INDEX    RSS    ADMIN

Without a Trace S6 「軍事司法統一法典32条」

やたらと難しい邦題なので
一体どんな失踪事件が起きるのか気になっていましたが
やっぱり難しい事件でした。

失踪したのは退役軍人病院で社会奉仕活動をしていたローラ。
ローラは万引きで逮捕されましたが
軍人の父が更生のために病院での奉仕活動を選ばせ
ローラは絵の才能があったので
兵士たちの義足や義手にタトゥーを描いてあげることにしました。
これはなかなかの評判でした。

ローラが軍事施設を狙ったテロにかかわっているのではという疑いが出てきて
確かにローラはその一味だったんですが
手や足を失った者たちの苦しみや父の姿を見ているうちに
考え方が変わっていったんですね。
戦争で受けた恐怖や残酷な惨状を
忘れようとしても忘れることができない。
それがトラウマとなって戦地から戻ってきても
兵士たちを苦しめます。
ローラ父も意識のないまま危険な行為に及んでいたし
ジャックも父に苦しめられたことを思い出します。
そしてローラは義足の兵士ダニエルに出会ったことで
自分の考え方が変わっていきます。

ダニエルってBonesで
アンジェラと付き合ってたけど別れちゃったウェンデルですよね。
イメージが違ったけど真面目そうで好感が持てました。
でも事件に絡んでいる人のお約束で
嘘をつきまくっているけど。
戦地で何があったか知らせるべきだ。
ローラもその考えに賛同し
小競り合いがあって結局銃の引き金を引いてしまいます。
ダニエルも、ローラの父も彼女を国外に逃がすことに。
だから失踪したんじゃなくて、自ら姿を消したのですが。
ジャックはあえてさっさとローラを探そうとしませんでした。

ヴィヴとグラントは特捜班を立ち上げることになりましたが
ヴィヴに無断でグラントがSWATを要請したことで
ヴィヴがかなり怒ってました。
グラントも重要な容疑者をヴィヴが帰したことが気に食わなかったようですが
何がどう間違ってるのか、理路整然と述べて相手を説得するヴィヴはかっこいい。
だからジャックが暴走してもこのチームは大丈夫なんだよね。
スポンサーサイト

Glee S2-#13 「ビーバー・フィーバー」

うーん。
なんだかS1の頃のワクワク感が薄れてる気がするな。
今回はカートがいないというあり得ない?展開に
まずがっかりだったんですが。

Justin Bieberも名前しか知らず。
Songs for Japanでやっと曲に出会ったかなって感じで
本当に今時の音楽を理解してないのが問題なんだよね。
確かにビーバーは12歳以下向けなのかもしれないけど
サムたちがビーバー・フィーバーしてたら
なかなかいい感じだった。
女の子たちは大騒ぎ。
絶対なびかなかったフィンでさえ、ファッションの真似をしてたもんね。

サムはクインとフィンの関係が心配。
クインはサムをじらしてくるし。
でもビーバー効果はありました。
ところがサンタナがサムにお節介を。
結局サムはクインと別れてしまいます。
でもフィンとクインが進展するでもなさそうだし。

いつの間にかブリタニーがファッションアイコンに。
レイチェルは不満タラタラでしたが。
パックはまだ懲りずにローレンにアタック中。
そしてローレンがついにソロデビュー。
"I Know What Boys Like"この曲は知ってました。
緊張せずに歌うために客の下着姿を思い浮かべろって
パックの怪しげなアドバイスは
ちょっと目の保養になったかな。

チア部解散で行き場のなくなったスー先生が荒れていたため
エマとウィルはスー先生をグリー部に入れてあげます。
アメフト部だって立ち直れたんだからスーだって。
でもスーはこれはグリー部を潰す絶好のチャンスと考え
レイチェルとメルセデスに歌姫対決をさせます。
結果はお互いが見事な歌いっぷりに感動し合って期待外れ。
そのあとウィルがスーを小児病棟の子供たちのところへ連れて行き
一緒に歌ったのにはちょっとビックリしました。
いいことなんですけど
ドラマの人気が出るとこういう方向に走るのは
なんだか違和感があります。
そのあとみんなで大合唱した
My Chemical Romanceの2Sing"は素晴らしかった。
スー先生が生き生きしていてかっこよかったし。
(チェック柄シャツにまで三本線入りなのに圧巻)
だけどスー先生はライバルチームの顧問になることに。
今度はシビアにステージ上で対決かな?

My Chemical Romanceも知らないバンドでしたが
Singを日本のために歌ってくれていたのですね。
元気がもらえていい曲だな。
Gleeをきっかけに素敵な曲に出会えるのは嬉しいです。



CSI:NY S6-#21 「放課後の銃声」

地味な事件だけど面白かった。
まさかの意外な展開も楽しめたし。
こうやって一つの事件をじっくり見せてくれるのっていいかも。

学校帰りのニッキーが腹部を撃たれて道路にばったりと倒れ重傷。
弟のサムが呆然と立ち尽くしています。
オーブリーとデート中?のマックが現場を通ったから
すぐにニッキーは病院へ搬送されオーブリーが執刀。
ドンちゃんがサムの事情聴取をはじめ
CSIのメンバーが事件の証拠を見つけ始めます。

ニッキーが撃たれたのはその場ではないことがわかったけど
撃ったのは誰?
ドンちゃんはPCで犯罪者の顔写真をサムに見せますが
動揺しているサムの答えは曖昧。
仕方なくサムの話を聞きながら
ドンちゃんはモンタージュ写真を作りました。
搬送されるニッキーがサムに何やら口止めしてましたが
二人の父は数か月前にがんで死亡。
父は亡くなる前にニッキーに自分のロレックスを
形見にと渡していました。
ニッキーは母に持ち出しちゃダメと言われてるのに
そのロレックスをはめて登校。
すると怪しげな男に追いかけられ
時計を渡すように言われ、抵抗したら撃たれ時計も奪われたと
サムはドンちゃんに話します。

ニッキーの詰めに残っていたDNAと
サムの供述で作ったモンタージュ写真から
怪しげな男ジョニーが逮捕されます。
確かにジョニーはロレックスをはめてました。
だけど銃で撃ったことは否定。
しかもサムも面通しでジョニーを選びませんでした。
どこか変。
ニッキーが撃たれた路地の現場にも
血と一緒に赤い染料が落ちていたり
ゴミ箱に銃が捨てられていたけど最近使用されていなかったり
サムの供述とは違うことが次々に出てきます。

アダムが豚さん相手に弾道チェック。
どうでもいいけどNYは実験用豚さんが豊富ですね。
現場に残っていなかった銃弾は
ニッキーがしょっていたリュックにとどまっているだろうと判断します。
ではリュックはどこ?
携帯が入ってるはずなので電話すると
カストロという男の家にありました。
マックとステラとドンちゃんはカストロを逮捕しに行きますが
逃げたカストロは車にひかれて死亡。
彼の持っていた銃がニッキーを撃った銃でした。
そしてニッキーのリュックから染料に染まった札束が。

ここで事件の全貌が見えてきますが
ドンちゃんは見事に小学生に騙されてました。
サムは自分が嘘を付き通さなければならないことで動揺してたんだけど
ドンちゃんは事件を目撃した恐怖でと勘違いしてたんだね。
だから証拠が一致しなくても、サムをかばおうとします。
人間味あふれる刑事としてはよろしいけれど
子供を侮ってはいけませんよ。

だけどこの子たちにも同情の余地あり。
お母さんが家賃が払えなくなって四苦八苦している様子を観た二人は
家賃を確保するために銀行強盗に行きます。
だから要求した金額も家賃分の933ドル。
脅しに使った銃は弾を入れてなくて
それでも強盗はうまくいきました。
だけど一部始終をカストロに見られて
ニッキーはリュックを奪われ腹部を撃たれてしまいます。
そのとき札束についていたダイパックが破れて
赤い染料がぽたぽた垂れていたのでした。
事情がわかって銀行もニッキーを起訴せず
ニッキーの回復の兆しが見えてきてめでたしめでたしですが…

やっぱり子供が街中でロレックスをはめちゃいけません。
銀行強盗も間違いなくばれます。
そして嘘もついちゃだめだよ。
たまには引っ掛かってくれる大人もいるけど(苦笑)
ついでにマックとオーブリーの恋愛ドラマは不要だと思うんですけど
(どうやらこれで終わるみたい…よかった!)

Law&Order SVU S8-#17 「Sin」

30代半ばの男性の遺体が聖母マリア教会の墓地で発見される。身元不明の遺体は裸のまま仰向けにされ両手をクロスさせていた。眼球がえぐり取られレイプされた痕跡があった。眼球はカラスにつつかれてなくなっていたが、死因は口の中に押し込まれた錠剤の袋による窒息死と考えられた。錠剤はUWSAと刻印された覚せい剤で、東南アジアの密輸組織から入手されたものだった。
SVUは男性がこん睡状態だと情報を流し、病院を訪ねてきた女性が遺体は息子のリチャード・アントリムだと確認する。リチャードは役者を目指し、ニック・ベンチレーというf芸名で活動していた。
SVUがリチャードの家を捜索すると、PCや電話機などがなくなっていたが、つぶされ落ちていた携帯電話で最後に受けたメールを確認する。メールの発信先は倉庫で、「悪魔の家」というショーのリハーサルの最中だった。
リチャードはポルノサイトを立ち上げ、ドラッグを使ったセックスで商売をしていた。リチャードは悪魔の家のショーを主宰していた「新たな魂」教会との通話記録が残っていた。教会のジェブ・カーティス牧師はゲイ反対論者だが、信者が男娼と寝ていると考えられた。
SVUが教会に事情聴取に行くと、カーティスはアフガニスタンで戦死した息子ジョナサンの葬儀の最中だった。カーティスと妻ハンナの間にはジョナサンを含め10人の子供がいる。カーティスはリチャードを知らない、事件のあった晩マンハッタンで説教していたと話すが、ベンソンはカーティスが涙をぬぐって落としたハンカチを拾っておく。
検視の結果、リチャードの窒息はソファに顔を押し付けられたからと判明、錠剤は偽装工作だった。また遺体に残っていたDNAがカーティスと一致する。
同性愛は神に反すると唱える神父が男娼と情事に走ったことに対し、ステーブラーはカーティスを教会へ連れて行き、罪を犯していないなら神の前で無罪を宣言するよう促し、自ら懺悔を始める。するとカーティスは責任を取る、私が殺したとリチャード殺害を認める。
罪状認否でカーティスは100万ドルで保釈となるが、弁護士マードックはステーブラーがカーティスを強引に教会に連れて行き自白を強要したと主張し、判決に対し不服を述べる。ステーブラーは脅しを否定するが、カーティスを有罪にする新たな証拠が必要になる。
教会の会計士トレントの話では、教会カtら毎月2400ドルがリチャードが住むビルを所有しているランダーズ不動産に送金されていた。
ハンナが教会の留守電に残っていたカーティスと男の電話のやり取りの録音テープを持ってくる。リチャードがカーティスに金を無心し、カーティスが断るとリチャードが脅しをかけてくる内容だった。ハンナは夫が不貞を働いたことを嘆いた。
証拠のテープを突き付けられて、カーティスは「責任を取るが私を裁くのは神だけだ。罪を犯していない。」と断言する。その直後カーティスは教会で撃たれる。腹部に2発銃弾を受けこん睡状態だが、撃たれた体でカーティスは聖書の雅歌のページを開いていた。これは妻への愛の詩だった。
ハンナが告解の手紙をステーブラーに渡す。ハンナは家族や教会を裏切った夫を許せず、夫を撃った。
ステーブラーはカーティスの妻への愛を確かめ、彼はゲイではないと判断する。リチャードと関係を持っていたのは息子かもしれない。娘の話によると「悪魔の家」に関わっていたポールがゲイだった。ポールはリチャードとの関係を認めるが最後に会った時もリチャードは生きており、父が殺したのではと疑う。父に謝りたいと言い出したポールは意識が戻ったカーティスと会い、二人の会話からリチャードを殺したのはカーティスではないことがわかる。リチャードを殺したのはポールとリチャードの関係を知って教会がつぶれると恐れたトレントだった。

墓地に捨てられた男性の遺体は、置かれた状態から悪魔崇拝の儀式に見えましたが、口に押し込まれドラッグから麻薬組織の縄張り争いとも考えられました。男性の身元の特定や容疑者をおびき出すために、クレイゲンは男性が生きているとして公開捜査に踏み切り、ベンソンとステーブラーを医師に扮装させ病院に張り込ませます。作戦通り男性の母親が訪ねてきて、男性の身元がわかりました。
殺されたリチャードは男娼でしたが、通話記録から「新たな魂」教会のカーティス牧師との接点が見えてきます。リチャードに残されていたDNAがカーティスの物と一致し、同性愛や中絶を罪と教え、自らも妻ハンナとの間に10人の子供を持つカーティスが、なぜ男娼と関係を持ったのか?今まで抑えてきた欲望が爆発したのではと考えたステーブラーは、神の言葉は絶対で、罪は神との間に成り立つと話すカーティスを教会に連れて行きます。教会でなら真実が述べられるはず。案の定カーティスは責任を取るとしてリチャード殺害を認めます。
だが弁護士はこれを被害者の権利を侵した不適切なものと主張。判事も教会は取調室ではないとしてカーティスの証言は無効となってしまいます。
カーティスがリチャードを殺害した証拠を探っていると、ハンナがリチャードと夫の通話の録音テープを持ってきます。夫の不貞を知ったハンナは、マスコミにも騒がれ始め子供たちを守らなければならないという思いが強くなっていました。テープという証拠を前にして、カーティスは再び「責任を取る。」と発言します。だが自分を裁くのは神だと断言。ステーブラーはデニス神父に会ってカーティスの言葉についての解釈を話し、「責任を取る。」というのは自分の言葉に責任を取ることで、リチャード殺害とはつながらないと判断します。、その直後カーティスはハンナに撃たれます。
カトリックの学校で聖書を勉強していたステーブラーは、撃たれたカーティスが開いた聖書のページは、妻への愛を示していると理解し、彼がゲイではないことを確認します。そしてカーティスと同じDNAを持つ息子たちに目が向けられます。兄弟の秘密を知っているのは姉妹たち。ルーシーに話を聞いてみたら、ショーの一員のポールがゲイだとわかりました。
ポールは「リチャードがショーの選考会に現れてから付き合い始め幸せに暮らしていた。だが父に知られ、父はリチャードに手切れ金を渡した。そして一度は別れたがまた会うようになった。殺された晩もリチャードに会ったが彼は生きていた。」と話します。ポールは父がリチャードを殺したと思っていましたが、父を苦しめたことを詫びようとします。だが実際にリチャードを殺したのは教会の腐敗を恐れたトレントでした。カーティスがハンナにポールとリチャードのことを話していれば誤解も生まれなかった。逮捕されたハンナはカーティスとポールに会いお互いを許します。
カーティスを演じているのはPrivate PracticeのDrピート役のTim Daly。ハンナはベテラン女優のKathy Bakerと豪華ゲストが素晴らしい演技を見せてくれました。
ステーブラーは事件がなければキャシーと会う約束をしていました。復縁に向けての話し合いをする予定だったらしいですが、うまくいくのでしょうか?

