INDEX    RSS    ADMIN

Desperate Housewives S6-#4 「歪んだ虚像」

ブリーはまだこっそりカールと不倫中。
こっそり仕事を抜け出さねばならず
その間はキャサリンがせっせとフォローしてくれました。
でもキャサリンの元気は
まだ自分がマイクに愛されていると信じているから。
ブリーは現実に目を向けるように促しますが
キャサリンは夢物語を信じているようです。
そしてキャサリンがマイクとの結婚式で
披露する予定だったウェディングケーキのデザインを
ブリーが拝借して出してしまったので
キャサリンはブチ切れます。
ブリーはキャサリンを許すことにして
お互いの友情を確かめ合ったのに
やっぱりキャサリンは現実に戻れないみたい。
ブリーはキャサリンとの仕事のパートナーシップを
解消することにします。

ガブリエルはアナがジョンに大切にされている様子を見て
なんだか落ち着きません。
しかもアナはジョンに惚れちゃってるようです。
絶対ジョンはダメ!と釘をさすのですが
アナの持ってたコンドームの束に心配になったガブリエルは
ジョンに直談判に行きます。
ところがジョンの目的はガブリエル自身。
アナを通してガブリエルが嫉妬する姿を喜んでいました。
まだジョンはその気だったんだ。
危うくジョンに誘惑されたガブリエルの姿を
アナが見てしまいました。
ガブリエルは帰宅してから
仕方なくアナにジョンとの過去を話します。
でもアナはすでに知っていました。
今がガブリエルが愛しているのは
カルロスと子供たちとの生活だとよくわかったアナは
カルロスに「バイトを辞める。」と言って
ガブリエルをフォローします。

妊娠のせいで胸が大きくなったリネットが
仕方なく胸を誇張した服を着ていたら
カルロスは豊胸手術をしたと勘違い。
その胸を武器にクライアントをゲットせよと
セクハラ発言をしてきますが
真実を話せないリネットは素直に従います。
いつまで妊娠を隠し通せるのか。
実は巨乳好きのトムが
どうしてリネットに惚れたのか。
完璧ではない自分だから
完璧ではないリネットがよかったんだって。
トムらしい愛情表現が素敵でした。

ジュリーのお見舞いに来たアンドリューが
スーザンにジュリーが医学部を中退して
ウェイトレスをやっていたことや
妻帯者と不倫していたことなどを打ち明けます。
何も知らなかったスーザンは大ショックを受けます。
するとジュリーの意識が戻り
事件を覚えていないジュリーを刺激しては行けないと言われていたのに
スーザンはついあれこれ詮索を始めるから
ジュリーは怒ってスーザンを遠ざけようとします。
スーザンってどうして学ばないんだろう。
確かに父親の浮気で
家庭が壊れていく様子を
ジュリーはよくわかっていたはずなのに。
スーザンの言い分もわかるけど
でもいつも強引なんだよね。

アンジーの背中の傷は爆発事故に因るものらしい。
あえて傷を治さないのも訳がありそうです。
ジュリー暴行容疑が持ち上がってから
友達が全くできないダニーのために
アンジーはポーターを買収して
自宅でパーティーを開くことにします。
だがニックが若い子たちに声をかけている姿に
アンジーが敏感に反応。
そのあとでニックは
ジュリーの病院に姿を見せます。
もしかしてジュリーの不倫相手って???
また人間関係が複雑になってきそう。
スポンサーサイト

Law&Order SVU S8-#13 「Loophole」

SVUに少年が封筒を届けに来るが、PCP中毒で暴れる男とぶつかり倒れる。封筒には児童ポルノと思われる男児の写真とメモリーカードが「この変態野郎を逮捕してくれ。」というメモとともに入れられていた。少年はフードをかぶった男に50ドル渡され、SVUに届けるよう頼まれたと話す。
メモリーカードのデータは消去されていたが技術支援部で復元したところ、アパートのドアを取り換える写真が入っていた。ガラスに反射して写っていたパン屋の車のルートをたどり、フィンとベンソンはドアを取り換えたアパートにたどり着く。するとフードをかぶった男が出てきて、家宅侵入の件で調べに来たのかと尋ねた。
アパートは今月になって3回も侵入の被害に遭い、一昨日は管理人のミルステッドの部屋が荒らされたと男は話すが、ミルステッドに問いただすと侵入はなく、ミルステッドは鍵を持たずに外に出てしまったためにバールで ドアをこじ開け、修理よりドアを取り換えてしまう方が楽なのでドアを交換したと説明する。そのときフィンはミルステッドの部屋で男児を撮った機種と同じデジカメを見つける。ミルステッドがドアの設置写真を撮っていたのは、安全義務違反をしていないことを市に証明するためだった。
男児は同じアパートに住むディエゴ・ベニテスだった。ベンソンが母親のジェニファーに知らせると、ジェニファーは息子を守ると言いながら動揺していた。一昨日の911通報のテープを分析したところ、通報したのはフードをかぶった男レイモンドだとわかる。レイモンドはヘロイン所持の前科があり、彼が越してきてから侵入事件が相次いでいた。レイモンドが盗んだ金でヘロインを購入しているとも考えられた。レイモンドはミルステッドが男児の下着姿の写真を撮っていたと供述する。ミルステッドは児童ポルノに関与した罪で逮捕される。
ベンソンはディエゴに会いに行き、ミルステッドに何をされたか聞き出そうとする。だがディエゴの記憶はあいまいで、そのうち気を失ってしまう。ジェニファーも倒れベンソンもめまいを起こす。ベンソンは窓を 叩き割って換気を始めるとジェニファーとディエゴを外に出し、アパートの住民に避難するよう呼び掛ける。ベンソンらは毒性の蒸気を吸っていた。危険物処理班がアパートを調べ、地下に有機リン化合物の入ったタンクが置かれているのを見つける。 薬物はヒーターに吹き付けられ、熱で揮発するようになっていた。ベンソンが病院で検査を受けると、有機リン化合物を吸い込んでいたことが判明する。ジェニファーは自分たちを救い出してくれたベンソンに感謝するが、検査の結果ディエゴから血液のガンが見つかる。
SVUがライカーズに収監されたミルステッドに事情聴取に行くと、ミルステッドは囚人たちに襲われ刺殺された後だった。ミルステッドの部屋を捜索すると、床下からビデオテープが20本ほど出てくる。 ビデオにはディエゴを含め3人の子供たちが、ミルステッドの質問に答える様子が録画されていた。ミルステッドは化学会社の農薬開発に伴う、子供たちを使った観察テストに協力していたのだった。
ベンソンがジェニファーを問い詰めると、ジェニファーはダンフォース化学会社が作成した書類にサインし、ディエゴを実験に参加させていたことを明かす。 ベンソンはダンフォース社のCEOのハンリーに会おうとするが、弁護士のチャーリーに阻止される。会社を訴えるには、ディエゴのリンパ腫の原因が実験で吸い込んだ農薬に因るものだと証明しなければならない。ベンソンはモラレスの手を借りて証拠を入手し、ハンリーに取引きを持ちかけた。

封筒を持った少年がSVUにたどり着いたとき、ステーブラーやフィンは暴れる男を取り押さえるのに一苦労していました。ステーブラーは消火器で男の頭を殴ったものの反逆され、割れたガラスで腕を切ってしまいます。病院に運ばれたステーブラーは腕のしびれが残っており、もう少しで橈骨神経を切断するところだったと診断されます。ステーブラーはすぐにも現場に戻りたかったのですが、休みを取るよう命ぜられます。
ベンソンとフィンが組んで写真の男児を探し始めます。そして男児ディエゴが住んでいるアパートの管理人ミルステッドが、児童ポルノ写真を撮っていたとして連行されます。ベンソンはディエゴに話を聞くためにアパートを訪ねると、ディエゴはベンソンの質問に答えながらぐったりしてきます。ベンソンの意識も遠のき始め、ベンソンは慌てて窓を開けようとしますが開かないので叩き割り、倒れているディエゴとジェニファーを外に出し、他の住民にも避難を指示します。ベンソンらが吸っていたのは有機リン化合物のガスで、危険物処理班がアパートを調べたところ薬物の入ったタンクが見つかります。SVUは地下鉄サリン事件などを引き合いに出しながら、テロを恐れます。
ミルステッドがライカーズで殺され、アパートを捜索するとディエゴを撮影したビデオが見つかります。ミルステッドに3つの単語を話すように言われたディエゴは、なんとか思い出しながら言葉を発していました。質問の様子を見てマンチは、ミルステッドが化学会社の依頼を受けて、開発中の農薬が人体に与える影響を調べる実験を行っていると推理します。ディエゴの写真も、肌の発疹を撮影したものだとわかりました。
ジェニファーはミルステッドにゴキブリ用の殺虫剤を撒くと言われ、2~3か月に100ドルほど報酬を受け取っていました。アパートに住む知的障害をもつ人たちも、よくわからないままに書類にサインをさせられていました。
ベンソンは農薬を開発しているダンフォース化学会社を訴えようとしますが、会社はガードが堅く、弁護士のチャーリーに追い払われてしまいます。ベンソンが何とかしたいと思っているとステーブラーが夜こっそりとSVUに顔を出し、「汚れ試合で相手を負かすには、こちらもドブに入る。」とアドバイスしてベンソンを応援します。ベンソンはモラレスに頼んでダンフォース社内のネットワークに忍び込み、開発中の農薬の名前を探ることにします。モラレスは見つかることを恐れて躊躇しますが、会社のトイレにPCを持ちこみ、時間と戦いながら農薬名を突き止めます。ベンソンとケイシーは、会社を起訴しない代わりにディエゴらの治療費を払うように取引きを持ちかけ、ハンリーらは応じることにしました。

冒頭ステーブラーが大男とバトルしていて面白い!と思ったら
さっさと怪我をして病院送りになってしまいました。
珍しく上半身の脱ぎを観られたけど
そのまま休まれてはつまらない…
最後にこっそり復活して
ベンソンにアドバイスをくれたのが救いだったかな。

自分も有毒ガスの犠牲になりかけたベンソンは
なんとかしてダンフォース社の罪を認めさせようと画策しますが
ここでステーブラーがダーティーなアドバイスを。
早速ベンソンはモラレスを巻き込んで
犯罪行為に走ります。
モラレスは律儀な男なのか小心者なのか…
ともあれ無事に任務を成し遂げました。
そういえば証拠分析係のオハロランは
防護服を着て毒薬捜査を任されていましたね。
専門は危険物処理だったのかな?
みなさん危険なお仕事、ご苦労様でした。

Criminal Minds S5-#14 「仮面の男」

Victor ハマりすぎ!!

サンディエゴのホワイトカラー犯罪課が追っているのが
「ウィリアム」と呼ばれる詐欺師。
色男ウィリアムはマダム達を悩殺。
すっかり騙されたマダムはウィリアムのオイシイ投資話に
ホイホイ金を貢いでしまうのでした。
ウィリアムはあちこちで名前を変えて
ガッツリ儲けていたのですが
だんだん頭が混乱してきて違う名前を出してしまい
相手に疑われてブチ切れて殺人を。
一度殺すとさらに歯車がかみ合わなくなり
ボロを見せてはまた殺すことになってしまいます。

詐欺師ウィリアムを演じるのは
あのセクシーオヤジのVictor Webstar。
新MPに出てたけど活躍の場面がほとんどなく
かなり拍子抜けしましたが今度は大丈夫。
いかにもVoctorだからこそ演じられる
セクシーな詐欺師になりきっています。
しかも活躍場所をマイアミに移し
全米一怪しげな場所、マイアミですからね。
さすがにほっさんもイケメンオヤジには興味がなかったようで
詐欺師を野放しにしてくれました。
そういえばVictorが前にマイアミに出没した時は
爪の汚れたバーテンでした(爆!)

