名曲ですが
邦題は「高校教師」だったんだ!と思いだしました。
まさにウィルの立場だよね。

クインのママがクインにドレスを着せながら
ウェストが締まらないことに文句を言います。
そしてフィンをディナーに呼ぶように促します。
フィンはクインの両親に事実を伝えなければなりません。
フィンが父の形見のスーツを着ているときにカートはネクタイのアドバイスをしながら
歌で事実を伝えればいいと話します。
それなら難しくないはず。
フィンはディナーの席でPaul Ankaの"(You're) Having My Babyを歌ったら
クィンパパは激怒。
クインはママに助けてもらいたかったのに、ママはパパの言いなりです。
結局クインは勘当されて、フィンの家に転がり込むことになってしまいました。

クインママがCharlotte Ross。
彼女もいろいろなドラマに出ていますが
私にとってはThe Heightsのホープです。
The Heightsはロックバンドとしてプロデビューを果たすために
曲を作り練習を続ける若者たちの青春ドラマ。
1話で1曲ずつ曲が出来上がっていき
全曲集めたサントラはThe Heightsのアルバムとして楽しむことができました。
Gleeに通じる部分がたくさんあるドラマで、クインママはボーカルを担当していたのに
娘の苦労をわかってくれないなんてあんまりだ!
過去にたっぷり楽しませてもらっていただけにショックでした。

レイチェルはスージー・ペッパーにウィルに近付き過ぎないよう警告されます。
もしかしてスージーってEverwoodのハンナじゃないですか!
ハンナとは違ったメガネ姿なんだけど
こういう地味系キャラが上手だよね。
きっとその後でブライトに出会えたと信じることにします(笑)

レイチェルはウィルの家に行って掃除までしてきましたが
(やはりテリーはN/T出身の悪女でした)
行きすぎたことをルに謝ります。
そしてフィンとクインを励ますためにみんなで歌うのが
Bill WithersのLean on Me。
友達が助けてくれるから大丈夫!
とても素敵なエンディングでした。

スー先生がいませんでしたね。
どうしちゃったんでしょう…

The Mentalist ジャパンプレミア

スパドラ主催のThe Mentalist ジャパンプレミアに行ってきました。
東京を皮切りに日本全国で催されるそうですが
会場は主人公パトリック・ジェーンを演じるSimon Bakerのパネルがずらっと並び
見事なくらいSimon一色。
ファンとしては嬉しい限りです。
今回は#1と#2を上映。#1は観ていますが#2は初めてだし
スペシャルゲスト登場に興味津津でした。

会場のスクリーンの前には
レッドジョンの血の流れるスマイルマークが投影された風船が置かれ
まず出てきたのはセイン・カミュ。
そして彼が呼んできたゲストが石田純一。
何故?って感じでしたが、一応サイモンに対抗して日本代表ということらしい。
実は全然情報収集してなかったんですが
サイモンが来日してスペシャルゲストとして登場する予定だったんだそうです。
でもスケジュールの都合でドタキャン。
本当は風船を割って出てきてくれるはずだったのに…
代わりにお詫びのビデオメッセージが流されました。
なんとキュートな♪
映像でため息ついているんだから、本物がもし来ていたら卒倒してたかも。
ちょっと心を落ち着けて観られてよかったです。
しかしここまで大物ゲストに出会う機会って滅多にないことですから
やっぱり残念だったな…
仕方なくセインは石田さんに恋愛メンタリストとしての心得をインタビュー。
すっかり話がドラマからずれている気がしました。
石田さんが本当に素足にエナメル靴を履いてるのは確認できましたが(苦笑)

そしていよいよ本編。
一度観た1話目も、また観るとストーリーが細部にわたってよく練られていることがわかったし
さまざまな表情を見せてくれるsimonがとにかく魅力的。
2話目も真犯人が意外な人物で面白かったです。
今回もネタばれはなるべく避けて感じたことをまとめておくと…

パトリック・ジェーンはかなり変わった奴です。
レッドジョンに追われているのは
レッドジョンの事件をインチキ霊能者時代に
テレビで事件解決に向けて警察に協力していると語ってしまったからで
それでレッドジョンが怒って報復。
パトリックは妻子を失うことになってしまったということで
相当の苦悩を抱えているわけなんですが
観察力は鋭いです。
部屋に貼られている写真や持ち物などから
その人のキャラクターを言い当ててしまう。
嘘を見抜くライトマンの目のつけどころとはちょっと違うけれど
すごい能力、それとも訓練の賜物なのでしょうか。

しかも嘘も方便というか
事件解決に近付くためには平気で騙すし嘘はつくし…
そのトリックの絶妙さも見どころの一つでしょう。
であの微笑みつきですから最高!です。
The Guardianのニック・フォーリンはキャラクターそのものが暗すぎたので
ここまで微笑んでくれなかった気がします。
それでもすっかりSimonの魅力に取りつかれていたので
今度はどうなってしまうんでしょう。
ついでにパトリック、やたらとよく食べています。
人の家に上がりこんで勝手にサンドイッチを作って食べてるし
事件現場のレストランでもちゃっかり味見してるし
だいたい子供の前で一人アイスを食べてる大人って
ちょっとあり得ない!
よく食べている人はLifeのクルーズですが(果物専門ですけど)
過去の事件を引きずりつつ自分で立ち向かっていかなければならない点も
ちょっと似ているのかもしれません。

3話以降を楽しみにしながら観終えた今回の試写会。
お土産はゴージャスな映画プログラムにも全く引けを取らない
The Mentalist プログラム。
とにかくSimonの微笑みがいっぱいです。
もうひとつスパドラの番組ラインナップが記されたパンフだと思って広げたら
反対側は巨大Simonポスターでした。
カッコよすぎる!!
ついでに石田さんに見習って靴を磨けっていうことで
レッドジョンのスマイルマークつき靴磨きセットも頂いてきました。
たくさんのお土産、ありがとう。

Law&Order SVU S6-#4 「Scavenger」

公園で乳児がベビーカーごと置き去りにされていた。「明日までに怪物を見つけてね さもなければ死ぬよ 僕のママ」と書かれた手紙が残されJ D キルモアと署名されていた。母親は拉致されたようだ。
SVUはスタテン島に住むJ D キルモアに事情を聴きに行くと、次の手紙が届く。犯人は警察の動きを予測し、弄んでいる。手紙をファックスしたのはホームレスで、脅され金を渡されてコピー店へ行かされていた。ホームレスは「HOG PAT MENO TOP YARN 」とつぶやく。SVUが言葉の解釈に悩んでいると、拉致されたジュリーの削がれた耳と一緒に新たな手紙が届く。ジュリーがもっと苦しむと脅される中で、謎の言葉は通りの名前と公衆電話を 表していたことがわかる。もう残り時間がなかった。公衆電話の使用履歴を調べ、ジュリーが拉致されている家を突き止めるが、SVUが到着したとき、吊るされたジュリーは殺された後だった。ジュリーの体にはRDKと書かれ、それはRDKの復活を意味していた。
RDKは70年代にマンハッタンで5人を拉致して殺したシリアルキラーだが、最後に拉致されたジャネットは自力で逃げ出し助かった。今回の事件はRDKの復活か、模倣犯の登場と思われる。RDKは当時最初の被害者の耳を削ぎ吊るしていた。ジュリーの殺害方法 と一致する。、そしてジュリーの遺体が吊るされていたのはシングルマザーのグロリアの家で、グロリアは姿を消していた。RDKによると、二番目の被害者は刃物で100箇所以上刺されて死ぬことになっている。犯人は次の手紙に「警官のヘルメット」と書いてきた。だが警官はヘルメットをかぶらない 。マンチjはそれがオニツリフネソウという花の別名を意味することに気付き花屋に聞き込みに行くと、オニツリフネソウの配達依頼があり、指定場所へ行ってみたらグロリアの遺体が花に埋められていた。足には何かを意味する絵が描かれていた。
ジュリーもグロリアもRDKの手口で殺されていたが、違うのは二人はレイプされていないことだった。ステーブラーらはジャネットに拉致された時の話を聞きに行くと、ジャネットは助かった3日後にRDKから詩が届いたことや 、先日事件のことを知りたいとレポーターが訪ねてきたことを話す。ジャネットが持っていた詩には、事件現場に残された手紙と同じRDKの署名があった。
ジャネットを訪ねたレポーターは偽名を使っており、新聞社の資料室で働くベッカーだとわかる。ベッカーは休暇を取っており、彼のデスクには、記事を切り抜くための小型カッターが置かれていた。捜査令状を取ってベッカーの自宅を 捜査すると、自宅には大量の書物が置かれ、壁にはRDK事件に関する書類の件と書かれた文書が貼ってあった。ベッカーがRDKの模倣犯であることは間違いなかった。
RDKに次に殺されるのはダンサーのはずだった。SVUは子持ちのダンサーを調べる。またRDKの事件当時詳細を調べていた記者が、ベッカーが同じシガークラブの会員で、事件のことを聞かれたと話す。クラブのベッカーのロッカーに、殺人リストが載せられたノートが入っていた。SVUが3人目のダンサーを保護しようとしたときに、ジャネットが行方不明になる。ベンソンがジャネットの家を調べに行くと、ベッドにベッカーが寝ていた。
ベッカーの尋問をステーブラーが担当する。ベッカーは犯罪学に関する本を27冊も執筆しており、これで自分が有名になれると自信たっぷりだった。なんとかジャネットの居場所を聞き出そうとするが難しい。ステーブラーが脅したり、Drfファンが穏やかに話しかけたりするうちに、ベッカーと母親との複雑な関係が浮き彫りになる。取調室に母親が呼ばれ、息子と久しぶりに会話を始めるとお互いの不満が爆発、ベッカーが閉所恐怖症であることがわかる。ステーブラーらはベッカーを暗い部屋に閉じ込め、ジャネットの居場所を吐かせる。捨てられた冷蔵庫の中に、酸素ボンベと一緒に放置されていたジャネットは無事救出される。 母親を拉致した犯人はSVUに挑戦状を送ってきます。まずは言われたとおりに動くSVUでしたが、キルロイ時計店にたどり着いたところで「ようやく着いたね  マヌケな警官 答えは隠れているよ 言葉の中に」と馬鹿にされます。そしてホームレスがつぶやいたのは謎の言葉。解明に苦慮していると、ジュリーの耳と一緒に届いた言葉は 「遅過ぎたね 君たち ジュリーはもっと苦しむ」でした。マンチたちは謎の暗号の解読に悩みますが、言葉の組み合わせを変えると「MOTT GRANT PAY PHONE」であることがわかり、指定された場所の公衆電話の上にはまた置手紙が。次に書かれていたのは「残り時間は少ない MMCXXXII」で文字は午後9時32分を表していました。残り時間は本当にごくわずかです。ようやくジュリーが拉致された場所にたどり着くとジュリーは吊るされ、壁一面に「おめでとう!」と書かれ、「遅かったね 残念賞を贈ろう 気に入ってくれるよね」とメッセージが残っていました。さらにヴベッドルームには3本の指と「さあ、始まるよ 次のゲームが 警官のヘルメットにご注意を」と新たな殺人事件が示唆されます。
警官のヘルメットはオニツリガネソウの別名だとわかり、オニツリガネソウの配達先をたどると、次の被害者グロリアが発見されます。ここには置手紙ではなく、遺体の足の裏にメッセージが絵で描かれていました。絵を解釈していくとわかったのはリンカーンセンターの座席。だが座席は18000もあり埒があきません。だが犯人ベッカーの家を捜査してると「よく見つけたね 木曜日まではお休み 次のショーをお楽しみに」とRDK事件の通り、3人目の被害者はダンサーであることが確認できました。
ベッカーの殺人リストを入手したSVUは、3人目の被害者と思われるダンサーを保護します、だがここでベッカーは路線変更し、切り札であるジャネットを拉致します。そしてジャネットの家のベッドに横たわり、発見したベンソンに対し「ジャネットはどこかに埋まっている。」と答えます。
つかまったベッカーは1対1での尋問に応じますが、ジャネットの居場所を教えようとはしません。ミラー越しに見ているDrファンは、ステーブラーにベッカーのプライドを満足させてやれと電話で話します。ステーブラーは妻からの電話のふりをして応答。だがその電話でベッカーはいらつきます。
今まで何冊も犯罪トリックの本を書いてきたベッカーは余裕たっぷりで、ステーブラーの脅しにもびくともしません。3人目がジャネットになったのは、メインディシュを先にしたかったからと答えますが、今度はステーブラーにベンソンから電話が入り、ベッカーはもう電話に出るなと怒ります。ステーブラーはジャネットの居場所を教えれば死刑にはならないと取引きを持ちかけますが、それでも駄目。ジャネットの酸素ボンベがどんどん少なくなっていく様子を語り出したベッカーに、突如ステーブラーはつかみかかり彼の首を絞めかけます。窒息の苦しさを身を持って体験させようとしたのでした。
ステーブラーが過激な行動に出たので尋問は交代。今度はDrファンが、FBIの医者だと名乗って立場の違いを明らかにします。ベッカーと母親の関係を気に留めていたSVUはベッカーの母親を見つけ、ベッカーと対面させます。ベッカーの名前ハンフリーは、母が大好きだったハンフtリー・ボガードから取ったものでした。だが息子は母の理想通りには育ちません。母は息子をクローゼットに閉じ込めて外出してしまいます。ベッカーは閉所恐怖症になってしまったのでした。SVUはベッカーが閉所恐怖症であることを利用して彼を狭く暗い部屋に閉じ込め、ジャネットの居場所を白状させます。こうしてRDKの模倣犯の事件は幕を閉じたのでした。

