INDEX    RSS    ADMIN

La Femme Nikita S1-#17 「死闘」

ドМなマイケルとニキータにただ恐れ入るばかり…

そんなドラマのはずじゃないんだけど
どうしてこんなに痛めつけられちゃうんでしょう。
しかもわけのわからないことが多過ぎだし。
ツッコミ倒してもツッコミきれない旧ニキータの面白さ。
脚本家は手を抜いてるのか、開き直ってるのかよくわかりません。

そもそもセクションってどの位の力を持っている組織なんでしょう。
全貌が全然見えないまま、各地で工作員が殺されています。
あまりの情けなさにかなりがっかりしました…
しかも相手は「レッドセル」だってさ。
最近覚えたクリマイの別組織とは無関係ですけど
レッドセルといわれると、ついあのオヤジの顔が浮かんでしまって(笑)

ニキータもいきなり自宅を襲われます。
全然隠れ家になってないじゃん!
シャワー中でもいざとなったら戦えるニキータはさすがでしたが
セクションの信用度は落ちたかも。

ここで長官はマイケルにある作戦を伝授します。
マイケルとニキータをモロッコに送り、レッドセルに近づかせますが
ニキータは捕まってしまいます。
レッドセルが知りたいのはセクションの隠れ家のありかですが
それはセクション内でも秘密事項。
なのに何故か、マイケルはニキータに秘密を明かしてくれました。
そこはフランクフルトなんだそうで。

レッドセルはニキータから秘密を聞き出すため
ニキータが苦手なネズミを投入。
ネズミのかごにニキータの顔を突っ込み
ネズミたちを脅かして顔をかじらせる。
このネズミ攻めは強烈に印象に残っていました。
勘弁してほしい…
ニキータはじっと耐えています。

そこに後からマイケルも捕まって
二人はぶら下がった檻に入れられます。
お互い痛い思いをしながらかばい合う瞬間。
ここでマイケルがニキータにつぶやくクサいセリフが泣かせるんだよね。
あの囁きマイケルに「君だけは信じてる。」なんて言われたら
やっぱりまた気持ちが傾いてしまいます。
そしてマイケルは秘密を喋るように注射攻め。
でもひたすら耐えるマイケルもニキータも、やはりドМというしかないでしょう。
ここでさらにマイケルの秘密が明かされます。
マイケルとシモーヌの間には子供がいたけど死んだ。
なるほど、あのかわいい坊やはこの頃は死んだことになってたんですね。
そんなこんなでボロボロマイケルを見ているうちに
ニキータはマイケルを助けてもらいたくて、つい口を滑らせます。

レッドセルは早速フランクフルトの倉庫を襲撃。
でも待ち伏せていたセクションがやっつけてしまいました。
これはレッドセルを呼びよせる罠だったんだよね、
あんなによろよろだったマイケルは突如パワーアップして檻を抜け出し
ニキータとともに脱出を図りますが
ここでマイケルの甘い言葉は誘導尋問だったことを知ったニキータが怒ります。
こうしていつもマイケルに裏切られがっかりしブチ切れるニキータですが
また少しするとマイケルに騙されるんだよね。
懲りないんだな。
それにしてもなんと面倒な作戦を立てたんだろう。
相変わらずよくわからないセクションです。

そんな中で唯一まともな思考ができるのがウォルター。
地図帳Tシャツ!が似合ってました。
ウォルターの御意見が、あまり効力はないものの、ブレーキになってるね。

任務が終わってぐったりニキータとボロボロマイケル。
長官とマデリーンが去った後
さっきの言葉は全て嘘でもなかったと
マイケルはニキータにキスをします。
だからニキータは、またマイケルが気になっちゃうんじゃん。
でもマイケルの本音も案外単純なのかもしれない…

マイケル七変化(若干少ない)
nikita1-17-1.jpg
モロッコマイケル
nikita1-17-2.jpg
ニキータに甘い言葉を浴びせる檻マイケル
nikita1-17-3.jpg
本音を吐くボロボロマイケル
nikita1-17-4.jpg
亡霊マイケル
nikita1-17-5.jpg
懺悔のキス?それとも?
スポンサーサイト

ドラマな言い訳(苦笑)

仕事の都合でドラマが観られず…
日記もお休みしてしまいました。
今夜は復活するので明日から頑張ります♪

一つ覚書。
東日本大震災絡みで放映が見合わせとなっていた
Criminal MindsのS5のシーズンファイナルエピが
10月4日(火)22時より放映されます。
(字幕版は10月8日です)
これで例えとんでもないクリフハンガーだったとしても
安心して次シーズンを迎えられます。
その間にレッドセルを楽しませてもらいましょう。

さて、溜まったドラマを片付けてきます!

ドラマあれこれ感想

とにかくせっせとHDDの中身を片付けて10月に備えよう!
ものすごい勢いで観ているので、感想もつぶやきでまとめていきます。

☆Law&Order 
15話まで観ましたよ。
続けて2話は重たすぎて観られないし、
でも毎日観ないとどんどん溜まるし。
本当に大変です。
本来なら週に1話ずつ起きるはずの事件が毎日立て続けにですからね。
NYはよっぽど怖いところに思えてきます。
そのたびにものすごい勢いでまくしたてるマッコイさん、ご苦労様。
血圧が上がらないといいのですが。
クールなサウザリン、しっかり仕事していると思ったのに
本家では冷たくクビにされちゃうんですね。
分家の方が多少は情に訴えるのが通じるかも…
そのあとすぐに後釜として登場したボルジアもなかなか有能そう。

☆CSI
やっぱりめでたしめでたしにはならずに、クリフハンガーでしたね。
この展開ではきっと教授の怪我はたいしたことはなく
元気に次シーズンプレミアで活躍しそうな気がするけど甘いかな?
キャサリンとヴァルタンはそうなっちゃったんだ…といらぬ確認までさせられました。

☆Rookie Blue
こちらも撃たれたルークは回復中。
アンディの前では不機嫌なルークですが
ジョーが見舞いに来てはしゃいでいる二人を見て
アンディはムッとします。
ジョーにはまだアンディに横取りされた感が残っているのかな。
でもアンディを婚約者として認めたなら
プライベートな時間までルークに付きまとわなくてもいいのに。
ジョーがどんどん悪女化して見えてきます。
とはいえ生意気なアンディに同情する気もないけど(苦笑)
クリスの過去の話がショック。
母親との関係、本当はどうだったのでしょう。

☆Blue Blood
NYの地下鉄は安全だと思ったのに…
違ったのか??

10月のドラマ視聴計画

今月は予想通りL&O本家に追われまくりました…
それでもなんとか溜めずにクリアしていたんですが
その分他のドラマが溜まってる。
やっぱり両立は難しいです。
でも本家ってなんか中毒症状出るんだよね。
超面白いドラマでもないし
観終わるとどっと疲れるから、続けて2話は観られないんだけど
なぜか毎日観ないといけない感じがする。
週5日は本家で分家が2日
これで一週間埋まってしまうのに
番外編?なLAまで登場。
ますますL&O呪縛に悩まされる10月になりそうです。
ついでにWOWOWも山ほど増えるしどうしよう(泣)

☆NHK BSプレミアム
Good Wife S2

金曜23時はNHKの時間としてインプット。
相変わらず法廷ドラマだらけになってしまいますが、
これは硬派なので楽しませてもらいます。

☆WOWOW
CSi:MiamiS9
Cold Case S7
Boardwalk Emoire S1
Rizzoli & Isles S1
Criminal Minds: Suspekt Behavior
The Cape
Drop Dead Diva S2

とんでもないラインナップのWOWOW
ほっさんとの再会は当然。
Cold Caseもほとんど音楽目当てですが見続けます。
問題はその他で…
ボードウォークはかなり楽しみなので頑張ります。
クリマイ分家(レッドセルって邦題はどこから来たんだ?は)
やはり本家を愛するものとして楽しませてもらいます。
残りは1話観て悩もうかな。
ラブリーガルも面白いんだけど
あまりにも検察ドラマばかり観ているせいで
弁護士の立場から観るのがキツくなってきちゃって。
しかもシビアな展開でないと満足できないってことで
ドラマの嗜好が偏り過ぎだよね。

☆FOX
House M.D.S6
NCIS S7
NCIS LA S2
The Glee Project
Bones S6

The Glee Projectは展開よりも
登場ゲストに期待ってところでしょうか。
Bonesの続きもちょっと悩んでいます。
そろそろ飽きてきたから止めようかな?

☆FOX CRIME
Law&Order SVU S9
Law&Order CI S5 S6
Spooks S8
The Glades
Crossing Jordan S5

Crimeも忙しくなってきました。
CIはさらに続くし MI-5もその先が観られるし。
そしてまた危険なフロリダ(マイアミじゃなくて田舎らしいが)で
起きる殺人事件のお話も興味深そう。
こうなるとジョーダンをどうするかが問題だ…

☆Super!DramaTV
(The Mentalist S2)
Law&Order S15 S16
Law&Order LA

そして忙しすぎるスパドラ。
本家はS15をクリアしたらS16ですからね。
スパドラの本家の水曜と金曜が
Crimeの分家とバッティングして分家を優先していましたが
LAはNCISのLAとバッティングするんですね。
どっちのLAが面白いでしょう。

☆AXN
Hawaii Five-O
La Femme Nikita S1

ニキータもだんだんツッコミドラマと化してきました。
Chase 先行放送チェックしてみます。

☆Universal Channel
Rookie Blue S2
Bkue Blood S1
Haven S2

青物ドラマを楽しんでいます。
Havenは訳が分からなかったけどキャストは気に入ってるので
余裕があれば頑張ります。

☆LaLaTV
The Closer S6
(Trinity )
All the Small Things

イギリスのGlee?
全く違う展開ですが、歌を通してという部分では共通点があるかも。
Trinityがハチャメチャで面白いです。

こんなに観るのは絶対無理!
心苦しいけれどこれから取捨選択していきます。

Glee:The 3D Movie

そしていよいよ3DのGleeを観に六本木へ。

実は3D映画は初体験。
なにしろマイナー映画&アジア映画中心に映画鑑賞しているもので
今まで3D作品を観る機会がなかったんですよね。
だから何がどう飛び出してくるのか興味津津でした。
一方ロック大好き人間としてはコンサートムービー系は山ほど観ているので
どんな編集がなされているのかも気になりました。

サントラを先に聴いているのでどんな歌が出てくるのかはわかっていましたが
実際サントラと映画では曲順がかなり違っていて
どちらもそれなりに編集してるから仕方ないのかなと思いつつ
本当はどんな曲順だったんだろう。

ライブは生で観るに越したことはありません。
アリーナの遥か彼方にいるアーティストの顔は全然見えなくても
会場の一体感が楽しくて。
モニター画面を観ながら一緒に歌って踊って、それで大満足です。
コンサートムービーは自分では参加できないから一緒に歌えないけど
でもパフォーマンスはばっちり観られるのがありがたい。
会場の感動と興奮をおすそ分けしてもらうという感じでしょうか。
(でも自分が観た回の次の回は、歌って踊ってスタンディング鑑賞の回で
ロビーで次の回を観る人たちとすれ違いましたが
コスプレしてる人もいて気合十分!に感じられました。
こうなると3D眼鏡は邪魔かも)

3Dコンサート、実に楽しかった。
ドラマとは違った発見があります。
やっぱり主役はレイチェルとフィンなんだね。
(アンコールDVDもそうだったけど)
ダンスが得意なブリタニーとマイクのパフォーマンスも際立ってました。
ウォブラーズのステージはクールだった。
ギターをかき鳴らすパックのシャウトもかっこいい!

