INDEX    RSS    ADMIN

Kommissar Rex S6-#9 「愚かな計画」

最近REX7の番宣が流れてますが
どうも新しい相棒達に食指が動かなくて。
ニキがアレックスとどうなっちゃったのかはいいとしても(苦笑)
マークにアレックスの美しさが感じられないのが問題です。
アレックスと比較することが間違いだとはわかってますが
いくらクンツとレックスが頑張っても
この先鑑賞に耐えられるのか心配。

銀行が閉店後、頭取と秘書が金庫を開けていたら
強盗が来て金を要求
そのとき、もう一人入ってきた行員が射殺され
強盗は頭取を誘拐して逃走します。
その後川辺で銃声が聞こえ
逃走した車は発見されますが、頭取の遺体は残っていませんでした。

ずいぶんあっさり銀行強盗ができるんだなと
またウィーンの警備体制等に?を感じていたら
実は全て内部の犯行だったというオチがついてました。
なるほど、それならこの展開は納得です。
それなりにいろいろ手が込んでいたじゃないですか。

犯人を見ていた秘書にアレックスが面通しの準備ができたと
署への同行を求めますが
そこで並んだ5人が同じマスクをかぶってるとはいえ
あまりにも違いすぎる5人なのでびっくりしました。
普通似通った5人を並べて面通しするでしょ。
しかもその中に容疑者はいないんだし。
これって何のための面通し?
また悩みが増えました。

頭取は妻と離婚の予定。
妻はゴルフコーチと浮気中。
では妻とゴルフコーチが仕組んだ強盗&誘拐かと
アレックスが検視に行ってる間
クンツとベックはレックスを連れてゴルフコーチの自宅に事情聴取に行きますが
コーチは二人をエレベーターに閉じ込めて逃げ出すと
レックスはコーチをカフェに追い詰め
愛犬のふりをしながらアレックス到着を待っていました。
こんなに怖い思いをした?ゴルフコーチですが
強盗とは関係ありませんでした。

強盗計画は頭取と秘書と強盗に扮した行員が仕組んだものでしたが
(一体どういう銀行なんだ)
何も知らない別の行員が帳簿チェックを始めてしまいます。
すると消えたはずの頭取は行員のアパートに侵入しシャワーに細工をします。
ジョギングから帰ってきた行員はシャワーを浴びようとして感電死します。

どうも解せない事件だと
アレックスは銀行の防犯カメラを見続け
頭取が強盗に合図を送っている姿を見つけます。
アレックスとベック、レックスは3人組を追い詰めますが
頭取は秘書を人質にとり、逃げ出してしまいます。
そして頭取とレックスの追いかけっこ
頭取は観光バスをバスジャックして逃げますが
レックスはバスの上に乗っかって侵入の時を待ちます。
アレックスは民間人の車を借りて追跡。
なぜ助手席の女性を降ろさなかったのか不思議です。
そしてバスが止まった時
レックスはバスの天井を開けて中に忍び込み頭取を確保。
ご褒美は遊園地で、ソーセージたっぷりの特性ディナーでした。

前回は中華だったけど
今回はイタリアンレストランでお食事。
最近殺人課のグルメ度がアップしています。
レックスはハムメガ盛りのピザを勝手にオーダー。
こんなに贅沢させちゃっていいのでしょうか。
スポンサーサイト

Van Gogh

Van Gogh [DVD] [Import]Van Gogh [DVD] [Import]
(2007/09/18)
Linus Roache、Jim Broadbent 他

商品詳細を見る


<カッターさん祭り>

1990年BBC製作の伝記映画
ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの生涯を弟テオとのかかわりを中心に描いていきます。

90年の作品だから「司祭」より前なんですが
ヴィンセントのエキセントリックな生涯を
全身全霊を込めて演技するライナスに圧倒されました。
伝記映画と侮るなかれ。
半端じゃないプッツン状態に驚かされます。
失恋して暴れ、ゴーギャンとぶつかり
耳を切り、精神病院へ送られ、最後は銃で腹を撃ち抜き…
絵に託す思いも強いけれど、それ以上に激しい一生でした。
ひと暴れした後ひたすら謝る姿が何とも痛々しく
ライナスの演技の原点はここにあったのか。

数々のエピソードが何度も繰り返し出てくるので
いつの時代のことを語っているのかわからず
かなり混乱しました。
最後まで観て、ようやく話がつながった感じです。
ゴッホ風コスプレはお見事。
そしてまた貧相な雰囲気が似合うんだな。
絵を描いている姿も様になっています。

いろいろ調べていたら
同じ年に製作された「Vincent&Theo」という映画で
ティム・ロスがヴィンセントを演じているようで
ライトマン博士とカッターさんのどちらがゴッホに近いかって聞かれたら
やっぱりライトマン博士のような気がするんですけど
見比べてみたくなってしまいました。

gogh1.jpg
これが当時のリアルなライナスだと思います。その後髭面の汚いオヤジに。

gogh2.jpg
自画像に扮するライナス。ゴッホに見えてくるから不思議です。

gogh3.jpg
エンドロールの後のおまけ映像。
日本人がゴッホの作品を高額で買い取ることへの皮肉でしょうか。
日本人ビジネスマンが麦畑までゴッホを追いかけてきてしまいました。

Shot Through the Heart

Shot Through the Heart [DVD] [Import]Shot Through the Heart [DVD] [Import]
(2001/07/31)
Linus Roache、Vincent Perez 他

商品詳細を見る


<カッターさん祭り>

ライナスとヴァンサン・ペレーズ主演
サラエボで射撃の選手として数多くの大会で活躍
バルセロナオリンピックを目指すヴラドとスラヴコは
ライバルであり親しい友として力を磨いていきます。
ところがボスニア・ヘルツェゴビナ紛争が勃発
セルビア人のスラヴコは武装勢力に加わり
兵士の育成にかかわります。
一方妻と二人の娘のいるヴラドは街に残りますが
武装勢力に街を包囲され自宅も攻撃されます。
ヴラドは地域の仲間と自警団を組み
人々を守り応戦しますが
友人の娘が撃たれ、妻子は街を出ていきます。
そしてかつての友で今は敵のスラヴコを倒すために
ヴラドは彼の隠れ家に向かいます。

ライナス演じるヴラドは銃撃の達人であっても兵士ではないので
人を撃つことには抵抗を感じています。
だが戦禍が激しくなり、自分たちで守っていかなければならない現実を目の当たりにして
彼は殺戮手段として銃の使い方を教え、自分も銃を構えます。
そして敵の中に親友のスラヴコの姿を見つけるのですが撃つことができず
意を決してスラヴコと向き合うことにないます。

ということでまた不幸を背負ってしまったライナスですが
今回は戦争に巻き込まれてしまったのだから宿命とでもいうべきか
いずれにせよ苦しみ悩み泣く、いかにも彼らしい姿をじっくりと観ることができます。
さらに一人で戦う、まさに孤高の戦士なライナスが美しい。
訓練した兵士ではないので決してたくましくはないんですが
荒れ果てたサラエボの、静かな街の中で一人銃を構える姿が絵になります。

イギリス、カナダ製作なので
イギリス人やらスイス人やら、出演者の国籍が多岐にわたっています。
ライナスとともに戦う役でMeloniの天敵(笑)ロテール・ブリュトーが出ていました。
この人も国籍不明な俳優ですね(本当はカナダ人です)

<孤高の戦士カッターさん>

shot1.jpg
狙う

shot2.jpg
ふと眼をそらす

shot3.jpg
駆けつける

shot4.jpg
ため息をつく

kommissar Rex S6-#8 「死の芸術」

自称広告写真家のフェリックスは「死の芸術」の個展の準備中。
生き物の死体写真を撮り続けていましたが
ついに人間の女性に手を出し始めます。
激やせしてきれいになり、希望に燃えているイリスに
テレビショーの収録で出会ったフェリックスは
イリスをモデルとしてスタジオに招き
絞殺して死体の芸術写真を撮影します。
そして次のモデルを探しに…

アレックスは自宅で薪割り中。
タンクトップ一枚でたくましい筋肉を披露してくれましたが
それ以上は脱いでくれないんだよね。残念。
レックスは上手に薪を積んでいたのに崩れてしまい
電話がかかってきたら何故か固定電話のコンセントを引っこ抜いて
アレックスのところに持ってくるし…ちょっと不調?

イリスが帰ってこないと母が警察に届け出
イリスの捜索が始まります。
イリスの部屋にはポラロイドで写されたセクシーな写真が。
イリスはテレビショーに出たあと、
カメラマンからモデルのオファーがあったことを母はアレックスらに告げます。

その頃フェリックスは次のモデルを物色中。
プールで泳いでいた失業中の女性に近づき
写真を撮りモデルになってくれるように頼みます。
アレックスとレックスはフェリックスとイリスが来ていたカフェに行き
人間観察を趣味とするおばさんから二人の様子を探り出しますが
アレックスが注文したエスプレッソをウェイターが運ぼうとして
レックスに躓いてひっくり返り…でもアレックスはうまくトレイをキャッチしていました。
レックスはまだ不調?

ウィーンはオリエンタルブームなんでしょうか。
殺人課の残業メシがソーセージパンではなく
中華に変わっていました。
とりあえずみんな正しく箸を持っていたのでOKです。
そしてフェリックスの個展が開かれます。
人間死体のモデルもすっかり芸術作品に生まれ変わり
まるで死んでいるようだと人々は感心して見入っています。
それでオープニングのパーティーにシャンペンと一緒にふるまわれているのが寿司なんですが
こんな寿司は食べたくないぞ!

rex6-8.jpg

一応寿司ネタはバラエティに富んでいるようですが
ガラスのテーブルの上に一つ一つ行儀よく並んでいて
下からライトアップされてるんですよね。
それじゃ寿司が傷むだろうが!
外国では寿司はお洒落なカナッペの代わりみたいな
それなりにセレブな小道具となっているようですが
美味しそうには見えないよね。
ついでにフェリックスは今度は仕事で
寿司の広告写真も撮影してました。
寿司がブームなのは間違いないのでしょう。

アレックスはフェリックスの事情聴取に行きますが
フェリックスが慌てて引き出しに隠した鍵のことが気になって
あとでレックスにこっそり家宅侵入させ
引き出しから鍵を取ってこさせると鍵の型を取り
また元に戻させます。
もちろん家宅侵入は便利な警察御用達の鍵開けマシンが活躍
で人間じゃなくて犬が不法侵入して持ち出した証拠は
証拠能力があるのでしょうか。
アレックスはそれなりに法律は知ってるみたいだけど
ときどき捜査方法に?マークがついてしまいます。

イリナ母が娘がモデルになっていたことを芸術写真で確認したり
レックスが珍しくスタジオの前で死体発見のポーズをとったり
(まだ忘れてなかったんだね…笑)
とにかくフェリックスを追い詰めたアレックスは
ラストでフェリックスとともに飛び込み台からプールに
飛び込むというか落っこちておしまい。
びちょびちょになって今度こそ脱ぐチャンスだぞと期待したら
その前にドラマが終わってしまいました。
再び残念だ!!

Law&Order SVU S10-#17 「Hell」

ホームレスがゴミ捨て場で首をカッターナイフのようなもので切られて倒れている少女を発見する。気温が低かったため出血量が少なく、一命を取り留めたが身元はわからない。少女は10~11歳で継続的に性的虐待を受けていたと思われ、言葉を発せないため何が起こったかを絵に描かせたところ、悪魔に首を切られる絵を描いた。
事件が起きた日の深夜0時、少女は近くの食料品店に入っていったが、店主は万引きされると思って追い出していた。店主は少女がパンダのバックパックをしょっていたことを覚えていた。バックパックはホームレスがゴミ箱から拾っており、中にメトロカードが入っていた。メトロカードの使用履歴を調べたところ、少女はスタテン島からフェリーと地下鉄を乗りついてハーレムに来ていた。スタテン島から悪魔の被害に関する911通報を何度もかけている家があり、調べに行くと近くの教会の司祭のセオ・バーデットが悪魔崇拝者だと訴えてくる。フィンとステーブラーがセオに話を聞きに行くと、教区にはアフリカ系の住民が増え、彼らの祈りや儀式が悪魔崇拝と思われていると説明する。ステーブラーが少女の写真を見せると、セオは娘のミリアムだと認める、ミリアムとはケニアの難民キャンプで出会ったが、性的奴隷にされていたミリアムにはケニア以前の記憶がなかった。セオと妻のオンディーンはミリアムはユースキャンプへ行ったと思っていたが、ミリアムはイライジャ・オクロに会いに行ったのではと思い始める。イライジャはウガンダの抵抗軍に入って何人も殺していた。ステーブラーがイライジャの自宅に行くと、イライジャは逃げ出し姿を消す。
教会に戻ったミリアムにイライジャがどこに隠れているか尋ねると、字の書けないミリアムはジェスチャーで図書館にいることを伝える。イライジャはハドソン大で勉強していた。その時教会の前に火炎瓶が投げ込まれ、車が爆破する。イライジャは図書館に隠れていたところを逮捕される。
取り調べでイライジャは深夜ミリアムと歩いていたが人と会う約束があったので、ミリアムを食料品店で待たせていたら姿を消したと供述し、ミリアムを決して傷つけたりしないと断言する。ステーブラーが真実を話すよう説得を続けると、イライジャはミリアムは自分を虐待した悪魔を2週間前に見たので、尾行して家を見つけ自分に助けを求めに来たことを話し始める。店に隠れていたミリアムは悪魔を見たらイライジャに合図するはずだったのに、ミリアムは店を追い出され犠牲となったのだ。
ミリアムの悪魔はウガンダ出身のサミュエル・ムバジ、2004年にアメリカに亡命し市民権の申請中だった。アレックスは国連勤務をしている元同僚にサミュエルの資料開示を要求すると、ハーグの国際刑事裁判所に申請するようアドバイスを受ける。アレックスはステーブラーと送られてきた写真をチェックし、今は弁護士事務所の清掃員のムハジが、元抵抗軍の指揮官のジョセフ・セルマガで、グルーの悪魔と呼ばれていたことを確認する。ステーブラーはトイレ清掃中のセルマガと格闘し、彼を逮捕する。
セルマガの自宅から火炎瓶やミリアムの血液のついたカッターナイフが見つかる。しかしセルマガはICCがハーグで裁くこととなり,SVUの管轄から離れる。ベンソンがミリアムに悪魔を逮捕したことを伝えると、ミリアムはセルマガに会いたいと言い出し、取調室のセルマガの顔につばを吐く。
ICE(移民税関捜査局)のトラスクが、戦争犯罪者のイライジャも拘束し、ウガンダに強制送還すると言い出す。セルマガ逮捕に協力したイライジャを引き渡すことをステーブラーは拒絶し、アレックスと結託してイライジャを守ろうとする。だがトラスクは教会に踏み込みイライジャを捕らえようとしたため、イライジャは司祭とミリアムら聖歌隊の子供たちを人質にとって立てこもる。ステーブラーが説得に入りイライジャから銃を取り上げるが、外に出たイライジャは武装したSWATやマスコミに圧倒され走り出したところを撃たれる。