シリアルキラーの模倣犯対SVU。
これって先週のCriminal Mindsの「コピーキャット」のエピに似てるなと思いました。
実際に遭った事件を元にしているそうなので
元ネタは一緒なのかもしれません。
そして本来ならBAUが捜査する事件なのかも。
でもNYには優秀な刑事たちがいますので
BAUの部分はDrファンが代表で一手に引き受けてくれたのでした。
しかし警察にFBIが出向してるパターンって珍しい?
基本的にお互い反目しあってますよね。
さすがDrファンでした。

ステーブラーがベッカーの尋問中、取調室とのやり取りは電話でしかできず
ファンからの電話をステーブラーは妻からのふりをして受けます。
そして切るときにI Love You.と。
ケラーファンとしては嬉しい一瞬でしたが
今度はベンソンからの電話をさっさと切ったために
ベッカーにI Love Youを言わないのかと指摘されてました。
やっぱりファンへの愛が勝ちましたか(笑)

Law&Order SVU S6-#3 「Obscene」

ドラマ「潜入捜査官」の撮影中、トレーラーの中で16歳の主演女優ジェシーが、レイプされ壁に頭を打ちつけられて倒れていた。ジェシーはゴシップ誌に尻軽ジェシーと書き立てられ、彼女が出演したスパイガールは放送禁止扱いになっていた。また撮影当日、NICEという団体が撮影現場でデモ活動を行い、撮影を妨害していた。NICEを率いているスペンサーは、ジェシーが若者たちを堕落させると主張。映画や音楽、ラジオなどから青少年を保護することがNICEの目的だと説明する。
意識を取り戻したジェシーは錯乱しており、鎮静剤を服用していたことがわかった。彼女のトレーラーには多数の鎮痛剤や睡眠薬等が置かれ、事件当日処方されていたものもあった。プロデューサーのマルケスはスタッフ全員のDNA提供に同意する。すると一人のDNAが過去に迷宮入りした事件のものと一致。マルケスが疑われるが、マルケスはDNA提出に身代わりを頼んだことを白状する。ジェシーの体内に残っていた精液はマルケスのDNAと一致するとわかると、ジェシーは結婚許可証を持ってくる。マルケスとジェシーは結婚していたのだった。だが採取された陰毛のDNAはマルケスのものではなかった。
ジェシーがトレーラーで倒れている写真がタブロイド紙に取り上げられる。パパラッチのカメラマンはトレーラーの前で張り込んでいた若者たちのことを話す。彼らはラジオのBJショーに触発されて、ジェシーのパンティを奪いに来ていたのだった。SVUがBJに事情を聴くと、番組に参加したジェシーの態度が悪かったため、リスナー参加型にしてジェシーを煽ることにしたと説明。放送後ジェシーへの嫌がらせが増加していた。
トレーラーに入り込んだ犯人がBJにメールを送ってきた。それはスペンサーの息子のダニーだった。ダニーはBJショーに出演したくてトレーラー潜入を計画、パンティを盗んだだけでレイプしていないと証言する。ジェシーは薬のせいで失神していてレイプされたかどうか覚えていなかった。ところがダニーはBJショーに出演してジェシーとのセックスを暴露、内容が卑猥だとされBJショーは放送禁止に追い込まれる。
BJは言論の自由を主張するが、ケイシーはレイプ犯ををとらえたかった。ジェシーは裁判での証言を拒否。スペンサーとダニーに取引を持ちかけると、スペンサーは拒否する。ジェシーに謝ったダニーは罪を償う覚悟ができていたs
スペンサーがBJを路上で撃った写真がタブロイド紙に掲載される。スペンサーはBJは死んで当然の男だと言い切り、自分の情緒障害を主張するつもりだった。法廷でBJは言論の自由を訴えるが、スペンサーは母親が息子を守って当然だと反論する。陪審員は母親に同情すると思われた。
BJ襲撃直後に、スペンサーはダニーに電話し、母親に不利な証言をするように頼んでいたことが判明した、また襲撃の様子をを証拠写真に撮るようにNICEのスタッフのウィルビーに命じていた。ダニーは母親の売名行為だと怒る。スペンサーの判決で陪審員は半々に分かれてしまい評決不能となり、スペンサーは釈放.BJはまたラジオで叫び続ける。

ティーンエイジャーの人気女優がレイプの被害に遭い、過激な内容の報道が問題視されます。被害者のジェシーは16歳ですがセクシー路線を売り物にしていて、スペンサーが主催する青少年の保護団体NICEは彼女を目の敵にしています。ジェシーはパパラッチに追い回され薬を常用、ストレスが溜まるのは確かです。そして内密にプロデューサーのマルケスと結婚していたのでした。
ジェシーを尻軽女だと非難し煽るきっかけを作ったのが、BJのラジオトークショーでした。ジェシーがショーに出演した時態度が悪かったので、BJはジェシーを利用。セックスと暴力の話を求めているリスナーを満足させる企画を立ち上げます。それはジェシーのパンティを奪い取ってくること。リスナーは挑戦しようとしますが、実際に勝利を得たのがスペンサーの息子のジェシーでした。
子供たちを過激な内容のマスメディアに触れさせないようにしようと働きかけていた母親の息子が犯人で、しかも息子は犯行の一部始終を暴露してしまいました。スペンサーはダニーを守るために、若者たちを煽動したBJが罪人だと主張。一方BJは過激なトークもあくまでもジョークで、言論の自由があると反論します。するとスペンサーはBJを襲撃。大事には至りませんでしたが、息子を守る母親の真剣な思いがアピールされることになります。陪審員が気に留めるのも確かでしょう。だがこの事件もスペンサーが計画的に仕組んだものであり、ダニーは母親の言動は自分のためではなく母親自身のためだとうなだれます。結局スペンサーは評決不能で釈放され、Bjの過激トークはまだ続いていました。
毎回豪華なゲストが楽しませてくれるSVUですが、今回も大物ゲストが多数登場。スペンサーを演じるDana Delanyは数多くのドラマに出演する大ベテラン。現在はDesperate Housewivesでウィステリア通りにもだいぶ馴染んできた主婦のキャサリンを演じています。スペンサーの執拗さはキャサリンに通じるものがあるかもしれません。レイプされた16歳の女優ジェシーを演じてるのはMaggie Grace。Lostにシャノン役で出演していました。BJを演じているのはDaily ShowのコメディアンLewis Black。マルケス役のNestor SerranoはS2-#7 Asunderに次いで2度目の出演。前回は妻にレイプされたと訴えられた巡査部長役でした。またOZやDexterのLauren Velezが、再び弁護士役で登場しています。

芸能界って大変だよね。
ドラマとはまた違った現実世界がドロドロと渦巻いているんだと思います。
パパラッチに追い回されるのも
シりがる女と非難されるのも、ある意味宣伝に不可欠だし。
大物女優になるのには簡単にへこたれるわけにはいきません。
でも16歳の娘には重荷でしたか。
そしてプロデューサーと密かに結婚していたとは。
どうせすぐに離婚なんだろうな。

そして突っ走る母親に反抗したい息子もよくわかる。
しかもお母さんがデス妻キャサリンですから当然でしょ!
スペンサーのキャラがそのまんまキャサリンだったのが感動的でした。
デス妻に翻弄される子供たち。
まるで今週のエピじゃないですか(笑)

成人は未成年を守る義務がありましが
成人は未成年を利用しダメにしている…
正しい青少年の育成を考えていく必要があります。
過激なトークも含めて。

Desperate Housewives S5-#3 「悩める子供たち」

マクラスキーさんはデイヴに不信感を抱いたまま…

マクラスキーさんはキャサリンに情報収集を頼むがうまくいかず
仕方なく二人でイーディをランチに誘って
デイヴ情報を引き出そうとします。
でもイーディは何も知らず
イーディもデイヴの過去が知りたくなります。

ダニエルが3年ぶりに息子のベンジャミンを実家に連れてくることになり
オーソンはブリーにダニエルとバトルすることのないよう釘を刺します。
ダニエルには素敵な旦那さまが一緒でした。
彼女もすっかり大人になっちゃったんですね。
ところがダンナに感化されたか、ダニエル自身がすっかり変わり
家族そろって菜食主義を貫いています。
それではブリーのごちそうが食べられないじゃないですか。
ブリーはすでに不満たらたら。
そしてダニエルがいないすきに
こっそりベンジャミンにホットドッグを食べさせてしまいます。
普段肉を食べていない子にそれは無茶。
案の定ディナーの席でベンジャミンは吐いてしまい
ブリーが肉を食べさせたことがダニエルにばれ
ダニエルはベンジャミンを連れてさっさと帰ってしまいました。
オーソンの心配は大当たり。
あとでたっぷりブリーに嫌みを言っていました。

MJは外で遊んでいると他の子にいじめられているようです。
スーザンがチェックしてたら、その相手はホワニータでした。
そりゃどう見てもホワニータの方が体力的に勝っているでしょう。
スーザンは怒ってガブリエルとマジにバトル。
久々にデス妻らしさ復活でしたが
さすがに母親たちは、すぐ現実に戻ることができました。
家計が苦しいガブリエルはついに愛車を売ることになり
アンドリューに思い切り値切られ、しかも使えない中古車を買うはめになります。
早速車は故障、でもガブリエルはうまくアンドリューに弁償させます。
普通のお母さんになっても、ガブリエルらしい知恵の働かせ方でした。

そういえばブライアンじゃなくてジャクソンとマイクは
すっかり打ち解けていましたね。
元夫と恋人がこんなに仲良しでいいのかな?
Mjが強くなるようにカポエラを教えるとジャクソンが張り切っていました。
なかなかいい動きをしていたけど…今度は真面目にカポエラを見せてほしいな♪

デイヴの秘密。
実は大学を出ていなかったのでした。
デイヴは家庭の事情を説明します。
そしてイーディに何故自分の過去を知りたがるのか問い詰めたので
イーディはマクラスキーさんが勘繰っていると話します。
するとデイヴはマクラスキーさんを認知症の初期段階だと
決めつけ始めたのでした。

それでもみんなとうまく付き合っておきたいデイヴは
ガレージの掃除をしていたトムのベースを見つけ
オヤジバンドの結成を打診します。
トムは大いに乗り気で、デイヴのドラムに合わせてベースを弾き出しましたが
弾いていたのはオヤジのテーマソングなSmoke on the Water。
そりゃ誰でも弾けますから(笑)
トムが趣味にのめりこると困るので
リネットはベースを取り上げる方法を考え
ガレージの真ん中にベースを放置
しかもペニーがやったようにして
見事にベースを交通事故に遭わせてしまいました。
トムはがっかりしています。
するとご機嫌取りデイヴは
壊れたベースの代わりにと新しいベースを持ってきてリネットに渡します。
リネットが渡して成績を稼げっていうわけ。
しかもそのベースがサンダーバードだし!高級品じゃないですか。
リネットは結局デイヴの言いなりになってしまいます。

まだまだ何かしてくれそうなデイヴ。
マクラスキーさんをあまりいじめないで欲しいんだけど。

Lie to Me S1-#3 「優等生の悲劇」i

嘘発見器より確実で融通のきく(笑)ライトマン博士。
犯罪捜査でも他のドラマとアプローチの仕方が違うのが面白いなと思いましたが
女子高生の遺体が公園で発見されたと
ライトマンたちに捜査を依頼に来たFBI捜査官が
なんとカルロス君!じゃないですか。
この確実な出世ぶり。
Chuckはちょっと横道にそれちゃいましたが
あとはエリートコースまっしぐらだよね。
スーツ姿がびしっと決まっているし 
いつの間にか貫禄も出てきたような。
怪しげな役ばかりのドクと正反対じゃないですか。
どんどん素敵になっていくカルロス君にため息をつきながら観ていました。
でもLie to Meのゲスト出演はこの一回だけみたい。
もったいないな。
セミレギュラーにしてくれてもいいのに。
いつかカルロス君がレギュラーの犯罪捜査ドラマなんていうのも
実現したらいいな!

