INDEX    RSS    ADMIN

5月のドラマ視聴計画

相変わらずL&Oに追いまくられる日々が続き
常にHDD内には未消化ドラマが山盛り状態。
いい加減に整理整頓しないと…と思いつつまた欲張っちゃうんだよね。
5月も新作&新シーズン目白押しだし。

☆ フジテレビ
Knight Rider

気軽に楽しめるので大好きです。

☆NHK BSプレミアム
Desperate Housewives S7

こちらもすでに古い付き合いなので(笑)
のんびり楽しませてもらっています。

☆FOX bs238
(Lipstick Jangle S2)
これを観終えると238とは疎遠になってしまうかも。

☆WOWOW
CSi S11
CSI:NY S7
Criminal Minds S6 
Medium S7
The Borgias S1
Whitechapel S3

相変わらず盛りだくさんなWOWOWです。
CSIも本家が本格的に始まりましたが
自分にとってはNYとともにややダレ気味かな(汗)
ハンクはオヤジ成分がやや弱いのと、話が飽きてきてしまってリタイアしました。
ボルジア家は先にWOWOWがスタート、その後BSイマジカが追いかける形なので
両方観るべきか、とりあえず観てから考えます。
ホワイトチャペルは大好きなドラマだけど
一挙放送だとつい溜め込んだままになっちゃうんだよね。

☆IMAGICA BS
Camelot

Camelotが予想外の面白さ。
やはり中世騎士物は好きだったことを再確認。
Pan Amはイマイチハマれずにリタイアです。
吹替版で観ていたのが敗因かも。

☆Dlife
Revenge
Law&Order SVU S1

プリティはやはりお子様向け?ついていけませんでした。
Revengeのあり得ない?リベンジはあれでよしとしましょう。
そして吹替SVUが案外面白い。
CRIMEの方が一休みなので、こっちで懐かしく楽しませてもらいます。

☆FOX
(Glee S3)
(Californication S4)
Lie to Me S3
Entourage S6

Gleeは再び一休み状態。
そしてアントラージュ復活。
このドラマも大好き。
他のコメディ系は興味がないのでパスします。

☆FOX CRIME
(Law&Order SVU S10)
Law&Order CI S7
Dexter S6
The Booth at the End

SVUが次回のエピがS10のファイナルで
そのS10ゲストスターエピとなるため一休み。
ずっと追われていただけに一息つけるのがありがたいです。
Dexterはやはりじわじわと面白い。
The Boothはサクッと観られそうなのでトライしてみますか。
そしてHomelandの先行放送も要チェック。

☆Super!DramaTV
Law&Order S1 S2
(Without a Trace S7)
Gossip Girl S4
The Mentalist S3

相変わらず本家に振り回されています。
20年前は今とずいぶん違うなと学ぶことも多いです。
メンタリスト始まるんだよね。これも楽しみ。
WATの終わり方は?どうなるんでしょう。

☆AXN
La Femme Nikita S3
(Hawthorne S3)
Hawaii Five-O S2
Alcatraz

アルカトラズが大丈夫かどうかは、まず2話観てから考えます。
今シーズンの処方箋が別のドラマ化しててついていけない!と悩んでいたら
もうおしまいなんですね。
呆気なかった。

☆AXM Mystery
Kommissar Rex S7
Death in Paradise

マークとニキが密着しすぎで
レックスの居場所がないのが気の毒なREX7ですが
ウィーンの景色とエロな事件の数々?は不滅なので楽しんでます。
ミステリーじゃなくて本当はデズだったパラダイスは
ちょっとトライしてみます。
Mad Dog S2はそのうち本放送あるよね。
先行放送は録画スケジュール的に無理なので諦めます。
The Firm先行放送も観なくては。

☆Universal
Covert Affair S2
In Plain Site S2

どちらも面白い♪
元気なヒロインにその元気を分けてもらいましょう。

☆LaLa
True Blood S3
唯一頑張れる?吸血鬼物語。
オヤジのレベルが高いからだよね♪

やっぱりこんなに欲張ってます。
全然減らないね。困りました。
スポンサーサイト

日経エンタテインメント!海外ドラマスペシャル 2012(夏)号

日経エンタテイメント! 海外ドラマSpecial2012[夏]号 (日経BPムック)日経エンタテイメント! 海外ドラマSpecial2012[夏]号 (日経BPムック)
(2012/04/11)
不明

商品詳細を見る


定期的に発売される日経エンタテインメントの海外ドラマムック。
新作ドラマの第1話を中心に、今回も6時間40分のDVD付き。
今回の目玉はALCATRAZ、The Firm、Persons of Intererestでしょうか。

5月6日にAXNでALCATRAZの第1話と第2話、,AXNミステリーでThe Firmの第1話がオンエアされますが
同じAXN一族なのにどうして重なるかなとムッとしていました。
でもこのDVDがあればThe Firmはさっさと観てしまって
ALCATRAZの2話続きの方を録画すればいいか。
(DVDには1話分しか収録されていません)
上手に利用すればいろいろなドラマを楽しめます。
Perasons of InterestもAXNで8月にオンエア予定ですが
先行放送の予定なかったですよね。
楽しみ!

しかし最近どうも時間軸が動いてしまうドラマが苦手で
ALCATRAZは舞台が刑務所だから興味津津なんですけど
(実際サンフランシスコへ行った時、海上から周りを眺めてきました)
話がLOST化してくると挫折しそうな嫌な予感。
The Firmはオリジナルの映画を観ていませんが
これだけ法律漬けの日々を送っていると
こっちの方が親しみやすいかな。
しかもCKR出ているし(今度は怪しいキャラでないことを望む)
とにかく1話目を観てから、この先どうするか考えたいと思います。

凶悪犯罪を未然に防ぐ犯罪捜査ドラマのPerasons of Interest
これがいちばんとっつきやすいのかな?
オヤジ度濃そうだし。
もうひとつユニバーサルで5月末に先行放送があるALPHASの第1話も入ってますが
特殊能力系はちょっとパス(汗)
時間の余裕があれば観てもいいけど
普通の人のお話で手いっぱいです(苦笑)

他にはPretty Little LiarsとDirtの第1話を収録。
Dirtは今頃DVD化されるんですね。
それなりに面白いドラマだったけど。
そしてCovert Affairs,Falling Skies,Tha Walking Deadのダイジェストを収録。
Covert AffairsのS2の1話めを途中まで観たけど
アニーはどうして弐千円札を大量に持っていたのでしょう。
うちにはありません(笑)
エイリアンやゾンビは管轄外なのでスルーさせてもらうことにして(苦笑)

5月も新作ドラマ&新シーズンが目白押し。
どうやりくりしていくか、何をリタイアするか悩まなくては。

Law&Order SVU S10-#21 「Liberties」

911にレイプの通報があり、通報したパムは護身術を習っていて男を怪我させていた。パムは男が屋根から入ってきたため悲鳴をあげたら脅されたので、ランプで頭を殴り急所を攻撃したと説明するが、殴られたオーウェンはパムとはレイプ願望のサイトで知り合い、彼女がレイプを望んだから指示通りにしたと主張する。パムのPCには彼女のヌード映像がダウンロードされていた。オーウェンはレイプサイトの会員だったが、パムのPCにはトロイの木馬が入り込み、何者かがヌード映像を送りつけたらしい。パムはPC講師のタイラーの仕業だと言い始める。
パムは2年前にタイラーと別れていたが、その後1年半近くタイラーに追われていた。そこで全てを捨ててロードアイランドからNYに逃げてきたが、まだタイラーは追いかけてきてパムの家の前のアパートに住み始めた。パムはロードアイランドでタイラーの接近禁止命令を取っていたので、アレックスは命令がNYでも有効かコーラー判事に確認する。命令は有効なことがわかったが、タイラーはパムが嘘をついているとストーカー行為について否定する。
パムが犬を散歩していたらタイラーに会って襲われたとSVUに助けを求めてくる。タイラーがパムの首を絞めようとしたため、犬が吠えてタイラーに噛みつきタイラーは犬を蹴飛ばしたのだった。タイラーは自分の身を守るためにやったことだと反論する。タイラーの弁護士はステーブラーの尋問が不適切だったと訴えてくるが、タイラーは法廷で落ち着かず、判事を罵ると法廷を飛び出してしまう。タイラーは再拘留されるが、ステーブラーはコーラー判事に直接呼び出される。
判事はステーブラーの尋問方法は正しかったとして、ステーブラーに別件の捜査を依頼する。、それは30年前に行方不明になった判事の息子マーシャルの遺体を探すことだった。マーシャルは失踪から7年後に逮捕されたシリアルキラーのロイの4人目の被害者だったが、ロイはまだ遺体の置き場を明かしていなかった。ステーブラーは服役中のロイと面会し、強引に遺体のありかを吐かせる。一方判事はハンストを始めたタイラーを説得しようとする。
審問中ステーブラーが判事にロイが証言したことを伝えてくる。判事は閉廷し現場に向かうが、ロイが伝えた場所には遺体はなく、長時間遺体が放置されていたことが確認できる死蝋が残っていただけだった。判事はその形が天使のようだとつぶやく。
翌日はパムが証言する予定となっていたが、判事が法廷に出てこなかった。その前に判事はライカーズに拘留中のタイラーに会いに行っていたが、そこでタイラーの生い立ちを聞いていた。マンチとフィンが判事の自宅へ行くと、男が殴られ、血しぶきを浴びた判事が「天罰だ。」と言って茫然と立っていた。判事が殴ったのはタイラーの父のグレゴリーで、グレゴリーは子供のころのタイラーを虐待し続けていた。
検査の結果死蝋はマーシャルのものではないと判明する。その結果をSVUより先に判事は聞いていた。判事はタイラーの髪を持っていたが、それはマーシャルの髪だった。ロイは判事を苦しめるために嘘の証言をしたのだった。行方不明になっていたマーシャルはグレゴリーに育てられるが、虐待され続けた。判事は本件から降り、罪を認める。そしてタイラーに謝り真実を告げるのだった。

パムへの接近禁止命令に違反しストーカー行為を行ったことで逮捕されたタイラーをステーブラーは尋問しますが、タイラーが犬に噛まれたことを大した傷ではないとみなし尋問を続けたことについて、弁護士は被告の人権が守られていないと訴えてきます。しかしそれ以上に蹴飛ばされた犬はひどい怪我をしており、またタイラーは保釈後も病院で治療を受けていないとステーブラーは反論、タイラーへの「これ以上時間を無駄にするな。」という脅しは、罪を償って前に進めという意味だと説明します。担当判事のコーラーはステーブラーの尋問に問題はなかったと認めながら、ステーブラーの過去の問題を指摘、そして30年前に家族でピクニックをしている最中に失踪した当時3歳の息子のマーシャルの遺体を探してほしいと頼みこみます。失踪の7年後に逮捕されたロイは12人の子供たちを殺害し、その全容について供述を終えていましたが、マーシャルの遺体をどうしたかについては明かしていませんでした。肺気腫で死にかけているロイを尋問するには今しかないと、ステーブラーはロイの面会に行きます。ロイは23年間贖罪を続けてきたとそれ以上を語ろうとしません。判事に法の範囲で聞き出してくるよう命ぜられたステーブラーでしたが、ロイが抱えている酸素タンクのチューブをはずして脅しを始めると、息ができないロイは仕方なく遺体を放置した場所を話します。ステーブラーは尋問の成果を判事に伝え、判事は現場に向かいますが死蝋が残っていただけでした。
自分はストーカーではないと主張、「パムに騙され愛されてると信じさせられた。」と怒りを顕わにするタイラーは法廷で証言を聞いているうちに「もうこれ以上侮辱を受けるつもりはない。」と言い出すと判事を罵り法廷を飛び出してしまいます。そして再拘留されるとハンガーストライキを開始、判事が説得すると言い出し、タイラーに面会すると彼の生い立ちを聞き始めました。次の審問に判事が来ないためにフィンらが判事の自宅を捜索に行くと、判事はタイラーの父親を殴った後でした。判事はタイラーの父グレゴリーがタイラーを虐待し続けていたこと、そしてタイラーは失踪した自分の息子マーシャルであることを知ったのでした。タイラーがマーシャルだとわかったのは、法廷でタイラーが判事を罵った時「房君はいつも都合のいい理由を見つける。」とイソップ童話の一部を引用したからでした。これは判事がマーシャルに何度も読み聞かせていた言葉でした。判事は運命が我々を再び引き合わせたと感謝します。そして拘留中のタイラーに会いに行くと、タイラーは判事が父を襲ったことを不審がりますが、判事はタイラーに謝り自分が本当の父親であることを告げるのでした。
コーラー判事を演じているのは「The O.C.」のケイレブを演じていたAlan Dale。前回に引き続き判事がクローズアップされていました。

