INDEX    RSS    ADMIN

Without a Trace S5-#17 「深い海の底」 The Closer S5-#3 「赤い規制線」

いろいろと忙しくてドラマをじっくり観る時間が取れないので
さらっと観たところで簡単に感想を。

◎WAT
先週激しく突っ込んだら、恐ろしくシビアな展開になってしまいました。
もう少しほっとする場面があってもいいのに。
最初に殺人事件を見せられてしまったので
失踪者の安否よりも犯人が誰かが気がかりになる
WATとしては異色な展開。
しかもよく知ってる人だらけ。

いきなり4400のダイアナが背中を刺されて箱詰めにされて海に落とされ…
ダイアナが失踪ということになっています。
ダイアナの役は上院議員のパトリシア・ミルズ。
夫のアレンはCSUのバルタン刑事
父のヘイデンもDamegesやらWireやらでおなじみです。

今回はバルタン=Alex Carterの出番が多くてビックリ。
ドラマだと渋い脇役のイメージが強いんですけど
こんなキャラもあるんだなと意外な一面を見た気がしました。
だったら今度は主役でどうだ!
密かに期待しています。
でもイメージとしては刑事役なのかな。
お笑いとか合わないだろうし。

◎The Closer
ガブリエルがバーでテイラーと飲んでいると
(テイラーの飲んでたのはダイエット・コークだけど)
外で発砲事件発生。
急いで犯人を追ったガブリエルは銃弾が飛んできたのですかさず応戦。
相手は倒れたものの撃った銃が見つかりませんでした。
ガブリエル、ピンチ!

ということで内務監査の出先みたいなところから
レイドールというお偉いおばさんが来るんですが
彼女がまた怖い!
真っ向からブレンダと対立します。
(ちなみにおばさんはERではカーター母でした)
おばさんはブレンダチームが貼った黄色いテープの上から赤いテープを貼り直し
一般市民を撃ったガブリエルの捜査が先だと勢いづきます。
早速みんなはガブリエルの名誉のために一丸となって捜査開始。
事件の真相を暴きます。
いつもながら見事なチーム力に感動。

ところでキティちゃん、もう先が長くないようで。
ブレンダの癒しの存在だったのに…辛いです。
スポンサーサイト

Glee S1-#17 Bad Reputation

カートたちがスー先生が踊る「Physical」の映像を発見。
ウェブ上にアップしてしまったからスー先生は一躍人気者です。
ついにスー先生は弱みを握られる?

一方グリー部ではメンバーのランキングが公にされ
トップはクインなんですがレイチェルはマイナスの評価。
しかもランキングに入っていない人達まで出てしまいます。
校長はこの騒ぎを何とかするようにウィルに命じ
またいつものようにグリー部は問題を抱えてしまいます。
今回は弾けようとウィルが持ってきた懐かしのラップナンバーは
Vanilla IceのIce Ice Baby。
それなりに流行したけど、一発屋でしたね。

ランキングの相手にされなかった
カート、メルセデス、アーチー、ティナ、そして固まってたブリタニーは
図書室でひと暴れして話題になろうと計画します。
これで自分たちも不良の仲間入り。
選んだ曲はM.C. HammerのU Can't Touch This。
この曲もヒットしましたが、それ以上にプロモビデオのM.C.Hammerの
ブカブカパンツが印象的で(笑)
今回もコスプレがばっちりだったのに
司書のおばさんはみんなの歌に感激していました。
ワルになれないじゃん。

スー先生はエマに近付いてエマのカウンセリングを行い
ウィルがその後ライバル校のコーチやエリザベスを泊めたことをばらしてしまいます。
エマはウィルが浮気したと信じ、ウィルにはっきりと別れを突きつけます。
ここまで潔いエマってすごい。
ウィルは弁明したけど。どうも効き目はなさそうです。

スー先生のPhysicalは大人気
ついにオリジナル版のOlyvia Newton-Johnがコンタクトを取ってきます。
今は自然保護活動などに力を入れているオリビアですが
もう一度スー先生とあのビデオを撮り直すことにします。
こうして生まれたのがニューバージョンのPhysical。
かつてのムキムキマンに囲まれるイメージは大切にしながら
二人のデュエットはいい感じに仕上がりました。
ところで二人の実年齢って12歳違うんですね。
それは意外だった…オリビア、若いです!
スーはいい気分で施設の姉に連絡。
ここではいい笑顔を見せてくれます。

先週は大人しかったレイチェルがまた爆発。
自分の名誉挽回のために思い切りクサい歌を選ぼうと
チョイスしたのがDavid GeddesのRun Joey Runでした。
歌詞の意味はレイチェルが説明してくれたけど、とんでもない曲だ…
実は今回の挿入歌でこれだけは知りませんでした。
70年代には詳しいはずなのに。
一応ヒットチャートにも入っている曲のようです。
しかし趣味が悪いよね。
詳しくはこちらに。
今はGleeのおかげで日の目を見たようですが。

レイチェルはこの曲でビデオクリップを作るんですが
ジェイソンとフィンとパックを3人ともうまく利用したために
3人が腹を立て
ジェシーはレイチェルと別れると言い出します。
また最悪な展開に。

グリー部のランキングを作っていたのはクインでした。
今まで王座に君臨リンしていたのに、一気に落ちることになってしまったショック
ストレスもそれなりに抱えています。
ウィルは事実を知ったけれど、校長に報告しませんでした。

エンディングはレイチェルの敗北宣言でBonnie TylerのTotal Eclipse of the Heart
あまりにも辛い歌詞ですが、BonnieのNo.1ヒットソング。
ビデオクリップがかなり不気味かつ意味不明ながら印象的でした。
Bonnieはハスキーボイスが売りだったので、レイチェルが歌うとお上品になっちゃうかな?
今回は懐かしい曲をたくさん楽しめて感激しました。



Desperate Housewives S5-#12 「モンスター操縦法」

いろいろ謎が解け始めました…

デイヴがマイクを恨んでいるわけは
S5冒頭で語られた交通事故。
マイクがぶつけた相手がデイヴの妻子だったんですね。
なるほど、だからデイヴは執拗にマイクを追いかけているんだ。
妻子を失う前のデイヴは普通の人だったのかな。
事故をきっかけに人間が変わり、復讐の鬼と化したのでしょう。
イーディとの結婚も、マイクと同じウィステリア通りに住んでいると知ったからだし
ところがイーディに秘密がちらっとばれ、家を追い出され…

そこで拾ってくれたのがマイク。
確かにデイヴは命の恩人ですから、困っていたら手を貸してあげるのは当然です。
これは願ってもいないチャンス!
とはいえ大勢の目がある場所で悪さできないよね。
キャサリンだって訪ねてくるし。

スーザンはジャクソンと一緒に引越しを考えていましたが
イーディがデイヴを追いだした話題と同時進行させてしまったために
イーディが気を悪くします。
喧嘩状態のときに、二人は売り家の地下室に閉じ込められ
ここでシビアな話がスタート。
スーザンには男なしの人生は考えられない?
イーディは自分の父親で苦労した話をスーザンに聞かせ
スーザンも一瞬しみじみします。
お互いに悪口を言ってるように見えて、相当気遣ってる?
イーディはデイヴを受け入れることを決め
スーザンは男なし人生を迎えようとし始めます。
でもジャクソンが出てこないとつまらないんですけど…
そしてデイヴも幸か不幸か、自宅に帰れることになりました。
でもマイクとキャサリンの間で何か企んでいそうです。

ポーターがおばあちゃんと一緒。
おばあちゃんは老人ホームに預けられていたのでした。
リネットと母親の関係も最悪。
母はポーターの居場所を教えません。
何とかポーターを出廷させたいリネットは
危うく交通事故に巻き込まれそうになり、いいアイディアを思いつきます。
それは自分が事故に遭ったという嘘。
慌ててポーターも母親も病院に駆けつけてくれたおかげで
リネットはポーターを捕まえることができました。
ポーターは無罪となり、リネットと母親も和解します。

カルロスはガブリエルの要求に応じて仕事を始め
出張で家を留守にします。
すると娘たちはやりたい放題。
ガブリエルが叱っても全く言うことを聞きません。
落ち込んでいたガブリエルは家の前を歩いていたおじさん
(これがBLの女装の名人?クラレンスでした)に
娘たちへの説教を頼みました。
これは効果大。
でもカルロスはあきれ果てていましたが。
娘たちはパパの前ではママ、ママの前ではパパが好きと
言ってたようです。
したたかな娘たちだ。

ブリーの家で食事したアレックスは
ブリーがオーソンに言いたい放題
夫を操縦しているような姿が気に入らず意見します。
するとブリーも反撃。
結婚前から嫁じゃなくて婿と姑争いが始まってしまいました。
ブリーがアレックスに感謝を要求したので
アレックスはついに買ってもらった家を返すと言い出します。
アンドリューはもちろんアレックスの味方。
ブリーは自分が妥協することにしますが
ブリーは変われるのかな。

Law&Order SVU S5-#14 「Game」

深夜、路上を歩いていた20代後半の女性が、電話で話しているときに黒いスポーツカーに轢かれる。女性は服を破られてレイプされ、財布やIDを奪われいた。事件について匿名の911通報があったが、口調から警察関係者と思われた。911通報された公衆電話に指紋が残っており、電話をかけたのは合同テロ対策班のトニーだとわかる。トニーはテロ支援国家に資金を送っているるフィリピン人を監視中電話を盗聴していて事件に気付き通報したのだった。電話の録音テープから被害者はメロディと呼ばれ、犯人が「プレーが始まる。」と言っていることを聞き取る。これは事件の重要な証拠となるテープだが、国家機密のため内容を公表しないようテロ対策班からSVUは釘を刺される。
メロディの電話の相手はエスコートサービスで、その晩もメロディは客を取っていた。ステーブラーはディッキーのゲームの話から、今回の事件はインテンシティというゲームの模倣だと知る。このゲームは青少年に人気がある。SVUがインテンシティの開発者の話によると、女性が事件通りに殺害される隠れステージが突如作られていた。隠れステージの情報はファンサイトから得ることができた。
メロディは42か所も痣ができ、硬膜下血腫で死亡した。メロディはハイヒールで蹴られ踏みつけられていた。盗聴テープの分析から犯人の一人は女性であることもわかる。事件の詳細を公表していないにもかかわらずゲーム上で事件が再現できたのは、ラリーというゲーム中毒の男が、ゲーム開発会社を解雇されたプログラマーのデイビスに、新聞のひき逃げ事件欄を見てゲーム化するよメールしていたからだった。SVUがラリーを探しに行くと、ラリーは路上で倒れ死んでいた。
ラリーは金属に頭をぶつけて倒れ、血中アルコール濃度が高く、酒を飲んで自殺したと思われた。ラリーの靴のサイズは、現場に残されていたものと一致しない。ラリーがストリップに行き嘆いている姿が目撃されていたが、彼を励ましていたのは若者だった。どうやら事件はラリーと、男女の若者の3人が絡んでいるようだ。そして車を運転していたのがメロディの電話に出た男で、それはラリーではなかった。
事件の翌日、17歳のルイーズがラリーに電話していた。ルイーズのブーツには血痕が残っていた。ルイーズはSVUに、共犯者としてギャレットの名前を告げる。ギャレットもゲーム中毒者だが、逮捕されたとき自宅のPCの中のデータはすべて消されてしまった。ステーブラーとフィンの尋問にないし、ギャレットはゲームはやっているが、メロディは殺していないと否定する。そしてギャレットの弁護についたゲイツは、ギャレットの精神障害を指摘、心神喪失を主張するつもりでいた。検察側は盗聴テー;うを裁判に使うことができない。Drファンはギャレットとルイーズに精神分析を行い、ギャレットがゲームで興奮し、征服感を味わっていることやルイーズがギャレットに夢中になっていることを知るが、精神障害とは言えなかった。するとゲイツはギャレットに脳神経検査を受けるよう申し立ててくる。検査の結果ゲームを行うとドーパミンの分泌が増え、興奮度を測ることができた。ゲイツはゲームは潜在的に殺しを教えていると主張、ゲームと現実は違うと反論jするケイシーと対立する。ギャレットはメロディ殺害をラリーにそそのかされたと証言する。
ラリーのPCに暗号データが送られていた。暗号を解読すると、ラリーは脅されていたことが判明する。ケイシーは脅しはジョークだとするギャレットに対し、現実の人間が現実の人間を殺した、殺人はジョークではないと最終弁論を行い、ギャレットとルイーズは有罪となる。

女性を轢き逃げした事件で、被害者の衣服が脱がされ金が奪われていたことから、レイプ強盗の疑いが強まります。通報者の身元はすぐに判明しますが、国家機密を扱っているために、事件の証拠となる電話の録音テープをSVUは使わせてもらえません。
事件の謎を解いてくれたのがディッキー。もう虫垂炎は治ったようですが、SVUに遊びに来てボードに貼られた女性の写真を見つけ父に質問を始めます。女性をはねた車はわざと歩道に乗り上げてきたとステーブラーが話すと、ディッキーはすかさず盗みも?犯人は殴った?とたたみかけてきます。ステーブラーが驚いてなぜわかる?と聞き返すと、ディッキーはインテンシティと同じだと教えてくれました。そしてPCゲームのインテンシティをやって見せてれますが、ディッキーがお金を盗むために女性を打ちのめしている姿を見ているステーブラーの表情は険しく、どこで覚えたと聴くと常識だという答えが返ってくるのもショックが大きかったようでした。
インテンシティの開発者に話を聞くうちに、事件に関わったと思われるゲーム中毒者の名前が挙がってきますが、その一人のラリーを追っていくと彼も遺体で見つかりました。ただし死因は自殺のようです。そして残りの二人の容疑者はティーンエイジャーで、逮捕されたギャレットの証言ではゲームと現実の区別がつかなくなっているように思われます。ギャレットの弁護には再びゲイツが登場。若者に現実とゲームの区別をつかなくさせたのはゲーム開発会社の問題として、ギャfレットの精神障害を主張してきます。ギャレットとルイーズが事件に関わっている証拠があるのに使えないケイシーは、ゲームと現実は別問題だと反論しますが苦しい立場に追い込まれます。するとギャレットがラリーを脅し自殺に追い込んだという証拠が見つかり、ギャレットはジョークだと言って逃れようとするものの、ケイシーが殺人はジョークではないと否定。ギャレットの有罪を勝ち取ります。
家でゲームに興じるディッキー、今やっているゲームはホッケーゲームでしたが、ステーブラーは他のことをしようと声をかけます。話でもいいよというステーブラーの誘いにディッキーはOKしましたが、どんな会話がなされたのでしょうか。
ギャレットを演じているSeth GabelはDirty Sexy Moneyでダーリング家の末息子ジェレミーを演じています。ベンソンは講習を受けるために、最初に顔を出しただけでした。

ゲームにのめりこみ過ぎて、
ゲームと現実の区別がつかなくなる事態については
しばしば問題視されてきました。
人を殴り蹴り倒しながら金を奪っていくゲーム
エキサイトするかもしれないけれど、これが現実化しては困ります。
しかもディッキーが夢中になってる!