殺されていた女子高生は連邦判事の娘で
優等生で通っているんですがどうも嘘。
ライトマンは学生たちをチェックして
彼女がドラッグに手を染めていたことを突き止めます。
彼女は大学進学試験で今まで平均点しか取れなかったのに
前回の試験では急激に成績アップ。
おかしいと思ったら試験があったのは彼女が死んだ翌日でした。
実は試験を受けていたのは担当の先生で
母親に金を渡されて替え玉受験を引き受けたのでした。
ありえない!!
彼女が死んでなければそのままばれずに済んだとか?
先生は給料が安いからと言い訳してましたが
そんなにアメリカの先生は生活厳しいのかな。
とはいえ許されない不正です。
モラルが崩れる前に何とかしてもらわないと。

みんなが最初は嘘をつきまくるので
ライトマンは仕事がたっぷり。
表情や声のトーンや仕草などから見事に嘘を見抜いたり
相手を挑発させて本音を吐かせてしまったり
そのお手並みには感心させられます。
しかし嘘があっさり見抜かれてしまう娘のエミリーにはきついよね。
友達と勉強と嘘をついてパーティーしていたのがばれて
父にオフィスの整理を命ぜられてしまいました。
そこで父の謎めいた写真を見つけて突っ込んでみたけれど。

女子高生を殺したのは友人でした。
これまた父親が娘をかばって嘘をつき、ライトマンに見抜かれます。
嘘をついても無駄だとつくづく感じさせられるドラマですが
ライトマンが見抜けない嘘もあるのかな?

Life on Mars #11 「無類の過去」

このところLOMのAXNミステリーでの放映順が、どうも本国と違うんですよね。
今回のエピは実は8話目に当たります。
その後に警察御用達のバーが爆破されたり
コラムニストが駅で殺されたりするんですが
あまり体制に影響はなかったのかな?
よくわかりません。

冒頭いきなり飛び降り自殺しようとする男。
なんと携帯電話の開発のために、財産を全部使い果たして破産。
生きていけないと嘆いています。
自殺志望者の説得担当はサムで
彼の開発は決して無駄にはならないことを身をもって知らせてあげようとするのですが
そこにジーンの永遠のライバル144分署のヌンツィオがやってきて
早速邪魔に入ります。
ヌンツィオは刺激を与えることで自殺志望者を観念させる策を取ろうとしましたが
目論見が外れて男はさっさと飛び降りてしまいました。
あーあ。

ジーンとヌンツィオがどうしてライバルなのかはよくわからないけど
とにかくビートルズとストーンズの関係なんだそうです。
その例えはわかる気がする(笑)
すると銀行強盗発生。
144分署の管轄だけど、ヌンツィオのいいようにはさせないと
ジーンは自ら乗り込んでいきます。
目撃証言などから、ロシア人マフィアの犯行と思われました。
事件を見ていた男の子は喋ったら殺すと脅されていましたが
ジーンがフリントストーンの物真似をしてくれたら
すっかりリラックスして話すことができました。
そしてジーンと部下たちはロシアマフィアの行方を追います。
ところでレイはソ連がアメリカを乗っ取ると真剣に思っているようで
サムは苦笑いするしかありませんでした。

この先ジーンたちが行くところに必ずヌンツィオが現れます。
お互いに考えてることが一緒というか、敵意むき出しというか
立派なロシア式風呂(っていうのでしょうか)では
ジーンたちが到着した時、ヌンツィオはすっかりくつろいじゃっています。
本当にやりにくくてしょうがないんですが、結局は仲良くやっていくことになります。
風呂場でマフィア御一行様対警察チームの大バトルが楽しかった。
Thin LizzyのWhiskey In The Jarがあのシーンにピッタリ。
相変わらず音楽がツボなドラマです。

ところで児童福祉局のマナにときめいてしまったサム。
向こうもその気だし、あっという間に意気投合、一線を越えてしまいます。
遠くで見ていたアニーの思いは複雑。
そしてジーンとヌンツィオの会話から
彼らがライバルとなった原因は同じ女性を愛してしまったこと
そしてその娘がマナで、父親がジーンであることが分かってしまいます。
ボスの娘に手を出してしまったサム。
これは許されることなのでしょうか。

Without a Trace S5-#7 「すべての罪人は聖人である」

ここまで辛すぎる話は返す言葉もありません。

失踪したケイティはかつてはFBIでインターンをしていて
彼女はマーティンのことを覚えていたけど
マーティンは全く記憶なし。
大勢出入りするスタッフをそこまで掌握できないでしょう。
でもマーティン絡みということで
この事件の担当はマーティンになります。

実はケイティはもう長いことを精神を病んでいて
被害妄想が強くなっていました。
さまざまなドクターの診断を受けてきたけど、よくなる気配もなく
最近は定職に就くことも難しく
母親はケイティに関わることに疲れ果てていました。

そんなケイティが悪魔払いをしたいと言って神父を呼び
その儀式が終わった後失踪してしまいます。
最初は神父が疑われますが、彼は任務を果たしただけ。
でも悪魔払いの様子を録画したビデオを見ていたら
ケイティが発する言葉は、殺人事件を目撃したと受け取られました。
 
ケイティは会社でランチを用意するアルバイトを始めました。
彼女なりに頑張っていたのですが
男性社員が彼女に迫りセクハラします。
ケイティが叫んだために女性の上司がその男性社員をクビにしますが
その後上司は駐車場で鈍器で殴られ死亡してしまいました。

死んだ上司の恋人がケイティを雇ってくれた上司だったんですが
セクハラ社員がケイティに怒りをぶつけつつ
上司がケイティを気に入っていると嘘の情報を流します。
幸せな恋をして結婚したいと思っていたケイティは
上司に思われていると知って幸せな気分になりました。
でも彼女が駐車場で見たのは、上司たちのキス場面。
突如怒りが爆発したケイティは
女性の上司を殴り殺してしまいます。
自分のしたことがよくわからないまま…

でも上司の死を知り罪悪感に駆られたケイティは
神父に悪魔払いを頼んだのでした。
ところが悪魔はまだ出て行ってくれません。
失踪したケイティはもう手段がないと感じ戻ってきます。
そしてバスタブで自ら命を絶ってしまったのでした。

時はすでに遅し。
マーティンはケイティが帰ってきたと聞いた時
すぐに胸騒ぎを覚えたのですが、阻止することができませんでした。
ずっと苦しみ続け、そのまま逝ってしまったケイティを
なんとか救うことはできなかったのでしょうか。
どこかで手助けをしてあげられなかったのか
どうにも割り切れない気持ちになってしまいます
ラストのkate Bushの歌がさらに切なく聞こえました。
捜査が終わってマーティンは帰宅する時
受付の女性に声をかけ名前を確認します。
スタッフの間が少しでも身近になれるように
大切な心がけですね。

こんなときにジャックとアンは新居を探していますが
それをドラマのサイドストーリーにしなくていいと思います。
勝手にやってください!!

Glee S1-#9 「Wheel」

グリー部は州大会に出場することになったのに
相変わらず貧乏な学校はツアーバス代を払ってくれません。
車椅子のアーチーはバスで行かなければ無理。
ウィルはグリー部で一致団結してバス代を稼ぎ出さなければだめだと言い出し
カップケーキ販売を提案しますが
みんなは全然その気になれません。
アーチーは父親に送ってもらうと言っていたけど、やはり寂しそう。
みんなはカップケーキ売りをすることにします。
しかもウィルはアーチーの気持ちが理解できるように
毎日数時間、車椅子に乗って過ごすことまで命じます。

州大会で歌うのはDefying Gravity。
ミュージカルWickedの一曲ですが
ウィルがレイチェルにソロを取るように決めたら
カートもソロを歌いたいと言い出します。
カートはお気に入りのこの曲を是非とも歌いたかったのでした。
でもソロパートは女性の方が受けがいい。
カートは認めてもらえず家でしょげていたら
お父さんがチャレンジするように励まし
ウィルに息子を差別するなと訴えに行きます。
そこでウィルはあくまでも公平に
ふたりにオーディションを受けてもらうことにします。

クインは検査や出産準備にあまりにもお金がかかるのでうんざりしています。
フィンに稼いでもらいたいけれどバイトも見つからず。
そんな様子を見ていて、パックはクインのことが気になって仕方ありません。
さりげなくクインに接触してお金を渡そうとしたり
カップケーキをせっせと作ったり
自分の気持ちをアピールしてるんだけど
クインはあくまでもクインに援助してもらうつもりです。
ところで最初は全然売れなかったカップケーキ。
パックが媚薬をちょっと入れたら、飛ぶように売れてしまいました。
これでバス代も用意できました。
でもアーチーは、そのお金で校舎に車椅子用のスロープをつけてほしいと
寄付することにします。

オーディションに向けてカートは高いFが出せるように
精いっぱい練習しました。
ところが自宅にいたずら電話がかかってきて
「息子はゲイだ。」とこれ見よがしに言われて堪えている父親を見ていて
カートは一歩引くことにします。
オーディションはレイチェルの勝ち。
でもお父さんはカートのことをきちんと理解してくれています。

アーチーとティナは一緒に練習していて
とても楽しい気分になっていました。
アーチーはティナが吃音障害を持っていることに
共通な部分があると感じていました。
でもティナは吃音障害は嘘で
目立ちたくないから障害を持ってるふりをしたと言ったために
がっかりしてしまいます。
せっかくティナがキスしてくれたのに。

クインが抜けたチア部も部員募集をするように言われ
スーは渋々オーディションを行います。
選ばれたのは縄跳びができるからと言ってきた
障害を持っているベッキー。
スーはベッキーに冷たく当たります。
だが一方校舎の車椅子スロープ用にと匿名の寄付もしていたのでした。
実はスーには障害を持つ姉がいて
姉に絵本を読み聞かせしている時のスーは
とても穏やかな笑みを浮かべていたのでした。

障害を持つ人やマイノリティの人達とともに生き
彼らを正しく受け入れ、
彼らの立場に立って考えていくことの大切さを
学ぶことのできたエピでした。
そして家族や友達の支えの素晴らしさも。

アーチーが車椅子で一人ダンスしながら歌っていたのは
Billy IdolのDancing with Myself。
そしてウィルがみんなが車椅子で歌うようにと用意したのは
Ike & Tina TurnerのProud Maryでした。