レイプ事件から判事が失踪した自分の息子と再会する話へ。
NYの法曹界に判事が何人いるのか知りませんが
(本家と合わせて山のように判事の顔を見ているので訳が分からず)
個性的な判事がたまにはいるのも納得です。
前回の判事マースデンは自分の利益のために不正を働き
今回の判事コーラーは自分の息子が失踪、殺害されたという過去を持っています。
その息子が生きていたという思いがけない事実と向かい合った判事は
ステーブラーを利用して真相を暴いていきます。

ステーブラーのロイへの脅しは
久々に来た!!って感じ。
たまにはこうしてケラー化してもらわないと。
ここは刑務所なんだし♪
でもさすが半端じゃないシリアルキラーのロイ。
見事に嘘ついてました。

自分が育てていればこんなことにはならなかったと
判事はタイラーの不幸を嘆きます。
タイラーが歪んでしまったのは育ての父グレゴリーの虐待を受け続けてきたから。
判事はグレゴリーにリベンジし、タイラー=マーシャルに真実を伝えます。
自らの暴力行為を認めたため、判事も有罪となり
法曹界を終われることになってしまうのでしょうが
背負っていた重荷から解放されるのだから、これでよかったのかも。

パムをレイプして殴られていたオーウェンは
PBのヘイワイヤーでした。
相変わらず怪しげな役がお似合いです。

来週がシーズンファイナル。
その後はS10のゲストスターエピとなるため
SVUはしばらくお休み。
このところずっとエピガイを書き続けてきたので
やっと一息つけます。
でも早くS11のBKの感動的な再会を観たいという思いも強いんですけど。

Kommissar Rex S7-#1 「新しい仲間」

アレックスとベックがいなくなってレックスはどうするんだろうと気になっていたら
クンツが責任を持ってお世話していたようです。
でもアレックスが黙ってレックスを手放すとは思えない。
一体何があったんだろう。
すっきりせずに観ているために、気のせいかレックスが寂しげに見えてしまいます。
映画館で一応映画も楽しんでいたし
(でもどうして映画館に犬が入れるの?)
ガス漏れを感知してしっかり仕事はしてたけど。

そして主人公が禁欲生活を強いられていた?前シーズンと相反して
今シーズンは自らエロモード全開?
マークとニキの出会いは激しすぎました。
インラインスケートをしながらお互い一目惚れ?
アレックス以上にドジ?なマークはこけて怪我をし
ニキに介抱してもらってマークはニキを自宅に連れ込み
そのままベッドイン。
あまりの展開の速さに開いた口がふさがりませんでした。
あのモーザーでさえもう少し節操があった気がします。
しかもお互いの素性を知らず。
もっとも知っていたら会ったとたんに寝てしまうなんてあり得ないでしょうが。

そして警察で再び顔を合わせた二人。
まさか同僚だったとは!これはばつが悪いよね。
幸いクンツは全然気が付いていませんが。
とにかく何もなかったように二人は殺人課の仲間入りをしたのでした。
とはいえお互いが気になってしまいます。
そんなとき車内でよろしくやっていたカップルが除かれ射殺される事件が起こります。
まだまだ続くエロ路線…

同じ犯人らしき男に遭遇し無事に逃げてきたカップルから話を聞き
レストランを経営する親子に容疑が絞られます。
そこでマークとニキが囮カップルを演じることに。
演技じゃなくて本気でできちゃうのが素晴らしいんですが
あまりに当てられっぱなしでレックスの入る隙がない。
二人とレックスの間に距離を感じました。

その前にマークが単独でレックスとレストランに忍び込んでたけど
相変わらず不法侵入励行中でしたね。
今回はソーセージパンはなし。
アレックスとベックとの別れが食べ収めだったのでしょうか?

モーザーやアレックスと比べるとどうも頼りなさそうなマークですが
ニキとコンビで一人前なんですかね?
この先の活躍を一応期待しておきましょう。
レックスはどこまで二人の間に入れるのか。
アレックスのように独占させてもらえないのではっていう不安もありそうです。

La Femm Nikita S3-#1 「ニキータ暗殺計画」

ニキータもいよいよS3に突入。
S3ファイナル直前に現れたエイドリアンにセクションがかき回され
セクションの母を葬り去ったかと思ったら
もっと面倒くさいオヤジのジョージが登場します。
長官とマデリーンのやってることもどんどん訳が分からなくなってくる感じ。
長官とフセインは仲間?だったらしいし
S1の頃のセクションの理念は強引だなとは思いつつ理解できたけど
だんだん手がつけられない状態になってきています。
セクションこそ世界最大のテロ組織に思えるし。
ということでニキータの反抗が始まるのですが。

S3でマデリーンとマイケルがイメチェン。
マデリーンが髪を短くした途端嫌味度倍増。
そんな風に感じながら観ていた記憶があります。
マイケルも髪を切ってすっきりなんですが
徐々に顔が育っていく?
そしてS5では恐怖のぶよぶよマイケルに…

ニキータは長官とマデリーンの暗殺計画のターゲットとなり
マイケルは別の任務に。
暗殺を任されたのがフェレイラでしたが
フェレイラ役の俳優さんは先住民の役でいろいろなドラマに出ているようです。
それにしてもあの上海はあんまりだよね。
どうしてアジア=ブレランの世界になっちゃうんでしょう。
急に100年くらい時代が戻ってませんか?
もし東京が舞台になっても大して変わらないはず(泣)
お願いだから時代に合った背景を作っていただきたい。

そして今回の最大のビックリは
マイケルに妻子がいた!!
エレナとアダムに会ったニキータは平静を装いつつ
ものすごいショックを受けています。
マイケルがエレナの夫になったのは、エレナの父バチェックに近づくための任務だけど
マイケルはニキータの質問に、アダムは自分の子供だと伝えてるし。
あれだけハードな任務をこなしながら、ニキータに気付かれないように帰宅して
子育てしていたなんてあり得ない!!とまず激しくツッコミたくなるんですが
アダムが可愛いので許します。

nikita3-1.jpg
親バカマイケル。親子ともに可愛すぎる♪

Without a Trace S7-#21 「迷宮」

今回の失踪者も自業自得。
ニュースサイトの記者だから特ダネを追うためにリスクを背負うのは仕方ないこと。
でもやり過ぎて情報提供者まで巻き込んでしまうのは間違いでした。
本人も反省したけどすでに遅し。
さらにターゲットの議員より妻が曲者だったとは。
記者が無事に戻ってきてほっとした途端、曲者妻が銃を持って追いかけてきて
ちょっとドキドキさせられたけどあっさりサムにつかまっておしまい。
無駄な抵抗だった気がします。

でもまたもや事件そのものはどうでもよくて
ジャックの調子に乗りすぎ発言をこのままにしておいていいのでしょうか。
確かにマーティンは深入りしすぎました。
事件の被害者(だとその時は思っていた)と恋愛関係になるのは
ちょっと軽率だったかも。
でもキムの持っていた銃がおかしい?と感じてからは
ジャックは捜査官として冷静に判断して事件の捜査を開始
ダニーの協力を得て事件解決にこぎつけたのに。

それでもジャックは気に入らない様子。
マーティンが相談もなく勝手なことをやった。
自分がスルーされちゃったことが腹立たしかったんですね。
だけどマーティンが悩んでいる時
ジャックは失踪事件のことはほったらかしで
サムの心配をしてただけじゃないですか。
それでマーティンがどうやってジャックに相談できますか??
しかも部外者なのに運転手を殴っちゃった件は
どう処理されたんだろう。
それこそ大問題だと思うんだけけど。

ジャックはマーティンの処分について
いかにも偉そうに上司に口添えしてやると言ってましたが
それで終わらないのがさらに腹立たしい。
上司が怒ってないんだからそれでいいじゃないですか。
なのにこれからはなんでも自分を通せと
しかも「息をするにも俺の許可を取れ。」って??
こんな理不尽なパワハラ発言ありえないでしょ、
素直なお坊ちゃまマーティンは大人しく聞いていましたが
もっと怒っていいですよ。
それこそジャックを見習ってブチ切れてみたらいかがでしょう。

ジャックがイライラしてるのは
サムがブライアンにべったりなのも関係してるかもしれませんね。
でも捜査に私情を持ち込むなんて大人げない。
っていうかそれでマーティンを指導できる立場じゃないよね。

ファイナルを目前に控え落ち着かない状態の捜索班。
いつもながらヴィヴが安定しているのが救いです。
残り3話でジャックが冷静な頼りがいのあるボスに変われるとは思えないし。
せめて反省の姿勢くらいは見せてほしいな。

Glee S3-#12 「The Spanish Teacher」

今回のエピは自分的にはやや不満。
せっかくRicky Martinがゲストなんだもん。
もっと大々的に歌ってもらってもよかったのに。
せっかくラテン特集をするなら
みんなスペイン語を習ってるはずなんだし
がんがんスペイン語で歌ってほしかった。
もちろんスペイン語の先生のRickyも。

先生たちは終身在職権をめぐってのバトルを開始。
アメリカの先生って大変なんだなとSVUでも感じましたが
終身在職権が確保されないと保険にも入れないという話には
正直びっくりしました。
こんなに生徒たちのために苦労しているのに。
そしてまたスー先生の恐ろしい思い付きが。
子供を持つのは素晴らしいことですが
またあまりにも短絡的すぎ。
びしっと自分の思いをぶつけたエマは立派でした。
そのあとのパンフレット攻撃も成功したし。

フィンに結婚もいいけど自分の夢をしっかり持つよう諭すカート。
言葉の重みを感じました。
サムとメルセデスの恋はこれでおしまい?
もう一歩踏み出してもよかったのに。

一番の不満はブレインがいなかったことかも!

Kommissar Rex S6-#15 「喝采の裏側」

終わっちゃった・・・しょんぼり。

アレックスとべックのラストエピは
人気シンガーのミシュー・ラングがレコーディングを終えて車で帰宅した時
車が発火して即死。
ミシューの曲はヒットチャートのトップにいたので
人気の絶頂で謎の死を遂げたことに、世間は大騒ぎを始めます。
ミシューは消防士のBfと別れて今は仕事仲間の作曲家と付き合っていたので
消防士が関与しているのではと疑いを持たれます。
確かに彼は仕事をさぼってミシューの死の直前彼女に会いに来ていましたが
事件とは無関係なことを伝えます。
また人気が出ればそれをやっかむ人間もいるし。
ミシューの人間関係を洗っていくうちに
彼女のヒット曲は盗作されたもので
オリジナルを書いたのはステージでレーザー光線を操る技師であることが判明します。
自分の曲が盗まれたことに腹を立てたレーザー技師は
レーザー光線を使ってリベンジを始めたのでした。
そしてまずミシューが、続いてバイクで走っていた作曲家が
レーザーを当てられ事故を起こして死亡してしまいます。

ステージでレーザーショーを最初に始めたのってBOC(ブルー・オイスター・カルト)だったっけ。
「タロットの呪い」というアルバムが大好きでした。
一時期レーザーショーはブームになりますが、まさかこ殺人につながるとは考えてもみませんでした。
確かに医療用レーザーで患部を焼き切ったりするんだから、その威力には納得しますが。