父はやはり息子のことをあまりわかっていないんだよね。
息子はゲームが好きだというのは知っていても
まさかこんな残虐なゲームに興じていたとは
得意満面にインテンシティをやって見せてくれるディッキーの姿が
ステーブラーにはショックでした。
ゲームを持たせておけば、子供は一人静かに遊んでくれます。
でも強くのめりこんだためにゲーム中読者になり
ゲームと現実の区別がつかなくなってからでは手遅れ。
ステーブラーはディッキーと会話をしようと試みますが
離れて暮らし始めて共通の話題が見つかるかな。
だんだん大きくなってディッキーも口が重くなりそうだし。
父ちゃん頑張れ!
家族の会話は大切です。

7月のドラマ視聴計画

このところ1週間分の視聴が追い付かず。
どんどんHDDに蓄積される量が増えています。
思い切って減らす必要があるのかも。


☆NHK教育
90210 S1

やや惰性で観てるけど、疲れないからまあいいや。
ビバヒル時代の方がずっと緊張感があった気がしますが。

☆NHK BS
Desperate Housewives S5

まだ今週分を観ていない(汗)
心温まる話もあるけど、あちこちでごたごたがやっぱり楽しいです。

☆WOWOW
CSI S9
Medium S5
Cold Case S6
The Pacific
Royal Pains S1
(CSi:NY S5)
(Criminal Minds S4)

グリッソムのいないCSI本家をどこまで楽しめるか正直微妙。
Cold Caseは90210とバッティングするため、字幕版で視聴の予定だけど
吹替え版に慣れてしまったので馴染めるかな?
The Pacific、十分重いのを覚悟しながら観たいと思います。
セダッチが出てるし。
その前に録画したまま手をつけていないGeneration Killを観なくては。
Royal Pains(救命医ハンク)は気楽に観られるとありがたいかな。

☆AXN
(Elie Stone S1)

Flashfowardは多分無理。
通して観る自信がありません(汗)

☆FOX
NCISS6
Glee S1
Californication S1
House M.D. S5

やっと観るものが減ってきました。
House復活は楽しみです。
GWはついにリタイアしてしまいました。
数話録画が残っているんですが、
とりあえず生前ジムを見届けて終わろうかと…それもいつ手をつけるか謎のままです。
とにかく今はGleeが観られれば幸せです。

☆FOX CRIME
Law&Order SVU S6
Law&Order CI S3

CIは重過ぎる。
その気にならないとすぐに溜め込んでしまいます。

☆Fox life
Melrose Place

7月31日の新MP一挙放送は是非録画しておきたい。
そして夏休みのお楽しみにしようかな。
MPなら勢いでどんどん観られると思います。

☆Super!DramaTV
Without a Trace S5
Gossip Girl S2
The Mentalist S1
Dirty Sexy Money S2
Heroes S4

WATがハチャメチャでついていけない…ツッコミ対象です。
Mentalistはパトリック・ジェーンを観るドラマですね。
そしてHeroesファイナルシーズン。
試写会で観た2話の雰囲気だと、今シーズンは楽しめそうです。
楽しみはティー様の活躍と、もちろんヒロ&アンドウの日本語教室ですが。

☆AXNミステリー
Post Mortem S1
Kommissar Rex S3

もしかしてドイツ語チャンネルになってる??
Rexがかわいい!!新キャラのベックよりRexの方が賢いかも(笑)
ドイツCSIの魅力はやはり怖いおばさんだと思います。

☆チャンネル銀河
Dr.Quinn,Medicine Woman S5

順調に録画中

☆ユニバーサルチャンネル
Day Break

Day Breakは頭が混乱するけど、知り合いが多いから楽しめます。

☆LaLa TV
The Closer S5

さすがいぶし銀のオヤジ集団、味わい深いです。
Beihg Ericaは正直どうでもいい感じなので、
余裕があれば2話目以降を観るかも。
そしてTrue Bloodのプレミア放送をチェック予定ですが
ビルが自分のイメージじゃないので大丈夫かな。

これで少しは余裕ができるかな。

Criminal Minds S4-#24 「バイオテロリストを追え」

こういう話って全然楽しくない…
最も起きてほしくない事件です。
公園で遊んでいた人たちがテストのために撒かれた炭疽菌の犠牲になり
犯人は見つからず
これは無差別テロの準備段階だということ。
しかも撒かれた炭疽菌はより進化したものになっています。

国を挙げての対策で、BAUは国防関係者たちとも手を組むことになりました。
なんとも物々しい雰囲気です。
犯人のプロファイリングは進んでいきますが
いつどこで本番の炭疽菌撒きをするかわからない。
JJはとたんに家に置いてきた子供のことが心配になってきます。

さらにキツかったのがリード君。
容疑者として名前の挙がった博士の自宅へ行ったリード君は
教授が殺され、炭疽菌の容器が割れている部屋へ、何も気づかずに入ってしまいました。
もう感染してしまったのだから仕方ない。
リード君は覚悟を決めて危険ゾーンの中で証拠探しに専念します。
そして真犯人を突き止め、解毒剤も見つけますが
次第にリード君には感染の症状が出始めます。
お母さんにメッセージを託したいとガルシアに頼むリード君。
もしもの場合を考え覚悟を決めていました。
そしてお母さんのことを愛し大切に思っているというメッセージを残します。
リード母がスー先生だと知ってしまったことはあっちへ置いといて
なんとも辛い場面でした。
でも解毒剤のおかげでリード君は持ち直します。

教授の弟子で裏切られたために世の中を恨んでいた男が真犯人。
化学兵器を作れる人間を野放しにしておくことが問題です。
そして男は本番を地下鉄と考えていました。
地下鉄サリン事件が悪いお手本を示してしまったのは確かですね。
今回犯人は炭疽菌を電球に入れてばらまく予定でしたが
BAUのプリファイリングとその後の追跡
そして軍隊のお偉いさんが機転を利かせたために
大事には至りませんでした。
でも一番恐怖を感じたのは
使われずに終わった炭疽菌の処分場所。
化学兵器をしまっておく特別な部屋に持ち込まれたのですが
この部屋がやたらと広くてずらっと収納用の扉が並んでいる。
ってことはこんなに入れるべき化学兵器があるってこと?
平和な世の中のために、この部屋が使われずに済むことを願いたいです。

Heroes S4 ジャパンプレミア試写会 

7月にオンエアのHeroesファイナルシーズンに先駆け
第1話と第2話のプレミア試写会に行ってきました。
会場は渋谷CCレモンホールだったのでゆとりがあり
正面には巨大スクリーンが設置されていました。
司会者はMentalistに続いてセイン・カミュ。
なんだか嫌な予感がしてきました。
そして本日のゲストは…と言って出てきたのが偽物ヒロ。
もう何度もHeroes試写会に登場しているらしいですが
私が試写会に行ったのはS1だったし、その時はいなかったと思います。
また騙されたかなとますます嫌な予感がしてきたら
本物スペシャルゲストがいるらしい。
それがまたなかなか出てこないんだよね…

でも今回は大丈夫。
本物のヒロ、マシ・オカさんが出てきてくれました。
生ヒロにお目にかかるのは初めて。
もちろん会話は日本語で、いろいろと細かい裏話を教えてくれます。
実物のサイラーはミュージカル好きなんだそうで。
だったら是非Gleeにゲスト出演してもらいたいです。
ネイサンは実際にもみんなを仕切っているんだって。
ヒロのお話を聞いていたら次に出てきたのが
AKB48の妹分とかいう中学生の女の子たち。
S1から観てると言ってた子がいたけど、小学生の時から見てたのかな?
どこまで話を理解できているんだろう。
どうして彼女たちが出てきたのかよくわかりませんが
もう少し話のわかるゲストを呼ぼうよ!
本当はヒロとアンドウ君のセットがよかったな。

でもMenralistの時のように余計な話を延々聞かされることはなく
すぐに本編に移ったのはよかったです。
実はheroes、S3はかなり惰性で観てました。
もう話の中身が完璧に意味不明で、楽しかったのはヒロとアンドウ君の会話だけ。
二人に癒されうことが目的で、なんとかくじけずに頑張れたのですが…

今シーズンはなんだかいい感じ。
2話分、すんなり楽しめました。
あまり頭の中も混乱しなかったし。
これならファイナルシーズンは頑張れるかも。
いい手応えをつかんだところで、以下相当ネタばれの感想です。

みんなとりあえず落ち着いた暮らしを始めましたが
やはりまたトラブルに巻き込まれていきます。
クレアの大学生活がスタート。
寮のルームメートはかなりテンションの高い元気な子でしたが
突然飛び降り自殺?してしまいます。
死の真相を突き止めようとクレアに近づいてくるグレッチェンは
Californicationでハンクを誘惑した訳あり娘のミラ。
またかなり訳ありそうなキャラでした。

ネイサンの中にサイラーが入り込み、ネイサンはなんだか変な感じ。
ベネットはダンコとコンタクトを取り、トレイシーも近付いてきたら
ダンコは高速ナイフ男に刺されてしまいます。
マットはパワーを使うのをやめたと誓った途端
サイラーの亡霊に悩まされます。
そしてピーターは初心に戻って救命士に。
パワーを使って迅速に対応し、たくさんの人々を救っています。
救命士ファンとしてはパワーを持ったスーパー救命士は憧れなので
ピーターの活躍はかっこよかった。

そしてヒロとアンドウ君は…
その前に謎のカーニバル集団が登場。
仕切っているのがPBのティー様。
さすがに手は本物に戻ったけど、怪しいオーラは出まくりのままです。
外見はKieth Richards入ってるし。
このティー様改めサミュエルが能力者集めをしてるようで
これからみんなをかき回してくれそうな感じです。
ちなみに高速ナイフ男もサミュエルの部下です。

最近どこかおかしいヒロ。
アンドウ君と二人で設立したお助け事業は依頼が全くなく
ようやく飛び込んできた依頼は子供からで
高いところに登っちゃた猫を救ってほしいというお願いでした。
ヒロはアンドウ君が登ると約束
アンドウ君は猫を助けたけど危うく落ちそうになり
それを時間を止めてヒロが救ってくれます。
ところが今度はヒロが固まったままになってしまいます。
ヒロの調子がおかしい。
ヒロは病気?どうもこの先長く生きられないようです。
ヒロは過去を振り返り、運命を変えた14年前のお祭りの晩のことを考えていたら
本当に14年前にタイムトリップしてしまいました。
その時の写真をヒロは持っていて
姉のキミコとアンドウ君と3人で写真を撮り
そのあとアンドウ君のスムージーがキミコにかかって
キミコはアンドウ君が嫌いになるというのがその後の流れだったのですが
ヒロは14年前に戻ったので、そのアクシデントを止めることにします。
実はヒロは乗り気じゃなかったんですが
けしかけたのはカーニバルに来ていたサミュエルでした。
しかしまた「ああ勘違い」な日本。
日本のお祭りとカーニバルは明らかに別物なんですけど!
サミュエルはうまくヒロを操ってしまいます。
サミュエルはこうして能力者たちをチェックしていくのでしょう。
ところでサミュエルの能力は、手を動かしただけで墓の上に土をかぶせられたり
カーニバル仲間のタトゥーお姉ちゃんの背中にペンを突きたてると
次のターゲットの顔が背中にプリントされていきます。
この能力をティー様が持っていたら恐ろしかったね。
すぐにマイケルのタトゥーは書きかえが可能だし
刑務所の穴掘りだってあっという間でしょう(笑)
とにかくサミュエルのインパクトが強すぎて、
今後の活躍が楽しみです。
そうそう、ヒロが過去をちょっと変えたおかげで
アンドウ君とキミコはラブラブになってしまいました。

今回のプレゼントはHeroesロゴ入り携帯充電器。
Heroesグッズはずいぶん集まりました。
役立つ物がもらえてありがたいです。

Without a Trace S5-#16 「君を失う恐怖」

ひたすら突っ込ませていただきます。
本当に今シーズンのWAT、すっかりツッコミの対象ドラマになってしまって悲しいです。
ともあれ愛をこめてツッコミますので。

◎妻が失踪オヤジはデス妻ポールでしょ!
彼が出てきたとたん、いきなり怪しさが漂ってしまいました。
ホテルの部屋で誰かが侵入して奥さんをレイプするなんて不自然。
しかも夫の供述はどれ一つ裏を取れません。
当然です、狂言なんだもん。
結局妻は喘息の発作で自宅で死亡。
夫は妻との約束を果たすため一人NYに出てきて
妻と一緒にいる気分で突如妻を見失ったから
失踪した!と思ってしまったんですね。
でも彼がポールで、ポールがしたことをよく知ってると
全てが胡散臭く感じられちゃって…ごめんなさい。