Private Practiceはさっさとリタイアしてしまいましたが
Tim Dalyは好きなオヤジ♪なので大満足でした。
教会でステーブラーとダブルでの涙目は素晴らしかった!!

ところでSVUのS13に関して
Mariskaが契約にサインしたものの
出番が少なくなるってことで
代わりにJennifer Love Hewittが出演なんて話も出てきて
まさか性犯罪でもゴーストとおしゃべりするのか
勘弁してくれ!って思ったのですが
今度はMeloniが契約にサインしないなんて話も出てきて
ステーブラー降板ですか?
ベンソンとステーブラーがいなかったら
それはSVUじゃないでしょ。
俳優にとっては一つのキャラクターに
十年以上も拘束されるのも考えものだし。
そろそろステーブラーじゃない
ぶっ飛びMeloniを観たいっていうのも正直なところ。
だけどステーブラーのいないSVUも考えられない。
代わりにLeeなら許すけど(苦笑)
だったらさっさと打ち切りもありなのかなと
大好きなドラマなのに別れを告げたくなってきました。
あまりにもベンソン&ステーブラーの個性が強すぎましたか。
それがSVUの魅力なんだよね。
幸い日本ではあと4シーズン突っ走ってくれるはずなので
じっくり楽しませてもらいましょう。

6月のドラマ視聴計画

GW以降溜め込んだドラマが全然消化できず
1週間遅れで観ているドラマが多々あります。
さらに次がしばらくないのをいいことに
ほったらかしのシーズンファイナルとか。
時間的に無理なので
もう少し減らさなければならないのはわかってるけど
なかなか潔くリタイアできなくて。
もしかしたら初めから近付かない方がいいのかも。

☆NHK Eテレ
90210 S2

教育テレビってそんな名前に変わっていたんですね。
ビバヒルそろそろ卒業してもいいのかなって思うんだけど
これが案外楽しくて、重たいドラマを観た後の
気分転換になるんです。
しかし大きな問題が。
CSIとバッティングするんですよ。
CSI本家はこの際再放送の字幕版でもいいんだけど
ほっさんの字幕はありえないので
マイアミが始まったらこっちは自動的にリタイアかな。
地上波はもう一台のレコーダーで録画できるんですけど
そこまで頑張る必要があるのかも微妙だし…
もう少し悩みます。

☆NHK BSプレミアム
Desperate Housewives S6

カールの脱ぎっぷりに感心してましたが
この先はどうなるのかな?

☆WOWOW
CSi:S10
CSI:NY S6
Criminal Minds S5
Royal Pains S2
Medium S6

来月はテニスが入るので
ちょっとお休みがあるのが助かります。
その分CS視聴を頑張ります。
CSI:NYはシーズンファイナルなんだ。
寂しいな。

☆FOX
Numb3rs S5
Lie to Me S2
Glee S2
Burn Notice S3
Californication S3
NCIS S7
NCIS LA S2

大量ですね。どうしよう(汗)
Glee以外はなかなか観られずに溜め込みがちです。
しかもNCISとLAがセットは厳しい。
どっちか片方にしようかな?
となると分家を選びそう。

☆FOX CRIME
Law&Order SVU S8
Law&Order CI S5
NYPD Blue S9
Spooks S6 S7
Dexter S5

ここもまた多すぎる!
しかもどれも重たいし。
じっくり腰を据えて観ないとだめなのが辛いです。
だから狐本家にしわ寄せが来るんだな。

☆FOX life
(Commander in Chief)
Greek S2

Greekは楽しみ♪
いつ勉強しているのかわからない大学生たちですが
ハチャメチャキャンパスライフや
彼らの恋の行方が気になります。
特にカルヴィンに幸せになってもらいたいな。

☆Super!DramaTV
Close to Home S2
Without a Trace S6
Gossip Girl S3
The Mentalist S2

Human Targetは悩んだ末リタイア。
あまり深入りする前に止めてしまうのはいいことです(苦笑)
つまらなくはなかったんだけど
ぶっ飛びすぎる部分がちょっと苦手だったのと
字幕版なら観てたかもという微妙な理由で。
先のことを考えますか。

☆AXNミステリー
Kommissar Rex S4
Mad Dogs

REX面白すぎ♪
イケメン刑事とお利口ワンコは目の保養ですが
事件はハチャメチャ。
心おきなく突っ込ませていただいています。
こんなに笑える刑事ドラマでいいのでしょうか?
Mad Dogsはキャストが素敵だし
風光明美な感じだし
でもイギリスドラマだからそれなりに複雑なのかな?
楽しみにしています。

☆AXN
Hawaii Five-O
Nikita
La Femme Nikita S1

Hawaii Five-Oはキャストが好みだし
パイロットが楽しめたので継続視聴決定。
ニキータは絶対旧バージョンの方に入れ込むんだろうな。
新ニキータを無視して旧バージョンのマイケルに
うつつを抜かしていてもお許しください。
二本立てが難しかったら
間違いなく旧バージョンを選びます(苦笑)
イーライはやっぱり挫折しました。

☆Universal Channel
'Fairly Legal)
Covart Affairs S2

コバートはとりあえず先行パイロットをチェックして
視聴するかどうか決めようと思います。
1シーズン短いので頑張れるかな?

☆LaLaTV
True Blood S2
吸血鬼ドラマが帰ってきました。

スパドラが宣伝しているThe Eventの先行放送。
キャストに興味ありなんですけど
また頭の中が混乱する苦手タイプのドラマだよね。
絶対長続きしない気がする。
試しにトライしてみますか。

どう考えてもこれだけこなすのは難しい。
何を犠牲にしようかな?

Criminal Minds S5-#18 「2つのBAU」

Criminal Mindsのスピンオフ「Criminal Minds: Suspect Behavior」の
メンバーの顔見世興行的エピ。
もう一つのBAUに興味を抱かせるためには効果的だけど
クロスオーバースペシャルっていう表現は嘘なので
やめて欲しいです。
初めに本家BAUが、引き続いて分家BAUが捜査するなら
クロスオーバーでいいんだけど
合同捜査でめでたく解決してしまったから
クロスオーバーになってないでしょ。

サンフランシスコで定期的に起きる殺人事件。
もともとこの事件に首を突っ込んでいたクーパーが
ホッチと合同で事件の捜査にあたります。
そんなわけで捜査官の人数が多すぎて
バタバタしているうちに終わった気が…
でももう一つのBAUな人達はなかなか魅力的で
スピンオフへの関心が膨らみました。

とはいえクーパー役のForest Whitakerって
どうも嫌味で怪しげなオヤジの印象が強いんですよね。
The Shieldのカヴァナーは心底嫌な奴だったし。
だから素直に受け入れられるようになるのに
ちょっと時間がかかるかな。
ついでに彼があんなに身軽に動けるとは意外でした。
重たそうなキャラばかり観てたから。

それより気になるのがチームメンバーのミックとプロフィット。
ミックはイギリスの特殊部隊出身のスナイパーで
さすがに高いところに強くて銃の腕も確か。
プレンティスとの掛け合いが面白かったけど
彼の場合やはり字幕版でイギリス英語を楽しむべきだったのかなと
ちょっと後悔しています。
なかなかのイケメンだし、人気急上昇かな?
プロフィットは刑務所出身?という相当変わった経歴の持ち主。
6年3カ月服役してたってことはそれなりの犯罪者だったのでしょう。
釈放後は心を入れ替えてFBIに。
これは他のドラマではめったに出会えない貴重な存在です。
なにしろ刑務所に強い。
ロッシがサン・クエンティンに収監中の囚人に話を聞きに行くことになった時
古巣をよく知りつくしているプロフィットがお伴します。
演じてるのはLevel 9のティブスなので
正義感の強い男に思えます。
額もますます広がり好みかも(苦笑)
だけど何をやらかして服役していたのでしょう。

他に士官学校よりFBIを選んだジーナと
そしてガルシアがこちらでも活躍するんですね。
誰とどんな会話を電話で楽しむのか気がかりです。

事件の方はとにかくボスコが痛そうで…
かつてS2でヤク中オヤジとして登場、
世間に迷惑をかけたボスコが復活しました。
今度はティーンエイジャーの娘をもつ普通のオヤジ。
ボスコもいつの間にか父ちゃんになってしまったかと
ビバヒル組のオヤジ化にまたしみじみしなくてはならないのですが
不幸なボスコは犯人に娘とともに拉致され
犯人の思いこみの犠牲となって
ひたすら戦い傷つけられていました。
TWでボロボロボスコは見慣れてるので驚きはしませんが
クリマイに出てくるとどうしていつも不幸なの?
お気の毒です。
悪者じゃなかったのは幸いでしたが。

CMSBは秋にオンエアされるようですが
1シーズンでキャンセルらしいですね。
せっかく楽しみにしてたのに、もったいないな。

Kommissar Rex S4-#3 「千の顔を持つ男」

REX4-3-1.jpg

イケメン刑事に変わっても相変わらずツッコミどころ満載で面白すぎる♪

スーパーで買い物をしている爺さんが
突然レジで店員に銃を向け「金を出せ」と脅し始めます。
大金がある銀行や、従業員が一人のコンビニなら納得だけど
従業員多数のスーパーで一人で強盗は大胆でしょ。
案の定店長(あまりにも情けないので警備員の兄ちゃんだと思ってました)は
防犯カメラの映像で強盗を発見。
さっさと警察に通報すればいいのに
銃を持ってのこのこ売場へ出てきました。
異常を知らせたのはレジの店員でしたが
ばれて爺さんが発砲。
店長が銃を向けると、爺さんは店長のこめかみに一発ズドン。
爺さんは射撃の名手でした。

ヘララーもベックもファッションに気を使っています。
イケメンアレックスに対抗してらしい。
アレックスもいきなりスーツにネクタイ姿で登場。
クリスもネクタイはしなかったので、彼のネクタイ姿は
さすがに違和感ありました!
ってわけでやっぱり変だぞということになり
アレックスはさっさとネクタイをはずしワイシャツを脱ぎます。
そして事件がないから飲みに行こうって
今出勤したばかりなのでは?
しかもソーセージパンを4つ、電話で注文したばかりなのに。

爺さんは金を袋に入れたまま
覗き部屋へ直行。
小銭に両替して、ストリップを見物…
と思いきやさっさと着替えメイクを落とし始めました。
中年オヤジが爺さんに変装していただけだったんだね。
その間お姉さんはくねくねとストリップ中。
これって視聴者サービス?
オーストリアのテレビは不思議です。

スーパー強盗の通報を受けて3人+1匹は捜査開始。
目撃証言から爺さんの足取りが途中で途切れることがわかります。
ついでにベックが覗き小屋に詳しいことも。
別の事件で行ったと断言してましたが、本当でしょうか。

爺さんは変装オヤジらしい。
似たような事件をたどっていくと
プレスリーとゲバラとアインシュタインが強盗を働いたようで
一人の人物が変装し分けるとなるとなかなか大変っていうより
どうして有名人にという疑問が出てきます。
職場のPCも進化して
似顔絵の操作も簡単になってきました。
この間ベックはソーセージパンをレックスに取られないように
机に釘でうちつけてましたが
さっさとレックスに食べられちゃいました。
ベックの学ばなさ加減は天下一品です。
そしてアレックスが手や表情で
レックスに指示を出すことに感心したベックは
自分もやってみようとしますが
当然うまくいきません。

実は変装オヤジは「千の顔を持つ男」で
相棒の「のこぎりミュージシャン」とペアで舞台に立っていました。
しかし金を貯めで高跳びしたいと考え強盗を続け
でもまさか死者を出すとは思わなかったので
のこぎり男は焦ります。
アレックスは舞台のオーディションを覗きこみ
千の顔を持つ男が犯人だと断定。
ベックが彼が住んでいるトレーラーに行きます。
ところがいたのはのこぎり男。
大した情報も得られずベックは帰ってきますが
メイク落としのクリームに手を突っ込み
(わざとやったと思ったんだけど偶然だったんですね。
ベックにそこまで知恵はないか)
クリームが取れないと大騒ぎしてたら
アレックスは変装オヤジがのこぎり男に変装していたことに気づきます。

ところでレックスが家から出ないので
代わりにアレックスが元モーザーの家に引っ越してきました。
ベックが引っ越し祝いを持ってきたら
アレックスはサンドバックを叩いてトレーニング中。
家の中はきちんと片付いていて
本棚には本がずらっと並んでいます。
これではアレックスの寝坊なんてあり得ない感じ。
ついでにベックはレックスのパンチを浴びて倒れてました。
さらにアレックスのサンドバックもレックスに破られ…
室内トレーニングは無理ってこと?

変装オヤジの住むトレーラーへ行ったアレックスとベックは
彼の服を見つけ、レックスににおいをかがせます。
変装オヤジは覗き小屋の近くに隠れてるだろうって
ウィーン市内には覗き小屋も多数あるようです。
ところが彼が潜んでいたのは宮殿。
そこには両替所があるようで
ますますウィーン市内は謎だらけ。
その隣に動物園があって
変装オヤジは動物園に隠れてしまいました。
レックスは動物園で飼育係に化けたオヤジを追跡。
動物のにおいに邪魔されるとアレックスも心配してましたが
ゾウやらライオンやらにもめげず
レックスはせっせと走ってました。

オヤジは動物園内のカフェに入ると
カフェの客や子供を人質にとって立てこもります。
ここからは人質救出作戦スタート。
オヤジは車に積んであった金の入ったケースと
子供を交換すると言い出し
子供は外へ出してもらえました。
続いてバスでの脱出を要求してきたので
アレックスはバスの下に張り付いて一緒に動く覚悟を決めてましたが
中で銃声がします。
変装オヤジは自ら怪我人に扮し
さっさと出してもらおうと企てていたのでした。
客たちの服を脱がせたまではいいが
オヤジが選んだのはウェイトレスの着ていたメイドファッション(笑)
それをオヤジが着るかい??
単純にコスプレ願望だと思いましたが
そんなこと言ってる場合じゃない。
メイドオヤジは血糊を塗ってふらふらと外へ出てきましたが
どう見たってコスプレオヤジでしょ。
どうして誰も気づかないんだ??
結局レックスの鼻が見破り
あとはレックス&アレックスの連係プレーでオヤジを確保。
またあり得ないようなドラマが展開したのでした。お疲れ様。

Without a Trace S6-#11 「4階G号室の男」

Happy Birhtday Eric!