でももっとカートが観たかった!!
ついカートに見とれてる自分としては
カートの活躍部分がもっとあってもよかったかなとやや欲求不満。
実際のライブだったらその方向だけ観てればいいんだけどね。

そしてこの映画が普通のコンサートムービーと一線を画すのは
観客たちの声を多く取り入れてること。
それだけだったら当たり前だけど。
小人症だったり、アスペルガーだったり、ゲイだったり
そんな若者たちがGleeで元気をもらい
自分らしく生きていくことができたと語っています。
ここでもGleeのテーマ
「みんなちがって、みんないい」が色濃く出されています。

3D映像は飛び出すレイチェルにどっきりしたけど
紙吹雪やテープが飛ぶ場面は本当にリアルで
これが3Dなんだなと実感しました。

ところでいずれこの作品もDVD化されるのでしょうが
うちのテレビは3Dじゃないし
だったら2Dでいいので、全く編集なしの
コンサートの完全版映像を発売してもらいたいです。
その方がよりコンサート体験を共有できそうな気がします。

最後に
ミニ・ウォブラーズ君のパフォーマンス、可愛すぎました!
是非Gleeのゲストに呼んでください♪

Glee:encore

Glee 3Dを観てきました!!

glee/グリー アンコール ベスト・パフォーマンス [DVD]glee/グリー アンコール ベスト・パフォーマンス [DVD]
(2011/09/23)
マシュー・モリソン、コーリー・モンテース 他

商品詳細を見る


その前に
昨日ベストパフォーマンスDVDが届き
懐かしみながらS1名場面集を観ていました。
Gleeの場合はドラマを観てからも、もう一度観たいと思うのが歌のパート。
実際録画からその部分だけ再度見直したり、YouTubeでチェックしたりしていましたが
パフォーマンス部分だけ抜き出せたら便利だなとつくづく感じてました。
音楽ドキュメンタリー番組だったりすると
チャプターで音楽部分を拾うことができますが
ドラマをそのまま録画しただけでは自力で探すしかないし
こんなDVDが出るのを待っていただけに感動モノです。

選曲はまあこんなものかな。
サントラと違うのは
一曲完成したものをじっくり聞くことと
パフォーマンス場面を楽しむことの用途の差ってことでしょうか。
そして思いのほか自分の好み=ウィルの好み
クラシックロックのパフォーマンスが多く入っていたのが嬉しかった。
一緒に歌えるもん。
そして怪しげな台湾版はあっちへ置いといて
日本版でも英語字幕というか英語の歌詞が出るのも素敵。
日本語字幕ではそういう歌なんだとドラマとの整合性に感心させられたけど
英語字幕はそのままカラオケ大会です。
気が付いたらいつの間にか一緒に歌っていました(笑)

S1からの選りすぐりの楽曲。
本当にまんべんなく集められ感激しましたが
全てが終わってからのエンディングクレジットが大変。
1話ずつ本当にばっちり、IMDbの詳しい部分がずらずら出てくるので
呆れて早送りしてたけど計30分くらいあったかな。
恐れ入りました。

これで映画の予習はばっちりです(笑)

Desperate Housewives S6-#23 「不屈のマドンナたち」

予想できた展開と想定外だった展開がごちゃ混ぜ。
S7プレミアに向けて覚書をまとめておきます。

エディに軟禁されたリネットが破水したのは予告編で観たとおり。
SVUのキャシーに続いて、今週は二人目の出産シーンでした。
どちらも子だくさんだから切羽詰まった時でも落ち着いて対処できてる?
リネットはエディに指導しつつ、無事に出産を終えます。
しかも逃げようとするエディを説得。
一人の新しい命を救ったことを誇りに思い
今警察に連絡して楽になるように。
逃げようとしたエディは出頭する覚悟ができ
リネットが911通報している間、赤ちゃんを抱いていました。

アンジーのメッセージを受け取ったガブリエルは入院中のニックに連絡。
ニックを病院から連れ出しますが、とても動ける状態ではありません。
仕方なくスーザンを巻き込んでアンジーとダニーの救出作戦を開始。
その頃完成した爆弾を受け取ったパトリックは爆弾を家に隠したまま
アンジーを連れ出して車に乗せ逃走しようとしていました。
そしてリモコンが届く範囲でスイッチを入れ
30秒後に自宅爆破。
囚われのダニーと助けに行ったアンジーが爆破さえる?と思ったら
アンジーの方がずっと賢かった。
爆弾は起爆スイッチにセットされていて
パトリックは車ごとぶっ飛んでしまいました。
お気の毒に…

ブリーはアンドリューを刑務所に送るわけにはいかず
会社ごとサムに譲り渡すことにします。
これでサムとはきれいに縁を切ることができましたが
そのやり方をオーソンは気に入りませんでした。
自分がマイクを轢いた時は服役して罪を償い再出発できたのに
アンドリューの罪を隠し通そうとするブリーに納得できない。
オーソンは自らヴァンデカンプ家を出ていきます。

スーザンとマイクの家は荷物をガレージセールで片付け
ウィステリア通りから出ていきます。
名残惜しく思い出深い自宅や仲間たちとお別れ。
自宅はすぐに新しい借り手が付いたのですが
りーが紹介した相手は、なんとあのポールでした。
まだいたんだね…なんとしぶとい奴。
S7のトラブルメーカーなんでしょうか。
もうひとつ病院で長く働いていた看護師が病死する直前
懺悔で告白したのが赤ちゃんの取り違え事件。
ウィステリア通りの誰かの子供が、実の両親に育てられていないらしいです。
これがもう一つの秘密なんだ。

また半年後をお楽しみに…

Law&Order SVU S9-#9 Paternity

幼い男の子が首を血だらけにして走ってきたところをSVUに補導される。男の子はトミーと名乗り、血痕は別人のものだったが、パパに会いたいと言ったままステーブラーに抱きついて離れない。ステーブラーは父親を捜すために一緒にテレビ出演すると、ようやく父親のジェイク・キーガンが現れる。ジェイクは自宅に電話しても妻のリアが出ないために心配していた。ベンソンとステーブラーがジェイクと共に自宅を捜索に行くとリアは不在で、ベッドルームにベビーシッターのジョディがレイプされ倒れていた。一方リアは男と一緒のところをニュージャージーのガソリンスタンドの防犯カメラがとらえ、モーテルでリアのカードが使われていることがわかったので捜索に行くと、リアはBFのマットと一緒にベッドの中にいた。
リアはジェイクは仕事人間で、マットが孤独を埋めてくれたと不倫について話す。殺されたジョディはユタ出身のモルモン教徒で、真面目で家庭的だった。しかしベビーシッター仲間のベッカやキンバリーの話では、ジョディには婚約者がペルーに行っており、帰国したら一緒にユタに戻るつもりだった。だが最近寂しいからといってキーガン家でネットを始め、男を連れ込んでキスしていたところも目撃されていた。ジョディが登録していたサイトはスマイルユニオンで、3人の男性とコンタクトを取っていた。そのうちの一人はジョディと2回ほど会ったが、キスしていたらトミーに見られてきまり悪くなり別れた。もう一人の大学生はインドに留学中で、小学生の弟が勝手にアクセスしていたとわかり、残っていたカサノバと名乗るラファエルに事情を聴くと、ジョディとの関係を認める。
ネット上には若いころの写真をアップしていたラファエルは、8日間で36通ものメールを出し、ジョディを虜にさせていたが、実際に会いに行ったらジョディに邪険にされたため、無理矢理押し入って自制心をなくし、我に返ると男の子が泣いていたので逃げ出したと証言する。
捜査の段階でトミーとジェイクのDNA鑑定をしていたところ、対立遺伝子を受け継いでないことが判明する。ジェイクは他人の子を育てているということだ。ジェイクに告げるべきかステーブラーとベンソンが議論しているのをジェイクが聞きつけショックを起こす。ジェイクはステーブラーに離婚の危機に直面しても、トミーのために我慢してきたと話す。
自分がトミーの実の父親だと知ったマットはトミーに会いに行き、ジェイクと争いになる。トミーが生まれた時ジェイクとリアの婚姻関係は成立していたので、法的にはジェイクが父親だ。しかしマットはトミーの監護権を申請してくる。
トミーがパパとママが遠くに行ったとSVUに言いに来る。リアは自宅で殺害され、ジェイクはトミーのために買った別荘で自殺しようとしていた。ジェイクは一晩中トミーの顔を見ていたら、自分の息子だと確信した。だがリアが離婚の申し立てとマットの監護権を要求してきたため、トミーを失うと思ったジェイクは否定したが笑われたためにキレて殺し、自分も死のうと思ったとステーブラーに告げる。
キャシーの受診日だが車が修理中なので、ステーブラーは自分が送っていくと約束していた。だがステーブラーはジェイクの別荘に急行せねばならず、代わりにベンソンがキャシーを送ることにする。ベンソンが運転中、キャシーがステーブラーと連絡を取った直後車が追突してきて、二人は車内に閉じ込められてしまう。自力ではい出したベンソンは救助を要請。足が挟まって出られないキャシーを救い出すには車の屋根を切断しなければならず、その間にキャシーの陣痛が始まる。ベンソンは救命士の指示に従って再度車内に入って救助を手伝う。ようやくキャシーを救急車に乗せたところ出産が始まり、男の子が生まれた。キャシーはエリオットと名付けた。

父親の見つからないトミーがステーブラーから離れないために、ステーブラーはトミーを自宅に連れ帰ります。ちなみにステーブラーの自宅の住所は72-12 Castleside Street, Glenoaks ,Queensでした。ステーブラーがトミーをお風呂に入れてあげていると、キャシーが男の子と女の子のどちらが欲しいか聞いてきます。ステーブラーは健康ならどちらでもいいと答えます。
トミーがジェイクの実の子ではないとわかったとき、ベンソンは事実を知らせるべきだと主張しますが、ステーブラーはジェイクがトミーにとって唯一の父親だから、リアが決めればいいと反対します。ところが運悪く、二人の会話をジェイクが聞いてしまいました。
ジェイクはステーブラーに突然知らされた事実に動揺しながら、トミーへの父親としての思いを語ります。ジェイクはトミーと釣りに行った時の写真をステーブラーに見せ、ここに別荘を買うことにして契約も済んだと説明します。ステーブラーは君の愛は変わらないと励ましますが、ジェイクにもし子供が他人の子とわかったらどうする?と尋ねられ言葉に詰まります。
帰宅したステーブラーはキャシーに、別居中にデートしたかと尋ねます。すると同じ質問をキャシーが返してきたのでステーブラーが認めると、キャシーもあなたの知らない人とデートしたと答えます。すかさずステーブラーが寝たのか?と聞いてきたので、キャシーはお腹の子が他人の子だと思ってるのかと不機嫌になります。
ベンソンがキャシーを助手席に乗せて運転中、突如車がぶつかってきました。相手は酔っ払い運転だったようです。一瞬気を失ったベンソンですが、無線で事故の連絡をすると自力で車から這い出し、救急車や消防車の到着を待ちます。キャシーも意識が戻りますが、脚が挟まっていて車から出られず、破水してしまいました。なんとかここでの出産を食い止めるためにも、早くキャシーを救い出したいと、ベンソンは救命士の代わりに動き、キャシーもベンソンを頼ります。事故を知ったステーブラーは、ジェイクの別荘から途中ヘリコプターを使って戻ってきます。クレイゲンが事故現場に来て、病院までの信号を止め最優先で救急車が到着するように手配しました。
なんとか持ちこたえたキャシーですが、救急車の中で出産が始まります。救命士の指示でベンソンも手伝って、無事に男の子が生まれました。だがキャシーが意識を失います。
ステーブラーが病院に着くと、キャシーは子供を抱いて待っていました。名前はもう一人のエリオット。ステーブラーは病室から出てくると、ベンソンを抱きしめます。
ジェイクを演じているのはHuman Targetのクリストファー・チャンス役のMark Valley、ジョディを殺害したラファエルはベテラン俳優Steven Bauerが演じています。

このところ必死に本家を観ているので
5話の合間に1話入ってくる分家がとても新鮮。
そしてやっぱり面白いです。
今回はまずレイプ殺人事件といかにもSVUな内容。
だが犯人があっさり自供しておしまい。
続いて息子が妻の浮気相手の子供だとわかり
夫が妻を殺害する話。
ステーブラーの脳裡に
もうすぐ生まれてくる子の父親がもし自分ではなかったらと
余計な心配をよぎらせてしまいます。
そして最後はキャシーが大変でベンソン大活躍。
ついでに救命士も大活躍なTW的展開。
ベンソンの車がぶつかった時はなんだこりゃ??と本当にビックリしました。
本家ではあり得ないでしょ。
ここから裁判が始まる時に
分家では交通事故ですよ。
でもハラハラしながら楽しませてもらいました。

そしてラストのステーブラーとベンソンの劇的なハグ。
やっぱり最高のパートナーだよね。
いよいよ向こうではステーブラーじゃなくてヴァレンズのS13が始まりますが
自分では受け入れることができるのかな。
こんなエピを観てしまうと不安を感じます…

特別画像(笑)
svu9-9-1.jpg
ようこそ!
svu9-9-2.jpg
感動のハグ

House M.D. S6-#11 「麻薬密売人」

今週の旧ニキータはバーコフのエピだったので
イマイチ盛り上がらなくてエピガイ省略。
その代わりにはならないけどHOUSEが楽しかったので
感想をまとめたいと思います。

いきなりドラッグ売買で銃声が
撃たれたと思った売人は実際には被弾しておらず
音に反応して倒れてしまいました。
売人ミッキーはそのままハウスチームに引き取られます。

犯罪者とはいえ治療しなければならないのは医師の宿命。
今回はチェイスもしっかりチームプレイに参戦しています。
そしていつも通り病名や治療法がはっきりせず
その間にミッキーの容態はどんどん悪くなります。
ミッキーの相棒のエディがなかなかいい奴で
エディのことをよく気遣っています。

いくら治療してもらえるとはいえ
売人が医師に自白するわけはない。
ハウスは好奇心からか、病室に盗聴器をつけて
ミッキーとエディの会話を聴いていました。
ところが盗聴器がトラブルを起こします。
ハウスは突然ひらめきました。
盗聴器が二つある!