このレーザー男、次はレコード会社の社長を呼べと大騒ぎし
人質を取ってデパートに立てこもります。
誰かが近づこうものなら、レーザー光線で火をつけてしまうので相当危険。
厳戒態勢の中でアレックスがレーザー男の説得を始めます。
アレックスもベックもクンツもごっついサングラスを掛けていますが
これってどこまで効果があったのかな。
レーザー男に気づかれないように逃げ道を確保したら
レックスがほふく前進しながら子供たちのところに近づき
上手に逃げ道に誘導していました。
続いて鏡でレーザーを反射させる作戦開始。
あっさり引っ掛かるレーザー男はかなりお粗末。
でもレーザー銃と人質の女性を抱えて移動し、まだ安心できない状態。
その時レックスが銃のコードを引っこ抜いてしまったので
レーザー男は何もできなくなってしまいました。
レーザーを人質事件で使いこなすには、まだ機械の進化が足りなかった感じがします。

そしてついにソーセージパン復活。
冒頭ベックが念入りにパンを隠そうとして
みんなの分を見事にレックスに食べられてしまいました。
そして事件解決後クンツの差し入れのソーセージパン到着。
現場でパン食べてる刑事たちもかなり珍しいんですけど
笑顔のフィナーレでよかったです。
(脱ぎは足りなかったけど…苦笑)

でアレックスとベックはどうするの??
S7での唐突な人事異動が心配でたまりませんが
受け入れるしかないんでしょうね。
ともあれ3シーズンGedeonをたっぷり拝むことができてただただ感謝です。
この先はまだ観てないCobra11のDVDがあるから、再びクリスを楽しもうかな。

Silverhead Live at 下北沢Garden

ついに念願叶って生のMichael des Barres(以下デバレス君と呼ばせていただきます)の姿を拝めました。
デバレス君についてはこちらをご参照ください。
Nip/Tuck S5-#3 「エヴェレット・ポー」
Bones S5-#19 「殺しのセッション」
こうしてドラマにもちょこちょこ顔を出しているデバレス君。
代表作は「冒険野郎マクガイバー」の天敵マードックですが
ミュージシャンでもあり俳優でもあり
Rick Springfieldとともに大好きな
「二足の草鞋」オヤジでございます。

Silverheadはデバレス君のスタート地点。
自分にとってのリアル体験は彼の次のバンドDetectiveだったので
Silverheadはそれからアルバムを買いましたが
1974年のMLに載ってたSilverheadのポスターのデバレス君に一目惚れ。
なんと美麗なんでしょう。
それ以来地道にファンを続けてきました。
デバレス君はその後すっかりオヤジ化し
「Miami Vice」ではPower Stationのメンバーとしてライブを披露し
「マクガイバー」では不死身の敵マードックとして何度も現れてマクガイバーを苦しめ
(大好きなキャラでした♪)
最近はかつては売れっ子だったけど今は落ちぶれたミュージシャンとか
そんなキャラをやらせたら最高の演技を見せてくれていましたが。

そんなデバレス君がSilverheadの第2期オリジナルメンバーで復活。
日本でライブしてくれたんです。
実は彼らは74年に来日してライブをしてるんですが、その時は知る由もなく・・・
まさかこうして生で観られるなんて本当に夢のような話でした。

普通にライブハウスなのでセンターにスタンバイして
目の前のデバレス君をじっくり堪能。
これがまた大変で・・・
何しろステージから手を伸ばしてファンにタッチしてくれたり
気がついたらダイブしてたり
もともと小柄な人だし、ものすごく鍛えてる感じで無駄な肉が付いてないし
全然重くはないんですけど、しっかりファンの一員として支えさせてもらいました(笑)
ファンとのコンタクトを大切にする。
そしてうまく見せ場を作っていく。
これがまた俳優型ミュージシャンの特徴なのかなと勝手に思いこみ。
Rickと共通する部分があります。
さらに写真撮影がOK。
ライブハウスだからなのか、バンドの意向なのかよくわかりませんが
一緒に跳びはね叫びながら、せっせと写させてもらいました♪

「Silverhead」と「16 and Savaged」の2枚のアルバムから
代表曲を次々に披露。
さすがにどの曲も歌えます。
当時はデバレス君の英語の歌詞が聞き取れなくて困りましたが
すっかりアメリカナイズされちゃった?
いつの間にかわかりやすくなっている気がしました。
そして今回意外だったのは男性ファンが多かったこと。
自分にとっては彼はキュートなアイドルのイメージだったから
男性に人気?がちょっと不思議でした。
でもグラムロックの中では硬派なサウンドなのかな。

1948年生まれのデバレス君は64歳ですか?
髪は真っ白なんですけど実に若々しくてお元気でしたよ。
ステージで息子さんを紹介。
大阪で働いているんですって。
実は日本と縁のあるデバレス君なのでした。

desbarres1.jpg
アイドル時代のデバレス君

desbarres3.jpg
現在のデバレス君、オヤジ化しても素敵です。

desbarres2.jpg
カリスマ性十分

Law&Order SVU S10-#20 「Crash」

15歳の高校生キム・ガーネットが階段から足を滑らせて落ち、意識不明のまま病院へ送られる。キムは頭を何度も殴られており、肋骨を骨折、肩の脱臼など虐待された跡が残っていた。両親は娘への虐待を否定し、キムとBFのスティーブとの交際が目に余るとステーブラーに話す。
スティーブは1年前からキムと付き合っていたが、週末会いたかったのに断られたと説明する。またキムは両親や友達に内緒でボクシングを習っていた。キムが通っていたジムで、リックがキムに脚をひっかけて謹慎処分になっていることがわかりリックを追及すると、リックはキムに謝りたかっただけだと話す。
スタッキーがキムの携帯を押収し、キムがセクスティングを行っていたことをつかむ。キムのヌード映像は学校中の全生徒に流出していた。さらにキムは自分宛てに脅迫メールを送っていたことも判明するが、これはスプーフィングされていたためだった。履歴をたどっていくと最初にメールを送ったのは別の高校のイーサンという男子学生だった。演劇部に所属するイーサンは、キムは友達でスティーブに送るつもりの写真を間違えて自分宛てに送ってきたと話す。
キムは金曜日、イーサンに会いにリトルネックに行きそこからスティーブに宛てて写真を送っていた。市の法律顧問のサム・コープランドが捜査に関わり、キムの金曜日の行動をたどると、キムはペンステーションでリトルネック行きのチケットを購入していたが、すぐ近くでスティーブも同じ行動を取っていることを発見する。ステーブラーとフィンはスティーブとイーサンを追及し、スティーブはキムがイーサンと会うのを怖がっていたからキムを守るために行ったと説明、イーサンはキムに「あなたに恋愛感情はない。」と言われたとスティーブに疑われるような特別な関係ではないことを主張する。SVUは二人を解放するが、取調室の外で顔を合わせるとイーサンはスティーブにつかみかかる。
キムの意識が戻りベンソンとサムが事情聴取を行うと、頭の怪我は石に躓いたからで、写真を送ったのは間違いだったとだけ話して口をつぐむ。キムが真相を話そうとせず、また虐待の恐れもあるのでサムはキムをポルノ製作の罪で逮捕するように仕向け、ベンソンも被害者の逮捕には乗り気ではなかったが応じることにする。
サムはキムの弁護に当たるポンドと共に家庭裁判所の担当判事マースデンに相談し、裁判を行うことになる。するとキムはまた病院へ運ばれる。左腕を複雑骨折し顔に痣を作ったキムは、スケボーで転んだと言っただけで詳細を語ることを拒む。法廷でキムは写真をイーサンに送ったのは誤送信だったと話した後、犯人がキムの証言を拒むために殴ったのかという質問に対して答えなかったため、法廷侮辱罪で逮捕されてしまう。ベンソンは口を閉ざすキムを救うために、キャスリーンの力を借りる。
キムがスティーブの虐待について全て話し、スティーブは逮捕される。これで虐待した犯人が捕まったためポンドもサムも訴訟却下を申し出るが、マースデンは認めず、キムを児童ポルノの製造と所持及び分配の罪で有罪とし、1年間オハイオの少年更生施設に送るとの判決を下す。
判決に納得できないポンドはベンソンとともにマースデンの担当した裁判の記録を見に行くが、担当の主任書記官マンジーニに拒否される。だがマースデンのデータを検索すると、マースデンは1年間に19人もの未成年者をオハイオへ送っており、軽犯罪者も性犯罪扱いされていることが判明する。さらにマースデンはマンジーニを通して特定の訴訟を担当できるよう細工され、金を受けとっていたことも明らかになる。SVUはイーサンの協力を得てマースデンの不正を法廷で暴き、キムの判決は無効となる。

キムは生徒たちに口々に中傷された後。階段から足を滑らせて落下します。キムが非難されたのは、自分が恋人スティーブに宛てて送るつもりだったヌード写真を間違えてイーサンに送ったために、そこから全校生徒に広まってしまったためでした。過去にトラブルを起こしたことがあるイーサンの関与が疑われますがイーサンは否定、その後意識が戻ったキムに真相を追及するもののキムは語ろうとしません。検察側はキムを守るために児童ポルノの製作という罪でキムの有罪を求めますが、ベンソンは故意ではないセクスティングで虐待の被害者のキムが追及されることに納得できずにいます。するとまたキムは殴られ病院へ運ばれます。
キムは出廷しますが、写真を間違えて送ったことを話しただけで、誰が自分を殴ったかを決して言わないために法廷侮辱罪で逮捕されます。かたくなに証言を拒否するキムの説得を任されたのがキャスリーン。ベンソンと父によって拘留されたと語り始めるキャスリーンは、救いを求めたことで嫌悪感から解放されたと諭します。キャスリーンもキム同様、恋人に利用され、体を許し、暴力を振るわれた。でも恥ずかしくて口を閉ざしていたため留置所に送られてしまいました。その話にキムは反応し、彼を愛しているから裏切られないと言い始めると、彼は殴ることであなたを裏切っているとキャスリーンが反論、殴った後に必ず謝ってくるけど、それを許すとまた殴る。そうして心を操られていく。これが恋人による虐待の実態だと説得します。
キムはようやくスティーブによる虐待を語り始めます。最初はパーティーのとき飲み物をこぼして彼のシャツを汚した、次は学校で男子と話しているのを見つかった。そのうち理由もなくスティーブはキムを殴るようになります。そんなとき出会ったイーサンは親切でしたが、間違って写真を送ってしまったことで事態は悪化します。スティーブはキムがイーサンに写真を送ったことで浮気と決めつけ、キムになり済ますと写真をばら撒き、またイーサンに会いに行ったら殺すとキムを殴り続けました。裁判の前にキムが証言できないように殴ったのもスティーブでした。キムの証言の結果スティーブは逮捕されます。
これでキムの身は安全となり、ポンドもサムもキムの訴訟の却下を申し出ますが、弁護士マースデンは拒否し、キムのセクスティングを有罪としてオハイオの更生施設に送ることを決定してしまいます。何故決定を急ぎ、遠いオハイオまでキムを送らねばならないのか。納得できないベンソンとポンドはマースデンを調査し、軽犯罪の少年が性犯罪者として大量にオハイオへ送られている実態をつかみます。その施設とマースデンは個人的に癒着しており、犯罪者を送るたびに金が動いていました。実態を暴くためにステーブラーは演劇部のイーサンに容疑者を演じてもらい、彼を有罪にするようあらかじめマースデンに金を渡しておいたら、マースデンは法廷で予定通りイーサンを有罪にします。そこでステーブラーはバッジを出してマースデンを逮捕、こうしてキムはようやく自由の身となります。
Alex Kingstonが弁護士ポンド役で再登場。ベンソンとともに判事の不正を暴きました。

未青年の恋人による虐待やセクスティングの問題など、今回も重たい内容でした。
検察側にアレックスからではなく市の法律顧問のサムが登場。
この1回限りらしいですが、人がいなければ本家から来てくれていいのに。
この時代ならカッターさんいるんですけど。
でもカッターさん、家裁に行くとろくなことないからね(苦笑)

すっかり成長したキャスリーン、頼もしかったです。
DlifeでのS1ではステーブラー父ちゃん相手に嫌々サッカーやってたのに(笑)
いろんなことがあったけど、今は落ち着いて生活し
将来は法と秩序を守る世界に・・・それもまたいいかもしれません。

イーサンに見覚えがあると思ったら
「救命医ハンク」のお金持ちおぼっちゃまのタッカーでした。
最後の偽裁判が楽しかった。
Drファンの弁護士役なんて滅多に見られるもんじゃないし。