Law&Order SVU S6-#2 「Debt」

アパートで子供が泣いている声が聞こえ警察が調べに行くと、クローゼットの中で赤ん坊と少女が隠れていた。少女は中国系でハンナといい、英語が話せない。Drファンが質問すると、ハンナはママが出ていってしまったので探して欲しいと訴える。母親のジョ・ウーが失踪してから1週間ほどたたっていた。
ジョは不法移民で夫の存在は不明だった。隣人の話からジョには妹がいること、白人の恋人と付き合っていることがわかった。恋人のハワードは結婚紹介所でジョと知り合い何度かデートしたがすでに別れており、ジョが年齢を偽りウェディングドレス代として3000ドル踏み倒したことを怒っていた。だがハワードはジョが忘れていたバッグを持っており、そのバッグはチャイナタウンで作られた偽ブランド品だった。ベンソンはカナルストリートでバッグを物色するふりをして製造元を摘発。そこで働いていたジョが問題を起こしたといって一週間休んでいること、妹のリー・メイがクリーニング店で働いていることを突き止める。
リー・メイはジョに結婚資金の借金を頼まれ喧嘩したと話す。だがハンナがファンに自分にはもう一人の姉のピンがいることを話したためベンソンらがリー・メイを追求すると、話したら殺されると怯え出した。ピンは15歳になるジョの長女で、ジョと夫が渡米した際に連れてこられなかった。渡米後夫は金を持って逃げてしまい、ピンが入国したかは定かではなかった。
リー・メイはステーブラーとともに、ジョとピンの行方を捜すことにする。移民捜査局に話を聞くと、ピンは入国に失敗し逮捕されていたが、ロジャー・ベイカーという弁護士がついて保釈金を払い釈放されていた。ロジャーは移民にチャンスを与えるためだと説明する。
リー・メイが路上で殴られ倒れていた。仲介業者の手下のトミーがリー・メイを探しに来て、リー・メイが逃げた後の事件だった。リー・メイはジョは仲介業者のことを警察に通報すると脅したために殺されたとトミーに聞かされていた。ハンナたちは児童サービス局に保護されていたが、ハンナは娼婦姿のピンの写真を男から渡されていた。リー・メイはトミーとチャイナタウンのレストランで会い、金を渡すことになっているとステーブラーに伝える。
SVUはレストラン周辺で張り込み、現金を受け取ったトミーと、仲介業者のボスのりッキー・ヤオを逮捕する。りッキーは幅広く売春宿を経営していた。トミーはステーブラーの尋問に対し、りッキーに命ぜられて売春宿のガレージの床に、ジョの遺体を埋めたことを自供する。
りッキーの売春宿で働いていた娼婦が逮捕され、SVUは娼婦からピンが働いている場所を聞き出す。しかも彼女をりッキーに紹介したのはロジャーだった。SVYはリー・メイとファンを囮にしてロジャーを呼び出し逮捕する。拘留されていたりッキーは保釈になるとすぐに部下に電話し、ピンを人質に取るよう命じる。SVYが突入する中で、部下はピンに銃を向けて立てこもるが、ステーブラーが部下を撃ってピンを助ける。

中国からの不法移民の女性ジョが失踪。子供だけが残されていました。SVUはジョの妹リー・メイを探り当て、ジョには長女ピンがいて、後から渡米してきたこと、渡米の資金が払えずピンは仲介業者スネークヘッドの手元に置かれ売春宿で働かされていることをつかみます。
チャイナタウンの捜査ではDrファンが大活躍。中国語の通訳を一手に引き受け、ハンナから詳しく情報を聞き出します。また潜入捜査にも積極的に関わり、レストランの客になってリー・メイの動向をチェックしたり、リー・メイの従兄弟になり済まし、不法移民で逮捕されたように装うリー・メイを釈放して欲しいとロジャーに頼み込みます。人種のるつぼのNYですから、捜査官にもさまざまな人種がいることが必須。中国系のファンの腕の見せ所でした。
偽物のブランドバッグをすぐに見抜いたのがベンソン。ジョが持っていたのはエルメスのバーキンの偽物でした。早速カナルストリートの露店を捜査しに行ったベンソンは、店員にコーチを勧められますが、プラダかフェラガモ、エルメスはない?と聞いて偽バーキンを出させます。各種偽ブランドが出回るチャイナタウンですが、911以降は海賊版DVDが売れ筋となっており、アルカイダがアニメの海賊版DVDを二万枚作って設けていたそうです。
リー・メイがジョを探すために聞き込みを始めるとき、最初はファンがついていこうとしましたが、さすがに目立ち過ぎると指摘され、代わりにステーブラーが白人の恋人役でバックアップすることにしました。リー・メイが仲介業者との取引について語ろうとしないとき、ステーブーはリー・メイを遺体安置所に連れて行って身元不明の遺体を多数見せ、これ以上犠牲者を増やしたくないと説得します。そして売春宿に突入しピンを救い出そうとしたとき、ステーブラーはためらうことなくピンに銃を向けていた男を撃ちます。またIABの捜査が入ることになりますが、ステーブラーはピンを救うために正しいと思ってやったことでした。
リー・メイを演じているのはMing-Na。ERのドクター、ジン・メイ・チェンでおなじみです。Vanishedでは失踪者を追うFBI捜査官リン・メイを演じていました。りッキー・ヤオ役のJack Yangはこの演技で人気が上昇、Grey's AnatomyやCashmere Mafiaなど数多くのドラマにゲスト出演しています。

結局SVUの魅力に勝てず
2話目も観てしまいました。
今回は中華系エピ。
ということでまたもやDrファン大活躍です。
1話目もいい味出してましたが。
その代わり存在感がないのがマンチ。
そのうちいつものマンチらしさを発揮してくれると思うけど。

ふてぶてしいリッキーがベンソンを品定めするように見ているシーン。
ベンソンが尋問しているのに、リッキーのセクシーオーラが出まくっていました。
Jack Yaogはキャスティングディレクターがオーディションで見つけてきた俳優で
この役がドラマデビューだったそうですが、一躍人気が出てしまいました。
kashmere Mafiaでミアの恋人役で出てたっけ。
アジア系の俳優さんはどうしても人材不足なので
どこかで見た顔にまた出会う可能性が高いです。

jack yang

IMDbの掲示板で金城くんに似てると書かれていてどこが?って思ったんですが
画像検索すると確かに金城武が混ざってる!
東洋系の人の区別って難しいのかな。

Law&OrderSVU S6-#1 「Birthright」

6歳になるパティが父親と公園で遊んでいたところ、突然自転車に乗った若者が近づいてきて髪をむしって逃げた。SVUは誘拐未遂事件として捜査を開始する。パティはその若者に前にもあったことがあり、スーパーの前で子犬を見せてくれたことを思い出した。若者はパティに執着しているようだ。またパティの通っていた学校の守衛から、青いバンが教師用駐車場に勝手に止められ、乗っていた男が子供たちを見ていたとの通報があった。SVUはバンを張り込み、中年の男と若者の二人組が事件に関わっていることを突き止める。子供たちの下校時刻になり、若者が迎えの保護者に混ざって並んでいるところをクレイゲンとフィンが追いかける。一方ベンソンとステーブラーは警察バッジを持っていたバンの男が逃走したので追い、男を逮捕する。
中年の男ピーターと、若者ケニーは二人とも私立探偵で、子供を強引な手段で保護者に連れ戻すことを専門にしていた。だがパティは間違いなくマットとサラの娘だった。パティは面通しで、自分を連れ去ろうとした男がケニーであることを指摘する。ベンソンらが依頼主の情報を話さないと探偵免許をはく奪すると脅したため、ケニーはピーターの指示でパティを実母に返すつもりだったと話し始める。パティはミシェル・オズボーンの娘だったが4年前に行方不明になった。ミシェルは警察に通報したが相手にされなかった。それでミシェルはピーターらにパティの捜索を依頼したのだった。
ベンソンとステーブラーがミシェルの家を訪ねると、ミシェルは娘の名前はアナで夫と実家に行く途中に行方不明になった。その後夫は交通事故で他界した。だが公園でパティを見かけたとき、アナがいると直感したと話す。自宅にはアナの部屋が用意されていた。しかしSVUはミシェルをパティ誘拐未遂の共犯だとして逮捕する。3人はパティの家族への接近禁止令が出され保釈される。
Dr.ファンがアナの情報をFBIのデータベースで調べたところ、アナはミシェルの夫と一笑に事故死していたことがわかった。ところがピーターがパティの髪のDNA鑑定の結果を持ってきて、ミシェルとパティがDNA上親子であることが判明する。
不可解な事実は、体外受精卵の取り違いから起きていた。アナもパティも体外受精でできた子供だったが、体外受精を行った医師のノートンはミシェルの受精卵をサラに着床させてしまったのだった。そしてサラはミシェルの受精卵でパティを産む結果となった。ミシェルはサラに詫び、サラはミシェルのパティへの接近禁止令を取り消す。
ケイシーとベンソンはノートンがミシェルと契約した書類を調べ、ミシェルは7年前顕微授精しか許可していなかったのに、受精卵提供まで許可したことになっている書類の改ざんを見破る。だがノートンはミシェルは口頭で受精卵提供を認めており、日常的に行われていたと説明する。
ミシェルが校外学習に出ていたパティを連れ去る。ミシェルはパティを海辺の別荘にかくまっていた。SVUが救出に行ったときパティは怯え、サラを恋しがっていた。
法廷でミシェルはパティが血を分けた実の娘であることを陪審員に訴え、ケイシーの立場は厳しくなる。だがケイシーはパティを証言台に立たせ、自分の母親を選ばせる作戦に出る。

少女パティの誘拐事件は性犯罪者の犯行かとも思われましたが、実際は二人組の私立探偵が、パティの実母を名乗るミシェルから依頼されて企んだものでした。彼らが欲しかったのはミシェルとパティが血のつながった親子であることを示すDNA鑑定の結果。それはミシェルが思った通り、二人が親子であることを証明していました。だがパティは間違いなくサラの産んだ子供です。
謎はサラとミシェルが二人とも体外受精で子供を産んでいたことから解き明かされました。ミシェルの事故死した娘アナとパティは、どちらもミシェルの受精卵から産まれた子供でDNA的には姉妹となります。ところが産科医のノートンがミシェルの受精卵をサラに着床させてしまったために、サラはミシェルの子供を産むことになってしまいました。それもミスではなく、書類を改ざんして意図的に行ったことで、ノートンは人工授精の成功例を増やし、自分の名を上げるために行ったとしか思えません。
ミシェルがパティの実の母だとわかり、ミシェルをパティ誘拐未遂罪で逮捕したベンソンは、彼女に対する厳しい態度を緩めようとします。だがケイシーはあくまでもミシェルを裁くつもりでいました。
いったんサラに謝りパティを諦めたかのように思えたミシェルでしたが、接近禁止令が解けるとパティを誘拐します。これが罪だとされるならミシェルは実刑になりますが、ミシェル側は実の子を連れ出したのだから罪ではないと主張。ケイシーは勝ち目がないと弱気になります。
ケイシーはオフのとき、公園でステーブラーがエリザベスとディッキーと一緒にバスケットをしている場に行き、アドバイスを求めます。ケイシーはステーブラーに、もしよそに実の子がいたらどうすると尋ねると、ステーブラーは是非とも引き取りたい。子供のためなら死ねると子供への愛情について語った後、ソロモン王は「剣を持て、子を半分に切り裂け、半分ずつ双方に与えよ。」と言ったと付け足します。
ケイシーは法廷でパティを証言台に立たせ、ミシェルが母親であるかどうか問い詰めます。パティは泣きながらサラを恋しがったために、ミシェルはパティが娘だと主張することを諦めます・。この件は片付きましたが、ノートンについてさらに捜査を進めたとこと、ミシェルの受精卵16個採取され、そのうち10個を使用。他に娘二人、息子一人がいることが明らかになったのでした。
ミシェルを演じているのは数多くの映画に出演したり、コメディのCaroline in the Cityで主役キャロラインを演じているLea Thompson。パティ役はLittle Miss Sunshineでアカデミー賞にノミネートされたAbigail Breslinが演じています。堂々とした演技はまさに名子役でした。MariskaがAbigailにどうやって泣く演技をするのか尋ねたところ、Abigailは家族の喧嘩を思い出すと答えたそうです。MariskaはAbigailの演技にすっかり感心させられていました。

S6スタート。
順調に進んでくれるのは本当に嬉しいのですが
週2話のオンエアはキツ過ぎ。
エピガイを真面目?にまとめてHPの方にも細々とアップしているため
普段見ているドラマのようにいい加減に突っ込んで書きたいことを書いているのと
使う時間も労力も全然違います。
だから週末にしか書けないし。
それでも今までは週2話といっても先週の再放送と今週の新作の2本立てでしたが
なぜか今シーズンは真面目に二本ずつ進んでいく(泣)
一体なんでこんなに急ぐんだ?
同じペースでDexterもオンエアされてしまうので
忙しくてたまりません。