そしてエレナの娘の誘拐事件。
さすが公私混同の捜索班。
規則があってもすぐ無視されてしまうのは
ジャックの統率力の弱さですか。
やはり規則は規則、守るべきだと思うんですけど。

身内に起こった事件を当事者が担当しないのは常識で
SVUのクレイゲンは絶対やらせません。
どんなにステーブラーがキレて涙目になっても
断固拒否します。
この点ジャックは甘いよね。
まず自分に関することなら規則に関係なく突っ走るだろうし
(その点はほっさんと一緒)
今回は誘拐に父親のカルロスが絡んでるのもわかっているので
確かにエレナが一番事情はわかるだろうけど
こうして規則を曲げていくと収拾がつかなくなるよ。
とりあえずエレナを抑えたとしても
マーティンと一緒にダニーを行かせちゃダメでしょ。
サムかヴィヴに変わってもらうべきです。
話をややこしくした当事者がダニーなのに。
まあダニーが思いのほか自制していたので
危険な場面でもクリアできたけど
できるだけトラブルは少なくする方向で進めていかないと。
ついでにジャックの脅し、あれはなんとかなりませんかねぇ。
法の下に国民の安全を守る者として
もう少し賢い説得の仕方があると思うんですけど
言うことを聞かなきゃ何をするかわからないぞ!と
相変わらず感情のままに脅しても説得力がありません。
その点ヴィヴはクールでした。
弁護士まで呆気にとられてましたから。
そろそろマジでボス交代の時期なのかも…

ところでカルロスって同業者だったんですか?
潜入捜査してるってことは麻薬課の刑事?
イマイチカルロスの立場がよくわからなかったんですが
マジで潜入している人が、ときどき娘に会いに来たり
母親と親権を争ってる場合じゃないと思います。
こうしてFBI捜査官と接触していることがばれたらどうするんだ?
そして売り上げを着服している?
いったいどういう潜入捜査なのでしょうか。
担当者に詳しく説明してもらいたいものです。
その怪しい担当刑事はDay Breakにも出てましたね。

カルロスも根は悪い人じゃなさそうだし
無事に事件は解決しました…ではないのが大きな問題。
一番心配なのがソフィーの心の傷です。
エレナがカルロスを恨んでいても
カルロスはソフィーの父親であることは変わりません。
なのに急に母親に銃を突きつける父親の姿を見せられ
会話も全て聞かされ
平静さを保っているように見えたソフィーですが
相当のショックを受けているはずです。
ここからの心ののケアをしっかりしてあげないと
そのうち歪んだ大人になってしまう…
Criminal Mindsの世界が待ち受けています。
この際ダニーが協力してあげるのもいいかもしれない。
とにかくソフィーのアフターケアをよろしくお願いします。

Glee S1-#15 「Home」

後半のGleeはエピソードごとのテーマがはっきりしていて
わかりやすくていいんだけど、ちょっと強引かなという気がしないでもないんですが…
今回はHome。
家庭とは、家族とはと考えさせられるエピでした。
そういえばデス妻もHomeネタでしたね。

スーはチア部の雑誌取材が入るため、いいとこを見せなきゃと
講堂使用を独占してしまいました。
グリー部の練習場所がなくなります。
しかもチア部に入ったメルセデスに、直ちに体重を5キロ落とすように命令。
ついでにカートのお尻の形も非難していました。

練習場所を探すウィルは
ローラースケート場でエイプリルと出くわします。
未だにこんな施設があるんだね。
ローラースケートといえば私の大好きな映画Zanaduを思い出しますが
(主役のOlivia Newton-Johnは次回登場。どんなふうに現れるんでしょう)
エイプリルは実業家のオヤジと知り合って、この施設を買い取ったそうです。
ウィルとの再会を祝して歌うのは、Bruce SpringsteenのFire。
かっこいいデュエットなのにサントラに入ってなくて残念。

フィンに思いを寄せるカートは
保護者会で父をフィンの母と出会わせてしまいました。
すると父と母は一目惚れ!
フィン母は突如お洒落になり、父との思い出の家具を売ると言い出しました。
父との思い出が1枚の写真だけのフィンには、
その写真に写っているソファが売られてしまうなんて耐えられません。
そしてまさかカートと同居するなんてありえない!
でも親たちはかなりその気で、子供たちは親同伴で食事をすることになります。
そこでカート父とフィンがバスケの話で盛り上がっていると
今度はカートが寂しい思いをし始めました。
よかれと思ってやったことなのに、父親を取られてしまった気分です。
確かにカートと父とは共通の話題がないし。
カートとフィンは、お互いのために親を別れさせた方がいいという結論を出しますが
もう親たちは恋に落ちてしまった後でどうにもなりませんでした。
フィンはカート父が家に来た時、父の思い出のソファに座ってもらい
一緒にテレビ観戦をすることにします。
父の遺灰はそっとテーブルに移してね。
この展開。カートにはなかなかキツかった。
フィンとは明らかに立場が違うし。
そして万が一フィンと兄弟になってしまったら
フィンを愛することもご法度?
そもそも報われない恋とわかっているだけに
フィンへの気持ちを思うと切なくなってしまいます。
カートとフィンがしっとりと歌い上げるBurt BacharachのHouse is Not a Home
聞き惚れてしまいました。

ウィルと再会したエイプリル。
ウィルが離婚してもっと狭いアパートに引っ越すと言い出したので
だったらウィルの家を見せてくれとやってきます。
そしてそのまま泊まることに。
もちろんそれ以上に発展することはなかったんだけど
エイプリルもウィルも寂しいんだよね。
家族の、家庭の温かさが恋しいのです。
こちらはOne Less Bell to AnswerとHouse is Not a HomeをメドレーにしたBacharach特集。
ベッドに横たわって歌う姿はかなりキツかったけど。

メルセデスのダイエットは思うように行かず、ついに食べ物を前にして倒れてしまいます。
無理しちゃだめと励ましクッキーを差し出してくれたのがクイン。
クインの言葉にメルセデスは今のままでいいと決めます。
そして取材の日、大勢の観衆の前でメルセデスは堂々と
今のままの姿が美しいんだとChristina AguileraのBeautifulを歌い上げます。
自信たっぷりに歌う姿がカッコよかった。
みんなも応援に来て大合唱。カートも感激していました。
そしてスー先生の意に反し
記者はいろんな体型の部員を集めたチア部に感激して帰っていきます。

エイプリルが恋に落ちた実業家オヤジが突如死亡。
いきなり遺産が舞い込んできました。
エイプリルは今度こそ自分の夢のために飛び立っていきます。
ラストはThe Wizの中からHomeを。
エイプリルの歌声も聴き納めかな?
ところで今回はレイチェルが全然目立ちませんでした。
ジェシーとべったりだったけど。
レイチェルって幸せだと控えめになるのでしょうか??

Desperate Housewives S5-#11 「スイート・ホーム」

アレックスの母がブリーの家を訪ねに来ますが
この母がまた強烈なパワーの持ち主で
しかもブリーと正反対なタイプ。
絶対ぶつかるよねと思ったら
案の定息子たちの取り合いで激しくバトル開始です。
クリスマスはうちで!と宣言するアレックス母は
実家の方にも病院はあるからと息子&アンドリューを招き入れる気合十分。
このままではアンドリューを取られてしまうと恐れたブリーは
今ウィステリア通りで売りに出ている物件を
二人のためにプレゼントすることにしてしまいました。
太っ腹だ!
母は強い。

ポーターが姿を消してしまったのでプレストンがポーターの代わりを務めていましたが
曖昧な証言に弁護士のボブは納得いきません。
そのうちペニーがポーターは実はプレストンじゃないとばらしてしまったので
最悪の事態となってしまいます。
ボブは嘘を黙っているわけにはいかないし。
リネットはなんとかポーターを見つけたいと思いますが連絡が取れず
だがプレストンがポーターと電話しているのを見つけてしまいます。
そしてポーターがウォーレンに命を狙われていることを知ったリネットは
プレストンを連れ出してウォーレンが通うバーの前に行き
これから決着をつけてくるとすごんでいるので
ついにプレストンはポーターに帰ってくるように説得することを了承します。
子供のためなら何でもできる。
母は強い、パート2.
でもポーターがおばあちゃんの家にいたのは意外でした。

視力が戻ったカルロスは、今度は視覚障害者のために働きたいと
地味な仕事先を見つけてきます。
ガブリエルにとっては期待外れ。
そのときカルロスの知り合いが会社を広げ求人しているのを知って
ガブリエルはその仕事を是非とカルロスに持ちかけます。
しかしカルロスはその男が大嫌いで、
しかも夫婦で呼んだディナーの席で奥さんが別れると叫び出したにも関わらず
今度はカルロスにたっぷり稼いでほしいと願うガブリエルの頼みを
結局カルロスは聞いてあげることにします。
相変わらず優しい旦那さまだよね。頭が下がります。

ディクソンが町を離れ、スーザンと遠距離恋愛になる?
不安を抱えるスーザンはボブとリーが言い合いをしている場面を見てしまい
勢いでリーと飲みに行くことにします。
行き先は当然ゲイバーだったけど、スーザンはそれなりに盛り上がっていました。
そのあとりーと自宅で飲み直し、目が覚めたら二人は同じベッドの中で…
まさかりーとやっちゃった??
スーザンは全然覚えていませんでした。
でも大丈夫、リーとの間には何事もなく
りーはスーザンの相談相手になってくれました。
そしてボブもりーのことを信じていたし。
りーっていい人だな!
ウィステリア通りのゲイの人達が、みんなどんどん素敵に見えてきます。
ところでスーザンとディクソンとの関係はどうなってしまうんでしょう。

デイヴが夜中にブツブツつぶやいているのを見たイーディは
デイヴの不気味さを知ってしまいます。
自らの手でドクターを抹殺してしまい
薬が切れて幻覚と戦っているのでしょうが
イーディには当然理解できず。
さらにいきなりかつて結婚していて妻は死んだと言われたら
ショックが大きすぎます。
イーディはデイヴを家から追い出してしまいました。
これでよかったかも。
一方マクラスキーさんとロベルタは、デイヴのドクターを訪ねに行きますが
死んじゃってるんだから来るわけないよね。
ロベルタがついにさじを投げオフィスを出た時に
受付のお姉ちゃんはデイヴからの電話を受け
住所がウィステリア通りであることを確認していました。
もう少しロベルタ達の行動が遅かったら面白いことになっていたのに!
来週はマイクがデイヴを受け入れる?
ますます危険度倍増じゃないですか。大丈夫なのかな。

Law&Order SVU S6-#13 「Quarry」

ベンソンの元に封書が届けられ、中には1980年3月22日に消息を絶った7歳のジェフリー・ローソンの捜索チラシと、野球場の写真が入っていた。写真の隅に×印が付けられ、ジェフリーはここにいると書かれていた。ジェフリー失踪に関わってとされる容疑者ルーカス・ビッグスはバージニアで少年を殺した罪で 服役し、来週死刑執行の予定だ。野球場を発掘するとジェフリーの遺体が見つかった。ビッグスは再捜査を受けることとなり、死刑の執行も延期される。送られた情報はビッグスの策略とも考えられた。
SVUはジェフリーの葬儀をチェックし、弔問客から事情を聴く。ジェフリーのチームメイトのエイブリーは、自分たちを年上のディーコンが面倒見てくれていたと話す。ディーコンはいつもジェフリーを家に送っていたが、事件のあった日は一人で帰らせたと後悔の様子を示す。
ベンソンはサセックス刑務所にいるビッグスに事情聴取に行く。ビッグスは自分は殺していないと事件への関与を否定し、死ぬ覚悟はできているので写真を送る意味はないと話す。だがビッグスの恋人が当時ロンソン家の家政婦をやっており、今もビッグスの貸倉庫の費用などを刑務所のビッグスに送金していた。貸倉庫を捜索すると、中には100個近い少年たちの野球帽が並んでいた。ビッグスにとってこの帽子は思い出の品で、帽子の持ち主の子供たちをビッグスは完璧に覚えていた。中にはディーコンの帽子もあり、写真を送ってきたのはディーコンの可能性が出てきた。ディーコンはビッグスに野球を教わっていたが、ある日突然触られ、後ろめたい気持ちにさせられたとSVUに語る、その直後ディーコンの遺体が発見される。
ジェフリーの遺留品からディーコンの指紋が見つかり、ディーコンは被害者から加害者に変わってジェフリーを殺害、その事実が明るみになったため自殺したと思われた。だが検視の結果ディー痕は撃たれてから溺れさせられていたことが分かり、自殺を装った殺人事件として捜査される。ディーコンの妻ジュリアはディーコンが半年前から様子がおかしいため、浮気しているのではと疑っていた。ディーコンは家を出て、人に貸していた部屋に寝泊まりするようになっていた。部屋を調べると机の引き出しから、ディーコンに宛てた脅迫状が出てくる。脅迫状はディーコンの家庭崩壊を予告していた。ベンソンに届けられた写真も、ディーコンの破滅を目的としていたのかもしれなかった。
ビッグスはディーコンを愛していたと話し始める。彼の性癖はどうにもならないことだった。だが子どもたちを傷つける気持ちはなかった。ビッグスはエイブリーの名を口にする。
エイブリーはディーコンを監視し続けていた。そして彼の部屋の壁にはベンソンの写真や記事も貼られていた。エイブリーは事件があった時、ジェフリーと一緒だった。ビッグスの暴行を受けた後ディーコンは二人に酒を飲ませエイブリーを暴行、ジェフリーを殺害していた。ジェフリーを助けられなかったエイブリーはディーコンに殺意を抱く。
エイブリーはキンバーという女性に毎月送金していた。キンバーはエイブリーとの子供を育てていた。しかしエイブリーは子供を持ちたくなくキンバーと別れたのだった。エイブリーはディーコンが子供と話す様子を隠し撮りし、やがてディーコンを脅し始めfる。ディーコンはエイブリーは口が堅いと思っていたのだった。エイブリーは罪を認め、キンバーの連れてきた自分の子供と向かい合う。