NYの法曹界にたくさん判事がいらっしゃるようで
その中には問題判事がいても仕方ないか。
マッコイさんがブツブツ言いそうだなと、また余計な心配をしてしまいました。

Kommissar Rex S6-#14 「2つの死因」

キャー、イケメンが脱いでる!と冒頭からビックリ。
でもアレックスじゃないんだよね。またもや出し惜しみされちゃいました。
セクシーイケメンのシャワーシーンのビデオを見ている男性。
REXにもゲイキャラ登場かと思いきや、実はご本人が自分の姿に陶酔していたようで
ビデオを早送りして見たり(映像の乱れ具合が懐かしい
そのうちコカインに手を出し…

すると恋人が現れ早く二人の関係を公表してくれと迫ってきます。
イケメンは煮え切らない様子なので、恋人は愛想を尽かして出ていきます。
その様子を向かいのアパートの共同スペース(というか洗濯物干し場?)から
双眼鏡で覗きこむ不審な男性がいます。
アパートの管理人は警察に通報しようとしますが
酔っ払っているダンナはトラブルに関わりたくありません。
そのうち覗き見男はイケメンの家に入っていきます。
すると今度はふらふらしながら中年女性が入っていき
覗き男はとっさに姿を隠します。
イケメンの人間関係はどうなってるんだ?
と不思議に思っていたら、イケメンはゴミ捨て場から遺体で発見されました。
もったいない。

そのイケメンにアレックスは見覚えがありました。
レックスと一緒にスーツを新調しようと店に入ったアレックスは
店に飾られていたポスターのモデルが、そのイケメンのマークだったことに気づきます。
そしてマークの家に入り込んでいたのが
ファッションデザイナーのシュナイダーズ母子。
覗き男はファッションショーの監督でした。
ついでにアレックスはレックスに勝手に進められた
ミラノ直輸入の太いストライプのジャケットを購入する羽目に遭ってしまいます。
店員さんは褒めてたけど、全然似合ってないって(笑)
通報があったので買ってそのまま現場に着ていったけど
そのあと全く着てないもんね。
無駄な買い物だった気がします。

マークがモデルだとわかり
アレックスとレックスはファッションショー会場へ。
ちょうどモデルさんたちがリハーサルをしていました。
レックスは興味津々。
気がついたら女性モデルと一緒にランウェイを歩いてしまいました。
背筋もピンとして、堂々とした歩きっぷりではないですか。
男性モデルもまたなかなかのイケメン。
このドラマにイケメン多数登場はまずあり得ないので
目の保養になりましたよ♪

マークは胸を刺されていましたが、死因はメタドンの過剰服用。
彼を殺した者は誰なのか。
マークは娘のカタリーナと付き合っていながら
母親とも関係を持ち
しかも監督もマークに夢中。
監督にとっては叶わない恋だったんですかね。
クスリを調達して機嫌取りをしてたみたいです。
そしてメタドンはカタリーナの父のがんの治療薬として使っていたことがわかり
母子が殺害に関与していることがわかります。

マークにメタドンを飲ませたのはカタリーナ。
カタリーナは別荘に行って薬を飲みボートで漂流していました。
ボートを見つけたアレックスは岸に止めてあったモーターボートで追いかけ
レックスにボートのけん引を手伝わせ、カタリーナを救います。
ハンドルを握らせたらとにかくかっこいいアレックス。
そしてレックスもきびきびと働きました。

そういえばドラッグを隠し持っていた男とレックスとの
倉庫での追いかけっこもあったっけ。
かなりハラハラさせられたけど、アレックスとのチームワークはお見事でした。
男は直接事件にかかわっていたわけではないのにご苦労様でした。

クンツが久々にソーセージパンを食べてる!
とレックスが早速パンに近づいたもののがっくり。
中身はソーセージじゃなくて豆腐でした。
クンツは真剣にダイエットを考えているようでした。
レックス、豆腐は嫌いなんだ。
健康にいいのに…

Law&Order S1-#8 「堕ちたヒーロー」

黒人青年が争っているところをパトロール警官が通りかかり
彼らを追いかけてフレドが発砲。片方の青年を殺害してしまいます。
青年が銃を持っていたので撃ったと、フレドとパートナーは正当防衛を主張。
ところがグリービーはフレドが撃って偽証したと考え始めます。

身内が絡めば当然守ろうとするのは警察の体制。
そこであえて不正を追及しようとするのは大変なことです。
さらに黒人への差別も今よりずっと激しいし。
殺された青年は実はエリートで教区に多額の寄付もしていたと
牧師さんは青年をかばいます。
だが彼は麻薬売買に手を染めていました。
青年は殺されて当然的な空気の中で
警察はフレドを逮捕。
検察は嫌味を言われまくりながらフレドの起訴に踏み切ります。

フレドを演じていたのがCold Caseのスティルマン。
まだ髪の毛がうっすら残っていました(苦笑)
フィラデルフィア市警殺人課では落ち着いた頼りがいのあるボスですが
ここでは激しく怒りに身を震わせ…まるで別人でした。
さらにビックリしたのが一瞬登場した
青年からドラッグを買っていたチンピラ兄ちゃん?が
Mediumのジョーだったこと。
Ciのパイロットではそれなにに貫禄のあるワルでしたが
ここではロン毛でたばこ吸いまくりのいかにも軽いワル?
年をとると落ち着くんだね…としみじみしてしまいました。

相変わらずの重たい結末でしたが
おなじみオヤジたちの若い姿を楽しめて満足。
これがL&Oの醍醐味だと思います。

Without a Trace S7-#20 「墜落」

マーティンかっこいい!!
久々に惚れ直しました。

メインの失踪事件は大富豪ロス・アンダーソンの息子キースが
自家用機で飛行中に墜落、姿を消してしまうという事件でした。
いつもながら失踪理由は単純ではなく
金儲けが全てのロスとキースの間には確執があり
キースは父の力を自らスキー会社を設立しますが経営で苦労しています。
ロスは息子と疎遠状態だったように見えましたが
安全のために息子を監視。
すると飛行直前にキースに近づいてきた男がいたことが判明します。
男はキースと一緒に会社を起こしたジョシュでしたが
ロスが裏で手を回したため失敗し
奥さんも病気になって生活に追われています。
責任を感じたキースはロスに小切手を渡そうとしますが
ジョシュはキースを追いかけてきます。
キースが墜落したのは自分の操縦ミスでしたが
ジョシュがキースに銃を突きつけったのは確か。
でも撃ってしまったのはアクシデントでした。
キースは姿を消してしまいます。

現地の捜査ではヴィヴが活躍。
そしてオフィスではオヤジジャックが今回は真面目に働き
ロスからあれこれ聞き出し、父親としての思いに迫ってきます。
キースが見つかった時には親子で握手を交わすことができ
ほっとさせられました。

そしてマーティンですが
キムの持っていた製造番号が消された銃が銀行強盗に使われた件について
担当捜査官に詳しく話を聞きます。
そしてキムが主犯の男のBFで車を運転していたことを知ります。
愛し始めていた女性は強盗事件の犯人だった…
金を盗んだだけでなく警備員も射殺しています。
マーティンが気づいた時、すでにキムは姿を消していました。
確かにキムはここを離れることをほのめかしていたし。
マーティンはダニーに事情を打ち明け、キムを探しに行きます。
そして倉庫で金を詰め込み逃走しようとしていたキムを発見。
再びキムと銃を向けあう形になります。
すでに愛する人ではなく捜査官として立ちふさがるマーティンだけど
キムを撃ちたくないよね。
でもキムは銃を降ろさない。
その時キムの背後から今度はダニーが銃口を向け説得を始めます。
そしてキムがダニーの方に銃を向けた時
マーティンはキムの肩を撃ち、決着をつけました。
大丈夫だと声をかけ、コンクリートに寝かせておくわけにはいかないと
キムを抱え上げるマーティン。
紳士だね。
感情のままにひっぱたいてしまうボスとは全く違います。

その感情任せのボスですが
ブライアンの退院が決まり
介護サービスがつくにしても短時間で、とても一人での生活は無理だと
しばらくブライアンを自宅に住まわせたいとサムが言い出したため
また複雑気分です。
でもどうにもならないので、風呂に入れる手伝いはしないとだけは宣言していましたが。

ダニーのおばあちゃんの指輪をもらってエレナはご機嫌。
このまま幸せ路線を突っ走るのでしょうか。
そして本当にFBIって職場恋愛しまくりで大丈夫なんですか??
もうすぐ終わりだからいいけれど…

Glee S3-#11 「Michael」

話題のMichael Jacksonエピ。
これだけでまたCDを1枚リリースできそうな、充実した内容でした。

だけど自分自身はマイケルに全然思い入れがなくて…申し訳ない。
その昔Thrillerのアルバムだけは買った覚えがあるけど
他はとりあえず知ってますってところかな。
それでも楽しめたんだから、素晴らしい構成&パフォーマンスだったんだと思います。
特に感激したのがアーティとマイクの"Scream"
まるでPVを観ているかのような凝った映像でした。
アーティの妄想だからこんなことができたんだけど。
マイクのソロもあまりないので楽しめてよかったです。

フィンのプロポーズに対し、レイチェルはとりあえず保留、
今回はマイケルだ!とみんなが気合を入れていた時
ウォーブラーズもマイケルで勝負してくると知って
とたんに情報漏れが気になります。
発信源はブレインでしたか。
でも堂々と勝負すればいいから問題ないと思っていたら
ウォーブラーズを仕切ってるセバスチャンが
ブレインにジュース攻撃をしてきます。
しかも中身はジュースだけではなかったらしく
ブレインの角膜が傷ついてしまいます。
ブレインが戦列から離れ、ニューディレクションズのピンチ。
アーティは怒りをぶつけます。

サンタナとセバスチャンは"Smooth Criminal"で勝負。
2Cellosのド迫力演奏がかっこよかった!

レイチェルはどうしたらいいかクインに相談すると
クインは未来に進むためにフィンと別れるよう意見します。
そんなクインはエール大への合格が決まりました。
そしてカートのところにもNYADAの最終選考に残った通知が届きます。
来ないのはレイチェルだけ。
レイチェルの不安は募ります。

フィンはレイチェルにもう一度自分の気持ちを伝え
"I Just Can't Stop Loving You"見事に歌い上げていました。
レイチェルはついにYesの返事。
でもレイチェルのところにもNYADAの合格通知が届いたんだよね。
この先どうなるんでしょう。

Brothers&Sisters S5-#22 「ウォーカー家、最良の時」

素晴らしいフィナーレでした。
予想通りの展開に+αがついたかな。

サラの結婚式。
ルークはフランスからの両親の到着を待ちますが
着いたのは母だけ。
ルークはあとで父が事業に失敗した話を聞きます。
サラはノラがブロディと一緒にいることで気分が落ち着かず
でもノラから古いものを借りようとして選んだペンダントは
その昔ブロディがノラにプレゼントしたものでした。
注文したウェディングケーキが手違いで届かず
ソールとジョナサンはカップケーキを大量に焼いて
ケーキタワーをつくることにします。
ペイジは式にBFのアンドリューを呼びたいと頼み
やっと披露宴だけ許可してもらいます。

とにかくバタバタ忙しいのはいつも通りのウォーカー家。
さらにここにサプライズが!
キティが妊娠していました。
いつものようにちらっとい打ち明けたことがどんどん広まり
サラはペイジが妊娠したかと勘違いします。
まさか子供ができるなんてとキティは喜びますが
病気を抱えてのリスクもあるし
まだどうするかの結論が出ていません。

久々にトミーも登場。
いよいよ式が始まるときになってサラがパニックを起こし
教会の外へ出てしまいます。
そこに止まっていたのは、ブロディのキャンピングカーでした。
ブロディが影でサラの成長を見守っていたことを知り
サラはようやく父親としてのブロディを受け入れ
二人でヴァージンロードを歩くことになります。
おめでとう!!