そんなわけでSVUの方は超スローペースで視聴&エピガイアップの予定。
オンエアとどんどんずれてしまうと思うけどご了承くださいませ。
これでCrimeはCiもオンエアしちゃうんでしょ。
さらに忙しくなる…ため息

Desperate Housewives S5-#2 「良き隣人」

スーザンはMJがお泊まり会に行ってる間に自宅にジャクソンを招き入れ
ジャクソンが翌朝ガウンのまま朝刊を取りに出たら
見事なタイミングでMJの忘れ物を届けに来たマイクと鉢合わせ。
スーザンにとっては最悪な展開です。
しかもジャクソンとマイク、意気投合しているし。
早速二人は飲みに行く約束などしていました。
本当はマイクの言い分を聞きたくないけど、MJの親権がかかってるし、
二人に任せておいたら、マイクはジャクソンに
スーザンのベットでのツボを教えてしまったのでした。
怒ったスーザンは二人を接近させないように仕組んだら
今度はジャクソンはカールと仲良くなっていました。

ここにカール登場とは意外。
最近いろいろなところで姿を見せるBurgiですが
デス妻のカールが一番はじけていて幸せそうでいいですね。
本当はThe Sentinelの未放映分がオンエアされるのが理想ですけど。
そして相変わらず必要以上に脱いでしまうジャクソン。
まだスーザンに迫る様子がどうも馴染めません(汗)
QAFも途中までしか観ていないし、本当は完結させたいんですけど機会がないまま。
無理は承知だけど、日本上陸してほしいな。

ブリーは料理本のプロモーションが順調で
セレブのパーティーのケータリングを頼まれたり
ラジオ番組に出演したり大忙しです。
それがオーソンには不満。
しかもブリーはバン・デ・カンプを名乗っていて
インタビューの際、夫は死んだと語ってしまったので
オーソンはますます怒ります。
仕事が終わってぐったり状態のブリーに
約束なのでポットローストを作れと命じます。
ブリーは涙しながら料理を始めました。

ポットローストって相当時間がかかりません?
圧力鍋を使えば早いかな?
一体いつになったら食べられるんでしょう。

セレブパーティーに珍しく招待されたガブリエル。
有頂天になっていましたが
収入のためにクラブでマッサージの仕事を始めたカルロスが
クラブのスタッフということで、ガブリエルの招待もキャンセルとなってしまいました。
ガブリエルは悔しくて、カルロスを連れて無理矢理パーティーに忍び込みます。
あっという間にばれて追い出されてしまうんですが
カルロスは今の暮らしが幸せだとガブリエルに話します。

すっかり普通の奥さまなガブリエル。
久々のパーティーに出ても、今までの華やかさはどこかへ行ってしまいました。
セレブな暮らしが懐かしいかもしれなけど
家族に愛されているガブリエルは、その幸せを大切にしななくては。

リネットは何もしゃべってくれないポーターのことが心配になり
ポーターがネットでつぶやいているコミュニティサイトについてパーカーが教えてくれたので
リネットは同世代の女子高生のふりをしてアクセスします。
するとネット上ではポーターはいろいろ語ってくれるじゃないですか。
しかも詩まで書いていたのにはびっくり。
リネットが積極的に迫ったために、ポーターはその謎の彼女が気に入ってしまったみたい。
これはまずいとトムにきつく指摘され、リネットも早々に別れを切り出すことにします。
ところが肝心の別れの言葉のラストに「愛してる、ママ」って書いちゃったんだよね。
またしても最悪な展開。
リネットは息子に気持ちを伝えることはできたかもしれないけど
息子のダンマリはまだまだ続くのでしょう。

マクラスキーさんに体型のことで嫌味を言われたと
イーディがデイヴに訴えると
デイヴは謝ってほしいとマクラスキーさんに直談判に行きます。
話し方は穏やかでしたが、しっかり分析されてしまったマクラスキーさんはかなり不機嫌。
すると大事なニャンコが姿をくらましてしまいます。
デイヴは猫を探すのを手伝うからイーディに謝ってほしいと再度頼んできたので
マクラスキーさんがイーディに謝ったら、ニャンコが戻ってきました。
デイヴは一体何者?
マクラスキーさんはキャサリンに調査を頼みます。
デイヴ、かなりの曲者だと思うけど。

Crminal Minds S4-#15 「コピーキャット」

クリーヴランドの書店で著書の宣伝活動を行っていたロッシ。
そこにロッシの大ファンという女子大生が現れ
最近クリーヴランドにシリアルキラーがいると訴えてきます。
彼女は犯罪学を学んでいて、最近起きた殺人事件を分析していましたが
事件に共通性が見られないため、ロッシは深く話を聞こうとしませんでした。
でも追求する姿勢は大切にするようにアドバイスし、
就職のあっせんはすると自分の名刺を渡して立ち去ったのでした。

ところがその女子大生ゾーイが殺されてしまいます。
それもその前に殺人事件が起きた現場に
ゾーイが単独調査に行ったところで絞殺されていたのでした。
ロッシは責任を感じてBAUで捜査を始めることにします。
ゾーイが遺したノートを活用しながら調べていくうちに
今までの殺人事件の被害者や手口はどれも違うけれど
みんな有名なシリアルキラーの模倣だということがわかってきました。
ところがゾーイ殺害の後、犯人は絞殺を好むようになり
自信を持って人を絞殺し始めていたのでした。
検視の結果被害者の額がアルコール消毒されていて
殺害後キスした?と考えられたので
ロッシはゾーイの遺体を母親に返したのにもう一度頼みこんで取り返し
ゾーイの額から犯人のDNAを探り当てます。
犯人は近所に住むオルソンでした。
オルソンの自宅にはロッシの著書が並んでいます。

オルソンはバーで次の獲物を物色中。
公園に連れ出してレイプしかけているところをBAU1が取り押さえたところ
被害者のリンダはオルソンのことを恋人だと主張します。
シリアルキラーと付き合っていても気づかないなんて
普段は穏やかな男なんでしょうか。
ゾーイに近付いた時も、ゾーイは全く不信感を覚えていなかったし。
でもリンダはオルソンがベッドでヤレないことを説明。
毎回外の違うところを選んでいたのですが
それが殺人現場の数々と一致していました。
現場に戻ることで性的興奮が得られるのでしょう。
オルソンもまたロッシの大ファン。
ロッシの著書で学んでいて相当挑戦的です。
だがロッシはあえてオルソンに向き合い
他の事件現場を当てることにします。
ヒントはオルソンの家に飾ってあった写真にありました。
殺すことを何とも思っていないようなオルソンでしたが
さすがにロッシを打ち負かすことはできませんでした。

そしてまたJJもロッシのファンだったんですね。
将来が決まっていなかったとき、ロッシの著書に出会い影響を受けたのでした。
ロッシは引退時代にたくさん著書を残したのでしょうか。
でも今も多大な影響力を与えている。
本当にプロファイラーの鏡なんですね。

Eli Stone S1-#1 「フェイス」

サンフランシスコのエリート弁護士イーライは
企業の依頼を受けては勝つために手段を選ばない
弱者には本当に厳しい弁護士でした。
私生活もリッチでハッピー。
そんなイーライでしたが、ある日元カノのベスが
息子が自閉症になったのは注射のワクチンのせいだと製薬会社を訴えてきて
イーライは製薬会社側の弁護につきます。
いつも通りガンガン攻めまくるつもりだったのが
突如不思議な音楽が聞こえてきて
いつの間にかそれはGeorge Michaelの「Faith」に
しかもGeorgeが目の前で歌ってるじゃないですか。
イーライにはおかしなビジョンが見え聞こえしてしまったのでした。
一体何が起きたんだ?
イーライは兄の医者のネイサンに診察してもらったら
脳に動脈瘤が見つかります。
幻聴や幻覚は動脈瘤のせいだったようです。
しかも手術が難しいらしい。
イーライは酔っ払いオヤジで亡くなってしまった父のビジョンを見たり
鍼灸師のドクターチェンのアドバイスを聞いたりしているうちに
自分の生き方を変え、弱者のために戦うことにします。
そして態度を一変し、ベスのために法廷に立ったのでした。

何とも不思議な法廷ドラマ。
いきなり雪山にスーツで現れるイーライに何考えてるんだ?ってツッコミたくなりますが
イーライはマジでやってるんですよね。
そのあとリッチなイーライの日常が紹介されますが
そこに突然Georage Michael登場。
リビングで歌って踊るGeorgeはゴージャスすぎます。
その後のオフィスでのダンスシーンはかなりGlee風。
なんて楽しいお話なんでしょうと思ったら
イーライの病気が発覚して、単にぶっ飛んでいるコメディじゃないことがわかりました。
イーライは心機一転、法廷で弱者のために戦ってくれるようですが
一体どんな法廷ドラマになるのでしょう。

実はこのドラマ、Brothers&Sisters制作チームが関わっているんですね。
Pilotの制作、監督はKen Olin
レベッカ父のデイヴィッドです。
そんなわけでB&Sからはキティの不倫相手になりそうだったアレックが
イーライ兄のネイサンとして登場。
アレックの職業が謎だったんですが、これでなんとなく医者に思えてきました。
そしてKenが制作にかかわっていたAliasからは
シドニー父がイーライ婚約者テイラーの父で
弁護士事務所の上司のジョーダン役で登場。
しかもオフィスではシドニー父の隣に
Everwoodのドクターアボットが座っていたのでビックリしました。
何と絵になるオヤジたちなんでしょう。
アボットじゃなくてマーティンは
ジョーダンと一緒に事務所を運営しているようです。素晴らしい!
たまにはアンドリューも出てきてほしいな。
さらに幻覚で出てきたイーライの父が
Edのエド・スティーブンス。
エドってそんなにオヤジになっちゃってたんだ。

馴染みの顔が多くて楽しめそうだし
オヤジが豪華なのはありがたいことです。
そしてS1はどうやらGeorge Michaelの曲のオンパレードらしい。
またGeorgeが突如歌ってくれるのかな。
George Michaelの楽曲はそれなりに知っているけど
アルバムできちんと聞いたことはないので
サントラ代りにベスト版をゲットしようかなと考えています。
先のぶっ飛び具合が読めないけど、大いに期待しています!

Without a Trace S5-#6 「ハリケーンの爪痕」

洪水の中で流されそうになりながら
必死で子供を探しているのは…
ベントン先生だ!

突然の登場にびっくりしました。
これはベントン先生じゃなくてアーロンの悪夢。
アーロンの家はニューオーリンズでハリケーン・カトリーナの被害に遭い
親戚を頼ってNYに出てきたのでした。
子供たちは無事でしたがアーロンは仕事をクビになり
ニュージャージーで仕事を見つけたと言って家を出たまま失踪。
乗っていたトラックは燃えていました。

ベントン先生失踪か…
見た目はやっぱりベントン先生のままなんですけど
声が違うからかなり気持ち悪い。
同じ声優さんは無理だとしても
なるべく似たトーンの声優さんにしてもらいたいです。
ついでに奥さんはThe Practiceのレギュラーの人だそうですが
こちらは観てなかったから違いが分からず。
やはり違和感あったかな?