まさかミッキーが潜入捜査官だったとは。
その事実がわかって急にミッキーに同情してしまいました。
家族とも離れ犯罪組織の中にどっぷりつかり
そしてもうすぐ確かな証拠を固め
犯罪組織を逮捕できるというところまできたとき
謎の病に倒れてしまうなんて。
盗聴器は仕掛けてるにしても
警察?FBI?とにかく捜査チームの関係者は全くミッキーに近づいてきません。
ミッキーを気遣ってくれるのは犯罪者エディだけ。
エディの逮捕のためにミッキーは潜入しているのに悲しすぎます。

ミッキーの病状はどんどん悪化し、喀血が続いています。
そしていよいよ大口の取引があり、エディは出かけていきます。
ミッキーは自分が行けないことを詫び、エディは明日来ると声を掛けます。
エディはすっかりミッキーをパートナーとして信じていて
そこまでどっぷりと潜入し売人になりきっていたエディの苦労を思うと
あまりにも辛いよね。
組織の逮捕が終わるまでの24時間、ミッキーはそのまま演じきっていたい。
終われば真実を話したいと思っていました。
ところがミッキーの病名がわかり、手の施しようがないこと
残された命もあとわずかだと知らされます。
ミッキーは妻を呼んでほしいと頼みます。
そしてずっと離れていた妻に抱かれて息を引き取ります。
その頃エディは逮捕されていました。

普通潜入捜査官が死亡するときって
潜入がばれて消されたり、敵対する組織との撃ち合いになったりして殉職だと思うのですが
こんな展開もあるんだなと意表を突かれました。
ミッキーが妻に会えたことがせめてもの救いだったのかもしれません。

ウィルソンとハウスが新居に引っ越し。
アパートの住民のノラに惹かれたウィルソンは
早速食事でもとノラを誘いますが
ノラはウィルソンとハウスをゲイのカップルと思い込んでいました。
ウィルソンは自分はストレートだと言っても信じてもらえず
それをハウスに話すと、今度はハウスがノラを誘惑し始めます。
好きでもない「コーラスライン」を一夜漬けして学んでみたり
ノラを部屋に招いてマッサージしてあげたり
そして自分こそストレートだと力説。

ここでウィルソンがリベンジ。
レストランでディナー中のノラとハウスの前に現れたウィルソンは
いきなりハウスにプロポーズしてしまいます。
やっぱり二人はゲイ??
呆れたノラにハウスが本音を語ると
さらにノラは腹を立ててしまいました。
しかし本人が必死に否定しても
こんなに仲良し(笑)なウィルソンとハウスが
ゲイのカップルと疑われるのはもっともだと思います。
お互いが気になって仕方ないんだし!!

The Closer S6-#7 「先走った思い」

冒頭銀行強盗がものすごい緊迫感で
一体何が起きたのか?って驚きましたが
レストランに立てこもった二人組の犯人は投降を決定。
人質を解放した後射殺されてしまいますが
無事に解決したかと思いきや、警備員が撃たれて死亡したことが分かり
ブレンダは殺人事件として捜査を始めます。

なぜか情報を持ってきたのがフリッツ。
今回はブレンダに頼まれてじゃなくて必然的で
この強盗は5人組のディア・ジェーンという頭脳派強盗の手口によるものだと
フリッツは伝えてきますが
今回見る限りはあまり頭脳派じゃなさそう。
そしてフリッツは本日突然
FBIとLAPDの間の連絡係に任命されたのでした。
これで職場でもブレンダとフリッツの関係は密接に。
今回のフリッツの異動がブレンダが本部長になるための足固めのように思えたポープは
全然面白くありません。
思わずフリッツに食ってかかります。
フリッツがポープとも親しくしてるじゃないかと言うと
突然自分の学歴とかあれこれ尋ねて答えさせようとして
ムキになってる姿がおかしかった。

おかしいと言えば強盗宅から回収した金庫の数々が
置き場がないからテイラーの部屋に。
やっと手に入れたテイラーのスペースは
またふさがってしまいました。

FBIと重大犯罪課の見解が違うと
それがブレンダとフリッツの考えの違いにもなり
争いは家庭内に持ち込まれます。
せっかく一緒に仕事できるのに怒鳴り合いに。
やっぱりもう少し距離を置いていた方がよかったのでは?

頭脳派集団も少しずつ尻尾を出し始め
事件の全容が見えてきました。
そしてポープに電話が。
ブレンダが本部長候補に決定し
ポープは落選してしまいます。
ポープは悔しそうでしたが、負けを認めました。

A Change of Place

Change of Place: Harlequin Romance Series [DVD] [Import]Change of Place: Harlequin Romance Series [DVD] [Import]
(2004/05/18)
Rick Springfield、Andrea Roth 他

商品詳細を見る


Rick Springfield主演のTV映画。1994年の作品です。
ジャケットにHarlequinと書いてあったのでそれがタイトルかと勘違いしていましたが
ハーレクイン小説(正確にはシルエットロマンスのようです)を映画化した作品でした。
これならもう観る前からストーリーが想像できます。
薄幸な女性が苦労しながら理想的男性に出会って恋に落ちる。
そして紆余曲折あるものの最後はハッピーエンドになるはず。
もちろん理想的な王子様はRickだよね!!

ドミニクとキムは双子の姉妹。
キムは美術を専攻する大学生ですが
ドミニクは売れっ子モデルとして活躍していました。
しかしドミニクはアルコールにおぼれて依存症となり
断酒の必要が出てきます。
ドミニクが施設に入っている間、パリでのコレクションが開かれますが
ドミニクは自分のキャリアを棒に振るわけにはいかず
キムに急遽自分代わりにモデルとしてパリに行ってもらうことにします。

キムには初体験のことばかりですが
キムはドミニクにそっくりなのでドミニクになりすましていました。
でもデザイナーのアシスタントはドミニクの体型を熟知していたので
キムがドミニクの代わりになっていることを察知します。

最初のショーは相当緊張しつつ、キムはなんとか無事こなします。
その様子を見ていたのがデザイナーの部下のフィリップ。
フィリップを演じているのがRickなんですけど
これがパリのお屋敷に住むおぼっちゃまで
でも家庭的には複雑な部分もあったみたい。
そしてドミニクをつけまわしているプレイボーイ男が
ドミニクがデザイン画を盗んだと脅してきます。
実はこれも他のモデルがやったことで濡れ衣でした。

フィリップのお屋敷には絵が飾られ
キムは美術館で絵を鑑賞
こうして二人は絵を通して親しくなります。
そして親密な仲に。
ところがドミニクのリハビリが終わってパリへ来たので
キムは交代してアメリカに帰らなければなりません。
果たしてキムとフィリップの運命は…
ハーレクインだからバレばれですけど。

キムとドミニクの一人二役をを演じているのはAndrea Roth。
どこかで観た顔だと思ったら
Rescue Meのジャネット・ギャビンでした。
そして王子様Rickですが
94年の作品だから45歳くらいですか。
今でもセクシーなリックですから、当時はさらに素敵。
でもファッションはかなりダサいです。
ポロシャツの裾は白いパンツにしっかり入れちゃってるし
ネクタイの色は怪しげだし
スーツはやたらと肩が張ってるし。

ファッションショーでは当時のモードを楽しめて
あまり違和感なかったんですが
オヤジのファッションはダメですね。
だけどベッドシーンは完璧。
地上波放映できる範囲で脱いでくれています。
セクシーRickを観たいファンにはお薦めです。

ちなみに日本のamazonに載ってるDVDジャケットは
嫌味なプレイボーイ男が写っちゃってるんですよね。
アメリカから直輸入したら、Rickのアップがばっちり写っていました。

rick s3
これが米密林で買ったRick3点セット。
右上がアメリカ版DVDです。
rick s2
基本的にスーツ姿、でも肩幅が相当広い。
rick s1
シャツをはだけるとセクシーなのはいつも通り♪

Desperate Housewives S6-#22 「絶体絶命」

全てが最悪の事態に…

パトリックはアンジーを自宅で軟禁し
爆弾づくりを命じています。
パトリックはエコテロリストなんだそうで
自然を守るために爆弾?
それで人が犠牲になっていいのかとアンジーはつっかかりますが
確かに変なテロリストだ。
しかも爆弾の材料、全部用意してあげたの?
だったら自分で作った方が早い気がするんだけど。
ついでに若づくりパトリックがかなり怪しげでした。
ここへアンジーに呼ばれたと思ってダニーが帰ってきて
そのまま一緒に囚われの身に。
だがカルロスに絶品ラザニアを作る約束をしちゃったガブリエルが
レシピを貸してもらいに来たり、味見を頼みに来たりして
パトリックにとって邪魔が入ります。
救出のチャンスを願うアンジーは
味見をしたラザニアにメッセージを入れてガブリエルに返すと
ガブリエルは頭にきてそのラザニアを捨てちゃいましたが
お腹のすいた娘たちがゴミ箱から拾って食べてくれたおかげで
ガブリエルはアンジーの救出要請を発見します。
これでニックが助けに来てくれるのか乞うご期待。

ブリーはサムと手を切る方法をオーソンとアンドリューと相談。
金を渡して消えてもらおうという結論が出たので
ブリーはカールの残した信託財産ということで小切手を渡します。
ところがサムは金で釣られるわけがなく
せっかくブリーが元警察のお友達に手伝ってサムを脅してもらったのに
アンドリューがカルロスの母をひき逃げした事件を持ち出して
リベンジしてきます。
そうそう、これもひき逃げ事件でした。
いつの時代もウィステリア通りは物騒だ。
そしてヴァン・デ・カンプ家の恐怖は続きます。

入りーナの埋められていた遺体が発見され
プレストンは警察の事情聴取を受けます。
連続殺人が起きた時ヨーロッパにいたので容疑者からは外されますが
自分が連れてこなければイリーナは殺されなかったと
プレストンはショックを隠せません。
リネットにバーバラのことを聞かれ
家を出て飲んだくれていると嘘をついていたエディは
イリーナの遺体が発見されたと聞いて
自宅に帰ると言い出します。
リネットは何の疑いも持たずにエディを自宅に返すと
今度は警察でバーバラの遺体が見つかったという情報を聴いてしまいます。
リネットがエディの家に行くと、エディは荷物をまとめ
バーバラがいたのでフロリダに行くと言い出します。
リネットがバーバラが死んだのは間違い?と疑っているうちに
エディはリネットを軟禁しようとし始めました。
これはアンジーたちより危険な状態かも。

其れに比べるとスーザンは幸せかな?
マイクがあちこちの家の修理の未払い分を放置しているのに気付いたスーザンは
自ら脅しをかけ代金を奪い取ってきます。
でも税金のリミットが来ちゃって大ピンチ。
スーザンは自宅を貸して、自分たちは学校の近くのアパートに住むことに決めました。
お金はなくても、とりあえず脅されてないだけラッキーでしょう。

そして次回はシーズンファイナル。
いつものように見せすぎの予告編によると、
リネットは産気づいてエディに出産を手伝わせているし
また車が爆発してる?
波乱万丈のシーズンファイナルに期待しましょう。

Rookie Blue S2-#3 「満月の夜」

満月の晩はおかしな事件が起こるらしい…

その前の晩、ルークと新居に越してきたばかりのアンディは
寝付けなくてイライラしてると
裏から物音が聞こえたので慌てて銃を持って見に行きます。
ゴミ箱が倒れただけ?
また寝ようとしたアンディは
ダイヤの指輪の入った箱を見つけてしまいました。
帰宅したルークに指輪のことを問いただすと
そのままルークはプロポーズ。
こうして二人は婚約してしまいました。
なんと素早い展開。
アンディは早速みんなに指輪を披露。
みんな祝福してくれるけど、サムはちょっと複雑な気分?
さらに訳ありな顔をしているのがジョー。
実はこの指輪、ルークはジョーに渡すつもりで買ったんですね。
そのことをまだジョーは突っ込んでくるので
ルークは迷惑がっています。

張り切り過ぎのダヴに先輩たちは手を焼いていて
ダヴと組むのを嫌がっています。
するとゲイルがダヴの監督をすると言い出します。
ゲイルが居候をはじめて、家でも何かと言い争ってる二人ですが
ブツブツ言いながらパトロールに出かけます。

サムとアンディは交通事故現場に。
その前に車を運転していて逃げたと思われる男に出くわしました。
男が置いていった車の中から人間の頭部が3つ。
こうして満月の不思議な事件が始まります。

頭は病院から盗まれたもので
盗んだ男は統合失調症で薬を飲むのをやめていたため
かなり精神的に参っていたようです。
アンディは彼をとらえようとしますが、逃げられてしまいます。
男は車を借りた女性の家を襲い
今度はアンディの名刺を頼りにアンディの自宅へ。
自宅にはルークが帰ってきていました。

新居の裏口に鍵をかけていなかったのと
ルークが帰宅して銃を置きっぱなしだったのがまずかったんですね。
誰か来たと思ってルークが行くと
目の前に銃を持った男がアンディを探して立っています。
何も知らないルークが男に聞かれるままに刑事だと名乗ったため
警察を恨んでいる男は発砲。
無防備のままルークは撃たれてしまいました。
刑事だから今まで現場で何度も危険な目に遭ってきたでしょうに。
自宅でわけがわからず撃たれるなんて不本意すぎる…

そのままふらふら外を歩いている男をダヴが見つけて職務質問。
直感でダヴは怪しいと思ったようです。
その間ゲイルが男が事件の容疑者だと確認して逮捕。
駆けつけたアンディは男が持っていた銃がルークのものだったので悲劇を察知します。
ダヴはお手柄でしたが、ルークは予断を許さない状態。
いつもは重たい事件の後でもほっこり終わるドラマなのに
今回は辛すぎました。
ルーク、大丈夫かな?
ついでにトレイシーとジェリーの寄りが戻っちゃいましたね。
それでいいのかなぁ?

