INDEX    RSS    ADMIN

Law&Order S20-#18 「ただ一つの願い」

カッターさん祭りはクライマックス?!

地球温暖化のシンポジウムで温暖化防止政策に否定的なブラジル人科学者のシルヴァが
講演中に突如倒れます。
脳卒中を起こしたかと思われましたが、朝食のシリアルに薬がかけられていたことが判明。
科学者たちを調べていくうちに、会議に参加していないのに朝食に潜り込んでいた
シューメーカーに疑いが持たれます。
シューメーカーはシルヴァの妻ディナに頻繁に電話しており
国を超えた遠距離不倫?を疑われますが
実はシューメーカーはディナの元夫で
娘のニコルの共同親権を所有していたのに
ディナはニコルを連れてブラジルに渡り
向こうでシルヴァと結婚していたのでした。
ちなみにシューメーカーは
Chackでバイモアを混乱させたエメットでした。

カッターはシューメーカーが朝食のシリアルに薬を混ぜたと断定し
シューメーカーを有罪にしようとやる気満々でしたが
二人の共同親権をディナが無視した件がばれてしまったため
ディナの罪を家裁で裁くことになります。
そのとき今カッターが握ってる案件も開示することが求められ
カッターは家裁の証言台に座らされます。
これって不思議な光景!

すると嫌味な弁護士がカッターの過去をほじくり返します。
カッターは10歳の時両親が離婚。
父は国内外を転々としていたようですが、あくまでもビジネスで。
カッターさんがそれについていったわけでもないようで
別にヒッピー生活してないじゃん。
と普通にありがちな環境で成長してきたカッターさんなのに
父親不在だから親権問題に立ち入れないでしょ的に否定されてしまいます。
せっかく集めた証拠も法廷で使えない。
これって暗に卒業証書を持ってないことへのいじめですか?
慣れない法廷で嫌な思いをしたカッターさんですが
ニコルがアメリカに呼び寄せられることになります。

シルヴァは脳卒中が起こりやすい状態であることが判明し
シューメーカーの犯行を裏付ける要素が固まってきます。
リオからNYへ来たニコルですが、父母とも裁かれている状態なので
ディナの両親が預かることにします。
海辺に住んでいる祖父母のところでニコルはボートで遊んでいて
流され行方不明になってしまいます。
話題の娘がいなくなったと大騒ぎになりますが
実はニコルはボートに乗っていませんでした。
このごたごたをうまく利用しようとするディナ。
するとディナの父が自分がシルヴァに薬を持ったと言い出します。
母の話ではブラジルは遠すぎる。
可愛い孫をそばに置いておきたくて、邪魔者のシルヴァを消したかったというのが祖父母の願い。
でもカッターさんは
法廷でシューメーカーが娘との縁を切ったと淡々と語ることに対し
娘が後で父親の法廷での発言を知ったらどう思うだろうと
父親不在でいじめられたことを逆手に取って反撃。、
シューメーカーもまた娘可愛さの犯行であることを認めてしまいます。
みんな悪いのかい?
でもニコルは祖父母や父親たちを振り回した母親と
一緒に住むことになってしまったのでした。

今回のエピのオリジナルタイトルはBrazil。
また誰かほっさんみたいにコルコバードの前で決めポーズ?と
心配になりましたが
だれもブラジルには飛びませんでした。
それどころかブラジルは遠すぎるからと
娘や孫をそばに置きたいと思うが故の犯行でした。
でもNYからブラジルって遠くないよ!
日本はその2倍ですから。
以前LAまたはNY経由でブラジルに飛んでいましたが
NYは日本とリオの中間地点。
日本に帰ってこれず、NYに買い出しに行ったりしていました。
だからブラジルが遠いなんてとんでもない?と個人的には思っています。

今回のカッターさんはさまざまな表情を見せてくれて楽しかった。
マッコイさんの前で思わずニンマリ
貴重な笑顔を見せてくれました。
判事のランチタイムに直談判する姿はプチマッコイしてましたね。
法廷ではもちろん冷酷カッターに早変わり。

ところでカッターさんが父親と疎遠になって25年って言ってましたが
それが10歳だとすると現在35歳になってしまいます。
いくらなんでも若過ぎでしょ。
10歳は年をサバ読んでません?
今度は年齢詐称でいじめられますよ。

LO20-18-1.jpg
困ったカッターさん
LO20-18-2.jpg
にっこりカッターさん
LO20-18-3.jpg
シリアスカッターさん
LO20-18-4.jpg
お怒りカッターさん
スポンサーサイト

Law&Order S20-#17 「夢と野心と」

ピザ屋で休憩していた制服警官4名が相次いで射殺。

身内が殺されると半端じゃなくリベンジに燃えるのが警察の体質。
しかも今回は被害者4名。
分署長は特に2名は優秀で刑事昇進を目指していたと説明し
早急に事件解決を望みます。
ルーポとバーナードは目撃者の証言をもとに容疑者をとらえますが…

バーナードはいつもルーポのことを「ループス!」って呼んでいてお茶目だなと思ってましたが
ついにルーポはバーナードのことを「B」と呼んでました。
まるでゴシップガールじゃないですか。
とにかくループスとBの見事な連携で容疑者をとらえ
署へ連れて行ったら大量の制服警官が押し掛けてきて
バン・ビューレンははた迷惑。
慎重に構えていると分署長はバン・ビューレンの病気を持ちだして嫌味を言うし。
(あとで謝っていたけど)
そしてこの容疑者はシロでした。

殺された優秀な女性警官レベッカは
夫との仲がうまくいっていませんでした。
妻の浮気を疑った夫は密かに妻を尾行。
男性と一緒に歩いている様子をカメラに収めましたが(暇な夫だ)
相手の男性が目撃者の証言と一致しました。
事件はレベッカを狙った犯行?
レベッカとパートナーのコルソンは
麻薬関連の事件で逮捕者を多く出していました。
写真の男は情報提供者かもしれない。
売人ルートをたどっていき、その男ストークスが4人を射殺したことを確かめます。
ストークスは行方不明。
母親が歯科に勤めていて、処方箋を自由に持ち出すことができました。
ルーポとバーナードは母親を追い詰め
自宅に隠れていたストークスを逮捕します。
ストークスが死にかけていたので、バーナードは即CPRを始めます。
あとで自分は刑事で処刑人ではないと
犯人に対する感情と刑事としての責務をきっちり分けて考えていたバーナード
かっこよかった!

犯人が捕まって早速分署長たちは
ストークスに極刑を望みます。
ところがNY州では死刑は施行されず
仮釈放なしの終身刑で収まってしまうのが現実です。
(だからL&O LAで死刑判決が出されたのが新鮮でした)
でも犯人を連邦裁判所に引き渡せば死刑の実施もあり得ます。
そこでかつてストークスを刑務所に送ったマークソンが
ストークスに厳しい判決を要求してきました。
実はストークスは3回釈放されているんですが
そのうち一度はマークソンが出してあげていたのでした。
マークソンにすごく見覚えがあると思ったら
Gossip Girlのブレアのお母さんじゃないですか。
ちなみにストークスはThe Wireで勉強頑張り組の一員だったので
ちょっとがっかりな感じ…

ところでいきなりカッターさん!
懲戒処分されたんじゃなかったんですか?
警察だと銃とバッジを返してうちに帰れ扱いかなと思うんですが
検察の懲戒って一体何?
まるでなにごともなかったかのように、偉そうなカッターさんが復活していました。
心配して損しちゃった(苦笑)
カッターさん自身は極悪人には極刑もありだと思っていましたが
マッコイさんは死刑には反対主義。
2回立ち会って嫌な思いをしているようです。
バン・ビューレンも同感で
法的にも州で裁けることが確認できました。
でも警官たちにとっては、死刑が求刑されないのは不満。

カッターとルビローサはストークス母に
ストークスの内部事情を聞きに行きます。
母が子を守ろうとするのは当然。
母はいきなりカッターさんに「あなたは子供がいるの?」と聞き出します。
これでまたカッターさんの秘密が暴露される?と期待したら
ルーポ達が母を逮捕しに来て、答えがごまかされてしまいました。
残念だ…

証言台に立ったバーナードはつい意見してしまい
法廷を出てからカッターさんに事実だけ述べろと指導されていました。
そこでまたルーポがツッコミを入れて
ロースクールで習ったのかとカッターさんに嫌味を言われます。
相変わらず言いたい放題カッターさんですけど
自分の卒業証書はその後どうしたんでしょう。

殺された警官たちは自分たちの成績を上げるために
ストークスを利用していました。
母はストークスを立ち直らせるために薬を用いていましたが
レベッカらはストークスが役立たずたと母親まで道連れにすると脅していました。
ストークスには怒りが溜まっていました。

ルーポはレベッカ夫からレベッカの業務日誌を受け取ります。
そこには彼女らがストークスを脅した事実が全て記載されていました。
これが表に出されるのは不名誉なことですが
バン・ビューレンは死んで美化されても意味がないと
証拠の利用を促します。
ストークスがレベッカ達を撃った直前には
母親のことで脅されてはいませんでした。
カッターさんが日誌を元に熱弁をふるい
ストークスは警官一人当たり第一級謀殺罪で25年
4人で100年分の刑務所行きが決まりました。
死刑にはならなかったけど、これで十分でしょう。
また呼び出されるルーポとバーナードに向かって
カッターさんが「気をつけて」と声を掛けます。
カッターさんでもこんな気遣いをするんだ!意外でした。

LO20-17-1.jpg
ルビローサに追い払われるオヤジたち

LO20-17-2.jpg
「気をつけて!」

Brothers&Sisters S5-#15 「ブロディ」

サラがブロディに近寄ったとたん
ブロディがノラのお悩み相談室に電話してきます。
そして昔の恋人に会うべきかと尋ねたかと思うと
キャンピングカーに乗って本当にノラの家の前に来てしまいます。

野球チームのコーチをしているブロディと一緒にいるのは犬のリリー、14歳。
ブロディはリリーをとても大切にしていますが
リリーは体調がよくないようで米を食べさせると
(お粥でも作ってたのかな)
ブロディはあっという間にウォーカー家に入り込んでいました。
夜にはノラのベッドにリリーが入りこんでくるし。
ブロディは遠慮してソファで寝てたようですが
リリーの甘え具合にレックスが重なりました。
そのあとリリーは手術を受けることになり
ブロディともどもウォーカー家に居候してしまいます。

ペイジは保育の学習で自宅で偽子守りをしてくる宿題が出ていましたが
生の人間を扱うわけじゃないのにこの宿題って意味があるのか
サラ同様疑問に思います。
でもアメリカの学校ではよくやってますよね。
とりあえず人形を持ち帰れば多少はその気になれるけど
ペイジが連れ帰ったのは小麦粉の袋。
袋にミルクをあげたり寝かしつけたりできるわけないじゃないですか。
でもペイジは雰囲気を出そうと袋に服を着せてあげて
ホアキンと名前までつけてあげました。
そしてサラに子守りを頼んだんですが
サラにとってはただの小麦粉。
トミーに会ったときにウォーカー家にそのまま忘れてきてしまいました。
小麦粉を見つけたのは料理上手なブロディ。
早速マフィンを作ってみんなにふるまいます。
サラは小麦粉をなくしたと思って代用品で済ませようとしますがペイジには許されず
そのあとペイジはホアキンがお腹の中に入っちゃったことにショックを起こします。
だから人形じゃダメなんだよ。

サラがノラの結婚前に生まれていたり、父親の疑惑が出ていたことなどを
ペイジも知ってしまってびっくり。
細かい事情はあったにせよ。ペイジもちゃんとウォーカーです。
カリフォルニアに住むことを考えていたトミーですが
家系図事件がとんでもない方向へ展開してしまったし
ブロディと話をしていて野球チームのために働くことを考え始めます。
場所はフェニックス。
また皆と離れてしまうんですね。
せっかくトミーが復活したのに、次に登場するのはフィナーレのようです。残念。
ジャスティンはホームレスのザックの怪我を診ますが
ザックは海兵隊の帰還兵でした。
ジャスティンはなんとかザックを立ち直らせようとします。

スコッティが出ていなくて寂しかった。
ルークもソールもいなかったし、キティは帰ってこないし。
なかなかみんな揃いませんね。
そろわなくても十分賑やかですけど。

Law&Order S20-#16 「証拠なき犯罪」

ついに明かされるカッターさんの過去の秘密…

ルーポとバーナードはストゥーバーを殺人容疑で逮捕、
殺されたのは同性婚をしているアランでした。
物的証拠はなく、夫のジョンが面通しでストゥーバーを確認。
法廷でカッターは犯行時刻に息子と一緒にテレビを見ていたというストゥーバー母に対し
彼女がゲイを剣をしていることを自白させてしまいました。
そのままストゥーバーの有罪確定。
冒頭からカッターさん大活躍じゃないですか!

と思ったらストゥーバーの無罪を主張する団体が乗り込んできます。
ストゥーバーを弁護するのはカッターさんの大学時代の恩師エミリー・ライアン。
愛弟子と対決するのに全く遠慮はありません。
カッターさんも有罪判決が覆されては困るので対決姿勢を取ります。

早速エミリーが学生のリサを使って調べてきたのが
ジョンによるアラン殺害の可能性。
ドラッグ漬けのアランに苦慮していたジョンは
アランとの離婚を考えていました。
でも同性婚が認められていないNYでは
離婚も認められていないようで…
(というのはちょっと前の話。
今はNYでも同性婚が認められ
ジョンを演じているCheyenne Jacksonは
昨年夏に長年のパートナーだった男性と結婚式を挙げたそうです。)
そんなときアランが殺害され
ジョンは新たな恋人と付き合い始めていました。
ジョンがストゥーバーを面通しで確認できたのは
ネット上にストーパー逮捕の画像がアップされていたから。
リサはアランたちにドラッグを売っていたってた男から情報を得ていました。
カッターはリサが売人に金銭を渡していることを指摘します。
それはエミリー流の情報収集の方法で
結果を出すと成績も上がる。
かつてカッターもお世話になってました。
そこでカッターは学生たちの成績を開示させ
エミリーの賄賂と学生の成績の関係を裏付けようとしますが…

恩師を潰すために手段を選ばないカッターさん。
だがこれは大間違いでした。
法廷でカッターさんは爆弾を落とされてしまいます。

カッターさんは偽者検察官!