本家White Collarの二ールといい
詐欺師はイケメンでなきゃだめなんですね。
Leverageみたいに集団詐欺師は別だけど。
でもヴィクターの場合
(どうせ本名がわかんないんだからヴィクターにしちゃいます…笑)
助けてくれるピーターはいないし
しかも家族持ち。
嘘に嘘を重ねなければならず
一度ミスったらプッツンしてしまいました。
そこから破滅への一直線は悲しかった。
妻とカモになりかけたマダムは鉢合わせするし。
息子は振り回されるし。

そしてヴィクターを追いかけてるのが
SATCのスティーブってところがまたなんとも切なくて。
セクシーさ皆無だけど、人間味溢れるスティーブに
ミランダは惚れたんだっけ…とふと思いだしてしまいました。
今回もなんだかおどおどしてたスティーブ。
これまたぴったりの役どころでした。
最後にBAUと一緒にヴィクターを囲んだとき
ヴィクターがポケットに手を入れたのを見て
思わず撃ってしまったスティーブ。
正当防衛だと言われてほっとしてましたが
自ら引き金を引かせるように仕組んだヴィクターの
詐欺師としての潔い最期だったんだなと思います。

今回のヴィクターの吹替え声が
山野井さんだったんですね。
それもまたかっこよかった。
クレジットは「犯人」だったけど。


おまけ
セクシーオヤジVictorが
もっとセクシーだったときの画像を貼っておきます♪
目の保養になるかな?
victor1.jpg

victor2.jpg

La Femme Nikita (ニキータ1997)

AXNでのNikitaの放送が6月にスタート。
プレミアを観た時ドラマの面白さに惹かれるより
もう一度La Femme Nikitaを観たい!という思いの方が
強くなっていました。
ニキータのアクションはかっこよかったけど
マイケルがERのレイなのがありえなくて!
マイケルは美しくかつ冷たい存在でなければいけないんですよ。
Roy様こそがマイケルだ!と
これだけは譲れないと思いました。

もう一度PetaとRoy様のニキータが観たい!
今回のプレミアを観て
そう感じた人が多かったのでしょうか。
ファンの思いが通じて
AXNはLa Femme Nikitaを再放送してくれることになりました。
原題は全然違うから問題ないけど
「ニキータ」っていうとややこしくなるからタイトルを変更。
「ニキータ1997」となって登場です。
本国でのスタートが1997年から。
私はブラジルで観ていたので
日本でオンエアされたときより多少早く観ることができました。

セクションでの任務を遂行しつつ
セクションに痛めつけられ、逃れたいけど逃れられないニキータ。
そんなニキータを冷ややかに見ているマイケルが
何とも美しいんだよね。
S1の頃のマイケルはスリムで肌が白くて
任務に応じて変装するために
白いスーツなんかも見事に着こなして
実に美麗でした。
ニキータとマイケルの微妙な関係は
シーズンが続くにつれてどんどんイライラさせられ
それがまたドラマの魅力でもありました。
S4ファイナルでとても中途半端に打ち切られ
納得できない!と怒っていたら
S5の8話分おまけがついて
きちんと話が完結したのはありがたかったですが
その間にマイケルはどんどん育ち?
情けないオヤジ化していたのはショックでした。
やっぱり初期マイケルがよかったな。

英語版で一通り見た後
日本での放映にも間に合い
今度は吹替え版で視聴。
マイケルのぼそぼそ声を
鈴置さんがイメージを大事にしつつ
吹替えてくれたので
全く違和感がありませんでした。
ビデオで録画して
S1のお気に入りエピは
2話ずつで発売されていたDVDで購入しましたが
結局ビデオは観られない状態になってしまったので
自分的にはお蔵入り。
だから今回の再放送は
本当にありがたい話です。

J:COMのオンデマンドでは
一足先に5月から始まるようですが
AXNでは6月からなのかな?
まだ放映予定がよくわかりませんが
帯放送でないことを願います。
週1話だったら保存版を録画しながら
一緒に観られるもん。
またマイケルの美しさに酔いしれよう。
サイトの方にはS1のエピガイだけアップされてますが
とりあえずS1だけオンエアなのかな。
それでもいいです。

こんなに「ニキータ1997」に気合が入ってしまうと
新しいニキータを観忘れそうで心配です。
比較しないようにしないとまずいかも。
でもやっぱりRoy様の勝ちだな。どう考えても!

Glee S2-#8 「Furt」

カート父のバートとフィン母のキャロルが婚約。
カートはとっておきの結婚式を計画します。

ついにバートとキャロルが結ばれる。
カートは大喜びですが、フィンはやはりどこかで引っ掛かっています。
二人が結婚すればカートと兄弟に。
以前のような嫌悪感は薄れたけれど
兄弟になるのは難しいことです。

そんなカートは相変わらずカロフスキーにいじめられ
恐怖におびえています。
レイチェルは彼女がいる男の子たちで
カロフスキーをやっつけることを提案。
サムもマイクもアーティも精一杯立ち向かったのですが
フィンだけはその場にいませんでした。
まだ校長代理のスー先生は
いじめの問題を深刻にとらえ
カロフスキーに停学を命じます。

結婚式の演出は最高。
グリー部の歌が式を盛り上げてくれました。
バートとキャロルのスピーチも心がこもっていたし。
そしてフィンはカートの素晴らしさをたたえ
兄弟の誓いを。
フィンとカートで「フート」
それっておならのことだったんですね。
フィンはカートに手を差し伸べ
カートはびっくりしながらも一緒に踊ります。
真の友情が確かめられた瞬間。
最高級のダンスでした。

一方スー先生は自分自身と結婚すると宣言し
突如姿を現した母親があっけに取られます。
かなり風変りな結婚式でしたが
スー先生のブルーの三本線入りドレスも
また個性的でよかった。
複雑な家庭環境だったようですが
お姉さんを大切にするスー先生の優しさも
素敵ですね。

フィンとカートの兄弟の結束が堅くなったところで
またカロフスキーが投稿してきたらいじめられると
カートは不安を訴え始めます。
そしてついに転校を決意。
ワーブラーズの一員となって
ニューダイレクションズのライバルになるんだ…
あまりにも衝撃的な決意に
みんなは言葉もありません。
どうなってしまうんでしょう。

この先カートの加わった
ワーブラーズの歌が楽しめるのは嬉しいです。
早速CDもリリースされたし。
でもカロフスキーにとっては
これは解決方法にならない気がします。
彼がカートをいじめたことはもちろん大きな問題ですが
肝心の「殺してやる。」の前置き部分を
カートはまだ語っていないし
カロフスキーにだって悩みはあるんだよね。
どこかで彼に救いの手を差し伸べてほしい。
その日が早く来ることを待っています。

今回の楽曲の中の"Marry you"と"Just the Way You Are"
Bruno Marsって全く知らない人だったんですが
素晴らしいソングライターだなと感動。
和み系って言われてるんですね。
Gleeを通して旬の音楽に出会えるのも嬉しいこと。
CDを買ってみようかなと思っています。

Brothers&Sisters S4-#21 「予言が示すもの」

ミッシェルの妊娠がわかるまで
どうも落ち着かないケヴィンとスコッティ。
新聞広告で霊能者を見つけて
二人の将来を予言してもらうことにしました。
スコッティがずいぶんヒントを与えてしまった気もするけど
霊能者が語ったのは
身近な人の旅、大きくて黒い雲、煙、新しい命の4つ。
新しい命は期待できそうですが
他はどうとらえていいものやら?

ノラとソールは連絡を受けて
交通事故で病院に運ばれたアイダを見舞いに行きます。
足の怪我はたいしたことなさそうですが
アイダの認知症がかなり進んでいる感じ。
ノラはアイダを自宅に生きとりますが
今までもうまくいっていない親子関係は
やっぱり改善されそうにありません。
しかもアイダは20年前に死んだ犬のビンゴのことを
ちっとも理解していないようです。
ノラはアイダを置いて買い物へ行ったら
留守中にキッチンから火が出てぼや騒ぎとなりました。
ケヴィン達の予言は的中です。

ルークがいよいよフランスに帰ることになり
サラはちっとも落ち着きません。
しかも生理が遅れてる。
もしや妊娠と不安を感じますが
それをルークに伝えられません。
アイダを招いてのファミリーディナーの席を
こっそり抜け出したサラはキティと相談
それをケヴィンが効きだして
結局心配事はルークはばれてしまいます。
でもルークは家族の誕生を歓迎していました。
子供は二人の間をつなぎとめる力を持っている。
遠距離恋愛に不安を感じる中
検査キットで調べたら結果は陰性でした。
新しい命はサラではありませんでした。

ロバートが新しい職務の面接で落ちたことに対し
キティは疑問を抱きますが
ロバートは詳しく語ろうとしません。
キティが追及している間に
ロバートは懸念していた職務を受けることにします。
アンスポー部長(違う名前のはずだけどまあいいや)は
一体何をロバートに任せたのでしょう。

レベッカが新居を持つことを夢見る一方
ジャスティンは戦友がアフガニスタンで戦死したことを知り
また戦地に思いをはせています。

そろそろルークの出発の時がきましたが
ルークに嬉しい知らせが届きます。
ルークはグリーンカードを入手できました。
これでずっとサラと一緒です。
旅をするのはルークではなさそう。
アイダは自ら施設に入ることを希望します。
言ってるkろとは支離滅裂ですが
娘をよく理解し感謝の気持ちを示していたのは
わかっている証拠かな。
そして新しい命は
めでたくケヴィンとスコッティのところにやってきました。
よかったね、
でもクローゼットの中の軍服をじっと見ている
ジャスティンが気になります。
何かしたいと思う気持ちはわかるけど
今はレベッカがいるんだし、
よく考えて欲しいな。

Deaperate Housewives S5-#3 「残酷な誤解」

ダニーは事情聴取されただけで戻ってきて
おまけにボブが弁護士についてるから
スーザンはまたもや怒り爆発。
ダニーを完璧に犯人と思い込み
友達の車を直すために車の下にもぐっていたダニーを
もう少しで潰そうとしてきました。
さすがにアンジーが見つけてストップをかけたけど
ダニーの悪評は広まっていきます。
でも監視カメラの映像チェックでダニーのアリバイが確認され
ダニーの容疑が晴れました。
ここでスーザンは激しく後悔。
お得意の誤解はいつものことですけど。
そして庭中にゴミを散らかされたボーレン家の
ゴミ拾いをスーザンは進んで手伝うのでした。
まだ明かされないボーレン家の秘密。
一体今まで何があったのか
いずれ明らかになるのかな?

カールとブリーのモーテルでの密会は進行中。
でもまさかパーティー会場で顔を合わせるとは
しかもブリーはオーソンと
カールはどこかから連れてきた女の子と一緒。
しかもその子がオーソンの元患者だったので
変な盛り上がりになってしまいました。
カールがパーティーをそこそこに引き上げ
女の子をモーテルに連れていくつもりらしいので
ブリーはイライラし始めますが
オーソンはそれが自分への嫉妬だと思い込んでしまいます。
だからブリーのオイル攻撃も温かく受け入れ
これもまたとんでもない誤解だよね。
ブリーはカールのべガス旅行についていく気になってしまいました。

リネットは子供たちに妊娠のことを告げたら
軽蔑のまなざしで睨まれてしまいます。
次はカルロスに話す番だけど
カルロスから先に昇進話を聞かされてタイミングを逸し
そのまま妊娠を隠してお得意さんと食事。
ワインを代わりに飲んでくれたトムが
べろべろに酔っ払ってしまいました。
いったいいつまで隠し通せるのでしょう。

お洒落とは縁遠くなったガブリエルが
家族とレストランで食事をしていたら
そこのオーナーがジョンだったのでビックリ。
さらにアナがジョンの店でバイトをすると言い出し
ジョンをめぐってガブリエルとカルロスの間で
緊張感が走ります。
でも今はいい思い出ってことで収まるのでしょうか。

Law&Order SVU S8-#12 「Outsider」

大学生のミンがレイプされたと、寮の友達がミンの大学生活をサポートしているケン・ランデルに報告してくる。ミンはレイプされたことを認めるが、警察に通報すると寮中に知れ渡ってしまうので黙っていて欲しいとケンに頼む。ケンはフィンに事件を伝え、フィンの事情聴取に対し、ミンは地下鉄のホームで覆面の男に襲われたこと、男に首を締めながらレイプされたこと、「止めろ。」という叫び声が聞こえて、男は立ち去ったことなどを話す。だがミンは供述書を作ることを拒む。
ミンがレイプされているのを目撃し声を上げたのは、レストランの従業員の二人だった。彼らは犯人の似顔絵作成に協力する。ミンは似顔絵を確認し、男がレイプしている間多弁だったとを付け加える。
ミンの事件当日の行動に空白の時間があり、さらに追究していくと、ミンは妹のチャンのためにブルックリン診療所に避妊薬を取りに行っていた。フィンがミンの自宅前でチャンと話していると両親が戻ってきて、娘のレイプについて知った両親は警察の関与を拒み、ミンを寮から自宅に戻して監視を始める。
不動産王の娘で画廊を持つカラ・ボーソンが同じ手口でレイプされる。ミンとカラには共通点がなかた。するとブルックリンSVUのチェスター・レイクが、ブルックリンで起きた3件の殺人事件と同一犯による犯行だとして、カラの事件の詳細を調べに来る。ブルックリンでは看護師、ウェイトレス、教師の3人がレイプされ絞殺されていた。ミンもブルックリンへ行っていたので関連はありそうだが、フィンは殺人とレイプは違うとレイクの捜査協力を拒む。しかし説得されて合同で捜査を始めることにする。
カラの父はカラをイタリアに送りだしていたが、カラの元フィアンセのオリバーがアジア系娼婦が好みだと伝える。オリバーはミンが新入生のとき授業助手を行っており、ミンと面識があった。フィンとレイクがオリバーを尋問していると、新たなレイプ事件が起こる。
被害者のエディの語った犯人の特徴も同様で、犯人はレイプ中ずっとしゃべり続けていた。そして被害者たちは、ブルックリン診療所に勤務していたり、診察を受けていたり、近所に住んでいたりするなど診療所と何らかの関係があることがわかる。フィンとレイクは診察所の創立者で産婦人科医のランケシュ・シャヌーアを逮捕する。シャヌーアの尋問が始まるとすぐに娘のデビが弁護士として父の弁護につく。またミンやエディが面通しに呼ばれるが、シャヌーアを犯人と確認できなかった。フィンとレイクは情報収集を続ける。
病院の清掃係ヘンリーはシャヌークに怒鳴られていた。オフィスからスクラップブックが見つかり、中には今回のレイプや殺人に関する記事がスクラップされていた。シャヌーアはスクラップブックは息子のヘンリーのものであることを認める。シャヌーアの娘たちは医者や弁護士になっていたが、ヘンリーは落ちこぼれ、一家の恥だとシャヌーアは説明する。
ヘンリーはモントリオール行きのバスのチケットを購入し逃亡しようとしたが、発見され逮捕される。法廷では母親がヘンリーに注射してもらうことを望んだため、ヘンリーはパスポートを没収され自宅監禁される。だがヘンリーは監視装置を切断して逃走し、マスコミに国外逃亡をほのめかすと隠れ家で人質を取って立てこもる。レイクがヘンリーを説得する間にフィンがヘンリーを撃ち、ヘンリーは逮捕される。