Law&Order SVU S9-#8 「Fight」

17歳のジュリー・ドノバンの遺体が体中に傷を負い、頭部を鈍器のようなもので殴られて山の中に捨てられていた。そばには「C」のマークのついた野球帽が落ちていた。ジュリーの遺体からは唇が切り取られ、ジュリーのものと思われる壊れた携帯も発見された。
ジュリーの父テリーは、娘はヒップホップに興味を持ち黒人と親密になっていたと話す。だがジュリーの体内からは総合格闘技(MMA)の世界チャンピオン、マイク・コナのDNAが検出される。コナはレイプ容疑で逮捕されたが不起訴になっていた。フィンとレイクはMMAの試合に行き、コナの婚約者のトレイシーに会って事情聴取すると、トレイシーはコナの浮気を許していたが、寝室に監視カメラをつけていたことを教える。カメラの映像にはジュリーと寝た後ジュリーを殴るコナの姿が映っていた。レイクらはコナを逮捕するが、コナの所属団体の代表がアリバイを証明し、コナは釈放される。だが取調室から出てきたコナをテリーが待ち構えていて、コナはテリーに撃たれ死亡する。
野球帽のDNAはジェイドン・オダミのものとわかる。ジェシーの携帯からジェイドンと弟のエズラが、パーティーでジュリーを真ん中に挟んで踊っている映像が見つかった。ジュリーはコナと寝た後、ハドソン大のカパ・デルタ・アルファ寮のパーティーに出ていたことがわかった。黒人の学生が友愛会に所属していたのは公民権運動家の圧力によるもので、ジェイドンとエズラは人種受け入れ入学の一環として、ライカーズ刑務所内の学校から入学してきた。二人の母親のジャネルはドラッグ中毒で、二人は里親をたらい回しにされてきていた。ジャネルは息子たちと疎遠状態だった。逮捕さえたジェイドンは、自分がジャッキーを殺した。弟は関係ないと自白を始める。
売春をしていたジャネルも逮捕されるが、ジェイドンが証言すればジャネルを釈放するという条件をレイクは持ち出す。ジェイドンは罪状認否で僕が殺したと言って弁護士を追い払い、判事の前で「弟とパーティーに行ってジュリーと一晩中踊った。セックスして金を奪おうとしたら抵抗されたので殴った。顔をつかむと唇が裂け血だらけになった。」と自白する。ジェイドンは単独犯行だとして話したが、彼の逮捕の際にはいつも共犯者がいた。ジェイドンはエズラの身代わりをしているのではと思われた。
帽子のCのロゴは、ギャング団コーナーハスラーズ(CH)のマークだった。CHはラテンキングス(LK)と抗争を繰り返しtでいた。フィンとレイクはLKのメンバーからCHのリーダーのジミー・マックによるジェイドンとエズラの入団に絡んでの殺人事件なのではという情報を得る。ジミーは無賃乗車をして拘留中で、釈放されることになっていた。
刑務所のバスが到着し、ジミーが下りてくると近寄るCHのメンバーにLKが発砲、銃撃戦になる。レイクは逃げるエズラを逮捕、フィンとクレイゲンはジミーを追うが、ジミーは飛び降りた先がゴミ収集車の中で運転手が気付く前につぶされてしまう。
警官への発砲を問われたエズラは、銃はジミーを撃つために持っていた。刑務所内で身を守るためにCHに入団したが、大学に入学するとジミーは構内でドラッグを売るように命令してきたので、エズラは脱退のためにジミーを狙ったと話す。
レイクは兄弟の無実を信じ、ジュリーのビデオに映っていた女性が写真を撮っているのを見つける。レイクはジャネルに会いに行き、子供たちに残りの人生を返すために、女性が誰か教えて欲しいと頼む。ジャネルはその女性ラトリスの家を教える。
ラトリスはジミーの下で売春しており、MMAの試合でジュリーと知り合った。売春に興味を持っていたジュリーをジミーはジェイドンとエズラに味見させることにする。ところがジュリーはエズラが近づいてきたとき段取り通り「レイプだ!」と叫ばなかったために、ジミーの怒りを買って殴り殺されてしまった。ラトリスはその一部始終を写真に収めており、兄弟の無実が判明する。二人は釈放されるが悲しいサプライズが待っていた。

レイクの過去が明らかになるエピソード。レイクが何故兄弟の無実を信じ、二人を助けようとするのか、レイクの思いが伝わってきます。
殺人事件にマイク・コナの名前が挙がったとき、レイクは自身がMMAの選手だったことを明かします。レイクのりング名は「ナップタイム」ファイトシーンの映像も残っていました。相手を殴って眠らせてしまうから「昼寝の時間」と呼ばれていたそうですが、じん帯を切って選手生活を断念し団体を辞めました。だが今でもジムでトレーニングを続け、コナを見かけていたようです。コナが釈放される時レイクを脅すと、レイクも負けずに応戦していました。ところがコナはあっけなく殺されてしまいます。
続けて野球帽の持ち主として名前の挙がったジェイドン・オダミは、黒人でありながらハドソン大の南部系友愛会に属していました。ジェイドンと弟エズラの成績はオールA,.二人はライカーズ内の学校から奨学制度を用いてハドソン大に入学しました。ジェイドンは強盗で3回逮捕されていますが、ライカーズの教師は二人は人を傷つけないと断言します。二人の家庭環境が複雑で、依存症の母と刑務所にいる父に見捨てられた兄弟は、里親と母親の間を19回も行来きしていました。レイクは兄弟の身の上に同情、二人を救ってやりたいと思いますが、ティーンエイジャーの娘を殺されたらどんな思いをするかとステーブラーに非難されます。
ジェイドンは自分がジュリーを殺したと口火を切りますが、詳細を話そうとしません。売春の最中だったジャネルを逮捕すると、ジャネルはヘロイン浸りで、こんな生活から抜け出したい。ジェイドンが助けてくれると話します。ジェイドンは母を釈放するために判事の前で自白を始めますが、話に信ぴょう性がありませんでした。
ジェイドンがブルックリン出身なのに帽子の「C」のロゴは何故なのか考えていたフィンとレイクは、Cがギャングのロゴであることに気付きます。早速フィンとレイクはCHの帽子をかぶって敵対するLKのメンバーに近づき、CHのボスのジミーの情報を聞き出します。そしてジミー釈放の場に出向きますが、CHとLKの銃撃戦が始まり、銃を発砲して逃げるエズラを逮捕、だがジミーは悲惨な最期を遂げることになります。
エズラの話から二人の無実を信じたレイクは、ジェイドンに自分の過去を語り始めます。レイクも里親に育てられ、アカデミーに入学しました。アカデミー時代従兄弟と酒を飲みに出かけたレイクは、喧嘩をして一人に重傷を負わせてしまいます。すると従兄弟はレイクが警官になれないことを心配して逃がそうとしました。結局従兄弟が逮捕され、レイクは警官になります。レイクはジェイドンが弟をかばっているとしても、殺害したのはジミーで、二人ははめられたと確信しました。一方ジェイドンは自分の帽子からDNAが出たときに、都合がいいと思って自白した。大学の寮で白人の自慢話を聞かされ殴りたくなったから、実行する前に刑務所へ行こうと思ったと言い始めます。レイクはジェイドンを刑務所に行かせないため、パーティーで二人の写真を撮っていた女性を探し出し、二人の無実を明らかにします。
レイクがカメラの女性の情報を得るためジャネルを訪ねたとき、ジャネルは断酒会に通いクリーンになるために頑張っていると話していました。二人の無実が確定したので、レイクはジャネルの喜びの声を二人に聞かせようとします。ところがフィンがジャネルの家のドアを開けると、ヘロインを打ったジャネルは動かなくなっていました。連絡を受けたレイクは二人をレッドロブスターに誘います。レイクはジャネルの願いを叶えようとしたのでした。

レイクとフィンのコンビがメインのエピ。
レイクのキャラクターが少しずつ明らかになってきました。
里親に育てられ苦労しながら警官になり
しかもMMAの選手だったとは。
ジェイドンとエズラの兄弟が無実だと信じ
彼らの容疑を晴らそうと尽くす姿に
ふとTWのカルロスを思い出してしまいました。
カルロスも里親をたらいまわしされてたっけ。
そして突然ハワイから現れた兄が
実はレイクなんだよね(笑)
そういう境遇ってことなんだ!
カルロスファンとしては
やっぱりレイクのことも気になってしまう。
これからも大いに活躍してもらいましょう。

今回もフィンの本当の奥さまCocoが出演。
コナのフィアンセ役でまたもやセクシーさをアピールしてました。
そして兄弟のお母さんは、True Bloodのタラのお母さんでした。

La Femme Nikita S1-#15 「誘惑」

このエピも大好きでした。
でもストーリーなんて全然覚えてなくて
記憶に残っていたのはマイケルの誘惑シーンだけ(笑)
リサ、贅沢だ!
とちょっとニキータモードで嫉妬してみたり。

殺し屋ファニングが持っている情報がつまったブックが欲しいがために
(結局紙媒体だったんだよね。拍子抜けしました)
セクションはファニングの妻のリサをマイケルが誘惑し
リサがマイケルのためにファニングの情報を抜き出し
セクションがブックのありかをわかるように仕向ける作戦を立てたのでした。
ニキータはマイケルとリサを出会わせる役で
リサのパーソナルトレーナーとして屋敷に出入りします。
そして前にニキータに鍛えてもらったというマイケルが突如現れ
リサの目の前で暴漢をやっつけ
(当然やらせです。暴漢役も楽じゃないよね)
あっという間にリサのハートをわしづかみします。

マイケルのファッションは一応アーティスト風?
ぼさぼさ髪はセクシーだとしても
ファッションセンスはyただけないです。
ブルーのシャツをパジャマと見間違えました(爆)
人妻リサとさっさとデートの約束を取り付け
飛行機の操縦を教えてあげると訳の分からない約束をして
なぜかマイケルの自宅になってる家にリサを連れ込みます。
展開早すぎ。
そして水槽を挟んで「もう恋に落ちてしまった。」と歯の浮くようなセリフを言いまくり
あっという間にベッドイン。
リサのガードが瞬時に崩れたのは
ファニングに縛り付けられ言いなりにされていたところに
セクシー救世主が現れたから。
もちろんマイケルの最初の任務はリサと寝ることだから、即完了です。
任務のためには体も売るか…とんでもない仕事ですね。
ニキータはリサはいい子だから傷つけないで…と心配しますが
セクシーマイケルが目の前でリサとよろしくやってると
そりゃムカっとするよね。

さすがファニングもリサの浮気に気付き
部下を尾行させます。
それをニキータはチェックしてセクションに報告。
マイケルとリサがお楽しみ中なのを部下が発見し
早速ファニングに報告しようと車に乗り込んだら
突然両方からでっかい車が寄ってきて
あっという間に部下の車を潰してしまいました。
恐ろしや…

リサはすっかりマイケルにノックアウトされ
二人で逃避行を計画。
こうなるとリサはマイケルの意のままに動きます。
マイケルがコントロールしてファニングのパソコンルームにリサを投入
情報をさっさといただいてしまいました。
こうしてファニングの銀行口座は空っぽに。
ブックもいただき用済みになったファニングを
セクションは襲います。
ここでニキータとマイケルの正体がリサにバレ
マイケルはリサに真実を伝えます。
夫は悪党で自分は利用されただけ。
リサにはショックが大きすぎました。
でもマイケルはしっかり奪い取った金の一部を着服。
リサに返してフォローしていました。
細かい気配りだな。

リサも殺し屋ファニングもS2に再登場しますが
どんな話だったっけ。
観始めたら思い出せると思うけど。

誘惑マイケル特集
nikita15-1.jpg
お得意の正装モード
nikita15-2.jpg
セクシー目線で落とします。
nikita15-3.jpg
ひたすら迫るマイエル…でもシャツがダサすぎ。
nikita15-4.jpg
セクシーな水飲みポーズ
nikita15-5.jpg
その前にフルヌードもあったけど…この頃はスリムでした(しつこい)
nikita15-6.jpg
またいつもの冷淡マイケルに戻っちゃった。

Southland シーズン3 プレミア試写会

southland1.jpg    southland2.jpg


かなり久しぶりにドラマの試写会に参加してきました。
WarnerTVで明日からオンデマンド配信される
SouthlandのS3第1話のプレミア試写会で
ゲストにベン・シャーマン役のBen Mckenzie登場です。

今回はFacebookからの応募で50組100名が招待されていたようでした。
Facebookは必要に迫られて始めたばかりでほとんど活用してなかったので
当選はラッキーでした。
でもこのドラマ観たことありません(汗)
BenもThe O.C.のライアンは知ってるけど途中でリタイアしちゃったし…
とかなり不安を抱えての参加でしたが、十分に楽しむことができました。

まずゲストのBenのインタビューから。
会場に現れたBenが思いのほか小柄なので驚きました。
でもスタイル良く整っていて、さすがセクシー俳優のオーラが漂っています。
だけどついこの間まで学生役っていうのはかなりきつかったのでは?
今のベンの役の方がうまくハマっている感じがしました。
Benは昨日はオフで明治神宮を参拝しておそばを食べて
秋葉原でお土産を買って相撲を観に行ったそうです。
相撲が気に入ったんだって。
先日誕生日だったBenは日本で祝ってもらったことを喜んでいました。
そしてドラマに関しての話題。
警官を演じているので役作りの話やら撮影エピソードやらでしたが
ゲストには元ギャングやら元服役してた人やらも参加していて
全身タトゥーだらけのでっかい人がBenのことをライアンとして知っていて
刑務所内でThe O.C.を観ていたんだそうです。
ライアンはもしや刑務所のアイドルでしたか?