今日はEric Closeの44歳の誕生日ですが
このエピはEricが監督を務めていました。
確かにマーティンの出方は地味だったかも。

失踪した私立探偵スコットは
彼の行動を振り返ってみると
自業自得なのかなという気がしないでもないけれど。
持病の糖尿病に対しても無頓着になってるし
でも探偵業という仕事上
いろいろなことが犠牲になるのも仕方ないかな。
コインランドリーで働いている若者アダムが
里親に辛い目に遭わされているのを
我慢できなくなったスコットが
アダムを捨てた父親を見つけ出したのは
スコットにとってはよ彼と思ってやったことだけど
再会のタイミングが悪すぎました。
その結果被害を受けたのはスコット自身。
正しいと思うことをすべきだけど
余計なことに首を突っ込むのもどんなものか
難しいところです。

誘拐、監禁されていたジェニファーは
自宅に戻ってきてからすっかりふさぎこんだまま。
ジェニファーを元気にできるのはジャックしかいないと考えた母テリーは
ジャックに助けを願い出ます。
カウンセリングは専門ではないのでジャックは躊躇していましたが
ジェニファーの様子を見て
何とか助けてあげたいと思ったようです。

ところでIMDbによると
今回がオヤジキッドのラストエピみたい。
有終の美を飾ってか、しっかり出番がありました。
こんなに真面目に働いているのに
リストラに遭ってしまったのか?
真相は謎です。
きっとわからないままに終わるんだろうな。
ボランティアでいいので
またちらっと顔を出してくれたら嬉しいんだけど。

wat6-11-1.jpg
いかにもキッドらしい表情。

wat6-11-2.jpg
オヤジ化が進んでるのはまあ仕方ないか…

Glee S2-#12 「バレンタインに贈るラヴ・ソング」

Vol. 5-Glee: the MusicVol. 5-Glee: the Music
(2011/03/08)
Glee Cast

商品詳細を見る


Glee: The Music presents The WarblersGlee: The Music presents The Warblers
(2011/04/22)
Glee Cast

商品詳細を見る


ドラマを観た後、iPodに取りこんである今週の楽曲を
もう一度おさらいしていますが
カートがワーブラーズに参加してから
サントラを2枚チェックしなければならなくなりました。
ちょっと面倒(苦笑)
ついでにメインのサントラはついに「6」がリリース。
出たら出ただけ、さっさと買い続けてるので、本当にGleeだらけです。

バレンタインデーに恋の歌を♪
それぞれが個性的な曲をチョイスして面白かった。
パックはすっかりローレンに惚れこみ
全くローレンは相手にしてくれないけれど
簡単に落とせないところが
ますますパックを夢中にさせているのかな。
QueenのFat Bottomed Girls
ローレンに捧げる歌だったとは。
パックのパフォーマンス、かっこよかったです。

フィンにはクインの突然のキスが強烈過ぎた!
アメフト部優勝で調子に乗ってるフィンは
自分と女の子がキスできる権利を売り出し
売り上げをグリー部の部費に寄付することにします。
これなら堂々とクインとキスできる。
でもクインはサムと付き合ってるままだし
一方レイチェルが現れます。
レイチェルにキスしつつ
別れる前に用意していたプレゼントをフィンはレイチェルに渡します。
レイチェルに対してもちょっとは未練があるのかな?
レイチェルの方は未練たっぷりだたけど。
クインはフィンとサムの間で揺れ
結局クインはこっそりもう一度フィンとキスします。
ところがサンタナが入ってきて嫌がらせ。
キスで移る病気をフィンに移してあったので
結果的にクインにも病気が移ってしまいました。
フィンがキスして見えた「花火」の感動は
レイチェルの「FIrework」で歌われます。
ついでにハッピーな恋が続いているアーティとマイクは
Michael Jacksonの「P.Y.T.」を披露。
こちらは本当に幸せそう。

カートはブレインが
バレンタインに好きな人に歌をプレゼントしたいと言い出したので
ワーブラーズが校外で歌うことを勧めます。
伝統を重んじるワーブラーズにはありえないパフォーマンスなんですけど。
カートは密かにブレインが自分を思ってくれていると
期待していました。
でもブレインが歌う場所はショッピングモールだとわかってがっかり。
ブレインが恋しているのはメンズショップ(Gap?)で働いているジェレマイアでした。
確かにイケメンだよね。
見事なパフォーマンスを披露したのに結果は散々。
ジェレマイアは仕事をクビになり、未成年とは付き合えないと
ブレインはあっさり振られてしまいます。
だけどジェレマイアをこのまま放置しておくのはもったいない!

カートはもしや自分ではと思ってたと
素直に気持ちを伝えます。
ブレインは面喰いつつ、お互いの友情を大切にしていくことを約束します。
お互いをよくわかっていても
恋することはまたちょっと違うよね。

最後は恋人がいる人にもいない人にも
ワーブラーズが捧げる極上のラブソング
Paul McCartneyの「Silly Love Song」
名曲です。
しばし癒されました。

Desperate Housewives S6-#7 「苦手な存在」

今度はさっさと観ました。
その分他のドラマを溜め込んでるけど(汗)

スーザンの留守中
ジュリーがニックと言い争っているのをリネットが立ち聞き。
ジュリーはリネットに不倫相手がニックだったことを告げます。
リネットはアンジーに気づかれないようにニックに忠告。
逆にニックに脅されます。
ニックって相当の危険人物なのかな?
でもリネットっとトムがジュリーを暴行したのはもしやニック?と疑ったら
ジュリーははっきりと否定していました。
やっぱり謎のオヤジですね。

スーザンはジュリーを暴行したのはキャサリンではないかと
警察に捜査を依頼しに行きますが
待っていた女性刑事デニースは
スーザンの高校時代の同級生でした。
スーザンは何も覚えてないけど
デニースはスーザンにムースというあだ名をつけられて馬鹿にされるし
BFは横取りされるしと恨みつらみが溜まっていました。
今こそリベンジのチャンス。
スーザンはイヤーブックでデニースを確認し
過去の悪事を思い出した時はすでに遅し。
デニースはキャサリンに事情聴取すると
キャサリンを撃った罪でスーザンを逮捕してしまいました。
口は災いのもと…ってスーザンは全く学ばずに
ここまで来ちゃったからどうしようもないね。

アンジーにディナーに呼ばれたブリーは
オーソンと一緒に家を訪ねます。
次々に出てくるのはイタリア風家庭料理。
ブリーがアンジーを雇ってくれないか
これは料理の味見の会だったことをニックがばらしてしまいます。
ブリーはさっさと断りますが
その後結婚式のケータリングで
イタリアの家庭料理をオーダーしたがるカップルが現れ
ブリーはアンジーに嘘をついてレシピを拝借。
アンジーはプライベートな頼みだと思ってレシピを貸してあげますが
自分のレシピでブリーが儲けようとしたことを知って激怒します。
レシピを取り上げられたブリーはイタリア料理にお手上げで
結局アンジーに手伝ってもらいたいと頼みます。
アンジーはウィステリア通りの妻たちを
上手に手中に収めていますね。

ホワニータの自宅学習を始めたガブリエルは
分数が教えられなくて四苦八苦。
そのときガブリエルが家事と教育では忙しくなるからと
雇ったメイドのイヴァナがホワニータにうまく分数を教えてくれました。
イヴァナは祖国では数学を専攻していたけど
アメリカではメイドになるしかなかったのですね。
ガブリエルはイヴァナに家庭教師を任せることにしましたが
今度は家事がおろそかになってしまいます。
イヴァナがホワニータに教えていると知らないカルロスは
イヴァナをクビにして、他のメイドを雇ってしまいました。
ガブリエルは慌ててイヴァナの次の雇われ先にホワニータを連れていき
自分がメイドの仕事を請け負い、ホワニータに勉強を教えてもらう始末です。
自宅学習はとても大変。
だけど早く帰宅したカルロスは、ホワニータの勉強をきちんと見てあげていました。
苦手なのはガブリエルだけですか…

リネットの妊娠がいよいよばれてきそうで
また大騒動になるのかな?

Law&Order SVU S8-#16 「Philadelphia」

ベンソンが張り込みをしていると、リバーパーク署の二人組の刑事に見つかる。ステーブラーはベンソンを追ってきたが、二人ともニュージャージーまで来て張り込んでいる理由を話さないため、リバーパーク署に連行される。刑事たちはレイプ事件の容疑者サイモン・マースデンの動きを見張っていたのだが、サイモンはベンソンがDNA鑑定の結果見つけた弟だった。
セントラルパークでは男性のレイプ事件が立て続けに起こっていた。どの事件も被害者は白人二人組が乗っているバンに引きずり込まれ、暴行された跡片方の男にレイプされていた。3人目の被害者ロニーにベンソンとステーブラーは写真での犯人捜しや証言を頼むが、ロニーは自分はゲイではないし、2週間後に結婚するのでフィアンセに知られたくないと協力を拒む。
ベンソンはDrファンに頼んでサイモンのファイルを入手、サイモンは17年前に下着泥棒をして逮捕され、その後殺人事件が起きたときDNAを提出していたので記録が残っていた。現在はニュージャージーで夜間薬局に勤務し、恋人のルーシーと6歳の息子と一緒に住んでいた。
リバーパーク署のミルフィールド警部はサイモンを逮捕する機会をうかがっていた。サマンサ・ホーキンス他レイプの被害者はみなサイモンが勤務する薬局を使っていて、レイプ事件は彼が勤務していない昼間に起きていた。ベンソンはやっと見つけた弟がレイプ犯の疑いをかけられていることに複雑な心境だった。
セントラルパークのレイプ事件で使われたバンがまた動き始めた。ベンソン、ステーブラー、マンチ、フィンはバンを追跡する、その時サイモンの様子を恐れていたルーシーからベンソンに連絡が入り、二人は会う約束をする。ベンソンは電話しながら無線で指示を仰いでいたため、ステーブラーの指示と違う場所に行き、その間に4人目の男性レイプ被害者が出てしまう。被害者のキナウィもロニーと同様に暴行されレイプされていたが、やはり面通しや法廷での証言を拒んだ。Drファンは容疑者自身はゲイではないのにレイプされたことへのリベンジを行っていると考え、容疑者は刑務所でレイプされていたと断定する。ベンソンとステーブラーは容疑者を取り逃がしたことでクレイゲンから注意を受ける。
ベンソンはルーシーとの待ち合わせ場所に行くが、代わりに来たのはサイモンだった。サイモンはベンソンが刑事だと調べていて、自分を尾行している警官の仲間だと思って非難してくる。ベンソンは何も言わずにその場を立ち去った。
レイプ事件に使われたバンが放火され発見される。だが残っていた指紋から、トラピード兄弟が逮捕される。ロニーの証言があればレイプの容疑を固められるのだが、ロニーはかたくなに面通しを拒否する。クレイゲンはトラピードを現行犯逮捕できなかったことを怒るが、その時フィンがボビー・トラピードは刑務所でギャングの持ち物だったという情報を入手してくる。
ベンソンの家にサイモンが訪ねてくる。サイモンはベンソンを尾行していた。サイモンは父の持ち物「今月の学業優秀者」として掲載されたベンソンの写真の切り抜きを見つけていた。父は半年前に死んでいた。ベンソンはサイモンに父の写真を見せてもらい、自分がサイモンの父の娘で、サイモンの姉であることを話しはじめる。ベンソンは性犯罪は遺伝すると伝えると、サイモンは僕は違うと断言し、ルーシーと結婚したい。父はいつも問題を起こしていたが優しかったと話す。
その晩サイモンがドナ・リオンテのレイプ容疑で逮捕される。ベンソンは事件の3時間前サイモンに会っていたことを伝え、サイモンと話をする場を作ってもらう。クレイゲンはベンソンの秘密を知ってあきれ果て、二人に家に帰るよう命じる。
トラピードが刑務所でレイプされていたことが証明され、犯行を認めるか、刑務所レイプ防止法設定キャンペーンで被害者役として実態を述べるかとの選択を迫られ、容疑を認める。
ステーブラーはベンソンの家を訪ね、サイモンが送ってきたイヤーブックを見ていえと、キャリー・ミルフィールドという名前を見つけfる。キャリーはミルフィールド警部の妹だった。サイモンは学生時代キャリーをダンスに誘った後キスし、その先へ進もうとしたら拒否されドレスが切れたと説明する。だが警部の話ではキャリーはその後学校をやめ酒浸りになっていた。ミルフィールドがサイモンを執拗に追っていたのは理由があったのだ。サイモンは否定するが、ベンソンは彼がレイプ犯だと確信した。その後サイモンは姿を消す。