ベンソンに送られてきた封筒の中身の情報から、25年以上前の失踪事件の真相が暴かれていきます。失踪した少年は遺体で発見され、容疑者は野球選手で子供たちに野球を教えていたビッグスでした。ビッグスは別の事件で有罪とされ死刑執行の日が近づいています・。ジェフリーの遺留品についていた指紋は、当時ジェフリーの面倒を見ていた年上のディーコンのものでした。そしてディーコンはビッグスが暴行し帽子を集めていた少年の一人でした。
ディーコンはビッグスからの暴行を受けたことで後ろめたさを感じ、今度は自分が犯す側に変わってしまいます。100個近い帽子を集めたビッグスは幼いころ父が家を出ていき、9歳のとき向いに越してきた男と親しくしていたが、愛していると言われ体を触られたと思い出し嘆きます。過去に受けたトラウマが自分を変えてしまったのでした。
ジェフリーのチームメイトのエイブリーは、事件の様子を知っていました。ディーコンは自分を襲い、ジェフリーを殺害します。ディーコンが許せなかったエイブリーは復讐の時を待っていました。ディーコンを監視し、自宅に隠しカメラまで取りつけてしまいます。一方ベンソンが事件解決まで眠らず、命をかけて子供を守る刑事だと知ったエイブリーは、ベンソンなら自分を理解してくれるとして写真を託します。ところがベンソンがビッグスを犯人として捜査し始めたので、自らディーコンを成敗したのでした。自分の子供との接触を恐れていたエイブリーですが、罪を認めた後子供の顔を見ることになります。
ステーブラーはディッキーが虫垂炎になったという連絡を受け病院に行ってしまったために捜査に関わらず、フィンも不在でした。久しぶりにDrファンが姿を見せます。
多くの子供をレイプしてきた死刑囚ビッグスを演じているのはベテラン俳優John Savage。ドラマではDark Angelのライデッカー役などが印象に残っています。ディーコン役のTerry SerpicoはS4-#13 「Rotten」でメキシコ人に雇われドミニカ人の麻薬の売人を殺害していた警官クーパーを演じていました。
 
性犯罪も過去のトラウマから?
自分が犯されたことで今度は犯す側に回ってしまう。
ビッグスにもディーコンにも止められない悲劇でした。
エイブリーは自分が犯すのではなく、その悪を断ち切ろうと
まずはベンソンに通報。
だがディーコンにつながっていかないために、自らディーコンを成敗します。
性犯罪の要因は先天的なものもあるのかもしれませんが
子供のころ受けたトラウマを引きずることが多いですね。
不幸な大人にならないために、子供たちに不幸な思いをさせないで!
クライムドラマを観るたびに強く思います。

子供たちと疎遠なのではと心配になっていたステーブラーですが
ディッキーが虫垂炎だとの連絡を受けて病院へ行きます。
捜査はベンソンとマンチ、クレイゲンが行いステーブラーの出番がほとんどありませんでしたが
しっかり父親役を務めていてホッとしました。

Kommissar Rex S3-#1 「死のレース」

Rex復活。
再び賢くキュートなレックスの演技をしっかり楽しませてもらいます。

シュトッキーが転勤してしまって寂しいオフィス。
この際オフィスの模様替えを行っている間
レックスはペンキ塗りのおっさんが食べるはずのソーセージパンを横取りし
ついでにビールも舐めてフラッとしていました。
しかし昼間から酒飲んでていいのか??

自宅でモーザーはレックスに外の薪小屋から薪を運ぶ仕事を言いつけます。
ちょっと面倒くさそうだけど、素直に従うレックス。
でもドアが重くて開けられません。
体当たりであける技をモーザーから教わります。
モーザー、髪が短くなってすっきりした感じ?
女性の存在はなさそう?です。
しばらく無駄脱ぎの必要もないかも(と望む)

工場の敷地内でカーレース開催。
ハインツとシューの一騎打ちは、
ハインツがシューに光を反射させ
目くらまし戦法という卑劣な手を使って勝ちました。
その後ハインツは自宅で撃たれて死亡。
モーザーが犯人探しに乗り出します。

シューがシュトッキーの後釜のベックだとわかっているので
潜入捜査してるのかなとすぐに検討が付くのですが
もちろんモーザーは何も知らないから、シューを犯人だと疑います。
しかもシューの身元はかなり怪しげだし。
でも心底悪い奴には思えなかったんでしょうね。
モーザーはシューの車に乗せられて振り回され
その後シューとの対決に臨みます。

モーザーってそんなにスピード狂でしたか?
でも本人いわく、ぶっ飛ばしていた過去があったみたい。
いよいよシューとのレース。
レックスはご主人様の戦いぶりが気になり
観戦場所をしっかり選んで応援していました。
モーザーは最後にシューを負かします。
実はシューが大したことないってことだったのかな?

シューが仲間入りさせてもらったレースチームのまとめ役で
車の修理を営んでいた男の息子が
ハインツとのレースに負けて死んでしまいます。
父はハインツに恨みを持っていました。
そしてハインツに報復したのですが
それがシューに悟られてしまったため
父親はシューを殴ってガス栓を開けます。
シューはその場に倒れてしまいますが、レックスがそれを発見。
なんとか救いだそうとするけれど、簡単にはできません。
ようやく助けを呼んで、シューを救いだすことができました。
ドア開けの技も役だったし。

本名ベックだったシューは、少年犯罪課の刑事で
実態を暴くために潜入捜査していたようです。
そのわりにはオヤジだよね。
しかも銃は事件に使われるし
あっさり犯人に殴られて伸びてるし。
潜入捜査官としては全然役立ってない気がします。
カーレースの腕がまずまずだったってことくらい?
そして役立たないシュー=ベックは
シュトッキーの後釜に決定します。
シュトッキーの代わりならこのレベルでOkですか?
おまけに命の恩人レックスに借りがあるし。
シュトッキーはレックスに振り回されていましたが
ベックはどうなのかな?
S3の今後が楽しみです。

The Mentalist S1-#3 「赤潮」

ビーチでサーファーのクリスティンの遺体が発見され
サーファー中の事故ではなく、無理矢理溺死させられたと思われました。
テレサがビーチに事情聴取に行くのにパトリックも同行
高校生のサーファー仲間に不思議な質問を投げかけます。
自分を動物に例えると何?とか。
そしてすっかりビーチが気にいったパトリックは
一人ビーチでのんびりすることを決意。
いつの間にか女の子と一緒に砂のお城造りを楽しんでいました。
立派なお城が出来上がって拍手喝さい。
なかなかすごい才能ですが、スーツ姿でビーチはやはり怪しすぎです。

クリスティンの母が交通事故死して、父は酒びたり。
幼い弟妹をクリスティンが面倒みていました。
自分もそんな家庭環境で育っていたので、
テレサはかなり複雑気分のようです。

怪しげなサーファーのフリッパーが事件のカギを握っていると
テレサらが彼の家を調べに行くと
中でフリッパーと一緒にパトリックがくつろいでいました。
相手を知るにはこれが一番かもしれないけど
相変わらずパトリックの行動は予想がつきません、

そのうちクリスティンがパパという男と付き合っていることがわかったり
サーファー仲間のダニーの父が絡んでいる建設現場で
コンクリート漬けの遺体が発見されたり
クリスティンの相手のパパが本当にダニーのパパだと明らかになったり
少しずつ事件の背景が見えてきます。

ゲストオヤジが豪華なMenralist。
今回のオヤジ、ダニーパパがBrett Cullenでした。
相変わらず華のあるオヤジですからね。
最近はたいてい悪役ですけど。
でもダニーがDexterのアーサー息子だったんですよね。
このパパとアーサーはあまりにも違いすぎます。

クリスティンが死んだ晩に一体何があったのか。
パトリックは3人のサーフィン仲間を
クリスティンと一緒にパーティーをした場所に連れて行き
催眠術をかけてそのときのことを思い出させます。
すると思い出したことを語り始めたのがホープ。

だけどパトリックの催眠術はインチキ。
この平気で騙すテクニックが彼の持ち味なんでしょうね。
実ははずみで彼らが警備員を殴り殺してしまって
遺体を隠そうとしたらクリスティンが反対したので
クリスティンを黙らせることにしたのが真相でした。
みんなで犯した殺人事件。
お互い黙っていたのに、結局パトリックの罠に引っ掛かり
あっさり供述させられてしまいました。
ついでに未成年者と関係を持ったパパも罪を追及されることになります。
嘘をついても結局はばれてしまう。
ライトマン博士とはアプローチが違うけど
パトリックもまたこうして真実を求めていくのでしょう。
彼のユニークな発想がこの先も楽しみです。

Without a Trace S5-#15 「デザート・スプリングス」

不幸だけど自業自得なのかな…という話。

失踪したジェイソンは水再生センターの現場監督で
定年間近の職員アールにクビを宣告した後失踪。
アールがジェイソンを人質にして立てこもり
珍しくジャックが交渉役として正しい姿を披露しているぞと思ったら
アールが銃を持って立てこもっていたのは
自殺をしようと悩んでいただけ。
ジェイソンはその場にいませんでした。

ここからジェイソンの秘密が明かされていくんですが
彼の過去の記録がなし。
ジェイソンはNYに来る前デザート・スプリングスに住んでいたのですが
NYに出てきたとき名字を変えていました。
デザート・スプリングスに何かあるはず。
サムとマーティンが現地を訪ねると
ジェイソンの友人の兄の保安官が、弟の失踪の話を語ります。
弟が失踪した時、友人のジェイソンも事情聴取されていました。
このとき保安官は多くを語らなかったのですが
ジェイソンはとんでもない秘密を抱えていました。

ジェイソンたち3人は仕事をクビになり、路頭に迷います。
ジェイソンは結婚を控えていたのにお金がない。
そのときギャングの資金がマネーロンダリングされるために
一時期放置される情報を聞きつけ
3人はちょっと頂く計画を立てます。
ジェイソンはあまり乗る気じゃなかったのに。
ところがその金が思いのほか大金で
しかもギャングにすぐに見つかって追われ
3人は逃げたけど弟は撃たれて死亡。
残った二人は弟を埋め、お金を持ってデザート・スプリングスから立ち去ることにしました。
そしてジェイソンは名前を変え、別人として生きることにします。

ところが父が倒れてジェイソンに連絡が入り
ジェイソンは決別した地へ、父の見舞いに行きます。
そして保安官に会い、事件の真相を話すことに。
保安官は弟が犯罪にかかわっていることを知られたくないと
その場で手を下すことは断念しましたが
弟を埋めた友人を許すわけがない。
結局ギャングを使ってジェイソンを捕らえ報復させたのでした。
ジェイソンの遺体が流れ着いたのが、職場の水再生センター。
救えない話です。

職を失った辛さはあったとはいえ、金を盗み結果的に友人が死ぬことになっても
知らんぷりして逃げ出したのは間違いでした。
きちんと罪を認めていたら、こんな結末は訪れなかったかな。
ジェイソンの顔、どこかで観たことがあると思ったら
Invasionに出ていた不思議な人でした。
今回のエピはベントン先生が監督をしていますが
それと関係があるのか?ジェイソンのお父さんがアンスポー部長でした。
病院に入院してる部長って変な感じ。

エレナの元夫カルロスが、娘を迎えに行ったのにいなかったと
文句を言いにFBIに押し掛けてきます。
カルロスがエレナを脅したのでダニーが仲裁に行きますが
カルロスはダニーとエレナの関係に気づいてしまいました。
エレナはこうなることを避けたかったようだけど。
またここでも職場恋愛がごたごたを招くのでしょうか。
早くヴィヴに職場恋愛禁止令を出してもらわないと!

The Closer S5-#1 「密やかな殺しの依頼」

チーフ・ブレンダと愉快な仲間たちが帰ってきました。
そういえばブレンダは妻だったんだよね。
別段大きな変化はなさそうに見えましたが。

母と子供二人、そして祖母の一家4人が自宅で銃で撃たれて死亡。
あたりにはチョコレートが転がっていました。
父親が出勤する所を見たという目撃情報があり
当然容疑は父親ビクターに向けられます。
しかもビクターは殺された妻からDVで訴えられたことがありました。
ブレンダはビクターの事情聴取を開始。
じわじわと責めていきますが、家族が殺されたことを知ったビクターは
すっかり動転し神へ祈りを捧げます。
これは容疑者から外せる?
しかしビクターには家族に言えない秘密がありました。
なんと浮気をしていたのです。
浮気相手の女性はビクターがいい人だと主張。
子供たちにお菓子など食べさせなかったとの証言を聞いて
ブレンダはあれ?と思います。
現場にはチョコが転がっていたのはおかしい。
ブレンダはプロベンザを連れてもう一度現場に行きますが…

ここからが今回の事件のポイント。
事件の通報を聞いてブレンダらが駆け付けた時
まず検視官が迷って送れ、プロペンザも道を間違えました。
どうやら番地のStreetとPlaceを読み違えると
別の家にたどり着いてしまうようです。
もしや犯人も行き先を間違えた?
ブレンダはプロベンザが勘違いした方の家へ行ってみたら
突然FBIが現れ玄関から顔を出した男を連れ去ってしまいました。
どうなっているんだ?