インタビューの後はじゃんけん大会。
勝者5名がBenと2ショット&プログラムにサインをもらえます。
5名の内訳が男性3名に女性2名というのが意外でした。
もちろんさっさと負けちゃったけど
お隣の人がサインを頂いたので見せてもらいました。
シンプルだけどしっかりしたサインでした。
インタビューにも丁寧に応えるBenに好感を抱き
The O.C.を最後まで真面目に観ればよかったとちょっと反省。

そしていよいよSouthlandです。
実はJ:COMに加入しているのでオンデマンドできそうなのに
相変わらずマンションでケーブルを引っ張ってるせいなのか?
我が家ではオンデマンドできません。
だからWarner TVも未知の世界。
もっとも観られるようになっても観ている時間がないので
あえて映るように努力もしていませんが。
でもその昔ワーナーチャンネルにはブラジルでお世話になっていました。
ERもTWもニキータも、みんなワーナーチャンネルで観ていました。
チャンネルの紹介が始まった時、ふと思い出しました…

まずS1とS2のダイジェストをオンエア。
いただいた資料によりますと
Southlandはロサンゼルス市警を舞台に、次々と起こる凶悪な犯罪、そこに勤める警官たちのリアルな現状や
若き警官ベン・シャーマンの成長と葛藤を描く骨太クライム・サスペンス・ドラマ
だそうです。
ダイジェストでベンを中心にドラマの流れが伝わってきて
大体のイメージがつかめました。
2シーズンといっても合わせて13話。
普通の1シーズン分なのも幸いです。

そしてS3-#1 
ベンと彼を育ててくれた相棒のジョンは
地域をパトロール中。
トラブルの仲裁に入ったり、違反した車を取り締まったり
そこで銀行強盗の無線が入って現場に急行すると
いきなり銃撃戦が始まります。
ものすごい緊迫感の中、ベンは容疑者を追いかけ追い詰めますが
彼は自分の銃で頭をぶち抜いてしまいました。
ジョンは腰の痛みを抱えていて、薬から手が離せない状態です。

女性刑事アダムスは新しいパートナーでやはり女性のオチョアと
勤務先で失踪した女性を探します。
女性は殺され、トイレの天井裏に押し込まれていました。
二人は最初対立しますが、力を合わせ容疑者を探し
彼が逃亡しないように阻止します。

モレッタとブライアントは
2名のチンピラが殺され公園に捨てられた事件を捜査。
ギャングの妹が彼らにレイプされたとかで
(裁判では無罪でしたが)
ギャングが報復したと思われました。

これらの事件が同時進行でガンガンしかも淡々と進んでいきます。
3つともかなり重たい事件なのにどれかに軽重がかかるだけでもなく
ごく自然に時間が流れていきます。
このテンポや役割分担が何かに似てる…と思ったらTWでした。
TWの場合は警察、消防、救命だったけど
ここではパトロール警官、殺人課、ギャング&麻薬取締課というくくりです。
時には絡み合いつつもそれぞれ事件を続けていきます。
そしてベンの成長物語。
TWの場合はカルロスってことですか(笑)
そしてプロデューサーの名前を見たら
John WellsとChristopher Chulackの名前が。
やっぱりTWでした!!

突然1話だけ観ても十分楽しめました。
もちろん先が気になりますが、とりあえず完結するのが
クライムドラマのいいところですね。
でもこの続きはWarner TVでないと見られないというのは、本当にもったいない。
早くCSで(地上波でもいいけど)普通にオンエアしてくれないかな。

因みに今回のBenのインタビューは
J:COMチャンネルで
10月10日(月)16:30~
10月17日(月)16:30~ でオンエア。
忘れないようにしなくては。

Trinity #1 #2

LaLaでオンエア中のTrinity~背徳のキャンパスを2話視聴。
一言、変なドラマです。
でもその変なところが面白い。

イギリスの名門大学トリニティには
良家のお坊っちゃまが所属するダンディライオンクラブという社交クラブがあるのですが
そのクラブがやりたい放題。
イケメンぞろいだけど、本当に鼻もちならない奴らの溜まり場です。
特に代表のドリアンの態度は何様のつもり?って感じで
大学の支配者マルトラバーズにも好き勝手なことを言いまくっています。
あの態度は最初家族?と思ってましたが違ったんですね。
ここに学寮長としてアンジェラが戻ってきて
差別がまかり通る学内を改革していきたいと動き始めます。

新入生が入学。
期待に胸を膨らませてやってきたセオは
この大学では希少な黒人なので
早速目をつけられてしまいます。
でもドリアンのいとこのロザリンドと恋人関係に。
トリニティの教授だった父が学内で謎の死を遂げ
その娘のシャーロットが入学。
優秀な娘のようですが、教授陣は要チェックをしています。
ドリアンは単にシャーロットを物にしたいと思ってますが
なかなか簡単に行きません。

#2ではダンディライオンに所属しているボート部のロスが
テオとビリヤードで勝負して負けて賭け金を奪われてしまいます。
テオを応援していた学生がロスをののしったら
ブチ消えたロスはその学生を叩きのめしてしまいます。
アンジェラは学内裁判を開いてロスを退学へ追い込もうとしますが
テオの証言は被害者当人に覆され
彼はダンディライオンに入れてもらえる条件で操られていたことが判明します。
一方嘘の証言をしたと思われたセオは罰金を払わされます。
思い通りに事が運ばないアンジェラはセオに学生代表にならないかと声をかけますが
シャーロットが引き受けます。
その後ロスの遺体を発見。
飛び降り自殺のように見えますが…

マルトラバーズが聴いてるお告げは何なんでしょう。
そのお告げによって彼は動いていて
それがミステリアスというか子供だましというか
何とも微妙。
トリニティの由緒正しい二人組の像が握っていた砂時計が
とても大事なものらしいんですけど
ちゃっかり拾われていて、別に普通の砂時計に見えました。

さらに怪しげなのが今年のトリニティの道化に命ぜられた
アンガスとラジの二人組。
かなりイッちゃってる二人なので
あまり疑問を持たずに有名になれると馬鹿をしでかしてますが
薬を飲まされ膠着状態で裸になって金箔を像に変身。
体が動かないから仕方ないけど、二人でずっと絡まったまま耐えていました。
怪しすぎだよね。
だけど偽物だとばれ、フランスから来た留学生だと言って
コンニチハと叫びながら逃げていました。
変な人たち。

殺人事件やら死体やら
このままならクライム&サスペンスドラマになるはずなんですけど
コメディ要素が強そう。
しかもかなりブラックです。
さすがイギリス。
ダンディライオンクラブの身勝手さに腹を立てながら
この先も楽しませてもらいます。

The Closer S6-#6 「責任の所在」

ガブリエルの受けた電話は女性の声で
「エリコ刑事を呼んで。」と訴えています。
その女性の家に何者かが侵入。
女性は銃を出して応戦しようとしたら、銃は盗まれていました。
女性は必死で助けを呼びますが、電話が途切れてしまいます。

911通報ではなく、エリコ刑事名指しで来てもらいたかったようですが
そんな刑事はいないし。
もしかしたらヴェリコ刑事じゃないですかと
脅威犯罪対策班(ストーカーなどの被害を扱ってるらしい)の
ヴェリコ刑事に聴いてみることにしました。
エリコに間違えられたヴェリコ=セダッチ登場。
また刑事ですか。
最近どこへ行っても刑事ばかりで
ちっとも囚人服を着てくれなくて寂しいな。
今回の刑事セダッチはやや控えめ。
それでも彼が担当していた女性の家をしらみつぶしに探したら
更生保護委員会(囚人の仮釈放にかかわってるらしい)の委員長のロスが
殺されていました。

LAPDが委員長を見殺しにした?
ポープはかなり焦っています。
そしてヴェリコを呼びつけてお説教。
ヴェリコは自分は間違ってないと思いつつも
なんだか小さくなっていました。
イライラするポープは署内から人集めをして
迅速に解決せよと大騒ぎを始めます。
ブレンダにはうっとうしくてたまらない。

ロスが殺されていた家は全て鍵がかかっていて
いかにも密室殺人状態でした。
犯人はどうやって外へ出たのでしょう。
そして部屋に漂っていたのはクチナシの香り。
これがキーポイントになりました。

最初に挙げられた容疑者はシロで
ブレンダも相当腹を立てながら尋問していました。
ポープはあっちへ置いといて
ブレンダと仲間たちは仮釈放中の囚人をチェック。
やがて今回のロスと同じ用に殺された男性の写真を発見します。
殺した男はヤク中で歯止めが効かなくなってました。
でもロスは仮釈放してくれたんだ。

犯人に気づいたブレンダは芝居をうちます。
殺された男性の妻を呼び出し事件のことを持ち出すと
彼女を家に送ると言いながらロスの家に連れて行ってしまいます。
ロスを撃ったのは夫を犯罪者に殺された妻だったのでした。
ロスの家のガレージのリモコンを盗んでいたから
リモコンでガレージを開閉できて
あたかも密室殺人に見せることができました。
そしてさんざん悪態をついていたポープも
ブレンダに頭を下げるしかありませんでした。

Desperate Housewives S6-#S21 「遺恨」

やっぱりウィステリア通りは物騒だ!

パトリックとアンジーはテロリストで
それを追っていたのがニックだったんですか。
アンジーの火傷の件は納得しました。
ニック、いい奴だったんだ。
若い娘に浮気してたから、全然そう思えなかったけど。
カフェでパトリックがダニーと喋っていたら
そこにニックがやってきます。
慌ててパトリックは顔を隠し
その後いよいよ行動開始。
ニックが夜ジョギングすることを知ったので
走っているニックを車で追い
今度は正面から突撃して彼を撥ねます。
しかしみんなよく交通事故に遭うよね。
物騒だ…
ニックはパトリックが戻ってきたことを察知
ダニーとアンジーを避難させようとします。
ダニーは隠れたけれど、自宅に戻ったアンジーはパトリックと鉢合わせ。
パトリックはどんなリベンジを考えているのでしょう。

サムはスーパーで女性の店員と顔を合わせ
気まずそうな雰囲気で話しています。
ブリーは二人の関係が気になって後ほどまた一人でスーパーに。
店員はサムの母親でした。
母が死んだというのは嘘。
でもサムは母は死んだも同然だとブリーに言い切ります。
レックスはサムが幼いころ
サムを引き取って育てようと思ったことがあったそうですが
母親が阻止し、一人でサムを育てることにしました。
その結果サムは貧乏暮らしを強いられます。
もしレックスと一緒だったら、もっと裕福な暮らしができたに違いない。
そう言ってブチ切れたサムに、ブリーは初めて恐ろしさを覚えました。
こちらもなんだか物騒になってきましたよ。

エディはスカーボ家の手伝いをよくやってくれます。
でもポーターがリネットの言うことを聴かずに勝手なことをやろうとしたら
突如エディがキレてポーターの首を絞めようとしました。
リネットはびっくりしますが
アル中の母を持つ子供の思いもよくわかります。
エディにはいらっと来た時はまず深呼吸して落ち着くように話し
エディをカウンセリングに連れて行きます。
しかし母親と一緒の方がいいと言われ、
リネットはエディの家を訪ねますが、バーバラは姿を見せません。
こちらも危険な状態に…

ガブリエルとスーザンのお芝居は
他のことに比べるとずっと平和でしたね。
騙されかけるカルロスとマイクがおかしかった。
しかしマイクもまだ何か隠していそうだな。
ここもやっぱり不穏な空気が。