冒頭ステーブラーに録音テープが向けられ、ステーブラーはベンソンについて話し始めます。「ベンソンは経験豊かでプロ。被害者との接し方がうまい、皆彼女を信頼している。」
続いてベンソンはステーブラーについて「最高の刑事。頭がよくて、勇敢でひたむき。お互いに何でも言い合える仲。」と話します。
ステーブラーはベンソンが州境を超えて勝手に張り込んでいた理由をごまかし、レイプ犯追跡に失敗した件でも、自分の指示が不明瞭だったとベンソンをかばいます。だがクレイゲンは無線の内容をチェックし、ベンソンが誰かと話していることに気付きました。
ベンソンは弟サイモンと話す機会を得ますが、サイモンは自分を張り込んでいる迷惑な刑事としか思っていませんでした。サイモンがルーシーや子供と楽しそうに過ごしている姿を見ていたベンソンは、家族のありがたみを強く感じていました。それだけに弟との出会いの印象が悪かったことにがっかりします。
男性のレイプ被害者は、まず被害について証言しません。だから現行犯で捕まえないと、危険人物を野放しにすることになってしまいます。クレイゲンはベンソンとステーブラーのミスに怒り「証言をさせるのが仕事だ。」と注意します。
サイモンがベンソンの家を訪ね、父が自分に関心を持っていたことを知ったベンソンは、自分の生い立ちを話し、姉であることを暴露します。好きなものはイチゴのアイスにカリカリのシリアル、「大草原の小さな家」より「爆発!デューク」だと話して意気投合する二人は、お互いを姉と弟と認め始めました。だがその直後にサイモンはレイプの容疑で逮捕されます。
サイモンの逮捕の3時間前に、ベンソンがサイモンと会っていたことを自ら認めたため、クレイゲンはベンソンの一連の隠しごとが分かってきました。ベンソンはサイモンが弟だとクレイゲンに話しますが、クレイゲンの怒りは頂点に達し、ベンソンをかばい続けたステーブラーにも向けられます。「君たちの後始末を何回もした。なのに私にこの仕打ちか?」と二人を怒鳴りつけたクレイゲンは、事件を一つダメにしたと指摘し、コンビ解消か他へ飛ばすかと脅しをかけます。
サイモンを追っていたミルフィールド警部は、妹がサイモンにレイプされたことへの復讐で、彼をずっと追い続けてきました。サイモンの容疑が固まっていく中で、性犯罪者の息子が性犯罪を犯すことに納得しつつも、僕はやっていないと訴える弟を姉として抱きしめるベンソンの思いは複雑でしたが、SVUの刑事としてのベンソンが、弟を犯人と認めていました。だがサイモンは姿を消してしまいます。
ベンソンとステーブラーに、お互いをどう思うか質問していたのは精神科医のレベッカでした。レベッカはクレイゲンに、二人は近づき過ぎだけど、二人を引き離したら優秀な刑事を二人失うと意見します。
ミルフィールド警部を演じていたのはCSI:Miamiのメーガン役やNYPD:Blueのラッセル役で活躍していたKim Delaney。ベテラン捜査官の貫禄が出ていました。

ベンソンの切なすぎる弟との出会い。
やっぱり性犯罪者でしたか…
遺伝は恐ろしいです。
そして謎だった父親も優しそうだし
ベンソンのことを気にかけていたんだね。

ついにクレイゲンがブチ切れました。
ここまでじっと我慢してきたのに
もう部下の不始末にやってられなくなったんだね。
そこでレベッカのインタビューが行われましたが
結論は二人を話してしまったら
SVUにはさらに大きなダメージが。
常に尻拭いさせられながら
クレイゲンは二人を抱え込まなければならないんですね。
ご苦労様。

ステーブラーとベンソンの絆はさらに強固に。
だけどS13ではゴーストのメリンダがレギュラーに入る噂があって
もしやベンソンとステーブラーのコンビ解消?
メリンダがゴーストと喋り出さないか心配だし(苦笑)
SVUのこの先が気がかりなところです。

Desperate Housewives S6-#6 「浮世のルール」

先週のエピをやっと視聴。
ちっとも片付きません(汗)

カールは一体どうしちゃったんでしょう。
ブリーへの思いは本物?
ブリーが別れ話を切り出したら
祖母の形見のブローチを渡しちゃうし
でもそれはスーザンにプレゼントしたもので
離婚のごたごたの際に取り返していたらしいです。
スーザンに追及されたブリーは骨とう品店で買ったと嘘をついて
その場をしのぎます。
さすがのブリーもカールのいい加減さに頭に来たら
今度はブリーに真剣にプロポーズ。
決して強引ではなく
だけどブリーをその気にさせてしまうテクニックって
さすがカールですよね。
ブリーはついなびきそうになってしまいますが
オーソンはブリーがブローチを買ったという店に
同じようなブローチを探しに行きます。
ところがその店は家具専門で
ついに嘘がばれちゃうのかな?

スーザンがキャサリンを撃った件について
キャサリンがスーザンに再び友達として受け入れてもらえないと
住民たちがスーザンを訴えるのを放置しておくと脅したために
スーザンは急に態度を軟化させます。
でも夜中にマイクに水道工事を頼んだキャサリンの家に一緒についていったスーザンは
キャサリンが全く変わっていないことに呆れてまた激しいバトルに。
ところでキャサリンに訴えるようにとアドバイスしたアンジーは
スーザンにもジュリーに暴行したのは
ジュリーをスーザンと間違えたキャサリンではないかと吹き込みます。
キャサリンもスーザンもアンジーに操られていたのか?
そんなアンジーは秘密の電話をかけていました。
まだまだ謎の部分が多そうです。

トムが大学で学生たちに交じってバーで飲みまくり
パーティーにも顔を出して
やってることが若者と一緒では困ると
リネットは説教します。
トムが若者たちに酒をプレゼントしたのは
テストの答えを教えてもらったお礼でした。
中年オヤジに中国語の習得は難しすぎた…
リネットはトムの嘘を責めますが
トムもリネットがカルロスに妊娠を隠していることを
嘘をついていると言い返します。

ホワニータがサンクスギビングの劇の発表会で
セリフを忘れて下品な言葉を口にしてしまったことで
校長はホワニータに罰を与えます。
するとガブリエルは罰が厳しすぎると反論し
ホワニータに学校を辞めさせ
自宅で教育を始めることにします。
でもガブリエルの無理矢理の勉強は
ホワニータの意欲をそいでしまいます。
ホワニータは罰を受けるつもりだったし
校長先生のことも好きだった。
娘の方がずっと大人ですね。

さて、今夜のエピはいつ観るのか…

Without a Trace S6-#10 「サンタクロース効果」

正しいクリスマスエピ。

クリスマスエピって
いろいろあっても
最後はめでたくメリークリスマスで終わるのが定番ですが
まさかWATでもそうなるのかっていうのが新鮮でした。

ショッピングモールの若者サンタが失踪。
ただのバイトのお兄ちゃんかと思ったら
彼が天才数学者だと判明。
チャーリーがバイトでサンタをやっていたようなものです。
そう考えるとチャーリーより似合ってたかな?

若者サンタのグレッグは年寄りサンタと喧嘩。
その背後にはグレッグがポーカーで絶対勝てる
カードを数える術を編み出し、
闇カジノで年寄りサンタと大儲けしたけど
ばれて追いたてられるという経緯があったから。
FBIを兄に持っていたら、こんなリスクは冒しませんね(笑)

でもこれは失踪の原因ではなく
グレッグが教授と組んで作っていた
企業の人員を削減し効率よく仕事するためのプログラムを見せてもらったGFが
だったら首を切られちゃった人はどうするのよともっともなことを言い出したため
グレッグは反省して大学を辞め
心を入れ替えてサンタになり恩返しをしていたのでした。
ところが教授が文句を言ってきたので
プログラムを作り変えて発表パーティーの場で見てもらうようにしたんだけど
護身用のピストルを間違えて発砲しちゃって
また騒ぎを起こしたグレッグは自首してきます。
結局全然失踪していませんでした…やれやれ。
せっかくなのでこれからは
FBIのために数学の力を発揮してはいかがでしょうか。
(とまたチャーリーがかぶってます)

久々にジャック大活躍。
脅しも気合が入りました。
ところがジャックってサンタさんに懐疑的。
子供のころにでもクリスマスに嫌な思いをしたのでしょうか。
でも無事事件が解決し
モールのサンタノイメチェンを図っている担当者は
ジャックにサンタになるように勧めてきました。
クリスマスだもん。断れないでしょ。
というわけでジャックはサンタさんになったらしいですが
誰か写真を撮ってオフィスに飾っておいてくれたら
嬉しいんですけどね。

Kommissar Rex S4-#2 「新パートナー 後編」

事件は続いていました…

前半の事件そのものが全然頭に入っていなかったので
AXNミステリーのHPから引用させていただきます。

同じ頃、イタリアの検事アマート(マッダレーナ・クリッパ)が、秘書のビアンキ(アンドレア・ティツィアーニ)と共にウィーンを訪れる。マフィアのボスを資金洗浄で逮捕できる証拠がオーストリアにあるため、その調査が目的だった。彼らは決定的な証拠が手に入ることが分かったが、ビアンキの妻がマフィアに誘拐され、情報を流さざるを得なくなる。

そしてマフィアの手下の二人組の殺し屋が
アマートの命を狙いに来たのが後半の始まりでした。
ところがこの二人組がどこが殺し屋?と首をかしげたくなるくらい
要領が悪くって。
アマートらがレストランに入った時に
道を挟んだ反対側のアパートからアマートを狙おうとした二人は
その家のおばあちゃんを窒息死させてしまいます。
そしてベランダから銃を構えるけれど
なかなか照準がアマートに定まらず。
そもそもおばあちゃんちから撃つのが間違いだったのでは?
やっとチャンス!だと思ったら
ミスチャンらしく(笑)黒猫が出てきて殺し屋がびっくりし
はずみで店の看板を撃ってしまいました。
でも誰も気がつかないのがウィーンの不思議なところです。
一方おばあちゃんのところに食事の宅配サービスを持ってきた担当者が
おばあちゃんがちっともドアを開けないので
郵便受けから覗いてみたらおばあちゃんが倒れてる。
てっきり心臓発作でも起こしたかと思った担当者は救急車を要請。
救急車が来たからどさくさにまぎれ殺し屋は退散しました。

おばあちゃんの不審死を知ったアレックスとベックは現場をチェック。
アレックスは部屋が使われた目的に気づきます。
殺し屋たちは武器の斡旋人に近づき
アレックスとベックは斡旋人を突き止めます。
斡旋人のアジトで斡旋人と殺し屋二人対
アレックス、ベック&レックスのバトルが始まりますが・・
ベックはすぐに倒されてさっさと離脱。
そのあと鼻の両方から鼻血を出して
情けないことになってました。
アレックスはしばし殺し屋たちと銃撃戦を展開します。
でも一対一になったときアレックスは武器を捨てるように強要され
素直に銃を手放すと…下でしっかりレックスがキャッチしてくれました。
ところが殺し屋はアレックスを撃つことはなく
妙に義理堅いというか…顔見られてるのにいいんですかね?
殺し屋は逃げちゃったけど、アレックス&レックスのコンビは
斡旋人を捕らえました。

ここでアレックスはレックスに感謝。
アレックスは爆発で相棒の犬を亡くしてしまい
また自分の耳も片方聞こえなくなってしまったのでした。
右耳がダメになったのかな?
完全無欠のヒーローに見えたアレックスですが
こんなウィークポイントがありました。
だからアレックスはレックスに
自分の耳代わりになってほしいと頼みます。

アレックスは今夜もレックスとモーザーの家に帰宅。
レックスがビスケットを食べようとしないので
自分が鼻の上にビスケットを乗っけて投げてキャッチ。
美味しそうに食べてしまいました。
あれって犬用ですよね…一応。
見本を見せてもらったのでレックスも気持ちが切り替わり
ビスケットが食べられるようになります。

斡旋人が持っていた携帯電話の履歴から
殺し屋たちの行き先は
アマートが資金洗浄を行っていた銀行の重役と会う場所だとわかります。
大分携帯の大きさが小さくなったと
時の流れを感じました。
もう時間がないのでアレックスはショートカットを実践。
なんと小型機にレックスを連れて、空から現地へ向かったのでした。
レックス、空を飛ぶ!
モーザーではありえなかったね。
しかも現場の上空に付いたら
アレックスはパラシュートを着用。
レックスとセットでパラシュートを開いて着地です。
アレックスは将来クリスに変わるんだから
ありとあらゆる乗り物を乗りこなして当然なんですけど(笑)
全く怖がる様子を見せないレックスは偉かった。
そのあと爆弾騒ぎやらあれこれありますが
アレックスたちはアマートの命を守ります。

空港にアレックスとレックスがアマートを見送りに行くと
アマートは礼を言いつつアレックスにキスします。
それもかなり強烈な。
レックスも一瞬驚いてたようですが
すぐにアレックスがレックスを抱きかかえてくれました。
ナイスフォローだ!
イケメンアレックスのお伴をしてると
レックスはたびたび嫉妬せざるを得なくなるかも。
それなりの覚悟が必要ですね。

アレックスとレックスの2ショットが素敵なのは当然なんですが

rex4-2-2.jpg

なぜかアレックスとベックの2ショットが気になる。
不思議にいい感じでしょ。

rex4-2-1.jpg

rex4-2-3.jpg

モーザーとベックでは萌え要素感じなかったんだけどな…

Glee S2-#11 「踊る!アメフト部」

アメフト部のグリー部へのいじめが半端ではなくなり
ビーストはウィルと相談して
グリー部に属していないアメフト部のメンバーもグリー部に入れて
歌を通して一致団結できるように策を練ります。

一方チア部は大会での連覇に向けて特訓中。
スーはハイライトとして人間大砲を取り入れ
ブリタニーを中に入れて飛ばすことを計画します。

今回のエピから挿入歌のタイトルと
オリジナルアーティストがテロップで出されるようになりました。
NHKでのS1放映に影響されてなのかと思いますが
情報として教えてくれるのはありがたいことです。
今までIMDbやらYouTubeやらを屈指して調べていたので。
でもHP上での情報でもいいのかなと思ったり。
(そもそも狐さんちのHPは使いにくくて仕方ない。
他のCS局のHPがどんどん進化しているのに
相変わらず重たいし更新は不規則だし…
ツッコミどころ満載です。)
あとできれば英語表記してもらいたい。
邦題として通用しているタイトルはともかく
英語をダラダラとカタカナ表記するのって嫌いなんだよね。

今回の見どころは
アメフト決勝戦のハーフタイムショーで演じられる
Thrillerのパフォーマンス。
シューも説明していましたが
刑務所での実践例もありあまりにも有名なパフォーマンスなので
今回はHeads Will Rollとのマッシュとなりました。
でも個人的にツボだったのは
アメフト男子たちがゾンビメイクで歌う
The ZombiesのShe's Not There.
Zombiesのファンとしては、まさかゾンビたちが歌うなんて
こんな解釈もあったのかと目からうろこ。
みんなとても楽しそうだったし、面白かったです。
そしてラストのThrillerは圧巻。
見事にフルコピーしてましたよね。

歌って踊ることが楽しくなってきたアメフト部が
ホッケー部にいじめられて開き直り。
せっかく弱者の気持ちがわかったところだったのに
アメフト部を辞めてしまいます。
グリー部のメンバーだけでは試合に出られない。
すると頭数だけ合わせればいいと
女子たちが参加してくれます。
何をすればいいのかわからず最悪の流れだったけど
ティナの猛ダッシュはかっこよかった!
フィンの統率力がようやく実を結び
最高のハーフタイムショーが楽しめました。
カロフスキーもまた仲間に入れたし。
歌って踊ることの喜びがひしひしと感じられました。

でもクイン、サンタナ、ブリタニーがチア部を抜けてしまって
スーはブチ切れて超乱暴に。
もちろん大会でも敗退してしまいます。
クィンは思わずフィンに感謝のキスをしてしまいましたが
フィンはもうその気になってる?
二人の寄りが戻ってもいいけど
それじゃサムがあんまりでしょ。

ライバルのカートたちも一曲披露してくれましたが
あまりグリー部と絡まないのが残念です。
やっぱりカートもグリー部の一員でいて欲しかったな。

おまけ
22番のNinjaを応援するプラカード、発見しました!
東洋人だから忍者っていうのもあんまりです。
確かにマイクに忍者を演じろと頼んだら
完璧な忍者に化けてくれそうには思えますが(苦笑)

Brothers&Sisters S4-#24 「険しい道」

オーハイフードが倒産して
サラは目的がなくなりテレビのソープから離れられず
キティが遊説に出るのに付き合うことにしたノラは
サラを一緒に連れていくことにします。

スコッティとソールは
レストランの開店に向けて
メニューの試食会を
ウォーカーの元別荘で開くことにします。

ここからが典型的な山あり谷ありのシーズンファイナルの展開。
こんなに教科書通りに進まなくてもいいんじゃない?って
もうひとひねり工夫が欲しくなってきました。
いつものようにあれこれ問題が持ち上がるけど
とりあえず一件落着。
まあ細かい部分は気になるんだけどね。
ところが最期の最後にどんでん返し。
恐怖のクリフハンガーでS5に続く。
ありがたいことにAXNは今秋S5をオンエアしてくれるので
やきもきするのは数カ月ですが。
ここでちょっとネタばれ。
文字を反転して読んでください。
こんなに心配事を作っておいて
S5プレミアは今から1年後になってるんですね。
もちろんその間のことは語られるんだと思いますが。
それってなんだかずるい気がします。
ついでにこのクリフハンガーも
キャスト降板に関して
仕方なかったのかなとは思いますが.