ケンが自分が支援している女子大生のミンがレイプされたことを知って、父のフィンに捜査を依頼しに来ます。フィンはレイプ事件の場合被害者が詳細を話すことを拒めば捜査は難しいことをケンに伝え、ケンはミンを説得しようとしますが両親が警察の関与を拒んだため捜査が難しくなってきます。だが同一犯の犯行と思われる2度目のレイプ事件が起き、ブルックリンSVUのチェスター・レイクがブルックリンで起きた3件のレイプ殺人事件との関連性を調べに来ます。レイクが自分の勘を信じると言いながら、マンハッタンでは被害者が殺されていないのに同一犯だと決めつけることにフィンは嫌悪感を抱きますが、レイクの捜査協力の申し出に対し、48時間で同一犯だと証明するという条件付きで承諾します。
事件を調べていくうちに3件目のレイプ事件が起こり、最初挙げた容疑者は事件と無関係だったことがわかります。そして被害者がみなブルックリン診療所に関わっていることが判明し、診療所の創立者のシャヌーアが逮捕されます。シャヌーアの娘たちは高学歴で医者や弁護士として活躍していますが、息子のヘンリーは落ちこぼれ、病院で清掃員として働いていました。家族に泥を塗った、一家の恥と言われたヘンリーは、父に愛されることがなかったと母は証言し、息子を守ろうとします。だがヘンリーは自分を無能扱いした父を否定し無視し続けていたと証言、自分は最高だと名声欲を顕わにします。ヘンリーは女性の首を絞めることに快感を覚え、殺害する気はありませんでしたが、力の加減が分からずに初めはレイプした女性を殺してしまっていました。
母の頼みで自宅監禁が認められたヘンリーですが、国外逃亡を企てようとします。フィンとレイクに追われたヘンリーは人質を取って立てこもったものの逮捕されます。パトカーが現場に向かってくる様子に、ヘンリーは満足していました。
急遽パートナーを組んだフィンとレイクですが、マンハッタンとブルックリンでの事件への関与等の違いか、ぶつかり合う場面も見られます。だが最後は協力し合って犯人逮捕にこぎつけました。チェスター・レイクを演じるのはAdam Beach。レイクは今シーズンのファイナルに再度登場した後S9で1シーズンレギュラー入りを果たします。再びフィンとパートナーを組むことになるのか、この先の活躍が楽しみです。ヘンリーを演じているKal PennはHarold&KumarシリーズでMeloniと共演、House M.D.にカトナー役で出演しましたが、オバマ大統領の下でホワイトハウスの職員として働くために俳優業を中断。カトナーは衝撃的な最期を遂げることになってしまいました。

S9のレギュラーメンバーのチェスター・レイクのお披露目エピ。
誰かの代わりではなくレギュラーが一人増えるだけですが
ドラマも長く続くと新しい風を吹かせたくなるのかな?
デニとはまた違ったキャラクターで
なかなかいい味を出してるなと思います。
Adam Beach好きだし♪
それで彼のイメージって
TWのカルロス兄なんですよね。
とてもしみじみさせられたエピだったので
いつまでもお兄さんに思えてしまいます。
レイクはこのままフィンとパートナーを組むのかな。
そうなるとマンチはどうなっちゃうんだろう。
パートナーシップがしっかりしているSVUだけに
なんだか心配になってきます。

ついでに今回はステーブラーもベンソンも超地味。
せっかく一緒に頑張っていく決意を固めたところだったのに?
実際にはのんびりすることも大切だと思いますが。
ケンとフィンの親子関係はうまくいっているようで
それはほっとしました。

Dr.Houseで悲しい最期を遂げたカトナーですが
こんなところで悪事を働いていました。
日本でも是非おバカ映画「Harold&Kumar」シリーズを公開していただきたい。
ぶっ飛びMeloniを堪能できますので(笑)

日経エンタテインメント!海外ドラマスペシャル 2011夏号

日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial 2011[夏]号 (日経BPムック)日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial 2011[夏]号 (日経BPムック)
(2011/04/11)
日経エンタテインメント!

商品詳細を見る


いつもおまけ映像がたっぷりの
日経エンタテインメントのムックが発売されました。
今回も2枚組DVDの内容がゴージャス。
しかも未見のものが多く
入手した時点でお得感を味わっていました。
まだ全然観てないのに。

気になるパイロット映像は
・HAWAII FIVE-O  The Defenders
二本まとめて5月1日にAXN系でプレミア放送されますが
4月中に観られるのはありがたいことです。
本編でも詳しく紹介。
どちらも気になる作品ですが
アクション系のハワイの方が気楽に観られるかな?
4月中に観るが目標ですが
今も録画してあるドラマで手いっぱいなので
結局5月になってからダラダラ観るのかも.

・V
これって80年代に大ヒットした「V」のリメイクなんですね。
宇宙&不気味君が超苦手な私ですが
なぜか当時「V」にハマってせっせとビデオをレンタルしていました。
どうして平気で観ることができたのか不思議。
あの頃は他に観るドラマがなかったからなのかな?
とにかく面白かったのは確かです。
その後自分の好みがはっきりしてきてしまったので
多分新「V」はパスだと思うけど
パイロットだけチェックしてみましょうか。

・SEXとアートと美しき男たち (Desperate Romantics) 
BBC製作のなんともタイトルが気になるドラマ。
19世紀中ごろのイギリスの画壇で活躍する
画家たちと仲間が主人公のドラマだそうで
タイトル通りSATCやMistressesの男性版なんだそうです。
美しき男たちのドロドロな恋愛模様が展開する??
でもストレートな人たちなんだよね。
と余計な萌えに走らないようにけん制しておきますが
目の保養になるのはありがたいことです。
本放送は7月からLaLaで。
6話で終わってしまうのはもったいないかも。

あとは全部パイロットは一応観たドラマでした。
救命医ハンクが原題「ロイヤル・ペインズ」に変わっているのは
どうしてなのかな?

いきなりDVDの説明から始めてしまいましたが
本編も前半はDVDに収められた作品の解説。
そのあと人気シリーズの解説が続きます。
そして本国で人気の作品が紹介され
L&O LAも人気作品ってことになってるけど
大丈夫なのかな?
俳優ギャラランキングという
これも人気のバロメーター?なランキングでは
ほっさんが勝ち誇ったようにランクインしてますが
それよりMeloniの方が稼いでるんだよ!
なのにMeloniの写真がないのはなぜ?
これは大いに不満を述べたいところです。

最後は今や絶好調のGleeで締めくくり。
しかしどんなドラマでもDVDで観られるようになりましたね。
OZの時代がいかに中途半端だったか。
今更悔やんでも仕方ないけどやっぱり悔しいです。

Criminal Minds S5-#13 「リスキーゲーム」

ワイオミング州の同じ高校の生徒たちが
4人も首つり自殺したことをJJが不審に思い
BAUが自殺ではなく不審死ということで捜査を開始します。

彼らのパソコンを調べているうちに
彼らは「窒息ゲーム」のコンテストにチャレンジして
犠牲になっていたことがわかります。
どうしてこんな危険な遊びに手を染めるのか
次の被害者が出ないように
リード君が高校に出向いて窒息ゲームの危険性を説いていたら
ゴスファッションのクリストファーが反抗的態度を取ってきます。
でも彼の首輪は、首を絞めた跡のカムフラージュ用でした。

ゲームの主催者と思われるクリストファー。
尋問になかなか口を割ろうろしません。
ゴスでパソコンオタクから話を聞き出すならガルシアが適任と
今回パソコン分析のために皆と一緒に現場に飛んできたガルシアが
尋問を任されてしまいました。
最初はおどおどするガルシア。
でもいつの間にか意気投合していて
なんだか楽しそうでした。
するとそこへクリストファー父が弁護士をつけてきたので
尋問はストップしてしまいます。

クリストファーの父ウィルは
地元の消防局員でした。
ウィルは母親が亡くなってから
ゴスファッションになったと説明します。
クリストファーは母親を恋しがり
ガルシアが褒めてくれたピアスを
こっそりガルシアに渡します。
そしてBAUの捜査が進んでいくうちに
窒息ゲームには救命士ウィルが関わっていることがわかります。

B&Sでウォーカー家を離れてから
ジョーは単なる悪人になり下がってしまって悲しいです…
今回も代理ミュンヒハウゼン症候群の父親で
妻や息子を傷つけ、そして蘇生術を試みています。
ウォーカー家の悪影響が強すぎたのか?
そろそろいい人John Pyper-Fergusonを観たいかも。
ミュンヒハウゼン症候群については
SVUに事例が出てきましたが
代理ミュンヒハウゼン症候群は
自分ではなく近親者を傷つけて
周囲の関心を引こうとするんですね。
児童虐待などとも大いにかかわってくるので
きちんと取り組んでいかなければならない問題だと思います。
またSVUの事件になりそう。

JJが姉が自殺していたので
ティーンエイジャーの自殺に敏感だったのですね。
親族をなくすことの辛さ、
でもいずれその人を想って乗り越えていける
Jjの言葉がホッチへの励ましとなっていました。

帰りの飛行機でせっかくプレンティスが
スターパズルをファンタジックな気分で楽しんでいたのに
リード君がさっさと組み立てて現実に引き戻しちゃうんだもん。
可愛くない!
でもそれがリード君らしさなんですけどね。

Human Target S1-#1 「超高速列車の陰謀」

スーパードラマ!TVで始まったアクションドラマ。
ボディーガード兼私立探偵のクリストファー・チャンスが
体を張って依頼人を守る話のようで
まあ気軽に観られるかなと第1話を観てみました。

いきなり爆弾を体に巻いた男がたてこもり。
それがデス妻ポールだったので
本当に怪しく見えましたが
あっさり爆発してしまいます。
一体この先どうなるのだろうと思ったら
今度はサンフランシスコとロスアンゼルスを
3時間で結ぶ超高速特急の初走行で
プロジェクトの中心になったステファニーが
身の危険を感じてチャンスに護衛を依頼しに来ます。

アメリカでも高速鉄道を走らせるのかと思ったら
案の定日本の鉄道関係者も来ていて
チャンスは通訳のふりをして
長々と日本語のセリフをしゃべっていました。
そこだけ副音声で聞いたけど
まあ何とか聞き取れたかな。
だけどこの新幹線もどきがいかにもCGでがっくり。
まあ本物を走らせるわけにはいかないけど
新幹線を見慣れてしまっていると
もっとリアルさを追求したくなります。
ついでにいきなりブレーキの不具合などでてきたけど
それで走らせていいのかい?というツッコミを!