残り2話。とんでもない結末が待っていそうで恐ろしいです。

Rookie Blue S2-#2 「ナイトクラブ」

ナイトクラブでトラブル発生。
クリスとダヴがその場を鎮めようとして、クリスは顔を殴られてしまいます。
クラブの経営者は元警官のマーフィー。
オリバーのパートナーでしたが足を撃たれ、辞職してクラブ経営を始め
羽振りの良い生活をしているようです。
マーフィーに事を大袈裟にしたくないと言われたオリバーは
暴れた男の逮捕を見送りますが
ダヴは男の恋人が危険にさらされないか心配になります。
一方クリスはドラッグの過剰摂取で倒れている男性を発見。
クラブ内でドラッグが蔓延している疑いがもたれ
15分署で捜査に当たることにします。

ドラッグの取引現場を押さえるために誰かを潜入させればいい。
顔が割れていないアンディとゲイルがウェイトレスになって潜入します。
アンディはバーテンのトリが休憩中にBFのラッセルといちゃつきながら
ドラッグの取引の話をしているのを耳にします。
アンディは携帯型ワイヤー(便利だね)で情報をサムやジェリー、トレイシーに連絡。
ゲイルが誤認逮捕しかけたときにはサムが出てきてフォローしてくれました。
アンディは閉店後トリと飲みながら彼女から情報を聞き出し
そこにラッセルが戻ってきたので待機組は行動開始。
ラッセル逮捕と思いきや突然マーフィーが出てきて
ラッセルを撃ち殺してしまいました。
あくまでもトリやアンディを守るという名目で。
マーフィーの取り調べをオリバーが引き受けます。
元パートナーが容疑者を取り調べていいのかと気になりましたが
さすがオリバー、それまでは親友として親しげに接していたのに
取調室ではさっと切り替え
ラッセルを撃ったのは口封じのためなのではと
マーフィーがドラッグ取引に手を染めていることを示唆します。
警官だったからクリーンだとは言えない。
でもパートナーを同情心を抱かずに平静に取り調べるのは
とても難しいことだと思うけど。
ベテラン警官、あっぱれでした。

暴力男の恋人が気になって仕方ないダヴは
独自に男を調べ、暴力の前科を見つけます。
彼女のことがますます心配になったダヴは
彼女の家に行って忠告。
何かあったら連絡を欲しいと名刺を渡してきます。
そのときは彼女は感謝していたのですが
翌日彼女はダヴが勝手に家に来たと警察に訴えてきます。
自分は玄関先で名刺を渡しただけで家には入っていないと
ダヴは反論しますが通じず。
フランクから監督つきの内勤を命ぜられてしまいます。
ダヴは彼女を訪問した時クリスが外で見ていたと
目撃証言をでっち上げようとしますが
クリスに断られてしまいます。
ところがその後暴力男が彼女を殴り警察が出動。
ダヴはパトカーの中で成り行きを見守っていました。
ダヴのしたことは間違いではなかったけど
自分の思いつきで、勝手に行動したことが間違いでした。

ルークとジョーのパートナー復活。
いいコンビを築いていますが
ジョーがルークを飲みに誘おうとするとルークが断り
アンディを挟んでちょっとぎくしゃくしています。
アンディは二人のことが気になり
サムはそんなアンディが気になり…

一方バンの中で待機していたトレイシーとジェリーは
お互いの思いが変わっていないことを確かめます。
でもトレイシーは息子のために、父親と生活することを選んだのに。
こちらもややこしくなりそうです。

Law&Order SVU S9-#7 「Blinded」

行方不明になっているサブリナが車の中で監禁されているという情報が入り、SVUは駐車違反の車両を片っ端から捜索し、トランクの中にいたサブリナを発見する。サブリナは頭を岩で強く殴られ、レイプされた痕跡があった。車はレンタカーでソール・ピカードが借りていたが、ステーブラーとベンソンが事情を聞きに行くと、ピカードは前日に返したと話す。ピカードはルイジアナに住んでいたが、ハリケーンの後ニューヨークに出てきていた。
サブリナの衣服にルイジアナに生える植物の花粉が付いており、ピカードが持ち込んだものと考えられた。ステーブラーがピカードを捕らえに戻ると、ピカードは姿を消していた。ピカードはレンタカー会社に別の車を借りていて、その車に乗って逃亡したと思われた。
サブリナの意識が戻り、サブリナは書店で本を読んでいたら男が声をかけてきて、ママが怪我したから家に送ると車に乗せられた。男が「凱旋門に聞くがいい。」と言っていた。サブリナが逃げようとしたときピカードは「よせ、フランシーヌ。」と言ってきたと話す。サブリナは写真から男がピカードであることを確認する。
また少女が誘拐される。サブリナと同じく11歳のイヴは、書店で「クエンティンの冒険」を読んでいたが姿を消した。その本はピカードが童話作家ウィリアム・ファルスタッフを名乗って書いた作品だった。SVUは凱旋門に似た門がある公園で捜索を開始、森の中の車にイヴとピカードがいるのを発見する。ステーブラーはピカードをレイプと誘拐の罪で逮捕するが、ピカードは訳がわからないことをつぶやき、「冬が来る。今こそ逃げろ。」と書かれたトラックを見たとたん、急に逃げなきゃ。と言いだしてステーブラーを頭突きし、森の中へ逃げる。頭を車のガラスに突っ込んだステーブラーは倒れ、一時的に視力を失ってしまう。
FBIのネルソンがピカードを拘束する。ピカードはミシシッピーで9歳のティファニーを誘拐、ルイジアナでレイプし放置した。ティファニーは一命を取りとめたが、州を越えた誘拐事件はFBIが起訴し、ピカードをルイジアナに引き渡したいと考えていた。ルイジアナでは12歳以下の子供をレイプすると死刑が求刑される。FBIはピカードを死刑にするつもりなので、ケイシーはピカードを取り戻すためにモードックにピカードの弁護を頼む。
ピカードはDrファンの尋問に対し、今こそ逃げろという神のお告げがあった。それはレイプされたフランシーヌのお告げだと話す。事件の後精神が破たんしたピカードはハルドールを服用していたが、妹が死んだ後薬が効かなくなり、薬を変えると体が重くなったため薬を止めた。するとまたお告げがあって妹をレイプした連中が現れたと妹のレイプの話を始めた。Drファンはピカードを統合失調症と診断、誘拐した少女を妹と混同しているとの見解を伝える。
モードックが勝ったためにFBiは連邦誘拐法の適用を断念し、ピカードはNYで裁かれることになるが、ルイジアナがピカードの引き渡しを要求してくる。ケイシーはライカーズにいるピカードに会いに行くと、薬を飲んでいるピカードは少女たちに謝ってくれ、死刑が望みなので自分をルイジアナに送ってくれと頼んでくる。
ケイシーはマッコイにピカードの責任能力を問えるかと確認され、裁判に臨む。ケイシーはステーブラーがピカードに殴られたとき何を言われたか法廷で証言して欲しいと頼む。法廷でステーブラーはケイシーを逮捕したときの一部始終を話すが、ケイシーはステーブラーにピカードに情緒障害があるかを確認してきたためステーブラーは認める。するとピカードは神の命令だったと騒ぎ出し、審理は無効となってしまう。ステーブラーは最初から負ける気でピカードを逃がすために俺を利用したのかと怒る。マッコイはケイシーの元BFのチャーリーの件を引き合いに出してケイシーを非難、ケイシーに批判的だったベンソンはステーブラーのリベンジをしたかったことを認める。
ピカードが獄中で首を吊る。死にたいと訴えるピカードに、ケイシーはいつか自分が許せる日が来ると諭す。

誘拐の容疑者ピカードに最初の尋問をしたとき、ステーブラーは彼の顔に見覚えがありました。イヴの誘拐事件の捜査を始めたとき、イヴが読んでいた「クエンティンの冒険」をステーブラーは子供たちに読み聞かせたことがあり、本に載っていた顔写真がピカードそのもの。ピカードはウィリアム・フォルスタッドというペンネームで童話を書いていました。彼の作品を読んでいた子供たちを目にすると、ピカードは誘拐に走ったと思われます。
イヴを監禁していたピカードを森の中で発見、ステーブラーが連れ出してくるとき、近くの道路を通ったトラックの看板を見て、ピカードは逃げなくちゃと言い出しステーブラーを振り切って逃げだします。頭突きを受けたはずみで車の窓を頭で割ってしまったステーブラーは倒れ、急に視力を失います。診察の結果頭を強打したために脳が頭がい骨に当たった。前頭葉と後頭葉に傷を負い一時的に視力を失ったがすぐに戻ると言われますが、目が腫れてよく見えない状態が続きます。
ベンソンはステーブラーの怪我を深刻に受け止めていました。ほどなくしてFBIがピカードの身柄の引き渡しを求めてきますが、ケーシーは情報がリークされたことを不審に思っていました。ルイジアナでレイプしたことが認められれば、彼を死刑に処すことができる。その後、ピカードが統合失調症であるという診断が出たとき、ベンソンはケイシー^に自分がFBIに伝えたと洩らします。
ピカードがサブリナの前でつぶやいていた凱旋門やフランシーヌの意味は、Drファンがピカードと話をするうちにわかってきます。ピカードにはフランシーヌという妹がいましたが、自分が17歳でフランシーヌが11歳のとき、学校から帰ると二階で物音がしていて、近寄ると同じ学校の生徒たちが交代で妹を襲っていた。妹は助けを求めていたのに、ピカードは何もすることができなかった。ここからピカードの精神が破たんしていきます。薬で抑えていたものの、妹が死んで薬が効かなくなり、さらに強い薬に変えますが、薬を止めるとまた妹が連中にレイプされる幻覚を見ます。そこでピカードはリベンジ。連中を凱旋門におびき出して殴りつけます。ピカードが子供たちを誘拐しレイプするのは、幻覚によって子供たちを妹と混同していると判断したDrファンはピカードを統合失調症だと診断し、ケイシーの考えも変わってきます。統合失調症とされれば精神病院で治療を受けられます。
ケイシーはステーブラーに法廷での証言を頼みますが、まだ視力が回復していないステーブラーを連れ出すことにベンソンは反対します。だがステーブラーはキャシーが来月出産するのに、子供の顔を見られないと思うと恐ろしいと、ピカードに負わされた傷のことを考え証言を承諾します。ところが法廷でケイシーはステーブラーにピカードは精神障害があると言わせるように仕向け、結果的にピカードは暴れ審理無効になってしまいます。
マッコイはケイシーがピカードを救ったことについて、5年前のチャーリーの事件を持ち出します。チャーリーがケイシーの部屋で暴れたとき911通報をしますが、ケイシーはそれは誤報だったと嘘をつき、自分が検事補だと名乗ってチャーリーを逮捕させませんでした。チャーリーは半年前、啓志^の名刺を持ったまま事故死しました。ケイシーは自分が見捨てたからと後悔しています。マッコイやベンソンに責められても、ケイシーはピカードに死刑でなく病院へ送りたいと思っていたのでした。

今度はステーブラーに災難が降りかかる。
刑事は怪我が付き物ですね。
しかもステーブラーの場合は視力ですから
ベンソンはかなり心配しています。
回復の傾向に向かっていてよかったけど
法廷でもまだ目が腫れていましたね。
しかもメガネまでかけちゃったし。
なかなかメガネ姿も似合ってますが。

スパドラでの本家放映に合わせて
分家でもマッコイさん登場。
でも本家より先に進んでいるので、マッコイさんは出世したようです。
新しい地区検事でケイシーのボス。
実に融通のきかないオヤジ?がやってきました。
殺人は殺人ですから。
今回も相当お怒りモードでした。

ケイシーの元恋人のチャーリー。
どんな人だったんでしょう。
ケイシーの話だけでは気の毒すぎて
ケイシーが愛した素敵な一面もきっとあったと思うんだけど…

La Femme Nikita S1-#14 「策略」

愛すべきニキータも、さすがにこのエピはツッコミどころが多すぎて…
ありえないだろと思ったらかなり冷ややかに観てしまいました。
大雑把な感想を。

◎マデリーン、怖い。
冒頭のトレーニング用のシュミレーションゲームですか?
あれがあまりにもリアルで怖かった。
さすが非情な女マデリーン。
S1ではまだニキータのよき理解者にも見えるんですが
やはり血も涙もない「怖いおばさん!」なんですよ。
そんなマデリーンにも過去があったんですね。
だから今セクションにいるのかな、

nikita1-14-1.jpg
迫力のマデリーン

◎負けずに怖いケスラー
自由に変装できる凶悪テロ犯ケスラー。
あまりにも代わりすぎちゃって見つけられないんだそうですが
確かに別人が演じてるんだもん。当然でしょ。
ところが捕まえた東洋人のゴム式変装メイクを派がしたら
白人オヤジケスラーが現れました。
顔だけ派がしたら東洋人が白人に変われるなんてありえないでしょ。
すでにSci-fi化してるよね。
ケスラーとマデリーンのにらみ合いは迫力満点。
そしてケスラーを落とすために娘を利用しようと
ニキータが大学から娘を連れ出してきたのですが
ケスラーは娘の首筋をガブリ。
吸血鬼と化していました。