みんな唖然。
仕方なくカッターさんは過去を語り始めます。
カッターさんのヒッピー人生については
以前にも触れられていましたが
3つの大学に通っていたようで
どさくさにまぎれて卒業証書をもらわないままに
カッターさんは大学を卒業?してしまいました。
もちろん司法試験はきちんと受かって法曹界に入ったんですが
「大学卒業」という経歴を持たないまま
内緒でこの仕事を続けていたのでした。
当時エミリーが気にすることはないと言ったから
カッターさんも気にしなかったみたいだけど
学歴詐称は十分犯罪です。
自分だったら自分の資格をはく奪する!位に
厳しく自分を責めるカッターさん。
恩師に潰されておしまいか…と思いきや。

今の事件をなんとかせよと
愛の手を差し伸べたのはマッコイさんでした。
自分のことはとりあえずあっちに置いといて
拘留されているストゥーバーに面会にいったカッターさんは
取引しないととんでもないことになるぞと
ものすごい剣幕で脅します。
ストゥーバーの差別発言も利用し
連邦裁判所へ送られたらこんな甘いもんじゃないと。
ストゥーバーは取引に応じました。

カッターさんは懲罰を受けることになりますが
自分がかかわった裁判に影響はないみたい。
本当に法廷を追い出されちゃったらどうしよう…と心配になりかけましたが
現在は偉くなってSVUに出演中だし
いったいどうやって許してもらったんでしょう。

カッターさんが過去を語りたくなかったのは
こんなに大きな秘密が隠されていたからでした。
嘘がばれてしまってもう終わりかと落胆するカッターさんの表情に
ゲイであることが知られてしまった司祭様がかぶりましたよ…
火種になったのがゲイを嫌悪する男による殺人事件だったのも宿命でしたか。
残りわずかになってしまいましたが
次はどんなカッターさんの秘密が明かされるでしょう。

LO20-16-1.jpg
焦りのカッターさん

LO20-16-2.jpg
呆然カッターさん

LO20-16-3.jpg
カッターさんの怒り

LO20-16-4.jpg
カッターさんの今後は?

Law&Order SVU S20-#12 「hothouse」

ハドソン川に女性の死体が浮いているのを、太極拳をしていた人たちが発見する。女性は頭部を殴られ胸を刺され、傷だらけの体にロシア正教の十字架をつけていた。身元不明だが検視の結果年齢は14歳でウクライナ出身だと判明する。SVUは性的目的で東欧から売られた少女と断定し、虐待被害者センターの協力を得て、売人から隠れて生活しているキエフ出身のべロニカに話を聞くと、べロニカは少女の売買を斡旋するアリークの電話番号を教える。ベンソンとフィンはリトルオデッサクラブに潜入しアリークに接触、人身売買の現場を押さえアリークを逮捕する。アリークは死体の少女はエルサ・リチコフ、売春婦ではなく数学の天才児だと伝える。
エルサはNY生まれで1年前に天才養成所と言われるモアウッド校に入学し、マサチューセッツ工科大への入学が内定していた。モアウッド校は全寮制で、エルサは週末に外泊届を出していた。ルームメイトのジェニファーは、エレナは頭が良すぎて勉強を止めていた。夜はみだらな服を着て男友達と会っていたと話す。
エルサの父ジョセフは、自分は航空宇宙工学技師で、エルサは自分の才能を受け継いでいたと娘の死を嘆く。だがジョセフは航空会社を解雇され失業中で、カジノに入り浸っていた。
ベンソンとステーブラーのところに、エルサの姉のカトリーナが訪ねてくる。カトリーナは落後者は不要だとジョセフに家を追い出され、学校も止めてウェイトレスになっていた。カトリーナは両親の留守中にベンソンらを自宅に案内し、ホットハウスと呼んでいた地下の勉強部屋を見せる。ジョセフは「寒さは心を鍛える。」と言いながらこの部屋で娘たちに虐待を繰り返していた。エルサはモアウッドに入ってからは奨学金やコンテストの賞金を稼がねばならない新たな苦しみもあった。
ベンソンとステーブラーはジョセフを逮捕し、娘の虐待について自白させる。虐待を認めたジョセフは「許せ。」と叫びながら壁を頭に打ち付けて倒れ、病院に運ばれる。ジョセフには事件のあった日カジノにいたアリバイがあった。ベンソンとステーブラーはモアウッド校の再調査を始める。
エルサはモアウッド校を退学した23歳のダニーと付き合っていた。エルサは自分を兄のように尊敬していたが、化粧をしたこともないとダニーは証言する。エルサはジェニファーを嫌っていた。いつも一位のエルサに勝ちたいとエルサの頭脳に嫉妬していたジェニファーと、エルサは冷戦状態が続いていた。
再度ジェニファーに話を聞くと、レザーパンツやTバックはジェニファーの仮装用の衣装だった。母のスザンナが訪れその前でジェニファーはエルサだけが注目され奨学金ももらっていて不公平だと訴え、フェリーの上でエルサを殺害した経緯を全て自白する。ベンソンはジェニファーを刑務所に送りたくないと考えるが、エルサの遺体が発見された場所がニュージャージーのため、ハドソン郡裁判所でジェニファーは裁かれることになる。ここではジェニファーは成人として裁かれ、終身刑を求刑される恐れがある。ベンソンらは検事補のケンドラに正義を要求する。
法廷でステーブラーやベンソンはジェニファーのために証言するが、ジェニファーは成人として裁かれることになる。ケンドラがゲームオーバーだと言ったとたん、ジェニファーは一位以外では意味がないと叫びだし暴れる。
収監されたジェニファーはどうして自分が囚われているのかわからなかった。ジェニファーはベンソンに徹夜で勉強するためにモダフィニルを飲んだことを話す。 モダフィニルを服用したジェニファーは6日間徹夜状態が続いたときエルサを殺害したことが明らかになり、少年更生施設に送られることになった。

身元不明の少女がウクライナ出身だとわかり、SVUはまず東欧の少女を人身売買する組織の関与を疑います。組織から逃れた少女をつてに売人のアリークを突き止めたとき、ベンソンはクラウディアと名乗り「若い女の子を8人用立ててほしい。」とアリークに頼みに行きます。そしてクラブにいた女の子たちを細かくチェック、ドラッグを打っている子はダメだと足の指の間まで調べていました。すっかりアリークを信じ込ませたところで逮捕、エルサ・リチコフの名前を聞き出しますが、エルサはNY生まれ、ウクライナの祖母のところに行っていただけでした。
全寮制のモアウッド校に通うエルサはIQ165の数学の天才児で、勉強をする必要もありませんでした。ルームメイトのジェニファーはエルサに追いつけず、チェスの特別授業を受けていました。
エルサの体中の傷については、姉のカロリーナが真相を離してくれます。カロリーナもIQ135で優秀でしたが、父ジョセフはさらに優秀な妹の教育に専念するため、カロリーナを家から追い出します。自宅にいたときは地下のホットハウスで、鞭で叩かれたり米粒の上に座らされたりして勉強を強いられてきたカロリーナは、ジョセフのエルサへの虐待についても認めました。自分も優秀だと思っているジョセフですが仕事は長続きせずカジノに入り浸り、母が清掃員をしながら生計を立てていました。母はジョセフの言葉を信じ虐待を見逃してきましたがショックを受け、ジョセフもエルサが勉強しなくなったのは自分のせいだと嘆いて自虐行為に出ます。
ジョセフがエルサを虐待していたのは確かでしたが、エルサが殺害された日のアリバイはありました。モアウッド校を調べ直す必要があるとベンソンとステーブラーが再び事情聴取を行ううちに、エルサと親しかったと話していたジェニファーが、エルサに追いつこうと必死で険悪な状態だったことがわかります。ベンソンらは母親を呼び出しジェニファーの事情聴取を始めると、ジェニファーは興奮状態のままエルサの殺害の様子を話し始めました。エルサだけが注目され不公平だし、エルサが口もきいてくれないことに腹を立てたジェニファーは、エルサを追ってフェリーに乗ります。雨の中デッキでエルサに「負け犬」と罵倒されたジェニファーはペンでエルサの胸を突き、頭をつかんで手すりに叩きつけます。乗客は船内にいたので、エルサの悲鳴は届きませんでした。そのままジェニファーはエルサを川に突き落とします。
ベンソンは未成年のエルサを刑務所ではなく更生施設に送りたいと考えましが、犯行現場がニュージャージーであるために裁判もハドソン州刑務所で行われることになります。ここではジェニファーは成人扱いで裁かれることになりましが、ジェニファーの異様な興奮ぶりと直後に何が起こったのかわからなくなっているジェニファーを見て、ベンソンはジェニファーがモダフィニルを服用していたことを確認します。徹夜で勉強をするために、モアウッドの生徒たちは日常的にモダフィニルを服用しており、学校も医者のだまし方を教えていました。薬のせいで何日も徹夜し興奮状態だったジェニファーについて、ベンソンは刑事の事例を説明します。長時間不眠状態で捜査を続けていた刑事が帰宅後喘息の発作を起こしますが、吸入器と間違えて拳銃を手に取り、口にくわえて引き金を引いてしまったのでした。普通の精神状態ではない中での殺人ということで、ジェニファーは少年更生施設に送られますが、次に出頭してきたのは妹を殺害した15歳の少年。彼を未成年として裁くのかと検事補のケンドラは疑問を投げかけたのでした。

ジェニファーの迫真の演技に恐れ入りましたが
ジェニファーはModern Familyのヘイリーだったんですね。
Lipstick jungleにはウェンディの娘役で出ています。
ベテラン子役だったんだ。

クラブに潜入するベンソンのマダム姿がかっこよかった。
用心棒フィンもぴったりハマってましたね。
ニュージャージーの検事補の顔も見覚えがあると思っったら
Journeymanの妻でした。

天才を養成するためには
徹夜を促す薬を容認する学校って…恐ろしいです。

Kommissar Rex S5-#13

変態オヤジの次はエロ路線復活!

このドラマはいったいどこに視聴者のターゲットを絞っているのか本当に不思議。
今回は成人指定とまではいかなくても「国民的ドラマ」ではない気がします。

アイスホッケーの選手ボコルニーが練習中リンク上で倒れて死亡。
ガードを外してみたら、中にインスリンの入った容器が注射針付きで取り付けられ
ぶつかった拍子に刺されて薬が体内に注入される仕掛けになってました。
ボコルニーはNHLへの移籍が決まっていて
それを妬んだものの犯行か?
特にライバルのセイツ(だっけ?)は快く思っていないようです。
アレックスとベックが捜査を続けていくと
セイツのガードにも注射器が取り付けられていました。

毒殺にしてもかなり手の込んだ犯行。
インスリンを使うのも変わってるなと思いましたが
この先の展開がかなりL&Oチック。
殺されたボコルニーよりもセイツが標的となっていきます。
なかなかイケメンなセイツ君。
試合の後も髪の手入れに人一倍気を使います。
そしてチームのオーナーの妻のリサと浮気中。
この密会シーンがあまりにも大胆で。

イケメンが風呂に入ってシャンパンなど飲んでいると
リサがやってきてせっせと脱ぎ始めます。
来るなり風呂かよ!
カメラは天井からバスタブを撮影。
かなり距離はあるにしても十分エロチックです。
その後もイケメンは後半身まる見えシャワーシーンもあり
よっぽど体を自慢したかったのか
それとも変態オヤジの次はエロで行こうと思ったものの
モーザーと違ってアレックスには絡む相手が犬しかいないので(困った)
仕方なくゲストを脱がせたのでしょうか。

その後イケメンが脳腫瘍を持っていたり
別れた妻との間に娘がいたりと
想像を絶する事実が次々に現れ?マークが並んでいるうちに
結局浮気妻に嫉妬した夫の犯行だったんですよね。
さんざん遠回りして結論が見えるのはL&O的ですが
L&Oにはエロ度は皆無なのでした。

レックスはアイスホッケーのパックがお気に入り。
いつも事件にかかわるおもちゃで遊べてよかったね。
ソーセージパンのように見せかけてクンツを怒らせたり。
最後はリンクの上でオヤジを追いかけ大活躍。
わざわざゴールを倒して捕獲しなくても…
そしてレックスの嫉妬を心配するアレックス。
こんなにご主人様がべったり状態だったら
レックスは余計なことを考える余裕はないでしょう。

Law&Order S20-#13 「冷血の殺人」

昨夜は前夜祭。
久々に来ましたよ!ルーポ、カッター、バーナードの三つ巴♪

一家4人が刃物で惨殺。
殺された娘のゾーイは最近「ホラーコア」にのめり込んでいて
その手の仲間との付き合いをしていました、
腰に残されていた彫りかけのタトゥーが
ゾーイの仲間のフレディとボニーの存在を明らかにしますが
二人はまた別の家を襲い、ボニーは幼い子の首に刃物を当てているところを逮捕されます。

取り調べに対し、ボニーは自分の名前もどこから来たのかも覚えていません。
超久々に本家に登場のDrスコダが、彼女の記憶障害を認めました。
ポープと比べるとスコダは髪が増えていて怪しげです…

髪といえばあれだけヴァン・ビューレンに注意されたので
ルーポは髭を剃って髪もさっぱり
ネクタイは曲がっていないか確かめ
身なりのいい刑事に変身です。
するとバーナードもお付き合い。
おそろいの髭を剃ってしまいました。
オープニング映像まで髭剃りバージョンにしなくてもよかったのに。
カッターさんは変化なし。
4人でお散歩シーンの偉そうな態度も、
バージョン違いでも一緒です(笑)

ボニーは本名アマンダで
事故で頭をぶつけた後記憶障害が残ってしまったようです。
刑事責任を問うのは難しいので彼女は不起訴となり
相棒のフレディの証人になることをカッターは要求します。
アマンダはフレディの犯した罪をはっきりと述べると
フレディの担当弁護士は母親を証言台に送り
フレディは911のWTC崩壊のPTSDを抱えていると言い始めます。
トラウマから逃れるためにホラーコアに傾倒し
残虐行為に走るようになった…
それを)!!のせいにするのはかなり強引に思えたんですが

担当弁護士はルーポを知ってました。
ここから「冷血の殺人」事件は
ルーポのPTSD事件にすり替わってしまいます。
またルーポが証言台でさらしものに?
まずいと思ったルーポは
即カッターさんに相談します。
カッターさんのことを「切れ者」と褒めておいて
助けてくれと懇願。
一体いくつ借りを作るんだ?
とにかく弁護士の反対尋問を中止してほしいと頼みます。
カッターさんには意味不明。
でもルーポに頼まれたらフォローしなきゃまずいでしょ。
二人の会話の様子をバーナードは遠くで見てました。

車に乗り込んだバーナードは早速ルーポに
とにかく打ち明けろと声を掛けます。
ルーポは10年前の事件を語り始めます。
クリスマスの時父親が妻子を殺害
ルーポは事件現場に6時間缶詰め状態でした。
現場から離れた後もその悲惨な状況が頭から離れず
トラウマとなってルーポを苦しめます。
ルーポは酒におぼれ、カウンセリングを受けて立ち直るんですが
刑事でもPTSDの症状は出る。
今まさにベンソンはPTSDと戦ってますが…
バーナードはルーポを励まします。