細かいことはあっちへ置いといて
チャンスのアクションを楽しむべきなのかな。
興味深いのがチャンスをはじめとするメインキャストたち。
メインの三人がみなオヤジ。
オヤジしかいないっていうのが、まさに理想的です(笑)
チャンスはこの間まではFringeでべたべたしてましたが
その前はボストンで弁護士でしたね。
いつの間にかお笑いキャラのイメージが強くなっていたので
肉体派ヒーローというキャラクターへのシフトに
すぐに馴染めるかちょっと心配です。
二人目のオヤジウィンズトンは
これまたドラマではおなじみのオヤジ。
ボストンで校長をやってたり
(ボストンに縁がありますね!)
サンフランシスコの異常犯罪捜査班を
仕切っていたこともありました。
今回の役割もぴったりかも。
そして三人目のオヤジグレロは
なんだか冴えないオタク系オヤジに見えますが
優秀なハッカーらしい。
リスベットのオヤジ版なのかもしれません。
演じているJackie Earle Haleyという俳優さんの
名前を聞いた覚えがありましたが
「がんばれベアーズ」に出ていた子だったんだ。
子役として活躍していたそうですが
その後俳優業から離れ
最近になってまた戻ってきたとのこと。
だから現在の姿を知らなかったんですね。
なかなかの曲者オヤジっぽくて
この先が楽しみです。

そんなわけで話の展開そのものより
オヤジを味わうドラマになっていきそうです。
40代後半からもうすぐ50歳のオヤジたちの活躍に
期待しましょう♪

Glee S2-#7 「代理教師にお任せ」

フィギンス校長が猿インフルエンザ!?にかかり
スーがマッキンリー高校の校長代理になってやりたい放題を始めます。
ウィルもインフルエンザを移されてダウン。
スペイン語の代理教師としてやってきたホリー・ホリデーが
グリーの顧問も引き受けることになります。

Gwyneth Paltrowと「雨に唄えば」を味わうエピソード。
Gwynethファンだったら彼女の歌に大満足だったと思いますが
特に思い入れがないからな…
でも若者たちに交じって力一杯頑張ってましたね。
レイチェルとのデュエットには魅了されました。

そして「雨に唄えば」もさほど思い入れがなくて
"Singin' in the Rain"を聴いていても
思いだすのが「時計仕掛けのオレンジ」なので救いがないです。
でもラストのマッシュは楽しかったし
ウィルとマイクというちょっと珍しい
でも完璧なダンスを披露してくれる二人の
"Make Em Laugh"にも圧倒されてしまいました。
ただ自分はウィルと一緒で
チョイスしてもらうならクラシック・ロック
Journey大歓迎なので
ミュージカル中心だとちょっとキツイかな。

ホリー先生の新しい手法に
最初は敬遠していたレイチェルも馴染んできます。
しかもホリーはスーと意気投合。
ウィルは治ってもスーの陰謀でクビにされそうになります。
一方スーはカフェテリアのミニポテト禁止令を実施。
ミニポテトが食べられなくなったら
何も手につかなくなるメルセデスは断固反対。
ついに怒りをスーの車にぶつけます。
スーは指導不行き届きということでホリーを攻撃。
さすがのホリーも落ち込んでウィルに助けを求めます。
ここでなぜか急にウィルの看病のために姿を見せたテリ。
思わずはずみで二人の関係修復かとも思えましたが
テリはホリーに余計な嫉妬心を燃やし
ウィルは復縁はないと言いきっていました。
テリの精神状態はよくないようで
またダメージがきつかったね。

このエピでジョークのつもりだったんでしょうが
ホリーがスペイン語の授業でLindsay Lohanをネタに使ったことが
Lindsay母の怒りを買ったんだそうです。
せっかく前回のエピで差別について訴えたのに
台なしになっちゃってちょっとがっかりしました。

結局スーの企みはまたうまくいかず
でも懲りずにまた仕掛けてくることでしょう。

Brothers&Sisters S4-#20 「母と息子」

ケヴィンはノラを許せず避けたまま。
するとケヴィンの誕生日がやってきます。
ノラはいつものようにパーティーを開くつもりでいますが
ケヴィンはもちろん
兄弟たちも全然その気になれません。

冒頭のあまりにもセクシーな
スコッティとケヴィンの目覚めのキス。
目の保養をさせていただきました。
でもケヴィンはスコッティにも
心を開いてない部分があったんだね。

サラはルークの帰国の日が近づいてきてイライラ。
ルークがパッキングしていると八つ当たりしてしまいます。
ルークが戻ってくるといっても信じられません。

ロバートがキティに就活中であることを打ち明けます。
健康診断がパスしたらワシントンで仕事が待っているようで
大統領にも会うんだそうで。
議会が始まればキティもワシントンに行かなければならないから
もしかしたら家族でワシントンに引っ越し?なんてことも考えます。

それより目の前の大きな問題は
オーハイの危機。
銀行からの融資も得られず
倒産の危機に追い込まれています。
レベッカはウィリアムから受け取ったお金を
会社で使ってほしいと提案。
それで一時しのぎにしようとサラたちも考えますが
ホリーは反対します。
トミー、ケヴィン、ジャスティンは
デニス・ヨークに取引を持ちかけることにします。

ノラが電話をかけても、誰もパーティーに参加しようとしません。
でもスコッティがケーキ作りに手を貸すことにします。
"If You Bake It, He Will Come"
ケヴィンはきっと来ると信じているんだね。
ここでもまた姑の思いにしっかり応える嫁ですが
ミッシェルの妊娠がそろそろわかるはずなので
はらはらしながらその連絡を待っていたのでした。

ルークは手ぶらで帰国することを決意。
サラのいらいらは一つ回避されました。
ロバートの転職話は
健康診断で不整脈が見つかってキャンセルに。
健康状態の不安の方が気になりますけど。
レベッカがお金を振り込んでしまったことに
ホリーは腹を立てていましたが
そこにナローレイクの地質調査の結果が来て
この土地の価値がまたよくわからなくなります。
三兄弟はデニスに立ち向かったけど
すでにデニスにウォーカー家の手の内を読まれていました。

ノラがパーティを諦めていると
ケヴィンが一人でやってきます。
当時を思い出す二人。
ノラはケヴィンがゲイであることにとっくに気づいていたのでした。
そしてケヴィンのアーロンへの思いもわかっていたんだね。
このドラマが始まった時からケヴィンはカミングアウトしていたので
彼が一歩踏み出すまでの苦労を知らずに来ましたが
今回過去を振り返ることで
ケヴィン自身の葛藤や親の支えのありがたみなどに
改めて気付かされました。
ちょうど今Gleeでカートが通っている道だよね。
つい二人を比べながら観てしまいました。

ケヴィンが戻ってきたのでパーティ再開。
お互いに最悪の状態を自慢しあいながらも
みんなで楽しんでいました。
そこにケヴィンとスコッティあてに電話が入ります。
今半分妊娠した状態だそうで
まだ確かではないけれど成功ってこと?
喜びがもう一つ増えました。
最高の誕生日プレゼントがもらえたね♪

Desperate Housewives S6-#2 「予兆」

いよいよローレンさんじゃなくてロイさん登場。
どうしてもローレンさんが現在に甦ったようにしか見えないけれど
なかなかいい人みたいです。
マクラスキーさんも穏やかそう。
お互いに「愛してる。」も言えてお幸せに…

と思ったら全然幸せじゃない。
首を絞められたジュリーが意識不明の状態で
マクラスキーさんたちに発見されます。
ここでスーザンの甘い新婚というより再婚生活はストップ。
スーザンは病院に駆けつけます。
その頃カールとブリーはついに一線を越え
またカールの眩しい肉体が!と思ったら
カールはマイクに呼び出されてしまいました。
ジュリーはカールの娘だもんね。
結局ブリーもカールにくっついて病院に来ますが
スーザンが病室を離れたすきに
ジュリーがこん睡状態なのをいいことに二人はキス!
するとジュリーが目を開けてしまいます。
でもまたこん睡状態に。
これはいい兆候なんだそうですが
もしジュリーに目覚めた時の一瞬の記憶が残っていたら大変!
慌ててブリーはもみ消し工作に入ろうとするけれど
ブリーの余計な口出しはさらに墓穴を掘ってる感じ。
スーザンのカール評は最悪なんだもん。
カールと浮気なんて完全bitch扱いでしたからね。
だけどブリーはカールの誘惑に勝てないのでした。

一方スーザンがジュリーにつきっきりなのを利用して
キャサリンはマイクに迫り始めます。
当然マイクははねのけようとしますが
キャサリンは同じく傷心中のオーソンに
マイクはすぐにこっちに戻ってくると吹聴。
オーソンはどこまで信じているのか?

リネットはまだ子供たちに妊娠したことを告げられません。
だけどふさぎこんでいたところにジュリーが声をかけてくれて
お互いに秘密を打ち明け合っていたんですね。
そこでもしかしたらジュリーが妊娠しているかもと知ったので
リネットはジュリーのX線検査をストップさせて
スーザンを怒らせてしまいます。
お互い子供を思う母親として誤解が解けてよかったけど
リネットはこの先も大変そうですね。

どうも怪しげな新しい隣人。
マクラスキーさんがダニーとジュリーの口論を見てしまっているし
みんな早速疑いの目を向けています。
アンジーはなんとかフォローしようとするけど難しそう。
ダニーはアナにアリバイ作りの口裏合わせの協力を頼みますが
アナに裏切られてダニーは警察に連行されてしまいます。
またウィステリア通りが物騒になってきました。

Law&Order SVU S8-#11 「Burned」

マイルズは娘のテッサとの面会にソーシャルワーカーが同伴し、時間を短縮させられたことに怒っていた。テッサが帰宅し自分の部屋に閉じこもっているとき、シャワーを浴びていた母親のバレリーは「突然男に襲われレイプされた。男は離婚調停中のマイルズだった。」とSVUに被害を訴えてきた。
マイルズは麻薬とアルコールの依存症で、バレリーは過去に二度虐待の被害の通報をしていた。バレリーには保護命令が出ていたが失効し、担当判事のハリソンはバレリーは被害妄想気味だと判断して更新を却下していた。バレリーはマイルズに自宅の住所を知らせていなかったが、テッサがマイルズにカギを渡したとも考えられた。ソーシャルワーカーはマイルズの嫌がらせにバレリーは怯えていたと説明する。
ベンソンとステーブラーはテッサの話を聞くために学校に行く。テッサはマイルズに住所を教えたり鍵を渡したりしていないと話すが、何か隠しているように感じられた。そこにバレリーが現れ、テッサをベンソンたちから遠ざける。一方マイルズはバレリーをレイプしたことを否定、性的関係を一切持っていないと主張する。
バレリーがSVUにレイプ被害の訴えを取り下げに来る。だが署でマイルズと鉢合わせし危うく喧嘩になりかける。鑑識の分析の結果、バレリーの自宅からマイルズの毛髪が発見されるが、テッサに付着していたとも考えられた。マイルズのレイプを立証するには、目撃証言が必要だ。逆にバレリーが偽証と虚偽の通報で逮捕されることになる。
Drファンはテッサを事情聴取し、テッサはマイルズとバレリーは喧嘩をするが、マイルズは暴力を振るわない。バレリーにはヘッドハンティングの話が持ち上がっていて、引っ越しをするかもしれないと言っていたと話す。
バレリーは娘を傷つけたくなかったから訴えを取り下げたと主張。マイルズはストーカーとレイプの容疑で逮捕される。マイルズはバレリーの家に行った理由を、テッサとの面会時間を取り上げられたから会いに行った。バレリーは引っ越すなら娘の住所を知る権利がある。バレリーを激しく揺すったけどレイプはしていないと主張する。罪状認否の結果マイルズは保釈金50万ドルを言い渡され、両親に都合してもらって保釈される。
バレリーが路上でガソリンをかけて火をつけられ、全身に大火傷を負う。手術前にバレリーはベンソンらに、マイルズに火をつけられたこと、マイルズがテッサを連れ去ろうとしているので渡さないで欲しいことを伝える。テッサはマイfルズとセントラルパークで待ち合わせしていた。
テッサはマイルズと離れようとしなかった。だがマイルズは「パパは悪いことをしてしまった。」とテッサに話し、テッサは警察に保護される。ポケットからナイフを出そうとしたマイルズをベンソンがプラスチック弾で撃つ。
バレリーは激しい痛みと戦いながら手術を受ける。バレリーの離婚弁護士のフィリップがSVUに様子をうかがいに来て、バレリーと浮気していたこと、バレリーの訴えがあった直前、バレリーと寝ていたことを話す。バレリーはマイルズを陥れようとして、虚偽の訴えを行った。バレリーの命は助からなかった。