署へ戻ると麻薬課刑事が待っています。
なんと、ビーチャーとシリンガーのご対面!
当然ビーチャーじゃなくてキャリー刑事は不満たらたら。
ブレンダが行った先は麻薬絡みの事件で服役中の男を有罪にする
大事な証人の家だったのです。
保護していた証人のところにいきなりブレンダが行っちゃまずいでしょ。
捜査を邪魔するなとビーチャーは怒りますが
シリンガーはあくまでもブレンダの味方。
やっぱり二人は永遠の天敵でしたか(笑)
とにかくビーチャーはシリンガーの捜査に協力せざるを得ませんでした。
スーツ姿の刑事たちも素敵ですが、ラフな格好のビーチャーもいい感じ。
LOMでライアンとのご対面はすぐそばにいたのに叶いませんでしたが
今回はちゃんと会話してたしよかった。
ここにNYから強引に性犯罪捜査課刑事も呼んできて欲しかったのに(それは無理)

ビーチャーが提供してくれた囚人と妊娠中の彼女の面会ビデオを分析しているうちに
ブレンダは彼女が事件のカギを握っていることをつかみます。
囚人は証人のアドレスをガラスを曇らせて書いて教え
彼女は高校の寄付金付きチョコレートを売りに行くふりをして証人宅へ…
行ったはずがプロベンザ同様家を間違えて
何も関係ない人を撃ち殺してしまったのでした。
住所表示を恨むしかないのかな。

ところでブレンダの彼だか彼女だかの猫ちゃんが体調不良。
ブレンダがご飯を食べさせたら吐いちゃったので
フリッツが病院へ連れて行きましたが、あまり調子はよくないみたい。
大丈夫かな?

Glee S1-#14 「The Power of Madonna」

Glee: The Music - The Power of MadonnaGlee: The Music - The Power of Madonna
(2010/06/08)
James S. Levine

商品詳細を見る


やっとこのCDを紹介できます♪
今回のドラマをそのままサントラで再現。
曲順も変わってないし、ドラマの余韻を味わうのにぴったりです。

スー先生の憧れはマドンナでしたか。
マドンナパワーにあやかれと、校内放送でマドンナをガンガンかけ
チア部ではマドンナの曲でパフォーマンスを練習します。

レイチェルはジェシーと別れたことになってるけれど
ジェシーとの一線を越えられなかったことを悔やみ愚痴っています。
もっと女の子も強くなろう。言いたいことが言えるようにしよう。
女子パワーが炸裂、女子だけで歌ったのがExpress Yourselfでした。

スーがマドンナならウィルも負けずにマドンナで!
スーがやたらとウィルのヘアスタイルに難癖をつけるので
ウィルも負けてはいません。
そしてグリー部の課題曲もマドンナになってしまいました。
ではお得意のマッシュをとレイチェルが選んだのが Borderline/Open Your Heart。
よく知ってる2曲でしたが、こんな組み合わせが可能なんですね。
レイチェルとフィンの掛け合いがかっこよかったけど
フィンはまだレイチェルへの思いを断ち切れてないんだよね。切ないです。
二人が校舎内で歌ってると、廊下を通りすぎる女の子たちが
次々にマドンナファッションで登場するのが面白かった。
さすがビジュアル面でもインパクトの強いマドンナです。

メルセデスとカートがスー先生のために提案を。
仲間を率いてスー先生がマドンナを演じるVogueのプロモビデオを
作ることにしてあげました。
オリジナルをそっくりそのままスー先生バージョンで。
モノクロ映像でびしっと決めて歌うスー先生、カッコイイじゃないですか。
それよりなによりカートがセクシーで参りました。
美しすぎる!!
いきなりカートに惚れたぞ。

その頃多分Virginな人達は今度こそ一線を越えることを決意。
レイチェルはジェシーと結ばれたいし
フィンはサンタナのお誘いがスー先生の策略だとわかっていても
自分がこのままルーザーでいるのも情けないし
そしてエマも一大決心をしてウィルを受け入れることにしたのですが。
3組のカップルが歌うLike A Virginは最高。
なかなかセクシーなベッドでの絡みが観られるかと思いきや
実は妄想の世界でした。
レイチェルは嘘をついてグリー部の人達を裏切れないから
敵と寝るわけにはいかないと言い訳をし
フィンは大切な人とでないと無理と正直に本音を話します。
そしてエマはやはりいざとなったらすくんでしまいました。

するとジェシーがマッキンリー校のグリー部に入部してきます。
敵とは恋愛できなくても味方ならOKだろうというのがジェシーの言い分。
正しく転校手続きも取ったんだし、文句は言えません。
しかしジェシーのような実力者が入ってくるとみんなのソロパートが減るのは確か。
温かく歓迎ムードにはなれないのでした。
メルセデスとカートはチア部に交じって4 Minutesを披露。
Vogueの渋さとは違ったキュートなカートが弾けてました。
そして男子たちは考えます。
女子たちを卑下してないか?
もっと女子たちを理解し仲良くやっていこう。
男子が顔をそろえて歌うWhat It Feels LIke For A Girlは
こんなマドンナのとらえ方もあるのかと新鮮でした。
ティナを突き放していたアーチーも仲直り。
このカップルはなかなかいい感じですね。
ようやくフィンはジェシーを認め
自ら身を引く決意を固めたんですが…本当にそれでいいの?
まだまだレイチェルを諦めきれないフィンに
もう一度チャンスをあげたい気もするんですけれど。

フィナーレはジェシーも交じってみんなで歌うLike A Prayer。
いつもながら最高の出来栄えでした。
マドンナ本人が出てくるわけではないけど、マドンナにすっかり楽しませてもらいました。
マドンナに感謝!

Desperate Housewives S5-#10 「天使が見えた日」

いろいろといいお話でした。
あまりほっこりしてしまうと、デス妻の場合これでいいのかと不安になってきますが(汗)

オーソンの鼻の手術を執刀したアレックスが
アンドリューのパートナーだとばれてしまいました。
もっとブリーは拒否反応を示すのかなと思ったら
意外にも受け入れようと頑張ってくれました。
彼女なりの方法は独特だったけど。
アレックスとアンドリューをディナーに招待し
そこにリーとボブを呼んでゲイ仲間大集合。
話が合うと思ったのかな?
さすがブリーの予想は的中。
りーはアレックスがゲイポルノに出演していたことを思い出してしまいました。
ディナーの場でアレックスは婚約発表。
そうでしたか。アンドリューおめでとう!
と言いたいけれどブリーはりーたちの内緒話が気になって即チェック。
そしてタイトルを聞き出して自らレンタルショップに足を運び
アンドリューにDVDを突きつけて確認を申し出ます。
ところがアンドリューはアレックスの過去を知っていました。
自分の過去も波乱万丈だったから受け入れられるって。
すっかり大人なアンドリュー。
ブリーにプライベートに干渉するなと言ってたけど
母のこの干渉を大いに喜びます。
ブリーに認められたらもう安心。
結婚式のケータリングは万全だし。
でもそんなにめでたい話が続かないよね。デス妻の場合…

手術が終わって徐々にカルロスの視力が回復。
すると家の中が変わってきていることに気づきます。
大切にしていたルー・ゲーリックのサイン入りボールを
ガブリエルが売ってしまったこともばれてしまいました。
あれだけはお爺ちゃんの形見だから売ってはならぬとカルロスは憤り
ガブリエルは買主の前でダンスを踊らされて、なんとかボールを取り返します。
そのころ完璧に視力の戻ったカルロスは
ガブリエルのクローゼットが空っぽなのに気付いて唖然とします。
ガブリエルが家を守るために大切なものを売り続けていたことを知ったカルロスは
ガブリエルが取り戻したホールを再び売って、ドレスをプレゼントします。
カルロスの優しさがいいなぁ。こうして夫婦円満でめでたしめでたし。

マイクがMJとお出かけするときにキャサリンも同行することになりますが
MJはそれが気に入りません。
キャサリンの頭にサンデーをぶっかけたり、ボウリングの球を足に落としたり
MJなりの反抗がいじらしいです。
スーザンはマイクが出て行った当初、
ぐずるMJにパパは戻ってくると約束しちゃったからとマイクに言い訳しますが
子供がパパとママと一緒にいたいのは当然でしょ。
キャサリンがママ代りになるのは今のままでは不可能ですよ。
大人の事情に子供を巻き込まないでほしいな。
キャサリンがどう出るのかが気になるところ。
それともMJに押し切られてスーザンとマイクの寄りが戻ってしまう?

ポーターが突然逮捕され、保釈金が必要になります。
トムはいざという時の貯金をおろせばいいとリネットに伝えますが
そのお金をすでにリネットはアンに渡してしまいました。
リネットは店を担保に入れて金を工面することにします。
しかもポーターが弁護士にイーディの家に行って銃を盗み
自宅の小麦粉入れに隠したことをしゃべってしまったのでますます話はややこしくなり
リネットは証拠隠滅に走ります。
ポーターは無事に保釈となりましたが、
今度はウォーレンがこっそりとポーターに近づき、命の保証はないと脅しをかけてきたので
ポーターは街を出てしまいます。
裁判の時姿を見せたのはプレストン。
両親にはばれるけど、世間一般は騙せるはず。
双子であることが役立ちそうだけど、相変わらず危険な状態です。

デイヴに見える母と子供の幻覚。
デイヴの妻と子供なのでしょう。
二人の死にどうやらマイクが絡んでいて
デイヴはリベンジを企んでいるみたいですが
デイブもずいぶん苦しみを背負っているようで、この先どうなるのかな。

Law&Order SVUS6-#12 「Identity」

ギャング団SCAに属すルイス・ベガがビルの屋上から滑り落ちて死亡する。ルイスの性器には歯形が付けられ、2000ドルを所持したままだった。ルイスは18歳のクラウディアをレイプした罪で訴えられたことがあったが、クラウディアは起訴を取り下げていた。クラウディアはSCAの入団テストでメンバーと寝なければならず、ルイスもその一人だったが、クラウディアは我慢ならなくなり結局テストは不合格となった。SVUはクラウディアの友達にも話を聞くが詳細がわからない。やがてビルの屋上に住む聴覚障害者のホームレスのケイティが、事件を目撃していたことが明らかになる。ケイティは死んでいたルイスを見たことを認めたものの、ステーブラーが尋問しようとすると逃げてしまった。ケイティは漁ったごみの中からカード番号等の書かれた書類を拾ってルイスに渡し、ルイスが関わる偽造カード作りを助けていた。SCAには警察の手入れがあり、ケイティはその報復として喉を切り裂かれてしまう。しかしケイティの証言から、ルイスを殺したのは事件現場の壁にSYKのサインを残している者だとわかる。
SKYのサインはB22Bというサインとともに足場の悪い場所に書かれていた。B22Bを記しているのは名門私立校の学生たちで、危険な場所に落書きするのが流行っていた。SYKはサイコを名乗るローガン・スタントンのサインだった。SVUがローガンを尋問すると、誰かが自分のサインを真似たとローガンは興奮状態になる。そしてローガンの双子の妹リンジーは、事件のあった晩家にいたとローガンのアリバイを証言する。ローガンが暴れ出したためにステーブラーが取り押さえると、リンジーがステーブラーを殴ってローガンを救おうとする。
ベンソンがリンジーを尋問すると、リンジーは自分がルイスを殺したと自白し始める。リンジーはローガンのチームに入りたくてSKYEのサインをした。すると男が来てリンジーを襲おうとしたため、思い切り噛んだら男が後ろに倒れた。しかしルイスの遺体に残っていたのはローガンのDNAだった。
なぜリンジーはローガンをかばうのか、SVUが二人の過去を調べていくと、産まれたころの記録が抹消されていたり、ベビーシッターの証言などからリンジーは怒ると手がつけられなくなり、母は娘の態度が気に入らず薬を飲ませていること、リンジーは膀胱感染症で何度も入院しているが、陰部に傷を負っていることなどが判明した。薬の件について両親に聴くとやせ薬を与えていたとの答えが返ってくる。
レベッカが二人の過去を突き止め両親に問いただすと衝撃の真実が明らかになる。リンジーはローガンとの一卵性双生児として生まれルーカスと名付けられたが、割礼手術に失敗したために、担当医のブレアはルーカスを女性として育てることを勧めた。その結果ルーカスは性転換手術を施され、ローガンの双子の妹リンジーとして育ってきたのだった。自分の性の秘密を知ってしまったリンジーは、男に戻って生きることを決意する。
やがてローガンがブレアを訴える。ブレアは二人のカウンセリングを行う際に、二人にセックスをさせるかのように寝かせていたのだった。ブレアは治療のためだと否定するが、性をオープンンにとらえるためとカウンセリングの中で二人にポルノ映像を見せることもあった。
ブレアが何者かに殴られて死亡する。防犯カメラの映像はローガンかルーカスか、どちらかの姿を映していた。

麻薬所持や暴行事件などを起こしているギャング団のメンバールイスが、ビルの屋上から墜落死します。辺りの壁は落書きだらけで、ホームレスもたむろしていました。ルイスの傷跡から、相手の女性の恨みを買ったものではと捜査が進められていきます。事件を目撃していたホームレスの女性がルイスのカード偽造に関わっていて、カード偽造事件の取り調べに貢献することになりますが、ルイスを落とした犯人が残していたのは壁のサインでした。
サインを書いていたのはギャングではなく、名門私立校の学生たち。B22BはBorn to be Badの略で悪ぶってみたい証ですが、書いていたのはSYKのサインを残したメンバーのローガンでした。
ローガンはルイス殺害を否定。双子の妹リンジーもアリバイを証言しますが、ローガンのDNAが検出される中で、今度はリンジーがルイスに襲われて抵抗したらルイスが滑り落ちたと自白を始めます。なぜ虚偽の自白をし続けるのか、SVUが疑問を感じ双子について調べていくうちに、二人の生い立ちの謎が解かれていきます。
男児の一卵性双生児としてルーカスとリンジーは生まれますが、リンジーは割礼手術に失敗、このままでは将来辛い思いをするだろうと両親は考え、Drブレアの勧めでリンj-に性転換手術を受けさせます。そこからリンジーは女の子として育てられ、ビタミン剤と称してホルモン剤を飲まされていきます。男の子が割礼手術の失敗から性転換手術を受けさせ、女の子として生きることになり思春期を迎えて悩みを抱えるという話はMentalの第8話「House of Millors」でも取り上げられていましたが、今回はリンジーの双子の兄ローガンとの強い絆が感じられました。だからこそ女性として生きていくことへの疑問もなおさら強く、リンジーは不安定だったのではと思われます。
ルイスに襲われそうになった時の自衛は当然のことだし、そのままルイスが滑り落ちたのなら事故で片付く事件でした。しかし自分が故意に姓を変えられ、しかもDrブレアの実験台扱いされていたことが分かって、双子はブレアへの復讐を考えます。ブレアを殺害したのはどちらだったのか。リンジーが男性に戻って生きることができるようになっても、暗い結末となってしまいました。
ローガンとリンジーを演じているのはReiley McClendon。一人で男性と女性の二役を見事に演じ分けています。キャスティング段階では双子の男女の兄妹を数多くチェックしていったのですが、ローガン役のオーディションに現れたReileyが中性的な雰囲気を持ち、妹役もこなせるとアピールしたので両方の役を演じることになったそうです。ブレア役のPeter Firthはイギリスのベテラン俳優。Spooks(MI-5)のボスのハリー役で活躍しています。