これを当時父親の弁護士をやっていた
フレディの弁護士はつついてくる。
予想は当たりました。
法廷で指摘されたルーポは正直に事実を述べ
PTSDで悩んだことを認めます。
するとカッターはそのPTSDで暴力をふるったことはあるか?と質問。
今回の事件とのかかわりをきっちり否定してくれました。
バーナードはほっと一息、
ルーポがカッターに感謝すると
自ら切れ者だと認めてしまうカッターさんは
ルーポと弁護士との接点を探し
しっかり対応策を練っていたのでした。

これでルーポのカッターさんへの借りは幾つめ?
盛大な恩返しをしてもらいたいです。
またルーポの過去が露呈してしまいましたが
カッターさんの過去はいつ明かされるんだ??
気になって仕方ない…

LO20-13-1.jpg
びっくりカッターさん
LO20-13-2.jpg
困ったカッターさん
LO20-13-3.jpg
ルーポの真剣なお願い
LO20-13-4.jpg
切れ者カッターさんのひらめき

Law&Order S20-#12 「恐喝」

カッターさん祭りをしなくては!!

lo20-12-2.jpg

毎日のL&O、頑張って観ているんですが
初回の21時からではなく、2回目の深夜枠で録画しているので
感想のアップが頑張っても翌日以降になってしまいます。
その間にこそっとネタばれはチェックしているので
さらに期待に胸がふくらむありがたみを感じています。

今回はゴシップ担当女性記者が殺され
彼女が寝ていた著名芸能人(と訳されてました)のおばさんが
ゴシップ編集長から脅されるという事件。
お互いに脅しの手を変え品を変え、決して諦めることなく
脅しのバトルが続きます。
だったらこっちも脅してしまえと検察も気合を入れますが
カッターさんもおばさんにかなり脅されてましたね。
最終的には検察の脅し勝ち。
争点が殺人なら、こっちも殺す勢いで頑張るらしいですが
もちろんボスの許しが出た場合だそうで
マッコイさんはカッターさんに「殺してこい!」なんて
言ってしまうのでしょうか。

どうせもいいけど
ヴァン・ビューレンはルーポのひげ面が大嫌い!
あれだけしつこく指摘されると、さすがのルーポも変身するようです。
ついでにカッターさんの前髪がかなり伸びてきた気がする。
ちらっと額にかかった姿がセクシーでした。
きっと忙しくて髪を切る暇もないのでしょう。
そしてまた突然私服に。
事務所のロッカーの中に入れてあって、
疲れると着替えたりするのかな。
それからカッターさん愛用のマグカップは
細かい模様がついてるようだけど花柄?
かなり大ぶりですよね。
その昔S2の頃ステーブラーがニコチャンマークのマグカップを使っていて
可愛いなって思ったんですが
カッターさんのマグカップもちょっと気になります。

LO20-12-1.jpg

Glee S3-#5 「The First Time」

いよいよウェストサイドストーリーの舞台が開幕。
その前に監督のアーティは
マリアとトニー役のレイチェルとブレインに
初体験を生かした演技をするように要求したのでした。

でも二人とも初体験はまだ。
なんとか舞台の前に体験しておかなくてはと
それぞれフィンとカートに迫るんですが…

ストーリーそのものはとてもわかりやすい展開で
最後はめでたしめでたしでしたが
今回は歌がいっぱい。
特にウェストサイドストーリーを堪能できたのがよかったです。
さらに久々にウォーブラーズの美声も楽しめたし、大満足でした。

フィンはレイチェルがその気になって喜んだものの
あまりの性急さに疑問を感じると
レイチェルはあっさり本当の目的を話してしまいます。
いかにもレイチェルらしい失敗。

一方舞台の宣伝のために久々にダルトン校に帰ったブレインは
セバスチャンと言う隠れファンに出会います。
カフェでセバスチャンに積極的に迫られ困っていたブレインのところに
カートが現れとりあえず救われるんですが
そのあとセバスチャンがゲイバーを紹介し
にせのIDで二人は潜り込みます。
そこにカロフスキーがいて
転校した彼は今はのびのびと過ごしているみたい。
カートとの会話にほっとしました。
バーを出てブレインは酔った勢いでカートに迫りますが
カートは却下。

結局二人とも未体験のまま舞台に上がり
そのあと、今度はごく自然に結ばれます。
アメフトのスカウトに見捨てられたフィンをレイチェルは励まし
カートとブレインも仲直り。

さらに素敵だったのがビーストの思いが実ったこと。
スカウトに来たメンキンズのことが気になっていたビーストですが
自分を気にかけてもらえるわけはないと、ずっと悪態をついていました。
ところがメンキンズはビーストのことが気になっていて
お互い本音を出し合ってハッピーエンド。よかったです。

めでたいことばかりだなと感心してたら
今回はスー先生が出てきませんでした。だからか…
ウィルも客席から舞台を鑑賞。
メルセデスは離れたままですが
サンタナたちは結局戻ってきたんですね。
プロのダンサーを目指すと父親に断絶宣言をしたマイクの舞台を
感激しながら観ていたマイク母(検視官西沢さんですが)もよかった。
素敵な舞台をありがとう!

Brothers&Sisters S5-#14 「不機嫌なバレンタイン」

老いらくの恋はキュート♪

バレンタインデーの騒動の始まりは
カールと別れた後不機嫌状態だったノラは
ローズの家系図で持ち出されたブロディのことでしみじみし始めます。
そしてサラの誕生疑惑が明るみに。
ノラはできちゃった婚だったことを素直に認めたんですが
証明書に判が押されていないこともあって
トミーはサラがブロディとの間の子供ではないかと疑い始め
また姉弟喧嘩の勢いで口にしてしまいます。
ここで急遽ウォーカーの子供たちで話し合い
ノラに真相を尋ねると
ノラは血液検査をしてサラがウィリアムとの娘だと確かめていました。
一件落着。
そして騒ぎを引き起こしたローズはノラに謝り仲直りします。

バレンタインデーにスコッティのレストランは予約でいっぱい。
ところが一人で予約している客がいて
実は有名な料理評論家のエドワードが匿名で予約していたのでした。
エドワードは結局ジョナサンと一緒に来ることになり
スコッティとソールは緊張します。
スコッティは料理を高く評価してもらえばいいわけですが
ソールはエドワードとジョナサンの様子が気になって…
彼らは相当親密な様子です。
つい二人の会話が耳に入りやきもきしてしまうソール。
でもエドワードにはソールとジョナサンの関係は内緒なので
ジョナサンはその点は気を使っていて、なんともぎくしゃくしています。
メインディッシュのソースにはエビが使われているんですが
ジョナサンはエビアレルギーを持っていました。
ソールがスコッティに伝えると
スコッティは「出しちゃダメだ。」とストップをかけるんですが
ソールはジョナサンのことを知らないはずになってるので
料理の説明の際にエビのことを伝えればいいとアドバイスします。
ところが料理を持っていくと二人はソールを無視して盛り上がっているから
ソールはムッとしてそのまま皿を置いてきてしまいました。
するとやっぱりジョナサンの体調が悪くなり
二人はデザートの前に席を立ってしまいます。
最悪な展開。

だがその後ジョナサンは薬でアレルギーを抑えると
ソールのところに謝りに来ます。
そしてお互いに本音を伝え
思いを確かめると抱き合ってキスします。
爺さんたちの恋はこれから。
若者たちに負けずに幸せになってもらわなきゃ。
ちなみにジョナサンを演じているRochard Chamberlainは
「将軍」などで有名なベテラン俳優ですが
69歳のときにカミングアウトしているんですね。
彼とソールが語るクローゼットの中の時代のことは
彼自身の体験ともつながっているのかもしれません。

出張中だったケヴィンは
ウォーカー会議に巻き込まれた後帰宅。
スコッティの作ってくれたバレンタインディナーを食べて
こちらもハッピーバレンタインデーでした。

Kommissar Rex S5-#11 「赤ちゃん奪還作戦」 #12 「脅迫電話」 

2話まとめます。

#11 オペラ歌手の娘(赤ちゃん)が夫婦の手で誘拐され
身代金を要求される。

#12 露天商がおもちゃを買ってくれた客の連絡先を聞き出し
脅迫電話をかけて事件に巻き込む。

10年前の犯罪捜査って大変だったなと実感。
携帯にGPSはついてないから居場所を会話で確認しなければならないし
声紋分析もかなり時間がかかる…でも成功したけど。
事件解決の手がかりとしてどちらにも共通していたのが
後ろで聞こえてきた音でした。

赤ちゃん誘拐事件。
事件が起きた「帝国ホテル」(だよね)の豪華な内装に見とれつつ
容疑者夫婦が赤ちゃんを連れて隠れた安ホテルの近くにあったからくり時計。
あれもウィーンの有名な文化遺産なんでしょうか?
デザイン的に古そうだし。
このゴージャスな時計のおかげで容疑者の隠れ場所が判明しました。
レックスは被害者の前で素直に癒し犬に変身。立派です。

不気味だったのが次の脅迫電話事件。
最初の被害者の女性は脅迫電話に怯えて
車のハンドルを切り損ね崖に転落。
アレックスとレックスは夫と娘に
妻の死を知らせに行きます。
アレックスが夫と話している間
娘はレックスに露天商から買ったおもちゃで遊ばせてあげるんですが
レックスは気に入ってお持ち帰り。
実はこのおもちゃこそ犯人との接点だとは気づかずに…
この木の人形がカタカタ音を立てて落ちてくるおもちゃって
確かに昔ありました。

露天商はおもちゃを売りながら女性客と会話し
お気に入りの物を聞き出しては家に届けるから連絡先を知りたいと
電話番号を教わっていました。
そして自宅を調べてこっそり侵入、下着をゲットすると
帰宅した女性を狙って「お前のことを知っている。」と
脅しをかけてきます。
次の被害者は夜窓際でろうそくを持たされてストリップを強要
(本当に脱ぎ始めるのがオーストリアドラマです)
でもろうそくが倒れて火が付き、大惨事となってしまいました。
次の被害者は母親が病気なことを利用して
露天商は女性を病院へ呼びだし、そのすきに自宅に侵入したんですが
タクシーが来ないために女性が催促の電話をかけに自宅に戻ったために鉢合わせ。
思わず女性の首を絞めてしまいました。

最初は直接女性に手を出すことはなく
下着をいただくと脅して間接的な嫌がらせをしている変態オヤジだったけど
ついに直接殺してしまったため、慌てて証拠を隠し始めます。
女性たちの情報カード(脅しのネタを細かく記録していたのが不気味でした)を燃やしたり
下着のコレクションを公園に埋めたり。
だけどすぐにレックスに掘り返されちゃったけどね。

露天商からの脅迫電話の録音が2種類あったため
アレックスは声紋分析の専門家を呼んで、犯人特定に当たります。
なかなか科学捜査っぽくて面白かった。
でもレックスは科学捜査とは関係なく、直感的に聞き分けられるらしいけど。
そしてレックスお気に入りのおもちゃの音が。
アレックスとレックスは変態露天商を追い詰め
見事なコンビネーションで(アレックスはまたあっさり倒されてたけど)捕らえます。

今回なかなか容疑者が浮かばずに事件が再発し
仏のアレックスもブチ切れて危険状態。
ベックが鎮めていました。
一応本格ミステリーっぽかったかな(笑)

Law&Order SVU S10-#11 「Stranger」

ハランダー家に女性が訪ねてくる。ドアを開けた母親に「私よ、私を忘れたの?」と訴える女性は腕に四つ葉のクローバーのタトゥーがあった。母親と長女のエリカは、訪ねてきた女性が三女のヘザーだと気付く。
ヘザー・ハランダーは4年前の14歳のときに失踪。太り過ぎていたヘザーが減量キャンプに参加する直前だった。次女のニッキーはヘザーをメス牛と呼んでいたから、自分のせいで失踪したと悔やんでいた。
クラリネットの首席奏者だったヘザーはスプリングコンサートに出演する予定だったが、男にさらわれ地下室に監禁され、性の奴隷とされてしまう。コンクリートの部屋には窓がなく、ドアは男が鍵をかけていたが、彼が酔って鍵をかけ忘れたので、隙を見てヘザーは逃げ出したのだった。ベンソンはヘザーにレイプ検査を受けさせ、誘拐の経緯や監禁の様子などについて聞き出す。そしてステーブラーとともにヘザーを街に連れ出し、監禁された場所を特定しようとするが、ヘザーの記憶は曖昧でそのうちパニックを起こしたので、仕方なく家に連れて帰る。アパートの前にはマスコミが群がっていて、ステーブラーはカメラマンを追い払おうとする。
新聞にヘザーの写真と失踪事件が掲載され、エリカは妹を苦しめないで欲しいと訴えてくる。ベンソンとステーブラーは、犯人逮捕のためにはヘザーの協力が必要だと説明する。エリカはヘザーに新聞を見せていなかったが、ニッキーが見せたためヘザーは体調不良で捜査に協力できないと言ってくる。ヘザーが失踪したとき、ニッキーはヘザーを探していた。ニッキーは何か見たのかもしれないと、ニッキーが罪悪感からすさんだ生活を送っているのではとの疑いももたれる。
検査の結果ヘザーは性的暴行を受けていたが、犯人のDNAは検出されなかった。聖フランシス大聖堂の神父が新聞記事を見て、ヘザーが50代ぐらいの男と日曜のミサに来ていたことを伝えてくる。ベンソンがヘザーにミサの件を尋ねると、ヘザーは激しく否定する。ヘザーは本当にレイプされていたのか?だがヘザーはビタミンD欠乏症にかかっており、室内で監禁されていたのは確かだった。
ヘザーが自殺未遂を起こして病院に運ばれる。「家族のもとに帰る日を夢見ていたのに、フリーク扱いされ居場所がない。」とヘザーはベンソンに嘆くが、両親の血液型をチェックした医者は、両親がA型なのにヘザーがB型であることを知って不信感を抱く。改めて失踪時のヘザーの写真を見ると、あごのラインが違うしタトゥーも左右逆に彫られていた。ベンソンは病室にクラリネットを持ちこみヘザーに吹かせようとすると、ヘザーは拒否する。タトゥーを彫った理由も話せなかった。ヘザーが偽物だと確信したベンソンがヘザーに詰め寄ると、彼女は家族が必要だったのでネットで失踪者のヘザーを見つけ、なりすましたと白状する。
罪状認否で偽のヘザーは名乗ろうとせず、精神鑑定を受けて刑務所に入れられることになる。彼女のタトゥーを彫った店を探していると、カール・バスコが支払っていたことがわかる。ベンソンとステーブラーがカールの家に踏み込みカールを逮捕、ベンソンは偽ヘザーが監禁されていた地下室を発見する。地下室は彼女の供述通りだった。
偽ヘザーの本名はクリステン・ビューセレック、6年前に誘拐されていた。母親のマーシーは別れた夫カールが誘拐したと思っていたが、ビューレックからバスコに名字を変えたカールが娘を監禁していたのだった。ベンソンらは刑務所に送られたクリステンを連れ戻し事情を聴く。クリステンはこの悪夢を終わらせようとしてヘザーになりすまし、ハランダー家に入ることを考えたが、ニッキーに気付かれ、ばれたら殺されると思って自殺しようとしたと話す。クリステンはカールからマーシーは死んだと伝えられていたが、マーシーは生きていた。オハイオから迎えに来た母親とクリステンは6年ぶりの再会を果たす。そしてオハイオに帰ることになるが、その前にあいさつしに行くとクリステんはハランダー家を尋ねに行き、行方が分からなくなる。
ヘザー失踪の真実を知ったクリステンはニッキーに脅され、ビルの屋上から突き落とされそうになっていた。ベンソンとステーブラーの説得でニッキーは真相を話す。