バレリーは離婚調停中の夫マイルズにレイプされたと訴えてきますが、娘のテッサはマイルズをかばい、マイルズはドラッグやアルコールで問題は抱えていたものの、レイプはしていないとはっきり主張します。すると突然バレリーは訴えを取り下げます。マイルズはテッサがバレリーに連れ出され、面会できなくなってしまうことを恐れていました。バレリーの仕打ちに腹を立てたマイルズはバレリーに火をつけてしまいます。バレリーのレイプは虚偽だったことが後で判明しますが、バレリーは助かりませんでした。
ベンソンはバレリーはレイプの被害者という立場から事件を追っていきますが、ステーブラーはマイルズの虐待の事実がないことから、レイプの被害は離婚のための戦略とする判事の考えに同意し始めます。ステーブラーは離婚調停中の夫婦の状況が分かると主張、マイルズ側の立場に立ったためにベンソンとの対立が激しくなってきます。一時はクレイゲンに事件から外されそうになりましたが、二人は最後まで事件を見届けます。
夫婦の愛像は厄介だと痛感したステーブラーは、ついにキャシーとの離婚に同意することにして、書類を届けに行きます。眠れなくなったベンソンが夜中にステーブラーのアパートを訪ねると、外に出てきたステーブラーは、「恨まれたくなかったから離婚に応じた。」と語ります。今回の事件を振り返りながら、ステーブラーは意思の相違はあるものの、二人はいいコンビだと確認、ベンソンも今までで一番長く接してきた男性だと言いながらステーブラーが最高の相棒であることを認めていました。
ERのベントン役でおなじみのEriq La Salleが本エピを監督。同じくERにクレオ役で出演していたMichael Micheleがバレリーを演じていますが、Michaelと判事ハリソン役のPeter GeretyはHomicideにシェパード刑事とガーティ刑事で共演。ここにマンチが現れればHomicideのりユニオンが実現したのに、3人が一緒に登場する場面はありませんでした。マイルズ役のBlair UnderwoodはDirty Sexy Moneyなどに出演、娘のテッサを演じるTiffany Evartsjは11歳でオーディション番組で最高の評価を受け、15歳でメジャーデビューを果たしアイドル系女性シンガーとして活躍が期待されています。

意見が対立しても、やっぱりベンソンとステーブラーは名コンビ。
安心して観ていられます。
ステーブラー、結局離婚しちゃうんですね。
でも子供たちのことは放っておけないだろうし
まだコンタクトはとっていくのでしょう。
いつか寄りが戻るってことはないのかな。

今回も超ゴージャスなゲスト。
バレリーと判事は実はホミ組なんですよね。
是非マンチが喜ぶ場面が観たかったのに…
しかしハリソン判事は最近は
B&Sのウザキャラのデニス・ヨークのイメージが強いので
どうもウザい判事に見えてしまいました。

そして相変わらずセクシーなBlair Underwoodが
難しい父親キャラを熱演。
犯罪者なんですけどかっこよかったです。
両親が有名人!だと思ったら
娘もシンガーだったのでビックリしました。

ベントン先生も監督してるだけじゃなくて
どこかでガッツポーズしてほしかったな♪

REX 4 5月スタート!

やったぁ!念願のレックスが戻ってくる♪

いよいよREX4が5月スタート。
シーズンプレミアは前後編で5月9日からオンエアされます。
早速AXNミステリーのHPを覗いてきましたが、
エピガイを読んでたらあまりにせつなくて涙が出そうになってしまいました。
映像を観る前に泣いてどうするんでしょう。

やはりレックスにはモーザーの死はショックだったんですね。
あのレックスが深い悲しみのあまり
家の外に出られなくなってしまうなんて。
賢いレックスだからモーザーは戻らないとわかっていても
受け入れられないでいるんだろうな。
ヘララーやベックが心配して見に来るんだそうです。

一方殺人事件を追っているヘララーやベックの前に現れるのが
モーザーの後釜のアレックス。
アレックスは警察犬訓練施設の近くで育ったから
レックスとすぐに打ち解けることができたんだそうで
なんと都合のいい刑事が赴任してきたんでしょう。
ともかくレックスは元気を取り戻し
アレックス&レックスコンビ(名前を間違えそうだ)の
活躍が楽しめそうな今シーズンです。

今まではひたすらレックスに振り回される大人たちを
突っ込んで楽しむREXだったんですが。
今シーズンはどんな気持ちで観ればいいんだろう。
だってアレックスは大好きなGedeon Burkhardが演じてるわけだし。
コブラ11の渋オヤジのクリス役で一目惚れしちゃったんですが
きっと若いころも素敵だろうし。
アレックスに見とれているうちに
ドラマを突っ込むことを忘れそうなのが不安です。
今回は真面目にアレックスの普及活動に励むかな♪

人気投票でもとりあえずトップですので
みなさん、応援よろしくお願いします。


ドラマのお気に入りオヤジたち その1

普段感想を書いていないけれど
結構気に入っているドラマのオヤジたちを
たまにはピックアップしてみようかなと思います。
とにかくオヤジの魅力は大切なので。

☆Lie to Me ライトマン博士
このドラマはTim Rothの魅力で観てます。
あれだけ強引に「嘘ついてるだろ。」と言われたら
本音が出ちゃいますよね。
今週の爆弾騒ぎも他のクライムドラマとは一線を画した
嘘を見破る展開が面白かったです。

☆Chuck ケイシー
本当はNSAの有能なエージェントのはずなのに
チャックのせいですぐに3枚目になり下がってしまうところがキュート。
あの図体でお笑いキャラというのがいいですよね。
しかも声が山野井さんだし。
毎週ケイシーのおバカさ加減を味わっています。

☆ミレニアム ミカエル
どう見て普通のぼやっとしたオヤジなんですけど
安心できるキャラっていうか
温かみを感じます。
イケメンが皆無に近い?ドラマなので
得してるのかな。

次回に続く…

おまけ
NCIS:LAって誰をオヤジと呼んでいいのかわからない
自分的には不思議なドラマです。
本来ならへティの役割を渋オヤジが務めるのでしょうが
へティをオヤジ扱いしたら怒られますからね。
ちょっと情けないネイトをオヤジ扱いしたら
まずいかな?
一応愛を込めてるんですけど。

NYPD Blue S9-#3 「Two Clarks in the Bar」

冒頭、ダニーの葬儀。
本来ならキャストたちと一緒にしみじみしなければならない場面なのに
ダニーを知らないのでぼやっと観ていました。
今から15分署に異動してきたクラーク・ジュニアの気分?
それもちょっと違いますね。
少なくともシボウィッツやメダヴォイのことは知ってるんだから。

怪我が治ったジュニアが15分署へ。
ジュニアは署の評判を聞きあえてここを希望したのですが
早速父親クラークの監視の目が光ります。
クラークはシボウィッツの天敵。
シボウィッツに「ダッチボーイ」と呼ばれることを嫌悪しています。
ダッチボーイの件はメダヴォイも現場にいたので
ジュニアに聞かれたメダヴォイは説明します。
真っ暗の事件現場でクラークが発砲した銃弾が
容疑者の股間に命中したと思ったら
実は石膏の人形を打ち抜いていたという話。
しばし笑い話にされていたみたいですが
ジョーンズが一言、ありがちの間違いだとジュニアをフォロー。
クールなジョーンズがかっこよかったです。

とにかくシボウィッツはクラークを目の敵にしています。
だからジュニアにも冷たく当たり
平気で嫌がらせをします。
クラークはジュニアが気になって仕方なく
15分署まで様子を見に来ます。
親子で警官はよくあるパターンだけど
ここまで過保護なオヤジは初めて観たかも。
そしてジュニアがシボウィッツと一緒に担当した殺人事件で
殺害された女性の夫が第一容疑者なのではと疑い始めたところ
クラークは勝手に夫の通話記録を調べさせ
それが夫に知られ、夫は弁護士を通して抗議してきます。
ジュニアにしては余計なお世話。
シボウィッツはジュニアを放り出したくなりますが
ロドリゲスにストップされて面倒見ざるを得なくなります。
ジュニアも名誉挽回のために必死。
目撃情報から捕らえてきた容疑者を
かなり強引に脅して自白させることに成功しました。
ジュニアは新しい仲間たちと頑張っていこうと思い
バーで祝杯をあげていたら
クラークが乱入してきます。
今度はシボウィッツの酒癖が気に入らない様子。
これは誰もが心配の種ですけどね。
さすがにジュニアは怒り
父親を殴り付けそうになったところを皆に止められます。
さて、ジュニアは父親の妨害をクリアし
15分署に馴染んでいけるのでしょうか。

今シーズンはジュニアがクローズアップされるのでしょうか。
演じているMark-Paul Gosselaarは
Raising the Barのジェリーだと思っていたら
Commander in Chiefにも登場。
こちらではマッケンジーを大統領選に出馬させようと
かなり強気な態度で臨んでいます。
新人ジュニアに比べるとずっと偉そうな感じ。
そしてジェリーは庶民の味方かな。
ともあれBochcoのドラマで大活躍です。
ついでに過保護オヤジクラークは
TWのジョンソン隊長。
そんなに物わかりの悪い隊長じゃなかったはずなのに
一体どうしちゃったのかな?

もうひとつはミュージシャンになりたい女性が殺害され
1956年製のレスポールゴールドトップが盗まれる事件。
前にBonesでもビンテージのレスポールが事件にかかわってきましたが
こちらも超高級品です。
こんな楽器に限って弾けない奴が持ってるのが不思議だし
あっさり買い取ってしまう楽器屋さんも
人がいいというより浅はかだよね…
ドラマで人気の50年代レスポール。
あまり事件に巻き込まれて欲しくないんですけど。

Glee S2-#6 「初めてのキス」

素晴らしいエピソード。
Gleeに貫かれている「差別は許さない」という姿勢が
とても強く打ち出されていました。
頭の中ではわかっているけど
いざとなると実行できない。
つい流されてしまうんだよね。
でもそれではいけない。
ぶれずに信念を持って
正しいと思うことができるように
Gleeは勇気を与えてくれます。

アメフト部のカロフスキー(って言う名前だったんだ)に
激しく嫌われいじめられるカート。
平気なふりをして耐えているけど
さすがに凹み始めています。
地区大会の出場が決まり
男女に分かれてのコンペティションでも
全く気合が入らず。
そんなときカートはライバルの私立男子校を
偵察してくるように命じられます。

カートを案内してくれたブレインはとても親切でした。
ライバルチームの素晴らしいアカペラを
カートは爽やかな気持ちで堪能しました。
偵察に来たことがブレインにばれてしまいましたが
それも全く問題なし。
カートに声をかけてくれた男子たちがみんな親切だったので
カートはみんなゲイなのか?と思ってしまいましたが
ゲイはブレインだけ。
そしてブレインも前の学校でいじめられて
この私立高校に転校してきたんだそうです。
そしてここで自分らしさを大切に過ごしているわけ。
ブレインはカートにパワーを与えてくれます。
「偏見は無知から生まれる。」
何も分かってないから差別が起きているんだから
悪いことをしているわけじゃない。
堂々としていていいんです。

自信がついたカートは
また嫌がらせをしに来たカロフスキーに
真っ向から立ち向かいます。
自分は間違ってないと自己主張していたら
カロフスキーはパンチを飛ばすのではなく
いきなりカートにキス!
そういうことだったのか…
カートはあまりの衝撃に声も出ませんでした。
こうしてカートのファーストキスは
あっさり奪われてしまいました。

カートはブレインの力を借りて
カロフスキーに自分自身を正しく受け入れるようアドバイスしますが
それはカロフスキーにはまだ無理みたい。
ちょうどBrothers&Sistersの
ケヴィンとアーロンの喧嘩みたいな感じだね。
まだモヤモヤしていて気持ちの整理が付けられない。
この先カロフスキーはどんな態度に出るのかな。
そしてブレインという素晴らしい友人を得たカート。
恋に発展なんてあるのかなぁ??

もうひとつの差別はビーストコーチに対して。
彼女が一線を越えさせてくれないときは
ビーストコーチの姿を思い浮かべて
クールダウンすればいいとフィンがサムにアドバイスしたから
ビーストコーチ妄想がグリー内にはやってしまいました。
なんとティナまで恩恵にあずかってる?
その話をクインから中途半端に聞いたスーは
早速ビーストコーチを追い出す作戦に利用します。
みんなの態度がおかしくなってきたことがコーチは気になり
ウィルに真相を聞かされて、ついに学校を去ることを決意します。

これではいけないとウィルはグリー部に説教。
きちんと謝って許してもらうよう指導します。
ウィルはコーチの本音を聞き
まだキスをしたことがないと嘆くコーチに
温かく優しいキスを!
ウィルの差別を許さない姿勢が
こんな素敵な行動に現れました。

男女対抗マッシュは
女子がストーンズ&ボン・ジョビ。
男子がシュープリームズ&アン・ヴォーグ。
こんなマッシュもありなんだと驚きながら
迫力ある歌とダンスに圧倒されました。
ビーストコーチは男子からのハグをもらって
これでまたアメフト部のために
力を注いでくれることになりました。

少年院から戻ってきても悪事ばかり考えているパックと
ブリタニーに対し強いところを見せたいアーティ。
二人がお互いの良さを受け入れ成長したのもよかったです。
ボブ・マーリーの「One Love」名曲ですね。

Brothers&Sisters S4-#19 「25年の沈黙 -後編-」

先週の続き。
ケヴィンは相当怒っていて、家族と口をききたがりません。
今日は2度目の受精の日なのでスコッティは待っていたのですが
ケヴィンが来なかったことで相当心配していました。
兄弟から事情を聞かされ納得したけど
ケヴィンはスコッティとも会話することなく出て行ってしまいます。