では山の部分。
ノラが諦めずにナローレイクを掘らせていたら
水がわき出てきました。
カリフォルニアでは水は貴重だそうで
水で新たに起業できそう。
先行きが明るくなってきました。

ロバートはスタントンの秘密のテープを
アンスポー部長(ではない)に要求されたけど隠すことにして
貸金庫のカギをジャスティンに預けようとします。
ジャスティンはロバートが飲んでいた薬が気になり
彼の心臓を心配します。
するとロバートが倒れ病院へ。
ひやりとさせられましたがすぐに回復。
スタントンがキティの選挙活動を妨害していることもわかってきて
ロバートは今までの秘密をキティに打ち明けます。
ますます夫婦のきずなは堅固なものに。

そして気になること。
ケヴィンとスコッティは
HIV検査は当然のことだとして行っていましたが
ゲイはクロゼットの中に隠れていた時代のソールは
一度も検査を受けたことがありませんでした。
だけどかつて関係を持った相手が発症したことを知り
ソールは検査を受けに行くか悩み始めます。
そして意を決して検査を受けに行きます。

レベッカの就職が決まったけど
ジャスティンはどうしてもハイチに行きたくて
レベッカはお互いが自分が今必要だと思うことを
やっていくことを提案します。

恐怖のクリフハンガー
ナローレイクやロバートの具合がいい方向に向いたので
みんなはほっとしながら別荘を出ます。
ところが帰宅途中に交通事故に巻き込まれ
ホリーとロバートは重体。
ロバートのつぶやきは最期の言葉になってしまうのでしょうか。
血だらけのソールは皆を寄せ付けようとしません。
検査結果は大丈夫だったと言ってたのに。

この続きは秋のお楽しみということで。

CSI:NY S6-#19 「贖罪」

OZファン必見!!

いきなり刑務所の監房の中に
オレンジのつなぎを着たヒル=レジーがいたのが
あまりにも自然な光景でワクワク。
これからレジーの死刑執行がなされるのですが
レジーがホークス先生を呼びつけたのは
ホークス先生に言いたいことがあったからなのです。

実際ヒルには死刑執行なんてこともなく
あの不幸な暴動の犠牲になったんだよね。
S5ファイナルでのヒルの死は
BKの別れとともにあまりにも辛すぎる一幕でしたが…

また死ぬ運命ですか?と思ったら
薬物注射での死刑執行が行われる中で
担当の看守がバッタリ倒れて死亡。
「ドクター!」と呼ばれて早速ホークス先生が心肺蘇生開始。
でも看守はシアン化合物の毒を盛られ即死状態でした。
レジーの死刑執行は延期。
その頃制御室で別の看守が射殺され
撃った看守が監房のドアをオープンにして逃走。
囚人に操られる悪徳看守はどこにでもいるんだよね。
早速囚人たちが出てきて大騒ぎを始めました。
さあ大変。

この光景をOZで観たかったな!
なんて余計なことを考える間もなく
ホークス先生はどさくさに巻き込まれてしまいました。
当然標的になりそうなホークス先生を守ってくれたのがレジー。
ここからホークス先生とレジーの逃避行?が始まります。

ホークス先生にはヤク中の姉がいた。
ホークス先生はそんな姉の存在にうんざりしていて
距離を置いていたのですが
姉は何者かに殺される。
殺したのがレジーだったのでした。
その事件は迷宮入りしていましたが
レジーは別の殺人事件で死刑を言い渡され
刑が執行される前に、ホークス先生に謝ろうとしていたのでした。
最初は当選ホークス先生はレジーに怒りをぶつけるけど
今はそれどころじゃない。
自分の命を守るためにレジーの助けが必要です。
ホークス先生は刑務所内を写真にとってマックに転送。
情報を伝えるとともに
オレンジのつなぎを着て囚人になりすましました。

囚人ホークス、似合うじゃないですか!
これがドンちゃんだったら、すぐに見破られて袋叩きだろうな。
ホークス先生はずっと独房にいたってことで
他の囚人に疑われませんでした。
でもCSIの宿敵、シェーン・ケイシーを発見。
シェーンがますますふてぶてしくなってる気がします。

暴動となれば当然痛めつけられるのは管理する側。
刑務所長もボコボコニされ
ホークス先生とレジーの前に連れてこられます。
所長を殴れと囚人たちに命ぜられるホークス先生。
躊躇したら潜入中なのがばれちゃいます。
仕方なく演技しようとしたら
レジーが所長を殺しちゃまずいとストップをかけてくれました。
レジー、いい奴じゃないですか。
こういうところもなんだかヒルみたい。

暴動を仕組んだのはケイシー。
悪徳看守もケイシーに脅されていたのでした。
警察は暴動を鎮めるためにSWAT等を送ってきますが
ホークス先生がどさくさに巻き込まれてしまったら大変
ということでマックは脱出ルートを提示してきます。
ホークス先生とレジーの刑務所探検。
毒を仕込んだのは桃の中だとわかったり
ケイシーの悪巧みが明らかになっていくのですが
ホークス先生とレジーは監房に閉じ込められてしまいます。
この刑務所も「マキシマム・セキュリティー・プリズン」らしく
閉じ込められた監房からの脱出は難しい。
まさか穴を掘ってる暇はないしね。
そこでホークス先生は看守からこっそり預かっていた
囚人追跡装置のバッテリーの硫酸を使って
鉄格子の溶接部分を溶かすことを思いつきます。
「刑務所からの脱出が夢だった。」
ヒルも実現できなかった夢がレジーに叶えられます。
そしてホークス先生のマクガイバリズムに感激。
つくづく「マクガイバー」は偉大なドラマですね。

やっと二人は外に出られたのに
警官ファッションで身を固め
やっぱり外に出ようとしたケイシーとレジーは鉢合わせ。
ここでケイシーとレジーのつかみあいが始まります。
SWATはケイシーが囚人だなんてわからないから
レジーがケイシーを鉄パイプで殴ろうとしたところを射殺。
ホークス先生が真実を伝えたくても
間に合いませんでした。
せっかく外に出る夢が叶ったのに
やっぱりレジー=ヒルが不幸な最期を遂げるのは
宿命だったのかな?
ついでにケイシーの警察バッジは
ダ二ーが鍼灸院のロッカーに置いておいたら盗まれたもの。
早く手を売っておけばよかったのに。
ケイシーを逃がしてしまいました。

異色のストーリー展開だったけど面白かった。
新たなヒルのお言葉が追加されそうに思えました。
そしてCSIの人達は誰でも
語りたくない家族の秘密があるんですね。
そのうち是非ぶっちゃけてもらいたいものです(笑)

Law&Order SVU S8-#15 「Haystack」

ローラが友人たちと自宅でパーティーを開いている間に、寝室に寝かしていた13か月の息子ケンドルが誘拐される。ローラは別れた夫ダンが誘拐したと指摘、ダンは競馬にのめりこんで借金を抱え、ローラのカードや貯金に手を出したため、ローラとは結婚して1年9カ月で別れていた。ダンが車で逃走したという連絡を受けステーブラーが追うと、ダンはバッグを川に投げ捨てる。ステーブラーが飛び込みバッグを拾い上げると、中にはコカイン8キロが入っていた。闇金融に手を出したダンは、返済の代わりに麻薬を運ぶ役目を請け負い、持ち逃げしたら家族を殺すと脅されていた。ダンはコカイン精製場所をステーブラーに伝え、事件のあった晩ダンがその場にいたことが確認される。
ステーブラーはローラの事情聴取を再開、誘拐があった日ローラがケンドルを連れて映画館へ行っていたことなどが明らかになるが、目撃者は誰もケンドルの姿を見ていなかった。ローラがケンドルを殺害したとも考えられる。さらにケンドルの衣類やおもちゃ、胎児のころのエコー写真などが箱に入れられ捨ててあった。警察の捜査が続く中でレポーターのマリノはローラを取材し、息子を殺したと容疑者扱いした報道をする。「赤ん坊殺し」と指摘されたローラは首つり自殺する。
ローラのアパートの非常階段にブロンドの髪が落ちていて、DNA鑑定の結果ケンドルの髪だったが、ケンドルの父がダンでないことも判明する。ダンはケンドルは自分の子供だと主張しながら、ローラが元恋人のパディに脅されていた可能性を伝える。またローラの友人のギャレットは、ローラはダンと結婚する前パディと付き合っていたが、パディはローラに暴力をふるい突然姿を消した。パッディは殺人に関与した疑いがもたれていたと話す。
ワーナーはケンドルのDNAから血線関係を持つ犯罪者を探すことを提案、服役囚のジョージ・ケンドルという男を探り当てるが、彼には子供がなく弟のショーンがペギーと結婚し11人の息子がいることがわかる。そのうち7人がケンドルの父親となりえた。ステーブラーがペギーの家に行くと、ペギーはものすごい剣幕でステーブラーを追い出す。
消防署の前にケンドルが放置され、元気な姿で発見される。それと同時にジョージ・ケンドルという男がケンドルの父親だと名乗り出てくる。ジョージこそパディ・ケンドルで、DNA鑑定の結果確かに彼が生みの親だった。そこへ司法取引の結果服役を免れたダンが現れケンドルを奪い返そうとするが、パディとペギーがケンドルを家に連れて帰る。
ステーブラーはケイシーやACSの手を借りて、パディのDVを指摘しケンドルの心理捜査を行うと、ケンドルをパディから引き離す。するとパディはステーブラーとケイシーを嫌がらせと人権侵害だとして訴えてくる。ステーブラーとケイシーはドネリーに弁護を頼み法廷で争う。パディが証言の際ケンドルのエコー写真を持っていたことを知ったステーブラーはパディをケンドル誘拐容疑で逮捕。パディは容疑を認める。取引きの結果パディは親権を放棄し、ケンドルはダンのもとに戻った。

13か月の幼児ケンドルの誘拐事件が発生するが、ベンソンは他の事件の対応で忙しく、ステーブラーがクレイゲンの手を借りながら捜査に当たります。容疑者と思われたローラの別れた夫ダンが川にバッグを投げ込んだときは,中にケンドルが入っていることを恐れたステーブラーは、とっさに川に飛び込みバッグを死守します。だが出てきたのはコカインでした。
ダンのアリバイが確認されると、ローラの挙動や証言の内容から、ローラがケンドルを殺害したのではないかとの疑いが持たれます。事件の前の日にベビーシッターがケンドルの姿を見たのを最後に、誰もケンドルの様子に気づいていませんでした。さらにケンドルの衣類やおもちゃ、エコー写真などが捨てられ、ローラの殺害容疑が濃厚になってきます。毒舌レポーターのマリノが警察の捜査の遅さを非難しながらステーブラーに迫ったところ、ステーブラーがエコー写真のことを口走ったために、マリノはいかにもローラがケンドルを殺害したかのようにインタビューし放映します。息子殺し扱いをされたローラは首を吊ってしまいます。マリノが再びステーブラーに近づいてきたので、ステーブラーは怒りをぶつけようとしてクレイゲンに止められます。
ケンドルは見つからないもののケンドルの毛髪を入手、DNA検査の結果ダンはケンドルの実の父ではないことが明らかになります。ダンやギャレットの話から、実の父はパディという名の男ではと思われますが、パディが何者のなのかわかりません。ワーナーは犯罪者の肉親や血縁関係者を洗い出すことでケンドルの父親がわかるのではと提案、モラレスは犯罪者の家族にも権利があると難色を示しますが、あくまでも父親探しに使うだけだと言われて捜査を始めます。そして服役囚ジョージ・ケンドルの親族にケンドルの父親がいる可能性が見えてきます。
そのときケンドルが無事に発見され、父親を名乗る男が現れます。男はパディ・ケンドル本人で、確かにケンドルの父親でした。ダンがケンドルを連れ帰りたくても、実の父親に権利があります。だがパディ登場はタイミングが良すぎました。パディはローラと最近よりが戻り、ローラがダンと別れたら一緒になるつもりだったと主張します。しかしパディを疑っていたステーブラーはケンドルをパディから取り上げられたために、ケイシーとともにパディから訴えられます。
法廷ではステーブラーとケイシーの弁護を引き受けたドネリーが、ステーブラーの事件解決率は97%、ケイシーの有罪率は71%と二人の有能ぶりをアピール。そしてパディが持っていたエコー写真がパディが誘拐犯であることを証明しました。エコー写真が2枚あり、残されていた片方にパディの指紋が残っていたというのははったりでしたが、パディが誘拐を自供するには十分でした。ペギーはケンドルを連れたローラの姿を見て、ケンドルをパディの子だと実感し、パディに誘拐を仕向けたのでした。
DNA鑑定が功を奏し事件は解決、ベンソンもDNA鑑定を依頼していました。自分のDNAを調べたベンソンは弟の存在を知ります。

FOXCRIMEはSVUのS8の後
続けてS9をオンエア。
なんでこんなに先を急いでいるのでしょう(泣)
毎週SVUの新しいエピを観られるのは嬉しいし
シーズンが進んでも決してだれることなく
どんどん奥深くなっていくのは本当にすごいドラマだと思うんですけど
毎週エピガイを書くのに疲れました…
そんな悲鳴が届くこともなく
SVUは突っ走っていきます。
一体どこまで続くんだ?
あっという間にBK再会エピまで来るのなら
意地でも頑張りますが。

今回はステーブラーの単独捜査。
でもクレイゲン自らブレーキ役になってましたが。
またブチ切れると危険ですからね。
川に飛び込むシーンでは
アレックスじゃないんだし若くないんだから無茶するな!
と思わずステーブラーにストップをかけたくなってました。
オヤジには年相応のことをやっていただかないと(汗)

パディってなんだか観たことある人だなと思ったら
Twin Peaksのボビーでした。
最近WOWOWで観てた顔だった!
あまり変わってなかったかも。
そして突然わかったベンソンの弟。
怪しい奴なんでしょうか?
気になります。

Criminal Minds S5-#16 「母の祈り」

ゲストで見せるエピだったのかな?