披露宴はみんなで歌って踊って
素敵な時間が続きます。
ジョナサンはソールにプロポーズ。
次は渋い結婚式が行われるかな。
ジャスティンとの関係で戸惑っていたタイラーも
ようやく一歩前進できそうです。
さらに披露宴の会場に迷い込んできた謎の女性が
ブロディの娘、つまりサラの妹だとわかりまたびっくり。

ラストはLady Gagaの「Born This Way」で皆ではじけます。
確かにBorn This Wayなウォーカーだったかも。
明日からもまたどこかで何かしら問題が起きることでしょう。
でも家族で助け合ってきっと解決していくことと思います。
そしてさらに家族の絆が強まっていくんだね。
5シーズン、じっくり楽しませてもらいました。
特にケヴィン&スコッティに注目していましたが
子育ても順調でよかった。
ダンスしながら久々に二人のキスも見られて嬉しかったし。
日曜の晩にいらっとするときもあったけど
癒しのひと時を与えてくれたことに感謝します。

Kommissar Rex S6-#13 「消えた子供たち」

ウィーンの夏は暑い!
署内にエアコンないんですかね?それともあまり冷えないとか?
扇風機がんがん回してベックが仕事していると
レックスが自分の方に風が来るように向きを変えてしまいました。
するとアレックスがレックスを連れて泳ぎに行くと言い出します。

どこへ行くのか思ったらここもドナウ川?
アレックスとレックスは川遊びを始めます。
やった!!ついにアレックスの無駄脱ぎだぁと大いに期待したら
アレックス、シャツをはおったまま水に入ってる。
オヤジが日焼けの心配とかしなくてもいいだろうが。
出し惜しみするアレックスにかなりがっかりしていたら
今回の事件は水際で起こります。

クラスメイトを殺害してしまったが
障害を持つため責任能力はないと病院に入れられていたフレッドが退院してきます。
父はフレッドをすっかり迷惑者扱いしたため
怒ったフレッドはシャベルで父と母を次々に殴り殺してしまいます。
そして死体の処分について悩み
まず母の死体をバイクのサイドカーに乗せて納屋に運びます。

その頃川にキャンプに来ていたヤスミンとジェニファーの姉妹と
ヤスミンのBFのオリバーは帰り支度を始めようとしていましたが
ヤスミンとオリバーが物陰で抱き合っているのにうんざりしたジェニファーは
一人で付近をふらふら
納屋に入り込んだところ、ガソリンを撒いて火をつけたフレッドと鉢合わせしてしまいます。
ジェニファーはそのまま囚われの身に。
ヤスミンたちは納屋の火事に驚き通報しますが
ジェニファーが中にいたかもと考えると恐ろしくなって二人で逃亡しようと考え始めます。

フレッドの自宅に監禁されたジェニファーがなかなかたくましくて
ご飯を作ったりゲームをしたりしながら逃げ出せないかチャンスをうかがっていますが
フレッドもジェニファーを放そうとしません。
でもジェニファーを気遣う優しさもちらっと見せています。

納屋の遺体は中年女性だとわかってヤスミンらは一安心。
警察は遺体に残された結婚指輪から身元の確認を行い
一方川辺に残された服や持ち物、目撃証言などから
行方不明になっている子供たちを探します。

ラジオのニュースを聞いたヤスミンらはほっとして
フレッドの家に電話を借りに来ますがフレッドは追い払います。
ジェニファーは姉たちが来てくれたことに気づきます。
遺体の身元が判明し、病院から出た息子が事件に絡んでいることが分かり
警察が動きだします。
アレックスはヤスミンらを見つけ出し、続けてフレッドとジェニファーを探しますが
フレッドは父の死体とジェニファーをサイドカーに乗せて
採石場に向かっていました。
ここで死体を処分するつもりです。
電源を入れてベルトが動き始め、その中に死体が落とされ
ついでにジェニファーまで落とされてしまいます。
そのとき見事なタイミングでレックスが到着。
アレックスと一緒に必死に走ってジェニファーは無事に助かりました。

久々にレックスがソーセージパンを買ってきた!
でも暑いからパンは喉を通らない。
ダイエットするから要らないとクンツが拒否すると
なんと袋の中身はアイスクリームでした。
クンツのダイエットは即中止になります。
そんなわけで姿を消したソーセージパン。
復活するのはいつのことでしょうか。

Law&Order SVU S10-#19 「Selfish」

ルース・ウォーカーが11カ月になる孫娘シエラの姿が4日間見えないと、SVUに捜索を依頼に来る。ルースの娘のアシュリーは週末女友達と旅行に出かけていた。アシュリーは帰ってきたがシエラの姿はなく、車のトランクから死臭がするとルースは心配する。ステーブラーがトランクを掃除しているアシュリーに事情を聞きに行くと、ハンバーガー用の肉がこぼれたから掃除をしている、シエラはマリアというベビーシッターに預けたと話す。アシュリーが持っていたマリアの住所を捜索しに行くと、出てきたのは別の女性でマリアはそこには住んでいなかった。
近くの公園ではマリアを知っているベビーシッターが、マリアは子守をさせてと声をかけて歩いているイカれ女だと説明する。するとマリアがベビーカーを押しながら現れた。SVUはマリアを逮捕し署に連行するが、ベビーカーに載せていたのは人形だった。マリアはその人形をスコッティと呼び、不死身の子だと溺愛する様子だ。マリアのカードでシャベルが買われた記録が残っているが、マリアは財布からカードが盗まれたと話す。店の防犯カメラの映像ではアシュリーと思われる女性が、シャベルと防水シートを購入する様子が映っていた。
アシュリーは何も知らないと言い張り、娘を非難するルースと意見が対立する。さらに買い物についてアシュリーはカードを盗んだことを認め、父への贈り物にシャベルを買ったと説明する。ステーブラーはアシュリーをカードの窃盗罪で逮捕し、アレックスに身柄を拘束しておいてほしいと頼むが、アシュリーには弁護士のソフィーがつき、マスコミを通して無実を訴え始める。
シャベルを分析すると付着していた土にガソリンが混じっていることがわかり、シエラはガソリンスタンドに埋められている可能性が出てくる。ステーブラーはアシュリーの父のラルフに娘が行きそうな場所を聞き出し、マスコミが取り巻く中、地中に埋められたシエラの遺体が見つかる。法廷ではアシュリーの罪状認否が行われていたが、シエラの遺体発見がぎりぎりで間に合い、殺人罪が追加される。
ところが検視の結果、シエラの死因ははしかが原因の脳腫瘍と判明する。シエラは予防接種をしていなかった。ライカーズに収監されたアシュリーは、「先週の木曜日、シエラが熱を出しひどい発疹が出ていた。泣きやまないので叩いたら泣きやんだ。翌朝見たらシエラは冷たくなっていて、パニックになって埋めた。シエラは私が殺した。」と嘆くが直接の死因ははしかだった。
シエラの死の前後に、数件のはしかの発症例が出ておりウィルスが蔓延していた。デニス・フェイバーはアーミッシュで予防接種をしていなかったが、ラムシュプリンガーで知り合った女性と再び会うためにマンハッタンに出てきていた。また公園に子供がはしかになったという母子が来ていたことがわかる。モニカ・スチュアートは予防接種拒否の考えをもち、その結果息子がはしかにかかったがすでに治っていた。しかしウィルスを撒き散らしていることとなる。アシュリーと両親はシエラが公園ではしかに感染したと市を訴えたため、SVUはモニカをシエラ殺害の罪で逮捕する。
法廷では予防接種拒否が罪に問われるかが論じられ、モニカに無罪の評決が出される。ルースは怒りを爆発、アシュリーは自分勝手だったと反省したものの、今度は親子3人でモニカの家に行き、レンガを投げつけ騒動を起こす。SVUが制止させようとしたとき、家の中に入ったラルフが発砲、報復に出たことを抑えられなかった。

孫が行方不明だと捜索依頼に来たルースは、娘のアシュリーを激しく非難、アシュリーは子供のころから嘘ばかりついていた。シエラは自分で育てると言いながら、結局親に押し付けている状態だと不満を述べます。アシュリーが財布から40ドル盗もうとしたので殴って取り返してやったとルースがまくしたてれば、アシュリーは自分はいい母親だと主張、ルースは酔った勢いでシエラをバスタブに置き去りにしたと言い返します。ステーブラーらが目を離したすきに激しくののしり合う親子の気性の荒さに圧倒されますが、ルースの夫ラルフはシエラがかわいくてたまりませんでした。酒に溺れていたラルフは孫ができてから断酒し、生まれ変わった気分でした。だがシエラが行方不明になり、孫がいなければ禁酒の意味がないとまた酒を飲み始めてしまいます。
シャベルに付着していた土の分析ではオハロランとともにスタッキーが関わりますが、相変わらずテンションの高いスタッキーにオハロランもうんざり気味?さらにシエラの遺体掘り起こしでは、警察犬が特定した場所を勢いよく掘り始めたのでステーブラーが制止させると、今度は警察の手柄を立てたいとマスコミを呼び寄せたことを白状したためステーブラーが怒ります。
シエラを殴り、その結果死んでしまったと遺体を埋めたのはアシュリーでしたが、死因ははしかが引き起こした脳腫瘍でした。はしかの発症は減少しており、また予防接種を行うことで未然に防げますが、1歳未満では予防接種ができず、また宗教的理由等で接種を拒否する考えもあり、今回のシエラの発症は、公園で遊んでいたモニカの息子から感染したと思われました。モニカは予防接種を拒否しており、アシュリー側が市を訴えてきたことからSVUはモニカの逮捕に踏み切ります。
法廷でアレックスは誰かが予防接種拒否を選択すれば、みんなの子供に危険が及ぶと主張、一方モニカの弁護士ランガンは選択の自由を守る義務があるとして、予防接種の拒否を守ろうとします。今までの経緯から娘を死なせてしまったアシュリーは悪い母親、息子のはしかが治ったモニカは良い母親のレッテルが貼られ、評決でもモニカは無罪を勝ち取ります。アシュリーは娘を失った悲しみを嘆き反省している様子でしたが、ここから親子の報復が始まります。特にラルフの行動はさらなる悲劇をもたらしてしまいました。
アシュリーを演じているのは、「リジー&Lizzie」でブレイクし、シンガーとしても活躍しているHilary Duff。母親ルース役のGail O'Gradyとの激しいバトルは迫力がありました。

予防接種拒否。
宗教上の理由とか、その他自分の考えで選択できるのは許されるかもしれないけれど
その結果周囲に病原菌を撒き散らしたら、それは迷惑ですよね。
だから「自分勝手」なのか。
シエラも発症後適切な治療を行っていたら治っていたのではと思うと
モニカを責めるのは間違いな気もします。
法廷は選択の自由を認めたのでモニカは無罪。
ここからのめちゃくちゃウォーカーさんのリベンジが怖かった。
特に今まで影に隠れていた父親ラルフ。
また飲み出した酒が勢いをつけてしまったんでしょうね。
辛すぎる結末でした。

SVUの雰囲気に馴染まない?鑑識のスタッキー。
絶対オハロランはうんざりしてると思います。
このテンションの高さはCSIでも嫌がられるでしょうね。
そして外に出たらさらにグレードアップ。
自らマスコミを呼んでしまうとは…
反省する気持ちがあるのかどうか、次の登場が楽しみです。

まだベンソン不調なのかな。
顔は出していたけど、動きが控えめでした。

Kommisar Rex S6-#12 「空想を追う男」

オーストリアの国民的ドラマは
定期的にエロに走らなければならないのは納得しましたが
さらに変態オヤジが追加されました。
変態オヤジも忘れたころにやってきます。
今回のオヤジは見た目は怪しげではなく
奥さんもいるしそれなりの仕事にもついているようですが
変態オヤジの要因は持っていたんでしょうね。
それが芽生えてしまったのが官能小説との出会い。
オヤジはすっかり変わってしまいます。

オヤジは官能小説にのめり込み
小説の中に出てくるサーカスの檻を再現してしまいます。
そして廃墟となった城に
(というか豪邸というか、こんな建物がいくらでもあるんだね、)
檻を設置、床に電気をつたわせて
スイッチを入れたら感電するから逃げられないみたいな仕掛けを作ってしまいました。
変態オヤジは電気には詳しいようです。
そしてまず大学生(人妻に見えたけど…)の家に警報機のチェックとか言いながら侵入
抵抗する大学生を押さえつけようとしたら彼女は家具の角に頭をぶつけて死亡。
オヤジはさっさと退散します。
そこへBFが来るんですが、彼女が死んでいたのでびっくりして逃げ出したため
隣人に通報され犯人扱いされてしまいます。