あれだけの辛い思いをしてきたから、心にいろいろ抱え込んでいるのは確か。
自殺願望説も納得できてしまいます。
そこで説明に出てきたのがベントン先生に仕事を斡旋したいとこ。
今度は何とTWのドクじゃないですか。
ベントン先生とドクがいとこですか???ありえない!!!
と思った途端一気に集中力が萎えました(苦笑)
せっかくの共演だったらERとTWでクロスオーバーでよかったのに。
でもクロスオーバー時代にはもうベントン先生はいなかったよね。
こんなところで大サービスだと思えばいいのかな。
そしてTW終了後ひたすら不幸な道を歩んでいるのがドク。
ということは今度はベントン先生の失踪に大いに関わっちゃいましたかと
間違いなく疑いの目で見てしまいました。
言ってることもなんだかはっきりしないし。
でも実はドクはベントン先生のことをとても気遣っていたんだよね。
久々にいい人ドクでよかった。
ところがまたドクの声も全然違って気持ち悪いんだよね。
最近のドクは字幕版だったから、嫌味キャラでもあっさり受け入れられましたが
二人の会話の声が違いすぎる…
こんなときは字幕版で観るべきだとつくづく思います。

いつも通り捜査していくと謎が深まり
ベントン先生はファイトクラブで闘っていました。
金を稼ぐためにそんな手段まで。
お金を渡したかった理由や金時計の謎は
カトリーナの被害に遭った時に遡ります。
家族を救うために、目の前で助けを求めている人を見捨てた。
でもそれはどうしようもなかったことでしょう。
ふと医療現場のトリアージを思い出してしまいました。
(ベントン先生へのこじつけだけど)
ベントン先生は誠意を見せようとして
運悪く生き埋めになりかけてしまったのでした。
其れを救い出しに行くのがジャック。
今シーズンのジャックは体を張って頑張りますね。
さすがに神様もベントン先生を許してくださいました。

カトリーナを題材にした事件のお話。
それ以上に強烈なキャスティングに恐れ入りました。

Glee S1-#8 「Mash-Up」

エマはケンと密かにハワイで結婚式を挙げることにしたんですが
ダンスの曲を選んでほしいとウィルにお願いに来ます。
ならばマッシュアップしちゃえと候補に挙がった2曲が
SisqoのThong Songと「マイ・フェア・レディ」の中のI Could Have Danced All Night
ヒップホップとミュージカルをどうやってマッシュアップするんでしょうね。
ウィルはグリーのメンバーへの課題とします。

エマの前で歌って踊るウィルは幸せそう。
生徒たちよりずっと動きが軽やかだし
本当にすごい振り付けをガンガン披露してくれて
すっかり楽しませてもらいました。
この間はNumb3rsのゲスト出演で実はレイプ犯だったパトロール警官役を観てしまい
そんなのありえない!って大ショックだったので
はじけるウィルを楽しめてよかった。

エマはウェディングドレスを試着しながら歌ったり
ウィルとお試しダンスを踊ったり
とても楽しそうだったんですが
その様子を観ていたケンがイライラ。
今までグリーの練習に当てていた時間も
アメフトの練習時間にすると
アメフトかグリーかのチョイスをするよう宣告してしまいました。

そうじゃなくてもクインの妊娠が分かって
アメフト部のクォーターバックとチアリーダーが世間のいじめに遭うという
とんでもない事態になってしまっています。
このいじめというのがスムージーみたいな飲み物を
いきなり相手の顔めがけてかけるという、まあかわいいものなんですけど。

グリーとアメフトの掛け持ちメンバーはグリーを選んでくれたし
自分はユダヤ人と付き合うと決め込んだパックはレイチェルにアタックし
ちょっといい感触をつかんだのでグリーに戻ってきます。
しかし微妙な立場のフィンはなかなか戻れません。
ようやく自分の胸の内をはっきり述べたら
ケンはグリーとの両立を許してくれました。
案外ケンって優しいんだね。

フィンとクインがべったりでいらっとしているレイチェルは
パックと付き合うことでフィンに意識してもらいたいという思惑があったんですが
やっぱりパックとはうまくいかない。
メインボーカルだって無理でしょって嫌みを言ったら
パックはギターを片手にNiel Diamondの名曲Sweet Carolineを披露。
なかなかパックの歌もいいじゃないですか!
でもパックも実はクインへの思いが消えていないんだよね。
ちょっと複雑な二人でした。

スーはテレビショーの後キャスターのロッドにデートに誘われ
すっかり気を良くします。
こんなに柔軟なスーがあり得る?ってビックリ。
ウィルとのダンスもノリノリ気分だったし。
そしてすっかりおめかししたスーが
(これがまた何ともダンディでかっこよかった!)
テレビ局に乗り込んでいったら
ロッドはパートナーとキスしてたりして最悪な展開。
スーは甘い夢をさっさと捨ててしまいました。
ジャージ姿のスーがやっぱり安心です。

サントラからは2曲。
冒頭でウィルがはじけまくったOung MCのBust a Moveと
パックのSweet Carolineが収録されています。
結局マッシュアップは不可能ということでおしまい。
またしてもグリーは危機を脱出し
ウィルは生徒たちからスムージーの洗礼を浴びたのでした。

90210 S1-#2 「ジェットでデート」

高校の廊下がゴミだらけ。
どうやら隣の高校のラクロス部が仕掛けてきたようですが
校長はリベンジを厳禁。
でもディクソンはじっとしているわけにはいきません。
今こそラクロス部の仲間に認めてもらうチャンスだと思って
校長=父が使った方法でリベンジを試みることにします。

ラクロス部の仲間ナヴィドのお父さんはポルノ映画のプロデューサー。
いかにもビバリーヒルズの職業ですね。
リベンジの方は大成功。
だが校長にしつこく締めあげられてディクソンは自分がやったと白状し
仲間たちも共犯であることを認めます。

ナオミはイーサンにこっちを向いてもらいたくてジョージとデートしてしまいます。
ジョージってTwilightのエメットだったんだ。
ところがイーサンはナオミと別れることを決意。
逆効果になってしまいました。

アニーは演劇部のリッチなイケメンのタイからデートに誘われ
プライベートジェットでサンフランシスコへ飛んでディナーを
そのときはそれで終わったんですが
母との約束をすっぽかし、おばあちゃんが交通事故に遭いで
親からさんざん叱られることになってしまいます。
アニーはタイとの関係についてどうなるのか
微妙な気持ちをイーサンに話します。
イーサンはアニーへの思いが強くなり
ナオミと決別したところでアニーにアタックしようと思ったら
アニーとタイがキスしている場面に遭遇してしまいました。
イーサン、運が悪すぎです。
ところでアニーたちのおばあちゃんのタビサの親友がModels Incのヒラリーで
またMPつながりが見えてしまいました。
Models Inc、またどこかで再放送してくれないかな。
かなり面白かったもん。

お子様たちのごたごたはあっちへ置いといて
旧ビバヒルファンの感激はブレンダの登場。
ケリーとブレンダは親友だったのか…っていきなり言われても信じがたいんですけど
大人になれば過去のごたごたは水に流せるのかもしれません。
ブランドンは元気にやっているようで
(あちこちのドラマで犯罪者だった気がするが…爆!)
ナットさんのピーチピットでお茶する二人の姿にしみじみしてしまいました。
ブレンダは舞台の仕事でビバリーヒルズにしばし滞在するようです。
ところで国語教師のライアンがケリーに気があるようで
ケリーが子持ちなことを知ってショックを起こしていました。
あの4歳の息子サミー君の名字がマッケイだったので
やっぱりディランの息子なんですね。
IMDbは何でも教えてくれるので助かりますが危険です(笑)
ライアンがケリーを落とせるかもあっちへ置いといて
授業中テレビ画面に映っていた超汚い漢字は「春」だったのでしょうか。
すごく気になりました。

シルバーがナオミを恨んでいる理由をアニーに語っていましたが
そもそも二人は背中に同じタトゥー「仲」を入れるくらい仲良しだったようです。
でもシルバーのパパが浮気して
ってことはデビッド坊やのパパですか。やれやれ。
で家庭不和に陥り、それをナオミが暴露してしまった?
ということはケリーとデビッドの兄弟関係は解消されてしまったのでしょうか。

若者たちにはあまり魅力を感じられないけど
ドラマ本編よりどうでもいい過去の話のその続きが気になって
まだ楽しめるかな。
本当は旧ビバヒルな人たちの同窓会が観たいだけなのかも(爆!)

Bones S4-#26 「The End in the Beginning」

シーズンファイナルエピソード。
なにかとんでもないことが起きるのかと思ったら…

いきなりブレナンとブースがベッドの中で。
これは相当とんでもないことです。
だけどどうも事情が変。
ブースはクラブ経営者で、ブレナンは骨と何の縁もなさそう。
するとブースのクラブで殺人事件があって
担当刑事がカミーラとブース弟のジャレッドでした。

一体どうなってるんだ?
きっと夢落ちだろう…でも誰の?と思いながら
深く考えずに観ていました。
するとクラブの従業員が今シーズン関わった
ジェファソニアンのスタッフ御一行様。
立場は変わっていてもキャラ的には変わってないのが面白いです。
一番笑えたのが人気ミュージシャンのCインク。
とかいって生意気エディソンなんですけど。
そしてスイーツがバンドを率いて歌声をご披露。
彼にそんな才能があったとは!見直してしまいました。
今度は是非Gleeで歌ってください。
デイジーがスイーツに惚れこんじゃったのも笑えた。
さらにザック復活も素敵でした。すっかり普通のザックに戻っていたし。
ホッジンスが作家になっていたのは意外だったけど。

刑事ジャレッドってかっこいい!
なんて思っていたらやっぱり彼はマイアミの宇宙人のままでした(泣)
最終的に不幸な役回りなんだよね。宿命なのでしょうか。
骨について語らないボーンズも不思議。
ブースとブレナンが発展してしまうのもあまり想像したくなかったけど
それはそれでなかなかいい感じ。
でもこんなブレナンはやっぱりあり得ない??

何も骨を見ないままに事件は解決し(かなり意味不明)
気が付いたらクラブでMötley Crüeがライブしてました。
これが一番のビックリだったかも!
どうなってるんだ??

これはやっぱりブースの夢でした。そうだよね!
ブースは包帯ぐるぐる巻きで病院にいます。
意識不明状態で見ていたとてもリアルな夢。
ブースの願望だったんだね。
でもジャレッドはそれでいいのかな?
傍らに寄り添うブレナンが目覚めたブースにホッとしていると
ブースはブレナンのことを忘れちゃっています。
事故で記憶喪失か?
それってまるで別のドラマが始まりそう(笑)

シーズンファイナルはびっくりすることがあって当然ですが
こんな終わり方もあるんですね。
そういえばS3ファイナルはザックがとんでもないことになって
怒りまくったのを思い出しました。
それに比べれば笑って終われた今シーズンですが
S5プレミアはどうなるんでしょう。
ついでにまたFOX特派員としてご報告できるのかどうかも
ちょっと気になっています。

Desperate Housewives S5-#1 「時の激流」

デス妻復活。
いきなり5年後に飛ぶことはS4フィナーレで予告済みでしたが
みんなの劇的変化は読めませんでした。
本当は1年後なのに5年後の設定ってことは
俳優さんたちが急に老け顔になったかというよりは
今までが多少若づくりで今度が素なのかなって感じました。
そして冒頭マイクとスーザンと息子の乗った車が対向車と衝突。
車が横転して血だらけになりながらスーザンが出てきます。
マイクはどうしたんだ?

ってやきもきさせられているところから、5年後の現実に。
ブリーはキャサリンと共同で始めたケータリング業で成功して一躍時の人に。
レシピ本まで出版してしまいました。
でもキャサリンを一番のアシスタント役だと紹介したために
キャサリンが怒ってテレビショーの録画中に
ブリーが大失敗するように仕組みます。
二人のキャラは全然変化せず。
アンドリューは立派な大人になりましたね。
ダニエルは子供を連れて出て行ってしまったようですが。
オーソンの存在がかなり地味なのがちょっと気になりました。

リネットの双子たちも成長して高校生です。
これは俳優さんが変わりましたが
本当に5年たって育ったように見えるからびっくりです。
しかもお店を借りきってポーカー賭博場を開いてるし。
トムが双子たちに甘い顔をするので
怒ったリネットは双子がダンスパーティーに行くのに
トムの大切な車のキーを渡してしまいました。
トムは車のことが気になっていたけど
門限に遅れた双子たちを厳しく叱り父親らしさを発揮。
夫婦円満のようです。
トムって全然老けてない気がしたけど、気のせい?