妹のヘザーが失踪した後、長女エリカは彼女を見つけるためのサイトを立ち上げて、情報を公開していました。クリステンにとってヘザーになり済ますのはたやすいことでした。髪が似ていて、体重の減少は4年間の監禁で理解してもらえるし、同じタトゥーを彫ればいい。その結果クリステンがハランダー家を訪ねたとき、家族は最初誰が来たのかわかりませんでしたが、変わり果てたヘザーの姿だと思って納得してしまいます。クリステンはその後もヘザーの部屋に閉じこもって、ヘザーになりきるために情報収集をしていました。しかしヘザーが戻るわけがないと知っていたニッキーは、当然疑いの目を向けてきます。
ヘザーになりすましたクリステンが語る監禁の経緯はリアリティがありましたが、そのまま自分が父親に監禁されていたからでした。「家を飛び出して歩いていたら、男が隣に来て『かわいい子だ。泣かないで。元気になれるものが車にある。』と言った。薬が染み込まれた布を口に当てられ、意識を失った。気がつくとコンクリートの中に裸で閉じ込められていて、真っ暗な中で立ちあがり、壁を探って助けを呼んだ。金属製のドアを必死で叩き、マットレスに横になって泣いた。眠っていたら彼が来た。彼は内側からドアに鍵をかけ、私に覆いかぶさった。叫んで抵抗したら『素直になったら、また来る。いい子にしないと餓死だ。』と言われた。1週間たったと思ったら、まだ2日だった。」クリステンは部屋に置かれていた猫足のバスタブや、椅子に穴をあけてバケツを置いたトイレのことも話しますが、それらは確かにカールの地下室に置かれていました。クリステンが犯人をパパと呼んでいたことや信心深い父がクリステンとミサに連れて行っていたことも、二人が親子であることをうかがわせています。
カールとの信用を築いたクリステンは去年からは家の中を自由に動けるようになり、行動範囲も広がっていました。でも逃げたら殺すと脅されていたので、その勇気は出ませんでした。そして新しい家族を見つけるため、なりすましの計画を立ててヘザーを選び、着々と準備を進めていたのでした。逃げ出してからカールを通報しなかったのは、ハランダーさんに娘と思われたからで、通報したら偽物だとばれることを恐れてだとクリステンは説明します。
死んだと思った母も生きていて、クリステンはオハイオに帰宅することになりますが、クリステンがハランダー家に真実を伝える必要がありました。クリステンが自殺未遂を起こしたきっかけとなった、ヘザー失踪の真実です。「本物のヘザーになる前に家から出て行け。」とニッキーに脅されたクリステンは、ニッキーがヘザーを殺害したことを知ったのでした。母親も事実を知りますが、口をつぐんでいます。
ニッキーはクリステンの屋上に連れて行き、突き落とそうとしていました。ベンソンとステーブラーの説得でクリステンは助かり、飛び降りようとしたニッキーも降りてきます。ドラッグの使用を親にばらすとヘザーに言われたニッキーが、ヘザーを殺害していたのでした。連行されるニッキーはクリステンに「警察は捜索を打ち切ったのに、何故撃ちを選んだの?」と尋ねます。

なりすまし失踪事件。
ヘザーになりすましていたクリステンは父親に監禁されレイプされ
失踪したと思っていたヘザーは姉のニッキーに殺されていました。
悲惨すぎる展開。
クリステンが母親とオハイオに帰れることになったのがせめてもの救いでしょう。
それも危うかったけど。

ヘザー監禁の報道記事のタイトルが
「Sex Slave and The City」なのがお見事。
しかしマスコミの情報収集能力って恐ろしいです。

そして血液型から判明したヘザーのなりすましですが
ドクターの言ってること、やっぱり変だった。
それとも翻訳が変だったのかな。
両親がA型でも二人ともAOだったら
子供がO型の可能性がありますよね。
A型とは決めつけられない。
確かにB型が生まれるのはありえないけど
これも母親がAOだったら、浮気相手がBOかABなら
B型の子供が生まれてもおかしくないんだし。
A型の子供はA型と決めつけてはいけません。

Law&Order LA S1-#20 「ヘイデントラクト」

たまにはLAを語ってしまいます。
ファイナルが近づきこちらもハラハラする展開が。
でも一番ドキリとしたのがデッカーの一言だったんですけどね(笑)

ヘイデントラストの広場でゲルマン議員が演説していると
突然何者かが銃を乱射。
議員を始め演説を聞いていた計7名が死亡します。
モラレスとTJは捜査を開始。
回収した携帯の映像や画像から容疑者を突き止めます。
容疑者は行方不明になった娘を探していました。

容疑者ラリー・シェパードが逃亡したと思われた家には
ラリーの姉と子供たちがいました。
姉はラリーは統合失調症で子供はいないと話します。
ラリーはゲルマン議員がかつてかかわっていたゲーム制作会社のゲームにのめり込んでいて
自分が娘を育てていると思いこんでいたようです。
やがてラリーが逮捕されますが言ってることは支離滅裂だし
暴れて危険な状態でした。

7人もの犠牲者を出しているから死刑か仮釈放なしの終身刑で当然かと
デッカーは強気でいますが
ルビローサはラリーが収容される刑務所に行って
精神障害を持つ囚人にどんな治療を施されるのか話を聞くと
囚人たちは一人ひとりケージに入れられて集団治療を受けるようで
まるで動物扱いな対応にルビローサは驚いていました。
そして障害を理由に無罪とし
病院で治療を受ける方法を考え始めます。
ベンソンならすぐに受け入れそうだし
カッターさんやマッコイさんもそう考えるかも…
と思った矢先にデッカーがNYに行ったときに
カッターとディナーしたと言い出したのでビックリ!
まさかLAでカッターさんの名前を聞くとは思ってもみませんでした。
デッカーにはNY式の政治的な見地も加味して…みたいな考えはありえなくて
カッター式(ってことはマッコイ式ですか)は受け入れがたいようです。
カッターさんも自己主張する時はかなり迫力ありますが
デッカーはさらにおっかないというか威圧感があるというか
態度がでかいですよね。
ところでデッカーとマッコイさんはディナーの席で何をしゃべっていたのでしょう。
ルビローサについてひとしきり語られたとは思うけど
ちょっと気になります。

結局ラリーは仮釈放なしの終身刑となりますが
法廷で被害者について、検視官の西沢さんが
一人ひとりの検死報告を行い
聞いている遺族たちの涙があふれます。
辛いエンディングでした

ところで大事な事件の捜査中なのに
別件写真をチェックしていたTJは
突如単独でメキシコに飛びます。
一人でウィンターズのリベンジを始めるか?
早速TJは報復されます。
彼まで犠牲になっては困るんですけど。
ファイナルに向けて何が起きるのでしょうか。

Law&Order S20-#9 「消える証人」

法廷で元恋人の罪を暴くために証言台に立つ予定だったマギーが殺害されます。
当然元恋人が疑われますが、黒幕は彼女が働いていた中古車輸出会社の社長のレイニー。
そして従業員でマギーの秘密の恋人のりーガンが
レイニーの有罪を暴くために証言することになります。
レイニーは相当の悪党なんですが、彼の弁護に付いたのが
7話目にも法廷に立っていたウォル。
嫌な奴だなぁとは感じたけど、彼は元検察官で
カッターやルビローサとともに
悪党を次々に刑務所に送りこんでいたのでした。
身内でお互いをよく知っているのに敵対するのはなかなか難しいことですが
今回は複雑な事情が多すぎました。

りーガンにも保護が必要と言うことで
彼女をホテルにかくまい、ルーポとバーナードが付き添います。
ルビローサも話を聞きに来た時に
突然頼んでもいないルームサービスが現れ銃弾が飛んできて
バーナードと銃撃戦に。
ルーポがちょっと席を立ったそのすきを狙ってきたのは運が悪かった。
また警察はプチミスを犯してしまいました。
銃撃戦に巻き込まれかけたルビローサをカッターさんは気遣います。

検事時代にウォルが扱っていた事件で不審な点が
胡散臭い部分を調べていたら、そこにルビローサが絡んでいたことが判明します。
新人ルビローサはウォルの部下で
彼の言われるがままに働いていました。
必要とあらば証人保護もしていたし。
ルビローサはここで自分の過去を振り返りつつ
ウォルの悪事を暴く決意を固めますが
そのときウォルがカッターに意味深な一言を。

ウォルとルビローサに肉体関係があった!
驚愕の事実を耳にし
カッターはマッコイさんに相談に行きます。
もちろん本人に確認はできないし。
ここでカッターさんが珍しく自らのポリシーを語るんですが
①職場恋愛はよろしくない。
職場の同僚と恋仲になるなんてありえないそうです。
その一言をWATの人達に伝えておくて!
でもそのあとに女性が不利であるというつけたしがあり
男性については言及してなかったぞ!
まだ妄想の扉はオープン状態です♪
②他人の性生活には関心がない。
別にルビローサが誰と寝ようとどうでもいいようです。
ってことは自分について語る気もないか…
誰か秘密を暴いておくれ!

でも同僚としてのルビローサを守らなければなりません。
カッターさんはルピローサと
過去に寝た男を落とす作戦を練るのでした。
このとき何故かカッターさんは私服。
家に帰って着替えたのか、休日出勤だったのか詳細は不明ですが
ちょっとリラックスして、穏やかな微笑みが素敵でした。
それにしてもルビローサ恐るべし!
次々に彼女のとんでもない過去が暴露されてきています。
一体何人の男と…
さすが元マリソル!
とさんざん悪女扱いしていた時代が懐かしくなるのでした。

法廷であえてルビローサは全てをさらけ出し
それを利用してカッターはウォルの悪事をあぶり出していきました。
いつものお見事な弁舌は圧巻。
だけどウォルを有罪にしたおかげで
カッターとルビローサは余計な宿題をもらってしまいました。
お疲れ様。

LO20-9.jpg
私服カッターさん

Law&Order S20-#7 「殺しのバラード」

内装デザイナーの女性が自宅で射殺され
彼女は高額の絵の買付と一緒にドラッグの取引にもかかわっていたことがわかります。
容疑者はアパートの防犯カメラの映像に映っていた少年たち。
彼らはメキシコギャングに捕らえら殺人マシンに仕立てられていたのでした。
そのうちラファの両親が法廷に来ていたので
カッターたちはラファを落とそうと企みます。

ラテン系ルビローサはこんなときとても便利。
ラファと家族の会話をすぐ通訳し
オンライン配信された歌の歌詞をチェックし
しかも高校時代のBFもラテン系音楽業界に関わってるようだし
LAで大胆な性生活?を顕わにしたルビローサですが
御先祖様は無法者?
メキシコギャング界に明るいです。
これは全くカッターさんには未知の世界。
でもルビローサがどんどん踏み込むために
彼女を脅す歌がネット上にアップされ
護衛をつけてもらってもルビローサは身の危険を感じます。
カッターさんも一応守ってもらっていたらしいけど、詳細は不明。

親の言うことを無視し、殺人マシンでいることを正当化していたラファですが
事情聴取のときルビローサが持ってきた「おふくろの味」のにおいをかいだ途端
急に家族が恋しくなってしまいます。
やっぱり子供だね。
そして家族のもとに戻れることを約束してもらい証言台に立つんですが
ギャング団が許すわけがない。
ラファの仲間が拘留中に殺されてしまいました。
次は自分の番かもと急にラファは口をつぐんでしまいます。
確かSVUでも証言台に立つことを約束した男の子が
法廷で待っているとき刺されてしまう話があったような。

そこでカッターさんはなんとかラファに
もう一度証言台に立ってもらおうと説得するんですが
いつもは厳しいカッターさんも子供相手だと多少態度が軟化します。
とはいえほっさんやジャックのように
父性愛に訴える部分は弱いかな。
オヤジのインパクトは薄いですよね。
ってことはカッターさんは独身か?
相変わらずプライベートは勝手に想像するしかないんですが
カッターさんはまたラファの気持ちが変わると確信したところで
本エピは終了してしまいます。
どうなったんだろう。

抗がん剤治療が辛いヴァン・ビューレンは
食欲がなくかなりぐったりしています。
でも犯罪は減らないから働かなければならないし。
息子とフランク(所長はそういう名前だったんだ)は
痛みを和らげるためにヴァン・ビューレンに医療用のマリファナを勧めます。
ヴァン・ビューレンにとってはマリファナなんてとんでもない。
警察官としての彼女はマリファナを否定しますが
苦痛には耐えられず使ってみることにします。

するとマリファナのにおいに気付いた局長が
ヴァン・ビューレンに直々に話をしにきます。
お咎めがあるかと思いきや
局長は臭い消しのミントとか
衣類に臭いが付くので着替えるように勧めたり
医療用マリファナを斡旋してくれる場所まで教えてくれました…
局長の細やかな配慮に感動。
頑張れヴァン・ビューレン!