そのうち女流小説家の存在が明らかに。
官能小説の影響を受けた犯行では
彼女自身にも身の危険が及びます。
小説家はあくまでも空想の世界で小説を書いているけれど
オヤジには空想と現実の区別がつかなくなってるし。
アレックスは小説家を隠れ家に避難させ
レックスとともにボディーガードを務めます。
空想の世界とか言いながら
どうみても挑発的な雰囲気の小説家でしたが
アレックスが全然動じてないのはいつも通りだね。
というかレックスがやきもちを焼くから
余計な妄想は考えられないのかも。
ところがベックに交代したとたん
単純明快なベックは彼女にすっかり骨抜きにされ
コーヒーさえ注げなくなってました。
一方変態オヤジは彼女の動向をネットでチェック。
特殊な食事を頼んでいることを知ってるので
ケータリングオヤジになりすまして隠れ家に侵入。
ベックはあっさりひっくり返されていました。
役立たないね、

檻に入れられた彼女は電気攻撃に遭って動けません。
ここでレックスは電気の通り道を見つけて
踏まないように彼女に道案内。
細いところを慎重に歩くレックスの姿がキュートでした。
一方アレックスと変態オヤジは1対1のバトル。
これはアレックスの体力勝ちでした。

怖い思いをしたことを
小説家はネタに使わせてもらうようで
次の小説にはアレックス登場らしいです。
ベックとクンツは喜んで読んでいたけど
官能アレックスは絶対絵になるはずなので
実現を是非♪
相手が犬じゃなくてね(苦笑)

Without a Trace S7-#19 「鼓動」

ロシアからアメリカに連れてこられたラナの失踪事件は
かなりドロドロした展開だったけど
終わりよければ全てよしということでスルーして。

フィナーレ直前にみなさん本当に勝手なことをやってますね。
安定しているのはいつも通りヴィヴ姐さんだけですから。

前回ラストに交通事故に巻き込まれてしまったサムとブライアン。
酔っ払い運転の車が突っ込んできたんだけど
病院に運ばれたサムはしばらくして意識が戻ります。
でもブライアンはかなり重症の様子。
サムのことが気がかりなジャックはずっと病院に待機状態。
ボスが失踪者を放置していていいのでしょうか?
サムの意識が戻って、側にいてほしいと頼むと
ずっとそばにいるなんて訳の分からないことを言って
仕事は放置状態です。
サムは息子を連れてきてもらうと大喜びで
この子をブライアンと一緒に育てるんだと気合が入っています。
それをこっそり見ているジャックは哀愁オヤジモードでしたが
やがてサムたちに車をぶつけてきた男が捕まったと連絡が入ります。
ジャックは取調室に。
男は弁護士が来たと思っています。
少なくともジャックは担当刑事ではないんだし
そもそもこれってFBIが管轄の事件じゃないでしょうが。
するとジャックは入るなり男に一発パンチをお見舞い。
そしてさっさと部屋から出て行ってしまいました。
これってどう考えても違法行為でしょ。
訴えられても知らないぞ。

一方ラナと彼女の兄のふりをしてアメリカに来た恋人との劇的な再会に影響されたのか
突然ダニーはエレナにプロポーズ。
勝手に婚約成立しちゃいました。
これでブラシス同様にグランドフィナーレは結婚式ですか?
ファミリードラマや青春ドラマならよしとしますが
失踪者捜索ドラマでそれはちょっとどうなんでしょう。

逆に内心穏やかではないのがマーティン。
山小屋で運命的な出会い?をしたキムと付き合い始めたものの
キムの持っていた銃のことが気になって調べてもらったら
犯罪に使われていたものだと判明。
事件はまだ捜査中となっていました。
いよいよキムの化けの皮がはがれるのかな。
マーティンがあまり傷つかなければいいけれど。

Law&Order S1-#2 「死の処方」

今までこれが記念すべき第1話だと思い込んでいたら
スパドラでは6話目をパイロットとしてオンエアしていました。
本国での放映もこっちが先なんですけど
内容的には6話目の方がパイロットにふさわしいんだなと見て納得。
まだ偉大なる地方検事アダム・シフが出てこないし
ラストにご丁寧に事実に基づくドラマだけど
フィクションであることを詳しくテロップで掲げていました。

だからL&Oの幕開け=暴れるビーチャーだというイメージがちょっと変わってしまいましたが
いよいよ2話目でまず暴れるビーチャーを確認。
これは目を凝らしていないと見落としましよね。一瞬だし。
次は娘が死んだと怒るTWWのレオ。
お元気だったんだなぁとしみじみ。
ERで何が起きたのか。
あまりにも若くて別人に見えるローガンと
相棒のグリービーが捜査を始めます。
あれこれ言い訳する外国人ドクターは、Heroesのモヒンダー父。
若造ドクターも見覚えがあると思ったらNCISの局長でした。
次々に出てくるおなじみオヤジたちにワクワクさせられます。
そしてどうやら薬の処方が間違っていたらしいということがわかります。

担当医師は酒を飲んでいた。
酒の失敗についてカミングアウトするのが、おなじみクレイゲン。
この人がまた全然変わらないんだよね。
20年の歳月を経てSVUで働いているとはどうしても思えません。
確かに髪は残ってるけど、おでこのくっきり皺は一緒だし。
ちなみに実年齢はローガンの4つ上。
なのにこの貫禄は一体?
さらに若いころのクレイゲンってどんな人だったのか
ものすごく気になります。
SVUでも依存症ネタは語られてましたが
酒を飲んだ後気がついたら道路の真ん中で銃をタクシー運転手に突きつけてたそうで
それから断酒会に通って酒断ちをしています。
それは今でも続いてるはず。

酔っ払いと言われたドクターは権威のあるドクターで
弁護に当たるのがブラシスのソール。
若いせいかやたらとトゲがある。
人間年を取ると丸くなるなぁと妙に納得してしまいました。
ついでに法廷に笑いが絶えず
このマッタリ観は何だろう。
前半の捜査シーンもあまり急いでいないし
法廷でのやりとりもゆとりがあるんだよね。
今とはずいぶん雰囲気が違いました。

検察チームはストーンとロビネット。
ロビネットの実年齢はカッターさんと2歳しか変わらない。
頑張ってるけど相当の若造です。
そして伝説のアダム・シフ登場。
心してお言葉を拝聴したいと思います。

CIのテーマ曲がやかましくなってうんざりしましたが
実は本家もテーマ曲が変わっていたことに改めて気付きました。
昔のテーマは長かったですね、
終わるかと思ったら余韻が残ってます。
いつから新バージョンになったんだろう。
そして変化しないのはSVUだけ?

オヤジたちを味わうL&Oマラソンはこれからずっと続きます…

Glee S3-#10 「Yes/No」

とても素敵なプロポーズ物語。
ちょっと苦い思いもあったけど、まずはハッピーな幕切れでした。

事の始まりはビーストがいきなり結婚。
当たって砕けろが大成功したようです。
するとエマもウィルへの思いが強まり
こうなったら自分からプロポーズ!と気合を入れたものの
やはりそれはちょっと無理。
でもウィルは察してくれました。

ウィルはついにその時が来たかと
プロポーズにふさわしい曲をグリー部のメンバーと考えます。
選曲がナイス、パフフォーマンすもあれこれ楽しませてもらいました。
その前のエマ、ビースト、スーの女性三教師のハーモニーも素晴らしかったし。

サムとメルセデスはひと夏の恋だったはずなのに
お互いの思いは強くなっていきます。
サムは注目されようと運動部系を探し
やっと入れたのがシンクロ部。
さっそくいじめに遭ったけど楽しんでいたね。

ベッキーにも恋の予感が、 
思いを寄せる人はアーティでした。
「付き合って。」と声をかけたら「どこへ。」と言う返事。
いきなり言われたらそう答えるよね。
そこでベッキーがデートに誘ったら、アーティは承諾してくれました。
二人はなかなかいい感じ。
アーティは同じように障害をもつ者として
ベッキーを差別することなく受け入れていました。
でも周囲が心配を始めます。
ベッキーって意地悪だし、何か企んでるかも。
案の定ベッキーが恐ろしいことを考えているのを知ったアーティは
スーとも相談して、正直に自分の気持ちを伝えます。
ベッキーにはちょっと辛かったけど
きちんとベッキーを理解しようとしたアーティの態度は
とても立派だったと思います。

カートやレイチェルが神学の心配をしているのを聞いて
フィンは陸軍に入隊しようと思うと言い出し、ウィルをビックリさせます。
自分にとってのヒーローの父のようになりたいから。
バートとキャメルはウィルからその話を聞いて思いとどまらせようと考え
キャロルは父の死の真相を明かすことになります。
父は戦地で死んだのではなく
戦争が引き起こしたドラッグ中毒でなくなったのでした。
それも戦争の犠牲者だと思うけど。
でも自分の描いていた父親像が崩れてしまったフィンには
あまりにもショックな真実でした。

ウィルはエマの両親に嫌味を言われるけど
ついにエマにプロポーズ。
シンクロの応援つきでした。
そしてウィルの付き添いで婚約指輪を見に行ったり
付添人に頼まれていたフィンは
突如意を決してレイチェルにプロポーズ。
いきなりそうきましたか?!
もちろん返事はOKだけど、この先本当に大丈夫なのかな。

Brothers&Sisters S5-#21 「運命を分けたあの日」

グランドフィナーレ一歩手前。

サラはブロディにあなたは赤の他人宣言をしてから
ルークとの結婚準備を始めますが
役所に書類を出すにしても父親の名前を書かねばならず
自分の父親って一体何?と
いきなりウォーカーではない自分と直面してやるせない気分です。

ノラはブロディと距離を置こうとしますがブロディが現れ
二人は運命を分けたあの日のことを思い出します。
ブロディが野球で生きていくことを決意したとき
ノラはウィリアム・ウォーカーと結婚することにしたと伝えます。
ブロディはあっさり承諾、ここで強く止めに入ったりせず
野球人生のためノラから離れて行ってしまいます。
そしてノラは妊娠。
サラが生まれた時ウィリアムはもしやと勘づいたんでしょうね。
サラの血液型を調べてABだとわかり
自分がBでブロディもB
このままでは父親が曖昧になってしまうので
ブロディに嘘をつくように命じたのはウィリアムの企みでした。
ブロディは素直に自分はO型だと嘘をついて
サラはウィリアムとの間に生まれた子ということにしました。
これで血液型のチェックやらDNA鑑定やらがなければ
真相が暴かれることもなかったはずなのに…

こんな策略を練っていたにしてはその後に浮気なんて
ウィリアムってとんでもないオヤジだったことを再確認。
だから罰が当たって昇天してしまったのかも。
少なくとも今生きている人達の勝ちですよ。
ノラとブロディはしみじみしているうちに
一つのソファの上で仲良く寝てしまいます。
帰ってきたサラがその光景を見てしまい
また心境は複雑に。

ケヴィンとスコッティがダミアンを可愛がるもんだから
(離乳食ソングのハーモニーは最高でした♪)
当然オリヴィアはやきもちを焼いて荒れ始めます。
学校でトラブルを起こし、家でも電気スタンドに八つ当たり。
挙句の果てに施設に戻ってしまいます。
慌ててケヴィンとスコッティはオリヴィアを探しだすと
4人で家族だということを強調します。
こんなときスコッティの話は説得力あるね。
正しい父親像を感じます。

ジャスティンの前に現れたテイラーって
S1の頃に出てた彼女だよね。
今頃復活ですか。
ジャスティンだけ春が来ないのは不公平だと思って
サービスしたのかな。

いよいよフィナーレは結婚式。
きっと大騒ぎ、でも最後は丸く収まるのでしょう。
楽しみにしています。

Kommissar Rex S6-#11 「違法な実験」

エレベーターの中で女性がノートパソコンで殴られて死亡。
シネコンでは清掃員が消火器で殴られて死亡。
手口が一緒なので同一犯かと思われましたが
残っていた指紋は一致せず、殺人課は捜査に苦慮します。