首を切られ捨てられていた少女は身元が分からず捜査は難航しますが、少女が持っていたメトロりカードから足取りが判明し、少女の里親となっていた司祭が見つかります。司祭のセオはケニアのキャンプで虐待され衰弱しきっていたミリアムを引き取りました。ミリアムは外傷的健忘と思われ、どこからケニアへ来たのかもわかっていません。そんなミリアムが教会で親しくしていたのが、ウガンダから亡命してきたイライジャ。イライジャは7歳のとき抵抗軍に村を焼かれ、自分の目の前で母親を殺されます。拉致されたイライジャは歩兵にさせられ、何人もの人を殺してきました。だが19歳のときイライジャは軍を逃げ出し、アメリカに渡ります。そして大学で勉強していました。
イライジャはステーブラーの取り調べに対し、「ぼくが触れたり愛したりするとみんな壊れる。」と嘆きます。イライジャが中途半端な供述しかしないため、ステーブラーはイライジャとともに祈りながら真実を話すよう求めます。イライジャは「大勢を殺した。刺し殺し、撃ち殺し、焼き殺した。今も血まみれの死体が見える。この痛みは耐えられない。」と嘆き続けるのでした。そしてミリアムが悪魔と顔を合わせ、過去の記憶がよみがえったこと、二人で悪魔を追いかけたことを話し始めます。
ミリアムの悪魔サミュエル・ムバジはウガンダから2004年に亡命し、清掃員の仕事をしながら永住権を取得、今市民権を申請中でした。国際刑事裁判所から写真を送信してもらい、アレックスとステーブラーはムバジが抵抗軍の兵士たちと一緒に写っている姿を確認し、ムバジが抵抗軍の指揮官、ジョセフ・セルマガであることを突き止めます。セルマガは村民全員を教会に閉じ込めて火を放ち、「グルーの悪魔」と呼ばれていました。だが起訴される前に姿を消しています。
イライジャの証言がセルマガ逮捕につながり、セルマガはハーグで裁かれることになります。これでミリアムも安心できるし、イライジャとの再会も果たせました。だがイライジャも18歳になるまで抵抗軍を抜けなかったと戦争犯罪者扱いされ、ウガンダへの教清送還が決まってしまいます。ステーブラーはイライジャは母親を殺されて洗脳され、残虐行為を強いられた。これはSVUの管轄だと訴え、アレックスに助けを求めます。アレックスは国連に口添えしてもらえないか頼みに行きますが、イライジャは戦争の被害者と認められるものの、国連は各国の法律に口出しできないと断られてしまいます。ただ就労ビザのない外国人は教会に駆け込むと、捜査官は手出しできないという暗黙の了解がありました。イライジャが教会にいれば大丈夫なはず。ところが担当者のトラスクは教会に踏み込みイライジャを捕まえようとしたため、イライジャは司祭と聖歌隊を人質に取って立てこもります。
トラスクはICEの管轄を主張しますが、ステーブラーは10分だけ時間をもらってフィンと一緒に教会の中に入り、イライジャの説得を始めます。学校に行ッて勉強し、いい人になったらこの国に住める。そう信じてアメリカで頑張ってきたのに、急に希望が消えてしまった。イライジャは神に見捨てられたと怒ります。セオは神はわかってくれるはずだと諭そうとしますが、今にも倒れそうな様子です。説得されたイライジャはまず子供たちを解放します。そして「銃だけを信じる。」と自分の頭に銃口を突き付けますが、ステーブラーはイライジャに近づき銃を取り上げます。ステーブラーとイライジャはセオを抱えて外に出ますが、外はSWATが大勢銃を向け、その向こうではマスコミがごった返していました。恐怖を感じたイライジャは突如走り出したために、SWATに撃たれてしまいます。
セオはステーブラーにこの先どうするか聞かれ、イライジャについて話し、誰かの心に届くまで祈ると答えます。

何とも重過ぎる展開。
一本の映画になりそうなくらい濃厚なのに
実質時間41分だったのにまた驚きました。
性的虐待の事件かと思ったら、アフリカ地区の内戦の話へ
国連やら国際刑事裁判所やら移民税関捜査局やら
世界規模の問題に広がっていきます。
自由の国アメリカに来て頑張っていたはずなのに
突如自由を奪われ強制送還命令を突きつけられるイライジャ。
内戦で人を殺さなければならなかったのは仕方なかったこと。
しかも未成年のイライジャには他に生きる道もなかったんだし。
今も十分苦しんでいるのに、ここで戦争犯罪者扱いされるのは過酷すぎます。
ステーブラーはイライジャの苦しみをよくわかっていたから
彼を何とか守ってやりたいと考えます。
ところが捜査局の動きが早すぎて
失意のイライジャは人質を取って教会に立てこもってしまいます。

イライジャの気持ちがわかっていたから
ステーブラーは自信を持って説得できると中に入っていきます。
そしてイライジャに思いが通じ、司祭を抱えて外に出てきたのに…
外の喧騒が悲劇を生みます。
もう少しSVUでフォローできなかったのかな。
とっさの出来事だから無理だったのか。
イライジャの死はあまりにも悲しすぎました。

悪魔を捕まえた報告を聞いた時
悪魔に会いたいと言い出したミリアムの勇気もすごいと思いました。
普通なら二度と顔を合わせたくないのに。
それもミラー越しではなく
取調室へ入っていき、顔を合わせるとミリアムは悪魔につばを吹きかけます。
彼女が生きてきた過酷な日々が、このたくましさを育てたのでしょう。
ミリアムにはこれから安心して暮らしてもらいたいです。

4月のドラマ視聴計画

4月からスタートの新シーズンが多々あるので
これをどうこなしていくのか、今から頭を抱えています。
まずL&OのS1帯と戦わなければならないし。
かなり意図的にリタイアしないと厳しそう。

☆フジテレビ
Knight Rider

しばらくお休み状態で、4月半ばから復活するようです。
そのあとは順調にオンエアがあるようだけど
地上波のチェックは面倒です(レコーダー任せですが)

☆NHK BSプレミアム
Desperate Housewives S7

観始めると夢中になってしまうので、これも止められない。
いつの間にかS7なんですね。

☆FOX bs238
Lipstick Jangle S2

のんびり楽しんでいます。

☆WOWOW
CSi S11
CSI:NY S7
Criminal Minds S6 
Medium S7
Royal Pains S3

本家の1話目は先行放送で観ているので月末からスタート。
Mediumはこれでおしまいかと思うと寂しいです。
ハンクはぼんやり観ていたので、どうしようかな。
字幕版の放映時間が中途半端なのが面倒だし。

☆IMAGICA BS
Pan Am
Camelot

まだ1話目しか観ていませんが
もう少し観てから先を検討するつもり。
IMAGICAはJ:COMではCS扱いなので
他のチャンネルとの兼ね合いもあるし。

☆Dlife
Revenge
Pretty Little Liars
(Law&Order SVU S1)

Revenge面白い!
エミリーが何を企みどうやってリベンジしていくかわくわくしてしまいます。
Pretty Little Liarsは先行放送がまあまあ面白かったので
字幕版でもう少し観てみます。
青春ドラマでもサスペンス仕立てだとそれなりに楽しめるし。
吹替えSVU、彼らの10年前だと思うと声が違っても何とか許せました。
キャシディを観ていたいので、13話まで頑張りたいけど忙しいししどうしよう。

☆FOX
Glee S3
Californication S4
Lie to Me S3

The Finderは10分で止めました。
主人公が好みじゃないかも(苦笑)
Lie to Meのライトマン博士の方がずっとお気に入り。
来月はGleeがサクサク進んでくれそうでありがたいです。

☆FOX CRIME
Law&Order SVU S10
Law&Order CI S7
Spooks S8
Dexter S6

CIのS7でいきなりテーマソングがやかましくなって閉口しました。
今までのままでよかったのに。
エイムズの過去や意外な一面を見せられ驚きました。
MI-5はハリーが丈夫過ぎるのでうんざりしているんですが
ストーリーは面白いんだよね。リタイアできず悩んでいます。
そこにDexterか…困りました。

☆Super!DramaTV
Law&Order S1
Without a Trace S7
Chuck S3
(Gossip Girl S4)

また怒濤のL&O帯が…
S1の最初の何話かはすでに見ているはずなんだけど
もう忘却の彼方なので再挑戦の必要があるかも。
暴れるビーチャーが観たいし。
Gossip Girlは先行で2話観たから今月はお休みします。


☆AXN
La Femme Nikita S2 S3
(Brothers&Sisters S5)
Hawthorne S3
Hawaii Five-O S2

ブラシスが終わってしまうのが寂しい…
納得できるフィナーレに期待します。
処方箋重たいね。
ニキータはそのままS3に。
ついにあのかわいい息子が出てくるんだ。

☆AXM Mystery
Kommissar Rex S6 S7

こちたらの2話連続も本当に大変。
そしてアレックスとベックに代わるマークとニキ
(ニキはすでに姿を見てるけど)が気に入らなかったら
思い切ってリタイアもありかも。
大体あれほどレックスを愛してるアレックスが
突如姿を消してしまうなんてありえないでしょ。
心の準備が必要です。

☆Universal
Covert Affair S2
このドラマは楽しいのでお気に入り。
またUniversal復活します。

こんなに観られるわけないんだよね。
どれがHDDを圧迫するんだろう(汗)

Before the Rains

Before the Rains [DVD]Before the Rains [DVD]
(2010/04/12)
Linus Roache、Rahul Bose 他

商品詳細を見る


<カッターさん祭り>

今回輸入したDVDの中で一番観たかったのがこの作品。
イギリス映画というかインド映画というか
ロケ地も登場人物のほとんどもインド人です。
そしてまたカッターさんは不幸をもたらします。
宿命でしょうか。

1937年のインドのケララという地域で
イギリスから道路敷設やお茶、スパイスのプランテーションを行うために来ているヘンリー・ムーアは
メイドとして雇っているサジャニと恋に落ちます。
ヘンリーの妻子はイギリスにおり、サジャニも夫がいて
この禁断の恋を知っているのはヘンリーのところで働いているT.K.だけでした。

ところがヘンリーの妻子がイギリスからやってきて、二人の不倫は続けられなくなります。
一方ヘンリーとサジャニが水辺にいるところを見ていた者がサジャニの夫に密告。
ただ相手はヘンリーだとは知らされていませんでした。
サジャニは夫の虐待を受けますが浮気相手については明かさず
ヘンリーのところに助けを求めに来ます。
だがトラブルにまきこまれたくないヘンリーは
TKに頼んでサジャニを遠くに行かせます。
すると今度は夫とサジャニの兄がサジャニが失踪したと探し始めます。

ある晩姿を消したはずのサジャニがヘンリーとTKの前に現れます。
ヘンリーと永遠の愛を誓ったサジャニは
ヘンリーに愛されていると信じていました。
そして再度ヘンリーに愛しているかと尋ねますが
ヘンリーはNoと答えます。
するとサジャニはヘンリーがTKに渡していた銃を取り上げて自殺します。
ヘンリーは自分とTKの身を守るため
サジャニを川に沈めてしまいます。

サジャニの捜索が続けられ
ついに川からサジャニの死体が上がります。
銃弾が発見されイギリス製だとわかり
銃をもらっていたTKにサジャニの殺害の容疑がかかります。
サジャニは住民裁判にかけられ真実を述べることを余儀なくされ
ヘンリーも妻に真実を述べざるを得なくなります。
サジャニが自殺した原因がヘンリーにあったと知った兄は
サジャニに銃を渡し、ヘンリーを撃つよう命じます。

そもそもヘンリーが不倫し
それをごまかそうとしたことがトラブルの発端。
ヘンリーもサジャニを愛していたとしても
妻子の前でそれは隠さなければなりません。
ところがサジャニの思いは真剣でした。
そしてヘンリーとTKの前で自殺。
サジャニの遺体をさっさと片付けたことが
さらなるトラブルを生みます。
主人には従わねばならず
だが独立の波が押し寄せイギリス人を排除しようとする動きが強まり
TKはその板挟みで苦しみます。

またしても不幸を招いてしまったライナス。
本当にこういう役が似合いすぎます。
戦前のイギリス紳士(といっても労働してるけど)のいでたちもしっくりハマっているし
絵になるシーンが多いです。
インドの大自然の中で撮影された映像も美しく
緑が広がる光景は神秘的です。
ロケはさぞかし大変だったでしょう。
特典映像でコメンタリーが付いていますが
監督とライナスのトークなので
ライナスの映画レポートを楽しむことができます。

サジャニとの絡みはなまめかしく美しかったけど
サジャニの死を妻に告白するシーンでは妻にひっぱたかれるし
TKに銃を突きつけられて観念するし
やはりヘタレ美中年路線は続いていました。
こういう作品でこそライナスらしさが引き立ちます。
これからも是非作品を選んで出演してもらいたいです。

before1.jpg
不倫相手のサジャニに迫る

before2.jpg
こちらが夫の不倫を何も知らない妻

before3.jpg
傷心中

before4.jpg
そしていつものようにヘタレ状態

サイアム・サンセット (Siam Sunset)

サイアム・サンセット [DVD]サイアム・サンセット [DVD]
(2002/04/25)
ライナス・ローチ、ダニエル・コーマック 他

商品詳細を見る


<カッターさん祭り>

1999年製作のオーストラリア映画。
TSUTAYAのお取り寄せサービスで無事にレンタルできました。よかった!