Glee S3-#4 「Pot O' Gold」

ダミアン君デビューエピ。

Glee Projectではしばしば一発合格できず
やり直しで苦労しながら這いあがってきたダミアンですが
優勝しいざGleeの一員となったら
見事にドラマに入り込んでいました。
すっかりプロの域に達してましたね。

ローリーと言う名前だけど、やっぱりアイルランド人。
アイルランドからの留学生ということで
ブリトニーの家にステイしています。
そしてぶっ飛びブリトニーの妖精フレンドとして
彼女のお願いを素直に聞き入れ努力する姿が何ともほほえましい。
Projectでも彼のアイルランド訛り英語は時には字幕付きになってましたが
今回はさらに磨きをかけてる?
本当に聞き取れないです…
そんあわけで田舎者と言われてみんなにいじめられ
すでにGlee予備軍ではないですか。
ローリーをいじめから救ってくれたフィンが親しくなり
結局フィンがローリーをグリー部に誘います。
そんなわけで2曲歌声を披露してくれましたが
緊張感もなく伸び伸びと歌ってる姿がよかった。
ファルセットの声がきれいだし
カートのライバル出現でしょうか。

ローリーがグリー部に入ることになったのは
先にシェルビー先生のチームに入ってしまったメルセデスを追って
サンタナとブリトニーが抜けてしまったからですが
彼女たちは向こうで本領発揮。
こっちが相当ダメージを負ったからでした。

スー先生の嫌がらせは相変わらず
ミュージカル上映のための予算を工面してもらえないとわかり
バートは葬儀屋仲間(やたらと多い)の協力を得て
プログラムに載せる広告料を押さえ対抗します。
そして選挙でもスー先生のライバルに。
オヤジパワー発揮が楽しみです。

クインとパックは自分たちの娘を取り返そうと
シェルビーのシッターに立候補します。
パックは単にベスの側にいられて幸せなんだけど
クインはシェルビーによる子供の虐待を装って
児童福祉局に通報しようと企んでいます。
パックにはそれは出来ずシェルビーのいる時娘にベスに会いに行き
偽装虐待の証拠を隠しつつ
気が付いたらシェルビーとキスしていました。
さすが年増キラーのパック。
この先どうなるんでしょう。
ForeignerのGirl Like Youが娘を思って歌った歌だとは
こんな解釈もあるんだと驚かされつつ
パックの歌うアコースティックバージョンがよかったです。
そしてプール掃除で肉体美も披露し
実はパックデーだったかも。

Brothers&Sisters S5-#13 「トミーのサプライズ」

100話記念はトミー復活!

本当に久々にトミーが戻ってきました。
気のせいかスリムになった?
そして恋人のローズを連れてきた!
Cara Buonoってどこかで聞いた名前だぞって思ったら
TWのグレイスでした。
髪の色から違うし気が付かなかった。
元救命士なんだからジャスティンの方が話が合うよ!
ってそれはあっちへ置いといて。
ローズの威勢の良さに圧倒。
しかもウォーカー家の家系図作りに燃えているようで
ウォーカーでもないのに出しゃばりな。

そして帰ってくるなりトミーはサラに
不動産での投資を考えて借金のお願い。
早速サラがブチ切れました。
また喧嘩が始まった!
ウォーカー家のディナーには
サラとルーク、トミーとローズ、ジャスティンとアニー、
そしてノラとソールだけだったのにやかましい。
(これだけいれば十分うるさいか)
ケヴィンもキティもいないのに、相変わらずパワフルです。
ついでにキティが全く出てこなかったことは
ドラマが終わってから気づきました。

サラとルークが結婚式について話し始めたら
トミーはローズとの婚約を発表。
これにはみんな大ショックです。
いくら親離れしたウォーカーでも
恋人と半年付き合って同棲中、しかも婚約までしていることを内緒にできたとは
本当に関わりたくなかったんでしょうね。
そんなショッキングな出来事が続きますが
結局サラとトミーは仲直りし
トミーとローズはLAに引っ越してくることにします。

ケヴィンとスコッティはオリヴィアを迎えるために準備万端。
オリヴィアの部屋を用意して待っている姿はいかにもゲイっぽくて
Modern Familyに影響されましたか?
でも赤ちゃんじゃなくて9歳の女の子だし
今まで複雑な事情を抱えてきているだけに
順応していくことが難しい。
普通の子よりしっかりと自分を持っている気がしました。
だけど最初が肝心。
ケヴィンとスコッティは彼らなりのやり方で
子育てをスタートしていきたいと考えあれこれ話して聞かせます。
オリヴィアにとってはうるさくて迷惑なんだけど。
ノラから携帯をプレゼントされますが
オリヴィアはメールの返事を打とうとしません。
スコッティがオリヴィアを買い物に連れて行きますが
オリヴィアは欲しいものリストを絵に描き
しかも全然違うジャンクフードばかりカートに入れて
スコッティを困らせます。
オリヴィアが喜んだのは欲しがっていたペットのヤモリをもらったとき。
大事に育てると本当にうれしがっていました。
でもネームプレートはパス。
そのときケヴィンとスコッティは
オリヴィアが字を書けないことに気付いたのでした。
これからが大変だけど、素敵なお父さんたちになって頑張って♪

ジャスティンとアニーはいい感じだったのに
アニーの元彼のDrリックが口出しをしてきて
二人の雲行きが怪しくなってきます。
きっと乗り越えられるから大丈夫。
それより救急車に乗るジャスティンの姿を
たっぷり見せてください!

Law&Order S20-#6 「人肉検索」

とんでもない邦題。
でもオリジナルタイトルの直訳だったんだよね。

ヴァン・ビューレンの恋人がOZのグリン所長だったのにびっくり。
そしてヴァン・ビューレンの髪は最初からカツラなので
実はストレートヘアのカツラに取り換えただけなのでした。
フレッシュな感じで似合った。

下着メーカーのオーナーのシドが窒息プレイ中?に死亡。
シドが恨みを買っていることは確かで
その恨みがシドがトッドと名乗っている時代
車を運転中に両手で携帯メールを送っていた証拠写真がネットに挙げられ
さんざん非難されたことにつながってきます。
彼の違反をあおっていたのが「フラッシュポッセ」という
社会の不正を摘発するサイト。
ルーポとバーナードがサイトの主催者リアリーのPCを没収に行き
バーナードは彼らに威圧的な態度を示します。
するとフラッシュポッセはサイト上でバーナードを攻撃
これをチャンスと考えたルーポとバーナードは
あえてネット上で対決して
事件解決の手掛かりをつかもうとしました。
ルーポが犠牲になってもよかったけど
彼は情報部時代の空白部分があるので
バーナードが囮役を引き受けます。

作戦はうまくいき、シドを殺害したと思われるサンズという女性が現れます。
サンズはタクシーに息子が轢き殺されたことを根に持っていますが
実は子供は生きていて施設に引き取られ
相当精神を病んでいることがわかります。
タクシーはゴミ箱を倒していただけなのに。
これでは彼女を起訴しても精神障害を理由に無罪になってしまうので
カッターはフラッシュポッセそのものを有罪にしようと意気込みます。
そして法廷でバーナードに証言させるのですが…

フラッシュポッセ側の弁護士がしたたか者で
多くの会員を使って徹底的にバーナードを調査
なんと誰も知らなかったバーナードの隠し子を見つけてしまいました!
これは大ショック♪
若い頃付き合っていた彼女との間にできた子で今10歳なんですが
実子とわかる前に養育費を渡してなかった時期があり
その部分を追求して弁護士はバーナードが信用できないとつついてきます。
ルーポもカッターも唖然としたままです。

法廷の外で弁護側に詰めより文句をぶちまけるバーナードを
「ディテクティブ!!」と怒鳴りつけるカッターさん。
彼でも怒鳴っちゃうことがあるんです。
これでバーナードが得た証拠は使えなくなりました。
向こうがネット上の人海戦術で証拠をゲットするなら
こっちも頑張るぞとルーポはカッターさんにお約束。

そしてカッターさんが法廷でサンズに関してうだうだ言ってるときに
ルーポからメールが届きます。
サンズが妄想を抱くきっかけとなったタクシーのそばに
フラッシュポッセ主催者がいたという証拠写真を
ルーポはゲットしていたのでした。
NYの路上の全ての防犯カメラをルーポはどうやってチェックしたのか?
上海にいるツテを使って中国人による人肉検索をやってもらった成果だったのでした。
これでカッターさんに一つ借りが返せたよ。
ちなみにバーナードの隠し子ですが
元彼女は結婚し息子とともに家庭を築いており
バーナードは息子のために会うことは止めたとルーポに話します。
でもネットで調べられるかも!というオチがついていました。

Law&Order SVU S10-#10 「Smut」

公園で犬の散歩をしていた親子が、下着姿にコートを羽織った女性と出会うが、女性の脚は血だらけでそのまま倒れてしまう。病院に運ばれたその女性は25歳のケリー・サンで、殴られレイプされた後数時間街をさまよっていたようだ。レイプ検査の間ケリーは暴れ、「飛行機に乗り遅れる。」と叫び出す。ケリーのレイプされた記憶は曖昧だった。
ケリーは紀行作家で、昨日の朝韓国へ行くために荷造りをして用事を済ませるためにチャイナタウンへ行ったら、元同僚のライリーに会ったと話す。ライリーは机上で旅行記を書いていたことをケリーに暴露され出版社を解雇されておりケリーを恨んでいたと思われたが、彼には事件当時のアリバイがあった。ライリーはケリーが荷物の配達をしていることをほのめかす。
ケリーはパキダラ宅配に雇われ、70万ドル相当のダイヤモンドを運んでいた。ダイヤを受け取ったケリーはJFK空港で荷物を預け、航空券を受け取る。空港の防犯カメラはバーに立ち寄ったケリーが男と一緒に酒を飲み、そのまま空港を出てタクシーに乗った様子を撮影していた。相手の男性は石油会社の重役のエリック・ルッツだった。
ベンソンとステーブラーの事情聴取に対し、ルッツは空港のバーで偶然ケリーに出会い合意の上で寝たこと、朝起きたらケリーはいなかったことなどを話す。だが家にはダイヤモンドが入ったケリーのバッグが置いてあった。ルッツが睡眠薬を飲ませてダイヤモンドを奪ったとも考えられたが、ケリーから睡眠薬を使った痕跡は出なかった。
ルッツは入院しているケリーを見舞いに行く。だがケリーはルッツを覚えておらず、彼がレイプしたと知って怒りを顕わにする。ルッツはステーブラーの尋問に対し、ボゴタ行きの飛行機がキャンセルになってバーで飲んでいてケリーに会った。ケリーも翌日の便に変更した。ベッドではケリーは積極的だったのでレイプの容疑を晴らしてもらいたいと病院へ来たと話す。一方ケリーはベンソンに何故レイプされたとき悲鳴を上げなかったのだろうと嘆く。
ケリーの体内からスコポラミンが検出される。ケリーはルッツにスコポラミンを飲まされ記憶障害を起こしたと考えられた。またルッツのPCからアブノーマルセックスビデオのサイトのリンクや、隠しファイルの中からルッツがケリーや他の4人の女性をレイプしている映像が出てくる。ルッツは映像に対し合意の上だと言い続ける。
ルッツのレイプを立件するには他の被害者の証言が必要となる。SVUは他のレイプ被害者のビデオを分析し、ルッツがレイプする前に取った行動に注目する。その結果2番目の被害者は同伴サービスのエスコート嬢でレイプごっこをしたことや、3番目の被害者はジムのジュースバーで出会ったローレル・アンドリュースであることがわかる。ベンソンとステーブラーがローレルの家に行くとローレルは何も覚えていないと話すが、その時夫が子供を連れて戻ってきたので二人は家を出る。ベンソンはローレルにレイプの記憶を呼び戻させることを拒むが、ステーブラーは再度夫に会い、証言への協力を頼む。ローレルはベンソンにルッツにレイプされたことを話し始める。
ケリーとローレルのレイプ容疑でルッツは逮捕される。罪状認否で弁護士のヒラリーはポルノ依存症に因る精神障害を訴えてくる。法廷で医師のクロスウェイトはポルノ映像がもたらす中毒性について説明するが、キムはヨーロッパではポルノが身近になったことでレイプは減っていると反論する。ルッツはポルノを見続けるうちに止められなくなったと中毒症状を証言する。キムはポルノを観るようになったきっかけを問いつめ、ルッツがポルノの方が面倒がないと答えると、ローレルのレイプ映像を見せルッツを興奮させる。
本件の判事モードックのPCに卑猥な画像が送られてくる。これが発覚したら本件は審理無効となるため、判事は先に手を打つことにする。裁判のやり直しが決まると、ローレルはベンソンを罵倒し、今後の証言を拒否する。何としてもルッツを有罪にしたいベンソンは、ルッツが最初の犯行に及ぶ前ティファニーで18000ドルの買い物をしているのを見つける。最初の被害者の指に婚約指輪がはめられていた。ベンソンは最初の被害者シャノン・ブラウニングを探し出すと、シャノンはルッツにプロポーズされた後レイプされたことを話す。ルッツはレイプ容疑で逮捕される。 レイプの記憶が曖昧になっている女性に記憶を呼び戻すことをベンソンは嫌悪します。ルッツの3番目のレイプ被害者ローレルの家を訪ねたとき彼女はレイプされたことを覚えておらず、夫や子供と暮らしていることを知って、ベンソンはさっさとその場を引き上げます。覚えていないならレイプはなかったことにするとベンソンは考えますが、それではルッツの有罪を裏付けられません。ステーブラーは彼の犯行を続けさせられないと単独でローレルの夫に会いに行き、妻がレイプされる映像を見せます。するとローレルも出てきて映像を知り驚きます。ベンソンはステーブラーの行為を非難しますが、ステーブラーは事実と向き合い前に進むべきだと反論します。
ベンソンは改めてローレルに会い、自分が2か月前潜入中にレイプされた話をします。被害に遭った時自分は何もできなかったと罪悪感を持ち腹を立てたが、それだけではダメで事実と向き合う必要がある。だからローレルもルッツを刑務所へ送るために証言して欲しい、そしてカウンセリングを受けるようにと勧めます。ベンソン自身もこの苦しみを乗り越えることは無理で、全てを受け入れ毎日を生きている。そのように自分のことを伝えるとローレルはレイプの事実を話し始めました。ジムのジュースバーでルッツに会い、翌朝気付いたら家にいて体が痛み、脚にあざができていた。ベンソンが訪ねてきてレイプされたことを思い出し始めたと語るローレルですが、事実と向き合う勇気はありません。ベンソンにルッツの犯行を止めるには証言してもらうしかないと説得され、ようやくローレルは証言する覚悟ができました。
罪状認否でルッツ側がポルノ依存症で善悪の判断を見失ったと訴えてきたことで、ポルノの害が問われます。フィンはポルノ好きが異常者とは限らないし恋人もポルノを観るとポルノを擁護するため、ベンソンは嫌悪感を示していました。
法廷でポルノ依存による精神障害を訴えるルッツに対し、キムはセックスが下手だからポルノを観はじめたのか?と食いついていきます。女性に縁がないのかとの質問に否定したルッツはポルノの方が面倒がない。自分に寄ってくる女性はみんな結婚したがるので、責任なしにセックスしたかったと答えます。そこでキムがルッツがローレルをレイプする映像を公開したためルッツは「ビデオを止めろ!」と立ちあがって叫びますが、キムはルッツの下半身の興奮を見逃しませんでした。
ローレルが自分のレイプ映像を公開させたところで判事が審理無効を決定したため、ローレルの勇気ある行動は無駄になってしまいました。ローレルはレイプの記憶は消えないとベンソンに怒りをぶつけます。だがベンソンにはどうすることもできませんでした。
再度ルッツを有罪に持ち込むため証拠を探していたベンソンは、最初の被害者とルッツの買い物を結びつけます。そして最初の被害者がルッツの元婚約者であることを突き止めます。元婚約者のシャノンがルッツのレイプを認めると、ケリーとローレルも再度同意します。「お前たちは俺を忘れられない。」と叫びながらルッツは連行されていきました。
Battlestar Galacticaでサミュエル・アンダースを演じていたMichael Truccoが連続レイプ犯ルッツを演じています。