クンツがサッカーゲームを購入。
自宅に送るはずがオフィスに送られてきたので
アレックス&レックスVSクンツ&ベックでゲームに興じます。
レックスはゴールキーパー担当。
でも熱くなりすぎて?ゲームを壊してしまいました。

今回の犯人は金のない一般人。
それもなかなかのイケメンたちで、目の保養になりました。
若いころは美麗でも、いつしか眉毛オヤジになっちゃうんですね?!
今回のドクターの眉毛もなかなか立派でした…

自転車便のお兄ちゃんの彼女は日本語を勉強し
日本へ行くことを夢見ています。
だからなのか二人の家のBGMは正月みたいだし(笑)
掛け軸に何故か「練習帳」
多分日本語練習帳の文字をそのまま写したのでしょう。
あまりお洒落じゃないと、日本語の先生が教えてあげて欲しかった。

その自転車便のお兄ちゃんは、何故エレベーターの中で
女性が持っていたPCを取り上げ殴ってしまったのか不明。
映画オタクの数学科の学生は勉強に追われている様子。
映画館で寝ていて清掃員に起こされたら
かっとなって消火器で清掃員を殴ってしまいました。
清掃員は階段にもたれたまま血を流して死んでいて。
その下にカフェがあって、女性がアイスを食べていたら
上から血液がぽたり…突如ホラーの世界です。
そしてもう一人、今度は女子なんですが
バーで誘われた男性の家に行き
しつこく迫られたのでかっとなって
酒瓶で男の頭を殴って殺してしまいました。

3人とも新薬の治験者で
精神を安定させる薬の実験のために
一日6回薬を飲んでお金をもらっていたのですが
飲み過ぎて出た副作用が凶暴になること。
しかもその記憶は消えてしまいます。
幸い自転車便お兄ちゃんは自分が女性を殺したことに気づき
処方した医者に説明しに行きますが
医者と製薬会社の担当者が彼を黙らせようとします。

映画お兄ちゃんは身元が割れて
薬を処方した医者にたどり着くのですが
医者は得意の守秘義務で情報を警察に渡しません。
するとレックスは仮病を使い
ベックと一緒に医者を悩ませます。
その間アレックスは医者のPCから情報を盗み出していました。
ちゃんと捜査令状持ってくればいいのに。

ラストの製薬会社オヤジとレックス&アレックスの追いかけっこ。
道路に巨大な道ふさぎグッズというのが
これまたコブラ11のお約束なんですね。
今回は車ではなかったから下をくぐりぬけられたけど
ドイツもオーストリアも
どうして道路の真ん中に邪魔な物が置いてあるんでしょう。
不思議です…

Law&Order SVU S10-#18 「Baggage」

28歳の陶芸家ケイシー・チャップマンの遺体が自宅で発見される。ケイシーは首を絞められて窒息、背中に熱湯をかけられたと思われる火傷を追い、口と肛門はが接着剤でふさがれていた。レイプの痕跡はなかったが、カーペットに陰毛が残っていた。大学生エイプリル・シルバの殺人事件と手口が類似しており、さらにエスカレートしている。
重大犯罪課のビクター・モランが、ケイシーは5人目の被害者だとSVUに伝えに来る。エイプリルは3人目で、クイーンズの事件の被害者も、ケイシー同様に接着剤で肛門をふさがれていた。首を縛った道具はベルト、スカーフ、ロープと事件のたびに異なっている。モランは自分が捜査に当たるとSVUに要求、刑事部長もクレイゲンに命じてきたためステーブラーは捜査資料をモランに渡す。
ステーブラーはケイシーと同じアパートに住むデブラから目撃情報を得て似顔絵作成をしてもらうが、容疑者の似顔絵が報じられると、絵によく似た男が少年たちにいじめられているという通報が入る。逮捕されたステファンは強盗の前科があり、ケイシーの部屋に入ったことを認めるが殺害は否定し、ステーブラーに脅されて失禁する。マスコミに事件の情報が漏れ、刑事部長はSVUに事件から手を引けと責められる。ステーブラーは捜査を諦めようとするが、クレイゲンは事件解決を優先するよう促す。刑務所収監を恐れたステファンは、こっそり持ち込んだ武器で自殺未遂を起こして病院へ運ばれる。
ステーブラーがモランの事件に対する姿勢に不満を述べ、モランがSVUがステファンを勝手に逮捕したと怒っていると、6人目の犠牲者が発見される。現場には首を絞めたロープが残っていて同一犯だと考えられるが、今回は被害者にアルコールをかけ火をつけていた。ステファンの無実がわかり釈放される。モランはSVUがモランに自白を迫ったことを非難する。
ステーブラーは被害者の写真を調べ直し、髪を赤く染めたり、豊胸手術をしたりした女性には、犯人はレイプをしていないことを確認する。さらに陰毛のDNAから容疑者が絞り込まれていく。
航空会社で紛失荷物の配達を行っているマーク・オクーロが容疑者に挙がり、女性捜査官が囮となって荷物を配達させ、マークが襲おうとしたところで現行犯逮捕される。マークは女性客のリストを持っており、車には接着剤やロープなどの道具が積まれていた。マークは容疑を否定する。
マークの部屋を捜索すると、検視や法医学に関する本、裁判所記録などが見つかり、絵の裏には拷問を挑発する雑誌が隠されていた。
法廷では裁判の回避をめぐって、弁護士はマークのアリバイを主張。陰毛はトイレを借りたとき落ちたもので、犯行時刻にはマークの母と友人たちがマークが家にいたことを認めていた。裁判が回避されたためステーブラーがマークの母エレナに事情を聴くと、確かに犯行時刻にマークは家にいたが、エレナは突然息子が帰ってきたことに身の危険を感じて友人を呼んでおり、息子は逮捕されても当然だと話す。
犯行時刻は遺体の腐敗の具合から判断するが、マークはケイシーの焼き窯を使って犯行時刻をごまかしアリバイを作ったことが確かめられる。マークの容疑が固まったが、マークは姿を消す。SVUは次の被害者は赤毛の女性であろうとリストをチェックし、女性を襲おうとしていたマークは逮捕される。

Mariskaが気胸の治療を行うために不在で、ステーブラーとフィンが連続殺人犯の捜査に当たります、そこに現れたのが殺人課から重大犯罪課に異動し、今回の事件を追っているモランでした。SVUが担当したのはハーレムで起きた2つの殺人事件ですが、モランは他の地区も合わせて計5件発生していることを伝え、自分が事件を担当すると主張してきます。今まで情報を提供しなかったのは自分の捜査の邪魔をされたくなかったからだとモランは説明しますが、刑事部長からの圧力もかかってきてステーブラーは気分を害します。犯人のプロファイリングについても、モランが黒人かラテン系で20代後半から30代前半、ハーレムを拠点としていると説明すると、ステーブラーは犯人は古い型の車を持ち、気性が荒く仕事が続かないと補足しますが、あまりモランに期待をしていません。そしてモランが一年前から単独で捜査をしていることに対して、何か訳があるのだろうと勘ぐります。
SVUが誤認逮捕をしたことをモランも刑事部長も非難し、部長はモランの実力を認めるように迫ってきます。モランは病気の娘を看病しながら、一人で捜査を続けてきました。自殺未遂を起こしたステファンがマーシー病院へ送られた時、ステーブラーは入院している娘ジョイを見舞うモランに会いに行きます。12歳のジョイが入院して5カ月と3週j間と3日。ジョイは自分の犠牲になったとモランは嘆きます。モランが仕事漬けの日々を送っていたため、妻はジョイを車に乗せて家を出て行きました。その時交通事故に遭って妻は即死、ジョイは頭がい内に空気が入って炎症を起こし、眠ったままの状態でした。ステーブラーはモランが頑固なために被害者を増やした、捜査の勘が鈍っていると不満を述べます。
だがステファン拘束中に新たな事件が発生したため、真犯人の逮捕に向けて捜査が再開されます。容疑者としてマークが逮捕されますが、犯行時刻には母親と一緒にいたというアリバイが認められました。しかし法医学等を独自に学んでいるマークは、ケイシーの焼き窯を使って遺体の腐敗速度を操作し、犯行時間をごまかしていたことがわかります。マークが逮捕された時、モランはマークを激しくののしって蹴飛ばし、怒りが収まらない様子です。ステーブラーが再度病院のモランを訪ねるとジョイは手術中。手術が終わると次々に臓器の入ったケースが運び出されてきました。ジョイの臓器提供を決断したモランにステーブラーが悔やみの言葉をかけると、モランは再スタートが大事だと答えます。
モランを演じているDelroy Lindoは、Kidnappedでナップと手を組んでレオポルドの捜索に当たったFBI捜査官ラティマーを演じています。また犯人マーク役のNelson VasquezはOZで看守ユージーン・リベロを演じていました。

この頃Mariskaが気胸になったのはSVUのスタントのせいだと語っていて
S11への継続出演が危ぶまれていたんだっけ。
でもMariskaはその後も元気に頑張っています。

そんなわけでベンソンの代わりにやってきたのが重大犯罪課のモラン。
ゴーさんや今のローガンの同業者ですね。
よく観るとKidnappedのラティマーじゃないですか。
ルーポとカッターじゃなくてナップとアンディの板挟みになっていた
なんともおいしい役どころを演じていたんだよね。
そしてシリアルキラーはこれまた懐かしい
OZのユージーン・リベラ。
この人も痛い目に遭ってたっけ。

事故で植物人間状態となってしまった娘が
(ということなんでしょうね。はっきり言ってなかったけど)
不憫でならない父モランですが
ステーブラーとぶつかり合った後
娘の尊厳死を認め、臓器を移植のために提供することにします。
その決断を知ったステーブラーが
突如うるっときていたのはいかにも彼らしい。
すぐにお父ちゃんスイッチ入っちゃいますからね。

Kommmissar Rex S6-#10 「欲望の果て」

オーストリアの国民的ドラマは
定期的にエロに走らなければならないという約束でもあるのでしょうか??
しかも今回のエロは、話の流れでは必要ないでしょう。
少なくともアメリカドラマでは、
事が済んで服を着てから話が始まると思います。
これはよっぽどニクルさんが脱ぎたがったと思うしかありません。

高級娼婦館で働いているニクルは経済学部の学生。
まさに体を売って稼いだ金を株に投資して一儲けしようとしています。
背後には娼婦館のオーナーもいて
これがオーストリアでリッチになるための手段なのかと
恐ろしくなってきました。
実は客の中に腕利き検事もいるようで
まさかカッターさんが通っていたら…とそれはありえませんが
オーストリアの検事ファッションをちょっぴりカッターさんに着てもらいたくなりました(笑)

ニコルが株を動かすことを知った客のゴットフリードは
彼女に邪魔されては困ると部下にニクルの殺害を命じます。
ところがこの部下が小心者で
ホテルのフィットネスクラブの日焼けマシーンで日焼け中のニコルを見た途端
急にやる気がうせてしまいます。
だってニクルの脱ぎっぷりが大胆すぎるんだもん。
ところでオーストリアでは色黒娼婦が人気なんでしょうか。
風土に合わない気がするんだけど、まあいいや。
部下はなんとかバスローブの帯でニクルの首を絞めることができました。

こんな調子で大人向け事件が進行する一方で
犬は暗いところもよく見えると知ったアレックスは
レックスを暗闇に入れて、受話器を取ってこいと練習させます。
するとベックは自分も負けずにトライ。
だが見えるわけがないので足を怪我し
手当てするのにズボンを脱がないのでクンツがズボンを切り裂き
ベックのズボンはボロボロ。
するとレックスがホチキスで留めればいいよと持ってきてくれます。
こっちは子供だましか?このギャップは何なんだ??
ベックはずっと情けないズボンをはいたまま仕事をしています。
帰って着替えるとか代わりを買ってくるとか
そういう頭は働かないのかな?