ビックリしたのがガブリエル。
2児の母になったら見た目はすっかり普通のおばさん、
こんなに劇的変化ってありえるのでしょうか。
しかも娘も4歳なのに7歳用ドレスが着られない肥満体です。
少しは運動させようとガブリエルが仕掛けるけど
娘には全然その気がなし。
でもカルロスはそんな妻と娘のことを愛しています。

そこにウィステリア通りから追放されたイーディが戻ってきました。
しかもデイヴという夫を連れて。
デイヴはBOBのコンプトンでMIのDrコナーだから
頼りになる存在に思えるけど
人当たりがよく、しかもイーディがすっかり奥さまモードでしおらしくなっています。
一体何があったんだ?
デイヴは大きな下心があるようですけど。

さてスーザンは??
家の中にいた裸の男はマイクではなくペンキ屋のジャクソン。
というわけでQAFのブライアンが久々に脱いでくれました(笑)
でも相手が女性じゃ全然面白くない!!
むしろゲイカップルの家のペンキを塗りに行って
複雑な三角関係とかを演じてくれた方が自然なんですけど。
Gale HaroldはQAF以外ではいかにもハマり役だったSVUのゲストとか
Vanishedの刑事役などありましたが
こんなに明るい姿を観るのは久々かも。
オヤジになったのはしかたないけど、それを感じさせないはじけっぷりはよかったです。
元祖QAFのスチュワートはボルティモアの市長になっちゃいましたからね。
ペンキ屋くらいの方が自然かも。

とにかくスーザンはブライアンじゃなくてジャクソンとよろしくやっている、
でもみんなには二人の関係は秘密。
実は事故の後マイクとの関係がぎくしゃくして
マイクは家を出て行ってしまったんですね。
たまに息子を迎えに来るくらいで。
あれだけいろいろあったのにあっさり別れられるのかな。

いろいろ変わりすぎてしまったデス妻たちですが
本質的には変わっていないのでしょう。
新顔オヤジたちに要チェックで楽しませてもらいます。

Criminal Minds S4-#14 「愛しき骸」

ワシントン州オリンピアで、防腐処理が施された女性の遺体を発見。
続けて発見された女性たちはみなブロンドで同じようなヘアスタイルにされ
耳にピアスの穴が2つ開いていました。
遺体は殺される前に防腐処置をされているようです。
犯人には固執する女性がいて、彼女を求めて次々に似たような女性を誘拐し
殺害してきたと思われます。

担当刑事はなんだか知ってるオヤジだと思ったら
Michael Biehnじゃないですか。
いつの間にこんなに普通のオヤジになっちゃったんだ…
かなりショックでした。
M7のクリスは理想的リーダーだったし
ヴィンとのコンビは最強だったじゃないですか!!
あのカリスマ性をまた見せてもらいたいです。
もっともヴィンもWATでは普通のオヤジ>なマーティンになっちゃったけど。
いきなりオヤジMichaelの登場に唖然としていたら
娘を誘拐された母親がサイキックに事件の証拠品であるペンダントを渡していて
そのサイキックオヤジがこれまた知ってる顔。
Chicago Hopeのハンコック先生でした。
その後ERのドクターもやってましたよね。
どうしてもドクターに見えてしまうので
霊能者って不思議な感じ。
そしてロッシは霊能者を信じない!
最初から全然相手にしようとしません。
実はロッシには霊能者に騙された?過去があったからだったんですが
もしアリソンとロッシが合同捜査することになったら
お互いに足を引っ張るんだろうな…ちょっと観てみたくなってきました。
一方霊能者を信じたいのが産休明けのJJ。
すっかり子供を追う母の気持ちを代弁する立場に回っていました。
さすが、お母さんですね。

かなり特殊な事例だったので
だんだん犯人像が絞りこめてきました。
犯人の男が4人目の被害者を殺害する前に事件は解決できたのですが
モデルとなったのは男が幼いころのベビーシッターだったアビーという女性。
両親が男の世話をアビーに任せっぱなしだったので
男はすっかりアビーになついていたんですが
ある時アビーが男に添い寝をしてくれていて死亡。
男は死んでしまったアビーの隣で親が帰ってくる前
一緒に寝ていたのでした。
それからアビーが忘れられず。
医大に進学した後中退し姿をくらましていたが
父親が息子にこっそり送金していました。
医大で遺体の防腐処置に関する知識を多少学び
金銭的にも余裕があったわけです。
しかしこの男の人格を壊してしまったのは
やっぱり親の責任でしょうか。
重たすぎる話でした。

Glee S1-#7 「Throwdown」

ゆっくり感想を書きたいんですが、今あまりにも忙しくて
PCに向かう時間が取れないのでごく簡単に。
ついでにドラマを観る時間もなくて、どんどん溜まっています(汗)

スーとウィルの指導者対決。
スーはマイノリティ集団を固めて
レイチェルとチア&アメフト組と対立させようとします。
ところがマイノリティ集団が見事なチームワークを披露。
実はマイノリティな人達が支えていたグリーだったのでした。

メルセデスをメインにフィーチャーしたHate on Me
みんなの見事なはじけっぷりが素敵でした。
いつの間にか東洋系男子もグリーにいたんですね。
マイクっていうんだ。要チェックしようっと♪

一方スーの考えるところのメジャー組は
レイチェルとフィンのボーカルでNo Airを。
これも素晴らしい出来栄えでしたが、チア組はコーラスでやや不満。

レイチェルは新聞部の嫌な奴にクインの妊娠についてばらすと脅され
なんとか口止めをしていました。
でも結局スーが知ることになりクインは窮地に立たされます。
クインがリードボーカルを取るYou Keep Me Hangin'Onは
なかなか新鮮な感じ。
この曲はThe Supremesがオリジナルですが
超ド派手なアレンジをしてしまったVanilla Fudgeバージョンが好きでした。
今回はオリジナルに忠実です。

ウィルがクインの検診に付き添ったフィンのことを心配しつつ
何故自分がテリーの検診に付き添えないのか文句を言いだしたために
テリーはものすごい裏工作を仕掛けました。
そこまで嘘をつき通して大丈夫なのかな?
にせ胎児の成長に涙するウィルが気の毒です。

スーとウィルはかなりマジにバトルしてましたが
結局みんながうんざりしてスーは敗北。
最後はKeep Holding Onで丸く収まりました。

今回の4曲はすべてサントラに収まっています。
ドラマの余韻に浸るためにも必需品ですね。

Without a Trace S5-#5 「消せない傷」

S4-#22でジャックが脅しまくったアルバニア人ギャングのサディーク・マルクが復活。
当然ジャックに恨みを持っています。

しかし今回はサディークが可愛がる息子のペトロスと
母親で愛人のジュリアの二人が失踪。
FBIはあくまでもジュリアとペトロスを探す立場で
捜査に加わります。
だが警察はサディークをずっと追っていて
担当刑事はFBIの介入を嫌がります。
いつものことながら警察とFBIの協力体制は最悪。
お互い手柄がほしいんだろうって
確かにジャックもサディークをブチ込みたい気持ちは強いんですけど
それは警察に譲ることにして、失踪者を探すことに専念します。
だけどお互いの情報は渡し合おうって約束していたのに
サディークの部下として捜査官を潜入させていたのを
警察はFBIに伝えていませんでした。
潜入捜査官はかなり怖い目に遭ってしまいます。
どうして協力体制が取れないんだろう。

ジャックの心の揺れ動きが何とも微妙。
ジュリアとペトロスの情報を得るために
サディークを武器の所持を理由に逮捕してしばし時間を稼ぎます。
サディークはそのうち弁護士と一緒に出て行ってしまいますが。
そのうちジュリアだけが発見され戻ってきます。
でももう一つ埒が明かず。
サディークの妻のオデッタの関わりも謎です。
なにしろジュリアとオデッタが親しくて
週に一度はサディークとペトロスと4人でディナーしてるんだもん。
そのうち潜入捜査官が絡んだ武器の密売未遂で使った金の移動先がわかり
誘拐犯はサディークの部下だとわかったんですが11名死亡。
どうもこれは偽装誘拐のようです。
オデッタやジュリアを尋問するうちに真相が判明。
ジュリアはサディークから離れたくてペトロスを連れて
誘拐されたように見せかけたのでした。
しかし逃亡直前に銃の暴発によってペトロスが死亡。
遺体を埋めて逃亡をしたふりをしていたのでした。
どうしてこんなことになってしまったのか。
やはりサディークがさっさとつかまって罪を償っていればよかったのかな。

失踪者を探さなければならない。
その信念を貫き、サディークと接していくジャック。
最後は息子の死を伝えることになってしまいました。
これでサディークも心を入れ替えるのでしょうか。

Brothers&Sisters S3-#24 「メキシコ」

シーズンファイナルはきれいに終わりました!

ノラはロバートの情報をもとにトミーを探してメキシコに。
トミーがいる施設はどうやらカルト教団らしい。
と思い込んだノラは早速子供たちにヘルプの電話を入れます。
サラは素直にノラに同行するつもり。
ジャスティンもその気になり
キティはロバートとの関係はこじれたままだけどOKをして
でもトミーのことで完璧頭にきているケヴィンはその気になれません。
しかもスコッティとの結婚記念日でディナーの予定も入れてるし。

そうか!もう一年たったんだ。
だって次のシーズンファイナルですもん。当然です。
でもなんだかあっという間に感じました。
そして人間ができすぎのスコッティは
またもやケヴィンがウォーカーとしての任務を果たすように勧めます。
本当に立派な嫁だ!!
ケヴィンはこの先も安泰ですね。
その頃ノラはカルト教団?の労働に付きあっていました。

メキシコの田舎町のシンボルになっている噴水が壊れ
トミーはそれを直す仕事を買って出たようです。
たまたまノラが来たときは、部品を買いに行っていて不在でした。
ノラに呼びつけられた子供たちはすぐにメキシコにやってきます。
来る前にジャスティンとレベッカはホリーとデイヴィッドに婚約したことを話しますが
予想通りホリーは難色を示したのでした。

トミーはあっさり姿を見せます。よかった。
とても元気そうだし。
カルト教団だと思った施設は、それほど宗教がかってはいないみたい。
でも食事の時間私語禁止のルールはウォーカー家には難しすぎて
みんな食堂から追い出されてしまいました。
後から追いかけてきたロバートの前で、
キティは別居予定をみんなに告げることになってしまいます。
ジャスティンがはめている高級時計はレベッカのプレゼントだとわかって
みんなちょっと気になっています。

トミーは正直に自分の気持ちを話し
ジュリアやエリザベスと連絡を取っていくことを確認します。
でもまだ帰るつもりはありません。
ここで働きながら自分を見つめなおしていくつもりです。
婚約したことをなかなか話せずにいたジャスティンだけど
意を決して家族の前でレベッカにプロポーズ。
みんなで大騒ぎになりました。
ハッピーエンドでよかった!
でもキティはロバートのヘリコプターが飛び立つ前に
やはり彼が大事であることを伝えようと追いかけますが
間に合いませんでした。

一方LAでは
サラに頼まれてソールはライアンに解雇通知を渡すつもりでしたが
母の死が自分に関わっていると察したソールは
自分が責任を取るからホリーにライアンを解雇しないよう頼みます。
レベッカの結婚を訝ってたホリーは
レベッカのシカゴ時代の荒れた生活を思い出し、それが不安材料になっていました。
S4に向けて問題があれこれ残されました。
ケヴィンとスコッティが無事に結婚記念日を祝えればいいけれど。

S4はこの秋から。
楽しみに待っています。

90210 S1-#1 「ここはカンザスじゃない」

いよいよ新ビバヒルスタート。
オリジナルを制覇しているので
(実はS1は飛び飛びにしか観てないし、最後の方はかなり惰性だったけど)
やはりトライしなくては…と裏でCSI:NYをオンエア中なのを犠牲にし
(NYは日曜の字幕版再放送を観ることにします。いきなりみんなの声が変わるけど)
とりあえずパイロットにチャレンジしました。
新ビバフルの場合リメイクじゃなくてリブート(再生再起動)っていうんだそうで
オリジナルの舞台設定やキャストが一部引き継がれ
そこに新しいキャストが入ってきてドラマが展開されていきます。

オープニングはオリジナルとよく似た展開。
カンザスの田舎からビバリーヒルズにウィルソン家が引っ越してきました。
両親とふたり兄弟なのはウォルシュ家と一緒ですが
双子の兄妹ではなく、兄は養子なのがポイント。
兄のディクソンは家族と肌の色が違ってアフリカン・アメリカンなのです。
今は別に驚くことでもありませんが、でもちょっと説明が面倒かな。
そしてビバリーヒルズで住む所がパパさん(笑)の実家。
かつての大女優でディクソンとアニーのおばあちゃんが住んでいます。
父ハリーはここでウェストビバリー高の校長職に就くことになります。
なんでカンザスから校長先生が異動してくるのかは
ドラマの都合なので追求しないようにしましょう。