ケヴィンは意を決して、アーロンに会いに行きました。
ケヴィンはアーロンに謝りたかったけれど
それ以上に自分がゲイであることを伝えたかったのでした。
喧嘩した後自分が何を思ったのか
ケヴィンが記憶をよみがえらせてたどり着いた結論です。
アーロンは突然現れたケヴィンに驚きますが
今の自分の置かれた状況を受け入れているアーロンは
ケヴィンに恨みを抱いてはいませんでした。
そしてケヴィンの思いを理解してくれます。
カミングアウト以前のもやもやした気持ち
それはお互いよくわかっているんだよね。
アーロンは今パートナーと幸せに暮らしているようです。
ついでにアーロン役の俳優さんも
俳優としてのキャリアを築いていた時に
事故で車椅子生活を余儀なくされるようになってしまったそうです。
俳優さん自身の体験や思いが語られていたのかも。

オーハイを売るか売らないか
ウォーカー家の間でも議論が盛り上がっていますが
ノラとホリーはナローレイクを探るべく
デニスを追いかけます。
気持ちはテルマ&ルイーズの二人は
こっそりデニスのオフィスを調べるけれど収穫なし。
今度はデニスの車を拝借してカーナビをチェック。
そしてナローレイクがウォーカー家の別荘と
関係があるのではと気づきます。

一方ノラとホリーと一緒に
役所に土地のことを調べに行ったジャスティンとレベッカは
そのまま役所に残って
二人だけで結婚式を挙げてしまいます。
そういえば結婚式はストップしたままだったもんね。
ジャスティンはハネムーンの場所にウォーカー家の別荘を選びます。
ナイスな選択で甘いハネムーンになるはずが
いきなり母親がやってきて二人はびっくりします。
でも子供たちが結婚したことを知って母親は大喜び。、
早速パーティーを開くと言い始めます。

ウォーカー一族が別荘に集まり
ナローレイクについて考えます。
そんなときまだノラを許す気になれないケヴィンが
Narrow LakeはNora Walkerを並べ替えただけだと
あっさり謎を解いてしまいました。
ノラとホリーはすっかり意気投合して
この探偵ごっこを楽しんでいたのに。
二人がナローレイクだと思っていた土地は
ただの荒れ地でした。
でもこれから母親同士絆を深めて
やっていけそうですね。
そしてずっと不安が続いていたキティ。
検査の結果がんの再発はありませんでした。
こちらもめでたしめでたし。
ただまだケヴィンはノラを許す気になれないようです。

Desperate Housewives S6-#1 「試練の門出」

S5がどうやって終わってのか忘れかけてましたが
マイクの結婚式の花嫁が誰かが謎だったんですね。

答えはやっぱりスーザンでしたが
キャサリンは納得せず。
マイクの前では諦めて身を引くそぶりを見せていたけど
スーザンには真っ向勝負してきます。
スーザンが留守の時ウェディングドレスを預かり
ドレス姿でパスタソースの味見。
さすが!デス妻の鏡です(笑)
スーザンもとりあえず謝ってしまえばいいのに
自分が本来妻だったんだからと意地を張っているので
にらみ合いが続いたまま。
結局式の直前に、キャサリンはスーザンに謝罪を要求してきます。
それも式の最中に参列者の前で謝るようにということで
スーザンは一応受け入れますが
キャサリンをクローゼットに閉じ込めてしまいます。
こうして式が無事に終わるはずでしたが
自力で出てきたキャサリンが待ったをかけます。
仕方なくスーザンはマイクを借りて謝罪。
これで一件落着に見えたけど
まだまだキャサリンはリベンジに向けてやる気満々のようです。

オーソンをあっちに置いといて
ブリーとカールの関係は続いてる?
でもブリーがあれこれ難癖をつけるので
お互い先に進めません。
カールの事務所では嫌だから
ではホテルで!
とカールが押さえたモーテルのシーツに
ブリーは文句をつけ
いきなり寝具の買い出しに走ろうとします。
せっかくカールが見事な脱ぎっぷりを披露したのに。
Burgi、相変わらずいい体してますね♪
さすが元センチネルの戦士ですから(笑)
このままダメになるのかと思ったら
今度はブリーがホテルを予約。
先に進めそうだけど、本当にいいのかな。

ガブリエルはアナに振り回されイライラしまくり。
でも開き直ったガブリエルはアナの正式な後見人になり
彼女をしっかり管理する決意を固めます。
双子が体内で順調に育っているリネットは
子育てがようやく終わったところで
一からスタートにうんざりしています。
いくらトムが励ましても、この現実を受け入れられない感じ。

そしてウィステリア通りに新たな隣人が
アンジーとニックの夫婦、そして息子ダニーは
見た目は感じ良さそうだけど
またもや訳ありの家族みたい。
アンジーの背中の傷が気になるし。
ジュリーはダニーの家庭教師を引き受けますが
ジュリーはゴミ捨てに行ったところで
何者かに首を絞められます。
一体何が起きたんだ?

また事件勃発のウィステリア通り。
今シーズンも大騒ぎしながら楽しませてもらいましょう。
マクラスキーさんに恋人ができたようですが
次回予告によると、なんとDQのローレンさんではないですか。
ローレンじゃなくてロイらしいけれど
どんなキャラとして登場なのか楽しみです。

Law&Order SVU S8-#10 「Scheherazade」

ステーブラーは末期の肺がん患者のジャド・ティアニーと話をしてほしいと頼まれ、ホスピスを訪れる。ジャドは娘に会って胸のつかえを取りたい。会えたら全てを告白すると言い始める。ジャドには犯罪歴はなく、娘のシーラは教師で二人の娘がいる。
ステーブラーとベンソンがシーラに会いに行くと、シーラは18歳のとき母が死んで以来父と会っておらず、父のことは話したくないと口をつぐむ。そしてシーラは地下室から箱を持ってきて、父に渡してほしいとステーブラーに託す。箱にはジャドからの許しを請う手紙に100ドル札が同封され、毎週シーラ宛てに届けられていたものが溜まっていた。ステーブラーらはジャドのシーラへの虐待を疑う。
封筒に付いていた指紋を調べた結果、ジャドはジェイクという名前で逮捕されていた。FBIのピーターズが、1971年に起き未解決のままの銀行強盗の容疑者とされるフェドーラ団とジャドの関係を追及してくる。ステーブラーとベンソンがジャドに尋ねると、ジャドは銀行強盗を行ったことを認めるが、シーラが生まれて心を入れ替えたと主張する。一方シーラは父は隠し事のプロだと非難、パスポートを取るために出世証明書を探したら、母の名はレノアのはずなのに、スーザン・モリナックスと書かれていたと説明する。母は子供が産めず、父は愛人を妊娠させ母に育てさせたのだとシーラは思っていた。
ベンソンがジャドに文句を言うと、ジャドはベンソンをセントポール墓地へ連れていく。墓の中に鍵が隠され、その鍵で防空壕の扉をあけると中から遺体が出てきた。検視の結果遺体は70年代に殺害された男性で、フェドーラ団の片割れのジャック・コリーノと判明する。、ジャックの妻のリタは「ジャックは愛人と逃げたものだと思っていた。ジャックと愛人の間には子供がいる。」と話す。愛人の名前はスーザン・モリナックスで、シーラの父はジャドなのかジャックなのか分らなくなってくる。
ジャドはようやく真相を語り始める。シーラの父はジャックで、シーラが生後一か月のときリタに冒頭のことを通報すると脅かされ、ジャックはスーザンとシーラを殺し燃やして始末しようとしていた。ジャドはジャックを撃ち、防空壕にジャックの遺体と金を隠すと、シーラを連れて帰った。ジャドはジャックを殺しシーラを盗んだ罪を償わなければならないと思い続けてきたのだった。
ジャドが罪を告白したために、21件の銀行強盗事件が解決し、ジャドは逮捕されるが病状が悪化して医者が収監を止める。そしてジャドが罪を告白したことで、妻子を殺した罪でシンシン刑務所に服役しているスーザンの元夫のマイクがの冤罪が明らかになる。
マイクの無罪を証明するために、ジャドは病床で供述書を作るが、痛み止めのモルヒネのせいで意識がもうろうとしている。さらにモルヒネの使用が確認されると、供述書は法廷で通用しないとケイシーが指摘する。ジャドを覚醒させるための薬の使用は家族の許可が必要で、シーラは無実の人を救いたいと思い書類にサインするが、まだジャドとの面会を拒む。これでマイクの妻子殺害の件は無罪となるが、マイクは刑務所の暴動で一人殺害してた。本人も周りの囚人たちも正当防衛を主張。ケイシーは知事に恩赦を要求、今までに罪を償ってきたと認められマイクは釈放される。ベンソンがジャドの釈放を伝え、その後でシーラが駆け付けるがすでにジャドは息を引き取っていた。

末期がんで余命いくばくもないジャドが、今まで犯した罪を告白し、娘に許しを乞おうとします。娘のシーラは全く父親を信頼しておらず、送られてきた謝罪の手紙や金の受け取りを拒絶していました。ここでジャドが銀行強盗や相棒のジャックを殺した罪を告白したことで、未解決の銀行強盗事件が一気に解決し、妻子を殺害した罪で服役していたマイクの無罪が明らかになります。痛みと戦いながらジャドは供述書を作りますが、シーラの助けが必要になってきます。またマイクは妻子殺害の無罪は確定したものの、刑務所の暴動に絡んでいてすぐに釈放されません。ベンソンとステーブラーはジャドの希望を叶えるために、ジャドの生前中にマイクを釈放できるようにケイシーに頼み、コネリーも動いて恩赦が認められ、マイクは釈放されます。ジャドはマイクの無罪の話は聞くことができましたが、急いで駆け付けたシーラとの再開には間に合いませんでした。
ディッキーとエリザベスがクリスチャン・ネームを命名される式に、ステーブラーも参列します。エリザベスは主の平和を意味するクララ、ディッキーはミカエルと決まります。ステーブラーはミカエルは警察の聖人だと喜んでいました。娘たちとの館j系を修復させたいとステーブラーは思っていますが、娘たちの反応は冷やかで寄りは戻らないと感じているようです。ステーブラーが食事に誘うと、キャスリーンはベジタリアンになったことを伝え、またステーブラーを驚かせます。
タイトル「Scheherazade」は千一夜物語(アラビアン・ナイト)に登場する語り手シャハラザードに起因します。『妻の不貞を見て女性不信となったシャブリヤール王が、国の若い女性と一夜を過ごしては殺していたのを止めさせる為、大臣の娘シャハラザードが自ら王の元に嫁ぐ。そしてシャハラザードは千夜に渡って毎夜王に話をしては気を紛らわさせ、終に殺すのを止めさせた。話が佳境に入った所で「続きはまた明日」とシャハラザードが打ち切る為、王は次の話が聞きたくて別の女性に伽をさせるのを思い留まり、それが千夜続いたという。』(ウィキペディアより抜粋)ジャドが罪の告白を一度にしないことが、シャハラザードにたとえられたのでしょう。
ジャドを演じるのはベテラン俳優Brian Dennehy、娘のシーラ役にCriminal Mindsでプレンティスを演じるPaget Brewsterが登場。プレンティストはまた違った意志の強い女性を演じています。

プレンティスお疲れ様♪
今週はビーチャーに脅されてさんざん怖い思いをした後は
ケラーに振り回されて過去と向き合うことに。
たまたま放送が重なっただけですが
すごい偶然ににんまりしてしまいました。

性犯罪とは質の異なる事件でしたが
冤罪で服役している人は気の毒だなと実感。
ジャドが死の間際で真実を伝えようと勇気を持ってくれたことはよかったです。
マイクの釈放が決まってよかったけど
刑務所での長い年月をも取り戻すことはできませんからね。

エリザベスもディッキーも大きくなったね。
そして反抗的な姉たちは年頃だから仕方ないでしょう。
さてステーブラー家の寄りは戻るのでしょうか?