◎さらに怖かったマイケル。
ケスラーと闘うのにマデリーンを外に出すわけにいかず
そこでセクションが利用したのがケスラーの技。
しかもグレードアップしていてマイケルが変装ゴムをかぶると
マデリーンに変身してしまうのでした。
今度はいきなり男が女になりますか?
マデリーンのマイケルバージョン
しゃべらないし、ちょっといかつく見せてたのかな?
でもやっぱりマデリーンはマデリーンですよ。
マデリーンのお面を派がしたらマイケルが出てきたときは
呆れてぽかーんとしてしまいました。
変身の仕組みをもう少し科学的に伝えてほしかったな。

マデリーンが突如ニキータの家を訪ねてきます。
やっぱりマデリーン、怖いぞ…

nikita1-14-2.jpg
銃を持たせると普通に怖いマイケル

nikita1-14-3.jpg
マデリーンのお面をはがした瞬間のマイケル。

The Closer S6-#5 「神になった男」

ルーベンは重犯課のオフィスをうろうろ。
サンチェスはルーベンの学校やらスポーツクラブやらをせっせと探しています。
本来はルーベンの母親を探しているはずなのに
そっちは小休止状態。

ゴミ袋に入ったばらばら遺体が三体発見されました。
首から上がなかったり、本当に体の一部だけなので身元不明。
ヒスパニック系だろうということは確認されます。
遺体が放置されていた場所がギャングの縄張りなので
メキシコ系ギャングのごたごたかと思われましたが
遺体の一つの足に針金が入っていて
被害者は骨折していたことが判明。
診療所で手術した医者も確かめられました。

この医者ナバロは各種医療ドラマに怪しげに出てきたBruno Campos
ついでにすっかり怪しげなブラジル人代表になってしまいました(汗)
Nip/Tuckのクエンティンの印象が強烈すぎたからね。
でもここでのナバロは至極まともに
被害者と思われる青年ペドロのカルテやらレントゲン写真やらを見せてくれました。
ペドロは過去に少女をレイプして逮捕されたけど
少女の証言を得られず証拠不十分で不起訴になっていました。
トラブルを起こす息子を、母親は完璧に無視。
彼が死んだならそれはめでたいと、本当に思っているようでした。

ところが3体をしっかり検死したところ、それぞれ体の中は空っぽ。
心臓も腎臓も肝臓も取り出されていました。
これは臓器売買のために殺されたのでは。
案の定ナバロが臓器移植にかかわっていることが明らかになります。

重犯課が病院へ向かうとナバロは心臓移植手術の準備中。
脳死状態の患者から臓器が提供されることが分かると
臓器は登録され、待機リストから適合される人が選ばれ
臓器を受け取ることになります。
(Three Riversで勉強済み)
でもたまに直接臓器が提供される場合があり
過去に手術を受けた少年の父親はそうして移植してもらったと説明します。
そして今も少女が心臓移植を受けることになっていますが
ナバロが用意しているのも、その特殊事例の心臓でした。

ナバロはギャングだったりレイプ犯だったり
トラブルのもとを一掃。
彼らの臓器を適合する移植の待機者に分け与えていたのでした。
ナバロなりの理論はあるんだけど
やっぱり殺人は殺人です。
(そうマッコイさんは法廷で述べるでしょう)
ナバロは自白sる代わりに
今行おうとしている心臓移植手術を行わせてほしいと頼みます。
少女の命もかかっているし。
ブレンダ以下手術室前で大騒ぎしていましたが
移植手術は実施されました。

バラバラ遺体を確認に行った時
担当の刑事がブレンダが本部長に立候補していることをばらしてしまいます。
みんなは寝耳に水で騒然としますが
特にテイラーは焦っていました。
もうポープは開き直っているけどね。

サンチェスが仕事をせずルーベンにかかわっているので
プロペンザがいい加減にせい!と喝を入れます。
時には困ったオヤジのプロベンザも
先輩らしく締めるときはびしっと締めてくれます。
そして本格的にルーベンの母親を探し
フリッツが母親の渡航に便宜を図ってくれました。

事件の生々しい会話を聴いてしまうルーベンは
サンチェスに臓器を寄付してあげるなんて言ってくれましたが
ついにフリッツが母親を連れてくると
大喜びで母親と抱き合います。
そして母親のもとへ帰ることに。
サンチェスはルーベンに別れを告げますが
どうしても名残惜しいんだよね。
エレベーターに乗った二人+フリッツを引き止め
母親にシングルかと確認。
そして3人で食事しようと誘います。
まさかそのままサンチェスは父親に…
と発展するかどうかはわかりませんが
本当にサンチェスはルーベンのことをかわいがり
父親の代わりになると努めていたんですね。
サンチェスの一途な思いが
またひしひしと伝わってくるエピでした。

Law&Order S15=#1 「潜血の十字架」

いよいよ本家のスタートです。

ついに日本のテレビで本家が観られる!
今までDVDでS1はチラ見してましたが
こうしてテレビ録画を観られるというのは感慨深いです。
そしてすっかり分家に洗脳されているので
ついつい分家と比較して物申したくなってしまう。
なのでドラマの感想というより
本家そのものの感想です。

まず画面に現れた人達が遺体に気が付くというオープニングは
SVUの基本バージョンと一緒。
そしてテーマソングですが、本家のオリジナルはシンプル&まったり。
分家が増えるにつれて、テーマも派手になっていきました。
今回のイラク帰還兵が殺害され、体の上に血で十字架が書かれていた事件。
前半は刑事ドラマでグリーンとフォンタナが捜査にあたります。
グリーンはもうずいぶん本家で活躍中。
SVUとのクロスオーバーでも顔を出していました。
フォンタナはブリスコーの後釜ですね。
ベテランブリスコーと若手のオヤジコンビというのが本家のお約束だっただけに
フォンタナにやや違和感が。
いきなり偉そうだし。、
でもすぐにグリーンと仲良く(笑)聞き込みに回っていました。
渋いオヤジたちをまとめるのが警部補ヴァン・ビューレン。
クレイゲンに負けずに頼りになります。
ところで検視官がCiのロジャースだ!と驚いたら
ロジャースは本家とCiのかけもちだったんですね。ご苦労様です。
SVUにはワーナーがいるので顔を出す必要がありません。

真ん中でスパドラお約束のCMが入って後半の法廷ドラマへ。
スパドラで本家放映の価値を見出せました。
CM入れやすいじゃないですか。
分家は3回CMが入るので、とりあえず「ビックリ!」「ショック!」みたいなことがあると
そのあとはCMになりますが
展開はエピによって違うのでCMの入り方もまちまち。
ゴーレンさんがじわじわ責めたいせいなのか
CIは3回目のCMからラストまでが長めな感じがします。
でも本家は前後がはっきり分かれるので
真ん中にCM、わかりやすいですよね。
そしてCMでは10月スタートの4つ目の分家LAを紹介。
これは全く未知の世界だったので感激しました。
さすがLA、派手だ!!
とてもL&Oシリーズとは思えない明るい画面です。
刑事たちもぞろぞろいるし。
LAであることが大事で、事件は各種扱うのでしょうね。

派手なLAの番宣の後は地味な裁判。
本家は法廷シーンが半分で
本家と出会った時は字幕なしだったので
この法廷シーンが難しすぎてさっさと挫折しました。
SVUの方が法廷シーンが短いし、動きがあるじゃないですか。
巧みな話術が命みたいな法廷シーン
字幕のありがたみを痛感します。
ところで字幕の付き方も、本家と分家で微妙に違いましたね。
分家では画面の下に出るはずの文字が左側に縦書きされていたりして
ちょっと戸惑いました。

容疑者は戦争捕虜だと裁判の無効を主張。
でも結局マッコイさんが「殺人は殺人だ。」と言いくるめてしまいました。
いかにも本家らしい展開だな。
今回の弁護士はTBJにも同じキャラで出ているようですが
SVUでは内部監査役でステーブラーの天敵(OZから始まってます…爆)タッカーが
本家では軍人として登場したのは意外でした。
なんでも掛け持ちするわけじゃないんだ。

とりあえず1話終了。
2話目はスコダとかTBjのギャフニーとか(でも別人のようです)
またおなじみさん登場のようなので頑張って観るつもりですが
その後は一休みしないと他のドラマが追い付かない。
本家の完全制覇はいつになるのでしょう。

おまけ
スパドラの本家サイト、あっぱれです。
もうS16のエピガイも出来上がってる。速い!
法律&警察用語は分家で学んでいるので知ってることが多いけど
初めて観る人にはこうしてまとめてもらえるとありがたいです。
さらにキャスト一覧がわかりやすくて便利。
こうして本家が頑張ってくれると、手抜きだらけの分家サイトを
また何とかしてもらいたくなります。
狐さん、頑張って!!

Desperate Housewives S6-#20 「虐げられた魂」

突然とってつけたようなエディの物語。
ここでジュリーの首を絞め、女性たちを死に至らしめたシリアルキラーの存在を明らかにするため
突如エディがクローズアップされます。
確かに今シーズンそれとなくエディは出てきたけど
その前に、メアリーアリス存命の頃から
エディはウィステリア通りに住んでいたって言うのは虫がよすぎる気がする。
ついでにアル中母のバーバラも。
そしてバーバラを演じているのがDiane Ferr。
Numb3rsのメーガンの頃はかっこよかったけど
Californicationでは皆と一緒にぶっ飛んでたからね。
そして今度はアル中ですか。
彼女のイメージがどんどん壊れていっていいのでしょうか。

メアリーアリスはエディの父親が家を出ていく場面に遭遇。
ほったらかされエディを心配します。
ガブリエルがウィステリア通りに越してきたとき
新居に勝手に居座っていたエディに驚きます。
家庭環境は最悪でも、エディは成長していきました。
素直な子に見えたんだけどね。

エディはダニエルに片思い。
ブリーの家のペンキ塗りのアルバイトをしながら
エディは恋を成就させる方法をブリーに聞くと
ブリーは得意満面に彼女流の大袈裟なアピールをレクチャーします。
ところがそれを実際エディがやってみると
ブリーはあっさりお断り。
エディは笑い物になってしまいました。
当然エディは傷つきます。
こうして歪み始めたエディは娼婦に馬鹿にされてブチ切れます。

エディは絵を描くのが好きでした。
バーバラは相手にしてくれませんでしたが
カフェでバイト中のエディが描いた絵をたまたまスーザンが見て
彼の才能を見出します。
そしてエディに絵を教えてあげることにしました。
エディはどんどん上達。
スーザンはエディをセミナーに通わせてあげます。
エディはすっかり楽しみながらさらに自信をつけ
スーザンに報告に来ますが
スーザンはマイクとの結婚が決まって気もそぞろ。
エディを相手にしてくれませんでした。
思いこんだら周りが見えないのはいつものスーザンのことだけど
自分を大切にしてくれたスーザンに思いをよせていたのに
あっさり裏切られて怒りが爆発します。
そしてメイヤー家から深夜ゴミ捨てに出てきた女性に近づき
後ろから首を締めたら、それはジュリーでした。

ほらね。やっぱり悪いのはスーザンじゃん。
ジュリーは間違えて犠牲にされちゃったんだ。
それを隠したままエディはスカーボ家の息子たちと親しく過ごし
スカーボ家で食事させてもらったりゲームをしたり。
その様子がバーバラは気に食わず、エディを連れ戻し食ってかかります。
怒ったエディはバーバラを叩きのめします。
そしてバーバラはすっかり酔っぱらってしまったということにして
リネットの言葉に甘えて、スカーボ家にお世話になることにしました。

いよいよエディの化けの皮がはがされるのか。
それとも新たな事件が起こるのか…
エディは罰せられて当然だけど
彼の育ってきた環境を考え、どこかで救いの手を差し伸べてあげてほしいな。
どんな流れで事件解決に向かうのかが気がかりです。

Rookie Blue S2-#1 「発砲事件」

ルーキーたちはようやく一人前になってのスタートです。

アンディはルークと一緒に住むことになり
引っ越しの荷物を片付けています。
クリスをゲイルが看病するという名目で
クリスとダヴとゲイルも同居中?
ダヴは迷惑がっていますが。

フリーコンサートの会場整理を命じられたルーキーたち。
アンディは並ぶ場所を間違えたケイトという大学生に
ブレスレットをしているから入れてあげると言いながらおしゃべりしていました。
すると銃弾がケイトとアンディを直撃。二人は撃たれます。
アンディは防弾チョッキを着ていたから助かったけど
撃たれたショックは相当のもので、息ができず倒れたままでした。
ケイトはすぐに病院に運ばれますが、脳死状態になってしまいます。
後から来たケイトの友達のミランダは
私の代わりに並んでくれていたケイトが撃たれたとショック状態です。

警察は会場にいた若者たちの調査を始めますが
ほどなくして会場近くをうろついている怪しい男を見つけます。
彼は二人を撃った銃を持っていましたが
銃は拾ったと証言。
事件があった時間は電話中で、発射残渣も見られず、犯人は別人でした。

病院に詰めていたダヴは
ケイトが臓器提供を申し出ていたことを知り
彼女の遺志を尊重するためにも、臓器提供をさせてほしいと言い出します。
だけど犯人が特定できなければ、遺体は検死解剖をしなければなりません。
タイムリミットのの前に犯人を見つけ出すと
ルーキーたちは協力し合い、全力で捜査にあたります。