塗料会社で新色の開発を行っているペリーは幸せな結婚生活を送っていましたが
ある日飛行機が落とした冷蔵庫が奥さんにぶつかって彼女は即死。
それからペリーは災難ばかりに見舞われます。
だがビンゴゲームでオーストラリア旅行を当て
アデレードからダーウィンまでのバス旅行をすることになります。
アデレードへ行ってツアーバスに乗り込もうとしたら
運転手にその切符は違うと言われ教えられたのが
今にもつぶれそうなおんぼろバス。
乗客はオージーばかりで
旅行に当選して来たイギリス人にびっくりしています。
バスの運転手はやたらと規則を決め
ペリーはますます萎縮しながら旅を始めます。
ところがペリーがいるせいか?バスの旅は災難続き。

オーストラリアのバス旅で思いつくのが「プリシラ」ですが
製作者が一緒でした。なるほど。
今度はドラッグクイーンは乗っていないけれど、
不幸なバスの旅はキャンプを強いられたかと思うと地震が来たり
とにかく災難に見舞われます。
突然車が壊れたと言って乗り込んでくるグレイスは訳ありな様子。
案の定そのグレイスを追ってさらに怪しげなマーティンが乗り込んできます。
マーティンはドラッグを密売し、彼の恋人のグレイスも関わっていたのですが
グレイスは捕まって証人を引き受け
結局マーティンの金を持ち逃げしてしまいます。
そんな緊迫感の中で、ペリーはグレイスに心を開いていきます。

一度はバスを降りようとしたペリーですが
洪水で道がふさがれていて降りられず
そのあと高級バスと競走を始めた運転手がものすごいスピードを出し
やけを起こしたペリーが叫んだら
さすが不幸を誘う男、バスを転落させてしまいました。
マーティンは逃げ遅れて大やけどを負います。

たどり着いたモーテルがまた怪しげで
乗客たちには信じられないことの連続です。
マーティンは大人しく寝ていましたが
突如復活しペリーとグレイスを襲ってきます。
でもいつの間にかペリーの運は好転。
奇跡がマーティンをやっつけてくれました。

ペリーが探し求めている色は「サイアム・サンセット」
タイで見た夕陽の色は奥さんの髪の色でした。
ペリーは必死でその色を作ろうとしたのに
ペリーとグレイスが愛し合っていたら
いつの間にか出来ていたからすごい!
結局高級バスが乗客を助けに来るんですが
ペリーとグレイスはバスに乗らずに残りました。

とにかく不思議なロードムービー。
でも面白かったです。
不幸を背負わせたらぴったりのライナス。
監督のジョン・ポルソンは
妻が冷蔵庫に殺される役にふさわしいと
ライナスを抜擢したんだそうで。

いろんなライナスを楽しめるけど
バーでご飯を食べながら
目の前にある食材や調味料を混ぜて
グレイスのシャツと同じ色を作っている様子が興味深かった。
あとは見事な泣き笑い。
笑ってるんだか泣いてるんだか
車の上で夜空を見ながらグレイスと大笑いも
気分よさそうでした。

これも10年以上前の作品なんですが
ライナスって全然変わらない気がします。
うまく年を取ってるってことなのかな。
それもまたかっこいい。

siam1.jpg
やけくそ災難呼び寄せガッツポーズ

siam2.jpg
めでたく災難到着

siam3.jpg
実はカッターさんはお姫様だっこができるんです(笑)ただし抱かれている火傷男は意識を失っていますが。

siam4.jpg
サイアム・サンセット色

Gossip Girl S4 チャリティー試写会

J:COM×スーパードラマ!TV主催のGossip Girl S4試写会に行ってきました。
今日から4月8日(日)まで西武渋谷店で開催される
Gossip Girl Museumへの入場も兼ねています。

まずヒューマントラストシネマでS4の#1、#2を視聴。
スペシャルゲストとしてAKB48の小島陽菜さんが登場。
セリーナ風ドレスにブレア風ヘアアクセを合わせて
ゴシップガールファッションを披露してくれました。
彼女はきちんとS1から視聴していて、
質問に対しても適切に答えていたので好感がもてました。
きちんとドラマを理解していない人にゲスト参加されても困りますから。

今月末に#1はプレミア放送があるのでネタばれは避けますが
これは2話続けて観た方がいいかも。
パリの美しい景色が楽しめます。
レギュラー陣のビックリする事実が次々に明かされ
ジョルジーナは期待通りの悪女だ!
パリでのセリーナとブレアのファッションにも注目。
何を着ても似合いますね。羨ましい。

チャリティーイベントなので東日本大震復興への募金を行い
ポストカードをもらってきまsた。
それから西武のミュージアムへ。
こちらは入場は無料ですが
今回は招待という形でロゴ入りオリジナルミラーをもらいました。
中はメンバーやエピソード、見どころをパネルで紹介したり
ドラマで使われたファッションが展示されたり
華やかな雰囲気が伝わってきます。
そしてデパート全体もGossip Girl Party Style@SHIBUYAというコンセプトで
ゴシップガール風ファッションやコスメを紹介。
化粧品サンプルがもらえたり、購入金額でグッズがもらえたりと
すっかりゴシップガールモードです。
海外ドラマのコラボでここまで力を入れてくれるのは嬉しいかも。

渋谷にお出かけの際は、ちらっと覗いてみてください。

gossip1.jpg
派手に垂れ幕かかってます。

gossip2.jpg
着用衣装の展示

gossip3.jpg
セリーナの巨大パネル

Kommissar Rex S6-#7 「母の追跡」

なんだかユルイ話だったな…

結局アレックスとイレーネはあれでおしまい?
アレックスはレックスと一緒にスーパーに買い物に行ってましたよ。
カートを押してるレックスはなかなかお似合いでした。

教会に乳児の死体が置かれていました。
死因はインコの羽やら糞やらを吸いこんでの窒息死。
赤ちゃんはインコと一緒にされていたようです。
インコは輸入品なので、アレックスたちは専門業者を調べますが
その間レックスは九官鳥とお話しします。
通じてたかどうかは知らないけど。

そのころイタリアから自分の子供を探しに
サンドラと言う女性がやってきます。
彼女がどのようにイタリアで赤ちゃんを手放したのか
それとも連れ去られたのかよくわからなかったんですが
とにかくイタリアからオーストリアに連れてこられた赤ちゃんは
養子斡旋をしていた弁護士のところへ。
弁護士は養子を希望する夫婦に赤ちゃんを渡すと
斡旋料を受け取って儲けていたのでした。
インコとともに赤ちゃんも運んでいた男をサンドラは突き止め
一度は赤ちゃんを取り返しますが
男は弁護士とその部下によって殺され、サンドラは囚われの身に
そしてサンドラの子供は養子として渡されてしまいます。

ワイン蔵に監禁されたサンドラだけど
彼女はなかなかたくましくて
ワインを落としてガラスの破片をつかむと
必死で縛られているロープを切って脱出します。
そして赤ちゃんを奪い取りに。

警察は男の死体と赤ちゃんの死の関連を結びつけ
不当な養子縁組を暴こうとするわけですが
赤ちゃんを見つけたサンドラは列車で逃げることにして
それを部下が追い詰め
さらにアレックスとレックスが追い
貨物列車に乗せられたサンドラたちに追いつくレックスは
お見事な走りっぷりでした。
そしてアレックスも相当の距離を全速力で走っていたけど
赤ちゃんと一緒に飛び降りたサンドラの頭が線路の上で
さらに他の列車が近づいてくる。
アレックスが間一髪でサンドラを救うのかと思ったら
間一髪でポイントを切り替え電車を違う線路に載せました。
そんな技があったか。

一方赤ちゃんの隠し場所を捜索していたベックは
次の養子にさせられる予定の赤ちゃんを見つけます。
一件落着だったけど
イタリアの赤ちゃんがどうしてオーストリアに?
絶対裏に大きな犯罪組織があるよね。
それは放置状態でいいのかな。
余計なお世話ということでしょうか。

Brothers&Sisters S5-#19 「人生最大のボール」

グランドフィナーレに向けて収束かと思ったら
また新たな問題が勃発?

ルークが初の個展を開くことになり、そわそわ落ち着きません。
一方サラは結婚を機に心機一転しようと、今の家を売ることを考え査定してもらいますが
すぐに希望者が見学したがっていると言われ、慌ててルークの仕事部屋を片付けます。
するとルークが激しく怒り、個展でもサラを寄せ付けません。
サラは謝り、元に戻そうとしますが
ルークが怒った理由はサラが片付けてしまったことではなく
家をルークに無断で売ろうとしたことでした。
二人で一緒に歩んでいこう…二人は仲直りします。

ブロディはノラを野球の試合に誘います。
遠くの球場まで連れてこられ大差での負け試合を見せられ
挙句の果てにブロディはこのチームで働くことになったと言い出します。
そしてノラに一緒に来てほしいと頼みます。
オフシーズンは今の家に帰れるんだし、行き来すればいい。
この実質的プロポーズな提案にノラの心は揺れ動きます。

ジャスティンは家でブロディが妙に汗をかいているのを見落とさず
検診を受けてるか尋ねます。
ブロディは先週受けてきたと答えますが
ジャスティンは心臓発作の前兆ではないかと気になり、ダンに相談。
ダンはこっそりブロディの検査結果をコピーしてきてくれました。
すると血液型はOだからサラの父の訳はないと言っていたはずなのに
血液型はBであることがわかってしまいます。
本当にサラの父はブロディなのかも。
ジャスティンがこっそりブロディに問いただすと
ウィリアムもB型だから真相は不明。
でもあえてDNA検査もしないとブロディは話し、ノラの前から去ることを決めます。
ノラのベッドで一夜を共にした後、ブロディは置き手紙を残し出て行ったのでした。
ノラはひどく傷つきますが、ジャスティンは真相を伝えられません。
ブロディのキャンピングカーの壊れかけのカーステレオからは
Beach BoysのWouldn't be Niceが流れていました。

スコッティはオリヴィアとアイスを食べているとき
ミッシェルが車に乗ろうとするのを見つけます。
慌ててミッシェルのそばに聞き、姿を消した理由を聞き出そうとしますが
ミッシェルは何も答えてくれませんでした。
ミッシェルを大切な友人だと思っているスコッティは
彼女が何か隠していることが気になって仕方ありませんが
それ以上にオリヴィアに与える影響が心配。
ケヴィンと相談しているとオリヴィアが効きつけてきますが
ミッシェルはオリヴィアが養子になる前
子供を授かろうとした時の代理母になってくれるはずだった人であることや
今は家族としてのオリヴィアがいかに大切であるかを説明します。
自分が二番目の選択肢とは思われていないと納得したオリヴィアは
ミッシェルのことを気遣ってくれました。
スコッティはミッシェルを探しに行きますが
またNYへ戻るために空港に向かっていることがわかります。
朝早くケヴィンとスコッティはLAXへ
そこには赤ん坊を抱いて搭乗口を通過するミッシェルの姿がありました。
あの子は二人の子供??

こんなところでケヴィンとスコッティの実子登場ですか?
産んだら情が移って渡せなくなったという展開はありがちだけど。
来週はっきりするようです。
そして傷心のノラも気がかり。
ところで裸で寝ていてむくっと起き上がり
シャツを着るスコッティがセクシーでした。
どんどんいい男になっていくなぁ。
もうすぐおしまいなのが本当にもったいないです。

リディック (The Chronicles of Riddick)

リディック ディレクターズ・カット版 [Blu-ray]リディック ディレクターズ・カット版 [Blu-ray]
(2009/09/02)
カール・アーバン、ヴィン・ディーゼル 他

商品詳細を見る


<カッターさん祭り>
これは間違いなく苦手ジャンル。
地球を飛び出してしまうとドラマも一切受け付けられないので
絶対無理なのは承知で
でもBRのレンタルがあったから映像がきれいだろうと思って借りてきたんですが
10分でうんざりしてしまいました。
どうしてもこの手の映画の世界観が理解できません。
しかもカッターさん出てこないし。
30分近く待たされました。辛い。

仕方なくウィキでお勉強。
リディック

その前にピッチブラックというお話があったんですね。
とにかくヴィン・ディーゼルの肉体&アクションを堪能する作品のようなので
ライナスは何するんだろうと思ったら
ネクロモンガーという悪い人達のボスの側近で
勧誘活動をやってる人のようでした。
なるほど、ジャスティスのキャプテンにちょっとつながるというか
マッコイさんの弟子のカッターさんというか
いつも結局そういうキャラじゃん(爆!)

とにかく戦士ではないので鎧はつけておりません。
頭に変な帽子?をかぶってるけどこれは何のためだか。
そして一人ロングスーツを着てるんだよね。
かなり動きにくそう。
間違いなく戦いには不向き…っていうかごつい人が向かってきたら
すぐにぶっ飛ばされちゃうのは間違いなし。

でカッターさんじゃなくてピュリファイアは民衆をあおっていたかと思うと
ネクロモンガーの宮殿ですか?をすたすた歩いて
怪しげファッション&メイクでも行動はカッターさんに見えてしまいます(無理矢理?)
その間リディックはいろんなところで戦ってきて
やっとピュリファイアと1対1になるんですが
もう話についていけなかったので喋ってることは意味不明(苦笑)
でもジュディ・デンチと二人で正しいイギリス英語でしゃべっていた気がします。
気が付いたら服がはだけてなまめかしく、でもそれ以上進展もなく
リディックに後を託すとその場を立ち去り、熱で燃えて溶けてしまいました。
あんまりだ…
こうしてあっけなく消えちゃったので、残り30分は観ないでおしまい。
だから話の結末わかりません。
観ていてもわからなかったと思うけど。

riddick1.jpg
この不思議なかぶり物は一体?
長いお召し物はスリムなライナスには似合ってましたが。

riddick2.jpg
いきなりビックリ顔です。

riddick3.jpg
でっかいオヤジにつかまれちゃったら身動きできないでしょ。
だから偉そうな態度を取っちゃだめ(笑)

riddick4.jpg
まさかこのまま脱がされ押し倒される…ってことは今回はありませんでした。

riddick5.jpg
余裕のニンマリ顔
でもこのまますたすた歩いていって灼熱の中燃えて溶けてしまうとは…

ブロンド短髪ライナスはちょっとレア。
でも情けない終わり方はヘタレ度がますます倍増してしまいました。
やれやれ。

今週はゲストエピS18で盛り返したいです。

Kommissar Rex S6-#6 「孤独な戦い」

本国ではこのエピからS7。
なのに冒頭から3人は飲みに行き
ベックとクンツはお姉ちゃんたちとダンスに興じ(踊り方怪しすぎ)
べろべろに酔っ払って朝帰り。
これがシーズンプレミアでいいんでしょうか。
ますます頼りないウィーン警察殺人課ですが。