ベンソンはこの先もずっとレイプの記憶が消えないままなのでしょうか。
しかも日々の仕事が追い打ちをかけるし。
被害者の立場だから被害者に共感できるし、励ますこともできるけれど
辛さも十分わかるだけに思いは複雑ですよね。

しかしキムは激しいよね。
カッターさんはルーポの尻拭いをしていますが
キムはベンソンに喧嘩を売ってる?
まるでいじめじゃないかとさえ感じてしまいます。
でも法廷でのキムのルッツ潰しは楽しかった。
女性に指摘されて赤っ恥のルッツ、笑えました・・・

ルッツ役のMichael Truccoの本エピ出演記事がTV Grooveに残っていました。
ファンは期待してたかもしれないけど
とんでもないレイプオヤジで申し訳ないって感じですね。

Kommissar Rex S5-#9 「アリバイ崩し」

実はこのエピ、本当はS6-#1だったんですね。
気のせいかアレックスの前髪がちょっぴり伸びたように思えたけど。

高利貸しが自殺に見せかけて殺された事件。
悪い奴が殺されたのであまり同情する気にもならないんですが
借金を巡るトラブルがなかったか、アレックスたちは捜査を始めます。
すると東欧から密輸された偽札の摘発にと
新たな事件につながってきます。
まるでL&Oシリーズみたいじゃないですか。
法廷シーンはないけれど。

以下ツッコミ&見どころポイントのみピックアップ。
冒頭レックスのおふざけじゃなくて
ベックとクンツの射撃訓練だったのに違和感を覚えましたが
これがしっかりラストにつながるんだよね。
クンツは銃を撃つことに対してトラウマを抱えていたのでした。
ベックの腕は相変わらず完璧。
こんなにスゴ腕刑事なのに、活躍場面が少ないのはお気の毒?

カートレース場で車を整備しているマーティンは
多額の借金を抱えていました。
アレックスとレックスはカート場に事情聴取に行きます。
レックスはでっかいエンジン音が苦手
耳をふさいでじっと我慢する姿がキュートでした。
そして外の砂山がお気に入り。
後で砂だらけになって、クンツにブルブル攻撃してたけどね。
このカート場に止められていたキャンピングカーに
偽札が隠されていたんですが
何も知らないマーティンと恋人のクラウディアは
キャンピングカーのカギをこじ開けて入り込み
甘いひと時を楽しんでいて偽札を発見します。
しかしベッドシーンになったとたん
いかにもなムードミュージックが流れてきたのには爆笑してしまいました。

金を密輸していたのはカート場のオーナーとその仲間。
金が欲しかったマーティンは再びキャンピングカーに忍び込んだところを見つかり
気になってやってきたクラウディアとともに拉致されてしまいます。
クラウディアが必死で助けを求めていると
お気に入りの砂山にいたレックスが発見。
カート場にいたアレックスを呼びだして
二人の救出に向かいます、
すると敵は銃を構えて待っていました。
ここからアレックス&レックスVS悪党たちの銃撃戦が始まりますが
すぐにベックとクンツも応援に駆けつけます。
ベックがピンチのときすかさずクンツは引き金を引いて相手を倒し
ベックを救いました。
これが冒頭につながっていたんです。
アレックスの果敢な動きもかっこいいし
レックスもしっかりパートナーの役目を果たしていました。

ところで拉致された時怪我をしたマーティンは
お金を稼ぐあてもなく困っています。
するとアレックスが一肌脱ぐことに。
カートレースに参加し一位を獲得。
賞金をマーティンに渡します。
Gedeonのお見事な走りっぷりが認められて
のちのコブラ11のクリスに抜擢されたのでしょうか。
アレックスの将来が見えてしまった?レースでした。

Law&Order S20-#4 「リアリティ番組の裏側」

ファイナルシーズンのL&Oはぶっ飛び過ぎ???

「甘い誘惑」へたくさんの拍手、ありがとうございます。
お礼をこめて本エピの笑いのツボだけピックアップさせていただきます。
エピソードには軽くしか触れませんのであしからず。

リアリティショーがもたらした殺人事件。
片方の夫妻は10人もの障害をもつ子供たちを養子に迎え
もう片方のシングルマザーは人工授精で授かった10人の実子を育て
そのどちらかの子だくさんファミリーがリアリティショーに出ることになっていたのですが
選ばれていた夫妻の妻が殺害されてしまいます。
しかし夫はそれにも関らず子供たちと一緒にカメラに映り
事件の捜査に当たるルーポやバーナードまでカメラに追いかけられます。

いつの間にかひげを伸ばしていたルーポ。
バーナードとおそろい?なんて密かに思ってたけど
本人は似合っていないと実感していたんですね。
じゃあやめればいいのに何故?

カメラは法廷にまでやってきます。
番組プロデューサーがルビローサと知り合いのようで
彼女に取引を持ちかけてきます。
まだ未公開の事件前の夫婦の会話を録画したビデオがあるけど
ルビローサを撮影させてくれたらその証拠を渡してくれるという条件付きです。
このビデオは是非とも欲しいので要求に応じるルビローサ。
法廷にタクシーで乗り付けるシーンをカメラはとらえています。
ところがカメラが回っていなくて撮り直し。
忙しいのにルピローサはもう一度タクシーに乗って
降りるシーンをやり直しました。
そしてインタビューに答えようとすると携帯が鳴りだします。
電話の相手はカッターでした。
ルビローはこんなことをさせたマッコイさんとカッターさんを殺してやる!と怒ります。
ルビローサの問いに今法廷にいると答えるカッターですがこれは嘘。
柱の陰でしっかりリアリティショーの撮影を楽しんでいました。
しかも電話で話す姿が何故かほっさんの決めポーズ!
気が付いたら画面まで2分割されてマイアミ現象が起きてるし
元マリソルなルビローサをカッターさんが怒らせたので
ほっさんがカッターさんに乗り移ったのかもしれません。
怖いよ・・・

lo20-4.jpg

夫が有罪になり事件は解決するのですが
リアリティショーはまだまだ続きます。
刑務所内の夫をカメラは追っていくらしい。
視聴者参加型で裁きを受けることになり
ブランチも審査に加わるらしい。
本当か??

ヴァン・ヴューレンの化学療法が始まりました。
ルーポたちには病気のことを伝えたようですね。
そして病院にはなかなかイケメンな
彼女の息子が付き添っていました。
少しずつレギュラーのプライベートな部分が見えてくるL&Oですが
カッターさんのプライベートは明らかになるのでしょうか。

Law&Order S20-#3 「愛する国へ忠誠を」

今度はみんなでやっちゃいましたね(笑)

前回のおバカルーポを観た後、先週分のまだ観ていなかったShemelessを視聴。
それが大きな間違いでした!
ケヴィンとヴェロニカが結婚することになり
そこにどうしても招きたくなかったヴェロニカ弟が現れるんですが
この弟がとんでもなくプッツン状態のバーナードでした。
とても同じ人が演じているとは思えないくらいのぶっ飛びぶりに恐れ入り
もう放送禁止用語は連発するし
とにかくやたらと火をつけたがるし。
この「火をつけたがる」のがキーポイントだったんだよね。

さて、再びバーナードはいつもの刑事に戻り…
街のゴミ箱を漁っていた男が撃たれる。
ゴミ箱に入っていたのは大量の札束の入った袋。
すぐに犯人が見つかるのですが
撃った男は娘が誘拐され、身代金をゴミ箱に投げ入れたのでした。
そして取りに来た男を狙ったところ撃たれた男は赤の他人で
娘は何事もなかったように帰宅してきました。
撃たれた人が気の毒すぎ。
そしてこれは身代金と称して金を巻き上げる虚偽の誘拐だとわかります。

ルーポとバーナードは金を取りに来た男を張りこみ
再び同じ行為に出ようとしたところを逮捕します。
シリアから移民してきてアメリカ国籍を取ったサミールと名乗るこの男は
アルカイダ一派のシナゴーク爆破計画を語り始めます。
偽誘拐による資金調達もそのためでした。
警察と検察は爆破を阻止するために組織に近づくことを計画。
サミールを仲介人にして組織のコールらに爆弾を売ろうとします。

ここで火をつけるのが大好きな!バーナード登場。
コールの前にC4爆弾を持って現れます。
そして実験と称して火をつけてみたり
雷管もセットで渡したり。
にこにこしながら爆弾(実は偽物)に火をつける姿に
見事にぶっ飛び弟が重なりました!

こうしてしっかりおぜん立てをしておいて
サミールがワイヤーをつけて録音したコールたちの情報をもとに
爆弾予定現場に急行。
計画通りコールたちを逮捕したんですが
そのとき近くで爆破事件が起こります。

警察が一つの計画に気を取られているうちに
相手にしてやられたと
また警察の失墜が非難されます。
毎回これでいいわけないよね。
しかもバーナードが渡した爆弾は偽物でも
セットで渡した雷管は本物ですから
警察はテロのお手伝いをしてしまったというわけで…

また頭の痛いカッターさんでしたが
今回はみんなで蒔いた種なので仕方ないか。
そして前回同様法廷でルーポが証言。
カッターさんの質問に
今回は堂々とルーポも答えることができました。

本当に起きた爆発もサミールが手をまわしていて
サミールはアメリカが好きで
好きだからこそ加担したと証言しますが
サミールも爆弾を仕掛けた一派も
みな有罪判決を受けます。
前回の悪女に比べると今回はお騒がせ男のレベルだったかもしれないけど
毎回振り回されるルーポ&カッター。
おかげさまで二人が一緒のシーンが多くて嬉しいけどね(笑)

ヴァン・ビューレンの化学療法が始まりました。
彼女は何も言わないけど、マッコイさんは体調を気遣っていました。
さすがマッコイさん、見事な観察力です。

Law&Order S20-#2 「甘い誘惑」

またルーポがやっちまった!!

本当に困ったちゃんのルーポ。
そして彼の失態の尻拭いをするのがカッターさんというわけで
またルーポ&カッターの深い絆を楽しませてもらいました。
単にルーポがおバカなんですけどね。

CSU職員のデイジーが自宅で刺されて死亡。
財布がなくなり、赤いベビードール(ヴィクトリア・シークレットとバーナードは言っていた)が購入されていました。
まず婚約者のジムに疑いが掛けられますが
事件のあった晩、デイジーはハイヤーで帰宅していたことが判明。
するとハイヤーでレイプ被害に遭ったと女性が訴えてきます。
デイジーも警察に訴えてきたエマも東洋系。
犯人は東洋系の女性が趣味か…と今度はハイヤー運転手に疑いがかかり
ルーポとバーナードは尋問を始めます。

ここまでは正しい流れなんですけど
エマが怯えた状態で、一人で家にいるのが怖いと言い出したので
ルーポは署の仮眠室を使っていいと言い出します。
翌日エマは一人で帰宅するのも怖がるため
ルーポはエマを自宅に送り届けます。
そんなこと制服警官にやらせればいいのに(それも女性の)
ルーポとエマは仲良くご歓談。
エマの話の聞き出し方がうまいんだよね。
ルーポはすっかり上機嫌です。
家の前についてそのままお茶に誘われずるずると家の中に。
気が付いたら一夜を共にしていました。
まだ事件の証人なのに。

さすがにバーナードは呆れてましたが
容疑者の面通しが行われることになり
ルーポはエマに付き合います。
ここでエマはハイヤー運転手を特定するんですが
隣にいたルーポの手を握っています。
用事の済んだエマは自宅に。
またルーポが一緒です。
エマは自分が腎臓病だと語っていました。
さてベッドへ…とその前に洗面所へ行ったルーポは
そこで赤いベビードールを見つけてしまいます。
本当はエマが容疑者?
ここからルーポの恥さらしが始まります。

証拠を発見できたのは
自分が容疑者と寝ていたから。
ありえないでしょ。
当然ヴァン・ビューレンもむっとしつつ
ルーポにワイヤーをつけ、再度エマの家に送り出します。
一応囮捜査官のルーポは事件の核心に迫ろうと話を持っていき
バーナード達が踏み込んでエマを逮捕。
するとエマの態度が変わってきます。

ルーポがエマと関係を持ったのはエマが容疑者になる前だったけど
ルーポは法廷で証言しなければならなくなってしまいます。
カッターは阻止しようとしてくれたのに。
そしてエマの身辺を洗っていくと
とんでもない悪女だとわかります。
何人もの男がエマに口説かれ、金を貢いでいたのでした。
DNAの遺伝子分析により彼女の腎臓病は嘘と判明。
でもエマは腎臓病になったり心臓病になったり
そして薬が買えないと男たちにたかっていたわけで
ジムもデイジーがいるのに見事にひっかかってしまいました。
その結果エマとデイジーがトラブり、エマがデイジーを殺害。
ハイヤーの血痕は他のCSU職員の虚偽の報告でした。

でも法廷でエマはルーポを極悪人に仕立て上げます。
ルーポは素直に恥をさらしたのに。
もちろんカッターは遠慮なくエマをつついてきます。
するとエマは判事の方を向いて、二人の関係を騒ぎ出し始めます。
これって審議無効ですか?

そんなことでエマが無罪になるなんて許せない。
カッターはエマを有罪にする自信がありました。
判事に頼んで審議無効とさせず
再びカッターはエマの前で
彼女のお見事な嘘を暴ききったのでした。
エマは絶体絶命。
すると今度はカッターに助けを求めてきます。
そりゃ無茶だ!
当然カッターは全くブレることなく
冷たくエマを見放したのでした。

エマの有罪が決まって退廷する時
ルーポからの感謝のアイコンタクトにカッターが応えます。
またルーポは借りを作っちゃった…
カッターさんがいないと本当に困るよね。

こんな大騒ぎの裏で
ヴァン・ビューレンもピンチ。
子宮けいガンにかかっていることが判明しました。
しかも元夫から感染していたらしい。
ヴァン・ビューレンは夫と別れた後
今はいい人と出会い幸せなプライベートを過ごしているようですが
いつもは動じない彼女もかなりショックだったようです。
治療は大変だけど頑張って病気に打ち勝ってほしいな。

LO20-2.jpg
お疲れカッターさん

American Horror Story S1-#12 「Afterbirth」

ホラー完結!