Brothers&Sisters S5-#18 「25年の沈黙-前編-」

日曜日に観たドラマなので
記憶に残っていることを簡単に。

オーハイの危機でノラは家族を招集。
トミーの出現にみんなは驚きます。
ノラはデニスに脅される理由を語りませんが
みんなが25年前の記憶を呼び醒ましていくうちに
衝撃の事実が明らかになります。

25年前、ウィリアムがいない隙に
サラは会社でパーティーを開いていました。
トミーは大学生でキティは高校生。
ケヴィンは中学生だったのかな。
そしてジャスティンは小学生。
子供の頃って年齢差がはっきり現れますね。

酒を飲んだトミーが車で友達を送ることになり
ケヴィンは飲酒運転は危ないと注意しますが
案の定トミーは事故を起こしてしまいます。
トミーの怪我はたいしたことなかったけれど
その時ウィリアムやデニスが病院に駆けつけていたので
友達が大怪我していたのではと
今になって不安がよぎります。
でもその友達の怪我も大事には至らず
今は元気にしています。

実は大怪我を追わせてしまった
もう一つの事件が起きていたのでした。
ケヴィンはほかの学校の水生部のアーロンと親しくなり
パーティーでも一緒に過ごします。
カミングアウトする前でも自分の気持ちがわかっていたケヴィンは
アーロンが親しげに接してくれることに
つい気を許してしまいます。
そしてキスを求めようとしたらアーロンがブチ切れ
大バトルとなってしまいます。
そのまま殴り合っているうちに
アーロンは足を踏み外して転落。
そこへウィリアムとデニスが現れ
ケヴィンにその場を離れるよう指示すると
アーロンを病院に連れて行きました。
後でウィリアムはケヴィンに
アーロンは大丈夫だと伝えていたのですが
実はアーロンは神経を損傷し
今も車椅子生活を送っています。
アーロンの親とは事故だったということで和解していて
ノラが賠償金を払い続けていたのですが
そんなことはケヴィンはつゆ知らず。

25年たって過去に自分が犯した重大な過ちを知らされたケヴィンは
大ショックを受けます。
何故ウィリアムやノラはケヴィンに内緒にしていたのか。
ケヴィンを守ろうとしたつもりだったようですが
これはウィリアム家の大きな勘違いだと思います。
自分でやってしまったことだもん。
謝って済む問題ではないかもしれないけれど
やはり誠意をこめて謝るべきだし
ケヴィンもそうしたいと思っているはず。
だからノラが秘密にしていたことや
秘密をデニスに握られ
脅しの原因にさせられていることに
めちゃくちゃ腹を立てていました。
このままドラマは次週に続きます。

こんなにマジで怒っているケヴィンは観たことないかも。
スコッティがどんなリアクションを取るかが気になります。
きっと上手に受け止め励ましてくれると思うけど。
次週予告によると、ケヴィンはアーロンに会いに行くようですね。
25年前のウォーカー家、なかなか豪華なメンバーでした。
キティはCSIのキャサリンの娘のリンジー。
トミーは「跳べ、ロックガールズ」のニッキー。
ウィリアムは新MPのオーギー(かなりイメージが違ったけど)
本人に似てるかどうかは微妙ですが
25年前を楽しませてもらいました。

Crimnal Mnds S5-#11 「復讐の逃避行」

今週はWATでRevarageのパーカーが逃避行してましたが
今度はビーチャー登場。
しかもあまりにもハマり過ぎで
すっかり見とれてしまいました。
どうしてこんなに凶悪犯の役が板についてしまったんでしょう。
OZの力は偉大です。

Leeが演じているのはビーチャーじゃなくてシュレイダーですが
銀行強盗で捕まり11年服役した後
出所して即殺人を犯し自分の娘を誘拐します。
BAUのプレンティスが地元警察と一緒にシュレイダーを逮捕。
車で護送中に突然シュレイダーが気分が悪そうなそぶりを見せ
プレンティスは反対車線のトラックの運転手をちらっと見た気がしました。
するとトラックがぶつかってきて車は崖を転がり落ち
うまく手錠を外していたシュレイダーは刑事の首を絞めて殺害。
トラックに乗っていた相棒と思われる男と逃走します。
相棒は一体誰だ?

シュレイダーは刑務所では模倣犯で刑期を短くしてもらったようですが
出たらすぐにやりたいことがありました。
それは隠しておいた金を回収すること。
そのために相棒の協力が不可欠です。
プレンティスが覚えていた相棒の姿は
40代の男性だってことくらいでした。
プレンティスは落ち着いて事件を振り返り
シュレイダーを助けに来た男が
プレンティスの怪我を気遣ってくれたことを思い出します。
凶悪犯の相棒が善人とはどういうこと?

これはきっと相棒は潜入捜査官に違いないと思ったら
やっぱり大当たりでした。
最近潜入捜査官あちこちに出過ぎます。
今週のNYPDブルーでは
ロドリゲスが潜入捜査をやっていた時
組んでいたタトゥーオヤジが
(各種ドラマで大活躍ですね)
ロドリゲスに恨みを持ち
母親を痛めつけに来たと想われます。
みんな多かれ少なかれ、潜入捜査に加わるのかな。
でも今回の相棒マラーの場合は本格的に潜入するため
警察での過去の記録が抹消されていたのでした。
でもさすがガルシアはマラーを発見。
そのころマラーはシュレイダーに家族を人質に取られ
警察の保管庫にしまわれている金庫のカギを持ってくるよう
脅されていたのでした。
マラーがカギを取りに行ったすぐ後で
プレンティスらが気づいたから
逃げようとする二人をとらえることができます。
銃撃戦でシュレイダーは死亡。
(これは残念。
是非またブチ切れまくりの取り調べ風景を楽しみたかったのに)
マラーの家族もシュレイダーが犯した殺人からたどっていき
無事に発見されます。

今回は救いがなく悪い奴だったLee.
OZでの修業の成果が遺憾なく発揮されていたと思います。
たまには善人ビーチャーも観たいのに
なかなかその機会に恵まれませんね。
念願のSVUでのケラーとの再会も、悪い奴でしたから。
マラーもどこかで観た顔だなと思ったら
WATのS5でフェイスがサムの姉の役でゲスト出演した時
フェイスのダンナ役で出ていました。
あまりにもフレッドと違いすぎてビックリしたので
記憶に残っています。

ホッチがBAUに復帰
家庭を大切にしながら、
またリーダーとして頑張っていただきたいものです。

Without a Trace S6-#5 「母の本能」

電機会社のオフィスに男が侵入。
突然無差別に銃をぶっ放し、死傷者が出ます。
犯人はその場で自殺。
そのときデスクの下に潜って隠れていたはずのケリーが
姿を消してしまいます。

強烈なインパクトのオープニングでしたが
事件はどんどん別の方向に流れていきます。
ケリーは生活に困っていた。
ケリーは偽名で身元を隠している。
ケリーは学生時代ドラッグでボロボロになっていた。
ケリーには娘がいて実家に預けていたが、突然ケリーが連れ出した。
ケリーは友人に娘を預けた。
娘の父親がケリーに虐待しているようだ…

銃の乱射事件はたまたま起きてしまったことで
ケリーは娘と一緒に暮らすつもりでした。
娘は無事に発見され、その後
ケリーも姿を現しますが
ここで隠されていた問題が発覚します。

ケリーの複雑な生きざまに
余計なおまけがついてしまうのは
ケリーがRevarageのパーカーだっていうこと。
パーカーが母親?
パーカーが虐待に耐えられる?
身元を隠し他の人物になりすますのは
パーカーの得意分野ですが
だんだん不思議な気分になってきました。
(でも実際に演じているBeth Riesgrafには子供がいるので
こっちが本来の姿なのかも。

失踪計画の原因は娘の父親ではなく 
娘の祖父、ケリーの父親でした。
学生時代に父親に性的虐待を受けたケリーは
なんとしても娘を守りたかったのです。
そして娘とともに必死に逃走。
真実を知ったジャックは
早速ブチ切れ父親に嫌味を言いまくります。
手が出なかったのはまだ理性が働いていたってことですね。
ついでにできればケリー=パーカーの
ひと暴れも観たかったんだけど。

妊娠13週目に入り体調が悪いサム。
さすがに辛くてまずエレナに妊娠のことを告げます。
エレナはあえて父親が誰か聞こうとしません。
その後マーティンと車で移動中
サムは母性本能についてひとしきり話しますが
自分のことには触れません。
そして事件が解決してから
ようやくサムはジャックに妊娠したことを話しに行きます。
でもいつも通り仕事をしていくと付け足して。
ジャックはボスらしく
冷静に受け止めているように見えましたが
本当はどんな思いで報告を聞いていたのでしょうね。
父親については問いただしませんでしたが。

エレナには「関係ない人」と知らせていた父親。
一体誰なんだろう…
気にすべきじゃないのかもしれないけれど、
気になります。

来週からCSIとのクロスオーバーエピ。
すでに観終えているので2週間お休みさせてもらいます。
でも久々にグリッソムの活躍を観るのもいいかな?

Glee S2-#5 「ロッキー・ホラー・グリー・ショー」

Glee: the MusicGlee: the Music
(2010/10/29)
James S. Levine

商品詳細を見る


今シーズンと手も楽しみにしていたエピソード。
何故ってロッキー・ホラー・ショーが大好きだからです。
DVDもオリジナルのサントラも持ってるし
もちろんGleeバージョンも購入しました。

Rocky Horror Picture Show 25thRocky Horror Picture Show 25th
(2001/07/23)
Various

商品詳細を見る


私の持っているサントラはこの25周年バージョン。
歌詞カードもついていて便利です。

映画の方は残念ながら観客参加型では体験したことがないのですが
2000年のブロードウェイの舞台版を観る機会があり
この時は撒き散らしアイテムなどが一袋にまとめられて観客に配られ
本当にステージ上の役者さんと一緒に
舞台を楽しむことができました。
ちなみにJoan Jettがコロンビア役で出演していて
ロックンローラーとはまた別の姿だったけど
とてもかっこよかったです。

またロッキー・ホラー・ショーとは離れるけど
エディ役のMeat Loafのライブを観に行き
サインをいただいたことがあります。
最近のMeat Loafはかなり普通の人のサイズに近づいていますが
まだその時はかなり巨大だった気がします。

いろいろと思い入れの深いロッキーホラー・ショーですが
ウィルがミュージカルのテーマに選んだ理由は 
エマがカールと一緒にロッキー・ホラー・ショーを観に行き
すっかりハマってしまったから。
いつの間にかエマは
サンドイッチのパンの耳を切るのさえ忘れてしまいました。

でも生徒達にはあまりなじみがないし
このぶっとんだファッションを身につけるのも辛いものがあります。
レイチェルがジャネット
フィンがブラッドなのはとても納得。
でも他は誰が何をやるべきかちょっと悩んでしまいます。
オリジナルではTim Curryの女装ファッションが
いかにもエログロだけどかっこいいフルター博士。
マイクが立候補したんですけど親に却下されてしまいました。
そこで代わりに引き受けたのがメルセデス。
意外な人選だったけど、彼女の演技も歌も見事でした。
リフ・ラフはカート。
彼は何をやっても見事に演じ切りますね。すごい!
肉体美がポイントのロッキーはサムが演じることになりますが
サムの腹筋の割れ具合はお見事で
フィンはすっかりいじけてしまいます。
フィンもパンツ一丁になるシーンがあり
引け目を感じてしまったのです。

みんなが練習しているとカールが乱入。
そのままエディを演じますが
思い切り弾けていてよかった。
ERでもモリスと一緒に盛り上がっていたけど
本当に楽しそうでよかったな。
エマもウィルの前で
Toucha-Toucha-Touch Meを歌って
セクシーに迫ります。

でもこの内容ですから校長は始めから難色を示し
スーは応援するといって脚本作りにも参加していたのに
結局ウィルを見捨てます。
フィンも勇気を出して役になりきろうと
パンツ一丁で校内を歩いたために
停学処分になってしまいました。
そういえばいきなりスーのところに
オリジナルのブラッドのBarry Bostwickと
エディのMeatLoafが現れたのでびっくりしました。
一緒に歌ってくれてもよかったのに。

最初は舞台で稼ぐつもりだったロッキー・ホラー・ショーでしたが
ショーは中止となり
自分たちで楽しむだけになってしまいました。
でもみんなで歌うTime Warp。
一つにまとまって素敵な歌になっていて素晴らしかったです。

CSI:Miami S8-#24 「皆殺しのメッセージ」

ずるいぞ、デルコ…

シーズンファイナルはお約束のとんでもないクリフハンガー。
でもそれよりおいしいとこどりのデルコに腹が立ちました。
自分だけ助かってるのはずるいぞ!

いきなりCSIに殺人予告のパズルが送られてきて
ピースを組み合わせて該当する場所へ行ったが間に合わず。
お母さんが射殺され、残された幼い息子に
ほっさんは得意満面に手を差し伸べますが
あの声かけはほっさんでなければほとんど不審者だろうと
ちょっと怖くなりました(苦笑)

お母さんはデイド大で
心理学の論文を書いてる大学院生メリッサの実験の
被験者になっていました。
このメリッサが相当横柄で
誰が見ても嫌な奴で騙されかけますが…

またCSIに犯行予告。
今度は大学のプールで誰か殺されます。
死んでいたのは心理学教授のブルサッティ。
泳いでる姿が素敵だなと思ったら
演じている俳優さんはスタントが専門の方でした。
納得です。
ブルサッティとマドセンとスターリング
三人の教授がメリッサの論文を審査し
データを捏造したことを指摘し
メリッサをデイド大から追い出したため
メリッサは3人を恨んでいることが予想できます。

警察はマドセンとスターリングに護衛をつけるようにします。
ナタリアがマドセンの家で護衛しますが
マドセンはいよいよ復活したNYPD Blueのロドリゲス。
シャワーシーンもありオヤジの魅力満載かと思ったら
シャワーの後コロンを振りかけてしまったのが間違いでした。
コロンが発火して大火傷を負ってしまいます。
情けない!
コロンは前日のマドセンが自宅で開いたパーティで
参加したメリッサがこっそりすり替えたと思われましたが…
次に狙われるはずなのがスターリング、
スターリングを演じているのはデス妻のジョージ。
それだけで十分怪しいキャラなんですけど
護衛を拒否することがますます怪しげに感じられます。

メリッサが偉そうな態度をとったのは
次の論文の材料を収集するため。
だからって警察を怒らせるのは迷惑な話です。
そして真犯人は終身教授の道を断たれてしまったスターリングだと
明らかになりますが
なんでスターリングはこんなに手の込んだことをするんでしょう。
心理学者って余計なことを考えるのが好きなのかな。
自分の昇進を邪魔するものを片付けたいのはわかるけど
CSI職員を一掃したいのは何故??