被害者がニクルだとわかり
ニクルの自宅を調べに行ったクンツは
隣の人にチリを食べないかと誘われ
のこのこ行ってしまいます。
事情聴取のついでだとはいえ、勤務中にそれでいいのか?
またクンツのグルメ度がアップ。
ついでにベックはなかなかソーセージを食べさしてもらえませんでした。

その間にもゴットフリードの悪巧みは続くのですが
いよいよ悪事がばれ、自家用セスナで逃げようとしたら
レックスが真剣に追いかけ乗り込んできます。
そしてあっさりレックスに機外に追い出されてしまうんですが
大変なのはそのあと。
レックスが乗ったままセスナは滑走路を突っ走り
さすがのレックスも止め方はわからないのでじっとしたまま。
相当広そうな飛行場ですが限界もあるし。 
すると愛する人じゃなくて犬のためにアレックスは頑張ります。
クンツに車を運転させてなんとかセスナに追い付き
翼に乗り移って機内に乗り込もうとする計画。
これもコブラ11でよく観た光景だな。
あの時は愛するゼミルが相手でした。
と萌え要素大なコブラ11なんですけど
相手が犬だとどうも萌えが弱くて困ります(苦笑)
とにかくアレックスのコブラ11風大活躍で
レックスは危うく難を逃れました。
つくづく変なドラマだな…いつものことだけど。

Law&Order S19-#7 「エコと老兵」

そういえばお泊まりエピからルーポの恩返しまでの間に
カッターVSスーザンというエピがありました。
いえ、スーザンじゃなくてカーリーですが。

CO2削減にあまりにも熱心な夫についていけなかった妻が殺害されたり
警官が殺害されたり
その犯人が同一人物かなんて事件はどうでもいいんです。
この事件の担当判事レイノルズは大ベテランの判事で
法廷書記官としてレイノルズをサポートするのがカーリー。
ホミのボランダーとERのスーザンというドラマファンには超ゴージャスなコンビなんですが
カーリーとカッターさんはどうやら訳ありの関係らしい。

すぐに察したルビローサが尋ねると
「友達だ。」とカッターさんはお茶を濁します。
そのあと二人で打ち合わせに。
何を話したか、それ以上何があったかは謎。

でもカッターさんはカーリーには執着心がなくて
それよりレイノルズが変だと思い始めます。
法廷で一生懸命PCの画面を見て答えるレイノルズの反応がどこかおかしい。
そしてカッターさんはカーリーが返した言葉を
そのままレイノルズがコピーしてきたのでおや?と思います。
しかもレイノルズのデスクの上に
カーリーが書いたメモを発見。
これがないとダメなんだとわかったカッターさんは
レイノルズが認知症であることを知らしめなければと思いたちます。

でもそのためには必死なカーリーの尽力を否定することになるだけで
カッターさんがじんわりカーリーに話すと
自分の状況も考えてくれとカーリーは意見してきます。
今の調子では裁判は検察に有利に進んでいるし。
カーリーはカッターさんに「私はあなたが好き。」とはっきり言うんですが
でもカッターさんは正義を選んでしまいました。
それにしても大胆に告白できるカーリーが羨ましい♪
私もカッターさんが好きですよ!!(爆)

そしてカッターさんはレストランで食事中のレイノルズの前に現れ
彼の記憶をテストしてみたり
彼の家へ行ったまたごちゃごちゃ言ってみたり
かなり嫌な態度をとってるのに、レイノルズはカッターさんの名前を忘れてしまいます。
これはまずい!と今度は弁護士と結託。
法廷でカーリーに証言台に上がってもらうような流れを作ってしまいます。
するとカーリーはオンラインでレイノルズにメモを渡せないので
レイノルズは大ピンチ。
キーボードをたたきながら困り果てていました。

こうしてカッターさんはベテラン判事の引退を促したわけですが
最後にレイノルズはマッコイさんに挨拶しに来ます。
マッコイさんの部屋を見ながら、冷蔵庫にツナサンドが入ってたことを思い出したり
アダム・シフについて語ったり。
アダムは伝説の偉大な人物なんですね。
だけどレイノルズは途中でマッコイさんの名前もわからなくなってしまいました。
法廷が好きかもしれないけど、ここで引退でよかったのでしょう、
カッターさんも言ってたように、悠々自適にお過ごしください。

カーリー登場で生気を失った?カッターさん

LO19-7-1.jpg
かなりぼんやりしてます。

LO19-7-2.jpg
相当お疲れの様子。

くたびれちゃったわけは、実はカーリーよりも正義じゃなくて、カーリーよりもルーポを選んだということで…

Law&Order S19-#5 「消えた事件」

すべてはこの時から始まった…

LO19-5-1.jpg

L&Oの面白さにだんだんハマっていき、マッコイさんとは違ったカッターさんの勢いにもずいぶん慣れてきたとき
衝撃的だったのがこのエピ。
L&Oの見方がすっかり変わってしまいました。
一度目の感想はこちら
「消えた事件」

特に一番びっくりしたのが背後の洗濯物でした。
さすがリアリティを追求したドラマ。
そこまで細微にこだわるのか。
確かに旅行すると洗濯物も増えるから
ちゃちゃっとバスルームで洗濯して干したりすることはありますが…

このシチューションから読み取れること。
田舎街はNYから遠くて一日では仕事が終わらない。
でもカッターさんはお泊まりセットを持ってなかった。
しかたなく着ていたワイシャツと靴下を脱いでお洗濯
今はテレビを見てくつろいでいます。
実はルーポに仕事させてるんだけど。
そしてフロントにSBUを持っていって印刷させてもらうとか行ってましたが
このまま部屋を出て行ったのかな。
ついでにきっと警察&検察には金銭的余裕なんてないから
きっとルーポとカッターは同じ部屋に泊まり
かくして「ルポカタお泊まりエピ」は
妄想の扉を開いてしまったのでした…
まさかL&Oで萌えがあるとは想定外。

今回もう一度しっかり観たら
ルーポを相棒に選んだのはカッターさんだったんですね。
ルーポはチリが好きだからなんて強引な言い訳をしてたけど
これはカッターさんの願いだったわけだ。

以下妄想写真館(笑)

LO19-5-2.jpg
とにかくルポカタ2ショットが多くて幸せ。
喋ってる中身は難しいけど関係ないもん♪

LO19-5-3.jpg
カッターさんの表情が危うい感じ。
でもルーポは真面目に働いてる(働かされてる)んだよね。

LO19-5-4.jpg
高速道路のカメラ映像チェックシリーズ、真剣な顔して見ています。

LO19-5-5.jpg
かなりマジです。

LO19-5-6.jpg
ルーポを見つめるカッターさん♪

後はご自由に妄想をお楽しみください!

「コビントン・クロス」というドラマ

ライナス祭りでライナスの奥さまのロザリンド・ベネットさんのことを調べていたら
「コビントン・クロス」のパイロットに出ていることを発見。
このドラマ、大好きでした。
もしかしてパイロットの映像があるかもと、ビデオテープを捜索。
相当数のビデオテープを処分してしまったんですが
運よくまだ残っていました。

コビントン・クロスについても検索してたら
自分の日記の過去ログを発見。
ドラマ日記
こちらが元祖ドラマ日記ですが、入口が消失してしまったためリンクを解除していました。
でも過去ログはほったらかし状態だったんだと焦ったりして。
ここにも書いてあるんですけど、録画が残っていたのは2話分だけで、しかもパイロットはラスト数分が切れていました…残念。
古いビデオですが、まあ映像も鑑賞に堪えられました。
そしてライナスの奥さんですが、ドラクロアというフランス人女性の役を演じていました。
フランスからのお客様で兄弟たちが丁重におもてなしするんですが、
実はエレノアが政略結婚させられそうになる
その情報収集のために送られたスパイで
ばれて囚われの身になってしまいます。
最初は大事にされていたのに、とんでもない扱いになってしまいましたが
可愛い感じの女優さんでした。
最近は特にTVや映画への出演はしていないようですね。

ついでにパイロットにはダニエル・クレイグのクレジットもあるんですが
門番だそうで…わかるわけないじゃん。
みんな兜みたいなものをかぶってるし。
結局発見できませんでした。どこにいたんだろう。

Glee S3-#9 Extraordinary Merry Christmas

正統派クリスマスエピ。
これは是非クリスマスに観たかったけど…季節がずれてしまうのは仕方ないですね。

ストーリーはあまりにもハッピーで
まずスー先生がいい人過ぎるので拍子抜けしちゃいましたが。
素敵なクリスマスソングをたくさん聞けたからいいことにしましょう。
でもクリスマスCDの3枚目ってリリースされてないですよね。
せっかくこんなにたくさん歌ってくれたんだから、出してくれてもよかったのに。

ローリーの"Blue Christmas"
暗いとか言われてたけどすごく雰囲気が出ててよかった。
すっかり一人前?それ以上になっちゃいましたね、
彼には是非ともRick Astleyを歌ってもらいたいんですが
(どこかかぶる部分があるし)
いかがなものでしょう。

アーティがプロデュースのGlee Show。
モノクロ映像にホスト役のカートとブレインがばっちり決まってます。
二人のハーモニーは大好き。もっともっと歌ってほしいです。
60年代シットコムが突然スターウォーズ化したりもしたけど
楽しい企画でした。

スー先生が奨励するボランティア活動だったり
レイチェルの物欲が突如消えたり
いかにもクリスマス…大切な日だからこれでいいんです。
そしてBand Aidの"Do They Know It's Christmas?"の大合唱。
かなり偽善的?いいんです。名曲なんだし。

Brothers&Sisters S5-#20 「父親不明」

大人は身勝手だな…特にウォーカーたちは。

ノラがすっかり落ち込んでるのを見て
ジャスティンはついに秘密を隠しきれなくなってしまいます。
ブロディは血液型を偽ってる。
だったらサラとブロディのDNA検査をすればいい。
ノラの手元にブロディの帽子があるから
サラの毛髪でも取ってくれば検査は可能です。

ノラがサラの家に行くと
ルークとソールは結婚式の打ち合わせをしています。
でもソールはその前にサラに
婚前契約所を作るべきだとだ意見したため
サラもルークも不機嫌になっています。
でもとりあえずルークとソールは歌を練習。
ノラはバスルームをうろうろしても目的を達せず
今度はジャスティンに頼んでジャスティンがうろうろ、
不審な行動だらけです。

一方サラは落ち込んでいるサラにメキシコへのクルーズをプレゼントしようと
準備をしています。
これはサプライズなのでノラに話せず
ノラもサラもお互いに別の秘密を抱え込んでしまいました。
やがてDNA検査の結果が出ます。
結果は悪い予想通り。サラはブロディの子供でした。

ミッシェルが自分たちの子供を連れて姿を消した!
ケヴィンとスコッティは子供を取り返したくて調査を依頼しますが
ミッシェルがNYへ行ってしまったら探すのは難しくなります。
そんなときスコッティの携帯にミッシェルから電話が入ります。
スコッティはケヴィンに内緒でミッシェルに会いに行き
赤ちゃんのためにベストを尽くすと約束します。
スコッティがあえてケヴィンに黙ってミッシェルに会いに行ったのは
もともとミッシェルはスコッティの友人だし
ケヴィンだったらストレートに子供を返せと要求してくる。
スコッティならもっと穏やかに話すことができるから
彼なりの配慮だったはずなんですが

ミッシェルが再びスコッティに電話してきたのをケヴィンが取り
相手がミッシェルだとわかって「子供を返せ」と怒鳴りつけてしまいます。
そしてスコッティに自分に内緒でミッシェルに会いに行ったことを非難します。
スコッティは子供を取り戻すために善処したことを説明しますが
二人の激しい言い争い…オリヴィアがキャンプへ行っていてよかった。

いつものことだけど秘密を抱え込んでいてもうまくいかない。
サラはサプライズクルーズのことを話すと
ノラはサラの本当の父親のことを告白しました。
サラは思いのほかすんなり受け入れ
でも自分の父はウィリアムだと言い切っていました。
キャンプから帰ってきたオリヴィアをケヴィンとスコッティは温かく迎え
ケヴィンとスコッティも仲直りできたかなと思ったら…

ジャスティンが連れてきたのはミッシェルの赤ちゃん。
ミッシェルは二人の子供を置き去りにして、また姿を消してしまいました。
念願の息子が戻ってきて二人は喜んでいるけど、オリヴィアにはショックです。
何の前触れもなく突然弟がやってきたら…
オリヴィアがへこまなければいいけれど。