パイロットをFOX特派員試写会で観てきたとき
もう一本のゾンビに比べれば大丈夫だろうと決意し
その後もとりあえず見続けました。
でもやっぱりホラーは苦手。
そのうち誰が生きてて誰が死んでいるのかわけがわからなくなり
それもだんだんどうでもよくなってしまいました。

だけどここまで頑張れたのはドラマのオヤジに救われたから(笑)
WATマーティンがゲスト出演するのは聴いていたので
ワクワクしながら待っていたら
いきなりズボン脱いでるし。
しかも白いパンツが目立ちすぎてダメージ強すぎ。
また情けないキャラになってしまいました。
Heroesサイラーのゲイキャラは
親しみやすくていい感じだったけど。

そしてシーズンファイナルに
とんでもない人達が出てきてぶっ飛びました!
この恐怖の館を借りようとして現れたのが
TWカルロスとモラレスの夫婦。
そんなのありですか??
モラレスと言えばドクを傷つけた張本人。
そんなモラレスがカルロスとくっついてどうするんだ!
とTWファンには間違いなくドクの呪いが降りかかってきそうな展開が見えてきました。
もちろんそうなるんだよね。

そしてこの二人に
ヴァイオレットと大して年の変わらない息子がいて
カルロスもすっかりオヤジになったな…としみじみしてしまいました。
そしてモラレスとラブラブなカルロスは
見事な脱ぎっぷりもご披露。
パンツは白くなかったよ。
すると早速3人は恐ろしい目に…
でもそれは本当の恐怖に遭遇する前に
カルロスたちを家から追い出すきっかけを作ってくれた
ハーモンのお慈悲だったのでした。
とりあえず何事もなくてよかった。
そして最後までリタイアせずに頑張ってよかった。
カルロス登場はご褒美だったのかも(笑)

TW終了後カルロスはエリートコースを進んでいて
偉そうなキャラクターを演じている場合が多かったですが
(CHUCKは悪役だったね)
今回は普通のオヤジでした。
また救急車に乗ってくれないかな。
やっぱり救命士カルロスが大好きです。

Brothers&Sisters S5-#11 「年の差スキャンダル」 #12 「過去よ、さようなら」

先週分を書いていなかったので
2週分まとめて感想だけつぶやきます。

◎ノラとカール
カールを家に呼んだのはタイミング悪すぎ。
でもウォーカー家はいつでもあんな状態になりがちだから
カールがここで結論を出したのは正解だったかもしれない。
ウォーカー家に静かで落ち着いた時間はありえないもん。

◎ノラとホリー
デヴィッドと共にNYに行くことにしたホリーだけど
LAを立つことをなかなか吹っ切れません。
しかも倉庫には山のように書類などが残ったまま。
ホリーを一時的に家に泊めることにしたノラは
ホリーをいろんなことに付き合わせます。
かつてあれほどいがみ合った二人が
こんなに楽しそうにしているのが不思議な感じ。
そして二人は書類の箱をビーチに持って行って燃やすことにします。
過去との決別、そして新しい人生のスタート。
ホリーとノラやサラ、ジャスティン、ソールとの
すがすがしい別れでした。
これでホリーもデヴィッドも出てこなくなってしまうのかと思うと寂しいです。

◎キティとセス
せっかくいい感じで続いていたのに
キティがDCに行く際にセスに伝えたのが年の差。
それを承知で付き合っていたのに
あの言い方はキツかった。
セスが気の毒…
もちろんキティの野望は捨てないでほしいと思うけど。

◎ソールとジョナサン
また再会してしまった二人。
ソールはジョナサンを避けようとしますが
ジョナサンはもう一度友人としての関係を続けたいと思います。
ジョナサンを許せなかったソールでしたが
ジョナサンの熱意が伝わってきて態度を変えます。
二人は新たな一歩を踏み出すことに。
二人が語る若き日の思い出は
クローゼットに隠れていなければならなかった苦い時代の思い出でもあります。
ハーヴェイ・ミルクの苦労などがオーバーラップして
リアルに伝わってきます。
今はマイノリティも堂々と生きることのできる時代、
是非二人には幸せになってもらいたいです。

◎ジャスティンとアニー
ジャスティンが救命士になって
救命士ファンとしては大喜び(笑)
ジャスティンがとてもかっこよく見えてきました。
アニーが研修のために乗り込んだ救急車の中で
ジャスティンは軍隊仕込みの見事な治療をやってのけるのですが
救命士にはやり過ぎの行為だと審査の対象になってしまいます。
アニーの同僚のドクターがフォローしてくれたので一件落着。
これからももっと救命シーンを見せてください(個人的願望)

◎ケヴィンとスコッティ
養子をもらう話が本格的に進み
二人は養父母を待つ子供たちとの顔合わせ会に出席します。
そこでふたりに抱きついてきたオリヴィアを養子にしたいと
二人は真剣に考え始めましたが
オリヴィアはこっそりスコッティの財布を盗んでいたのでした。
盗みの事実が発覚し二人は悩み
オリヴィアも二人のところへ行くことを突っぱねます。
でも前向きに進まなくては。
スコッティがオリヴィアに言って聞かせる姿は
まさに将来の父親。
というか完璧にウォーカーになってたね!
スコッティの見事なウォーカー度におそれいりました。
ところでサラが出張中、ペイジはケヴィン達の家に泊まっていたんですが
男の子を部屋に連れ込んでいて大人たちをビックリさせます。
サラは幼馴染のフィリップだと信じていたら
相手はショーンという別の子。
さすがのサラも娘を心配し罰を与えます。
ところがショーンは自分がゲイかと思い始めたようで
ゲイの先輩たちの話を聞きたかったんだって。
ベテランママでも娘の行動が読めませんでした。

来週はウォーカーで唯一親離れしているトミーが戻ってくるようです。
そして突如キティの過去が暴露される?
100話目のエピ、楽しみです。

bs5-11-1.jpg bs5-11-2.jpg
スコッティの優しさが伝わってきます!

Kommissar Rex S5-#8 「皇后に魅せられた女」

まずエリーザベト(シシー)とはこんな人。
エリーザベト(オーストリア皇后)
アレックスのようにじっくり本を読めばいいんですが
そんな時間もないのでウィキでごまかしました。
しかしなかなか強烈な皇后だったようで。
そのシシーに魅せられたマリオンの
半端じゃない執着心にはぞっとしました。

貸衣装店のオーナーのマリオンは
舞台で使われる優雅なドレスを多数利用できるのをいいことに
大好きなシシーになりきる趣味がありました。
それも完璧に。
シシーの肖像画に描かれている髪飾りと同じものを
完璧に取り揃えています。
そしてシシーになりすまして夜中に馬車でお出かけ。
ところがはずみで御者の胸を
やすりで一突きしてしまいました。
馬車は死んだ御者を乗せたまま
しっかり厩に戻ってきていて
馬たちはおりこうさんでしたが
こうしてなんとも不可解な殺人事件発生。
馬車の目撃証言から現場をレックスが捜索
(というより落ち葉の中に潜って遊んでいたように見えたけど)
髪飾りを一つ見つけます。
これがしシーになりすましたマリオンの髪飾りでした。

マリオンは夜勝手に乗馬クラブへ行って馬を拝借。
しかも横乗り用の鞍をつけて公園を走ります。
さらに郊外のお城(今は博物館)の見学に行って途中で姿を消し
シシーのベッドに勝手に寝てしまうし。
ここで毛髪を一本残してくれたので
アレックスのCSIごっこが楽しめましたが。

マリオン不在でスタッフがマリオンの家に行き
(合鍵を持っていたのでどういう関係?と思ったけど
単に仕事上の関係だったようです。)
シシーになりきり部屋を見てびっくりしました。
そして店に出てきたシシーを責めると
シシーはまたはずみで側にあった剣で
スタッフの足を刺してしまいます。
そのころアレックスとレックスが店に到着。
ドレス倉庫でマリオンを追いますが
剣を持ったマリオンはアレックスに向かってきます。
思わずドレスを手に巻きつけてアレックスは応戦するけど大ピンチ。
そのときレックスが飛び出し剣を奪ってくわえ、アレックスを救ったのでした。
その前に家に長い木の棒を持ちこんでアレックスを困らせたり
こうもり傘を加えてクンツの電話の邪魔をしていたレックスですが
長い物をくわえよう!はこうして真価を発揮したのでした。

相変わらずレックスにメロメロアレックスですが
ここまで完璧に女っ気(または男っ気?)がないと
かなり心配です。
そこまで犬が相手で満足か??
コブラ11でゼミルとクリスの萌え要素は多々あったですが
アレックスとベックに萌えが足りないのは
絶対レックスが邪魔してるんだろうな(笑)

Law&Order SVU S10-#9 「PTSD」

レイプ被害者のグループセラピーにベンソンが参加していると、セラピストのマーゴが患者が失踪したと助けを求めてくる。患者のジェシー・クルーズは海兵隊航空基地から先月脱走し、帰国するとセラピーを受けに来ていた。ジェシーは7か月前海兵隊員にレイプされて妊娠したため脱走したのだが、軍隊に捜索を依頼するとジェシーは逮捕されてしまう。ベンソンはジェシーの住むアパートの管理人から、ジェシーが3日前30代半ばの軍人と思われる白人男性と口論していたという目撃情報を得る。
ジェシーの車がバッテリーパークから牽引されてくる。トランクには血だらけのジェシーの遺体が入っていた。遺体は死後12時間ほど経っていて背中に刺し傷があり、子宮がメッタ刺しにされ、中の新生児が抜き取られていた。ベンソンは海軍法務総監部のマーカス中佐にレイプ事件の資料を請求するが、レイプ事件はイラクで起きたことで、容疑者の兵士たちの多くは帰国しておらず資料はなかった。
ジェシーは第二海兵航空団の飛行隊でヘリの整備をしていた。ベンソンはマーゴから情報を得られないため、カウンセリングに参加しているロシェルが働いている建設現場に出向き、ジェシーについて尋ねる。ロシェルは陸軍の護衛部隊に所属し、ジェシーからレイプについて話を聞いていた。ジェシーは夜間任務中格納庫でレイプされたが、別の同僚と合意の上のセックスをしていたこともあって、レイプと信じてもらえないだろうと訴えることを諦めていた。だが妊娠が分かってジェシーはレイプの報告をする。しかし相手は格上だ。ジェシーは相手の帰国を知って基地から逃げ出したのだった。フィンは検視の結果を聞き、ジェシーを殺害したのは軍人だと断言する。
海軍法務局には告発資料は残されていなかった。マーカスは警察の管轄ではないと資料提供を拒絶するが、キムはマーカスに食らいつき、レイプ発生時の隊員の勤務表の提出を要求する。勤務表によると事件当時現場にいてすでに帰国している隊員は5人で、軍曹3人、曹長1人、少尉1人だった。
ジェシーの母がSVUを訪れ、軍がジェシーを探しに自宅に来たことや、レイプ直後ジェシーが電話してきたが犯人のことは話さなかった。嫌がらせを受けているから告発をためらってる様子だったと伝える。人望の厚い軍曹がジェシーに付きまとわれ降格させられたことがあったからだ。5名の帰国者のうちドミニク・プルーイットに容疑がかかる。ドミニクはミッドタウンのホテルに宿泊していた。
ベンソンとフィンがホテルに行くと、ドミニクが男と殴り合っていた。取り押さえようとしたベンソンも殴られ壁に後頭部をぶつける。思わずベンソンはドミニクに銃を向ける。殴られた男はもう一人の帰国者ゲイリーだった。フィンはベンソンに尋問を控えるように話すが、ベンソンはジェシーを殺した犯人と話したいと主張する。ゲイリーの妻マリーンは、夫に会わせろと叫びクレイゲンに抑えられる。
ドミニクは軍法会議を承知でゲイリーを殴った。最後にジェシーに会ったのは5か月前にクウェートから戻った時だったが、一週間前ジェシーが電話してきた。ジェシーのせいで降格になってもジェシーは友人で、ジェシーを連れ戻そうとした。逃げているジェシーが捕まれば名誉除隊とならず、再就職もできなくなってしまう。ジェシーを助けたかったとドミニクはベンソンに話す。一方フィンはゲイリーがドミニクとジェシーの関係を上司に報告したために喧嘩になったとゲイリーから聞き出す。ゲイリーはドミニクは第二海兵虚空団の地上支援の任務についていたが、ジェシーに付きまとっていた。レイプの事実は知らないが自業自得だと言い切る。
ベンソンはドミニクが犯人だと確信できず、クレイゲンに指摘されてアパートの管理人を再度尋ねる。ジェシーと口論していたのjはドミニクだった。ベンソンはドミニクのDNAを採取する。
ドミニクは軍法会議に掛けられることになり、ベンソンは予備審問に呼ばれる。ベンソンはジェシーのPTSDについて説明し、軍隊のレイプ犯を守る体制は許せないと指摘する。
ドミニクのDNAはジェシーのへその緒と不一致だった。残りの容疑者は4人。ジェシーをこき使っていたパイロットのゲイリーが挙がってくる。ベンソンはマリーンを尋問し、夫の殺人ほう助を疑う。マリーンはゲイリーからジェシーの電話番号をもらって電話し、夫がレイプ犯なら子を守るために真実を知りたいとジェシーに近づいたのだった。新生児はゲイリーがハドソン川に捨てていた。
クレイゲンはベンソンにしばらく休職するよう命じ、ベンソンはドミニクに謝りに行く。