殺人事件はしっかり進行中。
入院中の暴露本で有名なジャーナリストを
看護師ポッシュが点滴にカリウムを注入し心臓発作を起こさせ殺害してしまいます。
ポッシュは二人の男に殺害を命ぜられていました。
もともとヤク中だったポッシュは借金を抱え
その返済のために引き受けさせられた仕事でしたが
用が済むと報酬をもらえるはずなのに
二人はポッシュを車に乗せ線路わきに連れ出します。
身の危険を感じたポッシュは逃げますが
結局捕まり高架から線路に投げ出され、電車にはねられて即死。
でも捕まったとき、それなりの手を打っていることを口走りました。
その頃近くのアパートでは浮気中のオヤジが事件を窓から見ていて
警察に匿名電話で通報します。

二日酔いの3人はタクシーで現場に。
付き合わされたレックスも眠そうです。
一方殺し屋二人はポッシュの家をあらさがし。
すると何故か部屋に「横断中」と書かれた黄色い旗が飾ってあります。
あの横断歩道で子供たちが持って渡る旗ですよ。
棒はついてなかったけど。
一体どこで入手したんでしょう。
ポッシュは絶対用途を知らなかったと思います。
漢字が書いてあってお洒落!くらいに感じたのでしょう。
あり得ないインテリアだ!
それはともかく。

ポッシュが死んだジャーナリストの看護にかかわっていたことがわかり
事件性が見えてきますが
アレックスらが捜査を進めようとすると
保安局からストップがかかります。
ジャーナリストが追っていたのは大掛かりな武器の売買で
保安局も本格的に捜査を進めていました。。
そこに殺人課が余計な手出しをしないでほしいとの命令ですが
こっちは殺人事件を追ってるんだから関係ない。
アレックスは捜査を継続することにします。

ポッシュの事情に詳しい同僚看護師のイレーネが休暇を終えて帰国するので
アレックスとレックスは空港に迎えに行きます。
イレーネがどんな人かわからないので。レックスが看板を首にぶら下げて待機中。
ところがでっかい壺を持ったイレーネが滑ってアレックスと接触。
アレックスは壺にぶつかりコケてしまいました。
かなり変わったシチュエーションで二人は対面。
そして一気に恋が芽生えてしまうわけですが
イレーネの荷物の到着が遅れるとかで
空港で楽しくお食事&ご歓談中の二人。
目の前にソーセージパンが積んであるのに手をつけないレックス。
ご主人様の邪魔をしてはいけません。
モーザー時代はよくある光景でしたが、アレックスになってからは縁がなかったので(笑)

アレックスは一応捜査はしているようだけど
イレーネとの急接近で、彼女を自宅に呼んでディナーすることに。
缶詰のギリシャ料理をふるまっていました。
事件の重要な証人になるはずなのに、こんなに公私混同でいいのかな。
でもアレックスには貴重な人間の恋人(笑)になりそうなので
この機会を大切にしてあげましょう。
その頃ベックとクンツは匿名電話をかけた相手を追跡。
掛けてきた家の女性は浮気をばらされたくなくて口をつぐむし
掛けてきた男もまた浮気をばらされたくなくてゴネるし
しかし匿名電話=浮気中はオーストリアの常識のようです。
おそれいりました。
情報を入手してベックとクンツがアレックスの家に
まさにアレックスとイレーネがキスしようとしたその瞬間
二人は遠慮せず家の中に入っていきました。
タイミング悪過ぎ!
即アレックスは捜査モードに切り替わります。

イレーネは病院の寮でポッシュからの封筒を受け取ります。
中にはお金と彼を殺した二人の写真が入っていました。
これを警察に渡せばいいのですが
イレーネは二人に追われます。
イレーネは慌てて逃走。
とりあえず叔母の家に隠れることにしますが
不幸なことにイレーネは携帯電話を持っていません。
どこかに置いてきちゃったのか?
二人を巻くと公衆電話からアレックスに状況を報告。
アレックスはすぐに応援を要請しますが
保安局のストップが掛けられ応援を呼べず
一人と一匹で追いかけます。
そして叔母の家に隠れているイレーネを守りますが
叔母さんは電話を解約していて、固定電話も使えません。
その頃殺し屋二人が外から様子をうかがっていました。
アレックスは眉毛オヤジ(オーストリアには時々極端に眉毛の長いオヤジがいるようです)に気を取られていたら
外からもう一人の眼鏡オヤジに撃たれてしまいました。
最悪な展開!と思ったら
銃弾を携帯が跳ね返していました。
なんとラッキーな。
でもこれでアレックスの携帯がつぶれます。
アレックスはレックスの首輪に叔母さんちの住所を書いて
ベックを呼んでくるよう送りだします。
伝書鳩成らぬ伝書犬レックス。
署まで走っていくのかと思ったら。踏切でちゃっかりトラックの荷台に乗ってしまいました。
無事にレックスは署につき、まずクンツが応援に行きます。
ところで署と叔母さんの家がどのくらい離れているのかよくわからず。
殺し屋は叔母さんの家を見つけるのにかなり時間がかかってたのに
アレックスはあっという間に到着してしまいます。
タイムワープしたのかな?謎だ…

レックスを出したために一人で戦うアレックス。
信頼したいけど、ときどきヘマをするのでかなり不安。
でも眼鏡オヤジの足を撃ち
眉毛オヤジとはかなり銃弾を飛ばしまくりましたが
何とか仕留めました。
ところが眼鏡オヤジは何とか立ち上がると
アレックスの車に時限爆弾を仕掛けます。
何も知らないアレックスは応援を呼んでくると車に乗り
逃げていく眼鏡オヤジを追いかけます。
銃をイレーネに渡したとはいえ、放置状態は危険でしょ。
ベックを呼んでるんだし、レックスを信じて大人しく待ってればいいのに。

アレックスの車に外付けされた爆弾のタイマーは着実に時を刻みますが
それを見つけたのは応援に来たクンツでした。
タイマーをアレックスに伝えたいけど、車が止まらないので伝えられず。
仕方ないから横並びで走ってレックスにタイマーを取らせます。
レックスの見どころだけどこれは危なすぎでしょ。
余談ですがコブラ11になったアレックス→クリスは
こんな芸当ばかりやってましたね。
レックスに学んだのかも(笑)
とにかく無事に爆弾は取り除かれ
保安局も武器売買の組織を押さえ
めでたしめでたし。
アレックスはイレーネとデートです。
このまま二人が続いてほしい…と願っていたら

4月になったらイレーネはニキとなって女刑事として復活。
ってことはアレックスとの関係はうやむやになってしまうのかな。
せっかくアレックスが女性に目覚めたんだから(笑)
しっかり見守っていきたいのに。

Law&Order SVU S10-#16 「Ballerina」

アパートでベッドの中にいた男女が射殺され、銃弾が壁を抜けて隣の部屋の男性にも当たって死亡、ルームメイトが警察に連絡する。鑑識の新人デールは男性が女性を殺して自殺したのではと推理するが、それは偽装で犯人がクローゼットに隠れていたことがクローゼットに残っていた犯人のものと思われる耳の跡から推測された。男性のアレハンドロは学生だが、女性のテッサはバレリーナルームというクラブのダンサーで売春も行っていた。ベンソンとステーブラーは、クラブのオーナーのブリジット"バーディ"・ソロウェイに事情を聴きに行く。バーディは甥のチェットと夫マーヴと一緒に住んでいた。元ダンサーのバーディはバレエスタジオを持っていたが。経営はマーヴに任せていた。しかし経営不振でマーヴはビルを他の者に貸していた。
バレリーナルームでダンサーに事情聴取すると、テッサの客で嫉妬深いユダヤ教徒「ペンギン」の名前が挙がる。ペンギンはテッサは自分を愛していたと説明した後、テッサはアレハンドロと別れるつもりだったことやマーヴがテッサに付きまとっていたことを供述する。マーヴはバレリーナルームに頻繁に来ていたようだ。
マーヴには脱税の疑いがあったが、国税庁の告発では不起訴になっていた。バーディがSVUに現れ、マーヴは自分の5人目の夫で酒癖が悪く自分は耐えていたが離婚の手続きを始めるつもりだと話し、テッサの葬儀代を払うと言って小切手を切る。バーディはマーヴが噛んで歯型の付いたペンを使っていたので、ベンソンがペンの処分を申し出る。ベンソンがチェットはいい甥だと褒めると、バーディはチェットはショーガールの友人が未婚で産んだ息子で、友人が亡くなったため引き取ったと説明する。
鑑識が調べた結果、耳跡に残っていたDNAと現場に残された精液が一致、さらにペンに残っていたDNAからマーヴの犯行と確認される。SVUがマーヴを逮捕しようとソロウェイ家へ向かったら、窓からマーヴが落下し即死する。バーディは寝室で若い頃自分が出演したフィルムを観ていた。バーディはマーヴと口を聞いておらず、マティーニを作って渡したチェットは、マーヴは書斎にこもってネットポルノを観ていたと証言する。
窓に残された指紋から、マーヴは窓に背を向けてつかまっていたことがわかり、他殺の線が濃厚になる。マーヴの耳はクローゼットの耳跡と一致したが、血液から抗うつ剤が検出された。ステーブラーはバーディ、ベンソンはチェットの事情聴取を始める。
バーディはマーヴを感情を出さない人と説明、また自分が9歳のとき父が腎臓結石で病院へ運ばれたが助からなかったことから医者や薬が嫌いだと話す。チェットはマーヴは理性がなく大酒飲みで、短期でポルノ好き、バーディはソウルメイトだと断言する。さらにバーディはチェットとの関係を告白したので、チェットがマーヴへの嫉妬心から彼を殺したのかと問い詰めると、バーディもチェットも殺人を否定する。だがチェットがバーディがマーヴに薬を飲ませて殺したと自供し始めたため、ステーブラーはバーディを逮捕する。
罪状認否でバーディは第二級謀殺を求刑されるが、保釈金を自分で払うと言い出す。バーディの弁護士が彼女の感情障害を訴えてきたので、Drファンが精神鑑定を行うことにする。バーディは医者のファンを無能と思い本心を話そうとしないが、そのうち怯えていたのは事実で身を守るために夫を殺したと殺人を認める。この結果感情障害は否定されるが、Drファンは彼女の神経障害を心配し、脳のCTを取ったところ腫瘍随伴症候群が確認される。肺がんが他の臓器に転移した結果ホルモンが分泌し、神経障害が出ていたのだ。化学療法を行っても余命は4~5カ月と考えられた。裁判が始まってもバーディの存命中に判決が出るのは難しい。本件は終了かと思われたが、バーディの5人の夫は全て不審死していたことが判明する。病床のバーディにチェットが自分の意思で殺人を犯したと思いを伝えると、バーディは「あなたは旅に出るの。」とSVUにチェットを引き渡した。

男女の無理心中かと思われた事件は、クローゼットに残された耳の跡から犯人が潜んでいたことが確認されます。ヨーロッパでは耳の形が犯人探しに用いられているとマンチが説明すると、フィンはアメリカでも見つけられるようになったらマンチの立ち聞き癖が直るとからかっていました。ステーブラーは犯人がクローゼットに隠れていて様子をうかがい、女性をレイプし男女を殺し、男に銃を握らせたと推理します。
被害者テッサの働いていたクラブが入っているビルの持ち主がソロウェイ夫妻。妻ブリジットは自分をバーディと呼ぶようステーブラーとベンソンに頼み、自宅に招き入れます。甥のチェットはバーディとマーヴにマティーニを作り、バーディのためにかいがいしく働きます。やがて捜査が進み、マーヴがテッサを追いまわしていたことが明らかになります。
バーディがSVUに現れ、テッサの葬儀代を払うと小切手を切りながら、悪い男に惹かれる癖があると自分の男性遍歴を語り始めます。最初の夫はドラッグディーラー、二人目は小児性愛者、3番目のフィリップは結婚式の4日後、バミューダでのハネムーン中ボートから転落して溺死、4人目は女たらし、そして5人目がマーヴですが、出会った時は魅力的だった彼も昨日書類をチェックしていたら、持っていた店はストリップクラブや覗き小屋ばかりだったとわかってしまいます。
バーディが持っていたペンにマーヴの噛み跡があってDNA検査が可能となりますが、マーヴは自宅の窓から転落死してしまいます。ステーブラーらが自宅に入ると、バーディは古い自分のフィルムを観ていました。
バーディはステーブラーの、チェットはベンソンの尋問を別々に受けます。マーヴとバーディの結婚生活は11年になりましたが、幸せなときばかりではありませんでした。チェットはマーヴを嫌い、マーヴはチェットの存在が気になっています。チェットはマーヴは女に捨てられても当然な男だと断言します。一方バーディはチェットが18歳の時肉体関係を持ちずっと続いていること、自分が導き愛し続けていることを告白します。世間体もあり年の差が結婚をためらわせましたが、彼は私のためなら何でもするとバーディは認めます。バーディはチェットが殺したことを否定しますが、ベンソンがバーディがステーブラーに話している様子を見せると、チェットはマーヴが金や書類をかばんに入れて出ていこうとしたことや二人が口論になったことを話し始め、バーディが薬を飲ませ殺したと自供します。バーディは逮捕され、チェットは刑事に強要されたと訴えます。
罪状認否で弁護士が感情障害を持ち出してきたため、Drファンがバーディの精神分析を行います。バーディはマーヴは最低の男だが、チェットが守ってくれるから別れなかったと説明し始めますが、これは茶番だと文句を言いだし、殺人を認めてしまいます。その間取調室が寒いとか座り心地が悪いなどと不満を述べていたバーディを、Drファンは神経に障害があり裁判は無理と判断、医者嫌いのバーディに検査を行い、がんの末期状態であることを突き止めます。
バーディはファンに、人生は不公平、現世を旅立った後人はどこへ行くのかしら?別の暮らし?全てか無?と尋ねます。ファンはあえて答えを述べませんでしたが、バーディはフィリップが死んで以来気になるとつぶやきます。その頃フィップ以外の夫たちもみな不審な事故で死んでいることが確認されます。バーディは夫を全て殺し、チェットが協力していたと考えられます。最後にチェットに君の命令なら何人でも男を突き落とすと言わせたバーディは、チェットを警察に引き渡し、義務を果たしただけと答えるのでした。
バーディを演じているのは「TVコメディのクイーン」と呼ばれるCarol Burnett。チェット役はScooby-Dooのシャギー役のMatthew Lillardが演じています。

バーディとチェットの禁断の愛に圧倒。
バーディのインパクトの強さに感心していたら、コメディ界の女王と言われる方だそうで…納得。
なんとGleeに出ていました。それもスー先生のお母さん役で。
偉大なコメディエンヌであることに納得です。
スクービー・ドゥーは未見なのでよくわかりませんが
チェット役の人もそれなりにすごい人なのかな。