子供を誘拐し監禁。
その子を何年も育て続けていた事例は
いろいろなドラマで観てきましたが
今回も異常性が高かった。

今回の場合は葬儀社を営む老夫婦。
ってことは小児性愛者じゃないんだよね?
何のために子供たちを誘拐していたんだろう。
気に入らなければ燃やしてしまえは
自分たちの手であっさりできることなので
今まで完全犯罪が成り立っていたわけですが
チャーリーのように8年間生き続けられたのは
チャーリーの忍耐強さが勝ったってことなのでしょうか。

SVUだったらもっとも重要になってくる
犯人の意図や心理状態。
これを知る前にアニタはチャーリーに撃ち殺され
(どうして銃を持っていたの?
銃を持てる状態だったなら
なぜもっと早く使わなかったの?と疑問多し)
FBIが踏み込んできたためにロジャーは首つり自殺。
3人の子供たちは助かったけど
事件そのものは迷宮入りしてしまいました。
残虐ながらその意図が分からず
不思議な犯人だったので
是非話を聞きたかったのですが
BAUにクローザーがいないのが残念です。

でも今回のメインテーマは
信じていれば希望は叶うってことでしょうか。
チャーリーは生きていると信じていたサラ。
だから成長したチャーリーの姿が見えたし
サラの熱意が他の失踪者の親たちを集め
事件解決につながりました。
だけど前日に殺されてしまったスティーヴンの事例もあり
すんなりうまくいかないものです。

サラを演じていたAnne Cusack
全く飾らず素で演じている姿が見事でした。
真に迫るものがあったし。
そしてバラの手入れに余念がないが
その下に子供たちの遺灰を埋めていた
恐るべきオヤジのロジャーを演じていたのはBud Coat。
実は彼が19歳の少年を演じた代表作「ハロルドとモード」と
Altman監督の「バード★シット」の
70年代初期のアメリカの伝説的映画二本立てを
今月末観る機会に恵まれたので
是非観たいと思っていたところでした。
予告編だけ観たんですが
Budってすごく童顔なんですよね。
19歳でもまさに「少年」なのに驚かされました。
それが今はすっかり爺さんで
でもどこかかわいらしさが残っていたのかな?
なのにあんなに残虐な役で悲しいです。
ハロルドは79歳のお婆さんのモードに恋するんだそうですが
先に将来の姿を観てしまったのは間違いだったかな?

このエピはリード君が監督してたんですね。
キャストが監督も兼ねる時は
本人がほとんど出てこない場合が多い気がしますが
リード君しっかり彼らしい役割を果たしていてよかったです。

アレックス(Gedeon Burkhard)祭り進行中(笑)

Rexのアレックスを観てますますGedeonにハマり…
どうしてドイツ人のオヤジに魅了されてしまうのでしょう。
AndreasとGedeon、共通点もあれば相違点もあり
そのうちじっくり比較してみようかと思いますが(余計なお世話か?)
ちなみに二人とも1969年生まれです。

Gedeonを語るなら一言「セクシー」
YouTubeでもセクシーさを強調した映像がいくつも出てきました。
その代表的なシーンがCobra11のクリス登場エピで
胸をはだけたクリスがたばこをもみ消すシーン。
たばこをくわえる姿もセクシーでしたが
高速警察に所属してさっさと禁煙しちゃったんだよね。
セクシーGedeonを堪能するなら
やはりCobra11のクリスってことのようです。
Rexではあまり脱ぎを期待できないのでしょうか?
確かにモーザーより無駄がなさそうだからね。
というわけでセクシークリスを目の保養にどうぞ。



そしてGedeonの歴史を語るのがこれ。
子役時代から活躍していたようですが
ロン毛王子も経験していたんですね。
美麗キャラが必ず通る道だ!
しかもロン毛が似合わない(爆)
いえいえ、美しいんですけど、なんだか違う気がして。
そして若いころは華奢だったんですね。
それがレックスに出会ったころから筋肉系に変化してる?
今の方が安心して脱げるオヤジって
なんだかすごいかも。



しばらくは一昔前のGedeonを拝むことになりますが
彼のセクシー度をしっかりチェックしていきたいと思います。

Kommissar Rex S4-#1 「新パートナー 前編」

待ってました!!

やっとレックスに会える。
ワクワクしながら待ってました。
そんなわけで目も気持ちもRexと新パートナーを追っていて
事件のことは全く頭に入りませんでした。
殺人事件があったのにあしからず。

モーザー亡き後
レックスは主のいない家から出られなくなってしまいました。
心配したベックとヘララーが交代で世話しにいきますが
ドッグフードやビスケットをあげてもちょっと食べるだけでおしまい。
寂しそうな顔をしてじっとしています。
ソーセージパンにも見向きもしません。
レックスのせつない表情にもらい泣きしそうになりました。

川に死体が浮いている。
ベックとヘララーが現場に行くと
死体の回収作業が行われていましたが
死体を包んでいた袋が沈みかけています。
証拠がなくなってしまう!と慌てている二人の前に
いきなり飛び込む男がいました。
すいすい泳いでいき証拠品をゲット。
ずぶぬれになって出てきた男は
ベックとヘララーに挨拶します。
それがモーザーの後任として
殺人課に異動してきたアレックス・ブラントナーでした。

いきなりきびきびした動きに目が点!
モーザーだったら無駄脱ぎはあっても
あんなに身軽に飛び込むはありえないですよね。
これが将来はアレックスからクリスに変わる
Gedeon Burkhardの魅力です。
Cobra11で彼の激しいアクションに見慣れていたので
まあ当然だと思って観ていましたが
ベックとヘララーには相当ショックだったみたい。
そして3人で事件捜査が始まるのですが…

アレックスはレックスのことを聴いていました。
ベックとヘララーの会話が気になって
ベックが世話をしに行った晩
アレックスもモーザーの家を訪ねます。
そしていきなり犬の目線でコミュニケーション。
レックスの態度も変わります。
レックスが夜寝ずに歩きまわっているという話を聞いて
アレックスは今夜はここに泊まると言い出します。
そして床にマットレスを敷いて
レックスと仲良く就寝。
すっかりレックスもなついていました。
夜の間はレックスに靴を預けていたアレックスですが
靴を返してもらってしばし外で遊びます。
すっかり元気を取り戻したレックス。
それにしてもアレックスの犬の扱いのうまいこと。
モーザーの場合は義務感に思える場合もあったけど
アレックスは本当に犬と一体化してる。
もちろんまたアレックスの身軽さが光ってます。
そしてアレックスは事件現場へ。
レックスも自らお伴をかってでます。

すっかりレックスが元気を取り戻したことに
ベックとヘララーはびっくり。
アレックスって何者?
ヘララーはアレックスについて調べていました。
父は弁護士で母は医者でかなりのエリートみたい。
警察犬の訓練施設の近くで育ったアレックスは
自らも警察犬のトレーナーとなります。
そしてコマンド部隊で活躍していましたが
爆発で犬を失ってしまい
もう犬と関わりたくないと殺人課への異動を願い出たのでした。
ところが待っていたのがレックスだったのです。
アレックスの事情聴取や尋問の様子も的確だし
女性は思わずアレックスに見とれています。
ヘララーはアレックスのイケメンぶりに
相当嫉妬してましたね。

この後は容疑者の追跡でいつものように疾走するレックスの姿に
ほっとさせられました。
犬は立ち入り禁止の公園(ここって前にも来なかった?)で
容疑者との追いかけっこは見応え十分、
レックスが元に戻ってよかったです。
そして3人と署に戻り
ヘララーが投げたソーセージパンを
またもやベックはレックスに取られてしまいます。
するとアレックスは自分のパンを半分
ベックに分けてあげました。
これもモーザーにはできない気遣いだね。

後半はシビアに事件解決が始まるんだと思いますが
今まで観ていたクリスと
若きアレックスをつい比べながら観てしまいました。
Gedeonがこんなに犬の扱いがうまいんだったら
たまにはゼミルじゃなくて犬と一緒に
アウトバーンをドライブしてもよかったのかも(笑)
そして予想通り「イケメン」のレッテルを張っていただきましたが
Gedeonは1998年に「ドイツでもっともエロチックな男」に選ばれています。
脱がなくてもセクシーなんだから
これで無駄脱ぎしたら、もうモーザーなんて想定外ですよ!
乞うご期待。
何しろ私がGedeonに一目惚れした瞬間が
Cobra11のクリス初登場エピで
囮捜査官として出てきたクリスが
自宅で着替える姿があまりにもセクシーだったから(笑)
早くアレックスにも脱いでもらいましょう♪

rex4-1-1.jpg

rex4-1-2.jpg  rex4-1-3.jpg

元気になったレックスと、若きイケメンアレックスを♪

Glee S2-#10 「A Very Glee Christmas」

Glee: the Music-Christmas AlbumGlee: the Music-Christmas Album
(2010/11/16)
Glee Cast

商品詳細を見る


今の季節には全然似つかわしくない
Gleeのクリスマスエピ。
先にサントラを聴いていたので
どんな展開か楽しみにしていました。
サントラでは本編で使われていない曲も
収録されていたんですね。
これはお買い得でした。

グリー部の部室に
みんながどこかで拾ってきたクリスマスツリーを飾りだしたので
ウィルはクリスマスの精神を説こうとします。
貧しい人たちのために、募金活動に行ってこい!
でも募金活動なんてうまくいくわけないです。
そしてエマに振られてしまい傷心のウィルは
校内でプレゼントする相手のくじを引いたら
スーになってしまいました。

まだサンタを信じているブリタニー。
彼女の天然ぶりも慣れてきたけど
さすがにこれはみんなビックリです。
しかもブリタニーのサンタへのお願いが
アーティの足が治って歩けるようになること。
これは実現不可能。
でもサンタへの願いが届かなかったら
ブリタニーは落ち込んでしまいます。

ウィルはスーにどんなプレゼントを送ればいいか
カートに相談に行きます。
ところがスーにプレゼントしたのはウィルだけではありません。
くじには全てスーと書かれていたのでした。
スーが全てのプレゼントを独占しようとしていることに
ウィルやビーストは腹を立てます。

レイチェルはなんとかフィンに振り返ってもらいたいと必死になりますが
クリスマスの奇跡を信じてるフィンでも
今回は相当懲りたみたい。
断固としてレイチェルを拒みます。
いつもは言いたい放題身勝手レイチェルにムッとするんですが
今回のレイチェルの歌のチョイスが
Carpentersの「Merry Christmas Darling」と
Wham!の「Last Christmas」だったので切なさ倍増。
しみじみと聴き入ってしまいました。

非難されたスーは顔を緑に塗ってグリンチになり
ベッキーを従えてこっそり部室に忍び込み
ツリーやプレゼントをボロボロに壊してしまいます。
その様子をブリタニーが見ちゃったけど。

ブリタニーをがっかりさせないようにするには
どうすればいいか。
アーティはビーストの助けを借ります。
サンタ姿のビーストはクリスマス前にブリタニーの家に下見に行き
望みが叶わなくても
耐えることの大切さがわかるようになると
それが役立つことを伝えます。
普通の女の子になりたいと願ったけど
叶わなかった話は
ビースト自身の体験なんでしょうね。
でもこれだけじゃなかった。
サンタさんはアーティーに
歩行器をプレゼントしてくれました。
クリスマスの奇跡は起こるのです。

そしてグリー部の素晴らしい歌声は
教職員の心を動かし
たくさん募金が集まります。
スーとベッキーも歌声に感動。
一人寂しく家で過ごそうとしていたウィルに
グリー部のみんなと一緒に
クリスマスを祝いに行きました。
Merry Christmas!

実に正しいクリスマスエピ。
できるなら12月に観たかった…
そしてやっぱりカートには
グリー部のみんなとクリスマスソングを
歌ってほしかったです。

Brothers&Sisters S4-#23 「灯りが消える日」

ついにオーハイ食品は閉鎖。
従業員は解雇され、トラックも社屋も
売りに出されることになります。
ウィリアムの代から働いていた人達もいるのでしょうが
みな納得した上でサラの話を聞いているように感じられました。
もちろんサラは従業員の再就職を全面的に支援。
ケヴィンが手伝い相談に乗ることにします。

ところが思い出のある社屋を
ノラは売りたくありません。
サラとまた意見が対立してしまいますが
ノラは設計者のロジャーが渡米していることを思い出し
ロジャーの建築作品として
彼に買い取ってもらえないか頼むことにします。
だけど残念ながらロジャーにその気はなし。
まだ芸術作品なんて考えていなかった時代のものですから。
でもロジャーはノラにプレゼントをくれました。
それはオーハイの社屋の設計図。
まだ手書きの青刷りの設計図。
そこにはナローレイクの建物も含まれていました。
よく見るとノラのための建物らしい。
ウィリアムが抱いた夢の世界がナローレイクだったのかな?