男の子が女の子として育てられていく話は、すぐにMentalを思い出しました。
Mentalに出てきたへザーは自分の性について悩み苦しみを抱えていましたが
ジャックのカウンセリングで前向きに生きる道を見つけます。
今回のリンジーも事件では辛い思いをしたものの
自分らしく生きる道を見出せたのに
そこで自分を女性に変えてしまったブレアの殺害を決意。
決して救われないところがいかにもSVUです。
しかもブレアがなぜかSpooksのハりーですからね。
意外なキャスティングにビックリしました。

しかしよく似た双子だなと思ったら
ローガンが心の姿でリンジーが女装バージョンだったんですね。
見事な演技に恐れ入りました。
Drファンはしばらくお留守なんでしょうか。
精神科医レベッカにも慣れてきたけど
彼女はあくまでも医者なので、ちょっと立場が違うからね…

Post Mortem S1-#5 「果てしない愛」

ますます面白くなるCSI:ドイツ。
なんといっても強烈なのが女ほっさんと呼ばしてもらう恐怖のおばさんカロリンです。
恐怖のおばさんはニコチン姉さんと一緒に事件現場の遺体を検死して
死亡推定時刻がニコチン姉さんと違うとすかさず彼女を否定します。
そしてラボに帰ってきて検視を始めてから
若者君が頭蓋骨の分析の間に時間がかかるために席を立とうとしたら
側にいなければダメと指導します。
若者を甘やかしてはいけないという基本姿勢。
若者君とコンビを組んでる人のいいおっさんは
ほらまた騙されたみたいに温かく受け入れてくれるけれど。

なんといってもびっくりなのは、恐怖のおばさんはスーパーで買い物をしたことがないらしい。
スーパーの現場検証ではっきりと口にしていました。
よっぽど高級な暮らしをしているおばさまなのでしょうか。
そして現場を保護するテープが高い位置に貼ってあったら
またごうとせず近くにいる人にテープを下すように命じます。
これってほっさんより上を行ってるよね。
こんな感じですからニコチン姉さんとはしばしばぶつかっています。
でも恐怖のおばさんは嫌味が止められないみたい。
だからニコチン姉さんのストレスがたまり、ニコチンが手放せないのかな。

タイトルは発見された遺体が冷凍保存されていた事件から来てますが
ドイツは怖いと思ったのがスーパーで警備員が殴られて殺されていた事件。
警備員の指紋認証で金庫が開けられ、売り上げ金が奪われていたので強盗の犯行かと思ったら、
なぜか殴られ死んだ後金が奪われていました。
実は全て内輪の犯行で
殴られて死んでいた警備員を見つけた女支店長が魔がさして
遺体を引きずって行って金庫を開けて売上金をくすねたのでした。
そんなの許されないでしょ。
このスーパーはチェーン店で、競争もあるし何かと厳しいようですが
今度は警備員が従業員の更衣室に隠しカメラを取り付けていたことが発覚。
もしや盗撮か?と性犯罪方向が気になったらそうでなくて
従業員が商品を勝手に持ち帰るのを見張る万引き防止用だったのでした。
殺害の容疑者に挙げられていた店員はアル中の夫のために店内の酒を持ち帰っていたそうで
どこまでみなさん歪んじゃっているのでしょう。
そして殺人事件の真相は?
警備員が前に付き合っていた店員が別れて、別の従業員と付き合いだしたために
警備員が激怒した…ってこともあったんだけど
実際に殺したのはスーパーの清掃係でした。
彼は清掃係のバイトをしながら大学へ行きたいと勉強していたようですがが
警備員にお前はどうせ清掃係のままだと馬鹿にされたことに腹が立って
店内の酒のボトルで警備員を殴り殺してしまったのでした。
やっぱりいろいろと歪んでる。
階級社会がはっきり見えているし。

若者君は検視の合間に弾道検査の結果を照会しています。
どうもプライベートのもののようで、みんなの前では必死に隠していますが
ボスは若者君の立場をわかった上で採用しているので
重々承知のようです。
若者君は家族が何か事件に巻き込まれていたみたい。
何があったのでしょう。

Glee The Music Journey to Regionals

Glee: The Music - Journey to RegionalsGlee: The Music - Journey to Regionals
(2010/06/08)
Various Artists

商品詳細を見る


Glee S1ファイナル「Journey」のサントラCDがリリースされました。
1エピソードでディスク1枚は次回エピのマドンナスペシャルに続いてですが
ファイナルだけ別ディスクにしたのはネタばれ防止のためだったのかな?
これを聞くとS1の締めくくりが大体予想できてしまうので
ネタばれを避けたい人は正直なところ近付かない方がいい気がします。
でも内容はすごい!
自分にとっては理想的な世界でした。大感激です。

これが州大会のラインナップになっていくのかな?
挿入曲6曲のうち3曲はJourneyのオンパレード。
フィンとレイチェルが歌うFaithfully
また出たお得意のマッシュがAny Way You Want It/Lovin'Touchin'Squeezin'
そしてGleeのテーマソングDon't Stop Believin'が再碌されています。
初登場Journeyの曲はどれも好きだし
やっぱりGleeと言えばDon't Stop Believin'だよね。
カラオケの課題曲も絶対これだと思います。
曙関だって歌ってたんだし♪

そして絶対Gleeバージョンで聴きたいと思っていたBohemian Rhapsodyが登場。
こんなにあっさりと夢が叶うと
S2に何を期待すべきか不安になってしまうんですが
お約束通りの完全フルコピーは、やはり鳥肌ものでした。
フレディ役はこれからの活躍が楽しみなジェシーです。

続いてLuluのTo Sir.With Loveが続きます。
みんながウィルに捧げたんだろうなと想像がつくのは
この曲が「いつも心に太陽を」の主題歌で
生徒役のLuluがSidney Poitierが演じる先生に歌って捧げたから。
この映画は大好きでした。
なんといってもDes Barres君の映画デビュー作だし♪

そしてラストはOZといっても魔法使いの方の
Over the Rainbow。
このアコースティックバージョンをウィルが歌って終わります。
最後は静かに終わって次シーズンにつなげてるのかも。

検索をかければあっさり映像も見られるのでしょうが
あえて我慢。
その時まで待ってテレビでじっくりと楽しみたいと思います。
でもその前にまずMadonnaの予習をしなきゃ!

Criminal Minds S4-#22 「闇夜に浮かぶ観覧車」

昨日は文句を言ってたけど
今日はこれこそ考えさせられる事件なんだなと実感。
シリアルキラーのヴィンセントの情報が詳しく伝えられ
彼の立場に立って考えられるから
彼が殺人犯だとはいえ、最後は切なささえ感じられました。
殺人を犯すことだって必ず動機、意味があるはず。
ヴィンセントの場合は極度の強迫性障害が彼の感情をコントロールできず
罪だとわかっていても彼自身のリズムで殺さずにはいられない。
それが何回も繰り返す前に、解決されなければいけない問題だったんですが。
そして殺人を犯す要因となったのが
自分の父親が母親を殺し、その場面を自分が観ていたこと。
そのトラウマは彼の障害の中に
殺さずにはいられないという一項目を増やしてしまったんでしょう。
自分の行動を全て録画し、HELPのサインまで送っている。
もっと早く助けてあげるべきだったのに。
事件に遭遇してしまった時のアフターケアに問題があったんだろうな。

とにかく殺さずにはいられなかったヴィンセントが
予定通り自分の母親のような女性を殺害したら
目撃者がいることに気づきました。
正確にはその目撃者は見ていない。
殺された母親の息子スタンリーは盲目なので
見ることはできないけど何か気配は感じたのでしょう。
そこからヴィンセントが変わりまず。
里親に引きとられたスタンリーと仲良くなり彼と一緒に遊んであげ
友達代わりになってあげました。
スタンリーもビンセントになついています。
ところがスタンリーの引っ越しが決まり
またヴィンセントのリズムが狂いだし、殺人が始まってしまいました。
しかも街でギャングが脅してきて銃を見せた途端
いきなり相手の腹を刺してしまいます。
でも向こうが撃ってきたので、銃弾が腹を貫通しました。

この日はスタンリーの誕生日。
ヴィンセントはスタンリーを遊園地に連れていく約束をしていました。
約束は守らなければならない。
ヴィンセントは銃創にパンを詰めラップで体を巻いて固定すると
スタンリーを車に乗せて遊園地へ向かいます。
この決断がすごい!と驚きました。
なんとか力を振り絞りながらスタンリーを観覧車に乗せ
スタンリーが僕もママと一緒に死ねばよかったと言い出したら
死にたいなんて思っちゃだめだと生きる勇気を与え
そのころBAUはヴィンセントが遊園地に来ていることを突き止めていたので
観覧車が地上に戻ってきたときスタンリーは保護されますが
ヴィンセントはすでに息絶えていました。

ヴィンセントは犯罪者ですが本来はいい人なんだろうな
彼を追い込んだ要因に問題があるし
スタンリーに対しては罪を償うべく真摯な態度で接していたんだもん。
BAUが救出に来たことでスタンリーはヴィンセントが母を殺したことを知ってしまいますが
できれば内緒にして、二人の思い出は素敵なものにしてあげたかったなとさえ感じました。

犯罪者を褒めても仕方ないんですけど
ただ犯人が出てきて逮捕されるんじゃなくて、やはり彼らの置かれた立場や心情を知りたいし
その後裁判があるなら是非証言を聞きたいです。
どんどんドラマの奥深さを追求するようになってしまってるね(汗)

ヴィンセントはThe ShieldのS6でストライクチームを任されかけたケヴィン。
スタンリーはDesperate Housewivesでイーディの息子として突如現れたトレヴァースでした。
よく知ってた人達なんだ!まるで別人に見えたけど。

Without a Trace S5-#14 「転落」

どうも最近WATにのめりこめません。
ボスの恋愛沙汰は終わったからいいとしても
ダニーとエレナもばれないようにこそっと(でもしっかり?)
お付き合いしているのもいいとしても
失踪事件そのものが不自然な気がして。

失踪したアビーは写真を元にして絵を描きそれなりに成功していましたが
モデルとなる写真の被写体は町の人々のさりげない光景で
被写体に許可を取っているわけではないのでギャラリーで描かれた当事者が現れ
どういうつもりだと文句をつけてくることもあります。
確かにリスクのある画家だったんですが。

失踪の原因は彼女の過去に受けた心の傷。
アビーたちは友達と4人で橋を渡っていてふざけてタイタニックごっこをしていたら
アダムがマルシアをきちんとフォローしてあげなかったために
マルシアは転落死してしまいます。
それを事故ではなく自殺扱いで真相を封印してしまったために
残った3人はそれぞれ罪の意識を抱えたままになっていたんだと思います。
でもアダムの場合それが感じられないのは、やはり彼が心底悪人ってことなのでしょうか。

アビーは事件直前の様子を写真に撮っていました。
そこに写るマルシアの笑顔は自殺した人には見えません。
アビーは実家に置いてあったこの写真を持ち出して
自分の作品に変えることにします。
その場にいたもう一人の友達イアンは麻薬に溺れボロボロになってしまいました。
アビーはイアンを救おうとするけどすでに遅く、イアンはオーバードーズで死亡。
アビーはこの事件のことをすっきりさせたくてアダムに連絡を取ったのですが
アダムにとっては自分に今汚点がつくのはとんでもないことなので
アビーを連れ出してマルシアと同じ場所、同じ方法で殺してしまいました。
というのが救いのない事件の顛末。

冒頭アビーが狙っていた被写体がマルシアの弟だったんですが
アビーが思いを遂げるのは難しいことだし
随分苦しみながら試行錯誤していたんだと思います。
そこに今まで離れていた男が来てさっさと殺すかな?
もう少しアダムとの関わりを描いてくれないと
アダムがシリアルキラーに思えてきました。それは違うよね?
45分で話をまとめるのは容易ではないですが
一つじっくりと考える場面やキャストに共感できる場面を作ってほしい。
SVUのレベルが高いだけに、比較すると悩んでしまうことが最近増えています。
無理して失踪させなくていいからね。

それよりトラウマが甦りかけているサムが心配。
そろそろサムの苦悩ネタでしょうか。それは辛いです。

おまけ:アビーがかかっていたドクター。
最近あちこちで顔を観てる気がします。
その割にお名前を知りませんでした。
Michael B. Silverさんでしたか。
また出た!と叫ぶ前に、少し贔屓のオヤジにしてあげましょう。

Glee S1-#14 「Hell-O」

またまたなんとナイスなタイトルなんでしょう♪
HelloはHellにOを追加しただけだったとは!