もうひとつの驚きはShamelessのミッキーが
鑑識のデール・スタッキー役で出てきたこと。
SVUのサブレギュラーの中では今までになく脳天気で明るそうなキャラなので
かなりの異色ぶりにびっくりしました。
Bonesあたりに出てきたら普通に受け入れられそうですが。
本人もSVU希望のようですが、仲間入りできるのかな。
オハロランが大先輩に見えてきました。
OZの時代は坊やだったのに…

Law&Order SVU S1-#1 「Payback」(女たちの制裁)

ついにSVUがDlifeで無料放送されました。

実はこのエピをオンタイムで観たことがありませんでした。
ブラジルでSVUに出会った時はすでにS1の途中だったし
FOX CRIMEでオンエアが始まった時は自宅ではCRIMEが映らず
仕方なくUS版DVDを観ながら必死でエピガイを書きました。
そして今回念願のパイロットをオンタイム視聴。
感激しました。

このエピは本当によくできてると思います。
詳細はUS版を観た時にアップしていますので
そちらをご覧ください。
Payback
読み返すと訳が変だし細かいミスも多数ありますが
SVUとの初対面でいかに引き付けられるかを紹介させてもらいました。
1時間の中でまずSVUという組織がどんなものか、本家との違いを
法廷のステーブラーが説明。
ホミのマンチが何故ここにいるかを本人がぼやきます。
本家のスピンオフだというのはクレイゲンの存在はもちろんのこと
ヴァン・ビューレンの電話というセリフからも伝わってきます。
このころはSVUには検察がいないのでカーマイケルが出ていました。
マッコイさんでもよかったのに。
ステーブラーがよき父親であることは
キャシーとともに学校の面談に行ってることから判明。
そしてベンソンは母との会話を通して
母がレイプされて生まれていることを伝えます。
そしてキャシディは新人。
ついでに本家&CIの監察医ロジャースは
最初はSVUにも出ていたんだと再確認してしまいました。
この分野は人手不足だったのかな。

ステーブラーはケラーじゃないから山野井さんじゃなくてもまあ仕方ないとして
マンチはやっぱり田原さんがよかったな。
ステーブラー、声的に若返った気がします。
見た目は当然のことながらケラーだし。
そんなわけでこのショットが大好き。

svu1-1sp.jpg
二人が目を合わせたら絶対悪巧みでしたからね。

今回吹替版を観て改めて驚いたことは
クレイゲンがやたらと明るい。
マンチと一緒にはしゃいでるなんて信じられません。
やたらと何か食べてるし。
今の緊迫してるか尻拭いしてるか状態のクレイゲンに比べると
ずっとのびのびしていていいです。

思いのほか吹替版が楽しめたので
のんびり継続視聴予定。
少なくともキャシディがいる間は見続けようと思っています。
目の保養になるし♪

Lisa Stansfield 「Biography」

Biography [DVD]Biography [DVD]
(2003/02/03)
Lisa Stansfield

商品詳細を見る


<カッターさん祭り>

ついにPVに手を出しちゃいました。

リサ・スタンスフィールドって全く知らないシンガーでした。
でもYouTubeにアップされている「Set Your Loving Free」の映像を紹介してもらい大感激。
リサのお相手がライナスなんですよ。



キュートすぎです。
もういきなりヘタレ度満点。
さっさとリサに押し倒されジタバタし…
これが典型的ライナスってことでしょうか。
シャツ突っ込みファッションはちょっといただけないけど。

lisapv.jpg

でもこの微笑みなら許されます。

この曲は1996年にリリースされたリサの4枚目のアルバムReal Loveに収録されていますが
PV製作もその頃なのでしょう。
美青年カッターさんです。

ところでこの映像をDVDで視聴できないか探してみたら
Biographyという作品を発見。
Greatest Hitsなんですが
一曲ごとにリサが曲の解説をしています。
でこの曲は?
リサは「ライナス・ローチ!」と一言言って笑っていました。

初めてリサの曲を聴きましたが
90年代テイストながらお洒落でいい感じ。かなり気に入りました。
PVももっと際どいセクシーなものが多くて
ライナスとのコンビは清純派かも。
それでもリサが押し倒してますけどね(笑)
値段が安いのでお買い得ですが
リージョンオールと表示してあるのに普通のデッキでは再生できず
オールリージョンのデッキで観ることができました。
お気をつけください。

ジャスティス (Hart's War)

ジャスティス デラックス版 [DVD]ジャスティス デラックス版 [DVD]
(2004/06/25)
ブルース・ウィリス、コリン・ファレル 他

商品詳細を見る


<カッターさん祭り>

L&O LAでデッカーさんはNYへ行った時カッターさんとディナーしたとルビローサに話していて
二人の接点がすごく気になっていたのですが
なんと第二次大戦中ドイツのアメリカ兵捕虜収容所で一緒に収容されていました。
ついでにこの作品、どちらかというとデッカーさん祭りなんですけど…

コリン・ファレル演じるハート中尉は任務中にドイツ軍に捕まり
捕虜収容所に連行されることになります。
そのとき一緒に貨物列車に詰め込まれていたのがライナス演じるロス大尉。
ここではキャプテンらしく兵士たちを統率し仕切っていました。

たどり着いた収容所にはマクナマラ大佐以下
多くの兵士たちが収容されていますが
将校の宿舎は混雑しているため
ハートは下級兵士の宿舎に入るよう言われます。
そこにいたベッドフォードはハーツのために靴を調達してくれますが
なんだか胡散臭い男でした。
そこに飛行士の黒人の少尉、スコットとアーチャーがやってきます。
二人は他の兵士たちより身分は上ですが
ベッドフォードを始め兵士たちは早速人種差別を始めます。
リベラルな態度を取るのはハートだけ。
するとナチスが宿舎の検査に来て
アーチャーのベッドから武器を見つけ出します。
アーチャーは反逆罪で即刻死刑に。
続いてベッドフォードが殺され
スコットに罪がかぶされます。
スコットは無実を訴えますが軍法会議にかけられることになり
マクナマラ大佐はロースクールに通っていたハートに
スコットの弁護をするよう命じます。
こうしてL&O 収容所バージョンとなるわけですが…

マクナマラ大佐のブルース・ウィリスとハートはあっちへ置いといて
その他の登場人物がどこかで観た人ばかり
無実の罪を着せられかけるスコットがデッカーで
殺されたベッドフォードはChaseのジミー。
法廷で検察側に立つのがEli Stoneのマット。
他にマイアミのスピードルがいるし、SVUのベンソンの弟がいるし
実にゴージャスでした。
ついでに女性は一人も出てきません。

いくら法律を学んでいるとしてもハートにうまく弁護ができるわけがなk
最初は失敗してしまいます。
するとナチスの将校のヴィっサーが妙に親切で
自分もイェール出身だからと軍の法律署を貸してくれ
ハートを励ましてくれます。
マクナマラはハートにスコットが外に出た方法について嘘をつくように指摘。
実はハートは収容所に来た際の拷問で軍の秘密を口走ってしまい
そのことを伝えられずにいる裏目もあるのですが…

再び法廷が再会。
そんなわけでデッカーさんは被告として座り
カッターさんは判事マクナマラの隣で黙って成り行きを観ています。
スコットの証言は熱くなるとまさにデッカーそのものでしたが
カッターさんは何もしゃべらないんだよね。もったいない。
そしてこの法廷の裏にさらに大きな陰謀が。
実はカッターさん以下兵士たちは地下にトンネルを掘っていて
陪審が審議している間に35名の兵士が脱出しようとする計画が進んでいたのでした。
つまりスコットの裁判は脱走のカモフラージュ用。
事実を知ったハートはスコットに一緒に脱走を勧めるんですが
スコットは断ります。
この毅然とした態度はかっこよかった。

ハートはスコットの無罪を主張。
しかも自分がアーチャーを殺したと言い出したので、話がおかしくなりました。
ナチスはマクナマラ達の脱走計画を暴き、結局マクナマラは銃殺されます。
L&Oの裏のPrison Breakは失敗に終わってしまいました。
そのうち戦争も終わるんですけど。

今回のカッターさんは最初は偉そうだったけど
あとは地味でした。
法廷で何か言ってほしかった!
気が付いたら地下トンネルの中で顔を真っ黒にしてたし。
カッターさんは控えめでも
映画そのものは見応えありました。
大量のオヤジを堪能できたし。
特典映像にインタビューがついてましたが
ここで無精ひげカッターさんが拝めます。

justice.jpg

カッターさんの後ろにデッカーさん♪

Brothers&Sistere S5-#18 「残された思い」

DlifeでS1からスタート。
2話目をたまたま観たら、ケヴィンとスコッティの運命の出会いのシーンで
このエピが今につながっているんだなとしみじみしてしまいました。
他の人達は紆余曲折してるのに
二人の揺るがない安定感は、やはり努力の賜物ってことなんですね。
それにしてもケヴィンの事務所に現れたスコッティってキュートだな♪

サラが結婚式の準備に乗り気ではないのにルークはイライラし
スコッティは母親バーサがオリヴィアに会いにくることに不安を隠せず
ジャスティンは30歳のバースデーパーティなんて勘弁してくれと訴え
遠征が終わってリリーを引き取りに来たブロディは居候モード。
そんなときノラに母アイダの死の連絡が入ります。

みんなアイダが嫌い。
ここまで憎まれてるおばあちゃんもかわいそうです。
確かに出てきたときのインパクトは強かった。
ノラとブロディの交際を反対したのもアイダだし
ソールはアイダに自分がゲイであることなんて決して話せませんでした。

でも葬儀は行わなくては。
ノラは葬儀の準備に取り掛かりますが
別れの言葉を書くことができません。
そしていざ、別れを告げる番になっても
言葉が出ず教会を飛び出してしまいます。

ブロディは気取らない普通のオヤジなんだけど
ノラにとっては安心できる大切な存在でした。
ブロディは恨まれてたけどアイダのことを知ってるし
今心にぽっかり穴のあいたノラをブロディが支えてくれます。
夢を追い続けているブロディですが
実は球団を解雇されて行くところがなかったんだ…

ジャスティンとルークはアイダの遺品を整理していて
アイダがソールにあてた手紙を見つけます。
手紙はソールに渡されるけど、ソールは読もうとしまセん。
でもスコッティの声かけでようやくソールは手紙の封を切り
母が息子を理解してくれていることに気づきました。
気づくのが遅すぎた…
ソールが自分が孤独なことを嘆くと
スコッティはソールも幸せになるべきだと諭します。
ソールは家を買いジョナサンと暮らすことを決意します。

スコッティの予想通り、バーサは孫のオリヴィアをかまいたくて仕方ないんだけど
それはオリヴィアが望んでることではなく
また親子はぎくしゃくしてしまいます。
今度はケヴィンがバーサに意見する番。
スコッティも頑張ってるんだから認めてもらわなくては。

サラにとっては2度目は質素でもいい結婚式は
ルークにとっては人生に一度きりの大切な結婚式。
二人の価値観の違いも、折り合いをつけることができました。
ケヴィンが見つけたジャスティンが30歳までにしたいことリスト。
すでにバツイチ一人者ジャスティンは自分を卑下してましたが
母さんに本音で話すことはいつでもできます。
また家族の絆が強まりました。
恨まれてばかりのアイダでしたが、素晴らしいおばあちゃんでした…

Kommissar Rex S6-#4「不死の薬」 #5 「牧場の陰謀」

「不死の薬」
あまりにもファンタジーすぎるお話についていけなくなりました。
でもサクッと感想を。
国立図書館だっけ…の立派な建物にいつものように感動。
こんな文化遺産の中で平気でロケができるウィーンのおおらかさに
いつもながら恐れ入ります。
エロの次は文化遺産ってどういう国なんだ?

いきなり落ちてきた本の角に頭をぶつけて死んでしまう人がいるかと思えば
古い図書館でも書架は新しくて
移動式書架に挟まれて潰される人もいて
殺人の方法としてはなかなか画期的。
L&Oシリーズなどで参考にするのもいいかもしれません(苦笑)
でも殺人のきっかけとなるのが150歳生きた人(ホントか?)のために開発された
不死の薬の説明書をゲットすること。
学生二人が必死になって薬を作ろうとしますが
本当に150年生きたいわけじゃなくてとりあえず金もうけしたかったようで
少し安心しました。

しかもこの説明書はチベットに由来するものだったようで
突如チベットの僧が説明書を探しに来ました。
でもドイツ語が堪能で驚いた(笑)
地球儀の中に隠されているってことで
次に探すのは地球儀博物館の中。
これまた歴史の流れを見つめていた地球儀たちが展示されているようで
なんでもあるウィーンです。
地球儀の中にチベット伝来の箱が入っていましたが
周りに毒が塗ってあって触れると危険。
だけどレックスは真剣な追いかけっこで箱をゲットしちゃいました。
突如倒れるレックスに衝撃が走るアレックス。
思わず涙目…と思ったら僧のパワーで毒が消えてしまいました。
ほとんど意味不明。
とにかく無理してでも長生きしようなんて思わない方がいいようです。

「牧場の陰謀」
こちらの方が陰謀に筋道が通っていてわかりやすかった。
だけど犠牲者多すぎです。

馬術競技でオリンピックを目指すテレーサの母親は
調教師アーサーに名馬シリウスの調教を頼みます。
ところが無茶し過ぎてシリウスは足を骨折。
こうなるとシリウスを殺さなければならないのは仕方ないことですが
厩舎係がかわいそうだと叫んだため
アーサーの弟が厩舎係を羽交い絞めにしたら
首が折れて即死してしまいました。
調教中に一人と一頭が死亡。

厩舎係は牛の檻に放置して牛に蹴られたように見せかけ
シリウスは消臭して乾草の中に隠しました。
ところが名馬が消えてしまうわけにもいかず
しかたなくほかの馬にペンキを塗ったり烙印を押し直したりして
シリウスに見せかけます。
そして検査もパス。
そのころ動物愛護家の夫妻が馬を虐待していないか調査に来たり
アーサーと母親は保険金目当てに誘拐事件でっち上げの細工をしたりいろいろあるんですけど…

牧場を探るためにクンツが潜入。
新しい厩舎係に雇ってもらいます。
すっかり潜入慣れしたクンツだけど、糞の始末ばかりでお気の毒。
レックスは馬が大好きで
馬の絵を見ているだけでご機嫌です。
馬のトレーニングも真似したくてアレックスにおねだり。
知的障害をもうアーサーの弟は
犯した罪が暴かれると納屋に火をつけますが
中にレックスとベックが置き去りに。
アレックスはレックスを助けに行くけど
ベックを放置状態で焦りました…すぐに気付いたけど。
すると弟はショベルカー?に乗ったまま納屋に突っ込み自爆。
気の毒な最期でした。