サラが自腹を切っても従業員に次の仕事を斡旋すると
かなりムキになってましたが
ペドロ以下まとめてトラックとセットで
新しい雇用先が見つかって一安心しました。
レベッカとホリーは別会社の面接を受け
レベッカが採用されます。
それを知らなかったジャスティンは
二人でハイチへ医療支援に行こうと提案しますが
レベッカは自分がすべきだと思うことを優先します。
ロジャーはこっそりスタントンと関わり始めましたが
周囲への影響は大丈夫なのかな。

シーズンファイナルの一つ前のエピなのに
まるでシーズンファイナルのようでした。
冒頭はペイジがサラやケヴィン、ソールに
オーハイ食品についてインタビューする映像が流れます。
ペイジも会社が閉鎖する過程を見届けたのでした。

いよいよこれでおしまい。
とっておきのアイリッシュウィスキーを酌み交わし
みんなはオーハイに別れを告げます。
そのときスコッティがアカペラで歌い始めます。
まさかスコッティの歌が聴けるなんてビックリしました。
何の歌だか知らなかったので調べたら
The Parting Glassという
アイリッシュトラッドソングでした。
これでおしまいなんだという寂しい展開でしたが
スコッティの歌声から元気がもらえました。
スコッティ=Lukeは聖歌隊やミュージカルの舞台で歌ってたんですね。
だからこんな素敵な歌声が聴けたんだ。
今度はカートの先輩として是非Gleeに出演を!

The Parting Glass

Of all the money e'er I had,
I spent it in good company.
And all the harm I've ever done,
Alas! it was to none but me.
And all I've done for want of wit
To mem'ry now I can't recall
So fill to me the parting glass
Good night and joy be with you all.


If I had money enough to spend,
And leisure time to sit awhile,
There is a fair maid in this town,
That sorely has my heart beguiled.
Her rosy cheeks and ruby lips,
I own she has my heart in thrall,
Then fill to me the parting glass,
Good night and joy be with you all.


Oh, all the comrades e'er I had,
They're sorry for my going away,
And all the sweethearts e'er I had,
They'd wish me one more day to stay,
But since it falls unto my lot,
That I should rise and you should not,
I gently rise and softly call,
Good night and joy be with you all.

Desperate Housewives S6-#5 「逆風にさらされて」

ジュリーの不倫相手はニックでしたが…

ジュリーが退院して
ウィステリア通りの人達は快気祝いをしてくれます。
パーティーの場でジュリーにこっそり近付くニックを
ダニーはしっかり見ていました。
ダニーはニックに追及。
アンジーにばらすと言ったところで
逆にニックに脅されてしまいます。

襲った犯人が見つからないままで
ジュリーは安心して眠れずにいます。
心配したダニーは
ジュリーにボーレン家に隠してあった銃を
護身用にと貸してあげます。
一方マイクとスーザンの提案で
ウィステリア通りでは住民で
地域パトロールを行うことにします。
キャサリンは進んでパトロールに立候補するのに
キャサリンがマイクに執拗に迫っていることを知ったスーザンは
キャサリンを徹底的に無視。
でもキャサリンは担当の人と交代してあげて
夜スーザンの家の前を歩いていたら
ジュリーが不審者と勘違いして銃を出し
スーザンが取り上げた途端暴発。
キャサリンの腕に当たってしまいました。
これは警察沙汰?な大騒ぎになりましたが
「うちの銃だ。」と知ったニックとアンジーが裏工作を開始。
アンジーはキャサリンにマイクとの関係がうまくいくよう
波風を立てないように指示し
その間にニックは銃を取り戻します。
それにしても暴発とはいえ
見事にキャサリンを撃ってしまうスーザンって
本当にご立派です。

ブリーはせっせと不倫中。
最初は気に入らなかったモーテルも
居心地がよくなってきました。
部屋を出ようとした時
パールのピアスを落としたブリーは
部屋を掃除に来たメイドに断って探しますが
そのときオーソンから電話がかかってきます。
するとメイドが不倫を激しく非難したので
ブリーはその態度に腹を立てます。
メイドに次に会ったときに
態度を改めさせようとしますが
メイドは自分の不倫体験から
気が付いたときは夫も恋人もいなくなっていたと
後悔させないようにするために
声をかけてくれたのでした。
ブリーもはっと我に帰るけれど
やはり目の前にカールが現れると
きっぱり終わらせることができなくなってしまうんですね。
カールの魅惑は別格でしたか。

マクラスキーさんはロイの元気のために
彼を働かせてほしいとリネットに頼みます。
フラワーポットや鳥の巣箱の取り付けなど
ロイは木工がお得意の様子。
でもリネットの頼みより
トムの頼みの方をしっかり聞こうとするので
リネットは頭に来ます。
ロイの考えは男性が一家の主。
主を立てなければってことなんですけど
それはリネットには古すぎる発想だと
リネットはロイの仕事を断ってしまいます。
後でトムはロイに声をかけ
リネットが子供のころから父親不在の家庭で頑張ってきたこと
リネットを立てることで家庭が円満になることなどを語ります。
いつもながらトムってよくできた夫だ!
でもロイもローレンさん時代に比べると
ずいぶん人間が丸くなりましたよ(笑)

ガブリエルの家に遊びに来た
ホワニータの友達が危険な思いをしたと
その母親たちが出入り禁止にしてしまいます。
ホワニータの誕生会を企画していたガブリエルはショックで
金に物を言わせて派手なパーティーを開くことを計画。
ピエロやお猿さんが来ると知って
友達はみんなホワニータのパーティーに行きたくなります。
ところがパーティー当日。
お猿さんは疲れていたのにガブリエルが強引に仕事を延長させたため
興奮したお猿さんがピエロを襲ってしまいました。
パーティーは流血事件に。
やっぱりソリス家で遊ぶのは危険でした。

Hawaii Five-O S1-#1 「チーム結成!」

AXNで今月スタートの注目作品のプレミア放送を視聴。
DVDも持ってたのに結局テレビ録画を観ることになってしまいました。
オリジナルの「ハワイ5-0」は未見。
でもテーマソングは知ってました。
TVドラマテーマソング集のCDに
お約束のように入っていましたから。

気になってオリジナルのオープニングをYouTubeで視聴。
キャストの名前は一緒なんですね。
でもスティーヴ・マクギャレットもスーツ姿なんだ。
海の嫌いなダニーならともかく。
いかにも正しいドラマのヒーローって感じ。
それよりびっくりしたのがコノ・カラカウアが
ロコのおっさんだったこと(笑)
リメイクに当たって性別が変わっちゃったんですね。
オリジナルもハワイロケ満載のようで
じっくり観てみたくなってきました。
スパドラだったらリメイクとオリジナルを一緒に放映してくれそうですが
AXNはそこまではサービスしてくれないだろうな。




さて、リメイク版ですが
海軍将校のスティーヴは韓国で犯罪者の護送をしている時
組織の襲撃に遭って、ハワイにいる父親の命を奪われます。
ハワイに戻ってきたスティーヴは
知事に事件の捜査を依頼されているのに知らんぷりしてましたが
捜査を担当していたニュージャージーから来たばかりの刑事ダニー・ウィリアムズと
父の自宅で鉢合わせして証拠の奪い合いをしているうちに
一緒に捜査することを決意。
捜査の主導権を握ります。
そして元刑事のチン・ケン・ホーと
チンのいとこで新米警官のコノと一緒に
チームを組むことにします。

なんとわかりやすいパイロット。
まずスティーヴとダニーの凸凹コンビが
刑事ドラマの基本って感じで嬉しいです。
ローカルハワイ捜査官のスティーヴに
都会派刑事のダニー。
ダニーは別れた妻と娘がハワイに引っ越してしまい追いかけてきたという設定で
ハワイの風景には似つかわしくないキャラクターが
スティーヴとの凸凹度を引きたてています。
でもスティーヴもこの間までは
Three Riversで移植手術に追われていただけに
ハワイで犯罪捜査をしていることが違和感ありまくりですが(笑)

そうなるとLostからそのままハワイに居座ったジンは
正しいロコってことになります(笑)
今度は英語も上手だし!
Lostはさっさと挫折しましたが
今度はオープニングからとてもわかりやすかったので大丈夫。
じっくり楽しませてもらいます。
コノもGalacticaを観てれば先入観ができちゃってるでしょうが
おかげさまで?新鮮な気持ちで出会えました。

パイロットはゲストも豪華。
Norman Reedus,James Marstersと有名人が目白押し。
さっさと死んじゃった父はWilliam Sadlerだったし、
そして悪役中国人がいつ観ても美麗なアジア系Will Yun Lee。
悪役にしておいてはもったいないんですけど。

ハワイという土地柄、オリジナルでは悪役日本人(日系人)が多数登場。
だからこのドラマは日本ではあまり人気が出なかったんだそうですが
リメイクでも勘違い日本が炸裂なんでしょうか?
それだけは何とか避けてもらいたいものです。

Law&Order SVU S8-#14 「Dependent」

弁護士のシドニーと息子のトミーが帰宅すると、シドニーは何者かに頭部を殴られ意識を失う。トミーは母を起こしに行くが、母はレイプされ頭部を殴られ出血多量で死亡していた。16歳の姉のシャーロットは外出中で、SVUが到着したとき怯えたトミーは「モンスターがパパを…」とベンソンに伝える。
シャーロットは友人ジェニファーの家に行くと家族に告げていたが、ジェニファーの家には来ていなかった。シャーロットは最近学校をさぼって薬物に手を出し始め、母は19歳の恋人のライアンとの仲を認めていなかった。シャーロットはライアンの家で見つかる。
シドニーはマフィア専門の弁護士でルチオ・リッチの父の弁護を行った時敗訴して、父は全財産を失ったため、ルチオはシドニーを恨み脅迫状を送りつけていた。シドニーは家族に危険が及ばないよう別居し、一人で嫌がらせに耐えていた。だが意識が回復したシドニーは、殴られたとき逃げるシャーロットの背中が見えたことを思い出す。
シャーロットはパパは嘘つきだと言いながら、母とトラブルが絶えなかったことを認める。事件のあった晩は友達とパーティーを行っていたが、それは各自が自宅にあった薬を持ち込んで服用し、ハイになるパーティーだった。友人の証言ではシャーロットはライアンと一緒にキャンディと呼ばれる風邪薬を飲み、足元がふらついていた。シャーロットの母は製薬会社に勤めており、自宅の地下室には大量の薬のサンプルが置かれていた。シャーロットはハイのまま自宅に薬を取りに帰ってきたと思われた。地下室のトイレには尿が残っていて分析の結果風邪薬が検出される。またシャーロットがその晩履いていたスニーカーの裏には、血液が付着していた。ベンソンとステーブラーの尋問に対し、シャーロットは「ママを殺した。」と叫んで取調室のミラーを割り、手首を切って自殺を図る。、
シドニーは娘の弁護を行うことにするが、シャーロットの薬物依存による精神的欠陥を訴え無罪を主張することに対し、ケイシーは精神科医の診断を得て取引きを行うことで同意する。Drファンはシャーロットと母の間に暴力的関係があったことをつかみ、それが殺人に発展したのではと分析する。ところが地下室にあったの尿は男性のものだと判明し、事件にライアンが関わっている可能性が出てくる。トミーも写真を確認し、パパを殴ったのはライアンだと認める。
ステーブラーとベンソンはライアンを捕らえようとするが、ライアンは逃走する。やっと追いついたステーブラーは抵抗するライアンを殴って倒し手錠をかけるが、ライアンは息をしていなかった。ライアンの死が確認され、ステーブラーはIABのタッカーの審査を受ける。ステーブラーは正当防衛を主張するが、タッカーは「君には自制心がない。」と指摘し危険な刑事を野放しにできないとステーブラーの停職を命じる。
ライアンの検視を行ったワーナーは、ライアンの死は脾臓破裂に因る出血死と報告する。ステーブラーは殺していないと信じるベンソンはシャーロットに催眠をかけるよう申し出、薬で催眠をかけられたシャーロットはDrファンの質問に対し、パーティーの途中でライアンが先に自宅に来て、「いい薬をよこせ。」と言って母を殴り傷つけたことを目撃。助けられずに逃げたと自白する。
これで母を殺したのはライアンであることが確定したが、ライアンの遺族がステーブラーを訴えてくる。目撃者が携帯で撮影した映像がテレビで報道され、ステーブラーは新聞にKiller Copと書かれてしまう。大陪審に向けて自宅でニュース映像をチェックしていたステーブラーのところにワーナーが訪れ、もう一度ライアンの死因を洗い直す。ライアンは心臓病を抱えており、薬をきちんと飲まなかったために不整脈が起きて突然死したのだった。

父と一緒に帰宅したトミーは、父が殴られ母に助けを求めようとすると、すでに母は血だらけになって死んでいました。強烈なショックを受けたトミーは、父を殴ったのはモンスターだと話します。マフィアを弁護しているシドニーは敵も多く、しばしば嫌がらせを受けそのために家族と別居しています。シドニーたちを襲ったのも彼に恨みを持つ者と思われました。
ところが意識が戻った父シドニーが思い出したのは逃げようとする娘のシャーロットの背中でした。母親を殺したのはシャーロットかもしれない。シャーロットは薬に手を出し、母とのトラブルが絶えません。事件のあった晩、恋人のライアンらとパーティーを行っていたシャーロットは風邪薬などでトリップし、朦朧としたままで自宅に薬を取りに帰っていました。地下室に残っていた尿から風邪薬の成分が見つかり、シャーロットは母親殺害の罪に問われます。興奮したシャーロットが手首を切って自殺を図ったことに対してシドニーは激怒し、娘の弁護を行うことを決意します。そこに尿の詳しい分析結果が出され、ライアンが共犯の可能性が出てきます。
ステーブラーとベンソンは走って逃げるライアンを追い、ステーブラーがなんとか追いついてライアンをとらえます。抵抗するライアンともみ合いになり、ステーブラーは一度ライアンを殴ってから、倒れたライアンを後ろ向きにして手錠をかけますが、そのときすでにライアンは息をしていませんでした。ステーブラーはすぐに心肺蘇生を行いますが、ライアンはそのまま死亡します。やや遅れて現場に着いたベンソンはステーブラーは殺してないと確信し、ステーブラーを守るために策を講じます。
シャーロットに薬を用いて催眠をかけることにシドニーは抵抗がありましたが、催眠のかかったシャーロットは事件の全容を話すことができました。これでシャーロットの殺害容疑は晴れますが、ステーブラーがライアンを逮捕する映像がニュースで流れ、ステーブラーは殺人刑事と報道されてしまいます。ベンソンもクレイゲンもステーブラーのために闘おうとしますが、ステーブラーはこれが現実だと諦めかけます。
ステーブラーが自宅で自分の取った行動を振り返っていると、ワーナーが訪ねてきます。ライアンの死因は殴られたことによる脾臓破裂だと断定したワーナーでしたが、ステーブラーが心肺蘇生を行ったことを知って心肺蘇生で脾臓が傷つくことを指摘、さらにライアンが飲んだ薬の中にプロブノのロールが混ざっていたことを見つけます。これはパーティー用ではなく心臓病患者が服用する薬で、ライアンはQT延長症候群で薬を使っていた。だが正しく服用していなかったので走った時に不整脈が起きて突然死したと正確な死因を確認します。これでステーブラーの容疑は晴れました。
ステーブラーはキャシーに会いに行き、「仕事も家庭も大切だ。戻りたい。」と伝えます。
シャーロットを演じるのはEverwoodのエイミー役やBrothers&Sistersのレベッカ役でおなじみのEmily VanCamp。エイミーともレベッカとも違った娘役が新鮮です。Meloniとは映画Carriers(邦題「フェ―ズ6」)で共演しています。シドニー役を演じているのは映画Another CountryやThe Princess Brideでイギリスの貴公子として注目されたCary Elwesです。