ダヴは会場にいた若者たちに
携帯などで撮った写真を提供してもらいます。
どこかに犯人が写っているかもしれません。
アンディも捜査に加わってミランダを自宅に送りますが
そこでケイトが来ていたコートはミランダのものだと知ります。
優等生で敵もいなかったケイトは
ミランダと間違えられて撃たれてしまったようです。
一方ミランダは別れた恋人にストーキングされ
自宅のカギを変えるなど自衛策に出ていました。

ケイト達を撃ったのは、やはりミランダの元恋人でした。
彼はミランダを撃ち、自分も死ぬつもりだったようですが
アンディに追い詰められ逮捕されます。
最後はお手柄のアンディでした。

15分署(ここも15分署でしたか…)に女性刑事ジョーが戻ってきます。
今回初登場のはずなのに「戻ってきたんだ!」って勘違いしかけたのは
彼女は「Shattered」のリンチだったから。
お留守の間CKRに振り回されていたってことです(笑)
こちらではルークの元パートナー兼恋人。
ルークとジョーが楽しそうに話しているのを
アンディは気になって仕方ありません。
相変わらず署内恋愛まっさかりの15分署。
NYの15分署も似たようだけど、もう少し奥ゆかしい気がするな。

Law&Order SVU S9-#6 「Svengali」

オフィスのエレベーターに乗った女性がエレベーターシャフトにバッグを落とし、下を覗いて女性の死体を発見する。ドレス姿の被害者は大学生のティナ・スノーでストッキングで首を絞められ、殺害後乳房が切り取られていた。ティナは倉庫の不法侵入の前科があり、鍵を開ける道具を持っていて、エレベーター室の鍵をこじ開け侵入したと思われた。ティナにはレイプされた痕跡はなかったが、血液からGHBが検出される。ティナのルームメイトの話では、毎週郵便が届くとティナはそれを燃やし、出かけては泥だらけになって戻ってきていた。
ティナの燃やした手紙の燃えカスを分析し、ティナがウォルドルフ・アストリア駅へ行ったことがわかった。SVUが地下トンネルを歩いていくと、エージェント・メイヘムを名乗るエドガー・ラビノウィッツが、女性たちと映画を撮影中だった。エドガーはジェームズ・ボンドになりきっていたが、撮影にはティナも加わり、エドガーとはミッションの後バー「マタ・ハリ」で別れていた。マタ・ハリのバーテンダーのセシリア の話では、ティナは男と一緒だったが怒鳴られていたようだ。
セシリアがベンソンに、店にまた男が来たと連絡してくる。その時セシリアの悲鳴が聞こえる。SVUが捜索に行くとセシリアの姿はなく、床に血液でミロのビーナスが描かれていた。ティナの殺害の手口と合わせて、シリアルキラーのロバート・モーテンの模倣犯と考えられた。
モーテンは終身刑を言い渡され、シンシン刑務所で服役中だが彼のファンは多く、「モーテン釈放委員会」まで発足していた。副委員長のジャスパーは刑務所でモーテンと知り合い彼に恩があり、自分がティナを殺し、エレベーターシャフトに落としたと自白する。だがジャスパーにはアリバイがあり、彼は殺していなかった。
ハリソン・トーマスのコミックにティナのように殺害された女性を「正しい場所に運ぶ」という記述があった。コミックをヒントに捜索し、セシリアは発見される。セシリアは男の似顔絵製作に協力した後GHBで気を失い、胸をナイフで切りつけられていた。だが胸の傷は浅く、自分で切ったものと考えられた。セシリアの自宅を捜索すると、モーテンが描いた彼女の肖像画や、たくさんの手紙が出てくる。セシリアは弁護士事務所の身分証を持っており、弁護士としてモーテンと接見していた。モーテンに指示されたセシリアは、ティナを連れ出して殺害したと考えられた。
取り調べに対しセシリアは、銀行強盗で収監された父を通してモーテンと知り合い、モーテンと関わるうちに彼を愛した。モーテンは自分の心の穴をふさいでくれたと話す。モーテンはセシリアに「君が魂の伴侶なら、私と同じになれ。」と促した。セシリアは自分によく似たティナを、モーテンの作品であるかのように、モーテンに差し出したのだった。モーテンはセシリアが切り取ったティナの乳房の隠し場所も知っていた。
セシリアの弁護士バルサスは、セシリアは法律事務所で研修をしていた17歳のときモーテンに性的虐待を受けており、ティナの殺害もモーテンに洗脳され精神疾患に因るもの だと無罪を主張する。法廷でセシリアはモーテンに「誰かを殺せば解放される。」と言われたと証言、自傷行為としての胸の傷を見せる。
ケイシーは検察側の証人としてモーテンを召喚する。ケイシーとの面会でモーテンはセシリアにティナ殺害の指示を否定し、法廷に立つ見返りに待遇のいい連邦刑務所への移動を希望する。ところが法廷でモーテンは自分が指示したと証言を覆し、ケイシーがティナの写真を見せると、これは魂のない駄作だと非難したため、セシリアは「あなたのためにやった。」と興奮してモーテンに抱きつき、法廷は騒然とする。セシリアは精神病棟に送られることになったが、ケイシーはモーテンに見返りを用意した。

タイトルのSvengaliとは悪意を持って他人を意のままに操る人物のことで、1931年の「悪魔スヴェンガリ」の映画で知られています。
ウォルドルフ・アストリア駅とは、グランド・セントラル駅からウォルドルフ・アストリアホテルの地下に引き込み線が繋がっており、VIP専用に使われていたものですが、現在は廃線となっています。
ティナの死体は後ろ手に縛られ、乳房が切り取られていました。ティナと一緒にいた男のことを通報してきたセシリアが失踪し、残されていたのは血液で描かれたミロのビーナスでした。二つの事件から女性を拷問し、殺害して遺体を切断、アートとして残したシリアルキラーのモーテンの名前が挙がります。終身刑で服役中のモーテンにはファンが多く、彼の作品をコレクションしていたり、自分は恋人だと思い込んでいたり、彼を釈放させたいという運動も起きています。捜査を続けていると911通報でベンソン宛てに、モーテンから手を引かないと彼女と同じ目に遭うと脅迫電話がかかってきます。
セシリアが胸に傷を負った姿で見つかり、捜査に協力したからこうなったとベンソンは非難されイラついています。そのときSVUにベンソン宛てにピザが届きます。ベンソンは頼んでおらず 部屋を出てしまい、レイクが受け取ったピザをデスクに置いたらピザが爆発、レイクやフィンが吹き飛ばされます。中にはパイプ爆弾がセットされていました。クレイゲンはベンソンに事件から手を引くよう命じますが、ベンソンは承諾しません。
レイクはSVUの監視カメラをチェックし、ピザを配達してきた男の首に円形のタトゥーが彫られていることに気付きます。このタトゥーはハリソン・トーマスの首にありました。レイクが帰宅したベンソンに電話で伝えると、ベンソンはちょうどドアを開けたところで、家の中にトーマスが潜んでいてベンソンを襲おうとします。事態を把握したレイクはすぐにベンソンの家に応援を向かわせますが、ベンソンはすでにトーマスを殴り倒していました。トーマスは「モーテンは天才、警察になんか負けない。」と言い残します。
セシリアがティナを殺害したのは明白ですが、セシリアの弁護に当たるバルサスが精神疾患を理由に無罪を主張してきたので、ケイシーはモーテンを検事側の証人として出廷させようとします。モーテンはセシリアにティナ殺害を指示していないと確認したところで、証言の見返りに仮釈放や連邦刑務所への移動を要求してきます。モーテンは連邦刑務所の方が優遇されると思っていたようです。
ところが法廷ではモーテンは突如証言をl覆し、セシリアにティナの殺害を指示じたと言い始めます。モーテンが大勢に自己表現を勧めたが、実行する意志があったのはセシリアだけだったと説明すると、ケイシーはティナの殺害現場の写真を見せ、モーテンにとっての作品の批評をさせます。するとモーテンは魂のない駄作で、これをやったのは凡庸な芸術家だと非難したために、セシリアは取り乱し、モーテンにすがりついてきたのでした。モーテンの思い通りセシリアは精神病棟へ送られることになりますが、ケイシーはモーテンを約束通り連邦刑務所へ移動させることにします。しかしそこは23時間独房に閉じ込められ面会も手紙も禁止、永久に人と接することのできない厳しい刑務所でした。
モーテンを演じているのは名優Richard Harrisの息子でMad Menでレーン・プライスを演じているJared Harrisです。

カリスマ芸術家でシリアルキラーのモーテン。
どうしてこんなに彼の信者が多いのでしょう。
信じられません。
だって殺人鬼なんですよ。
わかっているはずなのに愛してしまうのはどうしてなんでしょう。
それでもセシリアは弁護士のはしくれとして彼に近づくことができ
レイプだったのかもしれないけれど彼と接触し
愛していると思い込んでしまうのもわかりますが
「モーテン釈放委員会」の会長さんが
法廷でセシリアとモーテンの奪い合いをするあたりは呆れました。
コミック作家のトーマスも作品のヒントをいただいているから
彼を狂信し、ベンソンを遠ざけようとするのもわからないでもないんですが
その他大勢の信者はどうして?不思議です。
見た目も十分怪しげなオヤジなのに。

ピザ爆弾にはびっくりしまsた。
レイク災難。大けがにならなくてよかったです。
その後ベンソンがトーマスに襲われますが
ベンソンのすさまじい怒りにまたビックリさせられました。

La Femme Nikita S1-#13 「テスト」

セクションに送られてきた新人カレンが工作員として適しているか
ニキータがジャッジするように命ぜられます。
まずはニキータがカレンのトレーニングをチェック。
銃撃戦シュミレーションゲームでへとへとになりやる気を失っているカレンに
ニキータは自ら手本を示し、これは弾の避け方の訓練だと教えます。

今までニキータの訓練をしていたのはブライアンなのに
何故ブライアンは急にニキータにジャッジを求めたのか。
ブライアンはニキータにカレンに気をつけるよう言ってきます。
カレンは普通じゃないらしい。

盗まれた文書を取り戻すミッションで
ニキータはカレンとともに出発します。
ゴージャスなクラブ(でも演技してたのはオネエだよね)に潜入するけれど
カレンはどうも落ち着きません。
ここでターゲットに近づくためにブライアンがシャンパンを運んだら
なぜか別の組織がなだれ込んできて銃撃戦に。
ブライアンは撃たれて死亡。任務は失敗です。
カレンは何も知らないと口をふさぎますが
ニキータはカレンがブライアンを撃ったのを見ていました。

トレーニングを続けながら
カレンは自分がどうしてセクションに連れてこられたかを話します。
境遇はニキータと似ていました。
無実の罪に問われてセクション送り。
でもここに来たら、セクションの一員として働くか抹消されるしかありません。
カレンは自分がパスするか心配しています。
ニキータがブライアンの死についてカレンに問いただすと
カレンはブライアンにレイプされたと言い始めます。
そのための報復だったのか?

ニキータはカレンをセクションに迎えたいと思いますが
どうも引っかかる部分があります。
さらにマイケルの態度。
カレンと会話しているときは終始にこやか。
にやにやマイケル状態です。
ニキータはそれも気に入らない様子。
そして自分がセクションに迎えられたときに
マイケルがどのように自分を評価してくれたかが気になり
ニキータはマイケルに質問しますが
マイケルは答えをはぐらかします。

秘密文書が見つかり
マイケルとニキータ、カレンは銀行に向かいます。
出かける前にバーコフはニキータに
カレンの身の上話は嘘で、今までに何件も殺人を犯していることを伝え
カレンに用心するよう忠告します。
マイケルが貸金庫を開けている間、ニキータとカレンは窓口で行員に相談などしながら待機していました。
しかしマイケルが突如ダメマイケルに変身。
あっさり貸金庫担当おばさんに撃たれてるんだよね。
マイケルが隙を見せるなんてありえないのに。
おばさんは文書を持って屋上からヘリコプターで逃亡しようとしますが
ニキータとカレンが追い付きおばさんともう一人を撃ちます。
文書は取り戻したからこれで終わりなのに
カレンはウキウキしながら二人に銃弾を撃ち込んでいました。
カレンはやっぱりおかしい。

ニキータは長官とまでリーンにカレンは不適格だと伝えます。
でもそれはすでに決まっていたことでした。
長官たちはカレンが抹消されることを決めていた上で
ニキータに正しい判断ができるのかをテストしたのでした。
ということはこの中途半端なミッションもテストだったのか?
ドジマイケルはそれで納得できますが
(もちろん防弾チョッキを着てたし)
ブライアンやおばさんたちは気の毒だよね。
真面目なミッションだったと願いたいです。

nikita1-13-1.jpg
ニキータの思いなど関係なくヘラヘラしてるマイケル

nikita1-13-2.jpg
そして情けなく撃たれるマイケル