アーサーはテレーサを人質に取って立てこもります。
このときレックスが馬術ならぬ犬術を披露して大活躍。
アーサーは逮捕されましたが、犠牲の多すぎる話でした。

すべては愛のために (Beyond Borders)

すべては愛のために~Beyond Borders~ [DVD]すべては愛のために~Beyond Borders~ [DVD]
(2005/07/06)
アンジェリーナ・ジョリー、クライヴ・オーウェン 他

商品詳細を見る


<カッターさん祭り>

ブラピ妻に特に関心がないのでほとんど作品を見たことがないんですが
こんな機会に触れてみるのもまあいいか。
そんなわけでアンジェリーナやクライヴ・オーエンのファンだったら
きっと感想が変わってくると思うけど
ここはカッターさん祭りなのであしからず(苦笑)
あくまでもライナスの立場で語ります。

1980年代金持ちのおぼっちゃまヘンリー(ライナス)と結婚したサラ(アンジェリーナ)が
英国社交界のチャリティー会場に
突然ガリガリに痩せた子供と一緒に乗り込んでくる青年医師ニック(クライヴ)に圧倒され
貧困に苦しむ子供たちを救いたいと思い始めます。

そしてサラはヘンリーを置いてニックが働くエチオピアへ。
出資したのはヘンリーの家族のお金なんですけど。

帰国したサラはヘンリーとの間に息子をもうけ
国連関係の仕事に従事していましたが
ニックがカンボジアへ薬品を調達するために
二人の友人エリオットに頼まれてカンボジアへ。
ヘンリーと子供は放置状態。
しかもヘンリーは失業中。

カンボジアで向こうの兵士と衝突してエリオットは死亡。
サラとニックはお互いの愛を確認。

でもサラはまたロンドンの家に帰ってきます。
いつの間にか娘も生まれていますが
サラはニックが無事かずっと気になっています。
そして姉のジャーナリストのつてでニックがチェチェンにいることを確認。
今度はチェチェンへ飛びます。
そしてチェチェンの紛争に巻き込まれ
ニックが撃たれ、サラは逃げようとして地雷を踏んでしまいます。
そのまま爆発。
残されたニックは一人ロンドンの家を訪ねるのでした。

また正しいライナスのへたれっぷりを堪能(苦笑)

冒頭いきなりCrashのコピーバンドで踊ってるヘンリーはお茶目ですが
あとはいかにも正しいイギリスのおぼっちゃまを演じてました。
ダンナをほったらかして飢餓に苦しむ子供たちを救いたいと
家を出ていくサラ。
もう勝手にしなさいと言いたいところですが

サラが帰ってくるとヘンリーは受け入れます。
子育ても彼の仕事だったんでしょう。
ベルリンの壁が崩壊した頃
経済危機でヘンリーは失業。
見た目的にもお見事なやつれ具合でした。
父の部下みたいな愛人?を家に連れてきたけど
だから別れるでもなく
結局サラのやりたい放題を我慢してる?

そのうちサラはカンボジアに飛び
ニックと愛を確認。
その後生まれた娘はニックとの間の子供だと
サラはニックに告げていたけど
それをヘンリーはどうとらえていたんだろう。
育てているのはヘンリーなんだし。

醒めきってる夫婦でも子供たちのために一緒にいて
サラはまた勝手に愛する人を探し始めます。
さすがに今度はヘンリーもむっとしてましたが
サラを止めるパワーはないんだよね。
再び留守番させられます。
そしてサラはチェチェンで愛する人に出会うけど
地雷で吹っ飛ばされてしまいます。
ニックは自分たちの娘の姿が見たくて
サラの家を覗きに来たところでおしまい。

「すべては愛のために」
世界を救いたいというのは表向き
自分の愛を追求するために夫と子供をほったらかしにしておく妻を
じっと待ち続ける我慢強い夫のお話(苦笑)
ヘンリーの立場だったらむちゃくちゃ腹が立つでしょう。
妻は異国の危険な地で浮気中。
それを待たされてるんだもん。
だけど我慢し続けてたのは何故?
裏事情は明かされてないので
ヘタレなだんなは妻の言いなりだったと思うしかないのかな。
情けないです…

Law&Order SVU S10-#15 「Lead」

小児科医のギルバート・ケプラーが4件の第4級性的虐待罪で有罪の評決を言い渡される。ケプラーの弁護士グレンジャーは保釈を申し出、判決が下りるまでケプラーは自宅から出ないよう言い渡される。さらにグレンジャーはNYPDは以前からケプラーの性的虐待を知っており、犯行を止められたはずだとクレイゲンと部下を訴えてくる。内部調査のタッカーはケプラー逮捕までの詳細をステーブラーらから聞き出す。虐待を訴えてきたジャスティンは嘘の告発の過去があり信用されなかった。その後ケプラーが尿路感染症の痛みを軽減させる治療と称して、少年たちの股間を触っていることが判明し、逮捕に至った。ところが今度はケプラーが虐待を隠ぺいした件で勤務する病院を訴えてくる。ケプラーは病院を起訴できる証人となった。
ベンソンとステーブラーが証人としてのケプラーに会いに自宅へ行くと、ケプラーが倒れ辺りに血痕が飛び散っていた。現場にはキムの代わりにアレックスが来る。
ケプラーの右ひざに銃弾が一発当たっていたが、他に発射された8発はやみくもに撃たれたようだった。そして頭部に殴られた跡があり、現場に残されていた血だらけのゴルフクラブで殴られたものと思われた。犯人はケプラーの被害者または家族と考えられるが、未成年のDNA提出には親の許可が必要だ。ステーブラーがジャスティンの母に尋ねると、親子はケプラーを恨んでいたが、免責の書類にサインさせられていて訴えを起こすことができなかった。唯一虐待現場を見ていた看護士のリリアンがその実態を証言する。リリアンはその時警察に通報しようとしたが、病院の弁護士コールドウェルに解雇されると脅され通報できなかった。
ケプラー殺害現場に残されていた手袋から、クライブ・リンウッドのDNAが検出され、ステーブラーらはリンウッド家に捜索に行く。息子のジェフはクライブの銃を見せようとするが、箱の中に入っていなかった。帰宅したクレイブは逮捕される。
クレイブは過去に有罪判決を受けていたが、不当逮捕でDNAの採取をさせられたと不満を述べる。罪状認否で担当弁護士は現場のDNAはクレイグと一部しか一致しないため起訴の取り下げを要求、し判事は認める。その後銃弾に付いて腐食していた指紋を調べたところ息子のジェフの指紋だとわかる。
ジェフは取り調べに対し、ケプラーの治療を受けたが触られるのは嫌だった。ハンバーガーショップでの仕事帰りに父親の銃を持ってケプラーの家に行き、ケプラーに挑発されて彼を殴り殺してしまった経緯を自白する。ジェフが知的障害を持っているのは明らかだが、19歳で成人であるため問題ないと逮捕、第二級謀殺罪で起訴される。するとグレンジャーは今度はジェフの弁護に回り、レイプトラウマ症候群を主張してきたので、ジェフはDrファンの精神鑑定を受けることになる。
ジェフはDrファンにケプラーが怪物になって現れる悪夢を見ると話すが、ファンが自分の証明書を見せたら彼がドクターだと気付いたジェフは突如「あんたは悪い奴だ。」と襲いかかり、倒されたファンは頭を打つ。しかし怪我はなく、Drファンはジェフの発達障害を心配する。
法廷でジェフは、逮捕されたときベンソンとステーブラーは意地悪だったとステーブラーに自白を競争されたと証言する。しかしアレックスにいじめに遭った話を持ち出されたジェフは「僕はうそつきじゃない。」と興奮して叫び、持っていた鉛筆を食べ始める。
Drファンはジェフの異食症を疑い母のバージニアに話を聞く。ジェフは5歳のとき発作を起こして脳が膨張し、異食症の症状が出始めた。手に入るものは何でも食べ、特にトイカ―の塗装を舐めるのが好きだったが、塗装に鉛が使われていたため中毒を起こし、脳の発達が妨げられたのだった。トイカ―を製作していた玩具会社のCEOが訴えられ、ジェフは精神障害が認められ無罪となる。

ケプラーの有罪判決が下りた後、マスコミ向けのインタビューでキムは今の法では懲役16年が最長だと説明していましたが、その後司法省に呼び戻されてしまいます。急遽代役で来たのがアレックス。アレックスは1時間前に受諾したばかりで、ベンソンらに連絡する間もなくケプラーの殺害現場に現れます。だがSVUのメンバーと顔を合わせると、撃たれたときのことを思い出してしまうのでした。べレスは死亡し、コナーズは強制送還されもう安全だとベンソンが説明します。こうして3年間の証人保護を終えて、アレックスは現場に復帰したのでした。代役だったはずのアレックスですが、キムが復帰することはなく、S13で次長検事ヘイデンに代わるまでSVUで活躍します。
ケプラーの殺害現場では9発銃弾が発射されていましたが、当たったのは最初の一発だけで、撃ったのはよっぽど射撃が下手な者と思われました。致命傷となった頭部打撲はゴルフクラブではなく、傷口に金の付着が確認されました。SVUに連行されたジェフはケプラーの治療を受け、触られることに嫌悪感を示しますが、医者だから触ってもいいと言われてしまいます。父にいじめられたらやり返せと教えられていたジェフは、父の金の銃に自分で弾を込めて、ケプラーの家に持って行きました。そしてケプラーに銃を突きつけ、何故嘘の証言をしたのか尋ねます。するとケプラーが殴りかかってきてそれが銃に当たり、ケプラーの右ひざに弾が直撃。バカ呼ばわりされたジェフは怒って何度も銃で撃ちますが、ケプラーに当たりません。そのうち弾が切れたために銃で殴り、銃が真っ赤になってしまったので今度はゴルフクラブで殴り、ケプラーを殺害してしまいました。
ここまであっさりと自供してしまったジェフの知的障害を問う必要はないとアレックスは判断しますが、精神鑑定が必要になりDrファンが任されます。するとファンが医者であることを知ったジェフは豹変し、怒ってファンを殴りつけてきました。Drファンはジェフの発達障害は大きな問題だと心配します。行動が幼く単文が理解できず、感情を抑制できない。アレックスは父の銃を持ち出したことで計画性や殺意を持っていたことを指摘しますが、IQもボーダーラインで、知的障害が認められれば起訴できなくなります。
ジェフは証言台に立ちますが、アレックスに過去のいじめに対し暴力をふるったことを指摘され、ステーブラー達が意地悪だったという証言を覆されそうになったことに対し腹を立てます。「僕はうそつきじゃない。」と怒鳴り鉛筆を食べ始めたことで、Drファンはジェフが異食症であることに気付きます。グレンジャーとアレックスはペトロスキー判事に呼び出され、ジェフの知的障害は明らかだと指摘されます。アレックスはペトロスキーに復帰を歓迎されますが、ジェフには判断能力がないのだから人権を冒とくしないように、検事補になった時の気持ちを忘れるなと意見されます。
Drファンの判断からジェフは脳のMRI検査を受け、鉛中毒により脳の発達が妨げられたことが証明されます。クレイブは「お前を守ってやれなかった。」と謝り、ジェフの無罪が確定したのでした。

突然のアレックス復活に驚き。
それより唐突に姿を消すキムにもっと驚きです。
あまり法廷に立つこともなく、イマイチSVUになじまないまま終わってしまいました。
S10ではクレジットは残っていますが、もう出てこないそうで
本当に一時的なつなぎ役だったんですね。
そして嬉しいアレックスの復活。
彼女の厳しく追求する姿がカッコイイです。
まさに女マッコイさんでカッターさんですからね(意味不明…笑)
事件に巻き込まれ死亡したと見せかけて
3年間証人保護プログラムのお世話になっていました。
ほとぼりが冷めて再スタート。
これでSVUの法廷部門が盛り上がりそうですね。
楽しみです♪

海外ドラマTVガイド

海外ドラマTVガイド 2012年 04月号 [雑誌]海外ドラマTVガイド 2012年 04月号 [雑誌]
(2012/03/15)
不明

商品詳細を見る


駅の売店で発見しました!
普通に新聞や週刊誌に混じって海外ドラマムックが買えるなんて
夢のような話です。

TV Taro 関東版増刊 海外ドラマTVガイドということで
全国規模で売られているのかよくわかりませんが
(ネットでは買えるけど)
扱われているドラマはBS、CSの作品なので
関東はあまり関係ないです。

表紙はGossip GirlなのでまずメインはGossip Girl
そしてPan AmやRevengeなど新作ドラマが紹介されています。
さらにDlifeをメインとする「シーズン1からちゃんと見る!!」特集。
SVUの吹替版登場に狂喜乱舞していたため気付かなかったんですが
Dlifeでは字幕版と吹替版の両方でオンエアされる作品が多いんですね。
ついでに「女子必見!の人気作」となっているために
SVUやCIを初めとするクライムドラマはしっかり無視されてしまいました。
CloserやDamagesは女性が活躍するからいいらしいけど。
そうじゃなくてオヤジを注目してくれないかな…とプチ不満。

Gleeやヴァンパイア企画はまあ定番かな。
IMAGICAが歴史ドラマに力を入れるようですね。
CAMELOTは観ようかなと思っていますが
IMAGICAでは6月、WOWOWでは5月と同時期に扱われる
イタリアルネサンス家のボルジア一家のドラマ。
両方観たら頭が混乱しそうだけど気になります。
IMAGICA版はOZのトム・フォンタナがクリエイターだそうで
それだけでも要チェックかな。
青春ドラマ特集はさすがにもう縁がない…
One Tree Hillは1話で挫折したし
Gossip Girlもどこまでついていけるか不安。
その前にまたL&O漬けの日々復活ですからね。

ところでスパドラL&Oサイトをチェックしていたら
L&Oゲストスターエピソードの中に
S19-#5「消えた事件」が入っていて感激♪
またルーポとカッターさんのお泊まりエピが観られます。
ここから余計な妄想がスタートしたんだな(笑)
4月3日、再度じっくり味わわせてもらいます。

Wuthout a Trace S7-#15 「カメレオン」

だんだんよろめきドラマ度が強くなってきてやや食傷気味のWATですが
このエピはなかなか面白かった。
ディレクターがマーティンだったんですね。

大学でいい奴だったジェイがパーティーを企画。
みんなで盛り上がっているとき彼のポケベルが鳴り
ジェイは酒を買いに行くと言ってそのまま姿を消します。
残された車にあった学生証は偽造されたもので
大学にはジェイという学生はいませんでした。

偽学生ってことは
麻薬摘発の目的で張り込んでる潜入捜査官かなとも思いましたが
ルームメイトが学費に困っているとぼやいたら
現金をぼんと渡してくれたそうで
捜査官が金を持っているわけがない。
ということは犯罪者ですか?