面白すぎるSVU。
ストーリーにもゲストにも
すっかり楽しませてもらいました。

いきなり出てきた娘シャーロットがB&Sのレベッカ。
ジャスティンとごちゃごちゃしているはずが
こんなところで薬を多用してハイになってたとは。
ミラーを叩き割る姿は
エイミーともレベッカとも別人だよね。
意外な一面を観てしまった感じです。
ところでEmilyとMeloniが共演している「フェーズ6」
観ようと思ってDVDを買ったんですが放置したままです(汗)
映画まで観る余裕が全然なくて。
早く観て内容をレポートしたいのに。

でも今回一番びっくりしたのがシドニー。
普通のオヤジにしか見えなかったんですけど
Cary Elwesって聞き覚えが・
「イギリスの貴公子たち」という映画本に
取り上げられていました。
そうそう、「アナザー・カントリー」や
「プリンセス・ブライド・ストーリー」に出ていた
金髪美麗お兄ちゃんですよ。
cary.jpg
それがまあ普通のおっさんになっちゃって。
なんだかショックでした。
もう一度「アナザー・カントリー」が観たくなったけど
ビデオでしか持ってなかったっけ…

やり過ぎステーブラーがまたやっちゃった?
でもあの一発がとどめには見えませんでした。
そして早速宿敵タッカー登場。
OZ時代のテイラーから、いったいいつまでつけ回すんでしょう。
ベンソンへの質問
確かにステーブラーはいろいろやってますが。
すべて被害者のために、容疑者逮捕のために行ったこと。
ステーブラーは正しいのです。
ワーナーの再分析もありがたかった。
心肺蘇生で脾臓は破裂しやすいんですね。
また学びました。

全てが解決してステーブラーはキャシーに会いに行きます。
「家族が大切、戻りたい。」
家族は受け入れてくれると思うけど
ステーブラーもちょっと変わっていかないと難しいかな?

Without a Trace S6-#8 「闘争/逃走」

総合格闘技団体EFFの選手のブレットが
試合終了後失踪する話。
失踪者の過去には抱えている闇の部分があり
今回も子供のころに殴られていた辛い体験があったんですが
正しいことをしたいという思いから
トラブルに巻き込まれてしまいました。

そのトラブルメーカーがシリルちゃん(笑)
Scott William Wintersがトレーナーのドン役で登場しました。
トレーナーになっちゃったからリングには上がりませんが
OZのボクシング大会を思い出してしまいます。
シリルは強かったからね、
実はドンはケイラという女性に
(格闘技を見ないのでよくわからないんですが
プラカードを持ってる人?)
武器を運ばせていて
それをブレットが止めさせようとして
トラブルになってしまいました。
穏やかそうな表情のドンでしたが
ブレットに迫られるとブチ切れて
突如凶暴に。
ブレットをパンチすると
鎮痛剤を大量投与して放置してしまいます。
キレると突如豹変するのも
いかにもシリルちゃんじゃないですか!
久々に正しい姿を見せてもらったかな。

ところでサムの子供の父親は?
サムはまず思い当たる節のある男を探しに
バーに出向きます。
相手はバーテンだったようで
でもすでに店を辞めてました。
名前だけ聞き出した後は
FBIのデータベースで検索。
これは職権を乱用で来て便利です(苦笑)
そして該当する男ブライアンの住所が分かると
突然ブライアンの家へ押し掛けます。
上半身裸で出てきたブライアンは
いかにもばつが悪そうな感じ。
早速サムは妊娠を告げ
親権放棄の書類を突きつけサインを求めます。
ブライアンは訳もわからず唖然としていると
奥さんなのか彼女なのか
女性が出てきてさらに話がややこしくなりかけると
サムはさっさとその場を立ち去り
ブライアンは必死になって
彼女に言い訳しようとするのでした。

この行きずりの一夜限りの相手のブライアン
S5-#19のハチャメチャエピ「復讐する過去」で
実はフェイスだった(笑)サムの姉エミリーが失踪し
スペード姉妹の恐ろしい過去が浮き彫りになった
サムは覚悟を決めていたのに
ジャックがコールドケースの扉を封印じたため
サムは勢いで行きずりの男と寝てしまった
これがブライアンだったんです。
とようやく判明。
そしてブライアン演じるAdam Kaufmanは
本当にPoppyのBFで子供のお父さんなんですね。
現実がすっかりドラマの中に入っちゃったんだ。
ブライアンはこの先も出てくるようなので
書類にサインして終わりで
闘うシングルマザー、サマンサ・スペードにはならないのかも。
ブライアンがどのようにサムにかかわっていくのか
そこにジャックがどこまで介入してくるか
サイドストーリーが面白くなっていきそうです。

ついでに先週はオヤジキッドがいたのに
今週は若者キッド(笑)に変わってた。
オヤジは体力が続かないのか?心配です。

Glee S2-#9 「Special Education」

いよいよ地区大会。
ウィルは今までのグリー部のスタイルを変えて
レイチェルにソロを取らさせず
サムとクインのデュエットで勝負。
そこにマイクとブリタニーのダンスを加えると言い出したので
レイチェルは機嫌が悪くなります。
さらにサンタナが自らフィンと寝たことを暴露。
グリー部の雰囲気はますますおかしくなってきます。

一方ダルトン校に通い始めたカートは
ワーブラーズに参加させてもらいますが
ここでは伝統に従うことが大切。
自分の意見などとても聞いてもらえず
いきなりカナリアの世話を任されてしまいました。
ソロを取るのも到底無理です。
せっかくレイチェルのアドバイスをもらったのに。

ダンスがうまくできるか心配していたブリタニーは
アーティから魔法の櫛を渡してもらって励まされます。
でもそのうちブリタニーはマイクとの練習が忙しくなり
アーティは二人の関係を疑い始めます。
心配していたのはティナも一緒。
いきなりチアファッションをしてきたティナが異様でした。
カートが抜けてしまってグリー部は
規定人数に達しなくなってしまいます。
ウィルはパックにスカウトを任命。
パックはアメフト部で部員募集を始めますが
カロフスキーたちにいじめられて
仮設トイレに閉じ込められてしまいます。
助けてくれたのがレスリング部のローレン。
パックはローレンをグリー部に連れてきますが
本当に大丈夫なのかな?

地区大会の日。
ウィルはエマに応援に来てもらいたいと頼みましたが
エマに断られてしまいました。
熟年チームのパフォーマンスの後は
カートが加わったワーブラーズが登場。
"Hey.Soul Sister"を一緒に歌ってたけど
いつものカートの魅力が出せずに終わってたかな。
もちろん歌は素晴らしかったんですけど。

続いてニュー・ダイレクションズは
サムとクインのデュエットでTime of Your Lifeを熱唱。
これってDirty Dancingの曲でしたね。
You TubeでPatrick Swayzeの踊る姿を観て
またしみじみしてしまいました。
カッコよかったな!
でもこちらのダンスも負けていません。
サンタナがボーカルのValerieで
マイクとブリタニーの踊る姿がすごい!
こんなに早いテンポで
見事に踊りこなす姿に圧倒されてしまいました。
ローレンもうまく溶け込んでいてよかった。

結果はワーブラーズもニュー・ダイレクションズも優勝。
どちらも州大会に進めます。
ウィルは嬉しいニュースをエマに知らせたら
エマはべガスでカールと結婚式を挙げてしまいました。
エマ、いきなりやることが大胆すぎません??
当然ウィルは落胆しています。

フィンはレイチェルにきちんと謝り
永遠に愛してると誓ったら
レイチェルはフィンとサンタナの関係を知ったところで
パックと関係を持とうとしたことを告白。
レイチェルらしいリベンジだけど
今度は結局パックに断られてしまいました。
でも何故またパックと
自分が正直に話したのに
レイチェルに裏切られたことに衝撃を受けたフィンは
今度こそ破局宣言してしまいます。
今シーズンいい感じだった二人なのに
これでおしまいなのかな?
マイクとブリタニーは本当にダンスの練習が大変だっただけで
ティナとマイクはアジアン・キスで仲直りしてたのに。

Brothers&Sisters S5-#22 「新しい関係」

サラと子供たちの間にルークが入ってきた途端
早速クーパーがおへそを曲げます。
これは予測できた展開。
クーパーにとってはパパはジョーなんだし
サラの愛する人立って言われても
第三者のルークを受け入れるのは難しいでしょう。
ルークは彼なりに頑張って
クーパーとの関係を築こうとしていますが
クーパーへの注意に対してサラとの意見の相違があり
サラは譲ろうとしません。

そもそもウォーカー家は大人が口を出し過ぎ。
サラは忙しいからゲームはクーパーの子守りの代わり。
ジャスティンもゲームに付き合ってくれます。
でもノラがゲームはダメと頭ごなしに注意するから
ふてくされたクーパーは服のままプールへダイビング。
大人たちの間で筋を通しておかないと
子供は混乱しちゃいます。

ロバートの秘密計画の一環で
近付いてはならない相手とコンタクトを取るため
ロバートはテニスクラブに参入します。
サラとケヴィンは過去に
ケヴラーという名コンビを組んで結果を出していたそうで自信満々。
そこにルークも加わって四人でダブルスの練習を始めましたが
サラ&ルーク組はお互いに文句をつけあってうまくいかず。
夢物語が現実化するとこんなものでしょう。
仕方なく試合ではケヴラーペアが復活。
ロバート&ルーク組と戦うことになりましたが
ノラが連れてきたクーパーが
ボールを投げ込んで妨害したため
試合を放棄する形になってしまいました。
ノラは傘をマシンガンに見立てるクーパーは
ジャスティンから悪影響を与えられたと思っています。

そしてジャスティンは戦友の葬儀に参列してから
頭の中は戦地に戻っているようです。
レベッカが売りに出されている家を見に行くと言っても上の空。
だからレベッカが申し込んできたときに
ビックリしてイライラし始めます。
戦地での仲間との絆は何物にも代えられないのかもしれないし
今医学部で学んでいることが無意味に感じられるのも仕方ないのかな。
その場で経験していないからわからないことなので
やはりノラのように二度と恐ろしい思いをしないでと
引きとめたくなってしまいます。
レベッカだっ辛いよね。
でもジャスティンの決意は堅そうです。

スコッティがレストランをオープンするにあたり
ソールが経営を手伝おうとしています。
二人であれこれ考えている間
自分も失業中だとケヴィンは拗ねていましたが
「目標を持つことが大事。」だと
スコッティが励ましてくれます。
ケヴィンの最悪の事態は
いつもスコッティによって救われてる。
本当にケヴィンは幸せ者だな。

ルークはクーパーに空手を教えることで
二人の信頼関係を築けたようです。
ここにペオジが戻ってきたらどうなるんだろう。
年頃の娘はさらに難しいし…

5月のドラマ視聴計画

今月も忙しいぞ!
その前にまだ4月分があれこれHDDに溜まりっぱなし。
GW中に消化しないととんでもないことになりそうです。


☆NHK BSプレミアム
Desperate Housewives S6

相変わらずハチャメチャだけど楽しい!
そしてついでに吹替版Gleeも
ちらちら観ています。
吹替え声と歌のギャップは我慢しつつ
過去を振り返って細かい部分を思い出してる感じ。
CMが入らないから一気に観られるのはいいよね。
FOXバージョンは録画してCM早送りしながらでないと
時間がもったいなくて観る気がしないもん。

☆WOWOW
CSi:S10
CSI:NY S6
Criminal Minds S5
Nurse Jackie S2
Royal Pains S2
Medium S6

これだけ観るのは本当に大変!
地道に頑張りたいと思います。
どれも好きなドラマだし。

☆FOX
NCIS LA S1
Numb3rs S5
Lie to Me S2
Glee S2
Burn Notice S3
Californication S3

Gleeは素敵なエピソードが多くて
とても楽しみにしています。
Californicationは
またハチャメチャな世界が展開するんだろうな。

☆FOX CRIME
Law&Order SVU S8
(Law&Order CI S4)
Law&Order CI S5
NYPD Blue S9
Spooks S6
Dexter S5

CIはそのままS5に登場。
ゴーレン&エイムズ組と
ローガン&バレック組のダブルになるんですね。
CIは事件が単純じゃないので
ますます頭が混乱しそう。
Dexterの読めない展開はさすが。
そしてちょっと前の刑事ドラマ
NYPD Blueに癒されています。

☆FOX life
Commander in Chief
Greek S2

キャンパスライフが楽しいGreekのS2がスタート。
本当はS1後半なんですけどね。
大統領ドラマはシビアに政治を扱うと無理を感じるので
普通にファミリードラマな方がいいのかも。

☆Super!DramaTV
(Chuck S2)
Close to Home S2
Without a Trace S6
Human Target S1
Gossip Girl S3
The Mentalist S2

こちらもまたとんでもないことになってます!
そろそろ限界かな。
Human Targetはもう少し観て
先のことを考えますか。

☆AXNミステリー
(White Collar S2)
Kommissar Rex S4

今月一番楽しみにしていたのが
Rex S4のスタート。
ついにレックスとアレックスの共演が観られる♪
アレックスに見とれつつ激しく突っ込めるか疑問ですが
楽しませてもらいます。

☆AXN
(Brothers&Sistere S4)
Elie Stone S2
Hawaii Five-O

いつの間にかB6Sがシーズンファイナルを迎えるのが寂しくて。
その後がHawaii Five-Oなんですね。
イーライはだんだんついていけなくなってきたので
もしかするとリタイアかも(汗)

☆Universal Channel
Fairly Legal

サンフランシスコの風景がいい感じなのと
ケイトのパワーに元気をもらって楽しんでいます。

この本数、半端じゃないです。
少し減らす方法を考えないと…
取捨選択が難しいんだよね。
贅沢な悩みを抱えつつ
今月もたっぷりドラマを楽しませてもらいます。