地区大会で優勝して上機嫌のグリー部ですが
ウィルは州大会での勝利を目指しています。
ところがチア部コーチをクビになったはずのスーが復活。
どうやら校長を脅してコーチの座を奪還したようです。
やはり簡単にスーは諦めませんでした。
スーの次なるグリー潰しの計画は
レイチェルとフィンが付き合い始めたので
チア娘たちにフィンを誘惑させて二人の仲を裂き
グリーをごたごたにさせようとするもの。
確かに二人は付き合いだしたんですが
相変わらず自信過剰自己チューレイチェルに
フィンはうんざりしかけていました。
そしてレイチェルからのデートの誘いを断ってしまいます。

ウィルは新たな気持ちでグリー部に臨むためにと
課題曲にHelloのついた曲を選んでくるよう命じます。
自信を失い偽身のフィンが自信を持って歌えるようにと
ウィルのアドバイスで選んだのがThe DoorsのHello,I Love You
しかしフィンにふられてしまったレイチェルは
HelloもHellも大差ないと
The All-Amarlican RejectsのGives You Hellで応戦。
フィンはますます小さくなってしまいます。

本屋さんでRionel Richieの楽譜を見ていたレイチェルは
ライバルのカーメル校のボーカル・アドレナリンのジェシーと出会います。
そしてジェシーのピアノでHelloをデュエット。
レイチェルはいきなり恋に落ちてしまいました。
一方フィンはチア娘たちの勝手な振る舞いに呆れ
レイチェルのありがたみを思い出しもう一度やり直したいと頼みますが
レイチェルは恋人ができたからとあっさりフィンを見捨てます。

テリーが家を出ていき、ウィルとエマはうまくいっています。
ウィルのお気に入りのNiel DiamondのHello Againでダンスを踊り
二人はさらに親密に…と思いきやエマはまだ男性との経験がなく
一線を越えることができません。

レイチェルがライバル校の看板シンガーと付き合っていることを知ったスーは
これをグリー潰しのネタにしようと考えます。
情報はあっという間にグリー部に広がり、みんなはレイチェルを白い目で見始めます。
ウィルは二人の関係を気にしてカーメル校に行くと
ボーカル・アドレナリンはAC/DCのHighway to Hellを練習していました。
背景にぎっしり詰まれたマーシャルアンプがお見事!
ウィルは顧問のシェルビーに事情を説明しに行きますが
いきなり恋に落ちてしまった??
なんと手の早いウィル!と思ったけれどやはり一線を越えられず
自分の今の心境をシェルビーに語ったら
今は一人でいるべきではとアドバイスされてしまいます。

レイチェルはジェシーに会いにカーメル校に行き
お互いの気持ちを確かめると
付き合っていることを秘密にしておくよう約束します。
そしてフィンの再度の頼みも
今は州大会優勝を目指すべきだから恋愛してる場合ではないと
突っぱねてしまいます。
フィンにはレイチェルがジェシーと続いてることがわかっていたけど。
ジェシーはこの先どのように関わってくるのでしょう。
なかなかカリスマ性ありそうだし。

エマがウィルの家でディナーを用意していたら
テリーが置きっぱなしのDVDを取りに来ます。
そしてHello Againは二人のプロムの曲だったと一言。
確かにイヤーブックにはその事実が記載されていました。
帰ってきたウィルは過去のことは忘れたと言い逃れしますが
エマはウィルはまだ一人でいるべきだと指摘します。

恋してると思ったらすれ違い。
だからHello Goodbyeだったんですね。
エンディングの大合唱は素敵だけど、ちょっと切なく感じます。
サントラをたっぷり聴いてイメージを膨らませていたけど
こんな展開になっていたとは!と驚かされることが多いです。
Hello Goodabyeの新解釈もできたし。

もしHelloの曲を用意するように言われたら
Todd RundgrenのHello It's Meがいいな。
Gleeを観ていると、今まで親しんできた曲の歌詞をもう一度じっくり読む機会ももてるし
音楽とのかかわりが一歩前進する気がします。
次回はMadonna特集。
サントラに7曲入ってますから、マドンナに溢れていることは確かです。
また予習をしっかりしておこう!

Law&Order SVU S6-#11 「Contagious」

交通事故で親子三人が病院に運ばれる。9歳の娘ホリーに外傷は見られなかったが腹痛を訴え、医者が調べようとするとホリーはズボンを脱ぐことを拒否する。精神科医のレベッカがホリーを診察すると、ホリーはレイプされていた。レベッカはSVUに連絡する。
ホリーが検査を嫌がり両親は手術中で検査の許可を取れないため、裁判所許可を得てホリーに麻酔をかけて検査を行い、レイプの事実が確認できた。ステーブラーとベンソンが父親のラリーに話を聞くと、ラリーはホリーは2週間前自転車で転んで股間を怪我したと説明し、治療した医師の診断書もあった。だがホリーの傷は1週間前のものだった。ベンソンがホリーと面接すると、ホリーは最初なかなかレイプのことを話したがらなかったが、男の人に触られたことや他の人に話したら銃で撃つと脅されたこと、その男が公園で一人撃ったと言ったことなどをベンソンに伝える。しかし男の名前を言うことはできなかった。
公園でローラという少女が失踪、血しぶきと薬きょうが残されていた事件があった。SVUは今回の事件との関連性を調べはじめる。レベッカはホリーに絵を描かせ、ホリーの心情を探ろうとする。ホリーは自宅の絵や近くに住む従姉妹の家の絵を描き、従姉妹の家によく遊びに行ってると話す。ホリーは最近体育の授業を受けるのを嫌がり、怪我をしたり腹痛を訴えたりして保健室で休んでいた。ホリーはサッカーの絵を描くが、レベッカはホリーが描いたコーチに目を止める。それは体育教師のマーク・ドビンズでホリーのおじだった。SVUはマークを逮捕する。
子どもと多く関わる仕事に就いているマークは、身に覚えはないと否定する。しかしホリーの友達のダニエルやニコールの母親が、娘たちもマークの被害者だとSVUに届け出に来る。ダニエルとニコールに事情聴取すると、二人もホリー同様に被害の様子を答えた。マークはサッカーの試合中逮捕されたため、その後も被害者だと訴えてくるものが続出する。SVUはマークの自宅を捜索し、検事補の推薦状を見つける。マークは若いころ少女を買春した罪で逮捕されて公立学校の教員資格を失い、検事補に推薦状を書いてもらって私立学校で働いていた。しかし推薦状は偽造されたものだった。ケイシーはマークに真実を話すよう説得するが、マークは性的虐待は行っていないとはっきり否定する。
ホリーが証言台に立つことになり、ステーブラーに来てほしいと頼んでくる。ステーブラーはホリーを法廷に連れて行き証言の仕方を教えると、ホリーは法廷では嘘をついてはいけないことを確認した後、私は嘘をついた、触ったのはマークおじさんではないと言い始める。そこでもう一度ニコールに話を聞くと、ママがドビンズ先生は悪い人だから刑務所へ送るのを手伝ってほしいと虚偽の証言を覚えさせられたことを白状する。ホリーの母のソニアが、ニコールの母親たちにホリーの話をして警告していたからだった。ケイシーはマークの告訴を取り下げ、ラリーはマークに謝る。
両親はホリーに真犯人の名前を言うよう促すが、ホリーは話すと私や両親が撃たれると言って拒否する。レベッカはもう一度ホリーの絵をチェックし、サッカーをしている絵のコーチのユニフォームがマークではなく、ラクロス選手のものだと気付く。ホリーは絵で犯人を示唆していたのだ。ホリーが名前を告げたので、SVUは代用教員のケヴィンを逮捕、ケヴィンの銃と車の中の血痕を確認し、ケヴィンはローラの殺害とホリーのレイプを認める。

交通事故で運ばれた少女は事故による怪我は負っていませんでしたが、言動からレイプされていることがわかります。詳しい検査が必要ですが、ホリーが拒否するためにステーブラーが付き添い、ホリーは麻酔を打つことになります。自分の子供の話をしながらステーブラーはホリーを落ち着かせ、ホリーもようやく安心します。
レイプの事実がわかり、ベンソンがホリーから少しずつ話を聞き出します。ホリーは怯え泣きだしながら、ようやくその時のことを話し始めますが、犯人に脅されており名前を言うことができません。そこでレベッカが絵で心情を表してもらう心理療法を行い、ホリーと従姉妹の関係や、ホリーがサッカーの試合を嫌がっていることなどをつかみます。するとホリーがおじのマークの名前を出したので、SVUはマークを逮捕します。
マークが逮捕されると、他の親も娘がレイプされたと訴えてきて、あっという間にマークは性犯罪者に仕立て上げられてしまいました。ローラが失踪したときも、マークはその公園にいて事情聴取を受けています。ステーブラーはマークが犯人だと確信し、彼が売春で逮捕されたことを隠すために書類を偽造したこともあって激しく責め立てます。マークの妻が夫は無罪だと主張したときもものすごい剣幕で怒鳴りつけたステーブラーは、さすがに自分が行き過ぎたことを自制し、この件から降りようとさえ思い始めました。ベンソンがステーブラーにストレスが溜まっていることを指摘、キャシーと子供たちが出て行って家の中は空っぽで、ステーブラーはその寂しさにに耐えきれずにいたのでした。「20年間連れ添っていたのに出ていくなんて。」とステーブラーは嘆きます。
ステーブラーが仮眠室で寝ているとベンソンが呼びに来ます。ホリーの証言を手伝ってほしいと言われたステーブラーは自分が関わることを拒否しますが、ホリーはステーブラーを頼りにしていました。そして証言台の前に立って、自分が嘘をついていたことを認めます。
ホリーだけではなく友達たちも親に入れ知恵されて嘘をつき、マークを性犯罪者に仕立て上げていました。マークの告訴は取り下げられますが、偽装文書作成の罪が認められたため、もう教職に就くことはできなくなってしまいました。
ベンソンがステーブラーの子供たちに連絡したため、子供たちは4人そろってバースデーケーキを持ってオフィスに現れます。ステーブラーは感激しますが、その向こうでマークが署から出て行きました。
精神科医レベッカが再登場。病院で発見されたレイプ事件をSVUに知らせ、精神科医の立場からホリーの心情を探っていきました。

子供の嘘は見抜けそうなものだけど、みんな演技が上手?
ここにもライトマン博士が必要なのかなと感じてしまいました。
レイプされた事実を口に出すのは大人でさえ辛いことですから
子供が思いだし語るのは本当に大変だと思います。
しかもホリーは銃で脅されていたんだし。
そこで口にしてしまったマークおじさん。
どうして無実のおじさんの名前を出してしまったのでしょう。
すると他の親がこぞって賛同。
マークはあっという間に性犯罪者扱いです。
ホリーの母ソニアはよっぽどショックだったのかもしれないけど
親族をあっさり売るところが理解できない。
そしてうのみにする親たちも。
もしかしたらマークは性犯罪者ではないとしても
指導者としては問題があったのかな。
これを機会に教師を辞めさせたかったのかなと勘繰りたくなってしまいました。

しかし一度性犯罪者のレッテルを貼られてら
後で間違いを訂正されても
やはり教職には就けないよね。
ホリーの絵をレベッカがしっかり分析してたら
マークはここまで辛い目に遭わなくても済んだのかも。
文書偽造は罪だとしても。

家族を失ったステーブラーがいかに苦しんでいるか
もともと未成年者の性犯罪に敏感なステーブラーが
いつも以上に激しく反応、ブチ切れていました。
さすがに自分でもやり過ぎたと反省、今度はやる気を失っています。
ステーブラーが子供たちを恋しがっていることを察したベンソンが連絡。
子供たちは4人揃ってサプライズを用意してくれました。
みんなパパが大好きなんだもん。
もう一度やり直せないのかな。
でもステーブラーがキャシーとゆっくり話す時間が取れそうにないのが
現状なのかもしれないけれど。

Desperate Housewives S5-#9 「闇を照らす光」

クラブの火事で負傷者多数。
命を失った人は精神科医だけではなく
本当に巻き添えを食ってしまった人が何人もいました。
デイヴの心痛は本物?かなりシリアスな表情です。
でもマイクを救ったことでヒーロー状態なんですよね。
刑事たちが事情聴取に来ましたが、もちろん真実は語れません。
原因に興味を示す程度に聴取に応じていましたが
放火事件では現場の一番近くにいる人が犯人の可能性大!
と刑事が理解していれば、十分デイヴは容疑者なんですけど
ここの刑事にプロファイリングはできるのか?
倉庫の遺体の損傷がひどくて身元判断が難しそうですが
ここにはボーンズも来てくれないだろうし
デイヴはラッキーかな?