そのうち偽学生ジェイは医者のブレイク・キーズであることが判明。
確かにその医者はいたんですけど
ブレイクが勤務していた病院の同僚医師は
ブレイクがギャングの怪我を治療してやっていたのを見たと話します。
札束は裏の治療の報酬ですか。
ってことはブレイクはブラックジャックなのか…と思いきや

ブレイクはすでに亡くなっていることが判明。
ブレイクになりすましていたのはジョン・バローズでした。
(他にスティーブと名乗っていたときもありました)
ブレイクの姉のチェルシーは
子供の時のメイドの息子がジョンで
キーズ家の暮らしに憧れていたことを覚えていました。
ブレイクが医者になればジョンも猛勉強して医学を学び
ブレイク亡き後ブレイクになりすましていたのでした。
そこでアブナイ人達を助けてしまったために
今回も治療の依頼が。
応急手当をしたものの手術が必要だとジョンは説明したんですが
結局怪我人は死亡。
仲間はその怪我人を車のトランクに入れ燃やしてしまいました。

姿を消したジョンですが、大学で出会った恋人の講師に会いに来ます。
付き合い始めた時は講師と学生が…と戸惑いもあったんですが
結局偽学生で年齢差もなさそうだし問題なかったんだね。
だがジョンはけじめをつけて、別天地で新たに人生をやり直します。
今度はジョン本人として。
ジョンは失踪はしてなかったけど偽医者になりすましていたんだから
それは罪に問われるべきだと主張するマーティンをダニーが制止します。
自分にも名前を変えて生きたいと思った時があった。
ジョンの気持ちがダニーにはわかるので
見つかったことだし、あえて細かく追求することは止めようと思ったのでした。

いよいよジャックとハンナの親子暮らしが始まります。
問題含み娘のハンナだけど、ジャックはそれ以上に心配症。
勝手に外に出るなと様子は父親を超えて捜査官そのものです。
娘はいい加減うんざりしています。
ところでジャックは若い頃はSex Pistlesがお気に入りだったようで
まだLPを大切に持っていました。
プレイヤーはなさそうだけど。
ついでにジャックとサムはまあ適当に距離を置きつつ付き合ってる感じ?
よろめきFBIなのでどうでもいいですが。
ハンナは我慢できず外出。
ジャックはハンナが勝手に出て行ったことを激しく起こりますが
ハンナはディナーを用意して父の帰りを待っていました。
父は自分が熱くなってしまうことを承知してはいたけど
それがトラブルのもとだとわかっていても直らないんだよね。
とりあえずいい感じに父と娘の生活はスタートしました。

もう一度Kidnapped #2 「思わぬ届け物」

Kidnappedは日テレでもオンエアしてたんですね…気づいてなかった。
でもホームページが残っていました。
当然アンディは無視されてますが…

FBIによる最初のレオポルド救出作戦は失敗。
アンディはあれこれ言い訳した後ケイン家の様子を双眼鏡で覗くのですが
アンディが観ているのはナップだ!!

いきなりルポカタ萌え要素が!とドキドキさせられちゃいましたが
そのあとは二人の接点はあまりないんですよね。
相変わらずカッターさん風偉そうなアンディは(キャラ一緒じゃん)は陣頭指揮は取るものの、
ナップと一緒に動くのはラティマーや部下のマルコム。
アンディも来ればいいのに…と思うけどナップにひっぱたかれちゃったし
とりあえず控えめでもったいない。

レオポルトがいない理由を妹のアリスは心配し始め
エリーが適当にごまかしていたら
アリスのところに荷物が届きます。
メイドが箱を開けると中から出てきたのは耳。
もしや家を出ている姉のオーブリーが被害を?
ナップとFBIはオーブリーの捜索を始めます。

ルポカタの登場だけでも十分オイシイKidnappedですが
登場人物が本当にゴージャス。
ゲストオヤジまで贅沢です。

コンラッドとエリーのケイン夫妻は
詐欺師とデス妻だから裏がありそうだなと
どうしても疑い深くなってしまいますが(笑)
OZ組タッカーとチコじゃなくてべローズとオットーが
メキシコでレオポルドを監禁。
オーブリーをとらえるように命じられたチンピラ(と言われてたね)は
Dexterのクインだし
コンラッドが相談に行った父親はいろんなところで顔を見るホミサイドのガーティ。
ついでに眼鏡をかけてる胡散臭い囚人もどこかで知ってると思ったら
RENTでグリーン刑事やキャット・ミラーと一緒に歌って踊ってました。
さらにFBIの部下マルコムはPan Amのレギュラーですよ。

チンピラのクインをナップが追っていると
またFBiが邪魔しに来ます。
この嫌な感じなタイミングがアンディの持ち味ですか?
そして皆で銃を構えることに。
ナップが銃を持つとかっこいいけど、アンディはどうもなじめなくて。
やっぱり弱っちいんだよね。
それがライナスらしさだからいいけれど。
結局マルコムが撃った弾がチンピラにあたり
オーブリーは無事に解放されてほっと一息なんですけど
ナップの過去もルーポに負けずに?訳ありって感じです。

一方監禁状態のレオポルドは
与えられた薬も飲まず、逃げ出すチャンスを狙っています。
そして監禁部屋をうまく抜け出し屋根を伝って外に出ますが
すぐにギャング風兄ちゃんたちにつかまってしまいます。
その時助けに来るチコがかっこいい♪
Kidnappedのチコって素敵なんだよね。
前回はその部分に見とれていてアンディを忘れていたので
反省してルポカタチェックに励みます。

Glee S3-#7 「I Kissed a Girl」

今回は辛口批評。

このところ隔週のオンエアなので
油断すると見忘れそうなのが怖い。
本国での放送が一休み状態なので
こちらが律儀にオンエアしてると追いついてしまうのはわかるけど。

そしてとても面白い時となんだかつまらない時と
落差が激しい気がします。
前回やその前はよかったけど
カミングアウトネタも飽きてきちゃったし
自分の思いつきで周りに迷惑をかけてしまう
ちっとも学ばないレイチェルには腹が立つし。

やっぱりサンタナに共感できないんだな。
クローゼットの中に隠れざるを得なかった人が
ついにカミングアウトを決意。
とても大切な瞬間だと思うけど
みんなそこまでいろいろ思い悩んでいたわけで
ブラシスのソールなんて自分の本心をそれこそ何十年も
心の中にしまっておかなければならなかった。
そういう苦労をあれこれ観ている所で
自分のもやもやをあちこちに八つ当たりしてストレス解消できちゃうサンタナが贅沢というか。
それを受け入れてしまうフィンがお人よしというか…
すんなり話が進んでしまったサンタナの決意を
よく頑張ったとは思えませんでした。
まだおばあちゃんの壁があるので、ここで苦労があるのかもしれないけど。

それよりビーストがついにクーターへの思いをぶつけて来たのがかっこよかった。
またスーに振り回され
そんなスーに利用されてるクーターでいいのか?っていう疑問はあるけど。

なんて不満は述べてますが音楽はGood。
ビーストの歌う"Jolene"が怨念がこもっていてよかったな。
シンディ・ローパーの名曲"Girls Just Wanna Have Fun"はサントラに入ってましたが
あまりにも暗いアレンジでどうなっちゃったの?と気になっていたんですけど
フィンがサンタナに捧げていたのか…とわかると納得。
こんなアレンジも画期的でよかったです。
K.D.ラングの"Constant Craving"いい曲だよね。

次は是非画期的な話題を!

Brothers&Sisters S5-#17 「オリヴィアの選択」

オリヴィアはスペルの成績で高得点を取り
ケヴィンもスコッティも大喜び。
そんなときオリヴィアの前に
アフガニスタンから帰還した兄のブライアンが現れます。
ブライアンがオリヴィアを置いていってしまってから
オリヴィアはずっと施設暮らしをしていましたが
ようやく家族ができたのに
ブライアンはこれからはお兄ちゃんと暮らそうと
オリヴィアを引き取りたいと言い出します。

養子縁組がきちんと成立していたら
ブライアンの入るすきはなかったのかもしれませんが
判事による確認は形式的なものだからと
ケヴィン達は行っていなかったんですよね。
これって担当者のジルのミスだったんですけど
養子縁組が成立してないとしたら
親権は家族に与えられてしまうでしょう。
もちろんオリヴィアの意思は大事だけど
彼女に法廷で証言させるのも厳しいし。

と珍しくL&O的な展開。
しかもカッターさんの嫌いな(笑)親権争いです。
でもケヴィンには本業なんだから頑張ってもらわなきゃ。
法廷でブライアンが主張したのは
ケヴィン達が安定した生活をしているけれど
男二人で子供を育てることへの疑問でした。
もちろんケヴィンは差別的発言への撤回を要求したけど
NYよりオープンなLAでも、ゲイのカップルの子育ては
抵抗がありますか。

ケヴィンとスコッティが今後の準備をしている間
ノラはブライアンをウォーカー家に招きます。
ジャスティンは帰還兵仲間のよしみでブライアンを説得しようとしますが
ブライアンには受け入れる気はありません。
自分が板挟みになってしまったオリヴィアはものすごく悩み
施設に帰ると言い出します。
そうすれば片方が傷つくこともなくなる。
オリヴィアなりの判断でした。
子供にこんな思いをさせなきゃならないなんてかわいそう過ぎる…

リリーが突然家出して、ノラとオリヴィアはリリーを探していました。
だがリリーは他の野良犬を連れて帰ってきます。
汚い犬だったけど、ノラはその犬にも餌をあげました。
その様子を観てオリヴィアは法廷で証言しようと決意を固めます。

法廷で述べたオリヴィアの結末。
それはオリヴィアがケヴィンとスコッティと家族になることで
ブライアンも家族の一員となれる。
ノラが野良犬を受け入れた心の広さが
ウォーカーらしさで
そのウォーカーになればみんな家族ということです。
判事もその考えを受け入れ、オリヴィアは正式にケヴィンとスコッティの娘になります。
夜店で食事していたらブライアンが訪ねてきて、オリヴィアは大喜び。
新しい家族の生活が始まりました。
しかしウォーカーへの染まり具合に早いオリヴィアは
さすがスコッティの娘ですね♪

キティはセスを諦めきれず
セスがキティの受講生と付き合ってるのを見てしまってイライラ。
そこでサラにお尻を叩いてもらい
セス奪還計画に着手します。
レストランでのアタックは失敗に終わったけど
セスはキティの気持ちを理解してくれました。
Lipstick Jungleのニコのように
年下の恋人と本格的に付き合うことにしましたか。
向こうのようにドロドロしてないだけいいけれど。

Kommissar Rex S6-#3 「情事の報い」

エロの集大成…(笑)

チャットする男が二人。
片方の男バハマンは出会い系サイトで知り合ったカインツ夫妻を招待し3Pを計画。
その前にまず奥さんとのプレイを録画してもらい
ではダンナもご一緒に…というところでダンナがもじもじしてるため
おまえは不能だろうとドヤしたら、ブチ切れたダンナがバハマンをビデオの三脚で撲殺。
遺体を川に捨ててしまいました。

ここまでの映像がほとんど18禁。
いきなり奥さんセクシー下着を脱いじゃうし
チャット男タイガーはエロ画像をへらへら観てるし
出会い系サイトやポルノ映像絡みの犯罪は
SVUでは必須アイテムですけど
アメリカのお姉ちゃんは動きませんよ!
もう普通に見せてしまうオーストリア、それでいいのか???

と思ったとたんいきなり家具&家電ショップに現れるアレックスとベックとレックス。
アレックスは卓上掃除機を探してるけど
ディスプレイの花の実を吸いこんじゃってこっそり取ってるし
その間レックスはヘッドでお休みなさい。
ベックも便乗して店員に睨まれます。
今度はコメディですか…ついていけません。
ちなみに卓上掃除機は
クンツの殺人課異動一周年記念のプレゼントでした。
キレイ好きのクンツにぴったり。

バハマンの遺体が上がり
彼のPCを調べていたらチャット先のタイガーを発見。
PC担当のクンツが「ぼんやり」というハンドルでタイガーに接触します。
さらに出会い系サイトをチェックし
ベックもクンツも連絡の取れたカップルと対面。
巨乳お姉ちゃんに圧倒されてました。
あれ?アレックスは任務がないのかと思ったら
アレックスが担当したカップルの女性はハードコア好み?
アレックスはいきなり羽交い絞めにされ
男の方に剣で刺されそうになります。
その前にレックスに縄跳び訓練をさせておいたのが功を奏し
アレックスは男を逮捕できるんですが
男は3P仲間を呼びだしておいて脅すぼったくり野郎でした。

その頃カインツ夫妻はタイガーと接触することに
ところがタイガーって異様に眉が太くて不細工系だったので
奥さんはげんなりしてしまいます。
この場に及んで容姿に文句をつけるか??
奥さんが無理と言いだしたので、二人は待ち合わせ場所を離れ
タイガーの方は夫婦の正体を暴いていました。
タイガーは再度ダンナと会うことにしますが
夜に公園の駐車場に止めた車の中で口論になって
ダンナはタイガーを殺してしまいます。
その間周りの車ではカップルがやりまくり…
どこまで乱れるウィーン??