と不思議に思う間もなく
スターリングが犯人だと証明された切手の分析をしているうちに
ラボで働いていた人たちがバタバタ倒れます。
無事だったのはスターリングを捕まえに大学に行っていた
ほっさんとトリップと
外から戻ってきたデルコ…

デルコは突如CSIに復帰。
ほっさんは喜んで歓迎してくれますが
自らCSIを離れ、検察側でさんざんみんなに迷惑をかけ
とりあえず誤解は解けたかもしれないけど
いきなりCSi復帰は調子よすぎなのではと思ったら
今度は一人で助かってる。
まずカリーを救いだそうとする思いはわかるけど
他の人達も助けようよ!

しかしすぐに襲われてしまうCSIの建物。
今回は防ぎようがなかったのかもしれないけれど
まだまだ改善の余地はありそうです。
S9はほっさんが戻ってきてビックリするところから始まるのでしょうか。
それまで結論はお預けということで

ごきげんよう。

Law&Order SVU S8-#9 「Choreographed」

夜セントラルパークで、犬の散歩をしていたモデルのダニエル・メスナーが、レイプされて倒れているのをデートしていたティーンエイジャーが発見。間もなくダニエルは死亡する。遺体からは精液は検出されず、死因はショックによる心臓発作と考えられた。遺体のそばにコーヒーカップが落ちていた。ダニエルの夫ウェスはダンスカンパニーの芸術監督で、事件が起きた時はリハーサルの最中だった。
ダニエルが行ったコーヒーショップの監視カメラの映像を調べると、ホームレスがダニエルを見つめている様子が映っていた。ステーブラーは単独でセントラルパークに行き、カメラに映っていたホームレスを探し捕らえようとするが抵抗される。ホームレスを署に連れてきて事情聴取を始めると、ホームレスはキーナーという名前がわかったもののブローカ失語症を患っており会話ができなかった。SVUに戻ってきたベンソンが手助けし、キーナーの動作からダニエルを襲った男は白髪交じりで左腕を骨折し、コーヒーショップにいたことが明らかになる。
ベンソンとステーブラーはコーヒーショップで張り込み、腕を吊ったスティーブを捕らえる。スティーブはダニエルの親友で2週間前まで二人の家にいたが、ウェスの浮気を責めたら階段から突き落とされて骨折した。公園でダニエルと一緒だったがダニエルが突然発作を起こして倒れ、怖くなって逃げ出したと白状する。SVUはウェスに事情聴取を行うと、スティーブはコカインを吸っていて自分で足を滑らせ階段から落ちたと説明、弁護士のステラが現れウェスを連れ出してしまう。
ベンソンとステーブラーはダンスカンパニーで踊っているナオミ・チールズと夫のグレンに事情を聞きに行く。チールズ家の鍵はRFIDチップで開くようになっており、先端技術に詳しいグレンが設計したものだった。グレンはウェスがジェンと浮気していると告げるが、ナオミはウェスの浮気を否定する。
ダニエルを詳しく検死したところ、皮膚に塗られたディルドリンで発作を起こして死んだことが判明しる。ディtルドリンは殺虫剤に使用されていたが、国内では販売禁止になっていた。だがメスナー家からディルドリンの瓶とゴム手袋が発見される、ダニエルはウェスよりもずっと稼ぎが良く、ダニエルが死んだことでウェスに遺産が入る。SVUがウェスを逮捕しようとしたとき、傍らにナオミがいた、ジェンはナオミだった。
ステラはダニエルの死亡時のウェスのアリバイを主張する。家に置いてあったディルドリンはインターネットで日本からウェスが購入したものだった。SVUでナオミを拘束しているとき、グレンからSVUにナオミが帰ってこないと電話が入る。SVUは取調室にグレンとナオミを入れ反応を見ると、ナオミの浮気に対しグレンがキレたところでナオミが倒れる、ナオミはα1アンチトリプシン欠損症で肝臓疾患をもっていたところに、肩に無線チップが埋め込まれその傷から感染し、敗血症を起こしていた。チップはグレンがナオミを監視するために埋め込んだもので、自宅とダンスカンパニーに入った時に記録されるようになっていた。3週間前にナオミの浮気を疑ったグレンは、ナオミの肩にチップを埋め込んでうた。そしてインターネットでウェスになり済ましてディルドリンを購入、ウェスへの復讐のためにディルドリンを使ってダニエルを殺害した。
グレンが全て自白したとき、ウェスが病院に現れグレンと喧嘩になる。ナオミは肝不全を起こし、肝臓移植しないと48時間しかもたないと宣告される。グレンはドナーに適合することがわかっており生体部分肝移植が可能だが、ケイシーは自白して有罪になった者を病院へ送るのは無理だと指摘、ステーブラーらは矯正局に特別免除をを頼み、グレンの肝臓がナオミに移植されることになった。

ベックは元の課に戻り、ステーブラーは単独でダニエルの事件の捜査を行います。クレイゲンに誰と組めばいいか聞かれたステーブラーは「男と組むべきかも。女とは長続きしない。」と答えますが、クレイゲンはベンソンが戻ったことを伝えます。
コーヒーショップの監視カメラに映っていたホームレスを探しに、ステーブラーは一人で夜の公園に出向きます。該当する男を発見しましたが、男は刃物を振りかざし、ステーブラーと格闘します。何とかステーブラーが取り押さえ署に連行しますが、暴走しかねないステーブラーのためにクレイゲンはベンソンを監視役に命じ、ホームレスのキーナーの取り調べから、また二人の共同捜査が始まります。
コーヒーショップで張り込んでいるとき、ベンソンはステーブラーにベックのことを尋ねると、ステーブラーは「ダニは向いてない。」と答えます。でもベンソンのようにうるさくないとつjけ足していました。だがステーブラーはベックのことが気になるようで、ウェスの前でも、ベンソンにもダニエルのことをダニと呼んで不審がられます。
ダニエルの遺産の話が話題に出たとき、マンチは「遺産がゼロだから、元妻4人に殺されない。」と自慢していました。
ウェスの自宅に置かれていたディルドリンはアメリカでは購入できず、アジアの闇市場に出回っていることが判明しますが、ジャカルタで扱っている組織は一掃されており、バンコクと神奈川のマーケットを追跡したところ、ウェスは神奈川から購入していたことが確認されます。しかし何故神奈川?ディルドリンは日本では1954年に農薬登録を受けていますが、徐々に規制を受け1981年に全ての用途での製造、販売、使用用途が禁止されています。
グレンがダニエルの殺害を自白し有罪うが確定したところで、ナオミの肝臓移植が緊急を要し、グレンがドナーとしてマッチしていることが確認されます。ベンソンとステーブラーは責任を持ってグレンを監視するので移植を行ってほしいと矯正局に頼みますが、すぐにOKが出ません。犯罪者の移植を許可すると囚人たちの要請が殺到するからです。でもナオミの余命が48時間であることを強調して、グレンがドナーになることが実現しました。ベンソンとステーブラーはお互いの血液型を確認し、二人ともA型だとわかると、「腎臓をやるよ。」と言い合っていました。
グレンを演じているのはFull Houseのダニー役で有名なBob Saget.。全く笑いとは縁のない、シビアなキャラクターを演じていました。妻のナオミを演じていたのはJAGのマック役のCatherine Bell 、ウェス役にChris Sarandonと豪華なゲストが共演しています。

Happy Birthday Meloni!!
50歳ですか。
さらにオヤジ度に磨きをかけ、渋い演技に期待したいと思います。
もちろん弾けてくれても大歓迎ですけど。

さて。
今回は神奈川で売られている毒薬に大きな?マークを。
神奈川県民として(笑)
ジャカルタ、バンコクと並列に表記される神奈川が不思議に感じました。
普通横浜とか川崎とか横須賀とか、都市名になるでしょう。
どうして県名?
そんなに神奈川は有名なのか。
ネットで通販しているんだから、別に神奈川を強調しなくてもいいのに。

ベンソンが戻ってきてよかった。
ステーブラーはベックを引きずっているみたいだけど
ベンソンとの本音トークの方が安心して観ていられます。

さらに本音トークのおまけ。
ベンソンがソーダを飲むのを止めたら
ステーブラーはスーツを着るのを止めた。
確かに最近ネクタイしてないこと多いよね。
この方が動きやすいのは確かです。
そしてつい暴走しすぎる…

ディッキーが喧嘩して停学になったとの連絡。
早速親バカ顔になっていることをベンソンが指摘していました。
やはり家族の絆を断ち切れず
ベックの入る隙はなかったと
再確認しちゃいましたね。

4月のドラマ視聴計画

春の番組改編に向け
溜め込んだドラマをずいぶん片付けましたが
またこれから溜め込みそう。
頑張りたいと思います。

☆NHK BSプレミアム
Desperate Housewives S6

デス妻もS6に突入。
またじっくりと楽しませてもらいます。
Gleeの吹替版は今更観ませんが
FOXよりHPが見やすいのはいいことです。
予告編の違いも新鮮だし。
HPだけは活用するかもしれません。
ついでに教育テレビの90210のS2は
6月スタートになってしまったんですね。
寂しいけど忙しいのでちょっとほっとしました。

☆WOWOW
CSi:S10
CSI:NY S6
Criminal Minds S5
Nurse Jackie S2
Royal Pains S2
Medium S6

充実したラインナップ。
これを週末を中心に消化しなければならないのは
大変です。
Mediumだけはどうしても字幕じゃないと
ダメなので。
そして正直なところ
CSIの本家は分家に比べると
力を入れて観てないかも(汗)
でも10シーズン目なので
意地で頑張ります。

☆FOX
NCIS LA S1
Numb3rs S5
Lie to Me S2
Glee S2
Burn Notice S3

こちらはだいぶ余裕が出てきました。
やっぱりGkeeの楽しさは断トツ。

☆FOX CRIME
Law&Order SVU S8
Law&Order CI S4
NYPD Blue S9
Spooks S6
Dexter S5

狐本家が楽になったら
分家の方が忙しくなってしまいました。
MI-5は新シーズンスタートだし。
今度は誰が姿を消すのか
ヒヤヒヤの連続ですが楽しんでいます。
いきなり5シーズンぶっ飛ばして
復活のNYPD Bkueは
意味のわからなさを豪華キャストで
カバーしてもらいます。
そしていよいよDexterのS5
またとんでもない展開になるんでしょうね。

☆FOX life
Commander in Chief

大統領ファミリードラマは
ファーストハズバンドの魅力で楽しんでます。
ストレスを溜め込む子供たちがかわいそう。
ボスコはいつの間にかクビになっちゃったのかな?

☆Super!DramaTV
Chuck S2
Close to Home S2
Without a Trace S6
Human Target S1
Gossip Girl S3

Fringeは挫折しちゃいましたが
Fringeのスコットが活躍する
Human Targetは楽しめそうなので
チャレンジしてみようと思います。
Gossip Girlは先行放送を観ましたが
相変わらずみなさんのセレブな生活に
唖然としてしまいました。
WATはジャックのブチ切れ具合が心配です。

☆AXNミステリー
White Collar S2
(Millénium S2 S3)
(Luther S1)

Liuther、溜め込んでいたのを観始めましたが
なかなか面白いです。
事件の内容も
ジョンとアリスの駆け引きも見応えがあります。

☆AXN
Brothers&Sistere S4
Elie Stone S2

今シーズンのB6Sはやや面白みに欠けるかな?
とりあえずケヴィンとスコッティが安定しているので
落ち着いて観ています。
Elie Stoneはぶっ飛び過ぎの感じもしますが
あまり真剣に考えずに観てればいいかな。

☆Universal Channel
Fairly Legal

また法廷ドラマのようですが
コメディのジャンルに入っているので
笑って楽しめそうです。
Universalのサイトに全然説明がないので
とにかく観てその先どうするか
決めようと思います。
主人公がLifeのリースなのは
親しみが持てていいかな。

相変わらず多いなぁ。
トータル30本近くありますから。
でも月の途中から始まるドラマもあるので
まあなんとかお付き合いできるかなと思います。
溜めこんだらGWに一気消化かも。