キャサリンはしっかりマイクのお見舞いに来ましたが
まだ二人のことは秘密のまま。
スーザンに話すチャンスを逃しています。
ところがスーザンがお見舞いに来て
差し入れのクッキーに素早く反応。
マイクは一生懸命はぐらかしてますが、スーザンはしつこく追求します。
自分がジャクソンと幸せだったら、マイクが誰と幸せになってもいいのに。
スーザンは特に自分の知り合いとマイクが親しくなるのが嫌みたい。
残念でした。
スーザンはキャサリンの家で、病室にあったものと同じクッキーを食べて事実を確認。
しかもブリーがすでに知っていたことが許せませんでした。
ブリーにどうして話してくれなかったのか、本音トークしてほしいと意見すると
ブリーはマジで本音トークを返してくれました。
これぞブリーじゃないですか!
スーザンはキャサリンとマイクの幸せを受け入れることにします。
ちょっと微妙な空気が流れてたけど、キャサリンの毒気はすっかり薄れてしまいましたね。
おかげさまで?マイクは幸せになれるでしょう。
デイヴの企みが何かあるはずですけど。
妙に腰の低いデイヴ、何を考えているのか怖いです。

火事でラッキーだったのがカルロス。
以前の事故で骨の破片が視神経を痛めていたことがわかり
手術で視力が回復する可能性が見えてきました。
でもガブリエルは自分の変わり果てた姿を見てもらいたくありません。

オーソンは鼻の骨を折り、急に高いびきをかくようになってしまいました。
あまりの強烈ないびきにブリーは不眠症になり、睡眠薬を服用。
気を利かせたオーソンもブリーに睡眠薬入りお茶を用意し
起きなくてはいけないときにブリーはそのお茶を飲んだため
本の宣伝&実演ショーで醜態をさらしてしまいました。

刑事たちは一応まじめに事情聴取したようで
火事が起きる直前、ポーターがウォーレンを殺してやると脅していたという情報をつかみます。
刑事たちがスカーボ家に真偽を確認に来たので、もちろんリネットは否定します。
でももしかしたらという不安がよぎります。
アンが退院することになり、自宅に帰るというので
それは危険だし子供のことを心配して
リネットはまとまった金を渡して、一人でこの町から立ち去るよう頼みます。
アンはリネットの申し出を受けますが、子供のことは嘘だとつぶやきます。
そうだったのか!
ってことはポーターとリネットは見事にアンに利用されたってわけ?
お母さんが自分の息子と同世代の子に夢中になるなんて、やっぱりあり得ないもん。
悪女アン、さすがでした。
ここでMentalist冒頭がよみがえったりして(笑)

ポーターは自分はやっていないとリネットに話し
リネットも息子を信じます。
でも容疑者ポーターの噂をイーディが聞きつけデイヴに報告。
これは十分利用できるじゃないですか。
デイヴは刑事たちに新事実を伝えます。

こうしてポーターが容疑者になってしまうんですね。
こういうときはライトマン博士に表情を読んでもらい
誰が嘘をついているかチェックしてもらわなくては
嘘つきだらけのウィステリア通りなので、博士も苦労すると思います(笑)

Samurai Girl #5 「Book of the Shadow:Part.1 」

ドラマを語る前に
ユニバーサルチャンネルのサイトが意味不明で困ります。
エピソードガイドもないし。
番組表を開けて、more informationをクリックしたらますます訳が分からず
書いてあることが日本語になってないんだもん。
他の局を見習って、必要最低部分の情報は与えていただきたいものです。
動画はいらないから。
Sci-fi時代の方がまだよかった気がする。

突っ込んでもツッコミ足りないサムライガール。
へヴンの運命を握る大事な鏡が山の山頂の神社に納められているようで
では取りに行きましょうとへヴンとジェイク、セヴリンの3人が山に登るんですが
ものすごい絶壁をクライミングしていくので
何故こんな山の頂上に神社を建てられるのかなと素朴に疑問でした。
3人を吊るしているカムが重さに耐えられなくなり
へヴンは片方を切って落とし、片方を救うという究極の選択に迫られました。
へヴンはあっさりジェイクの綱を切り落とします。
命を救ってくれた男より怪しげなイギリス人を救うか??
鏡をいただくにはそのチョイスしかなかったのかもしれないけど
ジェイクはまっさかさまに転落していきました。
そして二人は頂上にたどり着くと…

なぜか鳥居が二つ並んでる。
その後ろに涅槃の釈迦が!
あり得ない!!
いつから鳥居の先がタイになっちゃったんでしょ。
ちなみに神社の建物はどこにもなし。嘘つき。
とにかくもう少し日本文化を学んでから脚本を作っていただきたいものです。
しかも釈迦の胴体が二つに割れて、そこからでかい水晶の原石みたいなものが出てきました。
これが鏡かい?
すると佐藤と部下たちが待ち構えていて、突如バトル開始。
佐藤たちは車でここまで乗り付けていたんだよね。
なんで道があるのにロック・クライミングしなきゃならないのかな?
ふざけ過ぎです。
しかも救援ヘリまで飛ばせるんだし。

そのころ墜落ジェイクは佐藤の部下に発見され
突如目覚めて部下をやっつけてしまいます。
不死身のジェイクはやっぱり宇宙人でした!
スーパーヒーローの復活か??
鏡を奪われジェイクも失いボロボロ状態のへヴンでしたが
ジェイクが奇跡の生還をしてくれたので大感動です。
でもジェイクはへヴンよりも元婚約者のカレンの方が大事みたい。
へヴンには彼女に会って恋に落ちたけど
あまりの急激な展開で時間をおきたいから、今は一人でいたいと言いながら
カレンとは完全に寄りが戻ってる感じです。
スーパーヒーローは気配りが足りないようです。

カレンがいないときにシェリルは彼女のパスポートをチェックし
本名がカレンでないことや、日本ではなくアフリカに行ってたことなどを知ってしまうのですが
カレンが怪しいとはジェイクの前で言うことができず。
でもカレンはコーゴの送りこんだスパイだったんだよね。
カレンはジェイク達にくっついて佐藤に近づく女スパイチェックに参加。
へヴンの邪魔をした後ジェイクに頼まれて佐藤を預かりますが
ジェイクがいなくなった隙に刺し殺してしまいます。
とんでもない悪女だったんですけど、ジェイクは全然気が付いていません。
スーパーヒーローはやっぱり空気が読めない宇宙人でした。

次回がファイナル。
へヴンとカレンのバトルで終わるのかな。
そしてへヴンは父を倒すのでしょうか。
へヴンが鏡に映った映像のことで嘘をついて
コーゴをサハリンに送り込んでしまいましたが
突然サハリンというのも強烈でした。
この訳のわからなさをもう少し期待したいと思います。

Day Break #1「Pilot」

Sci-fiチャンネルがユニバーサルに変わってから、Sci-fi度が薄れた感じもするけど
このドラマは一応iSci-fi。
でも最近AXNミステリーもSci-fi度高いからね、
なんだかよくわからなくなってきました。

LAの刑事ホッパーが観に覚えのない検事穂殺しの容疑をかけられ
無実を証明しようとするけれどどんどん罠にはまり痛めつけられる。
そこで目が覚めたホッパーは夢だったことにほっとするが
また同じシチュエーションが見えてくる。
今度は罠にはまらないように早めに手を打っていくんだけど
結局途中経過は違ってもまた捕まって同じように痛い目に遭わされ…
再び目が覚めたら1話目おしまい。
まさかその先進展もなく13話分のやり直しはないと思うけれど
一体どんな結末になるのか、今から心配になってきました。
LOMが夢オチだっただけになおさらです。

それよりキャストが知ってる顔ばかり。
Private Practiceを観ていなかったのでホッパーは詳しくないんですけど
ホッパーの恋人リタはJourneymanのリヴィア。
ホッパーの職場のパートナーのアンドレアはMutantXのシャリマー。
ホッパーの妹ジェニファーはCriminal Mindのジョーダン・トッド。
ジェニファーの夫のもしかしたら暴力亭主はYRのノア
(YR組では彼が一番活躍してる?)
リタの元夫でホッパーとエレベーターでバトルしてたのがChuckのケイシー。
そのボスがあの有名なスキナー捜査官だし
弁護士さんの顔もついこの間どこかで観た気がする。
そして最終的に脅しのボスとして君臨しているのが
各種ドラマで凄味を聞かせてるJonathan Banks。
すごいキャスティングだよね。
絶対役名覚えられないので、慣れ親しんだ名前で呼ぶことになりそうです。

Life on Mars #17 「漂浪の果て」

オリジナルよりエピソード数が一話多く、終わり方も違うと聞いていたので
どのように締めくくるのかすごく気になっていましたが
意外なところをつかれてビックリ?
すべて夢オチで片付けるか…
でもこれもまた面白いかなって思いました。
少なくともDavid Bowieには敬意を払ってるし。

冒頭いきなりサムが2009年の世界で目覚めたので
ここでいきなり現在へ戻ったかと驚かされました。
でも同じ場所にヴィックと幼いサムがいるので、これは嘘。
サムの見た夢でした。
サムは署で謎の男(フランクだとバレバレだけど)から電話で
現在へ帰るためには3つの条件をクリアしなければならないと伝えられます。
まず第1の条件は自分を救うこと。
すると間もなくローズが署に来て
ヴィックはサミーを連れ去ったと助けを求めます。
ローズは相変わらずサムをスカイウォーカー刑事と呼んでますが
みんなはそのあたりはよく理解せず。

サムとジーンがローズの家に行くと
待ち構えていたヴィックの部下がジーンを捕らえ
サムはヴィックと激しいバトルになりました。
またしても悪党ヴィック登場。
ひさびさにライアン化したDeanを観ると気分がすっきりします。
最近OZの人達、みんなお上品になっちゃいましたから。
やっぱりDeanはこうでなきゃ。
ついでに恋愛関係にあるネイサン先生とモラレス(笑)のところに送り込みたい気もしますが
とにかく強いヴィック。
サムが伸びてる間にサミーを連れ出してしまいました。

ヴィックとサミーはどこへ行ったのか。
アニーがローズを尋問すると
ローズはサムを自分の息子のように感じるときがあると告白します。
アニーはローズの話からサミーたちはハイドへ行ったことを確信します。
ハイドはローズがサムを身ごもった場所でした。

ローズからサミーに渡してほしいと預かったおもちゃのロケットで
サムは手錠を外します。
そして二人を探しにハイドの街へ。
人影のないハイドの街は不思議な感じ。
すると電話で二番目の条件が「伏せろ!」
またサムは命を狙われました。
船に逃げ込んだヴィックをサムが追い詰めますが
再度激しいバトルが展開されます。
そこにジーンたちが到着し、ヴィックは射殺されます。
サミーはローズに引き渡されます。

サムは少しずつみんなに自分の本来の姿を語り始めますが
どこまで信じてもらえるのやら。
そしてウェンディに励まされ、サムはアニーを愛していることを伝えます。
常に帰ることを考えていたサムが
今の居場所に落ち着きを感じられるようになってきました。
愛する人も、家族のような同僚もいる。
これはこれでいいじゃないですか。
だから3つ目の条件をあえて聞こうとする気持ちは薄れていました。
アニーは女刑事に昇格(これはオリジナルでも一緒でした)
ジーンが自分の告白をどこまで信じてくれたかわからないけれど
とにかく家族であることを納得したときに

急にサムの脳内でものすごい勢いで時間が逆回転し
事故でこん睡状態になっていてついに目覚めたのかと思ったら様子が変。
カプセルから出てきたサムは宇宙服を着ています。
レイもクリスもアニーも宇宙飛行士。
目指す先は火星です。
だからLife pn Marsなんだ。
そしてちょっと過去へ時空を超えて飛んで行ったわけ?
やがてジーンも目覚め、フランクからの交信を聞きながら
いきなり将来の宇宙での生活が始まるのでした。

本当に想像もつかないぶっ飛んだ終わり方。
これでは続編女刑事は作れませんね。
続編はまさに火星での生活を描かなければならないし。
ついオリジナルと比べながら観てしまいましたが
アメリカ版らしく知っている人が多数出ていたし
音楽の使い方も秀逸で、しっかり楽しませてもらいました。
エンディングはElton Johnでしたね。
彼の楽曲もこの時代に必須ですから。

オープニングの現在のサムの部屋で流れていたLife is a Rock。
知らない曲だったんですが面白いと思って
プロも映像をチェック。
歌詞が見事に映像化されていて感激しました。
LOMの集大成にぴったりです。


Without a Trace S5-13 「食欲の闇」

チリを6リットル食べる大食い選手権で優勝し
賞金5000ドルを獲得したバリーが失踪。

また出た大食い選手権。
しかも巨大なボウルに入ったチリを手づかみで口の中に流し込む
どう見ても美しくない光景です。
そしてあちこちで大食い選手権が開催されているようで
これって日本の某テレビ局のもたらした悪影響が全米に蔓延してるってこと?
個人的にはサムに同感で、チャレンジャーは食べ物を正しく消化するからいいにしても
その大量の食べ物を食糧不足の人達に分けてあげるくらいの
心配りがあってもいいのかなと思います。
だいたいあんなに一度に大量に食べて体にいいわけないし。
そしてまたどこかの選手権では痩せた日本人が優勝してたそうです。
やっぱり日本の悪影響だ!

しかし大食いの習慣が子供のころの暮らしぶりに関係していたというのは
意外な事実で驚きました。
いきなり結論に飛んでしまいますが
バリーと弟のスチュの母は、自宅で客を取って商売をしていました。
その間子供たちは邪魔者扱い。
でも母は不憫に思っていたようで
子供たちに冷蔵庫の中身を自由に食べてことにしていたので
バリーは食べたい時に食べたいものを好きなように食べ
こうして食生活が乱れていったのでした。
彼の体型もそれを物語っているし。
そして大量に食べてしまうバリーの食生活は
明らかに彼の体をむしばんでいました。

なかなか自分をアピールできず、恋することもできなかったバリーですが
レポーターのヴァレリーには本音を話すことができました。
ヴァレリーに気持ちを伝えたいと思ったバリーは
娼婦のアイヴィーにアドバイスをもらいます。
そしてアイヴィーが借金に追われれば
自分が選手権で勝ち賞金を得て
アイヴィーを助けてあげたのです。
ところがまた子供の頃
母が自宅で男性と寝ている姿を見てしまったスチュは
バリーが娼婦と付き合うなんて信じられない。
兄を咎めようとして殴ったら気絶してしまったので
そのまま兄を隠しに行った…
この兄弟関係も異常に思えます。
やっぱり健全な家庭での子育てが大事だよ!
そう思ったところで…

ダニーとエレナは仕事以前の知り合い。
というかエレナの元夫カルロスがダニーの友人だったんですね。
世の中狭すぎ。
そしてエレナとカルロスは子供の親権をめぐって争っているところ。
最初ダニーは友人のよしみでカルロスを助けるつもりでしたが
やはりエレナへの思いが強く、エレナの肩を持ちます。
そして今シーズン最初に複線が貼られていた通り
二人の関係は一歩前進。
全くどこかで誰かが職場恋愛していないとダメな人たちなので(泣)
ボスのように破局してもごちゃごちゃ未練がましく言わないようにしてくださいませ。
そして職場恋愛とは無縁のヴィヴがやっぱり素敵。
今週も完璧な仕事ぶりでした。