殺された男の自宅を捜索し、男がタイガーと判明。
レックスはタイガーのぬいぐるみで遊ばせてもらいました。
タイガーが接触していた相手が見つかり
今度は「エロス」というハンドル名で近づきます。
命名者はアレックス。案外単純??
そして対面の段取りをつけ
今度こそアレックスがエロスになることにします。

カフェで待っているアレックスの姿に奥さんは満足。
アレックスは「美形」と認めてもらえました。
そして翌晩アレックスの自宅に夫婦を招待します。
張り込みは危険なので、レックスを頼りに
アレックスと夫婦の3Pが…

ついにアレックスも脱ぎますか??と思いきや
奥さんはダンナのイライラ度にうんざりし
もうこんなことは嫌だとバスルームで泣きじゃくり
アレックスは奥さんを慰め正体を明かします。
不能になってしまったダンナのリハビリのために
これをやってたって…なんかすごい理由だったんですけど。
夫は前に録画したビデオの頭部分が消えずにイライラし
聞き耳を立てていたらアレックスが警官だとわかって慌てて逃げ出しますが
レックスがちゃっかり男の車に同乗。
証拠ビデオを川に投げ捨てようとして失敗し
しっかりレックスに拾われてしまいましいた。
アレックスは男を逮捕、そしてレックスが証拠を提出。
最後は無事事件解決だったんですが。

こんなにエロ度を極めちゃってよかったんでしょうか??

rex6-3-1.jpg
ハートのベッドの上でラブリーな一人と一匹

rex6-3-2.jpg
照れ笑いするアレックス

rex6-3-3.jpg
注意書きがなければアレックスが泣かしているように見えますが
アレックスは慰めていたのでした。

鳩の翼 (The Wings of the Dove)

鳩の翼 [Blu-ray]鳩の翼 [Blu-ray]
(2012/04/04)
ヘレナ・ボナム=カーター、ライナス・ローチ 他

商品詳細を見る


カッターさん祭り第三弾、鳩の翼をようやく視聴。

実は4月に日本版DVDとBRがリリースされると知ったのは
アメリカ版DVDを購入した後でした。
もう少し待っていればよかった?
というわけでアメリカ版での視聴なのでストーリーの細かいところはすっ飛ばし
ライナスに見入ってしまいました。

<あらすじ…goo映画より抜粋、ネタばれなのでお気をつけください。>

1910年、ロンドン。ケイト(ヘレナ・ボナム=カーター)は、後援者の上流階級の伯母モード(シャーロット・ランプリング)で暮らす、没落した中産階級に属する情熱的な娘。彼女は恋人の貧しいジャーナリストのマートン(ライナス・ローチ)との結婚を因習にとらわれた伯母から禁じられて思い悩んでいた。そんな折り、ケイトは孤児ながら裕福で飾らない魅力のあるアメリカ人女性ミリー(アリソン・エリオット)と親しくなる。ケイトはミリーがマートンに心惹かれながらも余命いくばくもないことを知り、暗いたくらみが浮かぶ。ミリーとマートンをヴェネツィア旅行に連れ出し、自分は二人を残して立ち去り、残された二人を引き合わせようとしたのだ。ミリーの遺産がめあてだったのだが、その企みを知って傷つきながらもミリーはマートンに遺産を分け与えて亡くなった。残されたケイトとマートンは結ばれたが、ミリーの思い出が二人には拭いがたく残っていた。

ライナスを観るなら司祭か鳩の翼かと聞いていたのですが
確かにこちらのマートンも美しい。
司祭様とはまた違った
二人の女性の間で揺れ動く男の苦悩を見事に演じています。
ヴェネチアの風景も絵になり
とても贅沢な気分にさせてくれます。

司祭様が恋するが故に罪を犯し行き場を失っていく姿は
あまりにも痛々しく胸に刺さってきましたが
マートンの場合はこの半端じゃないヘタレ具合に
またぞくっとさせられます。
ケイトを愛しているのに、ケイトの言いなりになって
ミリーと3人でヴェネチア旅行に。
そこでスーザンも合流して女性3人に囲まれてるけど
一番弱っちいんだよね。
そしてケイトの策略によってミリーと二人きりになり
ミリーに心が傾くものの
策略がばれてミリーに謝り彼女の膝で泣き…

ミリーの死後ケイトと再会。
ここでやっとR指定らしい?ベッドシーンとなるのですが
ケイトにされるがままのマートンのマグロ状態が
なんとも情けないというか
ここまで美しくも身の入らないベッドシーンというのは
貴重かもしれません。
ついでに先日教えていただいたリサ・スタンフィールドのPVでのライナスもだけど
すっかり「押し倒される男」のイメージができてしまいました(爆)

英国紳士なライナスっていいな。
アメリカ人カッターさんもそう思い込めるけど
ライナスのイギリス英語を聞いている方が自然に思えます。
だからライナス主演の「RFK」とか観たいんですけど
あなたにケネディは嘘でしょうって気持ちになってしまうので
(ついでにティー様がRFKを演じているTVムービーを観ているので
どうしてもティー様と同一人物になってほしくないという思いが…爆)
ライナス映画は英国作品からチェックしていきたいなという思いがあります。
身近なものは最近のアメリカ映画だけど。

まだまだ続けたいカッターさん祭り
次は何が登場するでしょう。
しばらくはKidnappedやり直しかな。

wings1.jpg
陰影がくっきりと美しい。

wings3.jpg
ラフな感じ

wings2.jpg
一昔前のカッターさん?

wings4.jpg
眼鏡姿もキュート

wingsm.jpg
メイキング映像より。若々しいです。

Law&Order SVU S10-#14 「Transitions」

ストリップバー"Sugar Pop"の駐車場で男性が股間を殴打され、血だらけになって倒れ込むのをダンサーが発見する。男性は身元不明だが、財布の中に息子の写真が入っていた。性器に女性の唾液が付着し、背中につけ爪が残っていたことから、ストリッパーに殴られたのではとSVUは捜査を始める。
Sugar Popの迷惑者リストに挙げられている「いかれシド」は、駐車場でストリッパーが男性と争っているのを見ていた。男はレッカー車で車をけん引していたようだ。バーの裏にレッカー車が放置され、中にあったタイヤレバーに血痕が付着していた。レッカー車を運転していたのは回収バスターズのマーク・キューレンで、ローン未払いの車を回収していた。その中にはハドソン大の博士課程で学ぶモリー・ランバートのトヨタがあった。l高級住宅地に住むモリーの両親は娘はベンツに乗っているのでID泥棒の仕業だと答えるが、フィンとマンチがモリーを探すと、モリーはSugar Popのダンサーのミスティだった。ミスティはマークにサービスしたことを認め、文化人類学のリサーチでストリッパー体験をしていると話す。ミスティは行為の様子をデジタルレコーダーで録音していた。
マークの意識が戻り、自分を殺したいのは離婚調停中の妻エレンだと話す。エレンとは13歳の息子ヘンリーの親権をめぐって争っていた。ベンソンとステーブラーがエレンに会いに行くと、エレンは夫を愛していると説明する。そのときヘンリーが「私はヘイリー、ヘンリーは死んだ。」と言って姿を現す。
ヘンリーは性同一性障害で4歳のときに女性宣言をしていた。エレンはヘイリーの立場を認めたが、マークはヘイリーを無視し、男として生活させようとした。ヘイリーは自殺を図る。
エレンの目の下に痣があった。エレンはヘイリーに殴られたことを認める。ヘイリーはマークが襲われた晩遅く帰宅したが、その理由を自由を得るために協力したと話す。
Drファンは、ヘイリーは普通の女の子で心と体が適合していない。性的違和感を必死で正そうとし、その結果父親を殴っても当然だと分析する。ヘンリーの通う中学校の指導員ジャッキーは、ヘンリーが女性として通い始めてからいじめに遭ってきた様子を説明する。
ステーブラーがヘイリーにBFについて尋ねると、ヘイリーは私がパパを殺そうとしたと言い始める。だが母親不在時の自白なので法廷で採用できない。ヘイリーの部屋を捜索すると、アストロゲンやテストステロンなどに混ざって、性転換のため第二次性徴を止める薬のロイプロイドが出てくる。製薬会社の倉庫が襲われ、これらの薬が盗まれていた。薬とともにクローゼットに隠されていたマニュフェストをたどり、教会でボランティア活動をしていたブレイクが捕まる。ブレイクは性転換者のために薬を盗んで売っていて、マークが殴られた晩ヘイリーと一緒だった。
マークが退院し、エレンやヘイリーと顔を合わせる。ヘイリーはマークに何故ストリッパーとやったのかと詰め寄る。マークの事故の詳細は伝えてなかったはずだが、ヘイリーはジャッキーから聞いていた。ジャッキーは血に染まったコートを持っており、ヘイリーが痛々しくて守ってやりたかったと犯行を自供する。ヘイリーはストリッパーの話は撤回させてと言いに来るが手首を切っており、血が流れ出す。
ジャッキーの弁護士のボンドは、ジャッキーは父の虐待からヘイリーを守るために行ったことだと主張。キムがはヘイリーを証言台に立たせるために、ステーブラーが父親の愛情について話して聞かせる。
法廷でポンドからジャッキーに何度も自殺したいと相談に行ったことを指摘されたヘイリーは混乱する。キムはジャッキーにヘイリーを特別視する理由について問い詰めると、ジャッキーは自分も性転換者であることを告白する。マークは告訴を取り下げてほしいと頼むが、司法取引で解決することになる。

ストリップバーの駐車場で股間を傷つけられた男の息子は、性転換を希望する娘でした。女性になりきろうとするヘンリーの育て方を巡って両親が対立、離婚問題に発展します。母親エレンはヘンリーがヘイリーとして生きることを認めますが、父親は息子のヘンリーでいてほしいとヘイリーの気持ちを受け入れられませんでした。
ヘンリーがヘイリーになってからは、学校で多くの友達を失い、いじめに遭います。2か月前には女子トイレでオカマは入れないと言われ、ヘイリーは言った子の頭を便器に突っ込み3日間の停学処分を受けました。ホモと呼んだ子と格闘したり、ヘンリーと呼んだ先生に本を投げつけたり、ヘイリーは時には暴力で自分を守ってきました。
ヘイリーを支えたのは、性転換者に必要な薬を提供してくれたブレイクで、彼の活動にヘイリーも加わります。ブレイクが捕らえられた時、ヘイリーはブレイクと一緒にいたかった。愛してると叫びます。その後指導員のジャッキーが自白を始めますが、ヘイリーは自傷行為に走ります。
ジャッキーの弁護士ポンドが、ジャッキーがマークを襲おうとしたのは、父の虐待からヘイリーを守ろうとしてと主張してきたことに対し、キムはヘイリーを法廷に立たせることを考えます。そしてヘイリーは父親の死を望んでいなかったことを証言させるために、ステーブラーはヘイリーに父親の愛を確かめようとします。マークがヘンリーの写真を持ち歩いているのは、息子としてのヘンリーを愛しているだけで自分ではないとヘイリーは突っぱねますが、ステーブラーは大切な人を失ったらどんな思いをするかとヘイリーに考えさせます。ところが逆にヘイリーに「息子がドレスを着たら、まだ愛せる?」と質問され、ステーブラーは理解しようとすると答えます。「辛いし、失敗もあるけど、でもずっと愛すよ。」それが父の息子への思いでした。
法廷でヘイリーは特別だったと主張するジャッキーに、キムはジャッキーが相談員としてさまざまな苦しみを背負った子供たちを見てきたのに親に何もしていないことを指摘すると、ジャッキーは「私たちの苦しみは特別。」と衝撃的な事実を告白します。ジャッキーの昔の名前はハロルド・フランクリン。「当時は女性だと感じても薬もなく、相談もできなかった。女性として3年間暮らさないと、性転換手術も受けられなかった。ある晩バーを出ると3人の男が襲ってきたが、ジャッキーのことをフリーク扱いし、女になりたいならおれがやってやると、男にナイフで切断された。」涙ながらにジャッキーは過去を語ります。ジャッキーは自分と同じ苦しみを味わっているヘイリーを放ってはおけなかったのです。
ヘイリーの苦悩をようやく理解したマークは、自分が娘の希望を聞いていたら、事件は起きなかったと裁判の中止を求めます。だが殺人未遂犯を放置するわけにはいきません。結局司法取引でジャッキーは8年の懲役を認めました。ヘイリーはジャッキーと抱き合い、パパが薬を飲めと言ったと伝えたのでした。
ポンドを演じているのはERのコーディ役のAlex Kingston、わずかな登場時間でしたが、やり手弁護士ぶりを発揮していました。

SVUは毎回ドラマ性が高いですね。
今回はヘイリーになったヘンリーの苦しみが見せどころでしたが
ヘイリー役は男の子。
この間Chaseでアニーと逃げ回っていました。
女の子になりきっても全く違和感なかったです。
ブレイクはL Wordのマックスで女性です。
ジャッキーはTrue Bloodのミス・ジャネットなのでやっぱり女性。
みなさん微妙な役をうまく演じてました。
有罪になってしまったジャッキーは気の毒にも思えますが
ヘイリーが父親に娘として認めてもらえてよかった。
ところでステーブラーは、本当にディッキーが女性になりたいって言いだしたら
認めてあげられるんでしょうか?
微妙な感じがするけれど。

もう一度Kidnapped

キッドナップ コンプリート DVD-BOX (3枚組)キッドナップ コンプリート DVD-BOX (3枚組)
(2008/02/06)
ダナ・デラニー、ティモシー・ハットン 他

商品詳細を見る


箱を買ってしまった!!
オンエア時にぼちぼち感想を書き、録画も保存していたんですが
何故か肝心の13話目が見つからない。
カッターさんを観るにはラストの13話目が不可欠なのに、どこへ行ったんだ??
探し疲れて箱買いを決意しました。
そういえばテレビでは吹替版だったっけ。
今回は字幕で観られるし、特典映像もあるし。

特典映像はドラマ制作の内側で
主人公のルーポ=ナップのインタビューは当然入ってましたが
カッターさん=アンディも喋ってました。
型破りでアウトローな人質救出スペシャリストのナップと
いかにも型にはまった真面目なFBi捜査官のアンディ。
見た目もヴァン・ビューレンに去勢される前(笑)のルーポと
カッターさんそのままだな。
カッターさんの髪の色が濃い目なのは、染めの結果??
プチ疑問です。

オンエア時は2話連続放送だったんだ。
当時の感想
そのときはSFUのぶっ飛びビリーがクールなナップに変身しているのにびっくりし。
OZな人達が悪さを企んでいるのに納得し
しかもチコがキュート♪と
アンディの存在にはほとんど触れていなかったんですが…

第1話を再視聴。
コンラッドは息子の誘拐捜査に、ヴァージルの上司経由でナップを照会してもらいますが
FBIもヴァージル失踪を心配して捜査を開始。
そこでナップとアンディのにらみ合いスタート。
おっと、その前にラティマーご苦労様で、アンディが拍手してました。
再びカッターさんの拍手が!(笑)
ナップとアンディの作戦が一致せず、レオポルドの身柄確保は失敗。
結末を知ってれば当然なんですけど、
怒ったナップはアンディを殴ってました。
そんなこともあったっけ!
L&Oでは観られない二人の接近ぶりに
今更ながらドキドキしちゃいます。

ルーポ&カッターを堪能するために、もう一度Kidnappedを♪
でもテレビ局違うし、再放送は難しいかな。
13話でサクッと終わるし(とんでもない終わり方だけど…笑)
視点を変えて観るのも、また面白い!!