ベンソンはグループセラピーの間、元陸軍兵士のロシェルが護衛のために銃を持ち歩いてると発言したことに対し、銃の保持は違法だと銃を取り上げます。ベンソンはセラピストのマーゴから、自分も被害者だと指摘されますが、銃の不法所持は通報すべきだとマーゴを非難します。マーゴにセラピー中は仕事を忘れるようにと注意されても、法に関しては別だとベンソンは言い張ります。そのときマーゴはベンソンにジェシー失踪事件を持ち出してきました。
ジェシーの遺体が発見され、ステーブラー不在のためベンソンはフィンと組んで捜査を始めます。フィンはかつて陸軍レンジャー部隊に所属経験があり軍の内情に詳しく、軍の組織や捜査方法等についてベンソンにアドバイスしてきます。
ベンソンとフィンがジェシーをレイプした容疑者として挙げられた5名の一人、ドミニクを探しに言った時、ホテルでドミニクとゲイリーが激しく殴り合っていました。取り押さえようとしたベンソンははずみで殴られ、ボーっとしたまま気付くとドミニクの頭に銃口を向けていました。慌ててフィンが止めますが、ベンソンは動揺して息ができない状態でした。フィンはベンソンは冷静に判断できないから尋問を任せられないと意見しますが、ベンソンはあえてドミニクの尋問に臨みます。しかし尋問中もハイテンションンのベンソンを見て、ドミニクはベンソンの手が震えているのはアドレナリンが出ているからで危険だと指摘します。ゲイリーもまた銃を構えたベンソンのPTSDに気付き、銃を取り上げるよう訴えてきました。
ドミニクはジェシーを守ってきたと主張、ジェシーは強くなる必要があったと語ります。軍の世界では男性の中で任務を得るために女性がいかに強く生きていかなければならないか、ジェシーにはそれが欠けていたので男に頼るなと言った。レイプはしていないと断言します。ジェシー殺害写真を見せても動揺しないドミニクでしたが、目撃証言もあり、軍法会議にかけられることとなりその前に予備審問が行われます。ベンソンは予備審問でジェシーをかばって軍隊の体制を非難します。その後ドミニクのDNAが新生児のものと不一致だと判明し、容疑はゲイリーに向けられます。
ベンソンはレイプ被害者のセラピーに通っていることをフィン以外に黙っていました。だが今回の事件への対応を見ていて、クレイゲンはベンソンに君の経歴を傷つけたくないと言って休職を命じます。ベンソンはドミニクを容疑者扱いしたことについて謝りに行きますが、ドミニクはジェシーのために正義を貫いてくれたベンソンに感謝します。同じ隊の仲間が嫌がらせを受けた、それを救うのが自分の仕事だとドミニクは話します。だが証拠が少なすぎて告発できずにいたのでした。ベンソンは自分が半年前にレイプされたことをドミニクに告白します。ドミニクは自分を責めるな、立ち直れるとベンソンを励まします。
本エピの監督はEriq La Salle。S8-#11 「Burned」に続いての2度目のエピソードとなります。ドミニク役はTrue Bloodでスーキーの弟ジェイソンを演じているRyan Kwanten、ゲイリー役はNurse Jackieでジャッキーの夫ケヴィンを演じているDominic Fumusaでした。DominicはLaw&Orderではルーポ刑事の兄で殺害されたトムを演じていました。
 
ステーブラーお休み。
このあたりでじっくり怪我の治療でしょうか?
いろいろボロボロだったから。
そしてベンソンも精神的にかなりまいってます。
厳しい職場だ。
ベンソンの抱えるPTSD
セラピーだけで解決する問題でもなさそうだし
今回はフィンがパートナーだったけど
やはりベンソンを一番理解しているのはステーブラーだから
ステーブラーの支えを期待したいです。
ステーブラーもいろいろ抱えちゃってるけどね。

今回はTrue BloodのジェイソンとNurse Jackieのケヴィンのバトルという
貴重な場面を観てしまいましたが
それぞれのキャラのイメージが強すぎて
どうもジェイソンはインチキ臭いし
ケヴィンはじっと耐えてる感じだし
すっかり騙されました。
先入観なしで観るのも大事だと思います。

Kommissar Rex S5-#7 「再犯」

毎回あまりにもツッコミ過ぎたら
とりあえず本格ミステリーらしく
アレックスが事件を検証する場面がありました。
でもこれでいいのか?ウィーンの人達。

スーパーの支店長が店を閉めた後
売上金を夜間金庫に入金する途中
覆面の男に射殺され、売上金を奪われます。
男は現場に覆面を落としていきました。

売上金を入れたケースが一瞬タンブラーに見えました(笑)
一体どのくらい儲かってるスーパーなのかわかりませんが
女性一人で夜売上金を運んでいたら危ないでしょ。
盗んでくださいと言っているようなものです。
そして犯人はつけていた覆面というより仮面を落としてしまうんですが
目撃者がいたにも関わらず男の人相を覚えていませんでした。

銃弾は7.65ミリでリボルバーから発射され
小数点以下が付いてる銃弾って初めて聞いたかも。
そこまで細かく教えてくれなくてもいいんですけど。
せっかく仮面を鑑識に回したのに
犯人のDNAは採取できませんでした。
10年以上前のドラマだから仕方ないか。

ところで強盗罪で5年服役し、仮出所してきたモーリッツという男が
スーパーのそばの姉の住むアパートに居候していました。
どういうわけかFDNYのTシャツを着てましたね。
FDNYファンだったらきっといい人です(苦笑)
家にピンボールマシーンを置いてる遊び人モーリッツに姉は手を焼いていますが
モーリッツがこっそり誕生日のケーキを買っておいたことを姉は感謝します。
ところがアパートの住民は犯罪者が戻ってきたことを快く思いません。
今度の事件の犯人もきっとモーリッツだと決めつけ
ドアに落書きさえしてしまいました。
アレックスとベックはモーリッツの尋問をしますが
彼が盗んだという証拠がなく、すぐに釈放します。

すると住民たちの攻撃はエスカレートし
特にそれをあおる男がいました。
彼こそが真犯人だったんですが
盗んだタンブラー(笑)を持ち出して地下室にいた管理人を殴り倒し
その罪をモーリッツに着せようとします。
その際に目撃者が必要なので老人ホームから祖母を招待し
アパートのロビーに座らせておいて
モーリッツの動きを見られるようにしておいたのでした。
相変わらず手の込んだアリバイ工作がお得意で。
犯人の仕組んだ罠にモーリッツはまんまと引っ掛かってしまうんですが
アレックスとベックは事件当時の犯人の動きを時系列で再現。
モーリッツのアリバイから彼が殺すのは不可能と確認していました。
署に呼ばれたおばあちゃんはモーリッツが逃げたことを証言しますが
それより警察に来られたことが嬉しくて
クンツに老人ホームにサイレンを鳴らして送ってほしいと頼みます。
いじめられっ子クンツにもファンがいてよかった。

だいたいずっと疎遠だったおばあちゃんを
急にアパートに呼んでくるというのが不自然。
アレックスたちが真犯人を突き止めた頃
アパートの住民たちがいったんは逃げたものの
荷物を取りに戻ってきたモーリッツを裏庭で囲み
袋叩きにしていました。
アレックスたちが急行し、レックスが暴動を阻止、
梯子を上って逃げようとした犯人の
梯子も外してしまいました。
冒頭で作りかけ戸棚をくわえて押させえていたレックスでしたが
その成果が発揮されていました。

ところでこの犯人、5年前の強盗事件も自分が犯人で
無実の罪をモーリッツになすりつけていたのでした。
冤罪で5年間服役していたとは。
今回汚名を晴らすことが出来てよかったけど
モーリッツは本当に気の毒でした。
そして犯人は意図的だとしても
その他住民は何もわかってないのに
モーリッツが犯人と決めつけて大騒ぎ。
恥を知ってもらいたい。
みんなまとめて有罪にしましょう。

クンツはどうもみんなの大好きなソーセージパンがお気に召さないようで
パンと長いソーセージ(サラミみたい?)を買ってきて
署で自分流ソーセージパンを作っていました。
だけどソーセージを切るのに時間がかかるんだよね。
しかもレックスが分けてとおねだりしてるのに無視するもんだから
レックスにPCのコンセントを引っこ抜かれ
ソーセージも盗まれてしまいました。
クンツも早く馴染んでもらわないと、この先大変だよ。

La Femme Nikita S2-#11 「美しき霊媒師」

かつて「オヤジの別室」に放り込んでおいたサラリーマンマイケルエピ(笑)
いきなりマイケルとニキータのベッドシーンはありえないでしょ!
とこれがすぐに任務であることはバレバレなんですけど
このセクシーかつラブラブな任務がどれだけありがたいことか。
だって任務でなければマイケルは微笑んでくれないもん!
こうして貴重なマイケルの微笑みを堪能できたのでした。

どうしてマイケルとニキータが幸せな夫婦を演じているかといいますと
ニキータは霊媒師を演じなくてはならず
マイケルは付き人であり任務遂行者というわけで
一緒にいるのに幸せ夫婦になりきらなくてもいい気もするんですけど。

そしてニキータが霊媒師を演じるわけは
今回のテロ組織のターゲットのアーメルへの接触が難しく
だがアーメルは事故で息子を失っており
ニキータを通して息子の声をアーメルに届ければ
アーメルはあっさり油断するかもしれないと
かなり手の込んだ芝居をするためだったのでした。
まずアーメルが近づいた時、ニキータは霊媒師はリタイアしたとお断り。
するとアーメルはニキータとマイケルを誘拐して強硬手段に出ます。
ニキータはアーメルの依頼を受けることにします。
ニキータとマイケルの偽住まいはアーメルの手下によって監視中。
セクション側が監視を許しつつ、ときどきダミー映像を流して
二人をセクションに呼び寄せていました。

監視されていない時ニキータはマイケルに
誰は自分をマイケルの相手に選ばれたかを尋ねます。
選んだのはマイケル本人。
愛し合った役を演じられるからって、そりゃそうだけど。
しかもマデリーンは余計な演技指導まで始めてきます。
幸せ夫婦ならセックスもありでしょう。
ニキータは仰せに従います。
任務として割り切るのも楽じゃないよね。

ニキータはバーコフが伝えてくる息子情報があまりにもリアルなので
裏に何かあると気にしつつ霊媒者になりすまします。
そして息子の声をアーメルに伝えるために
アーメルの家の電源やら警備システムやらを全てオフにさせます。
その間マイケルは情報ゲット。
ニキータはすっかりアーメルをその気にさせ
アーメルはさめざめと泣いておりました。

バーコフが何故息子の事情を知っていたのか。
実は息子は死んだのではなく、セクションに軟禁されていたのでした。
ニキータはアーメルに息子の姿を見せてあげてほしいと頼みます。
偽夫婦は任務終了。
ニキータはこの任務に対するマイケルの思いを聞き出そうとしますが
マイケルは割り切りつつも、ニキータに話せない何かを抱えているようでした。
あっさりはぐらかされたけど。
恋愛を超越した状態の二人…とは素直に行かないようです。

<微笑みのマイケルシリーズ>

nikita2-11-1.jpg nikita2-11-2.jpg
元祖サラリーマンマイケル、見事な微笑みです。

nikita2-11-3.jpg nikita2-11-4.jpg
甘え顔もぼんやり顔も美しい♪

FOX特派員「春の新番組」試写会報告

年明け最初の特派員の試写会は
2012年FOX新作ドラマ祭り!から
今月スタートのModern Familyと4月スタートのNew Girlの
コメディ2本立てでした。

実はコメディはかなり苦手です、
シットコムの笑い声が嫌いでほとんど見たことがないし
最近のコメディは笑い声が入らないからいいものの
よっぽど興味深いテーマもしくはキャラクター(オヤジ)でないと
たいてい飽きてリタイアしてしまいます。
コメディは鬼門だ…とかなり不安だったんですが
こうして無理矢理コメディの洗礼を受けるのも大事かもと
チャレンジしてみました。

①Modern Family(モダン・ファミリー)
エミー賞5冠達成、ゴールデングローブ賞最優秀作品賞受賞と
とにかく評判のいい大人気コメディ。
登場するのは3家族で
ダンフィー家の夫はフィルはクールを装っているけど
かなり情けなくて頼りにならず
妻のクレアが家族を仕切ってる様子。
3人の子供たちもそれぞれ個性的です。
ジェイ&グロリアは
年配オヤジのジェイの2番目の妻は
コロンビア人のグロリア。
彼女の連れ子のマニーと3人で暮らしていますが
夫婦の年の差はあまり気にしてない感じ。
そしてミッチェル&キャメロンは
養子をもらいたがってるゲイのカップル。
第1話はミッチェルたちがベトナムから
養女リリーを連れて帰るところから始まります。

ミッチェルは父親が絶対許してくれないからと
養子をもらうことを内緒にしていましたが
キャメロンが夕食会に家族を招待してしまったから仕方ない。
案の定ジェイは嫌みたっぷりです。
というわけでジェイの先妻の子供がクレアとミッチェル。
この3家族はジェイ・プリチェットを父に持つ
プリチェット一族でした。

と考えるとBrothers&Sistersのコメディ版?
しかもミッチェルはゲイの弁護士だし。
だけどキャメロンはイケメンスコッティとは正反対のおデブちゃん。
とはいえ憎めないキャラクターですが。
ゲイのカップルが養子を迎えるという展開は
まさにケヴィンとスコッティが現在進行形ですから
一歩先を行くキャメロンとミッチェルがどのように子育てに取り組んでいくのか
大いに気になります。
そしてファミリーのつながりも。
ウォーカー家より規模が小さいので
あれほど大騒ぎにはならないかもしれないけど
コメディだから予測不能。
この先が楽しみになってきました。

②New Girl (ニュー・ガール~ダサかわ女子と三銃士)
Bonesのブレナン役のエミリー・デシャネルの妹
ズーイー・デシャネル主演のコメディ。
ズーイーは『(500)日のサマー』のキュートな印象が残っていますが
Bonesでの姉妹共演では不思議なキャラだと思っていたら
今回はもっと変?
っていうかブレナンも骨を語る以外はかなり変なので
二人の怪しさは姉妹そろって天然なのかもと再認識してしまいました。
ズーイー演じるジェスは恋人に振られ引っ越しを決意しますが
引っ越し先に選んだ家には3人の男性が住んでいました。
彼女に振られてややブルーなニック、
自意識過剰だけど実はモテないシュミット
そして単純体育会系のコーチ。
彼らとジェスとの生活が描かれていくのですが
コーチはすぐに降板で2話目からルームメイトが変わるようです。
天然ぶっ飛び娘を放っておけない3人の男=三銃士ですが
パイロットのツボはDirty Dancingでした。
レストランでの大合唱は最高。
ほっこり温かな気分になれるドラマでした。

個人的にはオヤジ度の強いModern Familyがお薦めかな。
30分枠で気軽に楽しめるのもいいなと思います。

☆放送予定
①Modern Family(モダン・ファミリー)
2月11日(土)23:00スタート (字幕)
毎週(土)23:00-24:00 2話連続放送
リピート 毎週(日)12:00-13:00他

②New Girl (ニュー・ガール~ダサかわ女子と三銃士)
4月22日(日)23:00スタート (字幕)
毎週(日)23:00-23:30
リピート 毎週(火)27:30-28:00他

今回のお土産はGleeのペン付き付箋セット
ドラマのお供に役立ちそうです。
gleememo.jpg