ハリー役のRob EstesはビバヒルじゃなくてMP組ですが
かつての姿を観ていると、ウォルシュパパみたいに人のいいオヤジには思えません(笑)
CSI:Miamiでもかなり嫌なキャラだったし。
もちろんドラマ上もビバリーヒルズ出身ですから
ガイダンス・カウンセラーのケリーのこともよく知ってます。
ついでにアニーが親友になる?ナオミの母のトレーシーとの間に
実は子供がいた?らしい。
いきなりMP的な展開じゃないですか。

かつてビバヒルを観ていた時は海外ドラマの知識がほとんどなかったので
出てくる人たちがみな新鮮だったんですが
今はあっちこっちで知ってる人だらけで(汗)
キャラクターのイメージを損ねそうなのが恐ろしいです。
その筆頭がアニーに近付いてきた派手なナオミ。
彼女ってN/Tの悪女ならぬ悪娘エデンですから
何をやっても下心がありそうで…
もう少し素直な娘であることを祈ります。
ちなみに母のトレーシーは
「幸せの処方箋」で戦地へ行ってしまった看護師のキャンディでした。
大分イメージが違うけど。

アニーは2年前にビバリーヒルズに来たとき
イーサンという男の子と知り合いちょっと親密になったんですが
そのイーサンがナオミの彼氏。
人は良さそうだけどなんかイマイチはっきりしてない感じだよね。
しかもいきなり別の子と車の中で浮気してるし。
もしかしたらナオミとイーサンがケリーとディラン?
って重ね合わせて観るのはキツすぎます。
イーサンって全然カリスマ性ないし。

そのケリーなんですけど、カウンセラーになってるとはちょっと意外な感じ。
問題行動に関しての経験が豊富なことだけは認めますが(笑)
妹のシルバーって、あの赤ちゃんだよね!
こんなにでっかい娘になってしまったとは…大ショックです。
父はデビッド坊やのパパだからシルバーなんだよね。
名前がシルバーなのは変だと悩んでいたら
やっぱりエリン・シルバーというのが本名でした。
この際デビッド坊やも顔を出せばいいのに。
でも直前にマイアミでほっさんにつかまっちゃったからダメです(爆!)

他にもトリビアネタはあれこれ転がっていて
またグリーン先生の娘のレイチェルがいる!と思ったら
ザッカーマン・バスケスを名乗っていたかっらアンドレアの娘でしょ!
みんなすっかり成長しちゃったんだ。
月日の経つのが早すぎます。
ケリーにも子供がいましたが、父親は誰だ?
きっとそのうち教えてくれるよね。

一番嬉しかったのは外観や内装はすっかり変わってしまったけれど
まだピーチピットが存在していたこと。
そしてあのナットさんがエスプレッソマシンと格闘していました。
20年たってもまだお元気で
コーヒーを入れながらビバリーヒルズの街を見守り続けている
なんと素敵なことじゃないですか。
ナットさんが頑張ってるなら自分も頑張らなきゃいけないかな。
すっかり親の気分でドラマを観ることになるのでしょう。

オリジナルを観た時は田舎者高校生のブランドンやブレンダと
ビバリーヒルズの高校生たちのファッションその他のギャップに驚かされましたが
アニーやディクソンも田舎者と言われつつ大したことない感じがしました。
っていうかGossip Girlを観てしまうとビバヒルの人達は地味ですよ。
これがNYとカリフォルニアの差なんだと思います。
ファッションもキャラクターも小粒に感じちゃうけど
この先ブレンダやドナちゃんも出てくるってことで
同窓会気分でしみじみ観る分にはどうでもいいことかな?
そんなわけで大人の目線で、この先ドラマを楽しんでいきたいと思います。

アイリス

第4話まで観ました。
簡単に感想をまとめておこうと思いますが
滅多に観ない韓国ドラマを
アメリカドラマばかり観ている目線で述べていきますので
正しい韓流ファンの方には失礼な感想&ツッコミになると思います。
ご了承ください。
地上波での放送は4月21日からなので
多少ネタばれしていますが、それもお気をつけください。

そもそもアイリスにチャレンジしようとしたきっかけは
テーマが朝鮮半島南北分断絡みであること
アクション・サスペンスドラマであること
そしてビョンホンが主役なこと…でした。
韓国ドラマは絶対字幕版で観たいので
一足先にTBSチャンネルでオンエアされた字幕版を視聴してますが
間にCMが入らないので45分集中して観られるのもありがたいです。
TBSのサイトをチェックしたら
やはり日本のドラマ枠に合うように本来1エピソード1時間のものを
多少カットしているようです。
でも45分枠のアメリカドラマに見慣れているから
この放映時間はちょうどいい感じ。
地上波では午後9時からのゴールデンタイム枠でのオンエアなので
CM入り吹替え版になってしまうようで
もともと短くなっているものがさらに中断されるのは
なんだかもったいない気がします。

NSS(国家安全局)のメンバーが
まさに国の安全を守るために
(核開発問題が絡んでいます…やはりこれって南にとっての北の脅威なんでしょうか)
命がけで任務を遂行する話。
ヒョンジュンとサウは特殊部隊で鍛えていましたが
NSSに引っこ抜かれました。
採用に当たってものすごくきついテストを受けることになります。

このNSSというのが韓国政府はその存在を世間に知らせていない
どこかのUNIT(笑)みたいなものらしいんですけど
UNITと比べてしまうとツッコミどころが多すぎて…
アクションシーンは迫力満点です。
銃弾も正しく飛び交います。
指令室の機器等もそれなりにハイテクで
十分リアルなんですけど。

任務遂行中とオフタイムのギャップが大きすぎて
これがどうも理解できません(汗)
ヒョンジュンと上司のスンヒは恋愛関係にあり
相棒のサウとの三角関係にそのうちなっていくのかな。
その展開はいいとしても
なんで任務以外の時は普通の人達の恋愛ドラマになってしまうんでしょう。
ヒョンジュンとサウが突然雪の秋田に来てしまった時は
かなりびっくりでした。
UNItの人たちや家族がそんなにまったりした時間を過ごせるなんてありえなかったし。
職場恋愛はOKにしても
アクションドラマはあくまでもアクションを主体で観ていきたい。
恋愛モードも辛口でいいんですけど
アジアドラマではそれは通じませんか。

秋田ロケに驚かされましたが
メインはハンガリーロケ。
これはかなりお金がかかっていると思います。
映像の撮り方も映画を観ている感じだし
1話めでわけがわからずに始まる事件は4話目にしてやっと話が見えてきますが
4話目後半は手に汗を握る迫力でした。
ツッコミつつも楽しんでるのは、この迫力が心地よいからでしょうか。

ビョンホンは必要以上に脱いでくれるので(笑)
彼の鍛え抜かれた肉体美を拝みたい人にはお薦めです。
個人的には北朝鮮の諜報要員役にオヤジ代表
キム・スンウが気になっていますが。

アイリスの情報チェックしていたら
アイリスの秋田ロケ地を紹介していたサイトがありました。
アイリス 秋田サイト
ずいぶんいろんなところでロケしていたんですね。
そして秋田~仁川線の乗客数が大幅に増えたんだそうです。
ドラマの影響ってすごいです。

The Mentalist S1-#1「Pilot」

Fringeのおまけに付いていたDVDでパイロットを視聴したんですが
これは文句なしに面白かった。
本放送が早く観たい!!
ご覧になっている方も多いと思うけれど、一応ネタばれを避けて魅力を紹介します。

何といってもSimon Baker扮するパトリック・ジェーンが素敵♪
Simonファンなので当然なんですが
相手を観察し触れるだけで、相手の心のうちが読めてしまう。
一見アリソン・デュボアのような霊能者にも見えるし
実際にせ霊能者のふりをしていたときもあったんですけど
そうではなくて彼なりの分析があるようです。
こんな能力を持ってるとまるでスーパーマンのようですが決してそうではなく
結構ぶっ飛んでいて常識的な人にとっては迷惑な存在?
扱いにくいキャラかもしれません。
そしてこの先ドラマの中核となってくるであろうレッド・ジョンを追い続けるという
彼なりのミッションを抱えています。

The Guardianのニックも問題を抱え込んでいるキャラクターでしたが
でもなんだか惹きつけられる魅力がありました。
これがSimonの個性なのかも。
パトリックはニックにさらにセクシー度が増したかな。
この先の活躍が大いに楽しみです。
そしてパトリックと手を組む捜査官チームの面々も
知ってる顔が多くて親しみやすいです。
まじめな上司のテレサ・リスボンはPBのベロニカ・ドノバンだし
(初めのころは重要キャラだっただけに、途中で消えて残念でした)
東洋系捜査官のキンボール・チョウは
TWの吉原刑事だそうです。そんな刑事もいたっけ。
ついでにウェイン・リグスビーはKitchen Confidentialのスティーブンだし
新人のグレース・ヴァンペルトはNorth Shoreのテッサ。
みんな他のドラマで観てました。

ついでにパイロットには豪華オヤジの出血大サービス付き!!
デス妻のレックスとDirtのバーロウとDamegesのフィスクが
それぞれこの役しかありえないだろうというハマり役で出てきてくれて
大感激でした。
この先のゲストも期待していいのかな?
ゲストキャラがドラマをさらに盛り上げてくれますからね。
スパドラのイベントにも一応申し込んだけど
(最近全然当たらない…それだけ海外ドラマの人気が上昇したってことです)
とにかくこの続きを観られる日を楽しみにしています。


Levarage S1-#1 「ミッション1:欺かれた詐欺師たち」

最近流行の詐欺師ドラマ。
Hustleは見事な詐欺の技とチームプレーを味わい
White Collarは二ールとピーターの協力体制を楽しみ
詐欺師=泥棒であっても許せてしまうわけですが
今回の詐欺師たちは一番やっていることが派手?

リーダーのネイサン・フォードは元保険調査員で
数々の詐欺に明るく、社会の不正に立ち向かうために
詐欺師メンバーたちを統括します。
息子の命を奪った不正権力を暴こうとする野望があるようですが…
演じるTimothy HuttonはKidonappedで息子を誘拐されたお父さんでしたからね、
息子が失踪し困惑する姿をさんざん観ていたので
なんだかそのときとかぶっている気がします。
でも今度はリーダーだから落ち着いて堂々としてるけど。

ネイサンが集めた詐欺師たちがかなり強烈な個性の持ち主ばかり。
ハッカーのアレックは詐欺師ドラマには必須の存在。
なかなかの腕前のようです。
各ドラマでハッカーすれすれのことをやってる情報担当の方々と
(例えばCMのガルシアとか)
どちらの腕前が確かか勝負してもらいたいです。
やたらと戦闘が強いのがエリオット。
でもちょっとありえないでしょっていう戦いっぷりでした。
見た目はあまり強そうじゃないんですけど。
(でもいきなり観てしまったS1シーズンファイナルではもっと強そうに見えました。)
女性キャラはさらに変。
パーカーはいわゆる正しい泥棒のようです。
壁登りとかのテクニックはお見事ですが
キャラ的にぶっ飛んでる感じ。
そして後からネイサンがスカウトしてきたのが
詐欺師女優のソフィー。
ここまで演技されちゃうと相手はころっとだまされるかも。

このメンバーがこれから不正の犠牲者と鳴った人たちのために
その不正を暴くべく詐欺のテクニックを多々披露してくれるのでしょう。
決して自分たちが泥棒として私腹を肥やすのではなく
あくまでも世の中の正義のために戦う。
これが詐欺師ドラマの基本ですね。
でなきゃ犯罪を推奨してどうするんだってことになってしまいますから。
そんなことできるわけない!なんて考えずに
軽い気持ちで楽しんでいきたいと思います。
あとはいつもながらゲストに期待。
シーズンファイナルにはCSIのバルタン刑事が伸びてました…
知ってるオヤジの多数登場を楽しみにしています。